かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: ブータン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: メンマ(東京都) [AR] 2020/11/23(月) 07:28:04.94 ID:l1svAJfi0 BE:844628612-PLT(14990)
    cn250

    中国、ブータン領内に集落建設か 衛星写真でインド民放報道 

    【ニューデリー共同】インド民放NDTVは22日、中国がヒマラヤ山脈の小国ブータンの領内に約9キロ入った地点まで道路を造成、途中に集落も建設したと報じた。
    衛星写真を根拠としている。現場は3カ国の国境地帯で、2017年に中国軍とインド軍がにらみ合ったドクラム高地の一角から東に10キロ未満という。

    インドは今年、北部ラダック地方の係争地域で中国との軍事的緊張が高まっている。ブータンはインドと緊密な関係にあり、新たな火種になりかねない。

    ただブータンの駐インド大使はNDTVに「ブータンに中国の集落は存在しない」と伝えたという。

    共同通信  2020/11/23 
    https://this.kiji.is/703335499477107809 


    【【侵略】中国、ブータン領内に集落建設か 衛星写真でインド民放報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2020/07/23(木) 14:34:05.10 ID:CAP_USER

    cn250
    中国との国境が画定していないヒマラヤの王国ブータンに対し、中国が、東部にある野生生物の保護区の領有権を主張したことがわかりました。この地域への領有権の主張は公式には初めてとみられ、周辺国の警戒感が一層強まりそうです。

    途上国の環境対策を支援する国際機関「地球環境ファシリティ」の議事録によりますと、先月の会合で中国側の代表が、ブータン東部の「サクテン野生生物保護区」について、「中国との国境協議で議題となっている係争地帯だ」と述べ、領有権を主張したということです。

    これに対し、ブータン側の代表は「保護区は不可分の領土で、議題にのぼったことはない」と反論したということです。

    ブータン政府によりますと、この保護区は広さ650平方キロメートルの自然豊かな地域で、2003年から整備され、観光客も受け入れています。

    両国は国境が画定しておらず、1984年以降、24回にわたり協議を重ねてきましたが、複数の専門家によりますと、対象は西部と中部の係争地帯にとどまり、東部は対象外だったということで、中国によるこの地域への領有権の主張は公式には初めてとみられます。

    3年前には、中国がブータン西部の係争地帯で道路の建設を進めたことから、ブータンに影響力を持つインドが軍を展開し、中印が2か月余りにわたって対じする事態となりました。

    中国の動きについて、外交筋は「インドへのけん制とともに、一方的な現状変更の試みの一つではないか」と指摘していて、中国と領有権争いを抱える周辺国の警戒感が一層強まりそうです。

    中国外務省「ブータンとの国境はいまだ画定せず」

    これについて、中国外務省の汪文斌報道官は21日の記者会見で、「中国とブータンの国境は、いまだに画定しておらず、東部や中部、それに西部で長い間、争いが存在してきた」と述べ、ブータン東部についても、領有権をめぐる争いがあると主張しました。

    そのうえで、「中国は、双方の協議によって国境の問題を一括して解決することを主張してきた。国際的な場で双方の領土をめぐる争いについて触れることに反対する」と述べ、国際会議などの場所で、今回の問題を提起しないよう、くぎを刺しました。

    NHK  2020年7月22日 17時19分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200722/k10012528291000.html

    【【国境紛争】中国 ブータン東部の野生生物保護区に領有権を主張】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ごまカンパチ ★ 2020/07/14(火) 07:29:00.87 ID:Io5iclWA9
    cn250

     中国が6月以降、ヒマラヤの小国ブータン東部の領有権を新たに主張している。
    ブータンと、その後ろ盾のインドは激しく反発する。
    中国の動きには、国境地帯で軍同士が衝突するインドに対し、揺さぶりをかける狙いがあるとの見方が強い。

    中国が領有権を主張し始めたのは、途上国の環境保護を支援する国際基金「地球環境ファシリティー」の6月上旬のテレビ会議だった。
    議事録によると、ブータンが助成を申請した同国東部「サクテン野生生物保護区」を巡り、中国代表が
    「保護区は中国とブータンの国境画定協議で議題になっている紛争地域だ」として、異議を訴えた。
    これに対し、会議でブータンの利益を代弁する南アジア諸国代表は「保護区はブータン固有の領土。過去に中国側が領有権を主張したことはない」と反論した。

    中国とブータンは国交がない。
    中国外務省はブータンとの間で、国境画定協議を1984年から24回行ったとしているが、未画定のままだ。
    外交筋によれば、一連の協議で中国側が主張したのはブータン西部のドクラム地域と中部の領有権だけで、保護区のある東部については「提起したことがない」という。

    保護区は広さ650平方キロ・メートルで、ヒマラヤの生態系が残る自然豊かな高地だ。
    インドが実効支配し、中国も領有権を主張するアルナチャルプラデシュ州と隣接し、中印関係にとっても敏感な場所に位置する。
    ナレンドラ・モディ印首相は就任後の最初の外遊先にブータンを選ぶなど、中国との緩衝地帯であるブータンへの影響力強化を図ってきた。
    習近平(シージンピン)政権が領有権主張を拡大した狙いについて、インドの安全保障戦略の専門家バーラト・カルナード氏は「インドをけん制する狙いだ」と指摘する。

    米国のトランプ政権も中国の動きを問題視する。
    ポンペオ国務長官は8日の記者会見でこの問題に触れ、沖縄県・尖閣諸島やベトナム沖などとともに
    「中国は領有権争いを(各地で)あおっている。世界はこのいじめ行為を許すべきではない」と語った。

    ドクラム地域
    ブータンと中国の国境地帯に位置する高原。
    2017年に中国が道路建設を始めた際、ブータンの要請を受けたインドが派兵し、中印両軍が約70日間、至近距離でにらみ合った。
    ブータンとインドは友好条約で、互いの国益に関する事項で「緊密に協力する」と定めている。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/958da91b296b1f25c5a488aa29ee88d5e5a55776 


    【【侵略国家】中国、ブータンで新たな領有権主張…インドに揺さぶりか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2019/10/26(土) 15:34:41.18 ID:ZEQab8239
    no title
     
    22日の即位礼正殿の儀などに参列したブータンのワンチュク国王夫妻が25日、都内で歓迎会に出席し、日本メディアに初めて王子をお披露目しました。

    ブータンのワンチュク国王とペマ王妃に手をつながれて会場入りしたのは、ジグミ・ナムゲル王子。日本で公の場に姿を現すのは初めてですが、ステージに向かう後ろ姿も堂々としています。

    着席した直後は、王子の姿を一目見ようと集まったおよそ650人の参加者に少し驚いた様子も見せましたが、すぐにまっすぐ前を向き、じっと座ったまま主催者や来賓の挨拶にもしっかりと拍手をするなど、堂々たるたたずまいでした。

    ジグミ・ナムゲル王子は、今年8月に秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまがブータンを訪問された際も一緒に過ごされていて、悠仁さまと王子が並んで座られている写真は、ブータン国内で「将来の天皇と国王」と話題になっていました。

    25日 23時16分 TBS
    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3813714.html
     

    【【外交デビュー】ブータン王子、日本で初めて公の場に 堂々たるたたずまい 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: SQNY ★ 2019/08/23(金) 14:24:25.29 ID:CAP_USER
    ・悠仁さま、ブータン国王夫妻を表敬=羽織はかま姿、最大級の歓迎

     【ティンプー時事】ブータンを私的旅行中の秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さま(12)は19日午前(日本時間同日午後)、首都ティンプーの政府機関や僧院などを兼ねた建物「タシチョゾン」で、ワンチュク国王夫妻を表敬し、王宮で昼食を共にされた。

     この建物は政治と宗教の中心地で国王の執務室もある。ご夫妻と悠仁さまは、伝統的な踊りと音楽を披露しながら進む人々の先導で建物内へ。中庭の中央棟には巨大な曼荼羅(まんだら)が掲げられるなど最大級の歓迎を受け、羽織はかま姿の悠仁さまは緊張した表情で、ご夫妻と共に国王夫妻が待つ部屋へと向かった。

     19日午後は国立弓技場を訪れ、秋篠宮さまと悠仁さまが弓技を体験。悠仁さまは左手で弓を引いた。1回目は足元に落ちたが、2回目は少し遠くに飛ぶと満面の笑みを浮かべ、見守っていた地元の同年代の子供たちから拍手が起きた。
     国王夫妻は2011年に国賓として来日し宮中晩さん会に出席。東日本大震災被災地の福島県相馬市の小学校も訪れた。

    動画:悠仁さま ブータン国王夫妻を表敬訪問
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190820/k10012041201000.html

    (国立弓技場を訪れ、伝統の弓技を体験し笑顔を見せられる秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さま)
    no title


    2019年08月19日20時04分 JIJI.COM
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019081900660&g=soc

    【【ブータン】悠仁さまがブータン国王夫妻を表敬=羽織はかま姿:最大級の歓迎 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブータン
    インドのスシュマ・スワラジ外相は20日、中国と対立を繰り広げる国境問題において、国際社会が自国の立場を支持しているとの見解を示すとともに、小国ブータンがこの問題で中国に対し、果敢に立ち向かっていると称賛した。

     ブータンと中国の関係をめぐっては、両国間で領土の係争地域となっている高地で、中国の人民解放軍が道路の建設工事を開始し、1か月超にわたってこう着状態が続いている。

     スワラジ外相は領土係争地域をもし中国が奪取すれば、自国の安全が危険にさらされる可能性があると再度主張。インドの上院議会において外相は、「インドの立場は間違っていないと、全ての国が理解している」と述べ、「正義はわれわれの側にある、これも他の全ての国から受け入れられている」と強調した。

     

    【ヒマラヤの小国ブータン、中国に果敢に立ち向かう 印外相が称賛】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ブータン

    ブータン政府は29日、領土係争地域で中国が道路の建設工事を行っているとして、中国側に抗議した。


     ベツォプ・ナムギャル駐インド大使はPTI通信に対し、「インド国内の外交使節を通じ、中国に対して抗議の意を伝えた」と語り、ブータン、インド、中国が国境が接する地域に近い場所で中国の人民解放軍が行っている道路の建設工事を中止するよう要求したと明かした。

     ブータンと中国の間に正式な外交関係は結ばれてはいないが、インドの首都ニューデリーに駐在する外交使節を通して接触が持たれている。ナムギャル氏は道路について「2国間の合意に違反している」と述べた。


    【ヒマラヤの小国ブータン、領土問題で中国に抗議】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル