かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: ロシア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚤の市 ★ 2023/01/23(月) 23:31:55.14 ID:udpYNFrE9
     【ベルリン時事】ウクライナ紙キーウ・インディペンデント(電子版)は22日、ウクライナ軍が東部戦線の激戦地となったソレダルから撤退したとの見方を示した。ロシア軍は東部ドネツク州の要衝バフムト攻略に向け、ウクライナ軍の補給路を断つ狙いからソレダルを集中的に攻撃していた。全体的な戦局への影響は小さいとされるが、目立った戦果に乏しいロシア側には兵士の士気を高める思惑もあったもようだ。

     報道によると、ソレダルではロシア側が民間軍事会社ワグネルを中心に多大な犠牲を出しながら徐々に前進。ウクライナ軍は防衛を続けていたが、「年明けにロシア軍の精鋭空挺(くうてい)部隊が投入されたことで、状況が一転した」という。戦力差が生じ今月12日ごろに撤退。ウクライナ軍の重火器や銃弾の不足も一因だと分析した。

     ただ、消耗戦は続いており、双方の被害が膨れ上がっている。ノルウェー軍トップはテレビインタビューで、「ロシア軍の死傷者は18万人近くに上る」と指摘。一方で、ウクライナ側も市民3万人の犠牲に加え、10万人超の兵士が死傷しているという。
     ロシア国防省は22日、南部ザポロジエ州で前進を続けたと発表。攻勢を強めているとみられるが、ウクライナ国営通信は「ザポロジエに関しては、大規模な展開はない」との当局者の発言を伝えた。

    時事通信 2023年01月23日20時31分
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2023012300705&g=int

    【ウクライナ、東部ソレダル撤退か ロシア軍死傷者「18万人近く」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: えりにゃん ★ 2023/01/26(木) 21:19:53.32 ID:BigQkFl/9
    ドミトリー・ペスコフ
    【AFP=時事】ドイツ、米国両政府がウクライナに戦車の供与を決定したことを受け、ロシア大統領府は26日、西側諸国によるウクライナへの近代的な戦車の供与は、紛争の当事者となったことを意味するとの認識を示した。

     ドミトリー・ペスコフ(Dmitry Peskov)報道官は記者会見で、「欧米諸国は、戦車を含むさまざまな兵器の供与が紛争への関与を決して意味しないとの見解を重ねて示している。われわれはこれに強く異を唱える。モスクワでは、これは紛争への直接的な関与と見なされており、関与が拡大していると見ている」と述べた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4896b92ff1d71a068510532089d3e00f418708d1

    【西側の戦車供与は紛争への「直接関与」 ロシア大統領府】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロケット ★ 2023/01/25(水) 20:55:23.84 ID:y5WcOMlG9
    <ロシアはウクライナに敗北し、「2度目のソ連崩壊」を起こす可能性が高い。そうなれば、ユーラシアの地図は激変する、と複数の専門家が予想する>


    ウクライナがロシアに勝利すれば、私たちが知る「ロシア連邦」は崩壊することになるかもしれない──あるエコノミストはこう指摘した。

    イギリスのシンクタンク「王立国際問題研究所(チャタムハウス)」の客員研究員であるティモシー・アッシュは、
    ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とロシア軍がウクライナに敗れるのは避けられないと考えている。

    ロシアによる軍事侵攻が始まってから11カ月目を迎える今、ロシア政府にのしかかる真の問題は、
    プーチンのロシアがどうなるのか、そして歴史は繰り返すのか、ということだと彼は言う。

    ウクライナとロシアの問題をめぐる政策について、複数の政府に助言を行ってきたアッシュは、
    1月21日付のウクライナの英字紙「キーウ・ポスト」に論説を寄稿。その中で、戦争に敗北すればロシアは複数の国家に分裂することになるだろうという考えを示した。

    これはプーチンが約1年前にウクライナに軍事侵攻を開始した時に目指した「大ロシア」再生とは真逆の結末だ。

    「プーチン時代の終わりを目の当たりにすることになる可能性は十分にあるし、1991年のソ連崩壊の時のように、
    ロシア連邦が崩壊して数多くの新国家に分裂する可能性もあると思う」とアッシュは論説の中で述べた。

    現在のロシア連邦は89の構成主体──21の共和国、6つの地方、2つの連邦直轄都市(モスクワとサンクトペテルブルグ)、
    49の州、1つの自治州と10の自治管区──によって構成されている。

    これを基に考えると、ロシア連邦が崩壊した場合、20の国家が誕生する可能性があるとアッシュは予測する。

    「プーチンはロシアの領土拡大を狙ってこの戦争を始めたが、それによってかえってロシアが縮小することになるかもしれない」


    ロシア崩壊の可能性を予想する専門家は、アッシュだけではない。

    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2023/01/post-100681.php


    【【複数の専門家】ロシアはウクライナに敗北し、「2度目のソ連崩壊」を起こす可能性が高い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2023/01/23(月) 21:21:44.04 ID:wJ1NeB+O9
     ロシアのペスコフ大統領報道官は23日、平和条約締結に向けた日ロ間の交渉について「現時点では不可能」との見方を記者会見で示した。国営タス通信が報じた。岸田文雄首相が同日行った施政方針演説で日ロ関係に言及したことを受けてコメントした。

     岸田首相は演説で、「日ロ関係は、ロシアによるウクライナ侵略により厳しい状況にある」と説明。一方で、「我が国としては、引き続き、領土問題を解決し、平和条約を締結するとの方針を堅持する」と語っていた。

     タス通信によると、ペスコフ氏はウクライナへの侵攻以降、日本がロシアにとって「非友好的」な国々に加わっていると指摘。日本が関係改善のための建設的な姿勢を示していないとし、「中身のある対話は事実上不可能だ」と述べた。(根本晃)

    朝日新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4869f184e233d9c06b7950d2b9555d078365b433

    【ロシア報道官「日ロ間の交渉、現時点では不可能」 岸田氏の演説受け】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 家カエル ★ 2023/01/22(日) 15:45:55.28 ID:X5WqCoDU9

    (CNN) ウクライナ軍参謀本部は21日、南部ザポリージャ州と東部ドネツク州の一部がロシア軍の攻撃を受けていると発表した。

    発表によると、ロシア軍はドネツク州アウディーイウカに攻撃を仕掛けたが失敗に終わった。同州バフムートとザポリージャ方面でも航空機を増強しながら攻撃を試みている。

    北東部スーミ州とハルキウ州でも、ロシア側から越境砲撃があった。

    南部ヘルソン州では、ロシア側の行政当局が住民への管理態勢を強めている。電力節減策という名目の下、電力供給を止めると脅して住所を登録させ、データベースの作成を進めているという。

    CNNはヘルソン州の状況を独自に確認していない。

    一方、ロシア国防省は同日、ザポリージャ州でオリヒウ近郊の村数カ所を制圧したと発表した。ウクライナ側はこれに対するコメントを出していないが、同州で25以上の村落周辺に砲撃があったことを認めた。

    ロシア軍が包囲を目指すバフムートや、ウクライナ軍の進軍阻止を図る東部ルハンシク州の要衝クレミンナ周辺で激しい戦闘が報告されている。クレミンナはロシアからバフムート方面へ向かう補給路の拠点になっている。
    CNN 2023.01.22 Sun posted at 10:12 JST
    https://www.cnn.co.jp/world/35198919.html


    ユーチューバーによるとウクライナ軍のバフムート要塞バフムート要塞はワグネル軍に攻められて陥落しそう。

    1月21日【ウクラ戦況図】ロシア 装備不足深刻|砲兵支援なしで突撃バンザイはじめる
    https://youtu.be/zXD4xu-k6Ew?t=465

    この動画は言葉でウクライナを応援してるが状況はウクライナ軍に不利。

    標高200mのクレミンナの丘
    no title

    1、仮に、敵ロシアのワグネル軍が、標高200mのクレミンナの丘を占領するとウクライナ軍のバフムート要塞を肉眼で見降ろし砲を撃ち放題になるのでウクライナに不利。
    2、仮に、敵ロシアのワグネル軍が、ウクライナ軍のバフムート要塞を包囲するとウクライナ軍の砲弾補給の兵站が断たれ非常に不利。
    3,仮に、ウクライナ軍がこのバフムート要塞の北東にある敵ロシアのクレミンナ要塞を陥落させると、ワグネル軍の砲弾補給が断たれてウクライナ軍に有利。

    1番は数日後に起こり、2番もそのあとすぐ起こる。3番は5月ごろかの春の大攻勢に起こるのでこのバフムート要塞を救うには間に合わない。

    【【ウクライナ侵略】ロシア軍、ウクライナ南部と東部で攻勢(少し巻き返してる)1月22日CNN】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 家カエル ★ 2023/01/22(日) 00:34:52.92 ID:8ML6kXgq9
    イラン空軍 ロシアから戦闘機購入か 「スホーイSu-35がまもなく到着」報道

    no title

    武装を搭載中のSu-35(画像:ロシア国防省)。
    no title

    no title

    no title

    実戦配備の最新鋭戦闘機スホーイSu-35

    百里基地にきたフランカーよりも新しい!
    到着すればロシア、中国に続く運用国に

     イラン議会の国家安全保障および外交政策委員会のメンバーであるShahriar Heidari氏は2023年1月15日、自国メディアのタスニム通信の取材に対して、近いうちにスホーイSu-35がロシアから24機到着する予定であると明かしました。

     引き渡しに関しては、イラン歴1402年初頭としています。西暦に直すと、2023年3月末から4月の春先と思われます。

     同機はSu-27を発展させた第4++世代ジェット戦闘機で、2008年2月に初飛行。2023年現在運用しているのはロシア空軍と中国人民解放軍空軍のみです。なお、イランのロシア軍機購入は1990年代のMiG-29以来となります。

     タスニム通信の報道によると、同機の一部は、同国中心部のイスファハン市にあるイラン・イスラム共和国空軍の第8戦術航空基地に収容される予定です。
    ほかにも、イランは防空システム、ミサイルシステム、ヘリコプターなどをロシアに注文しており、そのほとんどが間もなく受領されるとのことです。
     
    【了】

    2023.01.19 乗りものニュース編集部
    https://trafficnews.jp/post/123837

    「海老で鯛を釣る」とは、少しの元手や労力で大きな利益を得ること。

    【【海老で鯛を釣る】イラン空軍 ロシアから戦闘機購入か 「スホーイSu-35がまもなく到着」報道 安いイランドローンと物々交換】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロケット ★ 2023/01/21(土) 15:34:59.66 ID:jbG9K8nH9
    no title
    ロシア軍が占領した地域をウクライナが奪還するための戦いは今年中には終わらないとの見通しをアメリカ軍の制服組トップが示しました。

    アメリカ軍 ミリー統合参謀本部議長
    「軍事的な観点から言えば、ウクライナから今年ロシア軍を追い出すことは非常に困難であると考えています」

    アメリカ軍のミリー統合参謀本部議長は20日、このように述べて、ロシア軍が占領した地域をウクライナ軍が奪還するための戦いは長引くとの見方を示しました。

    また、ミリー議長は戦闘によるロシア側の死者について、正規軍と民間軍事会社ワグネルグループが派遣した傭兵などをあわせ10万人をはるかに上回るとの見方を示しています。

    TBS
    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/287200?display=1


    【【米統合参謀本部議長】ロシア軍が占領した地域をウクライナ軍が奪還するための戦いは長引く「年内には終わらない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロケット ★ 2023/01/20(金) 15:19:50.11 ID:CTOm3SPb9
    クレムリンの内情に詳しいとされる謎のブロガー「ジェネラルSVR」がロシアのSNS「テレグラム」とユーチューブチャンネルで20日までに、「ロシア指導部が中国に移動式火葬場を21個も発注した。
    5月1日までにロシア兵の死者が22万人を超えるため、死者数を隠す必要があるからだ」と告発した。

    ジェネラルSVRによると、1月14日の時点で、11万5000人以上が戦死したという。

    それでもプーチン大統領はまだまだ動員を続ける見込みだそう。
    戦場に放置されている死体が多く、他国の人工衛星などで数えられないよう、死者数を隠すために移動式火葬場を発注し、第三国経由でロシアに運ばれるという。

    「プーチン大統領は大きな損失を恥じていないが、国民を不安にさせないために死者数を隠す」としている。


    この情報について英紙デイリー・メールは情報筋の話として、「ジェネラルSVRは死者数を正確に反映している。
    ロシアの最前線の兵士は10%強しか生き残っていない」と報じた。


    ロシア国防相は局地的な死者数を発表したことがあっても、全体の死者数を公式発表していない。
    同紙は「ロシア正規軍の損失を避けるため、最前線には〝大砲の餌食〟としてロシアの貧しい地域から徴兵し、兵士は装備が不十分で訓練が不十分なまま送り込まれている」と伝えた。

    ウクライナの砲弾を消費させるための〝大砲の餌食〟だというだけに、その残酷さに国民やクレムリン内からプーチン氏に対しての非難の声が出ているという。

    東スポ
    https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/251549

    【【クレムリンの内情に詳しいとされる謎のブロガー】1月14日の時点で、11万5000人以上のロシア兵がウクライナで戦死した】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2023/01/19(木) 07:33:03.76 ID:kqcTe4L19
     ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相は17日、プーチン大統領が、露軍兵士の定員を現在の115万人から35万人増やして150万人とする方針を決定したと発表した。2026年までに実施する。ウクライナに侵略する露軍兵士の死傷者数が10万人を超えていると指摘されており、兵力増強を図る必要に迫られたとみられる。侵略に総力戦で臨む布石との見方も出ている。

     露国防省の発表によると、ショイグ氏は侵略作戦に関する国防省や軍の幹部らとの会合で兵力増強の方針を明らかにした。

     昨年2月の侵略開始前の定員は100万人で、実働数は約90万人とされていた。定員は昨年8月の大統領令に基づき、今月1日から115万人に増員されたばかりだった。

     ショイグ氏は会合で「軍事的な安全保障は軍の構造強化によってのみ可能になる」と述べ、26年までに実現を目指す軍の改革案も明らかにした。海軍や航空宇宙軍、核戦力を扱う戦略ロケット軍の戦闘機能を強化する方針も示した。

     ロシアが一方的に併合したウクライナ東・南部4州に常設部隊を創設し、併合の既成事実化を進める構えを見せた。

     米政策研究機関「戦争研究所」は17日、露軍の改革案について「ウクライナ侵略の長期化に備える一方、短期間で軍の強化を図る狙いがある」との分析を明らかにした。プーチン氏が近く予備役の大規模な動員再開を表明するとの指摘が増えていることにも言及した。

     露国営テレビなどによるとプーチン氏は18日、露西部サンクトペテルブルクの兵器工場を訪れて職員らと懇談し、ウクライナ侵略に関し「勝利は確実だ。疑いない」と述べ、協力を呼びかけた。第2次世界大戦でのナチス・ドイツによる包囲戦での犠牲者の慰霊碑にも献花し、愛国心の鼓舞に腐心した。

    ヤフーニュース(読売新聞)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d452aa5f0a88d0694daca542367a68bc0d7a840d

    【プーチン氏「勝利は確実だ、疑いない」…ロシア軍35万人増強】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぐれ ★ 2023/01/18(水) 15:49:38.48 ID:d2UJ6GJ39

     日本維新の会の鈴木宗男議員が16日、更新したブログで、ウクライナ人が何人亡くなったというニュースは出るのに「ロシア人が何人死んだというニュースは出ない」と疑問を投げかけた。

     宗男氏は「ウクライナ紛争の報道で、ロシアが攻撃しウクライナ人が何人亡くなったというニュースは出るが、ウクライナの攻撃によりロシア兵、ロシア人が何人死んだというニュースは出ない」と指摘した。その上で「メディアは公平とか公正を旨としてと、よく使うがウクライナ問題に関しては圧倒的にウクライナの報道量が多いと感じる。こうした流れに視聴者も段々引きずられ、ウクライナに同情が寄る面が出てくるのではないか。」と主張。ウクライナ側の情報量が多く、報道の公平性が保たれていないために、ウクライナに同情が集まっているとした。

    1/17(火) 10:23配信
    ヤフーニュース(デイリースポーツ)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a7142c009abb269878da26c78a23e93c085ff63a

    【【維新】鈴木宗男氏が主張 報道が不公平で「ウクライナに同情が寄る」ロシア兵の死者数報じられない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 少考さん ★ 2023/01/17(火) 21:13:54.80 ID:+knYfoJO9

    寒さ対策は「ないわ。キャベツみたいに着こむのが一番ね!」 ロシア極東ヤクーツクでマイナス50度記録


     極寒の地ロシア・シベリア地方のヤクーツクではマイナス50度を記録した。現地で暮らす人が寒さに耐えるコツを教えてくれた。

    ロイター通信によると、ロシアのヤクーツクでは異常に長い寒波が続き、15日の気温はマイナス50度まで落ち込んだ。

    (略)

     冬の気温がマイナス40度を頻繁に下回るという極寒のヤクーツクで、特別な寒さ対策はあるのか。

    「ないわ。着こむのが一番。キャベツみたいにね!」(市場の人)
    「(寒さに)抵抗するのは不可能。工夫して着こむか、車で移動するか、ね」(住民)

    (ANNニュース)

    ABEMA TIMES/(ANNニュース)2023/01/17 12:25
    https://times.abema.tv/articles/-/10064390

    【【ロシア】寒さ対策は「ないわ。キャベツみたいに着こむのが一番ね!」 極東ヤクーツクでマイナス50度記録】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 家カエル ★ 2023/01/16(月) 17:17:58.55 ID:ke9hV68t9
    なぜプーチンの精鋭部隊「第200旅団」は壊走したのか…「ロシア最高の部隊」のお粗末すぎる実態
    1941年製の旧式ヘルメットで戦っている

    no title

    ロシアの第200独立機動ライフル旅団(写真=ロシア連邦国防省

    ■ロシア陸軍の精鋭部隊が壊滅状態になった

    第200独立機動ライフル旅団は、ロシア陸軍屈指の精鋭部隊のひとつだ。
    少なくとも昨年2月にウクライナ侵攻に投入されるまでは、そうであった。


    旅団はもともとノルウェーとの国境付近で核兵器庫を守っていたエリート部隊だが、
    ウクライナ侵攻当日の早朝から前線に投入された。

    しかし、欧米メディアが最近になって旅団の敗走ぶりを報じた。そこに精鋭部隊の見る影もない。
    指揮官は負傷し記憶喪失に見舞われ、所属兵は「部隊は崩壊状態」だと叫ぶ。

    旅団の苦しい現状を指摘する米ワシントン・ポスト紙は、
    侵攻前には1400人から1600人が所属していた旅団のうち、
    2カ月足らずで3分の1ほどが死亡したと報じている。

    かつて「ロシアで最も傑出した部隊のひとつ」とさえ言われた旅団は計500人以上の兵を失い、
    「よろめきながらロシア国境へ戻ってきた」という。
    ウクライナ側によるわずか40分の砲撃で不意を打たれ、敗走したこともあったと同紙は報じる。

    旅団はその後も志願兵および動員令で駆り出された予備役らで不足を補い、
    かろうじて体裁を保っている。
    だが、急遽召集された彼らに渡された装備は
    「1941年製の塗装ヘルメットと防弾板の入っていないベスト」という状況だ。

    ウクライナ側はロシア陸軍が誇ったエリート部隊が「一掃された」と宣言しており、
    EU情報機関の高官も旅団は「再建に数年かかる」惨めな状態だと分析している。

    ウクライナ侵攻以降、ロシア軍の弱体化は度々報じられている。
    組織の腐敗や度重なる敗走といった弱さは一部の部隊に限った現象ではなく、
    先進の装備の使用を許された精鋭部隊をも蝕むしばんでいたようだ。

    ■最高の武器、弾薬、車両を与えられていた

    (略)

    PRESIDENT 2023/01/14 10:00
    https://president.jp/articles/-/653714

    【【ウクライナ侵略】なぜプーチンの精鋭部隊「第200旅団」は壊走したのか…「ロシア最高の部隊」のお粗末すぎる実態 3分の1死亡で消滅】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 樽悶 ★ 2023/01/12(木) 00:22:35.58 ID:kkd4wWPt9

    no title
    ウクライナ侵攻で苦戦が続くロシアのプーチン政権内で権力闘争が激化しているとみられます。

     ロシアメディアは10日、中央軍管区司令官を昨年、解任されたロシア軍のラピン大将が陸軍の参謀総長に就任したと伝えました。

     ロシアの独立系メディア「重要な歴史」は関係者の話として、ラピン氏の急な復権は独自の部隊を持ち、プーチン政権内で台頭する強硬派のプリゴジン氏やカディロフ首長に対して戦闘はロシア軍が主導で行っていることを示すメッセージだと報じています。

     ロシアの民間軍事会社ワグネルの創設者のプリゴジン氏とチェチェン共和国のカディロフ首長は昨年10月、ウクライナ東部・ドネツク州の拠点リマンからの撤退を巡って当時、司令官だったラピン氏を痛烈に批判し、解任に追い込んだとみられています。

     ロシア軍の敗退が続くなかで、独自の部隊を持つプリゴジン氏やカディロフ氏の影響力が高まっていて、プリゴジン氏は今月11日、自身のワグネルの部隊がウクライナ東部・ドネツク州のソレダルを攻撃し、制圧したと主張しました。

     プリゴジン氏は、この戦闘にロシア軍が関わっていないことを強調していて、ワグネルの影響力の拡大を狙っているものとみられます。

    1/11(水) 18:25配信 ヤフーニュース(テレ朝ニュース)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a29abb4f791cc9b9ad0f97247bbde04c12978432


    【ロシア政権内の権力闘争が激化か…プリゴジン氏やカディロフ首長が司令官解任に追い込んだラピン大将が復権、陸軍参謀総長に就任】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロケット ★ 2023/01/08(日) 15:58:55.04 ID:0AiX0j6U9
    どうするプーチン大統領 権威失墜、健康不安説再熱 目先を変えICBMで日本標的も


    ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が孤立を深めている。
    ウクライナ侵攻は失敗続きで、停戦派と強硬派から突き上げられて権威は失墜、「健康不安説」も再燃する。

    極超音速巡航ミサイルや新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)などを実戦配備し、
    標的として欧米のほか日本にも言及するなど、やぶれかぶれだ。

    プーチン氏は8日午前0時(日本時間同日午前6時)までの一方的な停戦命令を出したが、東部などの戦闘地域では双方の攻撃が続いた。
    戦況不利のなか、ウクライナ軍の攻撃を止めて自軍を回復させる魂胆が見透かされているためだ。

    米紙ワシントン・ポスト(電子版)は昨年12月30日、「プーチン氏はますます孤立しているようだ」と報じた。
    国内のエリート層では停戦派と強硬派が分裂しているが、プーチン氏自身は「何をすべきか分かっていない」という。

    匿名の外交関係者も「彼が真剣に面会できるのは(ベラルーシ大統領の)ルカシェンコだけだ」と語っている。

    プーチン氏は4日、極超音速巡航ミサイル「ツィルコン」の装備を終えた海軍のフリゲート艦アドミラル・ゴルシコフを
    地中海などでの戦闘任務に就くよう命じた。北大西洋条約機構(NATO)側を牽制(けんせい)する狙いがある。

    昨年12月には新型ICBM「サルマト」が近い将来、実戦配備されるとも発表した。
    ロシア国営通信社系メディアは「米国全土をカバーするのに十分で、日本も一掃される」と言及している。

    ロシアは21年8月、日本攻撃を真剣に検討していたという諜報機関内通者のメールも明らかになっている。

    夕刊フジ
    https://www.zakzak.co.jp/article/20230108-NUGMKZQ4YRMFTHLYLRBFDXLHK4/


    【【新型ICBM サルマト】ロシア国営通信社系メディア「米国全土をカバーするのに十分で、日本も一掃される」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: オセロット(東京都) [US] 2023/01/04(水) 07:40:53.88 ID:2c6iTrGg0 BE:902666507-2BP(1500)

    ロシアが早くて1月5日に出国禁止令。
    二度目の徴兵への布石か。
    年始も続くウクライナへの大規模攻撃
    今井佐緒里1/3(火) 9:16
    https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20230103-00331294

    ロシアで、早ければ1月5日に、55歳以下の男性が出国禁止となる。

    ウクライナのレズニコフ国防相が、12月30日のビデオメッセージで伝えたものだ。
    『キエフ・インディペンデント』が報じた。

    no title


    これは、事実上の戒厳令で、二度目の徴兵令につながるものだと言われる。

    ウクライナ国防相はロシア語で、「私は、あなた方にまだ選択の余地があるのは、あと1週間ほどだという事実を知っています」と語った。
    ロシア人に向けて、切迫した動員を警告する意図があったのだろう。

    これに先立つ12月30日、ウクライナの情報局長ブダノフ氏はBBCとのインタビューで、ロシアは兵員不足のため、1月5日から新たな動員を計画していると述べていたという
    (注:現在この情報は、BBC公式のサイトでは確認できない。時事通信の記事を参照)。

    ■モスクワやサンクトペテルブルクからも動員か
    続きはリンク先へ


    別ソース
    ウクライナのオレクシー・レズニコフ国防相は12月31日、
    クレムリンが男性のために国境を閉鎖し、戒厳令を宣言し、
    「1週間かそこら」で動員の別の波を開始することを計画していることを
    「事実として」知っていたと述べた。

    Ukrainian Defense Minister Oleksii Reznikov stated on December 31 that he knew “for a fact” that the Kremlin plans to close its borders for men, declare martial law, and begin another wave of mobilization in “one week or so.”

    戦争研究所2022.12.31
    https://www-understandingwar-org.translate.goog/backgrounder/russian-offensive-campaign-assessment-december-31

    https://www-understandingwar-org.translate.goog/backgrounder/russian-offensive-campaign-assessment-december-31?_x_tr_sl=en&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=sc

    【ロシア政府、1月5日から55歳以下の男性を出国禁止に…新たな動員への布石か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Stargazer ★ 2023/01/04(水) 20:25:21.35 ID:rV+pYhrg9
    ロシア国防省は、ウクライナ東部の拠点攻撃による死者が89人に増えたと明らかにしました。大勢の兵士が個人の携帯電話を使用し、その電波が探知されたことが主な原因だとして責任を追及するとしています。

    ロシア国防省は、ウクライナ東部のドネツク州のロシア軍の拠点への攻撃で63人が死亡したとしていましたが4日、死者が89人に増えたと明らかにしました。

    また、この攻撃は新年をむかえた直後の1日午前0時1分に行われ、大勢の兵士がルールを破ってウクライナ軍の射程圏内で個人の携帯電話を使用し、その電波が探知されたことが主な原因だとしています。今後、調査のうえ責任を追及するとしています。

    ドネツク州の親ロシア派の元幹部からは「敵の射程内に兵や物資を密集させれば、このようなことが起こると警告されていた」「だが我が将軍たちは学んでいない」と軍幹部を批判する声が出ているほか、ロシア議会の議員から担当者の刑事責任を求める声もあがっています。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/31e2825c3d5baa695d5e6bc85ca5c6ca9b6fbe37


    ロシア国防省は4日、先月31日にドネツク州マキイウカにあるロシア軍の建物が受けたウクライナ軍の攻撃で死者が89人に増えたと明らかにしました。

     攻撃を受けた原因については、大勢の兵士が禁止されている携帯電話を一斉に使用し、ウクライナ側に居場所を特定されたためとしています。

     攻撃は日付が変わる前後の時間帯に行われ、新年のあいさつのメッセージなどがやり取りされていたとみられています。
    https://www.khb-tv.co.jp/news/14807438

    【ロシア軍、新年直後に大勢の兵士が携帯電話使用し新年の挨拶メッセージ送信→電波探知され1分後にウクライナ軍が攻撃→ロシア軍89人死亡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Stargazer ★ 2023/01/03(火) 23:45:16.66 ID:FG3btZJp9
    ロシアのルデンコ外務次官は、日本の岸田政権が平和的発展の道を放棄して軍事化の方向に移行しつつあると指摘、「ロシアやアジア太平洋地域への深刻な脅威だ」と述べた。この方針が継続されれば「ロシアへの軍事的脅威を食い止めるため適切な対抗措置を取らざるを得ない」とも警告した。タス通信が3日、インタビューを報じた。

     岸田政権が公然と反露的で非友好的な態度を取っていると批判、北方領土問題を含む平和条約締結交渉が「不可能なのは明らかだ」と強調した。

    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20230103/k00/00m/030/135000c

    【【ロシア外務次官】岸田政権は平和的発展の道を放棄して軍事化に移行しつつある。軍事的脅威を食い止めるため対抗措置を取らざるを得ない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぐれ ★ 2022/12/30(金) 21:07:02.60 ID:+wgJDT2H9
    putin0617

     ロシアのプーチン大統領は30日、中国の習近平国家主席とオンライン形式で会談し、欧米の圧力に対抗し両国間で軍事協力を強化していく考えを示した。(共同)

    ※Published 2022/12/30 18:17 (JST)
    Updated 2022/12/30 18:35 (JST)
    共同通信社
    https://nordot.app/981486755280814080

    【【ロシア】プーチン大統領 中国との軍事協力強化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロケット ★ 2022/12/28(水) 21:03:16.15 ID:BRqDNHzv9
    <ウクライナ国防省は12月27日、破壊されたロシア戦車の動画を公開。加えて開戦以来、ロシアは3016台の戦車を失ったと伝えた>

    ウクライナ国防省は12月27日、大破するロシア戦車の動画をツイッター上に投稿。動画は、煙を上げて燃えている戦車の遠景から始まる。
    その後、接写に切り替わると、激しく損傷した戦車が燃えている様子が映し出された。

    後半では、森林地帯を歩く数人の兵士が、何らかの攻撃を受けたように見える。陽気な音楽が流れており、兵士たちはロシア軍の一部のようだ。

    ウクライナ国防省はツイートで「ロシアの戦車はすべて、ウクライナの兵士により破壊される運命にある」とコメントした。

    ウクライナ国防省はまた、2月の開戦以降、ロシアが戦闘によって被った損失もツイッター上で公表。
    ロシアは12月27日までに、戦車3016台、人員10万3220人、装甲戦闘車両6024台などを失ったという。

    このツイートには、「常に100%の力を出し切れば、最終的には何とかうまくいく。それが私の持論だ」とつづられている。
    これはアメリカの人気バスケットボール選手、ラリー・バードの言葉だ。

    一方、英国防省は12月27日、ロシアの第1親衛戦車軍が「最近ベラルーシに配備されたロシア軍のなかに含まれている可能性がある。
    この編隊は、配備前に訓練を行っていたようだ。また、戦闘態勢に必要な支援部隊はいないと見られる」とツイートした。

    この投稿には以下のような前置きがある。

    「この48時間、戦闘は依然として、ドネツク州バフムト周辺と、ルガンスク州スバトベ近郊に集中している。
    ロシアは、これらの地域で小規模な攻撃を続けているが、領土はほとんど変化していない」

    英国防省は12月8日、「精鋭とされる」第1親衛戦車軍が、「9月にハルキウ州から撤退したときを含めて、大きな犠牲を出している」と伝えていた。

    NEWSWEEK
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/12/post-100472.php

    【動画】爆発し炎上するロシア戦車
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/12/post-100473.php

    【【ウクライナ国防省】ロシアは12月27日までに、戦車3016台、人員10万3220人、装甲戦闘車両6024台などを失った】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/12/29(木) 18:49:11.71 ID:i7v3LTmD
    ウクライナ侵略戦争以降、国際サッカー界から「のけ者」になったロシアが環境の変化を通して突破口を開こうとしている。事実上すべての大会出場の道がふさがった欧州サッカー連盟(UEFA)を離れ、アジアサッカー連盟(AFC)で新たにスタートする案を考慮している。

    ロシアサッカー協会(RFU)がUEFAを脱退してAFCに転籍する案をめぐり、31日に執行委員会で投票が行われる。ロシアサッカー協会のアレクサンダー・デュコフ会長は「我々は欧州大会に出場する基準が整わなかった。国際大会に参加さえできるのなら他の方法を考えなければいけない」とし「欧州舞台にとどまることのメリットをよく知っているが、まずは選手たちがプレーすることが重要だ。いま決定を下さなければ(ロシアは)次の4年間も国際大会に出場することができない」と述べた。

    続いて「ロシアのサッカークラブの半分以上がAFCへの転籍を支持している」とし「アジアは40億人の人口を背景に急速に成長している巨大市場」と強調した。

    ロシアはウクライナ侵攻以降、国際オリンピック委員会(IOC)傘下のすべてのスポーツ種目から事実上追放された。サッカーも同じだ。カタールワールドカップ(W杯)欧州予選の途中に参加資格を喪失し、2022-23シーズンUEFAネーションズリーグおよび2024欧州選手権大会(ユーロ2024)の組み合わせ抽選でも排除された。従来のUEFAバウンダリー内で戦争対象国のウクライナと直接・間接的に接触しにくいロシアはこの際、欧州を離れてアジアで新たにスタートすることを考慮している。ロシアは領土が欧州とアジアに幅広くまたがっているため、地政学的に所属大陸を移すことに問題はない。

    ロシアサッカーが欧州を離れてアジアに転籍しようとするのは、アジアから欧州に転籍したイスラエルのケースと似ている。かつてイスラエルはアジアサッカーの強豪だったが、政治、宗教的な理由で紛争が続いていた中東国家と各種国際大会で頻繁に接触するため所属大陸を欧州に移した。ホーム&アウェーで対戦する過程で発生しかねない不祥事を防ぐための決定だ。

    オセアニアサッカー連盟(OFC)所属だったオーストラリアがAFCに転籍したのも先例だ。OFCにW杯本大会行きチケットが0.5枚しか配分されず本大会出場が難しかったオーストラリアは、2006年にAFCへの転籍を決定した。それ以降、アジアに配分されたW杯出場枠を活用して本大会の舞台を踏んでいる。

    アジアオリンピック評議会(OCA)がロシアに対して前向きな立場を表した点も、ロシアサッカー協会の決断を促した側面がある。最近OCAは「ロシアとベラルーシに対するIOCの懲戒を尊重するものの、この国の選手たちがアジアの大会に出場する場合、最大限の出場機会を保障する」という立場を明らかにした。ロシアがアジアスポーツの舞台に合流すれば、OCAとAFCの立場で発言権を高める機会になる可能性がある。

    4年前のロシアW杯で8強入りしたロシアは、アジアに合流する場合、最強を争うほどの実力だ。韓国もロシアと2回対戦して1敗1分けと、一度も勝利していない。FIFAランキングは37位と、日本(20位)、イラン(24位)、韓国(25位)、オーストラリア(27位)より低いが、戦争の余波でAマッチをしていないのが順位下落の主な理由だ。

    W杯本大会進出をかけた競争に及ぼす影響力はそれほど大きくない。2024年に北中米3カ国(カナダ・米国・メキシコ)が共同で開催するW杯の場合、本大会出場国が従来の32カ国から48カ国に増え、各大陸別の出場枠も拡大するからだ。従来4.5枚だったアジアの本大会行きチケットは8.5枚に拡大する。アジア3位圏で競争する韓国にはロシアが加わっても本大会行きを心配するほどではない。

    ただ、アジアカップ、アジア競技大会など大陸内のメジャー大会では地殻変動が避けられない。2024年1月にカタールで開催される次のアジアカップで1960年以来64年ぶりの優勝に挑戦する韓国にとってロシアは大きなヤマとなる可能性が高い。

    変数はFIFAの反応だ。ロシアがUEFAを離れてAFCに加入するという決定を下しても、FIFAがこれを受け入れなければ効果はない。ロシアがウクライナ侵略戦争をやめない状況で変化を模索することが、FIFAからは懲戒を回避するための手段と見なされる可能性が高い。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/299378

    【【サッカー】「UEFAのけ者」ロシア、「AFC転籍」投票が31日…アジアサッカー版図に変化か】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル