かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: ベトナム

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/09/22(水) 08:50:56.04 ID:CAP_USER
    kr250
    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日(現地時間)、ベトナムのグエン・スアン・フック主席との首脳会談で、100万回分以上のコロナワクチンの支援を約束した。

    国連総会に参加するために米国ニューヨークを訪問中の文大統領はこの日、フック主席との首脳会談で「両国はコロナ発生初期から防疫物資を分け合って一緒に危機を克服してきた」とし「韓国は100万回分以上のコロナワクチンを10月中にベトナムに支援しようとの考え」と明らかにした。青瓦台(チョンワデ、大統領府)の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官が書面ブリーフィングを通じて伝えた。

    開発途上国にワクチンを供給するコバックス(COVAX AMC)に来年までに2億ドル(約218億円)を供与する形の財政支援の他に韓国が特定国家にワクチンを直接支援することにしたのは今回が初めてだ。

    青瓦台はただし、どの種類のワクチンを支援するかなどについての具体的説明はしなかった。

    文大統領はこの日の会談で、ワクチン支援の他にも韓国のワクチン生産技術とベトナムの潜在力を結合した韓・ベトナム保健・ワクチンパートナーシップの構築をはじめ、韓国企業がベトナムで準備しているワクチン第III相臨床試験に対するベトナム当局の支援と協力に対しても言及した。

    フック主席は「韓国とベトナムの包括的パートナーシップと相互信頼を基盤とした協力を期待する」とし「韓国のパンデミック管理や社会経済的回復など、ベトナムは韓国から学ぶ点が多い」と答えた。あわせて2009年に樹立した戦略的パートナー関係をもう一段階飛躍させていこうと提案した。

    これに両首脳は来年修交30周年を迎えて両国関係を格上げすることにした。

    文大統領は「9000社余りの韓国企業がベトナムに進出していて、戦略的協力パートナーとして両国が共に発展している」とし「韓国はベトナムの3大交易対象国であり1位投資国で、ベトナムは韓国の新南方政策の核心パートナーとして韓国の4大交易対象国」と話した。

    文大統領は続いて「韓・ベトナムFTA発効6年を迎えて両国経済協力関係が一層緊密になっていて、2023年交易額1000億ドルの目標達成も可能だと考える」とし「韓国企業がバイオ・医薬品、インフラ、金融分野でベトナム進出を希望しているが持続的な関心と支援をお願いしたい」と述べた。

    文大統領はまた、韓半島(朝鮮半島)の平和に向けた韓国政府の取組みに対して、ベトナムが変わりない支持を表明したことに対して謝意を表明し、「北朝鮮との対話再開のために国連安全保障理事会理事国であり、韓・東南アジア諸国連合(ASEAN)対話調整国であるベトナムの役割をお願いしたい」と述べた。

    両国の人的交流に関しても、文大統領は「それぞれ20万人余りの国民が両国に居住している」とし「ベトナムが韓国語を第1外国語に選定したことに感謝し、韓国でもベトナム語やベトナム文化に対する関心が高まっている。言語と文化を通じて両国国民間の相互理解がより一層深まることを望む」と話した。

    フック主席も「朴恒緒(パク・ハンソ)監督がベトナムサッカーチームを力強く率いていて、ワールドカップ(W杯)予選戦を行う。次の試合はオーストラリアと中国」としながら朴監督に言及して親近感を表した。文大統領は「ベトナムのW杯善戦を祝い、今後も善戦を祈る」と呼応した。

    今回の会談はフック首相が今年4月に国家主席に就任してから初めて行われた対面式の会談だった。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/283163?servcode=200§code=210

    【【文大統領】「韓国は100万回分以上のコロナワクチンを10月中にベトナムに支援しようとの考え」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2021/09/16(木) 08:52:44.10 ID:CAP_USER
    韓国軍蛮行ベトナム

    ※JTBCの元記事(韓国語)
    「ベトナムの民間人虐殺」を目撃した参戦兵士、私たちの法廷に立つ
    https://mnews.jtbc.joins.com/News/Article.aspx?news_id=NB12023746

    2021年9月14日、韓国・JTBCによると、ベトナム戦争時の韓国軍による民間人虐殺について、当時ベトナムに派兵された元韓国軍兵士のリュ・ジンソンさんが法廷で証言する。

    記事によると、ソウル中央地裁で11月16日、フォンニィ・フォンニャット村事件の生存者であるベトナム人女性が韓国政府を相手取り起こした損害賠償請求訴訟の第3回弁論期日が行われる。リュさんはこれに証人として出廷する予定だという。

    リュさんはこれまでにも市民社会に虐殺の事実を伝える活動を積極的に行ってきたが、韓国の法廷に立って証言するのは初めてという。7月には韓国国会で「女性や子どもを田んぼに集め、その場で射殺した」と証言している。

    一方、韓国政府は民間人虐殺の事実を認めていない。裁判でも事実関係を否定し、当時の状況について「別の要素」を証言できる人を探し出し、証人として申請するとしている。

    また、「軍隊単位で動く状況で1人が見たり聞いたりできる範囲は限定される」とも主張しているという。

    当時虐殺を目撃した駐越米軍の観察報告書についても韓国政府は認めていないが、原告側は米国から当該報告書を入手した研究者を新たに証人として申請する計画。また、8歳の時に虐殺を目撃したと主張する原告のベトナム人女性も法廷に呼び、尋問する考えだという。

    これに韓国のネットユーザーからは

    「日本にはしつこく謝罪を求めているのに、ベトナムのことは知らんふり?これでは日本と変わらない」
    「韓国がベトナムで虐殺したことは紛れもない事実であり、みんなが知っている事実。過去を認めて謝罪しなければ未来には進めない」
    「認めるべきものは認め、謝罪し、補償しよう。見て見ぬふりをしていたら、日本のように衰退していくだけ。戦争により傷を負ったのはお互いさまだけど、被害者の苦痛には必ず目を向けてあげるべきだ」
    「ドイツ留学中に歴史の話になり、韓国が受けた被害について延々と語っていたら、ベトナム人に『韓国に過ちはなかったんだね』と言われて恥ずかしい思いをした。韓国もベトナム戦争での韓国軍の蛮行について、もっと子どもたちに教えていくべきだ」

    など、韓国政府に態度変化を求める声が上がっている。一方で

    「昼は民間人、夜はベトナム兵士になる民間人のこと?」
    「敵と民間人が区別できないようになっていた戦争。民間人がベトナム兵士で、ベトナム兵士が民間人だった戦争。韓国軍は何も悪くない」
    「この事件に関してはどっちも被害者だ」

    と責任を否定する声も寄せられている。


    2021年9月15日(水) 19時20分 Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b882420-s25-c100-d0191.html

    【【米軍が記録しているぞ】韓国政府が否定する「韓国軍のベトナム民間人虐殺」、元兵士が法廷で初証言へ=韓国ネットの反応は真っ二つ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/09/11(土) 18:53:01.21 ID:CAP_USER
    tyuubeto
    中国の王毅外相は10日、訪問先のベトナムでミン副首相と会談し、新型コロナウイルスの感染対策で支援を続けることなどを表明する一方、南シナ海については関与を強めるアメリカなどをけん制しました。

    ベトナムを訪れている王毅外相は10日、ミン副首相と会談しました。

    中国外務省によりますと、この中で王毅外相は「新型コロナウイルスの感染対策で支援を続ける」と述べたうえで、巨大経済圏構想「一帯一路」に関連した協力を加速するとともに、東アジアを中心に15か国が参加するRCEP=地域的な包括的経済連携の早期発効を促進したいという考えを示したということです。

    これに対してミン副首相は「ワクチンについての協力関係を強化するとともに『一帯一路』などで実務的な協力を進めたい」と述べたということです。

    一方で中国が海洋進出の動きを強める南シナ海について、王外相は「争いを拡大するような一方的な行動をとらず、ともに域外勢力の関与や挑発に警戒し抵抗すべきだ」と述べ、関与を強めるアメリカなどをけん制しました。

    王外相はこのあとカンボジアとシンガポール、韓国も訪問する予定です。

    ベトナムとシンガポールには、アメリカ政府の高官が相次いで訪れていて、中国政府としては王外相を派遣して関係の強化を図ることで、バイデン政権による中国包囲網ともいえる動きに対抗するねらいもあるとみられます。

    NHK 2021年9月11日 16時03分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210911/k10013254681000.html

    【【中共/王毅外相】訪問先のベトナムで南シナ海関与を強める米国などけん制 このあとカンボジア シンガポール 韓国も訪問予定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/09/08(水) 16:35:47.32 ID:CAP_USER
    kr250
    米国の大手紙ニューヨーク・タイムズ(8月22日付)が、ベトナム戦争に参戦した韓国軍がベトナム民間人を大量に虐殺したことを韓国政府は今なお放置したままである、という趣旨の記事を掲載した。50年以上前の事件をいま取り上げるのは、ベトナム側の被害者が昨年(2020年)、韓国政府に対して賠償と謝罪を求める訴訟を起こしたことが直接的な契機のようだ。

    だがそれ以上に、米国にとって重要な同盟国と友好国の間に、関係悪化につながりうる深刻な事件が未解決のまま残されていることへの米側の懸念も指摘される。

     一方、本記事は韓国のあからさまな二重基準を示しているともいえる。韓国は日本に対して過去の行動への賠償や謝罪を求め続けながら、ベトナム戦争での民間人虐殺の罪を糾弾されてもなんら対応しないからだ。

    ■ 韓国軍に家族を殺されたタン氏

     ソウル発のこのニューヨーク・タイムズの記事は、「ベトナム戦争の犠牲者たちは、韓国側が今も(虐殺事件に関する)回答を示す義務があると述べている」という見出しだった。

     グエン・ティ・タンという61歳のベトナム人女性が新たな訴訟を起こし、ベトナム戦争中に韓国軍に自分の家族を殺されたことへの賠償と謝罪を韓国政府に求める、という趣旨だった。この訴訟は2020年4月にソウルの裁判所に提起された。タン氏は「1968年2月にベトナム中部のクアンナム省で自分の母、姉、兄たちが韓国軍海兵隊の部隊に殺された」と訴え、自分自身も重傷を負ったと主張していた。

     2019年にタン氏はこの訴訟に先立ち、クアンナム省などの合計17村・102人のベトナム村民を代表して、この民間人殺戮事件の公式調査を始めることを求める請願書を、韓国政府に提出していた。韓国側の市民団体もタン氏の請願に協力した。しかし文政権がそれに応じなかったため、タン氏は2020年の訴訟に踏み切ったという。

     米国が公式に軍事介入してから、韓国はベトナム戦争で朴正煕政権下、米国の要請を受け、1960年代後半から1973年にかけて2個師団を主体とする合計5万人ほどの軍隊を派遣した。この韓国軍は、北ベトナム軍や南ベトナム解放戦線軍の攻勢が激しかった中部ベトナムに配備された。派遣された韓国軍将兵は1~2年で交替という例が多く、通算の派遣将兵は延べ32万人にも達した。

     ニューヨーク・タイムズの同報道によると、1968年2月12日、クアンナム省のフォン二ィ・フォンニュット村で、韓国軍海兵隊がベトナムの非武装の民間人に攻撃をかけ、少なくとも70人を殺した。韓国海兵隊が村での行動中に狙撃を受け、兵士1人が負傷したことがきっかけだった。韓国軍はその地域の民間人全体を敵視して殺傷した。昨年、訴訟を起こしたタン氏は当時8歳で、村に家族とともに住んでいたという。

     同報道は、この韓国軍によるクアンナム省での民間人虐殺は、当時、近くにいた米軍や南ベトナム政府軍によって裏づけられ、記録に残されていることや、その後の米国、韓国の民間団体の調査によって韓国軍によるベトナム民間人の殺害は合計9000人に達するとされたことをも伝えていた。

    今になって53年前の虐殺事件を大きく取り上げる理由は、ベトナム側の被害者の公的な抗議の動きが昨年の訴訟、一昨年の請願まではなかったことのほか、現在のベトナムは韓国との国交が1992年までなかったこと、今回のアフガニスタンの政権崩壊によって状況が似ているベトナム戦争が米国側官民で想起されたこと、などを挙げていた。

     さらに同報道は、韓国の文在寅大統領が2018年にベトナムの首都ハノイを訪問した際にベトナム戦争に言及して「不運な過去への後悔」という言葉を述べたが、韓国軍将兵によるベトナム人犠牲者に関してはまったく言及がなかったことを強調し、この問題がなお現在の韓国とベトナムの関係に影を投げかける可能性を示していた。

    ■ 懸念される韓国・ベトナムの関係悪化

     米国にとって、韓国は年来の同盟国であり、ベトナムも中国抑止のパートナーとして重要な友好国となっている。バイデン政権ではカマラ・ハリス副大統領がこの8月下旬にベトナムを訪問し、中国の膨張を踏まえて両国の安全保障協力を強化することなどを合意したばかりだった。

     米国としては、ともに重要な安全保障のパートナーである韓国とベトナムの関係が、ベトナム戦争という遠い過去の出来事とはいえ、民間人の大量殺戮という非人道的な事件の未解決状態によって損なわれることを懸念するのは当然であろう。

    (略)

    古森 義久

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/af43ad7e8a176d7d18209d753e2632bd024a564e?page=1

    【【NYタイムズ】韓国軍、ベトナムで民間人を大量虐殺、「なかったこと」にする韓国】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みの ★ 2021/09/05(日) 11:20:57.84 ID:dNPLOkpb9
    vn250
     ベトナムの民主活動家やジャーナリストらの間で、米国のバイデン政権に失望の声が上がっている。

     コロナの「感染爆発」に直面するベトナム政府はSNSでの市民の発言を規制し、活動家らを相次いで逮捕しているが、8月下旬に来たハリス米副大統領が公の場で問題を指摘することはなかった。中国への対応を優先してベトナムの人権問題に沈黙する姿は、バイデン政権の外交がはらむ矛盾を露呈している。

    2021年9月5日 8時00分 朝日新聞(会員記事)。
    https://www.asahi.com/articles/ASP9272X0P8ZUHBI01Y.html


    【【朝日新聞】ベトナムの人権侵害に沈黙するバイデン政権に、ベトナムの民主活動家らから失望の声が上がる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: きつねうどん ★ 2021/08/06(金) 06:03:39.12 ID:CAP_USER
    ドキュメンタリー映画「記憶の戦争」が11月に公開される。

    no title

    「記憶の戦争」ポスタービジュアル

    ベトナム戦争時の韓国軍によるベトナム民間人虐殺に切り込む本作。「きらめく拍手の音」のイギル・ボラが、全員女性の撮影クルーとともに何度もベトナムへ足を運び、生存者の証言を記録した。

    公開決定にあたり、映画監督の原一男、ジャーナリストの伊藤詩織、フォトジャーナリストの安田菜津紀からコメントが到着。原は「加害と被害のアンビヴァレンツを併せ持つヒトという、厄介な生き物。この超難問からは、誰も逃れることはできない!」と感想を述べた。3人のコメント全文は以下に掲載している。

    「記憶の戦争」は東京・ポレポレ東中野ほか全国で順次公開。

    原一男(映画監督)コメント
    日本から差別、占領・統治されていた韓国。その韓国軍兵士達が、ベトナムの村で虐殺を行った。
    日本は、韓国を始めアジアを侵略したが、アメリカから原爆を落とされた。
    加害と被害のアンビヴァレンツを併せ持つヒトという、厄介な生き物。
    この超難問からは、誰も逃れることはできない!

    伊藤詩織(映像ジャーナリスト)コメント
    8歳の記憶、あなたは何を覚えているだろう。お気に入りのワンピースを着て行ったディズニーランドで見たパレードの光、友達と蝉取りに夢中になっていたあの日。私の中にはその記憶が8歳当時のものだったのか不確かなままのものが浮かぶ。
    しかし、タンおばさんの記憶は今でも鮮明だ。彼女はその記憶を1日も忘れたことはない。
    それは、彼女自身が生きる意味を問い続けてきた記憶だから。
    生きてその記憶を伝えてくれたタンおばさんに感謝する。

    安田菜津紀(フォトジャーナリスト)コメント
    「自分たちに責任はない」「むしろ現地の発展のために貢献した」…聞き覚えのある言葉ばかりが飛び交った。
    暴力は地続きで、凄惨な虐殺も加害の否認も、日本軍の時代から連鎖しているのだろう。

    映画ナタリー
    https://natalie.mu/eiga/news/439639

    【撮影クルーは全員女性、韓国軍のベトナム民間人虐殺に関するドキュメンタリー公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マスク着用のお願い ★ 2021/06/17(木) 08:59:45.40 ID:XIx7kDcD9

    VTVC

    日本のワクチン到着 台湾に続く供与第2弾―ベトナム

    【ハノイ時事】日本がベトナムに供与する新型コロナウイルスワクチンが16日夜、ハノイのノイバイ国際空港に到着した。供与は台湾に続く第2弾。英アストラゼネカが開発し、日本で製造した約100万回分が届いた。

    ベトナムでは累計感染者数が約1万1600人と、各国・地域と比べて感染を抑制できているが、4月下旬から感染力の強いインド型の変異株などが流行。ワクチン接種は十分に進んでいないのが実情だ。日本の供与を含めて海外からの調達拡大を急ぎつつ、国内での研究開発にも取り組んでいる。

    2021年06月17日00時07分
    時事通信
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2021061601162&g=soc


    【【新型コロナ】ベトナムに日本のワクチン到着】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2021/06/13(日) 09:10:07.64 ID:CAP_USER9
    ginojissyuu
     技能実習制度を監督するため国が設けた認可法人・外国人技能実習機構(OTIT)が、ベトナムの大手送り出し機関5社からの実習生の新規受け入れを停止する方針を、ベトナム政府に文書で伝えたことがわかった。5社が日本に送り出した実習生の中から、多数の失踪者が出たことが理由とされている。

     朝日新聞が入手した文書によると、OTITは1日付で、技能実習生を所管するベトナムの労働・傷病兵・社会問題省の海外労働管理局(DOLAB)に通知。近くこの方針を公表した後、2カ月後をめどに実行すると説明している。

     ベトナムの送り出し機関は政府の認可に基づいて日本に実習生を送り出す人材派遣会社。6月現在で約460社ある。

     文書によると、OTITはDOLABから、送り出し機関の派遣者数(2018年)のデータ提供を受けた。日本の受け入れ企業から提出される各実習生の実習計画に記載された送り出し機関の名前と突き合わせて、失踪者が多発している送り出し機関を特定。その上で、18年と19年の合計の失踪者数の割合が平均の約3倍を超えた5社を対象に決めた。

    ベトナム人の失踪者、14年の6倍に

     17年に施行された技能実習…

    朝日新聞
    2021年6月13日 5時00分
    https://www.asahi.com/articles/ASP6D6VTXP6DUHBI01V.html

    【【朝日新聞】ベトナム大手5社の実習生、受け入れ停止へ 失踪多数で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2021/06/05(土) 19:30:23.14 ID:CAP_USER
    azvc
     
    日本は 台湾につづきベトナムにも、新型コロナウイルス感染症ワクチンを提供する方案を検討中だと、NHKが今日(5日)報道した。

    ベトナムは 新型コロナの初期対応には成功していたが、最近 新型コロナの大流行により 困難に直面していることから、ワクチン接種のスピードを上げている。米ジョンズ・ホプキンズ大学の新型コロナチーム(CSSE)によると、ベトナムでの新型コロナによる累積感染者は 4日基準で8063人となっている。

    NHKは「ベトナムからワクチン供給に対する要請を受け、早ければ今月中に ワクチンを提供する方向だ」と報道した。ただ どのワクチンを提供するのかについては伝えなかった。

    日本は今月4日、台湾に124万回分のアストラゼネカ(AZ)社の新型コロナワクチンを無償提供した。この支援は、 COVAX(新型コロナワクチン共同購入の国際的枠組み)を通さず直接 提供したものだ。COVAXなどを通した場合 時間がかかることから、直接の支援を選んだものとみられる。

    日本は AZワクチンを正式に承認しているが、稀に発生する血栓症などの副反応により 当分の間 使用を見合わせることにしている。日本政府が確保したAZワクチンは、1億2000万回分に達する。このうち 日本企業が9000万回分の委託生産をし すでに生産に入っていることから、既存のAZワクチンの保存期間が過ぎる前に ワクチン不足の国に支援することにしたのである。

    2021/06/05 12:17配信 WOW!Korea
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0605/10302237.html


    【【韓国報道】「台湾にAZワクチン送った」日本、今度は「ベトナムを支援」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: あしだまな ★ 2021/06/05(土) 09:47:59.88 ID:Ub4FPzjf9
    首相官邸
    新型コロナウイルスワクチンの海外への提供をめぐり、政府は、4日、台湾におよそ120万回分を無償提供したのに続き、接種が遅れているベトナムに対しても、ワクチンを提供する方向で検討に入りました。

    新型コロナウイルスワクチンをめぐって、政府は、国内の接種に必要な量を上回る分については、
    海外に供給する方針で、4日、台湾に対してアストラゼネカのワクチン124万回分を無償で提供しました。

    これに続き、政府は、接種が遅れているベトナムに対しても、ベトナム側からの要請を受けて、ワクチンを提供する方向で検討に入りました。

    ベトナムでは、4月末以降、感染者の増加傾向が続いていますが、イギリス・オックスフォード大学の研究者などのまとめでは、ワクチンを少なくとも1回接種した人の割合は、3日の時点で1%余りで、ASEAN=東南アジア諸国連合の10か国の中で最も低い水準にとどまっています。

    政府は、早期に届けられるよう、国際的な枠組みは経由せずに直接、ベトナム側にワクチンを提供したい考えで、早ければ今月中の輸送を目指し、検討を急ぐことにしています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210605/k10013068841000.html

    ヤフーニュース(日テレnews24)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b41ffd00d78c22ada0741444c9cc51742243dfa5



    【【日本政府】ベトナムにもアストラゼネカ製ワクチンを無償提供へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2021/06/04(金) 10:40:51.86 ID:CAP_USER
    vn250
    【ハノイ聯合ニュース】

    ベトナム政府が新型コロナウイルスのワクチンを調達するため、現地に進出している韓国企業に資金支援を強く求めていることが4日、分かった。

    企業側は新規感染者の急増で防疫に追われる現地の状況は十分理解できるとしながらも、新型コロナによる売上高減少など経営が厳しい中での露骨な要求は納得できないと不満を漏らしている。

    ベトナム政府は先ごろ、ワクチン確保のための基金設立を決めた。1億5000万回分のワクチン調達に11億ドル(約1210億円)が必要だという。

    現地の韓国企業によると、ベトナム政府は韓国企業に電話をかけたり携帯電話加入者にメッセージを送信したりしてワクチン基金への賛同を求めた。携帯電話のメッセージには振込先も記載されていた。

    ホーチミン所在のある会社の関係者は「当局から電話があった」と話す。基金への支援を求められ、支援した場合に自社従業員がワクチン接種を受けられるかと尋ねたところ、確答できないと言われたという。

    この関係者は「コロナにより売上高が減るなど苦しい状況に直面しているのに、こんな要求までされるとは」と嘆いた。

    ベトナム南部に拠点を持つメーカーなどにも当局からの支援要請があった。

    ある大企業関係者は「こうしたことは全く予想していなかった」と困惑の表情を浮かべ、「基金に賛同しない場合、どんな不利益に甘んじなければならないかわからないため、お金を出すしかない」と話した。

    韓国の民間企業だけでなく公共機関も同様の連絡を受けた。ある公共機関の関係者は「支援を重ねて要求された。誠意を見せるほかない状況だ」と伝えた。

    現地の関係筋によると、ベトナム政府は現地の自治体・公的機関、民間企業の支援によりワクチン購入の財源の多くを調達したようだ。韓国を含む外資系企業のうち、支援したと発表したところはない。


    2021.06.04 09:52 聯合ニュース
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210604000400882

    【【聯合ニュース】ベトナム進出の韓国企業「当惑」 同国政府がワクチン基金支援催促】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団 ★ 2021/05/29(土) 19:55:50.48 ID:MdLnn9xg9
    vn250

    ベトナムのロン保健相は29日、インド型の新型コロナウイルスの変異株に、英国型に含まれていた変異が加わった新たな変異株が確認されたと明らかにした。

    新種の変異株は複数の感染者の遺伝子解析から見つかった。

    ロン保健相は新たな変異株について、「これまでの変異株よりも空気中での感染力がはるかに強い」と説明している。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASP5Y63N4P5YUHBI01N.html#:~:text=%E6%84%9F%E6%9F%93

    【【ベトナム保健相】「これまでの変異株よりも空気中での感染力がはるかに強い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/05/18(火) 08:04:30.91 ID:CAP_USER9
    韓国軍蛮行ベトナム

     4月5日、韓国でとある“事件”が報じられた。韓国の情報機関である国家情報院(以下、国情院)が、韓国最高裁判所の判決を「事実上拒否した」ともとれる対応を見せたのだ。すべての始まりは、今から50年以上も前のベトナム戦争にて、韓国軍が民間のベトナム人をむごたらしく虐殺したことである。

    【写真】日本人は知らない…いま韓国で本当に起きている「ヤバすぎる事態」
    韓国軍による悲惨な虐殺

    Photo by iStock

     フォンニィ・フォンニャット虐殺、タイヴィン虐殺、ゴダイ虐殺、ハミ虐殺、ロンビン虐殺…。

     韓国軍によるベトナム人虐殺と暴行の被害者は、判明しているだけで30万人いると言われている。なかでも青龍部隊(チョンリョン)と猛虎(メンホ)部隊の2つは、冷酷無比な殺人者集団の“鬼畜部隊”とされている。韓国政府を相手取って訴訟を起こしたグエン・ティ・タン氏の村を襲ったのは、前者の青龍部隊だった。

     タン氏が被害に遭ったのが、「フォンニィ・フォンニャット事件」だ。1968年2月12日、南ベトナムのクアンナム省ディエンバン市(当時ディエンバン県)のフォンニィ・フォン二ャット村で、大韓民国海兵隊第2海兵旅団(青龍部隊)によって住民70余名が殺害された事件である。同日の早朝、韓国軍の戦車が幹線道路で地雷を踏んで爆発したため、近くにあった同村を攻撃したとされる。

     この事件でタン氏は韓国軍の銃撃を受けて負傷したが、なんとか一命を取り留めた。しかし撃たれた腹部に傷跡が残ったうえ左耳も聞こえなり、被害から50年経ったいまでも後遺症に悩まされているという。また、彼女の兄も銃で撃たれて重傷を負い、母親と弟は殺害された。
    被害者が勝訴したものの…

    Photo by iStock

     2017年8月、虐殺の生存者であるタン氏の代理人団は、国情院に対して情報公開請求を行った。「1969年11月、中央情報部(現在の国情院)が青龍部隊1大隊1中隊の3人の小隊長を調査した際の、報告書や尋問調書といった文書のリスト」の公開を求めたが、国情院が拒否したことで、同年11月に訴訟へと移行した。

     1審と2審ではタン氏側が勝訴し、情報公開は正当という判決が下されている。しかし国情院は「当該資料が公開されると、国の重大な利益を著しく害する恐れがある」「調査当事者のプライバシーが侵害される可能性がある」などと理由を述べて、公開を拒否してきた。

     3月25日、最終審の最高裁判所は「韓国政府が虐殺事件の関係者を調査したか否か、といった歴史的な事実を確かめるために必要な史料であり、公開するだけの価値があると認められる」と判断し、上告を棄却。タン氏側がの請求を認めて、国情院に対して情報公開を求める判決を下した。

     最高裁の確定判決を受けたタン氏と代理人は、3年8ヵ月法廷闘争を経て、ようやく資料が公開されると安堵したという。だが4月5日、開示された資料に書かれていたのは、次のたった15文字だった。

    ----------
    チェ・ヨンオン(釜山)、イ・サンウ(江原)、イ・ギドン(ソウル)
    ----------

     公開されたのは、ベトナム戦争に参戦した韓国軍青龍部隊の小隊長3名の名前と、調査当時に彼らが住んでいた場所だけである。3名の生年月日などは非公開とされた。

     こんな情報だけではとうてい虐殺に関する歴史的事実を確認できず、事実上の「公開拒否」に等しい。タン氏の代理人団は真相究明に向けて、国情院が持つ関連記録の公開を要求した。

     しかし、国情院の回答は「情報公開訴訟の判決を受けて、すでにグエン・ティ・タン氏側の訴訟代理人に提供した」「追加の事項は、公共機関の情報公開に関する法律で定められた手続きに則って処理すべきと考えており、(現段階では)送付できない」というものだった。

     代理人団は「国家機関であるにもかかわらず、国情院は真実を明らかにできる情報をなぜ隠しているのか?」「今回の裁判所の要請に対して、これ以上情報が欲しければあらためて公開を請求しろというのは、まともな対応ではない。たとえ請求したとしても、今回のような方法で時間を稼ぐ可能性が高い」と指摘している。

     仮に国情院の言う通り再び公開を求めて提訴したとしても、タン氏側が勝訴して情報が開示されるまでには、おそらく数年がかかるだろう。
    次ページは:韓国世論の反応はいかに?

    (略)

    ヤフーニュース(現代ビジネス)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7764cfabf9d4397ff4fd590b93579917d89e4c2c 


    【“慰安婦問題”を追及する韓国に刺さった、「ベトナム人虐殺」問題 韓国では、まったくと言っていいほど教育されていない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV25,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 21/05/15(土)16:11:54 ID:???
    vn250

    南中部沿岸地方ダナン市警察は12日、韓国人14人を「外国人専門家」と偽って不法に入国させたとして、会社社長のグエン・チャン・アイン・トゥアン容疑者(男・34歳)を逮捕した。

     警察の調べによると、今年2月初め、ベトナム入国を希望する14人の韓国人が、現地で会社を経営する韓国人社長に連絡を取り、1人につき2500USD(約27.5万円)でビザの手配を依頼。その後、この韓国人社長がトゥアン容疑者に手続きを依頼した。

     同容疑者は、自らが保証人となって、韓国人14人を自分の会社で働く「外国人専門家」と偽り入国さた。さらに、同容疑者には、書類に必要なサインの偽造と印鑑の不正使用の疑いもかけられている。

     韓国人らの入国成功後、最初に依頼を受けた韓国人社長が報酬として、12人分の手数料2400USD(約26.6万円・2人分は未払い)をトゥアン容疑者に支払った。

    入国した韓国人14人は、トゥアン容疑者の会社とは一切関係ない他の仕事に従事していた。

    5月14日 ベトジョー
    https://www.viet-jo.com/news/social/210513123615.html


    【【事件】ダナン:韓国人14人を「専門家」と偽り入国させたベトナム人社長が逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2021/05/10(月) 10:54:30.41 ID:CAP_USER
    kr250
    国家情報院(国情院)が裁判所の事実照会にもかかわらず、「ベトナム戦争時の韓国軍による民間人虐殺」関連記録の公開を事実上拒否した。

    国情院から15文字の「記録リスト」を受け取るまで、1審から最高裁(大法院)の確定判決に至る3年以上もの法廷争いを続けてきた被害者代理人団は、真相究明に向けた国家機関の関連記録の公開を求めた。

    9日、本紙の取材を総合すると、国情院は最近、「中央情報部(現国家情報院)がベトナム戦争に参戦した将兵を対象にフォンニィ・フォンニャット村事件を調査した記録すべてを公開してほしい」という裁判所の事実照会を事実上拒否する内容の答弁書を提出した。

    これに先立ち、ソウル中央地裁民事68単独のパク・ジンス部長判事は先月12日、被害者のグエン・ティ・タンさんが韓国政府に対して起こした初の国家賠償訴訟の2回目の弁論期日に、被害者代理人団の事実照会申請を受け入れ、国情院と国防部に関連記録のすべての提出を要請した。

    裁判所が行政機関にベトナム戦争民間人虐殺関連記録の一切の提出を要請したのは今回が初めて。

    しかし、国情院は「中央情報部が1969年11月にベトナムのフォン二ィ村で発生した事件に対して、チ・ヨンオン、イ・サンウ、イ・ギドンを調査した記録リストは、情報公開訴訟の判決を通じてすでにグエン・ティ・タン側の訴訟代理人に提供した」とし、「追加的事項は公共機関の情報公開に関する法律で定められた手続きなどによって処理するのが妥当だと考えており、送付できないことを了承してほしい」と答弁した。

    これにより、ベトナム戦争民間人虐殺関連記録が公開される日は再び遠のいたものと見られる。記録を受け取るためには、再び情報公開請求による長い法廷争いを続けなければならないからだ。

    被害者代理人団が最高裁の確定判決を受け、国情院から「チェ・ヨンオン/釜山(プサン)」「イ・サンウ/江原」「イ・ギドン/ソウル」と書かれた15文字の文書リストを受け取るだけでも3年8カ月がかかった。

    これに先立ち、グエン・ティ・タンさんの代理人であるイム・ジェソン弁護士は2017年8月、国情院に「中央情報部が1969年11月、青龍部隊1大隊1中隊の3小隊長を調査した尋問調書や報告書など文書のリストを公開してほしい」と情報公開請求をしたが、拒否処分を受け、2回にわたり非公開処分取り消し訴訟を起こした。

    国情院関係者は「『関連記録目録はすでに訴訟判決を通じて当事者に提供しており、追加事項は法に定められた手続きなどによって処理するしかない』という答弁書を送った」とし、「今後も該当事案に対して関連法と裁判所の判決基準に従って誠実に対応する方針」だと明らかにした。

    これに対し、代理人団は「国家機関である国情院が真実を明らかにできる情報をなぜ隠しているのか、納得できない」とし、「裁判所の事実照会要請に対し、個人が改めて情報公開請求をしろというのはまともな答弁でない。情報公開請求をしても今回のように“リスト”を渡すだけで、時間を引き延ばす可能性が高い」と指摘した。

    「フォンニィ・フォンニャット事件」は1968年2月、韓国軍青龍部隊がベトナムのクアンナム省ディエンバン市(当時ディエンバン県)フォンニィ村の住民70人余りを殺害した事件を指す。

    当時8歳だったグエン・ティ・タンさんは、青龍部隊1大隊1中隊の軍人によって左のわき腹を撃たれて重傷を負い、手術で命は助かったものの、今なお後遺症に苦しんでいる。彼の家族5人が命を落とし、14才だった兄は大怪我を負った。


    2021-05-10 09:09 ハンギョレ新聞
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/39938.html

    【【卑劣な韓国】国情院、裁判所の「ベトナム戦民間人虐殺」関連事実照会要請も拒否】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2021/04/28(水) 21:19:46.27 ID:CAP_USER
    DDF0BAA2-577F-4D43-BB3A-FB6F8149C70C
    【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は28日、ベトナムのブイ・タイン・ソン外相と電話で会談した。同部が伝えた。

     両氏は来年の国交樹立30周年を機に両国の戦略的協力パートナー関係を一層深めるため、協力を強化するほか高官級交流を活性化させることで一致。ほかにコロナ禍での両国間貿易やミャンマー問題などについても意見交換した。

     会談で鄭氏は、日本政府による東京電力福島第1原発の処理済み汚染水の海洋放出決定に対し深い懸念を示した。ブイ・タイン・ソン氏も海洋環境に対する透明性や責任、安全性の重要性について言及したという。

    朝鮮日報 記事入力 : 2021/04/28 21:03 聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/04/28/2021042880197.html

    【【韓国チョン外相】ベトナムのブイ・タイン・ソン外相が電話会談 海洋放出問題も議題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2021/04/12(月) 16:43:01.99 ID:CAP_USER
    韓国軍蛮行ベトナム

    2021年4月9日、韓国・京郷新聞によると、韓国の政府機関が保有するベトナム戦争時の韓国軍による民間人虐殺に関する資料が初めて公開された。

    記事によると、韓国の弁護士団体「民主社会のための弁護士会」は同日、最高裁判所の判決に基づき、韓国国家情報院が提供した文書「マイクロフィルム撮影リスト」を公開した。

    公開された文書には軍人3人の名前と地域名などが手書きで書かれていた。

    記事は「全部で15文字しかないが、中央政府本部(国家情報院の前身)がフォンニィ・フォンニャット村事件に関して、参戦した軍人に調査を行った記録が存在するとの事実が確認されたという点でその意味は大きい」と伝えている。

    同事件は、1968年2月にフォンニィ・フォンニャット村で、ベトナム戦争に参戦していた大韓民国海兵隊第2海兵師団により約70人の民間人が虐殺された事件。

    当時、中央政府本部は虐殺が問題となったことを受け、翌年11月に第1中隊所属の第1~3小隊長らを調査し、報告書などを作成したという。

    「民主社会のための弁護士会」は1968年にこの調査資料の公開を国家情報院に求めたが拒否されたため2017年に訴訟を起こした。そして先月11日に最高裁判所で勝訴判決を得ていた。

    同団体に所属する弁護士は「事件から50年以上が過ぎているため、韓国のベトナムとの外交的国益が重大な侵害を受けることはない」とし、「国家情報院が同事件について、当時の将兵らを調査した記録の全てを公開するべきだ」と主張しているという。

    なお今月12日にはソウル中央地裁で、同事件の被害者だと主張するベトナム人が韓国政府を相手取り起こした損害賠償請求訴訟の2度目の裁判が開かれる予定となっている。

    これを見た韓国のネットユーザーからは

    「韓国政府は同事件を謝罪し、賠償もするべき。日本のように知らんぷりしてはいけない。少なくとも個人の請求権は認めないと」
    「韓国には恥ずかしい過去を認めて反省できる国になってほしい」
    「ベトナム人の訴えを無視していたら、日本と同じだ」
    「そういう時代だったとはいえ、間違いは間違い。心から謝罪してほしい」

    など韓国政府の謝罪や賠償を求める声が上がっている。一方で

    「民間人を装って韓国軍を襲撃したベトナム兵士にも補償を求めたい」
    「戦争中の銃声が飛び交う中でベトナム兵士と民間人をどう見分けろと言うのか。なぜ韓国軍だけを悪者にする?」

    などの反論も寄せられている。


    2021年4月12日(月) 16時20分 Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b874784-s25-c100-d0191.html

    【【ベトナム戦争】韓国軍による民間人虐殺、韓国政府の資料が初公開=韓国ネット「無視したら日本と同じ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/04/10(土) 17:32:37.55 ID:CAP_USER
    民弁「さらなる情報公開を要求する予定」

    no title

    //ハンギョレ新聞社

     「チェ・ヨンオン釜山(プサン)、イ・サンウ江原、イ・ギドン・ソウル」

     15文字。ベトナム戦争当時に行われた韓国軍によるベトナム民間人虐殺事件について、国家情報院が持つ情報を公開するよう命じた最高裁判所の判断により、国家情報院が5日に公開した内容だ。国情院が公開した内容は、ベトナム戦争に参戦した韓国軍青龍部隊の各小隊長3人の名と、中央情報部(国情院の前身)による調査当時に彼らが住んでいた地域名程度だ。リストにあった3人の生年月日などは非公開となった。

     民主社会のための弁護士会(民弁)の「ベトナム戦争当時の韓国軍による民間人虐殺真相究明のためのタスクフォース(TF)」所属のイム・ジェソン弁護士とキム・ナムジュ弁護士は9日、ソウル地方弁護士会で記者会見を開き、「今回の情報公開請求で初めて、韓国政府が保有するベトナム戦争での民間人虐殺の情報が確認された」とし、「国情院が自ら先んじてフォンニィ・フォンニャット村での虐殺について当時の将兵を対象として調査した記録の一切を公開することを要求する」と述べた。

     オンラインでこの日の記者会見に参加した民間人虐殺の被害者グエン・ティ・タンさんは「私が望むのは大きなことではない」とし「(韓国政府が)あの日、私たちの村で起きたことを認めることと、参戦軍人たちのただ一言の謝罪。今この瞬間もつらい心情を隠すことはできない」と語った。さらに「国情院には、最高裁の判決に従って誠意をもって関連情報を公開することを望む」と強調した。

     この日公開された文書リストは15文字に過ぎないが、イム弁護士らが2017年8月に情報公開請求を行ってから約3年8カ月を経てようやく得た「半分の勝利」だ。イム弁護士が情報公開を要求した内容は、1968年2月に韓国軍によって引き起こされたベトナムの「フォンニィ・フォンニャット事件」についての中央情報部による調査の内容が記録された文書のリストだ。

     これに関し、国情院側はこの日「最高裁の判決は、文書の内容ではなくリストを公開せよというもので、この判決に従って可能なものはすべて公開した」とし「今後訴訟などを通じて別の判決が下されれば、国情院はそれも受け入れる」と述べた。

    no title

    「フォンニィ・フォンニャット事件」の被害者グエン・ティ・タンさんが9日、ソウル地方弁護士会で開かれた記者会見にオンラインで参加し「国情院には、最高裁の判決に従って誠意をもって関連情報を公開することを望む」と述べた=チョ・ユニョン記者//ハンギョレ新聞社

     「フォンニィ・フォンニャット事件」は、1968年2月に韓国軍の青龍部隊がベトナム中部クアンナム省のフォンニィ・フォンニャット村の住民74人を殺害した事件。事件発生後、フォンニィ・フォンニャット村の住民たちが1969年2月に韓国軍の責任を追及してベトナム共和国の下院議長に送った嘆願書には「韓国軍が急に村を襲い、目に入った者は誰でも捕らえてナイフで刺殺したり、非常に残忍に家族や知人の手足を切断したりするという行為を犯した」と記されている。


    チョ・ユニョン記者 

    ハンギョレ新聞 2021-04-10 07:27
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/39664.html


    【【韓国】4年の訴訟で引き出した15文字…韓国政府の「ベトナム戦争虐殺記録」保有を確認】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/04/09(金) 20:23:57.62 ID:CAP_USER
    kanvet
     不法残留のベトナム人の男女を働かせていたとして、埼玉県でかばん工場を経営する韓国人の男女が警視庁に逮捕されました。

     入管難民法違反の疑いで逮捕されたのは、埼玉・草加市のかばん工場「Only One K」の経営者で韓国籍のヨム・ジョンユル容疑者(58)と韓国籍で取締役のパク・スンヒ容疑者(51)で、去年11月から先月にかけ、不法に残留していた30代のベトナム人男女を従業員として働かせていた疑いがもたれています。

     工場では去年1年間でおよそ1億円を売り上げていましたが、警視庁に「オーバーステイの外国人を多数働かせているかばん工場がある」との情報が寄せられ家宅捜索を行ったところ、ベトナム人と中国人の従業員あわせて10人が不法残留の状態で働いていたということです。

     従業員は「経営者に偽造在留カードを作るよう言われた」と話しているということですが、2人は容疑を否認しています。

    TBS NEWS 9日 11時26分
    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4242028.html

    【【埼玉・草加市】不法残留ベトナム人 かばん工場で働かせたか 韓国籍経営者ヨム・ジョンユル容疑者(58)パク・スンヒ容疑者(51) 逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2021/03/26(金) 10:51:55.93 ID:CAP_USER
    昨年4月21日、民主社会のための弁護士会(民弁)のベトナムTF関係者らがソウル中央地裁前でベトナム戦争での韓国軍民間人虐殺国家賠償請求訴状に関する記者会見を行っている/聯合ニュース
    no title


    ベトナム戦争当時に行われた韓国軍の民間人虐殺事件と関連して、国家情報院(国情院)が持つ情報を公開すべきだという最高裁判所(大法院)の最終判断が出た。国情院は判決主旨に従って当該資料を公開すると明らかにした。

    最高裁3部(主審=イ・ドンウォン最高裁判事)は25日、イム・ジェソン弁護士が国情院を相手取って起こした情報公開拒否処分無効確認訴訟で、原告勝訴の判決を下した原審を確定したと発表した。

    これに先立ち、原審はイム弁護士が公開を要求した情報に対し、「大韓民国政府が虐殺事件に関して関係者を調査したかどうかなど、歴史的事実を確認できる史料として意味があり、公開する価値が認められる」と明らかにしていた。

    最高裁判所もこのような判断が正当だと見て、国情院の上告を審理不属行で棄却した。審理不履行とは、原審判断に問題がないと判断し、本案審理を行わず上告を棄却する制度だ。

    イム弁護士は2017年11月に訴訟を起こした後、今回の最高裁の判決まで約4年間、国情院と法廷で争わなければならなかった。

    イム弁護士が情報公開を要求したのは、1968年2月に韓国軍によって発生したベトナム「フォンニィ・フォンニャット村民間人虐殺」事件の中央情報部(国情院の前身)の調査内容が書かれた文書リストだ。

    一審と二審は情報公開が正当だと判決を下したが、国情院は「当該資料が公開されれば、国家の重大な利益を著しく害する恐れがある」とし、「調査当事者のプライバシーが侵害される可能性がある」などの理由で公開を拒否してきた。

    国情院は今回の判決によって関連情報を公開するという意思を明らかにした。

    国情院の関係者はこの日、ハンギョレの電話インタビューで「情報公開のための諸般の手続きが進められており、(関連手続きが)完了し次第、確定判決の趣旨に沿って処理する予定だ」と述べた。

    これによって、政府がこれまで沈黙してきたベトナム戦争での韓国軍民間人虐殺事件の真相を究明する道も開かれるものとみえる。

    現在、ソウル中央地裁では「フォンニィ虐殺事件」被害者のグエン・ティ・タンさんが大韓民国を相手取って起こした損害賠償請求訴訟が進行中だが、政府は「被害の事実は信じられない」として、韓国軍の加害事実を認めていない。

    「フォンニィ・フォンニャット事件」とは、韓国軍青龍部隊がベトナム中部のフォンニィ・フォンニャット村の住民70人余りを殺害した事件を指す。中央情報部は1969年11月、各小隊長3人など中隊幹部を調査した後、尋問調書や報告書などを残していたことが分かった。

    イム・ジェソン弁護士は「(中央情報部の)調査文書リストを確認し、実際の文書内容も情報公開請求で明らかにする」と述べた。


    2021-03-26 10:01/ハンギョレ新聞
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/39534.html

    【【韓国】「ベトナム戦争での韓国軍による民間人虐殺資料を公開せよ」 最高裁で最終判決】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル