かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。

    カテゴリ: 竹島

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    takesima
    河野外務大臣は閣議のあと記者団に対し、韓国軍が島根県の竹島やその周辺を担当する新たな部隊を創設する計画を韓国の国会に示したことについて、北朝鮮情勢が緊迫するなか、未来志向の関係構築に逆行するとして、韓国側に抗議したことを明らかにしました。

    外務省によりますと、韓国軍が島根県の竹島やその周辺の島々を担当する海兵隊の新たな部隊を創設する計画を19日、韓国の国会に示したことを受けて、外務省として韓国政府に対し、事実関係を確認したうえで現地の日本大使館を通じて抗議したということです。

    これについて河野外務大臣は閣議のあと記者団に対し「全く受け入れられず、強く抗議した。今の安全保障の状況の中で、日米韓3か国が未来志向で関係を強めていかなければならないときに逆行することだ」と述べました。 
      

    【河野外相、韓国軍の竹島担当部隊の創設計画に抗議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    takesima
    韓国海兵隊が現在循環運用中の鬱陵(ウルルン)部隊を正規編成し、独島(ドクト、日本名・竹島)を防御する。

    海兵隊は19日、忠清南道の鶏龍台(ケリョンデ)海軍本部で開かれた国会国防委員会の国政監査業務報告を通じて「日本や中国など周辺国の上陸戦力増強に先制的に対策を講じている」とし「現在循環式で運用中の鬱陵部隊の編成を推進中」と説明した。

    韓国軍は1986年から毎年、前・後半の2回にわたり独島周辺海上で「外部勢力の侵入を防ぐための」防御訓練を実施している。日本政府はこの訓練が行われるたびに外交経路などを通じて韓国側に抗議してきた。

    海兵隊は2018-2020年を目標に独島防御のための鬱陵部隊創設を進めていることが伝えられた。

    中央日報
    http://japanese.joins.com/article/559/234559.html 【韓国海兵隊、独島防御のための部隊創設を推進】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    鬱陵島
    韓国東部の鬱陵島の横に独島が描かれた、朝鮮全図「大東輿地図」彩飾写本が新たに日本で見つかったことが2日、分かった。韓国・慶北大の南権熙(ナム・グォンヒ)教授(文献情報学)によると、清州大の金聖洙(キム・ソンス)教授(文献情報学)、富山大の藤本幸夫名誉教授と共に日本の個人が所蔵していた「大東輿地図」筆写本を調べたところ、折り畳み式の全22帖のうち14帖に、鬱陵島の右側に「于山」と記された小さな島が確認された。これは独島を指す。

     「大東輿地図」は朝鮮王朝時代後期の地理学者、金正浩(キム・ジョンホ)が1861年に作成し、木版印刷で刊行された。木版本には独島が表示されていない。筆写本は木版本に手を加えて作成された。

     南氏は「1834年に完成した彩色の『青邱図』(金正浩が作成した地図で大東輿地図の元になった)を見ると、独島が鬱陵島の右側に描かれているが、これより後に作られた『大東輿地図』には独島がない。木版本で抜けた部分を後世で筆写本を製作する際に補ったと推定される」と説明した。 


    【独島が描かれた朝鮮古地図の筆写本 日本で見つかる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    takesima
    韓国海軍は15日、違法占拠している島根県・竹島の「防衛訓練」を始めた。16日まで行われる。海軍によると、訓練は「外部勢力の侵入を防ぐ」目的で行われ、海軍や海洋警備安全本部(海洋警察)の艦艇7隻、海軍と空軍の航空機4機が参加した。訓練は1986年から毎年2回行われており、文在寅政権になってからは初めて。

     外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は15日、在日韓国大使館の公使 李煕燮に電話し、「我が国の立場に照らして受け入れられない」と抗議した。

    読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170615-OYT1T50070.html



    【韓国海軍、島根県・竹島の「防衛訓練」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    第8管区海上保安本部は、島根県・竹島周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)内で活動していた韓国の調査船が、日本の領海に一時侵入したと発表した。

           

    同船は18日午前10時現在、EEZ内で航行を続けており、同本部が監視を続けている。

    同本部によると、17日午後1時25分頃、調査船がEEZ内でワイヤのようなものを海中に投入したのを、同本部の巡視船が確認。同日午後11時頃には、同島の西約12キロの領海内に侵入しているのを確認した。その後領海を出たが、18日午前8時過ぎに活動を再開した。巡視船が活動の中止を求めているが、返答はないという。

    外務省は18日、杉山晋輔次官が韓国の李俊揆イジュンギュ駐日大使に「我が国領海における漂泊は受け入れられず、我が国EEZで事前の同意なく科学的調査を実施しているのであれば受け入れられない。即時に中止すべきだ」と抗議した、と発表した。



    YOMIURI ONLINE
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170518-OYT1T50079.html?from=tw

    takesima

    抗議するのは大事です。竹島が不法占拠された経緯、殺害されたり、拉致された漁師のことを国民に広く知らせる必要があります。怒り心頭になること間違いありません。



    人気ブログランキング

    このページのトップヘ