かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    カテゴリ: アフガニスタン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: プティフランスパン ★ 2018/04/30(月) 21:25:04.55 ID:CAP_USER9
    カプール
     
    アフガン首都で連続爆発、25人死亡=報道関係者9人犠牲

    【4月30日 時事通信社】アフガニスタンの首都カブール中心部で30日、爆発が相次ぎ、警察当局者によると少なくとも25人が死亡、45人が負傷した。アフガンのフリージャーナリスト協会は、AFP通信のカメラマンら報道関係者9人が死亡したことを明らかにした。

     警察当局者は「自爆攻撃とみられる」と述べた。AFPなどによると、過激派組織「イスラム国」(IS)が系列のアマク通信を通じ、情報機関を標的にしたと犯行を主張した。

     報道によると、朝の通勤時間帯に情報機関の施設付近で2度の爆発があった。まず、バイクに乗った男が自爆。約20分後に2度目の爆発が起き、現場に集まっていたジャーナリストや治安関係者らが犠牲になった。 
     
    2018年4月30日 21:03 発信地:アフガニスタン 
    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3173091?act=all 
    【【ISが犯行声明】アフガン首都で連続爆発、25人死亡=報道関係者9人犠牲 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 記憶たどり。 ★ 2018/04/30(月) 11:00:40.77 ID:CAP_USER9

    アフガニスタン東部のナンガハル州で29日、子どもたちが見つけて遊んでいた不発弾が爆発し、親子ら3人が死亡した。ナンガハル州当局によると、爆発は同日午前7時ごろ発生し、女性1人とその娘を含む女児2人が死亡したほか、女児2人を含む8人が負傷した。

    砲弾は、反政府武装勢力「タリバーン」が28日に発射したものと思われる。

    タリバーンは2001年までアフガニスタンを実効支配していたが、2001年、米軍率いる有志連合のアフガン進攻によって、タリバーン政権は崩壊した。しかしここ数年は勢力を盛り返し、同国内で支配地域を広げつつある。

    アフガニスタンには長年にわたる衝突の影響で各地に地雷や不発弾が残されており、地雷除去支援団体によると、1979~2015年の犠牲者は2万3500人を超す。

    国連アフガニスタン支援ミッションが昨年まとめた統計によれば、2016年には子どもの犠牲者が急増し、前年より24%増えた。ほとんどは現場に残された不発弾が原因だった。

    「子どもたちは衝突の関係者が置き去りにした不発弾で遊んでいて、死亡したり、目が見えなくなったり、手足を失ったり、あるいは意図せず友人を死亡させたりしている」
    フセイン国連人権高等弁務官は2017年2月の報告書でそう指摘していた。

    地雷除去支援団体の2012年の報告によると、不発弾による犠牲者は、地雷による犠牲者の3倍に上っているという。

    ヤフーニュース(CNN) 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-35118536-cnn-int 
    【不発弾を見つけて遊んでいたら爆発、親子ら3人死亡。アフガニスタン 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/04/22(日) 21:37:01.74 ID:CAP_USER9
    カプール


    4月22日 18時38分
    アフガニスタンの首都カブールで、ことし10月に予定されている議会選挙の登録手続きが行われていた高校で自爆テロが起き、市民など少なくとも31人が死亡しました。過激派組織IS=イスラミックステートとつながりのあるメディアは、選挙を狙ったISの犯行だと伝えました。

    アフガニスタンの警察などによりますと、22日、首都カブールにある高校の校門の付近で、男が身につけていた爆発物を爆発させる自爆テロがありました。
    このテロで、これまでに少なくとも31人が死亡したほか、50人以上がけがをしたということです。

    この高校では、ことし10月に予定されている議会下院の選挙のための選挙人登録に必要な証明書を発行する手続きが行われていて、女性や子どもを含む市民が巻き添えになったということです。

    これについて、過激派組織ISとつながりのあるアマーク通信は、選挙を狙ったISの犯行だと伝えました。

    混乱の続くアフガニスタンでは、議会下院の選挙が3年も先送りされ、ことし7月に予定されていた投票も、治安情勢の悪化から10月に延期されていました。選挙人登録の手続きは、今月からアフガニスタン各地で始まりましたが、手続きを行う施設を狙った襲撃が相次いでいて、選挙の実施を危ぶむ声も出ています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180422/k10011413461000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_013 
    【【アフガニスタン】首都カブール 自爆テロで31人死亡 議会選挙妨害か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 記憶たどり。 ★ 2018/03/16(金) 13:36:08.34 ID:CAP_USER
     7591FA3F-409B-43CD-82C7-7AA566659CA7

    反米感情が高まっているアフガニスタンで、「不動産王」として知られていたアメリカのトランプ氏にあやかって 「ドナルド・トランプ」と名付けられた男の子と両親が住んでいる村から追い出されるなど、困難な歩みを余儀なくされています。

    この男の子は、おととし8月にアフガニスタンの小さな村に生まれました。当時、アメリカ大統領選挙中で、両親は「不動産王」として知られていたトランプ氏について書かれた本に感銘を受けたことや、
    男の子が生まれたばかりの頃は金髪だったことなどから、同じ「ドナルド・トランプ」と名付けました。

    ところが、アフガニスタンでは反政府武装勢力タリバンや過激派組織IS=イスラミックステートに対するアメリカ軍などの軍事作戦でたびたび一般市民が巻きこまれるなど、反米感情が高まっています。

    男の子は村の宗教指導者から侮辱的な名前だと非難され、一家は村から出ることを余儀なくされました。

    さらに、移った先の首都・カブールでも「異端者」などと呼ばれ、家から立ち退くよう迫られているということです。

    父親は、アメリカに移民しようとしているという周囲のうたぐりを強く否定したうえで、
    「私はこの子にトランプ氏のように成功してほしいだけだ」と話しています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180316/k10011367491000.html 

    【【迫害】アフガニスタンで、名前が「トランプ」の男児が村から追い出される 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/03/15(木) 23:43:19.86 ID:CAP_USER9

    2018年3月15日 23:16 発信地:カブール/アフガニスタン
    【3月15日 AFP】アフガニスタンの旧支配勢力タリバン(Taliban)に捕らえられていた男性が、タリバンのメンバーらが祈りを行っている最中に銃を奪って発砲し、7人を殺害して劇的な脱走に成功していたことが明らかになった。現地当局が15日、明らかにした。

     州治安当局の幹部であるアブドゥル・ラウフ・マスード(Abdul Rauf Masood)氏がAFPに語った話によると、アワル・カーン(Awal Khan)さん(36)と地元の警察官1人が14日、同国東部パクティカ(Paktika)州を車で移動中に拉致された。

     この警察官は殺害された一方で、アワルさんは同州ゴーマル(Gomal)郡にあるタリバンの施設に連行され、数時間監禁された。

     マスード氏によると、アワルさんは手錠をかけられていたものの、午後の祈りの間にタリバンのメンバーのうちの1人から武器を奪って発砲。

     州知事報道官のムハンマド・ラーマン・アヤズ(Mohammad Rahman Ayaz)氏は、「アワル・カーンはタリバンのメンバー全員に銃弾を浴びせ、7人を殺害し18人を負傷させた」と明らかにした。

     タリバンのザビフラ・ムジャヒド(Zabihullah Mujahid)報道官もAFPに対し、2人を拉致し、アワルさんが戦闘員に発砲した事実を認めたものの、犠牲者は3人だったとしている。

     アヤズ氏によると、その後アワルさんはタリバンが所有するトラックで逃走したという。

    AFP 
    http://www.afpbb.com/articles/-/3167555
    【【アフガニスタン】タリバンに拉致されたアフガン人男性、脱走に成功 銃奪って7人殺害 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/02/01(木) 00:11:26.66 ID:CAP_USER9

    2018年1月31日 17:28 発信地:カブール/アフガニスタン
    【1月31日 AFP】米地質調査所(USGS)によると、アフガニスタン北東部でグリニッジ標準時(GMT)31日午前7時7分(日本時間同日午後4時7分)、マグニチュード(M)6.1の地震があった。パキスタン当局によると、同国南西部で少なくとも女児1人が死亡した。

     USGSによると、地震があったのはタジキスタンとの国境に近いヒンドゥークシュ(Hindu Kush)山脈が連なる地域付近で、震源の深さは191キロ。地震の揺れはパキスタンのイスラマバードやインドのニューデリーでも感じられたという。

     パキスタン南西部バルチスタン(Balochistan)州の地元当局によると、屋根の崩落により女児1人が死亡した。また、女児の家族ら9人が負傷したとの報告もあるという。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3160679?act=all 

    【【アフガニスタン】 M6.1の地震、パキスタンで女児1人死亡の情報も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/01/27(土) 23:10:19.80 ID:CAP_USER9
    カプール


    1月27日 22時50分
    アフガニスタンの首都カブールで27日起きた大規模な自爆テロで、犠牲者の数はその後も増え続け、これまでに95人の死亡が確認されました。この爆発について、反政府武装勢力タリバンが犯行を認める声明を出しました。

    アフガニスタンの首都カブールの中心部で27日午後、爆弾を積んだ車両による大規模な自爆テロが起きました。アフガニスタン政府によりますとこの爆発による犠牲者の数はその後も増え続けていて、これまでに95人の死亡が確認されました。また、けが人の数もおよそ190人となっています。

    爆発が起きたのは、アフガニスタン内務省の元の庁舎や病院などがある場所で反政府武装勢力タリバンが「内務省の元庁舎の前に集まっていた警察官を狙い自爆攻撃を行った」として、犯行を認める声明を出しました。

    現場周辺の道路は、ふだんは封鎖されていて一般の車両は通行できませんが、アフガニスタン内務省は、爆発した車両は救急車だったとしていて、実行犯は救急車にふんした車両を利用して現場に近づいた可能性があります。また、内務省は、この自爆テロに関連して4人を拘束したことを明らかにしました。

    カブールでは、今月20日に外国人も多く利用するホテルがタリバンによって襲撃され、20人以上が死亡したほか、過激派組織IS=イスラミックステートによる自爆テロも相次いでいて、治安の悪化に歯止めがかからない状態となっています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180127/k10011305401000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 

    【【アフガニスタン】カブールで大規模な自爆テロ 犠牲者増え続け95人死亡確認 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/01/24(水) 23:38:16.13 ID:CAP_USER9

    アフガニスタン東部ジャララバードで24日、慈善団体セーブ・ザ・チルドレンの事務所が爆弾などを使った攻撃に遭った。当局によると、少なくとも2人が死亡し、12人が負傷した。

    攻撃時の建物には約50人のスタッフがいたとみられる。報道によると、襲撃犯は少なくとも3人いる様子。

    自爆攻撃とみられる自動車に詰まれた爆弾の爆発を合図に、攻撃が始まった。銃で武装した集団は、機関銃や携行式ロケット弾を使って、建物の上階から攻撃を始めたという。

    現時点で犯行声明は出ていない。
    攻撃は現地時間の午前9時10分(日本時間午後1時40分)ごろに始まった。地元当局のアタウラ・ホギャニ報道官はBBCに対し、セーブ・ザ・チルドレンの施設の入り口で自爆攻撃犯が自動車爆弾を起爆させたと語った。
    施設内にいた目撃者はAFP通信に、銃を持った男たちが携行式ロケット弾で門を叩いていたと話した。

    現地で撮影された写真には、施設から大きな黒く濃い煙が上がっている様子が写っている。
    未確認情報によると、少なくとも襲撃犯2人が死亡した。
    地元ジャーナリスト、ビラル・サルワリー氏は警察の話として、アフガニスタン軍の特殊部隊が現場に到着しているが、襲撃犯らは建物の上階に上がり、重機関銃や手投げ弾、携帯式ロケット弾を使って攻撃していると語った。
    AFP通信は、セーブ・ザ・チルドレン職員が対話アプリ「ワッツアップ」で送ってきたメッセージだという内容を伝えた。「2人の襲撃犯がいるように聞こえる。(中略)我々を探している。我々のために祈ってください。治安部隊に伝えて」と書かれていたという。
    パキスタンとの国境に近いジャララバードは反政府武装勢力のタリバンの攻撃を頻繁に受けているが、2015年以来、地域での活動を続けている過激派組織「イスラム国」(IS)も強力な足場を築いている。
    20日夜には、アフガニスタンの首都カブールにある高級ホテル「インターコンチネンタルホテル」がタリバンのメンバーによって襲撃され、外国人を中心に少なくとも22人が殺害された。
    しかし、タリバンはツイッターで、ジャララバードでの攻撃への関与を否定するコメントを出している。

    セーブ・ザ・チルドレンの広報担当者は電子メールでコメントを出し、攻撃の報に「衝撃を受けている」、「我々の念頭にあるのはスタッフの安全確保だ」と述べた。

    (英語記事 Save the Children offices in Afghanistan hit by attack)
    2018/01/24

    BBC
    http://www.bbc.com/japanese/42801494 

    no title

    【【アフガニスタン】セーブ・ザ・チルドレンの事務所に襲撃 自動車爆弾など 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/01/22(月) 13:56:04.46 ID:CAP_USER
    カプール

    アフガニスタンの首都カブールにある高級ホテル「インターコンチネンタルホテル」が20日夜、武装集団によって襲撃され、これまでに外国人14人を含む18人の死亡が確認された。
    反政府武装勢力タリバンが犯行声明を出している。

    目撃者の男性はBBCの取材に対し、襲撃者たちが「外国人はどこだ?」と叫んでいたと語った。安全上の理由から男性の名前は伏せられている。男性は自分がアフガニスタン人だと語ったため殺されずに済んだと話した。

    アフガニスタンのワイス・バルマク内務相は、ホテルの警備を最近、民間会社に委託したことは間違いだったと語った。

    立てこもった襲撃犯ら軍が夜通し戦い、約160人を救助した。

    襲撃犯3人が殺害され、民間人4人を含む10人が負傷した。

    カブールの警察はBBCに対し、ウクライナ人9人、ドイツ人1人、ギリシャ人1人、カザフスタン人1人の死亡が確認されたと述べた。このほか身元が分かっていない遺体が2体あるという。

    AFP通信によると、同ホテルを2011年にも攻撃したタリバンは犯行声明で、
    「数十人の外国人侵略者と傀儡たちを殺害した」と述べた。

    〈襲撃犯は「発砲する前に食べた」〉

    襲撃犯たちは、20日午後9時(日本時間21日午前1時)前後に6階建のホテルに押し入った。
    ホテルでは当時、客らが夕食を取っていた。

    息子と一緒に夕食を食べていたと話す目撃者の男性はBBCに対し、襲撃犯らが短銃を上に向け発砲し始めたという。

    襲撃犯が外国人と見られる女性を殺害した後、目撃者の男性にも銃を向けたという。
    男性が「私はアフガニスタン人だ」と叫ぶと、襲撃犯の1人が、
    自分たちはアフガニスタン人は殺さないと叫び、「外国人はどこだ?」と聞いたという。
    襲撃犯たちは外国人を探しに部屋を走り出た。

    ハセーブと名乗る別の目撃者が地元民放トロ・ニュースに語ったところによると、襲撃犯たちはまず食事を要求した。

    ハセーブさんは、「彼らはとてもおしゃれな格好をしていました」と話した。
    「私のところにやってきて、食事がしたいというので、食べ物を出しました。
    彼らは感謝の言葉を言って、席に座りました。
    その後に、武器を取り出して人々に向かって発砲し始めたんです」。
    「私の周囲には数十人の死体が横たわっていました」。

    最上階のバルコニーからベッドのシーツを使って脱出しようとする数人の客の姿が、カメラにとらえられた。

    地元テレビの映像は、丘の上の目立つホテル建物から黒い煙がもうもうと上がる様子を伝えている。

    内務省の広報官は、夜にアフガニスタンの特殊部隊がヘリコプターからホテルの屋上に降りたと話した。
    西側支援国の特殊部隊と協力し、襲撃犯の掃討に当たったという。

    内務省は、2週間前に民間会社に移管された警備態勢を襲撃犯らがどのようにすり抜けたのか調査を約束した。

    ホテルの支配人、アハマド・ハリス・ナヤブ氏は武装集団はキッチンを通ってホテルに入ったと語った。

    インターコンチネンタルホテルは国営ホテルで、同名の国際ホテルチェーンとは無関係。
    結婚式や会議、政治的な会合などがよく開かれる。

    カブールでは昨年5月、トラックに詰まれた強力な爆弾による攻撃で少なくとも150人が死亡する事件が発生したのを機に、警備が強化されていた。

    しかし、先月にはイスラム教シーア派の文化センターで爆弾攻撃があり、40人以上が死亡するなど、攻撃が相次いでいた。

    BBCニュース
    http://www.bbc.com/japanese/42770467

    【「外国人はどこだ?」 アフガニスタン首都カブール ホテル襲撃 死者18人 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/01/21(日) 13:25:17.24 ID:CAP_USER9
    アフガン首都ホテルで襲撃、15人死亡か
    2018/1/21 11:26
    カプール


     【ニューデリー=黒沼勇史】アフガニスタン首都カブールで20日夜、高級ホテル「インターコンチネンタルホテル」が武装集団に襲撃された。襲撃犯3~4人が人質を取って立て籠もり、治安部隊と銃撃戦を始めた。現地報道によると、21日午前5時(日本時間同9時)時点でも銃撃戦が続いている。

     治安当局は死傷者数など被害の詳細を公表していない。ホテル裏手から脱出した人物らが「約15人が死亡した」と話していると地元メディアが報じた。21日朝時点の情報では、ホテル3~4階で銃撃戦が続いている。
     このホテルでは2011年にもアフガン反政府武装勢力タリバンによる襲撃事件があった。21日朝時点で今回の襲撃に関する犯行声明は出ていない。

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25959650R20C18A1000000/ 

    【アフガニスタン首都カブールのホテルで襲撃、15人死亡か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 泥ン ★ 2018/01/16(火) 03:26:34.17 ID:CAP_USER9
    カプール

    【1月15日 AFP】アフガニスタンで中産階級出身のイスラム過激派が、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の同国東部から首都カブールへの勢力拡大を支えていると複数の専門家が指摘している。

     ISは、過去18か月間にカブールで起きた20件近い攻撃について犯行声明を出している。学生や大学教員、小売店主などが末端組織である「細胞」に加わっており、アフガニスタンや米国の治安部隊の目を盗み、極めて要塞化されたカブールに大虐殺をもたらそうとしている。

     これは、戦争で疲弊したカブール市民や、再び台頭している旧支配勢力タリバン(Taliban)を撃退することに悪戦苦闘している治安部隊、そして対テロを目的にアフガニスタンに駐留している米軍にとっても懸念すべき事態だ。

     2014年に出現しアフガニスタンとパキスタンで活動しているIS系の「イスラム国ホラサン州(IS-K)」は主に両国や中央アジアを拠点とするイスラム武装勢力や、不満を抱いてタリバンから離脱した元戦闘員で構成されている。

     イスラム教スンニ派(Sunni)のIS-Kは2016年夏にカブールで初の攻撃を行い、犯行声明を出した。以後、首都で拡大し続けるネットワークを生かしながら、治安部隊やイスラム教シーア派(Shiite)に対する攻撃を繰り返し、その頻度は次第に増加している。

     専門家らによれば新たな戦闘員は不足していない。ISはアフガニスタンに数十年にわたり存在している過激思想の流れを探し当てることに成功し、また都会の若者たちの間にインターネットが普及していることを追い風に社会経済的な階級の壁を越えて活動している。

    (略)

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3158185 
    【アフガニスタンの首都カブール、IS系の攻撃相次ぐ シリア・イラク後の新拠点に? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/01/07(日) 08:44:35.79 ID:CAP_USER9
    イラン

     【テヘラン共同】シリア内戦でアサド政権を軍事支援するイランが「義勇兵」として前線に送り込んだアフガニスタン人の戦死者が、これまでに2千人を超え、負傷者も約8千人に上った。大半は母国からイランに逃れた難民とみられる。6日付のイランの改革派系有力紙シャルグが、アフガン人で構成される義勇兵部隊の関係者の話として報じた。

     アフガン人の戦死者は2016年8月、200人前後と伝えられていた。アサド政権が内戦での圧倒的な優位を築き上げた陰で、難民らの犠牲が急増していたことが浮き彫りになった。

     イランには、母国の政情不安からアフガン人約250万人が生活している。

    2018/1/7 06:01
    共同通信
    https://this.kiji.is/322480419367240801

    【アフガニスタン難民ら2千人戦死 シリアでイラン側の義勇兵 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: すらいむ ★ 2017/12/28(木) 17:52:28.97 ID:CAP_USER9
    アフガンで連続爆発、40人死亡
    カプール

     アフガニスタンの首都カブールで自爆テロとみられる爆発が連続してあり、少なくとも40人が死亡した。

    共同通信 2017/12/28 17:48
    https://this.kiji.is/319034582858024033
    【アフガニスタンで自爆テロとみられる連続爆発、少なくとも40人死亡 首都カブール  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2017/12/13(水) 03:30:10.37 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3155140?cx_module=latest_top

    【12月12日 AFP】アフガニスタン軍が、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の同国北部への進出を食い止めるべく、大規模な軍事作戦を開始する予定であることが分かった。当局者が12日、明らかにした。

     アフガニスタン国防省のダウラット・ワジリ(Dawlat Waziri)報道官はAFPに対し、「北部サリプル(Sari Pul)州、ファリヤブ(Faryab)州、ジョズジャン(Jowzjan)州のダーイシュ(Daesh、ISのアラビア語名の略称)に対し、軍事作戦に乗り出すことを国防省は計画している」と語った。

     また、ワジリ氏は「ダーイッシュには外国人戦闘員が含まれていると把握しているが、国籍にかかわらず全員を排除する」と述べたものの、詳細については明かさなかった。

     AFPは10日、シリアからの到着組を含むフランスおよびアルジェリア国籍の戦闘員らがアフガニスタン北部のIS勢力に加わったと報道。同地ではIS戦闘員らが新たな拠点を構えたという。

     欧州およびアフガニスタンの消息筋はジョズジャン州ダルザブ(Darzab)地区に展開するISにフランス国籍の戦闘員が含まれていると認めており、戦闘員らがアフガニスタンおよびパキスタンにおけるISの分派を名乗る過激派組織「イスラム国ホラサン(Islamic State Khorasan、ISIS-K)」とつながりがある可能性も指摘している。(c)AFP

    2017年12月12日 23:23 発信地:カブール/アフガニスタン

    アフガニスタンのジャララバードにある警察本部で、報道陣に公開されたイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」およびアフガニスタンの旧支配勢力タリバンの戦闘員とみられる男性ら(2017年10月3日撮影、資料写真)。(c)AFP/NOORULLAH SHIRZADA
    no title


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513103410/

    【アフガニスタン軍、同国北部に進出のISに対し大規模な軍事作戦開始へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2017/12/11(月) 23:51:59.45 ID:CAP_USER9
     
      no title

    12月11日 21時24分

    中国とインド、それにロシアの外相がインドの首都、ニューデリーで会談し、治安の悪化に歯止めがかからないアフガニスタン情勢をめぐり、3か国が緊密に連携して関与を強めていくことを確認しました。

    インドを訪れている中国の王毅外相とロシアのラブロフ外相、それにインドのスワラジ外相は11日、首都ニューデリーで会談し、アフガニスタンをめぐる情勢などについて協議しました。

    アフガニスタンでは、反政府武装勢力のタリバンが攻勢を強めているほか、過激派組織IS=イスラミックステートの地域組織によるテロが相次ぎ、治安の悪化に歯止めがかかっていません。

    会談後、3か国の外相は共同声明を発表し、治安の改善を目指して現地の治安部隊の育成を支援することや、テロ組織の資金源となっている麻薬のアヘンの生産を撲滅するため対策を強化することを明らかにしました。そのうえで、「アフガニスタンの平和と安定には多国間の関わりが重要だ」として、3か国が緊密に連携してアフガニスタン情勢への関与を強めていくことを確認しました。

    一方、11日の会談では、核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮の問題についても話し合われ、緊張の緩和に向けて3か国が協力していくことで一致しました。

    NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171211/k10011255091000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513003919/

    【中印ロ外相 アフガニスタン情勢で緊密連携を確認 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    米空軍は25日までに、アフガニスタン内の反政府武装勢力タリバーンや過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の拠点に対する空爆の回数が今年10月激増し、用いた爆弾やミサイルなどは計653発と前年同月の203発の3倍以上に達したことを明らかにした。 

    アフガンを含む地域での作戦を仕切る空軍中央司令部が報告した。イラクやシリア両国内でISIS勢力の退潮が進んで支配地が縮小し続け、それだけ空爆の標的が減少していることなどを反映している。

    ISIS掃討作戦に出動させていた偵察用の小型無人飛行機(ドローン)やF22型戦闘機などの兵器に余裕が生まれ、アフガンへ回すことが出来るようになったことを意味する。

    アフガン軍事作戦などに絡み米空軍は2012年から使用した爆弾や兵器のデータ公表を始めていたが、653発はこれまでで過去最高の水準としている。12年当時、アフガン駐留米軍は10万人を超える規模だった。現在は約1万4000人。

    オバマ前大統領時代、米軍はISISや過激派アルカイダへの自由な攻撃は認められていたが、タリバーンに対しては特定の状況下のみとの制約があった。しかし、新たなアフガン戦略を打ち出したトランプ大統領はこの条件を取り外したという。

    アフガンで今年これまで実施された空爆回数はイラク、シリア両国内での総数の10%にも満たない。ただ、イラク、シリア両国で今年10月に投下された爆弾などの数は14年11月以降では最少だったという。

    CNN
    https://www.cnn.co.jp/m/world/35110943.html 
     

    【アフガンで米軍の空爆激増、10月の約3倍 ISIS退潮で兵器動員に余裕 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    アフガニスタン駐留米軍のニコルソン司令官は20日、首都カブールからビデオ回線を通じて記者会見し、反政府勢力タリバンが収入源とするアヘン精製工場10カ所を爆撃したと発表した。

     タリバンへの攻勢を強め、2年以内にアフガン政府の支配地域を現在の6割から8割以上に拡大すると表明した。

     ニコルソン司令官によると、アヘン工場を標的とした空爆はタリバンが強い勢力を保つ南部ヘルマンド州で実施され、アフガン治安部隊が2カ所、米軍機が8カ所を破壊した。アフガンでの軍事作戦では初めてステルス戦闘機F22が投入された。

     トランプ政権が8月に打ち出したアフガン安定化に向けた新戦略で、駐留米軍は現地の治安部隊から離れて作戦行動を取る権限を付与された。今回初めてその権限を行使したという。

     駐留米軍はこれまで、アフガン治安部隊の防衛などに軍事行動が制限されていた。だが、新しい権限はアフガン全土での攻撃作戦を可能にしたとされ、同司令官は「収入源を標的にするなど、従来とは異なる方法でタリバンに圧力を加えることができるようになった」と説明した。 

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112100711&g=int 【米軍、タリバン「収入源」を爆撃=政府支配地拡大へ―アフガン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    カプール
    アフガンニスタンの首都カブールのホテル前で16日、自爆テロが発生し、警察当局者によると警官8人を含む14人が死亡した。

     過激派組織「イスラム国」(IS)が系列メディアを通じ、犯行声明を出した。

     ホテルでは当時、北部バルフ州のヌール知事の支持者が集会を開いていた。アフガンではISがテロを繰り返す一方、10月中旬以降は反政府勢力タリバンによる治安施設などへの攻撃も激化している。 

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017111601274&g=int 【アフガン首都、自爆テロで14人死亡=ISが犯行声明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    アフガン ケシ栽培過去最大 タリバンの活発化懸念 
     
    no title


    アフガニスタンで、反政府武装勢力タリバンの資金源とされているケシの栽培面積とアヘンの生産量が過去最大となったことが国連などの調査でわかり、タリバンを活発化させかねないと懸念されています。
    国連の薬物犯罪事務所とアフガニスタン政府は15日、首都カブールで記者会見し、アフガニスタンで栽培されている麻薬のアヘンの原料、ケシについての年次報告を発表しました。

    それによりますと、ことし、ケシの栽培面積は推計で32万8000ヘクタールと去年より63%増加したほか、
    アヘンの生産量も推計で9000トンと去年より87%も増加し、いずれも1994年に統計を取り始めて以来、最大となりました。

    栽培面積が特に増えたのは、南部のヘルマンド州やカンダハル州など、反政府武装勢力タリバンの影響力が強く治安が悪化している地域で、収穫されたケシはタリバンの資金源になっていると指摘されています。

    国連は、こうした地域では政府の監視が及ばないうえ、太陽光パネルを利用した水利ポンプが導入されたことで生産性が高まっていると指摘しています。

    こうした状況について国連では、「アフガニスタンを不安定化させ、テログループを資金的に助長させるおそれがある」として、タリバンを活発化させかねないと懸念を示しています。

    NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171116/k10011225221000.html

    【アフガニスタン、ケシ栽培過去最大 タリバンの活発化懸念…特に増えたのはヘルマンド州やカンダハル州など 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
     
    no title
     
    北大西洋条約機構(NATO)のイエンス・ストルテンベルグ事務総長は7日、アフガニスタンの駐留部隊を約3000人増派すると明らかにした。

     ストルテンベルグ氏によると、アフガニスタンで訓練や支援任務を行うNATO駐留部隊はこれまでの約1万3000人から1万6000人に増える見込み。

     8日からベルギー・ブリュッセルで行われるNATOの国防理事会を前に、ストルテンベルグ氏は
    「アフガンスタンでのこう着状態を打破し、旧支配勢力タリバンが戦場で勝利することはないと明確なメッセージを送るため」NATO駐留部隊を増やすと述べた。
    その一方で戦闘任務には参加しないと明言した。

     首都カブールでは7日、テレビ局が武装集団による襲撃を受け、25人が死傷したばかり。

    【NATO、アフガンに訓練要員など3000人増派、1万6000人規模に 戦闘任務には参加せず 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル