かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: インド

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/07/08(水) 19:35:00.55 ID:CAP_USER

    A6F38B2D-0542-40D3-BDF5-734340875896
    インド警察は、韓国LG化学傘下のLGポリマーズの化学工場で起きたガス漏れ事故に関連し、LGポリマーズの韓国人の経営トップを含む12人を逮捕した。

    ガス漏れは今年5月にインド南部ビシャカパトナムの工場で発生し12人が死亡した。ガス漏れの危険性を無視したと指摘され、同社は殺人の嫌疑をかけられている。

    現地警察幹部は「7日夜に最高経営責任者(CEO)と2人の役員を含む12人を逮捕した」と述べた。

    LGポリマーズは、ロイターの取材に対し、何も話すことはないと電子メールで回答した。

    政府諮問の事故調査委員会は今週まとめた報告書で、LGポリマーズの運用体制に不備があり、警告システムが作動していなかったと指摘、同工場を住宅地から離れた場所に移転させることを勧告した。


    2020年7月8日(水)18時50分
    NEWSWEEK
    https://www.newsweekjapan.jp/amp/stories/world/2020/07/lg12.php?page=1

    【【インド警察】韓国LG化学工場のトップらガス漏れ事故で12人逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/07/05(日) 07:23:03.08 ID:rWezK74o9
     D6EF63EF-2152-4B3B-B12B-500720A67658
    7/5(日) 7:12
    時事通信

    印首相、中国対応に腐心 国境問題でバランス考慮
    インド北部ラダックで、軍部隊を前に演説するモディ首相=3日、インド政府提供(AFP時事)
     インド北部ラダックの対中国国境地帯で6月中旬、インド軍と中国人民解放軍が衝突し、インド兵20人が死亡した事件を受け、モディ首相が対応に腐心している。

     米国に次ぐ貿易相手国の中国に対し強硬な措置は取りにくい一方、国内で反中感情が高まる中、対応を誤れば国民の支持を失いかねないからだ。

     モディ氏は3日、ラダックの前線陣地を訪問。兵士をたたえた上で、「拡張主義勢力は敗北し、引き返していくことになる」と鼓舞したものの、中国を名指しで批判することは避けた。

     インドでは今回の事件を受けて抗議行動が発生。中国製携帯電話の販売店の看板が破壊されたり、習近平国家主席の写真や中国製品が燃やされたりした。政府は6月29日、動画アプリ「TikTok(ティックトック)」など中国企業が提供する59のスマートフォンアプリの国内での使用を禁止。今月1日には中国企業が道路建設に関与することを禁じた。

     中印両国は2017年にも国境地帯で2カ月近く軍を対峙(たいじ)させたものの、18年の非公式首脳会談以降は融和を図ってきた。中国は、アジアインフラ投資銀行(AIIB)を通じインドへの投資を実施。AIIBは今回の衝突直後の6月17日にも「新型コロナウイルス対策」として7億5000万ドル(約800億円)の融資を発表した。インドにとって中国は経済的に不可欠の存在になっている。

     インドのオブザーバー研究財団のハーシュ・パント特別研究員は「モディ氏は、中国と国民との間でバランスを取っている」と分析。国内感情に配慮しながら「中国外し」を演出していると指摘した。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200705-00000009-jij-asia

    【【時事通信】印首相、中国対応に腐心 国境問題でバランス考慮】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2020/07/04(土) 17:37:54.70 ID:CAP_USER
    ┃IDC、カウンターポイント、中国スマートフォン販売の鈍化を感知
    _______________________________________________________

    中国製品に対するインドの不買運動が拡大して、三星(サムソン)電子と関連部品メーカーの恩恵が期待されるという意見が出た。

    4日、スマートフォンの市場調査機関であるIDCとカウンターポイント(Counterpoint)によれば、インドで中国製品不買運動と中国産部品輸入規制の影響により、中国のスマートフォンメーカーの販売鈍化が感知されたことが分かった。

    (写真)
    no title


    インドの国境付近(ラダック地域)でインド軍と中国軍との衝突事件以降、インドで中国製品不買運動が拡大している。インドに輸入された中国製品も全数調査の対象に分類されていて、スマートフォン部品は出荷できず、窓口に縛られている状況である。

    このため、中国からスマートフォン部品の調達を受けている中国系のスマートフォンメーカーは、生産への支障が避けられない状況にある。具体的な日程も確認されておらず、生産の不確実性は今後さらに拡大すると見られる。

    NH投資証券のイ・ギュハ研究員は、「三星電子やエプル(アップル)など、中国系メーカーでないスマートフォンメーカーは打撃が少ない」とし、「三星電子や三星電機を含む国内部品会社の全般的な恩恵が期待される」と話した。

    三星電子が、インドで主力モデルの価額割引を行っているという点も肯定的である。三星電子は最近、インドで主力モデルであるA51、A31シリーズを9~11%割引して販売している。イ・ギュハ研究員は、「インドで中国製品ボイコットの反射恩恵を6月から享受する可能性が高いと思う」と言いながら、「下半期にもインドの中国輸入規制と不買運動の影響が続けば、追加受益の可能性も高くなり、三星電子や関連部品メーカーに肯定的である」と説明した。

    イ・ミンジ記者

    アジア経済(韓国語)
    https://view.asiae.co.kr/article/2020070414301398471

    【【棚からぼた餅の韓国】インドの中国スマートフォン不買運動が影響・・・三星電子が恩恵受ける見通し】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Toy Soldiers ★ 2020/07/02(木) 09:53:28.13 ID:TxnVyu509
    in250
     
     インド政府は、TikTok、WeChat、Mi Communityを含む59のモバイルアプリケーションを禁止すると発表しました。その理由は、プレスリリースで述べられているように、情報技術省は、
    「AndroidおよびiOSプラットフォームで利用可能な一部のモバイルアプリの悪用に関するユーザーのデータを盗み、不正に送信するためのいくつかの報告を含む、さまざまなソースから多くの苦情を受けています。インド国外にあるサーバーへの不正な方法」。

    インドのサイバー犯罪調整センター、内務省、およびコンピュータ緊急対応チーム(CERT-IN)から、これらのモバイルアプリはインドの安全に対する脅威であり、インド国民のプライバシーに対するリスクであるとの報告が複数ありました。
    インド政府は、モバイルユーザーと非モバイルユーザーの両方が使用する特定のアプリの使用を禁止することを決定しました。

    リストを見ると、インドで宣伝されているサービスアプリの大部分がファイルエクスプローラー、ドキュメントスキャナー、RAMクリーナー、独立した共有サービスですが、PUBGなどのゲーム内購入のある主要なプラットフォームはありません。
    ただし、主要な中国企業のプラットフォームは免れませんでした。Baiduアプリ、AlibabaのUCブラウザ、TencentのQQアプリのエコシステムが見られます。

    スマートフォンメーカーの中で、Xiaomiは唯一の会社であり、一部のアプリは禁止されています。たとえ深センの会社が米国政府に大きな問題を抱えていても、Huaweiには何もありません。

    これは、20人のインド人兵士が殺害された国境のスタンドオフに続く、中国に対する政治的動きとスタンスである可能性があります。
    この記事の執筆時点で、Google Playから一部のアプリをダウンロードして、既にインストールされている他のアプリを実行しようとしましたが、それらはすべて苦労せずに機能し、インド政府がこの禁止の実施をどのように計画しているかという疑問を投げかけました。

    以下は、インド政府から提供された、ブロックされたアプリの完全なリストです。

    TikTok
    Shareit
    Kwai
    UC Browser
    Baidu map
    Shein
    Clash of Kings
    DU battery saver
    Helo
    Likee
    YouCam makeup
    Mi Community
    CM Browers
    Virus Cleaner
    APUS Browser
    ROMWE
    Club Factory
    Newsdog
    Beutry Plus
    WeChat
    UC News
    QQ Mail
    Weibo
    Xender
    QQ Music
    QQ Newsfeed
    Bigo Live
    SelfieCity
    Mail Master
    Parallel Space
    Mi Video Call – Xiaomi
    WeSync
    ES File Explorer
    Viva Video – QU Video Inc
    Meitu
    Vigo Video
    New Video Status
    DU Recorder
    Vault- Hide
    Cache Cleaner DU App studio
    DU Cleaner
    DU Browser
    Hago Play With New Friends
    Cam Scanner
    Clean Master – Cheetah Mobile
    Wonder Camera
    Photo Wonder
    QQ Player
    We Meet
    Sweet Selfie
    Baidu Translate
    Vmate
    QQ International
    QQ Security Center
    QQ Launcher
    U Video
    V fly Status Video
    Mobile Legends
    DU Privacy

    https://www.gsmarena.com/india_ban_tiktok_wechat_xiaomi_apps_amidst_rising_tensions_with_china-news-44011.php

    【【インド】中国のTikTok、WeChat、Xiaomiのアプリなどを禁止 インド政府「個人情報を盗み、不正に送信する為、リスクがある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ごまカンパチ ★ 2020/06/28(日) 19:52:57.35 ID:TBW7PFkI9
    cn250

     中国とインドとの間で今月発生した衝突の直前、中国が境界線付近に配置された軍部隊に、登山家や格闘家らを配属させていたことが分かった。
    中国国営メディアが報じた。

    山岳地帯に位置する係争地域では、双方とも核保有国である両国関係が緊迫する事態はまれではない。
    だが今月起きた衝突では、過去50年以上で最多の死者数を出す事態となった。

    中国の軍事紙「国防時報(China National Defense News)」によると、チベット自治区(Tibet Autonomous Region)の区都ラサ(Lhasa)で今月15日、
    エベレスト(Mount Everest)に登頂した五輪の聖火リレー登山隊の元隊員や、総合格闘技チーム所属の格闘家らが所属する新たな民兵隊5部隊が査閲を受けた。

    中国中央テレビ(CCTV)は、ラサで数百人もの民兵隊員らが整列する様子を捉えた映像を放送。
    また国防時報の報道によると、チベット軍区の汪海江(Wang Haijiang)司令官は、格闘技クラブ「恩波格斗(Enbo Fight Club)」の新入隊員らが
    部隊の「組織動員力」および「迅速な対応・支援能力」を大幅に向上させるだろうと述べた。
    だが、この部隊の配置と中印国境で続く緊張状態の関連性について明確に認めることはなかった。

    そしてその後、ラサから1300キロ離れたラダック(Ladakh)地方で中印両軍が、過去数十年で最も激しい衝突を繰り広げた。
    インド側は、この乱闘で同国軍兵士20人が死亡したと発表。
    一方で中国側も、数は不明ながら人的損害が出ている。

    両国軍は互いを非難し合う一方、両者が締結している協定により火器の使用は防止されている。
    ただ、石やこん棒といった単純な武器を使用した乱闘はそれでも激烈なものとなった。

    中国国営メディアはここ数週間にわたり、インドと接するチベット自治区における軍事活動を取り上げている。
    また国防時報は、新部隊が「国境の強化とチベットの安定化」のために導入されたと伝えている。

    ヤフーニュース

    【【中印】中国、登山家や総合格闘家を部隊に配属 インド軍との石やこん棒を使用した衝突直前に 中国国営メディア報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/06/28(日) 07:34:38.47 ID:Cin55Ys99
    no title
     
     【ニューデリー共同】インドの首都ニューデリー近郊グルガオンに27日、バッタの大群が襲来し、一部が首都に到達した。デリー首都圏政府は緊急会合を開き、厳戒態勢を取ることを確認。住民にドアや窓を閉め、戸外に置いた植物をシートで覆うよう注意を呼び掛けている。

     インド政府は職員200人以上を投入し駆除を急いでおり、小型無人機ドローンも使って殺虫剤を散布。農作物への被害を食い止めたい考えだ。

     バッタはインド西隣のパキスタンから移動してきたとみられている。

    2020.06.28
    https://www.daily.co.jp/society/main/2020/06/28/0013462594.shtml


    【バッタ襲来、インド首都厳戒態勢 当局が注意呼び掛け】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ttongsulian ★ 2020/06/19(金) 21:46:02.02 ID:CAP_USER
    0177B343-EB28-4118-84D4-B4F4C27EBF68
     
    西藏军区组织5支新质民兵分队入队授旗
    http://www.81.cn/hbll/2020-06/15/content_9835512.htm

    中印衝突未息 西藏民兵搏擊分隊成軍
    https://news.mingpao.com/pns/%E4%B8%AD%E5%9C%8B/article/20200619/s00013/1592504754296/中印衝突未息-西藏民兵搏擊分隊成軍


    中国がインドとの国境葛藤中に格闘技選手などで構成された民兵隊を新たに編成したことが伝えられた。

    19日中国人民解放軍のニュースポータルである中国軍網によれば、インドと接した西蔵(チベット)地域に駐屯する西蔵軍区などは15日、拉薩(ラサ)警備区域民兵訓練基地で新たに創設した5個民兵隊に対する旗の授与式を開いた。

    特に香港メディアの名報によれば、今回作られた雪獒(※白いチベタンマスティフをこう言うらしい)高原反撃部隊は国内外の大会で数回優秀な成績を収めた格闘技クラブのチーム員で構成された。

    汪海江・西蔵軍区司令官は雪獒部隊に対して「反撃で相手を制圧する『鉄の拳』」と呼んだりもした。

    このような民兵隊の創設は軍が直接乗り出した時に比べて偶発的衝突が戦争に拡大するのを防ぐ一方、ケンカに特化した格闘技選手たちを投入して乱闘発生の際にインド軍に対して確実な優位を占めるという意図があるものと解釈される。

    両国は国境地帯での戦争拡大を避けるために最前方パトロール隊の銃器・爆発物の携帯を禁止することで合意している。

    このため、核保有国である両国の軍人たちは国境地域で衝突の際は銃撃戦の代わりケンカや投石戦をする。

    両国軍が先月から接境であるラダック地方で緊張を続けている中、去る15日に再び武力衝突が発生して、双方で数十人が死亡したことが伝えられる状況だ。

    雪獒部隊だけでなく、新たに創設された雪鷹空中巡察部隊は企業のヘリコプターを利用して空中パトロール及び森林監視などを担当する。

    このほか、雪鴿極地通信部隊には『高原応急通信警護』という通信企業が、雪狼極地登山部隊には有名登山チームと高冷地帯の登山訓練学校などが、兵站部隊である雪狐には某鉱業開発企業の派遣チームが参加する。


    2020-06-19 13:34 聯合ニュース
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20200619086500097  

    【【中国】インドとの国境に『鉄の拳』格闘技の選手たちを配備】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ごまカンパチ ★ 2020/06/19(金) 07:58:25.39 ID:cNjUdlBp9

    「忘れもしない5月25日の午前10時頃、私が取材で訪れていたインド・ジャイプルに奴らが来ました。
    無数の羽音が近づいてきたかと思うと、晴れた空が一瞬にして黒い雲に覆われた。
    町中の人が外に出て、プラスチックの容器を必死に叩いて音を出し、奴らを追い払おうとします。しかし、数が多すぎて効果はあまりない。
    住民たちと一緒に外に出たはいいが、ひとたび口を開けたら奴らが入ってくるんじゃないか、そんな恐怖を覚えながら、口を固く閉じ、 
    ただただ過ぎ去るのをじっと待つしかありませんでした……」
    ニューヨークタイムズ紙のインド・ニューデリー支社に勤めるスハシーニ・ラジ記者は、おびただしい数のバッタと遭遇した日をそう回想する――。
    no title


    新型コロナウイルスの蔓延に苦しむ人類に、もう一つ未曾有の災厄が襲いかかる。「サバクトビバッタの大群」だ。
    農学・昆虫学を専門とする東京農業大学の足達太郎教授が解説する。
    「本来サバクトビバッタは、1匹単位で生活する大人しい種です。しかし、一昨年から昨年にかけて、東アフリカで季節外れの大雨が降った影響で、バッタが大量発生した。
    すると、性質に変異が生じ、翅(はね)が長く獰猛で群れを作る種が生まれました。その種が長距離を大群で移動して、各地に被害を及ぼしているのです」

    過去70年で最大規模とされるバッタの大群は、生まれ故郷のアフリカを出発し、各地で農作物を食いつくしながら東進中。現在インドに到達した。
    中国政府は警戒を強め、ニュース番組は連日のように『4000億匹のバッタの大群がインド・パキスタン国境から中国に迫っている』と報道。
    中国農業科学院植物保護研究所の研究員は、6月中にバッタが飛来する可能性を示唆している。

    足達教授は話す。
    「変異して群れるようになったバッタは、季節風に乗って飛ぶ。風がうまく吹けば、数千㎞飛ぶことも可能です。 過去には、西アフリカからカリブ海諸島に到達したという記録もあります」

    当然、日本も他人事では済まされない。
    中国に侵入したバッタの大群が、黄砂を運ぶ風に乗って海に隔てられた2000㎞をやすやすと越え、日本列島へと飛来することは十分にあり得るのだ。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/64be035be61cb413d7cd14c0b001ba72990ae4b0  【【蝗害】突然変異で獰猛化 4000億匹のバッタ「日本襲来の可能性」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: アイスのふたの裏 ★ 2020/06/18(木) 21:11:36.90 ID:n06rOf6e9
    インドと中国、外相が互いに抗議 係争地での衝突めぐり
    BBC 
    https://www.bbc.com/japanese/53088340

    no title
    インドと中国は国境から2キロの範囲には銃器を持ち込まないことで合意している

    インドと中国が国境を争うヒマラヤ山脈地帯で衝突し、インド兵が少なくとも20人死亡したことを受け、両国の外相が17日電話会談し、互いに抗議を表明した。

    インドのスブラマニヤム・ジャイシャンカル外相は、同国領土に中国が建造物を作ろうとしたと主張。一方、中国の王毅外相はインド部隊が最初に攻撃したと訴えた。

    ただ、両外相とも事態を悪化させないことを約束した。

    北部ラダック地方で15日に発生した衝突では、兵士らはこん棒などで戦い、銃撃戦にはならなかったとされる。

    係争地で両国が衝突し死者が出たのは、過去45年以上で初めて。

    中国は死傷者を明らかにしていない。インドのメディアは、中国兵の死者は40人以上だとの未確認情報を伝えている。

    no title
    15日の戦闘は実効支配線(Line of Actual Control)が引かれているガルワン渓谷(Galwan Valley)で起きた

    インドのナレンドラ・モディ首相は17日、テレビ演説で衝突について初めて言及。国民の死を「無駄にはしない」と述べた。

    また、インドは「兵士が中国軍と戦って死んだことを誇りに思う」とし、「インドは平和を望んでいるが、挑発されればどんな状況にあろうと、相応の仕返しが可能だ」と話した。

    ●両外相は何を話した?

    電話会談後、インド政府は声明を発表。戦略上の要衝であるガルワン渓谷で、事実上の国境である実効支配線(LAC)のインド側に、中国軍が建造物を建てようとしたとした。

    また、そうした行動は「周到に計画されたものであり、暴力と犠牲者を生む直接の原因となった」とし、中国に「間違いを正す」よう求めた。

    一方、中国政府の声明で王氏は、「中国は改めてインドに強い抗議を表明するとともに、インドに詳細な調査と(中略)同じことが起こらないために挑発的な行動の中止を要求する」と述べた。

    さらに、「双方は話し合いによって問題を解決し、国境を安全で安定した場所にすべきだ」と付け加えた。

    ●取っ組み合いの戦闘

    衝突は、急峻(きゅうしゅん)で岩が多いガルワン渓谷で起きた。

    インドのメディアは、両軍兵士は取っ組み合いを繰り広げ、「殴打されて死んだ」人もいたとした。川に落ちたり落とされたりした兵士もいたと報じた新聞もあった。

    no title

    ガルワン渓谷の衛星写真

    インド陸軍は当初、インド軍の将校1人を含む3人が死亡したと発表した。その後、インド部隊の17人が死亡し、「戦闘での死者は合計20人」になったとした。

    匿名のインド軍高官はBBCに、衝突時はインド兵55人に対し、中国兵は300人ほどいたと説明。「我々は有刺鉄線を巻きつけた金属の棒で頭を殴打された」と述べた。

    この衝突により、インドでは中国国旗を燃やすなどの抗議行動が起きている。

    一方、中国が死傷者を明らかにしてないことについて、政府は国内で国粋主義的な雰囲気が高まることを嫌っている可能性があると、BBCのロビン・ブラント記者が北京から伝えている。

    ●あいまいな国境

    実効支配線の境界はあいまいだ。川や湖、山頂付近の雪などが、境界の確定を難しくしている。世界最大規模の中国、インド両軍は、至る所で遭遇している。

    1975年にはインド北東部アルナーチャル・プラデーシュ州の国境付近で銃撃戦があり、インド兵4人が死亡した。

    以来、両軍による発砲は起きていない。

    両国は過去30年間で何度か協議を重ねてきたが、国境問題は未解決のままだ。

    ●高まっていた緊張

    ここ数週間は、国境付近で双方の緊張が高まっていた。

    インドは、中国がガルワン渓谷に数千人の部隊を送り込み、インドの領土を3万8000平方キロにわたって占拠していると主張している。

    no title

    インドがラダックに道路を建設したことをめぐって中国との間の緊張が高まった

    【【BBC】インドと中国、外相が互いに抗議 係争地での衝突めぐり 実効支配線(LAC)のインド側に中国軍が建造物を建てようと】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/06/17(水) 10:45:47.31 ID:cu3Y7s9L9
    no title
     
    インド軍と中国軍が、両国が領有権を争うカシミール地方で衝突、ロイター通信によると、インド軍は兵士20人が死亡したと発表したという。中国軍の投石によるもので、発砲などはなかったとしている。

    インド外務省は中国に対し「一方的な現状変更の試みの結果だ」と非難したが、中国外務省はインド軍が2度にわたって国境線を越え「挑発行為や攻撃を行ったため衝突になった」と主張、その上でインド側に「強烈に抗議し厳正な申し入れを行った」と強調した。

    この地域では先月から殴り合いなどの小競り合いが起きていて、両軍のにらみ合いが続いている。(ANNニュース)

    2020.06.17 07:12
    https://times.abema.tv/posts/7058473


    【【続報 死者増えてる】中国軍の投石でインド軍兵士20人死亡か 発砲はなく殴り合いなどの小競り合い…両軍のにらみ合いが続く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Lv][HP][MP][ ★ 2020/06/16(火) 18:39:04.63 ID:FqfqZisR9
    インド軍は16日、中国との境界で発生した衝突により兵士3人が死亡したと発表した。
    ここ数週間、中印両国は兵員を増派するなど、緊張が高まっていた。

    インド軍報道官は
    「暴力的な小競り合いがきのう(15日)夜に発生し、犠牲者が出た。インド側の死者は将校1人、兵士2人だ」と述べた。

    インド軍は今回の事件が、中国・チベット自治区(Tibet Autonomous Region)に接する
    印ラダック(Ladakh)地方にあるガルワン(Galwan)渓谷で発生したと説明。
    先月9日にも乱闘や投石などの騒ぎが起き、中印両軍の兵士数名が負傷していた。

    現場地域に配属されているインド軍将校は匿名を条件にAFPの取材に応じ、
    「銃撃は起きておらず、殺された将校は大佐だ」と説明
    「発砲もなく、火器も使用されていない。暴力的なつかみ合いの乱闘だ」と述べた。

    インド軍は「双方に犠牲者」が出たとしているものの、中国政府は死者および負傷者については言及していない。
    ただ中国政府はすぐさま、この事態の責任はインド側にあると断じた見解を発表。
    インド側が両国間の境界線を越えたと非難した。

    中国外務省の趙立堅(Zhao Lijian)報道官は、インド軍部隊が15日に2度境界線を越えたと説明。
    「中国の兵員を挑発・攻撃し、両国側の国境部隊の間で深刻な物理的な衝突に至った」と述べた。

    写真:インドと中国の兵士らの小競り合いが発生した、両国国境地帯にあるガルワン渓谷の位置を示した地図
    no title


    AFP通信 2020年6月16日 17:57
    https://www.afpbb.com/articles/-/3288639

    【【中印】係争地で小競り合い 「つかみ合いの乱闘」でインド軍兵士3人死亡 中国側にも犠牲者か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/06/09(火) 14:00:57.98 ID:CAP_USER 
     kr250
    韓国全国経済人連合会(全経連)が韓国製品に対する輸入規制を緩和してほしいとインド政府に要請した。

    全経連の権泰信(クォン・テシン)副会長は9日、ソウル汝矣島(ヨイド)全経連カンファレンスセンターで開かれたSripriya Ranganathan駐韓インド大使を招待した企業家の朝食懇談会で「韓国輸出品に対し、インドが米国の次に多くの輸入規制措置を課している」と明らかにした。

    インドは昨年末基準で、韓国輸出品にアンチ・ダンピング25件、相殺関税1件、セーフガード6件など計32件の輸入規制措置を課すか調査をしている。特に昨年1年間で計12件の新規調査を始めるなど輸入規制を強化していた。

    権氏は「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)でインド内の投資環境がより一層厳しくなった」とし「最低限、昨年以前の水準に輸入規制措置が凍結されるようにしてほしい」と要請した。

    また、新型コロナ沈静化後を見据え、韓中間「ファストトラック(迅速通路)」のように、韓国企業家に対するインド入国手続きの簡素化を建議した。

    昨年の韓印間の交易額は200億ドル(約2兆1600億円)だった。特に新型コロナで今年1~4月の交易規模は昨年同期比8.3%減少した。

    中央日報 2020.06.09 13:23
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/266842?servcode=300&sectcode=300

    【【売ってやるニダ】韓国全国経済人連合会、インド政府に韓国製品輸入規制緩和を要請】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: アルヨ ★ 2020/06/03(水) 16:54:35.92 ID:oM/JLvuD9
    in250
     
    2020-06-03 12:12

     中国メディア・東方網は1日、中国との国境地域の強化を進めるインドが、日本の支援を借りて66本の主要道路を整備していると報じた。

     記事は、インドがここ数年国境地域のインフラ建設を加速させており、特に道路、橋、トンネルなどの建設に力を入れていると紹介。インド紙エコノミック・タイムズが29日にインド北部ウッタラカンド州のトンネル工事が3カ月前倒しで完了し、今年10月には開通予定であると報じたことを伝えた。

     そして、同紙が「わが国では66本の道路の主要道路整備を行い、国境の前線に向けて道を通す予定だが、急速なインフラ整備を完全に自力で行っているわけではなく、日本から大きな支援を得ている。日本が大部分の道路、トンネル建設任務を請け負っているのだ」と解説したことを紹介している。

     その上で、日本企業がこのほどインド北東部のラダックとウッタラカンド州を含む大部分の道路建設プロジェクトを請け負い、その総距離が2000キロに達するという日本メディアの報道と伝えた。

     記事はまた、インパールとコヒマを結ぶ道路、マニプール州の道路関連プロジェクト、シロンとダウキを結ぶ道路、ダウキの大橋などといった道路交通インフラプロジェクトを主として進めているのがいずれも日本企業であるとした。(編集担当:今関忠馬)

    サーチナ
    http://news.searchina.net/id/1689942?page=1

    【【中国メディア】インドが国境地域で66本の主要道路を整備、大部分で日本が支援していた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: チミル ★ 2020/05/30(土) 21:20:23.37 ID:GgvcaIef9
    no title

     
    【5月30日 AFP】インドの広い範囲で、空前の規模のバッタの大群が被害を及ぼす中、同国当局は29日、旅客機の運航に支障を及ぼしたり、機体を損傷させたりする恐れがあるとして警鐘を鳴らした。

    同国の民間航空省は、バッタの大群は今やあまりに巨大化し、「航空機の運航にとって極めて重要な離着陸の際、機体に脅威を及ぼし得る」と懸念を表明。

    https://www.afpbb.com/articles/-/3285721


    【【蝗害】インドに到達した「バッタの大群」あまりにも巨大化…旅客機の運航支障、機体損傷の恐れあり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV7,ほうおう,9C】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/05/28(木)06:29:49 ID:???
    in250

     インドの新型コロナウイルス感染者の拡大がとまらない。5月中旬に中国の感染者数を上回り、アジア最多となった(5月23日時点のインドの感染者数は12万5149人)。

    国内で最も感染者数が多いのはムンバイであり、全体の20%を占めている。人口13.5億人を擁するインドのモディ首相は3月24日、インド全土を都市封鎖(ロック・ダウン)すると宣言、その期限は複数回延長されている。
    しかし、これにより都会で仕事を失った出稼ぎ労働者達の移動で、新型コロナウイルスの感染が地方に拡大するマイナスの結果を招いてしまった。
    封鎖が長引くなか、インド政府は5月中旬に約28兆円規模の大型経済対策を発表したが、低迷する経済の下支えにどれだけ効果があるか不透明な情勢である。

     2014年5月の就任以来、最大の苦境に追い込まれているモディ首相にとって「泣き面に蜂」だったのは、インド東部に20日夜、観測史上2回目のスーパーサイクロンが上陸したことである。

    インドと隣国バングラデシュでは住民数百万人が避難したものの、広範囲に被害が出るのは確実である。
    被害の全容は現時点で明らかになっていないが、大勢の住民が避難所に集まることで、新型コロナウイルスの感染がさらに拡大する恐れが強まっている。
     筆者が最も懸念しているのは、スーパーサイクロンが上陸したインド東部は、長年中国と対立している国境紛争地域だったことである。
    紛争地域はインド北東部の州のひとつであるシッキム州である。ヒマラヤ山脈の南麓のネパールとブータンの間に位置するが、直近の5月9日にもパトロール中のインド軍と中国軍との間で小規模な衝突が発生している(インド兵4人と中国兵7人が負傷)。
    米国はこの事案について20日、「現状変更に向けて利用している」として中国を非難するとともに、インドに対しては抵抗を促した。

    インド国内で高まる中国への反発……(以下略)


    ビジネスジャーナル 5月26日
    https://biz-journal.jp/2020/05/post_159212.html

    ■別ソース
    中印両軍が国境に増兵、軍事的緊張高まる 5月に複数回衝突=印メディア ― 大紀元
    https://www.epochtimes.jp/2020/05/57192.html

    中国軍5000人が実効支配線越え インドが直面する中国の覇権主義 ― 産経新聞
    https://special.sankei.com/a/international/article/20200527/0001.html


    【【印中】中国とインド、58年ぶりの大規模軍事紛争の兆候…中国、コロナ禍のインドを挑発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/05/26(火) 15:49:44.75 ID:bQ3V8Gdm9
    新型コロナウイルスの危機に直面しているインドとパキスタンを、新たな脅威が襲っている。バッタの大群だ。    

    インドやパキスタンでは、サバクトビバッタが大発生しており生息範囲を広げている。


    インドでは少なくとも5つの州に広がっており、農作物に甚大な被害を与えているとインディア・トゥデイは伝える。

    インドのテレビ局NDTVによると、西部マハラシュトラ州では、作物をバッタから守るために殺虫剤を頒布している。

    また中部マドヤ・パラデシュ州では、農務省が被害を受けた地域の農家たちに、ドラムや食器を叩いたり、叫んだりして大きな音を立て、バッタを追い払うようにアドバイスしているという。

    国連食糧農業機関(FAO)のキース・クレスマン氏によると、この大群は春の産卵で生まれたサバクトビバッタだ。

    クレスマン氏は、「6月には東アフリカから別の群れが到達する可能性がある」とも警告している。

    サバクトビバッタの大発生は東アフリカやアラビア半島でも起きていて、大きな問題になっている。

    FAOによると、現在大発生しているサバクトビバッタは、もともとアラビア半島で発生したものだが、それが東アフリカや東南アジアまで広がっていると考えられている。

    近年発生した幾つかの国での豪雨が、サバクトビバッタの産卵に最適な状況を作った、と同機関は説明する。

    FAOはサバクトビバッタへ対策の資金を調達するなど対策を進めているが、解決には時間がかかりそうだ。

    FAOによると、若いサバクトビバッタが、これから訪れる収穫シーズンの6月に食欲旺盛な成虫となり、食料危機の問題を悪化させる可能性がある。

    さらに、イエメンでは新たな繁殖が進んでいて、6月にさらに大量のサバクトビバッタが発生して東アフリカの状況を悪化させる可能性もある。

    FAOのチュー・ドンユィ事務局長は「サバクトビバッタの大発生は新型コロナウイルスの影響と重なって、人々の生活と食料の安全にとって壊滅的な結果をもたらしうる」と、強い懸念を示している。

    近年世界各地を悩ませているバッタの大発生。国連環境計画の専門家、リチャード・ムーナン氏は、地球温暖化がサバクトビバッタの大発生に影響を与えていると指摘している。    
    2020年05月26日 12時48分 JST
    https://www.huffingtonpost.jp/entry/desert-locusts-india_jp_5ecc6f58c5b6700869a6306d
    no title

    no title

    no title

    【東に向かうバッタの大群、アフリカからインドに到達 生息範囲広げ「壊滅的な結果もたらしうる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: さかい ★ 2020/05/16(土) 17:15:19.23 ID:3zNGFZeu9 BE:656475691-2BP(1000)
    136D8DBD-D658-4863-AD82-A450B5BDAC13

    インドで新型コロナウイルスへの感染が確認された人は8万5000人を上回り、中国を抜いてアジアで最も多くなりました。インドでは感染拡大が続く中、政府が経済への影響を考慮して外出制限を段階的に緩和していて、感染に歯止めがかからない状況が長く続くことへの懸念が出ています。

    インド政府によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人は16日午前までの24時間で3970人にのぼり、感染者は8万5940人、死者は2752人になり、感染者の数は中国を抜いてアジアで最も多くなりました。

    インドでは3月下旬から全土で厳しい外出制限を続けてきましたが、この1週間ほどは1日に4000人前後の感染者が確認されるなど感染拡大に歯止めがかかっていません。

    特に最大の商業都市ムンバイのある西部マハラシュトラ州は、感染者数の3分の1を占め、病床がひっ迫しつつあり、急きょ臨時の隔離施設の建設が進められています。

    その一方で、長引く外出制限によって大量の失業者が出るなど経済に深刻な影響が出ていることから、インド政府は4月下旬以降、感染者数の規模に応じて地域ごとに制限を段階的に緩和しています。

    今月12日にテレビ演説を行ったモディ首相は経済の回復を強調し、18日からは一段と緩和を進める方針を示していますが、人と人の接触や移動が増えることで、感染拡大に歯止めがかからない状況が長く続くことへの懸念が出ています。

    2020年5月16日 15時39分 
    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200516/k10012433141000.html  

    【【新型コロナ】インドの感染者数がアジア最多に、感染拡大続く懸念も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/05/15(金) 12:20:50.66 ID:CAP_USER
     no title

    インド南部のアンドラ・プラデシュ州で起きたガス漏れ事故で、インド環境裁判所は韓国LG化学の現地法人に対して5億ルピー(約7億600万円)の供託を命じた。

    供託金は損害賠償に備えた措置で、州当局者は「欧州連合(EU)や米国で起きたときと同水準の補償を求める)と言明した。

    事故は7日午前3時ごろ、韓国LG化学の現地法人LGポリマーズの工場で発生した。同工場はテイクアウト用カップのフタの素材であるポリスチレン樹脂を生産している。

    有害物質のスチレンガスが流出して数キロ先まで拡散し、近隣住民ら少なくとも13人が死亡したほか、約1000人が入院した。住民らは目が焼けるような感覚と呼吸困難、嘔吐(おうと)などの症状を訴えたという。

    韓国・中央日報によると、2日後の9日には事故の遺族ら住民約300人が責任者の逮捕や工場の閉鎖などを要求してデモ。

    遺族の一部は犠牲者の遺体を担いで参加し、遺体は会社側への抗議の意味を込め数分間、工場の正門前に置かれた。一部の参加者は正門を乗り越えて工場内に侵入する騒ぎになった。

    聯合ニュースによると、地元州政府はLG化学側に事故の原因物質を韓国にすべて移すよう指示。すでに8000トンが韓国行きの船舶に積まれた状態であるという。

    LGポリマーズは「指示により、工場などに保管していたすべてのスチレンを韓国に移している」と明らかにした。

    この工場はインド政府が新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)を開始した3月24日から閉鎖されていた。

    ちょうど再開するところだったといい、警察当局はロックダウンで無人となった工場の容量5000トンのタンク内で化学反応が起こり、熱が発生してガス漏れに至ったとの見方を示した。

    警察当局は毒性物質の管理を怠った疑いなどでLGポリマーズの経営陣の立件を目指し、捜査に着手した。

    環境裁判所は供託命令と同時に事故原因を究明するため、5人で構成される真相調査委員会の設置を発表。委員会は事件発生の順序、発生原因と責任の所在、人命被害程度などの報告書を提出することになる。

    環境規定違反の事実が摘発された場合、工場免許が取り消される可能性があるという。

    東亜日報によると、LG化学は事故直後、内部に非常対策委員会を立ち上げ、被害者補償策などを準備している。辛学[吉吉]副会長ら役員も現地に向かった。

    LGポリマーズは謝罪文で「事故の原因調査と再発防止策や治療などの全般的な措置に万全を期す」と約束した。


    2020年5月15日(金) 11時20分
    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b805607-s0-c30-d0059.html

    【【印韓】韓国LG化学工場ガス漏れ事故、インド当局 「EUや米国で起きたときと同水準の補償求める」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/05/13(水) 13:11:07.35 ID:CAP_USER
     in250
    2020年5月12日、韓国・聯合ニュースによると、韓国のLG化学のインド工場で起きたガス漏れ事故と関連して、インド州政府がLG化学側に事故の原因物質を韓国にすべて移すよう指示した。

    記事によると、同化学工場のあるインド南部のアーンドラ・プラデーシュ州の州首相はLG化学系列のLGポリマーズ側に1万3000トン分のスチレン(合成樹脂)の在庫を韓国に返送するよう命じた。

    アーンドラ・プラデーシュ州当局は、すでに8000トンが韓国行きの船舶に積まれた状態であると発表した。また、LGポリマーズ側は「インド政府の指示により、工場などに保管していたすべてのスチレンを韓国に移している」と明かしたという。

    今月7日未明に発生したガス漏れ事故では、近隣住民約1000人が死傷した。現地警察は、工場内のタンクに保管されている化学物質のスチレンモノマー(SM)からガスが漏れたとみており、LGポリマーズは事故原因について「タンクから油蒸気が漏れて発生したものと推定される」としている。

    事故を受け、現地住民の一部は工場閉鎖などを要求しており、当局も環境規定違反の事実が摘発された場合、工場免許が取り消される可能性があると話しているという。

    インド州政府の措置に、韓国のネット上では「インドでたたかれるのは当然」と理解を示す声も上がっているが、

    「事故はいつどこで起きるか分からないもの。違法事項があれば処罰して改善しながら共に進んでいくべき。危険は取り去って金になる物だけ残せってこと?」
    「インドの工場を買収してインド側が工場を稼働した。税金もインドに納めているはずだけど…。ここまでするのはひどくない?」
    「インドから工場が撤退したら、インド経済にも莫大な損失が生じると思うけど」

    と反発する声が多い。また、

    「それならもうインドにいる理由はないんじゃない?撤退して」
    「韓国で安全管理を確実にして生産すればいい。もうそういう時代になったと思う」
    「いい機会だから韓国に戻ってきて。国内にもっと雇用を生んでほしい」

    などと求める声も上がっている。


    2020年5月13日(水) 12時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b805165-s0-c10-d0127.html

    【【インド】韓国LG化学工場でのガス漏れ事故、インド州政府の措置に韓国ネット 「ひどくない?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/05/11(月) 09:03:04.34 ID:CAP_USER
     no title
    LG化学がインド現地の化学工場で起きたガス漏れ事故と関連して、現地で謝罪文を発表するなど対策に乗り出した。

    10日、LG化学によると、LG化学は事故直後、内部に非常対策委員会を設置し、被害者補償策を準備している。

    インド現地法人LGポリマーズ・インディアは9日(現地時間)、インド現地に配布した謝罪文で、「被害者と遺族を支援するために対策組織を設置し、葬儀の支援とともに被害者への医療支援を行う」と明らかにした。

    LG化学は、辛学喆(シン・ハクチョル)副会長ら役員が現地に向かい、事故を収拾することを決めた。役員自ら事態を厳しく認識し、責任をもって収拾するという立場を明らかにするためだ。

    7日未明、インド南部のアーンドラ・プラデーシュ州のビシャカパトナムにあるLG化学工場で、スチレン(合成樹脂)を含む有毒ガスが漏れて13人が死亡したと、外信が報じた。現地では、具体的な対策と惨事の責任を問う声が強まっている。

    8日、インド環境裁判所(NGT)が、LG化学に事故被害の補償のための供託金として5億ルピー(約81億ウォン)を出すよう命じ、9日には近隣の村の住民約100人がLG化学工場に集まって、工場の閉鎖と移転、最高責任者の逮捕などを求めた。


    東亜日報 May. 11, 2020 07:29
    http://www.donga.com/jp/List/article/all/20200511/2059776/1/

    【【韓国LG化学】印工場事故で謝罪 近隣の村の住民が最高責任者の逮捕など求める】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル