かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。

    カテゴリ: パキスタン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    マティス米国防長官は3日、上下両院でそれぞれ開かれた軍事委員会の公聴会で、トランプ政権が示したアフガニスタン新戦略に関し、「もう一度パキスタンの協力を得るよう試みるが、失敗に終われば大統領が必要なあらゆる措置を取る」と証言し、アフガンの和平実現に向けて協力するようパキスタンに事実上の最後通告を突き付けた。

      パキスタンはアフガンの反政府勢力タリバンの幹部を国内にかくまい、越境テロを支援しているとされる。トランプ大統領は8月、「パキスタンへの対応を変える」と明言し、アフガン和平に非協力的な姿勢を続ければ支援を停止する可能性も示唆していた。

     マティス長官はアフガン安定化には周辺諸国の協力が必要だと強調。パキスタンが果たすべき役割は大きいとしつつも、「パキスタンと新しい関係を築くに当たっては、適度に断固とした姿勢で臨む」と語り、「北大西洋条約機構(NATO)非加盟の主要同盟国」待遇の取り消しも視野に入れていると認めた。 

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100400310&g=int
    【米、パキスタンに最後通告=アフガン問題で「もう一度協力」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    スリナガル
    インドが実効支配しているジャム・カシミール州のスリナガルにある空港近くで、3日、銃などで武装したグループが治安部隊の施設を襲撃し、爆発物を爆発させた後、施設の中に突入しました。

    治安部隊と武装グループの間でおよそ9時間にわたって銃撃戦が続き、治安当局によりますと、兵士1人が死亡、3人がけがをしました。武装グループ側は3人が死亡し、治安部隊は、付近にまだ武装グループのメンバーがいると見て捜索しています。

    【インド治安部隊と武装グループが銃撃戦 カシミール地方】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    カラチ

    パキスタンの最大都市カラチで豪雨による大規模な洪水が起きており、当局は3日までに、少なくとも16人の死亡を確認したと明らかにした。カラチ市では断続的な停電も発生しているほか、私立学校は休校となっている。
    現地の災害救援団体によると、少なくとも11人の死因は感電。低地の都市部を中心に浸水による漏電が起きたためだという。


    同国を含む南アジア一帯では最近、モンスーンによる洪水の被害が相次いでいる。 国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)によると、インドとネパール、バングラデシュでの死者は計1200人、被災者は計4100万人を超えた。

    カラチの気象当局によると、同市の9月の平均雨量は19.9ミリだが、市北部では8月30日だけでその5倍近い97ミリの雨が観測された。


    【パキスタン・カラチで洪水 死者16人、断続的な停電も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    pk250
    パキスタンは14日、英領インドからの独立70年を迎え、国内各地で記念式典が開かれた。

    アバシ首相は国民向けメッセージで「(印パ関係改善のため)我々は実りある対話を進めようと努力してきたが、インドの拡大志向が障壁となっている」としてインド側を批判した。

     首都イスラマバードでの式典には中国の汪洋ワンヤン副首相が出席し、「我々の友好関係は山より高く、大洋より深い」などと述べた。中国が主導する巨大経済圏構想「一帯一路」を通じ、連携を深める中パの蜜月ぶりを改めて示した。

    読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/world/20170814-OYT1T50063.html

    【パキスタン独立70年、各地で記念式典】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    クエッタ
    パキスタン南西部で12日夜、軍の車両を狙った爆発物などによる攻撃があり、少なくとも15人が死亡、32人が負傷した。当局が発表した。

     爆発が起きたのは、バルチスタン州の州都クエッタのバス停で、爆発直後、一帯は炎に包まれた。

     パキスタン軍は声明で、爆発は勤務時間中の車両を狙ったもので、「焼夷(しょうい)性の爆発物が使われたため、近くの車両にも火がついた。民間人7人を含む15人が犠牲になった」と述べた。

     米テロ組織監視団体SITEインテリジェンス・グループによると、この事件についてはイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の分派を名乗る過激派組織「イスラム国ホラサン(ISIS-K)」が犯行声明を出した。その声明によると、爆発はバイクに乗った自爆犯の犯行だという。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3139063

    【パキスタンで軍の車両狙った攻撃、15人死亡 IS分派が犯行声明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    pk250

    パキスタン下院(定数342)は1日、失職したナワズ・シャリフ前首相(67)の後任として与党イスラム教徒連盟シャリフ派(PML-N)候補のシャヒド・カカーン・アバシ前石油・天然資源相(58)を選出した。前首相は与党の実権を握っており、アバシ氏を通じて引き続き権力を掌握する考えだ。

     パキスタン紙ドーンなどによると、アバシ氏は1988年に初当選し、下院議員を6期務めた。99年の軍事クーデターでは前首相と共に拘束され、約2年間の獄中生活を送ったこともある腹心とされる。

     アバシ氏は選出後の演説で、「私を選んでくれた与党に感謝する。だが、シャリフ前首相に最も感謝している」と強調。シャリフ氏を支える姿勢を前面に打ち出した。

    APF
    http://www.afpbb.com/articles/-/3137809

    シャリフ前首相の院政開始といったところでしょうか。

    押していただけると励みになります。

    人気ブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    pk250

    AFP通信によると、失職したパキスタンのナワズ・シャリフ前首相(67)は29日、与党イスラム教徒連盟シャリフ派(PML-N)の会合でビデオ演説を行い、実弟のシャバズ・シャリフ・パンジャブ州首相(65)を後継指名した。一方で、当面の間はシャヒド・カカーン・アバシ前石油・天然資源相(58)を暫定首相にする方針を発表した。

     シャバズ氏が首相になるためには下院議員に当選する必要がある。シャリフ前首相は演説で「私の次はシャバズを支持したい。しかし、選挙を経なければならない。だからしばらくは、アバシを推挙したい」と述べた。

     パキスタン最高裁は28日、タックスヘイブン(租税回避地)利用の実態が記載された「パナマ文書」流出を受けた疑惑の調査で、シャリフ氏の議員資格を無効と判断し、シャリフ氏は議員資格を剥奪され失職した。実弟を後継指名することで事実上の「院政」を敷き、政治的な生き残りを図る狙いがあるとみられる。


    APF
    http://www.afpbb.com/articles/-/3137500

    【パキスタン前首相、弟を後継指名=暫定首相にアバシ氏】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    pk250
    パキスタンのシャリフ首相は28日、タックスヘイブン(租税回避地)利用の実態を記した「パナマ文書」に関連する疑惑で議員資格を剥奪され、失職した。シャリフ氏は1990年以降3度首相を務めたが、うち2度はクーデターなど軍の関与により職を失っており、今回も軍の暗躍を疑う声が根強い。
     パキスタンはカシミール地方の領有をめぐり長年インドと対立しており、軍幹部の対印感情が極めて悪い。一方、シャリフ氏は97年の総選挙で対印批判を封印し勝利。その後も2014年にインドのモディ首相の就任式に出席したり、自身の孫娘の結婚式にモディ氏を招いたりするなど対印協調を目指してきた。
     13年には、政権を追われた99年のクーデター当時の陸軍トップだったムシャラフ元大統領を国家反逆罪で訴追。こうした政策が軍の反発を招き、亀裂が顕在化していた。
     シャリフ氏の失職は、野党の申し立てを受けて調査した最高裁が事実上決定した。ただ、全6人の調査チームには軍情報機関から2人が参加しており、ロイター通信は「軍が直接関与していないものの、『見えざる手』を使って追い落としを図ったといううわさが広がっている」と報じた。

    時事通信
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017072900578&g=int 【パキスタン首相失職に軍関与か=政策面で亀裂顕在化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    pk250
    パキスタンの最高裁判所は28日午後、シャリフ首相一家の国外資産に関する疑惑で、首相が議会や司法システムに対して不誠実だとして、首相職に不適格だとの判断を下した。シャリフ首相は退陣を迫られる形になりそうだ。

    調査を進めていた裁判官5人全員が一致した判断を示した。最高裁の調査委員会はシャリフ首相の子ども3人の海外の口座や資産とシャリフ首相のつながりを調べていた。

    こうした資産は首相一家の資産報告に記載されていなかった。しかし、2016年4月に世界各国の政治家や著名人らが絡むタックスヘイブン(租税回避地)の実態を示した通称「パナマ文書」が公表されると、その存在が明らかとなった。



    【パキスタンのシャリフ首相、最高裁が「不適格」 パナマ文書が発端】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ラホール
    パキスタン東部パンジャブ州ラホールで24日、自爆テロがあり、州当局によると、26人が死亡、50人以上が負傷した。死傷者には多くの警官が含まれている。ロイター通信によると、イスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動」(TTP)が犯行声明を出した。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/world/news/170724/wor1707240039-n1.html

    アフガニスタンのテロもタリバンが犯行声明を出しました。

    押していただけると励みになります。

    人気ブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    パキスタン北西部の部族地域で25日、玩具に似た爆弾が爆発し、少なくとも6人の子どもが死亡した。当局者らが明らかにした。

     現場は、アフガニスタンと国境を接する部族地域の南ワジリスタンにあるスピーンマーク村。子どもたちがその「おもちゃ」で遊んでいたところ、爆発したという。

     匿名を条件にAFPの取材に応じた当局者は、「6~12歳の男児6人がおもちゃ爆弾で死亡、さらに2人が重体」と明かした。爆弾の出どころなどは不明。

     過去にも主にパキスタン北西部で、玩具だと思って遊んでいたものが実は爆弾で、合わせて数十人の子どもが死亡する事件が発生している。

     玩具様の爆弾は1980年代、隣接するアフガニスタンに旧ソ連軍が進攻した際、反対派を標的に投下されていた。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/amp/3133346

    【おもちゃに似た爆弾で男児6人死亡、パキスタン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    パキスタン中部で25日、石油を運搬するタンクローリーが横転して炎上し、少なくとも139人が死亡した。負傷者も100人以上に上っている。

    事故があったのは、首都イスラマバードから南西約670キロのパンジャブ州アフマドプル・イースト付近。

    州保健相はAFPに「死者は139人に増え、負傷者の大半は重体だ」と説明。負傷者は100人を超えているとも述べた。



    【タンクローリーが横転し炎上、139人死亡 パキスタン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    イスラム教の断食月「ラマダン」の最後の金曜日に当たる23日、パキスタンの3都市で爆弾・銃撃事件が相次いで発生し、計54人が死亡、少なくとも170人が負傷した。当局は今後死者が増える恐れがあると警告している。

     同国当局によると、イスラム教シーア派が多数を占めるクラム部族地域の主都パラチナルにある市場で2度の爆発があり、37人が死亡、150人以上が負傷した。

     地元当局者がAFPに語ったところによると、ラマダンの終了を祝う「イード・アル・フィトル」のための買い物をする人々でにぎわっていた市場で最初の爆発が起き、「人々が被害者を救助しようと(爆発)現場に集まった時、2度目の爆発が起きた」という。

     パラチナル市当局者によると、2度の爆発は2人の自爆犯による可能性が高いという。同当局者は「われわれは負傷者15人をペシャワルの病院に搬送した。負傷者のうち15人から20人は深刻な容態だ」と述べ、今後死者が増える恐れがあると指摘した。

    【1日に3都市で爆弾・銃撃事件、計54人死亡 パキスタン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    クエッタ

    パキスタン南西部バルチスタン州の州都クエッタにある州警察庁舎付近で23日、自動車爆弾による自爆テロがあり、現地の病院によると、警官7人を含む13人が死亡、21人が負傷した。警察によれば、自爆したのは14、15歳の少年。AP通信によると、イスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動」(TTP)の分派が犯行を認めた。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/world/news/170623/wor1706230038-n1.html

    少年の自爆テロですか。いたましい限りです。

    押していただけると励みになります。

    人気ブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    アフガニスタンで活動するパキスタン系武装勢力の抑圧に向け、米政府はパキスタンに対し強硬な姿勢を示すことを検討している。米政府当局者2人が匿名を条件にロイターに明らかにした。

    米無人機による攻撃の拡大やパキスタンへの一部支援凍結などが議論されており、最終的には北大西洋条約機構(NATO)外の主要同盟国としてのパキスタンの地位低下につながる可能性があるという。

    一方、別の米当局者はそうした戦略が成功する可能性を疑問視、武装勢力に対するパキスタン政府の支援を抑えるための米国の長年の取り組みが失敗していると指摘。パキスタンと対立するインドとの関係強化がすでに現状打破の機会を損ねているとの見方を示した。

                    


    【米政府のアフガン戦略見直し、パキスタンへの強硬姿勢も選択肢】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    <カタールと断交したサウジアラビアがパキスタンに対し、どちらの味方かはっきりするよう迫った。だがパキスタンにとって、カタールの孤立は他人事ではない>

    サウジアラビアなどが隣国カタールと断交した問題で、南アジアのイスラム教国パキスタンが、どちらの味方かはっきりせよとサウジアラビアに迫られている。パキスタンは今のところ巻き込まれたくないと考えているが、いつまでも中立ではいられないかもしれない。

    報道によれば、先週月曜にサウジアラビアのサルマン国王とパキスタンのナワズ・シャリフ首相がサウジアラビア南西部のジッダで会談した際、サルマンはシャリフに対し、サウジアラビアかカタールのどちらか1つを選択するよう最後通告を突きつけたという。

    中東アラブ諸国は今、大きな外交危機に直面している。先月ドナルド・トランプがサウジアラビアを訪問した直後、サウジアラビアはバーレーンやエジプト、アラブ首長国連邦(UAE)とともにカタールと断交した。カタールが中東でのテロを支援しているという理由からだ。サウジアラビアはそれ以降、小国カタールを孤立させるために他のイスラム諸国を仲間に引き入れ、執拗にカタール包囲網を築こうとしている。



    【アジアにも及んだカタール断交の圧力】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    パキスタン内務省は、同国南西部で拉致され殺害された中国人2人が商業目的で査証(ビザ)を取得したのに実際はキリスト教の布教活動に従事していたとして、中国人に対するビザ発行手続きを精査するよう指示した。パキスタンメディアが13日、伝えた。

    【パキスタン、中国人へのビザ精査指示】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    カシミール地方の領有権をめぐり対立しているインドとパキスタンが9日、中国とロシアが主導する安全保障会議「上海協力機構(SCO)」に正式に加盟した。カザフスタンの首都アスタナで開かれた年次首脳会議で、両国の加盟が承認された。

     中国とロシア、中央アジアのキルギス、カザフスタン、タジキスタンが加盟している上海協力機構の8日の開会式では、インドのナレンドラ・モディ首相とパキスタンのナワズ・シャリフ首相が握手しあいさつを交わしたと報じられた。ただし、インド政府は、二国間の公式な首脳会談は予定されていないとしている。

     

    【インドとパキスタンが上海協力機構に正式加盟】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
     香港メディアが未確認情報として報じている(サウスチャイナ・モーニングポスト、6月9日)。
    北京で開催された「一帯一路」フォーラムにはプーチン大統領ら29ヶ国の元首クラスが勢揃いし、壮大な世界的規模のプロジェクトを打ち上げたが、その日の朝、北朝鮮がミサイルを発射して習近平の顔に泥を塗った。
    それから二週間後(5月24日)、パキスタンの「一帯一路」工事の拠点クエッタで、中国人教師二人が誘拐された。


    【IS系、パキスタンで誘拐の中国人教師ふたりを殺害】の続きを読む

    このページのトップヘ