かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:アラスカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 人気者 ★ 2021/07/29(木) 15:51:08.35 ID:gzoKhv+S9
    202107290195_top_img_A

    日本時間の7月29日(木)15時16分頃、海外で規模の大きな地震がありました。震源地はアリューシャン列島(米国、アラスカ半島)で、地震の規模(マグニチュード)は8.1と推定されます。
    ※震源は太平洋津波警報センター(PTWC)による。
    PTWCによると、広域に影響を及ぼす津波発生の可能性があります。日本への津波の有無については、気象庁が調査中です。

    2021/07/29 15:26 ウェザーニュース
    https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0729/wth_210729_6361155833.html

    【■津波に注意■米アラスカ半島でM8.1の地震 津波発生の可能性あり 7月29日(木)15時29分】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/10/20(火) 20:06:27.75 ID:CAP_USER
    kr250
     米国のトランプ大統領は2017年11月7日、初めて国賓として韓国を訪問した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ大統領はその後、韓米首脳会談を行い、アラスカの天然ガスのインフラ開発に関する協力に言及した。しかしこの事業は3年たっても進展がなく、事実上の立ち消えとなる危機に陥っていることが20日までに分かった。

     最大野党「国民の力」(旧・統合民主党)のイ・ジュファン議員室によると、韓国ガス公社は韓米首脳会談が開催される5か月前の17年6月、アラスカのガス開発会社(AGDC)と、アラスカの天然ガス開発に関する業務協約(MOU)を締結した。総投資額390億ドル(約4兆1200億円)規模の大型プロジェクト開発事業だった。

     この事業は韓米首脳会談によって可視化された。韓米首脳は17年11月の共同メディア発表文で「韓国ガス公社はアラスカの開発会社とアラスカの天然ガスインフラ開発に向けた協力の枠組み構築に関する了解覚書を締結した」と述べた。また「韓国と米国は雇用創出を支援し、安全保障を増進し、経済成長を促進させる合理的な価格の安定的なエネルギー源に対する普遍的なアプローチを支持する」とも述べた。

     しかし、その後3年にわたりAGDC社の事業進行が遅延したという。韓国ガス公社はAGDC社との業務協約だけでも2度延長しており、進展のない状況だ。ガス公社は「AGDC社の主導で事業開発が進められているが、総投資額390億ドルの大規模プロジェクトであるため、追加の投資者の確保やコンソーシアムの構成など事業の進行に支障が出ている。短期間での事業推進は難しいとみられる」とイ・ジュファン議員室に回答した。

     これについて、イ・ジュファン議員は「両国の首脳までもが関わって数十兆ウォン(数兆円)規模のアラスカ天然ガス開発事業を推進するかに見えたが、空念仏に終わった」として「当時わが国の企業は、今後4年間かけて米国で進められる173億ドル規模の事業推進計画も発表しており、わが政府は米国に数十億ドルの兵器購入まで約束していたが、達成したものは何一つない」と指摘した。

    朝鮮日報 10/20(火) 20:01
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d903160b2c758653c10097cbb84ab987752b48f3


    【【韓国報道】韓米首脳が合意したアラスカ天然ガス開発、事実上立ち消え 390億ドル規模の大型プロジェクト開発事業】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/05/12(土) 16:31:06.67 ID:CAP_USER
    ワシントン(CNN) 北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)は11日、ロシア軍のTU95型長距離爆撃機「ベア」2機が同日、米アラスカ州沖合の防空識別圏に侵入したため米軍のステルス戦闘機F22の2機を緊急発進させたと報告した。

    アラスカ州の基地に配備されるF22機によるけん制活動などは同州沖合の国際空域上で実施したとしている。米国の防空識別圏はアラスカ州西部沿岸部から約200マイル(約322キロ)離れた空域に設定されている。

    NORADの声明によると、F22はベア2機を米アリューシャン列島北部空域で視認した。
    遭遇後、ベア機が進路を西へ取り、防空識別圏を離脱するまで警戒や監視を続けたとした。

    アラスカ州近辺でのロシア軍用機の接近を受けた米軍機の緊急発進や監視活動は昨年5月3日以来となった。

    画像:ステルス戦闘機「F22ラプター」
    no title

    CNN
    https://www.cnn.co.jp/usa/35119044.html

    【【アメリカ】ロシア軍爆撃機、米防空圏(アラスカ)に侵入 ステルス機発進し警告】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル