かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    カテゴリ: 自衛隊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ザ・ワールド ★ 2018/04/25(水) 11:30:51.92 ID:CAP_USER
    私はもともと、小西議員に対しては、総合的に政府・自衛隊が進めようとしている方向とは違う方向での対応が多いという全体的なイメージで
    小西議員をとらえていました。小西議員から会釈された際、私はあいさつを返すのもどうかと思ったし、
    最初に見たとき、一言思いを述べたいという気持ちが高まりました。
    あいさつを返したくない気持ちもあり、無視をするのもどうかと思って、思わず「国のために働け」と聞こえるように、大きい声で言ってしまいました。

    7、それに対し、小西議員の方からも「国のために働いています。安倍政権は、国会で憲法を危険な方向に変えてしまおうとしているし、
    日本国民を戦争に行かせるわけにいかないし、戦死させるわけにもいかないから、そこを食い止めようと思って、私は頑張ってやっているんです」という
    反論がありました。
    おそらく、小西議員は日頃からネット上やさまざまなところで、いろいろな反対意見・批判を受けていて、
    そのたびに憲法や平和安全法制の話題で対立していたので、この種の反論になれているように感じました。

    8、「戦死」を身近に感じている私にとっては、小西議員の「戦死」という言葉の使い方が非常に軽く感じ、
    私のこれまでの災害派遣任務で経験したヘリから基地に空輸されてきたご遺体を目の当たりにしたときの強い衝撃や使命感、
    そしてすべての自衛官が持っている「事に臨んでは危険を顧みず」という覚悟を軽んぜられたと感じたので、

    「俺は自衛官だ。あなたがやっていることは、日本の国益を損なうことじゃないか。戦争になったときに現場にまず行くのは、われわれだ。
    その自衛官が、あなたがやっていることは、国民の命を守るとか、そういったこととは逆行しているように見えるんだ。
    東大まで出て、こんな活動しかできないなんてばかなのか」とむきになってしまい、言い返してしまいました。

    小西氏「名前と所属を言いなさい」
    3佐 「言いません。なんで言わないといけないんですか」
    小西氏「現役の自衛官がそんな発言をするのは許されない。これは大問題だ。名前と所属を言いなさい」

    3佐 「いいえ、言いません。今は、一国民として私の思いを伝えています」

     私は、再び駆け足に戻ろうとしました。するとそれを止めるように、電話をしながら、少しずつ私から離れていき、
    小西議員側の向かいの交差点にいた警備の警察官に「お巡りさん、お巡りさん、現役の自衛官が・・・、来てください、来てください、お巡りさん!」と
    警察官を呼びました。その時、そのまま走り去ってしまうと、警察官からやましいので逃亡したと誤解されると思い、その場にとどまりました。

    11、その姿を見て、私は「あなたはなんで権力をかさに着るようなことをするんですか。国会議員だったら、
    一国民が言っていることをちゃんと聞くぐらい、いいじゃないですか。

    本当にそういう行為(人の話を聞かない、すぐ通報する、すぐ警察を呼ぶという男らしくない行為)が気持ち悪い」と言いました。

    小西議員は、電話先で「私は参議院の小西ですが、今、現職の自衛官と名乗る男性から私のことを罵倒したり、冒涜するような発言をしている者がいます。
    これは大問題ですから・・・」と通話しており、この後の語尾の方は、明確には聞こえませんでした。

    (略)

    ライブドアニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/14623684/


    【【東大卒でも馬鹿は馬鹿】自衛官「小西議員の戦死という言葉の使い方が非常に軽く感じた」「東大まで出て、こんな活動しかできないなんてばかなのか」小西を罵倒 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/04/24(火) 07:18:29.65 ID:CAP_USER9
    F35
    航空自衛隊ホームページより
     
     レーダーに映りにくい「ステルス機」のなかで最新鋭のF-35ライトニングIIを製造する米国ロッキード・マーティン社は13日、2006年から実施してきたF-35の開発飛行試験(SSD)を終了し「システム開発と実証の段階をクリアした」と発表した。今後は初期運用テストと評価(IOT&E)に進み、大量生産が加速するとともに段階的な能力向上にも着手される。同時に部隊配備や他国への供与も加速するとみられ、特に極東では日本と韓国への配備が軌道に乗ると共に、台湾への供与の可能性も高まっている。(岡田敏彦)

     難産の末

     米ロッキード・マーティン社によると、F-35は06年の初飛行以来、11年間にわたり9200回、1万7千時間以上の飛行試験を行い性能や耐久性を確認したとしている。F-35には空軍型のA型、海兵隊向けのB型、海軍の空母航空団向けのC型の3タイプがあり、特にSTOVL(短距離離陸、垂直着陸)が可能なB型については試験で1500回以上の垂直着陸試験を実施したとしている。

     軍用機も含め一般的な工業製品は設計、試作機の製作と試験を経て性能を実証してから量産されるが、F-35の場合はA~C型といったバリエーション(派生型)を開発することなどから、試験と量産や部隊配備が平行して行われている。

     今回終了したSSDとは、高度や速度の限界域を調べる試験や、飛行時の特性など飛行性能に関する試験と、搭載する武装の投射などの試験。だがこの試験は何度か中断されている。主に搭載するエンジン「F135」のトラブルに起因するもので、2013年にはエンジンのタービンブレードに亀裂が見つかり、既に軍に引き渡されていた約50機が飛行停止に。2014年6月にはエンジン火災事故が発生し全機が一時飛行停止となっている。

    (略)
    産経WEST 2018.4.24 06:30
    http://www.sankei.com/west/news/180424/wst1804240005-n1.html

    【【戦闘機】F35、開発試験終了 最新鋭機が極東に集中する可能性も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2018/04/23(月) 09:44:12.45 ID:CAP_USER9
     南スーダンで2016年7月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛隊部隊が、通常武器を持たない隊員も含め全員に武器携行命令を出したことが22日、分かった。派遣隊員は当時を「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言。PKO参加には「紛争当事者間の停戦合意」など5原則を満たすことが条件で、政府は当時「武力紛争ではない」と説明していたが、参加の根拠が崩れていた可能性が強まった。派遣隊員や防衛省幹部が明らかにした。

     南スーダンPKOで武器携行命令が明らかになるのは2例目。

    共同通信
    https://this.kiji.is/360834515545752673
    no title

    【【黒塗り日報】陸自PKOで武器携行命令 派遣された隊員「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2018/04/20(金) 18:14:42.22 ID:CAP_USER9
    F2
    航空自衛隊ホームページより
     
    [東京 20日 ロイター] - 航空自衛隊の「F2」戦闘機の後継に、米空軍の「F22」と「F35」両方を土台にした機体を開発する案が浮上していることが分かった。
    両機を手がける米ロッキード・マーチン(LMT.N)が、日本政府に非公式に打診した。門外不出とされてきたF22の高性能技術を得られることから、日本が米国との共同開発に踏み切る可能性が高まった。

    日米の複数の関係者によると、ローキードはF22の機体に、F35の電子機器類やステルス技術を組み合わせた戦闘機の開発案を日本の防衛省に伝えた。
    ロッキードは米政府と議会の認可を得た上で、夏までに正式に提案する。

    双発エンジンのF22は高いステルス性と制空能力を兼ね備え、今も米空軍史上最高の戦闘機とされる。日本は一時期輸入を模索したが、米議会が認めなかった。
    トランプ政権はこのほど米国製兵器の輸出を緩和する方針を打ち出しており、今回は認可される可能性がある。

    F2後継機である「F3」の国産を目指していた日本は、三菱重工業 (7011.T)を共同開発のまとめ役に、IHI (7013.T)が手がけるエンジンや、高性能半導体を使った三菱電機 (6503.T)のレーダーをなどを活かしたい考え。「F22とF35のハイブリッド機で、どちらの戦闘機よりも高い性能が期待できる」と、関係者の1人は言う。

    空自のF2は2030年ごろから退役が始まる。防衛省は今夏までに国産、国際共同開発、完成機輸入の中から調達方法を決めるとし、今年3月にはロッキード、米ボーイング(BA.N)、英BAEシステムズ(BAES.L)に対し、共同開発に必要な情報提供を呼びかけた。ボーイングとBAEも夏までに日本に案を提出する。

    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/japan-air-force-f2-idJPKBN1HR0ND


    【空自のF2後継機、F22とF35両機ベースの開発案 ロッキード・マーチン社が日本政府に打診=関係者 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/04/19(木) 07:19:54.70 ID:CAP_USER9

    no title


    「国民の敵だ」3等空佐、路上で小西議員に暴言

    ▼記事によると…

    防衛省は17日、統合幕僚監部指揮通信システム部の30代の男性3等空佐が16日午後9時頃、参院議員会館(東京都千代田区)前の路上で、民進党の小西洋之参院議員に暴言を繰り返したと明らかにした。

    同省は、自衛隊法(品位を保つ義務など)違反の疑いがあるとみて、処分を検討している。

    同省によると、3等空佐は帰宅後にランニングをしていた際、小西氏を見かけ、小西氏の話では、「お前は国民の敵だ」などと発言したという。小西氏は、自衛隊の日報を巡る問題を追及しており、今月5日の参院外交防衛委員会では「安倍内閣の総辞職、大臣も即刻辞職するべきだ」と述べていた。

    4/17(火) 19:43配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00050091-yom-pol

    (略)

    ↓↓↓
    ▼小西洋之議員のツイート(2018年4月17日)

    三等空佐はかつての日本軍では少佐の地位にある青年将校だ。暴言の相手が私でなくどの国会議員でも、この事件の責任を取り小野寺大臣と河野統合幕僚長が即刻辞職しない限り、将来日本に自衛隊によるクーデターが起きるだろう。

    https://twitter.com/konishihiroyuki/status/986203448839307265

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・税金ドロボーが良く言うぜ

    ・本当の事だよね。国会議員の資格はあるのかなあ?

    ・味方いなくて腹痛え、事実言われて怒るとか小学生かよ(笑)

    ・日本語が理解できないようなので、何度でも言ってやる。お前は日本国民の敵だ!公約通り早く亡命しろ。

    ・自衛隊に先に暴言を吐いたのはあなたですよね!国民の敵と言われて当然です!

    ・必死必死wwどんだけ効いてるんだよ。やっぱり図星だから?

    ・そう言って国民を煽るような言葉ばかり吐くからあなたは国民の敵なのですよ。国会議員が軽々しくクーデターなんて物騒な言葉を吐くんじゃない!

    ・クーデターって、あんた正気なの?国民の敵はあなたのほう。関連記事をツイッターで見てみたら?

    https://snjpn.net/archives/48725 

    【【国民の敵】小西洋之「小野寺大臣と河野統合幕僚長が即刻辞職しない限り、将来日本に自衛隊によるクーデターが起きるだろう」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/04/19(木) 01:47:44.96 ID:CAP_USER9
     cn250
    2018年4月18日 / 16:18 / 2時間前更新
    [東京 18日 ロイター] - 防衛省は18日夜、中国のものと推定される無人偵察機が、東シナ海の日本の防空識別圏(ADIZ)内を飛行しているのを確認したと発表した。日本が中国のものとみられる無人機の飛行を確認したのは2回目。領空侵犯はなかった。

    確認したのは今月10日午後の数時間。日本が実効支配し、中国も領有権を主張する尖閣諸島(中国名:釣魚島)の北約160キロ付近で、中国が設定したADIZ内でもある。航空自衛隊が戦闘機を緊急発進させて対応した。防衛省は、中国が開発した偵察用無人機「BZK-005」と推定している。

    防衛省は公表までに1週間以上かかった理由について、国籍や機種を分析するのに時間を要したためとしている。

    日本が中国の無人機の飛行を初めて確認したのは2017年5月。このときは尖閣諸島上空を飛ぶ小型機を海上保安庁が発見し、中国のものと断定した。

    これとは別に、防衛省は18日、中国の「H-6」爆撃機2機が沖縄本島と宮古島間を太平洋へ抜け、バシー海峡方面に飛行したと発表した。空自機が緊急発進した。領空侵犯はなかった。

    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/china-defense-idJPKBN1HP220 

    【【防衛省】東シナ海で無人機の飛行を確認 中国と推定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/04/17(火) 08:33:07.30 ID:CAP_USER9
    日本開発の飛行艇「USー2」インドで製造に向け合意
    50D70330-7C0C-49B9-A0CC-30B3B7BFDE3F
    海上自衛隊ホームページより

    海上自衛隊の救難飛行艇「USー2」のインドへの輸出について日本とインドの政府間で協議が続くなか、インド側が求めていた製造技術の移転へ向けたインドと日本のメーカーの合意が成立し、今後、両国政府の協議が大きく進展する可能性が出ています。
    「US-2」は、高波の中でも着水できる高い性能を持った水陸両用の救難飛行艇で、日本が開発し、海上自衛隊が運用しています。

    日本政府は防衛装備移転三原則に沿って、安全保障で協力関係にあるインドへ輸出するためインド政府との間で協議を続けていますが、インド側は一定数の機体をインド国内で生産することを条件に挙げ、技術移転を求めてきました。

    こうした中、インドの有力財閥「マヒンドラ」傘下の軍事装備品メーカー「マヒンドラ・ディフェンス」は、先週、インド南部で開かれた兵器の国際見本市で、「US-2」を製造している新明和工業と、機体の製造や組み立てなどで協力することで合意し、覚書を交わしたことを明らかにしました。

    マヒンドラ・グループのシュクラ社長は、NHKとのインタビューで、「インド海軍の要請にすぐに応えられるよう、われわれは準備を整えている」と述べて、国内生産へ向けた期待を示しました。

    今回、メーカーどうしが協力で合意したことでインド国内での製造に向けた基礎固めができたことになり、今後、USー2の輸出へ向けた両国政府の協議が大きく進展する可能性が出ています。 

    NHK 
    4月17日 4時49分 
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180417/k10011406351000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004 

    【【海自】日本開発の飛行艇「USー2」インドで製造に向け合意 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/04/17(火) 06:31:28.97 ID:CAP_USER9

    「付近にロケット弾」陸自宿営地、非戦闘地域のはずが

     「戦闘が拡大」「付近にロケット弾が着弾」――。16日に開示された自衛隊のイラク日報には、「非戦闘地域」に派遣されたはずの隊員たちが戦闘に巻き込まれる危険のさなかにあった実態が記されていた。明らかにされなかった点も多い。自衛隊の活動を「非戦闘地域」に限ったので派遣は憲法に違反しない、との政府の説明が再び問われている。

     《復興支援現場に向かう途中の陸自車列が西から東へ走行中、3両目右前方付近で爆発。3両目フロントガラス(二重ガラスの外側)にヒビ、キズ及び右ドアノブ付近にへこみ》

     2005年6月23日。イラク・サマワ郊外を走っていた陸上自衛隊の高機動車両の近くで爆発が起きた。この日の日報には、爆風で複数箇所にキズを負ったという写真とともに、こぶし大の石が散乱している爆発現場の様子の写真が載せられていた。

     自衛隊のイラク派遣を決めた小…
    残り:1699文字/全文:2055文字

    2018年4月17日05時19分 
    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASL4J4GTVL4JUTFK00D.html?iref=comtop_8_02 

    【【非戦闘地域】「付近にロケット弾」陸自宿営地、非戦闘地域のはずが 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/04/09(月) 16:10:57.94 ID:CAP_USER9
    機材トラブルで途中で中止に
    no title


    岡山県でも瀬戸大橋開通30周年イベントが開かれました。

     倉敷市ではきのうの強い風の影響で中止になった「瀬戸大橋魅力再発見フェスタ」が開かれました。会場には瀬戸内グルメや瀬戸大橋に関連したブースなどが並び訪れた人は休日を満喫していました。

     一番の目玉は航空自衛隊の飛行チームブールインパルスです。一糸乱れぬ美しい動きで観客を楽しませましたが、機体の不調により途中で中止になりました。

    (訪れた男性は)
    「すぐ帰っちゃったんで残念ですね」

    (訪れた男性は)
    「ちょっと飛行機残念だったんですけど」
    「いろいろ見れて女の子なんですけどこういうの大好きなんでとても楽しい体験になっています」

    4/8(日) 19:27
    KSB瀬戸内海放送
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00010001-ksbv-l33

    【【岡山】ブルーインパルスまさかの飛行途中で中止… 瀬戸大橋開通30周年イベント 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/04/09(月) 09:14:57.26 ID:CAP_USER
    kr250

    2018年4月7日、聯合ニュースなど複数の韓国メディアは、陸上自衛隊が同日、長崎県佐世保市の相浦駐屯地で、最近新設された「水陸機動団」の発足式を開き、隊員1500人余りが参加した島しょ奪還訓練を公開したことを伝えた。

    記事によると、山本朋広防衛副大臣は、島しょ防衛の重要性を強調する一方で、自衛隊のイラク派遣文書隠蔽問題を取り上げ、「大きな危機感を持っており、基本を徹底することを願う」と述べた。式典には、当初、小野寺五典防衛相が参加する予定だったが、文書隠蔽問題に対応するとして参加を見合わせていた。

    山本副大臣は式典で、水陸機動団の青木伸一団長に部隊旗を渡し、日本を取り巻く安全保障環境が厳しくなる中で、島しょ防衛が非常に重要な課題であることを強調。

    青木団長は「国土と国民を守るという強い意志で離島防衛態勢に臨む」と述べ、日報文書隠蔽問題と関連し「行政機関としての情報管理を徹底して行く」と語った。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

    「島しょではなくて、(朝鮮)半島を意識した組織じゃないのか?」
    「戦争ができるように憲法を改正した後に、独島(日本名:竹島)を奪還するのが本当の狙いか」
    「独島上陸軍だ」
    「独島に来たら、地獄を味わうことになるだろう」
    「島しょ奪還って、独島奪還のことか?」
    「日本の軍隊が上陸して来るとしたら、朝鮮半島の南側がターゲットになるな」
    「独島侵略には徹底的に備えねばならない」

    など、竹島を意識した意見が多く寄せられた。

    また、

    「防衛で留まらないような気がする」
    「防衛に海兵隊は必要ないだろう」
    「日本の野心が垣間見える」

    など、「水陸機動団」の設立目的に懐疑的な意見もみられた。


    2018年4月8日(日) 18時10分
    Record China
    http://www.recordchina.co.jp/b590336-s0-c10.html

    【【韓国メディア】 日本版海兵隊「水陸機動団」発足=韓国でも関心高まる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2018/04/09(月) 14:05:31.18 ID:CAP_USER9
    小野寺五典防衛相は9日の参院決算委員会で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に関する新たな日報を防衛省情報本部で確認したことを明らかにした。

    共同通信
    2018/4/9 13:58
    https://this.kiji.is/355940201127986273

    【【速報】南スーダンPKOで新たな日報確認と防衛相 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/04/07(土) 16:08:38.51 ID:CAP_USER9

    2018年4月7日 / 08:29 / 34分前更新

    [佐世保市(長崎県) 7日 ロイター] - 自衛隊初の上陸作戦能力を持つ水陸機動団が7日、配備先の相浦駐屯地(長崎県佐世保市)で本格始動した。中国の海洋進出をにらんだ南西諸島の防衛力強化の一環で、日本は同機動団をその中核に据える。いずれ3000人規模まで増員するが、本格的な力を発揮するまでには課題も多い。

    「日本版海兵隊」と称される陸上自衛隊の水陸機動団は3月27日に2個連体、約2100人で発足した。4月7日の編成式に出席した山本朋広防衛副大臣は、顔を迷彩色に塗った約1500人の隊員を前に訓示。中国を念頭に「自国の権利を一方的に主張し、行動する事例が多く見られる」とした上で、水陸機動団の創設で「島しょを守り抜くという、わが国の断固たる意志と能力を国際社会に示す」と語った。

    イラク派遣部隊の日報問題の対応に追われる小野寺五典防衛相は出席を取りやめた。

    中国が東シナ海の上空や海上、水中で活動を強める中、日本は南西諸島の防衛力強化を進めてきた。水陸両用車AAVや新型輸送機オスプレイなど、上陸部隊を運ぶ手段を米国から調達。沖縄県与那国島などに陸自の基地を新設したり、那覇基地の戦闘機部隊を拡充、中国艦の動きを警戒する潜水艦の数を増やしている。

    日本がその要に位置づけるのが、新たに発足した水陸機動団。離島が占拠されそうな兆候を察知したらオスプレイで急行して未然に防いだり、実際に占拠されたらヘリコプターからの空挺降下や水陸両用車で上陸する。2018年度末までに2400人、いずれは3個連体、3000人まで増やす。うち1個連体は沖縄本島に配備することを検討している。

    「南西諸島防衛というパズルを埋める有効な一片になる」と、元米海兵隊大佐で、現在は日本戦略研究フォーラム上席研究員のグラント・ニューシャム氏は言う。「日本の戦略に選択肢が増え、対峙する側にとっては複雑さが増す」と、同氏は語る。

    7日の編成式では、離島に見立てた芝生の運動場で水陸機動団による奪還作戦を披露。約220人の機動団員に約20人の米海兵隊が加わり、AAV10両やヘリコプター4機を使って上陸、空砲を撃ちながら前進して敵部隊を制圧した。

    しかし、災害から有事まで、あらゆる事態にいち早く駆けつける米海兵隊のような能力を持つまでには、まだ時間もカネもかかる。水陸機動団を輸送する海上自衛隊、空からの火力で上陸を援護する航空自衛隊との連携が欠かせない。専守防衛を掲げる日本は第2次大戦後、敵地への攻撃的な戦力としても使える上陸作戦能力を整備してこなかった。

    「南西諸島を守るには水陸機動団だけでは十分ではない。適切な海軍力と空軍力、何よりそれらを一体的に動かす必要がある」と、機動団の立ち上げ支援のため日本に派遣されていたニューシャム元大佐は言う。

    具体的には、水陸両用車などを沖合いから発進させつつ戦闘機の発着拠点にもなる広い甲板を有した強襲揚陸艦や、そこに垂直着陸できるF35Bのような戦闘機が必要になると、同氏は指摘する。

    初代団長に就任した青木伸一陸将補は、編成式後に記者会見で、「まだ能力は完全なものではない。今後の訓練のなかで、陸海空がしっかり連携しながら、実効性の向上に努めたい」と語った。 (久保信博、ティム・ケリー)

    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/%E3%8C%E6%A5%E6%9C%AC%E7%88%E6%B5%B7%E5%B5%E9%9A%8A%E3%8D%E3%8C%E5%A7%8B%E5%8B%95-%E8%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E5%9D%E3%AE%E4%B8%8A%E9%B8%E4%BD%9C%E6%A6%E9%A8%E9%9A%8A-idJPL4N1RF35O 

    【【自衛隊】「日本版海兵隊」が始動、自衛隊初の上陸作戦部隊 佐世保 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/04/04(水) 08:27:39.72 ID:CAP_USER9
    2018年現在、世界各国でF-35の配備が進んでおり、同時にいまアメリカ各地の基地では、同機を配備する各国の軍のパイロットたちが訓練に励んでいます。

    ■F-35配備開始、本格稼働のその前に

     2018年1月、青森県の航空自衛隊三沢基地にF-35Aが配備されました。航空自衛隊によると、今後F-35Aを計42機調達し、2017年度に1機、2018年度には9機を三沢基地に配備し、国内初の飛行隊を編成する予定です。

    ルーク空軍基地で展示された航空自衛隊向けF-35A初号機のAX-1
    no title


     このように日本でもF-35が本格的に配備されつつありますが、ほかの国でも同様に配備が進んでいます。F-35の開発パートナーであるイタリア、オーストラリア、オランダ、ノルウェー、デンマーク、トルコ、カナダなどの国々をはじめ、日本や韓国、イスラエルなどの対外有償軍事援助プログラム(FMS)対象国に向けたパイロットの訓練が、F-35のトレーニングセンターを設置するアメリカのアリゾナ州にあるルーク空軍基地にて始まっています。

     航空自衛隊は、アメリカ空軍同基地の第944作戦群(944 OG)の第2支隊(DET2)「Ninjas」の下で訓練を行っており、2017年5月には2名の航空自衛隊パイロットが訓練を修了しています。およそ7ヶ月間の訓練では、実際のフライトを体験する前に徹底した座学とシミュレーターによるトレーニングを行い、最終的な訓練では空対空、空対地のミッションを行いました。

    ■各国のF-35が一堂に 空自初号機の姿も

     訓練を修了したパイロットは「トレーニングでは多くの情報が得られ、戦術や飛行方法についてインストラクターから多くの事を学んだ」とコメントしています。今後は、製造元であるロッキード・マーチンの支援を受けながら、航空自衛隊を含め各国パイロットの訓練が進めれていくとのことです。

    イタリア空軍のF-35A。機体と一緒に装備品も展示
    no title

    ノルウェー空軍のF-35A。同国向けの特別装備品としてドラッグシュートの試験がアラスカで実施中
    no title

    航空自衛隊には、今後42機のF-35Aが調達される予定
    no title


     2018年3月17日から18日にかけ、この基地で行われたエアショーでは、イタリア空軍とノルウェー空軍、そして航空自衛隊のF-35Aが展示され注目を集めました。この航空自衛隊機は、テキサス州フォートワースにあるロッキード・マーチンの工場で製造され、2016年8月24日に初飛行を行った空自向けの初号機、AX-1でした。

     ちなみに、ステルス機のため塗装には制限があり、それぞれの判別はコックピットからやや後方の機体下部に見られるような、ロービジ仕様の国籍マークなどを頼りにするしかありません。航空自衛隊機はその場所に、グレーの日の丸が描かれています。

    ■開発パートナー、オランダの場合は…?

     アメリカに拠点を置く同盟国のF-35も、訓練を活発化させています。

     同機開発パートナーであるオランダは、カルフォルニア州にあるエドワーズ空軍基地に訓練拠点を置き、オランダ空軍第323試験飛行隊のF-35Aで訓練を重ねており、カルフォルニア州にある低空訓練エリアR-2508、通称「スターウォーズキャニオン」では、その姿をしばしば見かけます。オランダでは2016年5月に本土へF-35が到着し、今後は計37機を導入する予定となっています。

    アメリカ海兵隊への導入が進むF-35B 
    no title



    このように、各国では本格的な配備に向けて着々と準備が進んでいます。アメリカ空軍ではF-16からの機種更新で多くの部隊へF-35Aが配備され、アメリカ海兵隊でもF/A-18「ホーネット」やAV-8B「ハリアーII」からF-35Bへの更新が行われています。

     第5世代のステルス戦闘機がアメリカの同盟国に次々と配備され戦術が見直されるなか、航空自衛隊の運用方法にも注目が集まることとなるでしょう。

    2018.04.04
    乗り物ニュース
    https://trafficnews.jp/post/80132

    【【軍事】ステルス戦闘機「F-35」、いよいよ配備が本格化 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2018/04/02(月) 07:47:11.66 ID:CAP_USER9
    no title
     
     防衛省が、外国機の領空侵犯・接近を監視する航空自衛隊の移動式警戒管制レーダーの展開基盤を小笠原諸島(東京都)に整備することが1日、分かった。同諸島周辺は空自の固定式警戒管制レーダーが置かれていないため、「防空の空白地域」で移動式の展開で空白を埋める。太平洋への進出を常態化させている中国の軍用機や空母「遼寧」に対する警戒監視態勢を強化することが不可欠と判断した。

     小野寺五典防衛相は平成26年4月の参院外交防衛委員会で、小笠原諸島など太平洋側の島嶼部には固定式レーダーなどの警戒監視部隊を配置していないとして「防空態勢の面で空白地域となっている」と答弁。防空態勢のあり方を検討するとも述べた。

     一方、南西諸島は宮古島(沖縄県)に空自の固定式レーダーを置いていただけで陸上自衛隊部隊などが配置されておらず、「部隊配備の空白地域」とされてきたが、28年3月、日本最西端の与那国島(同)に陸自沿岸監視隊を配備。空自の移動式レーダーも展開させることにしており、空白は解消されつつある。そのため防衛省は28年度から小笠原諸島で電波環境などを調べる適地調査に着手。当面は固定式レーダーを配備するのではなく移動式レーダーを展開させる方針を固め、展開候補地の絞り込みに入った。

     候補地が決まれば、政府が年内に改定する防衛力整備の基本指針「防衛計画の大綱」と31年度からの「中期防衛力整備計画」に移動式レーダーの展開基盤を整備すると明記する。小笠原諸島に移動式レーダーを展開する部隊は入間基地(埼玉県)の第2移動警戒隊を想定している。

     小笠原諸島は要衝に位置し、防空態勢の整備は中国への抑止力と対処力を強化する上で急務の課題だ。

     中国は有事の対米防衛ラインとして設定した九州-台湾-フィリピンを結ぶ第1列島線について25年7月に早期警戒機が沖縄本島・宮古島間の空域で突破し太平洋に出たことが初めて確認された後、同空域の通過を常態化。28年12月には遼寧が沖縄本島・宮古島間を通過し太平洋に進出した。

     中国は小笠原諸島-グアム-パプアニューギニアを結ぶ第2列島線までの防衛ライン拡大を目指しており、小笠原諸島での防空態勢の穴を放置すれば、中国軍機や遼寧の艦載機が領空侵犯などで威嚇と挑発を強める恐れが強い。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/smp/politics/news/180402/plt1804020003-s1.html

    【【国防】「防空の空白地域」小笠原諸島に移動レーダー配備へ 防衛省、中国空母の監視強化 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/03/31(土) 19:21:18.91 ID:CAP_USER9
     
    D729E24A-51E2-4CF0-9A5A-717363817B2E

    3月31日 15時48分
    有事の際の南西地域での防衛力の強化を図ろうと、熊本を含む南九州3県を管轄する陸上自衛隊の第8師団が、全国で初めて、高い機動力を備える「機動師団」に改編され、31日、熊本市で式典が開かれました。

    熊本と宮崎、鹿児島の3県を管轄する陸上自衛隊第8師団は、今月27日、島しょ部に対する攻撃といった重大な事態に対応する高い機動力と警戒・監視能力を備えた「機動師団」に全国で初めて改編されました。

    これを受けて、31日、第8師団が司令部を置く熊本市北区の北熊本駐屯地で式典が開かれ、隊員などおよそ2000人が参加しました。

    式典では、防衛大臣の代理として出席した福田防衛政務官から機動師団の中核部隊として組織された「即応機動連隊」の連隊長に隊の旗が手渡されたあと、第8師団の吉田圭秀師団長が福田政務官に部隊の改編が完了したことを報告しました。

    このあと開かれた記者会見で、吉田師団長は「改編してすぐに任務遂行に当たれるよう訓練を重ねてきた。南西地域の防衛における抑止力の要として、この改編を絶対に成功させたい」と述べました。

    今回改編された第8師団には、戦車並みの火力を備えながら時速100キロで走行でき、空輸もできる最新式の機動戦闘車が配備され、有事の際には管轄範囲を越えて対応に当たるということです。

    NHK 
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180331/k10011386701000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_022 

    【【自衛隊】陸自第8師団が「機動師団」に改編 南西地域の防衛力強化 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 記憶たどり。 ★ 2018/03/29(木) 09:14:38.15 ID:CAP_USER9
    no title
     
    29日朝、鳥取県の米子空港で、陸上自衛隊のヘリコプターが緊急着陸し、自衛隊などが現場で状況を確認しています。けが人の情報はありませんが、現在、空港の滑走路は閉鎖されています。
    国土交通省美保空港事務所によりますと、29日朝、鳥取県の米子空港に陸上自衛隊のヘリコプターが緊急着陸したということです。

    NHKが米子空港に設置したカメラの映像では、自衛隊のヘリコプターは、滑走路の脇の草地に止まっていて、大勢の自衛隊員が集まり、機体を確認している様子が見えます。

    県などによりますと、このヘリコプターは、28日から続いている島根県隠岐の島町での山林火災の消火活動に向かう途中だったということです。

    ヘリコプターには隊員4人が乗っていて、空港事務所などによりますと、けが人などの情報は入っていないということですが、空港の滑走路は午前8時25分から閉鎖されています。

    米子空港の隣には航空自衛隊の美保基地があり、滑走路などは民間機と自衛隊が共同で使用しています。

    ヘリはUH1

    陸上自衛隊によりますと、鳥取県の米子空港に緊急着陸したのは、山口県にある防府分屯地の飛行隊に所属するUH1多用途ヘリコプターです。

    島根県隠岐の島町で起きた山林火災の消火活動のため、29日朝、岡山県の駐屯地を離陸し、給油のため、米子空港に隣接する航空自衛隊美保基地に向かっていたところ、機器の不具合を示す操縦席の警告灯が点灯したため、午前8時16分に滑走路脇の草地に緊急着陸したということです。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180329/k10011383481000.html


    【自衛隊ヘリが緊急着陸 滑走路閉鎖 鳥取 米子空港】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ティータイム ★ 2018/03/26(月) 09:22:27.64 ID:CAP_USER9

    Osprey

    防衛省は25日、陸上自衛隊に今秋までに納入される垂直離着陸輸送機オスプレイ5機を木更津駐屯地(千葉県木更津市)に暫定配備する方向で調整に入った。
    現行計画の配備先である佐賀空港(佐賀市)の施設整備が難航しているためで、近く地元自治体との交渉に入る。ただ、南西諸島から遠い木更津への配備は、有事への対処が遅れる懸念も指摘されている。

    政府関係者が明らかにした。防衛省は今後4年間でオスプレイ17機を導入し、佐賀空港に配備する計画を進めている。

    今月27日に相浦駐屯地(長崎県佐世保市)で発足する離島奪還作戦の専門部隊「水陸機動団」と連携させ、南西諸島防衛の対処力と抑止力を強化する狙いがある。

    ただ、米軍が運用するオスプレイの事故が相次いだことや、今年2月に目達原駐屯地(佐賀県吉野ケ里町)を離陸した陸自のAH64D戦闘ヘリコプターが県内の民家に墜落したことなどで
    佐賀配備を不安視する地元の声が高まり、計画通りの配備が難しい状況となっていた。

    このため、最初に導入される5機については木更津駐屯地に暫定的に配備する方向となった。同駐屯地には米軍が運用するオスプレイの整備拠点があることなどが決め手となった。
    防衛省関係者は「地元に丁寧に説明し、理解を求める必要がある」としている。必要に応じて格納庫の整備なども検討する。

    ただ、木更津は佐賀に比べて南西諸島から遠く、島嶼(とうしょ)攻撃など有事の際の対処が遅れる可能性もある。

    防衛省幹部は「佐賀と木更津では、部隊展開などに数時間のロスが生じる。一刻を争う事態では致命的な差になりかねない」と語る。

    また、佐賀への配備が進まなければ、木更津配備が「固定化」してしまう可能性も残る。

    ヤフーニュース(産経新聞) 3/26(月) 7:55配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000044-san-pol

    【【防衛】陸自、オスプレイ5機を千葉・木更津に 佐賀難航、暫定配備へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/03/24(土) 12:51:04.49 ID:CAP_USER
    ■旧日本軍の暴走のため、約60年間なかったが、北朝鮮の脅威を名分に陸上自衛隊「陸上総隊」創設 
    ■日本版海兵隊の水陸機動団も新設

    日本の陸上自衛隊が総司令部にあたる「陸上総隊」を新設し、創立以来最大の変化を図る。陸上自衛隊は、軍国主義に対する反省と警戒のためにこれまで一つにまとめることはできなかったが、北朝鮮の脅威を理由に組織統合に乗り出した。

    陸上自衛隊は22日、地方別に分散した部隊である方面隊をすべてまとめて管轄する陸上総隊を27日に新設すると明らかにした。

    陸上自衛隊の山崎幸二幕僚長は「即時機動できる陸上防衛力を柱とする体制に整備する。一元的運営が可能になり、全国で発生する事態に対し柔軟で迅速な防衛態勢を構築することができる」と話した。

    陸上総隊本部は、東京都練馬区にある朝霞駐屯地に180人規模で創設される。

    陸上自衛隊は海上自衛隊や航空自衛隊とは違い、全国に散在した部隊を統合的に運営する組織が1954年の創立以来なかった。

    防衛相が5つの方面隊を個別的に指揮し、防衛相が個別方面隊のレベルを超えて指揮するためには合同参謀議長にあたる統合幕僚長の補佐を受け、各方面隊と協議する複雑な過程を経なければならなかった。

    陸上総隊の創設は2004・2010年の防衛大綱の改定の際にも検討されたが、実現しなかった。政府を意のままに左右するほど暴走し、満州事変、日中戦争、太平洋戦争の開戦を導いた日本陸軍の過去のためだ。

    旧日本軍は主要軍事事項は天皇に権限があるので、政府は関与できないと主張した。1932年、海軍将校と陸軍士官候補生らが首相官邸に乱入し、犬養毅首相を殺害した5・15事件が起こり、1936年には陸軍将校らが大蔵相などを殺害して首相の殺害を試みた2・26事件があった。

    だが、政府が北朝鮮の核・ミサイルの脅威と中国の海洋進出への警戒を強調し、陸上自衛隊の念願が叶うことになった。陸上自衛隊は27日、日本版海兵隊と呼ばれる水陸機動団も発足させる。長崎県相浦駐屯地で2100人規模で発足する。

    自衛隊はこれまで上陸作戦が目的である海兵隊を保有していなかったが、最近の中国の海洋進出の脅威を名分に島しょ防衛が必要だとし、水陸機動団の創設を推進した。


    2018-03-24 08:55
    ハンギョレ新聞
    http://japan.hani.co.kr/arti/international/30122.html


    【【韓国の新聞の反応】軍国主義を主導した日本陸軍、北朝鮮の脅威を理由に「陸上総隊」新設で一つに 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/03/23(金) 06:05:59.22 ID:CAP_USER9
    陸自部隊を一元指揮、「陸上総隊」27日に新設

     陸上自衛隊は22日、全国の部隊を一元的に指揮する「陸上総隊」と、占拠された離島の奪回などを担う「水陸機動団」を27日に新設すると発表した。
     沖縄・尖閣諸島など離島で有事が起きた際や、南海トラフ巨大地震など広範囲に被害が生じる自然災害などへの機動力を強化するのが狙いだ。陸自では今回の組織改編を1954年の創隊以来、最大の改革と位置づけている。
     陸上総隊は180人態勢で、司令部を朝霞駐屯地(東京都など)に置く。北部や東北、東部などこれまで全国五つの方面隊が管轄エリアごとに担ってきた部隊の指揮を有事の際、一手に引き受ける。
     水陸機動団は相浦あいのうら駐屯地(長崎県)に約2100人態勢で発足する。水陸両用車を配備し、離島が他国軍に占拠された際、奪回作戦を行う中核部隊となる。改編ではこのほか、全国15の師団・旅団のうち、2団を「機動師団・旅団」とし、総隊司令官の指揮の下、方面隊の管轄エリアを越えて迅速に展開できるようにする。将来的には計8団が機動団などに移行する。
    (ここまで436文字 / 残り179文字)

    2018年03月22日 22時42分 
    読売新聞 
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20180322-OYT1T50135.html 

    【【陸上自衛隊】陸自部隊を一元指揮、「陸上総隊」27日に新設 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: イレイザー ★ 2018/03/20(火) 16:56:07.83 ID:CAP_USER9
     米軍三沢基地所属のF16戦闘機1機が燃料タンク2個を青森県東北町の小川原湖に投棄し、20日で1カ月。地元や関係者の間では、米軍の事故後の対応を疑問視する声が上がる。米軍は基地に回収のための資機材がないとの理由で迅速な作業に取り掛かれず、災害派遣要請を受けた海上自衛隊が重量換算で全体の94%に当たるタンクの破片を撤去。米軍が引き揚げた分はわずか1%にとどまった。

     「湖にタンクを落とすのを想定内としているのに、撤去するための備えがないとは納得できない」。東北町に住む60代の自営業の男性は首をかしげる。

     基地には米空軍と米海軍が駐留しているが、今回は三沢だけで対応できず、在日米軍司令部(東京)を介し横須賀(神奈川)、佐世保(長崎)両基地の米海軍のダイバーを派遣してもらった。とはいえ、到着時には既に、海自大湊地方隊が大半を回収済み。3月10~13日の4日間、潜水での作業を行ったが、遅きに失した感は否めなかった。

     2月の問題発生を機に全面禁漁となったまま、シラウオとワカサギの産卵期による休漁期間(3月16日~4月20日)を迎えた漁師からも不満の声が相次ぐ。

     60代の男性漁師は「年に一番の稼ぎ時を逸した。どうしてくれるのか」と憤慨。「自分がやったことなのに、米軍からは(漁業者に直接)何の説明もない。補償の話も聞こえてこないし、無責任だ」と続けた。

     F16は1992年4月にも小川原湖へタンクを投棄したほか、海への投棄もたびたび起こしている。

     基地を抱える三沢市の市議会基地対策特別委でも、米軍の対応を問題視する意見が出た。市側は「米軍が、どういう事故が起こったときにどこまで対応できるか確認したい」と回答。現在、三沢防衛事務所を通じて問い合わせ中という。

     東北町の自営業の男性は「(今回の問題は)今後、同様の事態が起きた場合の試金石になった。より迅速に対応できるよう、国や米軍は考えてほしい」と訴える。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00010002-dtohoku-l02
    no title


    【【青森】<タンク投棄1カ月>米軍の破片回収わずか1%、漁業補償説明なく 地元、事故後の対応疑問視 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル