かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: カンボジア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2019/07/28(日) 23:51:49.85 ID:CAP_USER
    ■カンボジアで「日本人」と主張した薬物犯が韓国人であることが明らかになった。
    38歳ハタムラ・ユウイチと主張した
    no title


    24日、カンボジアの首都・プノンペンで薬物所持容疑で逮捕となり、日本人であることを主張した男性の国籍が韓国という報道が日本メディアを通じて出てきた。

    日本のフジニュースネットワーク(FNN)は27日、「24日にカンボジア警察に逮捕された日本人エンジニアが確認の結果、韓国人だと判明した」という内容の記事を伝えた。

    事実関係を探ってみると、この男性は24日、不審な行動で警察に連行されて所持品検査を受け、警察は彼の所持品から覚せい剤2袋を発見した。調査当時、この男性は「日本国籍のエンジニア、38歳ハタムラユウイチ」と主張した。

    その後、カンボジアメディアは「日本人エンジニアがメタンフェタミン所持の疑いで逮捕された」というニュースを伝えた。しかし、FNNが日本大使館の担当者に問い合わせた結果、この男性が日本人ではなく韓国人だという返答を聞いたという。FNNは該当記事で「彼の韓国のパスポート写真と実物を比較して同一人物であることを確認した」として本名を明らかにした。日本メディアは犯罪事実が明らかな現行犯の場合、実名と顔を明かすのが一般的だ。

    外交部側は、ハフポストに「外交部は該当事件を認知していて、日本側から出ている報道が正しい」とし、「逮捕当時、被疑者が、怖くなって日本人だと供述したという」と明らかにした。

    続けて、外交部は「駐カンボジア大使館は、私たち国民に対する領事面談を実施して、弁護士選任の案内など領事助力を提供して、カンボジア警察当局に迅速かつ公正な捜査を要請した」と明らかにした。

    外交部は、今後の捜査の進行状況によって必要な領事助力を提供する予定だ。

    パク・セフェ記者
    https://www.huffingtonpost.kr/entry/story_kr_5d3c0366e4b0ef792e0c73f7

    (画像)FNN PRIME online
    no title


    【【韓国】 覚せい剤所持で逮捕された「自称日本人」の韓国人男…逮捕当時、怖くなって日本人だと述べたという】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 靄々 ★ 2019/07/26(金) 12:50:14.69 ID:Ye8ExFBw9
    no title


    「私は日本人…」 覚せい剤所持の韓国人をカンボジアで逮捕

    カンボジアの首都プノンペンで7月24日、1人の男が覚せい剤所持で逮捕された。カンボジアのメディアは翌25日、「プノンペン中心部の繁華街で、不審な動きをしていた日本人デザインエンジニア・ハタムラ・ユウイチを拘束し、所持品から覚せい剤の小袋2つが発見された」と一斉に報じた。しかしFNNが日本大使館に確認したところ、意外な返答を得た。
    男は日本人ではなかった
    日本人逮捕の一報を受けて、日本大使館の担当者はすぐに本人に直接面会した。その結果、男は日本人ではないことが分かったという。しかしカンボジアメディアも、カンボジア警察も「逮捕されたのは日本人である」と信じ切っている。

    なぜこのようなことが起きているのか。FNNは更に警察関係者に連絡し、情報の真偽を確かめたところ、男が逮捕時に嘘をついていたことが判明した。

    逮捕された男は韓国国籍だった
    FNNが地元カンボジア警察に取材をしたところ、男が逮捕された経緯が分かってきた。男は24日夜、プノンペンの繁華街で不審な動きをしていたところ、地元の警察官に拘束され、警察署まで連行された。そして所持品検査を行ったところ、覚せい剤の小袋2つが発見されたという。その後、男は取り調べの際に警察官に対し「私は日本人です。名前はハタムラ・ユウイチです。38歳です。」と名乗ったため、カンボジア警察はそれを信じ、翌25日にカンボジアメディアは警察情報をもとに「日本人逮捕」と一斉に報道した。

    ところが日本大使館の担当者が直接本人と面談したところ、日本語が全く通じず、また全く書くことができないことが判明したという。それでも「日本人です」と本人は言いはったものの、その後の調べで男は日本国籍ではなく、韓国国籍であることが判明したという。

    真偽を確認するため、FNNは容疑者のパスポートを確認した。男のパスポートの表紙には「Republic of Korea」の文字。男は韓国のパスポートでカンボジアに入国していた。氏名の欄には「KANG JU SUNG」と記載され、顔写真は逮捕された男と明らかに同一人物であった。

    日本人の評判にも直結する事案
    カンボジアでは今年3月北西部シェムリアップで日本人の若者2人によるタクシー強盗殺人が起きたばかりである。この事件は、親日国として知られるカンボジアに大きな衝撃を与え、その後、カンボジア在留の日本人会や有志は失われた信頼を取り戻すために、遺族への募金活動や支援など様々な努力をしている最中である。

    こうした中、自ら「日本人である」と嘘を付き、結果的にカンボジアメディアで一斉に「日本人が逮捕された」と報道されてしまうことは、在留日本人の信頼回復に向けた努力を踏みにじる行為である。

    男がなぜ「日本人」と名乗ったかは明らかになっていない。

    【執筆:FNN バンコク支局 佐々木亮】

    7/26(金) 11:34配信 FNN.jpプライムオンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190726-00010001-fnnprimev-int


    【【なりすます韓国人】「私は日本人…」 覚せい剤所持の韓国人をカンボジアで逮捕 メディアも警察も「逮捕されたのは日本人である」と信じ切っている。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2019/03/18(月) 23:25:17.51 ID:fLBhBVm89
    no title
     
    日本国籍の20代の男性2人が17日、“強盗殺人”容疑でカンボジア警察当局に捕まった。

    逮捕されたのは、いずれも職業不詳の23歳、中茎竜二(本籍福島県)と石田礼門(同千葉県)両容疑者。

    現地の報道などによると、2人は17日夕方、世界遺産アンコールワット遺跡群で知られるカンボジア北西部シエムレアプをタクシーで移動中、車内で運転手の男性(40)の首をナイフで切り、殺害。

    「2人は、首を切られて血まみれの男性を路上に放り捨て、車を奪って逃走しましたが、300メートルほど走ったところで衝突事故を起こし、犯行が発覚、逮捕されたそうです。2人は地元の警察に『金が欲しかった』と話しているといいますが、タクシーの売り上げ目当てではなく、現地で強盗に使うための車を奪おうとした。2人は日本で借金があったそうです」(カンボジア在住ジャーナリスト)

    事件は現地でもセンセーショナルに報じられている。

    「市民は怒り心頭です。怒った市民が2人を襲撃する恐れがあるので、2人の身柄は地元警察から州警察に移送されたそうです」(前出のジャーナリスト)

    市民が怒るのも無理はないが、驚くのは地元警察が、2人のパスポートや取り調べの様子まで公開していることだ。

    「2人のうち1人が後ろ手に手錠をかけられ、上半身裸にされて取り調べを受ける様子が動画サイトにアップされています。血まみれの遺体の写真も拡散している。カンボジアでは容疑者の個人情報を公開するのが普通なので……この先? 殺人罪で起訴され、裁判を受けるという手続きは日本と大きく変わるところはありません。ただ、外国人向けの刑務所があるわけでもなく、日本と比べて刑務所の環境は良くありません」(前出の地元関係者)

    ちなみに、カンボジアに死刑制度はない。2人は人生の多くを贖罪に費やすことになるのだろうか。

    2019/03/18 19:13 
    日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/249963

    CNE CambodiaNews  ※閲覧注意(車に血)
    https://cne.wtf/2019/03/18/japanese-pair-murder-taxi-driver-in-bungled-robbery/?fbclid=IwAR3AF8f55dXkei4n4vEnU1DnGlRryGMcLUzuFWePKCdRM_tXEdJWjUHV6cw
    【動画】https://www.youtube.com/watch?v=cqZjkRAhQRI



    【日本人(23歳2人)がカンボジアで強盗殺人 市民は怒り心頭…動画で取り調べの様子公開 ※死刑制度はない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2019/03/16(土) 20:34:14.66 ID:CAP_USER
    記事入力2019-03-16 16:52

    no title


    カンボジア国賓訪問中のムン・ジェイン大統領は16日、現地の代表的な文化財でありユネスコの世界文化遺産であるアンコールワットを訪問した。

    文大統領は夫人の金正淑女史とこの日午前、プノンペン空港から空軍2号機を用いてシェムリアップ空港に移動した後、アンコールワットに向かった。中略

    文大統領は続いてアンコールワットの内部を視察しながら仏像に使われた文字を見て、「このような文字が解読されるのか」、
    「(旧クメール帝国が)このように大規模な王国だったのにある日突然衰退したのか」などと細かく質問した。

    現場の暑い天気のせいで文大統領は途中で書いていた帽子を脱ぎ、文大統領のワイシャツも汗でびっしょりぬれていた。中略

    アンコールワット訪問を終えた文大統領は現場に用意されたココナッツの飲み物を飲んだ後、シェムリアップ空港を出発し、次いで空軍2号機に乗ってプノンペン空港に移動した。

    文大統領はこの日、6泊7日間のアセアン3カ国歴訪を終えて帰国する。

    NAVER(韓国語)
    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular

    ムンおじさん、あなたのせいで大韓民国が突然衰退してるんですが見えますか?.....幽体離脱ですか?...
    経済、防衛、外交、社会のあちこち、どの箇所でも正常に戻らず国が崩れていますが、
    他の国の史跡に観光に行って、その昔そこが突然衰退したことを聞いているんですか?...
    共感6591 非共感1712

    私も驚いたよ 発展していた大韓民国が政権2年にもならずに突然衰退するとは.....
    共感1227 非共感617

    【【韓国】アンコールワット訪問の文大統領「こんなに大きい王国が突然衰退したのか」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園 ★ 2019/01/14(月) 12:40:14.10 ID:EvtOE54k9
    2019-01-14 10:11

    韓国の慈善団体が食料品を配ったカンボジアの学校で生徒が集団食中毒を起こし、現地当局が原因調査に着手した。

    14日、現地日間クメールタイムズによると、11日午後、カンボジア北西部バンテアイメンチェイ州にある小学校で某韓国慈善団体が学生287人に米や野菜、水のボトルなどを配った。

    この団体は、学校に作ったトイレ竣工式を行った後、食料品を伝達した。

    ところが同日午後8時(現地時間)に、学生140人が腹痛を訴えて下痢や嘔吐の症状を示して病院を訪れた。

    このうち6人を除いた学生はすべて退院したと現地の保健当局は明らかにした。

    食中毒にかかった生徒は「韓国の慈善団体が配ったものを食べた」と話した。

    保健当局は、食料品の中で野菜が食中毒の原因である可能性が高いとみて、試料を採取し、精密分析に着手した。

    NAVER(韓国語)
    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc id1%3D111%26rankingType%3Dpopular_day id%3D001%26aid%3D0010578188 ate%3D20190114%26type%3D1%26rankingSeq%3D1%26rankingSectionId%3D104&usg=ALkJrhhhQGYboUWEhi02493YGFfjGyyuyg</

    【【酷い】韓国慈善団体がカンボジアの学校に食料を配布 → 140人が食中毒 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2018/11/15(木) 19:47:27.82 ID:CAP_USER9
     020D2FA5-8595-458B-8639-6D1158BC65F7
    スーツケースに隠した覚醒剤約2キロ(末端価格約1億2000万円相当)を密輸しようとしたとして、大阪府警関西空港署と大阪税関関西空港税関支署は15日、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)と関税法違反容疑で、カンボジアから入国しようとした韓国籍の自称ツアーガイド、ジョン・ヨンス容疑者(49)を逮捕、大阪地検へ送検したと発表した。
    認否は明らかにしていない。

    関空税関支署によると、今年最多量の覚醒剤密輸で、カンボジアからの旅行者の摘発は初という。
    逮捕容疑は10月25日午後10時ごろ、関空税関支署の旅具検査場で、入国に伴う税関検査を受けた際、所持していたスーツケースに隠していた覚醒剤約1994グラムを密輸しようとしたとしている。

    ジョン容疑者が携帯品申告書を記入する際、手が震えていたのに税関職員が気づき、スーツケースを調べたところ、板を敷いて二重底にしたケース内から覚醒剤が発見された。
    府警は背後に国際的な密輸組織が介在していると見て捜査している。

    産経新聞
    https://www.sankei.com/west/news/181115/wst1811150034-n1.html

    【【大阪】スーツケースに隠した覚醒剤2キロ(1億2000万円相当)をカンボジアから密輸した容疑で韓国籍の男を逮捕 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/08/25(土) 15:52:31.66 ID:CAP_USER
    no title
     
    太平洋戦争中の1942~43年、京都の真宗大谷派が東南アジアに派遣した東本願寺南方美術調査隊が、カンボジアの世界遺産アンコール遺跡群などを撮影したとみられるガラス乾板がみつかった。
    アンコール王朝(クメール王朝、9~15世紀)の代表的な寺院遺跡、アンコールワットの建物や浮き彫りの装飾などが写され、劣化が進む前の姿をとどめた貴重な写真もある。
    専門家は、所在不明となっていた調査隊の「幻の資料」の一部が確認されたとして注目する。

     ガラス乾板は、ガラス板に被写体を写し込んだもので、フィルムが普及する前の明治~昭和のころによく使われた。
    今回みつかったのは縦12センチ、横16・5センチで計52枚。
    昨年末にネットオークションに出品され、東京都在住の収集家、浅田正春さん(65)が購入した。
    浅田さんによると、京都の解体業者から古物商に流れたものという。

     12世紀前半に造営されたアンコールワットの西参道から撮影した外観や十字回廊の沐浴(もくよく)池などの建造物のほか、「天国と地獄」や女神デバターなどのレリーフが撮影されていた。
    また、王都遺跡アンコールトムの中心寺院バイヨンの巨大な尊顔塔群や、クメール軍の戦いを描いたレリーフのほか、寺院遺跡のプリヤ・カーンやバンテアイ・クデイなどの写真もあった。

    (略)

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASL794HNPL79PTFC00K.html

    【【貴重】戦時中のアンコール遺跡、幻の写真発見 劣化前の姿鮮明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/07/30(月) 00:53:33.06 ID:CAP_USER
    カンボジア強権与党が下院選圧勝
    民主化後退
    2018/7/29 23:33


    no title

    【プノンペン共同】カンボジア下院選の投開票が29日行われ、与党関係者は独自集計の暫定的な結果として、125議席中、100議席以上を固め、圧勝したことを明らかにした。 
    30年以上首相に在任し、強権で昨年、最大野党を解散に追い込んだフン・セン氏率いる政権が続くことが確実になった。 

    内戦を乗り越え実現した民主化を後退させた現政権への批判が、欧米を中心に高まりそうだ。 
    カンボジアとの関係を重視し民主化にも深く関わった日本は、今回の選挙でも支援を続けたが、見直しを迫られる可能性がある。 

    選挙管理委員会当局者は暫定集計の結果、投票率が80%を超えたと述べた。 
    共同通信
    https://this.kiji.is/396298205836444769 
    ────────────────── 

    CPPは過去33年人民党(CPP)間にわたり政権を掌握してきた。2013年の総選挙で躍進し、約44%の票を獲得して与党に迫っていた最大野党の救国党(CNRP)は、党首が国家反逆容疑で逮捕されて解党に追い込まれた。 

    当局は報道機関への締め付けを強めて記者らを拘束。野党支持者らの拠点となっていた首都プノンペンの「自由広場」は「交流広場」に改名され、選挙期間中にCPP以外の大きな集会は開かれなかった。 

    CNRPの党員は5年間の政治活動禁止を言い渡された。今回の総選挙に参加している19党はいずれも小規模で、このうち8党は昨年以降に設立されたばかり。CPPを脅かすほどの得票は到底期待できない。 

    CPPの支持者らは、同党が内戦後の国を再建し、経済を発展させてきた成果を強調するが、利益を得ているのはフン・セン氏と一部の実業家、政治家だけだとの批判も強い。 

    市民らは、野党を支持すれば本人や家族がいやがらせを受け、有力者の場合は殺害される恐れもあると話す。 

    カンボジア系米国人の学者、ソーパール・イアー氏は、同国が独裁化していると主張。 
    「トランプ米大統領が最高裁に指示して野党・民主党を解党させ、次回選挙を与党・共和党と19の小党だけで実施するようなものだ」と指摘している。
     
    2018.07.29 Sun posted at 13:15 JST CNN 
    https://www.cnn.co.jp/world/35123195.html 
    【【選挙】カンボジア強権与党が下院選圧勝 与党関係者の独自集計 昨年、最大野党を解散に追い込み、民主化後退】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2018/07/27(金) 16:51:19.88 ID:CAP_USER9

    no title


    ◆「日本は独裁を支持している」カンボジア総選挙への支援めぐり、現地などから非難の声 

    今月29日に行われるカンボジアの総選挙への支援を巡り、国際社会の動向に逆らった日本独自の路線が際立っている。 
    同選挙では、内戦終結後33年間にわたって独裁的に政権の座についてきたフン・セン首相のカンボジア人民党の勝利が確定的。 

    というのも、フン・セン政権が最大野党・カンボジア救国党(CNRP)を事実上解党し、選挙から締め出したからだ。 
    アメリカとEUはこれでは民主的な選挙は望めないと支援を中止。 
    国連もカンボジア国民に選挙をボイコットするよう呼びかけている。 

    この状況で選挙運営資金の提供などで支援を続けているのは、日本と中国だけだ。 
    日本は、カンボジアへの経済的・政治的影響力を中国に独占されないため、「民主主義」という理念よりも実利を取る戦略に舵を切ったと言える。 
    国際社会の非難を受けても揺るがないこの日本の動きに、海外メディア・識者からも注目が集まっている。 

    ■欧米の撤退と中国の進出の間で 

    フン・セン政権は、CNRPがアメリカの後ろ盾で政府を転覆させようとしている疑いがあるとして、昨年9月にケム・ソカ党首を逮捕。 
    11月には、最高裁がCNRPに解党を命じた。 
    CNRPは前回選挙で、与党・人民党の腐敗を批判し、格差是正やより豊かな生活の追求を訴えた結果、都市部の若年層を中心に支持を集め、44.46%の得票率を得るまでに躍進した。 
    フン・セン政権はこれに危機感を持ち、今回の選挙に向け、無理やり国家反逆罪を適用してライバルを排除したと広く国際社会では認識されている。 

    これを受け、アメリカとEUはカンボジアの選挙支援から撤退。 
    国連もこの選挙は「純粋ではない」と表現し、カンボジア政府にCNRPへの弾圧をやめるよう求めた。 
    また、カンボジア国民には選挙のボイコットを呼びかけている。 
    日本も西側諸国の一員としてこうした動きに追従するのがこれまでのパターンだったが、今回は違った。 

    引き続き選挙への支援を表明し、カンボジア選挙管理委員会に対し、投票箱の設置資金などとして約750万ドルを提供。 
    また、4月にはインフラ整備計画などを含む大規模融資協定を結んでいる。 
    日本は、内戦が終結した1992年以降、カンボジアに積極的に政府開発援助(ODA)を拠出。 
    長く同国最大の開発援助国だった。それが、2010年に中国に抜かれ、相対的に影響力が低下。 

    中国は今回の選挙でも、欧米が撤退するや、すかさず日本を上回る約1,100万ドル相当の車、オートバイ、ビデオ会議用機材、コンピューター、プリンターなどを選挙管理委員会に提供した。日本としてみれば、ここで欧米諸国とともにカンボジア選挙から身を引けば、これまで維持してきたカンボジアへの影響力を中国に独占されかねないという懸念がある。 
    そこに強い危機感を抱いて援助の続行を決めたというのが、識者らの見方だ。 

    NewSphere Jul 24 2018
    https://newsphere.jp/world-report/20180724-2/


    【【カンボジア】「日本は中国との利権争いで独裁を支持している」 総選挙への支援めぐり、現地などから非難の声 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/06/22(金) 15:38:51.59 ID:CAP_USER 
    no title
     
    カンボジア政府の弾圧により昨年解散させられた最大野党カンボジア救国党の支持者ら数百人が16日、
    ニューヨークの国連本部近くで、同党を参加させない7月の下院選は不当だと訴え、
    日本政府に選挙支援をやめるよう求めるデモをした。

     参加者の多くは米国やカナダ在住のカンボジア人。
    カンボジア国旗のほか、英語とカンボジア語、
    日本語で「自由で公正な選挙を」「日本は独裁者を助けるのをやめて」などと
    フン・セン政権批判が書かれたプラカードや日の丸を掲げた。

     カンボジアから参加した救国党幹部のエン・チャイエアン氏は
    「この選挙への支援は、カンボジアの民主主義を殺すのと同じ。日本の人々は分かってほしい」と訴えた。

     参加者らは広場で集会を開いた後、シュプレヒコールを上げながら日本の国連代表部まで行進した。

    産経ニュース
    https://www.sankei.com/world/news/180617/wor1806170005-n1.html

    【【カンボジア】「日本は選挙支援やめて」 カンボジア野党NYでデモ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/06/17(日) 21:59:40.79 ID:CAP_USER
    カンボジア前国王の次男ラナリット氏、交通事故で重傷

    no title


    カンボジアの警察によると、同国南部シアヌークビルで17日、故シアヌーク前国王の次男で、同国の第1首相を務めたノロドム・ラナリット氏(74)が乗っていた車がタクシーと衝突した。ラナリット氏は重傷を負い、同乗の妻が死亡した。ラナリット氏は首都プノンペンの病院に搬送されたが重篤な状態という。

    ラナリット氏は1993年、カンボジア和平後の初の総選挙でフンシンペック党を率いて第1党になり、第1首相になった。だがフン・セン第2首相(当時)との確執から失脚し、国外に逃亡。08年に国王恩赦を受けて帰国した。同国では7月末に総選挙があるが、同党の勢力は低迷している。

    2018年6月17日21時04分 朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASL6K64L0L6KUHBI010.html 

    【【東南アジア】カンボジア前国王の次男ラナリット氏、交通事故で重傷】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/02/25(日) 21:46:28.82 ID:CAP_USER
    カンボジア、与党が全議席獲得
    欧米、最大野党不在を非難
    2018/2/25 21:37
    kh250


     【プノンペン共同】カンボジアで25日、上院選の投開票が行われた。政権の行方を決める7月の下院選の前哨戦。
    選挙管理委員会当局者が明らかにした暫定集計結果によると、フン・セン首相率いる与党カンボジア人民党が58の改選議席すべてを獲得し、圧勝した。

     最大野党だったカンボジア救国党が、人民党政権の締め付けで解党に追い込まれたため、選挙前から人民党の圧勝が既定路線となっていた。

     欧米各国を中心とする国際社会は、最大野党不在の選挙を強く非難している。

     昨年9月に救国党の党首が国家反逆の容疑で逮捕され、同11月には最高裁が救国党の解散を命じた。

    共同通信
    https://this.kiji.is/340472974287979617

    【カンボジア、与党が全議席獲得 欧米、最大野党不在を非難 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    kh250
    カンボジアの最高裁判所は16日、最大野党のカンボジア救国党(CNRP)を解党するとともに、政治家100人以上に対し今後5年間の政治活動を禁止した。人権団体からは、政治的な動機に基づく動きだと批判が集まっている。

     自らも与党カンボジア人民党(CPP)の党員である最高裁のディス・ムンティ判事は、同裁判所が「CNRPを解党し、指導者118人について、判断を示した日から5年間政治活動を禁止するという結論に至った」と発表した。

     同国の司法制度は、総選挙を来年に控えて政敵らを容赦なく締め付けるフン・セン首相が影響を及ぼしており、このような判断が下されることは広く予想されていた。

     とはいえ、同首相の32年間に及ぶ権威主義的な政治を打破しようと不断の闘いを続けてきたCNRPにとっては、痛烈な打撃となる。

     政権側は、CNRPが米国をはじめとする国外の勢力と共謀して革命を企図していると非難している。ムンティ判事は、CNRPが裁判に弁護士を出廷させなかったことで、政府の訴えを事実上認めたことになると述べた。

     これに対しCNRPと米政府は、カンボジアに民主主義運動を確立するために米国の支援について言及したCNRP党首の演説が政権側の主張の主な根拠になっているとして、一連の非難は虚偽だと一蹴している。

    AFP
    【カンボジア最高裁、最大野党の解党決定 政治家100人以上の活動も禁止 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    kh250
    カンボジア政府は6日、最大野党・救国党の解党を求め、最高裁判所に提訴した。来年7月に総選挙を控え、フン・セン政権は救国党への圧力を強化。解党まで追い込もうという強権的な姿勢に、国内外で反発が広がっている。

     政府の弁護団は、救国党が政権転覆を図ったと提訴の理由を説明した。国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチは、与党・人民党の統制下にある最高裁はフン・セン首相の意向通りの判断を下すため、解党は「既成事実」と指摘した。

     救国党は9月初めにケム・ソカ党首が国家反逆罪で起訴されたのに続き、ムー・ソクフア副党首が今月3日、政府の圧力を受けて国外に脱出。大きな打撃を受けている。

    APF
    http://www.afpbb.com/articles/-/3145889

    【最大野党解党へ提訴=「政権転覆計画」-カンボジア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    kh250
    カンボジアで3日未明、最大野党の党首が国家反逆の容疑で逮捕され、来年7月に議会選挙が予定される中、与野党の対立がさらに激しさを増すことが予想されます。


    カンボジア政府は3日未明、声明を発表し、最大野党・救国党のケム・ソカ党首が、国家を傷つけようと、外国人とともに秘密裏に計画を立てていたとして、国家反逆の容疑で逮捕したことを明らかにしました。

    また、カンボジアの国営メディアも、警察当局がケム・ソカ氏を拘束した際の写真などを掲載しています。

    これに対して、救国党はホームページで「ケム・ソカ氏の逮捕は政治的なものであり、法律、憲法に違反している。政府に対して、即座にケム・ソカ氏を釈放するよう、求める」と、政府の対応を非難する声明を発表しました。


    【カンボジア 最大野党の党首が国家反逆の容疑で逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ストントレン州
    カンボジアのフン・セン首相は11日、国境紛争をめぐってラオス軍部隊がカンボジア領内に侵入したとして、無条件で17日までに部隊を撤収させるよう要求する「最後通告」を出した。国営メディアなどが伝えた。
     フン・セン首相が11日にプノンペンで開かれた式典で語ったところでは、北部ストントレン州の国境沿いでの道路建設を阻止するため、約30人のラオス軍部隊が4月、カンボジア領内に侵入した。フン・セン首相は今月2日にラオスのトンルン首相に部隊撤収を求める書簡を送ったが、返答はないという。
     フン・セン首相は「必要ならラオスに飛び、部隊撤収について協議する」と語った。一方で「撤収しなければ、われわれは何らかの行動を取らなければならない」と警告した。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017081100551&g=int 【ラオス軍部隊の撤収要求=カンボジア首相が「最後通告」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カンボジアの警察当局は3日、インターネットユーザーに裸の写真を送るよう唆し、その写真を使って現金を脅し取っていた犯罪組織に関わったとして、中国人の男女215人を逮捕したと発表した。カンボジアでは複数の中国人犯罪組織が自国民を標的としたサイバー犯罪を繰り広げているとされ、当局が摘発を進めていた。

     警察当局によると、今回摘発された組織は中国の人々にインターネット通話で接触を図り、徐々に良好な関係を築いた後に裸の写真を送るよう要求していた。さらに送られた写真は脅迫に用いられていたという。

     カンボジアの警察当局は2日、中国当局から情報提供を受け、タイとの国境地帯にある居住施設を捜索し、男女215人を拘束した。

     

    【ヌード写真入手し脅迫、中国人関係者215人逮捕 カンボジア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    kh250
    クメールルージュとも呼ばれた旧ポル・ポト政権時代(1975~79年)のカンボジアで国家元首も務め、「ジェノサイド(大量虐殺)」などの罪に問われているキュー・サムファン元幹部会議長(85)が23日、カンボジア特別法廷(ECCC)に出廷し、起訴内容を否定した。また「殺人者」というレッテル貼りを拒否するとともに、法廷で怒りをあらわにする場面もあった。

     サムファン元幹部会議長と元最高幹部、ヌオン・チア元人民代表会議議長(90)は、ベトナム人と少数派のイスラム教徒の殺害といった罪に問われている。


    【旧ポル・ポト政権幹部、大量虐殺で無罪主張 カンボジア特別法廷】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    kh250
    カンボジアのメディアが、支援額127万ドルに及ぶ日本最大の対カンボジア無償資金協力であり、開通から2周年を迎えた同国最長2,215メートルの「つばさ橋」について報じました。

     この橋の建設には4年を要し、3つの困難がありました。1つめは、メコン川の水深7メートルという深さです。そのため、作業は乾季にしか進められませんでした。2つめは不発弾で、工事開始の前後に4500個が処理されました。3つめは工事現場で共に作業をしたカンボジア人、日本人、フィリピン人の言葉の問題です。このような困難を乗り越えて完成した「つばさ橋」は、適切な補修と管理をすることによって100年間は使うことができます。

     「つばさ橋」は道をつなぐだけでなく、地域の連結性を高め、カンボジアの経済成長と持続的成長に寄与しています。

    (カンプチア・トゥメイ紙 2017年4月6日付)

    外務省
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/about/hanashi/page22_000575.html

    橋に関してはノウハウが必要ですから、こういった援助はいいと思います。

    押していただけると励みになります。

    人気ブログランキング


    このページのトップヘ

    無料レンタル