かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: スリランカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 仮面ウニダー ★ 2022/12/12(月) 14:46:49.76 ID:p8jkr7qu
    スリランカの政治・経済・金融に関する情報を中心に取り扱う、スリランカ発ローカルメディア『EconomyNext』より翻訳・編集してお伝えする。

    中国、スリランカの問題解決に協力的な姿勢(?)
    中国の高官は、国際通貨基金(IMF)のような多国籍機関やその他国々が、スリランカの債務負担を軽減するために北京と協力し、債務再編の保証には至らないまでも、建設的な役割を果たすことを希望すると表明した。

    中国外交部の毛寧外交・報道官は、12月5日、「海外メディアでも報道されているように、中国はスリランカの困難と課題について非常に注視している」と述べた。「IMFのチームは今週、IMFが救済交渉をしているスリランカを含む国々の債務再編をより迅速に進めるために、中国を訪れる方針だ」というメディアの報道に関する質問に答えたものである。

    寧氏は「スリランカの債務問題について、私たちは金融機関がこの問題を適切に解決する方法を模索することを支持している点について強調したい」と話した。

    また、「これまで中国は、IMFやその他の国際経済金融機関と長年にわたって健全な協力関係を築いてきた。関連国や国際金融機関が中国と協力することで、スリランカが現在の困難を克服し、債務負担が軽減され、持続可能な状態を実現できるよう、我々は建設的な役割を果たし続けることを希望する」と付け加えた。

    一方で寧氏は、IMFの拡大信用供与ファシリティ(EFF)※の前提条件である債務再編については言及を避けた。

    ※拡大信用供与ファシリティ(EFF):IMFによる非譲渡的融資制度の1つで、構造的問題から生じる慢性的な国際収支問題を抱える国を対象とした融資制度のこと。

    中国は真の友人か?
    あるデータによると、スリランカの公的対外債務の5分の1近くが中国によって保有されているという。この大国は、スリランカが困っているときには寛大で、米、薬、その他物資等必要なものを援助してきた。中国からコロンボ港に最近到着したのは、20億スリランカ・ルピー(541万9,100米ドル)相当の必須医薬品と医療用品で、11月29日に配達されている。

    しかし、批評家は「中国はスリランカが本当に必要としていること、つまり『未払い債務の再編成に合意すること』以外はすべて行っている」と言う。少なくともスリランカの野党議員の一部は、中国に債務再編に同意するよう要求している。

    タミル国民連合(TNA)議員のシャナキヤン・ラサマニカム氏は、「未曾有の危機に見舞われた島国(スリランカ)は、中国が債務再編に無関心であることを理由に北京の動向に反発していた。

    しかし最近、『中国よ、帰れ』という抗議運動が国内で起こり、親中派であり独裁的だったスリランカ前大統領を今年7月に追放した際の『ゴータ、帰れ』(ゴータ:ゴーターバヤ・ラージャパクサ前大統領の略称)抗議のときと同様なことが起こっている」と述べた。

    スリランカは、20兆米ドル近い経済規模を持つ中国に74億米ドルもの借金があり、中国が真の友人であるならば、この借金を帳消しにするか、少なくともその再構築を支援することに同意するべきだろう、と議員たちは12月2日に国会で発言した。

    コロンボは、スリランカの債権者との間で進行中の再建協議の状況について、よく言えば曖昧であり、野党議員やその他の人々は、驚くほど遅れていると思われる現状に懸念を表明している。ラサマニカム氏らは、スリランカ最大の債権国である中国が、スリランカが足踏み状態にある原因をつくっていると主張している。

    EconomyNext

    https://news.yahoo.co.jp/articles/02f43699d021af603f7d9d8b34185b9351111e22

    【【幻冬舎】「中国よ、帰れ!」…高額債務に苦しむ〈スリランカ〉に忍び寄る大国、その狙いは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: どどん ★ 2022/10/06(木) 21:27:59.43 ID:dzVkPZyJ9
     【ニューデリー時事】経済危機に陥っているスリランカのウィクラマシンハ大統領は6日、同国の債務再編問題に関する債権国の協議で、日本が共同議長を務めることに合意したと議会で述べた。

     地元メディア「ニュースファースト」が伝えた。

     日本政府関係者は報道について、現時点で合意した事実はないとの見解を示した。 

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4b61a9daa0c22bdaba103f6ce4979720b4f7d0df

    【債務再編「日本が共同議長に」 スリランカ大統領】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 少考さん ★ 2022/09/18(日) 13:59:23.41 ID:u/xyiVvz9
    【独自】スリランカで義務教育に日本語を採用…大臣補佐官が本誌に明言

    経済危機が深刻化し、燃料不足や物価高に悩まされてきたスリランカ。7月には事実上の破産状態となり、大統領が国外脱出するなど混乱が続いたが、ウィクラマシンハ新大統領のもとで、国の再生が始まっている。

     新政権は、国家再建にあたり一つの大きな決断をした。それは、日本との関係を深めるため、義務教育で日本語を選択できるようにしたのだ。

     小学校高学年から始まる「語学」の選択肢に、これまでの英語・タミル語・シンハラ語に加え、新たに日本語が加わる。国をあげての義務教育の導入は、世界で初めてという。8月8日に閣僚会議で決定しており、今後、なるべく早い実現を目指して作業が始まる。

    安倍晋三元首相の国葬に参列する新大統領のため、現在、日本で下準備をしている同国の労働大臣補佐官、兼、観光大臣補佐官のぺレラ・ルワン氏に話を聞いた。ルワン氏は、政府見解ではなく、個人の見解だとしたうえで、本誌の取材に応じた。

    ――なぜ日本語が義務教育の選択肢に入ったのでしょうか?

    「長年にわたる日本からのODA支援のおかげで、私たちにとって日本という存在はとても大きなものです。学校では、日本の文化や柔道などを教えており、国民は日本に親近感を抱いています。ですから、日本語の採用自体は特に違和感のない政策なのです。

     義務教育に日本語を採り入れることはすでに決定事項となっていますが、いま労働大臣が計画しているのは、学校で日本語を学べない人たちに向け、地域のお寺などで日本語を教えるプロジェクトです」

    (略)

    投稿日:2022.09.17 06:00FLASH編集部
    https://smart-flash.jp/sociopolitics/201319


    【スリランカで義務教育に日本語を採用…大臣補佐官が本誌に明言】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/08/18(木) 23:31:14.76 ID:CAP_USER
    surira
    債務協議の日本主導を希望
    スリランカ大統領、訪日も

    【ニューデリー共同】経済危機に陥っているスリランカのウィクラマシンハ大統領は18日、ロイター通信のインタビューに対し、債務再編協議を主導するよう日本に依頼する考えを示した。9月に訪日し、岸田文雄首相と会談することも検討しているという。

    主要債権国は日本や中国、インドなど。スリランカは国際通貨基金(IMF)と金融支援交渉を続けながら、並行して債権国との協議も進めている。だが中国は債務の圧縮に慎重な姿勢を続けており、先行き不透明感が強い。

    インドと中国は領土問題を抱えて対立。スリランカへの影響力を高めようとしのぎを削っており、債務の交渉が難しくなっている。

    共同通信
    https://www.47news.jp/news/8201506.html


    【【国際】スリランカ大統領、債務協議の日本主導を希望。9月訪日…主要債権国は日本や中国、インドなど】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/07/17(日) 21:13:24.07 ID:CAP_USER
    20211125at03S_p
     
    中国より恐ろしい「ESGの罠」、大統領が逃亡した破産宣言スリランカの誤算
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/71003

    経済危機に直面し、首相が国の「破産」を宣言したスリランカ。強烈なインフレに民衆の暴動は激化し、ゴタバヤ・ラジャパクサ大統領は国外に脱出した。混乱を招いた最大の要因は農業の崩壊だ。根本にあるのは、過剰なまでに環境に配慮した「良い」国家を目指したことにある。ESG(環境・社会・企業統治)スコアを上げようと努力し、温暖化ガス排出ゼロを目標に掲げることは果たして正しいのか。

    (杉山 大志:キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)

    ■ 経済崩壊導いた有機農業の強行

    スリランカは大規模な貧困、インフレ、燃料不足に見舞われ、首相は、国が「破産」したと宣言した。10万人規模のデモが起きて大統領府になだれ込んだ。ゴタバヤ・ラジャパクサ大統領はモルディブに逃亡したのち、辞任を表明した。

    スリランカのインフレ率は6月に54.6%となっていた。5月以降だけで、食品価格は80%、交通機関の料金は128%上昇した。

    日本ではこの破綻の原因として「中国の債務の罠に嵌った」とする報道があったが、これは当たらない。

    スリランカが海外からの借り入れに頼り無謀な投資を続けてきたのは事実だが、中国の債務はスリランカの債務全体の1割に過ぎない。中国はむしろ、親中的なスリランカの政権を20年にわたって支えてきたのであり、その破滅は望んでいなかった。この点は中国問題グローバル研究所所長で筑波大学名誉教授の遠藤誉氏が詳しく書いている。

    将来的に債務の罠に嵌めるつもりがあったかどうかは知る由がないが、少なくとも、これまでは一帯一路の一部としてのスリランカの繁栄を望んでいた。

    スリランカ経済崩壊の理由には、無謀な借金による投資拡大の他に、コロナウイルスの蔓延による観光業の壊滅、ウクライナの戦争によって引き起こされた世界的なエネルギー危機などの要因もあった。

    だがもっとも根本的な問題は、有機農業の強行による農業の破滅だった。

    スリランカは、窒素酸化物による公害や温室効果を削減するために、環境に優しい農法を実施する取り組みの一環として、2021年4月から化学肥料を禁止した。

    だがこれにより作物の収穫量は激減し、農業が崩壊し、スリランカは主要な輸出作物を失って貿易収支にも大打撃となった。

    スリランカの農家の90%は化学肥料を使用していた。彼らは当然、これがなければ作物の収量が激減することは分かっていた。

    2021年の化学肥料禁止に伴い、米の生産量は2019年に比べて43%減少した。スリランカの人口2200万人のうち70%は、直接的または間接的に農業に依存している。このため農業への激しい悪影響は、社会全体に深刻な影響を与えた。

    ■ ESGスコアは優等生だが・・・

    化学肥料禁止令は、その恐ろしい影響が明らかになった2021年11月に撤回されたが、時すでに遅かった。

    深刻な打撃を受けたのは、主食の米だけではない。重要な換金作物で輸出商品の主力である茶やゴムなども打撃を受けた。国連人道問題調整事務所による6月9日付の報告書では、2021-2022年シーズンの作物生産量は前年度から40%から50%も減少した。

    化学肥料を用いない、有機農業の国――スリランカの指導層が目指したのは、国際機関のグリーン・エリートが喜ぶような、環境に配慮した「良い」国家である。

    マヒンダ・アマウィーラ環境大臣は、2020年に「誤った技術の利用、貪欲さ、利己主義」から地球を救うための政府構想を宣言した。

    ワールドエコノミクスのデータによると、スリランカのESGスコアは98.1とほぼ満点である。比較のため例を挙げると、スウェーデンは96.1、米国は58.7にとどまっている。

    ■ 環境イデオロギーが引き起こした危機

    だがスリランカの危機は、まさにこのような環境イデオロギーによって引き起こされたものだ。

    スリランカの政治家たちは、熱狂的な有機農業運動を受け入れてきた。世界経済フォーラムに集ういくつもの大企業も、スリランカでの有機農業を推進してきた。

    だが、有機農業というのは、一部の余裕のある人々のための贅沢に過ぎないのだ。

    【【国際】 中国より恐ろしい「ESGの罠」、大統領が逃亡した破産宣言スリランカの誤算…経済崩壊導いた有機農業の強行】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/07/18(月) 00:06:03.04 ID:CAP_USER
    スリランカ 経済危機で中国に5600億円の支援求める

    経済危機に陥っているスリランカが中国側に最大5600億円の支援を求めているとアメリカメディアが報じました。

    ブルームバーグ通信によりますと、スリランカの駐中国大使が15日に取材に応じ、中国側に最大5600億円の支援を求めていると明らかにしました。

    そのうえで、大使は「法外な要求ではなく中国側はこちらの求めを受け入れるはずだ」との認識を示したということです。

    この報道について問われた中国外務省は15日の会見で、「スリランカが直面する困難と試練に注目し、力の及ぶ限りの支援を提供している」と応じました。

    スリランカの経済危機はインフラ整備のために中国から多額の資金を借りて財政難に陥ったことが原因の一つとされています。

    テレビ朝日
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fd9d0393bad031da85d2fb3117c01a6b2c904716


    【【国際】 スリランカ 経済危機で中国に5600億円の支援求める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 少考さん ★ 2022/07/13(水) 10:28:40.43 ID:7HyaZe9e9
    20211125at03S_p


    スリランカ大統領、国外脱出 軍用機でモルディブに

    2022/7/13 10:04 (JST)
    7/13 10:19 (JST)updated

    【コロンボ共同】経済危機による混迷が続くスリランカのラジャパクサ大統領が13日、軍用輸送機で近隣国のモルディブに脱出した。夫人や護衛らも行動を共にしているという。政府当局者が明らかにした。13日中に辞任の見通しだが、国民の反発が一層強まったことを受け、身の安全の確保を図ったとみられる。大統領と首相を歴任した兄マヒンダ氏と共に進めてきた一族支配が終焉を迎えた。

     地元メディアによると、ラジャパクサ氏は13日付で辞任する文書に既に署名しており、新政権発足に向けた準備が本格化する。議会議長が13日に正式に辞任を公表する見通しで、20日に新大統領を選出する予定だ。

    共同通信
    https://nordot.app/919739532382879744


    【スリランカ大統領、国外脱出 軍用機でモルディブに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぐれ ★ 2022/07/07(木) 07:50:49.60 ID:ihxLngnD9
    20211125at03S_p

    【7月7日 AFP】スリランカのゴタバヤ・ラジャパクサ(Gotabaya Rajapaksa)大統領は6日、同国が陥っている史上最悪の経済危機を乗り切るため、ロシアに燃料の供給と観光便の再開を要請したことを明らかにした。

     スリランカでは、輸入に充てる外貨が尽きたことから、数か月にわたり停電や物価高騰、食料やガソリンの深刻な不足が続いている。ラニル・ウィクラマシンハ(Ranil Wickremesinghe)首相は5日、同国が「破産した国」となったと述べ、経済危機が少なくとも来年末まで続くとの見通しを示していた。

     ラジャパクサ大統領は、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領と話し、燃料の緊急貸与と両国間の旅客便再開を要請したと説明。両大統領が観光や貿易、文化などの分野での関係強化で合意したと述べた。

    (略)

    AFPBB News2022年7月7日 2:30 
    https://www.afpbb.com/articles/-/3413274

    【【中国の罠】「破産」のスリランカ、ロシアに燃料と観光便再開を要請】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: LingLing ★ 2022/07/06(水) 22:59:43.82 ID:CAP_USER
    cn250
    焦点:新興国の債務軽減交渉、債権大国の中国が協力せず

    [ロンドン 4日 ロイター] - ザンビアの首都ルサカの国際空港を拡張する3億6000万ドル規模のプロジェクトから、スリランカの首都コロンボにおける14億ドル規模の港湾開発事業に至るまで、発展途上国で進められている多くの債務軽減協議で、中国の姿がすっぽりと抜け落ちている。

    比較的規模が小さく、リスクの高い途上国に対する貸し付けで、中国は圧倒的な債権国となっている。だが中国は、返済に行き詰まった債務国との間で、融資条件だけでなく、どのように再交渉するかを巡っても、目立たない姿勢を維持している。

    この姿勢は新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)後に一段と鮮明になった。現在、経済的に困窮する多くの国が債務軽減を求めている。

    債務負担軽減を支援するため、中国により積極的な役割を果たすよう求める圧力が強まってきた。6月28日に公表された主要7カ国首脳会議(G7サミット)声明は、債権国による支援を促す中で中国を名指しした。

    世界銀行によると、貧困国は今年、公的部門と民間部門の債権者に対して総額350億ドルの債務返済に直面しており、総額の40%余りは中国への返済だ。

    だが専門家の話では、国際通貨基金(IMF)と世界銀行が前提とする債務軽減負担の公平な分担は、中国との衝突に向かう可能性があり、包括的な債務再編の見通しに疑念が生じるという。

    法律事務所クイン・エマニュエルのソブリン訴訟責任者、デニス・ハラニツキー氏は「中国の『一帯一路』の資金は、あらゆる所にばらまかれている。従って、ソブリン債務再編では毎回この問題が持ち上がるだろう」と述べた。

    ロイターは中国外務省と中国人民銀行(中央銀行)にコメントを要請したが、返答はない。

    ザンビアとスリランカの案件は、債務協議の進展速度を見極める試金石となる。両国は、海外の債券保有者と債務再編に合意するとともに、IMFのプログラムをまとめる必要もある。

    ブルーベイ・アセット・マネジメントの新興国市場責任者、Polina Kurdyavko氏は「中国による債務協議への関与は、IMFあるいは各国政府の手の及ぶ問題ではない」と指摘。「中国を適切なタイミングで交渉の席に着かせることは、今後の債務再編で最大の試練となるかもしれない」と語った。

    <不透明>
    中国の貸し付けは大半が政府系機関や政策銀行によって実行され、往々にして不透明だ。

    全米経済研究所(NBER)の報告書によると、中国が1949年から2017年にかけて152カ国に対して実行した5000件の融資および助成の半分は、IMFにも世界銀行にも報告されていない。中国は両機関に加盟しているにもかかわらずだ。

    ローディアム・グル-プのシニア・アナリスト、マシュー・ミンゲイ氏は「これらの中国の融資の一部では、不透明さが繰り返し問題になっている」と指摘。中国は商業融資の契約に、他国よりも厳格な機密保持条項を盛り込んでいると付け加えた。

    ウィリアム・アンド・メアリー大学の米国調査研究機関、エイドデータが3年間にわたって集計したデータによると、中国の国有銀行が実施した融資は、中国への返済を優先するよう義務付ける条項が盛り込まれている。

    ジョージタウン大学のアンナ・ゲルパーム法律学教授が中心となって中低所得国24カ国に対する中国の融資100件を調べたところ、機密保持のレベルが他の融資と比べて異常に厳しく、融資契約の存在自体を明かさないよう求めている場合もあったという。

    中国が債務負担の軽減に合意したケースの多くは、詳しい内容がはっきりしない。

    中国の貸し手があまりに多いことも、問題を一段と複雑にしている。ただ、最も多くの融資に関わっているのは中国輸出入銀行と国家開発銀行だ。

    ミンゲイ氏は「債務再編交渉になった場合、中国の各銀行は自国の他行がどのように対応するのか分からない可能性もある」と話した。

    (以下は省略)
    <遅い進展>

    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/emerginig-debt-china-idJPKBN2OF07U


    【【国際】 新興国の債務軽減交渉、債権大国の中国が協力せず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2022/05/19(木) 18:09:32.00 ID:CAP_USER BE:456446275-2BP(1000)
    lk250

    スリランカが同国史上初めて、デフォルト(債務不履行)に陥った。経済は急速に悪化、インフレ率は今後数カ月で40%に加速する見通しで、国内では抗議デモや政治危機が起きている。

      ウィーラシンハ中銀総裁は19日、債務再編完了までドル建て債務の支払いを行わない「事前調整型デフォルト」にスリランカが陥ると述べた。2023年と28年に満期を迎えるドル建て債の利払いは当初、4月18日が期限で7800万ドル(約100億円)相当。30日間の支払い猶予期間は今月18日に終了している。

      同国は食料や燃料など広範な品目の不足を和らげるための輸入代金確保で困難を抱えている。自国通貨安と経済危機が背景だ。ウィーラシンハ総裁はコロンボで記者会見し、インフレ率が今後数カ月で40%に達する見通しで、変動の大きい品目を除いた基調的なインフレの動向を金融当局として監視していると語った。

      スリランカ中銀はこの日、経済への以前の利上げの効果を見極めるため、政策金利を14.5%で据え置いた。ブルームバーグがエコノミスト8人を対象に実施した調査では、3人が据え置きを予想。残りの5人は最大3ポイントの追加利上げを見込んでいた。同行は年初来で政策金利を計8.5ポイント引き上げている。  

    Bloomberg 2022年5月19日 15:53 JST 更新日時 2022年5月19日 16:38 JST
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-05-19/RC4AHIT0AFB601

    【【南アジア】スリランカがデフォルト、債務再編完了まで支払い停止-インフレ悪化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: まりもっこり(東京都) [CN] 2022/04/02(土) 19:03:11.52 ID:MleGUdac0● BE:448218991-PLT(14145)
    m_20220401-567-OYT1T50208

    【ニューデリー=小峰翔】インド洋の島国スリランカの最大都市コロンボ近郊で3月31日、深刻な経済危機を招いたとしてゴタバヤ・ラジャパクサ大統領への不満を強める市民が辞任を要求し、大統領の邸宅を包囲した。

     異例の抗議デモに、治安当局は4月1日朝までの外出禁止令を発令。強制排除に乗り出した治安部隊とデモ参加者が衝突し、少なくとも45人が逮捕された。

     スリランカは外貨不足による輸入制限で、燃料や生活必需品の価格が高騰。発電所も十分に稼働できず、3月31日には13時間の計画停電を実施すると発表し、市民の怒りが噴き出した。

    ヤフーニュース(読売新聞)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7b5c62635ffc2b7f30e861458e355c58cfbb5d69

    【スリランカ経済危機 市民怒り爆発 大統領の辞任を求め大統領の邸宅包囲】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: すらいむ ★ 2021/11/25(木) 11:28:44.30 ID:DGis8QZ/9
    rasyapakusa
    港湾建設、中国企業指名へ 日印から変更―スリランカ

     【ニューデリー時事】AFP通信は24日、親中派として知られるスリランカのゴタバヤ・ラジャパクサ政権が、最大都市コロンボにある港のコンテナターミナル建設事業の実施先として中国国有企業を指名する方針だと伝えた。
     事業は日印両国が出資し、完成後も運営に関与する予定だったが、政権が今年2月に撤回を決めていた。

     スリランカは中東などと日本を結ぶシーレーン(海上交通路)の要衝。計画変更は、中国の海洋進出にくさびを打ちたい日印両国にとって痛手となる。

    時事通信 2021年11月25日06時00分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021112500227

    【【スリランカ】港湾建設、中国企業指名へ 親中政権が日印から変更 シーレーンの要衝、日印両国に痛手】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: すらいむ ★ 2021/09/13(月) 14:29:39.17 ID:CAP_USER
    lk250
    セイロン紅茶の危機? スリランカ有機革命の波紋

    【アハンガマAFP=時事】スリランカは、国内の農業をすべて有機生産とする世界初の国となることを目指しているが、その取り組みのあおりを受けているのが、主要産業である紅茶だ。
     生産量が激減すれば、低迷している経済に新たな打撃を与えかねないという懸念も生まれている。

    (略)

    時事通信 2021年09月13日13時03分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=20210913042025a

    【【農業】セイロン紅茶の危機? スリランカ有機革命の波紋】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ramune ★ 2021/08/18(水) 11:13:47.33 ID:qBG+J1mg9
    kuronurisiryou
    名古屋出入国在留管理局に収容されていたスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん=当時(33)=が死亡した問題で、弁護団が17日、東京・永田町の参院議員会館で会見し、収容に関する1万5113枚の文書が開示されたが、全て黒塗りだったと明らかにした。遺族は「殺したのを隠したくて黒塗りにした」と批判した。

    ◆弁護士「入管の闇示す」
     弁護団は、5月に文書の開示請求を行い、8月2日に開示され費用は約16万円だった。9割超が看守勤務日誌で、他に面会簿や診療情報なども出されたが、全て黒塗りだった。
     指宿昭一弁護士は「記載は全て消され秘密主義もここまで来ると冗談のようだ。真っ黒な文書は入管の闇を示す。(上川陽子法相は)口では心から深くおわびと言うが、どこが心から深くなんだ」と批判した。 

    ◆「日本はひどいことやる、と印象変わった」
     妹のワヨミさん(28)は「映像も黒塗りの紙も報告書も母に言う価値はないし言えない。(スリランカの報道では)日本は良い国と思われてきたが、ひどいことをやると印象が変わった」と話した。
     下の妹のポールニマさん(27)は「全部黒塗りでごまかさないで」と訴えた。

    東京新聞
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/125024

    【【パヨク激怒】入国管理局 ウィシュマさん死亡の資料開示→1万5113枚全て黒塗り …遺族「ごまかさないで」「殺したのでは」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: シャチ ★ 2021/07/10(土) 02:54:25.99 ID:bAHP+bSW9
     イスラエルの航空機メーカーIAI(Israel Aerospace Industries)は2021年6月30日(水)、スリランカ空軍の「クフィル」戦闘機の近代化改修(アップデート)を総額5000万ドル、日本円でおよそ55億円(1ドル110円換算)で請け負ったことを明らかにしました。

     IAIによると、アビオニクス(航空電子機器)類を更新することで、第4世代戦闘機以上の能力にアップデートするとのこと。なお改修する機数や終了時期などは明らかにしていません。

    「クフィル」は、フランスの「ミラージュIII」戦闘機をベースにIAIが独自改良を行って誕生させたイスラエル製戦闘機で、スリランカ空軍ではふたり乗りの練習機型含め10機弱が運用されています。

     アップデート作業はIAIの技術者がスリランカ空軍基地に出向いて行うとのことで、機体の改修だけでなくスリランカ人パイロットの教育訓練も契約に含まれているといいます。

    7/6(火) 7:20配信 乗りものニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c838640a44636f8c834272680fff1e471ed2cd7e
    フランス製「ミラージュIII」戦闘機をベースにIAIが開発した「クフィル」戦闘機(画像:IAI)。
    no title

    【【軍事】スリランカ軍の「クフィル」戦闘機の近代化改修を受注 イスラエルIAI】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マスク着用のお願い ★ 2021/06/09(水) 21:25:13.87 ID:K7FBvKxH9
    lk250

    スリランカが日本にワクチン提供要請

     【ニューデリー共同】スリランカ政府は9日、日本政府と新型コロナウイルスのワクチン供与を巡って協議したと発表した。スリランカ側は60万回分の英アストラゼネカ製ワクチンを要請し、日本側から肯定的な反応があったとしている。

    2021/6/9 21:13 (JST)
    共同通信
    https://nordot.app/775332292458102784

    【【スリランカ】日本にワクチン提供要請】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★ 2021/05/31(月) 06:00:18.38 ID:vwYgxOXp9
    B022DEF4-0E68-40FD-B770-6C9056E46F4A
     
    名古屋出入国在留管理局の施設収容中に死亡したスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん=当時(33)=をしのぶ会が29日午後、築地本願寺(東京都中央区)で開かれた。友人ら約500人が参列し、ウィシュマさんの死を悼んだ。

    遺族を代表し、妹のワヨミさん(28)は「姉が帰ってこないと思うと苦しみは言葉にできない」と涙声で話した。

     ワヨミさんらは、死亡の経緯を明らかにするため、政府に対し、最終報告書の早期公表と収容中の施設内の監視カメラの映像提供を強く求めている。

     参列していた1年前まで別の入管施設に収容され、現在、難民申請中のチリ人ペニャさん(61)は「彼女の姿は自分の身にも起こり得たこと。入管では、自殺者や病気で死ぬ人が続いている。彼女と同じ犠牲者を2度と出してほしくない」と語った。

     会では友人らもあいさつ。幼なじみのスリランカ人マンジャリさん(33)は「ウィシュマは明るくて気さくで多くの人をひきつけ、子供たちを心から愛した。最愛の友人を失い、家族と私には耐え難いが、彼女との思い出は生き続ける」と気丈に語った。

     終了後に取材に応じたワヨミさんは「スリランカのような貧しい国だから(日本政府は)私たちを振り回し、怒らせるのか。私たちの人生や彼女の死をもてあそばないでほしい」と批判した。(望月衣塑子)


    2021年05月29日 22時38分 東京新聞
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/107466

    【【パヨクに唆されたから死亡】<ウィシュマさんしのぶ会>「スリランカのような貧しい国だから(日本政府は)私たちを振り回し、怒らせるのか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: シャチ ★ 2021/05/16(日) 20:20:29.91 ID:a6WBgAov9
    th
    名古屋出入国在留管理局(名古屋市)の施設で収容中に死亡したスリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさん=当時(33)=の葬儀が16日午後、名古屋市の斎場で営まれた。

     遺族や関係者ら約80人が参列し、故人をしのんだ。

     葬儀では、スリランカから来日した妹ワヨミさんが遺族代表としてあいさつ。「悲しくて耐えられない。こんな若さで亡くなったのは信じられない」と声を震わせながら話した。ワヨミさんは「姉が亡くなって2カ月以上たつが、亡くなった理由は何も分かっていない」と原因究明を訴えた。

     ウィシュマさんは昨年8月に不法滞在で収容され、今年1月ごろから体調を崩し、3月に死亡した。支援団体が、適切な医療を受けさせなかったなどとして、入管側の対応を批判している。 

    時事通信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9e65937bcff914e3ee0f09983a12370af65f4c8a

    【【パヨクのせい】不法滞在のスリランカ人女性が入管に収容されその後死亡 葬儀が営まれる 遺族「悲しくて耐えられない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: チミル ★ 2021/02/03(水) 16:33:29.29 ID:jHoOY3dF9
    【ニューデリー共同】在スリランカ日本大使館は3日、スリランカ政府が日本とインドとの3カ国で合意していた主要都市コロンボの港湾開発を自国だけで行う方針に変更したことについて「一方的な決定で遺憾と考えており、スリランカ側に伝えた」と明らかにした。

    スリランカ政府は近く、同じ港で別の開発構想について日本とインドと協議を始めたい考え。しかしインドもこれまでの合意の順守を求めており難航が予想される。

    3カ国は2019年、コロンボ港の「東コンテナターミナル」開発に関する覚書に署名。港の別区画の建設に中国が関与しており、日本とインドには中国けん制の狙いがあった。

    共同通信
    https://this.kiji.is/729597134119223296

    【日本、スリランカに「遺憾」表明…港湾開発方針変更で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/09/25(金) 20:58:02.36 ID:CAP_USER
     AFP通信などによると、スリランカのラジャパクサ政権が、最大都市コロンボでの国際協力機構(JICA)による支援事業に中止を指示した。現政権は親中派として知られる。
     問題の事業は、次世代型路面電車(LRT)の整備計画。財政難を中止の理由にしている。
     AFPは24日、「計画の即時中止、関連事務所閉鎖」を指示する文書がラジャパクサ大統領側近から関係省庁に送られたと報じた。現地メディアも中止を伝えている。JICA広報室は「報道は承知しているが、詳細は話せない」と述べた。
     計画は、欧米諸国や隣国インドなどとの協調外交を図ったシリセナ前政権下で成立。渋滞緩和を主目的に約16キロの鉄道を建設し、日本の車両や技術を導入する予定だった。

    時事ドットコム 2020年09月25日16時38分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092500916&g=int

    no title

    スリランカのラジャパクサ大統領(奥)と兄のマヒンダ・ラジャパクサ首相=8月9日、コロンボ郊外(AFP時事)

    no title

    【【ラジャパクサ政権】日本支援事業に中止指示 スリランカの親中派政権】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル