かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: イスラエル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団 ★ 2021/04/11(日) 09:08:45.85 ID:pyVenGoG9
    phizervc
    新型コロナウイルスのワクチン接種で先行する米国やイスラエルのデータから、ワクチン接種が無症状の感染者を減らす効果が明確になってきた。

    臨床試験(治験)では重症化を抑える効果の確認を優先し、無症状者については厳密な確認はできていなかった。

    無症状者は自覚症状がないため感染を拡大しやすい。
    ワクチンの重要性があらためて裏付けられた。

    (略 有料記事)

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGKKZO70895200R10C21A4EA1000/#:~:text=%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3


    【【米・イスラエル分析結果】 コロナワクチン 「無症状の感染者を減らす効果」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 凜 ★ 2021/03/14(日) 10:24:48.18 ID:T43ICSNg9
    tanka

     【テヘラン共同】地中海を航行中のイランのコンテナ船で爆発があり、イラン捜査当局者は13日、敵対するイスラエルが関与した可能性が高いとの見方を示した。イラン外務省は「破壊工作」と断定した。イランメディアが伝えた。

     報道によるとコンテナ船は10日、爆発物によって攻撃され、小規模な火災が発生、船体の一部が破損した。船員らにけがはなかった。捜査当局者は、爆発物は航空機から発射された可能性があると述べた。同船は欧州に向かっていたという。

    共同通信(3/14 09:04)
    https://this.kiji.is/743563664438165504

    【【中東】船爆発、イスラエル関与か イランは破壊工作と断定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2021/03/08(月) 22:54:25.71 ID:CAP_USER
    no title


    チョン・ウィヨン(鄭義溶)外交部(日本の外務省に相当)長官が8日、イスラエルのガビ・アシュケナジー外相と就任後初となる電話会談を行った。

    韓国外交部によると、両外相は同日の電話会談で、「韓国-イスラエル自由貿易協定(FTA)が、両国関係の跳躍のための契機になることについて認識を共にした。また、通商・技術・保健など様々な分野で両国間の協力を持続拡大していくことにした。

    韓国は2019年、アジア諸国の中では初めてイスラエルとFTAを妥結した。今年はその発効が予定されている。

    両外相は、ワクチン接種の経験を共有し、ワクチンの技術開発など新型コロナウイルスの対応でも引き続き協力していくことで一致した。

    鄭義溶長官は、昨年のアブラハム合意妥結などアラブ圏との関係正常化が域内平和と安定に寄与するとして、イスラエル政府の努力を高く評価した。

    一方のガビ・アシュケナジー外相は、韓国政府による朝鮮半島の平和プロセス関連の努力に対して、支持する立場を表明した。

    WOWKorea 2021/03/08 19:45配信
    https://s.wowkorea.jp/news/read/290799/

    【【チョン韓国外相】イスラエル外相と電話会談…「ワクチン接種の経験を共有・技術開発の協力」イスラエル政府の努力を高く評価】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 和三盆 ★ 2021/03/03(水) 13:59:47.06 ID:VbEl9xHv9
    il250
    2021/03/03
    バイデン米政権がイラン核合意復帰に向けた動きを見せる中、イスラエルとサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンの湾岸諸国が米国抜きの「中東版NATO」創設を模索し始めた。これら4カ国はいずれも米国の強力な同盟国。米国によるカショギ氏殺害事件の報告書公表で、米国とサウジ関係も悪化、“反バイデン”の現象が浮上してきた。

    ユダヤ人会議議長がサウジ紙で提唱

     エルサレム・ポスト紙などによると、4カ国による新しい軍事同盟結成の話が明るみに出たのは先月、「世界ユダヤ人会議」のロナルド・ローダー議長がサウジの英字紙「アラブニュース」に寄稿した一文だった。議長は中東がイランの脅威やコロナ禍に直面していることを指摘し、自主防衛の重要性を訴えた。

     事実上、米国の軍事的な傘から離脱して「中東版NATO」の創設を提唱したもので、「アラブ諸国はイスラエルをイランに対抗する唯一の信頼できる同盟国と見ている」と言及、イスラエルとアラブ世界の関係強化を強調した。議長のコメントは当然のことながら、イスラエル政府の思惑を反映してのことだったのは間違いないところだろう。

     もう一つ注目したいのは議長が寄稿した「アラブニュース」についてだ。同紙はサルマン国王の息子で、同国を牛耳るムハンマド皇太子の兄弟のツルキ王子が所有しており、サウジ政府のマウスピースだ。わざわざ寄稿させた背景にはムハンマド皇太子の意向が働いていたと見るのが普通だ。

     この記事が出た後の1月25日、イスラエルのテレビは4カ国が米国を外した軍事同盟結成を検討していると伝えた。イスラエル首相府当局者は確認を避けながら「中東のパートナーとの関係強化には関心がある」とコメント。エルサレム・ポストによると、首相府筋は4カ国が非公式に会談したことを認め、共通の敵であるイランの脅威を協議したことを明らかにした。

     イスラエルは長らくアラブ諸国の多くと敵対してきたが、昨年、トランプ前政権の仲介で、UAE、バーレーン、スーダン、モロッコと国交樹立で合意した。アラブの盟主であるサウジアラビアとは国交がないが、昨年11月、ネタニヤフ首相がサウジを極秘訪問し、ムハンマド皇太子と会談したと報じられた。

     イスラエルとサウジアラビアが急速に接近しているのは前政権とは違って両国と距離を取るバイデン政権への反発が背景にある。バイデン大統領はイスラエルのネタニヤフ首相とは就任後1カ月近くたってからやっと会談するなど冷淡さが目立っている。サウジに対しても、関係を「再調整する」とし、ベタベタだったサウジ王宮とホワイトハウスには隙間風が吹いている。

     4カ国の軍事同盟の秘密協議はトランプ前政権との間で培われた「米国との親密な構図」が崩壊したことに対する一つの反作用だろう。米国抜きの「中東版NATO」の結成に現実味は乏しい。むしろ、そうした動きを見せることで、「イラン核合意への復帰は容認しないし、自分たちを軽視することは許さなさい」というメッセージを送ることに狙いがあると言えるのではないか。

    https://wedge.ismedia.jp/articles/-/22345

    【バイデン「イラン核合意復帰へ」イスラエル・サウジアラビア・UAE・バーレーン「米国抜きで中東版NATO設立します」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: かわる ★ 2021/02/21(日) 20:39:51.85 ID:jIuaMn7e9
    イラン
    イランは今月23日より、「制裁解除とイラン国民の利益保護のための戦略的措置」法の枠組みで、核合意の下での自発的措置を停止しようとしています。

    しかし、アメリカおよび、核合意存続のための義務履行を怠った英独仏3カ国は大掛かりな喧騒により、イランの平和的な核計画に懸念を表明し、これに関するイランの合法的な要求への返答を回避しようとしています。

    ザリーフ・イラン外相はこうした欧米諸国の行動に反応し、ツイッター上で、核問題に対する西側諸国の立場を矛盾をはらんだものだとし、シオニスト政権イスラエルによる、地域で唯一の核爆弾工場である同政権占領地南部ディモナでの核兵器の開発に欧米諸国が沈黙している現実を批判しました。

    サリーフ外相は20日土曜、このツイートにおいて、「バイデン米大統領、IAEA国際原子力機関、ジョンソン英首相、マクロン仏大統領、メルケル独首相、あなた方は、非常に懸念しているだろうか?ある程度は懸念しているか?少しだけか?あなた方にとっては、見解を表明するほどの重要性がない事柄ということか?私は、そうなのだと考えていた」と書き込みました。

    レバノンのアルマヤーディン・テレビは今月19日夜、先月4日に撮影された航空衛星動画を公開し、「核分裂性物質関連の国際グループは、これらの衛星画像は、占領地内ネゲブ砂漠の違法な研究センターとディモナ原子力発電所で新しい建設活動が行われていることを証明していることを認めた」と報じました。

    この点に関してイギリスの新聞ガーディアンも、米プリンストン大学国際安全保障学・科学計画の研究者の話として、「着工は2019年初頭か2018年後半で、着工は2018年の年末か2019年初頭であると思われる。つまり約2年前から建設が開始されている】」と報じました。

    FASアメリカ科学者連盟も、イスラエルがディモナ重水炉で製造されたプルトニウムでできた核弾頭およそ90発を保有していることを認めています。

    占領政権であるイスラエルは、1950年代にフランス政府からの大規模かつ秘密裏の支援を受けて、ディモナ原子炉の建設を開始し、米国との協力によりこれを拡張させました。

    イスラエルはこうした活動を続行する中、自らの違法な核施設に対する国際機関の査察を許可しておらず、NPT核兵器不拡散条約にも署名していません。

    しかし、イランの平和目的による核活動に関して欧米諸国がでっちあげの主張に熱を上げている中、イランの核活動に対するIAEA国際原子力機関規約上の監視は従来どおり定期的に実施されており、自発的な措置としてのイランとIAEAの協力は通常の水準をはるかに上回るものです。

    イランの政府高官との会談を目的にテヘランを訪問しているグロッシIAEA事務局長はこれまでに何度も、イランとIAEAの間で良好な協力が行われてきた事実を指摘しています。

    今日のイランの発言はこうした事実を強調するとともに、同国が非通常の核活動を懸念していると主張する国々こそが、プロパガンダによる誇大宣伝や偽りの世論操作の代わりに、自らが保有する数千の核兵器に目を向け、地域と世界で核兵器の開発につながった破壊的なダブルスタンダードから手を引くべきことを断言しています。

    ザリーフ外相はこれに先立ち、2019年12月のイスラエルによる核ミサイル実験に反応を示し、「英独仏およびアメリカは、現実に核弾頭搭載目的で開発されたミサイルを保有する、西アジア唯一の核兵器保有政権には決して文句を言わない。だが、イランの通常防衛兵器には神経質になっている」と語っています。

    PARSTODAY
    https://parstoday.com/ja/news/middle_east-i72234

    【【中東】西側のダブルスタンダード イランを非難し、占領政権であるイスラエルの核活動を黙認、核弾頭およそ90発を保有】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: トモハアリ ★ 2021/02/10(水) 20:18:23.79 ID:HSehdBpk9
    il250
    記者のイチ押しネタを集めた「取材部ネタプレ」。

    9日は、「対象年齢が拡大されたイスラエルのコロナワクチン接種」について、FNNイスタンブール支局・清水康彦支局長がお伝えします。

    人口の4割近くが1回目の接種を終えたイスラエル。

    医療従事者や高齢者らから始まり、先週には、早くも16歳以上の全国民が接種できるようになりました。

    妊婦も希望すれば接種可能。

    ポイントは、「ワクチンで感染率低下も新規感染者数は高止まり?」です。

    2月9日 FNNプライムオンライン
    https://www.fnn.jp/articles/-/141835

    【【イスラエル】ワクチン“最速”も感染減らず  国民4割が接種】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2021/01/29(金) 16:49:54.05 ID:CAP_USER
    isuraeru
    2021年1月29日 16時44分 福島第一原発

    イスラエルは、福島第一原子力発電所の事故のあとから続けていた福島県などの水産物やコメなどに対する輸入規制を撤廃しました。

    福島第一原発の事故のあとイスラエルは、福島県や岩手県、それに宮城県など6つの県から水産物やコメなどを輸入する際に放射性物質の検査報告書の提出を求めるなどの規制を続けてきました。

    農林水産省によりますと、イスラエルは今月25日付けで、こうした規制をすべて撤廃したということで、これによって対象となっていた食品の輸出がしやすくなります。

    しかし、中国や台湾など15の国と地域では日本の一部の地域からの輸入規制が続けられています。

    野上農林水産大臣は、29日の閣議の後の記者会見で「規制を残す国や地域については科学的な根拠に基づき、規制を緩和、撤廃するよう粘り強く働きかけていく」と述べています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210129/k10012839311000.html

    【【イスラエル】福島県など6県の水産物やコメなどの輸入規制を撤廃】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団 ★ 2021/01/29(金) 09:27:36.42 ID:qduXfq2f9
    il250
    イスラエルのメディア「タイムズ・オブ・イスラエル」は28日、保健維持機構(HMO)マカビ関係者の話として、 国内で接種が進む米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて「92%の有効性を示した」と報じた。

    それによると、イスラエル人16万3000人のうち、2度目のワクチン接種後10日以内にウイルスに感染したのは31人にとどまった。

    ファイザー社は昨年11月、臨床試験(治験)で95%の予防効果があったと発表。
    実社会において、同様の結果が出るか注目されていた。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021012801438&g=int

    【【イスラエル】 ファイザー製のコロナワクチン2度接種で 「92%の有効性を示した」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ゆき ★ 2021/01/27(水) 16:28:37.00 ID:yrm3bJT39 
    015CAD43-A99E-4834-B44E-CA8CEB82FF4E
     
     イスラエル国防軍のアイブ・コチャフ参謀総長は1月26日、テレビで声明を発表し、「イラン攻撃計画の準備」を進めるよう軍に下命したことを明らかにした。

     イランの核開発計画に対するジョー・バイデン米大統領の政策発表を前に、同大統領に圧力を掛ける意味で、イスラエルはこのタイミングで、攻撃計画準備を命じたことを明らかにしたとみられている。

     声明の中で、コチャフ中将は「既存の対イラン作戦計画に加えて、複数の新規作戦計画の準備を命令した」と明らかにした上で、「実行命令は政治指導者が下すが、そのためには立案、準備、訓練が必要となる」と述べた。

     イランは今年に入って、ウランの濃縮度を20%に引き上げる作業を始めたばかりだ。

     イランは2015年、15年間高濃縮ウランや兵器級プルトニウムを生産しないことや、ウラン濃縮に使われる遠心分離機を大幅に削減する条件で、欧米が金融制裁や原油取引制限などを緩和するとした合意を米英独仏中ロと結んだ。

     しかし、トランプ前大統領が2018年5月に一方的に核合意を離脱し、制裁を再開したため、イランは2019年から段階的にウラン濃縮度を高めてきた。

     イランの核開発抑止に十分な保障措置が含まれていないとして、この合意に強く反対していたイスラエルは、前大統領の合意離脱を歓迎したが、バイデン大統領は合意への復帰を目指しているといわれている。

    AP通信 1/27(水) 12:52
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6435c132d6b6849a1add184fcdbabf3bd36b0021

    【【中東】イラン攻撃計画の準備命令 イスラエル軍トップが公表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団 ★ 2021/01/27(水) 00:20:12.11 ID:WfWiKvHZ9
    il250
    イスラエルで、米製薬大手ファイザーとドイツのビオンテックが開発した新型コロナウイルスのワクチンを2回接種した人のうち、その後の検査で陽性と判定されたのは0.01%にとどまっていることがわかった。

    イスラエルの非営利の保険組織「健康維持機構」(HMO)大手、マカビが25日、速報データを公表した。

    イスラエルのメディアが報じたマカビのデータによると、このワクチンを2回接種した12万8600人のうち、 2回目の接種から1週間以上たった後の検査で陽性と判明した人は20人にとどまった。

    陽性とされた人はいずれも入院が必要な症状を示していない。

    マカビはあくまで初期データにすぎないと指摘している。
    ファイザーはワクチンの予防効果を95%と説明していた。

    イスラエルは世界最速のペースでワクチン接種を進めており、1回以上ワクチンを受けた人は人口の3割を超えた。
    ファイザー側から十分な量のワクチンを確保するかわりに、接種状況を巡るデータを提供することで合意済みだ。

    国民皆保険のイスラエルでは、HMOが医療サービスを提供する。

    HMOが個人の医療記録をIT(情報技術)を活用して蓄積する「デジタルヘルス」と呼ばれる制度を構築しており、 ワクチン接種でも速やかなデータ集計が可能になったもようだ。

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR26D620W1A120C2000000

    【【イスラエルの速報データ】 米ファイザー製コロワクチン2回接種で陽性率 「0.01%」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 納豆パスタ ★ 2021/01/25(月) 04:27:06.47 ID:1FkNBIVO9
    39133080-B8C4-4D2C-B5C0-191529AF0E60
    イスラエルでコロナウイルスの新たな変異種が確認された。危険性が高い可能性があるとみられている。
    24日、イスラエルのメディアをもとにトルコ・アナドル通信が伝えている。

    報道によると、新たな菌株についてはイスラエル参謀本部諜報局(AMAN)の報告書で明らかになったという。
    変異種はより強い感染力をもっていることが確認されている。

    これに伴い、他国からイスラエルに入国する際にはあらためて隔離措置が取られることになる。
    イスラエルのネタニエフ首相は近々、ベン・グリオン国際空港(テルアビブ)を2週間閉鎖する可能性について、 同国保健省および安全保障会議と協議する予定。

    スプートニク2021年01月24日 23:17
    https://jp.sputniknews.com/covid-19/202101248103541/


    【イスラエルでコロナウイルスの新たな変異種を確認 危険性が高い可能性あり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ボラえもん ★ 2021/01/24(日) 18:53:06.72 ID:U3hAcE6g9
    5分で充電可能な電気自動車用バッテリーが発表された。
    電気自動車の標準的なバッテリーは、フル充電に約8時間かかる。
    高速での充電によって、EVがさらに身近になるだろう。
    ガソリンを満タンに入れるのと同じ、わずか5分で充電できる電気自動車用バッテリーが、中国の工場で製造された。

    新しいリチウムイオンバッテリーは、イスラエルのStoreDot社が開発し、中国のEve Energyが製造した。
    StoreDotは1月19日、リチウムイオン電池の規格に準拠したバッテリーのサンプルを1000個製造したと発表している。
    このサンプルは、BP、ダイムラー、サムスン、TDKなど、EV市場に進出したいと考える潜在顧客や投資家に向けて、StoreDotの技術を紹介するために使われる。

    ■充電時間が早いバッテリーは、EVをさらに機能的にする
    現状の電気自動車は充電に時間がかかるため、多くのドライバーにとって長距離の走行には向いていない。
    電気自動車の充電機器を製造するPodPointによると、現在市場に出回っている電気自動車のバッテリーは、充電に30分から12時間かかるとされているが、通常はフル充電に約8時間程度かかる。

    電気自動車は、バイデン大統領が掲げる予算2兆ドルの気候変動への取り組みで重要な項目となっている。
    その中で大統領は、ガソリン車の代わりに電気自動車を走らせることで、2035年までに再生可能なエネルギー網を構築したい考えだ。
    StoreDotの最新バッテリー技術は、同社のドロン・マイヤースドルフ(Doron Myersdorf)CEOが電気自動車の最大の障壁と呼ぶ「走行距離と充電への懸念」を軽減し、環境にやさしい未来を実現可能にするだろう。

    「今回の発表は重要なマイルストーンだ。このバッテリーは初めて研究室レベルを超え、大量生産に対応し、商業的に実現可能な商品となった」と、マイヤースドルフCEOはプレスリリースで述べた。
    「我々は、電気自動車の大量生産に向けて、決定的な障壁を取り除く、革命的な充電体験を提供しようとしている」

    電気自動車は、1回の充電で平均250マイル(約400km)の走行が可能だ。
    高速で充電可能なバッテリーがあれば、ドライバーは航続距離に縛られず、従来の車と同じように長距離走行に電気自動車を利用できる。

    現在のリチウムイオンバッテリーは電極にグラファイトを使用しているが、StoreDotのバッテリーはイオンがスムーズに移動できる半導体ナノ粒子に換えることで、高速充電が可能になった。
    同社では2021年末までに、この電極をさらに安価なシリコンへ換えることを予定している。テスラも、シリコン電極の開発を行っている。

    ■イーロン・マスクはずっと高速充電を求めてきた
    イーロン・マスクは1月18日、「バッテリーセルの製造の問題は、持続可能なエネルギーの未来を遅らせる抜本的な原因になっている。
    とても重要な問題だ」と、ツイッターに投稿した。

    テスラは、スーパーチャージャーネットワークの拡大と、最大400マイル(約643km)まで走行可能な新世代長距離電気自動車を通して、
    電気自動車の走行距離を伸ばす取り組みを続けている。マスクは、電気自動車が従来のガソリン車と同じように便利で身近にしたいと考えている。

    ■EV用高速充電バッテリーの流通はまだ数年先
    StoreDotの5分で充電可能なバッテリーは、まだ技術開発の途上で、大量生産が可能となるにはまだ時間がかかるため、しばらくは市場に登場しないだろう。

    StoreDotはこれまで、電話、ドローン、スクーターの高速充電バッテリーの実験を行ってきた。同社は2014年、電話を30秒でフル充電できる充電器のプロトタイプを開発している。

    [原文:An electric-car battery that can be charged as fast as filling up your gas tank was just shown off by a startup]
    (翻訳:Makiko Sato、編集:Toshihiko Inoue)

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/acf23b9a8911004185c5586478f5b22d2c350054?page=1

    【【車】給油と同じ早さ、5分でフル充電できるEV用バッテリーをイスラエル企業が開発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ボラえもん ★ 2021/01/22(金) 21:09:26.05 ID:QNoG06c19

    86AD45DB-2BDC-425B-8776-1D3C61298800
    イスラエルの新型コロナウイルス対策を率いる責任者は、ファイザーの1度目のワクチン接種は思ったよりも「効果が小さい」と警鐘を鳴らした。

    イスラエルは人口あたりのワクチン接種が世界で最も進んでいる国だ。
    Our World in Dataによると、1月19日(現地時間)の時点で人口の25.6%がファイザー/バイオンテックの1度目のワクチン接種を受けている。

    ただ、ガーディアンによると、イスラエルの新型コロナ対策の責任者ナフマン・アッシュ(Nachman Ash)氏は、
    1度のワクチン接種では「思ったよりも効果が小さい」ようだとイスラエルのラジオ局Army Radioに語ったという。

    この新型コロナウイルスのワクチンは、間隔を3週間あけて2度接種することになっている。イスラエルもこの方法でワクチン接種を進めている。

    しかし、1度目のワクチン接種をまず優先させる戦略を取っているイギリスにとって、今回の警鐘は懸念をもたらす可能性がある。

    イギリスでは、2度目の接種を最大12週間後に遅らせることで、できるだけ多くの人に1度目の接種を行うことを目指している。
    限られた人々にのみ十分な免疫があるより、多くの人々に多少なりとも免疫がある方が良いだろうと考えてのことだ。

    これはアメリカも同じだ。バイデン大統領はできるだけ多くの人々にワクチンを接種するため、手元にあるほぼ全てのワクチンを放出する計画だ。
    アメリカはワクチン接種をスケジュール通りに進める方針だが、結果的に2度目の接種が遅れる可能性がある。

    ファイザーはワクチンの有効性について、2度の接種で約95%、1度の接種では約52%としている。

    だが、イスラエル側は1度の接種での有効性は33%前後だと思われるとしている。

    イギリス政府の首席科学顧問パトリック・ヴァランス (Patrick Vallance)氏は20日、人々が獲得している感染防御レベルを「極めて慎重に」見ていくとイギリスのSky Newsに語った。

    ヴァランス氏はイギリスがその戦略を変えるべきだとは言わなかったが、人々へのワクチン接種が進む中で、政府は「数字を測定し続ける必要がある」とした。

    その上で、現実世界でのワクチンの有効性は想定よりも低くなりがちだとしつつも、イスラエルが報告しているほど「低く」はならないだろうと、ヴァランス氏は語った。

    https://www.businessinsider.jp/post-228298

    【【新型コロナ】ファイザー製ワクチン、1度の接種では「思ったよりも効果が小さい」恐れ 接種率世界一のイスラエルからの報告】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団 ★ 2021/01/20(水) 14:00:19.25 ID:XrLqO9EB9
    il250
    イスラエルでは人口の4分の1以上にCOVID-19のワクチンを接種して、ようやく新規感染者数が減り始めた。

    これまでに243万人以上が、2度の接種が必要なワクチンを少なくとも1度受けている。
    Our World In Dataのデータによると、これはイスラエルの人口の約27%にあたる。

    ジョンズ・ホプキンス大学のデータによると、1月13日に9997人だったイスラエルの新規感染者数は、
    17日には8190人に減った。

    イスラエルは世界で最も人口あたりのワクチン接種が進んでいる国で、
    本格的な展開にあたり困難に直面しているアメリカといった他の国々からは"成功例"としてもてはやされている。

    Insiderが報じたように、イスラエルは比較的少ない人口が密集していること、
    中央集権化されたデジタルに精通した医療制度があることから恩恵を受けている。

    ロイターは1月18日、イスラエル政府が他国の助けとなるよう、ワクチンを製造したファイザーや
    バイオンテックとデータを共有していると報じた。

    「このプロジェクトはイスラエルで実施されているが、得られた見識は世界中に適用できるだろう。
    これにより、わたしたちは各国政府が自国のワクチン接種キャンペーンの公衆衛生上の効果を最大化できると期待している」
    とバイオンテックが18日にコメントしたとロイターは報じている。

    新型コロナウイルスのワクチンは、間隔を3~4週間あけて2度接種することになっている。
    1度目の接種後にある程度の効果は得られるかもしれないが、きちんとした免疫効果を得るためには2度の接種が必要とされている。

    ジョンズ・ホプキンス大学によると、イスラエルではすでに55万人以上が新型コロナウイルスに感染していることから、こうした人々もある程度、COVID-19に対する免疫があるだろう。
    同大学によると、イスラエルではパンデミックが始まって以来、4000人以上が新型コロナウイルスで死亡している。

    Worldometerのデータによると、イスラエルでは新規感染者数の7日間平均も減少していて、COVID-19の流行が落ち着きつつある可能性を示している。
    7日間平均は13日の時点で8395人だったのが、17日の時点では8144人に減った。

    ただ、世界の人口あたりのワクチン接種でリードするイスラエルだが、ABC Newsが報じたように、その進め方をめぐっては批判もある。
    イスラエルのワクチン計画には、ガザ地区やヨルダン川西岸地区に住んでいる約500万人のパレスチナ人が含まれていないからだ。

    1月上旬、ネタニヤフ首相は3月末までに全人口にワクチンを接種する計画だとし、
    イスラエルがCOVID-19を克服する最初の国になると信じていると語った。

    ただ、ニュージーランドやオーストラリアといった国は、ワクチンへのアクセスなしでも長期間、感染を抑え込むことに成功している。

    イスラエルは現時点で1月21日までとしているロックダウン(都市封鎖)の期限をさらに延長する見込みだと、タイムズ・オブ・イスラエルは17日に報じた。

    https://www.businessinsider.jp/post-228178

    【【コロナ】 イスラエル、人口の27%にワクチン接種でようやく感染者数が減り始めた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2021/01/16(土) 06:46:03.00 ID:a01od7EH9
    il250

     イスラエルが世界で群を抜く速さで新型コロナウイルスのワクチン接種を進めている。ロイター通信などによると、すでに4人に1人が接種を受け、3月中旬までに人口の半数を超えるとの見通しもある。進み具合に差がみられる各国も、接種を加速させようと必死だ。

     英オックスフォード大の研究者らの統計によると、14日現在、イスラエルの人口100人当たりの接種率はほぼ25%に達している。アラブ首長国連邦(UAE)が15%、バーレーンが6%で続き、英国は5%、米国は3%。

     イスラエルでは先月19日、60歳以上の市民や医療従事者らに対する米ファイザー製ワクチンの接種を開始し、対象の7割超が1回目の接種を済ませた。同国保健省は今月12日、50代に対象を引き下げて接種を始める方針も示した。

     イスラエルは国民に「健康維持機構」(HMO)への加入を義務付け、疾患に関する情報をデータ管理している。これを活用して順番を決め、優先度の高い人に個別に連絡するなどして接種をスムーズに進めた。

     保健省は今月上旬、接種を受けた人に大人数の会合への参加や文化施設などへの訪問を許可する「グリーンパスポート」の発給も検討していると発表。積極的にワクチンを受けるよう国民の背中を押している。

     また、UAEなどペルシャ湾岸諸国は出稼ぎ外国人が多数を占めており、ワクチン確保などの感染防止策を早くから講じていた。

     米国は2回目の接種用に保管していた新型コロナウイルスのワクチンを全量放出し、1回目の接種拡大を優先させる方針に転じた。米国では昨年末までに2千万人への接種を目指したが、予定通りに進まなかったためだ。

     中国政府は昨年末、国有製薬大手の中国医薬集団(シノファーム)が開発したワクチンを承認。公共交通機関など感染リスクが高い職種の人々から接種対象者を広げていく方針で、北京市内では接種者が100万人を超えた。中国当局は「全国民に無料で提供する」と表明し、さらに広げたい考えとみられる。

     ロシアではこれまでに80万人以上がワクチンを接種した。プーチン大統領は13日、自国産ワクチンの生産が必要量に達したとして「来週から全国民を対象にワクチン接種を開始すべきだ」と命じた。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dd09ae16338b3831be55fd9e85f22cab62f88b8a

    【【コロナ】イスラエルがスピード接種 ワクチンすでに人口の25%に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: チミル ★ 2021/01/14(木) 08:52:12.11 ID:MfC70OtL9
    il250
    シリア東部で親イランの民兵組織などを標的としたイスラエルによるものとみられる空爆があり、これまでに57人の死亡が確認されました。

    シリア人権監視団によりますと、シリア東部デリゾール近郊などで12日夜から13日にかけ、イスラエル軍によるものとみられる空爆がありました。

    親イランのイスラム教シーア派組織ヒズボラや民兵組織が標的になったとみられていて、これまでに過去最悪規模の57人の死亡が確認されたということです。

    ロイター通信によりますと、今回の攻撃についてイスラエル軍はコメントしていませんが、閣僚の1人は地元ラジオで、「具体的事例には言及しないが、諜報の結果、シリア内で脅威があると報告されれば相応の措置を取る」と述べているということです。

    シリア内戦では、イランがアサド政権を支援。イランを敵視するイスラエルがたびたび空爆を行っていて、ロイター通信は、去年1年で500か所以上の標的に対してイスラエルの攻撃が行われたと報じています。

    TBSニュース
    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4173588.html

    【イスラエルがシリアを空爆…57人死亡 過去最悪規模の被害】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/01/11(月) 11:36:39.70 ID:CAP_USER
    il250
    「グリーンパスポート(新型コロナワクチン接種証明書)は今年世界経済で最も重要な話題になるでしょう。グリーンパスポートを持たない国は貿易競争で淘汰される可能性が大きいです」。

    イスラエル出身の世界的投資専門家であるTCKインベストメントのオハド・トポー会長は8日、中央日報との電話インタビューで輸出の割合が大きい韓国とイスラエルの産業構造の共通点を指摘しながらこのように話した。彼は「イスラエル政府は来週2回目のワクチン接種とともにグリーンパスポート発給を始める計画。企業家が海外顧客を訪問して事業を議論し契約を締結するなどの人的交流をこれ以上遅らせてはならない」と話した。

    10日基準でイスラエルのワクチン接種率は19.55%と世界で最も先を行っている。接種を始めたバーレーンの4.95%、米国の2.02%、英国の1.94%、中国の0.63%、フランスの0.12%と比較して圧倒的な数値だ。これまでにイスラエルの人口930万人のうち180万人以上が接種した。60歳以上の高齢者基準では半数以上がワクチンを接種した。

    このようなスピードが可能だったのは昨年すでに全国民が受けられる量のワクチンを確保したためだ。イスラエルのネタニヤフ首相は昨年11月にファイザーとビオンテックのワクチン800万回分を、12月にはモデルナのワクチン600万回分をそれぞれ契約した。ネタニヤフ首相は先月19日に同国で最初にファイザーのワクチンを打ち、現在医師1人当たり7分に1人ずつ接種できるシステムを構築した。

    Q:イスラエルがワクチン接種1位の国になった秘訣は何か.

    A:「ネタニヤフ首相はワクチンの臨床第1相が始まる前から製薬会社と協議に入った。この過程でワクチンの接種結果を製薬会社に積極的に共有するとして協力を約束した。さらに彼は『代金に上乗せしてでもワクチンを調達せよ。2倍払ってでも』と勝負に出た。欧州の15ドル、米国の20ドルに比べ、イスラエルは30ドルを支払った。これを批判する世論もあるが、結果的に賢明な措置だった。上乗せして払った金額はイスラエル経済を2日間封鎖する場合に発生する損失にすぎなかったためだ。すなわち、経済封鎖措置を減らして中小企業を救済することが経済的に有利だという話だ」

    Q:臨床第1相の前からワクチンを購入するのはやや性急な行動と見ることもできるが。

    A:「それだけネタニヤフ首相がリスクを甘受するビジネスマインドを持っていたためだ。われわれは米食品医薬品局(FDA)の承認前からワクチンを確保し自国に保管しており、FDAの承認が出てすぐに接種を始めた。もちろん、最悪の場合にはワクチンを全部捨てなくてはならないということをだれもが知っていた。ネタニヤフ首相の推進力に対しイスラエル国内でも否定的な世論があるが、杞憂にすぎなかった。イスラエルは人口1人当たりスタートアップ数が世界1位である国らしく、挑戦することを恐れない」

    Q:ワクチン確保過程で海外情報・工作機関であるモサドはどんな役割をしたか。

    A:「イスラエルは国家安全保障と関連したことが発生する場合、政府のすべての資源を活用する。モサドは国が装備を購入し、国際ネットワークを通じて核心人材と情報に接近できるよう助けるのに関与した」

    トポー会長の70代の両親は2週間前にファイザーのワクチンの1回目の接種を終えた。彼は「2人とも健康で完璧な状態。来週2回目のワクチン接種を終えればグリーンパスポートを得られるというので期待が大きい」と話した。

    Q:イスラエル国民のワクチン接種に対する拒否感はないか。

    A:「全員積極的にワクチン接種に参加している。今後2カ月以内に成人の大部分が接種できると予想する。私は60代未満なのでまだ順番ではないが、連絡がくれば遅れることなく応じるだろう。ネタニヤフ首相は現在製薬会社にイスラエルの保健システム情報を共有するという協力を約束して残りのファイザーワクチン輸送を主導している。ファイザーに提供したイスラエルのデータは他国のワクチン接種にも大いに役立つだろう」

    (略)

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/33445c1c2d980e2405df178948581c3610db335e

    【【韓国報道】「接種率1位のイスラエル、代金上乗せしてワクチン確保…モサドも活躍した」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 少考さん ★ 2021/01/11(月) 00:17:11.53 ID:Ko1EbB2s9
    isuraeru


    ヨルダン川西岸で銃撃事件、イスラエル軍が狙われる

    2021年01月10日 15:34

    イスラエル国防軍はヨルダン川西岸地区の農村部にある軍の拠点が攻撃されたことを発表した。攻撃は武装した自動車から行われた模様。

    イスラエル国防軍の発表によると、ヨルダン川西岸地区の北部にあるジェニーン県に置かれた軍の拠点が自動車に乗った戦闘員らによって襲撃されたという。

    https://twitter.com/HananyaNaftali/status/1348078981510266886

    現在、軍は襲撃があった地域で実行犯の追跡を進めている。この襲撃によるイスラエル人の犠牲者について情報は入っていない。

    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/politics/202101108070123/ 


    ※関連リンク(イスラエル国防軍)
    https://twitter.com/IDF/status/1347900668200308736
    https://twitter.com/IDF/status/1347927836561170433


    【【イスラエル国防軍】ヨルダン川西岸で銃撃事件、イスラエル軍が狙われる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2020/12/30(水) 22:58:18.27 ID:CAP_USER
    1961年4月11日、イスラエルの首都エルサレムで全世界の耳目が集中した裁判が始まりました。裁判被告人は第二次世界大戦当時、ナチスドイツ親衛隊将校アドルフ・アイヒマンでした。彼は戦闘ではなく主に行政業務を担当したが、問題はその行政業務がユダヤ人の追放と虐殺に関連していた点でした。

    アイヒマンはヨーロッパ各地のユダヤ人を集めて強制収用所に送る列車輸送計画をたて実行する役割を果たしました。戦争でドイツ敗北後、アルゼンチンに逃走したアイヒマンは15年間彼を追ったイスラエル諜報部モサド要員に捕えられてエルサレムで裁判を受けることになりました。

    no title

    ▲1961年イスラエルで戦犯裁判を受けているアドルフ・アイヒマン(ボックスの中)./朝鮮日報DB

    世界各国の記者が雲のように駆せ参じた中、防弾ガラスで囲まれた被告人席に現れたアイヒマンの姿は人々の予想と違いました。数百万人の人々を死に追いやった凄じい悪党の姿ではなく平凡で弱気な公務員の身なりだったのです。彼はユダヤ人が体験した悲劇については謝まりましたが、自身は平凡な公務員(軍人)であったためヒットラーをはじめとする上司の指示に従うほかなかったし、自分の手で直接誰かを殺したことは一度もないとし、無罪を主張しました。

    アイヒマンの弁護人は裁判手続き上の問題点を一つ一つ指摘しました。アイヒマンの行動は当時のドイツ法によれば違法ではなく、すでに長い時間が流れて控訴時効も過ぎたと主張しました。また、第二次大戦中は国家として成立していなかったイスラエルが裁判を管轄するのも問題としました。人々はアイヒマンが途方もない犯罪に関与したのは間違いないが、軍人として戦争中、上官の命令にやむを得ず従うほかなかったのはでないかとざわざわし始めました。

    ところでアイヒマンの主張をそのまま受け入れれば、結局、国家次元で行う悪事は後で処罰できない、という論理につながります。なぜなら悪い国家が悪い法を基に犯罪を犯すことがいつも「合法」になるからです。

    日帝強制占領期間、日本人が私たち国民に犯した数多くの犯罪行為も「当時の法律から見れば合法」と何の問題もなくなります。それで人間の基本的な人権を深刻に侵害する行為は国境を越え控訴時効や管轄権を越えて介入することが妥当だ、という「反倫理犯罪」という概念が作られました。

    これに伴い罪のないユダヤ人を虐殺するのに大きな役割を果たしたアイヒマンは国際法上、反倫理犯罪を犯したことになったのです。「ただ命令に従っただけ」という主張も受け入れられませんでした。

    アイヒマンはただ命令に従っただけと言いましたが、そのような正しくないことを「考えなし」に行った結果、巨大な悲劇が作られたとすれば、これに対して責任を負わなければならない、という論理が出ました。結局、アイヒマンは1年を越える裁判の末、死刑宣告を受けて1962年5月31日、刑場のつゆと消えました。

    この裁判を見守った哲学者ハンナ・アーレントは巨大な悪行を普通の人々が日常的にする、「考えない」行動一つ一つが集まって作られる点に警戒しなければならないという意味で「悪の平凡性」という概念を提示しました。

    チェ・ウォングク記者/クァク・ハンヨン釜山大一般社会教育科教授

    朝鮮日報(韓国語)
    http://www.chosunonline.com/svc/list.html

    【【韓国とイスラエルは違うぞ】 反倫理犯罪は国境、控訴時効を超越する~日本人が韓国国民に犯した数多くの犯罪行為も…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: あずささん ★ 2020/12/11(金) 17:36:59.19 ID:e4DfkMI/9



    GIZMODO
    https://www.gizmodo.jp/2020/12/former-israeli-space-security-chief-says-extraterrestrials-exist.html

    【【国際】「宇宙人はいる。トランプは知っている」イスラエル国防省元宇宙局長ハイム・エシェッド教授が爆弾発言】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル