かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    カテゴリ: アメリカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: らむちゃん ★ 2018/05/27(日) 15:20:47.26 ID:CAP_USER
    DE7C05FC-55BD-4117-BF88-3C07DB9EF2A7

    【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)高官は27日、記者団に対し、トランプ米大統領が朝米(米朝)首脳会談が成功する場合、北朝鮮との大規模な経済協力を行う意思を韓米首脳会談などで数回にわたって表明したと伝えた。

     同高官は「朝米首脳会談の成功のため、(朝米の)相互不可侵の約束や休戦協定の平和協定転換、南北米の3カ国による終戦宣言などについて検討が必要で、南北間で実務レベルの協議を行っている」と説明した。

    (略)

    聨合ニュース2018/05/27 11:52  
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2018/05/27/0300000000AJP20180527001900882.HTML 


    【【前から言ってたよ】トランプ氏 朝米会談成功なら大規模な経済協力表明=韓国大統領府】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: らむちゃん ★ 2018/05/27(日) 10:05:29.57 ID:CAP_USER
    kp250

    6月12日にシンガポールでの開催が予定されていた米朝首脳会談は、トランプ米大統領がいったんは「中止」を通告したものの、その後に北朝鮮側が発表した談話に同氏が「歓迎」の意を表明したこともあり、実現の可能性が残された状態となっている。

    26日に韓国の文在寅大統領と金正恩党委員長との2回目の首脳会談が電撃的に開催されたことも、今後に期待を持たせる要素と言える。

    ただ、仮に米朝首脳会談が実現したとしても、そこでわれわれが見ることが出来るのは、非核化や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の廃棄に関する「大筋合意」にとどまる可能性が高い。

    非核化やミサイル廃棄の科学的・政治的検証の過程は複雑にならざるを得ず、その方法を詰めるための実務者対話は難航を極めることが想定される。

    実際、北朝鮮のある高官は「廃棄された北部核実験場のほかにも、小型化された核兵器の実験に使える施設がほかにもある」「8月までには戦争準備が完了する」などと語っている。

    もっとも非核化に関しては、これこそが米国との対話の柱でもあり、北朝鮮側がかなり踏み込んだ検証に応じる可能性もある。北朝鮮には豊富なウラン資源があり、技術情報さえ隠匿することができれば、いつかまた作ることも不可能ではないからだ。

    一方、弾道ミサイルはどうか。こちらも技術情報があれば、いったん廃棄してもまた作ること自体は可能だろう。しかし、地中に埋まった発射基地や移動式発射台のようなインフラを根こそぎ廃棄させられてしまったら、
    再び戦力化するには膨大な時間とコストがかかるし、生産設備も大規模になるため、米軍の偵察衛星の監視を逃れるのも難しい。

    (略)
     
    デイリーNKジャパン 2018年5月27日 7時10分  
    http://news.livedoor.com/article/detail/14774541/ 

    【【北朝鮮】「米国ねらうミサイル、120カ所に隠してある」北朝鮮幹部が語る 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ニライカナイφ ★ 2018/05/26(土) 22:00:40.89 ID:CAP_USER9
    ◆NATO空軍を脅かすロシアの発明、ナショナル・インタレストが説明

    ロシアのレーダー「ストゥルナ1」は軍事衝突の場合、米ステルス機の「殺し屋」になる。
    米誌ナショナル・インタレストが伝えた。

    同誌は、「ストゥルナ1」がステルス機だけでなく、ほぼ全ての標的を探知し、ハンググライダーや巡航ミサイルなどの低空飛行体でさえ見つけることができると指摘する。
    さらに、「ストゥルナ」はその構造から対レーダー兵器に対してより強固だと同誌は強調。
    同レーダーは西側にある類似兵器よりも格段に携帯性が高いという。

    no title


    スプートニク日本 2018年05月25日 23:54
    https://jp.sputniknews.com/russia/201805254917582/

    【【軍事】ロシアのレーダー「ストゥルナ1」は米ステルス機の「殺し屋」になる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/05/26(土) 17:05:52.84 ID:CAP_USER
    ■スティムソン・センターの辰巳由紀東アジア共同部長(安全保障政策)
    ■(聞き手・青山直篤)

    米国として、北朝鮮の非核化は譲れない一線だった。ここ1~2週間の北朝鮮のメッセージからは、北朝鮮が非核化に取り組む気があるのか、米国側にみえなくなっていた。この段階で首脳会談をして不用意な合意をするより、米国にとっては健全な判断だったといえるだろう。

    米国は初期の段階で韓国から、北朝鮮の非核化に前向きな情報を得ていたものの、会談に向けた具体的な準備を進める段階で、「話が違う」ということになったのもしれない。米朝の仲立ちをしてきた韓国の文在寅(ムンジェイン)政権は、厳しい立場に置かれるだろう。ただ、「6月12日に会談はしない」というだけのことで、トランプ政権にも協議を続ける意思はあるのではないか。

    日本は今後も、米国に合わせて制裁強化を訴えるのが一番楽だ。だが、このまま米朝間の緊張がエスカレートすれば、必ずしも日本のためにならない。

    日本は会談の再開に向け、北朝鮮の誠意を試すためにはどのような道筋がありうるのか、米側に提言していくべきだ。北朝鮮が誠意を見せた時には、米国の後押しをする用意がある、と米国にも示していく必要がある。(聞き手・青山直篤)

    ■米外交問題評議会のパトリシア・キム研究員
    ■(聞き手・峯村健司)

    トランプ米大統領が米朝首脳会談を取り消した最大の理由として、非核化の道筋を巡る見解が異なっていたことがある。米側は、核兵器を「完全で検証可能かつ不可逆的に廃棄(CVID)」することを求めた。北朝鮮はこれに同意せず、核廃棄の前提として、米国による経済制裁と軍事的圧力の中止を求めた。

    ログイン前の続きどちらかが態度を変えない限り、折り合いがつかなかった。だが、米側は北朝鮮に拘束されていた米国人3人が解放された以降も、強硬姿勢を崩さなかった。

    金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は米側から何も見返りを得ていないことに不満を感じていたのだろう。北朝鮮側が24日の声明で、ペンス米副大統領を「ダミー(まぬけ)」と批判したことが、米側が中止を判断する決定打となったとみられる。

    中国政府は、米朝首脳会談の実現を支持しているとみられる。正恩氏も、引き続き米側との対話の可能性を探っていくだろう。本心では制裁を緩和してもらい、経済発展をしたいと思っているであろうからだ。外交成果が欲しいトランプ氏も会談を実現させたいのが本音だ。北朝鮮に対する軍事行動をすぐにとるとは思わない。


    2018年5月26日16時11分
    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASL5T2QY4L5TUHBI00J.html

    【【朝日新聞】米朝会談 「日本、再開へ提言を」 「非核化巡り食い違い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: やなぎ ★ 2018/05/25(金) 22:42:05.41 ID:CAP_USER9
    tramp

     【ワシントン共同】米CNNテレビによると、トランプ米大統領は25日、6月12日の米朝首脳会談もまだあり得ると述べた。

    2018/5/25 22:36 
    共同通信
    https://this.kiji.is/372740344527275105?c=39550187727945729 

    【【国際】6月12日開催もまだあり得るとトランプ氏 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 親日@シコリアン ★ 2018/05/25(金) 12:57:20.46 ID:CAP_USER9
    kp250

     【ソウル時事】北朝鮮の金桂冠第1外務次官が25日、発表した談話の全文は次の通り。 

     現在、朝米間には世界が非常な関心の中で注視する歴史的な首脳の対面(会談)が日程に上り、その準備も最終段階で進められている。 

     数十年にわたる敵対と不信の関係を清算し、朝米関係改善の新たな一里塚をもたらそうというわれわれの真摯(しんし)な模索と積極的な努力は内外の共感と支持を得ている。 

     そうした中で、トランプ米大統領は24日、突然、既に既成事実化されていた朝米首脳の対面を取りやめるという公式な立場を発表した。 

     トランプ氏はその理由について、わが国の崔善姫外務次官の談話内容に「激しい怒りと露骨な敵意」が込められているためだと述べ、以前から計画されていた貴重な対面を行うことが現時点では適切ではないと明らかにした。 

     私は、朝米首脳会談に関するトランプ氏の立場表明が朝鮮半島はもちろん、世界の平和と安定を願う人類の念願に合致しない決定だと断定したい。 

     トランプ氏が取り上げた「激しい怒りと露骨な敵意」というのは、事実上、朝米首脳会談を前に一方的な核廃棄を迫ってきた米国側の度を越した言動が招いた反発にすぎない。 

     この不幸な事態は、歴史的に根深い朝米敵対関係の実態がどれだけ深刻で、関係改善に向けた首脳会談がどれほど切実に必要かをありのままに示している。 

     歴史的な朝米首脳会談について言えば、われわれはトランプ氏が歴代のどの大統領も下せなかった勇断を下し、首脳会談という重大な出来事をもたらすために努力したことを内心では高く評価してきた。 

     しかし、突然、一方的に会談中止を発表したことは、われわれとしては、思いがけないことで、極めて遺憾に思わざるを得ない。 

     首脳会談に対する意志が不足していたのか、あるいは、自信がなかったのか、その理由については推測するのは難しいが、われわれは歴史的な朝米首脳の対面と会談それ自体が対話を通じた問題解決の第一歩であり、地域と世界の平和と安全、両国間の関係改善に意味のある出発点になるとの期待を持ち、誠意ある努力を尽くしてきた。 

     また「トランプ方式」というものが双方の懸念を解消し、われわれの要求する条件にも符合し、問題解決に実質的に作用する賢明な方策になることをひそかに期待もした。 

     わが国務委員長(金正恩朝鮮労働党委員長)も、トランプ氏と会えば、良いスタートが切れると述べ、そのための準備に全力を注いできた。 

     にもかかわらず、一方的に発表した会談中止は、われわれの努力と、われわれが新たに選択して進むこの道が果たして正しいのかを改めて考えさせている。 

     しかし、朝鮮半島と人類の平和と安定のため、全力を尽くそうとするわれわれの目標と意志には変わりはなく、われわれは常に寛大で、開かれた心で米国側に時間と機会を与える用意がある。 

     一度では満足な結果を得られないが、一つずつでも段階別に解決していくなら現在より関係が良くなるはずで、より悪くなるはずはないことぐらいは米国も深く熟考すべきだろう。 

     われわれはいつでも、いかなる方式であれ、向かい合って問題を解決する用意があることを米国側に改めて明らかにする。 
    (2018/05/25-11:36)
    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052500637&g=prk

    【【北朝鮮】<談話全文>「我々はトランプ大統領を内心では高く評価してきた」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/05/25(金) 09:43:10.93 ID:CAP_USER9
    https://twitter.com/cnnbrk/status/999790301844836352?s=21

    2018/05/25 8:12
    North Korea says it is still willing to meet with the US after Trump canceled next month's summit with Kim Jong Un cnn.it/2IO7aCN

    no title

    【【速報】北朝鮮、金正恩総書記「来月の米朝会談がキャンセルでもまた会う機会を作っても構わない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/05/25(金) 05:40:09.14 ID:CAP_USER9
    tramp


    2018/05/25 5:24
    President Trump says U.S. military "ready if necessary" after cancellation of North Korea summit.

    http://nbcnews.to/2IK2jGE

    https://twitter.com/nbcnews/status/999747969392967680?s=21 
    【【米朝】トランプ米大統領、米国軍は「必要があれば、(行動する)準備はできている」北朝鮮との会談キャンセル後 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ひろし ★ 2018/05/25(金) 01:13:49.45 ID:CAP_USER9
    トランプ大統領「北朝鮮と世界にとって大きな後退」
    5月25日 1時06分
    tramp

    アメリカのトランプ大統領は、来月12日にシンガポールで予定していた米朝首脳会談を中止することについて、ホワイトハウスで記者団に対し、「北朝鮮と世界にとって大きな後退だ」と述べました。そのうえで、マティス国防長官らに対し、必要であれば軍事的な態勢を整えるよう命じたと明らかにしました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180525/k10011451541000.html

    【トランプ大統領「北朝鮮と世界にとって大きな後退」マティス国防長官らに対し、必要であれば軍事的な態勢を整えるよう命じたと明らかに 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/05/24(木) 23:28:30.03 ID:CAP_USER9

    【フォートリー=上塚真由】米東部ニュージャージー州フォートリーの公園で23日午後、慰安婦碑の除幕式が行われた。同州の慰安婦碑は5例目で、公有地への設置は4例目となった。地元の韓国系米国人の高校生が中心となった団体が主導して設置され、除幕式には韓国系住民や行政関係者ら100人以上が参加した。

     設置されたのは、韓国・ソウルの日本大使館前などに設置されている、いわゆる「少女像」とは異なり、円形の碑に、韓服を着用した少女のシルエットがくりぬかれたデザイン。土台部分には「祖母が私に伝えた話」と題した詩文が刻まれた。デザイン、詩文ともに韓国系高校生が作成。詩文は「日本軍」と直接言及していないが、戦時下の強制連行を訴える内容となっている。高校生の一人は演説で「歴史の一部分を無視することは、人間を無視することになる」と強調した。

     フォートリーのマーク・ソコリッチ区長は除幕式後、記者団に対し「私は、韓国系米国人が人口の多数を占める地域の代表だ。碑を設置できて誇りに思う」と語った。フォートリーの人口は約4万5000人で韓国系住民の割合は4割近いという。

     地元で反対運動を行ってきた不動産会社経営の古本武司さんは、「慰安婦碑は地域を分断することになる。言い分が聞き入れられず残念だ」と語った。

     フォートリーの区議会は昨年12月、碑の設置を認める決議を全会一致で可決。2012年ごろから始まった設置計画は、韓国系団体の対立などでいったんは立ち消えになったが、16年から高校生らが前面に出る形となっていた。

    2018.5.24 11:03
    産経ニュース
    https://www.sankei.com/world/news/180524/wor1805240035-n1.html

    【【慰安婦碑】米ニュージャージー州で5例目、慰安婦碑が除幕式 韓国系4割の町フォートリー  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: スタス ★ 2018/05/24(木) 23:04:03.90 ID:CAP_USER9
     tramp
    米朝首脳会談 6月12日開催せず トランプ大統領が書簡
    5月24日 22時55分米朝首脳会談

    アメリカのトランプ大統領は、来月12日に東南アジアのシンガポールで開催を予定していた北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との首脳会談について、今は適切ではないとして開催しない考えを明らかにしました。これはトランプ大統領がキム委員長に宛てた書簡で明らかにしました

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180524/k10011451421000.html?utm_int=all_contents_just-in_001 


    【【速報】米朝首脳会談 6月12日開催中止 トランプ大統領がキム委員長に書簡(22:51)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: きゅう ★ 2018/05/24(木) 10:54:27.20 ID:CAP_USER
    kp250
     
    【平壌5月24日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省の崔善姫次官は24日、次のような談話を発表した。

    21日、米副大統領のペンスはFOXニュースとのインタビューで、北朝鮮がリビアの轍を踏みうるだの、北朝鮮に対する軍事的選択案は排除されたことがないだの、米国が求めるのは完全かつ検証可能で、不可逆的な非核化だの、何のと出まかせにしゃべってせん越に振る舞った。

    対米活動担当の私としては、米副大統領の口からこのような無知蒙昧(むちもうまい)な言葉が出たことに驚きを禁じ得ない。

    肩書きが「唯一超大国」の副大統領であるなら、世情も知り、対話の流れと情勢緩和の気流でもある程度感じてこそ正常であろう。

    核保有国であるわが国家をせいぜいわずかの設備を設けていじくっていたリビアと比べることだけを見ても、彼がどんなに政治的に愚鈍な間抜けであるのかを推測して余りある。

    ホワイトハウスの国家安保補佐官ボルトンに続いて今回またもや、副大統領のペンスが、われわれがリビアの轍を踏むようになると力説したが、まさにリビアの轍を踏まないためにわれわれは高い代価を払いながらわれわれ自身を守り、朝鮮半島と地域の平和と安全を守ることのできる強力で頼もしい力を培った。

    ところが、この厳然たる現実をいまだに悟れず、われわれを悲劇的な末路を歩んだリビアと比べるのを見れば、米国の高位政客らが朝鮮を知らなくてもあまりにも知らないという思いがする。

    彼らの言葉をそのまま打ち返すなら、われわれも米国が今まで体験も、想像もできなかったぞっとする悲劇を味わうようにすることができる。

    ペンスは自分の相手が誰なのかをはっきり知らずに無分別な脅迫性発言をする前に、その言葉が招く恐ろしい結果について熟考すべきであった。

    自分らが先に対話を請託したにもかかわらず、あたかもわれわれが対座しようと頼んだかのように世論をまどわしている底意が何か、果たして米国がここから得られると打算したものが何かについて知りたいだけである。

    われわれは米国に対話を哀願しないし、米国がわれわれと対座しないというなら、あえて引き止めないであろう。

    米国がわれわれと会談場で会うか、でなければ核対核の対決場で会うかどうかは全的に、米国の決心と行動いかんにかかっている。

    米国がわれわれの善意を冒とくし、引き続き不法非道に出る場合、私は朝米首脳会談を再考慮する問題を最高指導部に提起するであろう。---

    http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf

    【【北朝鮮】われわれは米国に対話を哀願しないし、米国がわれわれと対座しないというなら、あえて引き止めないであろう[05/24] 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/05/24(木) 00:52:44.90 ID:CAP_USER
    E6081C29-5C4B-4862-9EF2-1978430E8B71
     
     22日(現地時間)にワシントンのホワイトハウスで開催された文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ大統領による韓米首脳会談で、予定になかった突然の記者会見が34分間にわたり行われた。当初、両首脳は冒頭発言の後に同席者なしで会談を行う予定だった。

     しかしトランプ大統領が冒頭発言の直後、突然取材陣に質問のチャンスを与え、一問一答が長く続いた。首脳会談の開始前に何の調整もなく取材陣との質疑応答形式の会見が行われるのは極めて異例だ。このため、外交非礼と指摘する声も上がった。

     トランプ大統領は文大統領が隣で見守る中、米朝首脳会談開催問題などに関する自身の考えを述べ続けた。条件が満たされなければ米朝首脳会談は実現しない可能性もある、との発言はこのときに飛び出した。この問題について調整するために行う首脳会談の前に、メディアに対して先に立場を明らかにしてしまったのだ。文大統領に直接質問を投げ掛ける場面もあった。

     トランプ大統領は「仲介者として文大統領の役割をどのぐらい信頼しているか」との質問に対し「非常に信頼している。彼は韓半島(朝鮮半島)にとっていいことを成し遂げるために努力している」と述べた。これに対し文大統領は「トランプ大統領が肯定的な状況変化を導き出した」と応じた。トランプ大統領が「(私の言葉を)理解できるよう(文大統領に)通訳してほしい」と通訳者に語り掛ける場面もあった。文大統領に対しては「私はよくやったか。これ以上うまくはやれないと思う。これを『A+(最高評価)』というのではないか」と問い掛けた。これに対し、文大統領は笑顔で手を差し出して握手した。

     「北朝鮮の態度変化に対する懸念の声が出ているが、どう考えているか」との最後の質問に、文大統領が韓国語で答えると、トランプ大統領は「通訳の言葉を聞かなくてもいい。なぜなら、以前聞いたこと(答え)がはっきりしているからだ」と述べた。トランプ大統領のこの態度についても、外交非礼ではないかとの指摘がでている。しかし青瓦台(韓国大統領府)の速記録では「通訳は必要ないだろう。なぜなら、良い言葉だと思われるからだ」と異なる形で翻訳されていた。

     即席の質疑応答が34分間続いたため、30分の予定だった首脳会談は21分に短縮された。青瓦台の関係者は「両首脳は、話すべきことは十分に話した」とコメントした。

    ワシントン= 鄭佑相(チョン・ウサン)記者 , イ・ミンソク記者

    朝鮮日報<韓米会談でトランプ氏「文氏の言葉、通訳不要」、外交非礼との声も>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/23/2018052303562.html


    【【米韓】 首脳会談前に突発的記者会見、トランプ大統領「文大統領の言葉、通訳する必要ない」~外交非礼との声も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ろこもこ ★ 2018/05/23(水) 20:17:22.91 ID:CAP_USER
    E6081C29-5C4B-4862-9EF2-1978430E8B71

     ドナルド・トランプ米大統領が、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に対し、米国の条件に応じなければ米朝首脳会談(6月12日)を中止すると通告した。ホワイトハウスで22日(米国時間)に行われた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との首脳会談で明言した。文氏は「米朝の仲介役」として米国に乗り込んだが、完全失敗に終わった。

     「われわれは一定の条件を求めている。それがなければ、(米朝首脳)会談は行われないだろう。会談は北朝鮮と世界にとって素晴らしい機会になる。行われなければ、会談は延期され、別の機会に行われるのではないか」

     米韓首脳会談の冒頭、トランプ氏は記者団にこう述べた。

     北朝鮮は16日、トランプ政権が求める「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)を理由に、米朝首脳会談中止を示唆した。得意とする「揺さぶり外交」の一貫だが、トランプ氏は改めて、北朝鮮に「完全非核化」を突きつけた。

     トランプ氏の批判は、北朝鮮に急接近している中国にも及んだ。

     今月7、8日に中国・大連で行われた習近平国家主席と正恩氏による2回目の中朝首脳会談について、トランプ氏は「少し失望している。なぜなら、正恩氏の態度に変化があったからだ」と怒りを押し殺した。

     大連会談で、正恩氏は「関係各国が責任をもって段階的かつ同時並行的な措置を講じ、最終的に朝鮮半島の非核化を実現させることを希望する」と主張した。習氏は、米朝首脳会談で非核化合意に達した場合、中国が段階的支援に乗り出すことが可能との考えを示したとも報じられている。

     トランプ政権は、経済、軍事両面で「最大限の圧力」をかけ、正恩氏を対話に応じさせた。その努力を中国が台無しにしようとしているとするなら大問題だ。

     中国という「後ろ盾」を得て再び、米国への反発に転じた北朝鮮に対し、マイク・ペンス副大統領はクギを刺した。21日に出演した米FOXニュースの報道番組で、「北朝鮮は守る気のない約束で、米国から譲歩を引き出すようなまねはしない方がいい」と述べ、軍事的選択肢を行使する可能性を「一切排除していない」と語ったのだ。

     米国、北朝鮮、中国による駆け引きが続くなか、「米朝の仲介役」を自認し、米国に乗り込んだ文氏の存在感はまるでない。北朝鮮にも会談をキャンセルされるなど、「韓国パッシング」に見舞われている。
     
    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000011-ykf-int 

    【【朝鮮問題】米韓首脳会談、文氏「仲介」は完全失敗 トランプ氏は中朝会談に「失望」怒り押し殺し…米朝会談中止も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: たんぽぽ ★ 2018/05/23(水) 19:33:50.62 ID:CAP_USER
    E6081C29-5C4B-4862-9EF2-1978430E8B71

     
     韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米国のドナルド・トランプ大統領は22日(米国時間)、ホワイトハウスで首脳会談を行った。この会談で両首脳は、来月12日に予定されている米朝首脳会談の実現と北朝鮮非核化の「早期解決」のため、共に努力することとした。北朝鮮は最近「段階的非核化」を掲げ、迅速で一括的な非核化を主張する米国と対立してきた。

     韓米首脳は、2日前の電話に続いて22日の会談でも、北朝鮮が「一方的非核化を強要するな」と言って米朝首脳会談の再検討まで主張する背景について話し合った。トランプ大統領は「金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の非核化は真剣だと思うが、望んでいる条件が充足されなければ会談はできない」と語った、と外信は伝えた。またトランプ大統領は「6月に米朝会談が開かれ得ない相当な可能性がある」と語った。

     文大統領は「金正恩委員長は、板門店宣言を通して『完全な非核化』を約束したのに続き、最近は抑留米国人3人の釈放と豊渓里核実験場閉鎖などで米朝首脳会談成功のための誠意を示している」「トランプ大統領の強力なリーダーシップと金正恩委員長の決断によって北朝鮮の核問題解決の糸口ができた。われわれは、なんとか整ったこのチャンスを逃してはならない」と語った。金正恩委員長が誠意を見せているだけに、反発する北朝鮮をなだめて会談を実現させなければならない、という意向を表明したものと解釈されている。

    (略)

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/23/2018052300803.html

    【【どこが?】文大統領「北は誠意見せた、米は機会を生かすべき」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 記憶たどり。 ★ 2018/05/23(水) 11:03:52.78 ID:CAP_USER9
     
    米ハワイ州ハワイ島で噴火を続けるキラウエア火山は22日午前、再び山頂で爆発的噴火を起こした。
    流れ続ける溶岩は地熱発電所の敷地に達し、当局が爆発を防ぐための対応を急いでいる。

    噴火が始まってから19日たった今も、地面の亀裂からは有毒ガスの二酸化硫黄が噴出し続け、
    のどや目に焼けるような痛みを訴える住民が続出。山頂では爆発的噴火が断続的に続く。

    当局はハワイ島南東部の住民に微粒子用マスクを配布し、有毒ガスや溶岩流の状況によっては
    直ちに避難できる準備を整えておくよう呼びかけた。

    防災当局によると、溶岩流はプナ地熱発電所の敷地にまで到達した。同発電所では、地中から取り出した
    蒸気をタービン発電機へ送り込むことによって発電している。

    当局は、地熱貯留層に冷水を注いで冷却することによって、爆発が起きたり有毒ガスが放出されたりする事態を
    食い止めようとしている。これまでに同発電所にある地熱貯留層11カ所のうち10カ所で、冷却処理を完了したという。

    さらに、土砂を流し込んで貯留層をふさぐ措置を試みる可能性もあるとしている。

    ヤフーニュース(CNN)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-35119594-cnn-int 

    キラウエア火山は22日午前、再び山頂で爆発的噴火を起こした
    no title

    【【ハワイ噴火】溶岩流が地熱発電所に到達、爆発の恐れ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2018/05/23(水) 02:10:58.28 ID:CAP_USER
    tramp
     
    5/23(水) 1:49配信
    ロイター

    5月22日、トランプ米大統領は、ホワイトハウスが引き続き米朝首脳会談の準備を進めているとしつつも、一定の条件が満たされなければ中止、もしくは延期の可能性にも備えていると語った。写真は5月21日、ワシントンで撮影(2018年 ロイター/Carlos Barria)

    [ワシントン 22日 ロイター] - トランプ米大統領は22日、ホワイトハウスが引き続き米朝首脳会談の準備を進めているとしつつも、一定の条件が満たされなければ中止、もしくは延期の可能性にも備えていると語った。

    トランプ大統領は文在寅・韓国大統領との会談前に記者団に対し、北朝鮮の非核化が来月12日に開催を予定する首脳会談の開催の条件との考えをあらためて表明。また、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の「保護」を保証すると再度確約した。

    さらに、首脳会談が来月実現しない可能性はかなり高いとしつつも、実現すれば素晴らしいと強調。たとえ実現しなくも「それで良し」とし、いずれ違う時期に開催される可能性はあると述べた。

    また、日本、韓国、中国が北朝鮮支援に前向きとの考えも示した。


    ヤフーニュース(ロイター)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000007-reut-kr

    【【国際】トランプ大統領「首脳会談が来月実現しない可能性はかなり高い」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2018/05/22(火) 18:50:06.98 ID:CAP_USER9
    2018年5月22日17時56分

    no title

    no title

     米国のトランプ政権が今月上旬にイラン核合意から離脱し制裁を再開すると表明したことで、イランのロハニ大統領の対外融和路線が窮地に立たされている。イラン経済を支える原油と伝統工芸品のペルシャじゅうたんは制裁によって大きな打撃を受けかねず、懸念の声が広がっている。 

     原油取引はイラン経済の屋台骨で、国家予算の約3割が原油頼りだ。地元メディアによると、イランの2017年の原油輸出は欧州向けが約4割で、中国が24%、インドが18%で続く。 

     イランのザンガネ石油相は制裁は「輸出に影響しない」とするが、米政府はイランとの原油取引が「二次的制裁」の対象になると表明。各国がイランから原油を輸入する際、イラン中央銀行との決済が必要となるが、決済に携わった外国銀行は制裁で米国の金融システムから締め出される。 

     影響が原油取引の約8割を占める欧州やアジアとの取引にも及べば、イラン経済は揺らぐ。ロハニ大統領は外資の呼び込みなどで原油依存度の低い経済も目指してきたが、成長という果実を失えば、不満が高まって対外融和路線のロハニ政権は窮地に立たされる。 

    ペルシャじゅうたんも打撃 

     特産品として名高いペルシャじゅうたんをはじめとするカーペットも米国の制裁再開で打撃を受ける。16年1月に核合意で制裁が解除されて輸出が可能になり、最大顧客となった米国を失うことになるためだ。 

     輸出業のバフマン・カフケシャニさん(45)は「せっかく米国に大手を振って輸出できるようになったのに」と、ため息をつく。 

     国立カーペットセンターによると、16年3月からの1年間で、米国への輸出はほぼゼロだった前年から約9700万ドル(約107億円)に急増。全体の4分の1以上を占める最大の輸出先になった。10年の制裁で輸出ができなくなるまで、米国はドイツやアラブ首長国連邦(UAE)と並ぶ大口顧客だった。 

     イランでは人口の約2割にあたる約1600万人が関連産業で働くとされるが、ここ20年ほど、中国などの追い上げを受けて世界的なシェアが低下した。 

     カフケシャニさんは「制裁が強化され、米国だけでなく欧州などへも輸出できなくなれば、産業は死んだも同じだ」と嘆く。(テヘラン=杉崎慎弥) 

    朝日新聞
    http://www.asahi.com/sp/articles/ASL5P7G7RL5PUHBI01Y.html

    【【国際】「ペルシャじゅうたん大打撃」米制裁再開にイラン困惑 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/05/22(火) 08:47:39.89 ID:CAP_USER9
    tramp
     
    トランプ米大統領、北朝鮮の出方次第で首脳会談中止も=副大統領

    [ワシントン 21日 ロイター] - ペンス米副大統領は21日、北朝鮮の出方次第ではトランプ大統領が来月予定されている米朝首脳会談を取りやめる用意があるとの認識を示した。フォックスニュースがインタビューの内容の一部を公表した。

    北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は先週、米政府が北朝鮮の核プログラム放棄を一方的に主張し続けるなら、6月12日にシンガポールで行われる予定の首脳会談開催を再考するかもしれないと伝えた。[nL3N1SN283]

    ペンス氏は、北朝鮮は守るつもりのない約束を巡って米国から譲歩を引き出そうとすべきでないとし、「金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長はトランプ大統領を手玉に取れると思ったら大間違いだ」と語った。

    トランプ大統領が首脳会談を取りやめる可能性はあるかとの質問に「疑いを挟む余地はない」と答えた。
     
    5/22(火) 7:40配信  
    ヤフーニュース(ロイター)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000006-reut-kr 

    【【米国】トランプ米大統領、北朝鮮の出方次第で首脳会談中止も=副大統領 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/05/21(月) 17:31:14.36 ID:CAP_USER
    【5月20日 AFP】
    米中両政府は19日、両国が米国の対中貿易赤字の削減に取り組み、中国が米国製品の輸入を「大幅に」拡大することで合意したとの共同声明を発表した。また中国の国営新華社(Xinhua)通信も劉鶴(Liu He)副首相の20日のコメントとして、米中両国が貿易戦争を回避することで合意したと報じた。

     新華社によると、米政府との交渉を進める高官代表団を率いていた劉氏は「両政府は貿易戦争を行わず、互いに関税を引き上げることはしないことで意見の一致に至った」と述べた。

     これまでドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は対中貿易赤字が国家安全保障上の脅威であるとし、中国からの輸入製品に巨額の関税をかけるとけん制しており、2大経済大国である米中間の緊張が高まっていた。

     劉氏率いる中国の高官代表団は北京とワシントンでスティーブン・ムニューシン(Steven Mnuchin)米財務長官率いる米国代表団と閣僚級協議を行い、劉氏は17日にトランプ大統領とも会談した。

     19日に発表された共同声明によると、米中両国は米国の対中貿易赤字の大幅削減に向けて実効性のある措置を取ることで合意。また「中国国民の高まる消費ニーズ、そして質の高い経済発展の必要性に応えるため、中国は米国のモノとサービスの購入を大幅に拡大する」という。

     米国は昨年、3752億ドル(約41兆円)の対中貿易赤字を計上。これにトランプ大統領はしばしば強い不満を示しており、報道によると米国は2020年までに少なくとも2000億ドル(約22兆円)減らすよう中国側に求めていたという。

     ただ、声明では詳細について北京で今後行われる協議で詰めるとしているのみで、具体的な数値目標などにはほとんど触れられていない。 一方で米中両国は米国の農産物とエネルギーについても中国の輸入を「大幅に拡大」することで合意したほか、かねて米国の不満の種となっている知的財産の保護についても両国が協力を強化することで合意したという。

    no title


    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3175286

    【【中国】対米輸入「大幅増」で合意 両国が共同声明】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル