かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: 台湾

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: バルガンシクロビル(茸) [KR] 2020/09/21(月) 13:32:23.13 ID:tlqrpsUT0 BE:479913954-2BP(1931)
    汪洋

    「主権の損害容認せず」 台湾問題で中国序列4位

     新華社電によると、中国共産党序列4位で国政助言機関、人民政治協商会議(政協)の主席を務める汪洋氏は台湾独立志向の与党、民主進歩党(民進党)政権を念頭に「『台湾独立』は袋小路だ。国家主権や安全へのいかなる損害もわれわれは容認しない」と強調した。
    福建省アモイで開かれた台湾との交流イベント「海峡フォーラム」のビデオ演説で表明した。中国は米高官の訪台に反発、軍事的圧力を強めている。汪氏は「外国勢力を頼みに危険な道を進むことは台湾にリスクをもたらす」と警告した。

     中台交流や協力を「制限、縮小するたくらみ」や「愚かにも大陸経済と『デカップリング(切り離し)』しようとする」動きが台湾にあるとも述べ「百害あって一利なしだ」と強調した。「交流の強い願い」により台湾側から多数が参加したと主張。
    だが今回、中国側から不適切な発言があったとして台湾最大野党の国民党は参加を取りやめた。台湾メディアによると、台湾の中国政策を管轄する大陸委員会は、中国当局は「一つの中国」原則を掲げて「武力で台湾を屈服させようとしている」と批判し、こうした言動が中台関係のリスクを高めていると指摘した。(共同)

    産経新聞
    https://www.sankei.com/world/news/200921/wor2009210006-n1.html

    【中国序列4位、台湾に警告 「台湾独立は袋小路だ。我々は絶対に容認しない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: チンしたモヤシ ★ 2020/09/21(月) 15:37:38.15 ID:CRVtf6XH9
    海上からロケット発射、台湾威嚇の観測 中国
    時事 2020年09月21日07時17分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092000261&g=int

    no title

    中国が15日に黄海で行ったロケット「長征11号」の打ち上げ
    (中国国営中央テレビより・時事)


     【北京時事】中国が最近、黄海から打ち上げたロケットについて 「台湾を威嚇する意図」(外交筋)があったという見方が出ている。 打ち上げは、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)と共通した方式を使用。 台湾と連携を深め、関係が悪化する米国に対するけん制効果を狙った可能性もある。

     中国国営新華社通信によると、黄海で発射台を設置した船からロケット「長征11号」が15日打ち上げられ、民生用の地球観測衛星9基を予定の軌道に投入した。 海上からのロケット打ち上げは実験的に行われた2019年6月に続き2度目。 中国メディアは、陸上よりも海上の打ち上げはコストや安全面で利点があるとして、 今回の成功を「商業目的の海上ロケットの初打ち上げ」と宣伝した。
     ただ、ロケットは弾道ミサイルと基本的に同じ技術を使う。
    18日付の中国人民解放軍機関紙・解放軍報は今回の打ち上げについて 「多方面で重大な成果を得た」と大きく報じた。
     注目されるのは、発射台から空中にロケットが飛び出た後、 エンジンに点火する「コールドローンチ」と呼ばれるSLBM同様の方式が採用されていることだ。
    中国は米国本土を対象とする推定射程1万2000キロ以上の「巨浪3」の開発を急いでいる。
     ロケットの飛行経路は公表されていないが、 前日に中国版ツイッター「微博」で、台湾上空を通過するという情報が広がった。 台湾紙・聯合報(電子版)は、今回のロケットが弾道ミサイルだった場合、
    「射程距離は少なくとも1000キロ以上」という専門家の分析を伝えた。
    この専門家は「民間の貨物船を発射船に改造すれば、米国に近い海域に接近しミサイルを撃ちやすい」と指摘した。

    関連

    参考 北朝鮮のコールドローンチ技術
    no title

    宙に放り投げた後でミサイル点火する潜水艦(発射台を守る)ミサイル技術
    https://youtu.be/t2apphrkrus?t=48



    世界のミサイル・無人機 写真特集
    https://www.jiji.com/jc/d4?p=wmu812&d=d4_mili



    【【台湾危機】中国が海上からロケット発射、台湾、米国本土威嚇の観測 安全に民生貨物船から撃てる技術で民生衛星9基軌道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/09/20(日) 22:38:22.61 ID:CAP_USER
    (台北中央社)王美花(おうびか)経済部長(経済相)は20日、台北市内の経済部(経済省)庁舎で会見を開いた。19日まで台湾を訪問していたキース・クラック米国務次官(経済成長・エネルギー・環境担当)と台米間の正式な「経済対話」の場を設ける方針で一致したと発表し、速やかに実施するとした。

    訪台していたクラック氏との会談は「非正式」なものだとしつつも、双方の経済に関する課題や政策について意見を交わしたと説明。中国を介さない「クリーン」な次世代通信規格「5G」のネットワーク整備やサプライチェーンの再構築、インド太平洋戦略などについて話し合ったという。

    新たな経済対話では、米国側はクラック氏が主導する見通しで、台湾も人選を進める。日程などは未定で、米側と調整を続ける方針。

    クラック氏の訪問で、台米間の貿易協定締結に向けた交渉入りに進展があったか注目されていたが、王部長は、貿易協定を担当するのは米通商代表部(USTR)で、国務省とは管轄が異なると指摘。進展があれば改めて説明すると述べた。

    (呉佳蓉、蔡芃敏/編集:楊千慧)

    中央社フォーカス台湾 2020/09/20 19:29
    http://japan.cna.com.tw/news/apol/202009200005.aspx

    no title

    王美花経済部長

    【【台湾】米国務省と「経済対話」始動で一致 経済相「速やかに実施へ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/09/20(日) 22:35:35.83 ID:CAP_USER
    (台北中央社)蔡英文(さいえいぶん)総統は20日、菅義偉首相との電話会談について、現時点で計画はないと説明した。一方で、日本との協力関係は引き続き維持するとし、日本側と意思疎通を続けていく姿勢を示した。

    18日夕、李登輝(りとうき)元総統の告別追悼礼拝に出席するため訪台した森喜朗元首相が蔡総統と会談。森元首相は、訪台前日の17日、菅首相から電話があったとし、「何かの機会にまたお電話でもお話しできれば」と思っていると蔡総統への伝言を伝えた。

    席上、この伝言について通訳されなかったが、18日夜、中央社がこれを報道。総統府は、蔡総統には幕僚から補足説明があったとし、日本側への謝意を示した。

    中国外務省の汪文斌副報道局長は19日、森元首相の発言について日本に説明を求めたとし、日本側からは「報道されたようなことは絶対に起こらない」との回答があったと述べた。

    蔡総統は20日のイベント後、中国の反応についてコメントを求められると、森元首相との会談の席上では、電話会談について確かに話し合わなかったとし、現時点で計画はないと説明。また、森氏の訪台に改めて感謝の意を表した。

    (陳俊華/編集:楊千慧)

    中央社フォーカス台湾 2020/09/20 15:56
    http://japan.cna.com.tw/news/apol/202009200002.aspx

    no title


    【【台湾・蔡英文総統】菅首相との電話会談「現時点で計画ない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/09/20(日) 14:09:34.20 ID:dHWgv3IL9
    汪文斌
     【北京=三塚聖平】中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は19日夜、台湾の蔡英文総統と18日に会談した森喜朗元首相が、菅義偉首相が「機会があれば蔡氏と電話で話ができれば」との意向があると表明したことについて、日本に説明を求めたとする談話を発表した。

     汪氏は「日本側は、メディアが報道していることは絶対に起こらないと明確に述べた」と説明している。

    ■中国、台湾での森元首相発言に説明要求 菅首相の意向めぐり

    森氏は18日、台湾の李登輝元総統の告別式に参列するため、チャーター機で台北入りして蔡氏と会談した。

    2020年9月19日 22時59分 産経新聞
    https://news.livedoor.com/article/detail/18926013/
    ---
    ■菅政権の台湾接近けん制 森元首相伝言で談話―中国

    【北京時事】中国外務省の汪文斌副報道局長は19日、森喜朗元首相が台湾の蔡英文総統に、電話会談に前向きな菅義偉首相の伝言を伝えたことについて「既に日本側にはっきりさせるよう要求し、日本側は『報道されたようなことは決して起きない』と明確に述べた」との談話を発表した。

    発足したばかりの菅政権が台湾に接近することに神経質になっているとみられ、週末にもかかわらず反応し、日本側をけん制した。

    2020年09月19日22時44分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091900568&g=int

    【【中国】台湾での森元首相発言に説明要求…「日本側は(菅首相と蔡総統の電話会談)決して起きないと明確に述べた」と発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: かわる ★ 2020/09/19(土) 10:00:29.40 ID:gBKRj0BG9
    tramp
     米中対立が激化するなか、「台湾民主化の父」李登輝元総統の告別式が19日に行われる。これに先立ち、ドナルド・トランプ米政権が台湾に対し、巡航ミサイルや無人機などを売却する方針を固めたと、複数の海外メディアが報じた。米高官が李氏の告別式に参列するなど、米台関係の強化は着実に進んでいる。菅義偉政権も明確な外交姿勢が求められそうだ。

     「米、台湾にミサイルなど武器7種類売却を計画=関係筋」(ロイター電子版、16日)

     「米、台湾に武器売却へ 7350億円相当 巡航ミサイルなど」(ウォールストリート・ジャーナル電子版、17日)

     注目すべき2つの記事によると、売却される武器は巡航ミサイルや軍事用無人機「MQ-9リーパー」など7種類で、総額70億ドル(約7350億円)相当という。一度に台湾に売却される種類として異例の数といい、数週間内に議会に通知される見通しという。

     習近平国家主席率いる中国による「台湾統一」に向けた軍事的圧力が続いている。

     台湾国防部は、9日から10日にかけて、中国軍の戦闘機「Su-30(スホーイ30)」や「殲10」など軍用機多数が、計40回以上、台湾南西の防空識別圏に次々と侵入した、と発表した。

     これに対し、トランプ政権は台湾の安全保障への関与を強めている。昨年はF16戦闘機や、M1A2戦車など大型の武器売却を決定。今年に入り、台湾が自主建造している潜水艦向けに、MK48大型誘導魚雷18発の売却も決めた。

     こうしたなか、台湾の民主化に貢献した李氏の告別式が19日、台北近郊にある真理大学の礼拝堂で、蔡英文総統らが参列して行われる。米国務省は、キース・クラック国務次官(経済成長・エネルギー・環境担当)を派遣する。

     トランプ政権は、菅政権内の「親中派」を警戒しているとされるが、日本はどうすべきか。

     国際政治に詳しい福井県立大学教授の島田洋一氏は「トランプ政権は、中国と対峙(たいじ)して、台湾と関係を深める外交姿勢を強めている。日本は安倍政権時代、中国のハイテク分野の締め付けを行い、米国に高く評価された。菅政権も安倍路線を継承して、欧州に先んじて米国と歩調を合わせれば、日米の信頼関係は崩れないだろう」と語った。

    夕刊フジ
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200918/for2009180007-n2.html

    【【対中国包囲網】トランプ大統領、台湾との関係強化へ 異例7000億円相当の武器売却 「日本も歩調を合わせよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/09/19(土) 04:23:07.75 ID:CAP_USER
    no title
     
    (台北中央社)菅義偉首相が蔡英文(さいえいぶん)総統との電話会談を望んでいると伝えられていることについて、総統府の張惇涵(ちょうじゅんかん)報道官は18日夜、蔡総統が感謝の意を表明したと述べた。

    北部・新北市で19日行われる李登輝(りとうき)元総統の告別追悼礼拝に参列するため、森喜朗元首相率いる日本の弔問団は18日夕台湾入りし、台北市の総統府で蔡氏と会談した。森元首相は席上、17日に菅首相から電話があったことに言及した上で、蔡氏との電話会談を望む菅氏の考えを明かした。

    これを中央社が報じると、ほかの台湾メディアも一斉に伝えた。報道陣から関連の質問を受けた張報道官は、現段階で台日双方は電話会談の手配をしていないとしつつも、交流の深化や、両国の国民に有益な取り組みを共同で進めていくことに期待を示した。

    (林克倫/編集:羅友辰)

    中央社フォーカス台湾 2020/09/19 01:07
    http://japan.cna.com.tw/news/apol/202009190001.aspx


    【【日台友好】菅首相が電話会談を望むと報道 蔡英文総統「感謝」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: パリビズマブ(愛知県) [US] 2020/09/17(木) 19:45:09.41 ID:u2u5Z+ex0● BE:896590257-PLT(21003)
    ta250

    台湾、対中防衛を国際社会に要請 民主主義の防波堤を強調
    2020年9月17日 16:41 AFPBB

    台湾の呉釗燮外交部長(外相に相当)は16日、中国が武力行使に訴える恐れがあるとして、台湾と周辺地域を中国の「拡張主義的」動向から防衛するための支援を国際社会に求めた。
    呉氏は仏テレビ局フランス24に、台湾は「共産主義の中国に民主主義が乗っ取られないよう防衛する最前線」に立っていると説明。中国が近年「台湾に対する軍事的脅威を強めており」、
    台湾近海での軍事演習を拡大していることに言及して、他国からの支援の必要性を訴えた。
    先週30機を超える中国軍用機が台湾の防空識別圏に進入したことについて、呉氏は「非常に脅威的」と指摘。「台湾はここ数年間、自前の防衛力強化に懸命に努めてきた。
    だが同時にわれわれは、民主主義国家としての台湾が、影響力の拡大を試みる独裁国家の中国に脅かされていることを国際社会に理解してもらいたい」と述べた。
    独自の政府を持つ台湾を、中国は自国領とみなし、武力による統一も辞さない構えを取っている。
    台湾では2016年に、中台を不可分と位置付ける「一つの中国」原則を否定する蔡英文総統が就任。以来、中国政府は台湾への外交、経済、軍事的圧力を強めてきた。
    呉氏は、対中戦争について「台湾に対する中国の脅し方を見れば、現実的な可能性がある」と主張。地域の安定性と複数の国家の主権を中国が脅かしている実例として、南シナ海や対インド国境、香港での中国の行動を挙げた。
    その上で「中国の拡張主義的動機を阻むため、志を同じくする国々や同胞たる民主主義国家がこの地域にもっと注意を払い、互いに助け合う必要があると感じている」と呉氏は語った。

    https://www.afpbb.com/articles/-/3305116

    【台湾が国際社会に支援要請。「対中戦争が起こる可能性がある。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: チンしたモヤシ ★ 2020/09/18(金) 22:47:32.96 ID:CtL5r4WW9
    日本が台湾と関係強化しないこと希望=岸新防衛相に関し中国

    no title

     9月16日、中国外務省の汪文斌報道官(写真)は、日本が公式レベルで台湾との関係を強化しないことを希望すると述べた。
    写真は7月、北京で撮影(2020年 ロイター/Tingshu Wang)

    [北京 16日 ロイター] - 中国外務省の汪文斌報道官は16日の会見で、日本が公式レベルで台湾との関係を強化しないことを希望すると述べた。

    菅義偉新内閣で防衛相に就任する岸信夫氏についての中国の見解を問う質問に答えた。
    岸氏は台湾と強いつながりを持つ。

    汪報道官は、中国は日本との協力強化を望んでいると述べた。

    ※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

    Our Standards: The Thomson Reuters Trust Principles.
    https://www.thomsonreuters.com/en/about-us/trust-principles.html

    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/japan-china-taiwan-defence-idJPKBN2671DI 


    【【中台】日本が台湾と関係強化しないこと希望=岸新防衛相に関し中国 岸信夫は日華議員懇談会(台湾強化目的の議員連盟)幹事長】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/09/18(金) 03:32:39.97 ID:CAP_USER
    (中央社)米国務省のキース・クラック次官(経済成長・エネルギー・環境担当)を乗せたビジネスジェットが台湾時間17日午後5時21分ごろ、台北市の台北松山空港に到着した。クラック氏は中華民国(台湾)と米国が断交した1979年以降で訪台した国務省高官としては最高位となる。8月のアザー米厚生長官に続く米高官の訪台となった。

    クラック氏は19日までの日程で滞在する。18日夜に蔡英文(さいえいぶん)総統と面会するほか、その他の政府高官との交流も予定されている。19日には、北部・新北市淡水で開かれる李登輝(りとうき)元総統の告別追悼礼拝に参列する。

    シンクタンク、国防安全研究院国防戦略・産業研究所の蘇紫雲所長によれば、一行が搭乗したのはガルフストリーム・エアロスペース社の「ガルフストリーム V」で、米空軍が運用するC37Aの商用版同型機。今回の訪台で米国側が民間ジェット機をチャーターした背景について、蘇所長は、機材繰りが主な理由ではないかとの見方を示した。

    (陳韻聿/編集:名切千絵)

    中央社フォーカス台湾 2020/09/17 18:11
    http://japan.cna.com.tw/news/apol/202009170010.aspx

    no title

    チャーター機から降りるクラック米国務次官

    【【クラック米国務次官】台湾に到着 1979年の断交以降最高位の国務省高官】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/09/16(水) 19:44:33.00 ID:CAP_USER
     【台北時事】菅義偉新内閣で岸信夫・元外務副大臣が防衛相への初入閣が決まったことについて、台湾では歓迎ムードが広がっている。岸氏は親台湾派として台湾で広く知られており、防衛相就任により、安全保障面での日台関係強化にも期待が高まっている。

    【国会議員情報】岸 信夫(きし のぶお)
    no title

    https://www.jiji.com/jc/giin?c=syu&d=ecd4767649ddcab4a4331d6e09d363d8

     主要紙・自由時報は16日、安倍晋三前首相の実弟である岸氏の出自や経歴を詳報。岸氏が台湾との友好促進を図る超党派議連「日華議員懇談会」の中核メンバーとしてたびたび訪台してきたことなどを紹介し、「新内閣は台湾に超友好的だ」と報道した。

    時事ドットコム 2020年09月16日16時37分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091600894&g=int

    【【台湾】岸信夫防衛相を歓迎 地元紙「超友好的内閣」友好促進を図る超党派議連「日華(台)議員懇談会」の中核メンバー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/09/16(水) 18:08:49.96 ID:CAP_USER
    (台北中央社)自民党の菅義偉総裁が16日、衆参両院の本会議で第99代の総理大臣に選出されたのを受け、蔡英文(さいえいぶん)総統が祝電を送った。外交部(外務省)が報道資料で明らかにした。

    呉釗燮(ごしょうしょう)外交部長(外相)や台湾の対日窓口機関、台湾日本関係協会の邱義仁(きゅうぎじん)会長も祝電を送ったという。

    同部は報道資料で、菅氏が官房長官時代、安倍晋三前首相の台湾に友好的な政策の推進を支援したと言及。台湾と日本は重要な隣国同士だとし、「既存の良好な基礎の上で、台日の全面的で実質的なパートナー関係を引き続き深化させ、インド太平洋地域の平和と繁栄、安定を維持していきたい」と連携姿勢を示した。

    (陳韻聿/編集:楊千慧)

    中央社フォーカス台湾 2020/09/16 15:05
    http://japan.cna.com.tw/news/apol/202009160006.aspx

    no title

    蔡英文総統


    【【台湾】蔡英文総統 呉釗燮外交部長 対日窓口機関、台湾日本関係協会の邱義仁会長が菅氏に祝電=外交部 日台は重要な隣国同士】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/09/15(火) 21:58:02.20 ID:CAP_USER
    cn250
     【北京=中川孝之】中国の航空宇宙当局は15日、地球観測用などの衛星9基を長征11号ロケットで、黄海の洋上から打ち上げた。ロケットは台湾の上空を北から南方向へ縦断した。台湾を挑発する目的で飛行軌道を意図的に設定したとの見方も出ている。

     洋上からの発射は昨年6月に続き2回目で、船舶を改造した発射台が利用された。中国は将来的に、地球の自転の力を最も効率良く利用できる赤道付近の洋上から打ち上げ、途上国などの衛星発射を肩代わりする思惑があるとされる。

     台湾紙・自由時報(電子版)など複数の台湾メディアは、台湾上空の飛行を「重大な挑発」だと批判した。ロケットの残骸が落下する危険性を排除できないためだ。一方、中国中央テレビは洋上から打ち上げる利点として、中国大陸にロケットの残骸が落ちることを避け、人的被害などを防止できると説明している。

    讀賣新聞 2020/09/15 19:32
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20200915-OYT1T50254/

    【【重大な挑発】中国のロケット、台湾上空を縦断…挑発目的で飛行軌道設定か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/09/15(火) 23:35:27.00 ID:CAP_USER
    (台北中央社)鳥類などの生態系保全に取り組む台湾の非政府組織(NGO)「中華民国野鳥学会」(中華鳥会)が、パートナーとして加盟する国際NGO「バードライフ・インターナショナル」(BLI、本部・英国)から、中国に忖度した文書への署名を求められ、応じなかったところ、一方的にパートナーシップを解消されたことが分かった。同会が15日、公式フェイスブックを通じて発表した。

    同会によると、BLIが署名を要求した文書は、中華民国の合法性や台湾の中国からの独立などを提唱、促進しないことを約束するものだった。同会が署名を拒否すると、9月7日に開かれたBLI理事会で、同会が「リスク」問題を解決していないと見なされ、パートナー解除の決議がなされた。

    同会には、今後、台湾の政府が全額、あるいは一部資金を出すいかなるイベントにも参加しないとのBLI側からの通達があり、中華民国の国旗やシンボルマーク、記号などが使われる文書や文献、報告書など一切のメディアにBLIの名称やロゴを使用することも禁止された。BLIは理由として、中華民国の「独立」と距離を置きながら、その政府から経済的な利益を得るのは「おかしいから」との見解を示しているという。

    同会の呂翊維副秘書長は、同会の状況を各国のパートナーに知らせて今後の対応を協議するとしており、日本の団体と長期にわたって交流があるほか、欧米の団体との連絡も排除しないと説明。23日に改めて対応策を公表するとしている。

    (楊淑閔/編集:塚越西穂)

    中央社フォーカス台湾 2020/09/15 19:15
    http://japan.cna.com.tw/news/apol/202009150009.aspx

    no title

    中華民国野鳥学会のロゴ=同会のフェイスブックから

    【【台湾】野鳥学会、国際NGOから「破門」 中国に忖度した文書への署名拒否】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/09/13(日) 12:18:02.95 ID:CAP_USER
    ta250
     「一つの中国」という原則に従い、中国と国交を結んだ世界のほとんどの国において、台湾国旗の青天白日旗は公式の場に登場してはならない。これは外交的なタブーだ。このタブーが先週、主要な国際ニュースの中で大きく取り上げられた。

     チェコの国家序列2位のビストルチル上院議長が正式な国交を結んでいる中国からの警告を無視し、8月30日から5泊6日の日程で台湾を訪問した。ビストルチル議長は両国の国旗が並んで描かれたマスクを着用しながら日程を消化した。ビストルチル議長は台湾立法院(議会)で演説を行う際、中国語で「私は台湾人だ」と述べ、起立拍手を受けたが、この時も両国の国旗が描かれたマスクを着用していた。

     この出来事を通じ、台湾は国連総会まで非対面で開催されるほどコロナが全世界に広がった状況でも、通常の外交が可能な模範防疫国家というイメージを定着させた。外交使節に対しても、滞在中は全員を対象に2回にわたりコロナ検査を受けさせるなど、徹底した防疫を行っていた。

     台湾は昨年末、武漢で肺炎患者が続出した時から、武漢からの旅行制限、高リスク群の旅行客隔離、政府主導の安定したマスク供給システムの構築など、他国に比べてかなり迅速に動いた。行政の迅速さだけでなく、ハイテク技術も大いに活用した。台湾行政院は今年1月、コロナ撲滅のためIT専門家によって構成された作業部会を立ち上げ、人工知能とビッグデータを活用し、これらを防疫・自宅隔離・診療・投薬などの手続きに活用したが、これもその代表的な事例だ。

    感染者数が累計で494人(完治者475人を含む)、死者7人と感染の押さえ込みに成功している台湾は、韓国における「K防疫」と同じく「台湾モデル」という名称で自国の防疫政策を世界に宣伝している。同じように順調に見えた「K防疫」とこの「台湾モデル」の明暗も最近になってはっきりと分かれている。韓国はコロナの感染が再び拡大し、封鎖レベルの社会的距離確保まで考えねばならない状況に直面しているからだ。

     「台湾モデル」は米中関係悪化という事態さえも、これを国力を伸ばすチャンスとして活用している。先月は米国と台湾が断交して以来、米政府関係者としては最も地位の高いアザー厚生長官が台湾を訪問した。アザー長官は「台湾における最高レベルの医療知識を全世界が共有しなければならない」と大きく称賛した。

     韓国と台湾はコロナが最初に発生した中国と地理的に近く、今年1月に最初の感染者が確認されてから国力を総動員して防疫作戦を展開した共通点がある。大流行の中でも防疫に成功したという誇りも同じように持ってきた。ところがそれから8カ月が過ぎた今、国土の面積が韓国の36%、人口が46%の台湾におけるコロナ感染者数は韓国の2.3%、死者は2%程度だ。台湾モデルが勝者であることを間接的に示す数値だ。判定負けした「K防疫」は今や「台湾モデル」を徹底して研究・分析し、備えに取り組まねばならない立場となった。

    鄭智燮(チョン・ジソプ)記者

    朝鮮日報 2020/09/13 05:54
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/11/2020091180172.html


    【【韓国がKO負け】「台湾モデル」に判定負けした「K防疫」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/09/11(金) 02:12:16.96 ID:CAP_USER
     10438093-5433-41C6-A034-F9FDA0EF07FD
     多数の中国の軍用機が台湾の防空識別圏に進入です。

     台湾政府は10日夜に記者会見を行い、中国軍の多数の軍用機が9日と10日、台湾南西の防空識別圏に進入したと発表しました。台湾メディアは進入が40回以上だったと報じています。

     台湾政府は、「中国軍が地域の平和と安定に脅威を与えている」として、中国に対して「厳正な非難」を表明しました。中国は今年6月以降、たびたび台湾南西の空域に軍用機を進入させていて、台湾は警戒を強めています。(10日23:44)

    最終更新:9/11(金) 0:43
    TBS系(JNN)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/79cefca990c6ebdba9d0447151d0ff223b905466

    【【TBS】多数の中国軍機が台湾防空圏に この2日間で40回以上】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/09/09(水) 21:46:00.90 ID:CAP_USER
    kr250
     【ビジネスワイヤ】韓国のLED(発光ダイオード)メーカーのソウル半導体は、台湾エバーライトと関係者が不正競争防止法に違反したとして、韓国水原地方裁判所でそれぞれ罰金刑と執行猶予付き懲役刑の判決を受けたと発表した。エバーライトはソウル半導体の技術を盗用した不正競争防止法違反の容疑で起訴され、エバーライトに営業秘密を流出したソウル半導体の元社員3人も拘束されていた。盗用されたのは世界初のパッケージレスLEDのWICOP技術。罰金刑は不正競争防止法違反に対する法定最高刑となる。
     【注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。

    時事ドットコム 2020年09月07日12時10分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020090700407&g=bnw

    【【韓国裁判所】不正競争防止法違反の台湾エバーライトに罰金刑= LED(発光ダイオード)メーカーソウル半導体】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/09/09(水) 21:34:15.79 ID:CAP_USER
    (台北中央社)最大野党・国民党の代表団が中国主催の両岸(台湾と中国)交流イベント「海峡フォーラム」に参加するため、16日から中国福建省のアモイを訪問する。対中政策を担当する大陸委員会は8日、両岸間の交流のあり方を定めた「両岸人民関係条例」の順守を同党に求めた。中国側と何らかの取り決めや覚書を結んだり、連盟を結成したりしてはならないと呼び掛けている。

    同党重鎮の王金平(おうきんぺい)元立法院長(国会議長)が団長を務める。副団長の李乾龍・党秘書長は、国民党には両岸の架け橋となる責任があるとの考えを示した。党が派遣するのはおよそ10人。自主的に参加する企業関係者や民間人はこれに含まれないという。一行は16日に出発し、到着後は新型コロナウイルス対策として2日間、検疫のための隔離を受ける。19日に開幕するイベントに参加し、21日に台湾に戻る。

    中国高官との面会の見通しについて李氏は現時点では不明だとしつつ、近日中に調整する可能性があると説明した。

    (王承中、賴言曦/編集:楊千慧)

    中央社フォーカス台湾 2020/09/09 14:17
    http://japan.cna.com.tw/news/achi/202009090003.aspx

    no title

    野党・国民党、16日に訪中 大陸委「取り決め締結してはならない」

    no title

    王金平氏


    【【台湾】最大野党・国民党、王金平・団長一行16日に訪中 対中政策担当の大陸委「取り決め等、締結してはならない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/09/08(火) 18:44:10.17 ID:CAP_USER
    saieibun
    (台北中央社)蔡英文(さいえいぶん)総統は8日、台北市内で開かれたアジア太平洋の安全保障に関するフォーラムに出席し、「安全と経済発展は不可分」だとして、理念が近い国家が共同でサプライチェーン(供給網)を再構築することの重要性を訴えた。

    「ケタガランフォーラム―2020アジア太平洋の安全対話」と題して開かれたフォーラムは、外交部(外務省)がシンクタンク、国防安全研究院と共同で開催。9日までの2日間の日程で開かれ、米国、日本、英国など約10カ国の官僚や学者計20人が台湾の政経学者と議論を交わす。新型コロナウイルスの影響で、半リモート形式での開催となった。

    蔡総統は開会式のあいさつで、攻撃的な行為主体が南シナ海や東シナ海、台湾海峡などにおいて、グレーな衝突手段によってインド太平洋地域の情勢を不安定にしていると言及。侵略行為の拡張を防ぐため、インド太平洋地域内の理念が近い民主主義国家が協調するとともに、一致した戦略とやり方を採用する必要があると述べた。

    その上で、新型コロナによって世界の貿易やサプライチェーンが著しく混乱しただけでなく、非民主主義体制の攻撃的行為主体に各国がいかに深く依存しているかが浮き彫りになったと指摘。自由で開かれた、繁栄したインド太平洋地域を維持するため、サプライチェーンの再構築において民主主義国家が連携すべきだと主張した。

    台湾は今月4日、米国や日本、欧州の対台湾窓口機関と共同で、サプライチェーン再構築に関するフォーラムを開催。理念が近い国家間におけるサプライチェーンの強靭化に関して議論した。

    (陳韻聿/編集:名切千絵)

    中央社フォーカス台湾 2020/09/08 13:13
    http://japan.cna.com.tw/news/apol/202009080002.aspx


    【【台湾・蔡英文総統】サプライチェーン再編の重要性を強調「安全と経済は不可分」日米英などと2020アジア太平洋の安全対話】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/09/06(日) 15:21:10.54 ID:CAP_USER
    (台北中央社)蔡英文(さいえいぶん)総統は5日、フェイスブックを更新し、台湾を離れたビストルチル上院議長率いるチェコからの訪問団への謝意を示した。「今後、台湾はチェコとの緊密な交流を必ず継続する」とした上で、双方に共通している民主主義の信念のために努力していくと表明した。

    今年1月、訪台を前に急死したクベラ前上院議長に言及し、ビストルチル氏がクベラ氏の生前の願いを叶えてくれたことに感動したともつづった蔡総統。「台湾とチェコの交流は重要な一歩を踏み出すことができた」との見方を示した。次に再会するときには新型コロナウイルスの感染が収束し、マスクをつけずに会えることを願うとの考えも記した。

    (編集:楊千慧)

    中央社フォーカス台湾 2020/09/06 12:34
    http://japan.cna.com.tw/news/apol/202009060001.aspx

    no title

    蔡総統(右)に宛てたクベラ前上院議長夫人の親書を手渡すビストルチル氏

    【【台湾・蔡英文総統】チェコと交流継続誓う 「民主主義の信念のため努力を」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル