かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: 海上保安庁

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 上級国民 ★ 2021/09/15(水) 13:19:15.99 ID:HRxXFnU19
    kp250
    北朝鮮がミサイル発射か 海上保安庁

    北朝鮮からミサイルとみられるものが発射されたと海上保安庁が発表。(JX通信社/FASTALERT)

    2021年9月15日12:40
    https://newsdigest.jp/news/6a503e11-122d-414f-9931-a313b5dd20c9


    【【速報】北朝鮮がミサイル発射か 海上保安庁】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: きつねうどん ★ 2021/09/08(水) 17:00:11.42 ID:CAP_USER
    no title


    日本の海上保安庁に相当する韓国海上警察庁のトップが、韓国領海近くに日本の巡視船や中国の調査船が相次いで出現する現状を現地メディアに訴えている。

    韓国の中堅メディア・イーデイリー紙は8日、キム・ホンフィ韓国海上警察庁長官(海洋法博士)へのインタビューを行った。キム長官は同紙に対し、「日本の海上保安庁の巡視船が1年に多いときで100回は韓国領土である独島(※竹島)の近くに現れる」とし、「中国海洋調査船も離於島(※イオド/EEZをめぐり中国と葛藤がある島)にも相次いで出現する」「さらに攻勢をかけている」と述べた。

    その上で、「海洋警備の重要性がますます高まっている。隙のない防御と将来の投資が必要な時期だ」とキム長官は訴えた。キム長官は現在、中国漁船のワタリガニ漁大挙到来に備え、夏休暇も返上して職務を行っているとのこと。

    ムン・ジェイン(文在寅)政権は来年度の海警予算を今年より9.3%増となる1兆6836億ウォン(約1595億円)で編成したが、海洋警備に要するリソースにおいて韓国は日本や中国に比べ不足している。

    韓国海上警察庁、日本海上保安庁などの資料によると、現在、韓国海洋警察の艦艇は354隻で中国(394隻)や日本(477隻)より少なく、ヘリコプター(20台)は中国(19台)より多いが、日本(53代)の38%水準であると同紙は伝えている。

    イーデイリーは、日本の海洋保安庁の巡視船の独島付近海上への出現回数が2018年84回、2019年に100回、2020年83回に達していることや、中国海洋調査船が同じ時期に14回、20回、31回離於島付近に現れたとし、「ここに西海(NLL)、済州島近くの中国漁船まで含めると海洋警察が対応しなければなら船舶は雪だるまのように膨らむ」と伝えた。

    キム長官は、「日本と中国はなぜこのような攻勢に出ているのか?」という質問に対して、「日本は私たちの土地である独島を国際的に紛争地域にしようとしている」とし、「日本が私たちの領海内の侵入することはほとんどないが、相変わらず独島近くまでやって来る」と述べた。中国については、「中国の海上版一帶一路である」と説明した。

    韓国の海上防衛対策について聞かれたキム長官は、未来型海上警備システムであるMDA (MDA·Maritime Domain Awareness)を構築し、ドローン、衛星などを活用した無人の防衛システムを強化していくと伝えた。。

    この報道をみた韓国のネットユーザーからは、

    「韓国海洋警察がんばれ!…国民たちはあなた方を信じる…」

    「日本も日本だけど中国も本当に困るな...頑張れ大韓民国!」

    「韓国もはやく哨戒機を作ろう!十分に可能だ!」

    「警察ではなく軍人が守るべき。海兵隊を送れ」

    「…大韓民国の国土守護精神を明確に見せなければ」

    などのコメントがネット掲示板に投稿されている。
    (アイキャッチ画像:中国の不法漁船を追跡する韓国海上警察/中部地方海洋警察庁)

    http://korea-economics.jp/posts/21090805/

    【韓国海警長官「日本は独島に年100回巡視船、中国は漁船大挙」 対応範囲が激増で休暇も取れず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: きつねうどん ★ 2021/08/26(木) 19:13:37.48 ID:CAP_USER
    no title

    石垣海上保安部に新に配備されるヘリコプター搭載型巡視船「あさづき」(提供)

     第11管区海上保安本部は25日、海上保安庁が所有する最大規模のヘリコプター搭載型巡視船「あさづき」(約6500トン、長さ約150メートル、幅約17メートル)を石垣海上保安部に新たに配備すると発表した。2016年の関係閣僚会議で決定された「海上保安体制強化に関する方針」を受けて配備された。11月12日に就役する。

     11管によると、建造期間は2019年2月から2年9カ月。総工費は約198億円。巡視船の配備は19年2月に中城海上保安部に巡視船「みやこ」が就役して以来。尖閣周辺をはじめとする沖縄周辺海域の領海警備や海難救助など多様な業務に当たる。

     11管の一條正浩本部長は、中国海警局の船による尖閣周辺での領海侵入や接続水域の航行について「極めて深刻な事態」とし、「冷静かつ毅然(きぜん)に対応する。尖閣において指揮能力の高さを活用していきたい」と語った。

    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1382086.html

    【尖閣の警備強化へ 石垣に新たな巡視船 海保最大規模、ヘリ搭載型】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 愛の戦士 ★ 2021/08/24(火) 16:55:45.36 ID:sCycItYI9
    no title


     海上保安庁は大型巡視船の建造計画を増強し、来年度から新たに4隻の建造を始める方針を固めた。無人航空機による海上監視も開始する方針で、いずれも来年度予算の概算要求に関連費用を盛り込む。沖縄県の尖閣諸島など緊迫化する日本周辺海域の情勢を踏まえ、海保全体の体制強化を図る。

     政府は2016年12月、尖閣情勢の緊迫化などを受けて海保の体制強化を決定し、現在は、69隻の大型巡視船(1000トン以上)を24年度までに77隻に増やす計画で進めている。今回、この計画に4隻を上積みし、25年度までに81隻とする。

     新造を予定するのは、総トン数3500トン級3隻と1000トン級1隻で、25年度までに完成させる。今年度の補正予算が編成されれば、前倒しして計上することも想定している。配備先は今後、正式決定する。

     また、三陸沖や能登半島沖などで昨年に飛行実験を行った無人航空機は、1機を導入し、運用する。地上から人工衛星を通じて操縦し、搭載カメラで海上を確認できる。外国漁船による違法操業が問題化する日本海の好漁場「大和(やまと)堆(たい)」などの監視や海難救助に投入される見通しだ。

     海保では、巡視船艇全382隻の4割近くが25~20年の耐用年数を超えており、砕氷能力を持つ大型巡視船「そうや」(1978年就役)など複数を造り替える。

     尖閣諸島では、中国海警船による接続水域の航行が常態化し、今年の航行日数は23日現在で217日となり、過去最多だった昨年を上回るペースとなっている。領海侵入も26件にのぼり、現場だけでなく、応援派遣などで海保全体の負担が増している。中国では今年2月、海警船の武器使用条件を定めた海警法も施行され、海保のさらなる体制強化が求められている。

    読売新聞 8/24(火) 15:05
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6ad8d5ed6c610b3aa086f050adeb92609c9b1135


    【【対中国】尖閣情勢の緊迫化に対応、海保が大型巡視船4隻新造へ…25年度までに81隻体制に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ブギー ★ 2021/08/11(水) 08:31:28.97 ID:H1nj0CZu9
    兵庫県北部の沿岸で今夏、サザエやアワビの密漁が多発している。地元の漁協が知事から免許を受けて共同漁業権を設定しており、漁業者以外が採取すると漁業法違反(漁業権侵害)となる。しかし京阪神などからの海水浴客を中心に「レジャー感覚」で密漁に手を染めるケースが後を絶たず、今年はすでに16人を摘発。密漁現場の実態を調べるため、海上保安官に密着した。(金海隆至)
     8月上旬、日曜の午後。豊岡市の切浜(きりはま)海水浴場に近い岩場で、ウエットスーツの女性が素潜りを繰り返した後、浜辺に上がってきた。崖の上の県道から双眼鏡で動きを探っていた海上保安官が「網袋を持っている。何か取っています」と声を上げた。

     それを合図に、私服姿の保安官5人が一斉に約200メートル離れた海水浴場へ向かった。視線は、ビーチパラソルの下で一息つく女性を捉えて離さない。

     近づいて確認すると、網袋にはサザエ44個(約3・8キロ)とアワビ1個(約80グラム)。そばに金属製のへらのような漁具「アワビおこし」もある。装備や持ち物から密漁目的とみられた。

     「これは一体、どうしたんですか」と保安官が尋ねる。女性は、けげんな表情で「採取が禁止されているとは知らなかった。少し取るぐらい構わないのでは」と繰り返した。

    (略)

    神戸新聞
    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202108/sp/0014581604.shtml


    【【泥棒】レジャー化する密漁「自然のもの取って何が悪い?」 海水浴客がサザエやアワビ狙い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2021/06/12(土) 18:19:43.30 ID:CAP_USER
    no title
     
    第8管区海上保安本部(京都府舞鶴市)と韓国の東海地方海洋警察庁による合同捜索訓練が11日、島根県沖であった。海や空から行方不明者の捜索にあたり、日韓の連携を深めた。

     2007年の同本部と同警察庁の合意に基づいて実施し、14回目。舞鶴海上保安部の巡視船だいせんやヘリコプター1機、韓国の警備艦1隻とヘリ1機が参加し、島根県隠岐諸島の西方約185キロの海域で行われた。

     訓練は午前5時40分に船舶から日本側に救助要請があったとの想定で始まり、8管側が遭難した船舶の救命いかだを捜索し、韓国にも協力を要請。両国は漂流予測情報を共有して捜索区域を分担し、いかだを発見して船に収容した。

     8管本部は「日本海の安全を守るには迅速な作業が求められる。両国間の盤石な体制構築に向けて訓練を継続したい」としている。

    ヤフーニュース(京都新聞)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/20e7367b972299cc090498973f7e5740b88055f5


    【日本海の安全へ日韓連携 海保と韓国海洋警察庁が島根県沖で合同捜索訓練】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 足4の字固め(東京都) [CN] 2021/05/23(日) 11:58:33.52 ID:o2brlYyB0● BE:448218991-PLT(14145)

    尖閣諸島周辺で、中国海警局の船の領海侵入があとをたたないことから、立憲民主党は海上保安庁の体制を強化するための法案を、今の国会に提出する方針です。

    沖縄県の尖閣諸島周辺では、中国が海警局に武器の使用を認めた「海警法」が施行されたあとも、
    海警局の船の領海侵入が続いています。

    立憲民主党は、活動の活発化が懸念されるとして、領海警備にあたる海上保安庁の体制を強化するための法案の骨子をまとめました。

    骨子は、船舶をはじめとする装備を着実に拡充させるため、5年ごとの装備計画を策定するよう国に求める内容になっています。

    これとは別に、海上警備行動の発令に備えて、自衛隊があらかじめ海上保安庁の船舶周辺などで待機できる「警備準備行動」を設ける法案も検討しています。

    立憲民主党は、いずれの法案も取りまとめ作業を急ぎ、今の国会に提出する方針です。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210523/k10013046551000.html

    【【尖閣】立民 海保の体制強化法案提出へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [CN] 2021/05/22(土) 13:32:05.41 ID:ATOPIvai9
    no title

     21日午後10時55分ごろ、島根県の隠岐諸島から北北西約45キロ沖の日本海で、北朝鮮籍の貨物船「CHONG BONG(チョン ボン)」(約5500トン)が「貨物倉庫が浸水している」と救助を要請する無線を発した。第8管区海上保安本部の巡視船3隻などが急行し、対応を検討するうちに貨物船の傾きが大きくなり、乗組員21人全員が自力で救命艇で脱出。22日午前4時20分ごろ、付近を航行中の北朝鮮籍のタンカーに救助された。

     同本部によると、現場は日本の排他的経済水域。貨物船は、乗組員全員が北朝鮮籍で「鉄」を積んで北朝鮮東岸の清津(チョンジン)から西岸の松林(ソンリム)へ向かっていたと説明したという。船は傾いたまま東に漂流しており、油などの流出は確認されていないが、同本部が監視を続けている。【目野創】

    毎日新聞 2021/5/22 10:19(最終更新 5/22 10:19) 348文字
    https://mainichi.jp/articles/20210522/k00/00m/040/029000c


    【島根・隠岐島沖で北朝鮮貨物船が浸水、全乗員21人救命艇で避難】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 少考さん ★ 2021/05/02(日) 16:21:45.18 ID:Ei26yK1N9
    K10013009761_2105021556_2105021610_01_02
    中国海洋調査船 日本の排他的経済水域で同意得ず活動確認

    2021年5月2日 16時10分

    2日午前、沖縄県の波照間島沖の日本の排他的経済水域で、中国の海洋調査船が日本に同意を得ず調査とみられる活動を行ったことが確認されました。

    第11管区海上保安本部によりますと、2日午前9時半すぎ、中国の海洋調査船「海洋地質十二号」が、沖縄県の波照間島の南およそ189キロの日本の排他的経済水域で海中にワイヤーのようなものを入れているのを海上保安本部の巡視船が確認しました。

    海上保安本部は日本に同意を得ず調査とみられる活動を行ったことから、無線を使って活動の中止を求めましたが、調査船は応答しなかったということです。

    調査船はおよそ2時間半後の正午ごろ、日本と中国の地理的中間線を越えて中国側に戻ったということで、海上保安本部が引き続き警戒にあたっています。

    中国の海洋調査船が沖縄付近の日本の排他的経済水域でワイヤーのようなものを海中に入れているのが確認されたのは、2年前の7月以来です。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210502/k10013009761000.html


    【【第11管区海上保安本部】中国海洋調査船 日本の排他的経済水域で同意得ず活動確認】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [MX] 2021/03/21(日) 22:40:05.96 ID:orFVO+dj9

    no title

     尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で領海警備に当たっていた海上保安庁の尖閣専従巡視船が1月、任務中に故障し、一時、航行不能状態に陥っていたことが21日、海保関係者への取材で分かった。老朽化が原因とみられる。尖閣では中国海警局の船による領海侵入が相次ぎ、中国は2月、海警局の武器使用を認める海警法を施行するなど日本の有効支配を覆す動きを強めており、装備の刷新も含めた対策が急務といえそうだ。

    尖閣専従12隻で最も古く

     尖閣周辺の領海警備で、任務中の巡視船が航行できなくなる事態は極めて異例。故障が発生したのは那覇海上保安部所属のヘリコプター搭載型巡視船「うるま」で、老朽化が進んでいる。

     うるまは那覇海保に2隻、石垣海保に10隻配備された尖閣専従船計12隻の1隻。石垣海保の10隻(1千トン型)は平成26~28年に新造、那覇海保のもう1隻(ヘリコプター搭載型)は12年に建造された。だが、うるまは昭和55年の竣工(しゅんこう)で、12隻の中で最も古い。

     海保が保有する約140隻の巡視船の中でも古参に挙げられ、長期の継続使用を可能にするため平成25、26年に改修工事を実施したものの、船齢は既に40年を超えている。

     うるまは1月下旬、尖閣諸島周辺で、船内の電力をまかなう発電機の一部が故障し、動作不良になった。発電機を動かしている燃料タンクを確認したところ、大量の海水が混入していることが判明。海水を含んだ燃料をエンジンに使用すれば機関停止につながる恐れもあり、一定時間、エンジンを停止させたままの状態を余儀なくされた。

     当時、うるまを含め複数の巡視船が中国公船の領海侵入に備えて警戒に当たっていた。うるまは風向きや潮流の状況次第で流されて浅瀬で座礁する恐れもあったという。その後、乗組員らが復旧作業を進め、自力航行が可能になり、別の巡視船と交代して現場を離れた。

     海保は尖閣周辺の領海警備で、中国公船1隻に対して巡視船1隻が対応するほか、周辺海域に巡視船を点在配置しているとみられる。海保関係者は「中国側を上回る勢力で対応しているが、巡視船それぞれに役割がある。1隻でも欠ける事態があってはならず、中国側につけ入る隙を与えることにつながってしまう」と危機感を募らせている。

    (略)

    2021.3.21 21:43 産経新聞
    https://www.sankei.com/affairs/news/210321/afr2103210007-n2.html

    【<独自>尖閣巡視船、一時航行できず 昭和55年建造…老朽化で故障か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2021/03/07(日) 18:13:50.29 ID:CAP_USER
    海上自衛隊と海上保安庁は3月に入り、不審船に共同で対処するための訓練を実施した。九州西方の海空域で船舶を追跡して停止させる手順を確認した。沖縄県・尖閣諸島周辺で中国海警局の船が領海侵入を繰り返しており、不測の事態に備えて連携を強める。

    中国が2月に海警局を準軍事組織と位置づける海警法を施行し、日本側は警戒を続けている。

    共同訓練には海自から護衛艦や哨戒ヘリコプター、ミサイル艇が、海保から巡視船2隻がそれぞれ参加した。重要施設などに向かう不審船を想定し、情報共有のほか追跡と監視、停船措置の3項目の運用を確かめた。

    訓練は1999年から定期的に実施し、今回が18回目となる。

    2月の中国公船の領海侵入日数は6日と、月ごとでは4年半ぶりの高水準だった。海警局は日本の海保と同じ海上法執行機関だが、中国の海警法で武器使用が容認され事実上の「第2海軍」だと指摘される。

    海保だけで対処が難しい事態が発生すれば、海自に海上警備行動が発令される。山村浩海上幕僚長は2日の記者会見で「東シナ海情勢を踏まえても海保との連携はますます重要になる」と話した。

    日本経済新聞 2021年3月7日 18:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE064D20W1A300C2000000/

    no title

    不審船への対応を訓練する海自護衛艦(奥)と海保巡視船(3日、九州西方の海域)=海自提供

    【【尖閣諸島】海自と海保、共同対処へ訓練 中国海警にらみ連携】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: シャチ ★ 2021/03/02(火) 15:06:04.49 ID:w6rLRrz99
    no title


    第11管区海上保安本部によると石垣島の北約330キロメートルの海上で転覆した中国籍船が見つかり、付近で漂流者7人を発見した。

    2日午前8時49分頃に遭難警報の連絡を受け那覇航空基地所属の固定翼機が調査確認にあたり発見したもの。中国側からの情報では船は漁船とみられ、乗船者数は10人だという。

    現在巡視船3隻などが救助へ現場海域に向かっている。

    沖縄テレビ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f6fb3a7ad73219cdefd3c7365e904c575c8507d4


    【【沖縄】石垣島沖で中国籍船が転覆 ブイにしがみつき7人漂流】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2021/02/16(火) 17:37:55.93 ID:YZ9hJPHn9
    80C2BAAD-AA6A-43A0-A601-2B5ADC81C3F4
     
    小笠原に巡視船「みかづき」配備へ 密漁対策を強化

    東京・小笠原諸島周辺で相次ぐ外国漁船による違法操業の取り締まりを強化するため、新たに配備される第3管区海上保安本部(横浜)の巡視船「みかづき」の引き渡し式が16日、東京都江東区の造船会社で開かれた。

    みかづきは、長さ約43メートル、総トン数約200トンで、3月下旬に小笠原諸島・父島の小笠原海上保安署に配備予定。

    3管によると、小笠原諸島の周辺海域では近年、アカサンゴの密漁が増加。

    平成26~27年には、1日200隻以上の中国船が確認される日もあった。

    これまで小笠原海上保安署には巡視船が配備されておらず、横浜海上保安部などの巡視船が取り締まっていた。

    産経新聞
    https://www.sankei.com/affairs/news/210216/afr2102160011-n1.html

    【【海保】中国船による赤サンゴの密漁を防げ!小笠原諸島に巡視船「みかづき」配備へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2021/01/23(土) 20:32:50.60 ID:oWE8TmeO9
    ◆ 長崎県沖 海洋調査の測量船に韓国が再び中止要求 海保は抗議

    日本の排他的経済水域の長崎県の沖合で、海上保安庁の測量船が韓国海洋警察庁の船から調査の中止を要求される行為が22日朝から断続的にありました。
    ことしに入って2回目で海上保安庁は外務省を通じて韓国に抗議をしました。

    海上保安庁によりますと、22日午前6時半前、海上保安庁の測量船「拓洋」が、日本の排他的経済水域の長崎県の五島列島の女島の西163キロ付近で調査を始めたところ、韓国海洋警察庁の船から無線で調査を中止するよう断続的に要求されました。
    要求の内容は「ここは韓国の管轄海域であり、調査は違法だ。直ちに中止して退去せよ」というものだということです。

    これに対し、海上保安庁は「日本の排他的経済水域で、正当な調査活動をしている。
    直ちに中止要求をやめるとともに、本船から離れなさい」と回答したということです。

    海上保安庁によりますと、今月11日から16日にかけて別の測量船「昭洋」も、今回の現場近くで中止要求を受けていて、ことしに入って2回目となり、外務省を通じて韓国に抗議を行いました。
    海上保安庁は予定どおり調査を続けることにしています。

    no title

    no title

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210122/k10012828961000.html

    【【長崎県沖】「ここは韓国の管轄海域であり、調査は違法だ。直ちに中止して退去せよ」 韓国船が海保の測量船に調査中止要求、今年2回目】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2021/01/21(木) 22:09:38.41 ID:CAP_USER
    amagi2
     第10管区海上保安本部は21日、鹿児島県・奄美大島西方約300キロの日本の排他的経済水域(EEZ)で操業したとして、韓国のはえ縄漁船の船長で韓国籍のキム・スフン容疑者(47)を漁業主権法違反(無許可操業)容疑で現行犯逮捕した。

     発表によると、この漁船は「第808チョンナム」(44トン、9人乗り組み)で、キム容疑者は21日午後3時20分頃、EEZ内で日本政府の許可を受けずに操業した疑い。海上保安庁の巡視船が停止を求めたところ、応じたという。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d2e565a0320d320a2f8be095fefbed666b5a25e8

    【日本のEEZで韓国漁船が無許可操業、船長を現行犯逮捕…奄美大島沖】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2021/01/12(火) 21:23:03.21 ID:CAP_USER
    no title

    ▲日本海上保安庁が運用する測量船「昭洋」 (日本海上保安庁)
    no title

    ▲韓国海洋警察線の日本測量船対峙位置。グラフィック=キム・ウンギョ(別ソース:中央日報)

    西帰浦(ソギポ)海洋警察署所属警備艦が日本海上保安庁所属測量船と40時間近く重複水域(韓日中間水域)で一歩の譲歩なしに対峙している。

    12日、海洋警察庁によれば西帰浦海上警察警備艦は10日午後11時55分頃、西帰浦南東側129キロの海域で海上調査活動をしている日本海上保安庁測量船「昭洋」(3000トン級)を発見した。これに対し海上警察警備艦は昭洋に接近し「ここは韓国領海だ。海洋科学調査をするためには韓国政府の事前同意が必要だ。直ちに調査を中断しなさい」と約9時間、調査活動を止めるよう繰り返し要求した。

    引き続き11日任務を交代した西帰浦海上警察の他の警備艦は29時間を越えた12日午後2時半現在まで日本海上保安庁測量船に同じ要求をしている。

    この海域は日本長崎県五島列島南西側の女島から西側139キロ離れた海上だ。日本側は調査活動海域が自国の排他的経済水域(EEZ)としながら韓国側の要求を現場で拒否したまま継続して調査活動を行っている。

    海上警察警備艦と日本海上保安庁測量船が対峙した女島西側139キロの海上は韓国と日本の両側沿岸から200海里の範囲にあるいわゆる「重複水域」で済州(チェジュ)東南側海上だ。

    海洋警察庁関係者は「日本側が韓国排他的経済水域(EEZ)で認めない所で起きた状況」と話した。同じ海域では昨年8月にも日本測量船「平洋」が調査活動に乗り出して韓国海上警察船舶が中断を要求した。

    仁川(インチョン)=チャ・ジュノ記者

    東亜日報(韓国語)
    https://news.joins.com/article/23968472?cloc=joongang-section-moredigitalfirst


    【【韓国】 韓国海上警察-日本測量船、済州東南海上で対峙三日目】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2021/01/12(火) 00:00:10.57 ID:CAP_USER
    kaihosokuryousen
     11日午前3時25分ごろ、長崎・五島列島の南西に位置する女島から西方約140キロの東シナ海で、日本の排他的経済水域(EEZ)内で海洋調査をしていた海上保安庁の測量船「昭洋」に対し、韓国の海洋警察庁所属船が接近し「ここは韓国の海域だ」として、調査の中止を繰り返し要求した。

     海保は日本のEEZ内であることから「要求は受けられない」と現場で要求を拒否。日本政府は外交ルートでも韓国に抗議した。海保によると、韓国公船は同日午後8時現在、周辺の海域での航行を続けている。

     海保によると、韓国公船は昭洋に併走しながら「ここは韓国の海域で、海洋の科学的調査を行うためには韓国政府の事前の同意が必要」と、同日午前9時22分まで調査の中止を繰り返した。同11時40分ごろにいったんこの海域を離れたが、午後0時7分からは別の韓国警察庁の所属船が現れ、同4時52分まで同様の中止要求を繰り返した。

     昭洋は1月から同海域の水深などの海洋の基礎調査を開始。周辺の港で補給を繰り返しながら、2月まで調査を続ける計画だ。韓国公船は昨年8月にも近くの海域で調査中だった海保の船に対し、同様に中止要求をし、日本政府が抗議していた。

    産経新聞 2021.1.11 20:24
    https://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/210111/plt21011120240006-n1.html?cx_wid=9345d451a5fe232a8bb6430a4c3826f0c91203b8#cxrecs_s

    【【韓国】EEZで調査中の海保測量船に韓国公船が中止要求】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 20/11/02(月)18:31:12 ID:mCG
    海上保安庁「日本の船にどいてもらおう」
    https://twitter.com/SatoMasahisa/status/1323183972474523648?s=19

    アホちゃう?

    【海上保安庁「北朝鮮の船が日本近海で漁をしてる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: どこさ ★ 2020/10/27(火) 22:46:56.85 ID:bUxKRTCN9

    no title
    海保無人機、4年度にも導入 尖閣・日本海で監視拡大

     海上保安庁が実証実験を始めた大型の無人航空機について、 早ければ令和4年度にも導入する方向で同庁が検討していることが27日、 関係者への取材で分かった。
    尖閣諸島(沖縄県石垣市)や日本海の大和堆(やまとたい)などでは中国や北朝鮮の船による違法操業が常態化し、中国船の脅威も増大しており、海保は連続飛行時間が飛躍的に伸びる大型無人機の導入で、広大な日本周辺の海の安全の確保を狙う。

     大型無人機は地上にいる操縦士が無人機のビデオやレーダーを使い、衛星経由で操縦。
    日本列島を囲む広い海域で、違法操業船や不審船の監視、海難者の発見を担い、巡視船やヘリコプターの出動につなげる。広範囲を長時間カバーすることで発見・対応の迅速化、省力化が期待される。

     心身への負担などで連続飛行時間が1日8時間に定められている有人機と違い、無人機は飛行中に操縦者を交代でき、燃料が尽きるまで連続飛行が可能。
    性能次第では日本を囲む主要な海域を1機でカバーできる可能性もある。

     海保が10月15日から海上自衛隊八戸航空基地(青森県八戸市)で始めたジェネラル・アトミクス社の大型無人機「シーガーディアン」の実証実験では、1700キロ以上離れた小笠原諸島の硫黄島でも監視業務ができるかも試している。

     海保は実験の結果も考慮しながら、最短で3年度中に機種を選定。新規発注・製造は完成まで2年以上かかる場合があり、早期導入のため、既存機のリースも選択肢に入れている。

     ただ、大型無人機は航空法の規定が未整備で、運航ルートが変わる度に国土交通相の許可が必要。
    国交省航空局は国際安全基準が整備される2025(令和7)年まで同法を改正しない方針で、海保関係者は「活動が制限されるおそれがある」と懸念している。

    産経新聞 2020.10.27 17:21 
    https://www.sankei.com/politics/news/201027/plt2010270028-n1.html 



    【【産経】海保無人機、4年度にも導入 尖閣・日本海で監視拡大 大型1機で広域を省力化カバー 法改正せず危機の際に飛べないかも】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ウラヌス ★ 2020/10/17(土) 20:46:41.30 ID:BXPj5bev9
    yamatotai
    大和堆で中国漁船が「爆獲り」

     2018年、大和隻に出現した中国漁船は、わずか114隻に過ぎなかった。それが、2019年になると、1115隻にもなった。うち419隻に対して、日本側が放水行為に出て強制退去させている。
     それが今年は、9月30日までで、何と計2586隻(!!!)も、大和堆に押し寄せているのだ。そのうち、日本側が放水して退去させた船も、329隻に上る。
     大和隻がある一帯は、日本と北朝鮮、ロシアに囲まれており、中国の領海は及ばない。そのため、尖閣諸島近海のように、中国の公船がしゃしゃり出てくることはない。だがそれにしても、尋常でない数の中国漁船が大和堆に押し寄せ、勝手にカニやイカを漁獲していっているのだ。

     水産庁の関係者が憤る。

    「われわれは今年、鳥取の境港に配備している漁業取締船の『白嶺丸』の大型化代船に加え、新たに建造した『白鷹丸』も、新潟港に配備した。5月以降、大和堆周辺での違法な外国籍漁船の取り締まりを強化している。
     今年度はさらに、取締船の『白荻丸』を大型化する。加えて、2000トン級の新たな取締船の建造にも着手していく」

    日本ではあまり取り沙汰されていないが、大和堆の問題は、いわば「第二の尖閣」とも言える大問題である。中国国内も、新型コロナウイルスや夏の豪雨被害などで、経済が逼迫しているのは理解するが、そうかといって、勝手に大和堆までやって来て「爆獲り」してよいということになはならない。

     菅義偉政権には、毅然とした態度を望みたい。


    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62551?page=3
    第二の尖閣か、「中国漁船、本日も大和堆で爆漁中」
    東アジア「深層取材ノート」(第56回)
    2020.10.17(土)


    【【第二の尖閣】「中国漁船、本日も大和堆で爆漁中」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル