かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: トルコ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/02/03(土) 22:43:39.72 ID:CAP_USER9
    シリア国旗
     
    2018年2月3日 21:50 発信地:アフリン/シリア
    【2月3日 AFP】シリアの少数民族クルド人の勢力は2日、クルド人民兵組織の女性戦闘員の一人の遺体が切断され、その様子を撮影した映像が明らかになったことを受け、トルコが支援するシリアの反体制派勢力を非難した。

     トルコ政府はシリアのクルド人勢力を「テロリスト」と見なし、トルコ軍とシリア反体制派勢力は合同で先月20日、シリア北部のクルド人支配地域アフリン(Afrin)に地上作戦を開始した。

     そうした中、在英のNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」が、トルコ軍とアフリンで作戦を展開してるシリア反体制派勢力から動画が送られてきたことを発表。反体制派勢力は、動画は先月30日にアフリンの対トルコ国境に近いクルナ(Qurna)で若い女性の遺体を発見した後に撮影したものであることを伝えたという。動画には、武器を所持した人物も含め十数人の男性が激しく損傷した女性の遺体の周りに集まっている様子が捉えられている。

     クルド人のある高官は、動画に写っている若い女性の遺体の身元は、シリア北部コバニ(Kobane)でイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の掃討作戦に参加していたクルド人民兵組織「クルド人民防衛部隊(YPG)」の女性部隊の戦闘員、バリン・コバニ(Barin Kobani)さんであることを確認した。YPGは、米国の支援を受けたクルド人とアラブ人の合同部隊「シリア民主軍(SDF)」の下で国内の大部分の地域からISを掃討する作戦に参加した。

     クルド人勢力側は声明で、「敵国トルコのテロリスト同盟」がコバニさんの遺体を切断したと非難。コバニさんが所属した女性部隊の幹部は、「バリンは降伏しなかった、彼女は死ぬまで戦い抜いた」「今回のような行為は、勝利するまで抵抗をやめないという私たちの決意を強めるだけ」と主張した。さらにSDFの報道官も、この動画が、トルコおよび同盟関係にある組織への反撃を継続する理由だと述べた。

     クルド人たちの間には激しい怒りの声が上がり、インターネット交流サイト(SNS)では、コバニさんのむごたらしい遺体の画像と笑みを浮かべている生前の画像を並べたものが拡散されている。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3161078?cx_module=latest_top 

    【【シリア】クルド人女性戦闘員の遺体切断動画がインターネットに拡散、怒りの声拡がる トルコが支援するシリア反体制派勢力が動画作成 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/01/29(月) 16:23:58.65 ID:CAP_USER9
    B68AF606-A5A3-49DF-BD8C-9E113034AD0A

    2018年1月29日 11:34 発信地:ベイルート/レバノン
    【1月29日 AFP】トルコによるシリアのクルド人武装組織に対する軍事作戦が続くなか、3000年前に建造されたシリア北部の神殿がトルコによる空爆で破壊されたことが分かった。シリアの文化財保護当局と在英NGOのシリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)が明らかにした。

     破壊されたのは、鉄器時代のヒットタイト新王国のアインダラ(Ain Dara)神殿。紀元前1300年から紀元前700年ごろにさかのぼり、現在、クルド人勢力が支配するアフリン(Afrin)地域にある村にちなんで名づけられた。

     トルコは20日から、民兵部隊「クルド人民防衛部隊(YPG)」のアフリンからの排除を目指す「オリーブの枝」作戦を進めており、シリア反体制派と合同で地上作戦と空爆を展開している。

     シリア人権監視団によると、アインダラ神殿は26日の空爆で破壊されたという。監視団のラミ・アブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表は「最大60%が破壊された」と述べた。

     シリアの文化財保護当局は「アラム人が紀元前1000年紀にシリアで建造した最も重要な遺跡の一つ」が攻撃を受けたと確認した。

     当局の元幹部のムーン・アブドルカリム(Maamoun Abdulkarim)氏によれば、神殿は1982年に発見され、珍しい玄武岩でできた巨大なライオン像で有名。

     アブドルカリム氏はAFPに「3000年の歴史を持つ文明が空爆によって破壊された」と述べ、空爆を非難した。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3160287 

    【【シリア】トルコの空爆で3000年前のヒッタイト新王国のアインダラ神殿破壊 シリア北部 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/01/29(月) 07:14:37.09 ID:CAP_USER9
    BE4B8815-A394-4886-BD0E-66E66FFD19D5

    1月29日 6時52分
    トルコ軍は、隣国シリアのクルド人勢力に対する軍事作戦によって、この1週間余りで戦闘員550人以上を殺害したと明らかにしましたが、クルド側の激しい反撃を受けて作戦は長期化する見通しが強まっています。

    トルコ軍は28日、テロ組織だと見なすシリアのクルド人勢力に対して今月20日から進めている軍事作戦で、これまでに戦闘員557人を殺害したと発表しました。

    トルコのエルドアン大統領は与党の集会で行った演説で、「われわれは人々の安全が脅かされたときは容赦しない」と述べ、トルコと接するシリアの国境地帯の全域からクルド人勢力を排除するまで作戦を続ける考えを強調しました。

    しかし、トルコ軍が現在、作戦を展開しているシリア北西部の地域は、山がちで複雑な地形であるうえ、クルド側の砲撃などによる激しい反撃を受け、作戦は長期化する見通しが強まっています。

    内戦の情報を集めているシリア人権監視団によりますと、一連の戦闘に巻き込まれて28日までに17人の子どもを含む少なくとも51人の市民が死亡したということで、欧米各国や国連などからは、作戦が長期化することで市民の犠牲がさらに増えないか懸念の声が上がっています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180129/k10011306481000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 

    【【トルコ/シリア】トルコ軍 クルド人勢力への軍事作戦で戦闘員550人以上殺害 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/01/28(日) 03:08:23.91 ID:CAP_USER9
    エルドアン大統領

    2018年1月27日 12:05 発信地:アザーズ/シリア
    【1月27日 AFP】トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領は26日、シリアのクルド人民兵部隊に対する軍事行動の拡大も辞さない姿勢を示した。欧米の同盟諸国は懸念を表明し、トルコに抑制を求めている。

     トルコ軍は今月20日、テロ集団と見なしているシリアのクルド人組織「民主統一党(PYD)」傘下の民兵部隊「クルド人民防衛部隊(YPG)」をシリア北西部アフリン(Afrin)から排除する「オリーブの枝」作戦を開始。地上部隊と空爆・砲撃でシリア反体制勢力を支援している。

     同作戦の7日目となる26日、エルドアン大統領は首都アンカラで行った演説の中で、詳細には触れなかったが「わが国の国境にテロリストがいなくなるまで戦闘を継続する」と述べた。また軍事行動は「目標を達成する」まで続けるとし、「その後は、(アフリンの東方にある)マンビジ(Manbij)のテロリストを一掃する」と明言した。

     一方でエルドアン大統領とメブリュト・チャブシオール(Mevlut Cavusoglu)外相は同日、トルコはアフリンを占領するつもりはないとし、同地域を「本当の」持ち主たちに返すつもりだと述べた。

     米国はトルコによる攻撃に懸念を表明している。マンビジには米軍が駐留していることから、専門家らはいずれも北大西洋条約機構(NATO)加盟国である米国とトルコの間で軍事衝突が起きる可能性を指摘している。(c)AFP/Fulya Ozerkan and Raziye Akkoc in Ankara

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3160176?cx_position=34 

    【【トルコ/シリア】トルコのエルドアン大統領、シリアでの軍事行動 「目標達成まで継続」 米軍と衝突する懸念も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/01/25(木) 17:51:57.86 ID:CAP_USER9

    tramp

    2018年1月25日 10:38 発信地:ワシントンD.C./米国
    【1月25日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は24日、トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領と電話協議し、トルコ軍がシリア北部で行っているクルド人部隊への攻撃を抑制するよう求めた。ホワイトハウス(White House)が発表した。

     トランプ氏は、トルコから「破壊的で間違った」反米発言が出ている懸念も示した。

     トルコ軍はこのほどシリア反体制派と合同でシリア国境を越えて北部アフリン(Afrin)への進軍を開始。同地はクルド人勢力が支配し、クルド人組織「民主統一党(PYD)」傘下の民兵部隊「クルド人民防衛部隊(YPG)」が展開している。

     米軍はシリア東部でのイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」掃討作戦でYPGと協力しており、ISが首都と位置づけていたラッカ(Raqa)の奪還作戦でも連携していた。

     一方、トルコ政府はYPGを「テロリスト」と見なし、トルコの非合法武装組織「クルド労働者党(PKK)」の関連組織としている。PKKは過去30年にわたりトルコ国内で政府に対する武装闘争を続け、多数の死者が出ている。

    AFP 
    http://www.afpbb.com/articles/-/3159864?cx_position=39 

    【【アメリカ/トルコ】トランプ氏、トルコ大統領に自制要請 クルド人勢力攻撃で 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/01/24(水) 18:46:34.91 ID:CAP_USER
    トルコ軍が今月21日、クルド人勢力を攻撃するためシリアとの国境を越えて侵攻した際、ドイツ製の戦車が使われていたことが明らかになり、ドイツ国内でトルコへの武器輸出の停止を求める声が出ている。

    トルコは20日にシリア国内で空爆を実施した後、21日に地上軍を侵攻させていた。

    今月6日には、トルコのメブリュト・チャブシオール外相がドイツを訪問し、ジグマール・ガブリエル独外相と2国間関係の改善を約束したばかり。
    両国は北大西洋条約機構(NATO)に参加するものの関係は近年急激に悪化していた。

    ドイツでは一部の政治家が、戦車の更新に関する承認手続きを一切中止するよう求めている。
    19日には、軍需企業ラインメタル社製の戦車「レオパルト2」を、爆発物への防御力をより高めた型式に更新したいというトルコ側の要請を、ドイツ政府が承認する可能性が報じられた。

    ドイツ製戦車は、シリア国内の過激派組織「イスラム国」(IS)への攻撃に使用されたとみられていた。
    しかし、防衛分野の専門家たちはドイツのメディアに対し、トルコがシリアで実施する「オリーブの枝」作戦で、クルド人勢力への攻撃にドイツ製戦車が使われていると話している。

    左派と右派両方の政治家が戦車の更新に反対し、トルコによるシリア・アフリン地域への侵攻について政府の態度を明確にするよう求めた。

    アンゲラ・メルケル首相と同じキリスト教民主同盟(CDU)に所属し、議会の外交委員会で委員長を務めるノルベルト・レトゲン氏は、ドイツは戦車の更新に「もちろん」応じるべきでないと述べた。

    レトゲン氏はBBCラジオ4の番組「ワールド・トゥナイト」で、トルコ軍の侵攻は「違法で、国際法に反し、ISIS(ISの別称)との戦いにおいて非生産的だ」と語った。

    同氏は、「シリア国内のクルド人勢力がトルコを全く攻撃していなかった」のに、トルコが自衛のための行動だと主張するのは不可能だと述べた。

    レトゲン氏はトルコの侵攻に反対を表明した米国を賞賛し、「NATO参加国の中で米国だけが何が起きているのか明確に認識している。我々はトランプ政権をかなりしばしば批判するが、現時点で彼らは他国よりも明確でより勇気がある。我々はそれに続くべきだ」と語った。

    ドイツのガブリエル外相は22日、アフリン地域への攻撃による人道的な影響についての懸念を、トルコ外相との電話会談で伝えたと明らかにした。

    トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、アフリン地域を支配するクルド人民兵組織「人民防衛部隊」(YPG)を「つぶす」と約束している。
    YPGは、アフリンやシリア北部の国境にまたがる400キロ以上の地域を支配している。

    国連は23日、アフリン地域での衝突でこれまでに5000人が家を失ったとの推計を明らかにした。

    (英語記事 Syria war: Row over Turkey using German-made tanks)

    画像:トルコはシリアのアフリン地域からクルド人勢力を掃討しようと20日に攻撃を開始した
    9BCC2AF8-1477-4FC6-AD57-AD92755C0FB6

    BBCニュース
    http://www.bbc.com/japanese/42799963

    【トルコ軍がシリア侵攻で独製戦車使用 ドイツで批判の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/01/22(月) 23:57:20.26 ID:CAP_USER9

    トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は21日、クルド人民兵組織に対する大規模な攻撃の一環として、同国の地上部隊がシリアとの国境を越え、同国北部に侵攻したと述べた。

    トルコがテロリストと考えるクルド人民兵組織「人民防衛部隊」(YPG)は、トルコ南部と国境を接するアフリン地区で活発に活動している。YPGはアフリンからトルコ軍を押し戻したと述べ、トルコの国境付近に砲撃を行ったと明らかにした。
    YPGは、過激派組織「イスラム国」(IS)と戦う米国が支援する有志連合で大きな役割を担っている。

    エルドアン大統領は、YPGを「あっという間に」打ち負かすと約束したが、民間人に犠牲者が出るのを避けたい米国は、トルコに「抑制」を求めた。
    トルコは、YPGがトルコ国内で活動が禁止されているクルド労働者党(PKK)とのつながりがあると考えている。
    トルコ政府は数カ月前からアフリンや、そこから約100キロ離れたマンビジからクルド人勢力を掃討すると警告していた。
    アフリンで何が起きているのか

    20日に始まった軍事作戦「オリーブの枝」は、クルド人勢力のアフリンからの掃討を目指す。今月に入り米国が、IS戦闘員たちが戻って来ないよう、クルド人勢力とアラブ人民兵の対IS連合による新たな「国境警備部隊」の結成を援助すると表明しており、トルコはこれを受けて作戦実行を急いだとみられている。
    YPGや、「シリア民主軍」(SDF)と呼ばれる対IS連合は、テロリストとのつながりを否定している。米政府もこの説明を受け入れている。
    20日のトルコ空軍による空爆の後、21日には、トルコ軍とトルコ寄りのシリア反体制武装組織「自由シリア軍」(FSA)がシリア国内に侵攻した。

    トルコのビナリ・ユルドゥルム首相は、シリア国境内に深く入り込む形で30キロの「安全地帯」の形成を目指すと述べた。
    しかし、YPGの広報担当者ヌリ・マハムディ氏は、トルコ軍が「撤退を余儀なくされた」と語った。
    トルコ側では、FSAの司令官アブドゥル・ハヒム少佐がロイター通信に対し、約2万5000人の戦闘員が攻撃に参加したと語った。トルコ軍の地上部隊の数は明らかになっていない。
    トルコ軍は、21日の空陸両面の作戦で45の標的を攻撃したと発表した。これに先立ち、クルド人勢力の153施設が空爆によって破壊されたと明らかにしている。
    エルドアン大統領は21日、シリア国内のクルド人民兵やPKKを掃討すると約束し、「我々の戦闘機が飛び立ち空爆を開始した。そして今、地上作戦が実施されている。YPGが(中略)アフリンから逃げ出している様子が今では確認できる」と語った。
    大統領はさらに、トルコ国内でクルド人擁護活動に参加する者は「大きな代償」を払うと警告した。その後、警察はイスタンブールを含むトルコの数多くの都市で開かれた抗議デモを解散させ、数人を逮捕した。

    軍事作戦による死者

    トルコとクルド人勢力の両方に死者が出ている模様だ。
    YPGは、少なくともトルコ軍兵士4人とシリア反体制勢力の戦闘員10人が21日午前の戦闘で死亡したと述べた。しかし、トルコ側は確認していない。
    英国に拠点を置くシリア人権監視団は、21日のトルコの空爆で民間人11人が死亡したと指摘した。20日の空爆では民間人6人と戦闘員3人の合計9人が死亡したとしている。トルコ政府は死亡者全員がクルド人民兵だと述べている。
    (略)

    (英語記事 Syria: Turkish ground troops enter Afrin enclave)

    各勢力の支配地域。濃い紫色はシリア反対勢力、薄い紫色はクルド人勢力、緑はシリア政府、オレンジ色は「イスラム国」(今月8日時点/IHS調べ)
    CA1102E9-34C1-4279-A548-F9750641C68D

    BBC
    http://www.bbc.com/japanese/42770480 

    【トルコ軍、シリア国境越えクルド人勢力を攻撃 シリアで何が起こっているのか? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/01/22(月) 07:20:53.27 ID:CAP_USER9
    tr250

    1月22日 5時51分
    シリアのクルド人勢力に対する軍事作戦に乗り出した隣国のトルコは、空爆に加えて地上部隊も投入し、これにクルド側も反撃して戦闘が激しさを増す中、巻き込まれた市民に死傷者が出ています。

    トルコはテロ組織だと見なしている隣国シリアのクルド人勢力が支配地域を広げ、トルコの治安を脅かしているとして20日、この勢力を国境地帯から排除するための軍事作戦を始めました。

    作戦2日目の21日、トルコ軍は戦闘機による空爆に加えて地上部隊も投入し、クルド人勢力の支配下にあるシリア北部のアフリン周辺に戦車による砲撃などを加えました。

    内戦の情報を集めている「シリア人権監視団」によりますと、一連の作戦でこれまでにクルド人勢力の戦闘員7人が死亡したほか、子ども1人を含む市民7人が死亡したということです。

    一方、クルド側も反撃してトルコ領内の国境沿いにある2つの町に数発ずつロケット弾を撃ち込み、市民1人が死亡したほか、合わせて30人余りがけがをしました。

    地上部隊の投入によって戦闘が激しさを増す中、さらに市民が巻き添えにならないか懸念されています。

    米はトルコに自制促す

    アメリカ国務省のナウアート報道官は21日、声明を発表し、ティラーソン国務長官が前日の20日、トルコ側に対し、戦闘が激化し市民が巻き添えとなっていることに深刻な懸念を伝えたと明らかにしました。

    そのうえで、ナウアート報道官はクルド人勢力にトルコが抱く懸念には配慮する姿勢を見せながらも、「アメリカは市民への被害を出さないよう限定的な作戦にとどめるよう求める」として、トルコに自制を促しました。

    アメリカはNATO=北大西洋条約機構の同盟国、トルコとの関係を重視する一方、過激派組織IS=イスラミックステートの掃討でクルド人勢力も支援していることから事態の悪化は避けたい考えで、ナウアート報道官は「すべての当事者がISの打倒という共通の目的に集中するよう呼びかける」と強調しています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180122/k10011296851000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003 


    【【トルコ軍シリア領内侵攻】トルコとクルド人勢力の戦闘激化 市民に死傷者も 米はトルコに自制促す 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/01/21(日) 19:09:42.69 ID:CAP_USER9

    2018年1月21日 18:48 発信地:シリア
    【1月21日 時事通信社】トルコ軍は20日、隣国シリア北西部のクルド人の町アフリンへの新たな軍事作戦「オリーブの枝」を開始した。トルコが「テロ組織」として敵視しているシリアのクルド人民兵組織、人民防衛部隊(YPG)をシリア北部の対トルコ国境地帯から排除することが目的。シリアでの過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦でYPGを支援してきた米国との関係がさらに冷え込む可能性がある。

     トルコは2016年8月から昨年3月まで、同様の軍事作戦「ユーフラテスの盾」を実施していた。

     トルコ軍は21日までに、戦闘機による空爆や砲撃でYPGの拠点150カ所以上を攻撃。ロイター通信がYPGの話として伝えたところによると、地上では、トルコ軍部隊とトルコが支援しているシリア反体制派武装組織「自由シリア軍」がアフリンへの進攻を試みたが、YPGとの激しい衝突により突入できていないという。

     AFP通信によると、YPGの報道官は「子供を含む市民7人と男女3人の戦闘員が死亡した」と述べた。これに対し、トルコ側は「死傷者は全員テロ組織のメンバーだ」と主張。同国のエルドアン大統領は、別のYPG支配下の町マンビジュでも作戦を続ける考えを表明している。(c)時事通信社

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3159378?act=all 

    【【トルコ軍シリア越境】トルコ軍、シリアで新たな越境作戦「オリーブの枝」 クルド勢力「10人が死亡」 アメリカとトルコの関係悪化か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/01/21(日) 08:21:45.61 ID:CAP_USER9

    2018年1月21日 5:04 発信地:ハッサ/トルコ
    【1月21日 AFP】トルコは20日、米軍が支援するシリア北部のクルド人民兵組織「クルド人民防衛部隊(YPG)」の排除に向けた空爆と地上作戦を開始した。

     作戦はYPGとイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」を標的として、グリニッジ標準時同日午後2時(日本時間午後11時)に始まった。作戦名は「オリーブの枝」とされている。

     トルコの半国営アナトリア(Anadolu)通信の報道によると、トルコの空爆と砲撃の標的は、アレッポの北方に位置し、YPGが掌握するミナク(Minnigh)空軍基地など108か所におよび、クルド人戦闘員側に死者または負傷者が発生した。

     国境のトルコ側にいたAFP特派員は、トルコ軍機2機が夕方にシリア領内で空爆を行い、巨大な白煙が立ち上るのを目撃した。

     アナトリア通信は、トルコが支援するシリア反体制派組織「自由シリア軍(FSA)」が、YPGの支配下にあるシリアのアフリン(Afrin)への進軍を開始したと報じている。

     一方、現在のところ、トルコ軍が国境を越えてシリア側に侵攻したという情報はない。

     トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領は、アフリンの後、その東方に位置するマンビジ(Manbij)からのYPG排除を目指すと述べた。 今回の作戦をめぐっては、米ロ両政府がシリア情勢のさらなる不安定化などへの懸念を表明していた。

     トルコ外務省は、首都アンカラ(Ankara)に駐在するロシア、イラン、米国の外交当局者を呼び、作戦について伝えたと明らかにした。また、メブリュト・チャブシオール(Mevlut Cavusoglu)トルコ外相はレックス・ティラーソン(Rex Tillerson)米国務長官と電話会談。さらに、トルコ軍トップのフルシ・アカル(Hulusi Akar)参謀総長は、米ロ両軍のトップに作戦について伝えた。

     ロシア当局によると、同国のセルゲイ・ラブロフ外相(Sergei Lavrov)とティラーソン国務長官の間でも協議が行われた。

     ロシア外務省は「ロシア政府はこの知らせに懸念を抱いている。われわれは双方に対して自制を呼び掛ける」と表明。一方、ロシア国防省は、あらゆる「誘発」を防ぐとともに、兵士の安全を確保するため、アフリンから軍を撤退させていると明らかにした。

     このほか、チャブシオール外相はテレビ局「24」に対し、「われわれはシリア政府に対して書面でアフリン攻撃について伝えている」「われわれとシリア政府には関係がないにもかかわらず、われわれは国際法に沿った手続きを取っている」と発言。

     一方、シリア国営シリア・アラブ通信(SANA)は、シリアへの通知はなかったとの同国外務省筋の発言を報じている。(c)AFP/Bulent Kilic with Stuart Williams and Fulya Ozerkan in Istanbul

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3159336 

    シリア北部アフリンにいる民兵組織「クルド人民防衛部隊(YPG)」を攻撃する、トルコの支援を受けたシリア反体制派組織「自由シリア軍(FSA)」(2018年1月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Nazeer al-Khatib


    no title

    【トルコ軍、シリアのクルド民兵支配地域で空爆と地上作戦開始 シリア領内への侵攻はなし シリアへの事前の通知なし 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/01/20(土) 17:00:41.37 ID:CAP_USER
    トルコ・ガジアンテップ(CNN) トルコがシリア北部のクルド人支配地域、アフリンへの全面軍事作戦に踏み切る構えを強めている。19日にはクルド人戦闘員に対する砲撃を強化、トルコ国防省は軍事作戦が「事実上」進行中だと明らかにした。

    米国がシリアで3万人規模の国境警備隊の訓練を進めていると発表したことを受け、トルコ高官はここ数日アフリンへの攻撃が間近だと警告してきた。国境警備隊は主にクルド人戦闘員で構成されている。

    エルドアン大統領は、米国がシリア国境沿いに「テロの軍隊」を作り出していると非難。
    トルコ政府は国内南東部で長年クルド人勢力と対峙(たいじ)しており、シリアにクルド人国家が建設される事態を断固として阻止する構えだ。

    シリアのクルド人勢力は過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」との戦いの中で、北部の広範な領域を掌握した。これに対して、トルコは以前にもクルド人勢力に対し軍事力を行使したことがある。

    ただ、今回クルド人戦闘員のみを標的にした新たな作戦に踏み切れば、既に7年近く続くシリア内戦における新たな前線を開くことになりかねない。

    米当局者は19日、CNNに、米政府は新作戦に関し深刻な懸念を抱いていると述べ、トルコによる全面軍事進攻の可能性が今週末の焦点になると明らかにした。
    別の国防当局者によれば、戦車や重装備運搬車などを含むトルコの車両50台以上がシリア国境地帯で確認されているという。

    国防総省のナウアート報道官は18日、トルコに対し作戦開始を見送るよう要求したと説明。
    「軍事行動に踏み切るのではなく、引き続きISIS対策に焦点を置くよう求める」と述べた。

    トルコ国営アナトリア通信によると、トルコ陸軍幹部は18日、モスクワでロシア軍関係者と会い支援を求めた。
    ロシアはシリアの最も強力な同盟国で、内戦終結に向けてトルコ、イランとともに停戦合意の仲介に動いてきた。

    トルコのチャブシオール外相はCNNトルコに対し、ロシアとイランに作戦での領空使用について相談していると明らかにした。ロシア国防省はコメントをしていない。

    シリア外務省高官は、トルコの作戦は「敵対行為」に値し、シリア軍は領空に侵入したトルコ軍機を撃墜する準備を整えていると反発した。

    画像:シリアのクルド人がトルコからの分離独立を目指すクルド労働者党指導者の写真を掲げて行進、アフリン地域へのサポートを示した
    no title


    CNNニュース
    https://www.cnn.co.jp/world/35113447.html

    【トルコ シリアのクルド人勢力に砲撃 全面攻撃の構え 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/13(土) 07:39:48.89 ID:CAP_USER9


     【カイロ=佐藤貴生】ロシアやトルコなどが、国際海運の大動脈である紅海周辺の国々と軍事協力を進めている。紅海の南の出入り口に位置するジブチでは、米仏の軍事基地に加えて中国の基地も昨年、稼働を開始した。スエズ運河に通じる紅海で、大国による軍事的な駆け引きが激化しそうな気配だ。

     ロシアは昨年11月、エジプトとの間で、双方の軍用機が空域と空軍基地を相互に利用できるよう調整に入る方針を表明した。12月にはプーチン大統領がエジプトを訪問し、2015年に同国北東部シナイ半島でロシア機が墜落した事件以降、停止していた直行便の運航を約2年ぶりに再開することで合意。エジプト北部ダバアで原子炉4基を建設する210億ドル(約2兆4千億円)の原子力協力でも合意した。

     また、国営ロシア通信(電子版)は昨年11月、スーダンのバシル大統領が訪露してプーチン氏らと会談し、紅海沿岸にロシアの協力で軍事基地を建設したい考えを示したと報じた。ジブチに軍事基地がある米国が紅海周辺で影響力を強めているとして、「紅海沿岸の脅威から(自国を)防衛する必要がある」としている。ロシアは12月、スーダンとも原発を建設することで合意した。

     一方、トルコのエルドアン大統領は同月、スーダンを訪れ、オスマン帝国時代に栄えたスアキン港の再建などを手がける総額6億5千万ドルのプロジェクトを行うことで合意。軍艦も停泊でき、「あらゆる軍事協力」(スーダン外務省)が可能になるとされる。

     ジブチには旧宗主国フランスが広大な軍事基地を持つほか、米軍も4千人規模が駐留する基地を保有。中国の基地の稼働開始に加え、昨年1月にはサウジアラビアが軍事基地建設で合意したとの情報も出た。

     米国は昨年8月、エジプトの人権抑圧に対する懸念から、3億ドル近い軍事・経済支援の中止もしくは延期を表明し、両国の関係にすきま風が吹いていた。スーダンのバシル氏には戦争犯罪や人道に対する罪などで国際刑事裁判所(ICC)が逮捕状を出している。

     ロシアとトルコには、米国との関係が不調な国に軍事協力や原発建設などで接近し、紅海への足場を確保する狙いがうかがえる。

    ヤフーニュース(産経新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000056-san-m_est
     

    no title

    【大紅海時代に突入…中国に続きロシア・トルコも軍事拠点確保に乗り出す 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2017/12/18(月) 07:02:51.11 ID:CAP_USER9
     エルドアン大統領

    12月18日 5時52分
    トルコのエルドアン大統領は、アメリカのトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めたことへの対抗措置として、イスラエルによる占領が続きパレスチナが将来の国家の首都と位置づける東エルサレムに大使館を置く意向を示しました。

    トルコのエルドアン大統領は17日、中部の都市カラマンで開かれた与党の集会で演説し、「エルサレムに公式の大使館を開く日も近い」と述べました。

    トルコはイスラエルを国家として承認しており、商業都市のテルアビブに大使館を置く一方、パレスチナも国家として承認していて、東エルサレムに置く総領事館でパレスチナの人たち向けに領事業務を行っています。東エルサレムはパレスチナが将来の国家の首都と位置づけている一方で、イスラエルによる占領が続いており、エルドアン大統領はこの総領事館を大使館に格上げする考えを示したものです。

    ただ、エルドアン大統領は「今はイスラエルの占領下にあるため、実際に大使館を開くことはできない」とも述べています。

    親米国の多い中東各国が、アメリカやイスラエルに反発を見せながらも対応策を打ち出さない中、エルドアン大統領は反米感情が高まる国内世論を背景に、対抗姿勢を一段と強める狙いがあったと見られます。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171218/k10011262251000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007 


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513548171

    【【エルサレム問題】トルコ大統領「東エルサレムに大使館も」 米に対抗措置 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/14(木) 00:42:32.89 ID:CAP_USER9
    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/politics/201712134375594/


    トルコのエルドアン大統領は、エルサレムをパレスチナの首都と宣言することを提案した。

    同大統領は、イスラム協力機構臨時首脳会談の中で、米国がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことで「国際的な規準を踏みにじった」と非難。

    「あの町を数歩でも歩けば、占領されていることがわかるだろう。イスラエルはテロ国家だ。テロリストの軍人が子供を捕まえて投獄している」と主張した。

    その上で、エルサレムを「占領されたパレスチナ」の首都と認定することを呼びかけ、トランプ米大統領の決定を批判した国々に対し謝辞を述べた。

    そして「196の国連加盟国がそれぞれの正しい見解を示すと信じている。米国は核保有大国かもしれないが、全世界が米国に属しているわけではない」と付け加えた。

    no title

    【トルコ大統領 エルサレムのパレスチナ首都宣言を提案「全世界が米国に属しているわけではない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 孤高の旅人 ★ 2017/12/11(月) 12:41:49.16 ID:CAP_USER9
    トルコ大統領、イスラエルを「テロリスト」と非難
    エルドアン大統領

    2017.12.11 Mon posted at 12:02 JST
    https://www.cnn.co.jp/world/35111730.html?tag=top;subStory

    ベイルート(CNN) トルコのエルドアン大統領は10日、トランプ米政権がエルサレムをイスラエルの首都と認めたことに抗議し、イスラエルを「テロリスト」、「子ども殺しの国」と非難した。
    エルドアン氏はこの日、同国中部シワスでの演説で「エルサレムは私たちにとってかけがえのない存在。子ども殺しの国、占領国家に渡すわけにはいかない」と主張。「私たちは法と民主主義の枠内で闘いを続ける」と述べた。
    さらに最大都市イスタンブールで13日に開催するイスラム協力機構(OIC)の首脳会議に言及し、そこで策定する計画案によって、トランプ政権の意図を実現するのは「容易でない」ことを示すと表明した。

    同氏はまた、トランプ政権の発表は法的に無効だとする立場を改めて強調した。
    これに対してイスラエルのネタニヤフ首相は同日、訪問先のパリでエルドアン氏への批判を展開。「自国内でクルド人の村を爆撃し、ジャーナリストを拘束し、イランの制裁逃れに手を貸し、ガザなどで無実の人々を殺すテロリストに加担する。そういう人物から道義を説かれるとは」と強く反発した。
    ネタニヤフ氏はまた、エルサレムはイスラエルだけの首都だと改めて主張し、「パレスチナ側がこの現実を早く把握すれば、それだけ早く和平に近付くことができる」と主張した。
    トランプ政権の発表をめぐっては、レバノンの首都ベイルートでも10日、米大使館付近でデモ隊と治安部隊が衝突。デモ参加者のうち少なくとも5人が、治安部隊の催涙ガスを吸い込んで搬送された。
    ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は同日、各国指導者らに「知恵と分別」を呼び掛け、暴力激化を回避するよう求めた。

    【【国際】トルコ大統領、イスラエルを「テロリスト」と非難 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    トルコのチャブシオール外相によると、エルドアン大統領とトランプ米大統領が24日、電話会談を行った。この中でトランプ大統領は、トルコと敵対するシリアのクルド人組織への武器供与を米国が停止することを約束したという。 
     米国は今年5月、シリアで過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦に加わるクルド人民兵組織への武器供与を開始。しかし、トルコは同組織を自国の反政府武装組織クルド労働者党(PKK)と一体と見なし、武器供与に強く反対してきた。
     ホワイトハウスの発表では、トランプ氏はシリアでの地上作戦のパートナーへの軍事支援を変更するとエルドアン氏に伝えたと説明。ただ、クルド人組織に対する供与停止とは明示しなかった。また、トルコが米国から軍装備品を調達することについても協議したという。 
     両大統領は、ISやPKKのほか、トルコで昨年7月に起きたクーデター未遂を企図したとされているイスラム団体「ギュレン運動」といった「テロ組織」との戦いで協力することも確認。エルドアン大統領は会談後、ツイッターで「有意義な電話会談だった」と述べた。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112500212&g=use  【クルドへの武器供与停止約束か=米トルコ大統領が電話会談 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ロシアのプーチン大統領、トルコのエルドアン大統領、イランのロハニ大統領による首脳会議が22日、ロシア南部ソチであり、シリア和平を巡って共同宣言を採択した。和平実現に向け、3国による協力態勢の成果を強調した。シリアのアサド政権、反体制派の双方に、ロシアが提唱する「シリア国民対話会議」に参加することも求めた。 

     3国は国連が主導するジュネーブでの和平協議が停滞する一方で、今年初めからカザフスタンの首都アスタナで独自に和平協議を開いてきた。

     共同宣言は、ロシアとトルコが主導して一部停戦を実現した昨年末以来、過激派組織「イスラム国」(IS)などテロ組織に対する掃討作戦が「決定的に進んだ」とした。また「国の再建と危機の政治的解決に向けシリア国民に協力していく」と強調した。

     3国は、ロシアとイランがアサド政権を支援し、トルコが反体制派を支援しているという違いがあるが、 プーチン氏は会談後、「ロシア、イラン、トルコの努力でシリアの分裂は回避された」とし、「我々の力はシリアの長期的な正常化に注がれるべきだ」と話した。「シリア和平の政治プロセスはジュネーブ協議で完成する」とも話し、最終的な和平実現に向けた多国間協議でも主導権を発揮する考えとみられる。

     ロシア主導のシリア国民対話会議は、アサド政権と、「主権と独立、統一と領土の一体性、シリア政府のまとまりを尊重する反体制派」に参加を呼びかけるという。ただ、共同宣言は開催時期について「最も近い将来」とだけ記載。トルコが反対する少数民族クルド人の政治組織の参加を巡り、ロシアとの調整が続いているとみられる。

    朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASKCR227NKCRUHBI001.html

    【シリア和平へ共同宣言 ロシア・トルコ・イラン首脳会議 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    エルドアン大統領

    トルコのエルドアン大統領は米国が国際テロ組織「ダーイシュ(IS)」を支援していると明言した。

    「米国は我々を心底失望させた。ISを相手に戦っていると言ったが、自分は何をしたか? 夥しい量のドルをISに与えたではないか…。アフリーン(シリア北西部でトルコと国境を接する)で連合軍と共には進軍したくない。」エルドアン大統領の声明をリアノーボスチ通信が引用して報じた。

    エルドアン大統領はさらに、米国が常に合意に違反していると強調している。

    「マンビジ、ラッカで我々が共に作業を行うよう提案した際に、米軍側はマンビジには誰一人残ることはない、心配するなと約束した。だが約束は守られなかった。今、米国では指導部が入れ替わったが、それでもすべて前のままだ。」エルドアン大統領はこう補足した。

    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/middle_east/201711174285838/

    前から言われていましたが、一国の首脳に言われたのは初めてでは?爆弾発言になりそうです。

    押していただくと励みになります。

    【トルコ大統領 米国のシリアのダーイシュ(IS)支援を断言】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    エルドアン大統領
      
    トルコのメディアによると、エルドアン大統領は17日、ノルウェーでの北大西洋条約機構(NATO)の軍事演習からトルコ兵40人を引き揚げたことを明らかにした。演習に使われた掲示物で、トルコ建国の父アタチュルク初代大統領の写真とエルドアン大統領の名前が「敵一覧」の中に使われていたことが理由という。

     エルドアン大統領はアカル参謀総長とチェリキ欧州連合(EU)相から知らせを受けたといい、「ちゅうちょせずに今すぐ引き揚げろと言った。このような同盟関係はあり得ない」と憤慨した。

     これを受けて、NATOのストルテンベルグ事務総長は声明で、「気分を損ねさせてしまったことを謝罪する。個人の行動の結果であり、NATOの見解を示すものではない」と弁明。「トルコは大事な同盟国だ」と強調した。

    AFP

    【 トルコ、NATO演習から兵士撤収 エルドアン大統領と初代大統領アタチュルクの名前が演習の「敵」に使用されたことが理由 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title

    シリアの内戦をめぐって、アサド政権を支援するロシアのプーチン大統領と反政府勢力を支えるトルコのエルドアン大統領が会談し、戦闘はおおむね収まっていると評価したうえで、今月下旬、スイスで行われる和平協議の進展に期待を示しました。

    シリアのアサド政権を支援するロシアのプーチン大統領と反政府勢力を支えるトルコのエルドアン大統領は13日、ロシア南部のソチで会談し、シリア情勢などについて意見を交わしました。

    会談のあと行われた記者会見でプーチン大統領は、ロシアやトルコなどが仲介しているシリアの停戦合意について「結果が出ている。暴力を抑制し、対話に向けたよい条件ができつつある」と述べ、戦闘はおおむね収まっていると評価しました。
    また、エルドアン大統領も「政治的な解決に集中する下地はできた」と述べ、今月下旬、スイスのジュネーブでアサド政権と反政府勢力の代表が参加し、アサド大統領の処遇を含む政権移行の進め方などについて話し合う、和平協議の進展に期待を示しました。

    シリア情勢をめぐってはアメリカのトランプ大統領も今月11日、プーチン大統領と共同声明を発表し、アサド政権と反政府勢力の双方に対して和平協議への積極的な参加を呼びかけています。

    NHK


    【ロシア・トルコの大統領 シリア和平協議の進展に期待示す 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル