かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。


    カテゴリ: 自衛隊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    練習艦かしま
    海上自衛隊ホームページより

    ミサイル駆逐艦や練習艦を含む日本の海上自衛隊の訓練船団が現在、米アラスカ州アンカレッジからウラジオストクに向かい、14日に到着すると見られている。海自の梅原淳氏が13日に通知した。

    梅原氏によると、ウラジオストク到着は10月15日を予定していたが、日時が1日ずれた。

    また、駆逐艦「はるさめ」や練習艦「かしま」が航行に参加している。これは訓練船団で、将来において幹部自衛官を目指す候補生が乗っている。

    ウラジオストクには14日に入港し、歓迎行事や記者会見が行われる。訪問は18日まで続く。


    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/japan/201710134182610/

    平成29年度遠洋練習航海の最終に当たります。この後は韓国のピョンテクを訪問し、11月1日に横須賀港へ帰国予定です。

    押していただけると励みになります。

    【海自、14日にウラジオストクを訪問へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    F1342A77-1E8F-4604-9458-9C7404DC258D
    インド海軍フリゲート艦「サツプラ」、コルベット艦「カドマット」が佐世保港を訪問した。15日まで滞在し、最終日に海上自衛隊「きりしま」と九州西方海域で共同訓練を行う予定。

    海上自衛隊
    http://www.mod.go.jp/msdf/formal/info/news/201710/20171010-01.pdf

    マラバール以来の訓練ですね。

    押していただけると励みになります。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    b-1

    10日九州周辺空域で第5航空団(新田原)F-15×2機と第37遠征爆撃飛行隊(グアム)B-1B×2機が編隊航空訓練を行う。訓練後、B-1Bは朝鮮半島に向かい、韓国空軍と二国間共同訓練を実施した。

    航空自衛隊
    http://www.mod.go.jp/asdf/news/houdou/H29/291011.pdf
    【米軍のB1B爆撃機2機と自衛隊F-15 2機共同訓練】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
     
    防衛省は、南西地域の離島防衛態勢を強化するため、陸上自衛隊の空白地帯となっている宮古島(沖縄県)に、警備部隊や地対艦誘導弾などのミサイル部隊を新たに配置する計画を進めている。軍事力を増し、海洋進出を強める中国を念頭に置いたもので、配備する規模は計700人以上。2018年度末までに警備部隊を配備する方針だが、ミサイル部隊は19年度以降になる見通し。
     尖閣諸島など南西諸島防衛を強化する中期防衛力整備計画に基づくもので、同様に陸自空白域の奄美大島(鹿児島県)、石垣島(沖縄県石垣市)にも配備する計画だ。
      【宮古島に警備、ミサイル部隊=石垣、奄美にも、南西防衛強化-防衛省配備計画】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    SU-24
    平成29年10月5日(木)、ロシアSU-24戦術偵察機1機が沿海州方面から奥尻島沖、そこから南南東に進み、能登半島沖で沿海州方面に飛行しました。航空自衛隊は戦闘機を緊急発進させる等して対応しました。

    統合幕僚監部
    http://www.mod.go.jp/js/Press/press2017/press_pdf/p20171005_03.pdf

    ロシア空軍、海軍の日本付近の活動が活発です。

    押していただけると励みになります。


    人気ブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ロシア艦艇
    10月3日(火)午後2時頃、海上自衛隊第4航空群所属「P-1」(厚木)及び第3ミサイル艇隊所属「しらたか」(佐世保)が、上対馬の北東約70kmの海域を南西進するロシア海軍ウダロイI級駆逐艦2隻及びボリスチリキン級補給艦1隻の合計3隻を確認した。
    その後、当該艦艇が対馬海峡を南下し、東シナ海に向けて航行したことを確認した。

    統合幕僚監部
    http://www.mod.go.jp/js/Press/press2017/press_pdf/p20171004_01.pdf

    中共海軍との訓練の為の移動か?

    押していただけると励みになります。


    人気ブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    291003ロシア機
    平成29年10月3日(火)、ロシア軍機、IL-38哨戒機1機とSU-24戦術偵察機1機が日本海の防空識別圏内を飛行していたので、戦闘機を緊急発進させる等して対応した。

    統合幕僚監部
    http://www.mod.go.jp/js/Press/press2017/press_pdf/p20171003_01.pdf

    定期の威力偵察ですね。

    押していただけると励みになります。


    人気ブログランキング


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    113さざなみjpg
    海上自衛隊の護衛艦「さざなみ」は9月29日~10月1日に、沖縄県周辺の海域などで米原子力空母「ロナルド・レーガン」と共同巡航訓練を実施した。船団を組んで航行し通信・連絡の訓練もした。自衛隊と米軍の一体運用をアピールし、弾道ミサイル発射などの挑発行為を繰り返す北朝鮮をけん制する狙いがある。

     米海軍からは原子力空母ロナルド・レーガンを中心に、ミサイル駆逐艦や巡洋艦で構成する「第5空母打撃群」が参加した。沖縄周辺から台湾南部とフィリピン間のバシー海峡を通り抜けて南シナ海へ航行。潜水艦や戦闘機への対処も訓練した。

     海自護衛艦と米空母の共同訓練は今年に入って7回目。

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21779360S7A001C1PP8000/

    【海自、米原子力空母と共同訓練 沖縄周辺 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    main_183
    海上自衛隊HPより

    神奈川県横須賀市にある海上自衛隊の基地に停泊している護衛艦「いずも」の艦内で、清掃作業をしていた作業員のほか隊員あわせて11人が一酸化炭素中毒になり、病院に運ばれました。
    海上自衛隊によりますと、全員意識はあり命に別状はないということです。

    海上自衛隊によりますと、25日午前10時半ごろ、横須賀市にある海上自衛隊横須賀基地に停泊していた護衛艦「いずも」の艦内で、汚水タンクの清掃にあたっていた民間の作業員1人が気分が悪くなったと訴えたということです。


    【護衛艦いずもで11人が一酸化炭素中毒】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    いせレーガン訓練
    海上自衛隊は22日、米原子力空母「ロナルド・レーガン」と11日から28日まで共同訓練を実施していると発表した。海自も空母のような形状である最大級の護衛艦「いせ」を派遣しており、日米で北朝鮮に圧力をかける狙いがあるとみられる。

    訓練は関東の南方から沖縄周辺の海域で実施。米海軍からはレーガンと艦艇数隻が参加している。海自からはヘリコプター搭載護衛艦「いせ」、護衛艦「あけぼの」、護衛艦「さざなみ」が1隻ずつ交代で参加している。

    神奈川県の横須賀基地を母港とするレーガンは、9月8日に約1カ月ぶりに出港。日本海を含む西太平洋地域の警戒に当たっている。韓国国防部が国会国防委員会に報告した資料によると、レーガンは10月に朝鮮半島近海に展開し、韓国海軍と合同演習を行う。

    【海自と空母ロナルド・レーガンが共同訓練、日米で北朝鮮に圧力】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日米演習F2F35B
    航空自衛隊は18日、韓国に向かうアメリカ軍の爆撃機や戦闘機と九州周辺の上空で共同訓練を行ったと発表しました。今月15日の北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けた対応と見られます。

    航空自衛隊によりますと、18日、F2戦闘機4機が、グアムの基地から韓国に向かうアメリカ軍のB1爆撃機2機と、アメリカ軍岩国基地から飛び立ったステルス戦闘機のF35、4機と九州周辺の上空で合流し、共同訓練を行ったということです。

    航空自衛隊が公開した写真では、先頭を飛行するB1爆撃機2機の脇をF2戦闘機4機とF35戦闘機4機が隊列を組んで飛んでいるのが確認できます。
    訓練は日本の防空識別圏の境界の手前で終わり、その後、B1爆撃機とF35戦闘機は韓国軍機と合流したということです。

    こうした共同訓練はこれまでにも北朝鮮が弾道ミサイルを発射したあとに行われ、今回も今月15日の発射を受けた対応と見られます。

    NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170918/k10011146681000.html

    やはり共同訓練行ってましたね。韓国軍との共同訓練を先に見たので、たぶんしているだろうなとは思っていましたが。

    押していただけると励みになります。

    人気ブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブルーインパルス
    三沢基地航空祭が10日に三沢市で開かれるのを前に、航空自衛隊三沢基地(三沢市)で9日、空自松島基地(東松島市)の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」による予行演習と展示機の一部が、招待者に公開された。
     三沢基地にも部隊を置く米軍は同基地のF16戦闘機のほか、岩国基地(山口県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Bも初めて展示。この日はB1B戦略爆撃機も三沢基地に飛来した。新型輸送機オスプレイの展示はない。
     空自はF2戦闘機やE2C早期警戒機などを紹介。予行演習したブルーインパルスは隊列飛行や、白いスモークでハートマークを射抜く演目など当日の飛行を確認した。
     航空祭は午前9時~午後3時で入場無料。ブルーインパルスのショーのほか、F2、F16などの飛行も実施される予定。基地入場の際には手荷物検査がある。

    河北新報 
    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170910_23036.html 【F35B初展示 ブルーインパルス隊列飛行も きょう三沢基地航空祭】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    img02
    北朝鮮が9日、建国記念日を迎える中、グアムから飛行してきたアメリカ軍の爆撃機と自衛隊機が東シナ海の上空で共同訓練を行いました。

    航空自衛隊によりますと、9日、グアムの基地から飛行してきたアメリカ軍のB1爆撃機2機と自衛隊のF15戦闘機2機が東シナ海の上空で合流し、共同訓練を行ったということです。

    航空自衛隊が公開した写真には、B1爆撃機2機の両側をF15戦闘機2機が挟むように並んで飛行する様子が写っています。

    【北朝鮮の建国記念日に自衛隊機が米軍機と共同訓練】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    海上自衛隊は5日、電子戦データ収集機「EP3」と画像データ収集機「OP3C」が6、7の両日、東シナ海で、米海軍の電子戦データ収集機と共同訓練を行うと発表した。秘匿性の高い両機の訓練実施を公表するのは初めて。日米の結束を示し、核・ミサイル開発を進める北朝鮮や、海洋進出を強める中国をけん制する狙いがあるとみられる。

            

     EP3は、艦艇などから出る電波を探知する能力に優れ、OP3Cは、広域の画像を撮影することができる。いずれも普段、日本周辺海域で、警戒監視活動を行っているとされる。

     海自によると、訓練には日米から計3機が参加。各機が探知した目標物について、情報交換する手順を確認する。

    読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20170905-OYT1T50077.html

    【北・中国けん制、日米のデータ収集機共同訓練へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    深海救難艇
    事故や故障で浮上出来なくなった潜水艦から乗員を救出するための海上自衛隊の深海救難艇(全長12.4メートル、最大幅3.2メートル、全高4.3メートル、排水量約45トン)が神戸市中央区の川崎重工業神戸工場で建造され、4日、着水式が行われた。

     同救難艇は潜水艦救難母艦「ちよだ」に搭載され、沈没艦の現場で海中へ投下される。防衛省によると、1985年完工の救難艇が老朽化しており、更新することになった。

     同工場での救難艇の建造は18年ぶり。受注額は約127億円。設計技術の向上によりこれまでの救難艇より内部が広くとれ、蓄電池を収められた。救出者十数人が収容出来る。内装工事を行った後、来年3月頃に防衛省に引き渡される。式典には、同社や海自関係者ら約160人が出席。池太郎・呉地方総監が綱をおので切ると、つるされていた深海救難艇がゆっくりと着水した。

    読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20170905-OYT1T50019.html?from=ycont_navr_os

    【潜水艦から乗員救出、深海救難艇18年ぶり建造】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    B1F15F35訓練

     航空自衛隊は31日、空自新田原基地(宮崎県)所属のF15戦闘機2機と、米領グアムから飛来した米空軍のB1戦略爆撃機2機、米海兵隊岩国基地(山口県)のF35Bステルス戦闘機4機が同日、九州周辺の空域で編隊飛行の共同訓練を実施したと発表した。

     空自戦闘機とB1爆撃機の共同訓練は頻繁に実施されているが、F35Bが加わったのは初めて。

     小野寺五典防衛相とマティス米国防長官が31日朝の電話会談で、北朝鮮に「目に見える形で圧力をかけ続けていく」ことで一致しており、さっそく日米航空戦力の強固な連携を示した格好だ。

     B1とF35は空自との訓練を終えた後、韓国軍とも共同訓練を行った。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/politics/news/170831/plt1708310033-n1.html

    【F35ステルス戦闘機も参加し日米共同訓練 空自F15、米空軍B1爆撃機と】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    防衛省は、今回の弾道ミサイルについて日本海の上空で3つに分離した可能性があるとしていましたが、さらに分析を進めたところ分離していない可能性もあると説明を改めました。当初はレーダーでとらえたミサイルの航跡では、3つに分離したように見えたことから初期の分析として説明したということです。

    政府は、北朝鮮が29日朝に発射した弾道ミサイルをめぐって、日本海上空で3つに分離した可能性があるなどと、自治体などにメールで連絡するエムネット=緊急情報ネットワークシステムで発信し、菅官房長官が記者会見で説明しました。

    これについて、防衛省は29日夜、さまざまな情報を総合的に分析した結果、分離していない可能性もあるとして、これまでの説明を修正しました。防衛省によりますと、レーダーでは3つのミサイルの航跡が確認されましたが、気象状況などによっては、実際は1つのものが複数に映ることもあるということで、引き続き分析を進めることにしています。


    【防衛省 北朝鮮ミサイル 3つに分離してない可能性も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    PAC3
    航空自衛隊ホームページより

    航空自衛隊は29日、北朝鮮の弾道ミサイル発射に備え、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を米軍横田基地(東京都)、岩国基地(山口県)にそれぞれ運び、部隊を展開する訓練を実施した。在日米軍基地での展開訓練は初。日米一体の迎撃態勢を示し、北朝鮮をけん制する狙いがある。

     空自の部隊が訓練用のミサイルを載せたPAC3の発射機を車両で運び込み、射撃管制装置などを電源車とつなぐ手順を確認。同様の訓練は、三沢基地(青森県)でも9月7日に実施する。

     PAC3は、海上自衛隊のイージス艦の海上配備型迎撃ミサイル(SM3)が撃ち漏らした弾道ミサイルを着弾前に狙うシステム。米領グアムに向けた北朝鮮の発射計画に対処するため、今月12日には島根、広島、愛媛、高知各県の陸上自衛隊駐屯地に配備された。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/photo/story/news/170829/sty1708290004-n1.html

    訓練は大事なことです。

    押していただけると励みになります。

    人気ブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    富士総合火力演習29
    陸上自衛隊ホームページより

    陸上自衛隊による国内最大の実弾射撃演習「富士総合火力演習」が行われた。中国の海洋進出を背景に、6年連続で「離島防衛」がテーマとなっている。

     演習では、ヘリコプターから隊員や車両が降ろされ、素早く展開し、戦車による砲撃などで離島を奪回する作戦の様子などが公開された。約2300人の自衛隊員が参加し、約36トン、2億9000万円分の弾薬が使用された。

     また、陸上自衛隊が尖閣諸島など南西諸島の防衛力を強化するため新たに導入する「水陸両用車」や、従来の主力戦車と同様の射撃能力を持ちながら最高時速100キロで走行できる新型の「機動戦闘車」が、実際に走行する様子が初めて公開された。

    日テレnews24
    http://www.news24.jp/articles/2017/08/27/04370823.html


    【今年も離島防衛がテーマ 富士総合火力演習】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ブルーインパルス
    航空自衛隊ホームページより

    東日本大震災で被災した航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)で27日、震災の影響で中断していた「航空祭」が7年ぶりに復活した。同基地を拠点にする曲芸飛行チーム「ブルーインパルス」などが空中を舞い、県の内外から駆け付けた航空ファンを魅了した。

     震災前は毎年訪れていたという福島県いわき市の石田文晃さん(42)は「航空機が津波で流されていくのをテレビで見ていたので、復活は感慨深い」と話す。震災の翌週に生まれた息子(6)と航空ショーやイベントを楽しみにしていたと笑顔を見せた。
     同基地は2011年、震災の津波に襲われ航空機計28機が水没。滑走路や格納庫も使用不能となり、航空祭も約6万5000人が訪れた2010年を最後に中断していた。復旧や津波対策の工事を終え、昨年は1万人限定の「復興感謝イベント」を実施した。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082700224&g=soc 【被災基地で「航空祭」復活=ブルーインパルスも飛行-宮城】の続きを読む

    このページのトップヘ