かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: 北朝鮮

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/05/18(土) 17:52:09.71 ID:CAP_USER
    kp250
     
    北朝鮮の食糧難が本当に深刻なのかどうか疑わしいというニュースが伝えられ続けている。国際貿易センター(ITC)の統計によると、今年第1四半期に北朝鮮が中国から輸入した小麦粉などの食料は、タバコや果物よりも少なかったという。小麦粉の輸入額は1644万ドル(現在のレートで約18億1000万円、以下同じ)だったが、タバコは1765万ドル(約19億4000万円)、果物・堅果類は2600万ドル(約28億6000万円)だった。コメなど穀類は180万ドル(約1億9800万円)にすぎなかった。しかも小麦粉の輸入は、昨年第1四半期より40%近く減っていた。逆にタバコ・果物など嗜好品の輸入は年々増えていた。本当の飢餓状態にある人間なら、食料よりタバコや果物を買う方にお金を使うというのはあり得るだろうか。加えて、このところ北朝鮮の市場では、コメの価格が昨年末よりも下がっているという。

     海外の北朝鮮専門家らも、食糧難について留保的な判断を行っている。世界銀行の元顧問は「北朝鮮の貿易統計や市場価格などを考慮すると、まだ食糧難といえるだけの兆しはない。現在の食糧不足は、日照りによる春季の作物に関するもの」と語った。年例のように食料支援を要請してきた北朝鮮が、今回に限っては北朝鮮制裁を食糧難の原因として強調しているのも異常だ。かつて米国務省で北朝鮮人権特使を務めたある人物は、ウォールストリート・ジャーナル紙に「北朝鮮が制裁緩和を引き出すため、住民の苦痛が(外の世界に)浮彫りになるのを望んでいるということもあり得る」と語った。制裁を揺るがそうと、食料問題を誇張しているのではないか-というわけだ。

    現在韓国政権が食糧支援の根拠としているのは、事実上、世界食糧計画(WFP)が発表した「136万トン不足」の推定が唯一だ。しかし、WFPが北朝鮮の事情についてどこまで真実を確認したのか疑わしい。北朝鮮が示したものだけを見てきた可能性がある。そんなWFPが推算した今年の北朝鮮の穀物生産量は490万トン。「苦難の行軍」時代の北朝鮮の生産量は350万トンだった。ニューヨーク・タイムズ紙は「北朝鮮で大量飢餓の問題が発生したという報道は全くない」と伝えた。

     韓国政府は、こうしたニュースにまるで耳を貸さない。北朝鮮支援で南北イベントをあらためて開いてみようという考えあるのみだ。韓国大統領府(青瓦台)安保室長は17日、「北朝鮮への食糧支援の原則をすでに確定した」と明かした。国家安全保障会議(NSC)の常任委員会まで開き、「国際機構を通した支援もしくは直接支援など、具体的な計画を検討する」とした。食料支援とは別に人道的支援にも800万ドル(約8億8000万円)を拠出するという。北朝鮮が相次いでミサイルを発射しているのに食料を与えたら、それは北朝鮮にとってどのようなシグナルとなるか。全てのことには「タイミング」がある。今の時点では、北朝鮮の食糧事情を正確に把握し、北朝鮮制裁の状況に食糧支援が及ぼす影響を細かく調べてみるべきだ。

    朝鮮日報  2019/05/18 09:36 
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/18/2019051880015.html


    【【北朝鮮】タバコ・果物の輸入増、北朝鮮は本当に食糧難なのか 韓国政府は、まるで耳を貸さない 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2019/05/18(土) 16:37:58.88 ID:CAP_USER 
    kp250
     
    金正恩党委員長の号令の下、北朝鮮当局は昨年から「非社会主義現象」の取り締まりキャンペーンを大々的に繰り広げている。これは、当局が考えるところの「社会主義にそぐわない行為」を取り締まるものだが、長期に渡って続いたせいかゆるみが来ているようだ。

    取り締まりの対象となっているはずの風俗業が、ここに来て活気づいていると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じている。

    両江道(リャンガンド)の情報筋は、最近になって恵山市内にカラオケ、飲み屋、ビリヤード場、宿泊施設などが増えていると伝えた。普通の民家で看板も出さずに営まれるこれらの店。当局の目を逃れて営業しているように見えるが、実は当局の黙認の下に営まれている。おそらくカネが動いているのだろう。

    このような店では、女性奉仕員の姿が見られるという

    「カラオケや飲み屋では客に求められば若い女性奉仕員を呼んでサービスさせる。彼女らはカネさえ渡せばいかなる行為もいとわないので、これらの店での売春が社会問題になっている」(情報筋)

    (参考記事:コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たちhttps://nknews.jp/archives/1582?yh=0518bk

    北朝鮮では、このような店ができたり潰されたりを繰り返している。情報筋は、大飢饉「苦難の行軍」のころの1990年代末から2000年代初頭にかけ、地方都市にカラオケ、ビリヤード場、ビデオボックスなどが雨後のたけのこのようにできたが、資本主義の温床になるとして当局の取り締まりに遭い、姿を消していた。

    しかし、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)、労働党、内閣系の貿易会社が運営するレストラン、マッサージ、サウナ、飲み屋などは営業を続けてきた。売春が絶えないため、当局は2016年に閉鎖の指示を下したが、未だにヤミで営業を続けている。

    例えば、国の機関やトンジュ(金主、新興富裕層)が経営する民間のサウナにある、「夫婦湯」と呼ばれるVIPルームは、ラブホテル代わりに使われ、不倫の温床となっている。

    (参考記事:北朝鮮で「サウナ不倫」が流行、格差社会が浮き彫りにhttps://nknews.jp/archives/1839?yh=0518bk

    「駅前など人が多く集まるところにはビリヤード場、飲み屋、宿泊施設などが集まっており、営業を行っている。保安署(警察署)の機動打撃隊など複数の組織が毎日のように取り締まりを行っているとはいうが、そう言っているだけで実際これらの店は拡散する一方だ」(咸鏡北道<ハムギョンブクト>の情報筋)

    駅前を中心に多数存在する「待機宿泊」と呼ばれる民泊でも、売春が行われている。

    (参考記事:「夫が軍隊で酷い目に」…北朝鮮「巨大風俗街」で聞かれる悲しい話https://nknews.jp/archives/2760?yh=0518bk

    脱北者で韓国紙・東亜日報の記者であるチュ・ソンハ氏の著書『平壌資本主義百科全書』には、協力者の平壌市民の体験談として、こんなくだりが登場する。

    「仕事を終えた彼は家に帰ろうとポリ車(民間の運送車両)が止まっている駅前広場に突っ立っていた。するとある女性がやってきて「どうせ車は席が全部埋まるまで出発しない、席は取っておくからうちで食事をしていかないか」と服の裾を引っ張られた。こういう場合、大抵は売春だということを噂で聞いていた彼は、興味半分でついていくことにした」

    「(食事を注文して待っていたところ)『かわいい女の子がいるんだけど、一緒に食事する気はないか』と聞かれた。そのまま同意したが『その値段が食事代に含まれて10ドル余計に払ってもらうことになるがいいか』と聞かれたので同意した。このように売春は露骨に表に出さず、食事代に含めて料金を取ることもある」

    この彼は、ほとんど給料がもらえないという女性を不憫に思い、4万北朝鮮ウォン(約520円)を握らせて、何もせずにそのままその家を出たとのことだ。

    (参考記事:美女と「日本製の部屋着」に狂わされた、ある北朝鮮警察官の選択https://nknews.jp/archives/6825?yh=0518bk


    高英起 | デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト 5/18(土) 16:03
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20190518-00126430/

    【【北朝鮮】「性売買ビジネス」が活況…金正恩氏「指導」もゆるみ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/05/18(土) 17:23:51.27 ID:CAP_USER
    kp250
     
    【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は18日、米国が国連安全保障理事会の制裁決議に違反したとして北朝鮮籍の船を差し押さえた対応を巡り、金星(キム・ソン)国連大使が国連のグテレス事務総長に国連として緊急措置を講じるよう求める書簡を送ったと報じた。書簡は17日に送られた。

    北朝鮮は書簡で、船の差し押さえについて「国連憲章を乱暴に踏みにじる主権侵害行為だ」と主張し、米国を「非道な強奪行為を強行し、国際法も無視する悪辣な強盗のような国」と非難した。国連に対して「事務総長が緊急措置を講じ朝鮮半島情勢の安定に貢献すべきだ」などと要求した。

    米司法省は5月9日に北朝鮮の貨物船「ワイズ・オネスト」を差し押さえたと発表した。この船は2016年以降、国連安保理の制裁決議が輸出を禁じている石炭を積んで北朝鮮の港を出航し、中国やロシアに向かったことが確認されている。米当局は差し押さえの狙いを「最大限の圧力」をかけるためだと表明している。

    日本経済新聞 2019/5/18 14:10
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44981980Y9A510C1000000/


    【【北朝鮮】「緊急措置」要求 米の船押収で国連総長に 米国を「非道な強奪行為を強行し、国際法も無視する悪辣な強盗のような国」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ■忍【LV10,シャドー,pJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 19/05/18(土)09:20:09 ID:???
    CA0F5E74-7541-4300-B4C7-195A35660AA7

     2月にアメリカメディアへのインタビューで慰安婦問題を解決するためは日王(韓国におけ天皇の呼称)の謝罪があればすぐに解決する。さらには天皇は戦犯の息子という歴史的事実に反する大きな誤認識発言で問題になった韓国の文喜相議長は、5月1日の改元にともない天皇の訪韓を希望するなどの祝電を送ってきている。

     しかし、文議長は謝罪も戦犯の息子発言の撤回もしていない。

     さて、ここで話題となった「日王」という表現であるが、北朝鮮ではどう呼ばれているのだろうか。

     電子版でも確認できる朝鮮労働党機関紙『労働新聞』では天皇について言及する記事や論評はほとんど見かけない。

    北朝鮮が天皇へ言及することは滅多にない

     北朝鮮報道を分析している専門機関へ改元前の4月末に取材すると、北朝鮮メディアは、昭和天皇をアキヒトと表記することがたまにあるが、今上天皇(上皇陛下)について言及することは、年に1回あるかないかくらいで滅多にないようだ。

     最近だと昨年8月29日の日刊政府機関紙『民主朝鮮』に8月15日の全国戦没者追悼式での天皇陛下の「お言葉」について名指しで批判をした記事が掲載されているが、非常に異例なことだという。その時の表記は、天皇ではなく日本王であった。韓国式の日王は使われていないが、北朝鮮でも似たような表記が使われていることが分かる。

    (略)

    Korea Worldtimes
    https://www.koreaworldtimes.com/topics/news/5509/

    【【北朝鮮】韓国は天皇を日王 では北朝鮮では何と表記するのか?いまだに戦犯の息子発言の撤回なしの文喜相議長】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/05/17(金) 16:16:15.58 ID:CAP_USER
    no title
     
    北朝鮮の核・ミサイル問題が緊迫した2017年、当時の自衛隊制服組のトップ・河野克俊統合幕僚長の下で、安全保障法制に基づく朝鮮半島有事の自衛隊の対応を、防衛省の統合幕僚監部が検討していたことがわかった。先月退任した河野氏が朝日新聞のインタビューで語った。

    北朝鮮は17年、日本海や太平洋へ弾道ミサイルの発射を重ね、9月には6度目の核実験があり米朝首脳間で非難の応酬が起きた。河野氏は、米軍のダンフォード統合参謀本部議長らとのやり取りで緊張の高まりを感じ、「違った段階に来たと考え、もし米軍が軍事行動に踏み切れば自衛隊がどう動くか、私の責任で頭の体操をした」と話した。

     米軍が北朝鮮を攻撃した場合の朝鮮半島有事に備え、統合幕僚監部で検討。16年施行の安保法制に基づき、日本の平和と安全に重要な影響を与える状況下で自衛隊が米軍を後方支援できる「重要影響事態」や、集団的自衛権を行使して米軍への攻撃に自衛隊が反撃できる「存立危機事態」を想定したという。

     河野氏は「やる、やらないを決めるのはトランプ大統領と安倍総理。幸い米軍から軍事行動をするとの連絡は結局なかったが、総理には米軍の態勢を報告していた」と振り返った。(編集委員・藤田直央)

    朝日新聞 2019年5月16日20時30分
    https://www.asahi.com/articles/ASM5J4WF9M5JUTFK00P.html


    【【北朝鮮攻撃】河野克俊・前統合幕僚長証言「米が北朝鮮攻撃したら」2年前に検討】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2019/05/18(土) 00:04:23.40 ID:CAP_USER
     kp250
     政府は17日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)について、現在も「破壊活動防止法に基づく調査対象団体である」とした答弁書を閣議決定した。「今後の情勢いかんによっては、将来、暴力主義的破壊活動を行う恐れがあることを否定し得ない」との見解も示した。衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」の松原仁氏の質問主意書に答えた。

     答弁書は、北朝鮮による三つの拉致事案で「朝鮮総連傘下団体等の構成員の関与があったと認識している」と説明。朝鮮総連について「前身組織である在日朝鮮統一民主戦線がこれまでに暴力主義的破壊活動を行った疑いがある」「北朝鮮とも密接な関係を有している」などとも指摘した。

    時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051700511&g=pol


    【【在日】 朝鮮総連「破壊活動の恐れ」=拉致に関与も~政府、「破壊活動防止法に基づく調査対象団体」とした答弁書を閣議決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/05/17(金) 21:46:28.54 ID:CAP_USER
     no title
    【ソウル聯合ニュース】韓国政府は17日、国際機関の対北朝鮮人道支援事業に800万ドル(約8億8000万円)を供与する方針を発表した。また、北朝鮮との経済協力事業で現在は操業を中断している開城工業団地に拠点を構える韓国企業の関係者が4月末に提出した訪朝申請を承認することを決めた。

    統一部は17日に報道資料を出し、「北の住民に対する人道的支援は政治的状況と関係なく続けていく立場」としながら、国連世界食糧計画(WFP)と国連児童基金(ユニセフ)による北朝鮮の乳幼児や妊産婦への栄養支援、母子保健事業など、国際機関の対北朝鮮支援事業に800万ドルの供与を推進すると発表した。

    統一部は「対北食糧支援問題は国民の意見を十分に取りまとめ、国際機関を通じた支援、または直接支援など具体的な支援計画を検討していく」と説明した。

     韓国政府は2017年9月、ユニセフとWFPによる北朝鮮の乳幼児や妊産婦への栄養支援事業に800万ドル相当を拠出する計画を決めたが、対北朝鮮制裁などを踏まえ実施していない。

     政府はまた、北朝鮮・開城工業団地の韓国企業関係者が施設点検のために申請した訪朝を承認することを決めた。

     統一部は「企業関係者の訪朝が早期に実現するよう支援していく」とした。承認する理由については「国民の財産権保護の立場から」と説明した。

     企業関係者らは先月30日、工業団地内の施設点検のため、政府に9回目の訪朝申請を行っており、この日が承認の可否を決定する期限だった。企業関係者の訪朝申請が承認されたのは2016年2月に同団地の操業が中断してから初めて。

    聯合ニュース 2019.05.17 18:21 
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190517004500882?section=politics/index


    【【北朝鮮支援計画始動】国際機関の対北支援に800万ドル供与へ 開城団地訪問も承認=韓国】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/05/17(金) 16:02:13.07 ID:CAP_USER
    no title
     
    【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が4日に新型の短距離飛翔体を発射してから約2週間が経つが、韓国の軍当局は飛翔体の機種はもちろん、弾道ミサイルかどうかについても結論を出していない。

    韓国国防部関係者は17日、記者団に対し、「詳細な特性やデータについては詳しく分析している」と説明した。

    国防部は飛翔体が弾道ミサイルかどうかも韓米両国の情報当局の分析が終わってから確認できるとしている。

     同関係者は北朝鮮が4日と9日に発射した飛翔体について、在韓米軍が同一型の新型短距離弾道ミサイルと暫定的に結論付け、「KN23」との名称を付けたとの報道に関しては、「在韓米軍司令部の公式の立場ではない」と述べた。

     軍の一部では韓米の当局が飛翔体に関する基本的な分析結果すら出していないのは、別の理由があるためとの見方も示している。弾道ミサイルと断定する場合、北朝鮮の弾道ミサイル発射を禁止した国連安全保障理事会の決議違反との指摘が高まることなどを意識している可能性があるという。

    聯合ニュース 2019.05.17 14:36 
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190517002100882?section=politics/index



    【【韓国悩み中】北朝鮮飛翔体の断定に慎重モード 2週間過ぎても「分析中」=韓国軍】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/05/17(金) 16:27:15.37 ID:CAP_USER
    us250
     
    「中露に圧力加え対北朝鮮制裁強化を」

     米議会や専門家らの間では、北朝鮮の先日のミサイル発射に関連し、「『炎と怒り』が取りざたされた2017年の状況にいつ戻ってもおかしくない」という声が上がっている。

     15日(現地時間)、米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、パット・トゥーミー上院議員=共和党=は北朝鮮の挑発に対して、「北朝鮮は守るつもりのない約束をした後、時間を引き伸ばして物事を遅らせるという長い歴史を持っている。北朝鮮に圧力を加えるため、北朝鮮と取引する第三国の金融機関などに対する制裁、すなわちセカンダリー・ボイコットを義務化する法案を通過させなければならない」と述べた。トム・ティリス上院議員=同=は「まだ北朝鮮との外交の余地は残っている」と言いながらも、「(挑発が続けば)いつ(トランプ大統領が)北朝鮮に対し『炎と怒り』で脅した2017年当時の状況に戻ってもおかしくない」と述べた。

     マーク・フィッツパトリック元米国務次官補代理(核不拡散担当)もこの番組で、「今年は『災い』を防がなければなら重要な年だ。(交渉の)進展がなければ、来年は2017年のように北朝鮮の核実験と長距離ミサイル発射、そして米国の軍事攻撃の脅威により緊張が起こる一年になるだろう」と語った。

     各国が対北朝鮮制裁を強化すべきだという声もある。ロバート・メネンデス上院議員=民主党=は「トランプ大統領は2回の首脳会談で北朝鮮の国際社会地位ばかり引き上げた。米国は中国とロシアに圧力を加え、緩んでいる対北朝鮮制裁の履行を強化させなければならない」と指摘した。

    ワシントン=趙義俊(チョ・ウィジュン)特派員

    朝鮮日報 2019/05/17 10:01
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/17/2019051780020.html

    【【北朝鮮】米国議員「年内に北と進展なければ再び2017年と同じ状況に」「米国の軍事攻撃の脅威により緊張が起こる一年になるだろう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/05/17(金) 16:43:47.46 ID:CAP_USER
    kp250
     
    北朝鮮が対北制裁に対抗するという立場を改めて表明し、対米圧迫を高めている。 

      北朝鮮外務省は16日、ホームページに「真の国際的正義を実現するため、闘争は我が共和国の重要な対外政策的立場」というタイトルの記事で「制裁は、力では我々をどうにもできない勢力にとって最後の窮餘一策だとしてもそれ自体が我々の自主権に対する重大な侵害であり国際的正義の横暴な愚弄であるため我々はそれを決して容認せず、対抗し踏みつぶすだろう」と表明した。 

      14日、米司法省が対北朝鮮制裁違反の疑いで北朝鮮の貨物船「ワイズオーネスト(Wise Honest)」号を差し押さえたことについて外務省報道官の談話で「不法非道な強奪行為」と強く反発してから2日後のことだ。「制裁を踏みつぶす」という同日の北朝鮮の立場発表は、青瓦台(チョンワデ、大統領府)・ホワイトハウスが6月末に韓米首脳会談の開催を公式発表してすぐに出た。対北朝鮮専門家は、非核化交渉が停滞した中で北朝鮮が退く考えは全くないという意思を韓米に示したものと解釈した。 

      外務省は公式立場を示した文書で「金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の4度にわたる中華人民共和国訪問と越南社会主義共和国(ベトナム)、ロシア連邦の訪問、2度にわたる朝米(米朝)首脳会談と対面は我が共和国の戦略的地位と尊厳を万国にとどろかせた歴史的な出来事だった」とし、「朝鮮民主主義人民共和国は、今後も我々の国家と人民の根本的利益に関する問題においては塵ほどの譲歩や妥協もしないだろう」と主張した。続けて「真の国際的正義を実現するためには、それに逆行するあらゆる行為や挑戦を断固として踏みつぶしてしまわなければならない」と強調した。 

      外務省はまた、帝国主義勢力が他国の自主権を侵害した事例としてシリア、ベネズエラを挙げた。「過去数年間、シリアを対象に行われ今日ベネズエラに対し再び再現されている合法的に選挙された主権国家の大統領を追放しようとする帝国主義者の策動は、国際的正義に対する乱暴な挑戦」とした。米国と示してはいないが、事実上米国の第3国への介入を意図して批判したものだ。 

      こうした中、北朝鮮は最近東倉里(トンチャンリ)のミサイル発射場周辺の活動を再開し、米国の神経を逆なでする弱いレベルの挑発も並行した。米国の北朝鮮専門メディア「38ノース」が16日(現地時間)、「過去10日までに撮影した商業衛星写真を分析した結果、東倉里ミサイル発射場周辺で施設を改善するいくつかの活動が観測された」と伝えた。 

      ハノイ第2回米朝首脳会談の決裂後、3月に復旧活動を見せてから静かになった後、2カ月ぶりに新たな動きを見せたことになる。しかし、38ノースは発射場施設の中核といえる「エンジン試験台の発射台は3月8日以降に新たな活動はなかった」と付け加えた。 

      北朝鮮関連国策研究機関の関係者は、「来月末の韓米首脳会談まで、北朝鮮は『対北制裁緩和』という要求を貫徹させるために弱いレベルの挑発を続けて行うだろう」と述べた。

    中央日報 2019年05月17日 15時52分
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=253479&servcode=500&sectcode=500


    【【北朝鮮】韓米首脳会談発表の日、北朝鮮外務省「制裁、踏みつぶす」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/05/17(金) 16:47:13.26 ID:CAP_USER
    no title
     
    北朝鮮南浦(ナムポ)港でまた大型船舶が観測されたことを受け、米国政府が「実際、7隻の船舶が北朝鮮産石炭を積載していることが確認されれば、非常に憂慮すべきこと」と明らかにした。 

      米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は16日(現地時間)、民間衛星会社プラネット・ラボの衛星写真に基づき南浦石炭港で大型船舶2隻が発見されたと伝えた。衛星写真によると、2隻のうち1隻は長さ約135メートルで貨物積載空間を開放した状態であり、内部には石炭と推定される物体が積まれていた。別の船舶(160メートル)の貨物積載空間も開かれた状態だった。 

      これに先立ちVOAは先月16日から今月14日までの衛星写真を検討した後、少なくとも7隻の船舶が南浦港を出入りしたと伝えた。また、南浦港は北朝鮮の代表的な石炭積出港とし、この期間に活発な動きあったと報じた。 

      一部の船舶は、米国政府が石炭の不法積載で最近差し押さえた北朝鮮船舶ワイズ・オネスト号(177メートル)と大きさが似ていた。ワイズ・オネスト号は米法務省が9日に対北朝鮮制裁違反の疑いで差し押さえた事実を発表した貨物船。 

      これに先立ち国連安全保障理事会(安保理)対北制裁委員会専門家パネルは今年3月の報告書で、北朝鮮産石炭2万5500トンを輸送したワイズ・オネスト号の出港地を南浦と明らかにした。昨年4月にインドネシア海域で摘発されて1年近く差し押さえられていたワイズ・オネスト号はその後、米国に引き渡され、11日に米国領サモアに曳航された。 

      北朝鮮の石炭港で石炭運送の動きが観測され、国連米国代表部の報道官室の関係者はこの日、VOAに送ったメールで「仮定の状況については返答でいないが、この事実が確認されれば非常に憂慮すべきことだ」と述べた。 

      米財務省は3月、国務省海岸警備隊と共同で発表した対北朝鮮制裁注意報で「北朝鮮が米国と国連の強力な制裁にもかかわらず石油製品と石炭の瀬取りで制裁を避けている」と指摘した。

    中央日報 2019年05月17日 14時47分 
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=253474&servcode=500&sectcode=500


    【【北朝鮮】「北朝鮮港にまた大型運搬船」報道に…米国「憂慮すべきこと」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/05/17(金) 13:26:30.56 ID:CAP_USER
    no title
     
    【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央常任委員会のパク・ヨンギ副局長を団長とする訪問団が16日、平壌に到着したと報じた。

    訪問団は「万寿台の丘」にある故金日成(キム・イルソン)主席と故金正日(キム・ジョンイル)総書記の銅像に献花したという。

    聯合ニュース 2019.05.17 08:44 
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190517000200882?section=nk/index


    【【朝鮮総連】祖国訪問団が訪朝 金日成・正日氏銅像に献花】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2019/05/17(金) 10:42:34.69 ID:CAP_USER
    CA0F5E74-7541-4300-B4C7-195A35660AA7
     
    ■3年でおよそ3倍…生物・化学兵器系列が70件で最多

    ミサイルの弾頭加工やウラン濃縮装置などに転用できる韓国産の戦略物資が、このところ大量に違法輸出されていることが16日に判明した。大量破壊兵器(WMD)製造にも使える韓国の戦略物資が、第三国を経由して北朝鮮やイランなどに持ち込まれた可能性もある。

    保守系野党「大韓愛国党」の趙源震(チョ・ウォンジン)議員が産業通商資源部(省に相当)から提出を受けた「戦略物資無許可輸出摘発現況」によると、2015年から今年3月までに政府の承認なく韓国の国内業者が生産・違法輸出した戦略物資は156件に上った。

    2015年は14件だった摘発件数は、昨年は41件と3倍近くに増えた。さらに今年は、3月までの摘発件数だけでも31件に上り、急増する様子を見せている。

    戦略物資とは、WMDやその運搬手段に転用できる物品や技術のこと。昨年5月には、ウラン濃縮などに使える韓国産の遠心分離器がロシア、インドネシアなどに違法輸出された。

    17年10月には原子炉の炉心に使われるジルコニウムが中国へ、また生物・化学兵器(BC兵器)の原料となる「ジイソプロピルアミン」がマレーシアなどへ輸出された。

    「ジイソプロピルアミン」は、北朝鮮当局がマレーシアのクアラルンプール国際空港で金正男(キム・ジョンナム)氏を暗殺する際に使った神経作用剤「VX」の材料物質でもある。15年9月と昨年3月には、北朝鮮と武器取引を行っているといわれるシリアに、BC兵器製造関連の物資などが違法に輸出された。

    戦略物資の違法輸出は、BC兵器系列が70件で最も多かった。通常兵器は53件、核兵器関連は29件、ミサイル兵器が2件、化学兵器が1件だった。韓国では、戦略物資を輸出する際、対外貿易法に基づいて政府の承認を受けるよう定めている。

    国防安保フォーラムのヤン・ウク首席研究委員は「北朝鮮の友好国に向けた違法輸出が増え続けており、第三国を経由して北朝鮮に渡った可能性を排除できない」と語った。


    2019/05/17 10:02
    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/17/2019051780021.html

    【【テロ支援国家韓国】大量破壊兵器に転用可能な戦略物資、韓国からの違法輸出が急増 第三国経由で北朝鮮・イランに運ばれた可能性も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2019/05/16(木) 23:33:11.32 ID:CAP_USER
    no title

    ▲韓国の文在寅大統領(左)と米国のドナルド・トランプ大統領。(写真=青瓦台写真記者団)

    北朝鮮当局が昨年の文在寅(ムン・ジェイン)大統領とドナルド・トランプ米大統領を嘲弄・非難する表現が登場する童詩集を発刊していた事実が確認されたと朝鮮日報が15日、報道した。

    この本には米国と韓国をそれぞれ「ヤマイヌ」「サプサル犬」とたとえる部分も登場する。東亜(トンア)大学のカン・ドンワン教授が入手して公開した北朝鮮図書『チュクポソン』は約190ページの分量で、子ども・青少年向けの詩130編余りが掲載されている。表紙には「太陽様を敬って歌う歌」という副題などが記されている。統一部北朝鮮資料センターも確保して保管中のこの本は、特殊図書に分類されて一般には公開されていない。

    この本には大陸間弾道ミサイル(ICBM)と核爆弾の威力を誇示して「米国の土地を吹き飛ばそう」という表現が入った詩が多く見つかったと朝鮮日報は伝えた。「昨日は大陸間弾道ロケット/あの空にぴゅうっと飛び上がり/今日は水素弾ドーンドドドン」「いくら制裁と圧迫をやっても/(米国のやつらを)火の雷で丸ごと焼け死ににしてやる」(『わが国が一番強いんだ』)などのようなものだ。

    金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と昨年3回首脳会談を行った文大統領を嘲弄する情況もこの本で確認された。『米国産サプサル犬』という詩には「うちのサプサル犬/一日中チョロチョロと私(北)だけに従うというけれど/おかしいな/あいつ死ぬなんて思わず/ヤマイヌ(米国)だけに従ってら」「バーンバーン火の雷に/ヤマイヌの奴らが即殺されたら/青瓦台のサプサル犬/プルコギになってしまうね」という表現が出てくる。

    トランプ大統領をそのまま非難する詩もある。「吠えるトランプよ/狂犬には棒で袋叩きが/良薬だ/水素弾の味を一度/味わってみるかい」(『トランプの犬ラッパ』)、「老いぼれトランプよ/我々は美辞麗句を知らない/おびえた犬のようにお前は何度吠えたって…」(『復しゅうの強打』)という内容だ。

    カン教授は朝鮮日報に対し、「南北・米朝関係が最も良かったという昨年にこのような本が登場したということに注目しなければならない」とし「表面では優しい笑顔を浮かべている北朝鮮が、内心何を考えているのか、私たちが金委員長の偽善にだまされているのではないか、十分に考えを重ねなくてはならない」と話した。

    国策研究所関係者は「本の内容は金委員長の意中と労働党の政策方向を反映している」と伝えた。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/article/417/253417.html

    【【北朝鮮】 北朝鮮、童詩で文大統領を嘲弄? 「青瓦台のサプサル犬、プルコギになるだろう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/05/16(木) 16:50:04.22 ID:CAP_USER
    no title
     
    米国務省は15日(現地時間)、スティーブン・ビーガン北朝鮮特別代表がロシアのイーゴリ・モルグロフ外務次官と電話会談を行ったとし、議題は北朝鮮の非核化だったと明らかにした。これに先立ち、マイク・ポンペオ国務長官が14日、ロシア・ソチを訪問した席でウラジーミル・プーチン大統領とセルゲイ・ラブロフ外相と会談をした直後だ。米露外相会談で北朝鮮をめぐって異見が露出すると、ビーガン代表まで出てロシアに制裁戦線から離脱しないようメッセージを送ったものと分析される。 

      ロシアもタス通信などを通してビーガン代表とモルグロフ次官の電話会談の事実を公開した。両国が明らかにした会談内容には温度差がある。 

      米国務省は「北朝鮮の『最終的かつ完全に検証された非核化(FFVD)』が達成されるまで、従来の制裁の完全な履行と執行を維持する必要性に対する議論が行われた」と明らかにした。ロシア外務省が明らかにした主要な議題は「政治的安定の増進」だ。タス通信はロシア外務省を引用して「政治的かつ外交的なプロセスの増進に向けて、安定に関するすべての国家の可能な措置が議論された」と伝えた。 

      つまり、米国務省はロシアが北朝鮮労働者の流入など制裁の国際共助の穴を大きくするような措置はするなという脈絡の要求をし、ロシアは北朝鮮非核化段階に相応する体制安全保障措置を取ることを要求したという意味に考えることができる。これは先月、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長がロシア・ウラジオストクを訪問してプーチン大統領と首脳会談を行った結果とも密接に関連する。当時、プーチン大統領は単独記者会見で、北朝鮮労働者のロシア派遣問題も話し合われたと認めつつも具体的内容は明らかにしなかった。北朝鮮が制裁によって外貨調達が難しい状況で、ロシアに今後も労働者を派遣する問題を協議したという見方が優勢だ。プーチン大統領は当時の記者会見で、北朝鮮の体制安全保障のための多国間的な努力が必要だとも強調した。 

      今回のビーガン代表とモルグロフ次官の電話会談でも、米露両国の温度差は明確になった。米国がビーガン代表の「電話会談カード」まで切ったのは、それだけ北朝鮮とロシアの密着が気になるという傍証だ。ビーガン代表は米国屈指のロシア通だ。ビーガン代表は米国共和党モスクワ支部で米露関係の改善とあわせて旧ソ連の経済改革開放措置を研究していたことがある。
    韓国外交部の李度勲(イ・ドフン)韓半島平和交渉本部長(左)と米国務省のスティーブン・ビーガン北朝鮮担当特別代表が10日午前、ソウル鍾路区都染洞(チョンノグ・ドリョムドン)の外交部庁舎の両者会議室で開かれた「非核化・南北関係ワーキンググループ会議」に先立ち話を交わしている。ワーキンググループ会議が開かれるのは3月14日のワシントン会議以降、約2カ月ぶりだ。(写真=共同取材団)

    中央日報 2019年05月16日 14時48分 
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=253441&servcode=500&sectcode=500


    【【北朝鮮】プーチン氏、北朝鮮労働者の受け入れ約束か…ポンペオ氏に続いてビーガン氏まで露を圧迫 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2019/05/16(木) 11:02:59.60 ID:CAP_USER
     CA0F5E74-7541-4300-B4C7-195A35660AA7
    韓半島(朝鮮半島)の統一費用として1兆ドルが必要だという主張があった。

    米ワシントンのピーターソン国際経済研究所(PIIE)のマーカス・ノーランド副所長は15日(現地時間)、民間団体カーネギー国際平和基金(CEIP)が「韓半島統一と韓米協力」をテーマに開催した討論会で、韓半島の統一に1兆ドルが必要だという見方を示したと、米政府系ラジオのボイス・オブ・アメリカ(VOA)放送が16日伝えた。

    ノーランド副所長は1兆ドルのために「すべての財源を引き込むべき」とし「ここには世界銀行(WB)・アジア開発銀行(ADB)など国際金融機構の協力が含まれる」と説明した。

    ただ、「1兆ドルは北朝鮮をひとまず安定させるための初期費用にすぎない」とし「韓国政府は今から非常に保守的な財政政策をしなければならないだろう」と助言した。


    2019年05月16日10時49分  中央日報
    https://japanese.joins.com/article/424/253424.html?servcode=500&sectcode=510

    【【自力でしろ】米国経済研「朝鮮半島統一費用は1兆ドル」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/05/15(水) 16:11:26.70 ID:CAP_USER
     CA0F5E74-7541-4300-B4C7-195A35660AA7
    【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の李相旻(イ・サンミン)報道官は15日の定例会見で、北朝鮮のコメの市場価格が下落したとする一部メディアの報道に関して、公式かつ客観的な指標ではないとの立場を示した。

    李報道官は会見で、「公式機関や公式機構による価格ではなく、市場価格について政府が評価することが適切か疑問だ」と述べた。

    また「北の食糧事情については、国連世界食糧計画(WFP)と国連食糧農業機関(FAO)が現地調査を通じて発表した評価結果を公式かつ客観的な指標と認識している」と強調した。

     これに先立ち、一部メディアは北朝鮮の市場でコメの価格が下落傾向を示しているとして、食糧難が深刻だとみるのは難しいとの指摘が出ていると報じた。

     李報道官は、専門家の間では市場価格を決定する要因は複合的に作用することが知られているとしながら、北朝鮮の体制の特性上、公式ではない指標で食糧市場を推定することには多くの制約があると説明した。

     また、北朝鮮に対する人道主義的食糧支援が必要だとする立場を改めて示し、食糧支援の実施には国民の合意と支持、共感が必要だとして、引き続き国民の意見を取りまとめていくと表明した。

     金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官は14日、北朝鮮に人道支援を行ってきた民間団体の関係者と意見交換したのに続き、15日には政策諮問委員らと懇談会を開いて専門家の意見を聞く計画だ。

    聯合ニュース 2019.05.15 14:02 
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190515001700882


    【【韓国】北朝鮮のコメ価格下落報道「公式指標でない」 食糧支援必要=韓国政府】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/05/15(水) 16:10:26.84 ID:CAP_USER
    DC85F464-984C-4950-B28C-075DA08FBCB3

    昨年から今年にかけての半年で米価格は20%近く急落

    「食糧事情悪化」の見方とは正反対

     韓国政府は「北朝鮮は深刻な食糧難」などとして北朝鮮への食糧支援に向けた手続きを進めているが、現地での食料価格はここ6カ月連続で下落していることが分かった。

     平壌をはじめとする主要都市の米価格は直近の6カ月で1キロ当たり1000ウォン(約92円)ほど下落したという。これは北朝鮮の食糧事情が悪化しているとの見方と相反する。北朝鮮の食糧事情が実際のところさほど深刻ではないか、あるいは北朝鮮当局が庶民の不満を抑えるため価格の統制に乗り出しているとの見方もある。

     北朝鮮の食料価格を定期的に調べているデイリーNKは「平壌の米1キログラムの価格は昨年11月には5000ウォンだったのが、その後は下落を続け、4月30日時点では4000ウォン台となっている」と伝えた。同じ期間、平安北道新義州や両江道恵山などでも5000ウォン台から4000ウォン台に下落したという。

    北朝鮮全域で米価格が1キロ当たり1000ウォンほど下落しているのだ。

     韓国国会情報委員会で委員長を務める野党「正しい未来党」の李恵薫(イ・ヘフン)議員も14日「(北朝鮮では)餓死者が出ているから(人道主義的観点から)支援をすべきとは言いがたい状況だ」「市場でのキロ当たりの価格が昨年の5000ウォン台から最近は4000ウォンほどにまで下落したとの情報もある」などと述べた。北朝鮮の内部事情に詳しい消息筋は「北朝鮮当局は今年1月末に2号倉庫(軍糧米保管倉庫)から米を供給したし、また最近は中国やロシアからも食糧支援が行われているので、米の供給量は逆に増加している」と伝えた。別の消息筋は「市場で活動する住民たちは自分で稼いで食料を手に入れているが、配給を受ける党、政府、軍の幹部や朝鮮人民軍、教員、基幹産業の労働者、平壌市民などの間では食料が足りなくなっている」と明らかにした。

     これに先立ち国連世界食糧計画(WFP)は昨年「北朝鮮における穀物生産量は2009年以降では最低の490万トンにとどまり、今年は136万トンの穀物が不足する見通し」と発表した。

    しかし海外からの調達やこれまでの備蓄などにより、実際の市場では米不足はさほど深刻な状況ではないとの見方もある。現在、北朝鮮全域には500カ所以上の常設市場と2000以上の小さい市場があるが、これらの場所では一定期間にわたり食料が貯蔵され流通しているということだ。韓国の国立シンクタンクの関係者も「過去には農作物の不作は食糧難に直結していたが、最近は市場が活性化し住民もさまざまな形で備えをしている」と指摘する。一部では「経済状況が悪化した影響で、住民は高い米よりも雑穀をよく消費しているので、米の価格が下落した」との見方もある。

     しかし韓国統一部(省に相当)は14日、北朝鮮向けの食糧支援について「春窮期の5-9月中には行うべきだ」との考えを示した。統一部の関係者は「世界食糧計画が公表した北朝鮮の食糧事情に関する報告書には、今年秋の収穫期までの5-9月が支援の必要な時期と明記されている」「報告書に基づいて5-9月(が支援に適正な時期)と考えるべきだろう」などと述べた。統一部の金錬鉄(キム・ヨンチョル)長官も14日、韓国国内の宗教指導者などが参加する会合に出席し、北朝鮮への食糧支援に関する意見を聞いた。

    会合には民間レベルで北朝鮮への人道支援を行ってきた団体が複数参加した。そのため「中立的な意見を聞くよりも食糧支援に向けた大義名分を得るためでは」との指摘も相次いでいる。

     一方で米国では政府でも民間でも北朝鮮への食糧支援について「徹底して原則を守るべきだ」との声が相次いでいる。支援された食糧が北朝鮮政府によって「武器開発に向けたリソース」に転用される恐れがあるからだ。米国務省で人権担当副次官補を務めたロベルタ・コーエン氏は12日(米国時間)「北朝鮮政府の責任を外国の支援によって補うべきではない」と指摘した。

    キム・ミョンソン記者

    朝鮮日報 2019/05/15 11:00
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2019051580041


    【【北朝鮮】「食糧難」のはずの北朝鮮、米価は6カ月急落中「食糧事情悪化」の見方とは正反対】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2019/05/15(水) 00:27:54.14 ID:K3WlFTaA9
    kp250

    拉致問題の勧告「拒否」と北朝鮮

     【ジュネーブ共同】北朝鮮の韓大成駐ジュネーブ国際機関代表部大使は14日、国連人権理事会の作業部会で演説し、日本人を含む外国人拉致問題の早期解決を求めた勧告を「拒否する」と述べた。

    2019/5/15 00:06 (JST) 
    共同通信 
    https://this.kiji.is/501048174142702689 

    【【( ゚ω゚ ) お断りします】拉致問題の勧告「拒否」と北朝鮮 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/05/15(水) 00:52:45.79 ID:CAP_USER
     CA0F5E74-7541-4300-B4C7-195A35660AA7
    【ソウル渋江千春】米朝の非核化交渉に進展が見られない状況で、北朝鮮の食糧支援を巡っても韓国が難しい立場に追い込まれている。食糧支援は人道的支援と位置づけられるため経済制裁の影響は受けないが、4日と9日に相次いだミサイル発射を受けて韓国内でも慎重論が浮上している。南北対話の糸口を見つけたい文在寅(ムン・ジェイン)政権は前向きな姿勢を崩していないが、実現のめどは立っていない。

    文大統領は13日、訪韓中の国連世界食糧計画(WFP)のビーズリー事務局長と約1時間面談、北朝鮮への食糧支援などについて協議した。文氏は「(米国の)トランプ大統領が北朝鮮に対する人道的食糧支援を全面的に支持すると話した」と意欲を示した。青瓦台(大統領府)関係者によると、当初は鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安全保障室長が会う予定だったが、文氏の判断で直接会うことになったという。

     ビーズリー事務局長は今月3日に公表された国連食糧農業機関(FAO)との共同調査による報告書の内容を説明。報告書は北朝鮮の2018年の農作物生産量は推定約490万トンで、過去10年で最悪の水準と指摘。既に提供された援助などを除き、約136万トンの食糧が不足しており、人口の約4分の1にあたる約1010万人が食糧不足に見舞われているとしている。緊急の支援が必要と訴えるビーズリー氏に文氏も共感を示したという。

    文政権は、米朝関係のあおりを受けた南北関係を立て直すためにも、食糧支援に向けた地ならしを進めようとしていた。まず、1回目のミサイル発射後の7日に開かれた文氏とトランプ大統領との電話協議で、食糧支援への支持を取り付けた。ところが9日午後、北朝鮮が2回目のミサイル発射に踏み切り、文氏は就任2年のインタビューで「食糧支援について米国との間で協議をしたのは(ミサイル)発射より前で、再び発射があったため、この点に関しては国民の共感と支持が必要だ」と発言。10日には金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一相は国会の最大野党「自由韓国党」所属の尹相現(ユン・サンヒョン)外交統一委員長に会い、青瓦台はこの問題を協議するため自由韓国党を含む与野党5党の代表会合を要請したが、支援に反対する自由韓国党は1対1の会合を主張し平行線をたどっている。

     一方の北朝鮮は、4月にロシアからの小麦到着を報じたことはあるが、基本的には食糧生産についても「自力更生」を掲げ、支援について大々的に触れることは控えている。食糧支援はあくまで人道的措置のため交渉の材料とはならず、北朝鮮を対話に引き戻せないとの指摘もある。

     朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は4月29日、政論「コメで党を支えよう」で、「自力で復興する新しい歴史を創造するこんにち、敵対勢力らの制裁、圧力策動を無慈悲に粉砕する勝利の砲声は農業部門から響かせなければならない」と主張。5月3日には「新たな土地を大々的に探し、耕地面積を増やそう」とする社説で「新たな土地を探す事業は敵対勢力の悪辣(あくらつ)な策動を粉砕して自力更生の旗高く前進する社会主義朝鮮の気概を示すための闘争の一環だ。耕地面積を増やすところに人民の食糧問題、食の問題解決の突破口がある」と訴えた。

    毎日新聞 2019年5月14日 19時29分(最終更新 5月14日 19時29分)
    https://mainichi.jp/articles/20190514/k00/00m/030/237000c


    【【北朝鮮の食糧支援めど立たず】文氏は前向きもミサイル発射で国内に慎重論 7日電話協議で支援の支持取り付け9日午後…北 発射】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル