かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: 自衛隊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 夜のけいちゃん ★ 2020/07/12(日) 05:40:31.38 ID:KXG0XHjQ9
    08448C10-4A12-4A7F-A563-6040B3D2B607
     
    2020/7/12 05:10 (JST)

     河野太郎防衛相は11日、日本最東端の南鳥島(東京都小笠原村)を救難飛行艇「US2」で訪問し、海上自衛隊員の活動状況を視察した。記者団に「中国の艦艇や飛行機が活発に進出してくる中で、太平洋の安全保障を真剣に考えなければならない」と強調した。

     南鳥島は本州から約1800キロ離れた約1.5平方キロの島で、海自は航空派遣隊十数人を置いている。河野氏は周辺にレアアース(希土類)の海底資源があることに触れ「日本の権益をしっかり守るための拠点として非常に重要だ」と述べた。視察には山村浩海上幕僚長が同行した。

     防衛相の南鳥島訪問は2014年の小野寺五典氏以来となる。

    共同通信
    https://this.kiji.is/654776879730984033

    【【河野防衛相】南鳥島視察 中国の太平洋進出を警戒】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/07/11(土) 14:46:41.12 ID:cJ64S4Zb9
    E25D930B-13AB-4E44-B50F-F93B61C5D6BE
     
    https://sn-jp.com/archives/2186
    さいとう和子さんのツイート

    とうとう、オスプレイが木更津に着陸しました。

    千葉県全域で、オスプレイ配備撤回!訓練は許さないの声をあげましょう!!

    やはり、独特の音でした。

    #どこの空にもオスプレイはいらない

    (略)

    ネット上のコメント

    ・危険なオスプレイは、来なくていいです!東京湾に落ちます!

    ・車のが危険やで

    ・オスプレイが必要なくなるように、中国が周辺諸国や海域を犯さないよう活動して下さい。

    ・配備反対の理由は?

    ・ローター音聞けるかと思って期待してみれば・・・批判の声しか聞こえないという・・・独特の音とやら聞かせてくれよ

    ・雨で飛行しなかったのはなぜなんだ?

    ・うちの上も飛びます。普通にカッコイイですよ。

    【【パヨク】さいとう和子「とうとうオスプレイが木更津に着陸。配備撤回の声をあげましょう!」 ネット「中国が武装放棄するように活動して」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガーディス ★ 2020/07/08(水) 15:32:27.57 ID:cR6Bq1R29
    no title
     
    航空自衛隊のF2戦闘機の後継となる次期戦闘機を、防衛省は、2031年度に量産を開始する方針で、同盟国・アメリカや、日本と同様に新たな戦闘機の開発を進めているイギリスから、どのような形で協力を得るか、調整を加速化させることにしています。

    航空自衛隊のF2戦闘機が、2035年ごろから退役するのに合わせて、政府は、後継となる高いステルス性を備えた次期戦闘機を、日本主導で国際協力を視野に開発することにしています。

    防衛省は、試作機を2024年度から製造を始め、2031年度に量産を開始する案を検討していて、今月中にも、国内の開発体制の方針を示し、年内にも、機体の開発を担当する企業を選定したい考えです。

    一方、国際協力については、年内に基本的な枠組みを決めたいとしていて、アメリカやイギリスと、それぞれの国の企業も交えた協議を進めています。

    アメリカは同盟国で、相互の連携能力を確保しやすくなる一方、イギリスは、日本と同様のスケジュールで新たな戦闘機の開発を進めていて、防衛省は、両国からどのような形で協力を得るか、調整を加速化させることにしています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200708/k10012502631000.html


    【【F2後継機】空自 次期戦闘機 2031年度に量産開始方針 米英と調整加速】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/06/25(木) 15:48:30.02 ID:CAP_USER
    kp250
     
    北朝鮮国営の朝鮮中央通信は24日、日本が航空自衛隊に「宇宙作戦隊」を発足させたことを非難する論評を配信した。

    宇宙領域の専門部隊となる「宇宙作戦隊」は、日本が打ち上げた人工衛星を守るため、宇宙ごみ(スペースデブリ)や不審な人工衛星を監視する。
    また、防衛省は電磁波を使って他国の衛星の通信を妨げる装備の開発を掲げている。

    論評は、こうした動きに対して「宇宙軍事化を促して再侵略の準備を完結しようとする腹黒い下心の発露である」と非難した。

    また、「地上と海上でのように宇宙領域でも無視できない絶対的地位を占めて再侵略野望の実現の有利な軍事的形勢を醸成する一方、
    軍備競争をいっそうあおり立てて軍国化策動の持続的な口実を設けようとすることである」と指摘した。

    続けて、「防衛相の河野はアジア太平洋地域の諸大国と深刻な政治的・軍事的摩擦を起こしている
    目上の同盟国の肩を持つ『米国の衛星が攻撃を受ける場合、集団的自衛権行使の対象になりかねない』という妄言を吐いて、
    周辺諸国と宇宙空間でも対決する腹黒い下心を露骨にほのめかした」と述べた。

    そのうえで、「国際社会は、神聖な宇宙空間まで戦争の活躍舞台にしようとする戦犯国の策動を絶対に許さないであろう」と強調した。

    https://news.biglobe.ne.jp/international/0625/dnj_200625_1270765531.html

    【【今頃?】 北朝鮮、航空自衛隊・宇宙作戦隊を非難 「戦犯国の策動を許さない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マスク着用のお願い ★ 2020/06/20(土) 14:32:02.01 ID:2W5fNaV79
    cn250

    中国の潜水艦か、奄美沖の接続水域を潜航 自衛隊が警戒

     防衛省は20日、奄美大島(鹿児島県)沖の日本の接続水域を18日午後、他国の潜水艦が潜航したと発表した。国籍は公表していないが、政府関係者によると中国海軍のものとみられる。自衛隊の護衛艦などが警戒を続け、20日午前には接続水域の外に出ていることを確認ている。

    同省が接続水域での他国の潜水艦の潜航について発表するのは、中国海軍の潜水艦による沖縄・尖閣諸島沖での潜航が初めて確認された2018年1月以来、2年半ぶり。

     発表によると、自衛隊の護衛艦や哨戒機が18日午後、奄美大島の北東の接続水域で、西向きに潜航する潜水艦を確認。20日午前は、横当島(鹿児島県)の西の接続水域の外を西に向かっており、自衛隊の護衛艦や哨戒機が追尾して警戒を続けている。

     国際法上、潜水艦が他国の領海内を通るときは海面まで浮上し、国旗を掲げねばならないが、接続水域では潜航が認められている。ただ、政府関係者によると今回は、領海にかなり近い場所も通っており、「中国の海洋進出の一環で、日本側に揺さぶりをかける狙いの可能性もある」(同関係者)という。

     接続水域は領海の外側12カイリ(約22キロ)の海域。防衛省は、潜水艦の動向を把握する能力を他国に悟られぬよう、他国の潜水艦について、把握しても発表していないケースもあるとみられる。(伊藤嘉孝)


    2020/6/20 14:16
    朝日新聞
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASN6N4K1FN6NUTIL00D.html?iref=sp_new_news_list_n  
     
    【【朝日新聞】中国の潜水艦か、奄美沖の接続水域を潜航 自衛隊が警戒】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/06/15(月) 17:39:20.09 ID:F2RxGFAT9
    313D3344-8F6C-4619-928F-433BA86F201E
     
    新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の山口県と秋田県への配備計画をめぐり、河野防衛大臣は、15日午後5時半すぎ、防衛省で記者団に対し、コストや技術的な問題を考えて計画を停止する考えを表明にしました。

    2020年6月15日 17時37分
    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200615/k10012471181000.html

    【【河野防衛相】「イージス・アショア」 山口県と秋田県への配備計画停止を表明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 納豆パスタ ★ 2020/06/12(金) 08:27:51.02 ID:yF5f2x/b9
    対艦用二重貫通弾頭「シーバスター弾頭」の目的と構造
    yahoo JSF | 軍事ブロガー6/11(木) 3:08
    https://news.yahoo.co.jp/byline/obiekt/20200611-00182743/

    no title

    防衛装備庁陸上装備研究所広報ビデオより著者キャプチャ「シーバスター弾頭」

     日本自衛隊は対艦ミサイル用の「シーバスター弾頭」を開発中です。
    これは先駆弾頭(成形炸薬)と主弾頭(徹甲榴弾)で構成される二重貫通弾頭で、
    対地用のバンカーバスターならば既に他国に開発装備事例がありますが、
    対艦用では他に例が見当たらず、対艦ミサイル用に量産配備された場合は世界初となります。

     二重貫通弾頭は着弾時に先駆弾頭(成形炸薬)が起爆して形成されるメタルジェットで穴を穿ち、
    その穴に後続の主弾頭(徹甲榴弾)が押し入ることで貫通します。
    この構成は速度の遅い亜音速の巡航ミサイル/対艦ミサイルや低高度から投下された爆弾にも
    貫通力を付与できるのが利点ですが、
    逆に言えば高速の超音速ミサイルには採用する必要があまりありません。

    ●二重貫通弾頭 対艦用と対地用の違い

    no title

    防衛装備庁動画よりキャプチャ画像 先進対艦弾頭「シーバスター」カット模型
    no title

    アメリカ軍資料より滑空爆弾AGM-154C「JSOW」の内部図解

     同じ二重貫通弾頭でも対艦用と対地用では構造が大きく違うことが分かります。
    対艦用のシーバスターは先駆弾頭となる成形炸薬は
    小さく薄くライナー(薄い金属製のコーン、爆発後にメタルジェットになる)の角度も浅く、
    主弾頭は太短くなっています。
    一方で対地用のJSOWは成形炸薬は大きく長いのでライナーの角度は深く、主弾頭は細長くなっています。

     この構造から対艦用のシーバスター弾頭はあまり深く貫通することを狙っていないことが分かります。
    船体の奥にある機関部や弾薬庫まで到達するのではなく、
    装甲化された飛行甲板を確実に貫通して直ぐ下の格納庫で起爆するように信管を調整していると考えられます。
    つまり狙いは空母や揚陸艦の搭載機や揚陸装備を破壊して無力化することであって、撃沈することではありません。

     そもそも船体は数多くの隔壁があり、空間装甲として機能します。
    成形炸薬が形成するメタルジェットは空間装甲に当たると急速に威力を減少させていくので、
    複数の隔壁を貫通することが可能な成形炸薬は直径があまりに巨大なものとなります。
    また逆に貫通させすぎると船体を通り過ぎて海に出てしまい、
    主弾頭が船体外部で起爆してしまっては意味がありません。
    その為、成形炸薬を先駆弾頭とした二重貫通弾頭は対艦攻撃用としては
    本来は相性が悪く対艦ミサイルに採用する国はありませんでした。

     日本が対艦用の二重貫通弾頭を開発するのは「飛行甲板さえ抜けばよい」ので小さな成形炸薬でも十分であり、
    主弾頭が格納庫まで到達して起爆するだけで構わないという割り切った目的だからなのでしょう。
    大型の空母は格納庫の上面が装甲化されており、
    亜音速の対艦ミサイルが低高度からホップアップして上面から突入して来た程度なら耐えてしまう恐れがあります。
    確実に抜くには若干の補助が必要と試算され、
    スペースをあまり取らない小さく薄い先駆弾頭が追加されたのだと考えられます。

    no title

    https://youtu.be/NJmCjYB1Hwo?t=532


    防衛装備庁陸上装備研究所広報ビデオ令和2年版(8分52秒からシーバスター弾頭の解説CG動画)

    関連
    クラスター爆弾の代替を目指す自衛隊の新型兵器「高密度EFP」
    https://news.yahoo.co.jp/byline/obiekt/20181116-00104179/

    【【自衛隊】世界初 空母甲板貫通爆弾「シーバスター弾頭」 対艦用二重貫通弾頭の目的と構造 運搬格納庫内の戦闘機と戦車を破壊】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 夜のけいちゃん ★ 2020/06/04(木) 07:11:47.50 ID:p+IGXJuU9
    6AB6A852-12DA-4E1D-9166-E3D3A815D221
     
    6/4(木) 5:57配信

     新型コロナに対応する医療従事者に敬意と感謝を示すため、航空自衛隊のブルーインパルスが5月29日、都心上空を飛行した。ブルーインパルスが東京上空を飛行するのは、2014年5月に行われた旧国立競技場の閉場イベント以来、6年ぶりのことだという。大多数の国民はこれを見て感激したが、中には批判的な声も……。

    <中略>

     これを見た立憲民主党の蓮舫議員は29日にTwitterで、

    《美しいと思います。SNS拡散、空を見上げて感動した方々も沢山。航空自衛隊のご努力にも感謝です。(以下略)》

     小池百合子都知事も同じ日にTwitterで、

    《ブルーインパルスが都心上空を飛行し、医療従事者への敬意と感謝を示した。東京の大きな青空を見上げ、心を一つに。#医療従事者にエールを》

     多くの日本人は拍手喝采した。
     ところが、タレントのラサール石井は30日に、Twitterでこうつぶやいたのである。

    《私はブルーインパルスが飛んでいる写真に萌える人が多いのは、空のおかげだと思う。凄い飛行技術には脱帽しますが、青空なしで、戦闘機だけが飛ぶのではさほど心は動かない。沖縄の空を爆音と共に飛ぶ姿はかなり嫌です。戦闘機を「カッコいい」と思う事はある。その気持ちを誰かに利用されない事だ。》

     映画監督の想田和弘氏も29日に、Twitterでこう批判的した。

    《これにかかる費用はいくらになるのでしょうか。医療機関や従事者の方々に経済的支援を手厚くした方が、よほど敬意と感謝を示せるように思うのですが。》

     安倍政権を嫌う人には評判が悪いようなのだ。

    (略)

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d76bbe2bf201007617d96e83c96cc824c88622f7

    【【パヨクだから】ブルーインパルスの“感謝飛行”で自衛隊不信を口にする人々の心理とは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/06/03(水) 17:59:38.30 ID:gyCxf4Op9
    6AB6A852-12DA-4E1D-9166-E3D3A815D221
     
    https://anonymous-post.mobi/archives/195
    新型コロナウイルスに対応する医療従事者などに感謝と敬意を示そうと、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」は東京都心で、患者の受け入れにあたってきた病院の上空を飛行し、スモークを使って白いラインを浮かび上がらせました。

    これについて河野防衛大臣は記者会見で「アメリカなどで空軍機が医療関係者のための展示飛行をやっていて、同じことができないか、航空自衛隊に検討を求めた。『首都東京の上空がいいのではないか』ということで、『それでいこう』と指示した」と述べました。

    そのうえで河野大臣は「東京に限らず、多くの方から『飛ばしてほしい』という要望をもらっている。全部の要望には応えられないと思うが、非常に強い声なので、前向きに考えられたらいいなと思っている」と述べ、ほかの地域からも要望があるとして、再び飛行することも検討する考えを示しました。

    ———-
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200602/k10012455411000.html

    関連記事

    サヨク「ブルーインパルスなんて医療従事者は喜ばない」→ 「ありがとう!」医療従事者たち、病院の屋上で歓声と感謝の声 ⬛︎動画⬛︎〜ネットの反応「サヨク顔面ブルーインパルスw」「ちょっと感動しちまったよ」「なんでも否定する人生ってつまらなそう」 https://t.co/uDIUQF8yn3

    — アノニマス ポスト ニュースとネットの反応 (@anonymous_post2) May 29, 2020

    (略)

    【【パヨク発狂】ブルーインパルス 大好評につき再飛行へ 各地から「飛ばして欲しい」の要望が殺到 ネット「サヨク、また発狂できるぞ?よかったなw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/06/02(火) 18:41:37.35 ID:59ZjxoT09
    496E6021-EE34-4B4F-8178-288852CD617F
     
    https://snjpn.net/archives/199312
    河野防衛大臣、ブルーインパルス飛行費用は「約360万円」批判メールに詳細説明

    ▼記事によると…

    ・河野太郎防衛大臣が1日、ブログを更新

    ・河野防衛相は、今回のブルーインパルスの飛行について、「こんなことにいくら予算をかけたんだというご批判めいたメールもありました」と明かし、その費用を医療従事者などに回すべきとの意見があることに、今回かかった費用について説明。ブルーインパルスに関しては今回飛行したT-4練習機の訓練飛行に要する経費とあわせて計上しており、今回の飛行もその中から捻出したという。

    「燃料費、スモークに使う発煙油、随伴機と整備員を輸送するコスト、合計して約360万円です」と具体的な金額を明記。この金額を医療関係者の手当とすべきとの意見には「別物だと思います」と持論をつづった。

    デイリー 2020.06.02
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/06/02/0013390002.shtml

    (略)

    【【パヨク発狂】河野防衛相「ブルーインパルス飛行費用は約360万円」 ネット「トリエンナーレなんかに使うよりよっぽど有意義な使われ方」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2020/05/30(土) 08:36:38.04 ID:LYxCz0Wi9
    https://snjpn.net/archives/198788
    山岸一生さんのツイート

    青空にたなびく飛行機雲は確かに美しいけれど、どんなに手を伸ばしても届かない。

    今最も必要なのは、確実に私たちの手に届く支援であり、現金だ。

    隊員の皆さん、練習大変だったでしょう、お疲れさまでした。

    政府が本当になすべきことは何か、私たちに教えてくれた、とても有意義な飛行でした。
    no title

    (略)

    【【パヨク】立憲・山岸一生、ブルーインパルス写真投稿し「今最も必要なのは現金だ」→ コメント殺到…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2020/05/29(金) 19:42:21.15 ID:xiCvgXP09

    no title


     新型コロナウイルスへの対応を続ける医療従事者に敬意や感謝の意を示すため、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」6機が29日、東京都心を飛行。芸能界からも目撃情報とその報告が相次ぐ中、タレントのラサール石井(64)が医療従事者は「空を見上げる余裕もない」とツイートし、「政府の緊急かつ具体的な支援を医療関係者の皆様にお願いします」と要望した。

     「皆様けっこう見ておられますね。TLに空の写真が一斉に。Facebookにも『わーきれい』とか。いいお天気だし。みんなが同時に空を見るなんて最近ないからいいかも。『国威高揚?』『五輪開会式への伏線?』なんてひねくれた事考えずに、素直に鑑賞しますか」と当初は記していた石井。

     だが、その後、医療職を名乗る人の「今、院内放送が入って『ブルーインパルスが飛行するので休憩中の職員はご観覧下さい』と…そんなもんに休憩時間使いたくないし、これに税金使うなら防護具買ってほしいのですが…」というつぶやきを貼り付けると「現場の方は正直こんな感じでしょう。空を見上げる余裕もない。ご苦労お察しします。政府の緊急かつ具体的な支援を医療関係者の皆様にお願いします」とツイート。政府の対応を皮肉った。

    2020年05月29日 18:59
    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/29/kiji/20200529s00041000361000c.html  

    【【パヨク】ラサール石井、医療従事者は「空を見上げる余裕もない」ブルーインパルス飛行にチクリ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 夜のけいちゃん ★ 2020/05/21(木) 20:38:38.31 ID:4A/idH609
    128E0345-4E87-4EEB-B935-615AD70AFCB6
     
    2020.5.21

     中国海軍が日本の海上自衛隊に対して戦闘能力で大幅に優位に立ったことが、日本の尖閣諸島領有や東シナ海の安定、さらに日米同盟に危機をもたらすと警告する報告書が5月中旬、米国の主要研究機関から公表された。中国側はその優位性を基礎に軍事力行使の可能性も含め、日本の安全保障に対する攻勢を強めており、尖閣占拠の具体的シナリオを作成するようになったという。(ワシントン駐在客員特派員 古森義久)

    ▪艦艇のミサイル垂直発射装置は圧倒

     ワシントンの安全保障研究機関「戦略予算評価センター」(CSBA)が「日本の海洋パワーに対する中国の見解」と題する調査報告書を作成した。同機関上級研究員で中国海洋戦略研究の権威、トシ・ヨシハラ氏が作成の中心となった。

    産経新聞
    https://special.sankei.com/a/international/article/20200521/0002.html


    【【防衛】中国海軍、海自能力より大幅優位 米機関報告書「尖閣圧倒のシナリオ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 夜のけいちゃん ★ 2020/05/18(月) 15:21:38.41 ID:OQkikcBp9
    4249433B-D8AF-494B-974A-6339450727ED

    2020/5/18 14:41

    陸上自衛隊は18日、新たに導入する小銃を報道公開した。中国の海洋進出などで離島防衛の重要性が高まったのを踏まえ、排水性や耐塩害性、耐さび性の高いものにした。新小銃の採用は1989年以来、約30年ぶりとなる。

    「20式5.56ミリ小銃」は2020年度に約3000丁購入する。国産で1丁約28万円。陸自で離島防衛を担う専門部隊「水陸機動団」などに優先配備する。指揮官らが装備する拳銃も更新する。弾倉を交換しやすいドイツ製の拳銃を採用した。今年度に約300丁購入する。

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59233910Y0A510C2000000/

    【【自衛隊】約30年ぶり新小銃 陸自、離島防衛に備え】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/04/10(金) 20:29:48.77 ID:CAP_USER
    photo26
     
    航空自衛隊ホームページより

     防衛省は9日、領空侵犯の恐れがある外国機に対する航空自衛隊機の緊急発進(スクランブル)の回数が、令和元年度は過去3番目に多い947回だったと発表した。999回だった前年度に比べて全体では52回減ったが、中国機に対しては37回増加した。中国軍は東シナ海や対馬海峡付近で活動を活発化させており、緊急発進の多さに表れた。

     947回のうち、対中国機は675回で71%を占め、前年度比7ポイント増。H6爆撃機やY9早期警戒機が沖縄本島と宮古島の間を航行し、太平洋方面に進出したケースも5回あった。

     一方、対ロシア機は全体の34%にあたる268回で、前年度からは75回減った。2月には第4世代戦闘爆撃機スホイ34が初めて空自に目視された。昨年7月には中露軍機が編隊を組み、対馬海峡や尖閣諸島(沖縄県石垣市)付近を飛行する特異な動きを見せた。

     中露以外では「その他」が4回。北朝鮮や台湾は前年度同様、0回だった。山崎幸二統合幕僚長は9日の記者会見で、緊急発進の多さについて「高止まりだ。中露の連携もしっかり注視していきたい」と述べた。

    4/9(木) 17:02配信 ヤフーニュース(産経新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200409-00000549-san-pol  

    【【スクランブル】空自の緊急発進、令和元年度は947回 対中国機が675回で71%と増加】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/04/01(水) 20:07:34.77 ID:CAP_USER
    no title


    三井グループの重工業メーカー『三井E&S造船』が去る1月15日、岡山県の玉野艦船工場で音響測定艦『あき』の命名・進水式を行った。「あき」は2900トン型音響測定艦の3番艦だ。

    「音響測定艦は“潜水艦キラー”と呼ばれ、命名は瀬戸内海の『安芸灘』から採っています。あきはエンジンを載せた船体を海面より上に出すことで、より精密な音の情報が収集できる構造になっています。これから内装の整備や運転テストなどを行い、来年3月に就役する予定です」(軍事ライター)

     同艦には米海軍の水上艦用曳航ソナー・システムなどさまざまな音響測定装置が搭載されており、潜水艦のプロペラやエンジンが出す音を発見し、追跡したり距離を測定したり、識別したりすることができる他、音を通じて海底に対する偵察が可能だ。

    「中国の軍事専門家は、音響測定艦の狙いは『中国潜水艦の音紋データを収集、蓄積することにある』とした上で、『日本の音響測定艦で海底のデータを収集することで、中国の周辺海域で活動する米軍は、より有利に海底で活動することができるようになる』などと主張しています。そして米軍の音響測定艦『インペッカブル』が人畜無害な外観をしていながらも、米軍の対潜水艦戦の分野で重要な役割を果たしているように、日本の音響測定艦も中国にとって大きな脅威になる』と非難。これを捉えて中国は、『主要な任務は日本の周辺海域における傍受であり、日米同盟という軍事的協力による産物だから、音響測定艦が収集した情報は日米が共有することになるだろう』と『あき』がヒツジ(平和)の皮をかぶったオオカミ(戦争)だと断じたわけです」(同・ライター)

     中国海軍も音響測定艦『北調991』を所有している。同艦の建造は、東洋のデトロイトといわれるあのコロナの震源地、湖北省武漢市にある武昌造船廠760所で行われた。

     いつものことながら自国のやることは平和、他国のやることは平和への脅威というジコチューな論理展開には呆れる他はない。

    週刊実話 2020/03/31 07:00

    【【お前が言うな】中国が日本の音響測定艦『あき』を非難「ヒツジ(平和)の皮を被った狼だ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/03/31(火) 23:39:37.77 ID:AZhanI8p9
    no title
     
    東シナ海の公海上で海上自衛隊の護衛艦「しまかぜ」と中国籍の漁船が衝突した事故で、中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官は31日、日本側に懸念を表明したことを明らかにした。事故が発生した海域は浙江省沖の「中国の近海」であり、「自衛隊の艦艇が関係海域で活動し、中国船舶の航行の安全に影響を与えた」としている。(北京 西見由章)

    2020.3.31 22:15
    産経新聞
    https://www.sankei.com/world/news/200331/wor2003310031-n1.html


    【【瀬取り監視】護衛艦と漁船の衝突で中国側が「懸念」表明 「中国近海、安全に影響」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 豆次郎 ★ 2020/03/30(月) 23:42:58.61 ID:1bQDP+Iu9
    しまかぜ
     
    海上自衛隊ホームページより

    2020年3月30日 23時21分

    30日夜、東シナ海で、海上自衛隊の護衛艦と中国の漁船が衝突しました。護衛艦の乗員と漁船の乗組員は無事とみられるということで、防衛省が情報収集を進めています。

    防衛省関係者によりますと、30日午後8時半ごろ、鹿児島県の屋久島の西およそ650キロの東シナ海の公海で、海上自衛隊の護衛艦「しまかぜ」と中国の漁船が衝突しました。

    護衛艦の乗員にけがはなく、搭載した小型ボートで近づいて直接確認したところ、漁船に乗っていた13人の乗組員も無事とみられるということです。

    護衛艦は航行可能で、左舷の後ろのほうに1mほどの穴があいているということで、防衛省が詳しい状況などについて情報収集を進めています。

    NHK
    【【速報】海上護衛艦と中国船が衝突】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV32,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/03/27(金)12:00:20 ID:???
    94D077F5-46C5-4386-A15C-D06163AA0466

    北朝鮮国営の朝鮮中央通信は24日に配信した論評で、日本が「潜水艦狩り軍艦」によって地域社会の懸念をさらに増幅させていると指摘した。

     「潜水艦狩り軍艦」とは、他国の潜水艦などの音響情報を収集する海上自衛隊の音響測定艦「あき」を指すとみられる。今年1月15日に進水式が行われた。

     同通信は、「アジア太平洋地域で米国に次ぐ海上武力を保有した日本は、今も相変わらず周辺の脅威にかこつけて制海権の強化に拍車をかけている」と指摘した。

     また、「新しく進水した『潜水艦狩り軍艦』が収集した資料を米国が構築した海底監視網に提供し、中国と領有権紛争のある水域に近い基地に配備されるという見通しは、地域社会の懸念をさらに増幅させている」と述べた。

     さらに、「こんにち、島国でしばしば響き出る『中国の潜在的脅威』論は耳障りに聞こえていた『北朝鮮脅威』説に続いて、自国の軍事力増強を弁護する決まり文句になっている状況である」と主張した。

    (以下略)

    夕刊フジ 3月26日
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200326/for2003260005-n1.html

    ■関連記事
    21年に防衛省に引き渡される日本の「音響測定艦」は「ヒツジの皮を被った狼だ」=中国 ― サーチナ (2020/01/18)
    http://news.searchina.net/id/1686116?page=1
    【【ビビる北朝鮮】「潜水艦狩り軍艦が地域社会の懸念を増幅」 北朝鮮、日本をけん制】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/03/20(金) 19:50:17.65 ID:CAP_USER
     kp250
    北朝鮮国営の朝鮮中央通信は18日、日本の航空自衛隊が地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の機動展開訓練を行ったことを非難する論評を配信した。

    航空自衛隊は5日、兵庫県伊丹市PAC3の機動展開訓練を行い、報道陣に公開した。
    北朝鮮による弾道ミサイル発射などに備えて各地で行う訓練の一環で、関西地方で実施されるのは初めてだという。

    論評はこれに対して「日々、エスカレートする日本反動層の無分別な軍事的ヒステリーは、
    根深い軍国主義野望をなんとしても実現しようとする露骨な妄動である」と非難した。

    また、「日本がわれわれの自衛的行動に対して、『日本と地域の平和と安全に対する脅威である』
    『国際社会全体にとっても深刻な課題になる』と悪辣に騒ぎ立てるのは、自国へ注がれる国際社会の糾弾と警戒の視線をよそにそらそうとする
    ずる賢い術数である」と述べた。

    そのうえで、「日本の反動層は、軍国主義野望を捨てないなら列島が永遠の敗戦状態にあるだろうと言った
    自国の専門家らの警告を銘記すべきである」と強調した。

    Daily NK
    https://dailynk.jp/archives/130298

    【【自衛隊訓練】 北朝鮮が非難 「平和と安全への脅威」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル