かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: 東南アジア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2022/01/25(火) 10:06:21.53 ID:CAP_USER
    kr250
    ASEAN(東南アジア国家連合)の若者が最も信頼する国は「韓国」と調査された。

     その一方、韓国の若者が最も信頼する国は米国だった。

    これは、韓・ASEANセンターが実施し25日に発表した「2021韓・ASEAN青年相互認識度調査」からわかった結果だ。


     この調査は昨年8〜9月、ミャンマーを除くASEAN9か国の若者1800人と、韓国に住むASEAN出身の若者500人、韓国人の若者およそ1000人の計3300人を対象におこなわれた。

     ASEANはインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ブルネイ、ベトナム、ラオス、ミャンマー、カンボジアなど東南アジア10か国。人口6億6000万人が居住し、2020年の国家総生産(GDP)は3兆1062億ドルに達する。

     調査の結果によれば、現地ASEANの若者の93.6%、在韓ASEANの若者の96.7%が「最も信頼する国(重複回答可能)」として「韓国」を選んだ。続いて、現地に住む若者は日本(92%)とオーストラリア(87.6%)、在韓ASEANの若者も日本(88.2%)とオーストラリア(91.7%)を「信頼する」と回答したことがわかった。

     しかし、中国に対する信頼度は現地に住む若者(57.9%)と在韓の若者(38.9%)どちらも「低い」結果となった。

     韓国の若者のASEAN国家に対する信頼度は64.4%で、日本(39%)と中国(6.7%)より高かった。ただし、米国(82.7%)、オーストラリア(80.1%)よりは低かった。

     また、自国の未来に最も「助け」となる国はどこかを問う質問に対してASEANの若者は「ASEAN地域」を1位(92.5%)に選び、在韓ASEANの若者は「韓国」(96.9%)を選んだ。

    ヤフーニュース(WOW!Korea)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b4b2851ed775e75460c5d106fd8bc6093cb4e035

    【【お手盛り調査でホルホル】ASEANの若者、最も信頼する国は「韓国」…2位「日本」をわずかに上回る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2022/01/04(火) 16:05:14.88 ID:CAP_USER
     F786B999-9739-49BE-BA80-F4A160320208
     過去の戦争ゆえに、中国では反日感情を持っている人が少なくない。中国人からすると東南アジア諸国で反日感情がほとんど見られないことが不思議で仕方がないという。中国メディアの網易はこのほど、東南アジアで反日感情が見られない理由を考察する記事を掲載した。

     記事はまず、日本は第2次世界大戦中に東南アジアの多くの国を占領し、しかも「暴力的な統治を行った」と主張する一方、東南アジア諸国は日本のこうした所業を「覚えていないかのように見える」とした。

     この理由について、東南アジア諸国は第2次世界大戦がはじまる前から長期間にわたって西洋諸国の植民地となっていたことを挙げた。これら西洋諸国による数百年にわたる植民地支配は、「奪略と虐げ」の歴史で、これと比べると日本による統治はわずか数年だったので、東南アジアの人々は日本より西洋人を憎んでいるに違いないと主張した。

     また、日本は「西洋による植民地支配からの解放」を掲げたので、東南アジアの人々に歓迎されたと分析した。同じアジア人の「兄弟」が助けに来てくれたという感覚だったのだろうと分析した。また、戦後は実際に独立できており、しかもいち早く経済復興した日本がこれらの国に経済援助を行ったので、日本に対して憎むどころか好感を持っているのだと説明した。

     中国としては、かつて日本が占領した国々で今では好感を持たれていることに納得がいかないようだ。これら東南アジア諸国では、むしろ中国の評判の方が良くない国も少なくないと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    サーチナ 2022-01-04 11:12
    http://news.searchina.net/id/1704550?page=1

    【【中国メディア】東南アジア諸国が日本を恨んでいない理由を考えてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 夜のけいちゃん ★ 2021/12/27(月) 15:37:52.84 ID:d4rrGuJd9
    F0811DC3-A17A-492B-96A2-BD3B3732358A

     塩野義製薬は27日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、ベトナムで最終段階の臨床試験(治験)を始めたと発表した。東南アジアなどで約5万人を対象に有効性を確認する。令和4年3月末までの実用化を目指す。

     ベトナムでは25日に治験をスタート、偽薬を投与した場合と比較する。国内では人口の約8割がワクチンを接種済みのため、大規模な偽薬との比較試験を行うことが難しくなっている。同社は今後、フィリピンなど東南アジア各地で大規模な治験を行う計画。

     同社はこのほか、国内でも近く、数千人を対象に、すでに実用化されている他社のワクチンと効果を比較する最終段階の治験を行う。これらの最終段階の治験データを基に承認申請を行う。

    産経新聞 2021/12/27 15:09 
    https://www.sankei.com/article/20211227-VXJ3BVQTCBK4RK6LAY7FADKVWM/

    【【コロナ】塩野義、国産ワクチンの最終治験入り 東南アジアで5万人対象】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 2021/11/06(土) 14:15:52.82 ID:CAP_USER
    kr250
    韓国が「脱石炭」声明に合流した。韓国政府は4日(現地時間)、英グラスゴーでの国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)で採択された「グローバル脱石炭声明」に公式署名した。ただ、今回の声明の裏面には国家間、部処間の「同床異夢」があるとみられる。内容の解釈をめぐり、すでに韓国政府内でも異なる意見が出ている。

    この日に発表された脱石炭声明は英国が主導した。米国・中国など主要国が抜けたが、46カ国が参加した。特に石炭発電量が多い韓国(5位)、インドネシア(7位)、ベトナム(9位)、ポーランド(13位)、ウクライナ(19位)などが含まれた。韓国を代表して文勝ウク(ムン・スンウク)産業通商資源部長官が署名した。地域単位では米ハワイ・オレゴン州、オーストラリア首都特別区などと共に済州道(チェジュド)が参加した。

    英国政府と国連側は声明を通じて「署名参加国は石炭発電が地球の温度上昇の最も大きな原因であることを指摘し、エネルギー転換を加速するにはクリーンエネルギーを急いで普及させるべきという点も認識している」と明らかにした。特に主催国の英国のクワルテング・ビジネス・エネルギー相は「石炭の終末が目の前に近づいた」と強調した。

    しかし各論に入ると内心は異なる。最も争点となる部分が石炭発電からの転換時期だ。声明第2項には「主要経済国は2030年代、残りの国は2040年代までに石炭火力発電から転換するための技術・政策を拡大する」という内容が明示された。このためインドネシアやフィリピンなどは声明に一部条項だけを承認するという文言を入れた。ただ、韓国はその他の参加国と同じく説明がなかった。

    声明内容に事実上同意するという趣旨だ。韓国は国際社会で先進国(主要経済国)と認識されるだけに、脱石炭時点を遅くとも2039年と宣言した格好となる。先月の国務会議で確定した炭素中立シナリオで石炭発電を終える時期として言及した2050年が10年以上も操り上げるということだ。

    しかし政府の説明は違った。脱石炭という方向性を支持したのであって合意事項にすべて従うわけではない、ということだ。政府関係者は「大きな枠組みで同意したので声明に公式的に参加した。必ず先進国のように2030年代までに石炭発電を転換するという意味ではないと理解している」と話した。「石炭の終末」に言及した英国とは温度差が大きい。

    今回の合意は声明であり、強制的な拘束力はない。声明第2項には2030、40年代という具体的な時期の後ろに「またはその後できるだけ早期に」という例外条項も入っている。先進国だからといって無条件に2040年までに脱石炭を実現しなければいけないのではないという意味だ。

    環境団体などは韓国の脱石炭参加には意味あるとしながらも、経済的な地位に及ばない政府側の立場が残念だと指摘した。支持意思を明らかにしておきながらも退く姿を見せれば、参加しない場合よりも国際的な信頼を失うという声も出ている。

    チャン・ダウル・グリーンピース政策専門委員は「第2項に例外条項があるため政府は合意に参加したのだろう」とし「今回の参加は2050年の炭素中立体系の変化を意味するものではないはず」と話した。続いて「韓国の温室効果ガス累積排出の責任は大きく、1人あたりの排出量は他の先進国より多いため、それなりの政策変化がなければいけないが、『先進国でないので責任は少ない』という考えにとどまっているようで残念だ」と指摘した。

    脱石炭の合意は韓国にもう一つの課題を残した。石炭発電に対する韓国の投資が集中している東南アジア国家が声明に参加し、出口戦略を用意する必要性が高まった。発電量の半分以上を石炭に依存するベトナムとインドネシアが署名したのが代表的な例だ。これらの国は2040年代に石炭火力発電を中断すると合意した。

    ところがインドネシアやベトナムでは韓国企業が参加した石炭発電事業が進行中だ。両国が計画したように脱石炭ロードマップが進行すれば、これら発電所はすべて閉鎖されなければならない。国内公共・民間領域での海外石炭投資はむしろ損失になることも考えられる。

    ベトナムのある環境団体代表は「ベトナムが約束した2040年代の脱石炭を達成するには新規石炭火力発電の早期閉鎖が避けられないだろう」と明らかにした。気候ソリューションのユン・セジョン弁護士は「まだ初期段階のベトナムとインドネシアの現地事業は原点から見直す必要がある」と主張した。

    中央日報 2021.11.06 13:22
    https://s.japanese.joins.com/jarticle/284554

    【【中央日報】韓国、「脱石炭」声明に参加…解釈に隔たりも】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2021/10/15(金) 12:16:51.15 ID:CAP_USER
    mm250

    ミャンマー軍は、ASEAN=東南アジア諸国連合の特使の受け入れを拒否したことを明らかにしました。特使がアウン・サン・スー・チー国家顧問らとの面会にこだわったため、拒否したとみられ、ASEAN側の反発が予想されます。

    ミャンマーの国営テレビは、14日、軍による「暫定政府」の声明を読み上げ、ASEANの特使であるブルネイのエルワン第2外相が求めた今月11日から14日までのミャンマー訪問の受け入れを拒否したことを明らかにしました。

    拒否の理由について「特使はすべての関係者の面会を求めてきたが、わが国が国内の安定と法の支配に重点を置いている現在、特定の任務を遂行することは困難だ」などとしています。

    軍はエルワン第2外相が、拘束されて裁判が行われているアウン・サン・スー・チー国家顧問やウィン・ミン大統領らとの面会にこだわったため、受け入れを拒否したとみられます。

    また、声明では「まずは相互の信頼を構築するべきだ」として、スー・チー氏らとの面会を希望しない訪問であればすぐにでも歓迎するとしています。

    今回、特使の訪問が実現しなかったことで、ASEAN側の反発が予想され、15日、緊急の外相会議を開いて今後の対応について協議するものとみられます。

    NHK  2021年10月15日 8時49分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211015/k10013308101000.html

    【【東南アジア】ミャンマー軍 ASEAN特使の受け入れを拒否】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2021/09/01(水) 13:39:03.63 ID:CAP_USER
    phvc25


    (古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)

     新型コロナウイルスがなお猛威を振るうなか、東南アジア諸国の間で中国製ワクチンを排除する動きが強まっている。最大の理由は、中国製ワクチンのコロナ感染を防ぐうえでの実効性が低いことだとされる。その結果、中国の東南アジアでの影響力拡大を狙うワクチン外交は効果を減殺され、米国の存在感が増すという米中関係の変化が起こり始めた。

    「一帯一路」と絡めてワクチン外交を展開
     東南アジア諸国は、新型コロナウイルスの感染拡大当初は中国製ワクチンに依存することが多かった。インドネシア、タイ、フィリピン、カンボジア、マレーシアなどは中国側からの積極的なアプローチもあって、中国のシノバック・バイオテック(北京科興生物製品有限公司)やシノファーム・グループ(国薬控股股分有限公司)などが製造した新型コロナ・ワクチンを大量に輸入してきた。

     中国政府も、東南アジア諸国に最優先で自国製ワクチンを無料供与するという方針を発表し、今年(2021年)4月には王毅外相が、世界各国向けに供与できる自国製ワクチン3300万回分の3分の1を東南アジア諸国に供与すると言明した。

    (略)

    JBpress 2021.9.1(水)
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/66728

    【【新型コロナ】東南アジア各国で中国製ワクチンから続々と「離反」の動き】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/08/07(土) 11:31:30.68 ID:CAP_USER
     【ワシントン時事】バイデン米政権が、トランプ前政権がおろそかにした東南アジア諸国との関係構築を加速させている。米政府は、「唯一の競争相手」と見なす中国に対抗する上で、日米とオーストラリア、インド4カ国の枠組み「クアッド」を重視する姿勢を明確にしてきたが、中国と経済面でつながりの深い東南アジア諸国の取り込みが、クアッド強化と並び重要だと発信し始めた。

     ブリンケン国務長官は今週、オンライン形式で行われた一連の東南アジア諸国連合(ASEAN)の会合に出席。新型コロナウイルス対策で、ASEAN諸国に2300万回分のワクチンを提供したことをアピールした。

     バイデン大統領は、同盟・友好国との連携を軸に、中国に対処していく方針だ。3月にクアッドのテレビ首脳会議を行い、4月には菅義偉首相を米国に招待。6月の初外遊では、欧州で先進7カ国首脳会議(G7サミット)、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席し、サミットでは台湾情勢などで中国をけん制する首脳宣言の採択を主導した。中国をにらみ、クアッド、日米同盟、米欧同盟という枠組みの強化を図った形だ。

     バイデン政権にとって、ASEAN諸国への接近は、これに続く課題となる。バイデン氏は5~6月、ASEAN会合に先立ち、インドネシア、カンボジア、タイにシャーマン国務副長官を派遣。オースティン国防長官も7月、シンガポール、ベトナム、フィリピンを歴訪した。今月中には、ハリス副大統領が初のアジア外遊としてベトナム、シンガポールを訪れる予定だ。

     東南アジア外交では、安全保障に加え経済面での関与拡大が焦点の一つで、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」への対案となるインフラ整備支援が重要課題に浮上している。今秋開催予定のクアッドの対面首脳会議では、4カ国協調による東南アジア向け支援が議題になる可能性がある。

     ただ、当のASEAN側には、地域が米中の「草刈り場」と化し、加盟国間の分断につながるという懸念も根強い。国務省高官も「米国か中国か選ぶよう求めたことはない。(ASEANが)中国と良好な関係を持つ必要があることを認識している」と配慮を見せる。米政府は、対中非難で同調するよう求めるより、トランプ前政権下で低下した信頼を回復させることを優先する構えだ。

    時事ドットコム 2021年08月07日07時22分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021080600721&g=int

    no title

    オースティン米国防長官(左)と握手するフィリピンのロレンザーナ国防相=7月30日、マニラ(AFP時事)

    no title

    オースティン米国防長官(中央)を迎えるベトナムのファン・バン・ザン国防相(右)=ハノイ、ベトナム通信(VNA)が7月29日配信(AFP時事)

    no title

    ベトナム、シンガポールを訪れる予定のハリス米副大統領=7月27日、ワシントン(AFP時事)


    【【米国バイデン政権】ASEAN外交に本腰 4カ国連携に続き中国けん制 クアッド、日米同盟、米欧同盟という枠組みの強化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: haru ★ 2021/08/04(水) 10:15:22.91 ID:SbqVKgnX9
    no title
    茂木敏充外相は3日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスの感染が急拡大するタイに酸素濃縮器を775台供与すると発表した。ラオスにも酸素濃縮器と吸引器、患者用モニター各100台を供与する。同様の取り組みはインドやインドネシア、ミャンマーに対しても行っており、茂木氏は「戦略的に支援を継続したい」と語った。

    2021/08/03-12:24 時事通信
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2021080300518

    【【足りるのか?】タイ、ラオス、インド、インドネシア、ミャンマーに酸素濃縮器や吸引器を供与 「戦略的に支援を継続したい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/08/03(火) 20:41:52.15 ID:CAP_USER
    kr250
    【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は3日、オンライン開催された韓国・東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議に出席し、関係発展策や朝鮮半島問題などの地域情勢を巡り協議した。

     外交部によると、鄭氏は朝鮮半島情勢に関し、北朝鮮との通信連絡線の復旧などの進展を説明した。また、対話と外交を通じて朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和定着の実質的な進展を図るため、引き続き建設的な役割を果たしてほしいとASEAN側に求めた。

     ASEAN諸国は南北間の通信連絡線の復旧を歓迎し、南北の対話や協力を支持する姿勢を示すとともに、既存の南北・米朝間の合意に基づいた早期の対話再開へ努力すると表明した。

     鄭氏は同日、ASEANプラス3(韓中日)外相会議にも出席する。4日には東アジア首脳会議(EAS)外相会議、6日には北朝鮮も加わるASEAN地域フォーラム(ARF)外相会議にそれぞれ出席する。新型コロナウイルスの影響で、いずれもオンライン開催となる。

     ARFの会議には昨年と同様、北朝鮮から安光日(アン・グァンイル)駐ASEAN代表部大使兼駐インドネシア大使が出席する公算が大きいが、本来の出席対象者である李善権(リ・ソングォン)外相となる可能性もある。

    WOWKorea 2021/08/03 16:42配信 聯合
    https://s.wowkorea.jp/news/read/309805/

    【韓国・ASEAN外相会議開催 韓国は南北通信線復旧など説明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ろこもこ ★ 2021/06/28(月) 17:04:52.51 ID:CAP_USER
    kr250

    2021年6月24日、韓国・聯合ニュースは「日本車ブランドの人気が高い東南アジアで、現代(ヒュンダイ)・起亜自動車が好成績を出しており、販売トップの座に着けるか業界が注目している」と伝えた。

    ベトナム自動車工業会(VAMA)によると、韓国ブランドの現代・起亜自の今年1~5月のベトナムでの販売数は計4万7860台で、トヨタ(2万4112台)の約2倍に達した。現代自が2万4420台でトヨタを抑えトップ、起亜は2万3440台で3位だったという。現代自は昨年、初めてベトナム市場で販売数1位を記録しており、今年は4月から2カ月連続1位をキープしている。ベトナムの自動車市場は東南アジアでタイ、インドネシア、マレーシアに続き4番目に大きく、年間市場規模も急速に成長しており、現代・起亜自の販売拡大が注目されていると記事は伝えている。

    現代・起亜自はインドでも販売数1位を獲得している。インド自動車工業会(SIAM)によると、先月の販売数は両社合計3万6501台で、初めてマルチ・スズキ(3万2903台)を抑えてトップに立った。今年1月から5月までの累計販売は現代自が23万208台で、マルチ・スズキ(59万8748台)に続く2位。起亜は8万2019台の4位だった。まだマルチ・スズキとの格差は大きいが、SUV(スポーツタイプ多目的車)など人気車種の発売を続け、1位の座を狙っているという。

    また記事は、現代・起亜自が「東南アジア市場攻略を本格化させ、生産能力拡大に向けた投資にも力を入れている」と伝えている。現代自は2017年にベトナムのタインコン・グループと生産合弁法人を設立。19年にはベトナム工場を増設し現地販売合弁法人を設立した。年間10万台の生産・販売体制確立を目指している。日本車のシェアが96%に達するインドネシアでも、現代自は15億5000万ドル(約1720億円)を投じて工場を建設中で、年末から年間15万台規模の生産を開始し、生産能力を25万台まで拡大する計画だという。

    さらに、現代自は東南アジアの電気自動車(EV)市場における主導権獲得にも動いているという。18年に配車・デリバリーサービス大手のグラブに2億7500万ドルを投資しており、最近は戦略的パートナーシップの強化とEV普及拡大の方針を明かしている。年内にシンガポールを皮切りにインドネシア、ベトナムなどでE Vバッテリーサービス事業とEV金融支援事業を拡大し、EVの大衆化を進める。インドネシアではLGエナジーソリューションと約1兆3000億ウォン(約1270億円)を投じてバッテリー合弁工場を新設する計画だという。

    この記事に、韓国のネットユーザからは「これは本当に応援すべきすごいことだ」「サムスンとLGがソニーを没落させたように、現代自がトヨタを没落させる」「ゆっくりじっくり、確実に。日本はおしまいだ」「今や大韓民国は日本よりも先進国だ!」など、歓喜の声が殺到している。

    一方で、「エンジンをはじめ各種欠陥だらけの車だから、また(人気は)品質のいい日本車に戻るよ(笑)。中国で売れまくった現代自が、結局今は日本車の足元にも及ばない状況なのを知らないのか」「韓国側は現代+起亜なのに、日本側はトヨタのことだけ。レクサスやホンダはどうなんだ?。記事の書き方が悪い」「タイのバンコクでは現代・起亜自を全く見ないぞ」「東南アジアで日本車をよく見かけるのは、中古車がたくさん輸出されているからだ。丈夫によく造られているから、1970~80年型の車が今も現役で走っている」などのコメントも寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

    RecordChina
    https://www.recordchina.co.jp/b878518-s25-c30-d0195.html  

    【【韓国メディア】韓国車が東南アジア市場攻略を本格化、売り上げ好調で日本車ピンチに?=韓国ネット「今や日本より先進国」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/06/15(火) 11:45:18.60 ID:CAP_USER
    mogigaisyou0614
    茂木敏充外相は15日の記者会見で新型コロナウイルスのワクチンをベトナムやインドネシア、タイ、フィリピン、マレーシアの計5カ国に提供すると発表した。ベトナムには16日におよそ100万回分を届ける。英アストラゼネカ製のワクチンが対象で、他の4カ国には7月上旬から送る。

    日本から海外への提供は124万回分を無償供給した台湾に続く2例目となる。ベトナムなどの新たな対象国は今春から感染者数が急増している。ワクチン調達が遅れており、日本に支援を求めていた。

    茂木氏は東南アジアの5カ国を選んだ理由について「東南アジア諸国連合(ASEAN)と日本は極めて重要な関係を有する」と述べた。「日本が提唱する『自由で開かれたインド太平洋』を実現していくためにも重要な国々だ」と説明した。

    他の国・地域への支援も感染やワクチン調達の状況を勘案しながら調整する。茂木氏は台湾とベトナムへの追加供給も検討する考えを示した。

    政府は米ファイザーや米モデルナから国民全員分のワクチンを確保したと判断し、アストラゼネカのワクチンは公的接種の対象から当面外すとしている。菅義偉首相は3000万回分を海外に供給する方針を掲げる。

    政府は支援先について、感染状況だけでなく日本との関係を踏まえ判断している。ベトナムは中国との領海問題を抱え、首相が2020年10月に訪問するなど関係強化をめざす国の一つだ。

    首相は11~13日に英国で開催した主要7カ国首脳会議(G7サミット)で中国が台頭するインド太平洋において、G7とASEANが連携する重要性を説いた。

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA151TU0V10C21A6000000/

    【【日本】東南アジア5カ国へワクチン提供、外相発表 台湾に続き】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: アルゼンチンバックブリーカー(神奈川県) [JP] 2021/05/28(金) 13:40:33.50 ID:R9H+BYzr0● BE:329614872-2BP(2500)
    kr250

     京畿道一帯のオフィステル(オフィス兼住宅物件)を借り、女性80人余りを雇い、男性客相手に1万3000件余りの売春を行っていたあっせん組織が検挙された。京畿南部署は27日、オフィステル9物件で客室49室を借り、コールセンターを設置するなど、組織的に犯行に及んでいた16人を検挙し、総責任者の30代の男ら6人を逮捕した。

     調べによると、東南アジアで旅行会社を経営してきた総責任者のK容疑者は、新型コロナウイルスの影響で事業に行き詰まり、韓国に戻って売春あっせん組織をつくった。K容疑者は別名「ママ」と呼ばれるエージェントを通じ、売春女性80人余りを確保し、昨年8月から竜仁、仁川、議政府、軍浦など京畿道各地のオフィステルの客室を借り、売春ビジネスを始めた。一室には「コールセンター」を設け、24時間態勢で男性客の電話を受け付け、客室に案内していた。

     「室長」と呼ばれるメンバー11人はそれぞれ担当するオフィステルとの間を行き来し、集金を行ったり、客室の清掃を行ったりしながら、女性を密着管理した。売春女性の面接や出勤管理、虚偽の「利用後記」のネット投稿も行っていた。

     警察が押収した買春客リストには重複する人物を含め、1万3000件余りの記載がある。利用日、携帯電話番号、相手女性の名前(仮名)のほか、「既存」(リピーター客)、「ムンクァン」(女性が気に入らず出ていったという意味)などメンバーだけが分かる隠語で男性客の特徴も記録した。警察関係者は「犯行グループが作成した売春データベースにある男性の電話番号も入手した。資料を分析後、容疑があれば調べる予定だ」と述べた。

     犯行グループは捜査に備えた行動指針も作成していた。身分が発覚することを防ぐため、総責任者を「世宗(セジョン)大王」と呼ぶなど、メンバー同士でも別名を使用。他人名義の携帯電話と追跡が困難なメッセンジャープログラムを使った。「室長」らは集金のために午前3時ごろにオフィステルを訪れる際にもレンタカーを使い、宅配ドライバーに見えるようにヘルメット姿でベストを着用するなど、身分を偽装していた。

     警察は犯行グループの営業用口座に入金されていた5億2000万ウォン(約5100万円)について、起訴前に没収追徴保全命令を申し立てることを決めた。警察関係者は「売春営業は全て現金で行われており、犯罪収益はさらに多いとみられる。口座追跡などで回収する計画だ」と話した。

    権祥銀(クォン・サンウン)記者

    朝鮮日報 記事入力 : 2021/05/28 11:44
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/05/28/2021052880022.html

    【【韓国】東南アジア人80人に13000回売春させた大規模売春組織を摘発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 少考さん ★ 2021/04/25(日) 09:10:06.18 ID:psd6287H
    K10012996331_2104250515_2104250521_01_02

    ASEAN 特使をミャンマー派遣で対話仲介へ 議長声明を発表

    ミャンマー情勢をめぐるASEAN=東南アジア諸国連合の首脳級の会議が24日開かれ、平和的な解決に向けてASEANの特使をミャンマーに派遣して対話を仲介するなどとした議長声明を発表しました。

    ASEANの首脳級会議は24日インドネシアの首都ジャカルタで行われ、クーデターを起こしたミャンマー軍のトップ、ミン・アウン・フライン司令官も出席しました。

    会議のあと議長声明が発表され、出席者は深刻な懸念を表明したうえで、平和的な解決に向けた5つの項目について合意したとしています。

    合意内容には、暴力を直ちに停止しすべての当事者が自制することやASEAN議長国の特使が対話プロセスを仲介すること、特使が現地のすべての当事者と面会することなどが盛り込まれています。

    会議に出席したシンガポールのリー・シェンロン首相は地元メディアに対して、ミン・アウン・フライン司令官が会議の中で「ASEAN代表団の訪問や人道支援に反対しない」などと述べたことを明らかにしました。

    一方、5項目には、アウン・サン・スー・チー氏などクーデターで拘束された人たちの解放については盛り込まれず、議長声明の中で「解放を求める声もあった」という表現にとどまりました。

    ASEANとしては地域の共同体として事態の打開に向けて主導的役割を打ち出した形ですが、民主化を目指す勢力と激しく対立する軍から今後どれだけ協力を引き出せるかが問われることになりそうです。

    ミャンマー軍に対抗し発足「国民統一政府」が声明

    ミャンマーで民主化を目指す勢力が軍に対抗して発足させた「国民統一政府」の報道官を務めるササ氏は「ASEANの指導者たちが軍の暴力を停止し政治犯を釈放しなければならないとの考えで一致したというニュースを歓迎する」とした声明を発表しました。

    声明はまた「今回の決定に従い私たちが民主主義と自由を取り戻すためASEANの揺るぎない行動を期待する」としています。

    ミャンマー国営テレビ 合意内容については触れず
    ミン・アウン・フライン司令官の今回の会議の出席はクーデター後初の外国訪問となりました。

    24日夜のミャンマーの国営テレビは司令官の出席をトップニュースで取り上げ「司令官らはミャンマー国内の政治的な進展や今後について議論した」と伝えました。

    しかし、暴力の停止やASEANの特使など議長声明に盛り込まれた合意内容については一切触れませんでした。

    NHK 2021年4月25日 5時21分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210425/k10012996331000.html


    【【ASEAN】特使をミャンマー派遣で対話仲介へ 議長声明を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [CN] 2021/04/17(土) 21:04:10.02 ID:PYaVPvFF9

    no title

    ミャンマー国軍のミン・アウン・フライン総司令官=2018年8月、ネピドー(EPA時事)


     【バンコク時事】タイ外務省スポークスマンは17日、ミャンマー情勢を協議するため、東南アジア諸国連合(ASEAN)が今月下旬に開く予定の特別首脳会議に関し、クーデターを実行した国軍のミン・アウン・フライン総司令官が出席の意向を示したことを明らかにした。議長国ブルネイは、首脳会議を24日にジャカルタで開く方向で調整を進めている。


     クーデターに反発する民主派は、国軍に対抗して独自に「統一政府」の樹立を宣言した。ASEAN外交筋は総司令官が出席する場合、「民主派代表がジャカルタに来る可能性は低い」と指摘。これに対し、民主派幹部のアウン・チー・ニュン氏は、取材に「われわれも参加する必要がある。国際社会の支援が必要だ」と訴えた。
     会議には総司令官のほか、首脳数人が参加を表明したという。対面式での開催を目指すが、一部首脳は出席を明言しておらず、オンラインで参加する可能性もある。

    時事通信 2021年04月17日20時07分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021041700582

    【ミャンマー国軍トップ出席へ 今月下旬のASEAN会議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ろこもこ ★ 2021/02/17(水) 21:06:12.71 ID:CAP_USER
    kr250

    2021年2月16日、韓国メディア・韓国日報は「ASEAN(東南アジア諸国連合)における韓国の影響力は1%にも満たない」と題した記事を掲載した。

    記事によると、シンガポールのシンクタンク、ISEASユソフ・イサーク研究所がこのほど、ASEAN加盟国を対象とした調査結果をまとめた報告書を発表した。今回初めて韓国の経済的、政治的影響力を調査したところ、どちらも1%未満(それぞれ0.6%、0.3%)と集計されたという。また、「新型コロナウイルス感染症問題を支援する対話パートナー」「米中対立の中におけるASEANのパートナー」「最も好きな旅行先」を尋ねる質問で、「韓国」との回答率はそれぞれ5.4%、3.2%、4.7%だったという。記事は「ASEANにおける韓国の地位は微々として振るわない」と評している。

    報告書は、日本については「最も信頼できる強大国」(67.1%)「最も好きな旅行先」(30.2%)で1位に選ばれていると紹介。「米中の対立でASEANが直面している潜在的リーダーシップの空白を、ソフトパワーの強い日本は埋めることができる」とも評している。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「親日国シンガポールのシンクタンクの言うことなどどうでもいい」「日本が潜在的リーダーシップの空白を埋める?。根拠は何だ?」「日本はかつて米国を脅かした経済大国だが、韓国は韓流と経済成長で、今ようやく東南アジアに名刺を配っているようなものだ。日本より信頼度や影響力が劣るのも当然だよ」「今回初めての調査だったんでしょ。これからだよ。韓国、ファイト」「東南アジアで日本が高く評価されているのは事実だ。韓国は少し彼らを低く見ているところがあって、イメージが悪いのも事実。でも、日本の影響力はだんだん弱まっている。韓流に乗って韓国のイメージは良くなっている。これからが重要だよ」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b872154-s25-c100-d0195.html 


    【【韓国の影響力は1%にも満たない】ASEANにおける日韓の影響力に大きな差? 韓国ネット「韓流に乗って韓国のイメージは良くなっている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/11/20(金) 23:18:38.31 ID:CAP_USER

    no title
    【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は20日、テレビ会議形式で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、「ビジネス関係者らの移動を促進させる方策を積極的に協議しなければならない」と提案した。

     会議には文大統領のほか、米国のトランプ大統領、中国の習近平国家主席、日本の菅義偉首相らAPECに加盟する21カ国・地域の首脳が参加した。

     文大統領は「危機が不平等を増大させないよう、包容的な協力方策をつくることに努めなければならない」と表明。「韓国は新型コロナウイルス禍でも国境を封鎖する代わりに、交流を続けて衝撃を最小限に抑えている」として、「アジア太平洋地域の未来の成長は自由貿易で皆が利益を得る『拡大均衡』にかかっている」と強調した。

     また、「危機の克服のため、APECが再び連携の力を発揮する時期」とし、「多国間貿易体制を強化してこそ、域内の経済回復を早められる」と強調。「韓国は雇用と社会安全網を土台とする『韓国版ニューディール』を新しい国家発展戦略として採択し、国家間の包容性の拡大のため、約1億ドル(約104億円)の人道支援を行っている」とし、「防疫物資と防疫経験を世界と共有しており、ワクチンの公平な配分を保障する努力も支持している」と紹介した。

     その上で、「デジタル経済」と「グリーン経済」のバランスの取れた融合を模索するよう提案した。

    聯合ニュース 2020.11.20 23:09
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20201120003800882?section=politics/index


    【【韓国・文大統領】APECでビジネス関係者の移動促進・多国間貿易強化提案】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/11/16(月) 17:00:06.54 ID:CAP_USER
    世界最大の自由貿易協定(FTA)である東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に韓国、中国、日本をはじめとし東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国などが最終署名し、最近多角的に東南アジア進出を模索してきた現代自動車の足取りも速まりそうだ。

    RCEP署名により東南アジア市場でそれぞれ40%と30%に達した貨物車と乗用車の関税は今後段階的になくなる予定だ。自動車だけでなくエンジン、安全ベルト、エアバッグなど自動車部品も現在課されている10~30%の関税が段階的に撤廃される。

    ◇現代自動車インドネシア工場、来年末稼動予定

    現代自動車は現在インドネシアの首都ジャカルタから東に40キロメートル離れたブカシ・デルタマス工業団地に年産25万台を目標に自動車工場を作っている。来年末から稼動予定だが、RCEPで韓国から輸入する部品に対する関税がなくなれば価格競争力を伸ばすことができる。鉄鋼管(20%)、メッキ鋼板(10%)など鉄鋼製品に対する関税も撤廃されてメリットが生まれる見通しだ。

    現代自動車は2017年のTHAAD問題以降、中国市場での業績がなかなか回復しておらず東南アジアに目を向けた。日本車が90%近いシェアを見せているところに高い関税に妨げられ輸出も現地生産もともに思わしくなかった所だ。だが最近ベトナムで販売順位1位を記録し、シンガポールに電気自動車や都市航空交通(UAM)など先端技術を集約した革新センターを着工するなど東南アジア市場攻略に心血を注いでいる。

    ◇現代自動車「得失勘定するには早い感」

    RCEP最終署名にも現代自動車はひとまず慎重な姿勢を見せている。現代自動車関係者は「北米・欧州市場以降今後販売を増やせる所は東南アジアやインド程度だけ。RCEPで関税が撤廃され投資環境が友好的な方向に発展するのは明確に良いこと」と前提にした。ただ 「国ごとに施行日程や譲歩項目などが違い、すでに韓国と東南アジアのFTAなどがあるため細部的な得失を勘定するにはまだ尚早の感がある」と話した。

    RCEPは日本とFTAを締結した効果もある。ただ韓国は日本に対し自動車や機械など「敏感品目」の市場開放は除いた。日本企業が韓国に工業品を輸出する際の現在の関税撤廃率は19%だが今後92%まで増える見通しだ。エアバッグや電子部品など自動車関連部門では80%の品目に対して韓国の関税が段階的になくなる。反対に現代自動車の場合、日本市場に進出しておらず関税引き下げ効果はない見通しだ。

    ◇現代自動車、現地でソーシャルベンチャー育成事業

    一方、現代自動車グループは東南アジア最大の自動車市場であるインドネシアでソーシャルベンチャー育成事業を始めると16日に明らかにした。最近実施した「現代スタートアップチャレンジ」に316チームが参加し、このうち10チームを選抜して専門家の経営コンサルティングを提供し1チーム当たり1000万~5000万ウォンの事業費を後援する。10チームの授賞式にはインドネシア投資調整庁長官も参加した。現代自動車グループは今後このプログラムを東南アジア主要国に拡大してブランド認知度強化に努める計画だ。

    中央日報日本語版 11/16(月) 16:45
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cd31fa118eaeab03b6e492670344310c545b0e7a

    現代自動車は去年の12月、東南アジアの最大級車両共有サービス、「Grab」に自社のアイオニックエレクトロニクスを提供した(写真 現代自動車)
    no title

    【【韓国】日本車が90%占める東南アジア市場、RCEPで現代自動車の攻略加速するか ブランド認知度強化に努める計画】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/11/15(日) 16:37:43.34 ID:CAP_USER
     kr250
    【大田聯合ニュース】韓国特許庁は15日、同日開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の首脳会議で、韓国とASEAN加盟10カ国、オーストラリア、日本、中国、ニュージーランドの15カ国が東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に署名したと発表した。

     これにより、世界の国内総生産(GDP)の30%(26兆3000億ドル=約2750兆円)、世界の人口の30%(22億6000万人)、世界の貿易規模の28.7%(5兆4000億ドル)を占める巨大市場で韓国企業の特許・商標・デザインなどの知的財産権(IP)保護の基盤が設けられることになる。

     ASEANは韓国からの輸出の割合が高く、韓国企業にとっては大変重要な市場だ。今回の署名により具体的な知的財産権条項がASEANに適用されれば、この地域に進出済み、または進出予定の韓国企業の知的財産権が効果的に保護される見通しだ。

     韓国とASEANの自由貿易協定(FTA)は2007年に発効したが、この協定は知的財産権分野の情報や経験の共有、知的財産権保護に対する認識向上などを宣言としてのみ規定し、韓国企業の知的財産権を効果的に保護するには限界があった。

     RCEPでは商標・特許・デザインなど分野別に計83の条項が具体的に定められていることから、ASEAN地域で知的財産権の保護がさらに強化されると予想される。

     RCEPの各条項は来年から各国の国会での批准、発効手続きを経た後、本格的に施行される予定だ。

     特許庁の鄭然友(チョン・ヨヌ)産業財産保護協力局長は、今回のRCEPへの署名により、韓国企業の進出が盛んなASEANで韓国と類似した知的財産権システムを構築するための第一歩を踏み出したとしながら、「今後2国間・多国間の協力を通じて、韓国企業に必要な条項がASEANなどで速やかに施行されるよう努力する」と述べた。

    聯合ニュース 11/15(日) 14:53
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6b6a72dc78aeccf84fe624f3522d6b5f7548ae8d


    【【韓国報道】ASEANなど15カ国がRCEPに署名 韓国の知的財産権保護強化へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2020/11/12(木) 21:39:56.25 ID:CAP_USER

    no title
    【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日、テレビ会議方式で開催された韓国・東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議で、予期できない危機を一丸となって克服してきた加盟国首脳の指導力に敬意を表するとし、韓国もASEANと協力していきたいとの意向を示した。その上で、ASEANの連帯と協力という精神があれば新型コロナウイルスがもたらした危機を共に克服できるとし、医療物資の調達やワクチン開発などを目的とした「新型コロナに関するASEAN対応基金」に韓国も積極的に参加すると表明した。

     ASEAN対応基金は4月に行われたASEANプラス3(韓中日)首脳会議で設立が決まり、韓国は100万ドル(約1億500万円)を拠出することを表明した。

     文大統領は「韓国はこれまで診断キットやマスクなどの防疫物資を支援し、ドライブスルー(自動車移動)式のウイルス検査所など、韓国式の防疫の経験を共有してきた」とし、「ASEANも韓国が困難な状況のときに防疫物資を支援して真の友情を伝えた」と振り返った。

     またビジネス関係者らの入国を円滑にするための「ファストトラック」や特別例外入国などの制度による交流と協力は韓国が新型コロナを克服する上で大きな力になったとし、韓国とASEANの協力をさらに強化する意向を示した。

     文大統領は、「韓国の新南方政策のビジョンと成果がASEANと韓国の双方に役立っている」と評価した上で、新型コロナの状況を反映した「新南方政策プラス」を紹介した。

     文大統領は「新南方政策プラス」について「包括的な保健医療協力をはじめとする7大協力分野を中心に新しい協力策を盛り込んだ」とし、「ポストコロナ時代に『人を中心とした平和・繁栄の共同体』を早期に実現する」と説明した。

     また、新型コロナによる被害規模は国ごとに異なり、治療薬やワクチンが開発されてすべての国に普及するまではどこの国も安心できないと述べた上で、「それでもASEANと韓国が協力すればコロナ危機に先んじて対応できる」と繰り返し強調した。

     文大統領は保健分野の協力などを骨子とする「ASEAN包括的回復フレームワーク」への全面的な支持を表明した後、「新南方政策プラス」との結合により、ASEANと韓国が共に偉大な繁栄を享受することを願うと述べた。

    聯合ニュース 2020.11.12 20:46
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20201112004100882?section=politics/index


    【【韓国・文大統領】ASEAN対応基金への積極参加表明「ASEANと韓国が共に偉大な繁栄を享受することを願う」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/09/07(月) 11:04:37.02 ID:CAP_USER
    no title
    米中間の軍事的緊張が激しくなっている中、今週次々と開かれるASEAN(東南アジア諸国連合)関連の外相会議で韓国政府の動きが気になる。

    6日 韓国外交部(外務省に相当)によると、カン・ギョンファ(康京和)韓国外相は今週9日から12日に、ASEANプラス3(日中韓)と東アジアサミット(EAS)、ASEAN地域安保フォーラム(ARF)など、4つの会議に次々と参加する。

    今回は新型コロナウイルス感染症の拡散によりTV会議として開催されることになり、新型コロナ防疫協力と経済回復、地域情勢などが議論されるものとみられる。

    ここで中国を強く圧迫している米国による「対中国ブロック」構築の試みが本格化するものとみられている。

    米国務省は去る2日(現地時間)、今回のASEAN関連会議でマイク・ポンペオ米国国務長官が「インド太平洋地域での米国の優先順位を扱い、主権と多元主義に立脚した自由で開放的なこの地域を支援するための、米国の努力の詳細内容を共有するだろう」として、中国牽制のための圧力外交を事実上 予告している。

    域内覇権において激突している米中は、ASEANの国々らを相手に「ライン作り(どちら側につくか)」を毎年おこなってきた。しかし南シナ海で両国間の緊張が高まっている状況で開かれる今回の会議では、その行動が一層 露骨に表れるものと予想される。

    このことにより外交家たちの間では、今まで米中両国間で「戦力的曖昧性」を維持してきた韓国の「綱渡り外交」が、本格的に試されることになるのではという見方が出ている。

    最近 ポンペオ長官は、中国をけん制している米国の努力に同盟国たちが合流しているとして“韓国”をその事例としてあげている。事実上 “反中戦線構築”に同盟国である韓国も参加対象となっているという認識を滲ませていると解釈される。

    このような中、特に習近平中国国家主席の年内訪韓を進めている韓国政府としては、かなりの負担とならざるを得ない。

    WOW!Korea 2020/09/07 08:03配信
    https://s.wowkorea.jp/news/read/269773/

    【【韓国】米中激突の中、今週「ASEAN“連鎖”会議」…「負担大きい」韓国外交】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル