かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    カテゴリ: 米軍

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ひろし ★ 2018/01/16(火) 23:33:09.32 ID:CAP_USER9
     
    b-52-stratofortress-2430077_640
    【ワシントン時事】米空軍は16日、B52戦略爆撃機6機がグアムのアンダーセン空軍基地に展開したと明らかにした。

     グアムには今月、核搭載可能なB2戦略爆撃機が到着。既に展開しているB1を含め、米軍の戦略爆撃機3機種が一時的に集結した形となった。

     空軍によると、B52と約300人の乗員は、ルイジアナ州にあるバークスデール空軍基地からグアムに到着した。B1から任務を引き継ぎ、北朝鮮へのけん制などに当たるとみられる。 

    ヤフーニュース(時事通信)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000151-jij-n_ame

    【米空軍、B52爆撃機もグアムに=3機種集結、北朝鮮けん制 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/14(日) 14:21:18.47 ID:CAP_USER9
    ワスプ

     長崎県佐世保市の米海軍佐世保基地に新たに配備される米海軍の強襲揚陸艦ワスプ(4万532トン)が14日、同基地に接岸した。米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)のF35B最新鋭ステルス戦闘機を艦載機として運用。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮などをにらみ即応態勢を強化する。

     全長約250メートルで、約1100人の乗組員のほか、海兵隊約1600人を乗せることが可能。在沖縄米海兵隊の即応部隊、第31海兵遠征部隊(MEU)などと一体運用される。これまで佐世保基地に配備されていた強襲揚陸艦ボノム・リシャールと交代する。

    共同通信
    https://this.kiji.is/325107865390105697
    【【米軍】米海軍の強襲揚陸艦ワスプが佐世保基地に接岸...北朝鮮にらみ最新鋭機で即応強化 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/01/12(金) 12:02:21.13 ID:CAP_USER9
    us250

    米海兵隊総司令官のロバート・ネラー大将は、休暇中に海で危険を顧みず、溺れかかった沖縄県民ら4人を救助したとして、米海兵隊キャンプ・シュワブ(同県名護市、宜野座村)に所属するアーロン・クランフォード中尉に対し、非戦闘時の勇敢な行動をたたえる海軍・海兵隊勲章を授与した。

     在日米海兵隊によると昨年4月23日、休暇中のクランフォード中尉は知人とともに沖縄県恩納(おんな)村周辺でダイビングを楽しんでいた際、離岸流で沖に流されそうになっていた沖縄県民を含む4人の日本人ダイバーを発見した。一緒に潜っていた知人が安全に陸に上がるのを見届けた後、ただちに海に戻り、波に流されつつあった4人を1人ずつ救助したという。

     キャンプ・シュワブで8日行われた勲章授与式で、クランフォード中尉は「間違いなく彼らは水中でもがいていた。装着していたダイビングギアは乱れ、誰かの注意を引こうと必死に腕を振っていた」と当時の状況を振り返えった。

     救助された沖縄県沖縄市在住の男性は「このままでは死んでしまうと思った。足が固まり、ボンベの酸素が空になったため海面に出ると、押し寄せてくる波で沖の方に流され、波の勢いで口元のレギュレーターも外れてしまった」と話した。

     救われた別の男性も「クランフォード中尉の助けがなければ、私は今ごろ生きてはいないだろう」と語り、命の恩人の勇敢な行動に深く感謝した。

     クランフォード中尉が所属する第3海兵師団司令官のティンバーレーク少将は「彼は海兵隊の素晴らしいお手本。彼の行動には多大なる勇気が必要であり、海兵隊員としての鏡だ」と称賛した。

     米海兵隊員の勇敢な行動はこれにとどまらない。

     昨年12月1日には沖縄県沖縄市で発生した車6台による多重交通事故で、在沖米海兵隊のヘクター・トルヒーヨ曹長がクラッシュした車から同県民の男性医師を命からがら救助した。ところが不運にも後続車にはねられて意識不明の重体となり、称賛や早期回復を願う声が日本全国でわき上がっている。

     米第3海兵遠征軍の担当官は産経新聞の取材にこう強調した。

     「海兵隊はいかなる状況であろうとも、また任務中であろうと任務中でなかろうとも、体現される誠実や勇気、献身といった価値をすべての海兵隊員に教え込んでいる」 

    産経新聞
    http://www.sankei.com/world/news/180112/wor1801120032-n1.html

    【【米国】米海兵隊員が海で沖縄県民ら4人を救助 勇敢な行動に最高峰の勲章授与  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 影のたけし軍団 ★ 2018/01/12(金) 08:38:07.70 ID:CAP_USER9
    B9642FF8-7FFF-47E7-B3BE-42630D4B3ADE
     
    米空軍は11日、B2戦略爆撃機3機をグアムに展開したと明らかにした。

    B2は高いステルス性能を持ち、核爆弾の搭載も可能。
    核・ミサイル開発を続ける北朝鮮をけん制する狙いがある。

    空軍によれば、B2と空軍兵士約200人は中西部ミズーリ州の基地を離れ、
    既にグアムのアンダーセン空軍基地に到着した。

    展開は数週間で、同盟国との演習も行われる見通し。

    空軍の広報担当者は「太平洋地域に戦略爆撃機を交代で展開し、
    同盟国の保護と核抑止を支援する任務の一環」と説明している。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018011200204&g=pol

    【米軍、B2戦略爆撃機 グアムに・・・北朝鮮けん制 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/01/09(火) 08:19:28.16 ID:CAP_USER9
    在沖縄米軍トップ、異例の謝罪 事故続発にいら立ちも 沖縄のヘリ不時着、政府関係者も絶句

    0E9C25D7-E1AD-44D8-ACE6-65D96C611C17

     「異常を通り越して、もう何と言えばいいのか」。3連休の間で2度の不時着。沖縄県幹部は一報を耳にした際、数秒間言葉を失った。県は10日に富川盛武副知事を上京させるなどし、県内にある全米軍機の総点検と飛行中止を政府に改めて求める。



     県は昨年12月に宜野湾市の普天間第二小学校に米軍ヘリの窓が落下する事故が起きた際にも同様に求めた。しかし政府は県の訴えを「ロジックが分からない」(山本朋広防衛副大臣)などと一蹴した。今回の不時着の続発は政府の現状認識の甘さ、危機感の薄さが招いた事態ともいえる。

     「What’s going on?!(一体、どうなっているんだ?!)」。富川氏は8日夕、電話で在沖米軍トップのローレンス・ニコルソン四軍調整官に事態の説明を迫った。午後6時40分ごろ、ニコルソン氏が電話で富川氏に読谷の不時着事案を報告した。ニコルソン氏はこれまでも米軍機のトラブルが発生する度に富川氏に電話してきた。しかし大半は客観的な事実を伝えるだけの「報告」どまり。しかしこの日は違った。

     「大変申し訳ない」。ニコルソン氏は謝罪の言葉を口にし、さらに頻発する不時着に「クレイジーだ」と漏らし、いら立ちをにじませた。富川氏は米軍機によるトラブルが相次いでいることを指摘し今後、詳細な説明をするよう求めた。ニコルソン氏も「必ず説明する」と約束した。

    ◇矮小化

     「なぜ一昨日のニュースをまたやっているのか」。政府関係者の一人は、読谷の不時着を報じるテレビニュース見て、2日前に起きた伊計島の不時着事案だと誤解した。読谷で新たに発生した事案だと気付き絶句した。「官房長官も名護入りするなど政府を挙げて名護市長選に力を入れている最中に」と顔をしかめた。

     「操縦士や搭乗員。彼らがしっかりすること、これが全ての基本だ」。小野寺五典防衛相は8日夜に出演したテレビ番組でこう語った。米軍機の事故が相次ぐ中、機体の安全性や米軍の組織的な問題ではなく、操縦や整備に当たる米兵に事故原因を矮小(わいしょう)化させた格好だ。

     相次ぐ米軍機のトラブルについて、防衛省関係者は日本を取り巻く厳しい安全保障環境などにより訓練が激化している点や機体の老朽化などを挙げるが、原因は分かっていない。そんな中、来月の名護市長選など選挙イヤーを迎えた沖縄で事故が頻発している。政府・自民党関係者は「伊計の次は読谷か。あまりにも米軍の事故が多すぎる」と広がる波紋に危機感を募らせた。

    ◇最低限

     今回不時着したAH1ヘリはちょうど1年前、伊計島に不時着したものと同型機。AH1ヘリのほか、CH53ヘリ、MV22オスプレイ、UH1Yヘリ。この1年だけでもあらゆる県内米軍基地所属機のトラブルが続いている。嘉手納基地に飛来している外来機の部品落下も起きた。県は全機の総点検と飛行停止を求めているが、実施に当たっては米軍の運用も踏まえた上で一斉実施には固執せず、裁量の余地を与えている。

     これは、県が必要最低限かつ実現可能なものとして要求していることを意味する。最初から実現できそうにない無理筋の要求を投げているわけではない。

     政府が1カ月前に取り合わなかった全機点検、飛行停止の要求は「生命が脅かされている」(謝花喜一郎県知事公室長)との不安を抱く県民にとっては切実で、最低限の訴えだ。「政府にはその一歩を誠意を持って示してほしい」。謝花氏は怒りで震えそうになる声を抑えながらこう力を込めた。

     2018年1月9日 07:00  
    琉球新報 
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-643281.html 
    【在沖縄米軍トップ、異例の謝罪 事故続発にいら立ちも 沖縄のヘリ不時着、政府関係者も絶句 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/01/08(月) 17:29:49.76 ID:CAP_USER9
    ホテル近くに軍用機緊急着陸か 沖縄 読谷村
    1月8日 17時17分

    沖縄県警察本部によりますと、8日夕方、沖縄県読谷村にあるホテルの近くにアメリカ軍機と見られる軍用機が着陸したということです。今のところ、けが人の情報はないということですが、警察は緊急着陸などの可能性もあると見て詳しい状況の確認を急いでいます。
     
    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180108/k10011282001000.html 

    【【米軍】ホテル近くに軍用機緊急着陸か 沖縄 読谷村 沖縄県警察本部 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/06(土) 20:02:39.28 ID:CAP_USER9
    伊計島

     6日午後4時15分ごろ、沖縄県うるま市の伊計(いけい)島の住民から「米軍ヘリが不時着した」と110番通報があった。県警やうるま市消防本部によると、ヘリ1機が島の東側の砂浜に不時着したが、大きな損傷などはなく、住民や乗員にけがはないという。

     沖縄防衛局によると、不時着したのは米海兵隊の多用途ヘリコプターUH1。乗員は4人で、県警などに対し「飛行中に警告灯が点灯した」と説明。事故を避けるための「予防着陸」をしたと話しているという。

     伊計島は那覇市の北東約40キロにあり、沖縄本島とは橋で行き来できる。昨年1月20日にも米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属の攻撃ヘリAH1が農道に不時着した。沖縄では、このほかにも米軍機の事故やトラブルが相次いでいて、県民の反発がさらに強まるとみられる。

    no title
    朝日新聞
    http://www.asahi.com/sp/articles/ASL165TX1L16TIPE019.html?iref=sp_new_news_list_n 

    【米軍ヘリが不時着 沖縄・伊計島の海岸、けが人なし...事故を避けるための「予防着陸」か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ダーさん@がんばらない ★ 2018/01/01(月) 03:16:32.11 ID:CAP_USER
    米海兵隊司令官「戦争が近づいている...備えよ」
    us250

    ロバート・ネラー米海兵隊司令官が「戦争が近づいている」とし、その対応をするように米海兵隊員たちに警告した。

    23日(現地時間)、フォックスニュースはネラー司令官が21日、ノルウェーのトロンハイム近くの基地を訪問し、現地に配置されている米軍兵士たちに「私が間違えることを望んでいるが、戦争が近づいている」と述べたと報じた。彼は近い将来に重大な衝突が起きる可能性がある場所として、ロシアと太平洋地域を指摘した。

    彼は兵士たちとの質疑応答の時間で、ロシアとウクライナ、グルジアとの間の衝突に言及しながら、米国の軍事的関心が中東から東欧に移動するものと考えられると明らかにした。それとともに、米海兵隊員は地平線の向こうから近づいている「途方もなく大きい戦争」に備えなければならないと強調した。

    ジェームズ・マティス長官も22日、フォートブラッグの第82空挺師団を訪問し、「韓半島に嵐雲(storm clouds)が集まっている」と述べている。彼は「準備している強力な軍隊が後押ししてこそ、外交を通じて戦争を防ぐことができる」、「私たちの外交官たちが確信と信念を持って話をするためには、皆が進む準備ができていなければならない」と強調した。

    ソース:ニューシス 2017-12-24 16:56:59(韓国語)
    http://www.newsis.com/view/?id=NISX20171224_0000185342&cID=10101&pID=10100


    【【話題】「戦争が近づいている」…ネラー司令官が警告】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 孤高の旅人 ★ 2017/12/28(木) 11:27:06.50 ID:CAP_USER9
    北がミサイル発射準備か 米報道 米軍は軍事演習の情報公開を制限する方針
    2017.12.28 08:52
    kp250

     【ワシントン=黒瀬悦成】米CNNテレビは27日、米情報当局者の話として北朝鮮が新たなミサイル発射を準備している兆候が確認されたと伝えた。
     米情報当局者は、ミサイルの発射場周辺で機器を移動しているのが分かったとした上で、北朝鮮が数日~数週間でミサイルを発射する可能性があるとの分析を明らかにした。
     ただ、発射されるのが弾道ミサイルであるのか、韓国でここ数日報じられている「人工衛星打ち上げ用ロケット」であるのかは現時点で不明としている。
     一方、複数のトランプ政権高官はCNNに対し、米軍が韓国や日本と行ってきた合同演習について、今後は実施時期や具体的な規模などの詳細について公表を控える方針を明かした。
     高官らは新方針の意図について、米国務省が対話で事態を打開する余地を拡大させるためと述べ、北朝鮮を刺激するのを避ける狙いがあることを示唆した。
     ただ、米軍は朝鮮半島など世界各地で実施している軍事演習について、仮想敵国が本物の軍事攻撃と誤解して偶発的衝突に発展するのを避けるため情報を積極的に公開してきただけに、北朝鮮が今回の措置を奇襲攻撃の準備と「誤解」する可能性もある。
     
    産経新聞
    http://www.sankei.com/world/news/171228/wor1712280012-n1.html 


    【【北朝鮮情勢】北がミサイル発射準備か 米報道 米軍は軍事演習の情報公開を制限する方針 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2017/12/25(月) 21:06:13.97 ID:CAP_USER9
    us250

    「諸君、準備万端にしたまえ」

    「だから、諸君、準備万端にしたまえ。」

     “So you gotta be ready.“

    アメリカのマティス国防長官の言葉である。クリスマス前の22日、アメリカのノース・カロライナ州にある陸軍基地“フォート・ブラッグ”を慰問に訪れた際、兵士達に語ったものだ。

    この日のマティス長官の発言の全文は未だ公表されていない。この為、全体のニュアンスは良くわからない。

    が、AP通信の報道によれば、この日、マティス長官は、1960年代に書かれた朝鮮戦争に関する書物を読むよう兵士達に薦め、その際、「前回の失敗を学ぶことは、来るべき難題を知ることと同じように重要である。・・・中略・・・だから、諸君、準備万端にしたまえ。」と述べたという。

    もちろん、軍がいざと言う時に準備不足では困る。だから、準備を万端に整えよと国防長官が兵士達を叱咤するのは珍しいことではない。

    だが、やはり気に留めざるを得ない。

    朝鮮半島で「嵐雲が勢いを増している」

    報道によれば長官は、朝鮮半島では「嵐雲が勢いを増している」、“Stormclouds are gathering“とも発言したという。

    アメリカ軍も明らかに朝鮮半島有事に向け準備を加速させているのである。
    (略)

    ヤフーニュース(ホウドウキョク)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00010004-houdouk-int
     
    【【アメリカ】マティス国防長官、兵士達に「準備万端にしたまえ」「朝鮮半島では嵐雲が勢いを増している」 有事に向け準備を加速 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 紅あずま ★ 2017/12/24(日) 09:23:05.95 ID:CAP_USER9
    F18

     広島県北広島町の住宅地で今月15日、米軍機とみられる機体が低空飛行していた疑いがあることが23日、住民への取材で分かった。
    100デシベルを超える騒音が計測されており、県の担当者は
    「事実確認をするとともに、住民に不安を与えないよう国に働き掛ける」としている。

     広島市中心部から北に約30キロの北広島町で、住民の八幡郵便局長高木茂さん(63)が15日午前10時半ごろ、低空飛行する機体を目撃し、動画を撮った。
    高木さんは「(地上から)100~150メートルほどの高さだったと思う」と話している。
    動画や、別の住民が撮影した写真から、米軍のFA18戦闘攻撃機とみられる。

    東京新聞(共同通信):2017年12月23日 21時14分 
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017122301001609.html 


    【米軍FA18戦闘攻撃機が住宅地で低空飛行か 広島で住民目撃、騒音100デシベル超 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/19(火) 07:58:45.08 ID:CAP_USER9
    no title
      
     米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリから重さ7・7キロの窓が落下する事故が起きた宜野湾市新城の普天間第二小学校に、「やらせだろ」「基地のそばに造ったのはあんたたち」など誹謗(ひぼう)中傷する電話が相次いでいる。事故翌日の14、15日で計19件、市教育委員会にも1件あった。

     内容は、米軍が落下を認めているにもかかわらず「やらせ」と事故そのものを疑うものや「同情できない」といった意見など。市教委への電話は「学校を移転しろ」というもので「土地がない」と返すと「住宅地をつぶせ」と乱暴な言葉で答えたという。

     同小の移転計画は過去に浮上したが、実現が見通せず断念した経緯がある。同型ヘリからとみられる落下物があった市野嵩の緑ヶ丘保育園でも「自作自演だろ」との心ない中傷が後を絶たない。

     市教委の担当者は「やらせなどとんでもない話。移転や学校ができた経緯についても、事実関係をちゃんと調べてほしい。学校職員の精神的負担になっている」と話した。

    ヤフーニュース(沖縄タイムス)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00185360-okinawat-oki


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513637925

    【【沖縄】「やらせ」「同情できない」 部品落下、米軍が認めているのに...小学校に心ない電話 担当者「事実関係をちゃんと調べてほしい」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2017/12/17(日) 21:46:36.04 ID:CAP_USER9
     
     no title

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のヘリコプターの窓が小学校校庭に落下した事故を受け、危険性除去を求める声が強まっている。移設先の名護市辺野古を繰り返し視察してきた自民党の和田政宗参院議員は「辺野古移設で危険性は格段に減る」と指摘する。一方、今回の事故機を韓国の大韓航空が整備していたことが分かった。ただ、同社は事故との関係を否定している。 
      
    (中略)
       
     一方、ネット上では、聯合ニュース(2015年5月26日、電子版)の次の記事が拡散されている。

     《大韓航空が日本に駐留する米海兵隊のヘリコプターCH53約40機の整備を担当する事業者に選ばれた》《2020年までの5年間、システム点検や機体を分解しての主要部位点検のほか、非破壊検査を実施し欠陥を修理、補強する》

     沖縄県警は14日、普天間飛行場内に立ち入り、事故機を調べた。ネット上では「しっかりと調べてほしい」などと、ちょっとした騒動になっている。

     大韓航空の担当者は15日、夕刊フジの問い合わせに、「今年、事故機をメンテナンスしたことは事実だが、落下した窓は契約の対象に含まれておらず、弊社は全く関係ない。整備や点検は数カ月かけて丁寧に行っている」と話した。

    夕刊フジ
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/171216/soc1712160003-n1.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513514796

    【【米軍ヘリ窓落下】事故機を韓国の大韓航空が整備していたことが判明 担当者「弊社は全く関係ない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2017/12/16(土) 17:13:57.42 ID:CAP_USER9
    日本海の排他的経済水域(EEZ)にある好漁場「大和堆(やまとたい)」周辺での北朝鮮漁船による違法操業問題で、海上保安庁は15日、現場海域で9月以降に延べ1100隻の北朝鮮船に警告し、EEZ外に排除したと発表した。11月下旬以降、北朝鮮船はほとんど確認されなくなり、日本漁船が操業を再開した。

    2017.12.15 16:50更新
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/affairs/news/171215/afr1712150040-n1.html


    【【EEZ】大和堆で北朝鮮漁船1101隻を排除 海上保安庁 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 紅あずま ★ 2017/12/14(木) 05:36:07.51 ID:CAP_USER9
    沖縄米軍、落下物はヘリの窓と認める「不安与えおわび」
    朝日新聞:2017年12月13日22時39分
    http://www.asahi.com/articles/ASKDF4QMBKDFTIPE01G.html

    no title

    小学校の校庭に落下した米軍大型ヘリコプターCH53Eの窓。沖縄県警が回収し、割れた風防の破片をはり合わせた=13日午後2時54分、宜野湾署、小山謙太郎撮影
    no title



     13日午前10時10分ごろ、沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場に隣接する市立普天間第二小学校の校庭に、米軍ヘリコプターCH53Eの窓が落下した。
    県警などによると、重さ約7・7キロで、体育の授業中の児童まで約13メートルしか離れていなかった。
    県は、県内の米軍機全機の飛行を中止するよう日本政府に求めた。

     小学校の校庭は、フェンスを隔てて飛行場と接している。
    県警などの説明では、落ちてきたのは金属製の窓枠(一辺の長さ93~65センチの台形)で、風防部分は砕けて周囲に散らばっていた。
    校庭では当時、小学2年生と4年生の計60人余りが体育の授業中だった。
    「バン」という音がし、衝撃ではねた小石のようなものが4年生男児の左腕に当たったが、けがはなかったという。

     学校は授業を打ち切り、午後1時すぎに全校児童を下校させた。喜屋武(きゃん)悦子校長は記者団に「許しがたい。憤りを感じております」と話した。

     在沖米海兵隊は、落下物は海兵隊の大型輸送ヘリCH53Eのコックピットの左側の窓と認めた。
    「極めて深刻に受け止め、原因を調査している。住民に不安を与え、おわび申し上げる」とのコメントを出した。

     現場を視察した翁長雄志(おながたけし)知事は、記者団に
    「沖縄だけが危険な目に遭い、子どもたちや県民の生命財産が脅かされている。差別的な安全保障のあり方を、政府と米軍にしっかり伝えないといけない」と語った。

     政府は、米側に原因究明と再発防止を求め、同型機の安全が確認されるまでの飛行自粛を申し入れた。
    菅義偉官房長官は会見で「学校の関係者のみならず、沖縄県民の方々に不安を与えるもの。あってはならない」と述べた。

     在沖海兵隊ナンバー2のポール・ロック准将は午後、県庁を訪れ「心からおわびを申し上げたい」と謝罪。
    落下事故後は同型機を飛ばしていないと説明した。
    富川盛武副知事は「一歩間違えれば人命に関わった。こういうことが続けば日米安保にも大きな影響が及び、協力体制にひびが入りかねない」と抗議した。

     宜野湾市では今月7日にも、近くの保育園の屋根の上で米軍ヘリCH53Eの部品が見つかっている。
    10月には東村高江で同型機が民間の牧草地に不時着し炎上する事故があった。

         ◇

     〈米軍普天間飛行場〉 宜野湾市の中央に位置し、約480ヘクタールと市面積の4分の1を占める米海兵隊の基地。
    沖縄戦で沖縄本島に上陸した米軍が集落をつぶして建設し、戦後も住民は周辺に居住地を指定されたため、基地を囲むように市街地が形成された。
    日米は1996年に全面返還に合意したが、県内移設の条件が付き計画は迷走。
    政府は今年4月から名護市辺野古沿岸部の埋め立てを始めたが、翁長雄志知事は県内移設に反対している。

    no title
    no title


    【沖縄米軍、落下物はヘリの窓と認める 「極めて深刻に受け止める。不安与えおわび申し上げる」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 記憶たどり。 ★ 2017/12/13(水) 11:07:40.90 ID:CAP_USER9
      
    普天間小落下物

    13日午前、沖縄のアメリカ軍普天間基地に隣接する宜野湾市の小学校のグラウンドに、飛行中のアメリカ軍のヘリコプターの窓が落下しました。学校によりますと、飛んできたもので児童1人が軽いけがをし、警察などが詳しい状況を調べています。

    13日午前10時すぎ、沖縄県宜野湾市の普天間第二小学校のグラウンドに1メートル四方の窓ガラスのようなものが落下しました。

    学校によりますと、グラウンドでは4年生の児童およそ30人が体育の授業を受けている最中で、落下によって飛んできたもので男子児童1人が左手に軽いけがをしたということです。

    普天間第二小学校はアメリカ軍普天間基地の北側にあり、基地とはフェンスを挟んで隣り合っていて、当時、上空にはアメリカ軍のヘリコプターが飛んでいたということです。

    アメリカ軍から沖縄防衛局に対し、CH53ヘリコプターの窓が落下したという連絡があったということで、警察などが詳しい状況を調べています。

    NHKの取材に対して、沖縄に駐留するアメリカ海兵隊は「事実を確認している。詳細がわかりしだい回答する」とコメントしています。

    官房長官「あってはならない」

    菅官房長官は午前の記者会見で、「防衛省からは米側から本日午前10時ごろ、普天間第二小学校の運動場に米軍ヘリのドアと思われるものが落下したとの連絡があったと報告を受けている」と述べました。

    そのうえで菅官房長官は「このような事案の発生は、学校の関係者のみならず、沖縄県民の方々に不安を与えるものであり、あってはならない。政府としては引き続き情報収集にあたるとともに、米側から詳細な情報が得られしだい、沖縄県をはじめ関係自治体に通知するなど適切に対応していく」と述べました。

    翁長知事が現場訪問 知事公室長「怒り心頭」

    沖縄県の翁長知事は正午前、現場を訪れました。県は午後、外務省と沖縄防衛局の担当者を県庁に呼んで説明を受けることにしています。

    謝花知事公室長は「県として非常に重く受け止めている。怒り心頭だ。こういったことがたび重なることは言葉にならないくらいの思いだ」と述べました。

    CH53ヘリコプターとは

    CH53ヘリコプターは全長およそ30メートル、重量およそ15トンで、最大55人を輸送できるアメリカ軍の大型輸送ヘリコプターです。
    沖縄県では宜野湾市のアメリカ海兵隊普天間基地に配備されています。

    CH53ヘリコプターをめぐっては、ことし10月に沖縄本島北部の東村の牧草地に1機が緊急着陸して炎上したほか、13年前の平成16年には普天間基地に隣接する沖縄国際大学の敷地内に墜落して炎上し、大学の校舎をはじめ付近の住宅の屋根や窓ガラスが壊れる被害が出ました。

    また、普天間基地の周辺では今月7日に、保育園の屋根に「US」などと書かれた重さ200グラム余りのプラスチック製と見られる筒状のものが落下しているのが見つかり、アメリカ軍はCH53ヘリコプターのものであると認めたものの、飛行中に落下した可能性は低いという認識を示しています。

    宜野湾市立普天間第二小学校とは

    宜野湾市立普天間第二小学校は、アメリカ軍普天間基地の北側にあり、基地とはフェンスを挟んで隣り合っています。

    学校のホームページによりますと、昭和44年に開校し、現在およそ700人の児童が通っているということです。

    保護者「また起きたのか」

    普天間第二小学校に3人の子どもを通わせているという母親は「学校に何か落ちたと聞いて連絡しましたが、つながらないので来ました。先週も保育園で同じようなことがあったので、また起きたのかという感じです」と話していました。

    NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171213/k10011256911000.html 
    【【沖縄】普天間基地隣接の小学校に落下物。児童1人が軽傷。上空には米軍のヘリコプターが飛行中 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2017/12/11(月) 13:40:38.77 ID:CAP_USER
    29.12.10 海上幕僚監部  
       
    ちょうかい
    海上自衛隊ホームページより

     (お知らせ)

    日米韓共同訓練(弾道ミサイル情報共有訓練)の実施について

    海上自衛隊は、次のとおり日米韓共同訓練を実施します。

    1 目 的 北朝鮮による度重なる核実験や弾道ミサイル発射を含め、我が国を取り巻く安全保障 環境が一層厳しさを増す中、米海軍及び韓国海軍と弾道ミサイル情報の共有に係る訓練 を実施することで、海上自衛隊の戦術技量の向上を図るとともに、日米韓三か国の関係 強化を図る。

    2 期 日 平成29年12月11日(月)及び12日(火)

    3 場 所 我が国周辺海域

    4 参加部隊 海上自衛隊:護衛艦「ちょうかい」 米海軍・韓国海軍:艦艇数隻 5 主要訓練内容 弾道ミサイル情報の共有

    6 その他 日本、米国及び韓国による弾道ミサイル情報共有訓練は、今回で6回目です。

    http://www.mod.go.jp/msdf/formal/info/news/201712/20171210.pdf


    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1512967238

    【海上自衛隊、米海軍、韓国海軍が弾道ミサイル情報共有訓練を実施 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 記憶たどり。 ★ 2017/12/11(月) 19:37:25.71 ID:CAP_USER9

    no title

    沖縄県宜野湾市の保育園の屋根で、「US」などと書かれた筒のようなものが見つかった問題で、
    11日、沖縄防衛局は市に対して、「米軍機から落下したものではない」とするアメリカ軍の報告を説明しました。

    沖縄県宜野湾市の「緑ヶ丘保育園」では今月7日、屋根の上に「US」などと書かれた筒のようなものが
    あるのが見つかり、市はアメリカ軍機から落下した可能性があるとして沖縄防衛局に抗議しました。

    これについて、沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長が11日、宜野湾市役所で佐喜真淳市長と面会し、
    アメリカ軍から受けた報告の内容について説明しました。それによりますと、見つかったのは
    ヘリコプターの回転翼の損傷を察知する装置のカバーだということです。

    そのうえで中嶋局長は、普天間基地に所属している機体のカバーは、すべて保管されていることが
    確認されていて、保育園で見つかったカバーは普天間基地のアメリカ軍機から落下したものではないと説明しました。

    これに対して、佐喜真市長は「説明を聞いても信じがたい部分がある。市民に不安を与えたのは
    事実なので、不安が払拭(ふっしょく)されるよう引き続き事実関係を明らかにしてほしい」と述べました。

    保護者「説明には納得できない」

    「緑ヶ丘保育園」に5歳の娘を通わせている母親は「部品が落ちたのを見た人はいないかもしれませんが、
    音を聞いている人もいて実際に部品が見つかっているので、説明には納得できません。怒りと憤りしかないです。
    アメリカ軍の関係者が保育園に来て直接、説明してもらいたいです」と話していました。

    また、3歳の娘を通わせている母親は「悔しいです。落下したのでないなら部品はどこから来たのかと思います。
    軍用機は保育園の上空をもう飛ばないでほしいです」と話していました。

    NHK 
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171211/k10011254911000.html 


    【「米軍機からの落下ではない」沖縄防衛局が市に説明。保護者「悔しいです。説明には納得できない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2017/12/11(月) 08:15:39.04 ID:CAP_USER9
    田空港(東京都大田区)の新飛行ルート
    no title


    東京都心上空を初めて通る羽田空港(東京都大田区)の新飛行ルートが在日米軍が管制権をもつ横田空域を一時的に通過する問題で、日本政府が通過空域の返還を求めない方針であることが、国土交通、外務両省や米軍への取材で分かった。日米は管制業務の分担について協議を続けている。(皆川剛)

    新飛行ルートは二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックに向け、羽田空港の国際線の発着枠を増やすために導入される。東京湾の上を通って離着陸するこれまでの原則を変え、都心上空を通過することになる。その際、横田空域の東端をかすめることになり、国交省と米軍の実務者間で対応を協議してきた。

    現在、羽田を利用する民間機は横田空域を避けて航行しており、新ルートに合わせて〇八年以来となる空域返還の可能性も取り沙汰された。しかし、国交省管制課と外務省日米地位協定室は本紙取材に、「横田空域の削減(返還)は求めない」との見解を示した。

    国交省の担当者は「〇八年の削減で当面の航空需要には対応できており、これ以上の削減を求めるのは米軍の運用上も難しい」と説明した。

    在日米軍司令部も「横田空域のいかなる部分に関しても、永久的な返還の実質的な交渉は行っていない」と文書で回答した。

    横田空域を維持したまま新飛行ルートを運用すれば、着陸間際の航空機の通る空域が羽田、横田、羽田と変わる。短時間の間にパイロットが交信先を二度変えねばならず、安全性の面からも懸念が大きい。国交省は、横田空域を通過する際も日本側が管制を一元的に担当する案も含めて米軍と協議するとしている。

    <横田空域> 東京から静岡や新潟まで1都8県にまたがり、高度約2400~7000メートルの階段状に広がる。域内にある厚木や入間などの基地を離着陸する米軍機や自衛隊機の管制を、横田基地の米軍人が行っている。民間機も飛行計画を提出すれば通れるが、現在、羽田空港の定期便の航空路は通っていない。

    配信2017年12月10日 朝刊
    東京新聞
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201712/CK2017121002000147.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512947739

    【すぐそこに米軍 首都圏基地問題 羽田新ルートで横田空域の返還求めず 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 紅あずま ★ 2017/12/10(日) 20:46:54.02 ID:CAP_USER9
    米軍、在韓米軍家族の退避を否定、専門家「北朝鮮にサインと見なされる」
    大紀元日本:2017年12月09日 17時45分

    no title

    韓国ソウルで訓練する米軍(Morning Calm Weekly Newspaper/U.S Army Korea)


    米軍の広報担当者は6日、米国の家族を韓国から避難させる計画はないと発表した。
    共和党議員が最近、朝鮮半島情勢は危険であり国防総省に退避を求めるとしたことに対して回答した格好だ。
    専門家は、在韓米軍家族の退避をめぐる発言は、軍事行動のサインと北朝鮮が捉える恐れがあり、慎重にならなければならないとの見方を示した。

    米上院軍事委員会のメンバーである共和党のリンゼー・グラハム上院議員がCBSの番組「フェイス・ザ・ネイション」で3日、
    「軍事衝突は近付いている。残された時間は少ない」 と述べ、米国防総省に対し、配偶者や子供など在韓米軍の扶養家族を退避させるよう求めた。
    韓国には約2万8500人の米兵がいる。

    米広報紙スターアンドストライプスは6日、インド・アジア太平洋地域を担当する米国太平洋司令部(USPACOM)の話として、
    軍隊員、従業員、家族の安全は最優先事項であり、緊急時の計画は準備されていると述べた。

    「自発的でも、強制的でも、軍の扶養家族の移動の予定はまだない。在韓米軍の家族の滞在方針についても変更はない」と、海軍報道官は同紙のメール取材に答えた。

    金正恩政権は北朝鮮当局は米国本土に到達する核兵器開発を急いで進めている。
    米トランプ政権は「軍事行動は選択肢にある」との姿勢を崩していない。

    在韓米軍司令官によると、北朝鮮は南北境界に8万人規模の特殊部隊を保有し、砲台1万3000基を軍事境界線沿いに配備している。
    しかし同紙は、韓国側の状況として「北朝鮮は攻撃してくることはないと信じられている」と説明する。

    上院軍事委員会のメンバーであるグラハム議員は同番組内で、国防総省に、今後は在韓米軍の家族を韓国に送らないように促した。

    ■専門家「北朝鮮が挑発と受け止める」

    ワシントンを拠点とするヘリテージ財団の防衛専門家で元陸軍中将トーマス・スポイラー氏は、北朝鮮はこのような動きを挑発と見るだろうと語った。
    「米国が軍事行動に出る場合、(米軍)家族は退去させなければならない。現時点ではその段階ではないと、私は考える」
    「性急に動かぬよう注意しなければならない」。

    「北朝鮮は、米軍が軍事作戦の実質的な準備の兆候として、家族の退避が一つのサインと解釈するだろう」と述べた。

    大紀元
    http://www.epochtimes.jp/2017/12/30055.html


    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512906414/

    【米軍広報官、在韓米軍家族の退避を否定 専門家「北朝鮮にサインと見なされる」 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル