かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:アメリカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2019/12/13(金) 16:44:24.87 ID:Rn04FyhC9
    no title
     
    中国の王毅外相はアメリカのトランプ政権を「トラブルメーカーだ」と痛烈に批判しました。

    中国メディアによりますと、王外相は北京で講演し、トランプ政権がパリ協定などから脱退したことに触れ、「国際社会に迷惑を掛けている、トラブルメーカーだ」と痛烈に批判しました。アメリカと中国は香港や台湾、そして、新疆ウイグル自治区のウイグル族の扱いを巡って対立していて、「米中間の相互信頼を傷付け、国際社会におけるアメリカの信用を低下させている」と非難しました。その一方で、「協力こそが最善で唯一の選択だ」と述べ、貿易交渉が大詰めを迎えるアメリカとの対立の緩和に意欲も示しました。

    2019/12/13 16:13 テレ朝ニュース
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000171584.html


    【【自己紹介】中国・王毅外相「トランプ政権は、国際社会に迷惑を掛けているトラブルメーカーだ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2019/12/12(木) 22:22:19.70 ID:SCCPhmyv9
    DCC14DD0-9645-4C7B-BFB6-2EBFC7F5EDB7

    アメリカ議会下院は国防予算の大枠を定める国防権限法案を可決し、トランプ大統領が掲げる「宇宙軍」の創設を認める一方、在韓米軍の一方的な縮小を規制するなど政府に対して同盟国との関係を維持するよう求めています。


    アメリカ議会下院は11日、2020会計年度の国防権限法案を賛成377票、反対48票の賛成多数で可決しました。

    国防権限法は今後の国防政策とそれに必要とされる予算の大枠を示したもので、法案は陸軍や海軍などと同格の6つ目の軍としてトランプ大統領が掲げる「宇宙軍」の創設を認め、戦費を含む予算総額は、前年度より200億ドル余り多いおよそ7380億ドル(日本円で80兆円余り)となっています。

    また法案には、連邦政府の予算で中国の国有企業から鉄道やバスの車両を調達することを禁止する条項を盛り込むなど中国への対抗姿勢を鮮明にしています。

    一方、法案は現在、韓国に駐留している2万8000人余りのアメリカ軍の兵士を削減する際には、韓国や日本と協議のうえ、事前に議会に報告することを義務づけ、トランプ政権が一方的に在韓米軍の縮小を進めることを規制しています。

    さらにアメリカ軍の駐留経費の負担をめぐり、日本など同盟国を支援するため、これまでの貢献をまとめた報告書を議会に提出するよう求めているほか、アメリカがNATO=北大西洋条約機構から離脱するために予算を使用することを禁止するなど、政府に対して同盟国との関係の維持を求めています。法案は近く上院でも可決される見通しで、トランプ大統領の署名を経て年内にも成立する方向です。


    沖縄の海兵隊・GSOMIAにも言及

    法案は、沖縄に駐留するアメリカ海兵隊の一部をグアムに移転させる計画を含めたインド太平洋地域の海兵隊員の配備について、有事の際の対応に影響が出ないかなどをまとめた報告書を、180日以内に議会に提出するよう求めています。

    また議会として、北朝鮮による相次ぐミサイルの発射について「地域の緊張を高め、外交交渉により問題の解決を目指す精神に反するものだ」と非難したうえで、北朝鮮への圧力と在韓米軍の維持の必要性を強調しています。

    そして北朝鮮の脅威への対処など、インド太平洋地域の平和と安定のためには日米韓3か国の安全保障面での連携が欠かせないと指摘したうえで、日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAについて「維持されるべきだ」との考えを示しています。

    2019年12月12日 10時58分 NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191212/k10012212001000.html

    【【韓国悲報】米下院 「宇宙軍」創設認める 在韓米軍の一方的縮小は規制も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/12/13(金) 09:30:13.69 ID:CAP_USER

    no title

    ▲ (右2番目から)キム・チファン代表、イ・ジョンイル(ワシントン挺身隊問題対策委員会会長)、ウン・ジョンギ(バージニア韓人会会長)、チョン・ギヨン代表。
    ____________________________________________________________

    ワシントン汎同胞日本商品不買運動連合(常任代表=チョン・ギヨン)は11日、エナンデイルのワシントンの少女像を訪問して献花した。

    キム・ファンヒ女性教会連合会元会長の追悼祈祷を皮切りに愛国歌を歌った後、参加者は少女像に太極旗を掛けた。

    チョン・ギヨン常任代表は、「許しはするが忘れない」というネルソン・マンデラの言葉を引用して、「許す機会さえ与えない日本は、許される勇気すらない卑怯な国」と指摘した。

    キム・チファン共同代表は、「安倍政権の心からの謝罪と、それに相応する犠牲の対価と責任を求める」という内容の声明を発表した。

    米州韓国日報(韓国語)
    http://www.koreatimes.com/article/1284990

    【【米国で韓国人が叫ぶ】ワシントンの少女像と共に「日本商品不買」を叫ぶ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2019/12/12(木) 19:15:20.37 ID:avd4vYGc9
    EF951D1B-982E-4D36-8483-404CE5F30746
     
    政治学者でクリントン政権の国防次官補を務めたグレアム・アリソン米ハーバード大教授は12日、日本アカデメイア第1回「東京会議」で、米国との対立が深まる北朝鮮の核ミサイル問題をめぐり「第2次朝鮮戦争が起きる可能性が高まっている」と警告した。
    アリソン氏は情勢を「非常に危険な展開」と指摘。

    年末を期限に米側に制裁解除など譲歩を迫る金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が今後数週間以内に何らかの方針を発するとの見通しを示した。
    北朝鮮が米本土の脅威となる大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射や核実験を続けた2017年11月までの状態に復帰した場合、トランプ米大統領がミサイル発射台破壊など軍事攻撃を命じる用意があると指摘。

    「第2次朝鮮戦争」に進む確率は「50%以上ではないが、かなり大きな可能性がある」と語った。
    1950~53年の朝鮮戦争と違い北朝鮮が日本を攻撃する選択肢も指摘され、アリソン氏は「日本や中国にも(戦争回避で)今すぐ対応すべきことがある」と呼びかけた。
    仏思想家・経済学者のジャック・アタリ氏も「北朝鮮は来年の大問題になる。どこまでもしたいことをさせると核不拡散の終わりとなる」と危機感を示した。

    産経新聞
    https://www.sankei.com/world/news/191212/wor1912120017-n1.html

    【【悪魔は甘く囁いた。屍で道を作れ】北朝鮮にどこまでもしたいことをさせると第2次朝鮮戦争の可能性が高まる…米国とフランスの識者が警告 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/12/12(木) 14:40:32.70 ID:CAP_USER
    16769972-BF41-4135-AEF6-0895B8A4A16E
     
    米国が連日、韓半島(朝鮮半島)に偵察機を飛ばす一方、本土ではミサイル発射試験を準備している。
    年末の挑発を示唆した北朝鮮に向けて米国が軍事的な動きで圧力を強めているとみられる。

    12日の民間航空専門サイト「エアクラフトスポット」によると、米空軍戦略偵察機E-8Cジョイントスターズ(JSTARS)はこの日午前2時ごろ、 韓半島上空2万9000フィート(8.84キロ)で監視飛行をした。胴体前部下の長さ7.2メートルの高性能監視レーダーで250キロ離れた地上の標的を監視するJSTARSは、 最大10時間ほど飛行しながら地上の標的600個を同時に追跡できる。こうした性能のため主に移動式発射車両(TEL)や野戦軍の動きを把握するのに活用される。

    北朝鮮が7日、東倉里(トンチャンリ)試験場で「重大な試験」をしたと発表するなど大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射の兆候を見せると、 米国が集中監視に入ったということだ。

    実際、米国の韓半島偵察の動きは最近さらに目立っている。米軍偵察機の韓半島上空公開偵察は今月に入って9回目となる。
    前日(11日)には通信を収集・分析する米空軍のRC-135W(リベットジョイント)と高高度無人偵察機グローバルホーク、 10日にはJSTARSなどが韓半島上空で作戦を展開した。このほかRC-135U(コンバットセント)、 EP-3E(エリス)、RC-135S(コブラボール)、EO-5C(クレイジーホーク)も先月末から韓半島に姿を現している。

    米軍はこれら偵察機の飛行を意図的に露出させた。軍関係者は「軍用機は通常、位置発信装置(ADS-B)を消して飛行する。
    軍用機がADS-Bをつけて連日登場するのは異例」と話した。米国が北朝鮮を偵察すると同時に警告を送っているという解釈が出ている。

    また米国はミサイル試験を予告した。米空軍はノータム(NOTAM)を通じてこの日午後9時(日本時間)の カリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地近隣での飛行を禁止すると掲示した。米空軍は普通、ミサイル発射試験前にこうした飛行禁止区域を設定して事故を防ぐ。

    軍内外では、米国がICBM「ミニットマン3」を試験発射するという見方が出ている。米空軍は5月1日と9日、 10月2日にもバンデンバーグ空軍基地からミニットマン3の試験発射をした。

    当時、米空軍は「数カ月前から準備されていた正規訓練」と明らかにしたが、北朝鮮が短距離弾道ミサイルと潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射した時期に こうした試験発射が行われたという点で、対北朝鮮抑止力を強化する意図があると解釈された。

    ミニットマン3は最大射程距離が1万3000キロで、米本土から平壌を30分以内に打撃できる。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/260478?servcode=500&sectcode=500

    【【北朝鮮】 米国も行動、ICBM試験へ 「平壌を30分以内に打撃可能」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/12/12(木) 13:25:51.75 ID:CAP_USER
    F94FDAD1-2033-4385-A357-F771DBD16EEE
     
    国連の安全保障理事会で11日、北朝鮮の核・ミサイル問題についての会合が開かれ、
    アメリカの国連大使は「挑発を続ければ、相応の対応をする」と北朝鮮に警告した。

    北朝鮮が弾道ミサイル発射を続けていることを受けて、安保理は1年3か月ぶりに公開での会合を行った。
    会合はアメリカが要請したもので、クラフト大使は弾道ミサイル発射を非難した上で、安保理としての追加制裁を示唆し、北朝鮮に警告した。

    アメリカ・クラフト国連大使「北朝鮮がさらなる挑発や脅迫を行わないと信じている。
    もし続けるのであれば、安保理として相応の対応をする準備をすべきだ」

    一方で、米朝の非核化交渉をめぐっては「柔軟に対応する準備がある」と述べ、交渉への復帰を求めた。

    また、会合に先立ち、アメリカのビーガン北朝鮮担当特別代表は、安保理メンバーらと協議した。
    こう着する米朝交渉の打開策を探ったものとみられる。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20191212-00000259-nnn-int

    【【米国】 北朝鮮に警告 「挑発を続ければ、相応の対応をする」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2019/12/12(木) 08:03:03.17 ID:CAP_USER
    kr250
     
    親北派進歩団体である国民主権連帯と青年党が駐韓米国大使館の前で「ハリー・ハリス駐韓米国大使斬首コンテスト」を開くと明らかにして論議を呼んでいる。

    今月11日、警察などによると、国民主権連帯は9日フェイスブックにハリス大使の顔とともに13日午後4時ソウル鍾路区(チョンノグ)米国大使館の前でこの行事を行うという内容のポスターを掲載した。

    「内政干渉総督の振る舞い」「文在寅(ムン・ジェイン)従北左派発言」「在韓米軍支援金5倍引き上げ強要」などの文字も書いた。彼らは警察に該当行事に対する集会・デモ申告書も提出した。

    彼らは「ハリス斬首考え公募展」もともに開催すると明らかにした後、ハリス大使の首に「ネックスライス」(首を切断する)動作を挿絵で描いたポスターを公開した。

    コメントにアイディアを公募すると明らかにして「いいね」が最も多く押されたコメントはコンテストで試演すると公示した。

    彼らは「ハリスの鼻毛を一本ずつ抜く」「木製箸でハリスの口をねじる」などを例にあげた。

    だが、論議を呼ぶと彼らはフェイスブックで公募展ポスターを削除した。ただし、フェイスブックにハリス大使に対する批判を詳細に書き込んできた文章はそのまま掲示した。

    国民主権連帯はハリス大使が与野党の国会議員に会った席で「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が従北左派に囲まれているという報道があるが、どう思うか」と質問した事実を批判して「外交官が主宰国大統領の理念傾向に難癖をつける状況は正常ではない」と主張した。

    警察は集会を制限するという立場だ。鍾路警察署関係者は「今月12日、国民主権連帯などに集会の『制限』、または『禁止』を通知する計画」と明らかにした。

    外交公館保護義務を定めた「ウィーン条約」により集会内容の変更を求めるか、あるいは最初から禁止できるというのが警察の説明だ。

    国民主権連帯は米国大使官邸に侵入した韓国大学生進歩連合と行動をともにする団体だ。


    中央日報  2019.12.12 07:56
    https://japanese.joins.com/JArticle/260452?servcode=A00&sectcode=A20

    【【韓国】親北団体、あす米大使館の前で「ハリス大使斬首コンテスト」予告 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: シコリアン ★ 2019/12/10(火) 16:39:32.43 ID:CAP_USER
    E-8Cジョイントスターズ

    北朝鮮がクリスマス以前に挑発する可能性が高いとみて、米国が11日(現地時間)の国連安全保障理事会招集を要請するなど先制的な対応に動き出した。また、韓半島(朝鮮半島)に米軍偵察機を投入し、北朝鮮の動向を監視している。

    ソウルの外交筋は10日、「国家情報局(DNI)など米国の情報機関は北が来年初めよりも今年末に挑発をする可能性が高いと判断し、これをホワイトハウスに報告したと聞いている」とし「北が7日に東倉里(トンチャンリ)ミサイル発射場でロケットまたはミサイル関連の燃焼試験をするなど挑発が迫っている兆候を見せたのも、こうした判断を後押ししている」と伝えた。

    北朝鮮はその間、年末までに米国が非核化交渉で制裁解除など「新しい解決策」を提示しなければ「新たな道」を歩むと脅迫した。3日にはイ・テソン外務次官(米国担当)の談話で「残されているのは米国の選択であり、近づくクリスマスプレゼントに何を選ぶかは全面的に米国の決心にかかっている」と述べた。

    しかし最近、北朝鮮が予想より早く動いているため、当初予告したクリスマスの前に挑発をする可能性が高いという見方が出ている。国連安保理が米国の要請で11日(現地時間)に北朝鮮のミサイル発射と挑発拡大の可能性を議論することにしたのも、北朝鮮のクリスマス以前の挑発の動きと関連している。北朝鮮が最も敏感に反応する安保理カードで北朝鮮に圧力を加えて挑発を抑止しようというのが米国の狙いだ。米国はその間、北朝鮮の短距離弾道ミサイル発射に対して安保理会議の招集を要請してこなかった。

    また、先週からほぼ毎日、米軍の偵察機が韓半島(朝鮮半島)上空を飛行しながら北朝鮮を監視している。海外軍用機追跡サイト「エアクラフトスポット」によると、この日も午前4時ごろ米空軍所属E-8Cジョイントスターズが韓国領空で確認された。南海から進入したこの偵察機は中部圏上空を往復飛行した後、機首をまた南に向けた。E-8Cジョイントスターズは250キロ離れた地上の車両の移動を追跡できる。

    韓国国防安保フォーラムのシン・ジョンウ分析官は「米国は基本的に人工衛星を通じて北を偵察するが、最近のように韓半島情勢が緊迫した状況になれば偵察機など多様な情報資産を総動員する」と説明した。

    韓米は北朝鮮のロケットまたはミサイル関連の車両が移動するという機密情報を入手し、これを確認している。軍関係者は「7日に続いて近いうちに追加で燃焼試験をするとみて注視している」と話した。北朝鮮は7日、東倉里ミサイル発射場のエンジン燃焼実験場で燃焼実験を2回以上実施したことが把握された。これに続いて北朝鮮が多様なロケットまたはミサイル発射を準備するのではという見方が出ている。

    21世紀軍事研究所のリュ・ソンヨプ研究委員は「北が人工衛星を打ち上げるには複数のエンジンを一つに束ねた後、ロケットに搭載しなければいけない」とし「一度の燃焼試験でエンジン性能を十分に評価するのは容易でない」と述べた。

    中央日報 2019.12.10 15:59 
    https://japanese.joins.com/JArticle/260388  

    【【朝鮮半島】北朝鮮に挑発の兆候…米偵察機が連日監視】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2019/12/11(水) 17:57:30.55 ID:U5w0ue9v9
    059E6FAE-D83E-4906-911B-73F54C74084B
     
    「韓日関係が悪化し、韓国が韓日米三角同盟から離脱する場合、日本の生命線、安全保障ラインが休戦ラインから 両国間の海峡(大韓海峡)に降りてくる可能性もある」

    韓日葛藤の長期化が日本の安保フレームまで不安定にしかねないという主張が提起された。「朝鮮半島の安全保 障と日韓関係の展望」を主題とし、今月7日に東京で開かれた日韓平和政策学術フォーラム(日本平和政策研究所 、韓国平和研究学会共同主催)でだ。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00000007-cnippou-kr
    【【日米は想定済み】韓国中央日報「韓国が日米から離脱したら日本の生命線は38度線から対馬海峡に降りてくるぞ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/12/10(火) 12:56:37.52 ID:CAP_USER
    no title


    先月、40代の韓人(コリアン)の男を性暴行容疑で逮捕したラスベガス警察が、他の被害者の積極的な申告を求めた。

    去る6日、ラスベガス警察によれば、キム・ドヒョン(英語名=マーク/46歳)容疑者は性暴行2件と○○○露出の容疑2件で逮捕されて検察に起訴された。

    キム容疑者は昨年8月と2017年9月に、それぞれ酒に酔った女性2人を性暴行した容疑を受けている。

    警察は、キム容疑者はナイトクラブの従業員だったとし、ラスベガスとロサンゼルスを定期的に行き来していたと明らかにした。

    引き続き警察は、他にも被害者がいる可能性があると言いながら、キム容疑者から被害を受けたと思わる場合、積極的に申告して欲しいと強調した。

    米州韓国日報(韓国語)
    http://www.radiokorea.com/news/article.php?uid=330328

    【【米国】韓人(コリアン)を性暴行容疑で逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/12/10(火) 10:17:03.46 ID:CAP_USER
    un250
     
    北朝鮮が7日に西海(ソヘ)衛星発射場(東倉里試験場)でロケットエンジン試験をするなどミサイル挑発の動きに関連し、 米国が国連安全保障理事会の招集を要求した。

    国連安保理は米国の要請を受け、11日に安保理全体会議を開いて北朝鮮のミサイル問題を議論すると、
    ロイター通信が9日報じた。北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射挑発をする場合、安保理レベルで追加の制裁をする可能性を開いておいたのだ。

    これに先立ち米国務省の関係者は中央日報に対し「朝鮮半島での最近の事態とトランプ大統領の5日の国連安保理常任理事国代表らと会合を考慮し、 国務省は国連代表部に今週中の安保理招集を要求することを指示した」と明らかにした。

    続いて「安保理が最近の北朝鮮のミサイル発射とさらなる挑発の可能性を含め、 朝鮮半島の最近の状況展開に関する最新事項を議論することを提案した」と伝えた。

    北朝鮮が先週、米国に向けて「クリスマスプレゼント」脅迫をしたのに続き、 7日に西海エンジン試験場でロケットエンジン噴射試験をするなど人工衛星(大陸間弾道ミサイル)発射再開の動きを見せていることを受け、 安保理招集を通じて圧力を加え始めたのだ。

    また、北朝鮮の金星(キム・ソン)国連大使が同日、声明を通じて「トランプ大統領の再選挑戦という国内政治的目的のための 時間稼ぎ用トリックのために長い対話をする必要はない。非核化はすでに交渉テーブルから消えた」と述べたことに対する措置だ。

    ロイター通信は「現地の外交官と専門家は北朝鮮が2017年から停止していた核実験と長距離ミサイル試験を再開することを懸念している」とし 「トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)委員長は3度会ったが、非核化合意のためのいかなる進展もなかった」と伝えた。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/260353?servcode=500&sectcode=500

    【【米国】 北朝鮮の挑発で11日に国連安保理招集・・・ICBM発射を牽制 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/12/10(火) 10:41:22.39 ID:CAP_USER
     9DAA0674-BB80-4E5E-B955-E61E2446EE85
    アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長について、
    「アメリカに敵意を示したらすべてを失う」とけん制しました。

    エスパー国防長官も「アメリカ軍は常に準備ができている」と述べるなど、非核化交渉をめぐる米朝の駆け引きが続く中、アメリカ側のいらだちが表面化しています。

    北朝鮮は、アメリカとの非核化交渉をめぐって、一方的に「年内」という期限を設けて譲歩を迫っていて、 かつて、事実上の長距離弾道ミサイルを発射した発射場で「重大な実験」を行ったことを発表するなど、 ミサイルの発射を再開する可能性を示唆しています。

    こうした中、トランプ大統領は8日、ツイッターに「キム・ジョンウンは賢く、 アメリカに敵意を示したらすべてを失うことを知っている」と投稿し、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長をけん制しました。

    そのうえで、「キム・ジョンウンの指導のもとで、北朝鮮はとてつもない経済成長が可能だと思うが、
    そのためには、約束通り、非核化しなければならない」として、北朝鮮の非核化を重ねて求めました。

    一方、エスパー国防長官は同日、FOXニュースのインタビューで、「アメリカ軍は常に準備ができており、 北朝鮮と戦争が起これば今夜にも勝利するだろう。交渉の窓口は常に開いているので、外交努力にも期待している」と強調し、 非核化交渉をめぐる米朝の駆け引きが続く中、アメリカ側のいらだちが改めて表面化した形です。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191209/k10012207311000.html

    【【北朝鮮と舌戦】 エスパー国防長官 「アメリカ軍は常に準備ができており、北朝鮮と戦争が起これば今夜にも勝利するだろう」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/12/10(火) 10:25:39.80 ID:CAP_USER
    kp250
     
    北朝鮮が米国に対して「災難的な結果を見たくなければ熟考したほうがよい」と9日、警告した。

    自ら「失うものがない人々」と称して挑発の強度を高めた直後、再び言葉の爆弾を浴びせた。

    李洙ヨン(イ・スヨン)労働党国際担当副委員長はこの日、朝鮮中央通信談話を通じて「〔金正恩(キム・ジョンウン)〕国務委員長の気分を
    ますます損なわせかねないトランプの暴言は中断されるべきだ」と話した。「トランプは非常にいら立っているだろうが、
    全てのことが自業自得であるという現実を受け入れなければならない」というのが彼の主張だ。

    談話には、最近のドナルド・トランプ米国大統領の北朝鮮に対する警告メッセージに屈しないという意志も入っていた。

    李副委員長は「トランプはわれわれが何を考えているのか非常に気になっているようだ」とし
    「そして、どのような行動に出るのか、非常に不安で焦っている」とした。そして「最近相次いで出しているトランプの発言と表現は、
    一瞬誰かに対する脅しのように聞こえるが、心理的に彼が怖気づいているという明確な傍証」と主張した。

    トランプ大統領は今月8日(現地時間)、自身のツイッターに「金正恩はとても賢い。
    そして彼は敵対的方式で行動すれば失うものが非常に多い。事実上、全てのもの」と書いていた。

    李副委員長はまた「それほど立たず年末に下すことになるわれわれの最終判断と決心は、国務委員長がすることになり、
    国務委員長はまだそのいかなる立場も明らかにしていない状態にある」とし
    「また、誰かのように相手に向かって揶揄的で刺激的な表現も使っていない」と強調した。

    悪化した米朝関係の責任を米国に転嫁しながら挑発のための名分づくりに出たものと分析できる。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/260357?servcode=500&sectcode=500

    【【軍事】 北朝鮮が米国に警告 「災難的な結果を見たくなければ熟考せよ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マスク着用のお願い ★ 2019/12/09(月) 16:29:26.47 ID:Z7HmZo0m9
    BA0653E1-D50B-4992-8846-242AE6098847

    北朝鮮実験にトランプ氏「敵対的行動に出れば全て失う」

    トランプ米大統領は8日、北朝鮮が「衛星発射場で重大な実験が行われた」と発表したのを受け、「(朝鮮労働党委員長の)金正恩(キムジョンウン)氏が敵対的な行動に出ればすべてを失うが、彼は賢いのでそんなことはしない」とツイートした。正恩氏への信頼を示すと同時に、北朝鮮が敵対的な行動に出た場合、米国として軍事的な選択肢も含めた対応を取る警告をにじませたとみられる。

    また「北朝鮮は約束通り非核化しなければいけない。NATO、中国、ロシア、日本、そして世界中がこの問題では団結している!」と強調した。

     朝鮮中央通信によると、北朝鮮の国防科学院の報道官は8日、「重大実験」は北西部の平安北道(ピョンアンブクト)東倉里(トンチャンリ)の西海衛星発射場で成功裏に行われたと発表。「遠からず我が国の戦略的地位をもう一度変化させる上で重要な作用をするだろう」と言及した。北朝鮮が非核化をめぐる米朝交渉の期限を年内だと主張する中、米国まで届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)用のエンジン試験の再開ではないかとの見方が出ている。

     7日には、北朝鮮の金星(キムソン)国連大使は「我々が米国と長々と対話する必要は現在はない。非核化はもはや交渉のテーブルから消え去った」とする声明を発表していた。(ソウル=武田肇、ニューヨーク=藤原学思、ワシントン=園田耕司)

    2019/12/9 11:24 朝日新聞
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASMD9366WMD9UHBI017.html?iref=sp_new_news_list_n  【北朝鮮実験にトランプ大統領「敵対的行動に出れば全て失う」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みんと ★ 2019/12/08(日) 11:14:42.83 ID:2xJqlYu79
    no title

    no title

    no title

    no title


    アメリカ海軍は、建造中の最新鋭の原子力空母「ジョン・F・ケネディ」の進水を祝う式典を行いました。アメリカ海軍は、中国が軍備の増強を急速に進めていることに警戒を強めていて、今後、同じ型の空母をさらに2隻、建造して海軍力を強化する方針です。

    アメリカ海軍は7日、南部バージニア州のニューポートニューズ造船所で、建造中の最新鋭の原子力空母「ジョン・F・ケネディ」の進水を祝う式典を行いました。

    式典で海軍の幹部は「この空母はわれわれにより強力な戦闘能力をもたらす」と述べ、新型の空母を保有する意義を強調しました。式典には、空母の名前の由来となった故ケネディ元大統領の長女、キャロライン・ケネディ元駐日大使が出席し、船を清めるためにスパークリングワインのボトルを船体で割る伝統の行事を行いました。

    空母「ジョン・F・ケネディ」は、艦載機を発進させる機械である「カタパルト」の機能を向上させ、出撃回数を増やせるようにしたほか、装備の自動化を進めたことで、これまでの空母より少ない要員で運用できるのが特徴です。

    「ジョン・F・ケネディ」は装備を取り付けたあと、退役する原子力空母「ニミッツ」に代わり就役する予定です。

    アメリカ軍は、中国が初の国産の空母を近く就役させるなど、軍備の増強を急速に進めていることに警戒感を強めていて、今後、同じ型の空母をさらに2隻、建造して海軍力を強化する方針です。

    NHK 2019年12月8日 10時19分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191208/k10012206611000.html

    【【軍事】米、最新鋭の原子力空母「ジョン・F・ケネディ」進水祝う式典…退役する「ニミッツ」に代わり就役予定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2019/12/08(日) 06:04:06.33 ID:JwB23h6x9
    AD0B8923-22B5-406A-AF4D-4AF1D909D893

    米、イラン大統領の訪日了承
    首相とロウハニ師会談へ 

     日本、イラン両政府が調整するロウハニ大統領の訪日に関し、米国が了承する意向を日本政府に伝達していたことが7日、分かった。米国は安倍晋三首相とロウハニ師の首脳会談後、結果を共有するよう要請した。イランと対立するトランプ米政権の理解が得られたことで、ロウハニ師訪日の実現は確実な情勢となった。時期は今月20日を軸に調整する。複数の外交筋が明らかにした。

     イラン大統領の訪日は2000年10月のハタミ大統領以来、19年ぶり2回目となる。

     ロウハニ師訪日を巡り、米国は日本を介して対米関係に関するイラン側の考えを把握した方が得策と判断したとみられる。

    2019/12/8 06:00 (JST) 
    共同通信

    【【OK晋三!ロウハニにあってよし!】米国、イラン大統領の訪日了承 安倍首相とロウハニ師会談へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/12/08(日) 11:11:05.00 ID:CAP_USER
     
    |マッサージ店事業主・従業員など、ロードアイランド州で16人
    F0489897-917E-4404-A851-DB2AA025C04D

    (写真=WPRI.comより)

    ____________________________________________________________

    連邦当局の大規模な取り締まり作戦により、韓人(コリアン)売春婦10人余りが一度に逮捕された。

    連邦国土安全保障省は先月、感謝祭の連休期間にロードアイランドで大規模な売春取り締まり作戦を行い、韓人女性13人など、16人を売春容疑で逮捕したと明らかにした。

    今回の作戦は国土安全保障省とロードアイランド警察が合同で行ったもので、逮捕された韓人女性はロードアイランド州で売春マッサージ店を運営したり、マッサージ店の従業員であることが分かった。

    当局は、今回の取り締まり作戦が地域住民などの苦情申告が相次いだため始まったと明らかにした。

    逮捕された韓人のうち、オク某(Stelly Sang Ok/64歳)とイ某(Jeonsuk Lee/63歳)が無免許でのマッサージ店運営と売春斡旋容疑で逮捕され、ニューヨーク出身のパン某(In Ok Bang/53歳)やイ某(Jung Mi Lee/46歳)、ニュージャージー出身のチェ某(Eun Joo Chae/50歳)などは違法売春および無免許マッサージの容疑で逮捕された。

    また、ニューヨーク出身のキム某(Gee Yoon Kim/51歳)、チョン某(Yeon Sun Jeon/42歳)、アン某(Keum Ran An/49歳)、アン某(Jin Gyu An/49歳)イ某(Sun Lee Young/48歳)、ソ某(Hee Young So/44歳)、テキサス州のパク某(Yun Hee Park/48歳)などは無免許でマッサージ店で働いた容疑で逮捕されたと当局は明らかにした。

    米州韓国日報(韓国語)
    http://www.koreatimes.com/article/1283967

    【【米国】韓人(コリアン)売春婦、大量逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ベクトル空間 ★ 2019/12/08(日) 02:19:25.98 ID:wIFc2lv49
    A06B5723-5592-4160-A55C-DDDC2E8A602F
     【ニューヨーク時事】ロイター通信によると、北朝鮮の金星国連大使は7日、声明で、米朝協議から非核化問題が外されたと主張した。
    金氏は「米国と今、長い協議を行う必要はない。非核化は既に交渉のテーブルから下ろされた」と述べた。

    時事通信
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2019120800060&g=int

    【【速報】 北朝鮮の国連大使は、米朝協議から非核化問題が外されたと主張した】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2019/12/07(土) 04:54:45.26 ID:6XQqRx3k9
    A4E31C53-D3AA-4A56-9A7F-41D8F3D1B518
     
    リック・スコット米国上院議員(共和・フロリダ)が5日(現地時間)、在韓米軍が撤退した場合、中国は韓国に「核の傘」を提供することができるというムン・ジョンイン大統領統一外交安保特別補佐官の主張に「笑わせる」と一蹴した。

    スコット議員はこの日、自由アジア放送(RFA)とのインタビューで、ムン特報の発言について、「面白い発言だと思う」とし「中国の行動を見てください。香港が良い例だ。中国共産党は、香港が中国に返還される前に英国が香港の市民に保証していた基本権を認めていない。

    中国は中国共産党が治めていることを覚えておいてください」と述べた。また「韓国は中国が核の傘を提供することを信じているようだが、共産国中国が防御してくれた国がどこにあるのか」と、香港や台湾を取り上げ、「中国は侵略者」と強調した。

    スコット議員はまた、最近ドナルド・トランプ大統領が必要な場合は、北朝鮮を相手に軍事力を使用することができると発言したことについては、「米国が北朝鮮との交渉で軍事力の使用など、すべての選択肢が可能だという立場を維持することが重要である」とし「トランプ大統領の発言は正しいことだった」と付け加えた。

    タイ出身のタミー・ダックワーズ上院議員(民主・イリノイ州)もRFAとのインタビューでムン特報の発言について、「中国が北東アジア地域で影響力を拡大することを非常に憂慮している」とし「米国が韓国、日本との強力な同盟を維持しながら、この地域に引き続き駐留することが非常に重要である」と述べた。

    ジョシュ・ホーリー上院議員(共和・ミズーリ州)も「韓国と米国が分断されるのは、お互いに非常に良くないこと」とし「韓米同盟を強化することが非常に重要である」と述べた。ムン特報は4日、韓国国立外交員、外交安保研究所が開催した国際会議で「北朝鮮の非核化が行われていない状態で在韓米軍が撤退した場合、中国が韓国へ核の傘を提供し、その状態で、北朝鮮と交渉をする方案はどうか」と述べていた。

    (韓国語)
    https://news.v.daum.net/v/20191206091956953

    【【サンタにお願い】韓国「駐留米軍撤退後は中国が『核の傘』を提供してくれたらいいな」⇒無慈悲な米国「笑わせるな。中国は侵略者だぞ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鴉 ★ 2019/12/07(土) 00:41:12.59 ID:CAP_USER
    7E353D5D-4E38-42B7-A965-AE2952C5EDEC
     
    シャープ元在韓米軍司令官「数ドルのために同盟を放棄してはならない」
    2019-12-06 23:40


    「韓国、対国内総生産比防衛費がどの同盟よりも高い」 

    ソン・ミンスン元長官「在韓米軍の撤退、核武装論につながる恐れも」 

    チョン・ウンボ分担金交渉大使「米国と引き続き隔たり埋めなければならない状況」


    ウォルター・シャープ元在韓米軍司令官は5日(現地時間)、韓米防衛費分担金交渉と関連して「数ドルのために同盟を放棄してはならないと固く信じている」と述べた。

    シャープ元司令官は同日、ワシントンで韓米経済研究所(KEI)が開いた防衛費分担金関連のセミナーに出席し、このように述べ、「同盟を最優先(ナンバーワン)に考えるべきだ。同盟にどれだけ価値を置くかが、この(防衛費交渉の)全体協議に含まれなければならない」と強調した。

    彼は「韓国は2020年の防衛費予算が国内総生産(GDP)のうち2.7~2.8%水準で、他のどの同盟よりも防衛費支出が高い」と述べた。

    シャープ元司令官は、このような予算が米国産兵器の購入などに使われる点が、交渉で公正に提示さるべきだと指摘した。彼は「2倍や3倍、4倍、5倍など、増額が発生すれば、結局それは国防費から支出されるだろう」とし、「その金は韓国が自国防衛にどれだけ支出しており、兵器の購買において米国のものを買うのにどれほど使うかと直接関連がある。こうした部分も見極めなければならない」と強調した。

    ソン・ミンスン元外交通商部長官は同日の基調演説で、米国の要人が防衛費交渉と連携して在韓米軍撤退の可能性を示唆することの危険性について指摘した。また、「米国の要求は在韓米軍のアイデンティティを深刻に損ねるだろう」とし、「この場合、米軍はこれ以上韓国人の尊敬を享受できなくなる」と述べた。

    ソン長官は、ドナルド・トランプ大統領が実際に在韓米軍を撤退させる場合、「韓国は核の傘を必要としているが、中国やロシアにそれを求めることはできない」とし、「自ら核の傘を作るべきという答えが出てくるだろう。

    それはすでに動揺している核不拡散条約(NPT)体制を弱体化させる結果となる」と指摘した。

    一方、チョン・ウンボ防衛費分担交渉大使は5日、帰国の途に就く前にワシントンで、米国との会議の結果に関する記者団の質問に対し、「引き続き意見の隔たりを埋めていかなければならない状況であり、具体的に結果に至っていない」と答えた。

    今月3~4日の両日間、米国側と第11次韓米防衛費分担特別協定(SMA)の締結に向けた第4回会議を終えたチョン大使は記者団に「互いに対する理解の幅を広げている」としながら、このように述べた。韓米の間にまだ隔たりが大きいということだ。チョン大使は「米国が引き続き特別協定の枠組みから外れた要求をしているか」という記者団の質問に対し、「具体的な結果を出るまでは、米国がこれまでの立場を貫くと見る方が良いだろう」と答えた。

    また、「既存の特別協定の枠組みの中での交渉が進められるべきだという我々の立場には変わりがない」と述べた。米国が現行の特別協定に韓国の負担と規定されている在韓米軍における韓国人雇用員の賃金▽軍事建設費▽軍需支援費の項目以外に、朝鮮半島における米軍の循環配置費用や域外訓練費用などまで求めるのは受け入れられないということだ。

    チョン大使は、米国が防衛費交渉に貿易や在韓米軍問題を結びつけているかという質問に対し、「交渉テーブルで全く議論されていない」と答えた。

    ワシントン/ファン・ジュンボム特派員(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

    ハンギョレ新聞
    http://japan.hani.co.kr/arti/international/35167.html


    【【韓国】シャープ元在韓米軍司令官「数ドルのために同盟を放棄してはならない」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル