かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。



    カテゴリ: 海上保安庁

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [ニダ] 2018/06/24(日) 08:30:33.65 ID:60N6retG0 BE:844481327-PLT(12345)
    no title

    平成26~27年に中国漁船によるサンゴ密漁が相次いだ東京・小笠原諸島周辺海域の海上保安体制の強化に向け、海上保安庁が父島(ちちじま)への巡視船配備を計画していることが23日、関係者への取材で分かった。

    小笠原では、外国機の領空侵犯・接近を監視する航空自衛隊の移動式警戒管制レーダーの展開基盤整備も予定。
    26日に米国からの返還50周年を迎える中、国土防衛上の重要性も高まっており、海、空双方で有事対応能力を向上させる。

    https://www.sankei.com/smp/world/news/180624/wor1806240005-s1.html


    【中国のサンゴ密漁受け対応力強化 小笠原諸島に巡視船配備へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Boo ★ 2018/05/26(土) 23:20:13.17 ID:CAP_USER
    十島村の中之島沖で26日、韓国漁船の乗組員の男性が海に転落し、第十管区海上保安本部などが捜索しています。

    十管本部よりますと、26日午後0時半すぎ、十島村の中之島の西およそ350キロで「韓国漁船の乗組員1人が海に転落し、行方不明になっている」と、韓国の救助機関から十管本部などに救助要請がありました。

    行方が分からなくなっているのは、韓国のはえなわ漁船「2007ナムギョン号」の乗組員で韓国人の男性(45)です。男性は26日正午ごろ、甲板で作業中に海に転落したということです。

    転落した海域は、日中の地理的中間線から日本側に50キロ余り離れた公海上で、十管本部や韓国の巡視船などが捜索を続けています。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00029685-mbcnewsv-l46

    【【密漁?】鹿児島県 十島村・中之島沖 韓国船の乗組員が海に転落】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/05/22(火) 13:02:28.73 ID:CAP_USER9
     D7F60EBB-468E-4F0D-9A2E-51551FD2A1D0
    海上保安庁ホームページより

    海保、北違法操業を漁期前に監視 大和堆 巡視船5隻、新潟港に

     日本の排他的経済水域(EEZ)にある日本海の好漁場「大和堆(やまとたい)」付近での北朝鮮漁船による違法操業問題で、海上保安庁が本格的な監視警戒に向け、新潟港(新潟市)に各地の巡視船を集結させたことが21日、分かった。近く出発して、大和堆で2年目の取り締まりを開始するとみられる。スルメイカ漁期を前に現場入りして北朝鮮漁船を待ち受け、予防的措置で日本漁船の安全を確保する。

     産経新聞は同日、大和堆を管轄する第9管区海上保安本部(新潟市)がある新潟港で各地の巡視船5隻が停泊しているのを確認した。5隻は大型巡視船「れぶん」(室蘭海保)、同「いわみ」(浜田海保)、中型巡視船「いしかり」(釧路海保)、同「ほろべつ」(小樽海保)、同「えちぜん」(敦賀海保)。昨年の取り締まり開始時と同じく5隻程度で対応するとみられる。

     今年のスルメイカ漁期は日本漁船の安全操業が課題とされ、海保は北朝鮮漁船が日本漁船に接近するのを防ぐ必要がある。漁業関係者らによると、日本漁船は6月から操業を開始する予定で、現時点で大規模な北朝鮮漁船群は確認されていない。ただ、海保は日本漁船が漁を開始した時点で北朝鮮漁船の妨害を受けないよう、北朝鮮漁船が大挙して押し寄せる前に迎え撃つ形での対応が不可欠だと判断したもようだ。

     日本漁船は昨年、集魚灯で集めたイカを北朝鮮漁船に横取りされる被害に遭った。また、北朝鮮漁船は網を流して漁を行うため、日本漁船側にはプロペラに巻き込んで事故を起こしたり、航行不能になったりすることへの懸念が強い。

     大和堆は男鹿(おが)半島(秋田県)から西に約400キロで水深が周囲より浅く、日本海有数の好漁場とされる。北朝鮮漁船は数年前から大和堆で目撃されるようになった。北朝鮮は日本と漁業協定を結んでおらず、日本のEEZ内での操業はEEZ漁業法に違反している。

     現場海域では昨年、水産庁の漁業取締船が多数の北朝鮮漁船に手を焼き、事態を重くみた政府が海保の初派遣を決定。ただ、巡視船の到着は7月上旬で、すでに日本漁船が現場海域を離脱した後だった。海保は昨シーズン、12月中旬までに延べ約1900隻の北朝鮮漁船に退去警告や放水を実施してEEZ外に排除。日本海沿岸には昨秋以降、違法操業をしていたとみられる木造船が多数漂着した。
     
    5/22(火) 7:55配信  
    ヤフーニュース(産経新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000061-san-pol 

    【【新潟】海保、北違法操業を漁期前に監視 大和堆 巡視船5隻、新潟港に 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/05/20(日) 21:25:04.16 ID:CAP_USER9
    no title
     
    安倍首相は20日、東京湾で行われた海上保安庁の観閲式に出席し、総合訓練を視察した。

     首相は巡視船「やしま」船上であいさつし、沖縄県・尖閣諸島周辺で相次ぐ中国公船の領海侵入などを踏まえ、「海上保安庁なくして海洋立国・日本の将来はない。 これまで以上に重要な使命を果たしていくことを期待している」と激励した。


    読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180520-OYT1T50098.html

    【【安倍首相】海保なくして日本の将来ない…首相、式典で激励】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2018/05/19(土) 20:04:32.36 ID:CAP_USER9
     海上保安庁の観閲式と総合訓練が19日、東京湾で行われた。

     同庁は尖閣諸島周辺の領海警備や2016年の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の対応などのため13年以降は観閲式を行っていなかったが、今年は同庁発足70周年を記念して6年ぶりに実施した。

     同庁の巡視船のほか海上自衛隊の護衛艦、警察の警備艇など計37隻の船艇と、航空機15機が参加。巡視船に乗り込んだ約3000人の観客が見守る中、船艇や航空機がパレードを行った後、ヘリコプターによる漂流者の救助などの訓練が実施された。テロ容疑船を捕捉・制圧する訓練では、海上保安官たちが巡視艇から容疑船に飛び移るなど、緊迫感のある動きを見せた。

     観閲式は20日も行われる。

    no title

    no title

    読売新聞
    http://sp.yomiuri.co.jp/national/20180519-OYT1T50089.html

    【【社会】海保、6年ぶり観閲式…テロ容疑船の制圧訓練も 東京湾 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2018/05/04(金) 07:58:18.26 ID:CAP_USER9
    no title
     
     尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海警備で、海上保安庁が平成30年度、現場映像を海保本庁や官邸にリアルタイムで伝送する衛星回線を1本から2本に増強したことが3日、分かった。中国公船の巡視船への接近など不測の事態発生時、政府は2隻の巡視船からの映像で複眼的な状況把握が可能になった。迅速な意思決定のための体制強化で、映像編集専従の「映像処理士」「映像処理官」を、巡視船と海保本庁に配置する。

    海保は、尖閣領海警備の専従巡視船全12隻への映像伝送装置(通称・船テレ)の整備を29年度に完了。通信衛星を介して、巡視船側のビデオカメラや船橋上の固定カメラで撮影した映像を海保本庁(東京都千代田区)に送信し、官邸(同)にも転送される。

     通信には民間の衛星回線を使用し、これまでは1時間当たりの使用料が約17万円の課金制回線1本を契約。ただ、28年8月に多数の中国漁船が尖閣周辺に押し寄せた際には、漁船と公船が複数海域から領海侵入した。海保は、事案発生から時間を置かずに全体的な状況を把握するには船テレの全隻配備に加え、回線の増強が不可欠と判断した。

     30年度は前年度の回線に加え、海保専用回線を計約1億9千万円で契約。尖閣周辺で中国公船・漁船と巡視船の接近・衝突、領海侵入事案の同時発生など事態が緊迫化した局面で効果が発揮される。事態の推移を確認するために専用回線で固定カメラの中継映像を送信しながら、別回線で、事案の様子を捉えたビデオカメラ映像を同時送信するなどの運用も想定される。

     また、海保は尖閣領海警備で指揮を執るヘリコプター搭載型巡視船(PLH)に今秋、映像編集の専従担当「映像処理士」を配置する方針を決定。本庁からの指示を受け、録画映像から事案発生時の場面を切り取る業務などを担う。本庁には「映像処理官」のポストを新設。処理官は情報共有のため関係省庁への映像送信を担当し、巡視船側とも連携して作業を進める。

     増強した回線は、日本の排他的経済水域(EEZ)にある日本海の好漁場「大和堆(やまとたい)」周辺での北朝鮮漁船による違法操業への対応でも運用が検討されている。海保は30年度内に、現場海域に派遣する大型巡視船(PL)2隻に船テレを配備する予定で、尖閣領海警備との二正面作戦を展開する際の監視網が整うことになる。

    産経新聞
    http://www.sankei.com/smp/politics/news/180504/plt1805040003-s1.html

    【【海上保安庁】尖閣監視の衛星回線増強 中国公船に対応 編集専従の映像処理官ら配置 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2018/03/31(土) 12:01:52.90 ID:CAP_USER9
    no title
    no title

     
     近年急速に普及が進む無人航空機のドローンは、元をたどれば軍事用に開発された無人機にさかのぼる。アフガニスタン紛争やイラク戦争で活躍した米国の無人機「プレデター」は有名だが、これをもとに海上偵察用に開発されたのが「ガーディアン」だ。尖閣問題を始め、日本近海で中国や北朝鮮の活動が激しさを増すなか、海上保安庁が警戒監視の切り札としての可能性を慎重に見極めている。

     ガーディアンは2009年に米国の無人航空機メーカー「ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ」社が開発した。機体は全長11メートルで、燃料タンクを兼ねる両翼の長さは20メートル(増強型は24メートル)。グライダーに似ているがエンジンを搭載しており、機体後部のプロペラを回して飛行する。

     上空では、機体の下部に設置された対水上レーダーで洋上の船影を把握。多くの船から発せられる船舶自動識別装置(AIS)の電波も傍受しながら、不審な船舶の有無を調べる。

     不審な船舶を見つけしだい速やかに接近し、可視光や赤外線などの光学カメラ、合成開口レーダーで撮影する。光学カメラは静止画だけでなく動画も撮影でき、画質はハイビジョン並み。船名や武器を始めとした搭載物、乗組員の様子などが分かるレベルだ。合成開口レーダーは静止画だけだが、夜間や悪天候時も撮影できる。

     光学カメラの静止画や動画は、人工衛星を通じてリアルタイムで陸上の管制室に届けられる。

     ガーディアンの最高時速は約440キロ。航続時間は増強型で40時間ほどに達し、沖縄県の那覇空港から飛ばした場合、はるかオーストラリア北部まで往復できる。管制室からの遠隔操縦が基本で、飛行状況は機体前方のカメラを通じて把握。状況に応じて衛星利用測位システム(GPS)を用いた自動操縦にも切り替えられる。

     実際に運用する場合、監視活動の交代や機体の整備などを考慮すると、機体は少なくとも3機が必要となる。3機体制での導入経費は、管制室などを含めたシステム全体として「200億円を下回る」(同社関係者)とのことだ。

     必ずしも安くはないが、四方を海に囲まれたわが国にとって海洋の安全は死活問題でもある。尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺では依然として中国公船による領海侵入が繰り返され、収まる気配がない。日本海でも北朝鮮の漁船による違法操業が相次ぎ、不審船や工作船がいつ出没してもおかしくない状況だ。

     日本最南端の沖ノ鳥島(東京都)をはじめとした小笠原諸島(同)の周辺海域でも、中国漁船の違法操業が問題化。同諸島周辺では14年秋、赤サンゴの密漁を企てた中国漁船などが200隻以上も確認され、乗組員が島に上陸する恐れもあった。

     日本の海を守る海保への期待は高まるばかりだが、世界6位の広さを持つ領海および排他的経済水域(EEZ)を現在の巡視船や航空機、人員の数でカバーするには限界がある。情報収集衛星が特定地域の上空を通過するのは1日に1回程度で、常時監視は不可能だ。そこで、監視体制強化の一環として、無人機の導入が選択肢の一つとして上がっているわけだ。

     同社は既に16年ごろから海保への働きかけを行っており、まずまずの感触を得ているという。これに対し、海保関係者からは「われわれは尖閣や日本海をはじめ、多正面で対応していかないといけない。一般的に言えば、無人機の利用は効率的だ」との声も聞かれる。

    (略)

    産経新聞
    http://www.sankei.com/smp/premium/news/180331/prm1803310022-s1.html


    【【兵器】無人機「ガーディアン」が尖閣を飛ぶ日 海上保安庁が関心 豪州まで往復可能 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2018/03/24(土) 12:52:49.50 ID:CAP_USER9
    senkaku
     
    安倍首相は24日午前、海上保安庁が創設から今年で70年の節目を迎えることを踏まえ、海上保安大学校(広島県呉市)の卒業式に出席し、祝辞を述べた。沖縄県・尖閣諸島周辺で続く中国公船の領海侵入を念頭に「実効支配の既成事実をつくらせない。主権を守るため、尖閣周辺海域で諸君の先輩は領海警備に当たっている」と強調した。ただ「外国公船」と表現し、中国を名指することは避けた。

     北朝鮮漁船が日本のEEZ内で活動を活発化していることに触れ「わが国の海域を取り巻く環境は、海保の歴史で類を見ない厳しさだ」と強調した。

     現職首相の卒業式出席は2006年の小泉氏以来2人目となる。


    2018/3/24 12:28
    共同通信
    https://www.47news.jp/news/2150956.html

    【【尖閣】安倍首相、海保卒業式で祝辞 中国名挙げず「尖閣の主権守る」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/02/28(水) 23:33:15.93 ID:CAP_USER9
    巡視船とぐち

    沖縄県の尖閣諸島の周辺海域で警備にあたる海上保安庁の小型巡視船2隻が完成し、28日、新潟市の造船所で海上保安庁に引き渡されました。

    完成したのは、沖縄県の第11管区海上保安本部に配備される小型巡視船「ともり」と「とぐち」です。
    28日は船の建造にあたった新潟市中央区の新潟造船で引き渡し式が行われ、海上保安官など関係者およそ70人が出席しました。
    式では巡視船に乗船する海上保安官合わせて32人の名前が読み上げられたあと、船に海上保安庁の旗が掲げられました。
    2隻の巡視船は新潟沖で訓練をしたあと、来月から尖閣諸島の周辺海域で、領海侵入を繰り返す中国当局の船や漁船への対応などにあたるということです。
    こうした任務に備えて2隻の建造にあたっては船体の構造が強化され、船の側面には衝突した際の衝撃を抑える緩衝物が設けられています。
    巡視船「ともり」の上田博幸船長は「尖閣諸島や宮古島などの周辺海域で不法活動をする外国漁船に対して迅速に対応することが求められていて、両船の能力を最大限発揮できるよう日々訓練に励みたい」と話していました。


    NHK 02月28日 17時04分
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20180228/1030002298.html
    【【海上保安庁】沖縄の海保に巡視船2隻引き渡し 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/02/10(土) 13:55:26.51 ID:CAP_USER9
    油の付着物、漂着 タンカー事故関連か 沖縄・北部
    2018年2月10日 11:32

     今帰仁村や本部町の海岸で8日、油状の塊や油が付着したペットボトルが相次いで確認された。奄美大島から西300キロの東シナ海で先月発生した貨物船とタンカーの衝突による油流出事故の影響もあるとみて、第11管区海上保安本部(11管)は関連性などを調べている。県の防災危機管理課は、地元自治体や海上保安庁などと週明けにも対策会議を開く。
     11管によると8日午前11時55分ごろ、環境省那覇自然環境事務所から11管に「今帰仁村の海岸で油の付着しているペットボトルが流れ着いた」との連絡が入った。今帰仁村の仲尾次海岸で2本、崎山海岸で7本をそれぞれ確認した。その後、本部町新里海岸や名護市備瀬海岸などでも確認。11管は9日までに3市町村の5カ所から計24本のペットボトルと、重油の塊とみられるオイルボール16個を回収した。

     奄美大島や徳之島でも先月28日以降、油状の漂着物が相次いでいる。海上保安庁は採取したサンプルを分析した結果、原油やC重油相当の油と結論付けた。県も今後、回収した油の成分が奄美大島などのものと一致するか確認する。

    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-662845.html 


    【【沖縄】油の付着物、漂着 タンカー事故関連か 沖縄・北部】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/02/02(金) 20:40:49.39 ID:CAP_USER9
     政府は2日、鹿児島県の奄美大島の沿岸で油の漂着を確認したことから、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。油は奄美大島の沖合で1月に沈没したパナマ船籍の石油タンカーから流れ出た可能性があるとみて、情報を収集し対応策を検討する。

     タンカーは1月6日、上海沖の東シナ海で貨物船と衝突、漂流しながら日本の排他的経済水域(EEZ)に入り、同14日に沈没した。海上保安庁が現地に巡視船を派遣し監視を続けている。

     海保によると、流出した油は「コンデンセート」と呼ばれる揮発性が高い油。重油と異なり、水中で集積して油膜となりにくく、濃い油膜は見られず、日に日に薄くなっている。現時点では海洋の生態系への影響は確認できていないという。

    2018/2/2 13:00
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26462000S8A200C1CR0000/

    関連ニュース
    【海上事故】中国沖合でイランの石油タンカーが貨物船と衝突し炎上、32人行方不明
    http://katasumisokuhou.blog.jp/archives/6207429.html

    【中国沖で炎上のタンカー】遺体1体を収容 爆発や沈没の恐れも
    http://katasumisokuhou.blog.jp/archives/6234054.html
    【海上事故】中国沖で衝突炎上のタンカーが沈没、乗組員32人の生存絶望的
    http://katasumisokuhou.blog.jp/archives/6354287.html
    【海上事故】中国沖タンカー事故、深刻影響の恐れ 前代未聞の油流出量との指摘も
    http://katasumisokuhou.blog.jp/archives/6379805.html
    東シナ海で沈没したタンカーの原油汚染、パリの面積大に拡大
    http://katasumisokuhou.blog.jp/archives/6485412.html
    【鹿児島】十島村、宝島の海岸7キロに油のようなものが漂着 住民が手作業で取り除く
    http://katasumisokuhou.blog.jp/archives/6750394.html
    【過去最悪】タンカー事故、原油流出 日本への影響は深刻 鈍い政府、報道しないメディア 海外から対応のまずさを指摘する声 
    http://katasumisokuhou.blog.jp/archives/6751003.html
    【【政府】奄美大島沿岸に油漂着、タンカー沈没と関連か 官邸の危機管理センターに情報連絡室 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/13(土) 07:18:34.92 ID:CAP_USER9

    海上保安庁は、新造予定の大型巡視船7隻の「母港」となる新たな拠点施設を、最大で国内4か所に増設する方針を固めた。

     沖縄・尖閣諸島周辺での中国公船の領海侵入に加え、日本海で北朝鮮漁船の違法操業が相次ぐ中、拠点整備によって迅速な対応を可能にする。地元協議などを経た上で、早ければ2019年度中に着工する方針だ。

     同庁の管轄施設で、1000トン以上の大型巡視船を複数係留できるのは、現在、横浜と沖縄・石垣島の2か所のみ。同庁関係者によると、新たな拠点の候補地には、日本海に面する福井県敦賀市、東シナ海や尖閣諸島に急行しやすい鹿児島市、沖縄県の石垣島と宮古島の4か所が挙がっている。

     新拠点には、大型巡視船を停泊させ、乗組員の宿舎なども設ける構想だ。敦賀市には複数の原子力発電所があり、海上でのテロ警戒も強化する。同庁は18年度予算案に調査費約3億円を盛り込んでおり、最大で4か所すべてを選定する。費用は1か所で数十億円から百数十億円と見込まれる。

    (ここまで421文字 / 残り306文字)
    読売新聞
    http://yomiuri.co.jp/national/20180113-OYT1T50000.html 

    no title
    【海上保安庁、大型巡視船の「母港」増設へ…尖閣など迅速対応 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/01/11(木) 23:48:33.38 ID:CAP_USER9
    鹿児島県・奄美大島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で、漂流しながら炎上する石油タンカーの消火作業を行う中国当局の巡視船=10日(第10管区海上保安本部提供)
    BA186EAB-F71B-4819-982A-67D40EB08A54


     中国上海の沖合で6日に貨物船と衝突して火災が発生したパナマ船籍の石油タンカーが、漂流して日本の排他的経済水域(EEZ)に入ったことが分かった。第10管区海上保安本部(鹿児島)が11日明らかにした。中国当局がタンカーの消火作業を続けているが鎮火していない。.

     中国の交通運輸省は11日、タンカーの船首部分で10日に爆発があり、救助船などが一時退避したと発表した。現場は悪天候でしけがひどく、消火作業や行方不明のタンカー乗組員の捜索は難航している。.

     海保によると、タンカーは11日午前8時現在、鹿児島県・奄美大島の北西約310キロ付近の日本のEEZ内にある。上海沖の衝突場所から南東に約200キロの地点。.

     海保は巡視船1隻と航空機1機を派遣。中国側と連絡を取り、油の流出状況などを調べている。.

     タンカーは軽質原油コンデンセートを積んでいた。イラン人とバングラデシュ人の乗組員計32人が行方不明となり、1人の遺体が収容された。(共同).

    配信2018.1.11
    産経新聞
    http://www.sankei.com/photo/daily/news/180111/dly1801110027-n1.html


    【【海上事故】上海沖で炎上のタンカー、漂流して日本EEZ内に 中国当局が消火作業、鎮火せず 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 紅あずま ★ 2017/12/27(水) 19:51:50.46 ID:CAP_USER9
    木造船の漂流・漂着、今年100件 海保発表
    青森木造船

     北朝鮮籍とみられる木造船が日本海沿岸で多数見つかっている問題で、海上保安庁は26日、今年確認された漂流・漂着が同日正午時点で100件に達したと発表した。

     海保に記録が残るここ5年の漂流・漂着の確認件数は、
    13年は80件
    ▽14年65件
    ▽15年45件
    ▽16年66件
    ▽17年100件(26日正午時点)。
    月別で見ると、今月は41件で、過去最多だった先月の28件を大幅に上回っている。

     漂流船は船舶と衝突する危険があり、海保は発見のたびに警報を出して、周辺を航行する船に注意を呼びかけている。

    朝日新聞:2017年12月27日18時57分 
    http://www.asahi.com/articles/ASKDW653FKDWUTIL063.html 

     
    【【北朝鮮】木造船の漂流・漂着、今年過去最多100件 海保発表 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2017/12/16(土) 17:13:57.42 ID:CAP_USER9
    日本海の排他的経済水域(EEZ)にある好漁場「大和堆(やまとたい)」周辺での北朝鮮漁船による違法操業問題で、海上保安庁は15日、現場海域で9月以降に延べ1100隻の北朝鮮船に警告し、EEZ外に排除したと発表した。11月下旬以降、北朝鮮船はほとんど確認されなくなり、日本漁船が操業を再開した。

    2017.12.15 16:50更新
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/affairs/news/171215/afr1712150040-n1.html


    【【EEZ】大和堆で北朝鮮漁船1101隻を排除 海上保安庁 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2017/12/03(日) 10:09:48.25 ID:CAP_USER9
    北海道松前町沖で11月確認された北朝鮮の木造船が、家電などを海に捨てていた可能性があることがわかりました。

     海上保安庁などによる木造船への11月3日の立ち入り検査は午後3時で終了し、3日は、乗組員に"コメ"を渡したということです。

     これまで、船内からは船外機やテレビなどの家電製品が見つかっていますが、捜査関係者によりますと、海上保安庁が船を確認して以降、船から何かが海に捨てられたということです。

     乗組員は、悪天候で松前小島に一時、避難したと話していて、島から持ち出された家電製品などが海に捨てられた可能性があるということです。

     海が荒れてきたため、船はより穏やかな函館湾にえい航中で、今後も調べが続く見通しです。

    12月2日18時55分
    北海道UHBニュース
    https://sp.uhb.jp/news/?id=3267


    【海保、北朝鮮の船 乗組員に"コメ"渡す 松前沖 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    パラオ沖でマグロ船転覆=日本人2人含む7人不明-11管
    第一漁徳丸

     第11管区海上保安本部(那覇市)によると、21日午前9時ごろ、南太平洋の島国パラオ西南西410キロの公海上で、那覇地区漁業協同組合所属の7人乗りマグロはえ縄漁船「第一漁徳丸」(20トン)が転覆しているのが発見された。

     船長の玉城正彦さん(62)ら日本人2人とインドネシア人5人の計7人が乗っていたが、全員が行方不明という。

     漁船は今年1月1日、那覇市の泊港を出港。20日午後、救難信号を発信していた。
     付近を航行中の水産大学校(山口県下関市)の練習船が21日、横向きに転覆した船を発見した。

     現場海域は、特に荒れた様子はなかったという。
     海上保安庁は21日午後から、航空機で捜索する予定。  

    ライブドアニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/13921016/ 【パラオ沖でマグロ船転覆 日本人2人含む乗組員7人全員不明 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
     no title
    石川県・能登半島沖約300キロの海域に広がる好漁場「大和やまと堆たい」で、今夏の集中取り締まりによって姿を消していた違法操業船の目撃が再び相次いでいる。 

    ほとんどが北朝鮮船籍とみられ、これまでより大型の鋼船も増加。海上保安庁などが警戒を強めている。

     日本の排他的経済水域(EEZ)内にある大和堆は、暖流と寒流が交わる豊かな漁場だ。昨年9月頃から、周辺海域で違法操業船が目立ち始め、今年7月には、水産庁の取締船が北朝鮮籍とみられる船から銃を向けられる事件も発生。海上保安庁が7月上旬~8月下旬、初の集中取り締まりを実施し、警告に従わない船の周囲に放水するなどして、延べ約820隻をEEZ外へ強制退去させていた。

     しかし秋口から、再び侵入が始まった。海保関係者によると、これまでは全長5~10メートルの古い木造船が大半だったが、9月下旬以降は、全長40メートルほどの鋼船も頻繁に現れ、多い日で10隻以上の鋼船の違法操業が確認されたという。

    読売新聞


    【北の密漁船再び活発化…能登沖に大型鋼船10隻 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    北船退治
    日本の排他的経済水域(EEZ)にある日本海の「大和堆(やまとたい)」周辺での北朝鮮漁船による違法操業問題で、北朝鮮船が9月以降、周辺海域に再び現れ、海上保安庁が延べ約700隻をEEZ外に排除したことが14日、分かった。北朝鮮船は8月中旬に周辺海域から姿を消したが、1カ月を待たずに平穏は破られ、いたちごっこが続いている。

     大和堆は男鹿半島から西に約400キロで、水深は周囲より浅い約300~1千メートル。日本海有数の好漁場で春と秋にはスルメイカが取れる。

     大和堆では今年、6月ごろから北朝鮮船の違法操業が相次ぎ、海保が7月上旬に巡視船を初めて派遣して対策に乗り出した。大音響の警告や放水で8月中旬までに北朝鮮船延べ約820隻をEEZ外に排除、確認されなくなった。

     

    【EEZ内大和堆にまた北漁船 先月以降700隻排除】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    フィリピン沖
    日本の海上保安庁は13日、太平洋のフィリピン沖で貨物船が沈没し、インド人乗組員11人が行方不明になっていると発表した。現場周辺は台風の影響により海が荒れているという。

     インド人26人を乗せた香港船籍の「エメラルドスター」号は13日早朝、フィリピン北端の東およそ280キロの沖合を航行中、遭難信号を発信し、海上保安庁が受信したという。

     海上保安庁によると、周辺海域を航行中だった船舶3隻が15人を救出したが、11人が行方不明のままとなっている。エメラルドスター号の船体は沈没した。

     海上保安庁の報道官は、現場に巡視船2隻と航空機3機を派遣したが、台風の影響により救助活動は難航しているとしている。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3146663

    【フィリピン沖で貨物船が沈没、乗組員11人が行方不明 海上保安庁】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル