かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: 米軍

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: シコリアン ★ 2019/12/10(火) 16:39:32.43 ID:CAP_USER
    E-8Cジョイントスターズ

    北朝鮮がクリスマス以前に挑発する可能性が高いとみて、米国が11日(現地時間)の国連安全保障理事会招集を要請するなど先制的な対応に動き出した。また、韓半島(朝鮮半島)に米軍偵察機を投入し、北朝鮮の動向を監視している。

    ソウルの外交筋は10日、「国家情報局(DNI)など米国の情報機関は北が来年初めよりも今年末に挑発をする可能性が高いと判断し、これをホワイトハウスに報告したと聞いている」とし「北が7日に東倉里(トンチャンリ)ミサイル発射場でロケットまたはミサイル関連の燃焼試験をするなど挑発が迫っている兆候を見せたのも、こうした判断を後押ししている」と伝えた。

    北朝鮮はその間、年末までに米国が非核化交渉で制裁解除など「新しい解決策」を提示しなければ「新たな道」を歩むと脅迫した。3日にはイ・テソン外務次官(米国担当)の談話で「残されているのは米国の選択であり、近づくクリスマスプレゼントに何を選ぶかは全面的に米国の決心にかかっている」と述べた。

    しかし最近、北朝鮮が予想より早く動いているため、当初予告したクリスマスの前に挑発をする可能性が高いという見方が出ている。国連安保理が米国の要請で11日(現地時間)に北朝鮮のミサイル発射と挑発拡大の可能性を議論することにしたのも、北朝鮮のクリスマス以前の挑発の動きと関連している。北朝鮮が最も敏感に反応する安保理カードで北朝鮮に圧力を加えて挑発を抑止しようというのが米国の狙いだ。米国はその間、北朝鮮の短距離弾道ミサイル発射に対して安保理会議の招集を要請してこなかった。

    また、先週からほぼ毎日、米軍の偵察機が韓半島(朝鮮半島)上空を飛行しながら北朝鮮を監視している。海外軍用機追跡サイト「エアクラフトスポット」によると、この日も午前4時ごろ米空軍所属E-8Cジョイントスターズが韓国領空で確認された。南海から進入したこの偵察機は中部圏上空を往復飛行した後、機首をまた南に向けた。E-8Cジョイントスターズは250キロ離れた地上の車両の移動を追跡できる。

    韓国国防安保フォーラムのシン・ジョンウ分析官は「米国は基本的に人工衛星を通じて北を偵察するが、最近のように韓半島情勢が緊迫した状況になれば偵察機など多様な情報資産を総動員する」と説明した。

    韓米は北朝鮮のロケットまたはミサイル関連の車両が移動するという機密情報を入手し、これを確認している。軍関係者は「7日に続いて近いうちに追加で燃焼試験をするとみて注視している」と話した。北朝鮮は7日、東倉里ミサイル発射場のエンジン燃焼実験場で燃焼実験を2回以上実施したことが把握された。これに続いて北朝鮮が多様なロケットまたはミサイル発射を準備するのではという見方が出ている。

    21世紀軍事研究所のリュ・ソンヨプ研究委員は「北が人工衛星を打ち上げるには複数のエンジンを一つに束ねた後、ロケットに搭載しなければいけない」とし「一度の燃焼試験でエンジン性能を十分に評価するのは容易でない」と述べた。

    中央日報 2019.12.10 15:59 
    https://japanese.joins.com/JArticle/260388  

    【【朝鮮半島】北朝鮮に挑発の兆候…米偵察機が連日監視】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/12/06(金) 21:11:25.43 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】米軍の偵察機がこのところ相次いで朝鮮半島上空を飛行しているが、新たに朝鮮半島東の東海上空でも作戦を実施したようだ。

    民間の航空追跡サイト「エアクラフト・スポット」で6日、米空軍の偵察機RC135Sが沖縄の米軍嘉手納基地を出発し、日本の内陸を通過して東海の上空へと向かったことが確認された。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射など北朝鮮による新たな挑発の動きを探るため、東海の北朝鮮の潜水艦基地を偵察したとみられる。RC135Sは遠距離から弾道ミサイルの軌跡を追跡できる偵察機だ。

     米軍は北朝鮮による先月28日の「超大型放射砲(多連装ロケット砲)」連続発射実験を前後し、偵察機の朝鮮半島出動を増やしている。

     今月5日には、米空軍の通信傍受用偵察機RC135Wが朝鮮半島の上空を飛行した。先月27日と今月3日には米空軍の地上監視偵察機E8Cが朝鮮半島上空を飛び、作戦を行った。先月28日と30日には米軍偵察機のEP3E、U2Sなどが、今月2日にはRC135Wが朝鮮半島上空に出動した。

     米国は北朝鮮が一方的に設定した対米交渉期限の年末を前に、相次ぐ偵察飛行で北朝鮮に警告を発すると同時に監視活動を強めていると分析される。

     米朝関係は近ごろ再び緊張が高まりつつある。トランプ米大統領は先ごろ北朝鮮への軍事力行使の可能性に言及し、軍序列2位の朴正天(パク・ジョンチョン)朝鮮人民軍総参謀長は軍事力を使用すれば「相応の行動に出る」と警告した。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191206002300882?section=nk/index
    聯合ニュース 2019.12.06 16:39

    no title

    米軍偵察機RC135Sの飛行ルート(エアクラフト・スポットのツイッターより)


    【【南北朝鮮を監視・偵察】米偵察機が今度は朝鮮半島東の海上に 北朝鮮の潜水艦基地を偵察か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV28,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 19/12/03(火)20:39:28 ID:???
    12F32606-6257-42FB-8078-C087BC2C4638

    3日、海外網は、韓国で在韓米軍のF-16戦闘機が着陸する際に武器を発射し、パイロットが負傷する事故が発生したと報じた。写真はF-16。

    2019年12月3日、海外網は、韓国で在韓米軍のF-16戦闘機が着陸する際に武器を発射し、パイロットが負傷する事故が発生したと報じた。

    記事は、韓国紙・中央日報の報道を引用。2日午後3時半ごろ、米軍第8戦闘飛行団のF-16戦闘機が韓国中西部にある群山空港の滑走路に着陸する際、パイロットが武器の発射過程において負傷し、病院に運ばれて手当てを受けたと伝えた。

    そして、事故発生後に米空軍が安全確保を理由として同空港の軍民双方の離発着をすべて停止し、調査に着手したと紹介する一方、事故原因については米軍が詳細を明らかにしておらず、パイロットがなぜ発射を行ったのか、事故当時戦闘機がどのような状況だったのかはいずれも分かっていないとしている

    (以下略)

    Record China12月3日
    https://www.recordchina.co.jp/b764012-s0-c10-d0135.html

    【【軍事】韓国の空港で着陸中の米軍F-16が武器発射、パイロットが負傷―中国メディア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: シャチ ★ 2019/11/14(木) 17:10:38.40 ID:CAP_USER
    88BDADE4-AD5C-4D62-B393-E9C5712EAFD2

     茂木敏充外相は14日の自民党竹下派(平成研究会)の会合で、米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長と12日に会談した際、韓国が破棄を通告し、23日に失効する日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に極めて強い懸念を示したことを明らかにした。

     茂木氏は会合で「ミリー氏は物事をはっきりと言う人だ。『相当、ガツンと言ってくる』と話していた」と述べた。

    11/14(木) 17:00配信産経新聞 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00000554-san-pol  

    【【米韓】米軍制服組トップ「韓国にガツンと言ってくる」 茂木外相との会談で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/10/14(月) 16:27:13.51 ID:CAP_USER
    43AB7920-7908-49D6-8E49-A5D02352F851

    米軍が最近になって韓半島での偵察を強化

    北朝鮮が新たに弾道ミサイルを発射する可能性も

     米空軍の地上監視偵察機「E8C」ジョイントスターズが11日、韓国の首都圏上空で北朝鮮に対する監視と偵察を行っていたことがわかった。これに先立ち弾道ミサイルを追跡する偵察機「RC135S」コブラボールも今月8日、沖縄の嘉手納基地から日本の内陸を経て日本近海を飛行し戻っていた。米軍の偵察機による今回のような韓半島での偵察活動強化の動きは異例だ。今月2日の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星3型」の発射に続き、北朝鮮が新たな弾道ミサイル発射の動きを示しているからではないかとの見方もある。

     海外の航空機追跡サイト「エアクラフト・スポット」によると、11日に1機のE8Cがソウル南側の首都圏上空から東海に向け飛行した。米国は今月5日に2機のE8Cを嘉手納基地に配備したが、今回飛行したのはそのうちの1機とみられる。E8Cが韓半島の上空と近海で偵察を行うのは昨年以来のことだ。

    ユ・ヨンウォン記者

    朝鮮日報 2019/10/14 08:06 
    【【朝鮮半島】沖縄県・嘉手納基地から「ジョイントスターズ」がソウル上空で北朝鮮監視活動】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: SQNY ★ 2019/10/13(日) 02:44:18.12 ID:CAP_USER
    no title
     
    ・シリア北部で米軍に砲撃、トルコ側の陣地から 米国防総省

    【10月12日 AFP】(更新)トルコ国境に近いシリア北部の町アインアルアラブ(Ain al-Arab、クルド名:コバニ、Kobane)付近で11日午後9時(日本時間12日午前3時)ごろ、トルコ側の陣地から米軍が砲撃を受けたと、米国防総省が発表した。

     米国防総省のブロック・デウォルト(Brook DeWalt)報道官は、「安全メカニズム地帯から数百メートル以内の場所で爆発があった。この場所に米軍がいることはトルコ側も知っていた」「米軍に負傷者は出ていない。米軍はコバニから撤退しない」と述べた。

     デウォルト報道官は、正当な理由のない攻撃には「速やかに防衛的措置を取る」とし、そのような措置を引き起こしかねない行為をしないようトルコに要求すると述べた。

    2019年10月12日 10:04 AFP
    https://www.afpbb.com/articles/-/3249173?act=all

    【【軍事】シリア北部で「トルコ側の陣地から米軍が砲撃を受け そこに米軍がいることはトルコ側も知っていた」米国防総省が発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/10/03(木) 13:50:41.72 ID:CAP_USER
    0A25FA33-48A9-4F57-8AC0-EF24240C9F42
     
    在韓米軍司令官が労働組合に文書で通知

    韓国政府に対し「年内の引き上げ」に応じるよう圧力

     先月から始まった第11次韓米防衛費分担金協定(SMA)交渉を巡り、もし年内に妥結しない場合、来年4月から韓国人職員を強制的に無給休暇させる方針を在韓米軍司令部が定めたことが2日に分かった。在韓米軍には韓国人職員がおよそ9000人働いている。在韓米軍労働組合のチェ・ウンシク委員長はこの日、国会外交統一委員会の国政監査に出席し、前日にこのような内容の司令官名義の文書を受け取ったことを明らかにした。

     韓国は在韓米軍防衛費分担金として現在9億9000万ドル(約1060億円)を負担しているが、米国のトランプ政権はこれを5倍近く引き上げるよう要求している。このような中で在韓米軍に雇用されている韓国人の強制無給休暇に言及したわけだが、これは「韓国に対する強い圧力」という意味合いに解釈できそうだ。韓国政府は米国からの強い増額要求に対し、先月ソウル市内で行われた1回目の交渉当日まで新しい首席代表を任命せず「遅延戦略」で対抗すると考えられていた。すると米国は「韓国人職員の強制無給休暇」をちらつかせることで、「年内の妥結」を強く求めたのだ。先月ニューヨークで開催された韓米首脳会談直後もホワイトハウスは「今年の末までに交渉は終わらせるべきだ」との考えを明確にしていた。

     在韓米軍司令部は昨年の第10次防衛費交渉でも今回と同じく在韓米軍労働組合に同様の文書を送付していたが、今年は「体感が違う」といわれている。峨山政策研究院安保統一センターのシン・ボムチョル所長は「防衛費分担金交渉に先立ち、米国は常に同じような行動を繰り返してきた。しかし米国が要求している50億ドル(約5400億円)は非常に過度な金額のため、その圧力が違う」と指摘する。韓国政府内では「米国は最終的に2兆ウォン(約1800億円)前後の分担金を手にするため、さまざまな方面から圧力をかけているのでは」などの見方が相次いでいる。

    金真明(キム・ジンミョン)記者

    朝鮮日報 2019/10/03 10:20
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/03/2019100380019.html

    【【韓国悲報】在韓米軍「防衛費が妥結しなければ韓国人職員9000人を無給休暇に」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2019/09/20(金) 06:45:12.14 ID:17vDTrvc9no title


    アフガニスタン 空爆で30人が死亡 ドローンで誤爆か
    2019年9月20日 6時27分

    アフガニスタン東部で、過激派組織IS=イスラミックステートを標的にした空爆に住民が巻き込まれ、少なくとも30人が死亡しました。空爆には、アメリカ軍のドローンが使われたとみられ、住民側は誤爆だとして反発を強めています。

    ロイター通信などによりますと、アフガニスタン東部のナンガルハル州で18日、政府の治安部隊と現地に駐留するアメリカ軍がISを標的に大規模な空爆を行いました。

    空爆は、アメリカ軍のドローンを使って行われたとみられ、この空爆に住民が巻き込まれ、少なくとも30人が死亡し、40人以上がけがをしたということです。

    空爆は、ISの戦闘員の隠れがをねらって行われたとされていますが、実際には、畑で農作業をしていた住民が被害にあったということです。

    今回の空爆について住民側は、武装勢力とは関係ない人たちに対する誤爆だとして反発を強めていて、アフガニスタン政府やアメリカ軍に対し、被害の状況を調べるよう求めることにしています。

    治安が悪化しているアフガニスタンでは、反政府武装勢力タリバンやISに対する軍事作戦を強化していますが、誤爆による住民の犠牲も後を絶たず、こうした住民の反発がタリバンなどの武装勢力を勢いづける要因にもなっています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190920/k10012090871000.html 


    【【アフガニスタン】空爆で30人が死亡 米軍のドローンで誤爆か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2019/09/19(木) 09:55:47.62 ID:CAP_USER
    1F3D3EEC-A40B-4096-8A70-A53C57AE97FF
     
    在韓米軍司令部は、韓国政府が早期返還を要請した4つの基地を含む 15の在韓アメリカ軍基地について、早期に韓国側に返還できると18日、発表しました。

    在韓米軍司令部は18日、報道資料で、「26の韓国駐留アメリカ軍基地 のうち、韓国政府が早期返還を要請したキャンプ・イーグル、 キャンプ・ロングなど4つを含む15の基地は、すでに移転し、閉鎖されたため、早急に韓国側に返還できる」と明らかにしました。

    なかでも「ソウル竜山(ヨンサン)基地は現在、合わせて5つの区域が閉鎖されているため、返還が可能だ」と説明しました。

    在韓米軍司令部のこうした発表は、GSOMIA=韓日軍事情報包括保護協定の破棄決定に続いて、韓国駐留アメリカ軍基地の早期返還が発表された場合、韓米同盟へのき裂を懸念する声が高まるのを意識したものとみられます。

    韓国政府は先月30日、国家安全保障会議(NSC)常任委員会の会議を開いて、26の韓国駐留アメリカ軍基地について、韓国への返還手続きを速やかに進め、なかでも竜山基地の返還手続きを年内に始める方針を決めています。

    これについてアメリカ軍側は今月4日、聯合ニュースとのインタビューで、「韓国政府の決定を尊重する。なるべく早い時期に返還できるよう韓国政府と協力する」と明らかにしています。


    2019-09-18 17:35:54
    KBS
    http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=73369

    【【米、韓国から撤退か!】在韓米軍 「15の基地はすでに閉鎖し、早期返還可能」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/09/18(水) 10:16:02.11 ID:CAP_USER
    un250
     
    国防部が来月ソウルで開かれる第51回韓米安保協議会議(SCM)で米国と国連軍司令部の役割と地位について議論すると複数の韓国政府消息筋が17日に伝えた。

      ある政府消息筋は「先月実施した基本運用能力(IOC)検証結果を両国の国防部が共有し自然に国連軍司令部問題が浮上した。どうであれ交通整理が必要だというのが共通認識」と話した。

      IOCは韓国軍の戦時作戦統制権転換能力を点検する予備考査的性格の合同演習だ。過去初めて韓国軍大将(チェ・ビョンヒョク韓米連合軍副司令官)が司令官を、米軍大将(ロバート・エイブラムス連合司令官)が副司令官をそれぞれ務めて実施した。

      ところが演習過程でエイブラムス司令官が国連軍司令官の資格で指揮権を行使すると主張した。連合司令官は国連軍司令官と在韓米軍司令官を兼職する。この問題により合同演習過程で単一指揮権が確立できなかったという。その後国防部と国連軍司令部は疎通ルートの必要性を実感し先月から国防部政策室長と国連軍司令部副司令官(オーストラリア軍中将)を代表にする協議体を稼動した。

      こうした問題が生じたのは1978年の連合司令部設立時に連合司令部と国連軍司令部の役割区分が複雑になったためだ。韓米は昨年のSCMで韓国合同参謀・国連軍司令部・連合司令部間の関係を規定する約定(TOR-R)に合意した。当時国防部は「合同参謀、連合司令部、在韓米軍司令部、国連軍司令部間の相互関係を(今後)発展させたい」と明らかにした。韓東大学のパク・ウォンゴン国際地域学教授は「合同参謀・国連軍司令部・連合司令部間の関係はあまり整理されていなかったという意味」と説明した。

      また別の政府消息筋は「文在寅(ムン・ジェイン)政権発足直後に戦時作戦統制権転換を検討し国連軍司令部が障害になりかねないと判断した。米国が戦時作戦統制権転換後に国連軍司令部を連合司令部から引き離す可能性があるとみたもの」と話した。

      核心は増援戦力だ。韓半島(朝鮮半島)で武力衝突が起きる場合、日本国内7カ所の国連軍司令部後方基地に兵力と装備が集まる。主に最大69万人の米軍であり、英国、フランス、オーストラリアなど国連軍司令部に戦力提供を約束した国も含まれる。

      増援戦力の作戦権はだれが持つかが明確でないというのが問題だ。現在は連合司令官が国連軍司令官を兼ねているため増援戦力を受け入れて指揮すれば良い。しかし戦時作戦統制権転換後は国連軍司令部が作戦権を独自に行使すると主張する場合、状況は変わる。

      関連事情をよく知る軍消息筋は「増援戦力の作戦権に対する決定は結局米国にかかっている。増援戦力に原子力空母船団など米軍の戦略資産が入るが、これを韓国軍に簡単に渡しはしないだろう」と話した。

      軍当局者も「米国は国連軍司令部で他の戦力提供国の分担を増やすよう要求している。増援戦力が多国籍軍になれば、国連軍司令部が自然に指揮できる」と予想した。

      最悪の場合、見かけだけの戦時作戦統制権転換になりかねないというのが韓国政府の懸念だ。韓国軍連合司令官は在韓米軍2万8500人だけを指揮し、米軍増援戦力と多国籍軍は国連軍司令部の指揮下に残ることになることだ。米国は2014年から連合司令部創設により看板だけ残った国連軍司令部の規模を大きくし役割を拡大しようとしている。

      峨山(アサン)政策研究院国際法センター長のイ・ギボム氏は、「政府が国連軍司令部を気まずい存在と見てはならない。国防部にだけ任せるのではなく、青瓦台(チョンワデ、大統領府)がリードし外交部も加勢して全方向的に米国を説得しなければならない」と提案した。

    中央日報 2019年09月18日 09時58分
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=257720&servcode=200&sectcode=200


    【【韓国軍は逃げるから米軍でしょ】有事の際の韓半島増援戦力69万人の国連軍はだれが指揮? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/09/13(金) 16:18:35.32 ID:CAP_USER
    no title
     
    神奈川県横須賀市は13日、米海軍横須賀基地に配備されている原子力空母ロナルド・レーガンが14日に同基地を出港すると発表した。周辺海域の警戒任務に当たる長期航海に出るとみられる。

     ロナルド・レーガンは8月、乗組員の休養や補給などを目的に、約3カ月間の長期航海から帰港していた。

     前回の長期航海中には、フィリピン海や南シナ海で警戒任務に当たったほか、オーストラリア海軍や海上自衛隊などとの合同軍事演習に参加。事実上の空母への改修が決まっている海自のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」とも共同訓練を行った。

    産経ニュース 2019.9.13 13:55 
    https://www.sankei.com/politics/news/190913/plt1909130012-n1.html


    【【米国原子力空母】ロナルド・レーガンが出港へ 14日に横須賀基地から 周辺海域の警戒任務に当たる長期航海へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/09/10(火) 11:21:12.13 ID:CAP_USER
    F78FB654-F79C-4B8A-804C-2C49147B6C3F
     
    「韓米同盟を生かそうとして南北関係が駄目になっている」

     韓国の文正仁(ムン・ジョンイン)大統領特別補佐(統一・外交・安全保障)は9日、現在の韓半島情勢について「韓米同盟を生かそうとして南北関係が駄目になっている状況」だとして「南北関係において最大の障害物は国連軍司令部」と語った。文特補はこの日、高麗大学で開かれた韓半島と北東アジア情勢に関する講演で、開城工業団地など南北経済協力に支障が出ていることについて「開城工業団地に物資やバスが向かっていくというと、全て国連軍司令部に事前申告して行くようになっている」として、このように発言した。文特補は「もし韓国国民がこれを知ったら、国連軍司令部は撤収せよと言うだろう」と語った。

     文特補は「北では韓国を信用せず、全く対話がなされていない状況」だとして「昨年作った韓米ワーキンググループは南北が推進することを米国に告げ口し、事実上米国に承認されているので、北朝鮮が理解しない」と語った。その上で「野党や保守陣営では、現在の状況を韓米同盟と南北関係が駄目になる外交惨事だというが、厳密に突き詰めれば、韓米同盟を生かそうとして南北関係が駄目になっている」と発言した。

     文特補は「われわれの基本は韓米関係ではなく南北関係だと考えるならば、解法が出てくる」と主張した。また「今の一般国民の大勢は、米国に付いて中国の浮上を防ごうという親米均衡論」とした上で「賢い人は、安全保障は米国と、経済は中国とやるべきだという現状維持論を好む」と語った。中国の一帯一路政策に対する考えを尋ねる中国の学生からの質問に、文特補は「一帯一路戦略は地政学的戦略ではなく地経学的戦略なので、米国は韓国に圧力は加えられるが、いつでも協力が可能というのが文在寅(ムン・ジェイン)政権の立場」と答えた。

     「われわれはなぜ米国の顔色をうかがうのか」という学生の質問には「駐米韓国大使が、韓国政府の意向を強力に伝えるよりも、米国政府の意向を韓国へ伝えて韓国政府の意見を変えるようにする形で社会化されている」「国連安保理の制裁決議に引っ掛からない金剛山観光をなぜ運用しないのかと、青瓦台(韓国大統領府)の前で、米国大使館の前でデモする市民の行動だけが変えることができる」と答えた。

    ソ・ユグン記者

    朝鮮日報 2019/09/10 09:40
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/10/2019091080020.html


    【【韓国終了】文正仁大統領特別補佐「南北関係最大の障害物は国連軍司令部」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鴉 ★ 2019/08/31(土) 00:13:25.78 ID:CAP_USER
    kr250
     
    韓国大統領府は30日、国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、26ヶ所の在韓米軍基地の早期返還を推進することにしたと発表した。

    特にソウル龍山基地は返還作業を今年中に開始することにした。

    韓国大統領府がNSCまで開いて在韓米軍基地の早期返還方針を公開したのは異例だ。

    また最近、韓国政府の韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)終了決定に米国政府が反発するなど、韓米葛藤が大きくなる状況である。

    朝鮮日報(韓国語)
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/08/30/2019083002434.html

    【【話題】韓国大統領府、26ヶ所の在韓米軍基地の早期返還推進を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: アンドロメダ ★ 2019/08/28(水) 18:21:30.79 ID:PzOpsFhd9

    渡邉哲也 @daitojimari 23:55 - 2019年8月27日
    朴槿恵政権でも在韓米軍撤退の話があり、残留の条件が THAAD導入と慰安婦合意とgsomiaだったのです。 韓国は3つとも事実上反故にした。

    https://twitter.com/daitojimari/status/1166605291930226690

    【【渡邉哲也】在韓米軍残留の条件は THAAD導入と慰安婦合意とGSOMIAだったが、韓国は3つとも反故にした 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/08/07(水) 18:42:03.95 ID:CAP_USER
    no title
     
    沖縄県の米軍嘉手納基地に1日深夜に飛来した米ネブラスカ州オファット空軍基地所属のWC135W大気観測機が6日早朝、離陸し、午後3時21分に嘉手納基地に着陸したのが確認された。

    大気中の放射性物質を採取・分析する機能があり、北朝鮮監視活動のための任務飛行を行ったとみられる。

     また、目撃者によると同日午後2時までにRC135情報収集機やKC135空中給油機などが嘉手納基地を離陸。WC135Wも午後5時41分に離陸したのが確認された。台風9号の接近に伴い、他の米軍基地に避難したとみられる。

    沖縄タイムス 2019年8月7日 09:43 
    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/455341




    【【核実験間近?】北朝鮮の監視? 米軍大気観測機 沖縄・嘉手納基地に飛来】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/06/12(水) 14:34:21.17 ID:CAP_USER
    main_183
     
    海上自衛隊ホームページより

    海上自衛隊の護衛艦「いずも」と米原子力空母「ロナルド・レーガン」が10日から南シナ海で共同訓練を行っていることが分かった。日米を代表する艦船が艦隊行動を共にすることで、海洋進出を強める中国への抑止力を誇示する狙いがある。複数の政府関係者が11日、明らかにした。

     海自と米空母が南シナ海で共同訓練を行うのは昨年8月以来。海自からはいずものほか、護衛艦「むらさめ」と「あけぼの」が参加し、「ロナルド・レーガン」と艦隊を組んだ上で戦術運動の確認などを行った。

     海自は4月末から「インド太平洋方面派遣訓練」として、いずもとむらさめを南シナ海やインド洋に長期派遣している。シンガポールやマレーシアなどの沿岸国に寄港して各国海軍との連携を深めたほか、日米印比や日仏豪米などの多国間訓練を重ねて存在感を示している。あけぼのは今月から追加派遣された。

     いずもは海自最大の護衛艦で、政府は同型の「かが」と合わせて事実上の空母に改修し、垂直着陸と短距離離陸が可能な最新鋭ステルス戦闘機F35Bと一体運用する方針だ。

     南シナ海は日本を含む各国にとって重要な海上交通路(シーレーン)だが、中国は「核心的利益」と位置づけ、国際法に反する形で人工島の軍事拠点化を進めている。政府は軍事力の象徴とされる米空母といずもの共同訓練が、中国への強い牽制(けんせい)になると判断している。

    産経新聞 2019.6.12 05:00
    https://www.sankei.com/politics/news/190612/plt1906120003-n1.html


    【【海自】「いずも」と米空母「ロナルド・レーガン」が南シナ海で共同訓練 日米印比や日仏豪米など多国間訓練を重ねて存在感を示す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2019/06/08(土) 00:13:09.36 ID:ergXeCtQ9
     93DF79CD-2CE8-4272-A6BA-C338941831AB
    【速報】横須賀基地に拠点を置くアメリカ海軍の第7艦隊は7日、フィリピン海を航行していたアメリカ海軍のイージス艦に対し、ロシア海軍の駆逐艦がおよそ15メートルから30メートルまで異常接近したと発表した。

    https://twitter.com/tbs_news/status/1137014062372360193?s=21
    2019/06/07


    【【速報】フィリピン海で米海軍第7艦隊にロシア海軍駆逐艦が異常接近 7日 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/06/04(火) 21:34:50.74 ID:CAP_USER
    no title
     
    戦時作戦統制権(戦作権)が韓国軍に転換された後、韓米連合軍司令官は韓国軍の4つ星階級章将軍(隊長)が引き受ける。鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官とパトリック・シャナハン米国防長官代行は3日、ソウル国防部庁舎で韓米国防長官の会談を開き、このような内容に合意した。 

      現在の連合司令部司令官は米軍であり、韓国軍が副司令官だ。このような状況で全面戦争が起きる場合、米軍司令官が韓国軍を指揮する。だが、この日、両国国防長官が韓国軍連合司令官の原則を再確認するにつれ、今後戦作権を転換すれば第2の朝鮮戦争が勃発する時韓国軍司令官が米軍を指揮することになる。これにより、軍事主権を取り戻すという評価が出るものとみられる。 

      韓米は当初、韓国軍合同参謀議長が連合司令官を兼職する方針を検討した。しかし、この場合、合同参謀議長の業務負担が重すぎるという指摘により連合司令官職を別枠で作ることにした。 

      国防部によると、米軍が他の国軍隊の指揮権の下に置かれた場合は多くない。国防大学のチョン・ハンボム教授は「韓国軍が軍事的危機状況が発生すれば主導権を持って積極的に連合作戦を主導できる土台が作られる」と話した。現在の米軍司令官-韓国軍副司令官からなる連合司令部の構造は6・25韓国戦争(朝鮮戦争)以降、北朝鮮の挑発脅威に対応する韓国の独自能力が備えられていない中で維持されてきた。 

      それでも韓国軍司令官の連合司令部指揮は韓米の戦力の違いのため、垂直的関係ではないという見方が多い。政府消息筋は「司令官と副司令官の席が変わったが、今後も韓米の大統領と国防長官の指針が両国の合同参謀を通じて連合司令部に下りていくため、垂直的指示というよりは相互協議の構造になるだろう」と説明した。 

      特に、米国が韓国に提供する核傘など戦略資産の統制問題は今のように連合司令部とは別に米国が独自に行使すると予想される。牙山(アサン)政策研究院安保統一センターのシン・ボンチョル・センター長は「戦作権が転換されても韓国は情報・監視・偵察(ISR)や戦略資産など軍事的に米国に多くのことを頼らざるを得ない」として「韓米同盟の重要性はそのまま維持される」と指摘した。韓国政府は現政権の任期最後の年である2022年戦作権転換を終えるという計画だ。 

      韓米国防長官は連合司令部を国防部領内に移転することにした計画を変え、平沢(ピョンテク)の米軍基地ハンフリーズに移すことに確定した。 

      これに先立ち、ロバート・エイブラムス連合司令官は連合司令部をハンフリーズ基地に移動するという意向を国防部に伝えた。国防部関係者は「作戦の効率性、任務環境、移転時期・費用などを両国が確かめた結果、国防部の領内よりハンフリーズ基地の方がより良いと判断した」と説明した。韓米はハンフリーズ基地の建物を改善・補修した後、連合司令部として活用する計画だ。 

      米国が連合司令官を韓国軍に明け渡すと確約するにつれ、防衛費分担金の引き上げが請求書に上乗せられるだろうという見方がある。韓東(ハンドン)大学国際地域学科のパク・ウォンゴン教授は「米国にとっては韓国が連合防衛体制を主導する権限をさらに多く持つことになれば、当然韓国の負担もさらに増えるべきだと要求するだろう」と話した。

    中央日報 2019年06月04日 07時44分 
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=254071


    【【壮大な勘違いの韓国】第2朝鮮戦争が勃発すれば韓国隊長が連合司令部を指揮 戦作権を転換すれば韓国軍司令官が米軍を指揮することになる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV12,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 19/06/01(土)09:13:27 ID:???
    8131C4C9-E46C-43FE-8D99-7DA085417D22

     5月30日、沖縄・嘉手納基地を拠点とする米空軍の信号情報(SIGINT)収集機であるRC-135UとRC-135Wの2機が、同じ時間帯に韓国上空を飛行した。この情報は、主に米軍機の動向を追跡するTwitterアカウント“Aircraft Spots”(https://twitter.com/AircraftSpots)に掲載されたものである。

     RC-135電子偵察機は通常、朝鮮半島を南北に分断する軍事境界線に近い空域(ソウル-江陵[カンヌン]間)を往復飛行して情報収集を行っている。通常、米空軍のRC-135か米海軍の電子偵察機EP-3のどちらかが1機、毎日1回、韓国上空を飛行し、北朝鮮軍の動向を収集している。

    2機の電子偵察機が同時に飛行することは稀

     今回のように、RC-135U(通称・コンバットセント)とRC-135W(通称・リベットジョイント)が同時に同じ空域を飛行することは極めて珍しい。燃料の関係もあり1機は嘉手納基地に帰投する途中だったのかもしれないが、それでも、1日に2回、情報収集飛行することは稀だ。

     軍事境界線のすぐ南の高度2万5000メートルを飛行する米空軍の高高度偵察機U-2S(韓国の米空軍烏山[オサン]基地を拠点としている)と、1機のRC-135だけでは手に余るほど、北朝鮮軍に何らかの動きがあることを示唆している。

    (略)

    ヤフーニュース(新潮)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190531-00563614-shincho-kr&p=1


    【【韓国】米軍の電子偵察機が韓国上空で異例の飛行、北朝鮮軍で何かが起きている?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2019/05/26(日) 22:12:56.51 ID:txtyEdkl9
    航空自衛隊は2019年5月27日(月)から6月29日(土)まで、アメリカ空軍が実施する演習「レッド・フラッグ・アラスカ」へ参加します。期間中は、アラスカ州アイルソン空軍基地、エレメンドルフ・リチャードソン統合基地とその周辺空域などで訓練を実施します。

    空自の参加部隊は三沢基地の第3航空団、浜松の警戒航空隊、小牧基地の第1輸送航空隊で、人員は航空総隊がおよそ210名、航空支援集団からおよそ70名、計280名規模です。派遣する航空機はF-2A/Bが6機、E-767を1機、C-130Hを2機、計9機です。

    このうち、「レッド・フラッグ・アラスカ」の期間は6月7日(金)から6月22日(土)で、防空戦闘訓練、戦術攻撃訓練、戦術空輸な訓練を実施し、日米共同訓練を通じた部隊の戦術技量、日米共同対処能力の向上を図ります。なお、F-2の日本/アラスカ間の移動時は、航空自衛隊KC-767とアメリカ空軍の空中給油機が空中給油を予定しています。また、この訓練には、タイ空軍、韓国空軍、NATO軍が参加する予定です。


    no title

    レッドフラッグ・アラスカ、画像はVMFA-232


    Fly Team 2019/05/26 21:25
    https://flyteam.jp/news/article/110510

    【【韓国も参加】空自、レッド・フラッグ・アラスカにF-2やE-767など9機派遣 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル