かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。


    カテゴリ: 自衛隊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    main_183
    海上自衛隊ホームページより

    海上自衛隊は、最大の護衛艦「いずも」が南シナ海で行った訓練を初めて公開しました。海洋進出を強める中国を牽制する狙いがあります。

     我々がいずもに乗っている5日間で、中国軍とみられる航空機が付近を飛行したということです。情報収集のためなのか、警戒監視のためなのか詳細は分かっていません。
    いずもは中国が主張する九段線の付近まで航行しましたが、水平線のかなたに大型タンカーがわずかに見えるくらいで、中国艦艇の姿はありませんでした。 
    【海自護衛艦「いずも」、南シナ海での訓練を初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    陸上イージス1

    防衛省は、陸上配備型の新たな迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入に向けた関連経費を2018年度当初予算案に計上するよう要求する方針を固めた。北朝鮮の弾道ミサイルへの対処能力を高める狙い。候補に挙がっていた高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD=サード)の導入は見送られる。

     複数の政府関係者が22日までに明らかにした。防衛省は17年度予算でコンピューターのシミュレーションなど新装備の導入に向けた調査費を計上。来年度はイージス・アショアに限定した調査費を盛り込み、防衛力強化を示したい考えだ。7月に防衛省内で装備品のあり方などを検討する「統合機動防衛力構築委員会」(委員長=若宮健嗣防衛副大臣)を開き、イージス・アショアが適当との意見をまとめる方向で、概算要求を経て来年度予算案に計上される公算が大きい。

      【陸上イージス、予算案計上へ THAADは見送り】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    SM-3
    防衛装備庁は22日、日米両政府がミサイル防衛(MD)の一環として共同開発している海上配備型迎撃ミサイル(SM3ブロック2A)で標的を迎撃する2回目の試験を行ったと発表した。成否には触れていないが、防衛省関係者によると、標的を撃ち落とせなかったという。日米はデータを詳しく解析し、今後も開発を進める方針。

     同庁によると、試験は同日、米・ハワイ沖で実施。上空を移動するミサイルに見立てた標的を米軍のイージス艦から発射したSM3ブロック2Aで迎撃するという内容だった。

     同庁は2月に行った初の迎撃試験の結果について「一連の動作や迎撃が正常に行われた」と発表している。

    共同通信
    https://this.kiji.is/250641549298206197/amp?c=39550187727945729

    【新型ミサイル迎撃試験失敗】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    img02
    航空自衛隊ホームページより

    航空自衛隊は2017年6月20日(火)、九州周辺の空域でアメリカ空軍と共同訓練を実施しました。この訓練は、日米共同対処能力や部隊の戦術技量の向上を目的に実施しました。

    参加部隊は、空自は新田原基地の第5航空団所属の「22-8806」「52-8851」のF-15Jが2機、アメリカ空軍はグアムのアンダーセン空軍基地に前方展開する第9遠征爆撃飛行隊所属B-1Bランサーの2機です。訓練項目としては、編隊航法訓練を行いました。

    B-1Bは九州周辺の東シナ海の上空で空自と訓練を行った後、韓国空軍のF-15Kとも訓練を実施しました。この2カ国との訓練に伴い、B-1Bはおよそ10時間に渡る飛行となりました。

    Fly team
    http://flyteam.jp/news/article/80748

    関連ニュース

    米爆撃機2機、韓国上空で合同訓練 北朝鮮に米韓の攻撃能力誇示
    http://katasumisokuhou.blog.jp/archives/2403584.html

    空自の訓練の後に、韓国で訓練を行ったんですね。

    押していただけると励みになります。

    人気ブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    F35
    航空自衛隊ホームページより

    三菱重工業は2017年6月20日(火)、愛知県の小牧南工場内F-35最終組み立て検査施設「名古屋FACO」で最終組立したF-35A「AX-05」、機番「79-8705」による2回目に実施した飛行で緊急着陸しました。CBCニュースによると11時30分ごろに離陸し、12時30分前に名古屋小牧空港に緊急着陸しました。異常を示すランプが点灯したことを受けて、緊急着陸したもので、同空港の滑走路は10分から15分ほど閉鎖されましたが、民間機の定期便への影響はありませんでした。

    「AX-05」はテスト飛行を経た後、アメリカへフェリーされる予定ですが、6月20日もそのテスト飛行が実施されていたものとみられます。

    Fly team
    http://flyteam.jp/news/article/80725

    無事緊急着陸できて良かったです。異常は何処だったのでしょうか

    押していただけると励みになります。

    人気ブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    main_183

    海上自衛隊の最新鋭艦「いずも」は19日から、東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国の士官を乗せて南シナ海を航行する。日本は中国が軍事拠点化を進める南シナ海への関与を強める方針で、艦上で勉強会を開き、この海域で起きている情勢の認識や国際法を順守することの重要性をASEAN各国と共有したい考え。
    防衛省の発表によると、いずもは19日にシンガポールを離れ、23日まで周辺海域を航行する。南シナ海の一部を巡って中国と領有権を争うフィリピン、ベトナム、マレーシア、ブルネイだけでなく、対中関係を重視するカンボジアやラオスも含め、ASEAN全加盟国の若手士官を招待した。


    【海自「いずも」にASEAN10カ国の士官が乗艦、南シナ海を航行】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    PAC3
    航空自衛隊ホームページより

    北朝鮮による弾道ミサイルの発射が相次いでいることを踏まえ、地上配備型の迎撃ミサイル「PAC3」の展開訓練が、15日朝、全国で最初に愛知県の航空自衛隊小牧基地で実施されました。


    防衛省は、北朝鮮による弾道ミサイルの発射が相次いでいることから、地上配備型の迎撃ミサイル「PAC3」の展開訓練を全国で順次、実施することになり、最初の訓練が15日朝、愛知県の小牧基地で始まりました。

    午前4時半すぎ、航空自衛隊岐阜基地から「PAC3」を装備している部隊の第4高射群がミサイルの「発射台」や「レーダー装置」などを車両で小牧基地に搬入しました。


    【航空自衛隊小牧基地で迎撃ミサイルPAC3の展開訓練】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    C-1
    航空自衛隊ホームページより

    鳥取県境港市の米子空港で航空自衛隊美保基地(同市)の新型輸送機C2が草地に突っ込んだ9日のトラブルで、同機種が開発段階の2012年にステアリング(ハンドル)が利かなくなる不具合を起こしていたことが、航空幕僚監部への取材で分かった。今回のトラブルでも同様の不具合が起きており、空自は関連を調べている。

       

      【新型輸送機C2 開発中にも同様のハンドル不具合】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

      F35
      航空自衛隊ホームページより

      航空自衛隊が将来の主力戦闘機として導入するステルス戦闘機、F35の国内製造の1号機が、13日午前、愛知県の県営名古屋空港で初めての試験飛行を行いました。

      F35はアメリカなど9か国が共同開発した機体で、航空自衛隊が将来の主力戦闘機として、今後、42機を導入する計画です。日本は開発には参加していませんが、愛知県の三菱重工の工場で国内向けの機体の組み立てなどが行われていて、国内製造の1号機が今月5日に公開されました。

      【将来の主力戦闘機F35が初の試験飛行】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
      suaba

      6月10日(土)午後1時頃、海上自衛隊第3護衛隊所属「ひゅうが」(舞鶴)が、福江島の西約100kmの海域を北東進するロシア海軍スラバ級ミサイル巡洋艦1隻及びドゥブナ級補給艦1隻の合計2隻を確認した。その後、当該艦艇が対馬海峡を北上し、日本海に向けて航行したことを確認した。
      なお、当該艦艇は、4月6日(木)に大隅海峡を西航した艦艇2隻と同一である。

      統合幕僚監部
      http://www.mod.go.jp/js/Press/press2017/press_pdf/p20170612_01.pdf

      空と海と、ロシアも挑発に来ています。潜水艦が海中で追尾したかもしれませんね。

      押していただけると励みになります。

      人気ブログランキング

        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
      PAC3
      航空自衛隊ホームページより

      稲田朋美防衛相は13日午前の記者会見で、北朝鮮が弾道ミサイルを相次ぎ発射している情勢を踏まえ、航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)部隊を機動展開する訓練を15日から全国で実施すると発表した。

       15日は岐阜基地の第4高射群が小牧基地(愛知県)にPAC3を展開。16日は春日基地(福岡県)の第2高射群が福岡駐屯地に、21日は入間基地(埼玉県)の第1高射群が朝霞駐屯地(同)に、26日は第2高射群が北熊本駐屯地に移動する。それぞれ20~30人が参加し、発射機などの運搬や組み立て、作動確認の手順を確認する。実弾は発射しない。

       

      【PAC3展開訓練を実施へ 15日の小牧基地皮切りに】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
      main_183
      海上自衛隊ホームページより

      海上自衛隊は12日、ヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」と護衛艦「さざなみ」が9、10の両日、南シナ海で米国、オーストラリア、カナダ各国の海軍艦艇と計5隻で陣形や通信などの共同訓練を行ったと発表した。日米豪加4カ国の枠組みによる共同訓練は初めて。

      産経新聞
      http://www.sankei.com/politics/news/170612/plt1706120018-n1.html

      南シナ海のどの辺りですかね。中共が発狂しそうですが。

      押していただけると励みになります。

      人気ブログランキング

        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
      goudoukunren

      自衛隊は9日、海自の護衛艦2隻と米海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」が3~9日の間、日本海から沖縄東方までの海域で共同訓練を実施したと発表した。うち6日は空自那覇基地の戦闘機なども参加した。挑発を続ける北朝鮮に加え、東シナ海の海空域への進出を強める中国を牽制する狙いがある。

       

      【海自イージス艦「あしがら」と米海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」が共同訓練 ヘリ搭載型護衛艦「ひゅうが」も参加】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

      F35
       航空自衛隊に配備される最新鋭ステルス戦闘機F35のうち、国内企業が製造に参加した初めての機体が完成し、5日、三菱重工業の小牧南工場(愛知県豊山町)で公開された。試験飛行を経て、2017年度中にこの機体を含めた2機が防衛省に引き渡される見通し。

       F35は老朽化したF4戦闘機の後継機。レーダーに映りにくいステルス性に優れ、ほかの航空機や艦船と多くの情報が共有できる。高い機動力とミサイル探知能力を有し、17年度末から青森県の空自三沢基地に順次配備され、米軍の同型機と連携して領空侵犯や北朝鮮の警戒監視活動に当たることが想定される。

      共同通信
      https://this.kiji.is/244311841865433090?c=39550187727945729

      遂に配備されるのですね。日本の空を頼みます!

      押していただけると励みになります。

      人気ブログランキング

        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

      main_183
      海上自衛隊ホームページより

      フィリピンに寄港している海上自衛隊の最大級の護衛艦「いずも」を、ドゥテルテ大統領が急きょ視察し、大統領としては、中国に接近する姿勢を強める中でも、関係を重視する日本との間でバランスをとった形です。

      フィリピンのドゥテルテ大統領は4日、北部ルソン島のスービック港に寄港している海上自衛隊の護衛艦「いずも」を視察しました。
      「いずも」は全長およそ250メートルと海上自衛隊最大級の護衛艦で、艦橋を甲板の片側に寄せた空母のような形をしていて、最大で14機のヘリコプターを搭載することができます。

      【フィリピン寄港の海自護衛艦 ドゥテルテ大統領が視察】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
      main_183

      海上自衛隊の最大級の護衛艦「いずも」が活動を活発にしているとして、新華社通信は30日の記事で専門家の見解を紹介した。

      日本の「いずも」は5月初めに米海軍の補給艦の防護任務を実施し、15日にはシンガポール海軍主催の国際観艦式に参加。20日にはベトナムのカムラン湾に寄港し、26〜27日に南シナ海で日米の共同訓練に参加した。

      「いずも」の活動について海外の専門家は、「安倍政権は米国との軍事的なつながりを強め、周辺国の支持を得て南シナ海の情勢を乱そうとしている。さらに、周辺情勢の緊張化を利用し自衛隊の活動範囲を広げようという狙いもある」と指摘している。

      記事では、「『いずも』は各国に寄港して表面上の「友好的な交流」を行っているが、日米の軍事活動の活発化により日本国内や周辺国の世論で危機感が生まれている。これは日本と周辺国家にとっては関係悪化の潜在的な脅威であり、日本が軍事的な存在感を示すことは関連地域の情勢の緊張化を悪化させるだけだ」と結んだ。

      Record China
      http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=176104

      中共は恐ろしいでしょうね。どんどん嫌がることをしていきましょう。さんざん向こうは捏造や嘘で日本を貶めてきましたから。国内にいる工作員を一掃できるような法の整備も必要です。台湾を首相が、天皇陛下が訪問するといったことは最大級の嫌がらせになりますね。

      2chの反応

      >まず、鏡を見てから
      考えてみろ。

      >周辺国の支持を得て南シナ海の情勢を乱そうとしている。 → ×

       周辺国の支持を得て南シナ海の情勢を正そうとしている。 → 〇

      >「遼寧」で友好的な交流しようってんだろ?なんで「いずも」なら問題あるんだ?w

      >どの口が言うのか図々しい

      >おめえンとこのポンコツ空母は何なんだよw
      「地域の混乱」か?
      もしくは「お笑い芸人的な交流」なのか?ww(´・ω・`)

      >賑やかしの屋台船だろ?

      >>周辺国の支持を得て南シナ海の情勢を乱そうとしている。 
      支持を得ているなら乱すことにはならんのだが?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

      >日本に侵略する気が無いのならまったく気にする必要が無かろう!
      気になるのは、後ろめたい物があるからだろう!
      中ロは侵略国家だからな!いい加減自治区開放しなさいよ!

      >ただヘリ乗っけてるだけじゃん、なんでそんなに恐いの?

      >シナチョンは、しきりに日本の軍国化はアジアの国々の脅威と言ってるが

      ベトナムカムラン湾やフィリピン、シンガポールに海自艦船が大手を振って寄港できるように

      なったね。 シナチョン以外のアジア各国には概ね好評みたい。

      ブルネイに日米豪欧などの艦船が寄港したとき、ブルネイ国王は海自の「ひゅうが」だけ

      乗船視察したもんな。

      >中国が尖閣と南沙から手を引けばいいだけ
      周辺国は迷惑している

      >余程日本の対潜装備が怖いみたいだな
      まあ実際対潜戦闘に関しては中国を圧倒してるけどな

      >基本的には東南アジアの友好国にこんな船を造りました
      ヨロピクねとお披露目するのは普通のことです
      それが目的でしょう
      伝説の帝国海軍が復活したと行った先で思う人はいるでしょうけど
      Show The Flag ですよ

      押していただけると励みになります。

      人気ブログランキング

        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

      hyuga
      海上自衛隊ホームページより 

      海上自衛隊の護衛艦「ひゅうが」(全長197メートル)などが1日にも、米原子力空母「ロナルド・レーガン」と「カール・ビンソン」の2隻と日本海で共同訓練を行うことがわかった。

       ミサイル発射を繰り返す北朝鮮へのけん制を強める狙いがあるとみられる。

       日米の政府関係者によると、ひゅうがは31日朝、舞鶴基地(京都府)を出港した。一方、ロナルド・レーガンは、5月16日に横須賀基地(神奈川県)を出港して31日に日本海に進出。カール・ビンソンは、4月末から朝鮮半島沖に展開し、韓国軍と共同軍事演習を行ってきた。

       日米の共同訓練では、陣形を変えながら航行したり、交信手順を確認したりする見通し。両空母には、ミサイル駆逐艦などが随伴しており、計10隻近い艦艇が参加する可能性がある。

      読売新聞
      http://www.yomiuri.co.jp/national/20170601-OYT1T50000.html?from=ytop_ylist

      カール・ビンソンは韓国軍の発表で帰国するとありましたが、この訓練後でしょうか。空母展開で得られた結果は核実験の停止くらいですね。ミサイル実験は対抗するようにしていますが。でもまだ低い確率ですが、北朝鮮攻撃の可能性はあります。

      押していただけると励みになります。

      人気ブログランキング

        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
      photo26
      航空自衛隊のホームページより

      航空自衛隊は29日、空自のF15戦闘機2機がグアムから飛来した米空軍のB1戦略爆撃機2機と、九州周辺の空域で共同訓練をしたと明らかにした。政府関係者によると、九州の西方を朝鮮半島方向に北上した。弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮をけん制する狙いがある。

       空自によると29日午前、編隊を確認しながら経路や高度、速度を事前の計画通りに飛ぶ訓練を実施した。同様の訓練はたびたび行われている。

      産経新聞
      http://www.sankei.com/photo/daily/news/170529/dly1705290022-n1.html

      定期的な訓練プラス牽制の意味もあるのでしょうが、有事が近いのかもというのも考えられます。

      押していただけると励みになります。

      人気ブログランキング

        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

      main_183
      海上自衛隊ホームページより

      海上自衛隊は28日、ヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」と護衛艦「さざなみ」が、南シナ海で「航行の自由」作戦を実施した米海軍のミサイル駆逐艦デューイと26~27日、南シナ海で共同訓練したと明らかにした。海自によると、護衛艦は「航行の自由」作戦には参加しておらず、共同訓練は編隊の確認や通信などだった。

      産経ニュース
      http://www.sankei.com/politics/news/170528/plt1705280022-n1.html

      ベトナムに来てましたから訓練をしたのでしょう。航行の自由作戦に参加すると、中共の発狂ぶりが凄まじいでしょうから。

      押していただけると励みになります。

      人気ブログランキング

        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


      main_183
      さざなみ113_04l
      海上自衛隊ホームページより
       
      【カムラン(ベトナム中部)=吉田健一】海上自衛隊で最大級の護衛艦「いずも」が20日、南シナ海に面した軍事要衝・カムラン湾に寄港した。

       米軍を中心に日豪なども参加する国際災害救難訓練「パシフィック・パートナーシップ」の一環で、日米の艦船が初めて同時に寄港して日米の結束を誇示し、南シナ海の軍事拠点化を進める中国を強くけん制する形となった。

       20日午後、同湾国際港に日の丸と星条旗の日米の国旗がはためく中、「いずも」と「さざなみ」の護衛艦2隻が接岸した。海自艦艇の同港への寄港は2016年4月に実現しているが、「いずも」の寄港は今回が初めてだ。

       伍賀祥裕・第1護衛隊群司令は記者会見し、いずもの訓練参加について「アジア太平洋地域の平和と安定に対し、わが国のさらなる貢献を示す」と語った。

      YOMIURI ONLINE
      http://www.yomiuri.co.jp/national/20170520-OYT1T50120.html?from=y10

      米軍補給艦の護衛任務のあと、東南アジアに向かうとありましたが、本日到着したのですね。中共は遺憾の意を示すでしょう。尖閣諸島付近でも演習をすればいい。大きな牽制になります。


      人気ブログランキング

      このページのトップヘ