かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: カナダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/01/22(月) 02:35:19.55 ID:CAP_USER
    no title

    カナダのバンクーバーで開催された朝鮮戦争連合軍側の外相会議に、中国は強烈な不満を表明。
    中米蜜月が吹き飛ぶどころか、冷戦時代の構造に戻したとした。
    中露を招聘しなかった主催者側を徹底批判している。

    〈中露を招聘しなかった主催者〉

    朝鮮戦争時の連合国側(朝鮮戦争国連軍)外相を集めて会議を開こうと呼び掛けたのはアメリカで、相談した相手はカナダであると、中国は報道している。
    テーマはもちろん、北朝鮮問題、すなわち朝鮮半島安全保障問題だ。

    1月16日付の「環球時報」が
    「美加(米国・カナダ)20カ国が"北朝鮮核問題大会"をやってのけた」という趣旨のタイトルで、一面トップで扱っている。

    同社説では「国連軍幽霊の再現、中露両国は招聘されていない」ということが強烈な口調で書かれているだけでなく、バンクーバー会議に集まった国家の外相を「奇怪なサークル」とまで呼んでおり、中国の不満が尋常ではないことが窺える。

    朝鮮戦争は北朝鮮の金日成(キム・イルソン)首相が旧ソ連のスターリン書記長をそそのかして起こしたもので(1950年6月)、中国の毛沢東主席は反対だった。しかしスターリンの指示であるとうそぶく金日成の甘言に弄されて、毛沢東は、ようやく首を縦に振った。

    スターリンは金日成に「ソ連軍自身は参加せず、毛沢東を説得して中国人民解放軍に参戦させろ」と裏で糸を操った。

    そのため国連軍が38度線を越えた1950年10月、毛沢東は中国人民志願軍を編成して北朝鮮に出兵させたのである。

    中国人民解放軍ではなくて、「中国人民志願軍」としたのは、「中国共産党の軍隊」ではなく、「民間の志願者が軍隊を結成した」という形を取って、「国家としての参戦」の形を避けようとしたからだ。
    この当時、北朝鮮の国境にある吉林省延辺朝鮮族自治区にいて、戦火を逃れて天津に移った筆者は、中国人の小学校で、小学生までが志願することを英雄物語として教育された現象を経験している。

    このように中国と旧ソ連(後のロシア)は、国家の軍隊として表に出ていたわけではないが、しかし北朝鮮の後ろ盾として「北朝鮮側」を応援していたことだけは確かだ。

    そのためアメリカを中心とした朝鮮戦争国連軍側は、北朝鮮および中国とロシアを招聘しなかったものと、形の上では解釈することができる。しかし中国にも呼びかけて国連安保理として動いているはずのアメリカが、なぜ中国を外した形で北朝鮮問題を協議しなければならないのか。このことに対して、中国は激しく抗議表明をしたわけだ。

    ただ、対話路線と圧力路線の間には明確な分岐線があり、対話路線は「中国、ロシア、韓国」を中心として主張されており、圧力路線は日米を中心に展開されている。対話路線が実行され始めているだけに、
    圧力路線を引っ込めるわけではないことを、アメリカは見せたいのだろう。
    トランプ大統領自身の発言の揺れと韓国の八方美人的立場は、ここでは先ず目をつぶって、論じないこととしよう。

    (略)

    ニューズウィーク日本版
    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/01/post-9341.php

    【【カナダ】中露を招聘しなかったバンクーバー外相会議に中国強烈な不満】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/01/16(火) 22:47:09.16 ID:CAP_USER9

    1月16日 20時49分
    河野外務大臣は、日本時間の17日未明にカナダで開かれる、北朝鮮問題をめぐる関係国の外相会合に出席します。会合で河野大臣は、オリンピックへの参加などをめぐり北朝鮮が対話姿勢を示しているものの、政策変更を促すためには国際社会が一致して圧力を最大限まで高めることが重要だという認識を各国と共有したい考えです。

    北朝鮮問題をめぐる関係国の外相会合は、日本時間の17日未明にカナダのバンクーバーで開かれ、日本やアメリカ、韓国などの関係国の外相が出席します。

    会合で、河野外務大臣は、ピョンチャン・オリンピックへの参加などをめぐり、北朝鮮が対話姿勢を示しているものの、核保有を認めず、北朝鮮に政策変更を促すためには、国際社会が一致して圧力を最大限まで高めることが重要だという認識を各国と共有したい考えです。

    17日の会合を前に、河野大臣は、日本時間の16日午後、アメリカ、韓国、カナダの3か国の外相と会談し、会合での議論の方向性を打ち合わせたものと見られます。

    また、河野大臣は、会合に合わせて韓国のカン・ギョンファ外相との会談を調整していて、北朝鮮対応での連携を改めて確認したい考えです。

    一方、慰安婦問題をめぐる日韓合意については、着実な実施を求める日本の立場は変わらないとして、会談で日本側から触れる考えはないとしています。

    no title

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180116/k10011291341000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004 

    【【カナダ】河野外相 対北朝鮮関係国外相会合に出席へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/04(木) 09:17:33.64 ID:CAP_USER9

    ca250

    米朝が極秘協議、12月に北京で 米の対北融和派巻き返しか? 1・16バンクーバー閣僚級会合は紛糾の恐れ

    (略)


     一方、日本、カナダ両政府の外務・防衛当局者が12月6~8日にオタワで安全保障協議を行った際、カナダ側は「北朝鮮と交渉しなければならない。その点は米政府とも話し合っている」と述べ、米国務省とのパイプを誇示しつつ対話の重要性を強調した。日本政府の「圧力重視」方針についても「圧力一辺倒では問題がある。不測の事態が起こるかもしれない」と懸念を示したという。

     カナダ政府は1月16日にバンクーバー市で、米英など朝鮮戦争時の国連軍参加国に日韓両国などを加えた閣僚級会合を主催する。この会合はティラーソン氏の要請で開催が決まったとされており、米国務省を中心に対北融和派が会合を主導する公算が大きい。

     このため、河野太郎外相は当初、会合出席を拒んでいた。ところが、米ホワイトハウスが「無条件対話」を否定し、圧力を重視するマティス国防長官も出席する方向で調整を始めたため、河野氏も出席することに方針転換した。会合で圧力派と融和派の軋轢(あつれき)が表面化し、紛糾する可能性がある。

    BIGLOBEニュース(産経新聞)
    https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0104/san_180104_1890724219.html
    【カナダ政府が、対北朝鮮で日本に「圧力」から「融和」への方向転換を迫っていた事が判明 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    韓国とカナダが通貨スワップ協定を締結した。

    韓国銀行は16日、同行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁とカナダ銀行のステファン・ポロッツ総裁が同日カナダ・オタワのカナダ中央銀行で韓加通貨スワップ協約書に署名したと明らかにした。協定は満期が設定されていない常設契約で、限度も決まっていない。規模と満期は両機関が協議して改めて決めることにした。

    韓国は先月、中国と通貨スワップ再延長に合意した。満期は3年、560億ドル(約6兆3250億円)規模で、従来の契約と同じ。韓中通貨スワップの延長は外貨安全網としての価値はもちろん、韓中関係復元の足がかりになりえる点が評価された。実際、韓中通貨スワップ再延長以降、「韓中関係改善協議」「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の年内訪中」などの成果につながった。

    しかし、日本とは通貨スワップ交渉再開に対する協議がない状況だ。韓国と日本は2001年に初めて通貨スワップ契約を締結した後、2011年700億ドルまでその規模が拡大したが、2012年8月の李明博(イ・ミョンバク)元大統領の独島(ドクト、日本名・竹島)訪問を機に韓日関係が悪化し、2015年2月に完全に終了した。2016年末、韓日間で話し合いが持たれたが、ことし1月に釜山(プサン)日本領事館前に慰安婦少女像が設置されたことを受けて日本側が一方的に交渉を中断した。

    一方、カナダと通貨スワップを締結した李総裁は韓国メディア「聯合ニュース」とのインタビューに対して「基軸通貨国のカナダが韓国の金融安定を支援するという約束をした」とし、金融不安に備えて安全網を強化できたことを強調した。続いて「通貨スワップ目的で金融安定を確実なものにできたので、金融不安時には大いに支えになるだろう。期限が設けられておらず満期になるたびに延長問題が大きくなることもない」と述べた。 
      
    中央日報
    http://japanese.joins.com/article/497/235497.html?servcode=300&sectcode=300 
     

    【韓国、中国との延長に続きカナダと通貨スワップ締結…日本とはいつ頃】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     ベトナムのダナンで開かれているTPP=環太平洋パートナーシップ協定の参加11か国による閣僚会合に参加しているカナダのシャンパーニュ国際貿易相は、アメリカを除いてTPPを発効させることで大筋合意したことについて「そのような報道が出ているが、TPPの大筋合意はしていない」とツイッターに書き込みました。

    これに先立ってトルドー首相は8日ハノイで行った記者会見で「カナダはみずからにとって最善の利益とならない協定にせかされて合意することはない」と述べています。

    カナダのメディアは、労働規制や知的所有権、さらに先住民の扱いをめぐってカナダ政府が今の協定案の内容に納得していないと報じていますが、10日開かれる首脳会合にどう臨むのかなどは伝えていません。

    NHK

    【TPP カナダ国際貿易相「大筋合意せず」とツイート 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    モスル
    イラク第2の都市モスル奪還作戦を支援しているカナダ軍特殊部隊は23日までに、狙撃兵が3540メートル離れた距離から、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の戦闘員を狙撃することに成功したと発表した。

    カナダ軍特殊部隊は現在、モスル奪還を目指すイラク治安部隊の後方で援護と助言に当たっている。3540メートルからの狙撃成功は世界最高記録となる。安全上の理由から、狙撃兵の名や、狙撃した状況などの詳細は公表していない。


    【カナダ兵、3.5キロ先のISIS戦闘員狙撃 世界新記録】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル