かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: 自衛隊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みなみ ★ 2019/02/23(土) 18:25:33.14 ID:4OIlnbaI9
     no title
    岩屋毅防衛相は23日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の拡大国防相会議(ADMMプラス)の事務レベル会合に合わせ、 4月29日から5月2日まで韓国・釜山沖で行われる海上共同訓練に海上自衛隊が参加することを改めて表明した。
    一方、韓国国防省は22日に海自は参加しないと発表。日本側は戸惑いを見せている。

     岩屋氏は長崎県佐世保市の陸上自衛隊相浦駐屯地を視察後、記者団に「釜山への入港は見送るが、後のプログラムは全部参加する」と述べ、訓練に参加する考えを明言。
    その上で「適宜適切に判断しながら日韓の防衛協力も進めていきたい」とも語った。
    防衛省幹部も「多国間訓練への不参加は日本にもプラスではない」として、韓国側の22日の発表を否定した。

    韓国国防省は、21~22日に釜山で開かれた日韓の事務協議で海自の不参加を合意したと説明している

    2/23(土) 15:25配信  
    ヤフーニュース(朝日新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00000041-asahi-pol


    【【本当はどっち】防衛相、釜山沖訓練に参加表明 韓国は海自不参加と発表 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/02/22(金) 18:04:05.06 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】4月末に釜山で開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)の拡大国防相会議(ADMMプラス)に合わせて実施される多国間の海上共同訓練に日本が参加しないことが22日、分かった。

    韓国政府の消息筋によると、昨日から2日間、釜山で開かれた国際海洋安全保障訓練の事前準備会議に日本代表も出席したが、釜山とシンガポールで開催される同訓練のうち、日本はシンガポールでの訓練にのみ参加することになったという。

    日本の海上自衛隊が釜山沖で開催される訓練への不参加を決めたのは、韓国海軍の駆逐艦が海自の哨戒機に火器管制レーダーを照射したと日本が主張する問題を巡るあつれきによるものと分析される。

     また、日本が釜山で開催される訓練に参加すれば海自の護衛艦「いずも」などが釜山港に寄港しなければならないが、昨年10月に済州島で行われた韓国海軍の国際観艦式で韓国側が日本に自衛艦旗の旭日旗の掲揚自粛を求めた問題が再燃することに対する負担もあったとみられる。

     米国とASEAN諸国が参加する今回の共同訓練は、当初はADMMプラス海洋安保分科委員会の共同議長国である韓国・釜山近海からもう一つの議長国のシンガポールまで移動しながら海賊対策や捜索・救助などの海上訓練を行う内容が検討されたと伝えられた。

     しかし、日本の艦艇の参加を巡り、釜山とシンガポールでの訓練に分離され、最終的に日本が釜山での訓練に参加しないという結論となった。

     日本政府は昨年12月に発生したレーダー照射問題以降、共同訓練への不参加を検討してきた。

     産経新聞は1月26日付の記事で、日本の防衛省が今年の春に海自の護衛艦「いずも」を韓国に派遣する計画だったが、取り消す方向で検討に入ったと報じた。NHKによると、岩屋毅防衛相は同日、共同訓練に合わせて調整してきた護衛艦の釜山寄港について「どういう形で参画することが適切か、よく検討したい」と述べた。

     岩屋防衛相の当時の発言は、「いずも」の釜山寄港見送りを含めて検討するとの考えを示したものとみられる。

     一方で韓国海軍のキム・ミョンス第1艦隊司令官も、2月中に京都府にある海自の舞鶴地方隊を訪問する予定だったが、これを取りやめている。

     韓国海軍と海上自衛隊は毎年、司令官級の指揮官(少将)が交互に相手国を訪れる交流を行っているが、韓日の対立が深まっていることにより中断している状況だ。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190222004400882?section=politics/index
    聯合ニュース 2019.02.22 17:32

    no title

    1月25日、神奈川・厚木基地を訪問した岩屋毅防衛相=(共同通信=聯合ニュース)
    【【日韓の対立】釜山沖の国際海上訓練 海上自衛隊は不参加へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: レバニラ炒め ★ 2019/02/20(水) 10:39:16.75 ID:q8mQa4w+9
    佐藤まさひさ(正久)@SatoMasahisa 10:28 - 2019年2月20日
    航空自衛隊F2戦闘機 レーダーから機影消える 山口県沖 | NHKニュース
    搭乗員2名の生存確認の報。ひとまず安心
    https://twitter.com/SatoMasahisa/status/1098031544306823169

    【【空自F2機レーダー消失】元自衛官・ヒゲの隊長「搭乗員2名の生存確認の報。ひとまず安心」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/02/06(水) 18:33:10.66 ID:CAP_USER
    米海軍第7艦隊は6日までに、海上自衛隊の幹部が佐世保基地(長崎県)配備の強襲揚陸艦「ワスプ」を訪れ、艦載機として運用されている最新鋭ステルス戦闘機F35Bなどを視察したことを明らかにした。

    〔写真特集〕海自最大の「空母型」護衛艦いずも
    no title


     防衛省は新たな防衛大綱に基づき、広い飛行甲板を備える海自の「いずも」型護衛艦(全長248メートル、1万9950トン)を「空母」に改修し、F35Bを導入する方針を決定。空自基地が少ない太平洋上などで「空母」艦上で運用することが想定されている。(2019/02/06-17:28)

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019020600951&g=pol
    時事ドットコム

    no title

    米海軍の強襲揚陸艦「ワスプ」に搭載されている最新鋭ステルス戦闘機F35Bを視察する海上自衛官ら=5日(米海軍提供)

    【【米海軍第7艦隊】海上自衛隊幹部が強襲艦のF35B視察=護衛艦、「空母」改修控え 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/02/05(火) 19:38:18.13 ID:CAP_USER
    韓国駆逐艦による火器管制レーダー照射問題を機に、関心を集めた海上自衛隊哨戒機の活動。青森~沖縄県の海自基地に配備されている固定翼哨戒機の部隊は広大な日本の領海と排他的経済水域(EEZ)を毎日、警戒監視している。不審船や潜水艦に目を光らせ、いち早く発見する実績を挙げてきた。

    レーダー照射された最新鋭のP1哨戒機は厚木(神奈川県)に、長年哨戒任務に就くP3Cは八戸(青森県)、鹿屋(鹿児島県)、那覇(沖縄県)の各航空基地に配備され、オホーツク海など北海道周辺海域や日本海、東シナ海を重点的に監視。岩国航空基地(山口県)にはP3Cをベースに改造された画像情報収集機や、電子戦データ収集機が配備されている。不測の事態に備え、クルーは24時間体制で基地で待機している。
     不審船や潜水艦を発見すれば、自衛艦隊司令部(神奈川県)に報告する仕組みになっており、必要に応じて護衛艦が現場海域に急派される。

    照射問題で「証拠」として注目されたレーダーの電波を受信するのは「非音響員」と呼ばれるクルー。防衛省が公開したレーダー照射の映像で「この音、覚えておいてください」などと受信した電波を音に変換したデータを報告する場面があるが、非音響員が発した言葉とみられる。
     機内には潜水艦を探知・追尾するために海中に投下したソノブイ(音響信号受信・送信機)から得られる情報を解析する「音響員」もいる
     海自哨戒機は過去に不審船や潜水艦をいち早く発見してきた。1999年に能登半島東方の領海で見つかった北朝鮮の工作船とみられる不審船や、2004年に沖縄県・先島諸島周辺の日本の領海内を潜航した中国原子力潜水艦などは、いずれもP3C哨戒機が発見、確認した。
     海上自衛隊幹部は、日韓関係が改善されない状況下での任務について、「隊員は冷静に従来通り任務を続けている。哨戒機が得た情報と搭乗員の分析結果は日本の安全保障や外交に大きな影響を与えるだけに、継続的な警戒監視は極めて重要だ」と話した。(2019/02/03-14:56)

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019020300269&g=soc


    no title

    海上自衛隊厚木航空基地(神奈川県綾瀬市など)に駐機するP1哨戒機=1月25日

    【【韓国の瀬取りも警戒監視】不審船、潜水艦いち早く発見=警戒監視の要、海自哨戒機-レーダー照射で活動注目 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひろし ★ 2019/02/05(火) 18:13:51.15 ID:CAP_USER
     
    main_183
    海上自衛隊ホームページより

    2019/2/5 17:42

     防衛省は5日、今春に計画していた海上自衛隊の護衛艦「いずも」の韓国への寄港を見送ると正式に発表した。韓国海軍艦艇による自衛隊機への火器管制レーダー照射問題などで悪化する日韓関係を反映し、防衛当局間の交流を縮小する形だ。

     防衛省によると、東南アジア諸国連合(ASEAN)拡大国防相会議の関連会合に合わせ、4~5月に多国間の海上共同訓練が韓国沖などで計画されている。その際に、いずもなど数隻の海自艦艇を韓国・釜山に入港させる予定だったが、取りやめる。海上訓練には参加する。

     防衛省報道官は記者会見で「検討の結果、今般の対応が最も適切だと判断

    共同通信
    https://this.kiji.is/465437775898920033?c=39550187727945729

    【【日韓】海自「いずも」韓国寄港見送り 日韓関係悪化で防衛交流縮小  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2019/02/03(日) 20:56:53.29 ID:G1tfZnOs9
    海上自衛隊は2019年2月4日(月)から2月8日(金)まで、シンガポール海軍艦艇の訪日に伴い、護衛艦「すずつき(DD-117)」をホストシップとして派出します。「すずつき」は、SH-60J/K哨戒ヘリコプターを搭載しています。

    訪日するシンガポール海軍艦艇はエンデュアランス級揚陸艦「エンデバー(L210)」で、2月4日(月)は長崎・佐世保港で入港歓迎行事や表敬、2月5日(火)から2月7日(木)まで艦艇相互訪問、文化交流、スポーツ交歓、艦上レセプションといった親善行事を予定しています。

    2月8日(金)に行われる親善訓練は、九州西方海域で戦術運動や通信訓練を通じ、シンガポール海軍との相互理解と信頼関係の促進、海上自衛隊の戦術技量の向上を図ります。「エンデバー」には、クーガが搭載されており、ヘリコプター甲板も装備されています。

    なお、シンガポール海軍艦艇の訪日は今回で18回目、2018年8月のフリゲート艦「テネイシャス(71)」以来です。



    DD-117すずつき
    no title

    FlyTeam 2019/02/03 19:55
    https://flyteam.jp/news/article/105681

    【【韓国以外とは友好】護衛艦「すずつき」、シンガポール海軍揚陸艦の訪日でホストシップ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [CN] 2019/02/03(日) 08:24:07.61 ID:lLBA+kAI0 BE:323057825-PLT(12000)
    C074ED08-0823-4C63-A315-4099EC555A0A

    韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機への火器管制レーダー照射問題の発生以降、韓国艦艇が海自哨戒機に対し、無線による警告を常態化させていることが分かった。
    海自哨戒機の警戒・監視活動が「低空威嚇飛行」に当たるとの主張を正当化する狙いがあるとみられる。政府関係者が2日、明らかにした。

    産経新聞
    https://special.sankei.com/a/international/article/20190202/0001.html

    【【こ、こっちに来るなぁああ】韓国軍、哨戒中の自衛隊に警告無線連発! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2019/02/01(金) 11:41:42.42 ID:CAP_USER
    9D8D4569-E10A-4337-B7E0-12CC33A1C575
     
    ことし上半期に予定されていた自衛隊と韓国軍とのトップ(上層)級交流がすべて白紙になったことがわかった。日韓メディアが1日、報道した。

    日韓の複数メディアはこの日、韓国軍の軍事関係消息筋の言葉を引用したソウル発の記事で、韓国政府が自衛隊哨戒機の低空飛行を主張するなど双方で意見の食い違いが広がっていることと関連し、「自衛隊と韓国国防部の双方が、冷却期間をもつ必要があると判断した」として、このように伝えた。

    一方、岩屋防衛大臣も去る1月29日の記者会見で、韓国の主張と関連して「日韓双方が世論動向を勘案しなければならない」とし、「冷静になる期間が必要」と明かしていた。

    2019年2月1日11時2分配信 WoW!Korea
    http://www.wowkorea.jp/news/japankorea/2019/0201/10228707.html
    【【日韓】自衛隊と韓国軍とのトップ交流、上半期は白紙に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (^ェ^) ★ 2019/01/30(水) 07:28:29.31 ID:Isf0sxwI9
    https://snjpn.net/archives/94119

    no title


    韓国が対馬にちょっかいを出してくる可能性

    江崎道朗
    「韓国が対馬にちょっかいを出してくる可能性があるが対馬に自衛隊は通信部隊のみでまともな警察もないので警備・治安法の強化を併せてやらないと。長崎出身の国会議員が自衛隊配備強化を言わないのは怪訝」

    ▼ネット上のコメント

    ・隣の国の人が対馬の自衛隊員と仲良くなって基地に入り浸って、基地内の情報を収集してた件もありましたね!

    ・策源地を叩けるミサイル基地や携行用ミサイルを装備した歩兵部隊を配備すべきですね。

    ・対馬警備隊は規模こそ小さいですが精強部隊ですよ

    ・土地、買われてなきゃ良いけど…

    ・↑買われてますよ。うちの本家の2軒隣、自衛隊基地の隣、他多数。空家を買い取られて民宿にされて焼肉食って夜は花火で騒いでますよ。10年以上前の竹敷の辺のことですが今はもっとひどくなっているのかも。

    ・放置し過ぎだよね〰🤷

    ・土地はだいぶ買われてる。(;´д`)
    【江崎道朗「韓国が対馬にちょっかいを出してくる可能性がある…長崎出身の国会議員が自衛隊配備強化を言わないのは怪訝」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 次郎丸 ★ 2019/01/27(日) 20:33:08.18 ID:ODzqB9gh9
     kr250
    韓国、海軍幹部の訪日取りやめ 関係悪化を反映  

    【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは27日、韓国海軍が来月に予定していた幹部の海上自衛隊基地訪問を取りやめたと報じた。
    韓国はレーダー照射問題などを巡って、海自哨戒機が韓国艦に低高度で接近する「威嚇飛行」をしたと反発。
    日本側も海自の護衛艦「いずも」の韓国への寄港を取りやめる方向で調整に入っており、防衛当局間の関係悪化を反映した形となった。

     聯合によると、韓国海軍と海自は毎年、交互に艦隊司令官級の幹部が相手国を訪問する交流を行っている。今年は韓国側が、海自の舞鶴地方隊(京都府舞鶴市)を訪れる予定だったが、既に取りやめを日本側に通知したという。

    2019.1.27(Sun) デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/society/world/2019/01/27/0012014654.shtml


    【【日韓】韓国海軍幹部の舞鶴地方隊訪問取りやめ 毎年交互に相手国と交流、関係悪化を反映 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: おでん ★ 2019/01/26(土) 18:04:55.92 ID:IIQrNsCa9

    元海上自衛隊海将・伊藤俊幸

    「(哨戒機の長さが)36m。(哨戒機2機で)約70m。韓国国防省が言うように60、70mなら、
    海を写せば良かった。
    高さが入ってないということは低くなかったということですよ(笑)」

    https://twitter.com/blue_kbx/status/1088950208816283648

    【【威嚇飛行の画像公開】元自衛隊海将・伊藤氏「海を写せば良かった。高さが入ってないということは低くなかったということ(笑)」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: AHRA ★ 2019/01/26(土) 08:04:23.35 ID:UnS5nCEE9
    main_183
     
    海上自衛隊ホームページより

    防衛省は、今春に計画していた海上自衛隊の護衛艦「いずも」の韓国への派遣を取りやめる方向で検討に入った。韓国海軍駆逐艦による海自P1哨戒機への火器管制レーダー照射問題を受け、韓国との防衛協力を当面縮小し、冷却期間を置く必要があると判断した。複数の政府関係者が25日、明らかにした。

     防衛省は、韓国で開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)の拡大国防相会議(ADMMプラス)に合わせ、韓国・釜山港にいずもなど護衛艦数隻を派遣することを計画していた。しかし、昨年12月に韓国海軍駆逐艦によるレーダー照射問題が発生。日本側は再発防止を求めたが韓国側は事実を認めず、逆に海自哨戒機が「低空脅威飛行」をしたとの主張を繰り返した。日本側は今月21日にレーダー照射問題の「最終見解」を示し、韓国との協議を打ち切ったが、韓国側はその後も海自哨戒機の「威嚇飛行」を主張するなど事実に反する発信を重ねている。

     政府関係者は「韓国との防衛協力は重要だが、日韓双方の世論も過熱している。冷却期間を置くのはやむを得ない」と語る。海自護衛艦は釜山への入港は見送るものの、各国海軍と洋上で行う共同訓練への参加は検討を続ける。

     韓国との防衛協力をめぐっては、自民党内から「当面は中止すべきだ」との意見が上がっていた。岩屋毅防衛相は日韓防衛協力の意義を強調する一方、「タイミングや中身にもよる。適切に判断したい」と縮小の可能性を示唆していた。

    2019.1.26 05:00
    産経新聞
    https://www.sankei.com/politics/news/190126/plt1901260003-n1.html

    【【防衛省】護衛艦「いずも」韓国派遣中止へ レーダー照射問題受け協力縮小 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/01/24(木) 21:47:22.35 ID:1CT4xk3r9
    陸自ヘリにレーザー照射 東京・あきる野市上空で


     陸上自衛隊は24日、東部方面隊第1飛行隊(東京都立川市)所属のUH1多用途ヘリコプターが東京都あきる野市上空を飛行中、地上からレーザー照射を受けたと発表した。乗員6人の健康被害は確認されていない。陸自は警視庁五日市署に通報した。被害届の提出も検討している。

     陸自によると、UH1は23日午後5時50分ごろ、JR武蔵五日市駅付近の上空で、駅南側の地上から緑色のレーザーを機体に当てられた。照射は約3分間続いたという。埼玉県ときがわ町で発生した山林火災の現場に 災害派遣され、立川駐屯地に戻る途中だった。

     陸自は「乗員の生命を脅かす危険な行為で、災害派遣任務に 重大な影響を及ぼす恐れもある。深刻に受け止めている」としている。

     陸自のヘリを巡っては、昨年10月にも宮崎県上空でレーザーを照射され、副操縦士の視力が一時低下する問題があり、県警が威力業務妨害容疑などで捜査している。


    毎日新聞【前谷宏】(2019年1月24日 21時27分、最終更新 1月24日 21時27分)
    https://mainichi.jp/articles/20190124/k00/00m/040/254000c

    【【防衛】陸上自衛隊ヘリにレーザー照射、乗員6人の健康被害は確認されず 東京・あきる野市上空で 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひろし ★ 2019/01/24(木) 18:17:06.72 ID:CAP_USER
    7A250B4B-3450-4A2E-B7D1-EDB2939A31E6
     
    平成31年1月24日
    防衛省

    平成31年1月18日(金)午後、北朝鮮船籍タンカー「AN SAN 1号」(IMO番号:7303803)と船籍不明の小型船舶が、東シナ海の公海上(上海の南約410㎞の沖合)で接舷(横付け)していることを海上自衛隊第1海上補給隊所属「おうみ」(佐世保)が確認しました。
    両船舶は、接舷(横付け)した上で蛇管(ホース)を接続していたことから何らかの作業に従事していた可能性があり、政府として総合的に判断した結果、国連安保理決議で禁止されている「瀬取り」(注)を実施していたことが強く疑われます。
     なお、北朝鮮船籍タンカー「AN SAN 1号」は、平成30年3月に国連安保理北朝鮮制裁委員会から資産凍結・入港禁止の対象に指定された船舶です。
    (注)北朝鮮船籍の船舶に対する、又は、北朝鮮船籍の船舶からの洋上での船舶間の物資の積替え
    本件事案についての政府の対応については、「我が国における国連安保理決議の実効性の確保のための取組」をご確認ください。
     (リンク先: http://www.mod.go.jp/j/approach/defense/sedori/index.html

    全文はソースで
    http://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/01/24c.html

    【【疑惑】北朝鮮船籍タンカー「AN SAN 1号」と船籍不明の小型船舶による洋上での物資の積替えの疑い 防衛省が公表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: すらいむ ★ 2019/01/24(木) 17:52:56.21 ID:Z4aBHUkD9
    「機械は嘘をつかない」韓国国防省が”自衛隊機による低空威嚇飛行の証拠”画像を公開、動画の公開は「短い」と消極的 
    no title

    no title

    no title

    no title


     韓国国防省は24日夕方、「自衛隊機による低空威嚇飛行の証拠」とする写真を公開した。

     公開された写真は韓国海軍の駆逐艦から撮影された動画を静止画にしたもので、飛行する自衛隊の哨戒機とともに「右舷通過時、高度およそ60メートル」との説明が加えられている。

     また、赤外線カメラで撮影された別の写真では、機体の全体像は捉えられていないものの「距離およそ540メートルまで接近した」としている。

     これらの高度や距離の根拠として韓国国防省はや計器やレーダーの写真も併せて公開していて、「機械は嘘をつかない」と、日本側への有力な反論になるとの見方を示した。

     一方、動画については「急いで撮ったため短い」として、公開には消極的だ。

    AbemaTIMES 2019年1月24日 17時33分
    http://news.livedoor.com/article/detail/15920353/

    【【“低空威嚇飛行”問題】「機械は嘘をつかない」韓国国防省が“証拠写真”を公開、動画の公開は「短い」と消極的  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/01/24(木) 11:01:28.41 ID:CAP_USER
    kr250

    韓国軍、早ければきょう日本哨戒機近接威嚇飛行の映像を公開

    韓国軍が早ければ今日にも海軍の駆逐艦「大祚栄」に近接して威嚇飛行した日本哨戒機の映像を公開すると発表した。

    韓国通信社「聯合ニュース」は24日、早ければ今日にも日本哨戒機の近接威嚇飛行映像が公開される予定だと報じた。
    また、政府関係者が「大祚栄で撮影された日本哨戒機の威嚇飛行映像を現在分析中」としながら
    「映像が公開されれば威嚇飛行をしなかったと強気に出ている日本の主張がうそであることが分かるだろう」と話したと伝えた。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/article/499/249499.html?servcode=A00&sectcode=A10
    【【お笑い動画と予想】 韓国政府関係者 「大祚栄で撮影された映像が公開されれば威嚇飛行をしなかったという日本の主張がうそであることが分かるだろう」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: AHRA ★ 2019/01/24(木) 10:06:43.49 ID:MpfIMMSp9
    p-3c_06l
    海上自衛隊ホームページより

     「低空飛行の客観的な証拠はあるのか」。韓国国防省が、日本の哨戒機が韓国艦に対する「低高度の威嚇飛行を行った」と主張したことに対し、海上自衛隊幹部は「何を根拠に主張しているのか」と否定し、不快感をあらわにした。レーダー照射問題後も「日韓の未来志向の関係構築」を呼び掛けた日本側の努力は、かき消された形だ。

     韓国側が低空飛行を主張した東シナ海の海中岩礁・離於島(イオド)は、長崎市の西方約450キロ。韓国の済州島南西方約150キロにあり、日中韓の防空識別圏(ADIZ)が重なる海域だ。日本側はP3C哨戒機を配備する海自鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)の管轄エリアとなっている。

     ◇三次元レーダー装備しているのか

     ADIZは領土・領空の範囲を決めるものではなく、領空・領海の外側に防衛ラインを引き、公海上で警戒したり、領空・領海に接近する航空機や艦船に警告したりするために存在する。ADIZに航空機が飛来すれば航空自衛隊の戦闘機が発進し、艦船が航行すれば海自の哨戒機や護衛艦が監視することになる。
     韓国側は、自衛隊哨戒機が距離約540メートル、高度約60~70メートルで「低高度の近接威嚇飛行」を行ったとし、今月18日、22日にも韓国艦に対し「威嚇飛行」を実施したとも主張した。
     海自関係者によると、艦船から航空機までの距離は水上レーダーで分かるが、高度については艦船が3次元レーダーを装備していなければ目視で測定するしかないという。同レーダーは比較的新しい軍艦に装備されているといい、今回の韓国艦が装備しているかどうかは不明だ。

     自衛隊幹部は「火器管制レーダー照射問題で分が悪く、後戻りできない韓国側は国内世論向けに、海自の通常の警戒監視を低空飛行と言い続けるのだろう」と指摘。「韓国側が主張する高度60~70メートルの飛行というのはあり得ない。客観的な証拠があるなら開示すればいい」と話した。
     防衛省では連日、陸海空の統合図上演習が行われており、迷彩服姿の隊員たちも、韓国国防省の発表にうんざりした様子だった。

     ◇太平洋艦隊司令官と24日会談
     防衛省では23日、日豪防衛相会談が行われ、同日午後6時半から行われた岩屋毅防衛相の記者会見は、もともとは会談結果を発表する場だった。しかし、会見では韓国国防省の発表内容に質問が集中。オーストラリア軍は北朝鮮船の瀬取り対策でも緊密に連携している重要なパートナーだが、会談の成果もかき消された形となった。
     岩屋防衛相は24日には米太平洋艦隊司令官と同省と会談する。悪化する日韓関係について意見交換するのかも注目される。

    2019年01月24日07時00分
    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019012400293&g=soc
    【【韓国は敵国として対応せよ】海上自衛隊「低空飛行、証拠あるのか」=防空識別圏必ず監視 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (^ェ^) ★ 2019/01/23(水) 21:21:38.46 ID:DyIOlDA79
    0B264EBC-5BBF-42FD-8479-22CE814740FE
     
    https://snjpn.net/archives/92699

    韓国軍「日本が再び低空で威嚇」 防衛省「事実ない」

    ▼記事によると…

    ・韓国軍の幹部は、緊急の記者会見を開き、海上自衛隊の哨戒機が、23日午後、東シナ海で韓国軍の艦艇に対して、低空で威嚇飛行をしたとして、強く非難しました。

    ■防衛省幹部「低空飛行の事実はない」
    防衛省幹部は、NHKの取材に対し、「自衛隊の哨戒機は、通常の警戒監視活動を行っていたと報告を受けており、低空飛行を行ったという事実はない」と話しています。

    また別の防衛省幹部は、「照射問題があって、日韓関係が悪化している中、現場では、通常より一層、注意して活動を行っており、低空での威嚇飛行などありえない。韓国側が事実関係を変えてまで、嫌がらせをしてきているようなもので、今回の発表は非常に残念だ」と話しています。

    ■海上自衛隊「通常と異なる飛行の報告はなし」
    韓国側の主張について、哨戒機を運用する海上自衛隊は、「通常と異なる飛行を行ったという報告はなく、韓国側が主張するような低い高度で飛行することは考えにくい」としています。

    2019年1月23日 17時14分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190123/k10011788301000.html

    ▼ネット上のコメント

    ・証拠見せないで口頭で自信満々なのほんと凄い

    ・なめられすぎ

    ・どっちが最後にバ○って言うかみたいなレベルの低さ

    ・これだけの事をずっとやってきてるのに日本はなんで何も報復しないの?これマジで教えて

    ・映像ぐらい撮ってないの?

    ・なんかこの類いのニュースを見るのも疲れてきた

    ・もう、なんでもありだねwww

    【韓国軍幹部「日本が再び低空で威嚇」→ 防衛省幹部「低空飛行の事実はない」 ネット「日本はなんで何も報復しないの?」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひろし ★ 2019/01/23(水) 21:16:12.59 ID:CAP_USER
    kr250
     
    韓国 海自哨戒機が威嚇飛行 無線に応答しなかったと説明

    2019年1月23日 20時38分

    韓国軍の関係者は、日本の哨戒機が韓国軍の艦艇に対して威嚇飛行をしたとする発表について、23日夜、韓国の記者団に対して説明しました。

    それによりますと、海上自衛隊の哨戒機が、23日午後、韓国軍の駆逐艦に対して、低空で威嚇飛行し、これに対して韓国軍の駆逐艦は無線でおよそ20回にわたり、艦艇から離れるよう警告したものの応答がなかったとしています。

    また、哨戒機の飛行の意図について「射撃管制用レーダーの周波数を収集しようとしたのではないか」と述べて、日本の哨戒機が、わざと射撃管制用レーダーを照射させようと接近したのではないかという見方を示しました。

    また日本の哨戒機が今月18日と22日にも威嚇飛行をしたとの主張について韓国軍の関係者は、18日は、艦艇に対して、高度60から70メートルで距離1.8キロ、22日は、高度30から40メートルで距離3.6キロまで接近したと説明しました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190123/k10011788661000.html

    【【嘘つき韓国】海自哨戒機が威嚇飛行 無線に応答しなかったと説明 韓国軍関係者「射撃管制用レーダーの周波数を収集しようとしたのではないか 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル