かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: 沖縄

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: シャチ ★ 2023/02/05(日) 12:49:05.34 ID:7vbtPrav9
     名護署は1日、名護市安和の琉球セメント桟橋前の道路で、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設工事に抗議していた住所、職業、年齢不詳の男性が、プラカードを持っていた手で警備活動中の警察官の右腕を殴打したとして、公務執行妨害容疑で逮捕した。「たたいたが、仕事を妨害するためにたたいたものではない」と容疑を一部否認している。県警は適正で妥当な対応だとしている。

    辺野古抗議は「プロ市民」? 沖縄の基地ウソ/ホント

     逮捕容疑は1日午前9時15分ごろ、名護市安和の路上で警察官の右腕を1回殴打し、職務を妨害した疑い。

     抗議活動に参加していた名護市の60代男性によると、男性は資材を積んだ大型車両の前をプラカードを掲げ、ゆっくり歩く抗議行動をしていたという。

    「警察官が原因になった。逮捕する必要はあったのか」といぶかしんだ。男性の逮捕を受けて、同日午後4時ごろ、市民ら約60人が名護署前に集まり、早期釈放を求めシュプレヒコールを上げた。

    2/2(木) 12:26配信 琉球新報
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6148fd7190bd54bf6ef04cbc548c663f3c267581
    男性の身柄が拘束されている名護署に向けて早期釈放を求める市民ら=1日午後4時16分、名護市
    no title

    【【パヨク】辺野古基地に抗議の男性が警官を殴打、逮捕→市民ら60人が警察署前に集まり釈放を求める騒ぎに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 仮面ウニダー ★ 2023/01/21(土) 08:25:40.55 ID:cfjsL0i7
    在沖米海兵隊が「離島の災害救援訓練」などのため、沖縄県宮古島市にある下地島空港の使用を県に申請したが、県が許可せずに、使用を断念していたことが明らかになった。産経新聞が20日、報じた。「台湾有事」「日本有事」の危機に対処するには、日米同盟の深化が不可欠だが、大丈夫なのか。沖縄県の地元紙、八重山日報編集主幹の仲新城誠氏に聞いた。

    「県民の生命と財産を守るには、自衛隊と連携する米軍が救援時の態勢を備える必要がある。県の自粛要請は、あまりにも『反基地イデオロギー』にとらわれた対応ではないか」

    仲新城氏はこう語気を強めた。

    産経新聞が、県などの情報をもとに報じたところによると、米海兵隊は13日、災害救援などの習熟飛行を行うとして、県が管理する下地島空港にヘリコプター計4機を離着陸させたいとする使用届を提出した。

    これに対し、県は「緊急やむを得ない場合を除き、米軍は使用すべきでないというのが県の一致した考え」と伝え、自粛を要請したという。使用を認めない理由について、沖縄の本土復帰前の1971年、日本政府と当時の琉球政府が交わした下地島空港の軍事利用否定の覚書(屋良覚書)に反するなどとしている。

    米海兵隊は19日、空港を使用しない方針を明らかにしたという。米海兵隊は産経新聞の取材に「下地島空港での訓練の予定はない」とした。

    日米の外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)が11日(日本時間12日)、米ワシントンで開かれた。南西諸島の空港・港湾の柔軟な使用が有事の際に重要であるとし、訓練などを通じて協力することで日米が一致したばかりだ。

    仲新城氏は「離島住民の間では、『台湾有事』が身近な問題になっており、自衛隊への期待や信頼感も高まっている。自衛隊と米軍が有事に備えて、空港や港湾をスムーズに使用できるようにしておくべきだ。県が横やりを入れるのは県民の安全と生命を危険にさらすことになりかねない。県の対応は結果として『中国を利する方向』で、狙い通りになってしまうのは問題だ」と語った。

    2023.1/20 15:30 夕刊フジ
    https://www.zakzak.co.jp/article/20230120-L7GJPTMOGZKFNB5V4DJDIEQJP4/

    【【夕刊フジ】沖縄県が「米軍離島救援訓練」拒否 反基地イデオロギーにとらわれ「県民の安全と生命を危険にさらす」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 少考さん ★ 2023/01/15(日) 12:33:56.68 ID:OSZhlAaJ9
    zAUjsmft
    抗議の日数外される 何者かが「1日」に 辺野古

     【辺野古問題取材班】名護市辺野古の新基地建設への反対運動が続く米軍キャンプ・シュワブゲート前で14日、抗議日数を示した看板の4桁の数字のうち一部が何者かによって外され、「1日」になっていた。

     近くに住む女性が同日午後、三つの数字のプレートがなくなってることに気づき、周辺を探したところ、テント内で見つかった。

    (略)

    2023年01月15日 07:00
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1646966.html


    【【パヨク発狂】抗議の日数外される 何者かが「1日」に 辺野古  (琉球新報)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: おっさん友の会 ★ 2023/01/12(木) 18:01:18.34 ID:imv1meWH
    kp250
     
    チュチェ思想研究全国セミナーが8日、沖縄県立博物館・美術館で開催された。
    セミナーには、チュチェ思想国際研究所の尾上健一事務局長、金日成・金正日主義研究全国連絡会の
    家正治代表世話人(アジア・チュチェ思想研究所理事)、アジア・チュチェ思想研究所のハリシュ・チャンダー・グプタ理事長
    (デリー大学名誉教授)、元デリー大学女子大学院校長のサドナ・ハリシュさん、北海道から沖縄に至る各地の
    チュチェ思想研究者ら130余人が参加した。総聯中央の徐忠彦副議長兼国際統一局長が来賓として参加した。

    セミナーでは、主催者を代表して金日成・金正日主義研究全国連絡会の家正治代表世話人があいさつした。

    家代表世話人は、日本は憲法で規定されている「平和主義」「専守防衛」を戦後の政策として掲げてきたにもかかわらず
    「安保3文書」を改定(昨年12月)することで「敵基地攻撃能力」を備えようとし防衛費をGDP比2%に引き上げるなど
    戦争政策を着々と進めていると指摘。日本と世界の自主化、国際社会の民主化が重要な課題になっている中
    日本の「矛盾」が集約された沖縄でチュチェ思想研究全国セミナーが開催されることは大きな意義を持つと語った。

    続きはソースで
    一部会員登録記事あり


    朝鮮新報デジタル 2023.01.12 (11:29)
    https://chosonsinbo.com/jp/2023/01/12-104/

    【【北朝鮮】世界平和の実現を…主体(チュチェ)思想研究全国セミナー、沖縄で開催】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2022/12/21(水) 17:06:07.36 ID:FHUrd34v
    沖縄県指定の天然記念物のイボイモリ複数匹を国外に持ち出そうとしたとして、県警は韓国人の20代の男2人を関税法違反容疑で逮捕したことが20日までに関係者への取材で分かった。出国目前の水際での逮捕に男らは「本島北部で採取した。持ち出しが禁止されているとは思わなかった」などと話し、イボイモリを手荷物内にしのばせ、那覇空港から国際線で韓国に持ち去ろうとしていたとみられる。県警は種の保存法違反の疑いも視野に捜査を進めている。

    関係者によると、那覇空港国際線ターミナルの手荷物検査場で10日、バッグ内に隠されたイボイモリとみられる生物6匹を税関職員らが発見した。男2人は本島北部の宿泊施設に数日間滞在し、世界自然遺産登録地の沖縄島北部などでイボイモリを捕獲したとみられる。2人のうち一人は韓国でペット関連の仕事をしているという。

    沖縄地区税関は近く、男2人を関税法違反で告発する方針。県警は2人の関係資料などを押収し、背後関係などを調べている。  

    琉球列島の固有種であるイボイモリは「生きた化石」と称され、世界自然遺産登録地の沖縄島北部や渡嘉敷島などに分布。国内希少野生動植物種の指定に加え、国際取引を規制する「ワシントン条約付属書3」に掲載されている。絶滅の恐れがあり、捕獲や国内での取引は禁止されている。

    イボイモリを巡っては2015年、ベルギーの税関で密輸されたとみられる個体が発見、保護された。21年には県内で捕獲したイボイモリをインターネットオークションに出品したとして、種の保存法違反(販売目的広告の禁止)の容疑で、県内の20代男性が書類送検された。希少性などを背景に密猟の対象になっているとみられる。  

    (高辻浩之)

    12/21(水) 11:59 琉球新報
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dea2127dc9fc409dc7ecd86bfc684efad3a4da96
    no title


    ※他ソース
    希少生物イボイモリを沖縄から持ち出そうとした韓国人を逮捕
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3cc34fa988321b98f4732153d26ee3f9f5ec8af5
    no title

    【【沖縄】イボイモリの国外持ち出し寸前 韓国人の男2人を逮捕 「生きた化石」と称される希少種】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガムテ ★ 2022/12/18(日) 23:05:59.90 ID:oNZ7nPvT9
    【速報】中国空母が太平洋で戦闘機など発着艦 沖縄周辺海域
    FNN2022年12月18日 日曜 午後6:40
    https://www.fnn.jp/articles/-/460423
    no title

    no title

    no title


    防衛省は18日、沖縄本島と宮古島の間を抜けて太平洋を航行していた中国海軍の空母「遼寧」が、
    艦載戦闘機とヘリコプターの発着艦を行ったのを確認したと発表した。

    統合幕僚監部によると、17日午前11時頃、中国海軍の空母「遼寧」やフリゲート、ミサイル駆逐艦など計5隻が、
    沖縄県の沖大東島の南西約260kmの海域を航行しているのを確認。

    「遼寧」は午前11時頃から午後5時頃にかけて、艦載戦闘機とヘリコプターの発着艦を行った。

    これらの艦艇は、15日に東シナ海で確認され、16日に沖縄本島と宮古島との間を太平洋へと通過していた。

    自衛隊は、護衛艦「きりさめ」が情報収集・警戒監視を行うとともに、
    艦載戦闘機の発着艦に対しては、戦闘機を緊急発進するなどして対応した。

    「遼寧」は5月にも、沖縄近海の太平洋上で、300回以上の艦載機の発着艦を繰り返している。

    (画像はいずれも統合幕僚監部提供)

    中国空母、沖縄近海を航行…異例の規模で「遼寧」など6隻
    読売2022/12/17 07:15
    https://www.yomiuri.co.jp/world/20221217-OYT1T50046/
    no title


    【【中国空母】沖縄周辺海域 戦闘機など発着艦 空母「遼寧」やフリゲート、ミサイル駆逐艦など計5隻】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 香味焙煎 ★ 2022/12/08(木) 19:59:47.63 ID:LNM/kC3X9
    沖縄県の玉城デニー知事は8日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡り、県が国交相裁決の取り消しを求めた訴訟で、訴えを起こす資格がないとの判決が確定したのを受け「地方自治体と国が上級・下級の関係にあると言わんばかりの判断だ」と批判するコメントを出した。政府には対話に応じるよう引き続き求める考えも示した。

     県庁で取材に応じた玉城氏は、埋め立て海域の軟弱地盤改良のため、防衛省が申請した設計変更を県が不承認としており、この海域は「工事を行えない状況だ」と指摘。移設工事の完了見通しが立たないとして、移設自体を断念し、普天間飛行場を早期に返還するよう訴えた。

    共同通信
    2022/12/08 19:42 (JST)
    https://nordot.app/973535636202946560

    【【パヨク】沖縄知事、辺野古確定判決を批判 国が上、地方が下と言わんばかり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぐれ ★ 2022/12/04(日) 20:51:23.29 ID:Z9utGAOI9

    防衛省が、沖縄県を中心とした南西諸島防衛を担当する陸上自衛隊の第15旅団を師団に準ずる「南西防衛集団」に格上げすることが3日、分かった。現在の1個普通科連隊から2個に増強する。旅団長も陸将補から陸将に格上げして司令官とする。「集団」の新設は南西諸島防衛強化の一環で、沖縄県に司令部を置く米海兵隊の第3海兵遠征軍(ⅢMEF)との連携を強化する狙いもある。

    第15旅団は那覇駐屯地に拠点を置く約2500人の部隊。平成22年3月に第1混成団を格上げして発足した。政府は今月中旬にも5年間の「中期防衛力整備計画」を、10年間を対象とする「防衛力整備計画」に衣替えして閣議決定し、3千人規模の南西防衛集団の新設を盛り込む考えだ。

    (略)

    2022/12/3 22:19
    産経新聞
    https://www.sankei.com/article/20221203-DCHXT2EH5JPIXOV5SVBMBUPTUY/

    【【陸自】沖縄部隊格上げへ 旅団から「南西防衛集団」に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2022/11/27(日) 10:16:28.58 ID:RpJd03/8
    no title

    住宅地に取り囲まれた沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場=2月

     沖縄は今年5月15日、日本復帰から50年を迎えた。沖縄に集中する米軍基地の負担は今なお続き、「海洋強国」の建設を掲げる中国の習近平指導部は沖縄県・尖閣諸島を自国領と主張する。小さな島は大国に翻弄され、安全保障環境は厳しさを増すばかりだ。重い米軍基地負担の背景に浮かぶものは何か。安全保障政策の仕組みづくりには何を反映させればいいのか。日本と韓国、台湾の有識者に語ってもらった。(共同通信=西山晃平、長尾一史)

     ▽冷戦構造の問題抱え現在に 立命館大助教の成田千尋さん

     沖縄は今も東アジア冷戦構造の問題を抱えている。小さな島に在日米軍専用施設の7割が集中するのは異常だ。同様に冷戦構造の中、負担を強いられてきた韓国でも沖縄への関心は高まっており、基地負担解消の訴えを周辺国・地域にも発信する価値はある。

     戦後間もない時期、韓国の李承晩、台湾の蔣介石両政権は、かつて独立王国だった沖縄が日本に帰属するとは考えず、また安全保障上の懸念から米軍基地の維持を望んだ。1954年に結成した反共産主義の民間機構「アジア民族反共連盟」には、台湾で活動していた琉球独立派の蔡璋(喜友名嗣正=きゆな・つぐまさ)を琉球代表として参加させた。

     1960年代、沖縄では祖国復帰運動が高揚。韓国の朴正熙政権は日韓国交正常化やベトナム戦争への対応に追われ沖縄への関心は薄らいだが、朝鮮半島情勢が緊迫化するにつれて重要性を再認識する。米国も情勢悪化を背景に、B52戦略爆撃機を嘉手納基地に常駐させた。

     一方、「米国の沖縄占領」に反対する中国や北朝鮮は日本復帰を支持した。1969年、米軍知花弾薬庫での毒ガス漏れが発覚すると、朝鮮労働党機関紙の労働新聞は「米帝の無謀な戦争策動で(沖縄の)住民は土地を奪われ生命の危険にさらされている」と反基地感情に寄り添う立場を強調した。

     復帰後の地域の安保に不安を抱いた韓国と台湾の働きかけもあり、基地機能の維持は方向付けられた。結果的に住民は今も騒音など基地の被害を受けている。この構造をどう変えられるか、地域全体で考えていく必要があるのではないか。

     ▽過去には済州島移転案も 元韓国国立外交院長の尹徳敏さん(インタビューは2月に実施し、その後、韓国の駐日大使就任)

     日米で沖縄返還交渉が進んでいた1960年代、韓国としては北朝鮮の金日成主席が「赤化統一」の試みを活発化させていた厳しい時期だった。1968年には武装工作員による大統領府襲撃未遂事件が起き、私もソウル在住の幼少時に銃声を聞いた記憶があるほど軍事的緊張が高まっていた。米国はベトナム戦争の泥沼に陥り、韓国防衛に向ける力が弱まっていた。

     有事に真っ先に来るのが在沖縄米軍だった。韓国政府は沖縄の日本復帰自体には反対しなかったが、復帰した場合、日米の「事前協議制」により米軍出撃に日本の承認が必要となるケースや、核兵器撤去に伴う抑止力の低下を懸念した。

     外交努力の結果、沖縄返還を発表した1969年の日米共同声明に「韓国の安全は日本の安全にとって緊要」との文言が盛り込まれた。北朝鮮の脅威がある以上、韓国にとって在沖縄米軍の重要性は今も変わらず、むしろ増している。

     当時の韓国は、沖縄の基地機能の済州島移転も提案した。米国は沖縄の基地を手放す考えはなかったが、核兵器は相当数を韓国に移した可能性が高いと見ている。

    (以下ソースにて)

    11/27(日) 10:02配信
    47NEWS
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c8ad30dbc6e6797c5a583b334f87f7d50675996e?page=2

    【在沖縄米軍基地の維持を望んだのは韓国・台湾だった 日本復帰50年の沖縄、元副知事は「ないがしろにされている」と心情吐露】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 1ゲットロボ ★ 2022/11/19(土) 12:41:39.95 ID:I57cfIzZ9
    no title
     空港周辺などでは市民団体のメンバー約10人が抗議活動。「与那国を戦場にしないで」「対決より対話を」などと書かれたプラカードを掲げた。

    2022年11月17日 15:18
     【与那国】自衛隊と米軍による日米共同統合演習「キーン・ソード23」の一環で、陸上自衛隊は17日、タイヤ走行する16式機動戦闘車(MCV)を輸送機で沖縄県与那国町の与那国空港に降ろし、住民が生活道路として使用する公道を走らせた。

    105㍉砲を搭載した戦闘車で武器が住民に見える状態で移動するため、県は走行しないよう防衛省に求めてきたが強行した格好だ。民間空港を使用したMCV空輸や、戦闘車の公道走行は県内で初めて。

     同日午前11時57分ごろ、C2輸送機が与那国空港に降り立ち、MCV1台を降ろした。MCVは約3時間後、滑走路とつながる空港東側の非常門から姿を現すと、前後を自衛隊の警備車両に挟まれた状態ですぐ前の県道216号を西へ走った。
    全長8・45㍍、幅2・98㍍、重さ約26㌧の〝戦車〟が時速40㌔ほどで、駐屯地までの道のり約4㌔を物々しく通過していった。

    沖縄タイムス
    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/1059038


    【【パヨク発狂】26トン“戦車”、生活道路を走る 105ミリ砲付き 日米演習中の沖縄・与那国島】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2022/11/13(日) 18:19:58.27 ID:1MymzHjK9
    20221113-90006498-otv-000-1-thumb

    今月10日から行われている日米共同統合演習「キーン・ソード」の中止を訴え13日、市民などが那覇市で集会を開きました。

    那覇市の県民広場前で開かれた集会は、「ノーモア沖縄戦命どぅ宝の会」が主催したものです。

    統合演習は与那国島の自衛隊駐屯地を初めてアメリカ軍が使用するなど日米の一体的な運用が加速する一方中国など周辺地域の軍事的な緊張を高めるとの懸念もあります。

    ▽ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会・清水早子さん
    「宮古島の駐屯地でもものすごい数の軍用車両が入ってきています。(今回の演習について)これはもう訓練というよりは戦争準備、実戦の準備を行っているのではないか」

    ▽内原英聡 石垣市議
    「(対話と協議という)その原点にしっかりと立ち返ることが大事だと思っています。米国に台湾を巡って中国を煽るようなことはやめていただきたいですし中国にも話し合いに応じていただきたい」

    県は戦闘車両の公道での走行について「住民に不安が広がる懸念がある」として見直しを求めていますが防衛省は応じない見通しです。

    ヤフーニュース(沖縄テレビ)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1629d8b6d71641086dfc4b08cdbe3824f18859b7

    【【パヨク】「戦争準備やめて」日米共同演習の中止訴え市民団体が集会】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ブギー ★ 2022/11/03(木) 18:04:37.85 ID:86HAOggd9
    3年前の火災で焼失した那覇市の首里城の正殿が令和8年の秋ごろの完成を目指して再建されることになり3日、起工式が行われました。

    那覇市の首里城は3年前の10月31日の未明に起きた大規模な火災で7棟が全焼し、再建に向けた工事が進められています。

    このうち最も主要な宮殿にあたる正殿の再建工事が行われることになり3日、首里城で国や県の関係者などおよそ240人が出席して起工式が行われました。

    式では、岡田沖縄・北方担当大臣が「首里城は沖縄の歴史と文化が凝集した沖縄の象徴で県民の心のよりどころだ。責任を持って復元に取り組んでいく」とあいさつしました。

    そして、祝い事などの幕開けで披露される琉球舞踊の「かぎやで風」が披露されました。

    このあと、工事の安全を祈願する「ノミ入れ式」が行われ、再建に使われる沖縄本島北部の国頭村から運ばれた木材にノミを入れ、くす玉を割って祝いました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221103/k10013879901000.html

    【【沖縄】首里城 正殿再建の起工式 3年前に焼失 令和8年秋の完成目指す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぐれ ★ 2022/10/29(土) 13:18:38.69 ID:R6JyZ22v9

    国と沖縄県が激しく対立する米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐり、玉城デニー知事が国連に問題提起する意向を表明したことが、一部で波紋を広げている。中国などの介入を招き、かえって沖縄の平和を危うくする恐れもあるからだ。国連への提起は、沖縄の日本からの分離を進める勢力にも利用されているといい、県内の保守派議員らが警戒を強めている。

    介入に期待?
    波紋を呼んだのは、9月11日の知事選で再選を果たした玉城氏が、翌日の地元紙インタビューで語った内容。玉城氏は「辺野古反対で県民が1ミリもぶれていないことが(知事選で)証明された」とし、「国連や国際社会の場で県民が、なぜこのように(移設反対を)訴えているのか幅広く語る」と強調した。

    (略)

    産経ニュース: 【深層リポート】沖縄発 危うき知事の国連提起表明 中国の介入招く恐れも.

    2022/10/29 08:00
    https://www.sankei.com/article/20221029-VITCCQX4MZLELCCC3YNSFT63CM/

    【【沖縄】危うき玉城デニー知事の国連提起表明 中国の介入招く恐れ 沖縄の日本からの分離を進める勢力にも利用され】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆mZB81pkM/el0 (東京都) [CH] 2022/10/12(水) 10:26:28.18 ID:7Meb+j4U0● BE:844481327-PLT(13345)
    no title

    辺野古新基地建設に対する抗議行動をやゆしているインターネット掲示板「2ちゃんねる」開設者のひろゆき(西村博之)氏が、自らのユーチューブ配信で「沖縄の人って文法通りしゃべれない」「きれいな日本語にならない人の方が多い」などとヘイトスピーチをしていたことが分かった。沖縄キリスト教学院大学の新垣誠教授(国際人権論)は「非常に危険だ。日本軍は『標準語』ではない沖縄の言葉を話す住民を虐殺した」と批判した。

    ひろゆき氏が7日、自身のユーチューブ配信で視聴者の質問に答えた。このほか、「もともと普天間の基地があった。周りに住宅を造っちゃった」「もともと何にもなかった」と事実に反する発言をした。

    沖縄タイムス
    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/1039253

    【【パヨク】ひろゆき発言は非常に危険 日本軍の虐殺思い起こす】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆mZB81pkM/el0 (調整中) [CH] 2022/10/09(日) 09:41:09.17 ID:D5nZFs490● BE:844481327-PLT(13345)

    no title
    インターネット掲示板「2ちゃんねる」開設者のひろゆき(西村博之)さんがツイッター上に「0日にした方がよくない?」と投稿して物議を醸した名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前に掲げられている座り込み日数のカウントは、2014年7月7日を起点にしている。同1日、沖縄防衛局が同基地で普天間飛行場移設に伴う辺野古への新基地建設の関連工事に着手し、ゲートから工事車両が出入りするようになった。それに伴い抗議行動が開始され、現在に至る。

    ひろゆきさんの辺野古取材に基づく7日放送のインターネットテレビの番組では、出演者から座り込みの定義や辺野古での抗議の形態に批判が相次いだ。ただ、普天間飛行場の移設問題が浮上して以降、米軍キャンプ・シュワブ周辺では形態は変化しながらも基地建設に抗議が続いているのは事実だ。

    ゲート前の座り込みは当初は24時間体制だったが、ゲートからの資材搬入の時間がおおむねパターン化する中で、それに対応して座り込みを継続している。資材搬入のある時間帯には人々が搬入ゲートに座り込み、工事車両などに抗議の意志を表明し続けている

    7日、ゲート前の抗議に参加した読谷村の男性(72)はひろゆきさんの投稿について「遊び半分で県民の戦いを愚弄する行為で許せない。わびてほしい」と憤った。

    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1597066.html


    【【パヨクと外国人だらけ】ひろゆきは遊び半分で沖縄県民の戦いを愚弄するな!謝罪しろ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 爆笑ゴリラ ★ 2022/10/08(土) 10:53:23.08 ID:CAP_USER9

    ひろゆき氏、辺野古の看板“笑顔でピース”問題に言及「誰かのお墓の前だったらしません」

     2ちゃんねる創設者で実業家の西村博之(ひろゆき)氏(45)が7日、MCを務めるABEMA「Abema Prime(アベプラ)」(月~金曜後9・00)に生出演し、辺野古の看板で行った“笑顔でピース”問題について言及した。

     今月3日、ひろゆき氏は自身のツイッターに、沖縄・名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前を訪れたことを報告。基地問題を巡り、同地では14年から抗議活動が続いているが、ひろゆき氏は「座り込み抗議が誰も居なかったので、0日にした方がよくない?」と無人だったという、座り込み現場の看板前で笑顔でピースする写真を投稿。この投稿がきっかけで、抗議活動や基地問題について多くの議論が交わされることとなった。沖縄県の玉城デニー知事も苦言を呈すなど、大きな反響を呼んでいる。

     番組では、ひろゆき氏の「笑顔でピース」写真が問題に挙げられた。これにMCの平石直之アナは「この写真はものすごく大きいんじゃないかという気がしますね。象徴的な場所で、平和運動の思いを考えると“子どもじゃないんだから”と私も思いました。ここはどうですか?」と問いかけた。

     ひろゆき氏は「あの看板ではなくて、誰かのお墓の前だったらしません。誰かの書いた“汚い文字”じゃないですか?事実と異なることが書いてある」と持論を展開。これにユーチューバー・せやろがいおじさんは「汚い文字とか言う必要は全くなかったと思いますね。そこで侮辱するマインドが出てしまっている」と指摘し、議論はヒートアップしていた。

    no title

    10/7(金) 23:28配信
    スポニチアネックス
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dde911be32fb7352771259953f0c35d469a1f721

    【【vsパヨク】ひろゆき氏、辺野古の看板“笑顔でピース”問題に言及「誰かのお墓の前だったらしません」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 神 ★ 2022/09/25(日) 16:31:17.02 ID:nEKDGCb/9
    台湾有事などを想定し政府が避難シェルターの整備を検討している報道を受け、反戦平和を訴える市民団体が「避難シェルターは戦争に与することに繋がる」と批判しています。

    会見した「ノーモア沖縄戦命どぅ宝の会」は、政府が検討する先島諸島などへの住民用避難シェルターの整備について、「有事で沖縄が戦場となることを前提としたもの」と抗議し、県民は反対の声を上げなければならないと訴えました。

    ▽ノーモア沖縄戦命どぅ宝の会山城博治共同代表:
    「避難シェルターとする戦争を前提とする避難訓練は戦争に与すること、県民を戦争に動員することだ」

    ヤフーニュース(沖縄テレビ)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fc13efcff9de8fc76dc8971f5b83abfdec89a218

    【【アホパヨク】反戦平和を訴える市民団体「避難シェルターは戦争に与することに繋がる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 樽悶 ★ 2022/09/17(土) 19:27:43.55 ID:mYR9vKbY9
    2022年9月15日、中国メディアの環球網は、以前ネット上で「琉球を侵略したのは日本と米国」と発言し日本国内で非難を浴びた活動家が、沖縄県名護市議会議員選挙で当選を果たしたと報じた。

    記事は、今月11日に名護市で市議会議員選挙が行われ、多嘉山侑三氏が当選したことを紹介。多嘉山氏が今年5月にSNS上で発表した動画の中で「沖縄にとって本当の脅威は中国ではない。自民党の政治家をはじめとする人間が、中国本土と台湾の内部対立を無責任にあおり立て、米国と共に軍事介入しようとし、琉球列島で米軍と自衛隊の基地建設を推し進めて、沖縄を再び戦場にしようとしている」「そもそも歴史的に、琉球を侵略したのは日本と米国であって、中国ではない。今なお、沖縄は日本と米国の植民地とみなされている」などと主張し、日本の“ネット右翼”から「中国から金銭をもらっている」「中国のスパイだ」などといった誹謗(ひぼう)中傷を浴びていたと伝えた。

    その上で、多嘉山氏が今回の市議選に立候補した理由について、米軍基地に反対する沖縄の民衆の声と向き合わない議員が多いと感じたこと、若い世代の政治離れが加速していることの2点を挙げたと紹介するとともに、同じ日に投票が行われた沖縄知事選挙でも普天間基地の名護市辺野古移設に反対する玉城デニー氏が2期目の当選を果たしたことに言及。岸田文雄政権が支持するライバルを下しての勝利について「現地市民が日本政府と徹底的に戦うという決心の表れ」との見方も出ているとした。

    さらに、15日に行われた名護市議当選証書授与式に出席した多嘉氏が環球時報の記者に対して「沖縄と中国の経済交流、文化交流を推進したい。中国と琉球の歴史、文化は古くより密接に関わってきた。しかも、近年では中国は技術革新、経済成長といった方面で日本を追い越している。今後積極的に中国と沖縄の交流を深め、相互理解に基づく信頼関係を築いていくことは非常に大きな価値を持っており、これこそ沖縄にとってはベストな安全保障になる」と語ったことを伝えている。(翻訳・編集/川尻)

    2022年9月16日 11時0分
    https://news.livedoor.com/article/detail/22862497/

    【【中国メディア】「中国からカネもらってる」「中国のスパイ」と批判浴びた日本人が市議に…多嘉山氏「沖縄と中国の交流推進したい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (長野県) [US] 2022/09/11(日) 20:34:38.72 ● BE:323057825-PLT(13000)

     辺野古移設ノーの民意が改めて示された。
    日米政府は今度こそ、計画の見直しに着手するべきだ。

     そう書き記すべき知事選の結果だろう。

     しかし、ためらわれる。

     今日からか、明日からか。
    「辺野古が唯一という考えに変わりはない」という、判で押したような政府答弁が繰り返される。
    さして追及もなく、議論も深まらず。何事もなかったかのように日々が過ぎていく様が容易に目に浮かんでしまうからだ。

     政権側が勝つ。そのための条件はそろっていた。

     沖縄戦や米軍統治を直接知らない世代が増え、基地への意識は変化してきた。

     コロナ禍のなか経済は疲弊した。
    辺野古移設ノーを訴えてきた保守経済界の重鎮は、政府との対立に限界を覚え、「オール沖縄」を離れた。
    「オール沖縄」はその基盤が大きく揺らいだ。

     基地問題よりも経済を重視する県民意識が各種調査で浮かんだ。
    辺野古をめぐり、あきらめが広がったと受け止められた。

     国際情勢も緊迫し、沖縄の基地の重要性が改めて唱えられた。
    政府との協調路線が説得力を持つ、はずだった。

     それでもなお、政権側が勝つことができなかったのはなぜなのか。

     覚えているだろうか…

    政権側が勝つ条件そろっていたが 沖縄知事選、敗因の底流にあるのは

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASQ9C5KP6Q9BTIPE019.html

    【朝日新聞「沖縄知事選、政権側が勝つ条件は揃っていたが…」←めちゃくちゃ嬉しそうでワロタwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/09/11(日) 16:20:57.25 ID:CAP_USER

    倒幕を果たして明治新政府の成立に大きく貢献した、大久保利通。新政府では中心人物として一大改革に尽力し、日本近代化の礎を築いた。
    しかし、その実績とは裏腹に、大久保はすこぶる不人気な人物でもある。「他人を支配する独裁者」「冷酷なリアリスト」「融通の利かない権力者」……。こんなイメージすら持たれているようだ。薩摩藩で幼少期をともにした同志の西郷隆盛が、死後も国民から英雄として慕われ続けたのとは対照的である。

    (略)

    その後、西郷は江戸城無血開城を実現。大久保は明治新政府の基礎固めに奔走し、版籍奉還、廃藩置県などの改革を断行した。そして大久保は「岩倉使節団」の一員として、人生初の欧米視察に出かけ、その豊かさに衝撃を受けて帰国する。
    ところが、大久保が留守の間、政府は大きく変わっていた。帰国した大久保と西郷は朝鮮への使節派遣をめぐって対立し、西郷は下野。同じく下野した江藤新平は「佐賀の乱」の首謀者となった。大久保は現地に赴き、佐賀の乱を鎮圧する。次に大久保が進めた「台湾出兵」でも粘り強い交渉の末、清から賠償金を得た。

    ■「琉球」の日本帰属を清に認めさせた

     明治7(1874)年11月26日、清から帰国した大久保は、横浜港に集まった群衆から大きな歓迎を受けた。だが、清との外交で日本が得たものは、賠償金だけではない。どれだけのことを大久保が成し遂げたのか。本当の意味で知る者はほとんどいなかった。

     清との外交による功績の1つが「琉球(沖縄)の日本帰属を事実上、認めさせたこと」である。いったい、どういうことか。

     そもそも、今回の台湾外征がなぜ行われたのか。那覇を出航した2隻の船が暴風によって台湾に漂流。66人のうち54人が現地の高砂族に殺害され、日本が抗議すべく台湾に出兵する。それに対して、台湾を事実上統治する清が日本に抗議してきたので、大久保が乗り出していった。

     清との話し合いで争点となったのは「台湾が清の帰属なのかどうか」。清に帰属するのならば現地人による殺害について清は日本に賠償金を支払う必要があるし、帰属していないのならば日本が台湾に出兵しても清に文句を言われる筋合いはない……ということになる。

     この論法で大久保は交渉を進めたが、実はもう1つの重要なテーマが、この議論には内包されていた。それは殺されたのが、那覇から帰路につく宮古島の島民だったという点だ。

     当時、現在の沖縄県にあたる琉球王国は、日本と清の両方が、その帰属を主張していた。日本側は江戸時代から薩摩藩が支配していたことを理由にして、一方の清側は明朝と琉球国が冊封・朝貢関係にあることを理由にして、それぞれが自国の統治下にあると譲らなかったのだ。

     その点を踏まえて、今回の台湾外征を観てみれば、どうだろうか。まさに琉球の一部である宮古島の人たちが台湾の現地人に殺害されたために、日本が声を上げたことになる。

     抗議したのは、日本が「宮古島の島民は自国民だ」とみなしていたからこそのこと。大久保は初めから「琉球は日本に帰属する」という前提で、清との交渉に挑んでいたのだ。

     清はその前提を自然に受け入れたうえで、大久保と交渉してしまい、しかも台湾出兵を「義兵」(正義のための行動)と認めたことになる。これは琉球に住む人々を日本人だと清が認めたことにほかならない……大久保の外交は、そんな布石をも打っていたのである。

    ■清への旧習をやめさせ、日本に併合

     このことを突破口に、大久保は清と琉球王国の関係を引き離していく。大久保外交が行われた翌年、明治8(1875)年に清で新しい皇帝が即位すると、琉球王国は使節を送ろうとしている。これまでどおりに慣習を守ろうとしたのだ。

     だが、それでは元の木阿弥になってしまう。大久保はこれを阻止するべく、太政大臣の三条実美に「琉球藩処分方ノ儀伺」を提出。配下の松田道之を那覇に送り、清への隔年朝貢や、新帝即位における派遣使節を取り止めさせるなどし、旧習を払拭させようとした。

     そうした積み重ねの結果、明治12(1879)年には琉球王国が廃され、沖縄県として日本国に併合される。併合の理論的な根拠に、大久保の外交の成果が大きな意味を持った。

    ヤフーニュース(東洋経済)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ef874c499f0b0d8818f53236f0b52d5193f7ba8f?page=1

    【大久保利通、琉球併合でしれっと仕掛けた驚きの罠 「琉球は日本に帰属する」と清に認めさせた経緯】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル