かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: 海上保安庁

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2020/07/11(土) 19:06:39.25 ID:CAP_USER
    820E16DE-C12A-4048-8247-34C1C0B03934
     
    感染者の集団=クラスターが発生した鹿児島市のショーパブに行き、新型コロナウイルスに感染しているのが確認された石垣海上保安部の40代の職員が尖閣諸島周辺の領海警備を担う巡視船の乗組員だったことが、関係者への取材で分かりました。

    沖縄県石垣市にある石垣海上保安部の40代の男性職員は、巡視船の修理のために鹿児島を訪れていました。

    滞在中、感染者の集団=クラスターが発生した鹿児島市のショーパブに行っていて、今月4日、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。この職員は関係者への取材によりますと、尖閣諸島周辺の領海警備を担う巡視船の乗組員だということです。

    また、この職員と同じショーパブに行っていた鹿児島海上保安部の巡視船の乗組員2人も感染が確認され、この巡視船も尖閣諸島周辺に派遣されているということです。

    海上保安本部は船の消毒を行ったほか、感染者と接触した可能性のあるほかの乗組員に対し、ホテルや自宅に待機するよう指示を出したということです。

    尖閣諸島周辺では、中国当局の船が領海のすぐ外側にある接続水域内を89日間連続で航行していて、この間に領海侵入を繰り返すなど活動を活発化させています。

    領海警備を担う巡視船の乗組員に感染者が出たことについて、海上保安本部は「コメントできない」としていますが、関係者によりますと、現時点で業務に支障は出ていないということです。

    NHK 2020年7月11日 11時56分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200711/k10012509981000.html

    【【尖閣警備】尖閣周辺の警備担う巡視船乗組員 ショーパブで新型コロナ感染】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US] 2020/06/18(木) 19:24:51.91 ID:kXh+mFAh0● BE:844481327-PLT(13345)
    no title
     
    海上保安庁が6000㌧級の国内最大規模の巡視船を石垣海上保安部に配備する方向で検討していることが分かった。
    尖閣諸島沖の領海、接続水域への侵入をエスカレートさせる中国公船に対抗する警備体制が格段に強まる。

    対象の巡視船の基本性能、配備時期は明らかにされてない。同規模で昨年12月に鹿児島海上保安部に配備された巡視船「しゅんこう」は全長140㍍、幅16・5㍍でヘリコプター2機を搭載し、40㍉機関砲1基、20㍉機関砲2基を装備する。

    石垣海上保安部所属の現在の巡視船の数は14隻で最も大きくて1000㌧級にとどまる。6000㌧級は海上保安庁全体でも最大規模で石垣への導入によって警備体制は一気に増強される。
    石垣港では大型巡視船が接岸できる整備が始まっている。

    巡視船配備計画は尖閣領海警備体制の強化と大規模事案の同時発生に対応する目的で2016年に関係閣僚会議で決まった「海上保安体制強化に関する方針」に基づいて進んでいる。
    中国公船の尖閣沖の領海、接続水域への侵入はことし、過去最多ペースで進み、17日現在、航行は連続65日に及ぶ。
    5月9日には与那国漁協所属の漁船が追い回される事案が起き、警備体制の強化を求める声が高まっている。

    八重山日報
    http://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/12231


    【海保、尖閣諸島の警備強化で石垣島に6000トンクラスの大型巡視船配備へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [AU] 2020/06/15(月) 15:55:20.15 ID:CAP_USER9

    no title

    展示訓練で高速で疾走する巡視船「いなさ」=2017年11月、米田堅持撮影


     2001年に鹿児島県・奄美大島沖で北朝鮮の工作船と銃撃戦を繰り広げた海上保安庁の巡視船「いなさ」(180トン)が、19日に解役される。

     「いなさ」は、1985年4月に日向灘で起きた不審船事件を教訓に、時速約65キロ以上の高速で航行できる小型巡視船として建造され、90年1月に長崎海上保安部に配属された。05年3月からは佐賀県の唐津海上保安部へ配属替えとなり、九州をはじめとする南の海を守ってきた。しかし、建造から30年を経て老朽化も目立ってきたことから、24日に対馬海上保安部から唐津海上保安部に配属替えとなる巡視艇「やえぐも」(100トン)と入れ替わる形で引退することとなった。

    48年ぶりの船体射撃

    no title

    停船命令を無視して逃走する不審船(左)を追跡する巡視船「いなさ」=2001年12月22日午後(海上保安庁提供)

     工作船事件当時の「いなさ」の乗組員だった海保幹部は「工作船事件だけでなく沖縄サミットの警備にも従事したので、解役と聞いて寂しい。建造時の速度が維持できるように、日ごろから念入りに船体やエンジンの手入れをしていた」と語る。事件が起きた01年12月22日未明、「不審な船」がいるとの一報を受け、「いなさ」は緊急出港した。「いなさ」は、外洋の大波にも強い船だったが、海上は4~5メートルもの波でしけていたため、長さ43メートル、幅7.5メートルの小さな船体は荒波に翻弄(ほんろう)された。乗組員は食事もままならず、船橋でシートベルトをしたまま、おにぎりをほお張りながら現場を目指した。半日ほど走り続けて「不審な船」を発見、停船命令を発したが、応答も反応もなかった。停船する気配がないことから、射撃警告を行ったが平然としていることに、「いなさ」の乗組員は違和感を覚えた。警告後、威嚇射撃、さらに海保として48年ぶりとなる船体射撃にも踏み切ったが「不審な船」は止まらなかった。乗組員だった海保幹部は「警告しても撃たれても、抵抗も応答もない。こんな船は初めてだった」と振り返る。

     逃走を続ける「不審な船」を後から合流した巡視船「あまみ」「きりしま」「みずき」とともに4隻で追跡した。午後10時過ぎ、「不審な船」の動きを止めるため、「あまみ」と「きりしま」が「不審な船」を挟撃し、「いなさ」は少し離れた位置から援護するために射撃態勢を取って待機した。その直後、無線から「撃たれた」という声が響いた。「いなさ」もバチバチという音とともに被弾し、片側のエンジンが使えなくなった。船橋から、挟撃した巡視船の上を火の玉(ロケット弾)が飛んでいくのが見えた。「いなさ」は、直ちに正当防衛射撃を開始したが、「不審な船」は自爆と思われる爆発とともに沈没した。

    毎日新聞2020年6月15日 13時45分(最終更新 6月15日 13時45分) 

    【巡視船「いなさ」19日に解役 北朝鮮工作船と銃撃戦繰り広げた高速船】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/04/04(土) 20:14:21.65 ID:evUoUGhz9
    no title
     
    原発が集中する敦賀半島や若狭湾のテロ対策などを目的に海上保安庁は敦賀海上保安部に五月末、県内初の大型巡視船一隻を配備する。昼夜問わず遠くの動静を監視できるハイテク装置や機関砲、ヘリコプターが発着できる甲板を備える。同海保の態勢が強化されることで、外国漁船の徹底した違法操業監視や迅速な人命救助も期待できる。

     大型巡視船は「PL91つるが」で、全長九十六メートル、一、五〇〇トン。違法漁船を追い払うための遠隔放水銃や各国語で注意を促す電光掲示板もある。定員三十七人。一隻当たりの建造費は約六十八億円。

     同海保が現在保有するのは中型と小型の巡視船各一隻、小型巡視艇一隻。大型巡視船が加わることに伴い、職員も増員される。

     配備は、二〇一六年の関係閣僚会議で決定された「海上保安体制強化に関する方針」に基づく。同海保には二〇年度に大型巡視船をもう一隻配備する。

     県内には廃炉中を含め十五基の原発がある。日本海では、北朝鮮漁船による違法操業への対応など領海警備の必要性が高まっている。大型巡視船とヘリで海と空から不審者らを監視する。

    2020年4月4日
    中日新聞
    https://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20200404/CK2020040402000057.html


    【【対北朝鮮】敦賀海保、大型巡視船「PL91つるが」配備へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: チンしたモヤシ ★ 2020/02/04(火) 23:04:25.83 ID:h2BY1fkY9
    “尖閣諸島”周辺の警備強化へ 最新鋭の巡視船 海上保安庁 山口・下関市で引渡式 ヘリ2機を搭載可能

    no title

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=cLOLFAERclU



    尖閣諸島周辺の警備強化のために山口県下関市で建造されたヘリコプター搭載型の大型巡視船が、海上保安庁に引き渡されました。

    4日、下関港の岸壁で引き渡し式が開かれ、海上保安庁の奥島高弘長官らおよそ80人が出席しました。

    新たに就役した巡視船「しゅんこう」は、尖閣諸島周辺の警備強化などを目的に建造された最新鋭の巡視船です。

    総トン数およそ6000トンの大型の船体には、ヘリコプター2機を搭載可能で、機関砲3門や放水銃のほか停船命令表示装置などが装備されています。

    【海上保安庁 奥島高弘長官】
    「国民の皆様の安全安心に大きく貢献することを期待しています」

    巡視船「しゅんこう」は2月19日に引き渡される別の大型巡視船とともに、鹿児島海上保安部に配備され、警備や救難の任務にあたることになっています。

    テレビ西日本 2020/02/04 20:30 
    【【領土領海】尖閣警備強化へ 最新鋭の巡視船 海上保安庁 山口・下関市で引渡式】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/01/25(土) 19:20:22.02 ID:FGflOqyL9
     米軍ヘリが25日、沖縄本島東の沖170キロで墜落した。複数の関係者によると、墜落したのはMH60特殊作戦ヘリコプターで所属は不明。海上保安庁に救助要請があった。乗組員5人は海保が救出した。米軍は「着水」としている。

     県内では2015年8月に米陸軍所属のMH60ヘリがホワイト・ビーチ水域で墜落した。兵士がヘリから米海軍輸送艦にロープを使って降下訓練を実施していた際、ヘリのプロペラと艦船が接触。米軍は墜落ではなく「パイロットのミスで、甲板上への不時着艦」としている。

    2020年1月25日 18:19
    沖縄タイムス
    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/526584

    【【沖縄】米軍ヘリ、墜落 海保が5人救出 MH60特殊作戦ヘリ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: バグダッドの夜食φ ★ 2019/12/29(日) 02:44:54.08 ID:C9aavWxc9

     国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議により、各国が資産凍結しなければならない中国企業の運航する貨物船が今年1月に那覇港(沖縄県)に寄港、海上保安庁が検査し運航企業を確認しておきながら、調査のための拘留など必要な措置を取らずそのまま出港させていたことが28日分かった。専門家は日本の対応は「明らかな決議違反」としている。

     この中国企業は2017年8月の国連安保理決議で全面的に禁じた北朝鮮産石炭の取引に関わったとして昨年制裁を受けた。

     国連決議の「完全履行」を掲げる日本が、北朝鮮の石炭密輸船の活動を事実上、看過していた実態が裏付けられた。

    2019/12/28 21:25 (JST)
    共同通

    【【中国→北朝鮮】海保、国連制裁企業船を拘留せず 北朝鮮決議に「明確な違反」 中国企業の運航する貨物船が今年1月に那覇港に寄港】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV29,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 19/12/26(木)21:16:57 ID:???
    kp250

    (抜粋)

    当局は漁船ごとに斧2本、包丁10本、鉄製の銛10個以上、
    表面に釘がぎっしり打ち込まれた棒10本、
    卵の中に唐辛子粉を詰めた唐辛子卵を20個などを備えよと
    指示し、積んでいなければ出港許可が出ないため、
    漁師たちは凶器作りに追われているという。


    12月26日
    夕刊フジ
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/191226/for1912260009-n1.html

    【【北朝鮮】漁船に「凶器搭載」を義務化…日本海で海保に対抗】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マスク着用のお願い ★ 2019/12/22(日) 19:01:09.85 ID:+zfjdLLl9
    1E9A061A-8F1C-4A44-96AC-36634E252390

    北朝鮮の貨物船 領海で海保検査後に「瀬取り」で鉄鉱石輸出か

    先月下旬、北朝鮮の貨物船が国連の制裁決議で取り引きが禁止されている鉄鉱石を積んで日本の領海に入り、海上保安本部が立ち入り検査を行っていたことが分かりました。船は北朝鮮国内の輸送だと申告したため、海上保安本部は「禁輸品には該当しない」と判断しましたが、船はその後、中国の沖合に向かっていて、専門家は、制裁を逃れて鉄鉱石が輸出された可能性があると指摘しています。

    第7管区海上保安本部によりますと、先月22日、北朝鮮の貨物船がエンジン故障のため、長崎県壱岐市の沖合の日本の領海に入りました。

    海上保安本部が立ち入り検査を行ったところ、国連安全保障理事会の制裁決議で取り引きが禁じられている鉄鉱石が積まれていました。

    ただ、北朝鮮の北東部を出発し西部に向かうところだと申告したため、海上保安本部は「法令違反は認められず、北朝鮮国内間の輸送にあたり、禁輸品には該当しない」と判断し、船は3日後に出航しました。

    しかし、船の位置情報を公開しているウェブサイトによりますと、船は北朝鮮西部には向かわず、中国東部 浙江省、舟山市の沖合に停泊していたことが分かりました。

    また、この船は以前、香港の企業が所有していて、去年2月、北朝鮮の密輸に関与したとしてアメリカ政府が制裁を科していたことも明らかになりました。

    国連安保理の専門家パネルの元委員 古川勝久さんは洋上で物資の積み替えを行う「瀬取り」を行い、鉄鉱石が輸出された可能性があると指摘しています。

    そのうえで、「領海内でも制約があり、海上保安庁ができるのは貨物検査だけで、それでは禁輸品かどうか判断できない。制裁を履行するため日本は時間がかかっても法整備や体制整備を進めなければならない」と話しています。
    横行する瀬取り 各国は監視強化
    北朝鮮の主な輸出品で、外貨獲得の手段となっている石炭や鉄、それに鉄鉱石などは国連の安全保障理事会のおととしの制裁決議で全面的に取り引きが禁止されたほか、各国が原油や石油精製品を北朝鮮に輸出することも制限されています。

    しかし、洋上で船から船に積み荷を移す「瀬取り」の手口で「制裁逃れ」が横行しているとみられています。

    このため各国が監視を強めていて、日本やアメリカだけではなくオーストラリアやカナダなども協力して警戒監視活動を行っています。

    先月には中国・上海の東、およそ280キロの公海上で、北朝鮮船籍のタンカーが船籍不明の船舶に横付けしているのを海上自衛隊の護衛艦が確認し、瀬取りの疑いがあるとして日本政府が国連安保理に通報しました。

    また、アメリカ財務省はことし8月「瀬取り」の手口で北朝鮮に石油を密輸したとして、台湾と香港の海運会社などに対し資産を凍結するなどアメリカ独自の制裁を科しています。

    2019年12月22日 18時54分 NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191222/k10012224721000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002  【【瀬取り】北朝鮮の貨物船 領海で海保検査後に鉄鉱石輸出か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2019/11/28(木) 17:09:48.13 ID:CAP_USER
    kp250
     
    北朝鮮からミサイル発射か 海上保安庁
    2019年11月28日17:06
    北朝鮮からミサイルが発射との情報。海上保安庁発表。

    (JX通信社/FASTALERT)
    https://newsdigest.jp/news/6b62dc0c-11bb-4b0b-9535-c2b32dd813d2

    【【速報】北朝鮮がミサイル発射 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV27,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 19/11/05(火)17:23:01 ID:???
    A25FE022-8F43-4824-A252-BB0390AAB81D

     北朝鮮の木造船漂着に備えた青森海上保安部(青森市)の「青森機動監視隊」が4日、発足した。季節風や潮流の影響で漂着が増える冬季限定で、日本海沿岸の陸上をパトロールする。監視隊の金沢真(まこと)隊長は、青森県鰺(あじ)ケ沢町役場で開かれた出動式後、「身が引き締まる思い。住民の安心に役立ちたい」と力を込めた。

     監視隊は同町役場を拠点に、数人が常駐し沿岸を警戒。不審な船を見つけた際は地元自治体などと情報共有し、船内の人や危険物の有無を確認したり、調査のための船の手配をしたりする。

    青森海保によると、昨年は青森県の日本海側を中心に木造船の漂着、漂流が49件あり、全国で2番目に多かった。今年もすでに9件あるという。一方で、県の日本海側には海保の施設がないため、到着に時間がかかることが課題だった。


    産経新聞 11月4日
    https://www.sankei.com/affairs/news/191104/afr1911040013-n1.html

    【【北朝鮮問題】海保の木造船監視隊発足 北朝鮮からの漂流多発で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 納豆パスタ ★ 2019/10/31(木) 16:53:59.13 ID:tb6Sq9y29
     F2EA2550-4B09-4FF8-AB0E-40A2BE357A2E
    31日午後、北朝鮮から弾道ミサイルとみられるものが発射されました。日本海の、日本の排他的経済水域の外に落下したとみられます。

    31日午後4時40分、海上保安庁が「北朝鮮からミサイルが発射されたものとみられます」という航行警報を発表しました。

    また防衛省によりますと、31日午後、北朝鮮から弾道ミサイルと見られるものが発射されたということです。

    海上保安庁はさらに午後4時50分、新たな航行警報を発表し、「ミサイルは日本海の、排他的経済水域の外に落下したものとみられます」と伝えました。

    また防衛省によりますと、これまでのところ、日本の排他的経済水域の内側への落下はないと推定されるとしています。

    防衛省が情報の分析を進めるとともに、海上保安庁が航行中の船舶に対し、今後の情報に注意するよう呼びかけています。

    北朝鮮は今月2日にも弾道ミサイルを発射し、日本海の日本の排他的経済水域内に落下したとみられています。

    韓国軍“2発発射した”

    韓国軍の合同参謀本部は北朝鮮が31日午後、西部のピョンアン(平安)南道から日本海に向けて飛しょう体を2発発射したと明らかにしました。

    北朝鮮はことし5月から短距離ミサイルなどを相次いで発射していて、今月2日には日本海でSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルを発射し、発射実験に成功したと発表しています。

    韓国軍はアメリカ軍とともに詳しい情報の収集や分析を急いでいます。

    内閣官房も発表

    内閣官房は北朝鮮から弾道ミサイルとみられるものが発射され、日本の領域には飛来せず、日本のEEZ=排他的経済水域にも落下しないと推定されると発表しました。

    NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20191031/k10012158761000.html

    【【速報】北朝鮮がミサイル発射 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV27,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 19/10/24(木)18:50:24 ID:???
    83DA2E04-ED89-4620-8205-8273D24CB9A9

    日本海沿岸で冬の時期に北朝鮮から来たとみられる木造船の漂流や漂着が相次いでいることを受けて、海上保安庁が来月、「機動監視隊」と名付けた新たな部隊を発足させ、青森県の日本海側に常駐させることで陸上から監視活動を強化することが分かりました。

    海上保安庁によりますと、青森県では去年、北朝鮮から来たとみられる木造船の漂流や漂着が49件と全国で2番目に多く、その大半は冬の期間、日本海側に集中しています。

    しかし青森県の日本海側には海上保安庁の施設がなく、青森市の青森海上保安部から冬場に車で向かう場合、雪や路面の凍結の影響で3時間程度かかることがあるなど対応が課題となっています。

    こうした中、海上保安庁が「機動監視隊」と名付けた新たな部隊を来月上旬、青森海上保安部に発足させ、陸上から監視活動を強化することが関係者への取材で分かりました。

    機動監視隊は、海上保安官10人程度で、冬の期間、青森県内の日本海側に常駐して木造船の監視を行い、漂流や漂着を確認した場合は警察と連携しながら乗組員の対応にも当たるということです。

    海上保安庁が陸上から木造船の監視を行うために部隊を発足させるのは異例です。


    NHK 10月24日
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191024/k10012146341000.html

    【【北朝鮮問題】北朝鮮の木造船対策に新部隊発足へ 監視強化 海上保安庁】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2019/10/16(水) 22:46:35.26 ID:CAP_USER
    10/16(水) 22:44配信
    読売新聞オンライン

     16日午前、石川県能登半島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で、北朝鮮漁船から「他の漁船が転覆し、乗組員が転落した」と水産庁の漁業取締船に連絡があった。

     第9管区海上保安本部によると、転覆したのは長さ約14メートルの木造船で、乗組員14人が海に投げ出され、7人は別の北朝鮮漁船に救助されたが、残る7人は行方不明のままとみられる。連絡してきた北朝鮮漁船は「転覆したのは14日午前2時頃」と説明しているという。

     海上保安庁が巡視船4隻と航空機2機を出動させ、確認を進めている。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00050254-yom-soci

    【【北朝鮮】能登沖で転覆の北朝鮮漁船、7人救助…残る7人不明 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/10/16(水) 13:52:50.69 ID:CAP_USER
    78000591-2789-4CA1-BBB6-1FCD7B698713

    政府関係者によりますと、16日午前、石川県の能登半島沖の日本海で、北朝鮮籍とみられる船から乗組員が海に転落したという情報があり、政府が確認を急いでいます。 

    NHK  2019年10月16日 13時24分 
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191016/k10012134281000.html 
    【北朝鮮船から乗組員が海に転落か 能登半島沖 政府が確認急ぐ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: MOWくん(長野県) [EU] 2019/10/07(月) 21:00:34.96 ID:0Gf4npuf0● BE:201615239-2BP(2000)
    6917F846-AC1B-43A7-BFF5-79721DA84C2E

     日本海の好漁場・大和堆周辺で、水産庁の漁業取締船「おおくに」と北朝鮮の漁船が衝突し、漁船が沈没した事故で、同庁と第9管区海上保安本部(新潟)は7日、漁船の乗組員を救助し、捜索を終了した。

     乗組員は「60人が乗っており、全員救助された」と話しており、別の北朝鮮の船が現場で引き取った。一方、江藤拓農相は同日、漁船が急旋回した後、漁業取締船に衝突したと明らかにした。

     9管によると、事故現場は能登半島の北西約350キロの海域。日本の排他的経済水域(EEZ)内で、水産庁は大和堆周辺で違法操業していたとみている。

    共同通信
    https://this.kiji.is/553858237209494625

    【海上保安本部「北朝鮮乗組員を60人救助」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2019/10/07(月) 16:07:40.08 ID:G2sFec1V9
    11CB1260-A096-4D61-A703-73265FC0C18E

    海保、北朝鮮衝突船乗組員20人以上を救助 

     第9管区海上保安本部によると、水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突した事故で、海上に投げ出された漁船の乗組員のうち20人以上が救助された。

    2019/10/7 16:04 (JST) 
    共同通信
    https://this.kiji.is/553835626954556513  

    【【北朝鮮船衝突】海保、水産庁の衝突船乗組員20人以上を救助 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/09/26(木) 23:03:32.37 ID:CAP_USER
    no title


    日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)にある「大和堆(やまとたい)」周辺で先月、海上保安庁の巡視船が北朝鮮公船とみられる船舶に小銃で威嚇される直前、北朝鮮側が日本側に無線で「領海から即退去せよ」と要求していたことが26日、政府関係者への取材で分かった。こうした発信は極めて異例で、政府は日本海の海洋権益をめぐり、北朝鮮側が先鋭化した恐れもあるとみて警戒を強めている。

     8月23日午前9時半ごろ、石川県の能登半島沖約378キロの日本のEEZで違法操業を監視していた水産庁の漁業取締船が、北朝鮮海軍のような旗を掲げた小型高速ボートに接近された。海保によると取締船の通報で巡視船が駆けつけた後の同日午後1時ごろ、北朝鮮側が英語で「領海」を意味する「territorial water(テリトリアル・ウォーター)」という用語を使い「即時退去」を要求してきた。

     付近には北朝鮮国旗を塗装した大型貨物船も航行し、いずれかが無線発信したとみられるが、国籍や所属などは名乗らなかった。翌24日朝には同じボートが巡視船の約30メートルまで接近し、乗組員が小銃で威嚇してきた。現場は日本のEEZで、本土から12カイリ(約22キロ)内の北朝鮮領海からも遠く離れている。

     政府関係者によると、日本のEEZでは、北朝鮮当局が自国船の操業状況を監視する形で日本の主権を侵害している疑いも指摘されている。北朝鮮は、海洋水産業を「戦闘」として国策で推進。今回の日本政府の厳重抗議に対し「専属経済水域への不法侵犯を自衛的措置で追い払った」などと反論している。8月23、24両日はボートや貨物船周辺で北朝鮮漁船は操業しておらず、北朝鮮側が軍旗や国旗を明示した上で、日本側の主権行使に対抗する姿勢を明確にした可能性がある。

    産経ニュース 2019.9.26 20:20
    https://www.sankei.com/affairs/amp/190926/afr1909260063-a.html


    【【日本のEEZ】小銃で威嚇の北朝鮮公船 大和堆で「領海」主張し退去要求 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガラケー記者 ★ 2019/09/24(火) 14:16:05.84 ID:CAP_USER
    takesima
     
    2019年9月19日、韓国・世界日報は「日本の海上保安庁による独島(日本名:竹島)近隣海域のパトロールが今年に入って急激に増えている」と報じた。

    記事は、韓国野党「民主平和党」のファン・ジュホン議員室が海洋警察庁から提出を受けた資料「日本の海上保安庁艦艇の独島近隣海域パトロールおよび出現」について伝えている。

    それによると、海上保安庁は今年1月から8月まで計73回にわたって竹島周辺をパトロールした。昨年同期間(56回)に比べて17回(30.3%)増え、ほぼ3日に1回のペースとなる。月別に見ると、7月は前年同月比2回増の7回、8月は同じく3回増の10回。今年5月には13回もパトロールしたといい、その理由は「韓国政府による竹島近隣海洋調査に対する抗議の意味」と分析されている。

    日本が周期的にパトロールしていることについて、記事は「今後の竹島領有権主張のため」と伝えている。

    韓国海洋警察は竹島海域にど級戦艦1隻を常時配備して突発状況に備えているといい、関係者は「日本海上保安庁の艦艇が独島の領海を侵犯したことはここ十数年で一度もなかった。昨今の日韓関係を考慮し、挑発に備えて一層気を引き締めて備えている」と話したという。

    これを受け、韓国のネット上では「もう何人か上陸したんじゃない?」「準備しなきゃ。日本がいつ挑発してくるか分からないから」「米韓同盟が崩れれば日本に10分で占領されるだろう。これまで米国は韓国の言うことを聞いてくれてたけど、韓国が中国側についたら独島が奪われてしまう」など心配するコメントが寄せられている。

    また「鬱陵島(ウルルン)島を今すぐ要塞にしよう」「独島にミサイル基地をつくろう」「韓国も対馬をパトロールしようよ」などと提案するコメントも。

    ただ、一部からは「北朝鮮のミサイルには口を閉ざしてるのに?。核の方が怖いんじゃないの?」と皮肉る声や、「軍事的対応だけはしない方がいい。した瞬間に独島が紛争地域とみられてしまう」と警鐘を鳴らす声も上がっている。

    Record china
    配信日時:2019年9月24日(火) 14時10分
    https://www.recordchina.co.jp/b746436-s0-c10-d0127.html

    【【日本の「竹島パトロール」】今年に入って急増、韓国ネットから懸念の声「韓国も対馬をパトロールしようよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV24,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 19/09/17(火)21:51:31 ID:???
    kp250

    【ソウル聯合ニュース】北朝鮮外務省の報道官は17日、「8月23日と24日に日本の海上保安庁の巡視船と船舶がわれわれの排他的経済水域(EEZ)に侵入したため、自衛的な措置により追い出した」と主張した。

    また外交ルートを通じ、EEZへの侵入と北朝鮮漁船の活動に対する妨害行為が再び発生しないように対策を講じるよう日本側に厳重に注意したと明らかにした。

    その上で、「われわれが自らの水域で日本側の船舶を追い出したのは、正々堂々とした主権の行使」と説明した。

    ただ外務省報道官は事件が発生した正確な位置については言及しなかった。

    一方、日本メディアは13日、複数の日本政府関係者の話を引用し、8月23~24日に水産庁や海上保安庁の船舶が日本のEEZ内にある好漁場「大和堆(やまとたい)」の西側で、小銃で武装した北朝鮮の高速艇を発見したと報じた。

    報道によると、当時周辺には北朝鮮漁船と日本漁船が数隻いたため、海上保安庁などは日本側漁船に対し、避難するよう要請したという。

    菅義偉官房長官はこの日の記者会見で、高速艇が北朝鮮関係の船舶である可能性が高いとみて、中国・北京の大使館ルートを通じて厳重抗議したと明らかにした。

    (2019.09.17 19:56)
    聯合ニュース
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190917003600882

    【【北朝鮮問題】 北朝鮮「海保巡視船がEEZに侵入」 日本側に厳重注意と主張】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル