かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: 自衛隊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/03/31(火) 23:39:37.77 ID:AZhanI8p9
    no title
     
    東シナ海の公海上で海上自衛隊の護衛艦「しまかぜ」と中国籍の漁船が衝突した事故で、中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官は31日、日本側に懸念を表明したことを明らかにした。事故が発生した海域は浙江省沖の「中国の近海」であり、「自衛隊の艦艇が関係海域で活動し、中国船舶の航行の安全に影響を与えた」としている。(北京 西見由章)

    2020.3.31 22:15
    産経新聞
    https://www.sankei.com/world/news/200331/wor2003310031-n1.html


    【【瀬取り監視】護衛艦と漁船の衝突で中国側が「懸念」表明 「中国近海、安全に影響」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 豆次郎 ★ 2020/03/30(月) 23:42:58.61 ID:1bQDP+Iu9
    しまかぜ
     
    海上自衛隊ホームページより

    2020年3月30日 23時21分

    30日夜、東シナ海で、海上自衛隊の護衛艦と中国の漁船が衝突しました。護衛艦の乗員と漁船の乗組員は無事とみられるということで、防衛省が情報収集を進めています。

    防衛省関係者によりますと、30日午後8時半ごろ、鹿児島県の屋久島の西およそ650キロの東シナ海の公海で、海上自衛隊の護衛艦「しまかぜ」と中国の漁船が衝突しました。

    護衛艦の乗員にけがはなく、搭載した小型ボートで近づいて直接確認したところ、漁船に乗っていた13人の乗組員も無事とみられるということです。

    護衛艦は航行可能で、左舷の後ろのほうに1mほどの穴があいているということで、防衛省が詳しい状況などについて情報収集を進めています。

    NHK
    【【速報】海上護衛艦と中国船が衝突】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV32,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/03/27(金)12:00:20 ID:???
    94D077F5-46C5-4386-A15C-D06163AA0466

    北朝鮮国営の朝鮮中央通信は24日に配信した論評で、日本が「潜水艦狩り軍艦」によって地域社会の懸念をさらに増幅させていると指摘した。

     「潜水艦狩り軍艦」とは、他国の潜水艦などの音響情報を収集する海上自衛隊の音響測定艦「あき」を指すとみられる。今年1月15日に進水式が行われた。

     同通信は、「アジア太平洋地域で米国に次ぐ海上武力を保有した日本は、今も相変わらず周辺の脅威にかこつけて制海権の強化に拍車をかけている」と指摘した。

     また、「新しく進水した『潜水艦狩り軍艦』が収集した資料を米国が構築した海底監視網に提供し、中国と領有権紛争のある水域に近い基地に配備されるという見通しは、地域社会の懸念をさらに増幅させている」と述べた。

     さらに、「こんにち、島国でしばしば響き出る『中国の潜在的脅威』論は耳障りに聞こえていた『北朝鮮脅威』説に続いて、自国の軍事力増強を弁護する決まり文句になっている状況である」と主張した。

    (以下略)

    夕刊フジ 3月26日
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200326/for2003260005-n1.html

    ■関連記事
    21年に防衛省に引き渡される日本の「音響測定艦」は「ヒツジの皮を被った狼だ」=中国 ― サーチナ (2020/01/18)
    http://news.searchina.net/id/1686116?page=1
    【【ビビる北朝鮮】「潜水艦狩り軍艦が地域社会の懸念を増幅」 北朝鮮、日本をけん制】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/03/20(金) 19:50:17.65 ID:CAP_USER
     kp250
    北朝鮮国営の朝鮮中央通信は18日、日本の航空自衛隊が地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の機動展開訓練を行ったことを非難する論評を配信した。

    航空自衛隊は5日、兵庫県伊丹市PAC3の機動展開訓練を行い、報道陣に公開した。
    北朝鮮による弾道ミサイル発射などに備えて各地で行う訓練の一環で、関西地方で実施されるのは初めてだという。

    論評はこれに対して「日々、エスカレートする日本反動層の無分別な軍事的ヒステリーは、
    根深い軍国主義野望をなんとしても実現しようとする露骨な妄動である」と非難した。

    また、「日本がわれわれの自衛的行動に対して、『日本と地域の平和と安全に対する脅威である』
    『国際社会全体にとっても深刻な課題になる』と悪辣に騒ぎ立てるのは、自国へ注がれる国際社会の糾弾と警戒の視線をよそにそらそうとする
    ずる賢い術数である」と述べた。

    そのうえで、「日本の反動層は、軍国主義野望を捨てないなら列島が永遠の敗戦状態にあるだろうと言った
    自国の専門家らの警告を銘記すべきである」と強調した。

    Daily NK
    https://dailynk.jp/archives/130298

    【【自衛隊訓練】 北朝鮮が非難 「平和と安全への脅威」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: シャチ ★ 2020/03/19(木) 17:55:20.46 ID:SSFFg/BJ9
     海上自衛隊の新型イージス艦「まや」(全長170メートル、基準排水量8200トン)が19日午前、就役した。自衛隊の装備では初めて、仲間の艦艇や航空機と敵ミサイル・航空機情報をリアルタイムに共有する「共同交戦能力」(CEC)を搭載。中国軍機が日本周辺や太平洋方面への進出を強める中、日本の防空能力が向上する。

     同日、まやを建造した横浜市磯子区のジャパンマリンユナイテッド工場で引き渡し式があった。河野太郎防衛相は、中国や北朝鮮による軍事的脅威の増大に触れ、「本艦は総合ミサイル防空能力の担い手の役割を期待されている」と訓示。自衛艦旗が掲げられ、7隻目のイージス艦となった。乗員約300人で、中核部隊の第一護衛隊(海自横須賀基地)に配属された。

     初搭載したCECにより、敵戦闘機の接近やミサイル発射を自艦レーダーが探知しなくても、味方のレーダーがとらえれば即時に共有、迎撃できる。

     弾道ミサイル防衛(BMD)にも対応する。日米が共同開発した新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の発射能力を初めて持つ海自艦でもある。

     現段階で他の自衛隊装備はCECを備えていないため情報共有はできないが、来年春には同型の「はぐろ」が就役。航空自衛隊の早期警戒機「E2D」にもCEC付与が検討されている。将来的に米艦とも共有する可能性がある。

    3/19(木) 11:21配信産経新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-00000529-san-pol
    画像 海上自衛隊に引き渡されるイージス護衛艦「まや」=19日午前、横浜市磯子区のジャパンマリンユナイテッド横浜事業所磯子工場(本社ヘリから、宮崎瑞穂撮影)
    no title

    【【対中国、対北朝鮮】初の共同交戦能力、イージス艦「まや」就役 情報共有で防空能力向上】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/02/16(日) 15:24:32.31 ID:sAS//JMU9
    60F3D704-F63E-4D37-9A9B-51C3E5AF436F
     
    【速報】クルーズ船のアメリカ人帰国用に自衛隊がバス約20台を用意 羽田空港まで移送へ
    https://t.co/thR32iDcU8

    【【速報】クルーズ船のアメリカ人帰国用に自衛隊がバス約20台を用意 羽田空港まで移送へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV31,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/02/12(水)12:02:40 ID:Mpd
    DE6E0D0C-41EB-49E4-A898-AACA14A1394F

     防衛省が、北朝鮮の弾道ミサイルを電波で妨害できる装備の導入に着手することが11日、分かった。ミサイルと地上との電波の送受信を妨害することで地上からミサイルを捕捉できないようにして自爆に導いたり発射を抑止したりすることを目指す。
    令和2年度から研究を始め、5年程度で自衛隊に導入する方針で、現行の装備では不可能な発射直後の上昇段階でミサイルに対処できるようになる。

     北朝鮮が弾道ミサイルを発射する際、地上基地で航跡や機器の状態を捕捉できるようミサイルから情報を伝えるテレメトリーと呼ばれる電波が発せられる。ミサイルと基地の間を行き交う電波に強い電波を照射し、混信などを起こさせ送受信を遮断したり誤った信号を送らせたりすれば、位置が確認できなくなる。軌道を外れて中国に着弾することが最悪の事態で、その危険性を認識できなくすることで発射を抑止する。

     地上基地への電波送信や緊急時などに地上基地からの制御信号の受信が途絶えた場合、ミサイルを自爆させるプログラムが組まれているとも想定しており、電波妨害で自爆させる防御効果が期待できる。北朝鮮はミサイルの飛行データの収集も困難となり、発射に伴う能力向上に歯止めをかけることにもつながる。

     防衛省は装備の導入に向け2年度予算案で「対空電子戦装置の研究」に38億円を計上した。最初の目的として敵の陸・海上部隊への対処を念頭に置く陸上配備型の電波妨害装備をより遠方にいる敵航空機のレーダーを無力化できるようにするため参考品を取得する。

     参考品の装備は陸上自衛隊に置き、遠くまで強い電波を照射できるよう出力強化などの研究を行い、北朝鮮の弾道ミサイルも電波で妨害できるようにする。

    (略)


    産経web/2月11日
    https://www.sankei.com/politics/news/200211/plt2002110010-n1.html

    【【軍事】北朝鮮の弾道ミサイルを電波で妨害 防衛省が装備導入着手】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/02/10(月) 09:38:57.74 ID:CAP_USER
    4129DF51-B608-4F89-B786-E0EE2CB6716D
     
    日本政府が「日本版海兵隊」と呼ばれる陸上自衛隊の水陸機動団を当初計画した沖縄ではなく北海道に新設するとみられる。9日の産経新聞によると、防衛省は北海道内の陸上自衛隊駐屯地に水陸機動団の新設を検討している。約600人の規模で、2023年末までに立ち上げる方針という。

    水陸機動団は現在、長崎県佐世保市の相浦駐屯地に2個連隊2100人規模で編成されている。北海道に新設される場合、2番目の駐屯地となる。北海道には冷戦時代からソ連の攻撃などに対応するため陸上自衛隊の主力部隊が駐屯してきた。

    日本政府は水陸機動団の北海道新設をめぐり頭を悩ませてきたという。この部隊の創設目標は日本の本土から遠く離れた離島の防衛、特にその中でも中国と領有権の問題がある尖閣諸島(中国名・釣魚島)に傍点を打つ。ところが部隊名のように機動性が重要であるにもかかわらず、最も近い沖縄ではなく最も遠い北海道を駐屯地にしたのだ。

    これをめぐり一部では、日本が中国と外交的な摩擦を避けるための措置という見方もある。韓南大国防戦略大学院のヤン・ウク兼任教授は「日本政府が中国を配慮するレベルで沖縄配置をあきらめたのかもしれない」とし「韓国の立場では東海(トンヘ、日本名・日本海)の向こう側に上陸兵力が配置されるという点で気に掛かる戦力が増えるということでもある」と述べた。

    当初、日米間では水陸機動団の沖縄配置に合意していた。2017年には在日米海兵隊司令官が沖縄米軍基地内に水陸機動団1個連隊を新設すると公言した。しかしその後、沖縄駐留の米海兵隊の一部をグアムに移転するという当初の計画が延期され、自衛隊に譲る場所がなくなった。

    日本政府は沖縄県内に自衛隊駐屯地の新設を検討したが、これもうまくいかなかった。沖縄住民と米軍基地移設問題で対立した状況で新しい部隊の設置案を取り上げる場合、政治的な負担が倍増するからだ。

    結局、代案として浮上したのが北海道だった。産経新聞によると、北海道には浜大樹訓練場など上陸訓練ができる施設があり、何よりも住民の反発が少ないという点で新設駐屯地に挙がった。自衛隊関係者は産経新聞に「周辺国の抑止効果のためにも訓練を重ねて能力を高めることが不可欠」と話した。

    しかし訓練の観点でも沖縄が依然として最適地だ。世界最強の米海兵隊との頻繁な連合訓練を通じて実戦感覚を向上させることができるからだ。AAV7水陸両用車、オスプレイ垂直離着陸機など水陸機動団の核心装備を米軍と一体化させた理由も、こうした連合訓練効果を最大化させ、今後の共同対応まで念頭に置いたものだった。

    水陸機動団を北海道に配置すれば機動性も期待しにくい。尖閣諸島から2500キロ以上も離れているからだ。防衛省は危機状況が発生すれば、まずは長崎の水陸機動団を第1陣として派遣した後、北海道の兵力を増派する計画だ。

    中央日報 2020.02.10 08:03
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/262359?servcode=A00&sectcode=A00

    【【韓国報道】日本海を挟んで北海道に「日本版海兵隊」新設計画「気に掛かる戦力」水陸機動団を派遣し北海道の兵力を増派する計画】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/02/10(月) 20:58:09.44 ID:LOjDBDOu9
    47B611FD-FA8B-48A9-B0C5-E08A7E1092C6
     
    https://anonymous-post.mobi/archives/19543


    2月9日、中国軍用機H-6爆撃機4機がバシー海峡方面から飛来、沖縄本島と宮古島の間を通過して東シナ海へ飛行したことを確認、 #航空自衛隊 の #南西航空方面隊 の戦闘機を #緊急発進 させ対応しました。 pic.twitter.com/PUdHGZ8gto

    — 防衛省統合幕僚監部 (@jointstaffpa) February 9, 2020

    日本全国からマスクを何千万枚も、防護服を山ほど送った返礼が爆撃機飛来と尖閣界隈での領海侵入。これでもあちらの首領を国賓で招くのかしら。 https://t.co/2C4PdIrnn6

    — 有本 香 Kaori Arimoto (@arimoto_kaori) February 10, 2020



    (略)

    【【パヨクだんまり】日本からマスク・防護服を山ほど送った返礼に、中国から爆撃機飛来 沖縄本島と宮古島の間を通過 ネット「日本のメディアもっと報道しろよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/02/07(金) 10:48:34.02 ID:CAP_USER
     米国と日本が、韓半島有事の際に北朝鮮爆撃を担当する青森県三沢基地の近くで、今月4日に大規模な空中合同演習を実施した。米空軍が明らかにした。米軍は、正確な演習場所は明かさなかったが、演習時の写真を公開し、具体的な規模も公表した。

     今回の演習には、米空軍のB52戦略爆撃機とF16戦闘機、日本のF2、F4、F15戦闘機など合計およそ60機の軍用機が動員されたことが分かった。日本メディアは「北朝鮮と中国をけん制する目的があるとみられる」と報じた。

     米第8空軍のジェームス・ドーキンス少将は「今回の演習は、米空軍が世界的にわれわれの同盟を保障し、敵を阻止するための爆撃機運用の効率性と対応性を立証する目的があった」として「グローバルストライク能力を強化できるよいチャンスの提示」と語った。米日は毎年定期的に空中合同演習を行ってきた。だが、このように大規模な合同演習を行って、公開までするのは異例だ。日本メディアは「最近公開された演習の中では最大規模」と伝えた。

     韓国軍関係者は「かつて米国は、この程度の規模の演習を主に韓国軍と実施していた。マックスサンダー、ビジラント・エースが代表的」としつつ「2018年の米朝首脳会談以降、こうした演習が難しくなったことを受け、日本との演習に重きを置いている面がある」と語った。18年以降、米国はB52など戦略爆撃機を韓半島付近に展開することも控えてきた。韓国国防安保フォーラムのシン・ジョンウ専門研究委員は「9・19軍事合意で韓米合同演習がほとんど中断・縮小された状況で、米国が戦略爆撃機を動員した大規模空中演習を公開したのは、『北朝鮮に対する抑止力は変わらず維持されている』というメッセージを発信するためとみられる」と語った。

    梁昇植(ヤン・スンシク)記者

    朝鮮日報2020/02/07 10:00
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020020780015
    【【韓国報道】米国、B52など約60機動員…日本と大規模空中合同演習 韓国との訓練が難しくなるや、日本との訓練が増加】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/01/14(火) 22:01:11.23 ID:WpC74//G9
    D7A55423-8886-4A35-AB27-959352E1E20F

     
    https://anonymous-post.mobi/archives/18001


    災害派遣要請を受けて豚コレラに対処する自衛官を「作業員」と紹介する沖縄タイムス。
    利用するだけ利用しておいて自衛官をわざと紹介しない。これが『沖縄タイムス』です。自衛隊に対する憎悪むき出しです。これがまともな報道機関でしょうか。https://t.co/0GdI8y064y

    — KakikoSHOP (@shop_kakiko) January 9, 2020

    最後に申し訳程度に「早朝から県職員や自衛隊員」と入れています。それなら何度も「作業員」と書かず、自衛隊員と書くべきでしょ。県の要請で出動しているのに作業員はない。

    — KakikoSHOP (@shop_kakiko) January 10, 2020

    漏れる豚の鳴き声…沖縄・豚コレラ感染で殺処分 業者「涙を流しながら作業」

    県内で33年ぶりに豚コレラ感染が確認され、古くから沖縄の食文化を支えてきた養豚業に激震が走った。「頭の中が真っ白」と発生元の養豚場経営者。付近の農家は「何としても被害を食い止めるしかない」と語る。三枚肉やテビチ、ソーキと、豚肉は食卓に欠かせないだけに、関係者は感染拡大や風評被害に不安を募らせている。

     「白い防護服にマスク、手袋、長靴を身に着けた作業員が次々に現場に入っていく。豚コレラの感染が判明したうるま市内の養豚場。豚の殺処分に向けた作業は8日早朝から始まり、夜遅くまで続いた。午後11時ごろには、死んだ豚約20頭を乗せた第1陣のトラックが、市内の別の場所にある埋却地に到着した。

     養豚場から約300メートルの所には規制線が張られた。農場主の男性(59)が訪れたのは午前7時半ごろ。「なぜ感染したのか分からない」と痛々しい様子で語り、「元気な豚も殺処分しなければならないとすればつらい。頭の中が真っ白」とぼうぜんとしていた。

    https://topics.smt.docomo.ne.jp/amp/article/okinawa/region/okinawa-20200109075800?fm=twitter&__twitter_impression=true

    #沖縄タイムス #自衛隊 #第15旅団
    全くひどい話です
    ANNニュース動画で防護服を着た人の背中には
    「陸上自衛隊第15旅団」としっかり書いてある。
    なぜ「作業員」などと表現するのか?
    まともな報道機関でない事は分かっているが
    嘘とねつ造の朝日新聞と同じレベルhttps://t.co/NOLuBBOVOm

    — 鋼鉄の虎 (@Pzkw_VI_Ausf_E) January 11, 2020

    災害派遣の自衛隊に感謝の気持ちがないのか💢💢💨❗沖縄タイムズ https://t.co/vbZs08rewm

    — 高須克弥 (@katsuyatakasu) January 14, 2020


    (略)

    【【パヨク】災害派遣要請を受けて豚コレラに対処する自衛官を『作業員』と紹介する沖縄タイムス ネット「憎悪むき出し」「活動家の機関紙】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/01/14(火) 18:43:44.71 ID:BTR6bv3b9
    7B657C91-651D-4FC4-BFCA-B4673DAD6027
     
     陸上自衛官の身分証明書を偽造したとして、警視庁公安部は14日、有印公文書偽造の疑いで東京都台東区、中国籍の留学生王詩超容疑者(23)を逮捕した。公安部によると、王容疑者の顔写真が貼られていたが、「小笠原謙」「陸曹長」と記され、陸上幕僚長の公印を示すものや指紋、ICチップが偽造されていた。

     王容疑者は、会員制交流サイト(SNS)で知り合った中国人に約1800円相当で作製を依頼し、中国で受領。中国内のサバイバルゲームやコスプレ大会で使用したという。

     「成り済ます目的も事実もない」と供述。公安部は作製の経緯や悪用されていないかどうか調べている。

    2020/1/14 18:36 (JST)
    https://this.kiji.is/589750276096525409

    【【中国スパイ】陸上自衛官の身分証偽造容疑、中国籍の留学生(23)逮捕 「陸曹長」と記載、幕僚長の公印や指紋、ICチップ偽造 コスプレ大会で使用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/01/12(日) 21:25:42.14 ID:7S9Xq8Hu9

    【【パヨク発狂】「日本の組織・団体で信用できるのは?」→1位:自衛隊 60% 「信用できないのは?」→マスコミと国会議員が46%で同率1位】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: スタス ★ 2020/01/07(火) 13:33:56.02 ID:H2Ha7Abc9
    no title
     
    2020/1/06

    このポスター、おかしい。

    自衛官は、国民を守るために存在するのではないのか?

    国家を守るために自衛官がいるなら、国家のために国民に銃を向けることもあるという事になる。

    そんな自衛隊なら、私は支持しない。

    https://twitter.com/kazumyagu2018/status/1214154214793854977?s=19@kazumyagu2018

    【【パヨク発狂】自衛隊募集ポスター「国家を守る」がヤバイと話題に 国民は…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マスク着用のお願い ★ 2020/01/05(日) 17:02:34.40 ID:177Zgo8d9
    B9848C6A-CD19-4650-B11A-55BE6D86E2E0

    「航空宇宙自衛隊」に改称調整 政府、中ロ軍拡に対応

    政府は、航空自衛隊を「航空宇宙自衛隊」に改称する方向で調整に入った。中国やロシアが宇宙空間の軍事利用を拡大させている中、自衛隊としても人工衛星の防護など宇宙空間での防衛力強化方針を明確にする必要があると判断した。自衛隊法などの改正を経て、2023年度までの実現を目指す。陸海空の3自衛隊の改称は、1954年の自衛隊創設以来初となる。

     宇宙空間の軍事利用を巡っては、中ロが、人工衛星に接近し攻撃する「キラー衛星」のほか、衛星との通信を妨害する装置を開発しているとされる。米国も昨年12月、宇宙軍を発足させた。

     防衛省は20年度、空自に「宇宙作戦隊」を新設する。

    2020/1/5 16:14 1/5 16:57 updated 共同通信

    【【航空自衛隊】日本政府、「航空宇宙自衛隊」に改称調整】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガーディス ★ 2019/12/30(月) 09:56:42.27 ID:F0M4DTPf9
    1C8A8D1C-D9BD-4653-BB39-AF297797425E
     
    海上自衛隊ホームページより

     海上自衛隊の護衛艦と哨戒機が派遣されることになった中東海域。10月、ペルシャ湾であった国際訓練に参加した海自の艦艇2隻が、ホルムズ海峡付近を航行中にイランの革命防衛隊とみられる船から短時間、追尾を受けていたことがわかった。海自艦艇であることを伝えると、離れていったという。

    複数の政府関係者が明らかにした。付近では6月、日本の海運会社が運航するタンカーなど2隻が攻撃を受け、自衛隊の中東派遣のきっかけとなったが、12月27日に閣議決定された海自の活動地域からホルムズ海峡は外されている。周辺情勢が依然として予断を許さない状況であることも、活動範囲から外した一因になったとみられる。

     防衛省によると、海自掃海母艦「ぶんご」と掃海艇「たかしま」が10月下旬から11月中旬、ペルシャ湾内のバーレーン周辺海域で、機雷の掃海や潜水作業の要領を確認する米国主催の国際海上訓練に参加した。同訓練は2012年から開催されており、今年で6回目で、海自は初回から参加している。防衛省幹部は「訓練参加が主目的だったが、今回の中東派遣をにらんでホルムズ海峡周辺の偵察も兼ねていた」と打ち明ける。

     政府関係者によると、2隻は訓練参加前の10月23日から25日の間、オマーン湾からペルシャ湾に向けてホルムズ海峡付近を航行中に、1隻の船から短時間、追尾を受け、所属や航行の目的について問い合わせを受けた。海自側が「我々は日本の海上自衛隊の艦艇だ。国際訓練に参加するために来た」などと伝えたところ、離れていった。船の様子ややりとりなどからイランの革命防衛隊とみられるという。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASMDT3JQGMDTULZU008.html?iref=sp_new_news_list_n

    【【中東】イラン革命防衛隊か、国際訓練に参加中の海自艦を追尾 ホルムズ海峡周辺で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2019/12/21(土) 07:44:20.69 ID:8MLzKj2E9
    no title


    政府は12月20日、過去最大の5兆3133億円に及ぶ2020年度防衛予算案(米軍再編経費を含む)を閣議決定した。アメリカのトランプ政権が2017年12月に策定した国家安全保障戦略と、安倍政権が2018年12月に策定した防衛計画の大綱に基づき、宇宙、サイバー、電子戦といった新たな領域での能力強化を打ち出している。

    ●概算要求の満額が認められる

    防衛予算の中で注目されるのが、ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」に、短距離離陸と垂直着陸が可能な最新鋭ステルス戦闘機F35Bを搭載できるよう、改修費の予算31億円が初めて付けられたことだ。今年8月の概算要求の満額が認められた格好だ。


    海上自衛隊史上最大の艦艇である護衛艦「いずも」(全長248メートル、全幅38メートル、高さ49メートル、基準排水量1万9550トン)にF35Bを発着艦させるための部分改修費として、31億円は安すぎないか。8月の概算要求の取材の際に、筆者は率直にそう思った。2018年2月に実際に「いずも」に搭乗し、乗組員たちを取材した際、飛行甲板の耐熱処理にはかなりの費用がかかると聞いていたからだった。ただ、その一方、飛行甲板と格納庫を上下につなぐ航空機運搬エレベーターの大きさや耐重量の仕様は、将来のF35B搭載を想定して設計製造されているのが、その当時からもうかがえた。

    ●「いずも」はすでに空母化

    国内メディアは、これで「いずも」が空母化すると話題にしている。しかし、これは国際基準でみればおかしい。筆者が東京特派員を務める英国の軍事専門誌ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリーでは、従来から「いずも」を、「ひゅうが」「いせ」「かが」と同じ「ヘリコプター空母」とみなしている。ジェーンズが発行する「Jane's Fighting Ships」は世界の海軍の国際基準になっているから、こちらが世界の常識だ。「いずも」はすでにヘリ空母であり、「空母化」されているのだ。それでも、あえていえば、今回の予算措置で、「ヘリ空母」かられっきとした正真正銘の「空母」になるということだ。


    防衛省によると、いずもの改修としては、2020年度は飛行甲板の耐熱処理工事や誘導灯の設置などが予定されている。改修は、5年に一度実施される2019年度末からの定期検査を利用して行われる。2020年度にわたる定期検査中の1年間、部分改修を実施するという。

    海上幕僚監部広報室は「特殊な塗装などによる甲板の耐熱強化や電源設備の設置など、F35B搭載に向け、最低限の改修を行う」と説明する。

    「いずも」の2020年度に続く次回の大規模な定期検査は、5年後の2024年度末から始まる。海上自衛隊はその機会をとらえて、F35Bの発着艦を可能にするため、「いずも」の2回目の残りの大改修を行う予定だ。ただし、この2回目の改修の具体的な内容は明らかにされていない。

    さらに、いずも型護衛艦の残りの一隻である「かが」は、2021年度末から5年に一度の大規模な定期検査に入る。これを機に、かがはF35B搭載に向け、大規模な改修を行う予定だ。いずもの改修と違い、かがは一回こっきりの大規模な改修になる。

    防衛省は、いずも型護衛艦「いずも」と「かが」に搭載するF35Bの6機の取得費として2020年度予算で793億円を確保した。このほか、整備用器材費などF35B関連費用として235億円を得た。防衛省によると、F35Bは2024年度に調達される予定だが、国内配備先はまだ決まっていないという。


    防衛省当局者は「(F35Bの)取得までに5年かかる。令和2(2020)年度予算に計上すると、モノがオンハンドされる(手元に届く)のが令和6(2024)年度になる。パイロットは、それから訓練開始となる」「いずれにせよ、日本にF35Bが届くのは令和6年度になる。部隊養成をしていくのはそれ以降になる。しばらく先の話になる」と述べた。

    高橋浩祐 | 国際ジャーナリスト


    12/20(金) 15:16
    https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashikosuke/20191220-00155710/

    【【防衛省】護衛艦「いずも」、正真正銘の空母へ。F35Bの発着艦に必要な改修費31億円を計上 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/12/16(月) 19:12:35.79 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は16日に出した論評で、日本が海上自衛隊を中東に派遣することに関連し、河野太郎防衛相が自衛隊派遣の正当性を力説しながら、諸外国の支持と理解を懇願して回ったとし、「日本が海外侵略の野望実現のため狂奔している」と主張した。

    また日本がシーレーン(海上交通路)の安全確保に寄与することを名目に自衛隊を派遣することについて、日本に対する国際社会の警戒心を緩めさせ、海外派遣を定例化しようとするものと非難した。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191216002800882?section=nk/index
    聯合ニュース 2019.12.16 17:24

    no title

    海上自衛隊の護衛艦(資料写真)

    【【韓国報道】北朝鮮 自衛隊中東派遣は「侵略の野望」=日本を非難 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2019/12/14(土) 14:45:06.66 ID:H72n6Hv+9
     陸上イージス1
    https://anonymous-post.mobi/archives/16861
    そこまでして「対米追従」か

    これほど阿武町を追い込むイージス・アショアは、どのように導入が決まったのだろうか。

    2015年、防衛省はミサイル防衛対応のイージス護衛艦を4隻から8隻に倍増させることを決め、現在、7隻目と8隻目の建造を進めている。日米で共同開発中の新型迎撃ミサイルの性能向上もあって、ミサイル防衛はイージス護衛艦の追加で十分というのが防衛省の判断だった。

    しかし、安倍晋三首相は2017年2月にあったトランプ米大統領との首脳会談で米国製品の大量購入を求められ、この後の首脳会談でも毎回、米国製武器の「爆買い」を迫られて応じたのがイージス・アショアの導入であり、F35戦闘機105機の追加購入だ。

    つまり、イージス・アショアの導入は、安倍政権の延命策でもある対米追従のためだったのである。

    防衛上の理由からではなく、政権維持のために、阿武町の人々の努力を国がちゃぶ台返しする。そんな理不尽があっていいはずがない。
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69199?page=5

    半田 滋
    1955年(昭和30)年生まれ。下野新聞社を経て、91年中日新聞社入社、東京新聞論説兼編集委員。獨協大学非常勤講師。92年より防衛庁取材を担当している。2007年、東京新聞・中日新聞連載の「新防人考」で第13回平和・協同ジャーナリスト基金賞(大賞)を受賞。著書に、「零戦パイロットからの遺言-原田要が空から見た戦争」(講談社)、「日本は戦争をするのか-集団的自衛権と自衛隊」(岩波新書)、「僕たちの国の自衛隊に21の質問」(講談社)などがある。



    東京新聞の半田滋さんのイージスアショアの記事、「ミサイル防衛はイージス護衛艦の追加で十分というのが防衛省の判断だった。」「米国製武器の「爆買い」を迫られて応じたのがイージス・アショアの導入であり、F35戦闘機105機の追加購入だ。」という部分は嘘ですね。https://t.co/ad6Q3S3IKV pic.twitter.com/sL2GfaR5q2

    — JSF (@rockfish31) December 14, 2019

    防衛省はトランプ大統領が就任する2017年1月より前から「THAADかイージスアショアかどちらか買おう」という方針だったので、イージス艦の追加で十分だなんて全く思っていなかった。例えばソースは2016年10月17日のロイター通信の記事。 https://t.co/ihlJC6bvun

    — JSF (@rockfish31) December 14, 2019

    そしてF-35戦闘機約100機購入の計画は古くは2014年には方針が固まったと日経新聞が報じていた案件です。2017年に誕生したトランプ政権に売り込まれたという主張は時系列を無視しているわけで、そろそろいい加減に気付いてほしい。 https://t.co/xkuGeNBt4k

    — JSF (@rockfish31) December 14, 2019

    そもそもイージス艦の追加といってもDDG(広域防空艦)の定数8隻になるだけだから、防衛省からすれば増えたという認識が無いと思うのだけど。イージス艦が6隻から8隻に増えるのは昔から決まっていた事で当然、弾道ミサイル防衛とは無関係。そういう認識ですよおそらく。

    — JSF (@rockfish31) December 14, 2019

    JSF
    2013年1月からYahooニュース個人に参加しました。北朝鮮の弾道ミサイルや日米のミサイル防衛、軍事用ドローンなどを得意分野に、ニュースで話題の軍事関連を中心に解説しています。Twitter再開は2018年3月3日から。
    https://news.yahoo.co.jp/byline/obiekt/

    【【パヨク】東京新聞論説委員・半田滋「そこまでして『対米追従』か」の記事 →有名軍事ブロガー「嘘ですね」と理路整然と論破 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2019/12/13(金) 19:27:40.14 ID:Ap9kpA+79
    CC896795-2AC0-4F52-9CC7-0DA8D18A7698


    [東京 13日 ロイター] - 航空自衛隊の次期戦闘機計画を巡り、英国が共同開発の有力候補に浮上していることがわかった。自国軍向けの開発計画をすでに発表している英国が、日本と協力しようと秋波を送っており、米国以外とも安全保障面の関係を強化したい日本は関心を強めている。

    <英国「テンペスト」計画>

    日本は、退役が近づく「F2」戦闘機の後継機を2030年代から配備したい考え。複数の関係者によると、日本は米国以外との共同開発を選択肢として模索している。

    約5万人の兵士と空母打撃群が駐留する米国との同盟が、日本の防衛政策の柱であることに変わりない。しかし、中国が軍事力を急速に高める中、日本は他の友好国とも軍事協力を強めようとしており、英国はその筆頭に位置する。

    一方、空軍の次期戦闘機「テンペスト」を計画する英国は、コスト面で現実的な開発計画を取りまとめるため、2020年末をめどに、負担を共有できるパートナー国を探している。

    関係者によると、英国は日本に対し、戦闘機の中身であるシステムや電子機器の共同開発を提案。開発した技術の知的財産権を活用するのに制限を設けず、機体やエンジンも日本が自由に設計できる。

    「英国の提案に対する関心が高まっている」と、日本側の関係者は話す。

    関係者によると、英空軍で装備調達を担当するダニエル・ストール准将は今年後半だけで3回来日。11月中旬には、千葉県幕張で開かれた日本初の本格的な防衛装備展示会「DSEI」に参加した。

    討論会に登壇したストール准将は「自衛隊と英軍は多くの類似点があるが、中でも大きいのは、米軍との相互運用性を完全に確保する必要があることだ」と指摘。英国と組めば、日米英の3カ国が求める戦闘能力を作ることができると訴えた。

    テンペストの開発を主導するBAEシステムズ<BAES.L>も、数週間おきに日英を行き来しストール准将の動きを補佐している。BAEはDSEIにテンペストの模型を展示した。

    <米国勢も名乗り>

    自国の防衛を米国に依存する日本は、兵器の多くも米国から調達してきた。F2後継機で英国と協力すれば、主要装備の開発で日本が米国以外と手を組む初の事例となる。

    日本が30年前に米国とF2を共同開発した際は、仕事量の4割を米国に保証することとなった。米国は戦闘能力を左右する基本ソフトウエア(ソースコード)も日本に供与しなかった。

    F2後継機の開発には各国が強い関心を寄せており、米国はロッキード・マーチン<LMT.N>とボーイング<BA.N>が、英国はBAEが防衛省に提案を出した。米ノースロップ・グラマン<NOC.N>も参画に意欲を示している。

    (編集:久保信博)

    12/13(金) 12:42配信  ロイター
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-00000061-reut-asia

    【【日英同盟】空自のF2後継機、英国が共同開発の有力候補に浮上=関係者 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル