かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    カテゴリ: 欧州

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/17(水) 10:14:44.98 ID:CAP_USER9

    スウェーデン政権は有事に備え、非常事態での対応を国民に説明するブックレットの再版を明らかにした。デイリーメール紙の報道によれば、ブックレット再版はバルト海周辺の状況悪化および海域で定期的にロシア軍が演習を実施していることを受けて決められた。

    スウェーデン政権は以前、50年弱にわたって『もし、明日戦争が起きたら』と題されたブックレットを発行していた。ブックレットは1943年から冷戦の終わる1991年まで作られていたが、今回の再版はその現代バージョンになるとみられている。

    スウェーデンの非常事態民間エージェンシーによれば、再版ブックレットのパイロット版は『明日もし危機が起きるか、戦争が始まったら』と題されており、今年6月までには470万世帯に配布が決まっている。

    デイリーメールによれば、ブックレットはサイバー攻撃からテロ、環境戦争、情報戦争、通常戦闘など様々なカタストロフィに際して、スウェーデン市民にどう行動すべきか、実践的なアドバイスを与える内容となっている。

    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/europe/201801174477942/ 

    no title
    【スウェーデン、ロシアとの戦争開始に備えあり 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/01/16(火) 22:45:24.65 ID:CAP_USER9
    no title

    1月16日 19時44分
    ロシアと国境を接するバルト3国に続き、ヨーロッパ南東部の3か国を日本の総理大臣として初めて歴訪している安倍総理大臣は、日本時間の16日夜、最後の訪問国ルーマニアに到着し、このあと、ヨハニス大統領と会談することにしています。

    安倍総理大臣は、ロシアと国境を接するバルト3国などに続き、ヨーロッパ南東部バルカン半島に位置する旧ユーゴスラビアのセルビアを日本の総理大臣として初めて訪れ、ブチッチ大統領と会談しました。

    この中で、安倍総理大臣は、セルビアに加え、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、アルバニア、コソボ、マケドニアの、バルカン半島西部の6か国のEU=ヨーロッパ連合加盟に向けて、ODAなどを通じて改革を支援する考えを伝えました。

    セルビアでの一連の日程を終えた安倍総理大臣は、日本時間の16日午後7時すぎ、最後の訪問国、ルーマニアの首都・ブカレストに到着し、このあと、ヨハニス大統領と会談することにしています。

    安倍総理大臣は、ヨハニス大統領との会談で、日本とEUのEPA=経済連携協定の交渉が妥結したことも踏まえ、EU加盟国の中でも人件費が安く、高い水準の経済成長率を維持するルーマニアとの経済関係の強化に向けて意見を交わすことにしています。

    一方、安倍総理大臣は、トゥドセ首相との会談も予定していましたが、15日に与党内で行われた投票で不信任となり辞任を表明したことから、会談は見送られることになりました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180116/k10011291271000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_020 


    【【外交】安倍首相 ルーマニアに到着 大統領と会談へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/01/16(火) 01:15:40.21 ID:CAP_USE
    1月15日 22時43分
    ロシアと国境を接するバルト3国に続いて、ヨーロッパ南東部の3か国を歴訪している安倍総理大臣は、日本時間の15日夜遅く、総理大臣としては初めて旧ユーゴスラビアのセルビアに到着し、このあとブチッチ大統領との首脳会談に臨むことにしています。

    ロシアと国境を接するバルト3国の歴訪を終えた安倍総理大臣は、ヨーロッパ南東部バルカン半島に位置するブルガリアを訪れ、ボリソフ首相との首脳会談で、去年交渉が妥結した日本とEU=ヨーロッパ連合のEPA=経済連携協定の早期発効に向け協力してくことを確認しました。

    安倍総理大臣はラデフ大統領を表敬訪問したあとブルガリアを離れ、15日午後10時半前、隣国のセルビアの首都・ベオグラードに到着し、このあとブチッチ大統領との首脳会談に臨むことにしています。

    旧ユーゴスラビアのセルビアは、1999年のコソボ紛争でNATO=北大西洋条約機構の軍による空爆を受けたあと民主化が進み、4年前からはEU加盟に向けた交渉を続けています。

    日本の総理大臣がセルビアを訪れるのは初めてで、安倍総理大臣は首脳会談で、EU加盟に向けたセルビアの経済社会改革に協力する考えを伝えるとともに、2国間の経済関係の強化に向けて意見を交わすことにしています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180115/k10011290091000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003 

    【【日本/セルビア】首相がセルビア到着 ブチッチ大統領と首脳会談へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/01/15(月) 04:51:59.76 ID:CAP_USER9


    1月15日 4時26分
    EU=ヨーロッパ連合の議長国を務めるブルガリアを日本の総理大臣として初めて訪れている安倍総理大臣は、ボリソフ首相と会談し、去年交渉が妥結した日本とEUのEPA=経済連携協定の早期発効に向けて協力していくことを確認しました。

    ロシアに隣接するバルト3国の訪問を終えた安倍総理大臣は、14日夜、ヨーロッパ南東部バルカン半島に位置するブルガリアの首都ソフィアに到着し、15日未明にかけて首相府でボリソフ首相との首脳会談に臨みました。

    この中で、両首脳は、ことし前半、EU=ヨーロッパ連合の議長国をブルガリアが務めていることを踏まえて、去年交渉が妥結した日本とEUのEPA=経済連携協定の早期発効に向けて協力していくことを確認しました。

    また両首脳は、核武装した北朝鮮は断じて受け入れられず、あらゆる手段によって圧力を最大限まで高め、北朝鮮の政策を変えさせることが必要だという認識で一致しました。

    さらに、日本企業がブルガリアに進出する際の課題などについて協議する、「日本ビジネスフォーラム」を立ち上げることも確認しました。

    会談のあと両首脳は共同記者発表を行い、安倍総理大臣は、「北朝鮮問題での緊密な連携や拉致問題の早期解決の重要性について、ボリソフ首相と認識を共有できたことは極めて有意義だ」と述べました。

    またボリソフ首相は、「北朝鮮の核や弾道ミサイル開発をブルガリアは強く批判している。再び交渉のテーブルに着き、平和的な問題解決に向けた努力を行うことは非常に重要だ」と指摘しました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180115/k10011289221000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004 
    【【日本/ブルガリア】安倍首相 ブルガリア首相と会談 EPA早期発効へ協力確認 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/01/14(日) 23:47:27.66 ID:CAP_USER9

    abesouri

    1月14日 22時48分
    バルト3国の訪問を終えた安倍総理大臣は日本時間の14日夜遅く、ヨーロッパ南東部バルカン半島に位置するブルガリアに到着し、このあとボリソフ首相との首脳会談に臨むことにしています。

    日本の総理大臣として初めて、エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト3国を訪問した安倍総理大臣は各国の首脳との会談で核やミサイル開発を続ける北朝鮮に対し圧力を強化するために連携していくことを確認しました。

    また、リトアニアで安倍総理大臣はかつての首都・カウナスを訪れ、第2次世界大戦中にナチス・ドイツの迫害を受けたユダヤ人に日本経由の出国ビザを発給し多くの命を救った外交官、杉原千畝の功績をたたえる記念館を視察しました。

    このあと安倍総理大臣は政府専用機でリトアニアを出発し、日本時間の14日午後10時すぎ、ヨーロッパ南東部、バルカン半島に位置するブルガリアに到着しました。

    日本の総理大臣がブルガリアを訪問するのは初めてのことで、安倍総理大臣は首都ソフィアでボリソフ首相との首脳会談に臨むことにしています。

    この中で安倍総理大臣は、ブルガリアがことし前半、EU=ヨーロッパ連合の議長国を務めていることから、去年、交渉が妥結した日本とEU=ヨーロッパ連合のEPA=経済連携協定の早期発効に向けて連携を確認したい考えです。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180114/k10011289091000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004 


    【【外交】安倍首相バルト3国からブルガリアに到着 首脳会談へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 夕凪らっこちゃん ★ 2018/01/14(日) 20:14:46.26 ID:CAP_USER9
    abesouri

    安倍首相は、ラトビア、リトアニアなどバルト3国を訪問し、首脳会談で北朝鮮への圧力強化を図ることで一致した。

    安倍首相は2018年、独立100周年を迎えるバルト3国を、日本の首相として初めて訪問し、各国の首脳に、北朝鮮への圧力強化に向けて、理解を求めた。

    安倍首相は「北朝鮮についても、圧力強化や拉致問題等、大変有意義なやりとりを行うことができました」と述べた。

    安倍首相は、北朝鮮の弾道ミサイルは、「ヨーロッパも射程に入る」と指摘し、北朝鮮と国交を持つラトビア、リトアニアとの連携強化を図った。

    1月14日 FNN
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00381874.html


    【【安倍首相】「北ミサイルはヨーロッパも射程に入る」 独立100周年のバルト3国を初訪問し首脳会談 北朝鮮への圧力や拉致問題で連携強化 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/01/14(日) 19:03:15.36 ID:CAP_USER9
    首相「日本人の誇り」
    杉原千畝の記念館視察
    2018/1/14 18:58
    8A8B1AB4-4602-4082-8919-A423D4A30D36

     【カウナス共同】安倍晋三首相は14日午前(日本時間14日午後)、リトアニアのカウナスを訪れ、第2次世界大戦中にナチス・ドイツから迫害を受けたユダヤ人難民を救った
    「命のビザ」で知られる外交官杉原千畝の記念館を視察した。終了後「杉原氏の勇気ある人道的な行動は世界中で高く評価されている。同じ日本人として誇りに思う」と同行記者団に語った。

     記念館は当時の在カウナス日本領事館の事務所部分を改装して一般公開されている。杉原がサインしたビザの写真が掲載されたパネルや複製された執務机などを見て回った。

    共同通信
    https://this.kiji.is/325212668292023393

    【【リトアニア】安倍首相「日本人の誇り」 杉原千畝の記念館視察 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/01/14(日) 08:16:16.74 ID:CAP_USER9
     
     【ビリニュス時事】安倍晋三首相は13日、リトアニアのスクバルネリス首相と会談し、核・ミサイル開発を進める北朝鮮について「今や(首都の)ビリニュスも射程に入る弾道ミサイルを発射するなど欧州全体にとって脅威だ」と述べ、危機感を共有するよう訴えた。
     
     これに対し、スクバルネリス氏は「北朝鮮は緊張を高めるような行為を抑制すべきだ」と応じた。安倍氏はエストニア、ラトビアを含めたバルト3国訪問を終えるが、いずれも対北朝鮮問題での連携で一致した。

     両首脳は、新たに創設した「日バルト協力対話」の枠組みに基づき、科学技術や医療、物流などの分野での協力強化を確認。また、リトアニアを訪れる日本人が増えていることから、ワーキングホリデー制度などを通じ、人的交流を拡大していくことでも一致した。

     安倍氏は会談に先立ち、同国のグリバウスカイテ大統領を表敬した。 

    ヤフーニュース(時事通信)
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00000075-jij-pol 

    【【日リトアニア首脳会談】安倍首相「北朝鮮、欧州全体に脅威」 スクバルネリス首相「北朝鮮は緊張を高めるような行為を抑制すべきだ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/13(土) 07:28:15.26 ID:CAP_USER9

    【タリン共同】安倍晋三首相は12日午後(日本時間13日未明)、エストニアの首都タリンでラタス首相との会談後、共同記者発表に臨み、北朝鮮問題に関し「核武装を認めず、圧力を最大限に高めることが必要との認識で一致したのは大変有意義だ」と述べた。

     日本人拉致問題を巡っては「早期解決の重要性について認識を共有できた」と強調した。ラタス氏は「われわれは傍観者であってはならない。国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議をきちんと履行しなければならない」と応じた。

    東京新聞
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018011301001084.html 

    【【日本・エストニア首脳会談】北朝鮮圧力最大化で一致 安倍首相「核武装認めない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/01/12(金) 14:04:59.50 ID:CAP_USER9
    abesouri

    安倍晋三首相は12日午前、エストニアなどバルト三国とブルガリアなど東欧3カ国の計6カ国を訪問するため政府専用機で羽田空港を出発した。各国に対し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への圧力強化で連携を要請。経済分野の関係強化も図りたい考えだ。17日に帰国する予定。首相は出発に先立ち、首相官邸で記者団に「北朝鮮問題など、国際社会が直面している喫緊の課題について連携を確認したい」と語った。

    訪問先は他にラトビア、リトアニア、セルビア、ルーマニア。6カ国とも日本の首相の訪問は初めて。12日夕(日本時間同日夜)に最初の訪問国エストニアの首都タリンに到着する見込みで、同国のカリユライド大統領を表敬訪問し、ラタス首相と首脳会談に臨む。【松倉佑輔】

    配信2018年1月12日 11時12分
    毎日新聞
    https://www.mainichi.jp/articles/20180112/k00/00e/010/257000c
    【安倍首相 東欧訪問へ出発 エストニアなどバルト三国とブルガリアなど計6カ国訪問 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/01/02(火) 21:16:03.66 ID:CAP_USER9

    1月2日 20時35分
    香港船籍の船舶が国連安全保障理事会の制裁決議で北朝鮮への輸出が厳しく制限されている石油精製品を北朝鮮の船舶に提供していた問題で、韓国政府は、石油精製品の荷主がオランダ企業だったことを明らかにしました。

    韓国政府は先月29日、香港船籍の「ライトハウスウィンモア」が、去年10月、東シナ海の公海上で、北朝鮮の船舶に対し、国連安全保障理事会の制裁決議で北朝鮮への輸出が厳しく制限されている石油精製品およそ600トンを提供していたと発表し、船を南部ヨス(麗水)の港に留め置いてそのいきさつを調べています。

    韓国外務省のノ・ギュドク(魯圭※ドク)報道官は2日、「ライトハウスウィンモア」は太平洋のマーシャル諸島に法人登録している台湾の企業が借り上げた船だとしたうえで、石油精製品の荷主はオランダの「トラフィグラ」という企業だったと明らかにしました。

    「トラフィグラ」はNHKの取材に対して、「積み荷は台湾に送られると伝えられていた。積み荷が最終的にどこに向かうかにわが社は関与していない」として、北朝鮮に提供されることは知らなかったと強調しました。

    一方、韓国政府は「ライトハウスウィンモア」とは別にパナマ船籍の運搬船「コティ」についても北朝鮮の船舶に石油精製品を提供した疑いがあるとして、先月21日から中部ピョンテク(平沢)の港で船員から事情を聴いていることも明らかにしています。

    安保理は、北朝鮮による制裁逃れを食い止めることで核・ミサイル開発の資金源を封じ込めたい考えですが、その難しさが改めて浮き彫りになっています。

    ※ドクは「直」の下に「心」

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180102/k10011277631000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 
    【【北朝鮮船舶】提供の石油精製品 荷主はオランダ企業 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/01(月) 19:51:31.08 ID:CAP_USER9
    ライブドアニュース
    http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/14105496/


    (CNN) ローマ法王フランシスコが、長崎原爆投下の被害者の姿をとらえた1945年の写真をカードに印刷して配布するよう指示を出していることが1日までにわかった。カードの裏には、法王の要請により「戦争が生み出したもの」という言葉が記載されている。

    この写真は、死亡した弟を背負いながら火葬場で順番を待つ1人の少年の姿をとらえたもの。第2次世界大戦末期に原爆が投下された直後、米海兵隊の従軍カメラマン、ジョー・オダネルさんにより撮影された。

    法王は今回、カードの裏に自身の署名とともに「戦争が生み出したもの」という言葉を記載するよう要請した。

    写真の内容と由来は短いキャプションにより説明。「幼い少年の悲しみはただ、血のにじんだ唇をかみしめるその身ぶりの中にのみ表現されている」などと記している。

    米議会図書館の記録によれば、オダネルさんは4年間をかけて両都市の戦後の様子を記録した。一連の写真は本の形で出版されている。

    CNNのバチカン専門家、ジョン・アレン氏は自身のウェブサイトで、「新年を前にこの写真を公開したことで法王の立場に何か実質的なものが付け加わるわけではないが、フランシスコが年末年始の休暇期間中に特定の画像を配布するよう依頼したのは今回が初めてだ。これは法王が、写真のメッセージが今特に重要だと考えていることを示唆している」と述べた。

    アレン氏によれば、法王は以前にも核兵器を非難し、紛争が子どもたちにもたらす影響を強調したことがあるという。

    追加ソース
    焼き場に立つ少年。幼子の亡きがらを火葬にする順番を、歯を食いしばって待つ様子をとらえた
    no title

    【【バチカン】長崎原爆投下の被害者「焼き場に立つ少年」の写真、ローマ法王が配布を指示 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無しさん@涙目です。(空) [GB] 2017/12/28(木) 08:17:59.06 ID:BBZl1jHB0 BE:711292139-PLT
    レユニオン島

    【AFP=時事】故障したボートで海上を7か月間にわたって飼い猫と共に漂流していたというポーランド人男性が、仏海外県レユニオン島近くのインド洋で仏沿岸警備隊に救助された。

     男性は今年5月、自ら改良したクルーズ客船の救命ボートでモザンビーク沖のコモロ諸島から南アフリカを目指す2000キロ超の航海に出たと話している。

     計画では、船舶の交通量が多いモザンビーク海峡を通って南下することになっていた。同海峡は、男性の改造ボートで進むには海流が強い海域だ。
    男性は南アフリカに到達することなく、航路を大きく外れたレユニオン島近くでヨットの乗組員らによって発見され、24日に保護された。

     男性は、1日に中華スープを半袋ずつと自分が釣り上げた魚を猫と分け合って生き延びたと語っている。フランス沿岸警備隊「海難救助全国協会」はAFPの取材に、男性のボートの機器は壊れ、通信手段がない状態だったと説明した。

     男性の話によると、航海の旅の始まりは2014年、米国の自宅からインドに渡航し、ポーランドに海路で戻るためにボートを購入した時だった。
    ボートを自ら改造し、航海に出発したものの、出港後にマストに問題が発生し、ボートが壊れたという。男性はその後インド洋を漂流し、コモロ諸島に辿りついていた。【翻訳編集】AFPBB News

    http://www.afpbb.com/articles/-/3156871

    【ボートでインド洋7ヶ月漂流のポーランド人を救出 「ネコと食料を分け合って生き延びた」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2017/12/19(火) 20:56:04.86 ID:CAP_USER9
    【12月18日 AFP】欧州連合(EU)とアルゼンチン、オーストラリアなど12か国は18日、南極海での日本政府による調査捕鯨を非難する声明を発表した。日本の捕鯨船は11月に出航しており、4か月以上かけてクロミンククジラ333頭を捕獲する予定。

    水産庁はクジラの習性や生態を研究するために調査捕鯨は必要だと主張する一方、捕獲を伴う調査は不要で、商業捕鯨の隠れみのだとの批判もある。

    EUやその他12か国は共同声明で、「日本が南極海で継続して実施している、いわゆる『科学的』な捕鯨に反対する」と表明し、「特に国際捕鯨委員会(IWC)が設定した南極海クジラ・サンクチュアリ(Southern Ocean Whale Sanctuary)での商業捕鯨には、われわれは断固として反対している」と強調した。

    声明にはEUのほかアルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、チリ、コスタリカ、ドミニカ共和国、エクアドル、メキシコ、ニュージーランド、パナマ、ペルー、ウルグアイが署名した。(c)AFP

    配信2017年12月18日 18:16
    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3155829 
      

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513684564

    【【捕鯨】日本の調査捕鯨に対し非難声明、EUその他12か国が連名で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/19(火) 08:57:49.36 ID:CAP_USER9

    ローマ法王、日本の「過度の競争」を戒め 学生とテレビ会議
    フランシスコ法王

    【12月19日 AFP】ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王は18日、テレビ会議システムを利用して
    東京の大学生らと対話し、日本の学校や職場での「過度」の競争文化や消費主義への傾倒を戒めた。

     アルゼンチン出身のフランシスコ法王は、上智大学(Sophia University)の学生らに対し、「人は成功するために、
    他者を踏み台にするなどの悪事を働いてしまうこともある」と説明。

     日本社会には「過度の競争、競争主義、消費、消費、消費に次いでまた消費」といった「幾つかの問題」が
    見受けられると指摘。「これはあなたを害し、あなたの力を奪いかねない」と諭すとともに、問題は「過度の能力主義」
    にもあると述べた。

     その一方で、日本は「偉大な国であり、尊敬している…もちろん、ぜひ訪問したい」と話し、日本人については
    「私がとても愛する人々」であり、「勤勉な国民で、宗教に対する大きな受容力を備え、苦難を耐え忍んできた人々」
    だという見方を示した。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3155861


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513641469

    【ローマ法王が日本を戒める 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2017/12/05(火) 22:27:54.74 ID:CAP_USER
    eu250

    欧州連合(EU)が、韓国など11か国をタックスヘイブン(租税回避地)のブラックリスト対象国に指定することを検討していることが分かった。

     ブルームバーグ通信が5日(現地時間)に入手したEU関連文書の草案によると、ブラックリスト対象国として検討されているのは韓国のほかパナマ、チュニジア、アラブ首長国連邦(UAE)、バルバドス、カーボベルデ、グレナダ、マーシャル諸島、パラオ、セントルシアなど。

    これは、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が最近公開した「パラダイス文書」問題を受け、EUがブラックリスト検討を急いだものと分析されている。

     しかしブルームバーグ通信は、各国の政治的決定によっては変更になる可能性があるとの見方を示した。最終的なブラックリスト対象国は、この日開かれるEU財務相会議で確定する予定だ。

     EUは最近1年間で、92の国と租税区域を対象に、EUの透明性の基準に合致しているか、有害な税金関係の慣習が蔓延していないかなどを重点的に調査してきた。

     この過程でトルコなど一部の国は、ブラックリスト入りを回避するために、EUに透明性の向上や公正競争の保障などを約束したという。

     あるEU加盟国の政府の当局者は最近、記者団に対し「最終的なブラックリストが草案よりも大幅に縮小されたということは(ブラックリスト作成という行為によって)EUが圧力をかけ、透明な課税に向けて努力した証拠だと考えることができる」と述べた。

     EU執行部側は、ブラックリストに掲載するという圧力が、各国の税金体系をEU水準に合わせるきっかけとして作用する可能性もあるとみている。

     租税の透明性を約束した国は、EUの監視を受けることになる。EUは1年に1回ブラックリストを見直す予定だ。

     一方、フランスなど一部の国は、租税回避地には何らかの形で制裁を加えるべきと主張している。EUの閣僚たちは、基金凍結などを含めEUと加盟国レベルで考えられる制裁措置について話し合う見通しだ。

    チョ・インウ記者
    NEWSIS/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/05/2017120502799.html

    【EU、韓国の「租税回避地」ブラックリスト掲載を検討中 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    エルドアン大統領
      
    トルコのメディアによると、エルドアン大統領は17日、ノルウェーでの北大西洋条約機構(NATO)の軍事演習からトルコ兵40人を引き揚げたことを明らかにした。演習に使われた掲示物で、トルコ建国の父アタチュルク初代大統領の写真とエルドアン大統領の名前が「敵一覧」の中に使われていたことが理由という。

     エルドアン大統領はアカル参謀総長とチェリキ欧州連合(EU)相から知らせを受けたといい、「ちゅうちょせずに今すぐ引き揚げろと言った。このような同盟関係はあり得ない」と憤慨した。

     これを受けて、NATOのストルテンベルグ事務総長は声明で、「気分を損ねさせてしまったことを謝罪する。個人の行動の結果であり、NATOの見解を示すものではない」と弁明。「トルコは大事な同盟国だ」と強調した。

    AFP

    【 トルコ、NATO演習から兵士撤収 エルドアン大統領と初代大統領アタチュルクの名前が演習の「敵」に使用されたことが理由 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
     
    no title
     
    北大西洋条約機構(NATO)のイエンス・ストルテンベルグ事務総長は7日、アフガニスタンの駐留部隊を約3000人増派すると明らかにした。

     ストルテンベルグ氏によると、アフガニスタンで訓練や支援任務を行うNATO駐留部隊はこれまでの約1万3000人から1万6000人に増える見込み。

     8日からベルギー・ブリュッセルで行われるNATOの国防理事会を前に、ストルテンベルグ氏は
    「アフガンスタンでのこう着状態を打破し、旧支配勢力タリバンが戦場で勝利することはないと明確なメッセージを送るため」NATO駐留部隊を増やすと述べた。
    その一方で戦闘任務には参加しないと明言した。

     首都カブールでは7日、テレビ局が武装集団による襲撃を受け、25人が死傷したばかり。

    【NATO、アフガンに訓練要員など3000人増派、1万6000人規模に 戦闘任務には参加せず 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    マヤーディーン
    シリア東部のマヤーディーンにあった、テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」の兵器貯蔵施設から北大西洋条約機構(NATO)が採用している最新型兵器が複数種見つかったと、シリア軍のハサン・スヘイル准将が記者団に語った。

    スヘイル氏は、「ダーイシュが逃走の際残していったこれらの戦利品を、我々がすべて運び出すのに少なくとも6日かかるとみられる。ここには兵器や様々な外国製通信機器が非常に多く残されている」と話した。

    マヤーディーンは倉庫など様々な施設が整った兵站上の中心地だった。ダーイシュからの解放後、シリア軍は火器や対戦車兵器、大砲や砲弾、手製の地雷、さらにイラク軍から奪われた戦車や装甲兵員輸送車を接収した。

    【シリア軍准将「ダーイシュ兵器庫からNATOの最新兵器発見」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    22日の衆院選での自民党の勝利を海外メディアも相次ぎ伝えた。韓国や中国などで日本の憲法改正への動きを警戒する報道が目立つ一方、貿易面などで良好な関係を保つ欧州の首脳からは歓迎する声があがった。

    韓国の聯合ニュースは緊急速報で「安倍首相圧勝」と報じた。安倍晋三首相が「政治課題である『戦争可能な国』に改憲するために北朝鮮の脅威を活用する」可能性があると指摘。日本が憲法改正に向かうことに警戒感をにじませた。KBSテレビも「(改憲賛成派の政党の議席が)改憲決議に必要な310議席を超えて日本の改憲議論に弾みがつく」と予測した。

    中国では人民日報系の環球時報(電子版)が日本の「右傾化の歩みが止まりそうにない」と報じた。通信社の中国新聞社(電子版)は「野党が分散し、自民党が漁夫の利を得た」と分析した。

    ロシアの主要メディアも選挙結果を速報。タス通信は「憲法改正に必要な議席数を確保の可能性」と安倍政権が防衛力の強化に向けて憲法改正の動きを強めると言及。希望の党などの獲得見通し議席数に触れ、野党が改憲発議に必要な議席を提供するのは「ほぼ確実」と報じた。

    一方、欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は22日、ツイッター上で安倍首相の勝利を祝い、「自由で公平な貿易を支持する日本とEUの強力なパートナーシップのための協力を継続できることを楽しみにしている」と書き込んだ。 
      

    【【衆院選】自民勝利、海外メディアも速報  中韓、改憲論議を警戒 欧州の首脳からは歓迎 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル