かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: 沖縄

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/11/30(月) 23:24:02.79 ID:X7prjAGk9
     新型コロナウイルスの影響で減収した個人事業主らを対象に国が給付する持続化給付300万円をだまし取ったとして、県警は30日、那覇市の会社役員の男(54)と、同市自営業の女(53)を詐欺の疑いで逮捕した。同給付金を巡る詐欺容疑での逮捕者は2例目。

     逮捕された男はこれまでの本紙の取材に、同給付金の対象ではない飲食店従業員や日雇いの土木作業員を「れっきとしたフリーランス」と主張。申請を呼び掛けていたことを認めた。関与した申請件数は約700件とも語った。

     県警によると、男は今月13日に同容疑で逮捕された沖縄タイムス社元社員らと共謀し、給付金をだまし取ったとされる。

    沖縄タイムス 2020年11月30日 22:59
    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/671535

    【【沖縄タイムス】コロナ給付金詐欺 沖縄で新たに男女2人逮捕 申請700件と発言も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2020/11/29(日) 12:45:01.45 ID:CAP_USER9
     沖縄県名護市辺野古へのこの米軍新基地建設現場の沿岸部で、絶滅危惧種のジュゴンとみられる鳴き声が今年に入り200回以上検出されている。2018年12月の土砂投入後は長く途絶えていたが、それ以前は周辺海域に生息していた。県は埋め立てを止め状況を確認するよう求めているが、政府は「適切に環境保全措置を実施している」と主張し、工事を継続している。(山口哲人)

    ◆水中カメラでも姿は見えず
     防衛省は辺野古沖の水中に常時稼働する複数の録音装置を設置している。このうち水深10メートル付近の1台が今年2月11日、1年5カ月ぶりに鳴き声らしき音を検出。公表された9月分までの音の検出は計204回に上った。防衛省が海洋生物の専門家に音声分析を依頼したところ、周波数や持続時間から「ジュゴンの鳴き声である可能性が高い」との見解が示された。

     沖縄本島周辺では3頭の存在が確認されていたが、そのうち1頭は昨年3月、死骸が同県今帰仁なきじん村の漁港に漂着し、残り2頭は行方不明。土砂投入直前の18年11月、辺野古周辺の海底に生える海草を食べた跡が見つかったのを最後に、生存情報はない。防衛省の水中カメラにも、姿は捉えられていない。

    ◆環境団体「ジュゴンは騒音に敏感、しっかり調査を」
     防衛省は「工事によるジュゴンへの影響は認められていない」と、因果関係を否定。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の危険性除去と日米同盟の抑止力維持には「辺野古移設が唯一の解決策」という立場を貫く。

     環境団体「ジュゴン保護キャンペーンセンター」の蜷川義章共同代表は「現場海域には埋め立て土砂の運搬船が頻繁に往来する。ジュゴンは騒音に敏感だ。工事を中止し、しっかりと調査をするべきだ」と主張する。

    東京新聞
    2020年11月29日 05時50分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/71170

    【【パヨク報道】辺野古の海にジュゴン帰ってきた? 基地建設現場で200回鳴き声か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 孤高の旅人 ★ 2020/11/14(土) 11:49:52.37 ID:yfSNS2AW9
    沖縄タイムス元社員を逮捕 コロナ給付金の詐欺容疑 約40人関与の起点か

     沖縄県警特別捜査本部は13日、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた個人事業者向けの持続化給付金100万円を中小企業庁からだまし取ったとして、沖縄タイムス元社員の男(45)=那覇市=を詐欺容疑で逮捕した。同給付金を巡っては全国でも逮捕者が相次いでいるが、県内での摘発は初めて。特捜本部によると、男は「不正に受給したことは間違いない」と容疑を認めているという。

     沖縄タイムス社のこれまでの説明などによると、男は県警の家宅捜索を受けた税理士事務所で持続化給付金を申請した上で、「フリマ雑貨」と虚偽の職業を記載した。男は住宅ローンや負債など約6千万円の返済に給付金を充てたという。男は同給付金100万円のほかに緊急小口資金と総合支援資金計80万円も不正に借り入れていた。80万円は既に返還済みで、給付金100万円も返還手続きを進めていたという。

     逮捕容疑は6月23日から7月27日にかけて、氏名不詳の者と共謀の上、虚偽の職業で持続化給付金を申請し、中小企業庁から100万円をだまし取った疑い。県警は13日、男の自宅などを家宅捜索し、関係資料を押収した。

     男は沖縄タイムス社の総務局付課長時に計180万円を不正に受給・借り入れしたほか、編集局所属の技術職や関連会社の社員ら3人にも申請を紹介した。男を起点に社内外を合わせて40人程度が、不正な受給・借り入れに関与した可能性があるという。特捜本部は関係者の事情聴取などを進めており、県内の不正受給の全容解明を急いでいる。

     沖縄タイムス社は10月8日付で男を懲戒解雇処分とした。逮捕を受けて、同社は「国民の知る権利の一端を担い、高い倫理観が求められる新聞社に在職中、国民や社会を欺く違法行為に至って逮捕されたことは沖縄タイムスのみならず、メディアに対する信頼を裏切るものであり、おわびする」とするコメントを発表した。

    11/14(土) 5:04配信 ヤフーニュース(琉球新報)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5ff41449a838918cf5ff04685c73431d31a87bc6 
     

    【【沖縄県警】沖縄タイムス元社員を逮捕 コロナ給付金の詐欺容疑 社内外を合わせて40人程度関与の起点か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/11/01(日) 17:16:05.33 ID:CAP_USER
     沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開催中の「リゾテックおきなわ国際IT見本市」(同実行委員会主催)で31日、台湾デジタル担当相のオードリー・タン氏によるリモートでの特別講演があった。タン氏は玉城デニー知事とも対談。タン氏は、市民と連携して新型コロナウイルス感染対策へいち早くデジタルを活用して取り組んだ事例などを説明。知事との対談では、高齢者にも使いやすい仕組みづくりや、台湾との連携について意見を交わした。

     タン氏は2016年、デジタル担当相に就任。コロナ禍の中で、マスクの需給バランスが崩れたことから、どこにどのくらいあるのかを地図上に示す「マスクマップ」を構築し、公平で迅速なマスク供給などに成功した。

     タン氏は「市民を信じることで、市民は信頼される行動を取る。トップダウンではなく、行政は徹底的な透明性が大事だ」と説明。マスクマップも元々は民間で開発されて使われていたアイデアを引き継ぎ発展させた。マスクを公平に配るため、身近なコンビニやスーパーを活用して受け取れるようにしたり、高齢者が並ばずに買えるよう事前予約のシステムを構築したりした。タン氏は「信頼が重要。みんなの改善案をデジタルで共有し、すべてをつなげることで、世代も地域も超えた信頼が生まれる」とした。

     玉城知事は、県内ではLINEを活用した接触確認システム「RICCA」を導入していると説明した。対談で高齢者の利用促進などを進める方法を質問。タン氏は「高齢者は何が不安かを聞き、フィードバックをもらう。デザインも含めてパズルを当てはめるように一緒につくっていく方がいい」と助言した。

     知事はリゾテックについて「テクノロジーを使ってリゾート地や産業振興を図るだけでなく、私たち住民にとってもよくなる構想だ」と紹介。「次期振興計画にもデジタル化が中心的な取り組みになる」とし、台湾と連携を確認し合った。

    沖縄タイムス 2020年11月1日 09:16
    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/656854

    no title

    台湾でのデジタルイノベーションについてオンラインで講演するオードリー・タン大臣=31日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター

    no title

    県のアジア経済戦略構想やSDGsついて話す玉城デニー知事=31日、沖縄コンベンションセンター

    【【台湾/オードリー・タン氏】「デジタルで共有し、全てを繋げる」「行政は徹底的な透明性が大事」沖縄デニー知事とオンライン対談】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/10/23(金) 07:16:52.31 ID:XQ+QHf7c9

     本部署は21日、本部町の塩川港で辺野古新基地建設の抗議中、警察官の左手人さし指をかむなどの暴行を加えたとして、住所、年齢、職業不詳の女性を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。認否については「捜査中」としている。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c76d7aa0bd5ca74315abc1d603616db98d596098 


    【【パヨク犯罪】警察官の指をかむ 辺野古で抗議の女(住所、年齢、職業不詳)を逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/04(日) 14:11:18.47 ID:nafeJ2RL9
    no title
    【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らは3日、新型コロナ感染拡大の影響で3月から中止していた毎月第1土曜恒例の集会「県民大行動」を開いた。約700人(主催者発表)が同市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前に集まり、新基地建設反対への決意を新たにした。

     新型コロナ対策として、時間を短縮するなど通常より規模を縮小して開催された。県選出の国会議員らも参加した。

     集会では、新基地建設への抗議にとどまらず、日本学術会議が推薦した新会員候補6人の任命を菅義偉首相が見送ったことを厳しく批判する声も相次いだ。前名護市長の稲嶺進さんは「学者や研究者までも意のままに動かそうとするこの国に未来はない。沖縄から変えていくという強い決意を示そう」と力強く呼び掛けた。

     また、玉城デニー知事がメッセージを寄せ「民意を顧みず、工事を強行する政府の姿は断じて容認できるものではない」と工事の現状を批判。その上で「辺野古に新基地は造らせないという公約の実現に向けて全身全霊で取り組んでいく」とした。集会の最後には、沖縄平和運動センターの山城博治議長が「県民の勇気、決意は揺るがないことを発信しよう。新内閣が強権を振るおうとも沖縄は不屈だ」とあいさつした。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/054fec4f44efcafaa16316860dd1442b101a7521


    【【沖縄】 辺野古阻止「決意揺るがない」7カ月ぶり県民大行動 主催者発表で700人 玉城デニー知事もメッセージを寄せ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/10/02(金) 17:14:01.39 ID:CAP_USER
     米軍嘉手納基地に1日午後、カナダ空軍の空中給油機1機が飛来した。周辺の目撃者によると着陸後、物資を積み降ろす作業をしているのが確認された。同機が嘉手納基地に飛来するのは初と見られる。

     沖縄防衛局は本紙取材に「当局の目視で午後1時40分ごろ、カナダ空軍のCC150が嘉手納に着陸する様子を確認した」と説明。一方、飛来目的については「運用に関わる事項であり回答は差し控える」とした。

    沖縄タイムス 2020年10月2日 10:44
    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/641740

    no title
    米軍嘉手納基地に飛来したカナダ空軍のCC150=1日午後3時6分(読者提供)

    【【パヨクタイムス】カナダ空軍の空中給油機、嘉手納基地に飛来 目的は不明 沖縄防衛局「運用に関わる事項 回答は差し控える」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2020/09/30(水) 08:06:03.07 ID:CAP_USER9
    9A046DA2-7AF7-4A7D-9C86-6969BB73B540
     国会や原子力発電所などの上空で小型無人機の飛行を原則禁止し、許可制とするドローン規制法の対象区域に8月から米軍施設が追加された。テロなどの犯罪から重要施設を守るのが目的だ。ところが、報道機関が辺野古新基地(沖縄県名護市)の建設現場上空の飛行許可を申請すると、拒否される事態が発生。規制を盾にした知る権利の侵害ではないかとの声が出ている。

     2019年6月に施行された改正ドローン規制法では、防衛相が指定した防衛関連施設が新たに飛行禁止区域に加わった。在日米軍施設は9月6日から15カ所が禁止となり、ドローンを飛ばすには施設管理者の許可が必要となった。

     地元紙の沖縄タイムスが改正法の運用の実態を確かめるため、規制初日の9月6日に辺野古新基地建設が行われているキャンプ・シュワブの飛行を申請したところ、米軍から拒否の回答があった。理由は「作戦保全」で、防衛省も米軍の判断を追認した。

     辺野古新基地建設の埋め立て現場では軟弱地盤が見つかり、今後改良工事が進む。空から監視ができなければ適正な工事が行われているかどうかもわからない。こうした危機意識から市民団体の「沖縄ドローンプロジェクト」(藤本幸久代表)と辺野古ドローン規制法対策弁護団は9月17日、国会内で防衛省の担当者にドローン規制法について質問した。

     同プロジェクトや弁護団の疑問は、なぜ巨額の税金を投じた辺野古新基地予定地の建設現場を規制区域にしたのかだ。運用中の基地ならまだしも規制されたのは公共工事の現場で、つまり工事監視の排除が目的ではないのかと疑念を抱いている。

     それに対して、防衛省の担当者は「指定は米軍の運用に必要な範囲」と回答。防衛省から米軍へ国民の知る権利を尊重して欲しいと伝えてあるが、「ドローンの飛行申請の同意・不同意の判断は米側にある」と答えた。

     さらに今後、辺野古埋め立て地の規制対象区域外でドローンを飛ばす際に障害となりそうなのが規制区域との境界だ。規制法では対象施設とその周辺区域300メートルを飛行禁止に指定。辺野古は陸と同時に一部水域が対象施設に含まれるため、防衛省では「陸岸から500メートルを飛行禁止区域に指定した」という。

     だが、現場には入り組んだ場所があるうえ、そもそも防衛省が周辺区域に該当する場所の位置情報を公開していないことから、目印のない海上のどこからが飛行禁止区域なのかを特定するのは困難だ。

     ドローンを飛ばしていて気づかないうちに規制区域に侵入してしまうことも考えられるため、「飛行禁止区域がはっきりしないのに、立ち入ったら刑事罰を科すとはどういうことなのか」(藤本氏)との声も出た。土木技術者で同プロジェクトの奥間政則氏は、

    「辺野古では今後、大型の特殊な作業船を大量導入した工事が始まる。濁り水が発生している現場をドローンで撮影されたくないために規制をしているとしか思えない」

     と話す。

     こうした状況に、沖縄選出の伊波洋一参院議員(無所属)が憤る。

    「わかりづらくあいまいに制限区域を設定することで、規制区域の周辺でドローンを飛ばしたら逮捕されるのではないかとの恐れを持たせ、ドローンでの上空調査や取材を規制する方向になっている。米軍施設にカメラを向けるだけで法律違反に問われた沖縄返還前の状況と似てきているのに、それを政府が率先してやるのはおかしい。辺野古埋め立て工事は出来る限り透明性を確保すべきだ」(桐島瞬)

    週刊朝日
    2020.9.29 08:30
    https://dot.asahi.com/wa/2020092700013.html

    【【パヨクテロリスト】新基地上空へのドローン不許可に疑問と憤りの声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/09/27(日) 08:41:35.25 ID:CAP_USER9
    tamakitiji

     県議会9月定例会は25日、代表質問2日目が行われ、与野党7議員が登壇した。玉城デニー知事は国籍や人種、性別、性的指向などを理由とする差別の解消に向け「性の多様性宣言(仮称)や不当な差別的言動の解消に向けたいわゆるヘイトスピーチ規制条例の検討も行っている」と述べ、自身が公約に掲げる「誰一人取り残さない共生社会」の実現に取り組む姿勢を改めて示した。山内末子氏(てぃーだネット)への答弁。...

    【【パヨク】玉城デニー「性の多様性宣言(仮称)や不当な差別的言動の解消に向けたいわゆるヘイトスピーチ規制条例の検討も行っている】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [ニダ] 2020/09/22(火) 10:11:22.32 ID:NBN8A+VV0● BE:844481327-PLT(13345)

    ボギーてどこん(浦添新基地建設見直し協議会)
    @fm21wannuumui

    沖縄タイムスさんの四コマ。
    おもわずウハッとしてしまい
    傷口が痛い(爆笑)

    no title

    https://twitter.com/fm21wannuumui/status/1308186744307593218

    【【パヨクどうしたw】コロナ給付金不正受給の沖縄タイムスさん、自虐ネタに走る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/09/20(日) 00:23:51.73 ID:CAP_USER
    石垣市議会(平良秀之議長)9月定例会の最終本会議が18日開かれ、尖閣諸島での上陸調査活動と施設整備を求める意見書、決議を賛成多数で可決した。同様の決議は2005年、10年に続き3回目で、12年の尖閣国有化以降では初めて。議員を関係省庁に派遣して直訴することも賛成多数で可決した。

    八重山日報 2020/9/19
    http://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/13210

    no title

    尖閣諸島での上陸調査活動などを求める決議に起立して賛成する与野党の市議=18日午後、議場

    【【石垣市】「尖閣上陸と施設整備を」 市議会、国有化後の初決議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: チンしたモヤシ ★ 2020/09/10(木) 20:59:28.07 ID:QpSSvqt89
    竹富島に無人機漂着 米軍「うちではない」、機体に漢字


    no title

    標的機とみられる機体が見つかった竹富島の海岸(竹富町提供)
    no title

    沖縄県の竹富島で見つかった標的機とみられる機体=竹富町提供

    沖縄県竹富町の海岸で8日に機体のような物体が漂着しているのが見つかり、 沖縄防衛局から照会を受けていた米軍は9日、 米軍のものではないと回答した。
    防衛局が取材に明らかにした。9日に実物を確認した町によると、 機体にはアルファベットと数字のほか、「右」「左」の漢字があったという。

     石垣海上保安部から連絡を受けて現場を確認した町によると、 機体は長さ5、6メートルで、「MQM―107E」との表記があった。
    米国立空軍博物館のホームページによると、この表記は、米軍が以前、訓練で使っていた無人標的機。
    ただ、町の確認では、これ以外に米軍との関連を示す特徴はないという。

     一方で、漢字で「右」「左」とあり、町担当者は「漢字圏内の国のものでは」と話している。
    一般的な漂着ゴミは町が処分するが、今回は 「見つかったものがどういうものかがわからない」(担当者)とし、 県とも調整するという。(岡田将平)

    朝日新聞 2020年9月9日 22時43分 
    https://www.asahi.com/articles/ASN997G56N99TIPE02P.html 
    【【中国?台湾?】沖縄県竹富島に標的機とみられる無人機漂着 米軍「うちではない」、機体に漢字 町担当者は「漢字圏内の国のものでは」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US] 2020/08/21(金) 07:54:41.52 ID:SZ7g5U/j0● BE:844481327-PLT(13345)
    Naha_Military_Port

    <社説>軍港移設北側案合意 移設なき返還は不可能か

    米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添市移設を巡り、県、那覇市、浦添市の3者は軍港の配置について北側案で事実上、合意した。これまで南側案を主張していた浦添市が取り下げたためだが、唐突感は否めない。

    県内移設ではなく移設なき軍港返還は不可能なのか、基地機能強化にならないかなど県は県民が納得できるよう説明責任を果たすべきだ。その上で沖縄の将来を見据えた判断をするよう強く求める。

    1974年に那覇軍港の移設条件付き全面返還が決まってから46年がたつ。移設先は95年の日米合同委員会で那覇港の浦添ふ頭地区に決定。96年の日米特別行動委員会(SACO)最終報告で合意した。

    移設反対を訴えて松本哲治氏が浦添市長に当選したが、その後、受け入れた。2017年には軍港と民港を一体とする南側案を掲げて再選した。そして今回、再び公約を翻して北側案を受け入れた。

    ここでいくつか疑問が生じる。第1に、46年前に決まった移設条件付き返還に有効性はあるのかという点だ。

    軍港の艦船寄港は減少傾向にあり、02年は1987年の3分の1程度(35隻)まで減った。03年以降公表しないのは事実上、遊休化しているからだとの指摘もある。使用頻度が激減しているのなら軍港を移設する必要はない。移設なき返還こそ県益、那覇、浦添の市益にかなうのではないか。
    第2に、移設が基地機能強化につながるのではないかという疑問だ。

    基地の整理縮小で合意したSACOの本質は、負担軽減ではなく県内移設して機能強化することにある。日本の税金で老朽施設を新たな基地に造り変えようとするものだ。

    例えば、米軍普天間飛行場の移設先とされる名護市辺野古に、強襲揚陸艦が着岸できる軍港や、普天間飛行場にはない弾薬庫を新たに建設する。明らかに機能強化である。
    「辺野古新基地」と表現するのはそのためだ。那覇軍港の移設が、機能強化につながらないと保証できるだろうか。

    第3に、辺野古新基地建設に反対する県の立場と、軍港移設容認は矛盾するのではないかという疑問だ。
    玉城知事は「貴重な生物多様性のある海域、軟弱地盤の存在があるにもかかわらず、膨大な費用と長い年月と多くの県民が反対の意思を示している中で進められる代替計画とは全く意を異にする」と辺野古との違いを強調する。

    しかし、貴重な海域を埋め立てる行為は同じだ。軍港の県内移設を容認すれば、基地の固定化につながる。

    最後に、地方自治の在り方だ。米軍が難色を示し、国からの「圧力」や経済界からの声により、浦添市が南側案を取り下げたとしたら、自治がゆがめられていることになる。基地の整理縮小を実現するためには、妥協することなく沖縄側の自己決定権を行使していかなければならない。

    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-1176455.html


    【【パヨクマスコミ】琉球新報「那覇軍港移設合意、貴重な海を埋めるのは辺野古と同じ」沖タイ「デニー、説明しろ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [DE] 2020/08/21(金) 12:59:13.37 ID:HN1bmWqD0● BE:844481327-PLT(13345)
    no title

    旅団長は報道陣の問い掛けにほとんど答えず、眼前の暗闇を見据えて歩き続けた。

    「慰霊の日」の6月23日午前5時前、沖縄県糸満市の平和祈念公園。沖縄戦の日本軍司令官、牛島満中将が自決した75年前とほぼ同じ時間、場所に、自衛官約30人が現れた。

    沖縄を拠点とする陸上自衛隊第15旅団の幹部で、いずれも制服を着ている。牛島司令官らをまつる「黎明之塔」に佐藤真旅団長が献花した後、全員で手を合わせると、連れだって引き返した。

    牛島司令官は本土防衛の時間稼ぎだけを目的とし、住民に「共生共死」を強いた日本軍の総責任者である。
    自衛隊はその「遺志」を受け継ぐのか。

    私は旅団長の背中を追いかけながら質問を重ねた。「日本軍は住民の食料を奪い、虐殺しました」「その日本軍を民主国家日本の自衛隊が顕彰するのですか」。
    辛うじて旅団長が発した言葉の一つが「私的参拝ですから」だった。

    制服を着て集団行動をしておきながら「私的」だと主張する。自衛隊はこの論理で
    17年連続、慰霊の日の参拝を続けている。復帰間もない1976年は1000人規模の深夜行軍と集団参拝をして厳しい非難を浴び、1回だけで途絶えた。しかし、2004年に復活させてからはいくら批判されてもやめようとしない。

    今、琉球弧で増強を続ける自衛隊が日本軍を正当化し、DNA継承を打ち出す姿は、沖縄にとって脅威そのものだ。
    ここまできた一因は「死者にむち打つ」ことを良しとしない日本的な追悼の在り方にあるだろう。
    加害者と被害者を混同し、事実や責任の所在をあいまいにしてきた。

    慰霊の日、『産経新聞』に掲載された論説は象徴的だった。来年度から使われる中学校教科書の「沖縄を『捨て石』にする作戦」という記述を取り上げ、「あまりに心無い見方だ」と批判した。
    「沖縄を守ろうと」本土出身の兵士多数が戦死し、航空機や戦艦も特攻したのに、という定型の美談仕立てである。

    沖縄を、沖縄自身ではなく本土を守るための前線と位置づけ、出血持久戦を強いたことは大本営文書からも確定した史実だ。
    心があるかないかの問題ではない。無謀な作戦で兵士多数が犬死にさせられたことと、沖縄が捨て石にされたことは全く矛盾しない。
    昭和天皇を頂点とする指導部が、保身のために両者とも簡単に犠牲にした。

    『産経』の論説はさらに辺野古新基地建設推進と日米同盟重視を訴え、「尖閣諸島を中国が奪おうとしている」「これは沖縄の悲劇を繰り返さないための方策だ」と結ぶ。
    軍隊がいる島が狙われる、軍隊は住民を守らない、という沖縄戦の教訓を無視している。そして基地集中による「沖縄の悲劇」が今も続くことを当然視している。

    加害者と被害者を区分けしない漠然とした追悼は次の戦争を防ぐどころか、招き寄せる。沖縄の現状を放置したままの不戦の誓いは矛盾を抱え、どこにも届かない。

    本土でも8月にかけて「今の平和と繁栄は戦没者の尊い犠牲の上に築かれた」というような定型句があふれるだろう。その陰であいまいにされる過去と現在の責任者を見極め、ただせるか。戦後75年を生きる私たちが問われる。

    (阿部岳・『沖縄タイムス』記者。2020年7月3日号)
    週刊金曜日
    http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2020/08/13/seiji-108/

    【【パヨク】沖タイ阿部岳記者「日本軍司令官を慰霊し続けている自衛隊は沖縄の脅威だ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: アコレプラズマ(愛知県) [CZ] 2020/08/13(木) 19:21:43.31 ID:TEx5Vj7h0● BE:156193805-PLT(16500)
    cn250

    沖縄県・尖閣諸島周辺海域に、中国の休漁期間明けの来週16日以降、中国漁船が大量に押し寄せ、日本領海を侵犯する危険性が指摘されている。
    日本政府は先月、外交ルートを通じて「日中関係は壊れる」と警告したが、中国政府側は「(尖閣は)固有の領土」と反発したという。
    こうしたなか、米国の有力シンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」が発表した調査報告書「日本における中国の影響」にある「中国の沖縄工作」が注目されている。
    新型コロナウイルスの大流行を引き起こしながら、覇権拡大を強める中国の浸透工作とは。
    ジャーナリストで、日本沖縄政策研究フォーラム理事長の仲村覚氏が緊急寄稿した。

    (後略)

    夕刊フジ
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200813/pol2008130004-n1.html

    【【パヨクを取り除こう!】「沖縄独立」に中国暗躍! 外交、偽情報、投資で工作…米有力シンクタンク“衝撃”報告書の中身】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/08/08(土) 20:45:26.96 ID:CAP_USER9

    tamaki
    https://anonymous-post.mobi/archives/2361
    新規感染者が初の3桁となった沖縄県の玉城デニー知事は7日、医療態勢を守るため、無症状の濃厚接触者のPCR検査を65歳以上や医療従事者、重症化リスクの高い人などに絞る考えを公表した。

    県内では、10万人当たりで全国1位の31.57人の新規感染者が1週間で発生。
    玉城知事は「(医療機関が)無症状の濃厚接触者などの対応に追われている。現在の状況が続くと医療機関の機能が停止し、重症者の治療も困難になる」と危機感を示した。

    2020/8/7
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2020080700841&g=soc

    (略)

    【【パヨク悲報】沖縄、PCR検査やりすぎで医療逼迫 玉城デニー「これからは症状アリのみ…」 ネット「パヨクの『検査しろ!!』にまんまと乗せられたw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2020/07/26(日) 18:29:52.74 ID:CAP_USER

    t_qs8pinax0ub70qx1vew4
    米海兵隊司令官は日本当局と、沖縄に米海兵隊の機動部隊を配備するための協議を始めた。2027年までに対艦、対空ミサイルを装備する「海兵沿岸連隊」を沖縄、グアム、ハワイに配置し、自衛隊と緊密に連携し、中国共産党政権による太平洋進出を阻止する構えだ。複数の日米メディアが23日に伝えた。

    ニューヨーク・タイムズによると、米海兵隊のデビッド・バーガー総司令官は部隊配備について「潜在的な敵が次の一歩を踏み出すのを抑止し、阻止することが目的だ」と電話インタビューで語った。さらに「中国から見れば岩のように強固な連携が見える」と付け加えた。

    バーガー総司令官は3月、海兵隊の向こう10年間の方針を示す「戦力デザイン2030」計画を発表した。同年までに約1万2000人の人員削減、輸送機部隊の廃止、戦車の全廃などがある。その代わりに高機動ミサイルやロケットランチャー、無人機など飛行部隊が追加される。

    さらに海上・離島戦闘準備体制を強化する、海兵連隊(Marine Littoral Regiment, MLR)が創設される。「海兵連隊は離島に機動的に展開して対艦任務を行うことができ、対艦ミサイルは中国艦隊を圧倒できる」と司令官は述べた。

    戦力構成を抜本的に見直し、対中国にシフトする姿勢を鮮明にしている。司令官は、米国の戦力の焦点を大国競争、インド太平洋地域に移すべきだとの考えを示した。

    時事通信の電話取材にも応じた同司令官は、既存の海兵連隊を再編するため、沖縄に駐留する総兵数は増えないとした。また、MLR規模は1800~2000人程度だという。

    海兵連隊の主な役割は、米海軍による制海権確保を支援することにある。有事には島しょ部に分散展開し、陸上から中国軍艦艇を攻撃して中国軍の活動を阻害するという。

    報道によると、司令官は、自衛隊が水陸両用車や輸送機オスプレイ、最新鋭ステルス戦闘機F35など相互運用性のある装備を保有していることから、海兵隊との補完性を指摘している。また、南西諸島での自衛隊との合同演習にも期待を示した。

    司令官は、流行している感染症による渡航制限が緩和されたのち、日本の政策リーダーらと会談を行い、米海兵隊の方向を説明する意向という。

    (翻訳編集・佐渡道世)

    大紀元 EPOCHTIMES 2020年07月25日 20時02分
    https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/60022.html

    【【軍事】米海兵隊、27年までに沖縄に新部隊、対中国戦略を強化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [ニダ] 2020/07/20(月) 16:49:32.21 ID:Ifz6wYIJ0● BE:844481327-PLT(13345)

    多嘉山侑三@yuzo_takayama
    琉球が独立したら脅威は中国でなく日本。

    このままだと憲法改正され自衛隊が国防軍となり、敵基地攻撃ミサイルも量産され、軍事大国復活の可能性大。正にアジアの脅威。

    琉球は日本からの3度目の侵略をされないために、米中露等の周辺大国とうまく手を取り合って日本と外交関係を築く必要がある。

    https://twitter.com/yuzo_takayama/status/1284899642543452160


    沖縄の基地問題を発信するユーチューバー デマに衝撃、動画で解説
    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/383583


    【【アホパヨク】サヨク系YouTuber「琉球が独立したら脅威は中国でなく日本。自衛隊が国防軍化すれば正にアジアの脅威」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 1号 ★ 2020/07/11(土) 22:32:27.58 ID:GW9l2prX9
     沖縄県内の米軍基地で11日までに60人超が新型コロナウイルスに感染したことが確認された。複数の関係者が明らかにした。うち38人は普天間飛行場で確認されているという。基地内で「クラスター(集団感染)」が発生しているとみられる。

     6月と7月に県内中部で大規模なバーべーキューパーティーが開かれ、米軍関係者や日本人も参加していた。イベントに参加していた米軍関係者らは隔離されているとの情報もある。【琉球新報電子版】


    2020年07月11日 15:45
    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1154634.html
     

    【【沖縄】米軍基地内でコロナの大規模感染を確認 複数施設で60人超】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚤の市 ★ 2020/07/06(月) 15:48:54.28 ID:3pWkaPXS9
     029F777C-A130-48AE-8B7D-7745DCF2C72F
     沖縄県議会で玉城デニー知事をささえる県政与党「オール沖縄勢力」の足並みが乱れ始めている。議長選で県政与党の推す議員が敗れたうえ、常任委員会の委員長ポストの多くも県政野党側に奪われた。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画を阻止しようとする玉城知事の戦略が狂う可能性もある。何が起きているのか。

     6月30日、県議会の本会議場に並んだオール沖縄の県議たちに衝撃が走った。

     議長選の開票の結果、オール沖縄が推した与党会派の県議が落選したからだ。しかも、破ったのは、同じ与党系の会派「おきなわ」(3人)代表の赤嶺昇県議だった。県議は48人。このうち赤嶺氏は26票、与党候補は22票だった。赤嶺氏が自民や公明などの県政野党から票を得ていたのは明らかだった。

     「動きを察知できなかった」。与党県議の一人は赤嶺氏と野党の動きをつかめなかったことに唇をかむ。

     与党第1会派の比嘉京子県議は取材に対し、「(与党の立場で)県民の負託を受けながら、県政野党の支持で議長になることは信義に反するのではないか」と赤嶺氏の動きを疑問視する。

     伏線はあった。

     6月7日投開票の県議選(定数…(以下有料版で,残り:945文字)


    朝日新聞 2020年7月6日 15時00分
    https://www.asahi.com/articles/ASN737K45N71TPOB005.html

    【【朝日新聞】自民「終わりの始まりだ」、オール沖縄に衝撃 議長選で】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル