かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: ロシア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ブギー ★ 2020/11/29(日) 19:14:08.25 ID:0kmKTtGa9
    クリュチェフスカヤ火山
    29日、カムチャツカ半島のクリュチェフスコイ火山で噴火が発生し、6000メートルまで噴煙が上昇した。カムチャツカ火山噴火対策チーム(KVERT)が発表した。

    同チームによると、火山灰は火口から北東へ広がっているという。

    その通り道にある居住区には灰の雲は拡がっておらず、降灰も記録されていない。

    上空航行の危険度を示す標識は、最高度のものの一つである「オレンジ」色となっている。

    クリュチェフスコイ火山は高さ4800メートル、ユーラシアの火山で最も高い活火山。

    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/incidents/202011297976101/

    【カムチャツカ半島のクリュチェフスコイ火山 6000メートルの噴煙柱】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 記憶たどり。 ★ 2020/11/22(日) 21:38:55.03 ID:Eq3bZ4IB9

    【モスクワ共同】1973年にモスクワで3日間行われた田中角栄首相とブレジネフ・ソ連共産党書記長の首脳会談のソ連側記録が22日までに判明した。
    共同声明に「(北方領土の)4島の問題」を盛り込もうと連日食い下がる田中氏に対し、ソ連側が要求を一蹴したやりとりが克明に記されている。
    声明の「未解決の諸問題」には4島の問題が含まれるとブレジネフ氏が口頭で事実上認めていたことも裏付けられた。

    機密解除されたソ連共産党政治局の公文書をロシアの歴史研究家マキシメンコフ氏が入手した。
    日本外務省は会談録を公表していない。


    1973年10月、モスクワでソ連首脳と対面する田中角栄首相(左から2人目)。
    ソ連側は右からグロムイコ外相、コスイギン首相、ブレジネフ共産党書記長(UPI=共同)
    no title

    神戸新聞
    https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/202011/0013884628.shtml 

    【【北方領土】田中角栄首相、「4島」明記迫る。ソ連側は一蹴。73年の首脳会談のソ連側記録が22日までに判明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団 ★ 2020/11/18(水) 01:07:12.55 ID:i59VLOEc9
    b68294a7

    ロシア連邦消費者庁(ロスポトレブナドゾル)のポポワ長官は17日、シベリアで新型コロナウイルスの変異が出現したと発表した。

    メディアで「シベリアで特定の変異が見られる。特異的突然変異を伴う独自タイプが出現しているようだ」と指摘。
    変異による伝染性や致死性への影響など詳細は示さなかったが、新型コロナの危険性が増すことはないと述べた。

    ロシア国立ウイルス学・生物工学研究センターのマクシュトフ所長はタス通信で、
    新型コロナの変異がワクチンの有効性に影響を及ぼすことはないとした。

    ロシアで17日確認された新型コロナ感染症による死者は442人と過去最多を更新。累計は3万3931人。

    感染者数は累計197万1013人で、米国、インド、ブラジル、フランスに次ぐ世界5番目の多さとなっている。

    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-russia-cases-idJPKBN27X1ZV

    【【ロシア】 新型コロナの変異、シベリアで確認・・・17日の死者は442人と過去最多を更新、累計死者3万3931人】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/11/17(火) 16:57:06.18 ID:CAP_USER
     kr250
     日本国内での事業経営が認められる「経営・管理」の在留資格を不正に取得し、日本に入国したとして、警視庁公安部は入管難民法違反(不正上陸など)の疑いで、いずれも東京都世田谷区南烏山に住む韓国籍で、貿易会社「IMPEX」役員の金貞淑(きんていしゅく)容疑者(70)=別の同法違反容疑で逮捕=と、同社元役員の金鐘甲(きんしょうこう)容疑者(60)=同=を再逮捕した。公安部は両容疑者の認否を明らかにしていない。

     両容疑者はロシア国内で、不正な海産物取引やガスターミナル建設に関与していた疑いがあり、公安部が会社設立の詳しい経緯や目的などを調べる。

     再逮捕容疑は、令和元年9月ごろ、東京出入国在留管理局に対し、「経営・管理」資格に該当しているかのように会社の資産額や従業員数を偽って申請。在留資格を不正に取得したうえで、同2年2月、成田空港から日本国内に入国したなどとしている。

     金貞淑容疑者は平成29年11月ごろから短期滞在の在留資格で日本への入国を重ね、同時期から会社を稼働させていた。金鐘甲容疑者は事前に都内に会社事務所を用意するなど、経営を支援していたとみられる。

     会社は韓国からの栄養ドリンクの輸入販売などを事業目的としており、公安部によると、売り上げなど稼働実態はあったという。

    産経新聞 11/17(火) 16:42
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e336fb825fdf81645eca4566c5a97bcb54b6b29c

    【【韓国人犯罪/公安案件】貿易会社経営資格を不正取得し入国 容疑で韓国籍男女を逮捕 ロシアでの不正海産物取引にも関与か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/11/15(日) 13:45:12.52 ID:CAP_USER
    no title
    ロシアが開発した新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」が韓国で生産される。

    13日のタス通信によると、ロシア直接投資基金(RDIF)はこの日ツイッター公式アカウントを通じ、「RDIFと韓国有数のバイオテック企業のGLラファが世界で初めて承認された『スプートニクV』ワクチン年間1億5000万回分以上を韓国で生産することにした協定を公表する」と明らかにした。

    双方は12月からGLラファで生産に入り、来年1月に世界市場への輸出用供給を始めることで合意したとRDIFは伝えた。GLラファは「韓国への供給用ではない。生産するワクチンは全量RDIFに送る計画だ」と明らかにした。

    スプートニクVワクチンはロシア政府が8月に世界で初めて承認(公式登録)した新型コロナワクチンだ。

    ロシア保健省傘下の国立ガマレヤ研究所が開発しRDIFが支援した。当時通常の手続きとは違い臨床第3相を省略して第1相、第2相の後すぐにロシア政府の承認を受けており、効能と安全性に対する懸念を呼び起こしている。

    その後ロシア政府とRDIFはスプートニクVの効果を広報し続けてきた。

    RDIFは11日にワクチン広報ツイッターアカウントを通じ「スプートニクVの効果が92%に達した」と主張したりもした。

    こうした結果はワクチン第3相試験に参加した20人の新型コロナウイルス感染者のうちワクチン接種者とプラシーボ(偽薬)投薬者の割合を根拠としたものとRDIFは説明した。

    RDIFは50カ国以上から12億回分以上のスプートニクV購入申請があったと紹介した。

    輸出用製品は韓国をはじめ、インド、ブラジル、中国などでRDIFのパートナーが生産する予定だ。

    RDIFはこれらパートナーとの契約を通じ年間約5億回分のスプートニクVがロシア以外の国で生産可能だと明らかにした。

    中央日報 11/15(日) 13:19
    https://news.yahoo.co.jp/articles/148dbc639f52c10e69b6c6ca982d48cd4327a010


    【【韓国は生産だけ】「ロシアが開発の新型コロナウイルスワクチン、韓国で生産」インド、ブラジル、中国なども生産する予定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/11/14(土) 16:54:21.32 ID:CAP_USER
    no title
     
    韓国のバイオ企業“GL Rapha”は、ロシアの新型コロナウイルス感染症ワクチン“スプートニクV” 1億5000万ダースを生産することにしたと、ロイター通信が13日報道した。

    ロイター通信によると、ロシアの政府系ファンドであるロシア直接投資基金(RDIF)は この日に声明を出し「GL Raphaと、ワクチンを年間1億5000万ダース以上 生産するという契約を締結した」と伝えた。

    RDIFは、GL Raphaが来月からワクチンの生産を始め、このワクチンが来年1月から世界各地へと供給されるものと予想されると説明した。

    スプートニクVは、ロシア保健省傘下の国立感染症・微生物学センターが開発したワクチンで、世界で初めて保健当局から使用承認を受けている。現在 このワクチンは4万人を対象に、フェーズ3の臨床試験を進めている。RDIFは、このワクチンの予防効果が92%に至っていると主張している。

    WoW!Korea 11/14(土) 15:24
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4cadc9efac51be01f8e67d699c439f5cbd573cf7


    【【スプートニクV】ロシア政府系ファンド「韓国バイオ企業が“ワクチン1.5億ダース”を生産」 ワクチンの予防効果は92%】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚤の市 ★ 2020/11/08(日) 13:21:27.98 ID:7t5/0Q3U9
    8E65D9F5-F2A0-4802-9AE4-5AF3744DAF61
     
     米大統領選でバイデン前副大統領の当選確実が報じられてから6時間以上が過ぎても、ロシアはほぼ沈黙を保っている。4年前の米大統領選で、トランプ大統領の当選確実が報じられた直後にプーチン大統領が世界に先駆けて祝電を送った時とは対照的な対応で、バイデン氏の出方を見極めているようだ。

     ロシアは2014年のウクライナ危機後、当時の米オバマ政権との間で冷戦後最悪と言われるほど関係が悪化した。そのため、16年の米大統領選ではプーチン氏に好意的な姿勢を示していたトランプ氏への期待が高まった。米国でトランプ氏の当確が報じられると、プーチン氏は直後に「ロ米関係の危機的状況から脱するための共同作業に期待する」とする祝電を送った。

     だが、プーチン氏が期待した米国との「対等で相互に敬意を持ち合う」関係は築けず、関係はむしろ悪化。米ロ間で唯一残った核軍縮条約の新戦略兵器削減条約(新START)も、来年2月の期限切れが迫る。ロシアはバイデン氏の動きを見守って、反応を控えているようだ。

     タス通信によると、ロシア下院のスルツキー国際問題委員長は8日未明、バイデン氏の当選について、「米国の対ロ政策に大きな変化は期待できない」とコメント。ただ、核軍縮などを巡る交渉では建設的な議論への期待があるとも指摘した。(モスクワ=石橋亮介)
     米大統領選でバイデン前副大統領の当選確実が報じられてから6時間以上が過ぎても、ロシアはほぼ沈黙を保っている。4年前の米大統領選で、トランプ大統領の当選確実が報じられた直後にプーチン大統領が世界に先駆けて祝電を送った時とは対照的な対応で、バイデン氏の出方を見極めているようだ。

     ロシアは2014年のウクライナ危機後、当時の米オバマ政権との間で冷戦後最悪と言われるほど関係が悪化した。そのため、16年の米大統領選ではプーチン氏に好意的な姿勢を示していたトランプ氏への期待が高まった。米国でトランプ氏の当確が報じられると、プーチン氏は直後に「ロ米関係の危機的状況から脱するための共同作業に期待する」とする祝電を送った。

     だが、プーチン氏が期待した米国との「対等で相互に敬意を持ち合う」関係は築けず、関係はむしろ悪化。米ロ間で唯一残った核軍縮条約の新戦略兵器削減条約(新START)も、来年2月の期限切れが迫る。ロシアはバイデン氏の動きを見守って、反応を控えているようだ。

     タス通信によると、ロシア下院のスルツキー国際問題委員長は8日未明、バイデン氏の当選について、「米国の対ロ政策に大きな変化は期待できない」とコメント。ただ、核軍縮などを巡る交渉では建設的な議論への期待があるとも指摘した。(モスクワ=石橋亮介)

    朝日新聞 2020年11月8日 11時15分
    https://www.asahi.com/articles/ASNC83J9GNC8UHBI01Y.html?iref=comtop_7_04

    【【朝日新聞】(4年前)トランプ氏へ最初に祝電送ったロシア、バイデン氏に沈黙】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚤の市 ★ 2020/11/06(金) 23:45:47.88 ID:4yNT7f7X9
    pu-tin
     【モスクワ共同】英大衆紙サンは6日、ロシアのプーチン大統領(68)にパーキンソン病の疑いがあり、来年初めに辞職する予定だと報じた。複数のロシア政治専門家が情報源だとしているが、ペスコフ大統領報道官は同日「完全なたわごとで、大統領は快調だ」と報道を完全否定。辞職することもないと強調した。

     サンは最近のプーチン氏の映像を見た専門家の分析として、脚が絶え間なく動き、ペンを持つ指も、けいれんしているように見えると指摘。

     またクレムリンの内情に詳しいとされる政治評論家ソロベイ氏が最近、プーチン氏にパーキンソン病の兆候があると示唆したことで臆測が広がったとしている。

    共同通信 2020/11/6 21:18 (JST)11/6 21:33 (JST)updated
    https://www.47news.jp/news/5465647.html

    【プーチン氏に健康不安か 英大衆紙、ロ政府は全否定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 豆次郎 ★ 2020/11/06(金) 01:17:29.88 ID:e2SbFDhe9
    rosiaoudoukan

    ロシア外務省 米大統領選挙の制度を批判
    [2020/11/06 01:11]


     開票結果を巡って混乱の続くアメリカ大統領選挙についてロシア外務省の報道官は、「選挙制度に欠陥がある」と批判しました。

     ロシア外務省・ザハロワ報道官:「米大統領選の得票が拮抗(きっこう)し、結果が出ないのは制度の明白な欠陥のせいだ」
     ロシア外務省のザハロワ報道官は5日、選挙人を選出するアメリカ大統領選挙の制度について、「時代遅れで必要な規制が欠如している」と批判しました。そのうえで「アメリカ全体に混乱が広がらないことを望む」と述べ、選挙結果を注視する姿勢を示しました。

    テレ朝ニュース
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/amp/000197621.html

    【ロシア外務省、アメリカ大統領選挙の制度を批判 「選挙制度に欠陥がある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ブギー ★ 2020/10/28(水) 20:19:53.93 ID:R+R3lHEH9
    T72B3
     【モスクワ共同】28日付のロシア紙イスベスチヤは、ロシア軍がクリール諸島(北方領土と千島列島)の防衛強化のため、主力戦車のT72B3を配備すると伝えた。配備場所には触れていないが、クリール諸島に展開する第18機関銃・砲兵師団は択捉島、国後島を拠点としており、新たな戦車は両島に配備されるとみられる。

     T72B3はロシア軍の最新兵器の一つで、優れた照準機能とミサイル発射システムを持ち、敵の上陸作戦を阻止し、海岸の防衛能力を向上させるとみられている。新たな戦車の配備完了には1~2年かかる見通し。

    北海道新聞
    https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/475708

    【【千島列島】ロシア、北方領土に主力戦車配備 上陸阻止、海岸の防衛力強化へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: どこさ ★ 2020/10/24(土) 11:40:47.11 ID:F5E3h3vw9
    ドローン戦争の時代到来 無人機で戦火拡大「死者5000人」とプーチン氏
    東京新聞 2020年10月23日 19時23分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/63821

    no title

    アゼルバイジャン軍が使用している無人攻撃機「TB2」
    =トルコ防衛産業局公式サイトから
    no title

    no title

    17日、ナゴルノカラバフのステパナケルトで、破壊された建物の前で肩を寄せ合う地元住民ら=AP

    ◆ナゴルノカラバフは最新兵器の実験場化

     【モスクワ=小柳悠志】係争地ナゴルノカラバフを巡り、 ロシアのプーチン大統領は22日、
    アルメニアとアゼルバイジャンの戦闘で死者が「両国合わせて5000人に近づいている」との独自情報を明らかにした。 アゼルバイジャンが最新兵器を投入するなどして、戦闘が拡大しており、犠牲者が急速に増えている可能性がある。

     アゼルバイジャンは軍事衝突が勃発した9月下旬から無人攻撃機を投入し、ナゴルノカラバフ南部を奪還。 アルメニアが配備したロシア製の地対空ミサイル「S300」や戦車を見つけだし、 レーダー誘導弾で破壊している。
     ロシアの軍事評論家パーベル・フェルゲンガウエル氏は 「ドローン戦争の時代が到来した」と話し、
    現地が最新兵器の実験場となっていると憂う。
     アゼルバイジャン軍の無人攻撃機の主軸はトルコ製の「TB2」。 内戦が続くシリアやリビアでも投入され、 その性能の高さから「軍事ドローン界のスター」(英BBC放送)と称される。
    イスラエル製無人機も投入している。

    ◆大統領選前に成果求めるトランプ政権が停戦仲裁へ

     アゼルバイジャンは石油と天然ガスの産出国。 2000年代以降、原油輸出で得た資金で軍備拡張を急いだ。 人口約1000万の国にもかかわらず、ストックホルム国際平和研究所によると、 14~18年の武器輸入で世界23位に付ける。 武器の主な調達先はロシア、イスラエル、トルコだ。
     一方、アルメニアの武器調達は軍事同盟国のロシア頼み。1990年代初頭のナゴルノカラバフ紛争では事実上の勝利を収めたが、 今回は守勢に回っている。 22日現在、兵士だけで900人余が死亡した。

     アルメニアのパシニャン首相は 「ナゴルノカラバフは数千年前からアルメニア人が居住する」と主張。 「外交的な解決はない。国民は祖国防衛のために武器を取れ」と鼓舞している。
     アゼルバイジャンは民間人60人余が犠牲になったと発表しているが、 兵士の死者数は公表していない。
     23日にはアルメニアとアゼルバイジャンの両外相が米国でポンペオ米国務長官と会談する予定。
    米大統領選を前に、外交成果を得たいトランプ政権が停戦を仲介するとみられる。



    【【ナゴルノカラバフ】ドローン戦争の時代到来 無人機で戦火拡大「死者5000人」とプーチン氏 冷戦時代のロシア兵器を破壊】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ブギー ★ 2020/10/24(土) 21:00:50.92 ID:cf7+o/3Z9
    no title

    ロシア、カムチャツカ半島に漂着したゴマフアザラシの死体。他にもウニやヒトデなど、海底にすむ多くの生物の死体が山となった。(PHOTOGRAPH BY ALEXANDR PIRAGIS / SPUTNIK VIA AP)

     9月14日は珍しく晴れた日だった。水温は12℃と気温より高く、ロシア極東のカムチャツカ半島にとってはサーフィン日和だった。

     しかし、地元でサーフィンスクールを営むエカテリーナ・ドゥイバ氏は、たった30分でハラクティルスキー・ビーチから戻って来た。視界はぼやけ、のどが痛む。目を開けることができなくなった仲間もいた。

     彼らは初め、日光か激しい風のせいだろうと思っていた。だが翌日以降になって吐き気や下痢、発熱に襲われたことから、原因は海水そのものにあったことに気が付いた。結局16人が病院に行き、何人かが角膜を痛めていると診断された。

     一方で、海の生物たちにも異変が起きていた。ウニやヒトデ、タコの死体が大量に流れ着き、悪臭のする黄色い泡が長さ数キロメートルにわたって海岸沿いに浮かんでいた。海に潜ったダイバーたちは、海底の生物の95%が死亡した場所もあると見積もった。

    「私はただ当惑するばかりでした。ハラクティルスキー・ビーチの海水はいつもきれいで、今までこんなことはなかったからです」と、1カ月経ってもドライアイに悩まされているドゥイバ氏は話す。

     この異変は半島を回り込んで南西部にまで、そして食物連鎖の上位にまで広がっている。10月中旬、カムチャツカ半島の西海岸で、魚たちが何千匹も死んでいるのが見つかった。さらには、こうした魚を食べたヒグマが深刻な食中毒に陥った。これは、海洋生物の大量死がもたらす影響のほんの一例に過ぎない。

     当初、多くの人が化学物質などによる水質汚染を疑ったが、科学者らの調査によると、原因はおそらく藻類の大量発生(藻類ブルーム)だという。そうなると問題はますます深刻だ。地球上の海洋環境の中でも特に生物多様性にあふれ、ニジマスやラッコといった絶滅危惧種が暮らすこの場所に、気候変動の影響がおよんでいる可能性があるからだ。

    「藻類ブルームがここまで大きく広がるとは予想していませんでした」と話すのは、ロシア極東連邦大学の海洋生物学者キリル・ウィニコフ氏だ。「前代未聞の例です」

    (略)

    https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/102000611/?ST=m_news

    【【前代未聞】カムチャツカの海に異変、ウニやヒトデ大量死】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/10/23(金) 11:50:03.45 ID:YpHQanqm9

    puyinn
    [モスクワ 22日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は22日、米国とロシアが世界の最も重要な問題についての決断を下す時代はもはや終わったと指摘し、中国とドイツが超大国の地位を築きつつあるとの考えを示した。

    プーチン氏はネット上で開催された会議に参加し、世界における米国の役割は英国、フランスと同様に低下し、政治や経済においては中国とドイツが超大国になりつつあるとの考えを示した。

    世界的な問題について米国がロシアと議論する用意がなければ、ロシアは他国と議論すると語った。

    米国はもはや米国例外主義を主張することはできず、それを望む理由も分からないと述べた。

    米大統領選を11月3日に控え、新政権が安全保障や核兵器抑止といった問題についての対話に前向きであることを望むと語った。

    米国は先週、2月に期限が切れる米ロの新戦略兵器削減条約(新START)を無条件で1年延長するというロシアの提案を拒否した。

    2020年10月23日 / 8:52 午前 ロイター
    https://jp.reuters.com/article/russia-putin-idJPKBN2773AC


    【【ロシア】プーチン大統領「米露の時代は終わった。米国の影響力は低下し、中国とドイツが超大国になる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/10/10(土) 10:44:24.04 ID:V2DjQIRbM1010
    rogaisyou
    ロシアのラブロフ外相は10日、係争地ナゴルノカラバフをめぐり武力衝突していた旧ソ連構成国のアゼルバイジャンとアルメニアが停戦で合意したと明らかにした。

     現地時間10日正午(日本時間同日午後5時)から戦闘を停止する。

     ラブロフ氏によると、双方は「平和的解決を早期に達成するための実質的な協議」に入ることでも一致した。

     モスクワでは9日午後、ロシアが仲介する形で、アゼルバイジャンのバイラモフ外相とアルメニアのムナツァカニャン外相が今回の衝突後初めて対面協議。ロシア通信によると、協議は10日未明まで約10時間に及び、ラブロフ氏が共同声明の内容を発表した。

     戦闘は9月27日に始まり、これまでに民間人を含めて双方の約400人が死亡。1994年に米仏ロが仲介した停戦合意後、最大の衝突となっていた。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201010-00000026-jij-int


    【【速報】ナゴルノカラバフ停戦で合意 アゼルバイジャンとアルメニア ロシア外相】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/10/09(金) 12:43:39.11 ID:djfh7AzJ9
    千島列島
     
    2020年10月9日 11:48 発信地:モスクワ/ロシア [ ロシア ロシア・CIS ]

    【10月9日 AFP】ロシアのカムチャツカ(Kamchatka)地方で、海洋生物の大量死を引き起こした有毒廃棄物の流失とみられる海洋汚染により、カムチャツカ半島に沿って40キロにわたる油膜が形成されていることが分かった。研究者らが9日、明らかにした。油膜は太平洋を南に向かって移動しているという。

     極東連邦総合大学(Far Eastern Federal University)は、油膜は緑色で、幅100~300メートルに及ぶ箇所もある。異常な泡を立てながら、カムチャツカ半島に沿って南に移動していると発表した。


     油膜はこれまで、静止状態で、ほぼ1か所の海岸にとどまっていると考えられていたが、研究者らが航空撮影を行ったところ「小さくなることなく」、日本と領有権を争うクリール諸島(Kuril Islands、北方領土を含む千島列島)に向かって「徐々に南に移動している」ことが分かったという。

     研究者らは悪天候にもかかわらず、ヘリコプターからサンプルを収集。分析は極東のウラジオストク(Vladivostok)で行う予定だという。

     この海洋汚染は9月、地元のサーファーらが目の痛みを訴え、海水の色が変わり、異臭を放っていたと報告したことで発覚。アザラシやタコ、ウニなどの海洋生物の死骸が大量に打ち上げられているのが発見された。

     カムチャツカ地方のウラジーミル・ソロドフ(Vladimir Solodov)知事は以前、海洋汚染の発生源について、同地方の主要都市ペトロパブロフスクカムチャツキー(%%Petropavlovsk-Kamchatksy)から35キロ離れたコゼルスキー(Kozelsky%)に位置する、旧ソ連時代から地下深くに有害物質を貯蔵していた場所の可能性が高いとの見解を示していた。

     複数の専門家らは、近隣の軍事施設から流出したヘプチルやサミンのような有毒なロケット燃料や混合物質が、汚染の原因である可能性があるとしている。

     ソロドフ氏は8日、サンプルの検査結果からヘプチルは原因ではないと明言。検査では燃料物質が検出されたが、海洋生物の大量死を招くほどの濃度ではなかったという。

     ソロドフ氏によると、これまでに約20人が検査を受け、8人が3度の角膜化学熱傷と診断された。(c)AFP

    AFP
    https://www.afpbb.com/articles/-/3308942

    【【ロシア】カムチャツカ海洋汚染、大規模な油膜形成 千島列島に向かって南へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: すらいむ ★ 2020/10/08(木) 23:36:56.47 ID:CAP_USER
    勘察加半島
    ロシア極東で海洋生物の大量死、有毒物質流出か

     (CNN)ロシア極東のカムチャツカ半島で、有毒物質の海岸への流出とみられる事態が発生し、周辺の海底に生息する海洋生物の95%が死んだことが8日までに分かった。
     地元の科学者らが、数週間にわたる調査の後に明らかにした。

     海岸の異変に最初に気づいたのは地元のサーファーたちで、現場にいた20人ほどがひどい目の痛みや食中毒に似た症状を訴えていた。

     9月初め、海水は灰色がかった黄色に変わり、水面には乳白色の分厚い泡が立った。
     あたりの空気は強い悪臭で満たされた。
     2~3日すると、タコやアザラシといった海洋生物の死骸が海岸に打ち上げられるようになった。

     地元当局は当初こうした報告を退けていたが、対応を迫る声が高まる中で国が調査に乗り出した。
     7日には犯罪捜査チームを立ち上げて、環境に有害な物質や廃棄物の扱いにおける規定違反並びに海洋汚染の疑いについて調べることになった。

    (略)

    CNN.co.jp 2020年10月8日 15時30分
    https://news.livedoor.com/article/detail/19023764/


    【【ロシア】カムチャツカ半島周辺海域に生息する海洋生物の95%が死ぬ 有毒物質流出か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マスク着用のお願い ★ 2020/10/03(土) 01:42:08.40 ID:94BS32KW9
    mi8

    2日午後、北海道の知床岬周辺の上空で、ロシアのヘリコプターが日本の領空を侵犯しました。ロシア機やロシア機とみられる航空機が日本の領空を侵犯したとして、防衛省が公表したのは去年7月以来です。

    防衛省によりますと、2日午後0時23分ごろ、北海道の知床岬周辺の上空で、ロシアのMi-8ヘリコプターが日本の領空を侵犯しました。

    航空自衛隊の戦闘機がスクランブル=緊急発進して無線で警告を行い、数分後に領空を出たということです。

    ロシア機やロシア機とみられる航空機が日本の領空を侵犯したとして、防衛省が公表したのは、去年7月に島根県の竹島付近でロシア軍の早期警戒管制機が領空侵犯して以来です。

    ヘリコプターの機体の側面には医療航空機であることを示す赤色の十字のマークがあり、防衛省は所属や飛行の目的を分析しています。

    2020年10月3日 1時35分 NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201003/k10012646331000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 


    【【領空侵犯】ロシアのヘリコプター、北海道の知床岬周辺の上空】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚤の市 ★ 2020/09/29(火) 23:27:54.25 ID:6g1oaRws9
    千島列島
     菅義偉首相は29日夜、ロシアのプーチン大統領と初めての電話協議に臨んだ。安倍晋三前首相は北方領土交渉で事実上の2島返還へ舵(かじ)を切り、日ロ平和条約の締結をめざしたが、打開は図れなかった。菅氏も安倍政権の「戦後外交の総決算」を継承するが、ロシアの強硬姿勢は変わらず、展望は描けていない。

     菅首相は電話協議で、平和条約の締結など日ロ間の課題について対話を継続することを確認した。終了後、記者団に「北方領土問題を次の世代に先送りせず終止符を打ちたいと申し上げた。プーチン大統領と今後率直に意見交換ができる手応えを感じた」と述べた。その上で、できるだけ早く対面の会談を実現させることで一致したという。

     ただ領土問題をめぐるロシア側の強硬姿勢は変わらず、交渉の先行きは見通せないままだ。

     北方領土問題の解決に強い意欲を示してきた安倍前首相は、「私とプーチン大統領の手で必ずや終止符を打つ」として、通算27回の首脳会談を重ねた。2016年にはエネルギー開発などで日本企業の投資を促す「8項目の経済協力プラン」を提案し、「新しいアプローチ」で領土問題解決に向けた信頼醸成を図ろうとした。

     18年には、歯舞(はぼまい)群島と色丹(しこたん)島の引き渡しを明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速することで合意し、事実上の2島返還をめざす方針へと転換。安倍氏のもとで領土問題を解決しようと、4島返還というこれまでの原則を結果的に曲げてまで19年の大筋合意を模索したが、実現できなかった。

     こうした安倍政権の方針は、経済産業省出身の今井尚哉首相秘書官(現・内閣官房参与)や長谷川栄一首相補佐官ら安倍氏側近が主導し、日ロ交渉は「官邸主導外交」の象徴となった。外務省は官邸の意向に沿いつつも、「ロシアはそんなに簡単な国ではない」「結果は見えている」と一貫して冷ややかだった。

    「前政権のアプローチは…」
     安倍氏の首相退陣によって日ロ交渉は暗礁に乗り上げたままとなり、安倍氏が決断した「2島返還」の方針は残った。

     菅政権幹部は「本気で島を取り…(以下有料版で、残り1157文字)

    朝日新聞 2020/9/29 21:20
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASN9Y6QC0N9YUTFK00H.html?iref=sptop_7_04

    【【朝日新聞】北方領土「2島返還」さえ見えず 菅首相、初の電話協議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/09/18(金) 08:36:20.86 ID:CAP_USER
    韓国防衛産業業界がインドに輸出しようとしていた3兆ウォン(約2680億円)の対空武器事業が白紙になる危機を迎えた。インドが該当事業を海外導入でなく自国開発で進める方向に方針を変更する可能性があるからだ。

    17日のインドメディア「ザ・プリント(The Print)」によると、最近インド国防省は幹部が集まった特別会議で、自主防空砲ミサイルシステム(SPAD-GMS)の海外導入事業を白紙化することにした。インド政府の製造業育成政策「メーク・イン・インディア」(Make in India)に合わせて自国開発の方針を決めたというのが同メディアの説明だ。

    こうした報道が事実なら、韓国政府・業界は7年間にわたる「飛虎複合」輸出の努力が水の泡になるということだ。飛虎複合は低高度で入ってくる敵の航空機とドローンに対応する対空砲火とミサイルを結びつけた武器で、対空砲火の短い射程距離を低高度短距離迎撃ミサイルで補完するシステム。

    2013年に開発されて2015年から国内に実戦配備されたこの武器体系は、ハンファディフェンスの自走対空砲「飛虎」にLIGネクスワンが生産した地対空ミサイル「神弓」を搭載している。

    インド軍当局はパキスタンとの国境地域の陸軍5個旅団にこの防御体系を配備するため2013年にSPAD-GMS事業入札公告を出した後、2015年に技術評価結果を発表し、2017年から試験評価などの手続きを踏んできた。この期間、韓国防衛産業業界は内需から輸出中心の構造に転換し、飛虎複合を前面に出しながらインド市場の開拓に注力してきた。

    飛虎複合104台、弾薬運搬車両97台、指揮用車両39台、ミサイル4928発、弾丸17万2260発などで構成されたこの事業は、全体規模が2兆5000億ウォンから3兆ウォンと推算される。

    一時は輸出に青信号がついた。インド政府は2018年10月、飛虎複合を価格交渉対象装備の単独候補とした。アルマズアンテイのアップグレード型ツングースカ、KBPTULAのパーンツィリシステムなどこの分野のトップ走者だったロシア企業との三つ巴戦で得た結果だった。

    しかしそれ以上は進まなかった。優先交渉対象者の選定、最終契約などを経て年内の武器インドを予想していたが、ロシアの妨害が変数として作用した。

    ロシア当局は飛虎複合が単独候補に選定されて以降、公開的に不満を表示するなど、インドに再評価を繰り返し要求してきた。インドのロシア製武器依存度が高いという点を取り上げながら「今後の防衛産業協力に支障が生じる」と警告した。

    実際、今年に入ってからインドはロシアの反発を意識し、ロシア製武器を再評価するかどうかを検討してきたという。インドが自国開発する話が出るのは、ひとまずロシアとの難しい関係を避けようという思惑があると分析される。

    韓国防衛産業業界は当惑している。ここには飛虎複合のインド輸出に注力してきた政府レベルの努力が水の泡になるという懸念もある。

    政府は昨年9月にソウルで開催したソウル安全保障対話(SDD)に、インドのラジナート・シン国防相を参加国のうち唯一、閣僚級として招請し、首相との会談も準備した。

    鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は昨年初め、長官名義の協力要請書簡をインドに送り、今年2月にインドで開催された「DEFEXPO2020」に出席するなど支援を惜しまなかった。世界2位の武器輸入国のインドを韓国防衛産業業界の主要輸出市場にするという意志だった。

    防衛産業業界の関係者は「まだインド政府から公式的な通知を受けていない」とし「飛虎複合はインドが提示した性能レベルを唯一満たしたうえ、両国長官の協議が行われてきただけに結果を待っているところ」と話した。

    中央日報 9/18(金) 8:22
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1a5fa483d541d807d7e8efa6505298a2a3cb3eb8

    複合対空防御体系「飛虎複合」 [写真 ハンファディフェンス提供]
    no title

    【【韓国】ロシアが妨害…韓国、3兆ウォンのインド武器輸出が白紙危機 インドが自国開発で進める方向に方針を変更】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 樽悶 ★ 2020/09/15(火) 23:15:40.81 ID:iJeGh7BH9
    第五方面軍司令官として北海道防衛の策を練る樋口季一郎(樋口隆一氏提供)
    no title

    樋口季一郎中将の記念館を見学する孫の樋口隆一氏(右)ら親族=15日、北海道石狩市の同館(寺田理恵撮影)
    no title


     ナチスの迫害から多くのユダヤ人を救出した旧陸軍の樋口季一郎中将(1888~1970年)の功績を伝える記念館が15日、北海道石狩市・五の沢地区に開館した。戦後75年を経て足跡を知る人が少なくなっており、運営法人の三上武樹理事長(57)は「功績を世界に発信したい。記念館があること自体が発信になる」と話している。

     樋口中将はハルビン特務機関長だった昭和13(1938)年、ナチスに追われソ連・満州国境に逃れてきたユダヤ難民を満州国に受け入れ、脱出ルートを開いた。救出した人数は2万人など諸説がある。

     多くのユダヤ人を救った外交官の杉原千畝(ちうね)氏になぞらえ、「もう一人の杉原」と呼ばれる。

     また、先の大戦の終戦当時、千島列島のシュムシュ島(占守島)や樺太での旧ソ連軍との自衛戦闘を司令官として指揮し、「北海道への侵攻を阻止した」との再評価が進んでいる。

     記念館の名称は「偉大なる人道主義者 樋口季一郎記念館」。古民家の蔵を改修し、北海道防衛策を練った机や北海道小樽市で新たに見つかった資料など約20点を展示している。23日から一般公開される。

     15日の開館式には、樋口中将の親族や石狩市の加藤龍幸市長ら約30人が出席した。孫の樋口隆一・明治学院大名誉教授(74)は「祖父は『人として当たり前のことをした』と言っていた。北海道防衛では周到に準備したにもかかわらず、数多くの犠牲者を出さざるを得なかったことは忘れてはいけない」とあいさつの言葉を述べた。

    9/15(火) 20:45配信 ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200915-00000620-san-hok

    【【北海道】もう一人の杉原千畝、樋口季一郎中将の記念館開館 「ナチスの迫害から多くのユダヤ人を救出」「旧ソ連の北海道への侵攻阻止」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル