かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: 自衛隊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/01/22(火) 19:07:31.46 ID:CAP_USER
    no title

     
    韓国海軍駆逐艦によるレーダー照射問題は、発覚からちょうど1か月となる1月21日、日本の防衛省が「協議を韓国側と続けていくことはもはや困難であると判断」すると最終報告書に記載し、収束に向かいつつある。「大人の対応(※防衛省関係者談)」を見せた防衛省は、レーダーを照射された際の音も公開したが、韓国側は「実態の分からない機械音」と一蹴し、協議の打ち切りと合わせて「強い遺憾の意」を表明した。

    今回の最終報告書では、どうしても公開された音と協議打ち切りに目が行ってしまうが、防衛省はもう一つ、重要な点を明らかにしている。それは、「自衛隊の哨戒機が低空威嚇飛行をした」との韓国側の批判への反論だ。

    矛盾?過去の同様の飛行に対しては抗議もしなかった韓国

    韓国側は、12月20日に日本の哨戒機が韓国の駆逐艦「広開土大王」に「低空威嚇飛行した」として抗議し、謝罪まで求めている。日本はレーダー照射に対して再発防止のみ求め、謝罪を求めていないのとは対照的である。哨戒機が駆逐艦に最も近づいた際の高度は150メートル、距離はおよそ500メートルという事実関係は日韓で共通しているが、その評価は180度異なる。日本は「威嚇ではない通常任務」であり、韓国は「低空威嚇飛行」だと主張しているのだ。

    防衛省の最終報告によると、韓国側になぜ威嚇飛行なのかと聞いたところ、「脅威を受けた者が、脅威と感じれば、それは脅威である」と客観性に欠ける説明を繰り返したという。防衛省はさらに、去年4月27日、4月28日、8月23日の3回、日本の哨戒機が、12月20日の事案とほぼ同じ高度150メートルと距離500~550メートルで駆逐艦「広開土大王」に接近して写真撮影したが、全く抗議を受けなかった事も明らかにしたのだ。

    韓国国防省は去年12月24日の会見で、「異例で特異な飛行」だと批判した。しかし、去年4月と8月に、3回も同様の高度と距離で哨戒機は飛行しているのに、なぜ今回だけは「特異で異例」で「脅威」なのか?全く辻褄が合わない。防衛省は「レーダー照射に関する重要な論点を希薄化させるものと言わざるを得ない」と強く批判している。この指摘が図星ならば、レーダー照射を否定する韓国側の主張は虚偽である事が推認されるだろう。

    韓国国防省はこの「矛盾」に対し、どう答えるのか?

    「事実」が全く一致しない日韓

    1月22日の定例会見で私たちは韓国国防省報道官に疑問をぶつけた。

    ーー(フジテレビ)日本の防衛省は4月に2回、8月に1回の計3回、12月20日とほぼ同じ高度と距離で広開土大王艦の近くを飛行したが、その時は抗議を受けなかったと発表した。4月と8月の3回の飛行時に広開土大王艦から威嚇飛行を受けたとの報告が韓国側にあったのか、また、12月20日だけ威嚇飛行だと抗議しているが、以前の3回の飛行とはどんな部分が違うのか?

    韓国国防省:まずその写真(防衛省が公開した4月と8月に撮影した写真)の正確な(撮影)位置、150メートルと500メートルの位置で撮ったものなのかが確認されなければなりません。 日本側は、私どもが毎回正確な事実が含まれている情報を提供してくれと言いましたが、正確な資料を提供しなかったです。それでこの写真がその時撮影されたその写真なのか、そして正確なその高度で撮られた写真なのかを、まず検証しなければなりません。

    二つ目は、当時私たちは訓練中であったし、作戦中であったのは合ってます。そして哨戒機が来たことも合ってます。当時の飛行と今回の飛行はとても違いました。そして距離なども私どもが把握しているものとは非常に差があります。当時近くまできたとしても、距離が違ったし、今回の事例とは違って、そのような部分に対して総合的に考慮した時、今回の事例と前回の事例を同一に見ることはできません。

    ーー(フジテレビ)具体的に距離はどう違ったのか?

    韓国国防省:日本が明らかにしたものとは非常に差があります。 そのため正確にどんな地点で撮った写真なのかについて、日本側で確認してくれなければならない部分があります。

    韓国国防省は会見で、「日本は毎回正確な資料を提出しない」と批判しながら、4月と8月の哨戒機の飛行は、防衛省が主張するような高度150メートル、距離500~550メートルではないと主張した。また韓国国防省関係者は「高度150メートルで、距離は1~2キロだった。日本側の数値を信じる事は出来ない」とも述べている。韓国国防省は、防衛省が嘘をついていると主張しているわけだ。レーダー照射の事実関係はもちろん、4月と8月の飛行についても、日韓の主張する「事実」は全く一致しない。

    FNN PRIME 2019年1月22日 火曜 午後6:00
    https://sp.fnn.jp/posts/00414750HDK


    【【本当に威嚇?】矛盾する韓国「低空威嚇飛行だ!」自衛隊機は去年4月と8月にも今回と同様の高度と距離で韓国駆逐艦近く飛行】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/01/21(月) 21:20:56.08 ID:18he2xmR9
    https://anonymous-post.mobi/archives/3097

    「信頼できる」は自衛隊がトップ 本社郵送世論調査


    no title


    8つの機関や団体、公職を挙げてそれぞれの信頼度を尋ねたところ「信頼できる」が最も高かったのは自衛隊で60%に上った。
    5割を超えたのは自衛隊のみで、次いで信頼度が高かったのは裁判所(47%)、警察(43%)、検察(39%)、教師(32%)の順で、司法・捜査当局への信頼が高かった。
    これらはいずれも「信頼できる」が「信頼できない」を上回った。

    特に自衛隊についてはいずれの世代も信頼度が6割前後と高く「信頼できない」は7%にとどまった。平成は災害が相次いだ。
    過酷な現場で被災者を救出したり、避難所の支援をしたりする姿などが繰り返し伝えられ、高く評価されているとみられる。

    逆に「信頼できない」が多かったのは国会議員で唯一5割を超えて56%だった。マスコミ(42%)、国家公務員(31%)が続いた。
    いずれも20歳代以上で「信頼できない」が「信頼できる」を上回っていた。国家公務員とマスコミは「どちらともいえない」が共に4割強だったが、国会議員は32%だった。

    マスコミは「信頼できない」と答えた人の割合は70歳以上が20%台だったが、60歳代が34%、50歳代が41%、40歳代が47%で、30歳代では58%と5割を超えていた。
    18~20歳代は60%と最も多く、若い世代ほど「信頼できない」と答える人が多かった。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40237230Q9A120C1905M00/

    ※関連記事

    【世論調査】嫌いな国は? 1位北朝鮮 2位中国 3位韓国 日本の機関・団体・公職のうち最も信頼できるところは? 1位自衛隊~ネットの反応「もう一回調査してみろよ。グイグイ急上昇中の国があるぜ」

    管理人
    ネットの反応
    名無し
    自衛隊以外過半数割れしとるがなw
    名無し
    政治屋がグダグダし過ぎだ
    やっぱり規律正しい軍人政治が一番
    太平洋戦争も正しかったんや!
    って方向に行かんやろな?
    名無し
    そもそもあの戦争ってマスゴミが官僚と結託して、彼我の戦力差も知らない無知な大衆を煽り政権潰しに走ったから起きた事だし
    時の政権を何かにつけて弱腰と批判して和平の道を探る妥協案を認めさせなかった当時の世論が悪い
    名無し
    世論wそれもマスコミが操作した結果だろw
    名無し
    こりゃマスコミが血眼になってネットを叩くわけだ
    爺さん達がいなくなったら先細りだからな
    名無し
    選挙結果やら見ても若者のマスゴミ嫌いは本物だな
    名無し
    国会議員、国家公務員、警察、教師、は信頼できるできないに限らず必要な存在で代わりがいない
    それに対してマスコミはマスコミである必要なし代わりはいくらでも
    この差はデカいぞ
    名無し
    ドヤ顔で政治家!って答えるアホが5割もいるのか
    選んでるのは誰なのか失念しちゃってるんやろなあ
    名無し
    選んだ有権者を信頼できないという解釈もできるな
    オレも民主が政権取ったときはそんな気分だったよ
    名無し
    若い世代ほど多くの情報源から情報を得ようとする傾向があるのだろうね
    そしてその多くの情報から得られる食い違いがマスコミ不信に繋がっているのだろう

    (略)
    【『信頼できない組織は?』マスコミ:42% 18~20歳代では6割が「信頼できない」と回答 ネット「若者のマスゴミ嫌いは本物だな」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/01/21(月) 21:23:09.79 ID:18he2xmR9
    韓国側は日本側が火器管制レーダーの照射を指摘した際、「捜索用レーダーだ」と反論した。
    防衛省は今回、捜索用レーダー波を音に変換したものも合わせて公開。
    P-1が探知したものが韓国駆逐艦の火器管制用レーダー「STIR-180」からのレーダー波であるとの客観的な事実を提示した。

     韓国側は、「人道主義的救助作戦」に従事していた韓国駆逐艦に、P-1が低空で脅威を感じさせる飛行をしたと主張。
    これに対して防衛省は、「国際民間航空条約に則った我が国航空法に従って飛行しており、韓国駆逐艦に脅威を与えるような飛行は一切行っていない。
    韓国駆逐艦にもっとも接近した際でも、十分な高度(約150m)と距離(約500m)を確保しており、韓国駆逐艦の活動を妨害するような飛行も行っていない」と反論した。

     また、「クァンゲト・デワン」に対しては2018年4月以降、4月27日と4月28日、8月23日の3回、今回と同様の撮影を行ったが、「韓国側から問題提起を受けたことはない」と説明した。
    いずれももっとも近づいた距離は約500mから550m、高度は約150mと、今回と同様だった。

    P-1は火器管制用レーダー照射を受けた後、国際VHF(156.8MHz)と緊急周波数(121.5MHzおよび243MHz)の3周波数を使い韓国駆逐艦へ呼びかけたが、「同艦からは一切応答がなかった」と、改めて無線応答がなかったことに触れた。

    韓国側は「現場の通信環境が悪かった」と主張しているが、防衛省は「晴天で雲も少なく、通信環境は極めて良好」とし、韓国駆逐艦に呼びかけた同じ通信機器で埼玉県の陸上局と通信を行っていたことや、
    現場から約240km離れた場所を飛行していた航空自衛隊の練習機が、この呼びかけを受信していたことを明らかにした。

     防衛省は韓国側の主張に対し、「通信が明瞭に受信できなかったとは通常では考えられない」「韓国側が公表した動画では、韓国駆逐艦内でP-1の乗組員の呼びかけ内容を明確に聞き取れる」と論破した。

     また、「主張が一貫しておらず信頼性に欠ける」「客観的根拠に基づいていない説得力を欠いたもの」「重要な論点を希薄化させるためのもの」と、二転三転してきた韓国側の主張を一蹴。
    「これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らない」「協議を韓国側と続けていくことはもはや困難」と、協議打ち切りの背景を説明した。

    防衛省、韓国と協議打ち切り P-1へ火器管制レーダー照射「真実究明至らない」
    https://www.aviationwire.jp/archives/164837
    no title

    no title

    no title


    引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1548073389/ 【【激怒】自衛隊「主張が二転三転している韓国と話し合う価値はない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/01/21(月) 13:03:47.81 ID:CAP_USER
     362C555D-A794-45BC-8EA3-DAB52AA6A7A6
    韓国海軍のレーダー照射問題をめぐっては、防衛省・自衛隊内に「岩屋毅防衛相には、もっと韓国に強く出てほしい」との声がある。自衛隊員の命を危険にさらした隣国に対し、岩屋氏が「大局的には未来志向の日韓関係が大事だ」などと融和的だからだ。果たして、部下の信頼をつなぎ止められるのか。

     ある防衛省幹部は、夕刊フジの取材に次のように語った。

     「韓国と3回目の協議をやっても意味がない。それなのに…」

     日韓防衛当局間の実務者協議は2度行われたが、韓国側はレーダー照射の事実を認めず、電波情報の公開も拒否した。それでも、岩屋氏は協議を継続させる意向だ。

     昨年12月のレーダー照射直後も、現場は「証拠映像を公開すべきだ」と迫ったが、岩屋氏は難色を示したという。

     最終的に、安倍晋三首相が公開を指示したことで、日本は国際世論を味方に付け、「反日・従北」の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を孤立させる方向となっている。

     岩屋氏は、韓国が国際観艦式(昨年10月)で、自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を要求した際も、「遺憾の意」を伝えただけだった。

    こうした経緯を経て、レーダー照射問題の対応は官邸が仕切っている。

     自民党国防部会と安全保障調査会は16日、緊急の合同会議を開いた。

     出席者からは「防衛省などが有効な対抗措置に出ないなら、逆に安倍政権への不信感が生まれかねない」と、対応の鈍さを批判する意見が出た。

     岩屋氏は部下の命を守り、日本を守るためにも、腹をくくって韓国と対峙(たいじ)すべきだ。無法国家に温情は通じない。

    夕刊フジ 2019.1.21
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190121/soc1901210005-n1.html

    【【レーダー照射問題】岩屋防衛相へ省内・自衛隊から「もっと韓国に強く出て」の声 “無法国家”に温情通じず 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2019/01/18(金) 09:01:33.03 ID:hJq9G2Yw9
    no title
     
    またロシア機、日本海飛行=哨戒機、山陰から北海道沖-防衛省

     防衛省統合幕僚監部は17日、ロシアの哨戒機「IL(イリューシン)38」が同日午前から午後にかけて、山陰沖から北海道沖の日本海を飛行したと発表した。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したが、領空侵犯はなかった。海上自衛隊や米軍の潜水艦の情報を収集している可能性がある。

     ロシア機をめぐっては、16日にも戦術偵察機SU24が北海道の礼文島(れぶんとう)沖や、新潟県の佐渡島沖などの日本海を飛行し、空自機が緊急発進していた。

     空自機が撮影したIL38の機体後部には、MAD(マッド)ブームと呼ばれるセンサーとみられるものがある。MADは潜水艦が航行する際に生じる磁場の変化を検知する装置。機首上部には電子情報収集用とみられるレーダーが、下部には洋上監視用のアンテナを保護するレドームとみられるものが見える。

     IL38は、昨年11月に山口県沖から北海道沖まで飛行していた。
    (時事通信社編集委員 時事総研 不動尚史)。

    時事通信
    2019年01月17日22時07分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019011701326&g=soc

    【【またロシア機】日本海飛行=哨戒機、山陰から北海道沖 航空自衛隊の戦闘機が緊急発進 16日に続き 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/01/17(木) 21:31:52.96 ID:hL1oxkQ29
    87DF7EBC-63F3-4733-8A96-57021BA2EF06
     
    https://anonymous-post.mobi/archives/2964


    河野統幕長「極めて不適切で遺憾」と韓国に反論 レーダー照射問題

     自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長は17日の記者会見で、韓国駆逐艦によるレーダー
    照射問題に関し、韓国側がレーダー情報の相互開示を求めた日本を「無礼」としたことについて、
    「極めて不適切で遺憾だ」と述べた。「われわれは(レーダー照射の)確固たる証拠を持っている。韓国側は真摯(しんし)に受け止め、事実を認めて再発防止に努めてほしい」とも強調した。

     14日にシンガポールで開いた日韓実務者協議で、日本側は証拠となるレーダー情報の交換を提起したが韓国側は応じず、協議は平行線に終わった。韓国国防省報道官は15日の定例記者会見で、日本の提案について「受け入れ困難で非常に無礼な要求」などと批判した。

    https://www.sankei.com/politics/news/190117/plt1901170017-n1.html

    管理人
    ネットの反応
    名無し
    もう周波数全世界に公開しちゃえよ
    名無し
    嘘をついて被害者を謗る文化の国だって世界中にアピールしないとな
    名無し
    持ってる持ってないじゃなくて、出せ
    名無し
    高速で口からでまかせ連発する連中と比べるとどうしても速度が足りなくなるがまあ仕方ない
    名無し
    論理が通用しないんだから、証拠なんてそもそも意味を為さない
    会議を開いたり、証拠を用意したりなんて、無駄に労力を消耗してるだけ
    名無し
    向こうは話をそらしたくて必死だからな
    名無し
    どっちかっていうと日本が遠慮してる方だろ?負けるよこんなん
    誠実に対処すれば世界が味方してくれるとかいう幻想もう捨てた方がいいよ
    やられっぱなしでなにもできない日本ってバカかって思われるだけ
    名無し
    日本「こちらの持ってる証拠とそちらのデータをせーので見せあいっこしましょうよ」
    韓国「無礼だ!」

    意味分からん
    名無し
    制服組さんには限界あるんだから政治家がキッチリケジメとってやってくれよ
    名無し
    今回の件は一ミリたりとも引いてはいけない
    でないとこちらが嘘つきになるぞ
    名無し
    だからさっさと証拠出してトドメ刺せや
    名無し
    なんか勘違いしてるアホが多いけど、今の状況は理想的な展開だからなw
    ぶっちゃけ、向こうが非を認めてサッサと謝ってたら、この問題はすぐに終わって
    日本国内でここまで反韓・嫌韓感情が盛り上がる事は無かったw
    向こうがせっかく、反韓・嫌韓の燃料を毎日毎日投下しまくってくれてるんだから
    逆に感謝しなければ逝けないw 今まで韓国の反日の異常さを知らなかった情弱の年寄連中ですら、みんな目が覚めたからなwww
    名無し
    そもそも韓国に礼儀なんて概念あるのか?

    【河野統幕長、韓国に反論 「われわれは確固たる証拠を持っている」 ネット「もう周波数全世界に公開しちゃえよ」「証拠出してトドメ刺せ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/01/14(月) 21:30:19.72 ID:/GS4jd5T9
    https://anonymous-post.mobi/archives/2859

    no title


    @japansdf_com 

    立憲民主党会派の #小西ひろゆき ・参議院議員。
    第1空挺団新年初降下で自衛官の反省文を朗読し始め「てめえ帰れ!」などの罵声を浴びる。
    しかし、それに対する自衛官の立ち居振る舞いがすごかった・・・。

    第1空挺団新年初降下における、小西ひろゆき議員の残念な振る舞い

    管理人
    ネットの反応
    名無し
    ワロタw
    名無し
    国賊、まだ居たのか
    名無し
    名無しさん@涙目です。(千葉県) [KR] 2019/01/14(月) 19:44:30.36 ID:hW2trO6S0
    こんなゴミを当選させてるのはどこのクズ県だよ
    名無し
    君の県じゃね
    名無し
    仕事とは言えこんな奴に拍手できんわ
    名無し
    このゴミがまだ政治家で居られるのは選挙制度が間違ってることの証明だと思うの
    名無し
    控えめに言って頭おかしいけどなんでこの人議員でいられるの
    名無し
    誰がこいつを呼んだんだよ
    名無し
    ヤジ飛ばしたのは一般参加した民間人な
    名無し
    いやあ自衛官の家族も拍手なんていらんだろ
    沈黙でよかったじゃん
    名無し
    こいつとは逆に江頭2:50は自衛隊員たちに大歓迎されてたというのに.....
    名無し
    こいつは本当屑だな… なんでこんな席で自衛官の反省文朗読するんだよ!キ○ガイすぎるだろ!
    名無し
    この器の小ささよ
    名無し
    煽ってまたネタを作ろうとしたんだろ
    心底クズゴミカス
    名無し
    自衛隊の存在に異議があるなら、それは国会で議論すべき
    国会議員が自衛隊の存在に不満があるからって
    自衛官に対して嫌がらせをやるってのは、本当の卑怯者
    名無し
    この人はほんと性格がねじ曲がってるよなあ
    名無し
    コイツ何がしたいの?
    名無し
    シンプルに頭おかしい
    名無し
    さすがにやっていいことと悪いことがあるだろう……
    パヨクの基地外ならともかく国会議員の看板背負った人間のやることじゃない

    【立憲民主党会派・小西ひろゆき、第1空挺団新年初降下で自衛官の反省文を朗読し始め罵声を浴びる ネット「心底クズゴミカス」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: AHRA ★ 2019/01/14(月) 11:41:10.01 ID:bY3y/Znj9
    3C3C264F-4CE2-4915-8599-1BE44A86798B
     
     先の大戦の激戦地で現在は自衛隊が航空基地を置く硫黄島(いおうとう、東京都小笠原村)の周辺で海底が隆起し、一時、海面から露出したことが12日、海上自衛隊などへの取材で分かった。隆起が拡大して、国際法上、認められる島や陸地が形成されれば、領海が広がる可能性もある。気象庁によると、隆起部分は間もなく海中に沈み、活発な火山活動なども確認されていない。同庁は状況の観察を続けるとしている。

    2019.1.12
    産経新聞
    https://special.sankei.com/f/politics/article/20190112/0001.html?_ga=2.185166189.59697096.1546565667-869401857.1540117332

    【【EEZ拡大も】硫黄島周辺の海底が隆起 今は水没、領海広がる可能性も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/01/13(日) 15:38:04.94 ID:CAP_USER
     A58B723A-E171-4756-967B-8AB1335803AB
    韓国海軍の駆逐艦による、海上自衛隊P1哨戒機への火器管制用レーダーの照射問題で、韓国側は支離滅裂な説明に終始している。2010年の沖縄・尖閣沖漁船衝突事件で、当時の民主党政権が隠蔽した衝突映像を公開して中国の危険性を知らしめた元海上保安官、一色正春氏が、韓国側の主張などを分析した。

     「ムチャクチャな理屈で、よく言えるなと思う」

     一色氏は11日に東京都内で開かれた集会で、こう語った。

     韓国側の反論動画では、「海自哨戒機が、威嚇的な低空飛行をした」「韓国駆逐艦の150メートル上まで接近した」などと批判している。

     ところが、一色氏が韓国側の画像を解析すると、哨戒機は駆逐艦の少なくとも180メートル上にあったと推定された。

     これはICAO(国際民間航空機関)の航空法にも合致しており、何の問題もない。だが、韓国側は「(規定は)軍用機には適用しない」と噛み付いているのだ。

     一色氏は「パトカーや救急車が制限速度を守っていたら、『お前たちは制限速度の適用がないから違反だ』と言っているようなものだ」とあきれた。

     韓国駆逐艦の「人道的な救助活動中だった」との説明にも、一色氏は疑いの目を向ける。

     海上保安官時代の経験から、韓国海洋警察の警備艦の搭載艇とみられる2隻のボートと、遭難したという北朝鮮漁船の位置関係が不自然として、「本当に救助だったのか」と首をひねった。

    夕刊フジ 2019.1.12
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190112/soc1901120008-n1.html?ownedref=feature_not 176et_newsList

    【【レーダー照射問題】韓国の“デタラメ”暴露 元海上保安官・一色正春氏「ボートと漁船の位置関係が不自然」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 記憶たどり。 ★ 2019/01/10(木) 15:35:35.07 ID:lHcBpJb39
    ニンジャ
    陸上自衛隊ホームページより

    陸上自衛隊西部方面隊は10日、昨年10月に宮崎県上空を飛行中のヘリコプターが 地上からレーザー照射を受け、副操縦士が一時的に視力が低下したと発表した。

    共同通信
    https://this.kiji.is/455982342650725473?c=39550187727945729

    【【自衛隊】飛行中の陸自ヘリが地上からレーザー照射を受ける。副操縦士が一時的に視力低下。宮崎県上空 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ■忍法帖【Lv=12,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2019/01/07(月)11:06:38 ID:???
    D484A1FB-E22D-468E-BEBA-DF2B66835997

    (翻訳元・コメントは、リンク先にてご覧下さいませ!!)

    韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に対して、火器管制レーダーを照射した問題で、韓国国防省は4日、韓国側の正当性を訴える内容の動画をインターネット上に公開しました。

    公開された動画は4分以上の長さがある物ですが、そのうち韓国側が撮影した映像部分はわずか11秒程で、それ以外の現場映像は、防衛省が先日公開した動画の引用。
    また、その11秒の映像も韓国海洋警察庁が撮影した物で、韓国海軍の駆逐艦から撮影された映像は一切ありませんでした。

    BGMや効果音など、まるで映画の予告編のような過剰演出があったり、動画のサムネイルが印象操作の意図を感じさせるものであったりと、突っ込みどころが散見される反論動画になっているのですが、多くの外国人にとっても、やはり違和感を覚える内容だったようでした。

    http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2934.html

    【【海外の反応】 海外「これが政府のやる事かよ」 韓国が公開した反論動画が酷すぎると海外で話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/01/08(火) 07:48:00.57 ID:BKRRXaKs9
    P-1
    海上自衛隊ホームページより

    (略)

    「断交状態になっても、海自は困りません」

     さて、こうした韓国側の反論や動画を、海自OBはどのような気持ちで受け止めたのだろうか。質問すると、「脱力ですかね」という答えが返ってきた。

    「もちろん動画は見ました。何というか……失笑することも困難でしたね。一言で切って捨てれば、明確な反論は何もなかった。全て疑問形で問いかけているだけで、『レーダー照射をしていない』という事実は提示されなかった。現役の海自自衛官も、怒りを通り越して呆れているようです。『いつまで論争をやっているんだ』と、相手にするだけ無駄という声が漏れています」

     動画の中には、わずかながら“ファクト”を指摘した部分もある。だが、以下のような事実から、その信憑性も疑わしいという。

    「毎日新聞の翻訳によると、韓国側は海自哨戒機の接近に『艦艇乗務員が騒音と振動を強く感じるほど威嚇的だった』と抗議しています。ところがP-1哨戒機は、実は低騒音で知られた国産機なんです。レーダー照射を受けた機が、あれだけの高度を保っていれば、震動どころか騒音と呼べるような音量も感じないはずです」

     威嚇のために超低空飛行を行ったという韓国側の主張には、「首を傾げざるを得ません」と顔をしかめる。

    「あくまでも推測ですが、哨戒機は通常のパトロール飛行をしていたのだと思います。そして排他的経済水域(EEZ)内で韓国海軍の駆逐艦『クァンゲト・デワン』や警備救難艇を発見、調査や報告、動画の撮影を行っていたのでしょう。それに対し、何らかの理由で、クァンゲト・デワンが嫌がらせのようにレーダーを放射してきた、というのが真相だと思います」

     日本でも韓国でも、政治問題として先鋭化してしまっている。だが、海自の現場レベルでは「もう韓国海軍を相手にするのはやめよう」との雰囲気になっているという。

    「海上自衛隊も韓国海軍も、第2次大戦後の冷戦構造で、アメリカ海軍の“下請け”として整備された歴史を持ちます。ただ韓国は北朝鮮と対峙しているため、陸軍と空軍が主体です。逆に日本は、旧ソ連と海を挟んで睨み合っていたこともあり、海自の拡充に力を注ぎました。日本の海上自衛隊は今では、米露中に次ぐ世界第4位の“海軍力”を有しています。そして、韓国海軍の幹部は海自で研修を受けているという事実を、ここで指摘しておきたいですね」

     海自OBは「韓国海軍の幹部には立派な人格者も多いのです」とした上で、その宿痾は「国内世論をあまりにも気にしすぎること」と指摘する。

     その実例を1つ、ご紹介しよう。産経新聞(電子版)は16年1月、「海自と韓国海軍が共同訓練 韓国、『自衛隊アレルギー』に配慮し非公表求める 昨年12月、ソマリア沖」と報じた。

     見出しの通り、部隊同士の親善交流を目的として米日韓の3隻による共同訓練を計画したところ、任務が生じた米駆逐艦が参加を中止。日韓の2隻での訓練を実施したため、国内世論を気にした韓国海軍が海自に非公表を求めた、という内容だ。

    「一事が万事、この調子です。海上自衛隊と韓国海軍が断交状態になったとしても、我々は困りません。まあ、韓国海軍も困らないんでしょうが、我々の“親分”であるアメリカ海軍としては、海自と韓国海軍が険悪だと東アジア防衛上の重大な支障になります。日米韓の3海軍による協調に問題が生じているのは事実で、中国の海軍力が急激に増強している状況を鑑みると、『韓国、何をやってるんだ』というのが、我々海自の本音です」

     実は韓国の「反論」動画には、ちゃっかりと“落としどころ”も提示されているという。終盤に表示される「実務協議を通じて事実確認手続きに入らなければならない」(毎日新聞の動画より)という字幕だ。

    「国内世論を異常に気にする韓国海軍は、表向きは海自と敵対するしかありません。あの動画の真のメッセージは、『海自と韓国海軍による実務協議ではレーダー照射を謝罪する用意もあります。その代わり、色々なことを内密にしてください』というものでしょう。ただ、それに応じるかどうかは、海自が決められることではありません。あくまでも政府が、最終的には官邸、つまり安倍首相が決断することです」

     朝鮮日報は12月24日、「最悪の韓日関係を示す『レーダー照射』騒動」の社説を掲載した。

     社説は日韓両国が「本当に非友好的な対峙状況に発展するかもしれない」と憂慮、「歴史問題や北朝鮮の核問題など当面の懸案とは区別して理性を持って対処する必要がある」と呼びかけた。

     だが、その正論に、当の韓国世論がどれだけ耳を傾けるかは、極めて疑問だと言わざるを得ない。

    ヤフーニュース(デイリー新潮)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190107-00554636-shincho-soci&p=3

    【レーダー照射問題、韓国政府の反論動画に海自OBは「2年前の共同訓練と同じ。断交で結構」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: らんらん ★ 2019/01/07(月) 23:46:57.20 ID:EwUJbija9
    低評価押すなよ、絶対に押すなよ

    日本語
    https://www.youtube.com/watch?v=Dzam8qVa-Uc



    アラビア語
    https://www.youtube.com/watch?v=2xIgyW50KkA



    スペイン語
    https://www.youtube.com/watch?v=onRhSOtF2Ic



    フランス語
    https://www.youtube.com/watch?v=gbAyNnvs5Oc



    中国語
    https://www.youtube.com/watch?v=MvtIHQKREnw



    ロシア語
    https://www.youtube.com/watch?v=ZEUNRfuCMSA



    英語(2日前)
    https://www.youtube.com/watch?v=CGWO4Kdk5j0



    韓国語(3日前)
    https://www.youtube.com/watch?v=4dpWAWpzWyE



    声闘
    声闘(ソント)とは朝鮮人の古くからの風習で声の大きさで相手の言論を封じること。
    人と議論をするとき、議論の内容は関係なく、ただ大声で早口で居丈高に話し、
    相手が何も言い返せなくなれば勝ち、というしきたり。

    【【速報】韓国国防部が発狂 反論動画を更に6か国語で公開 アラビア語版も追加 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2019/01/07(月) 15:28:01.99 ID:IOLSHvny
    7日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は、韓国の射撃用レーダー照射問題を特集した。

    韓国側が反論動画を公開し、騒動は拡大している。番組でもこれまでの流れと両国の主張を詳細に検証したが、その内容以上に注目を集めたのが、ゲストの元海上自衛隊海将の伊藤俊幸氏と、取材生活30年のテレビ朝日解説委員・玉川徹氏のバトルだった。

    元航空幕僚長の田母神俊雄氏(70)が昨年12月21日に、レーダー照射について「全く危険ではない」とツイッターで発言。翌日も「今回ぐらいのことは世界中の軍が日常的にやっていることであり、電波照射をしてもミサイルが直ちに飛んでいかないような安全装置もかけられている」とツイートし、日本政府の反応とは異なる反応を示した。

    玉川氏はこれを引用し「疑問なんですけど、元航空幕僚長の田母神さんが『よくあることだ』というふうにツイッターで書いている」と、伊藤氏にぶつけた。

    すると、伊藤氏は迷惑そうな顔を浮かべ「(田母神氏は)間違いです。パイロットじゃありませんから」と即座にコメントを否定。さらに「それ(田母神氏のツイッター)を根拠にモノ言っちゃダメですよ。ウソです」と語気を強めた。

    玉川氏が田母神氏の実績を引き合いに再度、尋ねようとすると、伊藤氏は言葉をさえぎり「プロでも10年前の方ですから。現実にそういう場に現れている人と、そうじゃない人でいろんなこと言いますから」「いいですか。分かっている、分かってない人がいろいろしゃべりますから、田母神さんが言ったから何とかっていうのを根拠に論を張るのは間違いです」と不快感をあらわに玉川氏の疑問を突っぱねた。

    伊藤氏は海上自衛隊に35年間在籍し、統合幕僚学校長などを歴任している。


    1/7(月) 15:14配信
    東京スポーツ
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1239703/
    【【レーダー照射】元海将が韓国レーダー照射の危険性を巡り田母神氏を全否定「10年前の方ですから」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/01/07(月) 11:01:31.12 ID:OHMNvHiA
    no title

    【ソウル聯合ニュース】韓国の艦艇が遭難した北朝鮮の漁船を捜索する際、火器管制レーダーを海上自衛隊の哨戒機に照射したと日本が主張する問題を巡り、韓国国防部は日本側の主張に反論する映像を、すでに公開した韓国語と英語版に加え、6カ国語で同時公開する方針だ。

    動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開されている韓国語と英語の映像の再生回数は計200万回を突破するなど、大きな関心を集めている。

    複数の政府筋らによると、国防部は日本語と中国語、ロシア語、フランス語、スペイン語、アラビア語の字幕をつけた映像を7日か8日、ユーチューブに掲載する計画だ。

     国防部は映像で海軍の艦艇が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射しなかったことを積極的に説明している。同部はレーダーの周波数の情報を公開するよう求めているが、日本側は応じていない。

     また、哨戒機が北朝鮮船舶の捜索・救助活動中だった艦艇まで500メートルの距離まで接近し、上空150メートルで威嚇飛行をしたことも訴えている。国防部は「当時、乗組員は騒音と振動を強く感じるほど、威嚇的だった」と強調する。

     国防部はレーダー問題の解決策を模索するため、日本側に国防当局による実務協議の早期開催を促している。 

    聯合ニュース 2019.01.07 08:49 
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190107000200882?section=news
     

    【【更に墓穴を掘る】レーダー映像 近く新たに6カ国語版公開=韓国「乗組員は騒音と振動を強く感じるほど、威嚇的だった」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: AHRA ★ 2019/01/06(日) 20:39:56.88 ID:7Jyu3j0U9
     no title
     海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍艦艇に脅威を与える低空飛行をしたとして韓国政府が日本の謝罪を求めている問題で、韓国海軍艦艇はP1哨戒機に対し、警告や回避行動を取っていなかったことが韓国の軍事関係筋の話で明らかになった。

     P1哨戒機は昨年12月20日、日本海で韓国の海軍艦艇や海洋警察庁の警備救難艦を発見した際、韓国軍艦艇から射撃用の火器管制レーダーを受けたとされる。韓国は21日、「レーダー照射の事実はない」とだけ説明していたが、24日になってP1哨戒機の低空飛行の問題を取り上げた。

     ただ、海自のP1哨戒機が飛行した当時、韓国軍艦艇は「低空飛行」の中止を求める通信や信号の発信などを行っていなかった。

     韓国はレーダー照射を巡ってP…

    残り:434文字/全文:738文字

    2019年1月6日17時59分
    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASM1655WMM16UHBI008.html

    【【レーダー照射】レーダー問題、韓国の海軍艦艇は警告せず 回避行動なし 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/01/06(日) 10:17:04.47 ID:CAP_USER
    (動画=YouTube)
    https://www.youtube.com/watch?v=G8G-MI3nb74&t=5s



    <アンカー>
    韓日レーダー論争に対応するため、国防部が韓国語と英語の動画を公開しました。日本語、スペイン語、アラビア語など、10か国以上の主要言語でも動画を作っている事が確認されました。

    キム・テフン国防専門記者が伝えます。

    <記者>
    レーダー議論に対する我が方の立場を盛り込んだ韓国語と英語の動画は、一昨日(4日)に5時間間隔で公開されました。国防部は既に日本語の動画も作り、一昨日に国防部内の回覧も終えました。

    中国語、仏語(フランス語)、独語(ドイツ語)、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語、アラブ語(アラビア語)など、10か国以上の主要言語でも動画を製作している事が確認されました。

    日本の哨戒機が脅威的かつ非人道的な飛行をしたという点を世界中に知らせ、国際世論を有利に造成して日本を圧迫するとの事です。

    翻訳を間違えば誤解や逆効果を招く事もあり、外交部の専門的な監修を受けていると国防部の関係者は説明しました。

    <チャ・ドンギル(檀国大学校・軍事学科教授)>
    「世界世論を我々の方に回せば、今後の韓日実務協議で日本を圧迫する手段になるだろう、という計算があると見られます」

    だからといって、強攻だけを展開する訳ではありません。政府は日本が協議に乗り出せば、積極的に応じるという立場です。一昨日公開した動画でも、韓日間の実務協議を通じて事実確認の手続きに入ろうという内容が盛り込まれています。

    対話で解決しようという我が方の提案に日本が先に動画を公開して闇討ちしたように、対話と圧力を適切に並行して行い、対応するという方針です。

    NAVER/SBS(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=055&aid=0000701363

    【【嘘で告げ口】韓国国防部、反論動画を10以上の言語で制作・・・対話と圧力を並行】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2019/01/04(金) 21:09:59.56 ID:CAP_USER9
    https://snjpn.net/archives/88472

    no title


    @kiraiiakさんのツイート

    韓国側の反論動画が公開されたけど、むしろ自衛隊の主張を裏付けるものになっているな。

    少なくともP-1哨戒機が海面から200m以上の高度で飛行していたことが分かる。全世界に恥を晒すというか。

    no title


    ▼ネット上のコメント

    ・海面ははるか先の水平線なので実際は少し海に刺さったところまでが高さになる。まあ誤差レベルかもしれんが実際はもう少し高いね。

    ・BGMがプロパガンダ的だったのは流石に草

    ・すごい分かり易いです!!!ありがとうございます!!明らかに日本には非がない事が分かります

    ・ちなみにこれで、見えなかったり「当日は荒天だった」らしい

    ・当然でしょうね

    ・P-1の機影も真横という訳でもないでしょうから、15ピクセルは38m以下でしょうね。

    ・レーダー照射問題を低空飛行問題にすり替えたいのだろう。レーダー照射に低空飛行は関係無い。邪魔なら無線で交信すればいい話。

    【韓国側の反論動画が公開されたけど…少なくともP-1哨戒機が海面から200m以上の高度で飛行していたことが分かる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: さやか ★ 2019/01/05(土) 06:11:34.02 ID:CAP_USER9
     2A2FAEFA-DFE1-456E-B376-F2A4AAEA7ECD
    韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題を巡り、韓国国防省は4日、韓国側の従来の主張をまとめた内容の動画を公開した。
    日本の哨戒機が駆逐艦に向かって「低空飛行」をした目的が不明だと指摘し、謝罪を要求した。

    国防省報道官は動画公開について「日本が一方的に日本語、英語版の動画を公開し、歪曲された事実が全世界に伝わったことに伴い、より正確な事実関係を知らせる目的だ」と述べた。
    また、レーダー照射されたなら回避行動を取るべきだったとした上で「(哨戒機は)再び接近する常識外の行動を見せた」と疑問視する見解を示した。

    東京新聞
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019010401001172.html

    【【レーダー照射】韓国国防省「レーダー照射されたら回避行動を取るべきなのに、哨戒機は再接近するという常識外の行動を見せた」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2019/01/04(金) 23:38:14.59 ID:CAP_USER
    no title
     
    日映像活用して「ひったくり」... 軍積極的に反撃、勝負を投げた
    記事入力2019-01-04 20:16

    <アンカー>
    今日(4日)の映像には、これまで公開されなかったが、今の左側に表示される画面であるが、当時私たち海洋警察で 撮影されたシーンも出てきます。 残りは主に日本が作った映像に、私たちの立場と解説を字幕でストラップ作った一種の「ひったくり」戦略に見えます。
    続いてイムサンボム記者です。

    <記者>
    漂流中の北朝鮮船舶戻る救助活動を行う広開土大王艦が見えます。

    【海上警察サムボンホ乗組員:暖かい水、暖かい水ほしくんです。]

    救助隊員は、無線で、北朝??鮮の住民が排水であることを通知します。

    救助作業を見下ろしながら低空飛行中の自衛隊哨戒機の姿も取れました。

    ここまでが広開土大王艦と一緒に出動した海洋警察サムボンホが撮影した動画で、今日初めて公開された。

    その他ほぼすべての画面は、日本がすでに公開したものであり、私たちの立場と解説をよくつけて、日本の主張がいかに一方的で歪曲されたかどうかを反論しました。

    説得力をプラスに脾臓で落ち着いた感じの音楽を敷いた。

    [差動道/国大グンサハクグァ教授:日本が提示した動画データをもとに、韓国軍のひったくり戦略が成功したと思われます。
    映像を見ても、日本の脅威論理ではなく、私たち軍の脅威論理がより説得力があるとします。]

    国防部は、英語でされた動画も作って、YouTubeにあげたのに続いて、日本語と中国語など他の国の言語でも動画を作成する方針です。

    日本の奇襲的な動画公開でしばらく守勢に追い込まれた軍が積極的な反撃に出て、国際世論の前に勝負を投げたと思われます。

    NAVER(韓国語)
    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=055&aid=0000701171&date=
    20190104&type=2&rankingSeq=2&rankingSectionId=100

    【【韓国】SBS「自衛隊映像をひったくる戦略が成功 説得力を出すためにBGMもつけたのもプラス この映像で国際世論戦で勝負」 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル