かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。

    カテゴリ: タイ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    th250
    タイで、職務怠慢の罪に問われた前の首相のインラック氏が判決の言い渡しに現れず、国外に逃亡したと伝えられる中、プラウィット副首相は、インラック氏が、国境を越えて隣国のカンボジアへ向かったとの見方を明らかにしました。

    タイの前首相のインラック氏は、在任中の政策をめぐり国に巨額の損失を与えたとして、職務怠慢の罪に問われていましたが、先月25日、判決の言い渡しに現れず、国外に逃亡したと見られています。

    こうした中、タイの警察は21日夜、中部ナコンパトム県で、インラック氏が逃亡に使ったと見られる車を発見し、関与した疑いのある警察官3人を拘束しました。

    3人のうち1人は幹部で、現在も取り調べは続いていますが、タイのプラウィット副首相は、22日記者団に対し、3人が逃亡を手助けしたことを認めたことを明らかにしました。

    【タイ インラック前首相 カンボジアに向かい逃亡か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問がイスラム系少数民族ロヒンギャに関する演説で、イスラム教徒の大半が国内にとどまっていると語ったことについて、タイ・ロヒンギャ協会のサイード・アラム会長は19日、「イスラム教徒の半数以上がミャンマーを去った。彼女はうそをついている」と批判した。
     会長は取材に対し、スー・チー氏が難民の帰還に前向きな姿勢を示したことに関しても、「信じられない」と否定的。既に掃討作戦は終了したという説明には、「終わっていないのは明らか」と反発した。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091901208&g=int

    ロヒンギャの人々はアウン・サン・スー・チーの言葉を信じていないと言うことです。戻る人は少ないでしょう。

    押していただけると励みになります。

    人気ブログランキング
    【スー・チー氏は「うそつき」=ロヒンギャ協会会長-タイ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ヤラ県
    タイ南部ヤラ県で14日、連続爆弾事件が発生し、警察によると兵士2人が死亡、民間人を含む27人が負傷した。警察は反政府イスラム武装勢力の犯行とみて調べている。
     爆発の連絡を受けて現場に向かっていた軍の特殊部隊や爆発物処理班が乗った車両を標的に、2回目の爆発が発生。さらに、駆け付けた兵士を狙った3回目の爆発が起きた。この間、銃撃も発生した。
     プラユット暫定首相は15日、「状況を悪化させようとする行為だ」と非難する声明を出した。タイ南部ではイスラム武装勢力によるテロが頻発している。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091501205&g=int
    【タイ南部で連続爆発、2人死亡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    防衛省が航空自衛隊の地上防空レーダーのタイへの輸出に向け、来月下旬に予定される入札に参加することが26日、分かった。平成26年4月の防衛装備移転三原則の閣議決定で防衛装備輸出に道を開いて以降、東南アジア向けの大型輸出計画は初めて。東南アジアに自衛隊の基幹装備を輸出できれば中国に対する強い牽制(けんせい)となるが、タイが対中配慮から導入に二の足を踏むとの懸念もある。

     防衛省はこれまで英国向けの海上自衛隊哨戒機やオーストラリア向けの海自潜水艦の輸出で競合国に敗れるなど失敗が続き、大型装備の輸出に成功した事例はない。タイへのレーダー輸出は当面想定される大型案件としてはラストチャンスと位置づけられる。

     タイに輸出を計画しているのは空自のレーダー「FPS-3」。三菱電機が製造し、空自は3年から運用を始め、全国7カ所で外国航空機の領空侵犯や領空接近に備え警戒監視にあたっている。

     FPS-3はアンテナを回転させずにさまざまな方向にレーダー波を照射し、多方向からのレーダー波も受信できる高性能のアクティブ・フェーズド・アレイ方式を採用しているのが特徴だ。航空機などの探知・追尾能力に優れている。

    【タイに空自レーダー輸出…防衛省、来月入札に参加 基幹装備、中国牽制なるか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    th250
    タイの前首相で、職務怠慢の罪で起訴されているインラック・シナワット氏(50)が国外に逃亡したことが分かった。同氏率いるタイ貢献党の党幹部筋がAFPに対して明らかにした。インラック氏は25日に予定されていた判決公判に出廷しなかったことから、最高裁が逃亡の恐れがあるとして逮捕状を出していた。

     AFPの取材に応じた党幹部筋は、「インラック氏は疑いなく、もうここにはいない。多分現在はシンガポールにいるだろう」と述べた。

     軍事政権のプラユット・チャンオーチャー首相はインラック氏の所在についてわからないと否定した一方、国境の検問を強化するよう命じた。またプラウィット・ウォンスワン副首相も、インラック氏が隣国のカンボジアを経由して国外逃亡したことは「あり得る」との認識を示した。


    【タイのインラック前首相、すでに国外逃亡 党幹部筋が明かす】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    th250
    タイ最高裁判所は25日、職務怠慢の罪で起訴されたインラック・シナワット前首相(50)がこの日予定されていた判決公判に出廷しなかったことから、逃亡の恐れがあるとして逮捕状を出した。インラック氏は判決公判で有罪になれば、最長で禁錮10年と政治活動の生涯禁止が科せられる可能性がある。

     最高裁前にはインラック氏を一目見ようとする支持者らが大挙して詰めかけ、警備に当たる治安部隊の数を圧倒した。しかし、インラック氏は姿を見せなかった。

     裁判長は法廷で、インラック氏が弁護士を通じ「病気なので判決を遅らせてほしいと求めてきた」とを明らかにしたうえで、「裁判所は同氏が病気だとは信じていない」ため「逮捕状を出すと決定した」と説明。判決公判を9月27日に延期した。

     タイ初の女性首相だったインラック氏は2014年、軍事クーデターで失職した後、在任時のコメ買い上げ制度をめぐる職務怠慢の罪で起訴された。兄のタクシン・シナワット元首相は、汚職で禁錮2年の有罪判決を受け、2008年から国外逃亡中だ。インラック氏が有罪判決を受ければ、10年以上にわたってタイ政界に影響力を持ってきたタクシン派にとって大打撃となる。

     

    【タイのインラック前首相に逮捕状、判決公判欠席で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    チェンマイ
    終戦の日の15日、第2次世界大戦中に旧日本軍のインパール作戦に参加し、死亡した元兵士らの「戦没者慰霊祭」がタイ北部のチェンマイ周辺で開かれた。参加者らは戦没者を悼むとともに、平和への誓いを新たにした。

      旧日本軍が連合国側の補給路を遮断するため、インド北東部の攻略を狙ったインパール作戦が失敗し、日本兵らはビルマ(ミャンマー)を通ってタイ北部などに敗走。その際に、多くの死傷者が出た。
     まだ遺骨が残っていることを知った佐賀県の僧侶らが収集を進め、1993年に、多くの遺骨が見つかったチェンマイ郊外バンカートの学校の敷地内に「タイ ビルマ方面戦病没者追悼之碑」を建立。タイ人の軍属を含む約1万8千柱をここに納めた。

      

    【インパール作戦の戦没者ら追悼 タイ・チェンマイ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    th250
    タイ王室を中傷する音声データをインターネット上に掲載したとして、バンコクの軍事裁判所は9日、タイ人男性に不敬罪などで禁錮20年の判決を言い渡した。

     人権団体によると、男性は2015年1月、自身が開設したウェブサイトに、不敬な内容の六つの音声データを掲載したとして逮捕された。

     男性は裁判で当初否認していた起訴事実を一転認め、情状酌量を訴えたが、裁判所は「国王に対する犯罪で、国民感情に深刻な影響を及ぼす」と判断し執行猶予を認めなかった。

    APF
    http://www.afpbb.com/articles/-/3138754

    【不敬罪で禁錮20年判決=ネットで王室中傷-タイ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
     th250
    北朝鮮による相次ぐミサイル発射実験で朝鮮半島の緊張が高まるなか、タイに不法入国する北朝鮮人の数が、この数カ月間で急増している。タイの移民当局者が明らかにした。

    タイは、脱北者に人気の通過ルートとなっている。毎年、数百人の北朝鮮人が中国に逃れてタイにたどり着き、そこから通常は韓国に送られる。

    2016年は535人の北朝鮮人がタイに到着したが、今年は6月末までに385人が入国していることを、ロイターが確認したタイ移民当局のデータは示している。毎週、その数は増え続けている。

    「タイ北部だけでも、平均20─30人の北朝鮮人がやって来ている」と、ある移民当局者は匿名でロイターに語った。

    北朝鮮が中国との国境で管理を強化しているにもかかわらず、脱北者数は急増している。北朝鮮による相次ぐ核・ミサイル実験に対し、しびれを切らしつつある米国が警告を発するなど、朝鮮半島の緊張は高まっている。

    だが、韓国の首都ソウルに拠点を置くNGO「北韓人権市民連合」によれば、韓国への脱北者数は今年増えておらず、タイ経由で来る脱北者の全体に占める割合が高まっている可能性があるという。

    韓国統一省は、今年上半期に同国にやって来た脱北者の数は593人と明らかにした。一方、昨年は1418人、一昨年は1275人だった。

    【タイを目指す「脱北者」急増の理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    タイの北東部で大雨による大規模な洪水が発生し、これまでに少なくとも23人が死亡したほか、およそ120万人が被災し、現地を視察したタイのプラユット暫定首相は、「40年に1度の洪水だ」と述べ、復旧を急ぐ考えを示しました。


    タイの北東部では、先週、熱帯低気圧「ソンカ」が通過した影響で大雨が続き、メコン川の支流でダムが決壊するなどして大規模な洪水が発生しました。

    タイの内務省によりますと、この洪水で、これまでに少なくとも23人が死亡し、タイの国土の半分にあたる44の県で、およそ120万人が床上浸水などの被害を受けたということです。


    【タイ北東部 洪水で少なくとも23人死亡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    中国の王毅外相とタイのドン外相が24日、タイの首都バンコクで会談した。会談後の記者会見で王外相は、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の一部加盟国が主権や権益を巡って争う南シナ海問題について「関係国が南シナ海の安定を維持することを望む」と述べた。

     さらに「タイは戦略的な場所に位置する」として、タイとの結び付きの重要性を強調。ドン外相は「中国はタイにとって世界で最も重要な友好国の一つだ」と述べた。

     8月上旬にフィリピンの首都マニラでASEAN関連会合が開かれ、中国も参加予定。このタイミングでの会談は、南シナ海問題が積極的に取り上げられることを回避したい中国がタイに圧力をかける狙いもあったとみられる。

     ASEAN諸国ではフィリピンやベトナムなどが中国との間で南シナ海を巡る問題を抱えているが、タイと中国の間に争いはない。タイは2014年の軍事クーデターで軍政が発足して以降、内政に口を出さない中国との接近が目立っている。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/photo/daily/news/170724/dly1707240012-n1.html

    【南シナ海の安定を呼び掛け タイ訪問の中国外相】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ナコンラチャシマー
    2017年7月12日、タイ運輸省は、このほど計画されている新高速鉄道のうち、バンコクとラオス国境のノンカーイを結ぶ路線で、バンコクとナコンラチャシマー(コラート)間の開業目標を2022年として、運賃が535バーツ(約1,800円)になることなどを明らかにした。

     タイの新高速鉄道計画は、ラオス国境のノンカーイからナコンラチャシマーを経て、バンコク向かう路線と方部沿岸地区マプタプットを結ぶ路線が、中国の技術支援で建設されることが決まっている。

     しかし、実際に建設が着工されているのはバンコクーナコンラチャシマー間の一部、わずか約3.5kmの区間のみ。さらにこうした遅れを取り戻すべく中国人技術者の受け入れに関して、規制緩和を進めているが、タイの業者から品質低下などの問題が指摘されている。

     

    【【タイ】中華高速鉄道2022年開業? バンコクーコラート間535バーツ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    th250
    タイの刑事裁判所は19日、ミャンマーからタイに密航したイスラム系少数民族ロヒンギャらの人身売買をめぐり、罪に問われたタイ陸軍中将のマナス被告ら62人に有罪判決を言い渡した。

     この事件は2015年5月、マレーシアとの国境に近いタイ南部のジャングルの「集団墓地」から、ロヒンギャら人身売買の被害者とみられる30体以上の遺体が発見されて発覚。マナス被告や人身売買組織のメンバーら103人が起訴された(うち1人は裁判中に死亡)。


    【軍幹部ら62人に有罪判決=ロヒンギャの人身売買事件-タイ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    th250
    タイで、3兆円を超えると言われる王室の財産を管理してきた政府系機関について、国王の直轄とする新法が施行され、プミポン前国王の後を継いだワチラロンコン国王の権限を強化する動きの1つと見られます。

    タイ王室の財産は、王室ではなく「王室財産管理局」という政府系の機関が管理しています。その運営を監督する委員会のトップについては、これまで財務相が兼務していましたが、暫定議会はワチラロンコン国王が指名するという新法を可決し、17日施行されました。これによって、王室の財産の管理は、事実上、国王の直轄となりました。


    【タイ王室財産 国王直轄新法施行 権限強化へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    タイ立法議会(暫定議会)は13日、首相や閣僚、国会議員らによる汚職事件について、欠席裁判を可能にする法案を可決した。本人が海外逃亡中のため公判停止となっているタクシン元首相の刑事裁判再開に道を開く内容。タクシン派からは反発する声が上がっている。

     タイの現行法では、被告が海外に逃亡しても時効は停止しないが、同法案は海外逃亡中の時効停止を盛り込んだ。また、同法施行以前の事件にも遡及(そきゅう)して適用することが可能となる。

    タクシン氏は汚職事件の公判中だった2008年8月に出国して以来、海外逃亡生活を続けている。地元メディアによると、同法が施行されると、タクシン氏を被告とする少なくとも5件の刑事裁判が再開される見込み。

    APF
    http://www.afpbb.com/articles/-/3135830

    タイでは海外に出国していた時に時効は停止してなかったんですね。タクシンは今どこに?

    押していただけると励みになります。

    人気ブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    th250

    2017年6月20日、タイメディアによると、一向に進まない中国によるタイ東北部の高速鉄道建設は、首相の強権発動にも関わらずさらに遅れる模様だ。こうした動きから、中国を捨てて日本に頼むべきだとの声も上がり始めている。

     タイの高速鉄道計画は、東北部のノンカーイからナコンラチャシマーを経てバンコクへのルートと東部マプラプットへの3ルートが中国の資金援助で建設される計画。この中でバンコクーナコンラチャシマーのルートのみアユタヤで施行式が行われたものの、実質的に何も進んでいない。

      【【タイ】進まない中国による高速鉄道計画にウンザリー日本に頼むべきとの声も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    th250

    2017年6月22日、タイ国政府観光庁(TAT)とタイ国際航空(TG)は、日タイ修好130年記念バンコク大型視察研修旅行(6月21日~25日)の、歓迎ディナーレセプションを開催した。この視察研修は、近年では最も規模の大きいもので、旅行会社60名、メディアやブロガー70名、計130名が参加した。
     
     タイ国政府観光庁ユッタサック・スパソーン総裁は「タイと日本の両国はアユタヤ王朝の時代から親密な友好関係を築いてきました。昨年は日本からタイに140万人以上のお客様をお迎えすることができました。今年はさらに多くの150万人のお客様をお迎えできるだろうと考えています。今年は日タイ修好130周年を迎える年です。様々な形で観光促進のための試みが実施されています。タイの旅行産業において、日本は継続的に成長を続ける潜在性の高いマーケットと見ています。アイドルグループの乃木坂46がタイ観光大使として活躍してくれることを19日に発表しました。特に今までタイにいらっしゃったことの無い、若い世代に向けての新しいタイの魅力PRにおいてとても大きな一歩になると期待しています」と流暢な日本語で語り、高らかに乾杯の音頭を取った。

      【日タイ修好130年記念バンコク大型視察研修旅行ー歓迎レセプション開催】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    タイで13日、ソーシャルメディアに紹介された中国製品に「いいね」ボタンを大量に押す「クリック工場」を操業していた疑いで、中国人の男3人が拘束された。

     タイの警察当局は11日、3人がカンボジア国境近くに借りていた住宅を捜索し、パソコンに接続された約500台のスマートフォンが棚に並べられているのを発見。当局はさらに、タイ製のSIMカードおよそ40万枚も押収したという。

     拘束された20後半~30代前半の男3人は当局に対し、中国企業から雇用され、中医薬やキャンディーといった数多くの商品や、さらには旅行会社の評価に「いいね」を水増ししていたと供述した。

     

    【タイ警察、中国の「いいね」量産工場を摘発 SIMカード40万枚押収】の続きを読む

    このページのトップヘ