かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    カテゴリ: サウジアラビア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/01/08(月) 07:25:54.23 ID:CAP_USER9
    sa250
     
    【カイロ=佐藤貴生】サウジアラビア政府が負担してきた王族の光熱費の支払いを停止する方針を示し、王子11人が首都リヤドの宮殿で抗議の座り込みを行い、社会秩序を乱したとして逮捕された。欧米メディアが6日、伝えた。

     王族といえば一般的に金に困っていない印象があるが、英BBCテレビ(電子版)によると、サウジの王族は数千人を数え、資産や地位には大きな開きがあるという。

     サウジで王族の抗議が公になることはまれ。原油価格の下落で歳入が落ち込み、次期国王と目されるムハンマド・ビン・サルマン皇太子(32)を中心に経済改革を進めており、財政緊縮に向けての見せしめの側面もありそうだ。

     ロイター通信によると、王子らは4日、水道料や電気料の政府負担を停止するとの勅令に対し、首都の宮殿に集まって決定を見直すよう抗議。王子らのいとこの一人が2年前、死刑判決を受けたことへの補償も要求した。逮捕後は厳重な警備で知られる首都南方の刑務所に送られたという。

     ムハンマド皇太子が率いる「反汚職委員会」は昨年11月、横領などの疑いで有力王子や大富豪ら200人以上を拘束した。

    配信2018.1.7 21:51
    産経新聞
    http://www.sankei.com/world/news/180107/wor1801070023-n1.html

    【サウジアラビア政府、王族に「光熱費支払え」 座り込み抗議の王子11人を逮捕 財政緊縮で見せしめか 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/01/07(日) 07:53:18.89 ID:CAP_USER9
     sa250
    【カイロ共同】サウジアラビアのニュースサイト「サブク」は6日、首都リヤドの政府施設に集まりサルマン国王に対する抗議活動をした王子11人が警察当局に5日、逮捕されたと伝えた。厳格なイスラム教国で絶対君主制のサウジで、こうした抗議活動は珍しい。

     サウジ政府は逮捕について明らかにしていない。昨年11月にはサルマン氏の息子ムハンマド皇太子がトップを務める「汚職対策委員会」主導の下、王子や閣僚ら約200人を一斉拘束しており、逮捕を明らかにして批判が高まることを警戒しているとみられる。

    配信2018/1/7 01:06
    共同通信
    https://this.kiji.is/322406175080481889

    【サウジアラビア 王子11人逮捕 首都でサルマン国王に抗議で 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2017/12/23(土) 19:35:22.15 ID:CAP_USER9
    sa250

    12月23日 19時04分
    中東・サウジアラビアで多数の王族などが汚職の疑いで拘束された事件で、世界有数の投資家として知られる王子に対し、当局が拘束をとく代わりに日本円でおよそ6800億円を納めるよう司法当局が求めていると、アメリカの有力紙が伝えました。

    サウジアラビアでは先月、多数の王族や実業家らが汚職の疑いで拘束され、一部は容疑を認めたうえで巨額の資産の没収に応じて釈放されています。

    アメリカの有力紙ウォール・ストリート・ジャーナルは22日、サウジアラビアの司法当局が、依然として拘束されている王族の一人、ワリード王子に対し、拘束をとく代わりに60億ドル(およそ6800億円)を納めるよう求めていると伝えました。

    ワリード王子はアメリカのツイッター社や世界的な高級ホテルチェーンの株を大量に保有し、総資産は2兆円近くに上ると見られ、世界有数の投資家とも言われています。
    ワリード王子が納付に合意した場合、資金を捻出するため保有する株の一部を売却する可能性もあり、注目が集まっています。

    サウジアラビアは原油安の影響で財政赤字が続く中、外国からの投資を呼び込むために透明性の高い投資環境が必要だとして捜査の意義を強調していますが、著名な投資家らが長期間拘束される中、投資家心理の悪化は避けられないとの声が出ています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171223/k10011269481000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004 
    【汚職の罪で拘束のワリード王子にサウジ当局が「6800億円払えば釈放」 米WSJ紙報道 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2017/12/20(水) 17:32:37.81 ID:CAP_USER9

    サウジアラビアの首都リヤドに19日飛来し迎撃されたミサイルについて、米国のニッキー・ヘイリー国連大使は同日、イランがイエメン反政府勢力に提供したミサイルとの見方を示した。

    ヘイリー大使は国連の安全保障理事会で、「イランが提供したミサイルが使用された過去の攻撃と非常によく似ている」と指摘し、「イラン政府の犯罪を白日の下にさらすため我々皆が協力し、我々の考えが彼らに必ず伝わるために必要なあらゆることをしなくてはならない。そうしなければ、イランは拡大する地域の対立に世界をさらに深く引きずり込むだろう」と語った。

    イエメンから発射されたミサイルはサウジアラビア軍によって撃ち落とされており、被害の報告は出ていない。

    イエメン政府やサウジ主導の連合軍と戦う反政府勢力のフーシ派が運営するテレビ局「マルマシラ」は、弾道ミサイルの「ブルカンH2」がリヤドの王宮に向けて発射されたと報じた。
    ヘイリー大使は安保理がイランに対してできる措置を列挙したものの、イランと友好関係にあるロシアは支持しない意向を示唆した。

    アルマシラのウェブサイトは、ミサイル攻撃は「米国とサウジアラビアの侵略によるイエメンの人々への凶悪な犯罪への報復」だとし、「サウジ体制の指導者たちがリヤドのヤママ宮殿で開く会議」を標的にしたと述べた。会議ではムハンマド皇太子が年度予算について話す予定だった。ヤママ宮殿はサルマン国王の公邸および宮廷となっている。

    アルマシラの発表から間もなく、サウジ国営テレビ、アルイクバリヤはリヤドの南でミサイルが迎撃されたと報じた。インターネット上に公開された映像では、リヤド上空に白い雲のようなものが見え、爆発音が聞こえる。

    連合軍のトゥルキ・アルマリキ報道官(大佐)は、ミサイルは米国が提供しているパトリオットミサイルによって迎撃されたと語った。アルマリキ大佐は、ミサイル攻撃はフーシ派を支援するイランの「介入が続いている」証しだと指摘した。
    先月4日には、ブルカンH2ミサイルがリアドのキング・ハーリド国際空港近くまで飛び、迎撃されている。

    (英語記事 Yemen rebel missile fired at Riyadh 'bears hallmarks' of Iran)

    2017/12/20
    BBC
    http://www.bbc.com/japanese/42421499
     

    フーシ派系メディアはサウジアラビアに向けて発射されたミサイルだとする写真を掲載した
    6CDBAF47-636F-467B-ADCA-1ADF6E57085D

    サウジアラビアと隣国イエメンの地図と、リヤドを拡大した図
    no title


    フーシ派はブルカンH2ミサイルを今年2月に公開した
    no title

    【サウジ首都標的のミサイルはイランが提供=米国連大使 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2017/12/19(火) 21:02:36.99 ID:CAP_USER9
    sa250

    【12月19日 AFP】サウジアラビア国営メディアは19日、イエメンのイスラム教シーア派(Shiite)系反政府武装組織「フーシ派(Huthi)」が発射したミサイルを、首都リヤドの上空で迎撃したと発表した。また、フーシ派側もミサイル攻撃の標的について、リヤドにあるサルマン国王(King Salman)の公邸、ヤママ宮殿(Al-Yamama)だったと表明した。

     現地のAFP特派員は、通例国王がヤママ宮殿で発表するサウジアラビアの来年度国家予算案の公表直前、グリニッジ標準時(GMT)19日午前10時50分(日本時間同日午後7時50分)頃、大きな爆発音を耳にしたという。(c)AFP

    配信2017年12月19日 20:51
    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3155980


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513684956

    【サウジアラビア首都上空で、反政府武装組織「フーシ派」発射のミサイル迎撃 王宮を標的に 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2017/12/10(日) 08:47:30.84 ID:CAP_USER9
     
    sa250

    2017年12月10日 5:37 発信地:サヌア/イエメン

    【12月10日 AFP】内戦下にあるイエメン首都サヌアで8日夜から9日未明にかけて、イスラム教シーア派(Shiite)反政府武装勢力「フーシ派(Huthi)」系のテレビ局をサウジアラビア主導の連合軍が空爆し、警備員4人が死亡した。同派系メディアと、テレビ局の警備隊長が9日明らかにした。

     フーシ派が運営するニュース局「アルマシラ(Al-Masirah)」は、サウジ連合に対する米国の支援を非難し、「サウジ・米系の敵によるイエメン衛星テレビ局を標的にした空爆で、市民4人が死亡した」と報じた。

     また、自身も負傷したという警備隊長は記者らに対し、「ここは軍の詰め所ではなく、兵器はない。われわれ警備員が使うただの家だ」と述べた。

     サウジ主導の連合軍はこれまでのところ、今回の空爆についてコメントしていない。

     イエメンでは、アリ・アブドラ・サレハ(Ali Abdullah Saleh)前大統領とフーシ派の同盟関係が決裂し、4日に前大統領が同派に殺害されて以降、急速に緊張が高まっている。

     イランの支援を受けるフーシ派は最近、首都サヌアと主要施設の統制を強めており、1週間前にはサレハ氏が率いていた政党「国民全体会議(GPC)」系のテレビ局を掌握。ジャーナリストと職員41人を拘束している。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3154830?cx_module=latest_top


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512863250/

    【【中東】サウジ連合軍、イエメン反政府勢力系テレビ局を空爆 4人死亡 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2017/12/06(水) 00:58:38.30 ID:CAP_USER9
     
    パトリオット
      
    【12月5日 AFP】サウジアラビア当局が先月、イエメンのイスラム教シーア派(Shiite)系反政府武装組織「フーシ派(Huthi)」が首都リヤドに向けて発射した弾道ミサイルを迎撃・破壊したと発表したことについて、米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は4日、軍事専門家らによる分析結果を公表し、米国製の地対空誘導弾パトリオット(Patriot)による迎撃にサウジアラビアが失敗していた可能性があると報じた。

     フーシ派は11月4日、リヤドのすぐ北に位置するキング・ハリド国際空港(King Khalid International Airport)に向けて弾道ミサイルを発射。サウジアラビアの首都中心部を狙った初めてのミサイル攻撃で、イエメンの激しい内戦による脅威の高まりを浮き彫りにした。

     迎撃のためパトリオットが発射され、サウジアラビア当局はミサイルの残骸が地上に落下したことから、撃ち落としに成功したとしている。しかし、迎撃とほぼ同時刻に空港付近で大きな爆発音がしたと住民らは語っている。

     ニューヨーク・タイムズは、ミドルベリー国際大学院モントレー校(MIIS)を中心とする研究チームと共同で画像や映像を分析。サウジアラビア当局が回収し、公開したミサイルの破片は全てスカッド(Scud)とみられるミサイルの後方部のもので、パトリオットによる迎撃が成功したという当局の発表には疑問の余地があるという。

     また、スカッドは「ほぼ確実に」着弾寸前に二つに分かれるように設計されていたという。

     ニューヨーク・タイムズは分析結果から、パトリオットは標的を撃ち損じたか、弾頭を切り離した後のミサイルの後方部に当たった可能性があるとの見解を示した。

     研究チームを指揮したジェフリー・ルイス(Jeffrey Lewis)氏は同紙に対し、「政府は迎撃システムの成果について偽っているか、もしくは誤解している」と述べている。(c)AFP

    2017年12月5日 15:30 発信地:ワシントンD.C./米国
    APF
    http://www.afpbb.com/articles/-/3154219?cx_position=23


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512489518

    【サウジアラビア、イエメンからのミサイル迎撃に失敗か 米NYT紙 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/05(火)07:33:30 ID:Ujw
    12/5(火) 6:13配信 

    【カイロ時事】内戦が続くイエメンのイスラム教シーア派系武装組織フーシ派の指導者アブドルマリク・フーシ氏は4日の演説で、敵対するサウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)を名指しして「両国に投資する国々は、今はそうすべき時ではない」と警告、今後も両国を狙って攻撃を続ける考えを示した。
     
     フーシ派は4日、従来の連携解消を突如表明してサウジとの対話を志向したサレハ前大統領を銃撃で殺害した。フーシ氏は「歴史的だ。安全を脅かす大きな陰謀を失敗させた」と正当化し、サウジとの関係改善を求めたサレハ氏に非があると強調した。

     フーシ派は、サウジへのミサイル発射を繰り返している。3日にはUAEで建設中の原発に「ミサイルを発射して命中した」と主張したが、UAE政府はこれを否定している。 

    ヤフーニュース(時事通信)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00000008-jij-m_est


    引用元:http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1512426810/

    【イエメン武装組織、サウジ・UAEに「攻撃継続」=前大統領殺害を正当化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2017/12/03(日) 07:56:39.33 ID:CAP_USER9

    77CCBA31-9821-489B-8563-E4285873A47A

    【12月3日 AFP】イエメンのイスラム教シーア派武装勢力「フーシ派(Huthi)」と同盟関係にある同国のアリ・アブドラ・サレハ(Ali Abdullah Saleh)前大統領は2日、サウジアラビア主導の連合軍と和平協議を行う用意があると表明した。連合軍はイランの支援を受けるフーシ派と戦闘を続けており、前大統領と同派の同盟関係崩壊を示す発言とみられる。

     サレハ前大統領はテレビ演説で「隣国の兄弟たち」に対し、「攻撃を停止し、国境封鎖を解くよう呼び掛ける」と表明。「停戦が実施され、国境封鎖が解けた後、われわれの議会を代表する正当な権威者を通じて直接協議を行うことを誓う」と述べた。

     フーシ派指導者のアブドゥルマリク・フーシ(Abdulmalik al-Huthi)氏は、サレハ前大統領の「重大な裏切り」で、前大統領とサウジ連合軍が「一つの戦線」になったと非難した。

     フーシ派政治部門も、サレハ氏は「元々信じていなかった同盟」に対して「クーデター」を起こしたと非難。サウジアラビアと同盟国に対し「自国の主要都市で重い代償を払うことになるだろう」と警告した。

     一方、連合軍側はサレハ氏による和平交渉への申し出を歓迎した。

     また、アブドラボ・マンスール・ハディ(Abd-Rabbo Mansur Hadi)暫定大統領率いるイエメン政権は声明で「イエメンのアラブのアイデンティティー」を維持する決意を示し、「残虐な集団」を排除するため働くすべての国民と協力すると表明した。サレハ氏がフーシ派から距離を置くことを歓迎したとみられる。

     同政権は、フーシ派がイエメン国内でイランの利益を後押ししていると非難している。(c)AFP

    2017年12月3日 7:31 発信地:サヌア/イエメン
    APF
    http://www.afpbb.com/articles/-/3153934 


     

    【イエメン前大統領、サウジ連合と和平協議の「用意ある」 、イラン支援のフーシ派と同盟崩壊か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2017/12/01(金) 18:48:34.50 ID:CAP_USER9
       
    (CNN) サウジアラビアは30日、イエメンから発射された弾道ミサイル1発を迎撃したと発表した。ミサイル迎撃はこの1カ月で2度目となる。

    サウジ通信は、イエメンで戦闘を行っているサウジ主導の有志連合広報の話として、ミサイルはイエメンとの国境に近いサウジ南西部のハミースムシャイトに向けて発射されたと伝えた。

    ミサイルは撃墜され、死傷者は出ていないとしているが、どのように迎撃したのかは不明。

    イエメンの反政府武装組織「フーシ」系の通信社によると、フーシはミサイル発射実験に成功したと主張している。

    フーシは数週間前にも、サウジの首都リヤドの国際空港に向けて弾道ミサイルを発射し、着弾前に迎撃されていた。

    イエメンでは2015年、サウジ寄りの政府がフーシによって排除され、大統領府が占拠された。サウジアラビアなどは、イランがフーシを支援していると主張する。

    同年3月には、サウジ率いる有志連合がイエメン国内の武装組織の拠点に対する空爆を開始。以来、武装組織のメンバーや市民に対する空爆が繰り返され、何千人もの死傷者を出してきた。

    国連人権高等弁務官事務所によれば、戦闘が始まって以来の民間人の犠牲者は、死者5000人を含め、1万3800人を超す。この数字は氷山の一角とみられている。

    世界保健機関(WHO)によると、イエメンは飢餓に近い状態に陥り、コレラの流行が拡大。感染が疑われる患者は50万人にのぼっている。

    2017.12.01 Fri posted at 13:25 JST
    CNN
    https://www.cnn.co.jp/m/world/35111279.html 
      
    サウジが南西部の都市に向けてイエメンから発射された弾道ミサイルを迎撃したと発表
    no title


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512121714

    【サウジアラビア、イエメンからの弾道ミサイルを撃墜 この1カ月で2度目 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    sa250
    汚職摘発を名目に大勢の王族メンバーらが拘束されているサウジアラビアで、国家警備相を解任後に拘束されたムトイブ王子の解放が28日、王族のツイッターなどで伝えられた。

     ロイター通信はサウジ当局者の話として、王子が汚職を認めて財産の没収に応じ、28日に解放されたと報じた。

     ムトイブ王子は故アブドラ前国王の息子で、一時は国王候補に取り沙汰された有力者。「次期国王」と目されるムハンマド皇太子の独善的手法に批判的とされる。ロイターによると、王子は横領、架空雇用、自身が経営する会社への軍需品発注などの不正行為に関与。解放と引き換えに資産10億ドル(約1110億円)以上の没収を受け入れたという。 


    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112901390&g=int 【サウジ前国王の息子解放=汚職認め1100億円没収】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    no title

    AFCチャンピオンズリーグ2017決勝第2戦が25日に行われ、浦和レッズとアル・ヒラルが対戦した。

     19日に敵地サウジアラビアで行なわれた決勝第1戦は1-1のドロー決着。浦和がアウェイゴールを記録したため、仮に0-0でもアジア制覇が決定する。

     浦和は決勝第1戦と同じメンバーで臨む。GKは西川周作。最終ラインは右から遠藤航、阿部勇樹、槙野智章、宇賀神友弥の並び。中盤のアンカーに青木拓矢が入り、インサイドハーフに柏木陽介と長澤和輝。前線は武藤雄樹、ラファエル・シルバ、興梠慎三の3人となった。

     開始1分、相手の連携ミスを突いた長澤和輝がファーストシュートを放つ。対するアル・ヒラルは25分、高い位置でボールを奪うとサレム・アルダウサリがダブルタッチから右足を振り抜く。このシュートは枠のわずかに上へと外れた。前半はスコアレスで折り返す。

     後半は得点が必要なアル・ヒラルが攻勢を強めるも、チーム全員の集中した守りでゴールを許さない。74分には宇賀神に代えて出場停止明けのマウリシオを投入する。78分、アル・ヒラルはアルダウサリがこの日2枚目の警告で退場処分に。浦和が数的優位の状況になる。すると試合終了間際の88分、武藤のパスにラファエル・シルバが反応。鋭いシュートがゴールに突き刺さり、浦和が待望の先制点を奪った。

     決勝第2戦は1-0で終了。この結果、浦和が2試合合計2-1で2007年以来10年ぶり2回目となるACL優勝を達成した。浦和は来月6日からUAEで開催されるFIFAクラブワールドカップ2017にアジア代表として出場する。

    【スコア】
    浦和レッズ 1-0(2試合合計2-1)アル・ヒラル

    【得点者】
    1-0 88分 ラファエル・シルバ(浦和)

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00673433-soccerk-socc

    【【サッカー】<浦和レッズ>R・シルバ決勝弾で10年ぶりのACL優勝! アジア王者としてクラブW杯へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    sa250
    汚職摘発を名目に大勢の王族メンバーや現職閣僚らが拘束されたサウジアラビアで、拘束中の王子らが虐待を受けているとの疑惑が浮上している。今回の拘束劇は、「次期国王」と目されるムハンマド皇太子(32)が権力基盤強化のため、政敵排除に動いたとの見方が強い。疑惑が事実ならば、改革に不満を抱く王族内の反対勢力への締め付けを強め、抵抗する気力をそぐ狙いとみられるが、反発を招く恐れもある。

     虐待の情報は、米紙ニューヨーク・タイムズなどが相次いで伝えた。同紙は米当局者や医師の話として、拘束者のうち17人が虐待によって病院で治療を受けたと報道。中東ニュース専門サイト「ミドルイーストアイ」も18日、このうち6人が王子で、解任されたムトイブ前国家警備相も含まれると報じている。

     ムトイブ氏は故アブドラ前国王の息子。一時は国王候補にも取り沙汰され、独善的なムハンマド皇太子に批判的だったといわれる。同サイトによれば、ムトイブ氏には尋問中に軍による殴打や拷問を受けた痕跡が確認されたとされる。また、搬送された中には容体が悪化して集中治療室に運ばれた王子や、「自殺未遂」を示す傷を負った王子もいたという。
    【サウジアラビア、拘束の王子ら虐待疑惑「自殺未遂」情報も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
     レバノンのイスラム教シーア派原理主義組織ヒズボラの指導者ハッサン・ナスララ師が10日、同国のサード・ハリリ首相(47)の身柄を拘束し、攻撃を開始するようヒズボラの宿敵イスラエルに要請したとしてサウジアラビアを非難した。

     ハリリ首相は4日、サウジアラビアの首都リヤドから出した声明で突然の辞任を表明。レバノン政界に激震が走るとともに国際社会に懸念を呼んでいた。

     ナスララ師はテレビで放送された演説の中で「レバノン政府の長がサウジアラビアで拘束され、現在もレバノンへの帰国を禁じられている」と述べた。

     ハリリ首相が置かれた状況ははっきりとは分かっていない。しかしハリリ首相の政敵からも含め、ハリリ首相の移動の自由を保障するようサウジアラビアに求める声が上がっている。 

    【ヒズボラ、レバノン首相を拘束したとサウジを非難 国際社会に懸念 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
     no title
    在レバノンのサウジアラビア大使館は10日、レバノンでサウジ人男性(32)が誘拐されたと発表した。

     レバノンでは、イランが支援する武装組織ヒズボラの脅威を背景に、サウジが自国民に退避勧告を出している。サウジとレバノンの緊張が更に高まる可能性がある。

     中東の衛星テレビ局「アル・アラビーヤ」などによると、サウジ人男性は9日夜から行方不明になり、家族に身代金100万ドル(約1億1300万円)の要求があった。レバノンのマシュヌク内相は捜査に全力を挙げる考えを示した。

     一方、AFP通信によると、イエメン内戦でハディ政権を支援するサウジ主導の連合軍は10日夜、反政府勢力「フーシ」が支配する首都サヌアの国防省庁舎を空爆した。4日のサウジ首都リヤドに対するミサイル攻撃の報復とみられる。 

    読売新聞
    http://yomiuri.co.jp/world/20171112-OYT1T50061.html 

    【「レバノンでサウジ人誘拐」…在レバノンのサウジアラビア大使館発表 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    サウジ主導軍、イエメン国防省を空爆 目撃者語る 

    サウジアラビア主導の連合軍は10日夜、イエメンの反政府武装組織が実効支配している同国の首都サヌアの国防省庁舎に対し、2度の空爆を実施した。複数の目撃者が明らかにした。

     目撃者らによると、サヌアの上空には軍用機が旋回を続けた。
    同市を掌握するイスラム教シーア派(Shiite)系反政府武装組織「フーシ派」系のテレビチャンネル「アルマシラ」も、2度の空爆があったと伝えた。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3150144

    【サウジアラビア主導の連合軍がイエメン国防省を空爆 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    中東のレバノン情勢がにわかに不安定になっている。サウジアラビアは9日、自国民にレバノンからの退避を勧告した。レバノンの首相が先週、訪問先のサウジでイランを批判して突然辞任。その後、イラン系のイエメンの武装勢力が発射したとされるミサイルをサウジが迎撃する事態に発展した。レバノンを巡ってサウジとイランの緊張が高まる構図となっている。

     レバノンはイスラム教スンニ、シーアの両派とキリスト教などが複雑に入り乱れている。スンニ派はサウジなどアラブ諸国、シーア派はイランが支援する。地理的な要衝に位置するため、アラブ諸国とイランなどが主導権争いを続けてきた。

     サウジは9日、自国民に対してレバノンからの早期の退避や、渡航自粛を勧告した。レバノンを巡るイランとの緊張の高まりを受けた措置とみられる。対立が表面化したきっかけは、4日のハリリ氏のサウジでの首相退任表明だ。

     ハリリ氏は退任表明前の3日に、イランの最高指導者ハメネイ師の顧問と会談していた。会談で顧問は「レバノンを守り続ける」と発言した。「イランによる挑発」とみたサウジはハリリ氏を呼び寄せたという。イランは武装組織ヒズボラを使って国内政治に干渉していると批判させたうえで、サウジはハリリ氏に辞任を迫ったとの見方が出ている。 

    【サウジアラビア、レバノン巡りイランと緊張増す 自国民にレバノンからの退避勧告 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    sa250
    サウジアラビアのムハンマド皇太子が主導して進めている汚職を名目とした王族メンバーらの摘発で、拘束者から政府が没収する現金や資産が最大で推定3兆リヤル(約90兆円)に達するとの見方が出ている。

    米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が9日までに関係者の話として報じた。
    サウジの2017年予算歳出の3倍以上に相当する巨額となる。 

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017110901177&g=int

    【サウジアラビア、汚職拘束の王族らからの没収資産90兆円に達する見通し 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    AFP通信によると、内戦が続くイエメンへの人道支援物資を積んだ国連の支援機2機が6日、乗り入れできなかった。

     隣国サウジアラビアがイエメンの陸海空の国境を封鎖したためで、国連人道問題調整事務所(OCHA)報道官は7日、「既に世界最悪の人道危機に苦しむ人々にとって、生命線が閉ざされれば壊滅的となる」と封鎖解除を求めた。

     サウジは、首都リヤドを狙った弾道ミサイルがイエメンのイスラム教シーア派系武装組織フーシ派から発射されたことに反発。フーシ派を支援するイランからの武器流入を防ぐ名目で、6日にイエメン国境を封鎖した。7日のサウジ国営通信によると、ムハンマド皇太子は「フーシ派へのミサイル供与は、イランによるサウジへの直接的な軍事侵攻だ」と批判した。 

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017110701249&g=int 【国連支援機イエメン入れず=サウジアラビアが国境封鎖】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    sa250
    サウジアラビアは改革に抵抗する勢力の国外への逃亡を防ぐため、空港の閉鎖に踏み切った。5日までに「汚職」を名目に多数の王子や現役閣僚らを拘束。抵抗勢力を一掃し、サルマン国王から息子ムハンマド皇太子への権力承継を確実にする狙いだ。ただ、経済のけん引役の著名投資家も拘束されたことで、ビジネス環境が不透明になるとの懸念が広がっている。

     今回の大量の拘束劇の直前の4日夜、サウジはムハンマド皇太子をトップとする新たな汚職対策の組織を立ち上げた。次は誰が狙われるのか、関係者には警戒感が広がっている。サウジ当局は王族らの逃亡を防ぐため、プライベートジェットが発着する首都リヤドにある空港を閉鎖した。
     2030年を目標に、石油に頼らない経済への転換を主導するムハンマド皇太子は、不満分子の一掃に動いた。ムハンマド皇太子への王位継承に向けた「地盤固め」との見方が有力だ。
      【サウジが空港閉鎖、抵抗勢力一掃へ 著名投資家ら拘束】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル