かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: スリランカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Felis silvestris catus ★ 2019/09/28(土) 17:38:48.70 ID:BV4xDySP9
    A04720CC-AC9F-4800-8C0E-9A6988872C3D
     
    https://snjpn.net/archives/160097
    ナザレンコ・アンドリーさんのツイート

    お金をあげない≒検閲する、何このロジック?私金でやれば政府も文句言えなかっただろうに。

    「他人に何でもしてもらって当たり前!してもらえないことは差別·弾圧·検閲!」、甘やかされた子供が考えること。

    いい年してもこんなスタンスを取るのが恥ずかしくないかな。

    寄生虫精神、これ。

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・それで飯を食ってる連中がたくさんいるのです。

    ・気に食わないのでは無く、公金投入するには不適切な展示物って事。事後的にって付けても、検閲は事前にするものだから、検閲にはあたらない。

    ・検閲の意味を彼は理解していない。

    ・「カネ出せ!、カネ出せ!!」って騒いでる意見、多くが、極左政党や極左活動家とその支持者から出て来ているものなので、つまり、補助金を出さないという決定は正しいのでしょう。

    ・やっていいって言ってるでしょ。どこが検閲?

    ・国に資金の援助をさせるのなら、それなりのルールが発生するのは当然のことではないか。この人は考える力もないのか。

    ・金出してもらって当たり前という考えがおかしいのよ!

    【【パヨク発狂】在日ウクライナ人「『他人に何でもしてもらって当たり前!してもらえないことは差別・弾圧・検閲!』。寄生虫精神、これ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2019/05/05(日) 21:44:37.30 ID:QwflnaDK9
    93990CD7-B3F3-4122-B543-C6D8ED6C61F7
     
    スリランカ、外国人600人を国外追放 うち200人はイスラム聖職者
    2019年5月5日 20:08 
    発信地:コロンボ/スリランカ [ スリランカ アジア・オセアニア ]

    【5月5日 AFP】スリランカ政府は、キリスト教の祝日イースター(Easter、復活祭)に起きた、地元のイスラム過激派組織によるものとされる連続爆発事件を受けて、外国人600人以上を国外追放した。このうち約200人はイスラム教の聖職者。バジラ・アベイワルダナ(Vajira Abeywardena)内相が5日、AFPに明らかにした。

     同内相によると、国外追放処分となった聖職者たちは合法的に入国していたが、事件後に行われた取り締まりの最中、ビザ(査証)の失効後も滞在し続けていたことが判明。罰金が科された上、国外追放となった。

     同内相は「現在の国内の状況を鑑み、ビザの規則を見直した結果、宗教的な指導者に対する規制を強化することに決めた」と説明し、国外追放者の約200人がイスラム教の聖職者だったと明かした。

     先月21日の連続爆発では257人が死亡し、500人近くが負傷した。首謀者のイスラム教聖職者は隣国インドを訪れ、過激派らと接触していたとみられる。

     同内相は国外追放者の国籍には触れなかったが、警察によると、事件以降に不法滞在が発覚したのは主にバングラデシュ、インド、パキスタン、モルディブからの入国者たちだったという。

    AFP
    https://www.afpbb.com/articles/-/3223680?act=all 
    【【スリランカ】外国人600人を国外追放 うち200人はイスラム聖職者 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2019/04/27(土) 04:04:04.22 ID:LTEpOg/W9

    スリランカ東部で銃撃戦、特殊部隊がテロ施設を捜索中
    2019年4月27日 1:54

    【ニューデリー=黒沼勇史】最大都市コロンボなど8カ所で21日に連続爆破テロが起きたスリランカの東部の町サインタマルトゥで26日夕、銃撃戦が発生した。地元報道によると、特殊部隊がテロ関連施設を捜索中に銃撃戦になったという。またロイター通信によると治安当局は26日までに容疑者76人を逮捕した。大半はスリランカ人で、シリア人とエジプト人も含まれているという。

    26日、最大都市コロンボを警備するスリランカ警察=AP
    銃撃戦が起きた現場は、21日に自爆テロが起きたキリスト教会3カ所のうち1つがあった東部バティカロアの付近。自爆テロ用ベストの製造拠点に特殊部隊が乗り込んだ際に銃撃戦になった。一連のテロの実行犯が加わる同国のイスラム過激派「ナショナル・タウヒード・ジャマア」(NTJ)のメンバーと交戦になった可能性がある。被害状況などは不明だ。

    テロ実行犯を巡って、シリセナ大統領は26日、記者団に対し、首謀者でNTJの指導者であるザフラン・ハシム師が死亡したと明らかにした。同師が21日、コロンボの高級ホテル「シャングリラ」で自爆テロを実行し死亡したことが、現場に残された監視カメラの映像で判明したという。

    21日のテロでは外国人を含む253人が犠牲になった。23日に犯行声明を出した中東の過激派組織「イスラム国」(IS)が公開した映像には、ハシム師ら8人がISに忠誠を誓っている姿が映し出されており、NTJがISの支援を受けテロに踏み切ったもよう。スリランカ当局は既に76人を逮捕したが、ロイター通信によると、ISに関係するとみられる140人の行方も追っている。

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44308180X20C19A4000000/ 

    【スリランカ東部で銃撃戦、特殊部隊がテロ施設を捜索中 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: プティフランスパン ★ 2019/04/23(火) 20:15:57.42 ID:SR+9BmNA9
    ロイター 2019年4月23日 20時2分
    http://news.livedoor.com/article/detail/16361887/
    no title


    [カイロ 23日 ロイター] - 死者321人、負傷者約500人を出したスリランカの連続爆破事件について、過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

    ISと関連のあるAMAQ通信が23日伝えた。

    犯行の証拠は示していない。

    【【国際】スリランカの連続爆破テロ、イスラム国(IS)が犯行声明 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2019/04/23(火) 18:06:51.04 ID:2jUTHzg/9
    5F0D66E5-A1EC-4B87-849C-0C2BECF76050

    「スリランカテロはクライストチャーチのモスク銃撃テロへの報復だ 」スリランカ国防相が発言

    4/23(火) 18:08配信
    FNN.jpプライムオンライン

    イスラム教徒たちの信仰のあり方が急激に変化


    スリランカで発生した同時多発テロでは320人以上が犠牲となり、日本人も一人亡くなった。南アジアの島国であるスリランカには、シンハラ人とタミル人との間で長く内戦が続いた歴史があるが、その構図内にとどまっていては今回の事件を理解するのは難しい。解釈の鍵となるのはイスラム教だ。


    21世紀に入り、世界はそれ以前とは比較にならないほどのスピードで変化し始めており、イスラム教徒たちの信仰およびその実践のあり方も急速に変化してきている。ここ10年ほどの間に、それを示す事象が世界各地で多く確認されてきた。

    特に重要なのが、アルカイダやイスラム国に代表されるグローバルなイスラム過激派ネットワークの広がりと、インターネットの普及に伴う一般のイスラム教徒の原理主義化だ。この変化は局所的なものではなく普遍的なものであり、スリランカのイスラム教徒にもこの変化の波は確実に及んでいる。スリランカはモルジブと並び、南アジアにおけるイスラム過激派の新たなホットスポットとして注目されていた。

    「穏健」から「過激な原理主義」へ

    スリランカ人はこれまでに数十人、あるいは数百人がジハードのためにイスラム国入りしたとされており、秘密裏に帰国した者も多いとされる。2015年には、スリランカ人イスラム国戦闘員がシリアで死亡したことが当局によって確認された。彼にはパキスタンでイスラム法を学んだ経歴があり、パキスタンで「過激化」したと非難されている。「穏健」だったスリランカのイスラム教徒に「過激な原理主義」をもたらしたのは、パキスタンやサウジなどでイスラム教を学んだ者達だと批判する声は多い。

    しかし「穏健」や「過激」「原理主義」といった描写には、それをそう描写する側の価値判断が強く反映されていることを忘れてはならない。同じころ、スリランカのイスラム教徒女性達の中に、全身を黒い布で覆うブルカを着用する人が増加し始めた。これに対し仏教徒であるシンハラ人は、「治安上問題がある」としてブルカ着用禁止を求めている。シンハラ人にとって、彼女らのブルカ着用は過激化と原理主義化の証であり危険な兆候だ。しかしブルカ着用を選択したイスラム教徒女性達に、自分たちは過激派だなどという自覚は全くない。イスラム教の聖典に立脚した教義に忠実であるべきだと考えた結果それを選択したのであって、彼女らにとってそれは間違いなく「善い意味での原理主義化」であり覚醒なのである。

    スリランカでは過激なイスラム組織も結成された。今回の同時テロを実行したと当局によって認定されたNTJ(ナショナル・タウヒード・ジャマーア)もそのひとつである。スリランカのイスラム教指導者の一人は、NTJは異教徒殺害を呼びかけているとして三年前から当局に警告していたと証言している。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00010006-fnnprimev-int

    【【速報】スリランカ連続テロ、NZ銃乱射事件への報復 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2019/04/23(火) 07:23:05.49 ID:YD3c0Phm9

    no title

    スリランカ連続テロ、米国とインドが事前に警告

    By Uditha Jayasinghe and James Hookway
    2019 年 4 月 23 日 07:09 JST
     【コロンボ(スリランカ)】スリランカで21日朝発生した連続爆破テロ事件で、米国とインドの安全保障当局が攻撃の可能性を事前にスリランカ政府に警告していたことが分かった。教会やホテルを狙った今回の事件では、290人以上の死者が出た。

     スリランカ政府当局者は、自爆した容疑者や逮捕者の一部はイスラム過激派組織「ナショナル・タウヒード・ジャマア(NTJ)」と関連があるとの見方を示している。同国政府は海外政府からの警告を受け、潜在的な脅威としてNTJの監視を警察に指示していた。

     スリランカ当局...

    全文記事を読むには
    有料会員登録

    ウォールストリートジャーナル 
    https://jp.wsj.com/articles/SB11801284467205593465604585259301250450666 

    【【スリランカ連続テロ】米国とインドが事前に警告 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2019/04/22(月) 19:21:53.36 ID:gUl2eQhO9
    https://twitter.com/rt_com/status/1120270913822498816?s=21

    2019/04/22
    BREAKING: #SriLanka police find 87 bomb detonators at #Colombo's main bus station – spokesperson on.rt.com/9ssa

    【【速報】スリランカの主要なバス停で87個の爆破装置発見 警察発表 コロンボ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [ニダ] 2019/04/22(月) 09:36:31.79 ID:HJHvWN360 BE:844481327-PLT(12345)
    no title

    https://www.asahi.com/

    NHK
    no title

    読売
    no title

    毎日
    no title

    産経
    no title

    【アホの朝日新聞、日本人1人が死亡したスリランカ同時多発テロ事件を「爆発事故」と報道 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2019/04/22(月) 09:30:22.23 ID:h914tVVM9
    79024B72-E162-4EB8-BBC0-D805FFE8B4FD
     
     外務省は22日、スリランカの連続爆破テロで日本人1人が死亡し、4人が負傷したことが確認されたと明らかにした。死亡した1人の性別や身元は、遺族の希望で公表できないとしている。

    2019/4/22 09:214/22 09:26updated
    共同通信
    https://this.kiji.is/492853170889901153

    【【スリランカ】連続爆破テロ 日本人1人死亡、4人負傷 身元は遺族の希望で公表できず 外務省 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: チンしたモヤシ ★ 2019/04/21(日) 14:51:17.67 ID:RB7twZms9
    no title

    スリランカ ホテルや教会6か所で爆発 多数の死傷者か


    スリランカで現地時間の21日午前9時ごろ、最大都市コロンボとその郊外にあるホテルと教会の合わせて6か所でほぼ同時に爆発があり、コロンボにある病院によりますと、これまでに25人が死亡、160人以上がけがをしたということです。

    スリランカの警察によりますと、現地時間の21日午前9時ごろ(日本時間の21日午後0時半ごろ)、最大都市コロンボとその郊外にあるホテルと教会の合わせて6か所でほぼ同時に爆発がありました。

    爆発があったのはコロンボにある「キングスベリー」「シナモン・グランド」「シャングリラ」の3つのホテルと、「セント・アントニー教会」、それにコロンボの郊外にある「ザイオン教会」と「セント・セバスチャン教会」の合わせて6か所です。

    コロンボにある病院によりますと、これまでに25人が死亡、160人以上がけがをして手当てを受けているということです。

    爆発があった教会3か所では、キリスト教徒たちがイースター=復活祭の祈りをささげている最中だったということです。

    警察は、爆発の原因や複数の爆発の関連についても調べています。

    ●屋根は吹き飛び 床にがれき

    地元のテレビ局が伝えた爆発のあった教会とみられる建物の内部の映像によりますと、屋根は吹き飛び、床にがれきが散乱している様子がわかります。

    礼拝用のいすもめちゃくちゃに壊れ、けがをした人たちもあちらこちらに横たわっています。

    ●日本人の被害は確認中

    外務省によりますと、コロンボにある日本大使館は日本人の被害の有無を確認しているということです。
     
    NHK 2019年4月21日 13時56分 
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190421/k10011891131000.html 
    【【速報】スリランカのホテルと教会で爆発 25人死亡160人以上けが 地元病院(14:48) 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: SQNY ★ 2018/09/08(土) 15:25:06.20 ID:CAP_USER
    no title
     
    ・スリランカでデモ相次ぐ 中国に港の明け渡し、生活苦に抗議

    スリランカではここ数日、現政権の政策に反対するデモが相次いでいる。公約だった汚職一掃が果たされていないことや、中国へ国の重要港湾を明け渡したことなど、複数の不満が抗議内容に含まれている。

    9月5日、前大統領ラジャパクサ氏が率いる数万人の抗議者が、首都コロンボの複数の主要道路を閉鎖した。混乱により、付近の学校は休校し、多くの企業が従業員を早退させた。

    抗議活動を組織した一人の国会議員は、現シリセナ政権が、世論に反して国の資産を外国に売っていることに抗議の声を上げたと述べた。また、生活費が大幅に上昇しているにもかかわらず、政府が税金の徴収を増やしていることなどから、国民は生計を立てることが困難になっているという。

    いっぽう、現シリセナ政権は、政府が抱える借金は親中派ラジャパクサ政権時代に受け付けた巨額融資によると主張している。2015年の政権交代後、中国からの借金の返済ができないと計算したシリセナ政権政府は2017年、インド洋に面し、国際物流拠点となるハンバントタ港の運営権を、99年契約で中国に貸し出した。

    このたびのデモに参加した反シリセナ政権派は、この重要港の明け渡しが、スリランカの主権を脅したと主張している。インド洋での海洋覇権を狙う、中国側の戦略的な意図があったと考えられている。

    サマラウィラ財務相は5月20日、債務返済額が過去最高の水準に膨らみ、債務危機に向かっていると危機感をあらわにした。AFP通信の報道によると、スリランカの2018年の元利の支払額は28億4000万ドル(約3150億円)に達する見通し。大半は前政権が取り組んだ大型プロジェクトのための巨額融資の返済分だという。

    財務相は、10年に及ぶラジャパクサ前政権から引き継いだ中国依存の大型プロジェクトは、経済規模が870億ドル(約9兆6600億円)程度のスリランカにとって重荷だと説明している。ラジャパクサ大統領は親中派と呼ばれ、中国から多数の融資や援助を受けてきた。

    世界に中国主導のインフラ計画を展開する「一帯一路」構想では、インド洋でも存在感を強めている。中国は沿岸部の都市に、海上貿易ルートの確保のため港湾や道路の建設など数十億ドルを投資している。

    スリランカはインド南部にある島国、人口2100万人。国会は2020年8月まで。議員の3分の2が解散に同意しない限り、2020年2月まで選挙は行なわれない。しかし、2015年の大統領選で現職のセリシア氏に敗れたラジャパクサ前大統領は、再出馬を表明している。

    2018年09月07日 14時16分 THE EPOCHTIMES
    https://www.epochtimes.jp/2018/09/36077.html

    【【スリランカ】中国に港の明け渡しで生活苦に抗議 デモ相次ぐ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/05/21(月) 20:58:43.72 ID:CAP_USER
    【5月21日 AFP】 
    スリランカのマンガラ・サマラウィーラ(Mangala Samaraweera)財務相は20日、前政権が進めた巨額プロジェクトのために債務返済額が過去最高の水準に膨らんでいると述べ、同国が債務危機に向かっているとの認識を示した。前政権は中国からの融資でインフラ開発を進めたが、多額の借金と重い金利としてそのツケが回っている。 

     サマラウィーラ氏によると、今年の元利の支払額は28億4000万ドル(約3150億円)に達する見通し。 
    大半はマヒンダ・ラジャパクサ(Mahinda Rajapakse)前大統領の下で巨費を投じたプロジェクト向け融資の返済分となっている。 

     サマラウィーラ氏は、危機は来年「さらに悪化」し、支払額は42億8000万ドル(約4750億円)に膨れ上がると予想した。 

     中央銀行によると、スリランカの外貨準備高は4月末時点で99億ドル(約1兆1000億円)。 

     サマラウィーラ氏は、ラジャパクサ政権は10年に及んだ統治の最後の年に、計15億ドル(約1600億円)相当の高金利のローン2件を組んだと指摘した。 

     当局によると、ラジャパクサ氏は大型プロジェクトの資金を中国に大きく頼ったが、プロジェクトの多くは経済規模が870億ドル(約9兆6600億円)程度のスリランカにとって重い負担になった。 

     2015年の大統領選でラジャパクサ氏が落選した後、政府は、赤字を垂れ流し続けていた南部ハンバントタ(Hambantota)港の運営権を中国企業に譲渡せざるを得なくなった。 

     同氏の名前を冠したマッタラ・ラジャパクサ国際空港(Mattala Rajapaksa International Airport)も、 
    収入不足で職員の給料も払えなくなり、同じ運命をたどりつつある。 
    同空港を拠点とする航空会社は1社だけで、民営化の取り組みも滞っている。 

    スリランカは2016年6月、債務危機のため国際通貨基金(IMF)から3年で15億ドルの融資を受けている。

    画像:スリランカ南部のマッタラ・ラジャパクサ国際空港
    no title


    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3175335

    【【侵略】スリランカ、債務危機迫る 中国融資の事業で返済額膨張】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/03/06(火) 19:51:50.91 ID:CAP_USER9
    lk250

    【ニューデリー共同】スリランカ政府は6日、10日間の非常事態宣言を出した。中部キャンディ近郊で発生した仏教徒とイスラム教徒の衝突拡大を抑えるのが目的。

    2018/3/6 19:44
    共同通信
    https://this.kiji.is/343706026098541665

    【スリランカで非常事態宣言 仏教徒とイスラム教徒の衝突拡大 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 水星虫 ★ 2018/01/30(火) 09:53:16.59 ID:CAP_USER9
    機内トイレに金塊5キロ6人逮捕

    飛行機のトイレに金塊5キロを隠して、国内に密輸しようとしたとして、スリランカ人など男女6人が関税法違反などの疑いで逮捕されました。

    この機体は台湾から中部空港に到着した後、国内線として羽田空港に向かう予定だったということで、警察は税関検査のない国内線に切り替わる機体を悪用して密輸を計画したとみて調べています。

    逮捕されたのはスリランカ国籍で、名古屋市港区の会社員、セイエド・モハメド・モハメド・イムラン容疑者(32)らスリランカ人や日本人の男女6人です。
    警察の調べによりますと、6人は去年7月、台湾から中部空港を経由して羽田空港に向かう飛行機のトイレに金塊5キロ、約2280万円分を隠して国内に密輸しようとしたとして、関税法違反などの疑いが持たれています。

    6人は全員が中部空港で降り、税関が機内を検査したところ、便器のそばのパネルの裏から袋に入れられた金塊が見つかったということです。

    この機体は国内線に切り替わって羽田空港に向かうことになっていて、警察は税関検査のない国内線の空港から金塊を密輸しようと計画し、機内にはほかにもメンバーがいたとみて調べています。

    また、同じ機体が国際線から国内線に切り替わるかどうかは公表されておらず、警察は情報を知った経緯についても調べを進めています。

    警察は6人の認否を明らかにしていません。

    01/30 09:38
    NHK 
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagoya/3004818971.html 

    【便所に黄金隠し密輸しようとした事件、海外から到着した機体がそのまま税関検査の無い国内線に切り替わる秘密情報を得ての犯行か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/01/21(日) 18:03:44.58 ID:CAP_USER
    スリランカ政府は、中国の援助で建設した南部ハンバントタ港を中国国有企業へ引き渡し、現地紙によると今月1日、港湾当局の建物に中国国旗が掲げられているのが確認された。
    債務の返済に窮したスリランカが“借金のカタ”に海のインフラを奪われた形だ。
    南アジアで中国と主導権を争うインドは、対抗するように近隣の空港の権益を買い入れる計画を進める。
    かつての小さな漁村は国同士の思惑がぶつかり合う舞台となっている。

     スリランカ国営企業と中国国有企業は昨年7月、スリランカ側が中国側に港の管理会社の株式の70%を99年間譲渡することで合意した。
    11億2千万ドル(約1240億円)の取引の合意文書に調印し港は先月、中国側に渡っていた。

     そもそも、港は親中派のラジャパクサ前政権時代に着工されたが、約13億ドルとされる建設費の大半は中国からの融資だ。しかし、最高6・3%にも上る高金利は財政が苦しいスリランカにとって「悪夢」とされ、リースの形で中国に引き渡されることとなった。

    現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」を掲げる中国に乗った結果、港を明け渡した格好で、国内でも批判が噴出。昨年末からは職を奪われることに危機感を募らせた港湾労働者がストライキを断続的に起こしており、政府は経済効果を繰り返し強調して批判の沈静化に躍起だ。

     こうした動きに対してインドは、ハンバントタ港から約20キロの距離にあるマッタラ・ラジャパクサ国際空港の権益の購入に関心を示している。空港はラジャパクサ前大統領の肝いりで建設されたが、
    利用客は1日10人ほどに低迷し、一時はコメの貯蔵庫として利用されるありさまだった。
    インドにとって空港入手による経済的利益があるとは考えにくく、中国のハンバントタ支配に対する牽制(けんせい)の意味合いが強い。

     インド洋では中国の潜水艦航行が常態化するなど、インドにとって座視できない状況が続く。
    「このままでは、南アジアで中国の好きなようにされてしまう」(インド紙記者)という危機感があるようだ。

    関連ソース画像
    no title


    産経新聞
    http://www.sankei.com/world/news/180115/wor1801150016-n1.html

    【スリランカの港に中国旗 99年間譲渡「一帯一路」債務重く“借金のカタ”に奪われる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    スリランカの最大都市コロンボ近郊で26日、国連(UN)がイスラム系少数民族ロヒンギャの難民のために用意した保護施設を過激な仏教僧らの集団が襲撃する事件が発生した。当局はロヒンギャ難民の移動を余儀なくされている。

     地元警察によると、サフラン色の僧衣を着た仏教僧らが率いる暴徒は、首都近郊のマウントラビニアにある保護施設の門を破壊して建物内に侵入。1階にあった家具をめちゃくちゃに破壊した。投石も行われ、おびえたロヒンギャ難民らは上層階に避難したという。

     この事件で警察官2人が負傷。施設内には子ども16人を含むロヒンギャ難民31人がいたが、死傷者は確認されていない。

     

    【過激な仏教僧の集団、ロヒンギャ難民の保護施設を襲撃 スリランカ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    スリランカのシリセナ大統領は23日、ラジャパクサ法相を解任した。同法相は、同国南部の港の運営権を中国に長期貸与することに批判的だったとされる。
     スリランカは7月29日、南部ハンバントタ港の運営権を、11億ドル(約1200億円)で99年間貸与することで中国側と合意した。シリセナ大統領は5月の内閣改造でも、中国との関係深化に批判的だったラナトゥンガ前港湾・海運相を港湾貸与に関わる同ポストから石油・資源開発相に転任させている。


    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082301097&g=int 【スリランカ、法相を解任=中国への港貸与批判】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ハンバントタ

    スリランカが南部ハンバントタ港の権益を中国国営企業に長期貸与する計画が宙に浮いていた問題で、両国国営企業は29日、コロンボで、スリランカ側が中国側に港の管理会社の株式の一部を99年間譲渡する合意文書に調印した。AP通信などが伝えた。譲渡は当初、1月初めに予定されていたが、地元の反対運動などで遅れていた。スリランカ政府は、港を中国に軍事目的で使わせないことを確約している。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/world/news/170729/wor1707290064-n1.html 【スリランカと中国、港の長期貸与で合意文書に調印】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    スリランカで国立病院の医師たちがストライキを決行し患者数万人が受診できない事態に陥っていた問題で、同国の医師団体は24日、政府との協議が合意に達したとして、3日間におよんだストを終結した。

     スリランカ最大の医師組合、政府医療機関職員協会(GMOA)は、2008年に設立された私立医科大学について教育水準が低すぎるとしてこの大学の閉鎖を政府に求め、22日にストを決行。

     このストによって貧困層を中心とした数万人が国立病院での無料の医療を受けられない事態に陥り、その状況は、GMOAがマイトリパラ・シリセナ大統領との協議を受けてスト終結を宣言した24日正午まで続いた。

     

    【医師スト終結、政府と合意で スリランカ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    スリランカで複数の国立病院の医師たちがストライキを起こし、多数の患者が受診できない事態に陥った。消費者権利保護団体が24日、明らかにした。

     消費者権利保護団体によれば、スリランカ最大の医師組合、政府医療機関職員協会(GMOA)は22日、2008年に設立された私立医科大学の教育水準の低さを理由に同大学の閉鎖を政府に求めてストを決行。前日には、国立医科大学の多数の学生が保健省に詰め掛け、政府に圧力をかけるため、車や家具を破壊する行為に及んだ。

     

    【医師ストで多数の患者に影響 緊急治療拒否する病院も スリランカ】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル