かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: 尖閣諸島

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/11/27(金) 16:57:29.22 ID:3udS0+oo9
    090CBFC3-4778-4D0D-B554-554256C385D2
     
    茂木敏充外相は27日の記者会見で、中国の王毅国務委員兼外相による沖縄県・尖閣諸島の領有権主張に対し、発言があった24日の共同記者発表の直後、再開した会談の中で反論したと強調した。

    2020/11/27 16:37 (JST) 共同通信
    https://this.kiji.is/704959558206358625?c=39550187727945729


    【【茂木外相】中国・王毅外相の尖閣領有権主張に対し、直後に反論したと強調】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚤の市 ★ 2020/11/26(木) 23:55:35.50 ID:UY9wvoKl9
    7A5373F0-6A4B-44D5-90F5-05B18F694728
     
     沖縄県・尖閣諸島沖での中国公船の活動を正当化した同国の王毅国務委員兼外相の発言を受け流したとして、自民党外交部会で26日、茂木敏充外相を批判する声が上がった。「その場で反論すべきだった」というのが理由で、尖閣に関する日本の立場を明確に発信するよう外務省に申し入れる方針だ。
    「中国は傲岸不遜」 共産・志位氏

     問題視されたのは24日の日中外相会談後の共同記者発表。茂木氏が尖閣に触れ、「(領有権に関する)日本の立場を説明し、中国側の前向きな行動を強く求めるとともに、今後とも意思疎通を行っていくことを確認した」と語った。これを受ける形で、王氏は「日本漁船が釣魚島(魚釣島の中国名)周辺の敏感な水域に入る事態が発生し(中国海警局が)やむを得ず反応しなければならない」などと述べた。
     日本の立場と相いれない主張だが、茂木氏は反論しなかった。日中双方が順に発言して終了する段取りだったためだが、インターネット上で「情けない」「失望した」などと批判が広がった。
     外務省幹部は「言い合いになって相手の土俵に乗ってもしょうがないので大人の対応をした」と説明する。ただ、26日の外交部会でも、収まらない出席者から「中国の主張を黙認することになりかねない」などの指摘が相次いだ。外務省側は「直前の外相会談や翌日の外務報道官会見で日本の立場はしっかり主張している」と釈明した。

    時事通信 2020年11月26日20時34分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112600839&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit


    【【クズパヨク】「尖閣」スルー、茂木氏に批判 日中外相共同発表、大人の対応?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [ニダ] 2020/11/25(水) 19:22:07.15 ID:you2LjsX9

    no title

    会談に臨む中国の王毅国務委員兼外相(左)と菅義偉首相=25日午後、首相官邸(春名中撮影)


     菅義偉(すが・よしひで)首相は25日、来日中の中国の王毅国務委員兼外相と官邸で会談し、尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む東シナ海の海洋安全保障について協議した。王氏は会談後、記者団に、尖閣諸島周辺で操業している日本漁船を念頭に「偽装漁船が繰り返し敏感な海域に入っている。このような船舶を入れないようにするのはとても大事だ」と述べた。

     会談で王氏は「良好な関係を構築し、感染症対策と経済回復という2つの面において協力していく用意がある」との習近平国家主席のメッセージを首相に伝えた。首相は「両国の安定した関係が日中両国のみならず、地域、国際社会にとっても重要であり、ともに責任を果たしていきたい」と応じた。

     首相はまた、6月に国家安全維持法が制定された香港情勢について懸念を表明。北朝鮮による拉致問題の解決に向け、中国の協力も求めた。

     これに先立ち、王氏は加藤勝信官房長官や自民党の二階俊博幹事長らとも会談した。加藤氏は会談後の記者会見で「尖閣諸島周辺海域における中国側公船の活動について懸念を伝え、中国の前向きな対応を求めた」と説明した。

    産経新聞 2020.11.25 18:51 
    https://www.sankei.com/politics/news/201125/plt2011250021-n1.html 



    【中国外相、日本漁船の尖閣航行中止要求 首相は香港情勢に懸念表明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/11/25(水) 16:26:30.47 ID:CAP_USER
    senkaku
     尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域で25日、中国海警局の船2隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは80日連続。

     第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載。領海に近づかないよう巡視船が警告した。

    産経ニュース 2020.11.25 11:58
    https://www.sankei.com/politics/news/201125/plt2011250008-n1.html

    【【第11管区海上保安本部】尖閣周辺に中国船 80日連続】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: すらいむ ★ 2020/11/20(金) 10:54:25.94 ID:CAP_USER
    ahoudoritorisima
    鳥島
    ahoudorisenkaku
    尖閣諸島

    アホウドリの種は二つ? 体格やくちばしの長さに違い

     特別天然記念物で絶滅危惧種のアホウドリは1種と考えられてきたが、伊豆諸島・鳥島で繁殖してきたタイプと尖閣諸島で繁殖したタイプは別種で、2種に分類されると考えるべきだ――。
     そんな見解を北海道大総合博物館と山階鳥類研究所のグループがまとめ、19日、生物学専門誌に論文を発表した。
     鳥島タイプは体が大きめで、尖閣タイプはくちばしが長い傾向があり、遺伝的な差も大きいという。
     保護のあり方を巡り議論になりそうだ。

     アホウドリは1949年に一度絶滅したと考えられたが、51年に再発見され、現在は約6千羽まで回復している。
     鳥島で生まれた個体には標識の足輪がついているが、標識がない個体も鳥島で見られ、こちらは尖閣生まれと考えられる。

     北大の江田真毅准教授らの調査で、両タイプは、別種とされるワタリアホウドリとアムステルダムアホウドリより遺伝的な差が大きい、つがい相手として同じタイプを選ぶ傾向がある、ことなどが示されていた。
     今回さらに鳥島で24羽を捕獲して比較。
     その結果、体格やくちばしの長さの違いなどが確定的になり、グループは「別種とするべきだ」と結論付けた。

    (略)

    朝日新聞 11/19(木) 23:0011/19(木) 23:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/db58f310848efc18f14c9c3298baa2e1b23b108d

    【【朝日新聞】アホウドリの種は二つ? 体格やくちばしの長さに違い 尖閣諸島と鳥島】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [AU] 2020/11/16(月) 20:48:08.51 ID:y6RSqWwN9

    no title

    河野克俊前統合幕僚長=6月25日午後、東京都港区


     河野克俊前統合幕僚長は16日、東京都内で講演し、旧民主党の野田佳彦政権を念頭に、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の周辺海域に中国海軍の艦艇が接近した場合は「海上自衛隊の護衛艦は『相手を刺激しないように見えないところにいろ』と(官邸に)いわれた」と明かした。野田政権が平成24年9月に尖閣諸島を国有化した当時、日中の緊張関係が高まっており、中国側に配慮した措置とみられる。

     中国軍の艦艇は通常、中国海警局の巡視船が尖閣周辺を航行する際、尖閣から約90キロ北東の北緯27度線の北側海域に展開する。これに対して、海自の護衛艦は不測の事態に備え、27度線の南側で中国軍艦艇を警戒監視している。

     河野氏は「安倍晋三政権では『何をやっているのか。とにかく見えるところまで出せ』といわれ、方針転換した。今ではマンツーマンでついている」と語った。自民党の長島昭久衆院議員のパーティーで明かした。

    【民主政権、中国軍の尖閣接近で「護衛艦は見えないところへ」 河野前統幕長明かす】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [TR] 2020/11/14(土) 13:47:21.06 ID:vn4hlNHH0● BE:844481327-PLT(13345)
    no title


    八重山防衛協会の三木巌会長ら役員が13日、大浜信泉記念館で記者会見し、防衛省に対し、八重山に海上自衛隊基地を配備するよう要請したことを明らかにした。
    石垣島では陸上自衛隊の駐屯地建設計画が進んでいるが、尖閣諸島や周辺海域の警戒監視体制と防衛力を強化するため、八重山に海自の拠点も整備するよう求めた。

    八重山日報
    http://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/13718


    【尖閣諸島の地元に海自基地を 沖縄県民らが防衛省に要請】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2020/11/12(木) 09:12:25.05 ID:CAP_USER9

    baiden3
     米大統領選で勝利を確実にしたバイデン氏は12日の菅首相との電話会談で、沖縄県・尖閣諸島への日米安全保障条約5条の適用を明言した。

    共同通信
    2020/11/12 09:03 (JST)
    https://this.kiji.is/699409554438227041

    【【踏襲】日米電話会談、バイデン氏が尖閣への安保条約5条適用明言】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: どこさ ★ 2020/11/07(土) 20:59:12.11 ID:F/AXXIG09
    尖閣沖 中国海警局の船2隻が領海侵入 日本の漁船に接近の動き
    2020年11月7日 17時41分
    no title

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201107/k10012699771000.html

    7日午後、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船2隻が日本の領海に侵入し、日本の漁船に接近する動きを見せたということです。
    海上保安本部は漁船の周囲に巡視船を配備して警戒を強めるとともに、直ちに領海から出るよう警告を続けています

    第11管区海上保安本部によりますと、 日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していた中国海警局の船3隻のうち2隻が、 7日午後0時半ごろから尖閣諸島の大正島の沖合で日本の領海に侵入し、その後、日本の漁船に接近する動きを見せたということです。

    2隻は午後3時現在、 大正島の南およそ5キロから14キロの日本の領海内を航行しているということです。

    海上保安本部は漁船の周囲に巡視船を配備して警戒を強めるとともに、直ちに領海から出るよう警告を続けています。

    尖閣諸島の沖合で中国海警局の船が領海に侵入したのは 6日に続いて2日連続で、ことしに入って21回目です。

    海上保安庁 中国公船による尖閣諸島接近(接続水域入域・領海侵入)状況 
    https://www.kaiho.mlit.go.jp/mission/senkaku/data_R2_11.pdf


    -----------


    米大統領選の混乱の最中に…中国公船「尖閣」領海侵入
    識者「政府が行動を起こさなければ、中国の思う通りに」
    zakzak 2020.11.7
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/201107/dom2011070006-n1.html

    no title

    尖閣諸島周辺を航行する中国公船(左)と、
    並走する海上保安庁の巡視船(海保提供)

     日本の同盟国・米国の大統領選による混乱を見透かしたのか-。
    6日午後4時15分ごろから、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に 中国海警局の船4隻が相次いで侵入した。 中国当局の船が尖閣周辺で領海侵入したのは10月15日以来で、 今年25日目。

     第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載。領海から出るよう巡視船が警告した。

     元海上保安官の一色正春氏は「客観的にみれば、 中国は10年前から尖閣諸島の実効支配を目指している。 見方次第だが、大統領選の混乱につけ込んで 中国がさらに触手を伸ばす可能性は十分に予測できた。 日本政府が領土領海を守る行動を起こさなければ、 中国の思う通りになりかねない」と指摘した。

    関連
    中国、海警法整備で「法律戦」 領有権主張の先兵に 軍事組織化も加速
    https://www.sankei.com/world/news/201107/wor2011070019-n1.html

    【【領海侵犯】尖閣沖 中国海警局の船2隻が領海侵入 日本の漁船に接近の動き/米大統領選の混乱の最中に…中国公船「尖閣」領海侵入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マスク着用のお願い ★ 2020/11/04(水) 22:44:11.64 ID:rAO3DNjK9
    cn250

    中国、海上警備に武器使用へ
    尖閣周辺など、日本漁船も対象か

     【北京共同】中国全国人民代表大会(全人代=国会)は4日、海上警備を担う中国海警局の権限を定める海警法草案の全文を公表した。外国船が中国の管轄する海域で違法に活動し、海警局の停船命令などに従わない場合は武器の使用を認める内容。中国は沖縄県・尖閣諸島の領有権を主張しており、尖閣周辺の領海で漁をする日本漁船が対象となる恐れがある。

     草案は計80条で構成。中国は10月に開いた全人代常務委員会で草案について審議したと発表していた。来月3日までパブリックコメント(意見公募)を実施する。

    2020/11/4 22:41
    共同通信
    https://this.kiji.is/696716335757526113 

    【【中国】海上警備に武器使用へ 尖閣周辺など、日本漁船も対象】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/11/02(月) 17:13:48.24 ID:02cPQlaW9
    no title
    加藤勝信官房長官は2日の記者会見で、同日に沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域内で中国公船4隻の航行を確認したと発表した。航行を確認した日数は今年に入って計283日となり、2012年の尖閣国有化後で最多だった昨年を上回った。

    加藤氏は「極めて深刻に考えており、その都度厳重に抗議している」と述べた。「尖閣諸島は歴史的にも国際法上も疑いのない我が国の固有の領土だ」と強調した。

    「尖閣周辺の警戒監視に万全を尽くす。中国側には引き続き冷静かつ毅然と対応する」とも語った。

    中国公船による尖閣周辺の活動は活発になっている。4~8月には111日間連続で尖閣周辺の接続水域内を航行した。それまで連続航行日数で最長だった昨年4~6月の64日を上回った。

    中国公船による尖閣周辺の日本領海への侵入も相次ぐ。10月11日から13日にも領海内を航行し、滞在時間は連続57時間39分と尖閣国有化以降で最も長かった。5月8日には中国公船が領海内に入って日本漁船を追尾した。

    中国は沿岸警備を担当する海警局が中央軍事委員会の指揮下に入り、大型船の投入や機関砲の搭載など武装化を続ける。

    こうした動向を踏まえ、自民党内からは中国により強硬な姿勢をとるよう政府に求める声が上がる。党国防議員連盟は9月、尖閣の実効支配を強化する対策を政府に提言した。尖閣を含む南西諸島で自衛隊と米軍の日米共同訓練を実施することなどを要請した。

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65748650S0A101C2PP8000/

    【尖閣周辺に中国公船、最多283日に 加藤官房長官「極めて深刻」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/11/01(日) 01:57:50.01 ID:CAP_USER
     senkaku
     尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域で31日、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは55日連続。

     第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載。領海に近づかないよう巡視船が警告した。


    産経ニュース 2020.10.31 15:51
    https://www.sankei.com/world/news/201031/wor2010310018-n1.html

    【【第11管区海上保安本部】尖閣周辺に55日連続で中国公船】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: どこさ ★ 2020/10/27(火) 22:46:56.85 ID:bUxKRTCN9

    no title
    海保無人機、4年度にも導入 尖閣・日本海で監視拡大

     海上保安庁が実証実験を始めた大型の無人航空機について、 早ければ令和4年度にも導入する方向で同庁が検討していることが27日、 関係者への取材で分かった。
    尖閣諸島(沖縄県石垣市)や日本海の大和堆(やまとたい)などでは中国や北朝鮮の船による違法操業が常態化し、中国船の脅威も増大しており、海保は連続飛行時間が飛躍的に伸びる大型無人機の導入で、広大な日本周辺の海の安全の確保を狙う。

     大型無人機は地上にいる操縦士が無人機のビデオやレーダーを使い、衛星経由で操縦。
    日本列島を囲む広い海域で、違法操業船や不審船の監視、海難者の発見を担い、巡視船やヘリコプターの出動につなげる。広範囲を長時間カバーすることで発見・対応の迅速化、省力化が期待される。

     心身への負担などで連続飛行時間が1日8時間に定められている有人機と違い、無人機は飛行中に操縦者を交代でき、燃料が尽きるまで連続飛行が可能。
    性能次第では日本を囲む主要な海域を1機でカバーできる可能性もある。

     海保が10月15日から海上自衛隊八戸航空基地(青森県八戸市)で始めたジェネラル・アトミクス社の大型無人機「シーガーディアン」の実証実験では、1700キロ以上離れた小笠原諸島の硫黄島でも監視業務ができるかも試している。

     海保は実験の結果も考慮しながら、最短で3年度中に機種を選定。新規発注・製造は完成まで2年以上かかる場合があり、早期導入のため、既存機のリースも選択肢に入れている。

     ただ、大型無人機は航空法の規定が未整備で、運航ルートが変わる度に国土交通相の許可が必要。
    国交省航空局は国際安全基準が整備される2025(令和7)年まで同法を改正しない方針で、海保関係者は「活動が制限されるおそれがある」と懸念している。

    産経新聞 2020.10.27 17:21 
    https://www.sankei.com/politics/news/201027/plt2010270028-n1.html 



    【【産経】海保無人機、4年度にも導入 尖閣・日本海で監視拡大 大型1機で広域を省力化カバー 法改正せず危機の際に飛べないかも】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/10/26(月) 20:01:51.56 ID:sB4FbK+m9
    no title
     尖閣諸島(沖縄県石垣市)付近の上空で昨年11月、海上保安庁の航空機が中国海軍の艦船から「中国の領空を侵犯している」と警告を受け、空域からの退去を求められていたことが26日、政府関係者への取材で分かった。

     尖閣の領有権を主張する中国側が、海上から日本の公用機に向かって領空主権を主張するのは初めてとみられる。日本側は現場や外交ルートで「中国の一方的な主張で受け入れられない」などと抗議した。

     政府関係者によると、中国海軍による尖閣周辺の領空主張は昨年11月中旬と下旬に計4回確認された。当時、尖閣周辺では中国海警局の船が領海外側の接続水域を航行し、海保の巡視船が複数隻で領海侵入に備えて警戒監視に当たっていた。海保の航空機も上空から哨戒していたところ、中国海軍の艦船から海保機に対し無線通信で、「中国の領空だ」「領空に接近している」などと呼び掛けがあり、空域から離れるよう警告されたという。

     日中間では当時、習近平国家主席の国賓としての来日に向けた準備が進められていたが、水面下では中国側から冷や水を浴びせられていた形となる。

     領空は、国際ルールで無害通航権が認められている領海と異なり、当該国の許可がない侵入を不法行為とみなし、戦闘機を緊急発進(スクランブル)させるなど厳密な措置が取られる。中国は尖閣の領有権を主張しているが、日本の公用機を空域から排除する姿勢を明確に示すのは極めて特異な動向といえる。中国は平成25年に尖閣周辺上空を含む東シナ海で、対領空侵犯措置を取る範囲を示す防空識別圏(ADIZ)を設定している。

     過去の中国機による日本領空の侵犯は24、29年に計2回、いずれも尖閣諸島の魚釣島周辺上空で確認されている。24年は、海保の巡視船が無線で「わが国領空内に侵入しないよう飛行せよ」と警告したところ、中国国家海洋局所属の小型プロペラ機は「ここは中国の領空だ」と回答。29年は中国海警局の船の上を小型無人機ドローンが飛行した。

     日本政府は尖閣周辺の中国動向を警戒監視するため体制強化を進めてきた。海保は那覇航空基地に新型ジェット機3機を順次配備し、今年2月に「尖閣24時間監視体制」を構築。中国公船に対応する大型巡視船12隻を14隻分のクルーで運用する「尖閣領海警備専従体制」、違法外国漁船を取り締まる規制能力強化型巡視船9隻の「尖閣外国漁船対応体制」とともに、計画していた3体制を整えた。

         ◇

     領空侵犯 領空は領土と領海の上空を指し、国際法上、国家が完全かつ排他的な主権を有している。日本の周辺空域は航空自衛隊が24時間体制でレーダーによる監視を継続し、領空侵犯の恐れがある航空機などを発見した場合、戦闘機を緊急発進(スクランブル)させて侵入しないよう通告。領空侵犯があった際には退去警告や強制着陸といった対応を取る。昨年度の緊急発進回数は947回で過去3番目に多く、国別では中国が675回で全体の71%、ロシアが268回で28%を占めた。

    2020年10月26日 19時40分 産経新聞
    https://news.livedoor.com/article/detail/19120743/


    【【中国】尖閣で「領空侵犯」主張 海保機に空域からの退去要求】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/10/23(金) 20:27:12.97 ID:CAP_USER
    senkaku
     自民党の議員連盟「尖閣諸島の調査・開発を進める会」代表の稲田朋美元防衛相らは23日、党本部で下村博文政調会長と会い、沖縄県・尖閣諸島の領有権を守るため、尖閣周辺海域の調査を実施する議員立法策定に協力を求めた。下村氏は「尖閣の調査・開発に関する議論を党内で進めるべきだ」と応じた。

    時事ドットコム 2020年10月23日17時06分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020102300940&g=pol

    【【尖閣調査】法制定に前向き 下村自民政調会長】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/21(水) 15:21:52.14 ID:2kLwSRXY9
    no title
    加藤勝信官房長官は21日午前の記者会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域での中国海警局の船の航行が同日で45日連続となったことについて、「こうした活動が相次いでいることは極めて深刻だと考えている」と述べた。その上で、海上保安庁の巡視船が現場海域で中国公船に警告するとともに、中国側に外交ルートでも連日抗議していると説明した。

     また尖閣諸島に関し、「歴史的にも国際法上も疑いようがないわが国固有の領土だ。現にわが国はこれを有効に支配している」とも語った。

    産経新聞
    https://www.sankei.com/politics/news/201021/plt2010210015-n1.html


    【【撃沈しろ】中国公船の尖閣沖航行、45日連続 「極めて深刻だ」 加藤官房長官】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 大坂藩 ★ [ヌコ] 2020/10/16(金) 12:57:35.18 ID:flzcSgH09
    senkaku
     尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域で16日、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは40日連続。

     第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載。領海に近づかないよう巡視船が警告した。

    産経ニュース 2020.10.16 10:53
    https://www.sankei.com/world/news/201016/wor2010160023-n1.html

    【【第11管区海上保安本部】尖閣周辺に中国船4隻 40日連続 1隻は機関砲のようなものを搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [US] 2020/10/15(木) 18:26:06.52 ID:YoOltRhe9
    senkaku

     第11管区海上保安本部(那覇)は15日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に同日午前、中国海警局の船2隻が相次いで侵入し、大正島の西南西約22キロの海上で、航行中の日本漁船1隻に接近しようとする動きを見せたと明らかにした。中国船は11日にも領海に侵入し、漁船に接近しようとする動きを見せた。

     11管によると、中国船は日本漁船を追うようにして15日午前10時40分ごろ領海に入り、接近しようとした。その後も日本漁船の動きに合わせて航行した。11管が領海から出るよう警告し、漁船の周囲に巡視船を配備して安全を確保した。

     領海外側の接続水域でも、機関砲のようなものを搭載した1隻を含む中国船2隻の航行を確認した。

     中国当局の船が尖閣周辺で領海侵入したのは13日以来で、今年24日目。11~13日には中国船2隻が57時間39分にわたって領海にとどまり、平成24年9月の尖閣国有化以降で最長を記録した。

    産経新聞 2020.10.15 16:07 
    https://www.sankei.com/politics/news/201015/plt2010150009-n1.html 


    【【(`ハ´ )】中国船、日本漁船に接近 尖閣周辺の領海で再び】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/10/15(木) 14:48:49.20 ID:tsoYQpMq9
    中国公船「海警1302」「海警2302」(第11管区海上保安本部提供)
    no title

    no title


    沖縄県石垣市の尖閣諸島沖の領海に中国公船2隻が侵入し、11~13日の57時間39分にわたってとどまった。2012年の同島国有化以降、最長だ。菅内閣が発足した先月の領海侵入はなかった。政府は、中国が再び挑発行為を活発化させることを警戒している。

    中国公船「海警1302」(第11管区海上保安本部提供)中国公船「海警1302」(第11管区海上保安本部提供)
     
    第11管区海上保安本部(那覇市)によると、接続水域にいた中国公船3隻のうち、「海警1302」と「海警2302」が11日午前10時47~48分にかけ、1隻の日本漁船を追うように大正島の領海に入った。中国公船は漁船に対して無線で領有権を主張し、海域から退去するよう一方的に求めてきた。

    中国公船「海警2302」(2016年12月4日撮影、第11管区海上保安本部提供)中国公船「海警2302」(2016年12月4日撮影、第11管区海上保安本部提供)
     
    海保の巡視船が間に割って入って退去を命じたが、中国公船は無視し、執拗しつように漁船を追いかけ回した。漁を終えた漁船が領海を出たのに合わせるかのように、中国公船は13日午後8時26分に退去した。

    連続滞在時間はこれまでの最長だった今年7月の39時間23分を超えた。外務省は11日から13日にかけ、計3回、中国大使館を通じ、中国側に抗議した。

    2020/10/15 09:51 読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/politics/20201014-OYT1T50310/
    no title

    【【尖閣】中国公船、領海侵入57時間超…日本漁船を追いかけ回し無線で領有権を主張、海域から退去するよう一方的に要求】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/15(木) 00:33:03.51 ID:SkWwTRYq9
    no title
    環境省が尖閣諸島(沖縄県石垣市)に生息する動植物の生態調査を年内にも実施する方針を固めたことが14日、分かった。絶滅危惧種のアホウドリの繁殖調査のほか、平成27年に作成した植生図の更新にも着手する。尖閣周辺の領海内には中国公船が頻繁に侵入しており、調査の実施などを日本の実効支配の根拠とする狙いがある。

     アホウドリの調査には、人工衛星が撮影した高解像度画像を初めて活用する。環境省は衛星画像の解析技術の進歩に伴い、生息状況などの確認が可能だと判断した。政府は尖閣諸島の安定的な管理を目的に原則として上陸を認めない方針を決めており、実地調査は見送る。

     環境省によると、尖閣諸島では魚釣島に生息するセンカクモグラなど11種の固有種を確認。一方で、国の天然記念物のアホウドリやセンカクツツジなど23種の動植物が環境省の絶滅危惧種に指定されている。昭和50年代に食用として持ち込まれて繁殖し、島の生態系を脅かしているとされるヤギの生態についても調査での確認が見込まれる。

     地域の植物群落の分布を示す植生図の更新時期は通常10~20年だが、早期の調査を求める自民党内の意見を尊重した。

     自民党の国防議員連盟は今月2日、尖閣諸島に生息する希少動植物の保全のため実地調査を小泉進次郎環境相に求めていた。同議連会長の衛藤征士郎元衆院副議長は産経新聞の取材に「関係調査を行い、日本固有の領土であるという事実を着実に積み上げてもらいたい」と語った。

    産経新聞
    https://www.sankei.com/politics/news/201014/plt2010140032-n1.html


    【【独自】環境省が尖閣諸島の生態調査に着手へ 調査の実施などを日本の実効支配の根拠とする狙いがある】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル