かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    カテゴリ: イスラエル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/07/04(水) 17:25:52.21 ID:CAP_USER9
    AB436105-DF71-4B49-9590-449D6712BB19

    ハマス、イスラエル兵標的にW杯アプリと出会い系サイト作成 当局が非難
    2018年7月4日 15:08 
    発信地:テルアビブ/中東・アフリカ [ イスラエル パレスチナ自治区 中東・北アフリカ ]


    【7月4日 AFP】イスラエルの軍情報当局は3日、パレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)を実効支配するイスラム原理主義組織ハマス(Hamas)のハッカーらがサッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)関連のアプリと出会い系サイトを作成し、スパイウェアをイスラエル軍兵士らのスマートフォンにダウンロードさせようとしたと非難した。

     軍情報当局はテルアビブの国防当局本部で記者会見を行い、偽サイトや偽アプリを使った詐欺行為はハマスの構成員によるものと指摘した上、軍セキュリティーへのダメージはなかったと発表。当局者は今回の軍の対応に「傷心作戦」というコードネームが付いていたと明かし、「損害は一切なかった。われわれによる阻止が間に合った」と述べた。

     当局によると2017年1月にも同様の企てが明るみに出ていたが、今回ハマスは新たな戦術を取り入れていたとみられるという。


     前回はハマスの構成員がインターネット上で魅力的な若い女性になりすまし、イスラエル軍の兵士らを長時間のチャットに誘い込むことが多かったが、今回はこのようなやり方のほか、W杯のアプリで「試合のHDライブ配信、結果、ライブアップデート」を提供し、兵士らをおびき寄せていたという。

     またハッカーたちは盗んだ個人情報を使って、イスラエルの若者になりすました信ぴょう性の高いフェイスブック(Facebook)のプロフィールを作成。こうしたプロフィールは流ちょうなヘブライ語で書かれており、流行のスラングも使われていたという。

     当局者はハマスについて、「わが国の若者とその心理について非常に優れた見識を持っている」と指摘した。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3181146?cx_part=top_latest 
    【【ハマス】イスラエル兵標的にW杯アプリと出会い系サイト作成 スパイウェアを兵士のスマホにダウンロードしようと目論む 当局が非難 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/06/25(月) 09:20:28.28 ID:CAP_USER
    イスラエルでイランのスパイが逮捕された。
    捕まったのは、イスラエルのゴネン・セゲブ元エネルギー・インフラ相。
    近年、セゲブ元大臣は西アフリカのナイジェリアに滞在していた。2018年5月に逮捕された。

    ゴネン・セゲブ元エネルギー相(62)は、赤道のギニア共和国の取締当局からイスラエルに引き渡され、6月18日に正式に起訴された。イスラエル総保安庁によれば、戦時の敵国支援やイスラエルに対するスパイ行為をした。
    セゲブ元エネルギー相は、1992年から96年にかけてエネルギー相とクネセト(イスラエルの立法府)の議員を同時に務めていた。2012年からは自身の古いつながりを利用し、イスラエルに関するさまざまな情報をイランの情報機関に提供していた。
    提供された情報の中には、イスラエルのエネルギー、治安機関の活動、秘密施設などに関する機密情報が含まれていた。

    ゴネン・セゲブ元エネルギー相は、イスラエル空軍に従事し、除隊したときの階級は大尉だった。
    また2つの高等教育を修了している。

    no title

    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/incidents/201806255034338/

    【【スパイ】イスラエルの元エネルギー相、実はイランのスパイだった 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/06/22(金) 02:44:46.34 ID:CAP_USER9
     il250
    イスラエル・ネタニヤフ首相の妻、詐欺などの容疑で訴追

    2018/06/21
     イスラエルのネタニヤフ首相の妻・サラ夫人が21日、規則に反して、公費で高級料理を首相公邸に届けさせていたなどとして、詐欺などの容疑で訴追されました。

     ロイター通信などによりますと、イスラエル司法省は21日、ネタニヤフ首相の妻・サラ夫人が、2010年から2013年の間に公費を使って、合わせておよそ9万6000ドルの高級料理を首相公邸に運ばせたとして、詐欺などの容疑で訴追したと発表しました。規則では、首相公邸に常勤のシェフがいる場合、外部に食事を発注することは禁じられていますが、起訴状によれば、サラ夫人はこの規則を知りながら料理を注文、さらに公邸がシェフを雇っていることを隠すようスタッフに指示していました。

     自身も汚職疑惑が取り沙汰されているネタニヤフ首相は、夫人の訴追を「根拠のないものだ」と批判しています。

    TBS news 
    http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3402840.htm 
    【【イスラエル】ネタニヤフ首相の妻、詐欺などの容疑で訴追 公費で高級料理を官邸に運ばせる 3年間でおよそ9万6000ドル 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/06/20(水) 21:01:24.08 ID:CAP_USER9
     il250
    【6月20日 AFP】イスラエル軍は20日、パレスチナ自治区側からロケット弾が発射されたことへの報復として、早朝にガザ地区(Gaza Strip)内の25か所を空爆したと発表した。

     イスラエル軍の声明によると、ガザ地区からイスラエル領内に向けて、ロケット弾などの飛翔(ひしょう)体が一晩に30発以上発射されたという。

     イスラエル軍は「テロ組織ハマス(Hamas)はイスラエル市民を標的として夜通し激しいロケット攻撃を行った。ハマスはガザ地区とその住民を負のスパイラルに陥れている」と述べた。

     ガザ地区では3月30日に境界線沿いで行われた大規模な抗議デモと衝突をきっかけに緊張が高まると共に、イスラエルへの新たな敵対感情も生じている。

     抗議デモ以来、少なくとも132人のパレスチナ人が死亡している。一方、イスラエル側には死者は出ていない。

    AFP 2018年6月20日 18:55
    http://www.afpbb.com/articles/-/3179267?cx_part=top_latest

    【【中東問題】イスラエル、ガザ地区25か所を空爆 ロケット弾に報復 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/06/14(木) 01:31:02.40 ID:CAP_USER9
    no title

    「イランはさらに孤立」 米朝首脳会談結果をイスラエルが歓迎
    2018年6月14日 4時10分米朝首脳会談

    米朝首脳会談について、中東のイスラエルは、北朝鮮と軍事面でつながりが深いイランが、国際社会でさらに孤立することにつながるとして歓迎しています。

    アメリカのトランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、12日に行われた首脳会談で、朝鮮半島の非核化に関する共同声明に署名しました。

    これについて、イスラエルのネタニヤフ首相は、ビデオ声明を出し、「朝鮮半島の非核化に向けた重要なステップだ。トランプ大統領は、中東においてもイランの核開発問題で強い態度で臨んでくれている」と述べ、イスラエルが敵対するイランの問題と結びつけてトランプ大統領を称賛しました。

    また、イスラエルの主要なテレビ局は、12日夜のニュース番組で、「米朝首脳会談は、イスラエルにとって極めて意義のあるイベントとなった。イランは、国際社会でさらに孤立し、イランに対する圧力も一段と高まるだろう」として、北朝鮮と軍事面でつながりが深いイランの孤立が、イスラエルの安全保障にとって有利な状況につながることに期待を示しました。

    一方、アメリカやイスラエルと敵対するイラン政府は、イラン核合意から離脱したトランプ大統領の言動は、信用できないとして、北朝鮮に警戒するよう呼びかけています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180613/k10011476821000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012 

    【【イスラエル】「イランはさらに孤立」 米朝首脳会談結果をイスラエルが歓迎 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: すらいむ ★ 2018/06/07(木) 11:27:51.04 ID:CAP_USER9
     AA24CFA6-6A46-4540-84DB-B3D0C0B2B796
    中国がウッディー島からミサイル撤去か

     香港(CNN) 南シナ海で領有権が争われているパラセル(西沙)諸島ウッディー島から、中国政府がミサイルシステムを撤去した可能性があることが7日までに分かった。
     イスラエルの情報企業イメージサット・インターナショナル(ISI)の新たな分析で明らかになった。

     中国は5月、スプラトリー(南沙)諸島やパラセル諸島に複数のミサイルシステムを配備。
     これを受け米政府からは、中国による南シナ海の「軍事化」に関して強い批判が出ていた。

    (略)

    CNN 2018.06.07 Thu posted at 11:21 JST
    https://www.cnn.co.jp/world/35120443.html?ref=rss

    【【南シナ海】中国、ウッディー島からミサイル撤去か…イスラエルの情報企業分析 米国防当局者は建物内に設備を隠しただけという見方  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/06/07(木) 07:20:12.04 ID:CAP_USER
    no title

    ■欧州歴訪中のイスラエル・ネタニヤフ首相が仏独英の指導者に核合意離脱を説く理由 

    イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は6月4日、3日間の欧州歴訪を開始。 
    欧州の指導者に、仇敵イランの「脅威」を訴えにいくのだ。 

    5日に訪問したフランスでは、イランはイスラエルを破壊するためすぐにウラン濃縮を再開するだろうと言った。その直前にイランの原子力長官が、イラン核合意(包括的共同作業計画:JCPOA)が崩壊した場合、ウラン濃縮の能力を拡大するためのインフラ整備を始める、と発表していた。 

    「イスラエルとイランは、イラン核合意が崩壊しなかったとしても、紛争に突入しかねない状態にある。 
    もしイランが核開発のインフラ整備を始めたら、衝突は避けられなくなる」と、ブルッキングズ研究所の中東専門家クリス・メセロールは本誌に語った。 
    「イスラエルはイランの核保有は許されないと断言し、イランは、『止められるものならやってみろ』とイスラエルを挑発している」 

    イラン核合意は2015年のバラク・オバマ大統領時代、主要6カ国(アメリカ、中国、フランス、ドイツ、ロシア、イギリス)がイランと締結した合意で、イランが核開発計画を大幅に縮小する代わりに、欧米が経済制裁を緩和するという内容だ。 
    だがトランプ政権は5月8日、この合意から一方的に離脱した。 
    さらに、合意に沿って解除していた経済制裁も再開する意向だ。 

    合意は、崩壊の瀬戸際かもしれない。 

    ■欧州がイラン原油を買えなくなるとき 

    英独仏は、合意の維持を表明している。だがアメリカが制裁を再開すれば、イランと取引のある欧州諸国も制裁対象になる可能性が高い。すでにイランからの撤退を決めた欧州企業もあり、いつまで合意を持ちこたえられるかわからない。 

    一方、これまで核合意を順守してきたとみられているイランも、国際社会が核合意の代替案を提示しなければ、合意を反故にすると警告している。 

    もともと核合意(と、それに伴う対イラン援助)に猛反対だったネタニヤフは、英独仏に核合意を破らせるために欧州を訪問している。ネタニヤフに言わせれば、イランはイスラエル国家の存亡に関わる脅威だ。欧州の同盟国も、イランには厳しくあたらねばならない、と。 

    どこから火を噴くかわからないこの状況下でも、イランとイスラエルの衝突までにはまだ間がある、 
    と考える専門家もいる。 

    「今起きているのは、プロパガンダ合戦だ。イランは、アメリカの離脱を埋め合わせる代替案を作り出すために、欧州各国に圧力をかけようとしている。一方ネタニヤフの反イラン・プロパガンダはもう20年以上続いている」と、米シンクタンク大西洋協議会のバーバラ・スラビンは言う。 

    「今はまだ、メッセージの応酬と宣伝の段階だ。だが1~2カ月以内に欧州各国が軒並みイランから引き揚げ、イランの石油を買わなくなれば、イランは核開発の再開を迫られる可能性がある」 

    だが、イスラエルも切羽詰まっている。過去数カ月、イスラエルはシリア内戦でイランの支援を受けるシーア派民兵に攻撃を続けている。シリア内戦でアサド政権を支持しているイランが、内戦に乗じてシリアとイスラエルの国境地帯に軍事拠点を築くことを警戒しているのだ。 

    フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、イラン核合意の維持が、イランの核兵器開発を阻止する上でこれまで以上に重要になっている、と主張した。マクロンは、核合意の崩壊は戦争に直結しかねないとかねてから警告してきた。 

    もしイランが核開発計画を再開を決めれば、1年以内に核兵器開発にこぎつけるとみる専門家もいる。 
    イスラエルがその前に攻撃を開始しようと思うのは間違いない。 

    ニューズウィーク日本版
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/post-10322.php

    【【イスラエル】イランの孤立化を画策するイスラエル 核合意が崩壊すれば戦争も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/06/04(月) 21:58:26.05 ID:CAP_USER9

    2018.06.04 Mon posted at 19:00 JST 
    パレスチナ自治区ガザ(CNN) イスラエルに対する抗議運動が続くパレスチナ自治区のガザで、負傷者を助けようとした21歳の女性看護師が、イスラエルの狙撃兵に撃たれて死亡した。ガザにある国連事務所前には3日、仲間の医療ボランティアが集まって、医療関係者がイスラエル軍の標的にされたとして抗議した。 

    パレスチナ人看護師のラザン・アルナジャルさん(21)が死亡したのは、1日の抗議運動のさなかだった。現場は自宅からわずか数百メートル。ガザ地区とイスラエルを隔てるフェンスの近くだった。 

    周辺の道路や街灯には、至る所に笑顔のラザンさんの写真が掲げられている。 


    父アシュラフさんの案内でCNN記者が訪問した自宅には、ラザンさんの死をいたむ人たちが集まり、母のサブリーンさんは、娘が着ていた血まみれの白衣を抱き締めていた。サブリーンさんによると、ラザンさんは抗議運動が始まった当初から、ボランティアで働いていたという。 

    「私は娘のことが心配だった。でもラザンは怖くないと言った。自分には助ける義務があり、はっきりと分かるように白衣を着ているからと」。サブリーンさんはそう振り返る。「娘は小さかったけれど強かった。唯一の武器は白衣だった」 

    「私は白衣に守られている」「神が私とともにいるから怖くない」。あの日もラザンさんはそう両親に告げ、出かけて行ったという。 

    数週間にわたって続く今回の衝突では、抗議運動に参加したパレスチナ人100人以上が、イスラエルの銃撃によって死亡している。 

    パレスチナ保健省によると、医療スタッフが死亡したのはラザンさんが2人目。ほかに200人以上が負傷した。 

    イスラエル国防軍は、ラザンさんの死については調査中と説明している。医療関係者を狙ったことは否定した。 

    ラザンさんは死亡した当時、医療関係者であることを示す身分証明書を身に着けていた。サブリーンさんはこの身分証明書を掲げ、「これは娘の武器だった。これがテロリストの証明書だったとでも?」と問いかける。 

    1日にラザンさんと一緒にボランティアをしていて自分も左足を撃たれたというラミ・アブ・ジャザールさんは、松葉杖をつきながら3日の抗議デモに参加した。 

    ジャザールさんによると、ラザンさんなどパレスチナの医療救援団体に所属するボランティアは、この日も負傷者を手当てするために集まっていた。 

    ラザンさんが銃撃される10分前にボランティアが携帯電話で撮影したというビデオには、ラザンさんを含む一行が、医療従事者の身分証明書を掲げながら、徐々に前へ進む様子が映っている。 

    抗議デモ参加者は催涙ガスを浴びせられていたといい、「フェンスの近くにいた男性が、『助けてくれ』と呼んでいた。ラザンは彼を助けに行った」。ジャザールさんはそう語る。 

    ラザンさんが撃たれたのはこの時だった。 

    この日ボランティアをしていた別の女性は、狙撃兵の姿を見つけて同僚に警戒を促していたという。 

    「ソーシャルメディアには、ラザンが女性狙撃手に撃たれたという書き込みもあるけれど、それは違う。私は狙撃兵を見た。あれは男だった」。女性はCNNの取材にそう証言した。 

    ラザンさんの友人や仲間の医療ボランティアは、ラザンさんの勇気を決して忘れないと誓い、これまで以上に自分たちの仕事を続けると決意している。 

    イスラエルの狙撃兵に撃たれて死亡したラザンさん
    no title
     
    CNN
    https://www.cnn.co.jp/m/world/35120230.html 

    【【ガザ】「唯一の武器は白衣」パレスチナ美人看護師(21)、狙撃され死亡 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/05/30(水) 17:56:11.37 ID:CAP_USER
    3C2394BE-778C-4575-80D9-9A8895ED9874
     
    パレスチナの武装勢力とイスラエル軍との間では、一時、激しい武力衝突が起きましたが、30日になってパレスチナの武装勢力が戦闘を停止することで合意したと発表し、現地では、事態は沈静化に向かうという見方が広がっています。

    パレスチナ暫定自治区のガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスなどの武装勢力は、29日朝からロケット弾や迫撃砲弾をイスラエルの領内に向けて繰り返し発射し、これに対し、イスラエル軍はガザ地区にあるハマスの軍事施設や地下トンネルなど65か所以上を空爆し、戦闘の激化が懸念されていました。

    双方の攻撃は30日未明になっても続きましたが、30日早朝になってハマス側は声明を出し、隣国エジプトなどを念頭に、「複数の仲介者による交渉の結果、戦闘を停止することで合意した」と発表し、その後、ハマス側のロケット弾による攻撃は確認されていません。

    一方、イスラエル側は「停戦合意は結んでいない」と否定していますが、イスラエル軍の空爆も確認されておらず、現地では、事態が沈静化に向かうのではないかという見方が広がっています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180530/k10011458481000.html

    【【パレスチナ】武装勢力 イスラエル軍との戦闘停止で合意と発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/05/30(水) 08:44:32.35 ID:CAP_USER9
    3C2394BE-778C-4575-80D9-9A8895ED9874

    5月30日 6時48分
    パレスチナの武装勢力が、イスラエルの領内に向けてロケット弾などによる攻撃を続けているのに対し、イスラエル軍が空爆などで応酬し衝突は激しさを増しています。死傷者が増えた場合、事態がさらにエスカレートすることが懸念されます。

    パレスチナ暫定自治区のガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスと、連帯する武装組織は、29日朝から、ロケット弾や迫撃砲弾、合わせて100発以上を、対立するイスラエルの領内に向けて発射しました。

    イスラエルのメディアは、過去3年間にガザ地区から発射されたロケット弾の数を上回る大規模な攻撃だと伝えています。

    ほとんどはイスラエル軍のミサイル防衛システムによって迎撃されていますが、これまでにイスラエルの兵士3人が破片が当たって、けがをしました。

    これを受けて、イスラエル軍は戦闘機や戦車を使って、ガザ地区にあるハマスなどの軍事施設や地下トンネルなど30か所以上を破壊しました。

    これまでのところ、双方とも攻撃を続ける構えで武力衝突が激しさを増す中、死傷者が増えた場合は、さらに事態がエスカレートすることが懸念されます。

    NHK 
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180530/k10011457801000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002 

    【イスラエルとパレスチナ武装勢力の 衝突激化 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Ttongsulian ★ 2018/05/22(火) 20:05:43.46 ID:CAP_USER
    C7F47B26-C9B6-410A-8F25-4F95C2A66BAC
     
    イスラエルは、戦闘で第5世代戦闘機F-35を使用した世界で初めての国となった。

    イスラエル空軍のアミカム・ノルキン司令官が発表した。

    イスラエルは米国にF-35戦闘機を50機発注し、すでに9機が納入された。イスラエルはF-35を保有する中東で唯一の国。

    ノルキン司令官は会議で20カ国の軍関係者を前に「我々は世界で初めて標的を攻撃するために戦闘状況でF-35を使用した」と述べた。

    またノルキン氏は、F-35は戦闘で使用する準備が完全に整っており、定期的に機動的な課題の遂行に参加していると指摘した。

    2018年05月22日 17:48
    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/world/201805224904205/

    【【イスラエル/軍事】F-35戦闘機を世界で初めて実戦に投入 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/05/20(日) 01:28:50.86 ID:CAP_USER
    アルゼンチンとチリの領土にまたがる南米最南端の山岳、平原地帯パタゴニア。
    2000年代に入り、この地の広大な土地をユダヤ系英国人らが購入し、毎年イスラエル兵がバカンスに訪れていることから、地元では「第二のイスラエル建設を目指している」という噂が広まっている。 

     一種の陰謀論である。国際情勢といくつかの事実を組み合わせ、「こうではないのか」と大胆に組み立てられた仮説にすぎない。 
    それでも当事者が真っ向から否定しなければ、謎めいた仮説に仮説が上乗せされ、「あるかもしれない」と聞く側に思わせる、そんな説だ。 

     背景にあるのがアメリカのキッシンジャー元国務長官らの予測だ。 
    彼と米国の情報機関が12年にまとめた82ページの分析書「イスラエル後の中東に向けた準備」の中で、 
    イスラエルは22年まで保たない可能性があるとの言及があった。 

     「一国主義」のトランプ大統領が就任したのはその後の偶然だが、米国は「イスラエル死守」を従来ほどの予算投入、軍事介入で果たすことはできなくなるとの予測だ。このままいけば、1991年に南アフリカのアパルトヘイトが崩壊したように、中東諸国の反発を前に「非民主的なイスラエル」は存続が難しくなると示唆した。そんな分析に、いくつかの事実が重なる。 

     2001年に債務不履行に陥り、財政再建に苦しむアルゼンチン政府は11年、耕作可能な国土の15%までを外国人に売却できる法を制定し、15年就任のマクリ現政権下では新たな大統領令で、土地がさらに売りやすくなった。 

     隣国チリのエルネスト・トゥマ上院議員の調査によると、年間のべ8000から9000人のイスラエル兵が同国人やその関係機関が購入したパタゴニアの土地に休暇に訪れている。 

     英国第7位の富裕層でユダヤ系のジョー・ルイス氏がイスラエル本土以上の広さの土地をパタゴニアで購入し、ジャンボ機が離着陸できる滑走路を建設、詳細は不明だが様々な施設を建てている。
    ルイス氏は英国サッカーのプレミアムリーグのチーム「トッテナム」のオーナーであるほか、175社の会社を経営している。

     こうしたエピソードに、1980年代に研究者が発表したユダヤ人による「パタゴニア入植構想」の論文や、アルゼンチン軍の予算不足による弱体化でこの地域が完全に空白になっていること、
    アルゼンチンにユダヤ系移民が多いことなどを重ね、地元メディアは「第二のイスラエル建設」という説を流し続けている。

     真偽は不明だが、世界の果て、最南端で起きている事実につぶさに注目していく必要はあるだろう。

    http://wedge.ismedia.jp/articles/-/12809

    【【話題】南米「パタゴニアに第二のイスラエル建設」という噂】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/05/17(木) 18:42:44.30 ID:CAP_USER9

    2018年5月17日 10:39 発信地:ガザ市/パレスチナ自治区
    【5月17日 AFP】パレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)を実効支配するイスラム原理主義組織ハマス(Hamas)は16日、同地区のイスラエルとの境界付近で今週発生した衝突による死者62人のうち、50人がハマスに所属していたと明らかにした。

     ハマス幹部のサラ・バルダウィル(Salah Bardawil)氏が地元テレビの番組に出演し、「殉教者のうち50人がハマスで、12人が一般市民だった」と語った。死者がハマスの軍事部門と政治部門のどちらに所属していたかや死亡時に何をしていたかなど、詳細は明らかにしなかった。

     バルダウィル氏は「公式な数字」としたが、ハマスのバルフム・ファウジ(Fawzy Barhoum)報道官はAFPに50人全員がハマスのメンバーとは認めなかった。死者がハマスの構成員か支持者か、あるいは無関係な人物かにかかわらず、50人全員の葬儀費用をハマスが負担すると述べた。

    イスラエルは今回の対応について、ガザ地区からの大規模な侵入を防ぐために必要な措置だった主張。イスラエル軍の報道官はツイッター(Twitter)に「彼(バルダウィル氏)の言葉を額面通りに受け取れば、平和的な抗議ではなかったということだ」と投稿している。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3174904?cx_position=39 

    【【エルサレム問題】ガザ衝突の死者「50人はハマスに所属」 ハマス幹部が明かす 「殉教者のうち50人がハマスで、12人が一般市民だった」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/05/18(金) 07:13:20.31 ID:CAP_USER9
    フランシスコ法王
     
    ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が、最近の、パレスチナ人に対するシオニスト政権イスラエルの犯罪を非難しました。

    ロイター通信によりますと、フランシスコ法王は、16日水曜、シオニスト政権による、最近のガザのパレスチナ人殺害を非難し、「中東は、平和と公正を必要としている」と語りました。

    さらに、「戦争と武力の行使が平和につながることはない。それどころか、暴力を拡大するだけだ」としました。

    アメリカのトランプ大統領は、昨年12月、アメリカ大使館を、テルアビブからベイトルモガッダス・エルサレムに移転することを明らかにしました。

    アメリカ政府は、この決定を実施し、14日月曜、大使館をベイトルモガッダスに移転しました。

    この国際法に反する行動は、パレスチナ人の大規模な抗議を招きました。

    この抗議はシオニスト政権の弾圧に遭い、この中でパレスチナ人60人以上が殉教、およそ3000人が負傷しました。


    PARS TODAY 2018年05月16日20時12分
    http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i43898

    【【中東情勢】ローマ法王、シオニストのガザにおける犯罪を非難 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/05/15(火) 19:36:38.78 ID:CAP_USER
    no title
     
    在イスラエル米大使館のエルサレム移転を受け、アラブ連盟(21カ国と1機構、本部カイロ)は14日、 対応を協議する緊急会合を16日に開催することを決めた。
    同連盟のアブルゲイト事務局長(元エジプト外相)は、14日の移転式典に多くの国が参加したことを「恥ずべき行為だ」と非難。イスラエル軍との衝突でパレスチナ人に多くの死者が出たことで、中東のイスラム諸国からは流血拡大への懸念が高まっている。

     トルコのエルドアン大統領は14日、訪問先のロンドンで「米国は中東和平を仲介する役割を失った」とトランプ米政権を批判。「まるで第二次大戦前夜のような暗黒の日々を生きている感覚だ」と述べ、
    米国の単独行動が引き起こす国際的な危機への懸念を示した。
    レバノンのハリリ首相も「すべての平和的解決への努力が袋小路に入った」と指摘した。
    宗教界からも懸念の声が上がり、エジプトにあるイスラム教スンニ派最高権威機関アズハルのタイエブ総長は「世界の15億人のイスラム教徒の心を傷付ける行為だ」と大使館移転を批判した。

     一方、親米のサウジアラビアやエジプトの外務省などは14日、イスラエル軍によるパレスチナ人殺害を非難したものの、米大使館移転については直接的な批判を避けた。対米関係を考慮した可能性がある。


    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20180515/k00/00e/030/210000c

    【【イスラエル】米大使館移転「第二次大戦前夜のよう」中東各国が非難 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: じっぷら卒 ★ 2018/05/15(火) 13:09:19.53 ID:CAP_USER9
    no title
     
    パレスチナ自治区ガザ地区とイスラエルとの境界付近で14日、在イスラエル米大使館のイスラエル移転に合わせた抗議デモに参加したパレスチナ人らとイスラエル軍との間で衝突が発生し、イスラエル軍の銃撃などによりパレスチナ人55人が死亡、2400人以上が負傷した。

    1日の死者は2014年のガザ紛争以降で最悪となった。
    この事態を受けて、クウェートは国連安全保障理事会の緊急会合を15日に開くよう要請。

    一方、米ホワイトハウスはイスラエルの対応を擁護し、ガザを実行支配するイスラム原理主義組織ハマスに直接の責任があると非難した。

    (略)

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3174577

    【【国際】ガザ衝突の死者55人に 米「ハマスに責任」、安保理が緊急会合へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2018/05/14(月) 20:48:30.43 ID:CAP_USER9
     在イスラエル米大使館のエルサレム移転に反対するパレスチナ自治区ガザ地区で14日に抗議活動があり、ガザ保健省によると、イスラエル軍の銃撃などでパレスチナ人16人が死亡、900人以上が負傷した。

     ガザ地区のイスラエルとの境界付近で大規模な抗議活動が発生した。保健省によると、イスラエル軍は実弾や催涙弾などを発射しているという。

     米国はイスラエル建国70年にあたる14日に大使館を移転する予定。式典にはトランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官らが出席し、トランプ氏もビデオ演説を行うという。

     エルサレムにはユダヤ教とキリスト教、イスラム教の聖地があり、東エルサレムを将来の独立国家の首都とするパレスチナは米大使館の移転を強く非難している。

    no title

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASL5G6HSBL5GUHBI04N.html

    【【国際】米大使館エルサレム移転の抗議活動にイスラエル軍発砲 18人死亡900人以上が負傷 パレスチナ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/05/14(月) 06:58:12.12 ID:CAP_USER9
    us250

    5月14日 4時13分
    中東のエルサレムをイスラエルの首都と認定したアメリカのトランプ政権は14日、大使館をエルサレムに移転します。これに対し、エルサレムを将来樹立する国家の首都と位置づけるパレスチナは、抗議デモを呼びかけていて、イスラエル軍と激しい衝突が起きることも予想されます。

    アメリカのトランプ大統領は、去年12月、エルサレムをイスラエルの首都と認定し、14日のイスラエル建国70年に合わせて、現在別の場所にある大使館をエルサレムに移転します。

    移転は、エルサレムにある総領事館を大使館に格上げする形で行われます。13日には、翌日の記念式典に出席するため、トランプ大統領の娘のイバンカ氏や娘婿のクシュナー上級顧問らが到着し、ネタニヤフ首相の歓迎を受けました。

    ただ、エルサレムは、パレスチナ側も将来、樹立する国家の首都と位置づけていて、その帰属は、アメリカが仲介する交渉で決めることになっていました。

    このため、トランプ政権の対応にパレスチナ側は失望するとともに、反発を強めていて、各地で抗議デモを続けています。

    イスラエルの建国に伴って故郷を追われたパレスチナの人たちにとっては、難民となってから70年という節目にあたり、抗議デモが拡大してイスラエル軍と激しい衝突が起きることも予想されます。

    新大使館は中間地点

    14日からはアメリカのフリードマン大使が、エルサレムで勤務に当たります。新たな大使館の場所は、ユダヤ人地区とパレスチナ人が暮らす地区のほぼ中間に位置し、かつてイスラエルとアラブ諸国の間で行われた中東戦争の停戦ライン上に位置しています。イスラエルの治安当局は、大使館を狙ったテロなどを警戒し、厳重な態勢を敷いています。

    米のイスラエル支援 その背景は… 

    アメリカは1948年、イスラエルが建国された際、最初に国家として承認し、対立するアラブ諸国に囲まれたイスラエルを一貫して支援してきました。 

    アメリカでは、「イスラエル・ロビー」と呼ばれるユダヤ系の団体が政財界に強い影響力を持ち、「特別な関係の国」としてイスラエルに多額の軍事援助を続けています。 

    しかし、前のオバマ政権が、イスラエルが安全保障上最大の脅威と捉えるイランとの距離を縮め、核合意を妥結したことから、イスラエルはこれを公然と批判し、関係が冷え込みました。 

    しかし、トランプ大統領は大統領選挙期間中、エルサレムにアメリカ大使館を移転すると発言し、イスラエル寄りの姿勢を打ち出しました。 

    去年、大統領に就任したあとも、パレスチナに対して強硬な姿勢の人物をイスラエル大使に起用したほか、イスラエルと将来的なパレスチナ国家が共存する「2国家共存」には、必ずしもこだわらない考えを示しました。 

    そして、去年12月には、エルサレムをイスラエルの首都と認めると宣言したうえで、アメリカ大使館をエルサレムに移転する方針を明らかにしました。 

    トランプ大統領に近い娘婿のクシュナー上級顧問は敬けんなユダヤ教徒で、娘のイバンカ氏も、結婚を機にユダヤ教に改宗したことで知られています。 

    また、アメリカ国内で最大の宗教勢力と呼ばれるキリスト教福音派は、イスラエルを支援することが重要だと信仰しており、トランプ大統領がエルサレムを首都と認める判断をしたのは、秋の中間選挙もにらみ、キリスト教福音派の支持をつなぎとめたい狙いがあったとみられています。 

    さらに、先月、イスラエルのネタニヤフ首相は核兵器の開発を計画したことはないとしてきたイランの主張はうそだと証明する大量の資料を入手したとして公表し、トランプ大統領に対し核合意からの離脱を含む厳しい対応を呼びかけました。 

    これも後押しとなり、トランプ大統領は、ヨーロッパなど関係国の反対を押し切る形で、今月8日、イラン核合意からの離脱を表明し、歴代の大統領で最もイスラエル寄りの政策を取り続けています。 

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180514/k10011437281000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_020 

    【【エルサレムに米大使館】 きょう移転 パレスチナ反発強める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/05/11(金) 22:38:09.83 ID:CAP_USER9
    il250
     
    シオニスト政権イスラエルのリーベルマン戦争大臣が、シオニスト政権には現在の危機的な状況と戦争状態に対抗する用意はないとしました。

    パレスチナ・アルヨウムのインターネットサイトによりますと、シオニスト政権のリーベルマン戦争大臣は、10日木曜、最近のイスラエルの攻撃によるシリア軍の反応について、「イスラエルは、現在の状況において、戦争に耐えうる状況には無い」と述べました。

    さらに、シリア軍による占領地北部に対する継続的なミサイル攻撃に対し懸念を表明しました。

    この発言は、シオニスト政権軍が、9日水曜夜、シリアから数十発のミサイルがゴラン高原に発射されたことを発表した後で出されました。

    このところ、シオニスト政権によるシリア空爆が数回にわたって行われたことを受け、シリア軍は9日夜、ゴラン高原の占領地にあるシオニスト政権の軍事拠点に対し、数十発のミサイルを発射しました。

    PARS TODAY 2018年05月11日20時21分
    http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i43650 

    【【中東情勢】イスラエル戦争相、戦争状態に入れないことを認める 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/05/10(木) 21:59:36.09 ID:CAP_USER9
    E99A5FB0-5A84-467E-9DC0-F584FC61F033

    5月10日 21時26分
    イスラエルが、隣国シリアに展開するイランの精鋭部隊からとされるロケット弾攻撃に対し報復の空爆を行い、シリアで23人が死亡しました。アメリカの核合意離脱の表明をきっかけに、イスラエルとイランの間で緊張が高まる中、衝突の拡大が懸念されます。

    イスラエルの占領地ゴラン高原に10日未明、隣国シリアに展開するイランの精鋭部隊「革命防衛隊」が、およそ20発のロケット弾を撃ち込んだとして、イスラエル軍はシリアで報復の空爆を行いました。

    シリア内戦の情報を集めている「シリア人権監視団」によりますと、イスラエルの空爆は、首都ダマスカスの周辺をはじめ、南部のクネイトラ県や、中部のホムス県など広い範囲に及んだということです。

    また標的となったのは、イスラエルと敵対するイランやイスラム教シーア派組織ヒズボラ、それにイランが支援するアサド政権の軍事施設で、少なくとも23人が死亡したということです。

    イスラエルは隣国のシリアで、イランが軍事的な存在感を増していることを警戒し、これまでもたびたび、シリア国内にあるイランの軍事施設を攻撃してきましたが、イランによると見られる攻撃があったのは、アメリカがイラン核合意からの離脱を表明して以降、初めてです。離脱の表明をきっかけにイスラエルとイランの間で緊張が高まる中、シリアを舞台に両国の衝突が拡大することが懸念されます。

    NHK 
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180510/k10011434251000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006 

    【【イスラエルが報復空爆】シリアで23人死亡 米イラン核合意離脱後にイスラエル/イラン/シリアで衝突が拡大中 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル