かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: アメリカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/09/20(日) 22:38:22.61 ID:CAP_USER
    (台北中央社)王美花(おうびか)経済部長(経済相)は20日、台北市内の経済部(経済省)庁舎で会見を開いた。19日まで台湾を訪問していたキース・クラック米国務次官(経済成長・エネルギー・環境担当)と台米間の正式な「経済対話」の場を設ける方針で一致したと発表し、速やかに実施するとした。

    訪台していたクラック氏との会談は「非正式」なものだとしつつも、双方の経済に関する課題や政策について意見を交わしたと説明。中国を介さない「クリーン」な次世代通信規格「5G」のネットワーク整備やサプライチェーンの再構築、インド太平洋戦略などについて話し合ったという。

    新たな経済対話では、米国側はクラック氏が主導する見通しで、台湾も人選を進める。日程などは未定で、米側と調整を続ける方針。

    クラック氏の訪問で、台米間の貿易協定締結に向けた交渉入りに進展があったか注目されていたが、王部長は、貿易協定を担当するのは米通商代表部(USTR)で、国務省とは管轄が異なると指摘。進展があれば改めて説明すると述べた。

    (呉佳蓉、蔡芃敏/編集:楊千慧)

    中央社フォーカス台湾 2020/09/20 19:29
    http://japan.cna.com.tw/news/apol/202009200005.aspx

    no title

    王美花経済部長

    【【台湾】米国務省と「経済対話」始動で一致 経済相「速やかに実施へ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/09/20(日) 23:44:34.83 ID:CAP_USER
    no title


    【ロンドン=板東和正】空席となっている世界貿易機関(WTO・本部ジュネーブ)事務局長の選出作業が佳境を迎えている。事務局長選に残る5候補は10月上旬にも2候補に絞り込まれる予定で、WTOは11月上旬までに新トップを選出したい考え。ただ、米中貿易戦争で中国の主張を認めたWTOに対するトランプ米政権の反発が選出作業に影響し、年内の決着が困難になることが懸念されている。

     候補者として残っている5人のうち、女性は韓国産業通商資源省の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長▽ナイジェリアのオコンジョイウェアラ元財務相▽ケニアのモハメド元外相。男性はサウジアラビアのトワイジリ元経済・企画相、英国のフォックス前国際貿易相が残った。

     WTOは24日から10月6日にかけて、2人の候補者を選ぶ作業を行う予定だ。選出は原則、投票という形はとらず、加盟国の全会一致が慣例だ。そのため、WTOは選出作業で、加盟国と500近くの非公開の協議を実施するといわれる。

     しかし、加盟国の合意形成が重視される選出の途中で、WTOが米国を刺激する出来事があった。WTOの紛争処理小委員会(パネル)が今月15日、米国が中国製品に課した高関税を不当とする報告書を公表したのだ。

     トランプ政権が輸入制限のために課した関税を不当と判断したのは初めてとされ、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は「WTOは中国の有害な慣習を阻止するのに当たり、完全に無力だ」と反発。トランプ大統領はこれまでもWTOの自由貿易体制のもとで米国が中国に「食い物にされてきた」と不満を示していただけに、通商問題の専門家は「米国がためてきたWTOへの不満を爆発させた」との見方を示す。

     英紙フィナンシャル・タイムズは「貿易関係者や専門家の中には、米国がWTOの機能のあり方に対する抗議の一環として、(選出の)プロセスを妨害するのではないかと疑う者もいた」と指摘する。

     同紙は「(妨害の)兆候は今のところ見られない」とするが、国際情勢に詳しい東京理科大の平塚三好教授は「米国がWTO改革に適した候補を見いだせなかった場合、選出に向けた積極性を失う恐れはある」と強調する。米中対立の激化で、一方が強く推す候補を他方が拒否する可能性もあり、選出が来年以降になるとの見方も広がっている。

    サンケイビズ 2020.9.20 16:58
    https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200920/mca2009201658010-n1.htm

    【【韓国悲報】WTO事務局長選、中国の主張認めた判断に米国反発、越年も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/09/20(日) 22:53:16.38 ID:dHWgv3IL9
    tramp
    菅義偉首相は20日夜、米国のトランプ大統領と就任後初めて電話会談した。トランプ氏が「ともに日米同盟を一層発展させていこう」と呼び掛けたのに対し、菅氏も「日米同盟は地域の平和と安定のための基盤だ。お互いに連携していこう」と応じた。両首脳は北朝鮮問題や新型コロナウイルス対策で緊密に連携していく方針で一致した。
     
    トランプ氏は菅氏に「24時間いつでも何かあったら電話してほしい」と伝えた。
     
    菅氏はこれに先立ちオーストラリアのモリソン首相とも電話会談し、両国の協力を確認した。

    2020年09月20日22時37分 時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092000387&g=pol


    【【トランプ大統領】菅首相に「24時間いつでも何かあったら電話してほしい」 初の電話会談で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/09/20(日) 00:43:58.43 ID:CAP_USER
    98C6FD67-9B65-45C6-8107-FAD979266085
     
     日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国は10月上旬にも東京で外相会談を開く調整に入った。日本政府関係者が19日、明らかにした。南シナ海や東シナ海で海洋進出を強める中国をけん制する狙いがある。法の支配など国際ルールを重視する「自由で開かれたインド太平洋」構想の推進に向け、連携を確認する。  新型コロナウイルスの感染が拡大した3月以降、外国の閣僚が訪日するのは初めて。菅義偉首相との面会も調整しており、首相にとって就任後初めての対面外交の機会になる見通しだ。

     日米豪印4カ国の外相会談は2019年9月の国連総会に合わせ、米ニューヨークで初開催された。今年は新型コロナの影響で国連総会がビデオ形式での開催となるため、各国首脳や外相が集まる機会がない。このため、日本政府が4カ国外相会談の自国開催を呼びかけていた。

     菅首相は安倍晋三前首相の外交路線を引き継ぐ考えを示しており、外相会談では、安倍氏が首相在任中に提唱したインド太平洋構想を引き続き推進することが確認される見通しだ。新型コロナ対策を巡り、中国がワクチン供与で途上国などに影響を強める「ワクチン外交」への対応なども話し合う方向だ。  会談には茂木敏充外相、ポンペオ米国務長官、オーストラリアのペイン外相、インドのジャイシャンカル外相が出席する。【加藤明子】

    9/19(土) 19:09配信 記事元 毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200919-00000046-mai-pol

    【【日米豪印】10月に東京で外相会談へ 中国けん制狙い 菅首相との面会も調整】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: かわる ★ 2020/09/19(土) 10:00:29.40 ID:gBKRj0BG9
    tramp
     米中対立が激化するなか、「台湾民主化の父」李登輝元総統の告別式が19日に行われる。これに先立ち、ドナルド・トランプ米政権が台湾に対し、巡航ミサイルや無人機などを売却する方針を固めたと、複数の海外メディアが報じた。米高官が李氏の告別式に参列するなど、米台関係の強化は着実に進んでいる。菅義偉政権も明確な外交姿勢が求められそうだ。

     「米、台湾にミサイルなど武器7種類売却を計画=関係筋」(ロイター電子版、16日)

     「米、台湾に武器売却へ 7350億円相当 巡航ミサイルなど」(ウォールストリート・ジャーナル電子版、17日)

     注目すべき2つの記事によると、売却される武器は巡航ミサイルや軍事用無人機「MQ-9リーパー」など7種類で、総額70億ドル(約7350億円)相当という。一度に台湾に売却される種類として異例の数といい、数週間内に議会に通知される見通しという。

     習近平国家主席率いる中国による「台湾統一」に向けた軍事的圧力が続いている。

     台湾国防部は、9日から10日にかけて、中国軍の戦闘機「Su-30(スホーイ30)」や「殲10」など軍用機多数が、計40回以上、台湾南西の防空識別圏に次々と侵入した、と発表した。

     これに対し、トランプ政権は台湾の安全保障への関与を強めている。昨年はF16戦闘機や、M1A2戦車など大型の武器売却を決定。今年に入り、台湾が自主建造している潜水艦向けに、MK48大型誘導魚雷18発の売却も決めた。

     こうしたなか、台湾の民主化に貢献した李氏の告別式が19日、台北近郊にある真理大学の礼拝堂で、蔡英文総統らが参列して行われる。米国務省は、キース・クラック国務次官(経済成長・エネルギー・環境担当)を派遣する。

     トランプ政権は、菅政権内の「親中派」を警戒しているとされるが、日本はどうすべきか。

     国際政治に詳しい福井県立大学教授の島田洋一氏は「トランプ政権は、中国と対峙(たいじ)して、台湾と関係を深める外交姿勢を強めている。日本は安倍政権時代、中国のハイテク分野の締め付けを行い、米国に高く評価された。菅政権も安倍路線を継承して、欧州に先んじて米国と歩調を合わせれば、日米の信頼関係は崩れないだろう」と語った。

    夕刊フジ
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200918/for2009180007-n2.html

    【【対中国包囲網】トランプ大統領、台湾との関係強化へ 異例7000億円相当の武器売却 「日本も歩調を合わせよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/09/18(金) 21:43:10.12 ID:CAP_USER
    us250
    【ワシントン=鳳山太成】米商務省は18日、中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」と対話アプリ「ウィーチャット」の米国内での提供を20日に禁止すると発表した。大統領令に基づく措置で、米企業への売却がまとまらなければ利用を禁じる方針を明確にした。

    日本経済新聞 2020/9/18 21:03
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64075340Y0A910C2EA2000/

    【【米国商務省発表】 TikTokとWeChatの提供を20日から停止】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/09/18(金) 03:32:39.97 ID:CAP_USER
    (中央社)米国務省のキース・クラック次官(経済成長・エネルギー・環境担当)を乗せたビジネスジェットが台湾時間17日午後5時21分ごろ、台北市の台北松山空港に到着した。クラック氏は中華民国(台湾)と米国が断交した1979年以降で訪台した国務省高官としては最高位となる。8月のアザー米厚生長官に続く米高官の訪台となった。

    クラック氏は19日までの日程で滞在する。18日夜に蔡英文(さいえいぶん)総統と面会するほか、その他の政府高官との交流も予定されている。19日には、北部・新北市淡水で開かれる李登輝(りとうき)元総統の告別追悼礼拝に参列する。

    シンクタンク、国防安全研究院国防戦略・産業研究所の蘇紫雲所長によれば、一行が搭乗したのはガルフストリーム・エアロスペース社の「ガルフストリーム V」で、米空軍が運用するC37Aの商用版同型機。今回の訪台で米国側が民間ジェット機をチャーターした背景について、蘇所長は、機材繰りが主な理由ではないかとの見方を示した。

    (陳韻聿/編集:名切千絵)

    中央社フォーカス台湾 2020/09/17 18:11
    http://japan.cna.com.tw/news/apol/202009170010.aspx

    no title

    チャーター機から降りるクラック米国務次官

    【【クラック米国務次官】台湾に到着 1979年の断交以降最高位の国務省高官】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/09/17(木) 16:57:47.96 ID:CAP_USER

    kometyoukan
    マーク・エスパー米国防長官が16日(現地時間)、「韓国は米国と共に中国に対抗する同盟国」と述べた。18日に就任予定の徐旭(ソ・ウク)新国防部長官と初めて会う韓米定例安保協議(SCM)を控えてだ。

    エスパー長官はこの日、米安全保障シンクタンクのランド研究所が主催した講演で、インド太平洋地域内の多者安全保障体制の重要性を説明しながらこのように明らかにした。エスパー長官は「中国が米国と潜在的な葛藤を考える時、単に米国だけを考慮してはいけない。米国と日本、オーストラリア、韓国、シンガポールなども考えなければならない。多くの欧州のパートナーもこの戦区(theater)に該当するかもしれない」と話した。

    エスパー長官はこの日の講演で「(インド太平洋は)米国の最優先戦区」という点を2度も強調した。これは米国と中国が軍事的に衝突する場合、韓国をはじめとする同盟国が米国を積極的に助けるべきという意味だ。

    安全保障(韓米同盟)と経済(対中国貿易)の間で頭を悩ませる韓国政府には大きな圧力として作用する。特に最近「南シナ海や台湾海峡などで米中間の偶発的な衝突事態が発生するおそれがある」という専門家の指摘が相次いでいる状況で出たメッセージであるだけに重量感もある。

    徐旭国防部長官の負担は大きくなった。外交筋によると、今年のSCMは新型コロナ感染拡大の影響でテレビ会議で行われる可能性があったが、来月14日にワシントンで開催することに暫定合意した。国防部は「(時期と場所については)現在協議が進行中」と明らかにした。

    当初、今回のSCMでは在韓米軍防衛費分担金交渉、戦時作戦統制権(戦作権)転換など両国間の緊急な懸案が議論されると予想されていた。しかし米国がこうした「対中国軍事協力」を議題に含める場合、韓国の交渉力は大きく落ちると予想される。このため外交関係者の間では「今回のSCMは徐旭新長官の対米交渉が試される場になる」という声も出ている。

    康ジュン栄(カン・ジュンヨン)韓国外大国際地域研究センター長は「米国に新政権が誕生しても軍事戦略の基調は大きく変わらないはず」とし「米国も韓国が中国の表情を眺めることを知りながら圧力を加えているため、政府も米国と対立するのではなく戦略的な空間を拡大する考えで接近する必要がある」と述べた。

    トランプ大統領が再選される場合、米国の対中国安保包囲網の「クアッド」(Quad、インド太平洋戦略の核心となる米日豪印4カ国の安全保障協議体)に対する参加要求がさらに強まるという見方も出ている。

    エスパー長官はこの日の講演で「(韓米同盟など伝統的な)2者関係を地域内の多者関係に転換する必要性がある」とし「(NATOと似た)クアッドを継続して推進するのがよい」と述べた。そして韓国など同盟国の参加が重要だと語った。

    これに先立ち先月31日、ビーガン国務副長官兼北朝鮮政策特別代表もクアッド創設に関連し、韓国・ニュージーランド・ベトナムを潜在的な協力国に挙げた。いわゆる「クアッドプラス」構想だ。

    中国はこうした米国の構想に不満を抱きながらも公式的な対応は自制している。ただ、中国政府の代わりに官辺学者が反論している。

    16日には中国国際問題研究基金の呉正龍研究員が「(クアッド構想は)不安定な土地の上に建てられた大きな家のように(参加国の間に)現実的な根と共同の利害関係が欠如しているため実現されないだろう」と主張した。

    続いて「中国はインド・日本および南シナ海の他の国と領土・海上紛争をしているが、これはすべて歴史的な遺産(historical legacies)」とし「中国の接近方式は明確であり一貫している。対話を通じて紛争を平和的に解決することだ」と強調した。


    中央日報 2020.09.17 15:55
    https://japanese.joins.com/JArticle/270337

    【【韓国】米国防長官「韓国は中国に対抗する同盟国」 徐旭国防部長官の負担は大きくなった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/09/17(木) 21:51:25.71 ID:CAP_USER

    kometyoukan
     【ワシントン時事】エスパー米国防長官は16日、西部カリフォルニア州のシンクタンク「ランド研究所」での講演で、中国、ロシアとの大国間競争に備えるためには同盟・パートナー国との連携強化が必要と強調し、日本を含む全同盟国に防衛費を国内総生産(GDP)比2%以上に引き上げるよう求めた。

     安全保障面で同盟国に「応分の負担」を求めるトランプ政権は、ドイツなど北大西洋条約機構(NATO)加盟国に対し、国防費をGDP比2%以上に引き上げるよう求めてきた。NATO以外の同盟国に同様の基準を提示したのは、今回が初めてとみられる。

     エスパー氏は講演で、米国が急速な軍備拡大を進める中国に対抗し、今後も軍事的優位性を維持していくためには産学官一体となった取り組みが必要だと指摘。その上で「世界中の同盟・パートナー国に対しては、共通の利益や価値を守り、安全を維持するという目標を達成するため、国防費を少なくともGDP比2%に増やし、軍事力向上に必要な投資を行うよう求める」と述べた。 

    時事通信 9/17(木) 20:34
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d4e2a155cd7be2bd87be7d011088bd82f5466dee

    【【時事通信】防衛費、GDP比2%以上に 米長官が日本を含む全同盟国に要請、対中国で 軍事力向上に必要な投資を行うよう求める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/09/17(木) 09:38:58.18 ID:CAP_USER
    matis
    「ウォーターゲート事件」のスクープ記者で、このほど新刊『RAGE(怒り)』を出版したボブ・ウッドワード氏は14日(現地時間)、 米公共ラジオNPRとのインタビューで、ジェームズ・マティス米国防長官=当時=が2017年、 北朝鮮に核を使用しなければならない可能性を念頭に置いて悩んでいたと明らかにした。

    NPRの司会者メアリー・ルイーズ・ケリー記者が「彼(マティス氏)は自分が北朝鮮に対する核攻撃を命令しなければならないのだろうかと懸念した」と言うと、 ウッドワード氏は「その通りだ」と言った。ウッドワード氏はまた、「北朝鮮はおそらく20-30個(a couple of dozen)の核兵器をうまく隠し、隠ぺいして持っている」とも語った。

    ウッドワード氏はインタビューで、「私は(著書で)マティスが『誰も数百万人の人を焼却(incinerate)する権利はない』と言ったと引用したが、 彼は(2017年当時)それに直面しなければならなかった」と語った。ウッドワード氏は著書『RAGE』で、「マティス氏は北朝鮮の脅威のため、
    大統領に核兵器の使用を勧めなければならない状況が来た時に備えて、自分自身に『そうしなければならなくなったたら、どうするだろうか?  お前は数百万人を焼却することになるだろう』と苦悩した」と書いた。

    また、「(核兵器)使用は正気のさたではないと彼(マティス氏)は分かっていたが、米国を守るために、考えられないことを本当に考えなければならなかった」とも書いた。

    ウッドワード氏はトランプ大統領に18回インタビューした後、この本を出版した。

    ウッドワード氏はさらに、「彼(マティス氏)は、トランプ大統領は北朝鮮に対し先制攻撃をするだろうとは思っていなかったが、そうした戦争のための複数の計画は棚の上にあった。
    (米ネブラスカ州)オマハの戦略司令部は北朝鮮政権交代のため作戦計画5027-80個の核兵器の使用を含む可能性のある、攻撃に対する米国の対応を注意深く検討し、研究した」と書いた。

    2017年は北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射などで米朝間の緊張がピークに達した時期だ。
    米国は2017年9月に戦略爆撃機B-1Bランサーなどを北方限界線(NLL)を越えて飛ばし、北朝鮮側の公海上を脅かす飛行をした。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e3cf8a6ce1bbd96c3d458482584df9969955924f?page=1

    【【朝鮮半島】「マティス氏、2017年に北朝鮮を核攻撃するか悩んだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/09/15(火) 23:43:43.64 ID:CAP_USER
    cn250
     【北京時事】中国外務省の汪文斌副報道局長は15日の記者会見で、トランプ米政権が新疆ウイグル自治区の特定企業や職業訓練所で生産された綿花製品などの輸入停止を発表したことに「断固反対だ」と反発した。さらに「いわゆる『強制労働』問題は米国や西側諸国の一部組織・人物による捏造(ねつぞう)で、著しく事実に反する」と主張した。
     新疆をめぐっては、欧州連合(EU)首脳も14日の習近平国家主席とのオンライン会談でウイグル族の人権弾圧に懸念を表明し、独立監視団の自治区派遣を要求した。汪氏は「有罪推定の調査に反対だ」とけん制し、EU側に存在する人権問題として「難民問題は解決が遅れ、人道危機が何度も訪れている」などと批判を展開した。

    時事ドットコム 2020年09月15日19時23分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091501081&g=int


    【【中国】米国のウイグル対応に反発 EU監視団派遣もけん制】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/09/15(火) 01:44:11.14 ID:EogfAw5y9
    no title

    AFP通信は11日、「ウォーターゲート事件」の特ダネ記者、ボブ・ウッドワード氏の新刊『RAGE(怒り)』の内容を入手して報じた記事で、トランプ米大統領が「(北朝鮮の金正恩党委員長は)私にすべてを話した」として、張成沢(チャン・ソンテク)元朝鮮労働党行政部長の処刑に言及したと伝えた。

    張成沢氏は金正恩氏の叔父だが、2013年12月に国家転覆陰謀罪により処刑された。

    同書は、ウッドワード氏がトランプ氏と18回会ってインタビューした内容を基に書かれているという。それによると、トランプ氏は金正恩氏が張成沢氏をどのように処刑したかについて、次のように述べている。

    「彼がおじを殺した後、遺体を北朝鮮の幹部が利用する建物の階段に置いた。切られた頭は胸の上に置いた」

    衝撃的だが、にわかには信じがたい内容である。確かに、金正恩氏は残忍で横暴な独裁者であり、ひどいやり方で数多くの人々を処刑してきた。

    (参考記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩の残酷ショー)

    しかし、金正恩氏がこのような話をトランプ氏に明かす動機が理解できない。トランプ氏と親密な関係を築くことが金正恩氏にとっていくら重要であっても、こんな話をすれば相手が「引く」と考えるのが普通だ。また、仮にトランプ氏がこのような打ち明け話をこの無駄としても、次の大統領やその次の大統領がこれを知ったとき、それが自分にとってプラスに作用する保証はないということを、金正恩氏が理解できないはずはない。

    繰り返すが、筆者は金正恩氏について、残忍で横暴な独裁者だと認識している。しかし、決して彼が愚かだとは考えていない。

    また、張成沢氏の処刑については、いまだに詳細な目撃談が伝えられていないと承知している。そのため一部の北朝鮮ウォッチャーの間から、たまに張成沢氏の「存命説」が出ることもあるくらいだ。

    金正恩氏が本当に、トランプ氏が語ったような行動を取ったならば、これまでの7年近い月日の間に、何らかの形で似た情報が伝えられていた方が自然だ。

    北朝鮮は極めて閉鎖的な国家であり、あの国の奥深くで起きていることを正確に知るのはきわめて困難だ。だからこそ、世界の北朝鮮ウォッチャーたちは断片的な情報を拾い集め、誤差を修正しながら事実の輪郭を描き出す取り組みを続けてきた。

    張成沢事件についても、多くの専門家が関心を持ち続けてきたが、トランプ氏が語ったような情報はまったく聞こえてこなかったのだ。

    もっともすでに述べた通り、金正恩氏は多くの人々を残虐な方法で処刑している。彼が叔父を斬首して晒したという話が事実であってもそうでなくても、彼が残忍な人物であるという評価は変わらない。しかしそうした行動は、恐怖政治により権力を維持しようという、彼なりに合理性の伴うものだったはずだ。

    上記のトランプ氏の話と、それを伝えるウッドワード氏の著書は、金正恩氏がまったく合理性を欠いた狂った独裁者であるとの印象を強めかねないという点で、筆者はいささか懸念を抱いている。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20200914-00198102/


    【【北朝鮮】「金正恩は叔父を斬首して晒した」衝撃のトランプ発言の真偽は】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚤の市 ★ 2020/09/15(火) 15:45:51.43 ID:ZBAXR54I9

    nomonhan
     第2次世界大戦は、欧州ではなく極東アジア・モンゴルの草原で始まった――。日本と旧ソ連が衝突した1939年の“ノモンハン事件”について、こうした新たな見方が欧米で広がりつつある。歴史家らは、そこにソ連の独裁者、スターリンの思惑を見る。

     「ノモンハン事件は、規模としては主要な戦いとは言えない。しかしその影響は絶大だった」

     こう指摘する英国の著名な歴史作家、アントニー・ビーヴァー氏は、文筆活動の集大成といえる第2次大戦の通史を、ノモンハン事件から書き起こした。「それは、ユーラシア大陸の東と西を初めて結びつけた戦いだった。そして欧州戦線の分岐点となった独ソ戦の行方も左右した」と語る。

     モンゴル東部を流れるハルハ河の一帯には、80年余が過ぎた今も“大戦の発火点”と呼ぶべき跡が生々しく残されている。

     規則正しく並ぶ円形の壕(ごう)は、39年8月20日早朝、ソ連軍が日本の関東軍に総攻撃を仕掛ける際に物資を蓄えた拠点の跡だ。国境に近いこの周辺は現在も航空機の接近が禁じられているが、一帯の戦跡を継続的に調べている「ノモンハン事件日蒙共同調査団」(岡崎久弥団長)に対して2019年、ドローンによる撮影が認められた。

     欧州では当時、ポーランドに領土の割譲を求めるドイツのヒトラーと、対抗する英仏とが、それぞれソ連を味方にしようと激しい外交戦を繰り広げていた。その矢先、関東軍は東京・参謀本部の制止を振り切り、満州国軍警備隊とモンゴル軍騎兵部隊の国境をめぐる小競り合いを、モンゴルに駐留するソ連・機械化部隊との局地戦に広げた。

     スターリンは、欧州の戦乱から自国を当面は局外に置くためドイツと手を結ぶ一方、“背後の敵”日本をたたく決断を下す。それによりドイツは英仏と戦い、ソ連はドイツと日本からの挟み撃ちを回避できるという思惑に基づいていた。

     ソ連・モンゴル連合軍の司令官はゲオルギー・ジューコフ将軍。スターリンの指令を受け、周到な準備のもとで日本軍と満州国軍を圧倒的な物量で包囲し、壊滅的な打撃を加えた。1939年8月20日の総攻撃は2日間で大勢が決する。同23日に独ソは不可侵条約を締結。これには両国でポーランドを分割する密約があった。

     そしてドイツは9月1日、ポーランドへ侵攻。これが一般的な第2次大戦の始まりとされるが、ノモンハン事件はそこに至るまでの“流れ”の中にある。英仏は同3日、ドイツに宣戦布告。一方、ソ連もノモンハンで16日に日本と停戦を成立させると、17日にポーランドへ侵攻した。

     後に独ソ戦を勝利に導いて英雄となるジューコフが、最初に指揮した大規模な戦闘がノモンハン事件だった。8月20日の関東軍総攻撃の作戦図は、スターリングラード攻防戦で彼がドイツ軍を包囲・殲滅(せんめつ)した“天王星作戦”と酷似する。

     米国の歴史研究者で「ノモンハン 1939」の著者、スチュアート・ゴールドマン氏は「『第2次大戦の起源』という複雑なジグソーパズルで、ノモンハン事件は小さくはあるが、大切なピース。そのピースをはめると、全体の図柄が非常にわかりやすく見えてくる」と評した。


     関東軍はそうと知らずに第2次大戦のスイッチを押してしまったのか――。この問いにゴールドマン氏は「その通り」と答えた。「彼らは、4千マイルも離れた欧州の外交と自分たちがモンゴル国境でやっていることに関連があるとは思いもしなかったでしょう。しかし結果は重大でした」(天野みすず、編集委員・永井靖二)

    朝日新聞 2020年9月15日 15時00分
    https://www.asahi.com/articles/ASN9H2DZ2N99PLZU001.html

    【【朝日新聞】ノモンハン事件、第2次大戦の「着火点」 欧米に新視点】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/09/15(火) 15:14:21.98 ID:CAP_USER
    us250
    米国政府が中国新疆ウイグル自治区で生産された一部の製品の輸入を禁止した。これら製品が強制労働で生産されていると判断したからだ。

    15日の香港サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)によると、米税関国境警備局(CBS)のマーク・モーガン局長代行は中国で生産された一部の品目に対して「人道保留命令(WRO)」を出した。児童労働など強制労働で生産された疑いがある場合、船積みをCBPが抑留できる権限を行使したのだ。

    モーガン局長代行は「米国が中国の商品に対してWROを出したのは今回が初めてではない。今回の措置が最後でないということも確信している」とし「中国政府がウイグル族など少数民族に対して組織的な虐待をしている。これはぞっとする人権侵害だ」と主張した。

    輸入禁止品目は5つの特定企業が生産した綿・衣類・ヘア製品(かつらなど)・電子製品(コンピューター部品)。

    今回の措置で、事実上、米国が中国の綿を輸入禁止にする効果が生じるとみられる。SCMPは「米国政府のデータによると、中国の綿の約85%が新疆ウイグル自治区で生産される」と伝えた。米国は昨年、中国から500億ドル分の織物を輸入している。

    特に国連がウイグル人強制収容所の一部として確認した施設「第4職業能力教育訓練センター」で作られたすべての製品は米国に輸出できなくなった。

    関税庁を傘下に置く国土安全保障省(DHS)のクッチネリ副長官代行も強制労働の中心地に第4職業能力教育訓練センターを挙げた。クッチネリ副長官代行は「米国は中国政府の違法かつ非人間的な強制労働に対抗している」とし「こうした商品は米国の労働者と企業にも不利益になる」と述べた。

    一部の情報筋は、トランプ政権が新疆ウイグル自治区のトマトの輸出も制限する可能性が高いと伝えた。

    中央日報 2020.09.15 15:06
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/270243?servcode=A00&sectcode=A00

    【【米国政府】「中国ウイグル産製品も輸入制限」…綿・かつら、コンピューター部品まで「直撃弾」 非人間的な強制労働に対抗】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/09/14(月) 04:20:28.66 ID:CAP_USER
    F52A5503-D37A-438F-BB14-98F11B64C57C
     
     アメリカ司法省は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)党委員長の兄・金正男(キム・ジョンナム)氏が3年前に殺害された事件で逮捕され、その後、釈放されたリ・ジョンチョル氏など3人を北朝鮮制裁に違反する金融取引を行ったとして起訴しました。

     司法省によりますと、リ・ジョンチョル氏ら3人は2015年8月から少なくとも1年間、北朝鮮国内の顧客に代わって、禁止されているアメリカの銀行と取引を行った疑いなどがもたれています。

     司法省は、「被告らはアメリカドルの違法取引のため国際金融機関をだまし、北朝鮮制裁の規定に違反した」とコメントしています。

     リ氏は、2017年に北朝鮮の金正恩党委員長の兄・正男氏がマレーシアで殺害された事件に関与したとして逮捕されたものの、証拠不十分で釈放され、国外退去処分となっています。

    TBS NEWS 13日 3時58分
    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4076831.html


    【【制裁違反】米司法省、北朝鮮男性ら3人起訴 金正男氏殺害事件で逮捕・釈放】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2020/09/12(土) 13:21:56.54 ID:CAP_USER
     BD95F3B4-BE0D-42DF-85D4-F531830950A1
    47日にわたり姿を見せず金与正氏は何をしているのか

     北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の実の妹である金与正(キム・ヨジョン)労働党第1副部長が47日にわたり公式の席に姿を現していない。これについて韓国の情報当局幹部は11日「金与正氏の身辺や健康には何の異常もない」と伝えた。この幹部は「金与正氏はむしろ非公開の活動を以前よりも活発に行っている」「金与正氏が担当している分野に注目する必要がある」との見方を示した。金正恩氏は「統治ストレス」軽減のため、対米、対南分野の一部を金与正氏に「委任統治」させたと伝えられている。そのため情報当局は、金与正氏が今年11月の米国大統領選挙を前に、米国との高官級交渉再開に向けた作業を進めているとみてこれに注目している。

     金与正氏はこれまで、金正恩氏が現地指導を行う際にはほぼ同行してきたが、今年7月27日の老兵大会への出席を最後に公式の席から姿を消した。先月25日には労働党拡大会議が開催されたが、労働党政治局候補委員でもある金与正氏はこれにも出席しなかった。劉性玉(ユ・ソンオク)元国家安保戦略研究院長は「金与正氏が長期にわたり姿をみせないのは、米朝双方を刺激してきた強行な動きを自制し、新たな対米交渉戦略をとりまとめることと関連がある」との見方を示した。

    (略)

    鄭佑相(チョン・ウサン)記者 , キム・ミョンソン記者

    朝鮮日報/ 記事入力 : 2020/09/12 08:21
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/12/2020091280008.html

    【【妹君】金与正氏、10月の米朝サプライズ会談に向け準備中か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [US] 2020/09/11(金) 22:50:04.86 ID:87AVHs+L9
    kp250

     【ソウル時事】在韓米軍のエイブラムズ司令官は10日、北朝鮮当局が新型コロナウイルスの流入を防ぐため、中朝国境沿いに特殊部隊を配置し、密輸業者を射殺するよう命令を出したと明らかにした。米国のシンクタンク米戦略国際問題研究所(CSIS)主催のオンラインイベントで語った。


     エイブラムズ氏によると、北朝鮮当局は中朝国境沿いに1~2キロほどの「緩衝地帯」を設定し、侵入者に対する射殺命令を発出。同氏は目的を「コロナ流入を防ぐこと」とみており、背景には北朝鮮の脆弱(ぜいじゃく)な医療体制などがあると説明した。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091101170 
    2020年09月11日19時16分 

    【北朝鮮、密輸業者の射殺命令 コロナ対応、中朝国境に部隊―米軍司令官】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 雷 ★ 2020/09/12(土) 15:34:59.62 ID:lZmovAwe9
    三菱UFJ、マネロン対策の改善へ 米当局と合意
    2019年2月22日 20:58

    三菱UFJフィナンシャル・グループは22日、三菱UFJ銀行が米通貨監督庁(OCC)からマネーロンダリング(資金洗浄)防止の内部管理体制が不十分との指摘を受け、改善措置を講じることで同庁と合意したと発表した。制裁金は科されていない。テロ組織などに資金が流れるのを防ぐ対策を進める。

    マネロンについては米紙ニューヨーク・タイムズが18年11月、三菱UFJフィナンシャル・グループが北朝鮮関連の取引において米検察当局の調査を受けていたと報じた。三菱UFJは「北朝鮮を含む違法取引はない」としている。

    OCCは同行の米国支店への検査の結果、ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴ支店において米国の法律に基づく体制が不十分と指摘した。ただ「米国の経済制裁規制への違反を含む違法な個別取引への関与は認められていない」(三菱UFJ)としている。

    同日公表したOCCと三菱UFJとの合意書によると、OCCはいくつかの高リスク地域への監視などに問題があると指摘した。三菱UFJにシステムの高度化を求めており、三菱UFJは既に対策を講じているという。

    三菱UFJ銀行は2017年11月、ニューヨーク州金融サービス局(DFS)からOCCの監督下に移った。それを受け、OCCが三菱UFJを定期検査していた。

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41629340S9A220C1EA4000/

    【【ドコモ口座】三菱UFJ銀行、北朝鮮マネロンで米国からお叱り→2019年、審査が米国基準に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/09/12(土) 09:58:27.57 ID:CAP_USER
    beikan
     韓国外交部(省に相当。以下同じ)の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官が米国務省のスティーブン・ビーガン副長官と会談後、「新設することで(韓米両国が)共感した」と発表していた外交当局の局長級実務協議体「同盟対話」について、米国務省は「(新設に)同意したことはない」という立場であることが伝えられ、大きな波紋が予想されている。国務省の事情に詳しいワシントンの消息筋は11日(現地時間)、「米国側は新たな対話に同意したことはない」として「おそらく今後もやらないだろう」と語った。崔次官が就任後初めての米国訪問で挙げた「成果」は、両国間できちんと合意されてもいない事項だったのだ。

     11日に米国務省がビーガン副長官と崔鍾建次官の会談に関連して発表した結果資料にも「同盟対話」についての言及は全くなかった。米国側は「(ビーガン)副長官と(崔)次官は防衛費分担特別協定(SMA)を話し合い、韓米同盟が堅固な力を再確認しつつ、今後数世紀の間、インド・太平洋地域の平和と繁栄のための力として維持され得るよう同盟を強化する案を話し合った」とだけコメントした。

     米国のこうした反応は、既存の韓米間の協議体もきちんと稼働していない状況でまた別な協議体を作ろうということに対する拒否感だと解釈されている。代表的なのが、韓米間で南北協力、制裁免除問題を話し合う「ワーキンググループ」メカニズムだ。韓米ワーキンググループは、ビーガン副長官が北朝鮮特別代表を務めていた2018年11月に主導して作ったものだが、昨年から「南北関係を制約している」と韓国政府・与党から攻撃を受けてきた。韓国統一部の李仁栄(イ・インヨン)長官は最近まで、ワーキンググループ再調整を公々然と主張してきた。

     また韓米日3カ国協議体もきちんと稼働していない。米国側は先月29日、グアムで韓米日3カ国の防衛トップが集まる3カ国会談を開こうと推進したが、韓国側が応じず、米日2国間会談の形で開かれた。韓米間の主な高官級協議体である韓米外交・国防長官(2プラス2)会談も、文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後はきちんと稼働していない。こうした状況で韓国側が、常時協議を基本とする局長級で新たな協議体を作ろうと提案するのは説得力が低いというわけだ。

    朝鮮日報 9/12(土) 9:45
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5e5d4850a217b647980fa224cf5b39c6f8755a78

    【【いつもの】韓国外交部が「新設することで(韓米両国が)共感した」と発表した同盟対話、米国務省は「同意したことはない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/09/11(金) 08:37:27.41 ID:CAP_USER
    palisade
    2020年9月10日、韓国・carguyによると、米国で勢いを増している韓国・現代(ヒュンダイ)自動車の
    大型SUV「パリセード」に「悪臭がする」との苦情が相次いでいる。

    記事によると、「パリセード」は今年1~8月、北米で5万2086台を売り上げた。
    北米の大型(韓国基準)SUV販売数で13位に入り、昨年の22位から大幅に上昇したという。

    ところが最近、米国の購入者から「車内からニンニクや腐った野菜の臭いがする」という不満が相次いで寄せられているという。
    これを受け現代自動車は先月27日に「悪臭問題について現在調査中」との立場を発表した。

    悪臭は気温の高い日によりきつくなり、ほとんどがヘッドレストとシートの連結部分から発生している。
    一部の購入者は「ヘッドレストとシートを交換したが、状況は変わらない」と主張しているという。

    原因はまだ明らかになっていないが、記事は悪臭の代表的な2つの原因として
    「ナッパレザーが熱を受けて変形した際に出る臭い」と「防炎剤の臭い」を挙げている。

    専門家らは「防炎剤の使用過多」を指摘している。生産過程でシートに防炎剤を必要以上に塗ると高温で物質変化が発生し、
    腐った臭いが発生することがあるのだという。

    現代自動車は過去にも、DM型サンタフェとアクセントのシートから「イカの臭いがする」との苦情が相次ぎ、物議を醸していた。

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b834601-s0-c30-d0058.html

    【【韓国悲報】 米国で 「ヒュンダイ車がニンニク臭い!」と苦情殺到】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル