かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: アフガニスタン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/10/21(日) 22:04:39.25 ID:CAP_USER9
     no title
     アフガニスタン南部カンダハル州の庁舎で今月18日起きた銃撃戦で、現場に居合わせていたアフガニスタン駐留米軍のスコット・ミラー司令官(陸軍大将)が携帯していた武器を取り出し、自ら応戦する構えを見せていたことが21日までにわかった。

    襲撃発生の経緯を直接知り得る立場にある有志連合軍当局者が明らかにした。ミラー大将はアフガン駐留の北大西洋条約機構(NATO)軍司令官も兼務する。特殊作戦部隊を指揮した経歴も持つ。

    同当局者によると、司令官は結局発砲しなかった。ただ、ミラー氏ほどの米軍の高位将官が自らの武器を手にするほどの事態に追い込まれたのは極めて異例としている。司令官にけがはなかった。

    ミラー大将は銃弾が飛んでくる方向には居なかったが、近くの場所に立っていたという。銃撃を受けた際、現場にとどまり負傷者の手当てや退避を指示するなどした。その後、負傷者は司令官と同じヘリコプターで現場から離れたという。

    米軍当局者などによると、襲撃では同州の警察長官が殺害された他、米軍兵士1人を含む米国人2人が負傷したが容体は安定している。ミラー司令官は長官らとの治安協議に臨むため現場に居た。

    アフガンの反政府武装勢力タリバーンが襲撃を認める声明を発表。「悪名高い警察長官が第1の標的だった」と主張した。単独とみられる銃撃犯は応戦した米軍兵士に殺害されていた。

    CNN
    https://www.cnn.co.jp/usa/35127320.html 

    【【アフガニスタン米軍基地銃撃事件】アフガン駐留米軍司令官スコット・ミラー陸軍大将、銃手に自ら応戦の構え 襲撃受け 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/09/07(金) 01:38:45.20 ID:CAP_USER9
    カプール

    アフガン首都のレスリングクラブで連続爆発、20人死亡 ISISが声明
    2018.09.06 Thu posted at 14:29 JST

    (CNN) アフガニスタンの首都カブール西郊で5日、レスリングクラブを標的にした2度の爆弾攻撃があり、ジャーナリスト2人を含む20人が死亡した。

    最初の攻撃は現地時間の午後6時ごろ発生。内務省の報道官によると、実行犯1人がレスリングクラブで自爆ベストを爆発させた。

    2度目の攻撃は自動車爆弾によるもので、救急隊員や報道関係者、警察などが現場に到着した後で発生した。これらの攻撃で、国内の民間放送局に所属する28歳と23歳の記者2人を含む20人が死亡した。

    過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が犯行声明を出した。現場となったのはイスラム教シーア派が多数を占める地域だった。

    今年に入り、アフガニスタンで暴力のために死亡したジャーナリストは12人。ジャーナリスト保護委員会(CPJ)によればこれは世界で最多だ。4月には同日の2度の攻撃でジャーナリスト10人が殺害された。

    最近の国連の報告では、今年の1~6月に同国で殺害された一般市民の数が過去最高の水準に達したとしている。

    CNN 
    https://www.cnn.co.jp/world/35125190.html 

    【【テロ】アフガニスタン首都カブールのレスリングクラブで連続爆発、20人死亡 ISISが声明 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/08/27(月) 23:16:06.80 ID:CAP_USER9
    no title
     
    (CNN) アフガニスタンで活動する過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の分派組織「ISIS―K」の指導者らが、米軍主導の空爆で死亡したことが27日までに分かった。 

    東部ナンガルハル州の当局者が発表したところによると、アフガン軍と米軍主導の有志連合がアフガン治安当局からの情報に基づき、同州で25日夜に空爆を実施。ISIS―K指導者のアブ・サイド・オラクザイ(別名サド・アルハビ)容疑者と戦闘員10人を殺害した。

    ガニ・アフガン大統領の報道官も、アフガンのISIS指導者が空爆で殺害されたとする声明を出した。

    アフガン駐留米軍の報道官はこの声明を挙げて、25日の攻撃を確認。「米軍は今後も、ISIS―Kやアルカイダなど地域、国際規模のテロ組織への容赦ない対テロ作戦を続ける」と強調した。

    CNNは昨年11月、イラクやシリアでISISの勢力が衰えたことを受け、米軍がその余力でアフガンでの空爆を強化していると伝えていた。

    米軍は今年3月、米国とアフガンの特殊部隊がISIS―Kに夜間急襲作戦を仕掛け、司令官ら2人を殺害した映像を公開した。

    国連は最近の報告書で、ISISが欧州からの外国人戦闘員を含む主要メンバーを移動させ、アフガニスタンへ送り込んでいると改めて指摘した。

    CNN
    https://www.cnn.co.jp/world/35124607.html

    【【国際】アフガンのISIS指導者、米軍主導の空爆で死亡 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/08/16(木) 07:00:59.50 ID:CAP_USER9
    no title

    アフガン 予備校狙い自爆テロ 高校生ら48人死亡
    2018年8月16日 6時44分IS・テロ

    アフガニスタンの首都カブールにある予備校で15日、自爆テロがあり、高校生など50人近くが死亡し、頻発するテロで治安の悪化に歯止めがかからない状況が続いています。

    アフガニスタンの首都カブールの警察によりますと、15日、大学受験を目指す高校生などが通う予備校で、建物内に進入してきた男が身に着けていた爆発物を爆発させる自爆テロがありました。

    アフガニスタン政府によりますと、これまでに高校生など48人が死亡、60人以上がけがをしました。

    この予備校はアフガニスタンでは少数派のイスラム教のシーア派が多く住む地域にあり、当時は大勢の高校生や予備校生が建物内にいて混み合っていたということです。

    犯行声明などは出ていませんが、アフガニスタンでは、シーア派を異端視する過激派組織IS=イスラミックステートによるシーア派を標的にしたテロが後を絶ちません。

    さらに最近は政府機関や治安部隊に対するテロのほかに、大勢の人たちが集まる、いわゆる「ソフトターゲット」を狙ったテロも頻発し、治安の悪化に歯止めがかからない状況が続いています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180816/k10011578841000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 


    【【アフガニスタン】予備校狙い自爆テロ 高校生ら48人死亡 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 樽悶 ★ 2018/08/14(火) 04:28:16.27 ID:CAP_USER9
    『ハムザ・ビンラディン』
    no title


     テロ関連の話題として、世界の注目を集めたのがオサマ・ビンラディンの息子の結婚だろう。ビンラディンには26人の子供がいた。うち息子は3人。しかし、長男も次男もアメリカ軍によって殺されている。唯一生き延びたのが三男のハムザ・ビンラディンで、今年、29歳。別名「テロの王子」。

     当初、「パキスタンの潜伏先で父親のオサマとともに殺害された」と米軍は発表していたが、奇跡的に脱出に成功していたことが後に明らかになった。

     ビンラディンの遺言で「アルカイダの後継者はハムザ」と指名されており、幼い頃から父親に連れられ戦闘現場を体験。10歳になる前から武器の扱いを叩き込まれたという。「14歳で初めて敵を殺した」と告白。父親がお気に入りだったターバンとカラシニコフ銃を離さず、現在の最高指導者であるザワヒリの右腕として、組織内で圧倒的な支持を得ている模様だ。父親譲りの容姿と語り口で、アルカイダの中で、誰もが従う存在になりつつあるという。

     しかも、公然と父親の復讐を宣言。「ワシントン、ロンドン、パリ、テルアビブを標的にせよ。米軍基地を狙え」と、世界のイスラム過激派にネットを通じて檄を飛ばす。当然、各国の諜報機関は必死で彼の所在を探している。特にアメリカ政府は世界的テロリストとして指名手配中だ。

     これまでも「アフガニスタンに潜伏している」とか「シリアで戦闘経験を積んでいる」といった断片的な情報は漏れ伝わっていたが、その隠れ家は見つかっていない。

     そんな「次世代のテロの指導者」が結婚相手に選んだのがモハマド・アタの娘である。アタといえば、ハイジャックした航空機でニューヨークの世界貿易センタービルに突っ込んだ一人だ。

     ハイジャック犯の中では最高齢で、エジプトの出身。グループの中では体格も立派で、ひと際目立つリーダー格であった。彼は遺書を残していたが、そこには娘についての言及はなかった。そのため、「娘の話は眉唾ではないか」との指摘もある。しかし、どうやらその娘は2001年の同時多発テロの年に生まれたらしい。

     いずれにせよ、アルカイダの活動家にとって、まさに「夢のカップル」の誕生ということであろう。世界を震撼とさせた事件から17年が経ったが、「9・11テロのレガシー」はいまだに衰えていない。現在、オサマ・ビンラディンの3人の妻や親族はサウジアラビアに暮らしている。彼らは一様にテロを非難し、居所の知れないハマズに対し「神の教えに従い、心を入れ替え、復讐など考えるな」と語っている。

     オサマの母親も健在で、「息子は子供の頃はとても純真で優しい子だった。大学時代に洗脳され、道を誤った」と語り、ハムザにも「父親の徹を踏まないように」と哀願しているという。

     とはいえ、父親や兄弟を殺害された恨みは拭い去れないのかも知れない。世紀のテロリストの血は脈々と受け継がれているように見える。この息子は流血の環境で育ったせいか、父親よりはるかに戦闘能力も反米感情も強いというから、第2、第3の「9・11」が起きないことを祈らざるを得ない。(国際政治経済学者 浜田和幸)

    2018.08.13
    https://smart-flash.jp/sociopolitics/47030

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534188496/ 【【国際】「14歳で初めて敵を殺した」 ビンラディンの息子「テロの王子」が9・11実行犯の娘と結婚 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/07/31(火) 21:08:45.76 ID:CAP_USER9

    タリバーン、米当局者と接触 トランプ政権が方針転換
    イスラマバード=乗京真知2018年7月31日20時51分

     アフガニスタンの反政府武装勢力タリバーン幹部と米当局者が7月下旬、中東カタールで非公式の協議を始めたことがわかった。タリバーン幹部が朝日新聞の取材に明らかにした。これまでタリバーンとの交渉を拒んできた米トランプ政権にとっては方針変更だ。
     非公式協議の場となったカタールの首都ドーハには、タリバーンが外交窓口を置く。協議に関わるタリバーン幹部によると、米国からは国務省や在アフガン米大使館の代表者が参加。協議を続けることで合意したという。
     タリバーンは「米軍撤退」を求…
    残り:411文字/全文:631文字
    (リンク先に続きあり、要会員登録)

    朝日新聞 
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASL705393L70UHBI016.html?ref=tw_asahi 

    【【アフガニスタン】タリバーン、米当局者と接触 トランプ政権が方針転換 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/07/31(火) 23:58:17.89 ID:CAP_USER9
    ジャララバード

    アフガン政府庁舎に武装集団が侵入、現在も攻撃続く 8人負傷
    2018年7月31日 20:51 
    発信地:ジャララバード/アフガニスタン [ アフガニスタン アジア・オセアニア ]

    【7月31日 AFP】アフガニスタン東部ジャララバード(Jalalabad)で31日、武装集団が政府庁舎を急襲し、攻撃は現在も続いている。これまでに少なくとも8人が負傷した。

    同市を州都とするナンガルハル(Nangarhar)州の知事報道官によると、爆発音が少なくとも2回聞こえた後、難民および送還者の担当当局の施設に武装集団が侵入したという。周辺には外国機関も複数ある。

    襲撃に先立ち建物内では、外国からの支援団体や個人の代表と担当職員らの会議が行われていたという。

    同報道官は「多数」の職員が救出されたとしているが、庁舎内に取り残されている人の数は不明。

    ある目撃者は、武装集団のうち少なくとも1人が庁舎入り口で自爆し、他の2人が建物内へ入って行ったと話している。

    アフガニスタンの旧支配勢力タリバン(Taliban)は関与を否定しており、現時点で犯行声明を出した組織はない。

    同市では3日前にも、過激派が助産師養成施設を襲撃し、少なくとも3人が死亡、複数人が負傷したばかり。この事件については、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行を認めている。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3184461?cx_part=top_latest  

    【【アフガニスタン】政府庁舎に武装集団が侵入、現在も攻撃続く 8人負傷 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: シャチ ★ 2018/07/18(水) 01:22:40.38 ID:CAP_USER9
    7/18(水) 1:18配信 
     【マザリシャリフ(アフガン)AFP時事】アフガニスタン北部サレポル州で17日、葬儀に参列していた
    反政府勢力タリバンの兵士たちが襲われ、当局によれば、少なくとも15人が死亡した。

     襲ってきた集団は、過激派組織「イスラム国」(IS)とみられている。

     サレポル州の報道官は「過去2カ月以上、ISとタリバンは辺り一帯で抗争を続けてきた。
    双方合わせて数百人が死んでいる」と述べた。 

    ヤフーニュース(時事通信)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000004-jij-asia 

    【【IS vs タリバン】ISの襲撃か、タリバン15人死亡=アフガン 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: プティフランスパン ★ 2018/06/17(日) 05:31:09.02 ID:CAP_USER9
    af250

    アフガニスタンで政府と、反政府武装勢力タリバンが一時停戦し、それを祝う集会のさなかに自爆テロが発生し、少なくとも25人が死亡しました。過激派組織IS=イスラミックステートとつながりのあるメディアはISの犯行だと伝えています。

    アフガニスタンでは、イスラム教の断食月・ラマダン明けの祝日に合わせて17日までの3日間の予定で政府とタリバンが一時停戦に入り、東部のナンガルハル州では停戦を祝うため16日、タリバンと地元の住民、それに政府の治安部隊がそろって集会を開きました。

    そこに爆発物を積んだ車を使った自爆テロが発生し、地元政府によりますと、少なくとも25人が死亡、50人以上がけがをしました。これについて過激派組織ISとつながりのあるアマーク通信は、ISの犯行だと伝えています。

    今回の停戦は、アフガニスタンのガニ大統領の呼びかけにタリバン側が応じて実現し、2015年以来、途絶えたままとなっている和平協議が再開されるきっかけとなるのではないかと注目されていました。

    アフガニスタンのISは、タリバンとは敵対関係にあり、今回のテロは停戦による融和ムードを妨害する狙いもあったとみられ、今後の停戦の動きへの影響が懸念されます。

    2018年6月17日 5時11分 
    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180617/k10011481371000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 

    【【卑劣】アフガニスタン、停戦祝う集会で自爆テロ 25人死亡50人以上けが 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: プティフランスパン ★ 2018/06/15(金) 22:58:59.16 ID:CAP_USER9

    no title

    死亡した、マララさん襲撃の首謀者でイスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動(TTP)」指導者のファズルラ師(AP=共同)

     【カブール共同】アフガニスタン国防省は15日、2012年に起きたマララ・ユスフザイさん襲撃事件の首謀者でイスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動(TTP)」の指導者ファズルラ師が、隣国パキスタンとの国境近くのアフガン東部クナール州で、米軍の小型無人機ドローンの攻撃を受け死亡したと明らかにした。パキスタン軍も死亡を確認した。 
    アフガン国防省によると、攻撃は14日、車両で移動中のファズルラ師に対して、米軍とアフガン国軍の共同作戦として行われた。マララさんはTTPの女子教育抑圧を告発し、銃撃されたが、一命を取り留め、14年にノーベル平和賞を受賞した。
     
    2018/06/15 22:50 
    神戸新聞
    https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201806/sp/0011357209.shtml 

    【【アフガン国防省】マララさん襲撃首謀者死亡 小型無人機ドローンの攻撃を受け 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/06/09(土) 17:42:30.80 ID:CAP_USER9

    シドニー=小暮哲夫
    2018年6月9日17時23分

     アフガニスタンに派遣されていたオーストラリア陸軍特殊空挺(くうてい)連隊の兵士らが、無防備な住民らを殺害するなどの残虐行為をしていた疑いが浮上した。戦争犯罪の可能性もあり、豪国防省が調査している。地元紙シドニーモーニングヘラルド紙が9日、伝えた。

     同紙によると、一例として、アフガン南部ウルズガン州の村で2012年9月、同連隊の兵士が地元の羊飼いの男性を後ろ手に縛った状態で崖の端に連れて行き、蹴り落として殺害したケースがあったという。

     同連隊は、豪軍兵士3人を射殺した容疑者を捜索中で、殺害された男性は、連隊が情報収集のために拘束した数十人の地元民の一人だった。当時、妻と7歳の息子と暮らしており、前日に歩いて3時間離れた自宅から小麦粉を入手するために村に来ていたという。男性の兄弟の一人は同紙に「小麦粉を取りに行っただけの人間がどうして死ななければならないのか」と語った。
     一帯ではほかにも、残虐行為をしたとされる兵士の部隊が巡回後、非武装の住民らの遺体が見つかるなど不審な事例があるという。

     豪州は、同盟国の米国に協力して01年のアフガン戦争から陸海空の部隊を派兵。13年末に戦闘部隊を引き上げたが、現在も300人ほどがアフガンの治安部隊の訓練などをしている。(シドニー=小暮哲夫)

    朝日新聞 
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASL694TZ6L69UHBI017.html?ref=tw_asahi 

    【【アフガニスタン】オーストラリア陸軍特殊空挺連隊の兵士ら、無防備な住民を崖から落とし殺害か 一帯にはほかにも不審死の事例が 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/06/01(金) 23:42:58.89 ID:CAP_USER9
     【モスクワ共同】ロシア落下傘部隊連盟のボストロティン会長は1日、旧ソ連によるアフガニスタン侵攻で1980年代にアフガン上空で撃墜された航空機に搭乗し、行方不明になった元飛行士の生存をアフガンで確認したと発表した。ロシアメディアが報じた。

     アフガン退役兵連盟によると、ソ連のアフガン侵攻従軍者にはさまざまな理由で現地に残った元兵士が多く「彼らにとってアフガンが新たな祖国で(ロシアに)戻ることはない」と説明した。

     79年に始まったソ連のアフガン侵攻では、89年の撤退完了までに125機のソ連軍機が撃墜されたとされる。


    共同通信 2018/6/1 22:39
    https://this.kiji.is/375277745648878689

    【【国際】アフガニスタンで元ソ連兵生存 80年代から行方不明 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: プティフランスパン ★ 2018/04/30(月) 21:25:04.55 ID:CAP_USER9
    カプール
     
    アフガン首都で連続爆発、25人死亡=報道関係者9人犠牲

    【4月30日 時事通信社】アフガニスタンの首都カブール中心部で30日、爆発が相次ぎ、警察当局者によると少なくとも25人が死亡、45人が負傷した。アフガンのフリージャーナリスト協会は、AFP通信のカメラマンら報道関係者9人が死亡したことを明らかにした。

     警察当局者は「自爆攻撃とみられる」と述べた。AFPなどによると、過激派組織「イスラム国」(IS)が系列のアマク通信を通じ、情報機関を標的にしたと犯行を主張した。

     報道によると、朝の通勤時間帯に情報機関の施設付近で2度の爆発があった。まず、バイクに乗った男が自爆。約20分後に2度目の爆発が起き、現場に集まっていたジャーナリストや治安関係者らが犠牲になった。 
     
    2018年4月30日 21:03 発信地:アフガニスタン 
    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3173091?act=all 
    【【ISが犯行声明】アフガン首都で連続爆発、25人死亡=報道関係者9人犠牲 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 記憶たどり。 ★ 2018/04/30(月) 11:00:40.77 ID:CAP_USER9

    アフガニスタン東部のナンガハル州で29日、子どもたちが見つけて遊んでいた不発弾が爆発し、親子ら3人が死亡した。ナンガハル州当局によると、爆発は同日午前7時ごろ発生し、女性1人とその娘を含む女児2人が死亡したほか、女児2人を含む8人が負傷した。

    砲弾は、反政府武装勢力「タリバーン」が28日に発射したものと思われる。

    タリバーンは2001年までアフガニスタンを実効支配していたが、2001年、米軍率いる有志連合のアフガン進攻によって、タリバーン政権は崩壊した。しかしここ数年は勢力を盛り返し、同国内で支配地域を広げつつある。

    アフガニスタンには長年にわたる衝突の影響で各地に地雷や不発弾が残されており、地雷除去支援団体によると、1979~2015年の犠牲者は2万3500人を超す。

    国連アフガニスタン支援ミッションが昨年まとめた統計によれば、2016年には子どもの犠牲者が急増し、前年より24%増えた。ほとんどは現場に残された不発弾が原因だった。

    「子どもたちは衝突の関係者が置き去りにした不発弾で遊んでいて、死亡したり、目が見えなくなったり、手足を失ったり、あるいは意図せず友人を死亡させたりしている」
    フセイン国連人権高等弁務官は2017年2月の報告書でそう指摘していた。

    地雷除去支援団体の2012年の報告によると、不発弾による犠牲者は、地雷による犠牲者の3倍に上っているという。

    ヤフーニュース(CNN) 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-35118536-cnn-int 
    【不発弾を見つけて遊んでいたら爆発、親子ら3人死亡。アフガニスタン 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/04/22(日) 21:37:01.74 ID:CAP_USER9
    カプール


    4月22日 18時38分
    アフガニスタンの首都カブールで、ことし10月に予定されている議会選挙の登録手続きが行われていた高校で自爆テロが起き、市民など少なくとも31人が死亡しました。過激派組織IS=イスラミックステートとつながりのあるメディアは、選挙を狙ったISの犯行だと伝えました。

    アフガニスタンの警察などによりますと、22日、首都カブールにある高校の校門の付近で、男が身につけていた爆発物を爆発させる自爆テロがありました。
    このテロで、これまでに少なくとも31人が死亡したほか、50人以上がけがをしたということです。

    この高校では、ことし10月に予定されている議会下院の選挙のための選挙人登録に必要な証明書を発行する手続きが行われていて、女性や子どもを含む市民が巻き添えになったということです。

    これについて、過激派組織ISとつながりのあるアマーク通信は、選挙を狙ったISの犯行だと伝えました。

    混乱の続くアフガニスタンでは、議会下院の選挙が3年も先送りされ、ことし7月に予定されていた投票も、治安情勢の悪化から10月に延期されていました。選挙人登録の手続きは、今月からアフガニスタン各地で始まりましたが、手続きを行う施設を狙った襲撃が相次いでいて、選挙の実施を危ぶむ声も出ています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180422/k10011413461000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_013 
    【【アフガニスタン】首都カブール 自爆テロで31人死亡 議会選挙妨害か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 記憶たどり。 ★ 2018/03/16(金) 13:36:08.34 ID:CAP_USER
     7591FA3F-409B-43CD-82C7-7AA566659CA7

    反米感情が高まっているアフガニスタンで、「不動産王」として知られていたアメリカのトランプ氏にあやかって 「ドナルド・トランプ」と名付けられた男の子と両親が住んでいる村から追い出されるなど、困難な歩みを余儀なくされています。

    この男の子は、おととし8月にアフガニスタンの小さな村に生まれました。当時、アメリカ大統領選挙中で、両親は「不動産王」として知られていたトランプ氏について書かれた本に感銘を受けたことや、
    男の子が生まれたばかりの頃は金髪だったことなどから、同じ「ドナルド・トランプ」と名付けました。

    ところが、アフガニスタンでは反政府武装勢力タリバンや過激派組織IS=イスラミックステートに対するアメリカ軍などの軍事作戦でたびたび一般市民が巻きこまれるなど、反米感情が高まっています。

    男の子は村の宗教指導者から侮辱的な名前だと非難され、一家は村から出ることを余儀なくされました。

    さらに、移った先の首都・カブールでも「異端者」などと呼ばれ、家から立ち退くよう迫られているということです。

    父親は、アメリカに移民しようとしているという周囲のうたぐりを強く否定したうえで、
    「私はこの子にトランプ氏のように成功してほしいだけだ」と話しています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180316/k10011367491000.html 

    【【迫害】アフガニスタンで、名前が「トランプ」の男児が村から追い出される 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/03/15(木) 23:43:19.86 ID:CAP_USER9

    2018年3月15日 23:16 発信地:カブール/アフガニスタン
    【3月15日 AFP】アフガニスタンの旧支配勢力タリバン(Taliban)に捕らえられていた男性が、タリバンのメンバーらが祈りを行っている最中に銃を奪って発砲し、7人を殺害して劇的な脱走に成功していたことが明らかになった。現地当局が15日、明らかにした。

     州治安当局の幹部であるアブドゥル・ラウフ・マスード(Abdul Rauf Masood)氏がAFPに語った話によると、アワル・カーン(Awal Khan)さん(36)と地元の警察官1人が14日、同国東部パクティカ(Paktika)州を車で移動中に拉致された。

     この警察官は殺害された一方で、アワルさんは同州ゴーマル(Gomal)郡にあるタリバンの施設に連行され、数時間監禁された。

     マスード氏によると、アワルさんは手錠をかけられていたものの、午後の祈りの間にタリバンのメンバーのうちの1人から武器を奪って発砲。

     州知事報道官のムハンマド・ラーマン・アヤズ(Mohammad Rahman Ayaz)氏は、「アワル・カーンはタリバンのメンバー全員に銃弾を浴びせ、7人を殺害し18人を負傷させた」と明らかにした。

     タリバンのザビフラ・ムジャヒド(Zabihullah Mujahid)報道官もAFPに対し、2人を拉致し、アワルさんが戦闘員に発砲した事実を認めたものの、犠牲者は3人だったとしている。

     アヤズ氏によると、その後アワルさんはタリバンが所有するトラックで逃走したという。

    AFP 
    http://www.afpbb.com/articles/-/3167555
    【【アフガニスタン】タリバンに拉致されたアフガン人男性、脱走に成功 銃奪って7人殺害 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/02/01(木) 00:11:26.66 ID:CAP_USER9

    2018年1月31日 17:28 発信地:カブール/アフガニスタン
    【1月31日 AFP】米地質調査所(USGS)によると、アフガニスタン北東部でグリニッジ標準時(GMT)31日午前7時7分(日本時間同日午後4時7分)、マグニチュード(M)6.1の地震があった。パキスタン当局によると、同国南西部で少なくとも女児1人が死亡した。

     USGSによると、地震があったのはタジキスタンとの国境に近いヒンドゥークシュ(Hindu Kush)山脈が連なる地域付近で、震源の深さは191キロ。地震の揺れはパキスタンのイスラマバードやインドのニューデリーでも感じられたという。

     パキスタン南西部バルチスタン(Balochistan)州の地元当局によると、屋根の崩落により女児1人が死亡した。また、女児の家族ら9人が負傷したとの報告もあるという。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3160679?act=all 

    【【アフガニスタン】 M6.1の地震、パキスタンで女児1人死亡の情報も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/01/27(土) 23:10:19.80 ID:CAP_USER9
    カプール


    1月27日 22時50分
    アフガニスタンの首都カブールで27日起きた大規模な自爆テロで、犠牲者の数はその後も増え続け、これまでに95人の死亡が確認されました。この爆発について、反政府武装勢力タリバンが犯行を認める声明を出しました。

    アフガニスタンの首都カブールの中心部で27日午後、爆弾を積んだ車両による大規模な自爆テロが起きました。アフガニスタン政府によりますとこの爆発による犠牲者の数はその後も増え続けていて、これまでに95人の死亡が確認されました。また、けが人の数もおよそ190人となっています。

    爆発が起きたのは、アフガニスタン内務省の元の庁舎や病院などがある場所で反政府武装勢力タリバンが「内務省の元庁舎の前に集まっていた警察官を狙い自爆攻撃を行った」として、犯行を認める声明を出しました。

    現場周辺の道路は、ふだんは封鎖されていて一般の車両は通行できませんが、アフガニスタン内務省は、爆発した車両は救急車だったとしていて、実行犯は救急車にふんした車両を利用して現場に近づいた可能性があります。また、内務省は、この自爆テロに関連して4人を拘束したことを明らかにしました。

    カブールでは、今月20日に外国人も多く利用するホテルがタリバンによって襲撃され、20人以上が死亡したほか、過激派組織IS=イスラミックステートによる自爆テロも相次いでいて、治安の悪化に歯止めがかからない状態となっています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180127/k10011305401000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 

    【【アフガニスタン】カブールで大規模な自爆テロ 犠牲者増え続け95人死亡確認 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/01/24(水) 23:38:16.13 ID:CAP_USER9

    アフガニスタン東部ジャララバードで24日、慈善団体セーブ・ザ・チルドレンの事務所が爆弾などを使った攻撃に遭った。当局によると、少なくとも2人が死亡し、12人が負傷した。

    攻撃時の建物には約50人のスタッフがいたとみられる。報道によると、襲撃犯は少なくとも3人いる様子。

    自爆攻撃とみられる自動車に詰まれた爆弾の爆発を合図に、攻撃が始まった。銃で武装した集団は、機関銃や携行式ロケット弾を使って、建物の上階から攻撃を始めたという。

    現時点で犯行声明は出ていない。
    攻撃は現地時間の午前9時10分(日本時間午後1時40分)ごろに始まった。地元当局のアタウラ・ホギャニ報道官はBBCに対し、セーブ・ザ・チルドレンの施設の入り口で自爆攻撃犯が自動車爆弾を起爆させたと語った。
    施設内にいた目撃者はAFP通信に、銃を持った男たちが携行式ロケット弾で門を叩いていたと話した。

    現地で撮影された写真には、施設から大きな黒く濃い煙が上がっている様子が写っている。
    未確認情報によると、少なくとも襲撃犯2人が死亡した。
    地元ジャーナリスト、ビラル・サルワリー氏は警察の話として、アフガニスタン軍の特殊部隊が現場に到着しているが、襲撃犯らは建物の上階に上がり、重機関銃や手投げ弾、携帯式ロケット弾を使って攻撃していると語った。
    AFP通信は、セーブ・ザ・チルドレン職員が対話アプリ「ワッツアップ」で送ってきたメッセージだという内容を伝えた。「2人の襲撃犯がいるように聞こえる。(中略)我々を探している。我々のために祈ってください。治安部隊に伝えて」と書かれていたという。
    パキスタンとの国境に近いジャララバードは反政府武装勢力のタリバンの攻撃を頻繁に受けているが、2015年以来、地域での活動を続けている過激派組織「イスラム国」(IS)も強力な足場を築いている。
    20日夜には、アフガニスタンの首都カブールにある高級ホテル「インターコンチネンタルホテル」がタリバンのメンバーによって襲撃され、外国人を中心に少なくとも22人が殺害された。
    しかし、タリバンはツイッターで、ジャララバードでの攻撃への関与を否定するコメントを出している。

    セーブ・ザ・チルドレンの広報担当者は電子メールでコメントを出し、攻撃の報に「衝撃を受けている」、「我々の念頭にあるのはスタッフの安全確保だ」と述べた。

    (英語記事 Save the Children offices in Afghanistan hit by attack)
    2018/01/24

    BBC
    http://www.bbc.com/japanese/42801494 

    no title

    【【アフガニスタン】セーブ・ザ・チルドレンの事務所に襲撃 自動車爆弾など 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル