かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    カテゴリ: フランス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/07/27(金) 11:56:52.40 ID:CAP_USER
    no title
     
    自由、平等、博愛を象徴するフランス革命記念日(7月14日)の行事にフランス政府が日本の自衛隊を招待して、一斉に戦犯旗である旭日旗を変形した自衛隊旗を持って行進した場面に対し、日帝の侵略で苦痛を受けた国々が怒っている。

    日帝の蛮行を糾弾してきた汎アジア系連帯組織の慰安婦正義連帯(CWJC)は、歴史認識が欠落したフランス政府の誤りに対し、厳重に抗議する公開書簡をエマニュエル・マクロン大統領に送った。

    去る14日、フランスと日本の修交160周年を迎え、フランス革命記念日に招請された日本の陸上自衛隊の儀仗隊は、戦犯旗印の旭日旗を変形した陸上自衛隊旗を持って行進をした。旭日旗は太陽の周囲から広がるように日差しが伸びる『旭光』16本を描いた旗で、現在の陸上自衛隊の軍旗は旭光を8本に減らした形態である。

    日本政府は旭日旗文様自体は豊漁や幸運などを祈る伝統民俗的象徴という点を掲げ、軍国主義を称賛する意味ではないという立場を固辞しており、フランスなどのヨーロッパの国々もこれをそのまま受け入れている状況である。しかし、日本の国旗だけでも日本の自衛隊の象徴性は十分であるのではないかという指摘は以前から提起されてきた。

    第二次世界大戦当時、ドイツの占領に遭ったフランスでは、他のヨーロッパ諸国と同様にナチスの文様であるハーケンクロイツを使用する事は厳格に禁止されていて、法律でも強力に処罰している。韓国政府の国家行事にナチスの文様旗が翻れば、フランスなどドイツナチスの被害を受けたヨーロッパ諸国の反応は火を見るよりも明らかであるという点から、今回のフランス革命記念日の閲兵式で起きた事件は、フランス政府の歴史認識の欠如に過ぎないという批判が出ている。

    マクロン大統領は、シャンゼリゼ通りで旭日旗を翻す自衛隊と河野太郎日本外相をエリーゼ宮に招待して、一緒に記念写真を撮影し、これを自身のTwitterに投稿した。日帝の侵略に遭った国々では、フランス革命記念日に日本人に政治的宣伝の場を作った事と同様であると怒っている。

    以下は、慰安婦正義連帯がマクロン大統領に送った抗議の公式書簡の翻訳である。

    プレシアン(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=002&aid=0002064405


    【【ゴミ箱へ直行】『旭日旗』行進を許可したマクロンに送る公開書簡=慰安婦正義連帯(旧・挺対協)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/07/16(月) 11:56:11.20 ID:CAP_USER
     1EAB5430-AADB-4036-A16C-E181B6C67F12
    7日付の仏紙フィガロは、日本は7人の死刑執行により、「ページをめくり、時代を変えようとした」と評した。
    事件の全貌がいまだ解明されない中、皇太子の新天皇即位で来年5月に元号が変わるため、
    過去に区切りを付けて新時代を迎えようとしていると指摘した。

     同紙は、オウム真理教による一連の事件を振り返り、「阪神大震災後に起きた(地下鉄サリン)事件で、日本はトラウマ状態になった。当初は国中が恐怖に陥った。 
    主な犯人が逮捕されると、教団を長年のさばらせてきた政治、司法、宗教界の機能不全に国中があぜんとした」と記した。 

     さらに、7人死刑の衝撃が広がる一方、日本では死刑廃止論議が高まらないことへの驚きを記した。 
    欧州連合(EU)加盟国は日本に死刑廃止を求めているが、「日本では死刑反対論は希薄。とりわけオウム真理教事件では皆無といえる」と報じた。駐日EU代表部が7人死刑を受けて発表した死刑批判の声明も、「インターネット上で罵詈雑言を浴びるだけ」だと伝えた。 

     仏紙レゼコー(電子版)は6日、オウム真理教事件が日本に与えた歴史的な衝撃を報じた。 
    「日本人は戦後、比較的平穏で調和のとれた社会に生きることに慣れてきた。 
    だが、この事件によって突然、内なる謎の脅威がもたらす不安と恐怖にさらされた。 
    事件から23年たっても、この宗教団体の実体と、彼らがテロに走った真の動機を問い続けている」と評した。 

     同紙もフィガロ紙と同様、日本で死刑廃止論は支持を得られていないと指摘した。 
    「日本は産業化の進んだ民主国家でありながら、米国とともに死刑制度を維持し、国際人権団体に批判されてきた。 
    特に日本は、死刑囚を長期間独房に閉じ込め、執行の数時間前に当人に通知するやり方をとっており、 
    とりわけ残忍だという指摘がある。だが、世論は常に死刑を支持し、廃止論議は高まらない」と伝えた。 

    産経ニュース 
    https://www.sankei.com/affairs/news/180716/afr1807160009-n1.html

    【【フランス】〈オウム死刑執行〉フィガロ紙 日本で死刑反対論は希薄 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/15(日) 18:23:33.69 ID:CAP_USER
    no title

    ▲日章旗と旭日旗を揚げた日本自衛隊隊員が14日(現地時間)、フランス、パリのシャンゼリゼ通りで開かれたフランス革命記念軍事パレードに参加して行進している。[ロイター=聯合ニュース]
    no title

    ▲シンガポール軍人(左側)と共に14日(現地時間)、フランス、パリのシャンゼリゼ通りを行進している日本自衛隊隊員ら。[AP=聯合ニュース]
    no title

    ▲FIFAワールドカップ公式ホームページで販売されている旭日旗Tシャツと2018ディオールのファッション誌に登場したドレス、アディダスが販売されているTシャツ(左から)。[写真各社] 

    フランス革命記念日パレードに参加した日本陸上自衛隊が14日(現地時間)、フランス、パリのシャンゼリゼ道路で日章旗とともに日本の軍国主義を象徴する「旭日昇天旗」を一緒に持って行進した。 

    フランス革命を記念する年次軍事パレードに日本自衛隊が参加するのは今回が三回目だ。今年はフランス-日本修交160周年を記念して日本が招待された。自衛隊員はこの日、制服を整えて日本国旗と旭日昇天旗を持ってシンガポール軍と共に行進した。 

    今月11日に開かれたリハーサルに参加した陸上自衛隊第32歩兵連隊の横山連隊長は「日本と自衛隊を代表して自負心を持って堂々と行進したい」と明らかにした。 

    フランス刑法第645-1条には「ナチなど反人類行為犯罪を犯した集団を連想させる装飾などの着用または展示を禁止し、これを犯した場合、罰金刑に処する」という内容がある。ドイツナチの象徴のハーケンクロイツ模様の使用は厳格に禁止しているが、同じ意味を持つ日本の旭日旗を国家的行事に堂々と持って行進することを許容した点は、日帝強制占領期被害国の事情は考慮しなかったと解釈される余地がある。 

    一方、今年、ロシア・ワールドカップでも旭日旗ファッションが堂々と販売されている。国際サッカー連盟(FIFA)のユニフォームと応援物品販売サイトでも旭日旗模様が描かれたTシャツなどを購入できる。 

    また、高級ブランド・ディオールは去る4月、中国上海で開かれた2018春・夏ファッションショーで旭日旗を連想させるドレスを披露して大変な苦労をした。当時、マリア・クラチア片づけるだろうディオール女性服首席デザイナーは「旭日旗ではなくウチワをモチーフに作ったドレス」と釈明したが、韓国と中国ネチズンの非難を避けられなかった。 

    ファッション業界のある関係者はヨーロッパで旭日旗に対する認識が不足している理由について「ヨーロッパではハーケン・クロイツ模様使用を法的に禁止したが旭日旗は日本はもちろん被害国の中国と韓国でも制裁手段がない。それで西欧では旭日旗が軍国主義の象徴であることを知らない人々が多い」と明らかにした。 

    キム・ソンニョン記者 

    中央日報 (韓国語) 「旭日旗ひるがえって」パリ市内行進した日本自衛隊 
    http://news.joins.com/article/22802610
    【【騒ぐのは韓国だけ】「旭日旗ひるがえして」パリ市内を行進した日本自衛隊~軍国主義の象徴であることを知らないヨーロッパ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: かぜのこ ★ 2018/07/14(土) 21:47:31.19 ID:CAP_USER9
    フランスを訪問中の河野外相は、パルリ国防大臣と「日仏ACSA(=物品役務相互提供協定)」に署名した。
    協定は自衛隊とフランス軍の間で食料や燃料、弾薬などの物資を提供しあうための手続きなどを定めたもので、 締結はアメリカ、オーストラリア、イギリスに続いて4か国目。

    ニューカレドニアなど太平洋に領土を持つフランスと日本は共に「太平洋国家」として海洋進出を強める中国を念頭に、連携を強化する狙いがある。


    18年7月14日 15:01
    日テレnews24
    http://www.news24.jp/articles/2018/07/14/04398704.html


    【【軍事】自衛隊とフランス軍が弾薬や燃料など相互提供へ 河野外相が協定に署名 海洋進出を強める中国を念頭にフランスと連携強化 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: かぜのこ ★ 2018/07/14(土) 22:05:49.53 ID:CAP_USER9
    no title
     
    フランスの革命記念日にあわせて恒例の軍事パレードがパリ中心部で行われ、日仏友好160周年を記念して招待された自衛隊の隊員7人がパレードの先頭を行進し、日仏両国の良好な関係をアピールしました。

    フランス革命の節目となった1789年のバスチーユ監獄の襲撃にちなんで、フランスでは14日が国民の祝日になっていて、毎年パリのシャンゼリゼ通りで軍事パレードが行われています。

    ことしは日本とフランスが外交関係を樹立して160年を迎えるのを記念して日本が招待され、豪雨による災害対応のため海外出張を取りやめた安倍総理大臣に代わって河野外務大臣が出席したほか陸上自衛隊の隊員7人がパレードに参加しました。

    フランス政府は革命記念日の軍事パレードに毎年、同盟国や友好国を招いていて、去年はアメリカのトランプ大統領を招待して米仏両国の強固な同盟関係を演出しましたが、ことしは日本との良好な関係をアピールする場となりました。

    (略)

    NHK 18年7月14日 20時09分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180714/k10011533671000.html


    【【日仏友好160周年】パリで自衛隊とフランス軍が軍事パレード 日本国旗を掲げ行進 豪雨で訪問中止の安倍首相に代わり河野外相が出席 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/07/11(水) 15:17:30.97 ID:CAP_USER
    no title
     
    シリア軍が同国南部で、フランスで製造された対戦車システム「APILAS」数基を奪取したと、地元メディアの情報をもとにポータルサイト「Defense Blog」が伝えている。

    奪取された対戦車システムは、フランスの兵器・軍事機器メーカー「ネクスター」によって製造されたと指摘されている。
    これらのシステムは、シリア南部のダルアー県で奪取された。
    「APILAS」は、口径112ミリの対戦車榴弾を使用する対戦車システム。
    防御施設や掩蔽物の破壊、また装甲車両の撃破に用いられる。
    「APILAS」の射程は、目標によっては600メートルに達し得る。

    スプートニク
    https://sptnkne.ws/hZ5d

    【【シリア】シリア軍、仏製対戦車システム奪取の報道 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/07/06(金) 21:41:26.87 ID:CAP_USER9
     
    在仏の日本人ワイン農家夫婦に退去命令 「恥ずべき決定」に抗議の署名殺到 
    2018年7月5日 13:30  
    発信地:バニュルスシュルメール/フランス [ フランス ヨーロッパ ]  

    【7月5日 AFP】南仏で「傑出した」ワインを生産している日本人夫妻に強制退去命令が出され、フランスのワイン愛好家たちが処分取り消しを求めて立ち上がった。「正気とは思えない、ばかげた恥ずべき決定」に抗議する署名運動には既に4万2000人以上が賛同し、ワイン評論家やレストラン評論家たちも批判の声を上げている。 

     退去命令を受けたのはショウジ・ヒロフミ(Hirofumi Shoji)さんと妻リエ(Rie Shoji)さん。南仏ルシヨン(Roussillon)のバニュルスシュルメール(Banyuls-sur-Mer)近郊で有機栽培したブドウを手摘みで収獲し、添加物を入れない自然派ワインを生産している。 

     昨年初めて収獲したグレナッシュ種のブドウを使った赤ワイン「Pedres Blanques」は発売直後から非常に高い評価を受け、「世界のレストラン・ベスト50(World's 50 Best Restaurants)」で昨年3位にランクインしたスペインの「エル・セレール・デ・カン・ロカ(El Celler de Can Roca)」をはじめ、パリの有名高級レストランなどで提供されている。 

     また、自然派ワインの愛好家からも注文が殺到し、昨年分の1万本は瞬く間に完売。発売時12ユーロ(約1500円)だった価格は26ユーロ(約3300円)まで跳ね上がった。 

     ところが仏移民当局は、夫妻の収入額が滞在許可証の発給条件を満たしておらず、ワイン事業も「存続が不可能」だとして、2人に強制退去命令を出した。 

     ヒロフミさんとリエさんは、それぞれ理想のワイン造りを夢見て2011年に渡仏。ブルゴーニュ(Burgundy)やボルドー(Bordeaux)の著名な醸造所で働きながらワイン造りを学ぶ中で出会い、結婚した。 

     2016年に2人が購入したワイン農園はピレネー(Pyrenees)山脈が地中海に向かって落ち込む険しい土地に位置する。購入費用は10万ユーロ(約1300万円)を貯金から捻出し、さらに5万ユーロ(約650万円)を融資で賄った。 

     しかし、2人が在留資格を「労働者」から「農家」に切り替えようと申請したところ、月収が2000ユーロ(約26万円)に満たないとの理由で移民当局から退去処分を言い渡された。ショウジさん夫妻の代理人を務める弁護士によると、「最初は当局側のミスだと思ったが、3日前に県当局が正式なものだと認めた」という。夫妻は代理人を通じて異議を申し立てている。 

     代理人の弁護士は、夫妻の地元では他のワイン醸造家も「政府の助成を受けていてさえ平均月収は1000ユーロ(約13万円)未満だ」と指摘。こうした周囲のワイン農園と比較して2人はよくやっていると述べ、「夫妻のワインは大成功を収めていて、今年の生産分も既に75%が予約済みだ」と語った。 

    「ショウジさん夫妻の国外退去は、全ての人にとって大きな損失だ」。ルシヨンの中心都市ペルピニャン(Perpignan)のワイン見本市主催者、ジャン・レリティエ(Jean L'Heritier)氏は地元紙の取材にこう語り、他のワイン醸造家たちは「2人の育てるブドウの品質にも、日本人らしい完璧主義に支えられたワイン造りにも」感銘を受けていると話している。  

    AFP
    【【フランス】 在仏の日本人ワイン農家夫婦に退去命令 「恥ずべき決定」に抗議の署名殺到 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: nita ★ 2018/07/04(水) 11:26:07.47 ID:CAP_USER9
    2018年7月4日 11:08 
    発信地:リヨン/フランス [ フランス ヨーロッパ ]
    no title


    【7月4日 AFP】環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)は3日朝、フランスの原子力発電所がテロ攻撃に弱いことを示すため、同国南東部の原発に空飛ぶスーパーマン(Superman)を模したドローンを激突させたと発表した。 

     グリーンピースが公開した動画には、南東部リヨン(Lyon)郊外約25キロに位置するビュジェ(Bugey)原発上空の飛行制限区域を飛行し、建屋にぶつかるドローンが映っていた。 

     グリーンピースによると、ドローンは原子炉のそばの使用済み核燃料貯蔵プールの建屋にぶつかったという。使用済み核燃料貯蔵プールは原発内でも特に線量が高い場所だ。 

     グリーンピース・フランスの原子力反対運動部門を率いるヤニク・ルスレ(Yannick Rousselet)氏は「これは極めて象徴的な行動だ。今回はいとも簡単に空から使用済み核燃料貯蔵プールに到達できることを示した。つまり攻撃に対して極めて弱いということだ」と述べた。 

     フランス電力(EDF)は、使用済み燃料プールの建屋は自然災害や事故などの衝撃に耐えられるように設計されていると説明するとともに、グリーンピースが飛ばしたドローン2機のうち1機を警察が押収したと発表した。 

    http://www.afpbb.com/articles/-/3181119?act=all


    https://youtu.be/Gvb28vqzJR0


    【【テロ】フランスの原発にスーパーマンを模したドローンぶつける、グリーンピース 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/06/15(金) 15:48:36.69 ID:CAP_USER9
    no title

    南シナ海でフランスが軍事プレゼンス強化、中国に対抗 
    2018年6月15日 12:03  
    発信地:パリ/フランス [ 中国 中国・台湾 オーストラリア アジア・オセアニア ] 

    【6月15日 AFP】フランスがインド太平洋地域での軍事プレゼンスを増大させている。 

     5月末、仏攻撃艦「ディクスミュード(Dixmude)」とフリゲート艦1隻が、係争地である南シナ海(South China Sea)の南沙諸島(スプラトリー諸島、Spratly Islands)と、中国が人口島を造成した一群の岩礁の周辺を航行した。これは、資源豊富な南シナ海の大半の領有権を主張する中国に対抗するためだ。 

     ディクスミュード艦長ジャン・ポーチャー(Jean Porcher)氏はビデオインタビューで「これら諸小島付近の航行を含むわれわれの巡視活動は情報収集を目的とするもので、国際水域での使用が可能な検知器すべてを使用している」と記者団に語った。 

     これまで、特にベトナムなど近隣諸国が反発している南シナ海での中国の領有権主張をめぐり、中国との対決を主導してきたのは米国だ。 

     だがフランスは、英国と並び同地域に定期的に海軍を派遣している欧州国として、この紛争にも干渉しており、年3回から5回、南シナ海に艦船を派遣している。 

     8月には仏空軍が東南アジアで最大の訓練を実施する。ジェット戦闘機「ラファール(Rafale)」3機と、軍用輸送機A400Mおよび空中給油機C135 がそれぞれ1機、オーストラリアから数か所に立ち寄りながらインドに飛行する予定だ。 

     この海空合同演習は、5月のエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領のオーストラリア訪問を受けて実施される。 

     フランスは英国の欧州連合(EU)離脱後は太平洋地域に領土を持つEU唯一の国となるが、マクロン大統領は中国との敵対は望まないと強調していた。だが、同地域での航行と飛行の自由を確保するためには「強力なインド太平洋枢軸」が必要だと、オーストラリアのマルコム・ターンブル(Malcolm Turnbull)首相に語っている。 

    ■太平洋に残るフランス領の利益 

     フランスはマクロン政権発足の前からすでに、中国の拡張主義に対抗を始めていた。2014年以降、ルールに基づく海上秩序を守る宣言の一環として、仏海軍は南シナ海を定期的に航行している。2016年には、当事のジャンイブ・ルドリアン(Jean-Yves Le Drian)国防相(現外相)が他の欧州諸国の海軍に対し、定期的で目に見えるプレゼンスを南シナ海で展開するよう呼び掛けた。 

     航行の保護以外に、フランスはニューカレドニアや仏領ポリネシアを含む太平洋に広がる5つの仏領に散在する自国市民の利益を守る必要性にも言及している。 

     フランスのシンクタンク、戦略研究財団(Foundation for Strategic Research)のアジア太平洋地域専門家、バレリー・ニケ(Valerie Niquet)氏は、フランスが主張を強めていることについて「同地域に関与する」西側国が、もはや米国だけではなくなったことの表れだと語った。「中国に対し、米国は明らかに主要な抑止力の役割を演じているが、フランスのような(国連)安保理常任理事国が確固とした原則的立場に立ち、具体的行動を取るのは、無意味なことでも些細なことでもない」と同氏は述べ、フランスが「中国の立場をさらに少しは排除する」だろうと予測した。 

    ■仏製武器輸出国への支持表明も要因 

     専門家らはさらにフランスのインド太平洋地域で活動の増大を支える、もう一つの要因を指摘する。それは、仏製武器の輸入国に対し、仏政府の支持を示す必要性だ。 

     2016年、インドは戦闘機ラファール36機の購入に同意し、オーストラリアは500億豪ドル(約4兆1250億円)相当の次世代仏潜水艦12隻購入の契約を結んでいる。

    AFP

    【【フランス参戦】南シナ海でフランスが軍事プレゼンス強化、中国に対抗 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/06/03(日) 20:44:00.25 ID:CAP_USER
    no title
     
    シンガポールで開催されたアジア安全保障会議「シャングリラ対話」でフランスのフロランス・パルリ国防相は3日、 多くの欧州諸国を引き入れることで南シナ海の情勢安定化につながるとの見方を示した。

    「フランスや他の欧州諸国は南シナ海の領有権問題の参加者ではない」ことを認めつつ、パルリ氏は「多くのパートナーを組入れることで、法律、国際法の遵守そして航行の自由の保障にこぎつけることができる」と強調した。さらにフランスは、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の間で「対話を続け、最終的に行動規範を締結することが重要だと考えている」と続けた。

    ウィリアムソン英国防相は同会議で「最近パリで開かれた2国間協議で、両国が南シナ海の問題解決により活発に関与していくことについて話し合われた」と指摘した。
    ウィリアムソン氏は「私たちは航行の自由において連携する意向で、対話の継続が不可欠だと考えている」と述べた。

    また、英国が東南アジアの地域的な問題に関与する理由の説明としてウィリアムソン氏は、「南シナ海における経済的な利益は地域諸国や中国、日本だけでなく、全世界に影響する」と指摘。
    さらに、「この海は世界有数の国際貿易水路である」と付け加えた。

    スプートニク
    https://sptnkne.ws/hFch

    【【中国南シナ問題】フランス、南シナ海問題により多くのEU諸国を引入れる方針=国防相】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/05/26(土) 08:14:15.96 ID:CAP_USER
    no title

    【5月26日 AFP】フランスの情報機関である対外治安総局(DGSE)の元諜報部員2人が、二重スパイとして中国に機密情報を渡していた容疑で拘束されていることが分かった。 
    当局が25日明らかにした。専門家らによれば、中国当局は外国での諜報能力強化を推し進めているとみており、今回の事件で、そうした動きに光を当たることとなった。 

     容疑者らは昨年12月に拘束されたが、24日夜に仏メディアが報じ、フロランス・パルリ(Florence Parly)国防相の発言があるまで事件は明るみに出ていなかった。 

     パルリ国防相は仏テレビ局CNewsに「わが国機関のフランス人要員2人と、要員らの配偶者のうちおそらく1人が、外国権力に情報を渡したとの容疑に基づき、反逆行為と見なされる可能性の高い重大な行為をした罪に問われている」と述べた。 

     また、匿名の治安筋はAFPに対し、DGSEの要員2人が中国にくみした疑いがあるとの仏メディアの報道内容を確認した。 

     仏TMCチャンネルの番組「Quotidien」は、このうち少なくとも1人が中国に駐在していたと報道。 
    さらに、2人はフランスの防諜当局に摘発されたと伝えている。 

     中国政府は長年、産業スパイにより貴重な知的財産を獲得していると非難されてきたが、対外的の野心の高まりとともに諜報活動を拡大させているとの見方もある。 

     DGSEの情報部門トップを務めたアラン・シュエ(Alain Chouet)氏は、中国は「当然、経済情報も狙い続けているが、政治、外交などの分野で他の主要国が何をしようとしているのか探っている」と指摘した。 

     中国外務省は25日、フランスでの元要員拘束をめぐる質問に対し、状況を承知していないと応じた。 

     捜査当局は容疑者らが中国側に情報を渡していた期間を特定していないが、パルリ国防相は、当時、2人はまだ在任中だった可能性が「非常に高い」と述べている。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3176084

    【【フランス】仏の元諜報部員2人、中国への機密情報提供(二重スパイ)で拘束[05/26] 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/05/24(木) 05:33:06.05 ID:CAP_USER9
     【パリ時事】フランスのルドリアン外相は23日、ラジオ「フランス・アンテル」に出演し、米国がイラン核合意離脱を受けて発表した対イラン新戦略について、中東情勢の不安定化をもたらし、米国とイランの戦争につながる可能性もあると警鐘を鳴らした。その上で「核合意はまだ死んでいない」と強調し、他の締結国と連携して合意維持に努める考えを示した。
     ルドリアン氏は、イランにシリア撤退など実現困難な要求を突き付けた新戦略が「対話の意思があった(穏健派の)ロウハニ大統領の力を弱める」と述べ、イランで反米の保守強硬派が勢いづくことへの懸念を表明。緊張激化で「米イラン間の戦争に発展する可能性はあるか」との質問に「ある」と答え、強い危機感を示した。(2018/05/23-20:06)

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052301185&g=int

    【仏外相、戦争の可能性「ある」=米のイラン新戦略で警鐘 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/05/08(火) 18:03:14.50 ID:CAP_USER9
    5F68E7E3-9975-4608-90E8-5714435ED177

    日本の場合は愛国と反日みたいになっちゃってる

    和田政宗
    「例えばフランスは極右から極左まであるけど、みんな集会に行くと国旗を振って国歌を歌ってやってる。経済政策が右派的であるか左派的であるか。基本的に愛国なのでどちらになっても選択肢として選べるが、日本の場合は愛国と反日みたいになっちゃってる」

    (略)

    ▼ネット上のコメント

    ・解りやすくて、いいよね。

    ・まあ日本は戦後GHQの占領政策のせいで、愛国心=戦争に繋がるという考えが根強くなってしまいましたからね…。

    ・フィフィさんも、愛国左翼って聞いたことがないと指摘していましたね。日本人は、左翼=反日と考えてしまいそうですが・・・。

    ・今の日本は他の国からしたら普通とはかけ離れた国だろうな。

    ・愛国野党なら良いのですが、反日野党ですからね😅

    ・日本の反日左派ってフランスだけでなく、ヨーロッパに全域で見ても珍しいですよw 反国家主義で自国に被害を与える左派=テ◯リスト ですから。

    ・そりゃ 日本人じゃないからですね。愛国と反日みたいにじゃなくて、本当にそうなんですから。フランスの様に日本のことを考える議員だけに絞るべきですね。本当は野党でも国の為になるなら、与党に協力するべきなのでは?と思います。

    https://snjpn.net/archives/50632 

    【和田政宗「フランスは極右から極左まであるけど、みんな集会に行くと国旗を振って国歌を歌う。日本の場合は愛国と反日みたいに…」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/04/25(水) 12:50:06.99 ID:CAP_USER9
    tramp
     
    米仏首脳、イラン合意で溝

     【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領は24日、マクロン仏大統領とホワイトハウスで会談した。欧米など6カ国とイランが2015年に結んだ核合意の修正では、核合意に強い不満を持つトランプ氏と、現状維持を望むマクロン氏の間で溝が浮き彫りになった。通商分野ではトランプ政権の鉄鋼などに課す制裁関税がテーマになる見通しだ。
     トランプ氏は会談冒頭で、イラン合意に関して「非常識でばかげている」と改めて批判。「結ぶべきでなかった」とも述べた。イランの弾道ミサイルの開発に加え、イエメンやシリアでの活動を制限できないことを理由にあげた。ただ「(マクロン氏との)会談で議論する」とも語った。
     核合意はイランの核開発を制限する代わりにイランへの経済制裁を解除する内容。トランプ氏は一定期間後にイランの原子力活動を認める「サンセット条項」の廃止などを訴え、欧州諸国と修正協議をしてきた。
     マクロン氏は会談で「地域全体の安全保障という大きな文脈で議論したい」と語った。22日の米テレビ番組で核合意に「代替案はない」と指摘し、現状維持が望ましいとの考えを示した。サンセット条項の廃止などは核合意の当事者であるロシアや中国の了解が必要で現実的に難しい。ジョンソン英外相も23日、既存の核合意の修正を否定し「(合意の枠外で)補完する」と強調した。
     トランプ政権は5月12日までに対イラン制裁の解除を継続するか判断する方針で独仏との協議はヤマ場を迎える。米国が合意を破棄することになれば、イランが核開発を推進し、他の中東諸国にも波及する恐れがある。
     ロイター通信によると、イランの外交・安全保障政策を統括する最高安全保障委員会のシャムハニ事務局長は24日、米国が核合意から離脱すれば、イランの核拡散防止条約(NPT)脱退もありうると警告した。一方、トランプ氏は核開発を再開した場合には「イランは以前よりも大きな問題を抱えることになる」とけん制した。
     欧米はシリア情勢ではアサド政権の化学兵器の使用疑惑に対して緊密に連携し攻撃を主導してきた。焦点は過激派組織「イスラム国」(IS)の壊滅後にシリアの安定をどう維持するかだ。トランプ氏はアラブ諸国に軍事・資金面での支援を増やす案を模索。米軍の早期撤退を目指している。マクロン氏は当面の米軍駐留を説得したと主張したが、その後にホワイトハウスはマクロン氏の主張を否定した。
     トランプ政権は鉄鋼とアルミニウムを対象とした報復関税で欧州連合(EU)を5月1日まで適用除外としている。マクロン氏は恒久的な適用除外と自由貿易の推進を求めるとみられる。欧州では中国の知的財産権の侵害などに警戒感が強く、協調関係を模索する見通しだ。

     2018/4/25 0:45 
    日本経済新聞 
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29808680V20C18A4FF8000/ 

    【【国際】米仏首脳、イラン合意で溝 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/04/25(水) 14:16:53.77 ID:CAP_USER9
    099FD95A-982C-40CC-96C9-2F6FCCD60750
    海上自衛隊ホームページより 
     
    ドイツとフランスの哨戒機共同開発、日本が参画検討=関係者

    [東京/ベルリン 25日 ロイター] - ドイツとフランスが計画する哨戒機の共同開発に、日本の防衛省が参画を目指して両国国防当局と接触していることが分かった。複数の政府関係者によると、海上自衛隊の対潜哨戒機「P1」を土台にした開発を提案している。日本は英国にP1を、オーストラリアに潜水艦を売り込むことに失敗しており、国産武器初の輸出を早期に実現したい考え。

    防衛省は25日からドイツのベルリンで始まる航空ショーに2機のP1を派遣する。ドイツとフランスは会期中に哨戒機の共同開発に向けた署名を行う予定で、P1を売り込みたい日本は、実機を披露してアピールする。防衛省の政務官とドイツ政府高官との会談も調整している。
    「ゼロからの開発はコストがかかる。スペインなど他の欧州諸国が買ったとしても調達数は限られるだろうから、P1の技術を生かすほうが効率的だ」と、日本の政府関係者は話す。

    ドイツとフランスは現在、米ロッキード・マーチン(LMT.N)の「P3C」と仏ダッソー・アビアシオン(AVMD.PA)の「アトランティック」をそれぞれ運用している。ロシアの潜水艦をはじめ、安全保障上の脅威に直面する中、どちらの機体も老朽化が進んでいる。

    関係者の1人によると、防衛省は日本がP1の機体を提供し、全体の取りまとめ役や搭載するシステム、電子機器の開発はダッソーやタレス(TCFP.PA)といった現地企業が手がける構想を描いている。3カ国の企業もすでに情報交換をしているという。
    しかし、この案件には欧米企業との激しい競争が予想される。仏エアバス(AIR.PA)は、旅客機「A320neo」を哨戒機など軍用機に転用することを計画。複数の関係者によると、ダッソーはビジネスジェット「ファルコン8X」を哨戒機として活用することを考えている。米ボーイング(BA.N)は哨戒機「P8」を提案してくるとみられる。
    海自のP1は川崎重工業(7012.T)が開発した日本初の国産哨戒機。IHI(7013.T)製のエンジンを4発搭載し、高い高度を高速で飛ぶだけでなく、低い高度を低速で飛行できる。武器の輸出規制を緩和した日本は3年前、哨戒機の世代交代を計画していた英国に売り込んだが、旅客機を転用したボーイングのP8に敗れた。

    海自はP1を20機まとめて発注し、1機当たり約160億円で調達している。さらに取得を続ける予定で、防衛省は輸出によって生産を増やし、自衛隊向けの価格を低減させたい考え。また、欧州諸国の哨戒機との相互運用性を高める狙いもある。「たとえばタレスが高性能のレーダーを開発すれば、海自の機体にも使えるようになる」と、関係者の1人は言う。
    日本の防衛装備庁のコメントは得られていない。ドイツ国防省はコメントを控えた。ロイターは駐日フランス大使館にも問い合わせたが、コメントを得られていない。
    久保信博、アンドレア・シャラル、ティム・ケリー 編集:田巻一彦
     
    2018年4月25日 / 12:16 
    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/germany-fracce-japan-patrol-aircraft-idJPKBN1HW08S 

    【ドイツとフランスの哨戒機共同開発、日本が参画検討=関係者 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/04/23(月) 23:22:16.16 ID:CAP_USER
    プーチン
     
     ロシアのプーチン大統領とフランスのマクロン大統領は23日、電話で協議し、シリアでの化学兵器使用疑惑に基づき、米英仏がシリア攻撃に踏み切ったことの正当性をめぐり、互いの主張をぶつけ合った。

    ロシア大統領府の発表ではプーチン氏は「攻撃は深刻な国際法違反だ」とし、シリア内戦の政治解決をいっそう困難にしたと指摘した。フランス大統領府によるとマクロン氏は攻撃について「国際法が守られることを目的とした、正当なものだった」と主張した。

     ロシア側によると、プーチン氏は、現在シリア入りしている化学兵器禁止機関(OPCW)の調査チームの活動の重要性も強調したという。

    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL4R7DG1L4RUHBI02V.html

    【【ロシア】「攻撃は国際法違反だ」 プーチン氏、仏大統領に抗議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/04/23(月) 00:46:31.84 ID:CAP_USER9

    4月23日 0時03分
    河野外務大臣は、訪問先のカナダでフランスのルドリアン外相と会談し、安倍総理大臣が7月にフランスを訪問する意向だと伝えるとともに、マクロン大統領の早期の日本訪問を要請しました。

    G7=主要7か国外相会合に出席するためカナダを訪れている河野外務大臣は、日本時間の22日夜、フランスのルドリアン外相と会談しました。

    この中で、河野外務大臣は、安倍総理大臣がパリを中心に日本文化を紹介するイベント「ジャポニスム2018」の開会式に出席するため、7月14日の革命記念日に合わせてフランスを訪問する意向だと伝えました。また、河野大臣は、マクロン大統領の早期の日本訪問を要請しました。

    そのうえで、「国際社会のさまざまな課題で緊密に連携していきたい」と述べ、南北や米朝の首脳会談を控えた北朝鮮情勢など、国際社会の課題解決に連携して取り組む考えを示しました。

    河野大臣は、日本時間の22日午後10時すぎに開幕したG7外相会合に出席していて、ロシアがクリミアを併合したウクライナ情勢などをめぐって意見を交わしているものとみられます。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180423/k10011413721000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 

    【【日仏】河野外相 安倍首相の7月訪仏の意向伝える 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: スージハルワ ★ 2018/04/16(月) 11:16:01.11 ID:CAP_USER9
    4/16(月) 11:07配信
     【パリ=三井美奈】フランスのマクロン大統領は15日、民放テレビのインタビューで、米軍がシリア駐留を継続するようトランプ米大統領を説得したと明らかにした。

     マクロン氏は「10日前、トランプ大統領はシリアから撤退せねばならないと話していたが、長く留まる必要があると納得させた」と話した。米メディアはトランプ氏が今月3日、米軍幹部にシリアからの撤退準備を命じたと報じていた。仏大統領府によると、マクロン、トランプ両氏は4日以降、14日までに4度電話で会談した。

     マクロン氏はまた、米英仏のシリア攻撃について、標的となった3つの化学兵器関連施設のうち、1つは米英両軍、1つは米軍、1つは仏軍が単独で攻撃したと明かした。「ロシア、シリア両政府によれば、犠牲者はいない。われわれが目指した通りだ」と述べ、攻撃は成功したと強調した。

    ヤフーニュース(産経新聞)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00000513-san-m_est

    【【シリア】マクロン仏大統領「トランプ大統領にシリア駐留を納得させた」「トランプ大統領はシリアから撤退せねばならないと話していた」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: じっぷら卒 ★ 2018/03/19(月) 23:48:44.78 ID:CAP_USER9
    ニューカレドニア

    南太平洋のフランス特別自治体ヌーベルカレドニー(ニューカレドニア)議会は19日、仏からの独立の是非を問う住民投票を11月4日に実施すると決定した。同地では、旧宗主国からの独立を目指す運動が数十年前から続いており、ついに住民投票が行われる。

    首都ヌメアで開かれた公開集会の場での投票を現地で取材したAFP記者によると、賛成38、反対14で実施日が承認されたという。

    見事なラグーン(潟)や手付かずのビーチ、多様な野生生物で知られるヌーベルカレドニーでは、独立支持派とフランス残留派との間で激しい政治的確執が長年続いている。1980年代半ばには、70人もの人々が死亡する事態が発生し、同島に衝撃が走った。

    (略)

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3167971
    【ニューカレドニア、フランスからの独立住民投票を11月実施へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/03/12(月) 10:11:26.57 ID:CAP_USER
    【3月11日 AFP】
    インドを訪問中のエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領は10日、ナレンドラ・モディ(Narendra Modi)印首相と共に、インド洋(Indian Ocean)での軍事協力強化を目的とする2国間協定に署名した。

    協定は、両国が互いの戦艦に海軍基地を開放する内容で、中国の領土的野心をけん制する狙いがあるとみられる。

     両首脳は調印後、ニューデリーで共同記者会見を行った。

     マクロン大統領は協定締結を受けて両国の防衛関係は新たな高みに達したと述べた。
    また、インド洋は世界の安定が懸かった場所であり、「太平洋(Pacific Ocean)と同様、(一国による)覇権の場所になってはならない」と指摘。これは中国を念頭に置いた発言とみられる。

     モディ首相も、インド洋地域は今後「非常に重要な役割」を担うと述べ、協定の重要性を強調した。

     両国はこの日、防衛のほか、宇宙開発、クリーンエネルギーの各分野で多数の合意を締結した。

     マクロン大統領は会見に先立ち、昨年フランス首都パリ(Paris)で行ったモディ首相との会談以降、
    2人の間に個人的な信頼関係が築かれたと述べた。

     一方、モディ首相はマクロン氏が9日にインド入りした際、外交的慣習を破り、自ら空港で出迎え、固い抱擁と握手を交わした。

    no title


    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3166903 

    【【フランス/インド】仏印、インド洋での軍事協力強化で協定締結 中国けん制か】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル