かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。

    カテゴリ: フランス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
     環境保護団体グリーンピースの活動家らが12日未明、フランス北東部カットノンの原子力発電所に侵入し、花火を打ち上げた。
    同団体によると、原発が攻撃に対して無防備であることを明示するための行動だったという。

     グリーンピースはツイッター(Twitter)に、「われわれの活動家らがフランスの原発構内で花火を打ち上げた。
    この施設は無防備だ」とのメッセージと共に、花火が上がる様子を捉えた動画を投稿した。

     同原発を運営するフランス電力(EDF)によると、敷地内に侵入した活動家らは原子炉エリアにたどり着く前に拘束され、安全性は侵害されていないという。 


    【グリーンピース、仏原発で花火打ち上げ 「無防備さ示すため」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    フランスのローラ・フレセルスポーツ相は21日、韓国で2018年に開催される平昌冬季五輪について、北朝鮮の核兵器開発をめぐる国際的な緊張が高まり、安全が保障されない場合、フランスは参加しないと表明した。

     フレセル氏は仏ラジオ局ラジオ・テレビ・ルクセンブルクに対し、「状況が悪化し、安全が確保できなければ、フランス選手団はここにとどまる」と言明。「選手団を危険にさらすことはしない」と述べた。

     要職にある政治家が自国の平昌五輪参加を見送る可能性を公言したのは、これが初めて。同大会は、南北朝鮮間の軍事境界線からわずか80キロに位置する平昌で、来年2月9日から25日まで開催される。

    APF
    http://www.afpbb.com/articles/-/3143827

    【仏、北情勢悪化なら平昌五輪参加せず スポーツ相表明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    北朝鮮外務省欧州局のリ・トクソン副局長は8日、同国の核開発を欧州への脅威と非難したフランスに対し、北朝鮮の核兵器は「米国の核の脅威に対する抑止力」であり欧州への脅威とする発言はばかげている、核兵器がそんなに悪いものだというなら、まずは核の脅威に全くさらされていないフランスが核兵器を放棄せよと猛反論した。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00010004-afpbbnewsv-int


    【北朝鮮、核開発非難した仏に猛反論「まずはフランスが核兵器を放棄せよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    アメリカと北朝鮮が弾道ミサイルの発射をめぐって激しい言葉の応酬を続ける中、フランスのマクロン大統領は「すべての当事者に緊張の激化を防ぐよう呼びかける」として米朝双方に自制を求めました。

    フランス大統領府は12日、朝鮮半島情勢についてのマクロン大統領の声明を発表しました。この中でマクロン大統領は、グアム島周辺に弾道ミサイルの発射を検討しているとする北朝鮮に対して、「国際平和と安全保障を損なうものだ」として、強い懸念を表明しました。

    そのうえで「この地域をめぐりフランスは同盟国との結束を保証する」としながら、軍事的な対抗措置を辞さない構えを示すアメリカと北朝鮮の間で緊張が高まっていることを念頭に、「すべての当事者に緊張の激化を防ぐよう呼びかける」として、米朝双方に自制を求めました。

    【仏 マクロン大統領 米朝双方に自制求める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    エールフランス
    北朝鮮の2回目となるICBMと見られる弾道ミサイルの発射について、アメリカ政府の当局者は1日、ミサイルの落下の数分前に民間の旅客機が付近の上空を通過していたことを明らかにしました。

    それによりますと、この旅客機は東京発パリ行きのエールフランス293便で、当時、北海道の西の日本海の上空を飛行していたということです。

    また、旅客機が発信する情報をもとに飛行コースをインターネットで公開している「フライトレーダー24」によりますと、エールフランス便はミサイルが日本海に落下したと見られる時間の前後、高度3万フィート、およそ9100メートルとほぼ一定の高度を保ちながら、北海道の西の沖合をまっすぐ北に向かって飛行していました。

    【仏旅客機 北朝鮮ICBM落下数分前に付近を通過】の続きを読む

    このページのトップヘ