かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:アメリカ海軍

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/05/03(日) 23:25:48.89 ID:CAP_USER
    米海軍は、ハワイの真珠湾基地で隔年で行われる世界最大級の国際的な海軍軍事演習RIMPAC(リムパック)2020を、今年の8月17日~3月31日に米海軍太平洋艦隊が主催し実施する事を発表しました。

    世界最大の海上軍事演習RIMPACは1971年から行われており、今年は第27回目となります。

    参加国は米国の同盟国に限定されているわけではなく、環太平洋にも限定されず、各国の海軍が広く参加し、各国の海軍関係者が信頼醸成を行い、不測の衝突を避けるために行われます。前回の2018年度は6月27日から8月2日に実施、27か国の海軍が参加、各国海軍の45艦が参加する大規模なもので、世界最大の海軍軍事演習です。日本の海上自衛隊も1980年から参加しています。

    no title

    (2018年7月26日
    太平洋上
    RIMPAC2018に参加する各国海軍の艦船
    米海軍報道専門官Dylan M. Kinee)

    2020年中国の武漢から広がった「武漢ウイルス」に配慮し、RIMPAC2020は海上での演習に限定して実施の予定です。

    今年のテーマは「Capable, Adaptive, Partners」。

    米海軍太平洋艦隊のJohn C. Aquilino司令官は「このような困難な時代にこそ、各国の海軍が協力して重要な航路を保護し、国際海域の航行の自由を確保することが、これまで以上に重要になっています。」と語っています。

    no title

    (2020年5月2日
    米海軍のグアム基地にて
    米海軍太平洋艦隊のJohn C. Aquilino司令官
    USS Theodore Roosevelt(CVN 71)乗組員への演説
    写真:米海軍広報専門官Dartanon D. Delagarza)

    尚、以下で既報の通り米海軍の太平洋艦隊では、第七艦隊の原子力空母USS Theodore Roosevelt(CVN 71)でも、武漢ウイルスの被害から乗員が回復し、戦列への復帰が進んでいます。

    米空母USS Theodore Roosevelt(CVN 71)、まもなく戦列復帰へ
    https://pattayaja.com/2020/05/01/10941/

    米海軍太平洋艦隊のJohn C. Aquilino司令官は上記写真の通り、昨日の2020年5月2日にグアム基地で、原子力空母USS Theodore Roosevelt(CVN 71)の現場を訪れて、乗組員への演説を行いました。いよいよUSS Theodore Roosevelt(CVN 71)も戦列に復帰します。

    このように米海軍は各国の海軍と協力し、各重要な航路を保護して国際海域の航行の自由を確保するために尽力しています。

    日本においては、国防の問題を認識する事が必要

    中国の武漢から広がっている武漢ウイルスにより、現在は日本や米国の一般市民にも甚大な被害が出ています。同時に米軍にも大きな被害が出ており、在日米軍においても高官も含めて感染者が多く出ています。しかし、このような折も中国共産党政府によるアジアへの覇権主義が止まるわけではありません。むしろ軍事的挑発は高まっており、国防においての危機を迎えています。

    日本としては非常に心配される現状となっていますが、日本では多くのメディアがこのような国防の問題を大きく取り上げる事は少なく、国民で議論をする以前に、そもそも多くの日本国民は、このような問題が起きている事を知らない状況にあります。

    このように、そもそも知らないからこそ議論すらもしていない事が、日本の国防においての大きな問題ではないでしょうか。
    その意味で、河野防衛相が日本国民に伝えようと取り組みをしているのは、まさに今の日本に必要な取り組みです。

    このような中国共産党政府の動きを牽制し、インド太平洋地域の安全を確保するために、米軍と日本の自衛隊による尽力が現在も行われています。PJA NEWSでは出来るだけ積極的に、このような問題や取り組みについても掲載しています。
    (全文ソース先にて。)

    https://pattayaja.com/2020/05/03/11025/
    パタヤ 2020年5月3日 最終更新日時 : 2020年5月3日

    【【国際・軍事/国防】米海軍、世界最大級の海軍軍事演習RIMPAC開催!8月17~31日ハワイで】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鴉 ★ 2020/04/03(金) 13:37:17.79 ID:CAP_USER
    E3F566CC-C39D-4039-A680-4E753B3A2C3F

     
    素粒子


    米空母でコロナ蔓延(まんえん)。

    狭い空間に多数がひしめく環境はどの国の軍艦も。

    この危機を緊張緩和に生かせぬものか。

    https://www.asahi.com/articles/DA3S14427122.html

    【【コロナ痛快】朝日新聞「米空母でコロナ蔓延。狭い空間にひしめく環境はどの国の軍艦も。この危機を緊張緩和に生かせぬものか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2019/06/08(土) 00:13:09.36 ID:ergXeCtQ9
     93DF79CD-2CE8-4272-A6BA-C338941831AB
    【速報】横須賀基地に拠点を置くアメリカ海軍の第7艦隊は7日、フィリピン海を航行していたアメリカ海軍のイージス艦に対し、ロシア海軍の駆逐艦がおよそ15メートルから30メートルまで異常接近したと発表した。

    https://twitter.com/tbs_news/status/1137014062372360193?s=21
    2019/06/07


    【【速報】フィリピン海で米海軍第7艦隊にロシア海軍駆逐艦が異常接近 7日 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/02/15(金) 20:07:51.95 ID:CAP_USER 
    9F294462-F1C5-49D7-AE82-6634079D8E93
     
    韓米連合訓練に主に動員されてきた米海軍指揮艦が親善交流の目的で韓国に来た。 

      韓国海軍によると、米海軍第7艦隊指揮統制艦「ブルー・リッジ」(1万9600トン級)は15日、釜山(プサン)海軍作戦基地に入港した。 

      「ブルー・リッジ」は過去に何度か韓米連合訓練のために韓国に来ているが、今回の入港は両国海軍間の交流協力および友好増進が主な目的だ。軍関係者は「『ブルー・リッジ』との合同軍事演習計画はない」とし「米将兵は部隊訪問と地域ボランティアなど親善交流活動をする」と説明した。 

      「ブルー・リッジ」は昨年、米本土で大々的な整備を終えて母港の日本横須賀基地に復帰した。この期間に新しく構成された指揮部と乗組員が最近、韓国や日本を歴訪をしているのだ。韓国には来週初めまで留まる。 

      1970年に就役した「ブルー・リッジ」は40年以上も第7艦隊の旗艦の任務を遂行している。艦艇の内部では戦術旗艦指揮本部、合同作戦本部、合同情報本部、上陸軍作戦指揮所の4つの作戦指揮所が運営され、「海の司令官」と呼ばれる。キー・リゾルブ(KR)演習など韓米連合訓練が行われる場合、上陸作戦を指揮する役割を担う。全長194メートル、幅33メートルと、韓国海軍の「独島」と似た規模で、第7艦隊の指揮部や乗組員など約1200人が乗船する。

    中央日報 2019年02月15日 16時05分
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=250288&servcode=a00&sectcode=a00

    【【米海軍】揚陸指揮艦「ブルー・リッジ」が韓国入港】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/02/12(火) 16:52:39.42 ID:CAP_USER
    【北京時事】米海軍の駆逐艦2隻が11日、南シナ海・南沙(英語名スプラトリー)諸島で中国が実効支配するミスチーフ(中国名・美済)礁付近を航行した。中国外務省の華春瑩副報道局長が同日の記者会見で確認した。華氏は「『航行の自由』の名を借りて、沿岸国の主権と安全に害を与えることに断固反対する」と述べ、米国に強い不満を表明した。

     華氏によると、米軍のミサイル駆逐艦「スプルーアンス」と「プレブル」が航行。中国海軍が「警告して追い払った」という。米情報当局の分析では、ミスチーフ礁には昨年、中国がミサイルを配備したと伝えられている。
     北京ではこの日、米中両政府による次官級の貿易協議が始まった。米軍の行動には、中国の構造改革など対立点をめぐる議論が本格化するタイミングで、中国に圧力をかける狙いがあるとみられるが、華氏は両者の関連を問う質問を「米国が何を考えているか皆さんは知っているのでは。中国は極めて泰然としている」とかわした。(2019/02/11-21:28)

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021100635&g=int

    【【米海軍】駆逐艦2隻が南シナ海航行=貿易協議初日、中国反発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/02/06(水) 18:33:10.66 ID:CAP_USER
    米海軍第7艦隊は6日までに、海上自衛隊の幹部が佐世保基地(長崎県)配備の強襲揚陸艦「ワスプ」を訪れ、艦載機として運用されている最新鋭ステルス戦闘機F35Bなどを視察したことを明らかにした。

    〔写真特集〕海自最大の「空母型」護衛艦いずも
    no title


     防衛省は新たな防衛大綱に基づき、広い飛行甲板を備える海自の「いずも」型護衛艦(全長248メートル、1万9950トン)を「空母」に改修し、F35Bを導入する方針を決定。空自基地が少ない太平洋上などで「空母」艦上で運用することが想定されている。(2019/02/06-17:28)

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019020600951&g=pol
    時事ドットコム

    no title

    米海軍の強襲揚陸艦「ワスプ」に搭載されている最新鋭ステルス戦闘機F35Bを視察する海上自衛官ら=5日(米海軍提供)

    【【米海軍第7艦隊】海上自衛隊幹部が強襲艦のF35B視察=護衛艦、「空母」改修控え 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/08/26(日) 17:48:27.38 ID:CAP_USER9

    米海軍第2艦隊、7年ぶりに復活 ロシアに対抗 
    2018.08.26 Sun posted at 14:42 JST 

    ワシントン(CNN) 米東部沿岸や大西洋北部などでのロシアの脅威の高まりを受け米海軍が復活させる方針を明らかにしていた第2艦隊が26日までに正式に発足した。 
    第2艦隊は冷戦時代の初期に創設され、旧ソ連に対抗し北大西洋条約機構(NATO)を支えるのが主要任務だった。コスト削減やロシアとの緊張緩和もあり2011年に解体されていた。 

    米バージニア州ノーフォークで催された発足式典で海軍制服組トップのリチャードソン海軍作戦部長は、第2艦隊は海上戦力での米国の優位性の維持に寄与すると強調した。同艦隊の司令官はアンドリュー・ルイス海軍中将が務める。 

    海軍当局者によると、第2艦隊は今後、欧州海軍部隊や米海軍第4、第6両艦隊と連携しながら、高度な水準での海上戦闘を想定した共同もしくは統合の訓練や作戦を実施していく。 
    また、NATO支援の任務に復帰し、最近発表されたノーフォークに本部が置かれる大西洋防衛を目指すNATOの合同軍司令部の作戦遂行を助けるとしている。 

    NATOや米政府当局者によると、潜水艦出動を含めたロシア海軍の海洋での動きは現在、冷戦終結後、最も活発な水準となっている。特に紛争が勃発(ぼっぱつ)した場合、米国による欧州への海路での支援がロシア軍潜水艦によって脅威にさらされる事態を懸念している。 

    また、ロシアは最近、米国東海岸に諜報(ちょうほう)収集船を送り込んでもいた。自国の軍事力強化を進めるロシアのプーチン大統領は核兵器搭載の無人潜水艇の開発計画も公にしている。 

    ロシアの脅威の高まりを受けて、第2艦隊が復活した/US Navy 
     no title

    CNN

    【【米軍】米海軍第2艦隊、7年ぶりに復活 ロシアに対抗 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/07/06(金) 12:09:17.90 ID:CAP_USER
    no title
     
    海軍艦艇による弾道ミサイル防衛のためのパトロール任務は、戦略環境の激変という観点からは、アメリカ海軍にとってこの上もない足枷となっている──アメリカ海軍作戦部長ジョン・リチャードソン海軍大将(米海軍軍人の最高位)は、アメリカ海軍大学校での講演でこんな趣旨の発言をした。

    ■BMD任務が駆逐艦衝突事故の遠因に

     リチャードソン大将によると、現在アメリカ海軍は弾道ミサイル防衛(BMD)のために高性能多用途戦闘艦であるイージス駆逐艦を多数割り当てているため、海軍がこなすべきBMD以外の様々な任務を犠牲にせざるを得なくなっているという。

     昨年(2017年)、第7艦隊で民間船舶との衝突事故が頻発した(4件のうち2件は重大事故で、2隻のイージス駆逐艦は使用不能となってしまい、現在修理中である)。
    これらの事故の原因の1つは、駆逐艦乗務員たちの訓練不足であったと事故調査報告書は指摘している。
    このような深刻な問題も、イージス駆逐艦やイージス巡洋艦がBMD任務に従事している時間が長すぎるために、海軍本来(伝統的意味合いで)の任務に従事する時間が短くなり、船乗りとしてのスキルが低下してしまったからだということができる。

    ■軍艦配置のやり繰りに苦悩する米海軍

     実際に、アメリカ海軍は日本とヨーロッパに10隻以上のBMDを主たる任務とするイージス駆逐艦を展開させている。
    そのため、空母打撃群によるパトロール任務や水陸両用即応群によるパトロール任務、それに南シナ海はじめ世界中の海で実施している
    公海航行自由原則維持のための作戦(FONOP)などに割り当てるイージス巡洋艦やイージス駆逐艦のやりくりが厳しい状況になってしまっている。

    そもそも海軍艦艇は、パトロールなどの作戦任務に従事中の軍艦、作戦から帰還して休養中の軍艦、次の作戦行動に向けて乗員の教育訓練も含めて準備中の軍艦、そのほか定期メンテナンス中ないしはダメージを修理中の軍艦、といった使用状況に分類できる。
    したがって、BMD任務従事中の軍艦の数倍の数のイージス艦をBMDのために差し出さなければならないことを、リチャードソン大将は強調したのだ。

    (略)

    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53478

    【【アメリカ】日本周辺の弾道ミサイル防衛、米海軍の大きな負担に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガーディス ★ 2018/06/16(土) 18:56:44.98 ID:CAP_USER9
    3EDDE12A-51CF-4F9A-85F3-5AC66D23C880
     
     米海軍の世界最大級の病院船「マーシー」が初めて日本に寄港し、16日に東京・東海の大井水産物ふ頭で歓迎式典が開かれた。

     内閣府の赤間二郎副大臣は式典で「船舶を利用した災害医療を考える貴重な機会となる」と語った。寄港は日本政府が要請したもので、2011年の東日本大震災の際、沿岸部の病院機能がまひした経験を踏まえ、災害医療への船舶利用や病院船の保有の課題について知見を得る狙いがある。

     マーシーは全長約272メートル。船内には集中治療室を含む約1000床のベッドや12の手術室があり、手術支援ロボット「ダビンチ」を備えている。04年のインドネシア・スマトラ沖地震では、被災者救援のために派遣された。

    http://yomiuri.co.jp/national/20180616-OYT1T50067.html

    【米海軍病院船「マーシー」が初来日 日本政府が要請 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/05/27(日) 21:36:44.82 ID:CAP_USER
    【北京時事】
    ロイター通信は27日、米海軍のミサイル駆逐艦「ヒギンズ」とミサイル巡洋艦「アンティータム」の2隻が 同日、南シナ海・西沙(英語名パラセル)諸島で、中国が主権を主張する島の12カイリ(約22キロ)内を航行したと報じた。
    中国による過剰な海洋権益主張を否定する「航行の自由作戦」の一環。

     今回の作戦は、中国が飛行場を建設し軍事拠点化を進めているウッディー(中国名・永興)島や、
    トリトン(中国名・中建)、ツリー、リンカーンの各島周辺などで行われたという。
    中国は航行の自由作戦が行われるたびに米国を非難しており、今回も反発は必至だ。
    (2018/05/27-19:51)

    時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052700427&g=int

    【【アメリカ】米艦2隻「航行の自由作戦」=中国の海洋権益主張を否定 西沙諸島の12カイリ内-南シナ海[05/27] 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/05/23(水) 00:17:48.25 ID:CAP_USER
    米海軍のイージス駆逐艦ミリアスが22日、横須賀基地(神奈川県横須賀市)配備のため入港した。
    これで、横須賀を事実上の母港とする艦船は、原子力空母ロナルド・レーガンを含め過去最多の14隻となった。

     ミリアスは弾道ミサイル防衛(BMD)対応のアーレイ・バーク級駆逐艦。
    北朝鮮や中国をにらみ、アジア・太平洋地域を重視する
    「リバランス(再均衡)政策」の一環で昨年7月の配備が予定されたが、延期されていた。

     横須賀配備の14隻のうち1隻は、昨年6月に静岡県・伊豆半島沖で衝突事故を起こし、米国で修理中。

    画像:米海軍横須賀基地に到着したイージス駆逐艦ミリアス
    no title


    産経ニュース
    https://www.sankei.com/politics/news/180522/plt1805220051-n1.html

    【【アメリカ】米海軍 イージス駆逐艦「ミリアス」が横須賀基地に追加配備 過去最大の14隻態勢に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/05/06(日) 16:04:36.31 ID:CAP_USER
    no title
     
    ワシントン(CNN) 米海軍は6日までにロシアの脅威の高まりに対抗するため第2艦隊を復活させるとの方針を明らかにした。

    同艦隊の作戦担当海域は米東部沿岸と大西洋北部。
    この海域はロシアの脅威増大への対処と大国間競争への注力を強める米国の新たな国防戦略にとって重要視されている。

    海軍制服組トップのリチャードソン海軍作戦部長はバージニア州ノーフォークでの司令官交代式典で、米国を取り巻く安全保障環境はより挑戦的かつ複雑化しており、特に大西洋北部の情勢に対応するため第2艦隊を再生させたと主張した。

    トランプ政権が打ち出した新たな国防戦略はロシアや中国への対抗を優先事項としている。
    米海軍当局者はCNNの取材に、大国間競争への回帰は大西洋での作戦への注力を求めていると述べた。

    第2艦隊は2011年、国防費削減や戦略的な安全保障環境の変化を踏まえ解体されていた。
    同艦隊は第2次世界大戦後の第2艦船編成部隊が前身で1950年に第2艦隊に改称され、北大西洋条約機構(NATO)支援などを主要任務としていた。

    米海軍当局者によると、今回復活する第2艦隊には軍人250人が配属され、中将の司令官を充てる。
    同艦隊の指揮下に入る艦船数や種類などは伝えられていない。

    米政府当局者はロシアの海軍戦力の能力増強への懸念を示してきた。
    特に大西洋での潜水艦部隊の存在や艦船の存在感の高まりに警鐘を鳴らしてきた。
    リチャード・スペンサー海軍長官は連邦議会で先月、ロシアが一部の米軍潜水艦との技術的な格差を埋めつつある新型潜水艦の建造に着手したことに言及。
    「我々はその格差が狭まらないことに尽力している」などと主張していた。

    米政府当局者やNATO当局者はロシア軍潜水艦の活動が冷戦終結以降、最高の水準にあることをこれまで指摘してきた。仮にNATO、ロシア間で紛争が勃発した場合、ロシア軍潜水艦が米国による海路を通じた欧州支援に脅威を及ぼすとの危機感も示していた。

    ロシアはまた最近、情報収集艦を米東部沿岸部に派遣。
    プーチン大統領は海中潜航が可能な核兵器搭載の無人艇の開発を求めていることも明らかにしていた。

    米国防総省は第2艦隊復活の発表に合わせ、ノーフォークにNATOが新たに提案した大西洋防衛を視野に入れた合同軍司令部を設けることを明らかにした。
    同省報道官はCNNの取材に、NATOはロシアの脅威の高まりに根差す大国間競争を認識し、大西洋情勢を再び注視していると説明した。

    CNN
    https://www.cnn.co.jp/usa/35118700.html

    【【アメリカ】米海軍、第2艦隊を復活 ロシアの脅威に対抗】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/03/22(木) 10:36:25.99 ID:CAP_USER9
    ホワイトビーチ(沖縄県うるま市)を出港した米海軍の強襲揚陸艦「ワスプ」=19日、ホワイトビーチ沖
    no title

    最新鋭ステルス戦闘機F35Bを艦載する「ワスプ」(手前)と輸送揚陸艦「グリーン・ベイ」(奥)=沖縄県沖
    no title


    米海軍の強襲揚陸艦「ワスプ」(長崎・佐世保基地配備)を中心とする遠征打撃群が22日までに米軍ホワイトビーチ(沖縄県うるま市)を出港し、警戒監視任務に入った。最新鋭ステルス戦闘機F35B(山口・岩国基地配備)を艦載機として初めて本格運用する。

    第7艦隊によると、ワスプは輸送揚陸艦グリーン・ベイなどとともにホワイトビーチで沖縄の第31海兵遠征部隊計約2300人を乗艦させ、19日に出港。海兵隊は飛行場制圧や非戦闘員の避難誘導訓練などを行うという。

    西太平洋を管轄する米第7艦隊は米政府と調整し、北朝鮮の動向を見極めながら、米韓合同軍事演習にワスプを参加させるか最終的に判断するとみられる。

    (2018/03/22-04:32)
    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018032200186&g=soc

    【【軍事】米海軍・強襲艦ワスプ、F35B本格運用 在沖海兵隊乗せ展開-米第7艦隊 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/03/15(木) 23:19:45.26 ID:CAP_USER9

    (CNN) 米海軍のFA18戦闘機が14日午後4時半ごろ、フロリダ州キーウェスト沖で墜落し、操縦士2人が死亡した。同軍がツイッターで明らかにした。

    操縦士2人は緊急脱出していた。救急要員が海上で2人の遺体を回収し、医療施設へ搬送した。

    当該の戦闘機は海軍の第213戦闘飛行隊「ブラックライオンズ」に所属。この日は演習飛行中で、キーウェストの航空基地に接近した際に墜落した。墜落の原因については調査中だという。

    海軍はツイッターで、死亡した操縦士2人への哀悼の意を表明。軍の規定として、2人の氏名は近親者への通知が済むまで公表されないとした。

    米海軍のFA18戦闘機がフロリダ沖に墜落
    no title
    【【事故】米海軍FA18戦闘機、フロリダ沖に墜落 操縦士2人死亡 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル