かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:アゼルバイジャン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: キョロちゃん(光) [US] 2020/10/19(月) 15:04:30.09 ID:HQDRP75p0● BE:788192358-2BP(10000)
    torukoazeru

    エルドアン大統領がアゼルバイジャン独立記念日を祝福
    レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が、トルコはアゼルバイジャンをあらゆる面で支援し続けると表明した。
    18.10.2020 ~ 19.10.2020


    エルドアン大統領は、自身のツイッター(Twitter)で、アゼルバイジャンの独立記念日を祝福し、「心の兄弟、心の友、アゼルバイジャンの10月18日独立記念日を祝福する。『ひとつの民、ふたつの国家』の精神と共に、アゼルバイジャンをあらゆる面で支援し、国のたたかいにおいて同胞アゼルバイジャンと共にあり続ける」と述べた。

    エルドアン大統領は投稿したメッセージに、アゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領と一緒に写った写真も添えた。

    (2020年10月18日 日曜日)

    https://www.trt.net.tr/japanese/toruko/2020/10/18/20201018-010-1511396

    【トルコ、アゼルバイジャンの独立記念日を祝福し、支援を約束する】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひよこ ★ [US] 2020/10/18(日) 08:13:31.06 ID:3uOFu8mQ9
    no title

    17日、アゼルバイジャン第2の都市ギャンジャで、砲撃を受けた現場で活動する救助隊(同国大統領府提供)(AFP時事)




     【モスクワ時事】アゼルバイジャンとアルメニアの係争地ナゴルノカラバフをめぐる軍事衝突で、両国は新たに「人道的停戦」で合意し、18日午前0時(日本時間同日午前5時)に発効した。ロシアの仲介により10日に停戦が発効していたが、双方は戦闘を続け、停戦崩壊の危機にひんしていた。

     17日にはアゼルバイジャン第2の都市ギャンジャに砲撃があり、13人が死亡。アリエフ大統領がアルメニアに対する「報復攻撃」を表明するなど緊張が高まっていた。

     事態を受け、ロシアのラブロフ外相が17日にアゼルバイジャンのバイラモフ外相、アルメニアのムナツァカニャン外相と電話会談。ロシアは仲介国としての立場もあり、停戦順守を強く迫ったとみられる。アゼルバイジャンとアルメニアの外務省は17日夜にそれぞれ人道的停戦で合意したと発表した。

     ただ、10日の停戦発効後も、互いに相手が攻撃したと非難し、戦闘がエスカレートした。新たな停戦が緊張緩和につながるかは予断を許さない。9月27日に始まった軍事衝突の死者は700人を超えた。

    時事通信 2020年10月18日06時08分 
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020101800135 


    【新たな停戦合意が発効 アゼルバイジャンとアルメニア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/17(土) 19:52:08.25 ID:zrfD5zpu9
    no title
    【AFP=時事】アゼルバイジャン第2の都市ギャンジャ(Ganja)で17日未明、複数の民家がミサイル攻撃で破壊された。同国とアルメニアの係争地をめぐる3週間におよぶ紛争はいっそう激化している。

    ミサイル攻撃があった時、多くの住民は就寝中だった。ギャンジャにいるAFP取材班は、建物群ががれきの山と化し、人々が泣きながら現場から逃げる様子を目撃した。バスローブやパジャマ姿の人も見られ、多くは室内用のスリッパを履いたままだったという。

     現場を目撃したエルミル・シリンザダイ(Elmir Shirinzaday)さん(26)は、小さな子ども1人と女性2人、男性4人ががれきの中から救出される様子を見たとし、「女性1人は両足がなかった。別の一人は肘から先がなかった」と述べた。救出された人々の容体は確認できていない。

     AFPはその後、生死不明の3人が担架で運ばれるのを目撃した。またある男性は「私の妻がそこにいた、私の妻がそこにいたんだ」と泣きながら、救急隊員に連れられて救急車に向かって歩いていた。

     イルハム・アリエフ(Ilham Aliyev)アゼルバイジャン大統領のヒクマト・ハジエフ(Hikmat Hajiyev)補佐官はツイッター(Twitter)で、第1報として「民家20軒以上が破壊された」と明かした。

     ギャンジャでは11日に別の住宅地がミサイル攻撃を受け、民間人10人が死亡していた。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2dcb41ffe17ae7a6818883873112e7b524f8a564


    【アゼルバイジャン第2の都市にミサイル、民間人に被害】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2020/10/11(日) 14:45:20.15 ID:CAP_USER
    no title

    (写真=KTV国民放送キャプチャー)

    全世界でコロナ戦争中、今この瞬間も国境を間に置いて本当に戦争している場所もある。(幸い両国は10日、停戦に合意した。)ヨーロッパとアジアの境界線、カフカス山脈に位置するロシア・トルコ・イランの間にある二つの国家、アルメニア-アゼルバイジャン戦争だ。

    私たちには遠く感じられる国々なので世論の関心は高くないが、世論とは別に政府は政府の役割を果たさなければならない。しかし、この戦争に対する政府の公式立場表明は一度もない。文字どおり「対岸の火事」見物中で、このような対応は次に紹介する『この国』の対応と大きな差がある。

    『この国』は、開戦初期である10月1日、両国は交戦を直ちに中断して平和交渉を通じて問題を解決するよう促した。同じテュルク族という理由でアゼルバイジャンの戦争を支援するトルコには戦争支援を中断するよう要求した。一歩進んで戦争当事者両国に、トルコまで含んだ3カ国と会って仲裁する意志があるとまで発表した。(この段落、赤字表示)

    米国ぐらいに見える『この国』は、さらに世界の外交軍事秩序を思うままにする国連安保理常任理事国でもない、何と『日本』だ。戦争当事国との距離感でも、相互交流関係のようなものでも、つきつめれば我が国と日本は特に差はないだろう。しかし、素早く機敏に対処する日本と違い大韓民国は、文字どおり静かだ。

    筆者は自尊心が傷つけられる。日本のようにやれと願うわけではない。どちらの肩を持つこともできない困難な立場も理解できないわけではない。しかし、最低限、以下の程度の外交部声明は出せるだろう。

    「該当地域の住民たちが安全であることを願い、戦争を通して人権蹂躪がないことを願い、当事国が対話で問題を解決することを促す」というとても原則的な立場の声明だ。(この段落、赤字表示)

    私たちは昨年、強制徴用問題でふくらんだ韓日外交葛藤の中で全国民的に「買いません」と克日を確かめる運動が広がった。大統領は「再び揺さぶることはできない国」を作るとも言った。それなりの意義がなくはない。

    しかし、それと同じくらい克日するために重要なことは、世界の舞台で韓国の地位を日本以上に引き上げることだ。それはK-ポップとかはやり言葉で「グクポン」だけではない。どんな指標でも世界20位圏中に入る国家ならば、世界平和のためにどれだけ寄与したかがやはり韓国の地位を世界の人々の間で確立するのに影響するだろう。

    日本は第二次大戦の敗戦国なのに、第二次大戦の主要戦勝国が持つ地位である国連安保理常任理事国進出を狙った。世界平和のために誰より積極的に寄与するという名分でだ。大韓民国は日本の戦争犯罪に対する謝罪が充分でなかったこと等を理由に日本の常任理事国進出に積極的に反対してきた。

    しかし、今回の戦争に対する対応だけみれば、他の国々の立場では韓国より日本がはるかに世界平和に役立っていると考えるかもしれない。
    (中略:私たちの主体的な外交力量を見せよ)

    大韓民国は戦争で国が消える危機にひんしたが全世界が救出した歴史がある。援助を受けた国から援助する国になった。経済成長に似合うように、激しい政治権力を弾劾することも可能な民主政治発展の歴史も持っている。
    帝国主義侵略の歴史がある日本と異なり国際的原罪もない。K-ポップの様な文化の力で多くの世界の人々から羨望を受けている。

    そのような国ならば暴力により危機にひんした世界のあちこちに希望と平和のメッセージを伝えるべきだ。私たちと関係の薄く見える紛争だとしてもだ。私たちが誠実に伝えた平和のメッセージは再び私たちの韓半島の平和に戻るだろう。

    チョン・グクジン元国会秘書官/元統一コリア協同組合理事
    no title


    エデュイン・ニュース(韓国語)
    http://www.eduinnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=35157

    【【韓国】 アルメニア-アゼルバイジャン戦争を「対岸の火事」と見る韓国~本当の『克日』とは何か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ブギー ★ 2020/10/11(日) 14:39:03.80 ID:2Frhz8Zd9
    アルメニア軍がアゼルバイジャン第2の都市ギャンジャにミサイル攻撃を行い、少なくとも5人が死亡、17人が負傷した。アゼルバイジャンの非常事態省が発表した。

    アゼルバイジャン国防省は11日朝、ギャンジャ市がアルメニア領内からのロケット弾攻撃にさらされたと発表した。

    攻撃により住宅が破壊された。現在のところ、瓦礫の下から、5人の遺体が運び出された。

    ?9月27日にナゴルノ・カラバフの境界ラインで戦闘が始まった。
    アルメニアとアゼルバイジャンは戦闘開始で互いに非難し合い、ナゴルノ・カラバフでは、首都ステパナケルトを含め、未承認の共和国の平和的な居住地域の砲撃が報じられている。

    アルメニアは戦闘状況を発表し、トルコがアゼルバイジャンへの積極的支援を公表したことから、はじめて、国家総動員を宣言したことを明らかにした。

    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/incidents/202010117841099/

    【【停戦破棄】アルメニア軍、アゼルバイジャンの都市を攻撃 5人死亡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/10/10(土) 10:44:24.04 ID:V2DjQIRbM1010
    rogaisyou
    ロシアのラブロフ外相は10日、係争地ナゴルノカラバフをめぐり武力衝突していた旧ソ連構成国のアゼルバイジャンとアルメニアが停戦で合意したと明らかにした。

     現地時間10日正午(日本時間同日午後5時)から戦闘を停止する。

     ラブロフ氏によると、双方は「平和的解決を早期に達成するための実質的な協議」に入ることでも一致した。

     モスクワでは9日午後、ロシアが仲介する形で、アゼルバイジャンのバイラモフ外相とアルメニアのムナツァカニャン外相が今回の衝突後初めて対面協議。ロシア通信によると、協議は10日未明まで約10時間に及び、ラブロフ氏が共同声明の内容を発表した。

     戦闘は9月27日に始まり、これまでに民間人を含めて双方の約400人が死亡。1994年に米仏ロが仲介した停戦合意後、最大の衝突となっていた。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201010-00000026-jij-int


    【【速報】ナゴルノカラバフ停戦で合意 アゼルバイジャンとアルメニア ロシア外相】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/10/09(金) 12:09:39.15 ID:UwJQxEv5M
    no title

    no title

    no title

    no title

    【【悲報】アゼルバイジャン、アルメニアの歴史ある大聖堂を破壊】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/10/07(水) 06:13:41.64 ID:TcI8cz/u0
    https://twitter.com/muradgazdiev/status/1313577452871057408?s=21


    【【悲報】アゼルバイジャンさん、イスラエル製のM095地対地クラスター爆弾を使用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マスク着用のお願い ★ 2020/10/05(月) 11:34:21.84 ID:mJc4GMST9
    azevsaru

    アゼルバイジャンとアルメニアの戦闘 民間への被害拡大懸念

    旧ソビエトのアゼルバイジャンと隣国アルメニアの係争地、ナゴルノカラバフ自治州をめぐる戦闘では、双方が人口が集中する都市部の軍事施設への攻撃を強めていて、民間人が巻き込まれて死亡するなど、被害の拡大が懸念されています。

    アゼルバイジャンとアルメニアの係争地、ナゴルノカラバフ自治州をめぐる戦闘は8日目に入り、4日の時点で双方の死者は合わせて240人を超えました。

    アゼルバイジャン軍は自治州の中心都市で人口5万人のステパナケルトへの攻勢を強め、3日から4日にかけて迫撃砲やロケット砲による攻撃を加え、これに対しアルメニア軍はアゼルバイジャン第2の都市で人口33万人のギャンジャに報復攻撃を行い、砲撃で軍の飛行場に被害を与えたとしています。

    双方ともに「軍事施設を狙った」と主張していますが、戦闘に巻き込まれ、これまでに合わせて35人の民間人が死亡しました。

    またステパナケルトではアゼルバイジャン側の攻撃で集合住宅や道路が破壊されたことから、アルメニア系住民の中には状況がさらに悪化する前に自治州からアルメニアへ避難する動きも見られ、戦闘の激化による民間への被害の拡大が懸念されています。

    2020年10月5日 9時10分 NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201005/k10012648331000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_010 


    【【軍事衝突】アゼルバイジャンとアルメニア、死者は合わせて240人 民間への被害拡大懸念 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/10/02(金) 08:04:34.97 ID:FrVd2gw3M
    The Armenian-run Nubar Ozanyan Brigade was formed under the leadership of the YPG, the Syrian wing of the terrorist PKK. Some sources suggest its members are moving to the occupied Karabakh to fight Azerbaijanis.
    no title

    TRTworld(英語)
    https://www.trtworld.com/magazine/are-pkk-linked-terrorists-fighting-alongside-armenia-in-occupied-karabakh-40201

    【アルメニア、シリアの最強テロ集団をアゼルバイジャンに投入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 都くん(東京都) [CA] 2020/10/03(土) 12:49:37.00 ID:Il4waIcL0 BE:902666507-2BP(1500)

    紛争再燃のアゼルバイジャン 日本に関与求める

     旧ソビエトのアゼルバイジャンの大統領補佐官は、再燃したアルメニアとの領土紛争について、
    停戦に向けた解決案の策定に日本も関与するよう求めました。
     アゼルバイジャン、ガジエフ大統領補佐官:「アゼルバイジャン領内からのアルメニア軍の即時撤退を求める。
    そのために日本には国連を通し、新たな解決案の策定を期待する」
     ガジエフ補佐官は2日、ANNの取材に対して「日本には国際法の尊重を訴えて紛争の解決に貢献してほしい」と述べました。
    また、国際社会に対しては戦闘に参加するために紛争地域へ渡航しようとする傭兵(ようへい)の移動に制限をかけるよう求めました。
    アゼルバイジャンとアルメニアの間では30年以上続く領土紛争が再燃していて、先月末からの戦闘で民間人を含む100人以上が死亡しています。

    テレビ朝日
    10/3(土) 10:28配信 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/abb266d4df05a0c17df1462c628b3d1ad8bb1f4d 

    青がアゼルバイジャン領、赤がアルメニアの占領するアゼルバイジャン領
    no title

    【アゼルバイジャン「アルメニア軍を我が領土から即時撤退させるため、日本も協力してほしい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 樽悶 ★ 2020/10/02(金) 19:35:49.02 ID:MeEzdCxG9
    no title
    【AFP=時事】アルメニアの首都エレバンにある軍の新兵募集事務所の前には、隣国アゼルバイジャンとの係争地ナゴルノカラバフ(Nagorny Karabakh)で激化する戦闘に加わろうと集まった男たち数十人がたむろしていた。早々と軍服を着込んだ人もいれば、ひたすらたばこを吸い続けている人もいる。

     新兵募集事務所は、エレバン北西部のアラビヤン通り(Alabyan Street)に立つ旧ソビエト連邦時代の建物に入っている。徒歩や車でやって来る新兵候補の列は途切れることなく、その中には徴兵された人もいれば、志願者もいる。

    「私たちは、侵略者から祖国を守るため行動しなければならない」。工場労働者の男性(32)は、先月27日に宿敵アゼルバイジャンとの戦闘が再燃したことを受け、多くの人が参戦を切望しているとAFPの取材に語った。

    「われわれの土地だ。死ぬまで手放さない」「ここには18歳から高齢者まで集まっている。皆、何のために戦っているのかよく分かっている」

     アゼルバイジャンの自治州だったナゴルノカラバフでは1990年初頭、ソ連崩壊後の混乱の中で多数派のアルメニア系住民がアゼルバイジャンからの分離を求め、独立を宣言。以来、両国は同地をめぐって対立を続けてきた。先月27日に発生した衝突は、ここ数年で最も激しい戦闘に発展しており、これまでに100人以上が死亡、両国は互いに相手へ大損害を与えたと主張している。

     この劇的な軍事的緊張の高まりを受けて、両国では徴兵適齢の男性が続々と志願して戦地へ向かっている。

     エレバン市内では、一部の建物に巨大な国旗が掲げられていたり、献血所に住民が行列をつくったりしているほかは、戦闘の激化を物語る兆候はない。だが、新兵募集事務所では、愛国心の高まりが特にはっきりと見て取れる。

     入隊志願者だという教師の男性(63)は、「これは死闘だ」と語った。

    10/1(木) 18:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201001-00000034-jij_afp-int


    【【国際】愛国心に駆られるアルメニア人たち、カラバフ衝突の「死闘」に志願続々 「われわれの土地だ。死ぬまで手放さない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: モッくん(東京都) [US] 2020/10/01(木) 03:55:48.49 ID:IsPdd3IA0 BE:416336462-PLT(12000)
    no title


    アルメニアとアゼルバイジャンが領有権を争うナゴルノカラバフで起きた軍事衝突について、ロシア外務省は9月30日、シリアとリビアの武装勢力が戦闘に参加していると発表し、「深い懸念」を表明した。
    アルメニア系住民が多数を占めるナゴルノカラバフは1990年代初め、アゼルバイジャンからの独立を宣言。以後帰属をめぐり争いが続いている。
    4日目に突入した今回の衝突では、民間人を含む100人以上が死亡した。アルメニアとアゼルバイジャン両国は停戦に向けた協議を求める国際社会の呼び掛けを拒絶しており、地域大国のトルコやロシアを巻き込む全面紛争に発展する恐れが出ている。

    アゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領は負傷兵を見舞った際、アルメニア兵士らがナゴルノカラバフから完全に撤退するまで戦闘を継続すると言明。
    「アルメニア政府がこの要求に応えれば、戦いと流血の惨事は終結し、地域に平和が築かれるだろう」と語った。
    一方のアルメニア国防省は30日、アゼルバイジャンとの国境付近でトルコの航空機が「挑発的飛行」を行い、アルメニアの領空を侵犯したと主張。
    アルメニアはこの前日、自国軍機1機がトルコの戦闘機により撃墜されたと主張していたが、トルコとアゼルバイジャンはこの主張を否定している。
    トルコについてはさらに、アゼルバイジャン側を支援するため、協力関係にあるシリアの武装勢力を現地に派遣したとの疑惑も浮上している。
    ロシア外務省は「シリアとリビアなどからの不法武装勢力の戦闘員らが、戦闘に直接参加するためにナゴルノカラバフの紛争地帯に展開されている」と発表。
    「深い懸念」を表明したが、関与した国の名指しや非難は避けた。

    アルメニアと軍事協定を結ぶ一方、アゼルバイジャンとも良好な関係を維持しているロシアはこれまで繰り返し停戦を呼び掛け、交渉の仲介も申し出ているが、アルメニアのニコル・パシニャン首相は交戦が続く中での協議は不可能だと表明している。
    週末から続く衝突は鎮静化の様子を見せておらず、30日には両国で新たな民間人死者が報告された。
    アルメニア側は、兵士81人の死亡を発表。民間人死者はアルメニアが8人、アゼルバイジャンが14人の計22人となっている。
    アゼルバイジャン国防省は30日、衝突が発生して以来、同国軍がカラバフの分離派勢力2300人を殺害したと主張した。

    AFP
    https://www.afpbb.com/articles/-/3307471

    【【コーカサス】アルメニアとアゼルバイジャンの紛争にシリア&リビアが参戦へ。トルコ・ロシアも巻き込み泥】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚤の市 ★ 2020/09/30(水) 20:43:33.22 ID:FRobE69e9
    arumeniagunki
     【モスクワ時事】アルメニア国防省は29日、アゼルバイジャンとの軍事衝突をめぐり、アゼルバイジャンを支援するトルコ軍のF16戦闘機がアルメニア軍のスホイ25攻撃機を撃墜し、操縦士が死亡したと主張した。トルコやアゼルバイジャンは撃墜を否定している。

     アルメニアは、トルコが民族的に近いアゼルバイジャンを軍事支援していると主張。アルメニア外務省は30日の声明で「アゼルバイジャンの都市ギャンジャから飛来したトルコ軍戦闘機がアルメニア東部バルデニスの上空でアルメニア軍機を撃墜した」と訴え、死亡したとされる操縦士の名前を公表した。7月末~8月中旬のトルコ・アゼルバイジャン合同軍事演習に参加したトルコ戦闘機が自国に戻らず、参戦したと疑っている。

     トルコ大統領府関係者は29日、アルメニアの主張を「全く真実でない」と否定。アゼルバイジャンのアリエフ大統領も29日放送のロシア国営テレビで「トルコ軍機は戦闘に参加していない」と語った。

    時事通信 2020年09月30日19時34分
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2020093001195&g=int

    【「トルコ軍機が参戦」とアルメニア 軍事衝突でアゼルバイジャン支援と主張】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ドルテグラビルナトリウム(SB-Android) [US] 2020/09/29(火) 16:29:54.15 ID:DDY/KyxW0● BE:866556825-2BP(4000)
    kokasasu

    アゼルバイジャンとアルメニア 戦闘で90人以上が死亡

    旧ソビエトのアゼルバイジャンとアルメニアの係争地をめぐる大規模な戦闘は、28日の夜も続き、これまでに民間人を含む90人以上が死亡しました。戦闘のさらなる拡大が懸念される中、アルメニアの同盟国・ロシアと、アゼルバイジャンの友好国・トルコの動向が今後の焦点となっています。

    旧ソビエトのアゼルバイジャンとアルメニアは、アゼルバイジャン西部に位置し、アルメニア系住民が多いナゴルノカラバフ自治州をめぐって30年以上対立してきました。

    27日に再燃した大規模な戦闘は28日の夜も続いて双方あわせた死者の数は、民間人11人を含む95人以上にのぼり、戦闘のさらなる拡大が懸念されています。

    今回の事態を受けて、アルメニアの同盟国、ロシアのペスコフ大統領報道官は28日、「すべての当事者に最大限の自制を求める」と述べて双方に自制を呼びかけました。

    一方アゼルバイジャンの友好国、トルコのエルドアン大統領は、「アルメニアがアゼルバイジャン人の土地から直ちに撤退することで平和が訪れる」と演説して、アゼルバイジャンを支持する姿勢を示し、アルメニア側が反発しています。

    ロシアはアルメニアに、トルコはアゼルバイジャンに大きな影響力を持っていることから、その動向が今後の焦点となっています

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200929/k10012639161000.html 


    【アゼルバイジャンとの戦闘。死者95人を超え民間人にも被害とアルメニアの国営エレバン放送が伝える。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マスク着用のお願い ★ 2020/09/28(月) 17:59:45.62 ID:vLe8MT0b9
    arumenia

    戦闘の死者40人近くに アルメニアとアゼルバイジャン

     【モスクワ時事】旧ソ連のアルメニアとアゼルバイジャンによる戦闘で、係争地ナゴルノカラバフを実効支配するアルメニア人勢力は28日、新たに兵士15人が死亡したと発表した。アルメニア側兵士の死者は30人を超え、双方の死者数は40人近くになった。

    戦闘は27日に始まった。ロシアなどが即時停戦を呼び掛けているが、28日も戦闘は続いており、犠牲者の拡大が懸念される。アゼルバイジャンのアリエフ大統領は28日、部分的な総動員態勢を宣言。アルメニアも27日に総動員態勢を取っている。

     アルメニア国防省は「夜間も戦闘が続いた。アゼルバイジャン軍の侵攻を撃退し、敵に打撃を与えた」と強調。一方、アゼルバイジャン国防省は「砲撃や空爆によって敵は退却を余儀なくされた」と主張した。

    2020年09月28日17時46分 時事通信

    【【軍事衝突】死者40人近くに、アルメニアとアゼルバイジャン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マスク着用のお願い ★ 2020/09/27(日) 20:43:05.88 ID:nyPFn+KW9
    5D8FA718-FE19-4BC5-8F62-443293FA16B0

    アゼルバイジャンとアルメニア、紛争地めぐり大規模衝突 複数が死傷

     【モスクワ=小野田雄一】南カフカス地方の旧ソ連構成国アゼルバイジャンとアルメニアの双方が領有を主張する紛争地アゼルバイジャン西部ナゴルノカラバフ自治州で27日、大規模な戦闘が発生した。民間人を含む複数の死傷者が出ているもよう。両国間では7月にも、同自治州から数百キロ離れたアゼルバイジャン北西部トブス地区で計10人以上が死亡する戦闘が発生しており、両国間の緊張が再び高まった形だ。

     イタル・タス通信などによると、両国は「相手が先に攻撃をしてきた」と主張。互いに軍事施設への砲撃などを行った。ヘリコプターや戦車、無人機などの被害も確認されている。

    アゼルバイジャンの友好国であるトルコは同国への支援を表明し、アルメニアを非難。一方、アルメニアの後ろ盾で、アゼルバイジャンにも影響力を持つロシアは双方に自制を求めた。欧州連合(EU)のミシェル大統領も即時停戦を要求した。

     ナゴルノカラバフ自治州ではソ連末期、多数派のアルメニア系住民がアルメニアへの帰属変更を求めてアゼルバイジャンと対立し、両国で数万人が死亡する紛争に発展。ロシアの軍事支援を受けたアルメニア側が自治州の実効支配を確立した状態で1994年に停戦となった。停戦後も衝突が散発し、2016年4月には少なくとも計数十人が死亡する衝突が発生した。

    2020.9.27 19:47 産経新聞
    https://www.sankei.com/smp/world/news/200927/wor2009270015-s1.html  

    【【大規模戦闘】アゼルバイジャンとアルメニア、紛争地めぐり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: シャチ ★ 2018/08/14(火) 00:02:57.92 ID:CAP_USER9
     65ED292A-09D8-43C9-B601-456A8E937387
     ロシアやイランなどカスピ海沿岸5カ国は12日、カザフスタン西部のアクタウで首脳会議を開き、
    「カスピ海の法的地位に関する協定」に署名した。カスピ海は地下資源に恵まれ、領有権などをめぐって
    20年以上にわたり協議が難航していた。決着の背景には、最近のイランと米国との関係悪化もあるとみられる。

     会議には、ロシアのプーチン大統領やイランのロハニ大統領のほか、カザフスタン、アゼルバイジャン、 トルクメニスタンの各首脳が出席。各国の沿岸15カイリ(約28キロ)を領海と定め、同25カイリを排他的な漁業水域と定めたほか、
    第三国の軍の活動を禁止した。地下資源の分割については隣国との協議で解決を目指すとしている。

     会議後の記者会見で、プーチン氏は「合意は価値あるものだ」と強調した。イランメディアによると、
    ロハニ師も「イランは貿易促進のために重要な役割を担う」と語った。

     タス通信などによると、協議は1996年に始まった。難航したのは、カスピ海が湖か海かという問題。
    カスピ海は世界最大の湖とされるが、湖と海では資源配分などをめぐる法的な枠組みが違う。
    イランが「湖」として5カ国等分の権利を求める一方、ソ連の構成国だった4カ国は「海」として沿岸線に応じた領海設定を主張していた。

     最終的には、海とも湖とも定義しなかったが、領海の設定方法は4カ国の主張に沿った形になった。
    ロシアの経済紙コメルサントによると、ロシア外務省高官は「カスピ海は内陸にあるが、湖とするには巨大だ」と話した。


    8/13(月) 23:53配信 朝日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000091-asahi-int


    【【国際】カスピ海は湖?海?…結論は 20年超す難航の協議合意 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル