かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:アルゼンチン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/11/02(月) 08:15:05.49 ID:CAP_USER
    韓国が軽攻撃機FA-50をアルゼンチンに輸出する計画に支障が生じている。アルゼンチン政府の予算不足のために進まなかった事業が今度は英国の流弾を受けた。このため輸出が白紙になるのではという懸念が出ている。

    軍需産業界によると、アルゼンチンのアグスティン・ロッシ国防相は先月30日(現地時間)、ツイッターにこのようなコメントを載せた。

    「FA-50戦闘機購買のために韓国航空宇宙産業(KAI)と対話をしている。今日、我々はFA-50の部品を生産する英国がわが国(アルゼンチン)に対する販売を禁止していると通知していることを知った。新しい帝国主義の標本」。

    ロッシ国防相はKAIから受けた公文書の写真も載せた。受信者は駐韓アルゼンチン大使、発信者はKAIの海外事業担当者の公文書だ。

    公文書によると、FA-50の部品のうち6つの英国で作られていて、これに対する輸出の権限は英国政府にある。ところが英国はアルゼンチンに対して武器禁輸をした状態だ。KAIは英国の部品問題を解決できなかったが最善を尽くすと約束する内容だ。

    英国とアルゼンチンは南大西洋のフォークランド諸島(アルゼンチン名・マルビナス諸島)領有権をめぐり1982年に戦争をした。この戦争で英国から258人、アルゼンチンから649人の戦死者が生じた。

    英国の対アルゼンチン武器禁輸はこの時に始まった。フォークランド戦争で敗れたが、アルゼンチンはまだ領有権の主張を続けている。

    その後、アルゼンチンは経済難が続いて軍備増強をする余裕がなかった。このためアルゼンチン空軍の主力戦闘機は1956年に初めての実戦配備されたA-4スカイホークだ。一方、英国は2009年から最新鋭戦闘機のユーロファイタータイフーン4機をフォークランドに循環配備している。

    こうした中、アルゼンチンは次世代戦闘機事業を進め、価格が安くて性能も良い韓国産FA-50に関心を見せていた。そして昨年7月、アルゼンチンがFA-50を導入する計画という報道があった。アルゼンチンは8機のFA-50購入を検討した。購買代金8億4000万ドル(約920億円)を今後10年間に2度に分けて支払う案も浮上した。

    しかし新型コロナウイルス感染症がアルゼンチンで広がり、国防費が急減した。このためアルゼンチンはKAIとの交渉を延期していた。

    こうした状況でアルゼンチン国防相がKAIの公文書を公開した理由は、英国に契約白紙の責任を転嫁しようとしたのではという解釈が出ている。アルゼンチンとしては泣きたいところに英国から殴られたということだ。

    防衛事業庁の関係者は「KAIとアルゼンチンの交渉はまだ初期段階」とし「英国の禁輸問題は政府間で解決する事項だが、まだその段階に入っていない」と説明した。

    FA-50は訓練機T-50ゴールデンイーグルを軽攻撃機に改造した機種。最大速度はマッハ1.5(時速1836キロ)で、戦闘の行動半径は444キロ。5トンほどの武装が可能だ。韓国空軍とフィリピン空軍がFA-50を保有している。

    中央日報 11/2(月) 7:52
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7e6eb5df1ae2a615ecbbd11da578c93f148ce93c

    軽攻撃機FA-50 [空軍提供]
    no title

    【【また確認せず売込み】韓国の軽攻撃機FA-50輸出に支障…予算不足のアルゼンチン、部品も英国産で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: チンしたモヤシ ★ 2020/09/07(月) 14:08:13.46 ID:sH/tXmhO9
    「中国はアルゼンチンの強引さ学んだ」フォークランド紛争の英元少将

    no title

    英ロンドンで産経新聞の取材に応じるトンプソン元少将(板東和正撮影)

    【ロンドン=板東和正】沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件から7日で10年になるのを前に、 アルゼンチンが英領フォークランド諸島に侵攻した1982年のフォークランド紛争で英軍の上陸部隊を指揮したトンプソン元少将(85)が産経新聞の取材に応じた。
    同氏は「中国はアルゼンチンの強引な手法を学んでいる」と警鐘を鳴らし、日本は防衛体制を強化すべきだと訴えた。

     トンプソン氏は「(紛争当時)アルゼンチンは英国から領土を奪えると信じた」と指摘した上で、
    「中国も日本が(尖閣防衛に)対応する能力や意思を持っていないと考え、侵略が成功すると信じている」 と述べた。
    中国が2012年、フォークランド諸島の領有を主張するアルゼンチンへの支持を表明したことなどに触れ、 紛争での侵攻手法などを学んでいるとした。
    「中国の習近平国家主席は(当時のアルゼンチンと同様に)『法の支配』を無視している」と批判した。

     日本は空母や潜水艦など強力な海軍を持つべきだと主張。集団的自衛権の行使などで憲法上の制約があるものの、「米国などと連携してNATO(北大西洋条約機構)のように太平洋を守る軍事同盟を結成し、中国に対抗すべきだ」と提言した。
    「友好国が集まれば中国に(警戒を伝える)サインになる」と訴えた。

     フォークランド紛争については「英国の民主主義国家としての誇りや外交上の信用を守る戦いだった」と振り返った。



    中国漁船衝突事件 平成22年9月7日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖で違法操業していた中国漁船が
    海上保安庁巡視船「よなくに」「みずき」に衝突。
    同庁は中国人船長を公務執行妨害容疑で逮捕したが、那覇地検は同月25日、処分保留のまま船長を釈放した。

    産経新聞 2020.9.6 18:55 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6cd047aca58c9e642d5d5bdcdf6c6abd1f4f1e74 

    ------------


    尖閣守る意思の欠如、侵略招く 英元少将、フォークランドの教訓訴え
    no title


    1982年のフォークランド紛争で英軍の上陸部隊を指揮したジュリアン・トンプソン元少将(85)が 6日までにロンドンで産経新聞の取材に応じ、 同紛争におけるアルゼンチンと尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐる中国の動きに類似点があると指摘した。
    取材の主なやり取り次の通り。(ロンドン 板東和正)

    ●中国と当時のアルゼンチンに類似点

     --フォークランド諸島は英本土から約1万3千キロも離れている。
    なぜ、当時のサッチャー英首相は諸島を守る決断をしたのか

     「同諸島の島民がアルゼンチンの一部になりたくないと思っていた。
      島民の大半は英国からの移住者の子孫だ。アルゼンチンは(当時)ファシスト政権で、
      多くの自国民を殺害し、拷問した非常に不愉快な政権だった。
      島民がアルゼンチンの一部になりたいと思う動機はなかった」

     「サッチャー氏は島民の権利を守るためにできる限りのことをしなければならないと考えていた。
      英国の有権者の大多数は島民を助けることを支持していた」

    こちらは有料会員記事です

    産経新聞 2020.9.6 
    https://special.sankei.com/a/international/article/20200906/0001.html 

    【【尖閣】「中国はアルゼンチンの強引さ学んだ」フォークランド紛争の英元少将 アルゼンチンを支持し侵攻手法などを学んでいる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/08/21(金) 14:16:34.48 ID:CAP_USER

    kr250
    新型コロナウイルス事態の中、今年4-6月の家計所得が前年同期比で4.8%増えると、経済副首相は「政府の思い切った政策対応のおかげで分配指標が改善した」と述べた。しかし、内実をのぞくと、「改善」とは呼べない数値だった。

    4-6月期に家計が労働によって稼いだ勤労所得、事業所得はそれぞれ4-5%減少した。そこに政府が緊急災害支援金、消費クーポンなどで16兆ウォン(約1兆4000億円)をばらまき、公的移転所得を127%も増やした結果、全体の所得が上向いた格好だ。

    税金で現金をばらまいた結果にすぎない。雇用低迷と自営業の景気後退という民生経済の現実は全く変わっていない。それでも「分配改善」だと言って、無理な解釈をするものだから、経済を再生させる根本的な処方もなく、その場しのぎの現金ばらまき政策ばかりが続く。

    経済を再生できず、国家財政ばかりを悪化させる悪循環に陥っている。

    国家政策は客観的現実の判断に基づいて策定すべきだ。その現実を正確に示すのが国家統計だ。ところが、文在寅(ムン・ジェイン)政権は逆だ。統計に基づき政策を設計するのではなく、まず政策目標を定め、それを合理化するために統計をねじ曲げることをいとわない。

    脱原発も一例だ。データに基づくのではなく、脱原発という政治的目標をまず設定しておいて、それにデータを合わせた。政府指針を受けた韓国水力原子力は月城原発1号機の延長運転の経済性が十分にあるという結果を無視し、架空の数値に基づき、閉鎖決定を下した。

    世界がうらやむ韓国の原発事業は急速に衰退し、原発生態系が崩壊する結果を生んだ。

    最低賃金の急速な引き上げと無理な労働時間短縮などいわゆる「所得主導成長」の影響で、2018年1-3月期には所得分配指標が過去最悪を記録した。ところが、政府は政策を補完するのではなく、誤った政策を合理化するため、統計に手を加えた。

    世帯構成員のうち勤労者だけに絞った所得統計をつくり、文大統領までもが「最低賃金引き上げによるプラス効果は90%」だと言い張った。その結果、最低賃金の2桁台の引き上げは翌年も続き、最悪の雇用状況が続いた。

    雇用が増えたように見せるため、税金をつぎ込んで高齢者のアルバイトや青年の臨時職を量産するという歪曲を繰り返した。質の高い雇用は減り、一時的な雇用に数十兆ウォンの税金が跡形もなく消えた。

    最初から誤った設計だった不動産政策は住宅価格の高騰という副作用を生んだ。全ての数値と指標が政策失敗を物語っているが、国土交通部長官はソウルの住宅価格上昇率が「3年で11%」だと主張し、現実を認めなかった。

    有利な部分だけを抜き出す統計の恣意(しい)的活用は政策転換を不可能にし、税金爆弾、融資引き締めといった規制一辺倒の不動産政策が3年も続いた。

    その結果、23回にわたる政策を繰り出しても歴代政権で最悪の住宅価格高騰を招き、賃貸市場の大混乱と庶民の住居不安を招いてしまった。統計の取捨選択が不動産政策の悲惨な失敗を生んだ。

    ギリシャ政府は財政赤字統計を操作したことが発覚して国家デフォルト(債務不履行)に陥った。アルゼンチン政府も物価上昇率を操作し、貧困率など不利な統計数値を隠したことで国際社会の信頼を失い、「破綻国家」の烙印(らくいん)を押された。

    韓国も20年余り前、通貨危機当時に短期対外債務の急増、外貨準備高の急減など赤信号がともったにもかかわらず、目にしたい指標にばかり頼り、「経済のファンダメンタルズは強固だ」と言い張って事態を悪化させた。統計粉飾は国を滅ぼす近道だ。

    2020/08/21 14:01/朝鮮日報 
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/08/21/2020082180081.html


    【【韓国】統計歪曲でデフォルトに陥ったギリシャ・アルゼンチン・南ア、他人事ではない 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 20/08/20(木)18:27:17 ID:Ujo
    金正恩

    アルゼンチン外務・宗務省が韓国政府からマスクの支援を受けた後、公式ツイッターアカウントに感謝メッセージを載せたが、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の写真を添付して論争になっている。

    アルゼンチン外務省は数時間後、ツイッターを通じてこのようなミスの原因がツイッターにあることを示唆した。
    同省は「今日、省のウェブサイトに掲載された公示と紐付けられたツイートでツイッターが省のシステムにないイメージを入れた」とし「調査中」と明らかにした。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/269429
    【アルゼンチン政府、韓国からのマスク支援に感謝と言いつつ金正恩の写真をツイート】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: えりん ★ 2020/04/07(火) 04:01:34.87 ID:GZo5kJO+9
    20230DF8-4C7E-47E0-AA34-180BE50C841F
     
    アルゼンチンは、自国の法律に基づき発行したドル建て債券でデフォルト(債務不履行)を計画している。債務の支払いを年末まで先送りする。同国は深刻なリセッション(景気後退)に陥っており、海外の債権者との再編協議は進んでいない。

    (略)

    2020年4月7日 0:54 JST
    ブルームバーグ
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-04-06/Q8DCETDWRGG601

    【【南米】アルゼンチンがデフォルト(債務不履行)へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/03/20(金) 14:20:36.75 ID:CAP_USER
    no title
     
    アルゼンチンで2週間のホテル絶縁を拒否した韓国人の団体観光客が韓国に追放された。

    18日、アルゼンチンの現地メディアクロニカTVは、外国人がコロナ19の拡散を防ぐための隔離措置を遵守していない事例が発見されたと述べた。

    クロニカは「水曜日昼2件の外国人の隔離違反が登録された」とし「ブエノスアイレスコンスティトゥシオンの近くのホテルで、21人の韓国人観光客が14日間の隔離を拒否し追放された」と報道した。 アルゼンチンは韓国をはじめ、中国、日本、イラン、イタリア、スペイン、フランス、ドイツで入国した人は、症状がなくても14日間強制隔離している。

    地元メディアは、韓国の団体観光客が11日から、アルゼンチンにとどまった、アルゼンチン政府から自己隔離の原則を遵守するよう命令を受けこれを拒否し、空港に乗り出したと伝えた。 観光客はミシオネスへ主に向かう飛行機に乗ろうとして空港警察(PSA)に捕まった。

    当局者は「旅行者は、3月11日から、アルゼンチンにとどまり滝に向かって継続して旅行しようとする意図を持っていた」と述べた。 ミクロリオーネス中間は、世界的な観光地イグアスの滝がある。

    アルゼンチン国家安全保障局は、韓国領事館に「観光客をすぐに自国に返しなさい」と通知した。

    YTN PLUSジョンユンジュ記者

    NAVER(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=052&aid=0001416924
    2020.03.19。 午後2:43


    https://youtu.be/LofyLtqxxKI

    【【無法韓国人】アルゼンチン「自己隔離」違反の韓国人21人強制追放】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Toy Soldiers ★ 2019/12/14(土) 22:42:12.37 ID:yXbitdcU9
    もう嫌がらせとしか思えない

    【馬鹿】アルゼンチンメディア 日本海を「東海」表記に訂正
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576158271/



    山田宏 自民党参議院議員 (@yamazogaikuzo)さんが5:32 午後 on 金, 12月 13, 2019にツイートしました。
    ご報告。アルゼンチンの日本大使館より「バエ・ネゴシウス紙」にしっかり説明を行い理解を得て、日本海単独表記に戻りました。

    この部分です。→
    El jueves pasado, Corea del Norte disparó dos proyectiles hacia el Mar del Japón mediante

    ご指摘に感謝いたします。
    https://twitter.com/yamazogaikuzo/status/1205405178737745920?s=03


    【【韓国悲報】韓国、アルゼンチンに抗議し、日本海を「東海」に訂正させる→自民・山田宏議員「説明したら日本海単独表記に戻してくれました」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガラケー記者 ★ 2019/12/13(金) 12:17:28.49 ID:CAP_USER
    B3CB940C-14B4-495D-ACA6-E80C9833B36B
     
    2019年12月12日、韓国・毎日経済によると、アルゼンチンのメディアが最近相次いで「日本海」表記を「東海」に修正している。

    記事によると、アルゼンチンメディア・バエは2日に掲載した、米国が北朝鮮に対する偵察飛行を強化したとの記事で、朝鮮半島周辺の海を「日本海(Mar de Japon)」と表記した。これを見た韓国文化院が修正を要請したところ、その後すぐに韓国政府の主張する呼称「東海(Mar del Este)」に修正されたという。

    10月にはアルゼンチンの週刊誌・ウィークエンドも、韓国の釜山を紹介する記事で、地図の「日本海」表記を「大韓海峡(Estrecho de Corea)」に修正したという。

    記事は「韓国の海外文化広報院の海外言論人招請事業を通じて訪韓したアルゼンチンの記者たちがこうした敏感な問題における韓国の立場をよく理解し、表記の修正に大きな役割を果たしてくれた」と説明している。

    これに韓国のネットユーザーからは「当たり前のことだけどうれしい」「こうやって1つずつ変えていくんだ」「アルゼンチンの好感度が急上昇した」「全てのことは正しい方向に流れていくもの。みんなよく知らないから日本の言う通りに表記しているだけ。事実をちゃんと知れば韓国の味方をしてくれる」などと喜ぶ声が上がっている。

    また、「韓流の影響だろう」「BTS(防弾少年団)効果だ」とする声も。

    一方で「呼び名がそんなに重要なの?」「日韓の間にあるのだから日本海も東海も不適切。新たな名前を考えてほしい」との声も寄せられている。

    Record china
    2019年12月13日(金) 7時40分
    https://www.recordchina.co.jp/b766527-s0-c30-d0058.html

    【【韓国地図にイチャモン】アルゼンチンメディアの「日本海」表記が次々「東海」に=韓国ネット「うれしい」「韓流の影響だ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: THE FURYφ ★ 2019/10/09(水) 15:35:47.61 ID:lqMkDnqt9
    POOL C
    10月9日 熊谷ラグビー場(埼玉県熊谷市)

    アルゼンチン 47-17 アメリカ

    https://sports.yahoo.co.jp/contents/5070?module_match=1985625
    0ACD4B1A-5AAB-4B62-824F-D7806DA2A011


    どちらも大きな期待を背負って日本にやってきた。

     代表チームとほぼ同じ顔ぶれのジャガーズが今季のスーパーラグビーで史上初の決勝進出を果たし、優勝候補の一角にも挙げられたアルゼンチン代表ロス・プーマス。一方のアメリカ代表イーグルスも、2018年に発足した北米プロリーグ「メジャーリーグラグビー」の盛り上がりを背景に急速に力を伸ばし、今大会のダークホースになりうる存在と評価されていた。

     しかし、この2チームにとってのラグビーワールドカップ2019は、当初思い描いていたような結果にはならなかった。両国が入ったのは、イングランド、フランス、トンガと強豪がそろい、“死の組”と評されたプールC。3節を終えた時点で3勝を挙げたイングランドとフランスの決勝トーナメント進出が確定し、アルゼンチンとアメリカは、この試合を迎える段階ですでにプールマッチ敗退が決まっていた。

     でも、いずれのチームにもこの一戦を“消化試合”ととらえるような気配は皆無だった。

     開始直後からお互いがアグレッシブに攻め合い、激しい肉弾戦と鋭い攻防が展開される。ピッチに立つ全員に『やってやろう』という意欲があふれている。そんな感じだ。

     アルゼンチンはこれが今大会の最終戦。過去3大会ですべて決勝トーナメントに進み、うち2回は4強入りしている強豪にとって、プールマッチ敗退は納得できる結果ではないだろう。それでも、自分たちの爪痕を残すという強い意思は、ゲームの随所に表れていた。

     もうひとつ、アルゼンチンにとってこの試合は特別な意味があった。FWの軸として長くプーマスを支え、同国初のベスト4進出を遂げた2007年のフランス大会から4大会連続でワールドカップ出場を果たしたレジェンド、FL/NO8ファン・マヌエル・レギサモンの、代表チームでのラストゲームだったのだ。

     47-17の快勝の後の記者会見。勝てば次回大会への出場権を得られる3位が確定することが、どれくらいチームに影響を与えたかという質問に対し、マリオ・レデスマ監督はこう答えた。

    「それはあくまで外的なモチベーションにすぎない。一番大切なのは、自分たちの心の中から生まれるものだ。我々は、これまでやってきたことを出し切ろうという思いで今日の試合に臨んだ。これが代表チームでプレーする最後の試合だった選手もいる。次回大会の出場権のことは、あまり考えなかった」

     敗れたアメリカも、最後まで戦う姿勢を示して多くの見せ場を作った。持ち前の強靭なフィジカルを生かして接点で勇敢に体を張り、WTBブレイン・スカリー主将のキレのいいランとCTBポール・ラシケの問答無用の縦突進で印象的な3トライを奪った。「スコアボードは、実際の力量よりも差が大きく見えると感じる」というスカリー主将のコメントは、まさに観戦者の実感だろう。この奮闘は、4日後の10月13日、トンガとのラストゲームにもきっとつながる。

     失望と落胆がチームを覆う中、秋晴れの熊谷で両国の選手たちが見せた意地。たとえ決勝トーナメント進出の道が途絶えても、体内に息づくプライドはゲームのあらゆる場面に立ちのぼる。ワールドカップに、消化試合なんてない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00010006-rugbyrp-spo

    【【ラグビー/W杯】POOL C アルゼンチンが47-17でアメリカに快勝、C組3位確定でW杯次大会の出場権獲得 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/10/05(土) 19:07:24.37 ID:0fyQ7d059
    POOL C 10月5日 17:00
    東京スタジアム(東京都調布市)

    イングランド 39-10 アルゼンチン

    https://sports.yahoo.co.jp/contents/5070?module_match=1985619

    74A7BDE5-36EB-4B46-A408-0C5ED26D9B66

    イングランドがアルゼンチンを圧倒、2大会ぶりに1次リーグ突破を決めた。ほぼ隙はなかった。FWで押し込んでバックスに展開する教科書通りの形で次々にトライ。特に前半40分過ぎには約20回に及ぶ連続攻撃でトライを決め、アルゼンチンの気力をそいだ。

    前回大会は地元開催で1次リーグ敗退。この日の先発15人中9人は前回のW杯に出場した選手だ。その1人であるSOフォードは「4年前の経験を生かしたかった」。まずは準々決勝進出のノルマを達成した。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-00000056-asahi-spo

    【【ラグビー/W杯】POOL C イングランド 39-10 アルゼンチン イングランド6トライ快勝 決勝T進出決定!! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: THE FURYφ ★ 2019/09/21(土) 18:02:19.43 ID:3J5O0r9L9
    0CF357B1-5336-4DE3-A099-F8390EB5C313
     
    POOL C
    9月21日 東京スタジアム(東京都調布市)

    フランス 23-21 アルゼンチン

    https://sports.yahoo.co.jp/contents/5070?module_match=1985583

    5万人近くが熱狂した20日の日本代表の開幕戦から約24時間後。同じ味スタで“死の組”の戦いが幕を開けた。

    序盤はFWによる激しい肉弾戦となった。アルゼンチンがフッカーのクレビらによる攻撃で突進すれば、フランスも真っ向からタックル。100キロを超える肉体が激突しのけぞる姿に、スタンドからは驚嘆の声が響いた。

    前半14分にアルゼンチンがペナルティーゴール(PG)で3点を先制した。しかしそこからフランスの反撃が始まる。17分にCTBガエル・フィクーのトライで逆転すると、さらにトライ1つとPG2本などで突き放し、20-3として前半を終えた。

    後半開始3分、アルゼンチンがモールでトライ。ゴール成功ですぐに7点を返した。流れはそのままアルゼンチンへ。左サイドから攻め立てた9分にふたたびモールでトライを奪うと、20分にはPGを決めて2点差に。そして28分、左からのPGをSOベンハミンマリア・ウルダピジェタが決め、ついに逆転に成功した。

    暗雲が漂ったフランスを救ったのはSOカミーユ・ロペス。直後の29分に攻め込んだFW陣から後方に立ってパスを受けると、やや距離のある約25メートルからドロップゴール。難しいキックを成功させて、再度逆転した。

    2点差で迎えた試合終了間際の39分には、劣勢のアルゼンチンが中央付近でPGを獲得。約50メートルのロングキックが決まれば劇的逆転だったが、これは失敗。試合は動かず、ノーサイドを迎えた。

    南北半球の強豪同士が初戦から激突する好カードに、この日もスタンドはほぼ満席となった。2枠しかないベスト8の切符。C組は日本代表の前ヘッドコーチ(HC)であるジョーンズHCが率いる優勝候補イングランドのほか、ダークホースと目される米国、そして荒々しく押しまくるトンガ。激戦必至の組で、フランスが重要な初戦を制した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190921-09210696-nksports-spo

    【【ラグビー/W杯】POOL C アルゼンチンが17点差逆転もカミーユ・ロペスのドロップゴールでフランスが再逆転勝利! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/12/02(日) 17:54:00.75 ID:CAP_USER
    A6FCE447-6A6F-41BF-8F4F-919B6F2587BF
     
    【ブエノスアイレス聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日(現地時間)、主要20カ国・地域(G20)首脳会議出席のため訪問したアルゼンチン・ブエノスアイレスでオランダのルッテ首相と首脳会談を行い、両国間の実質的な協力拡大策などについて協議した。

     ルッテ氏との会談は平昌冬季五輪があった2月以来約9カ月ぶり。青瓦台(大統領府)によると、文大統領は9月に平壌で行われた南北首脳会談など朝鮮半島の情勢進展や南北関係について説明するととともに、韓国政府の努力についても説明した。

     また、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会議長国であるオランダが韓国政府の対北政策を支持してくれたことに謝意を表明し、持続的な協力を呼びかけた。

     両首脳は両国間の協力を評価し、「包括的で未来志向的なパートナー関係」を一層発展させていくため、緊密に協力することで一致した。

     一方、文大統領は南アフリカのラマポーザ大統領、アルゼンチンのマクリ大統領とも首脳会談を行い、北朝鮮問題や協力強化策などを協議した。


    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/12/02/2018120280009.html

    【【G20】 韓国大統領 オランダ、南アフリカ、アルゼンチンなどと相次ぎ首脳会談=北朝鮮問題など協議 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/08/27(月) 23:41:10.04 ID:CAP_USER9
    no title
     
    新興国の通貨安が止まらない。直近の契機となったのはトランプ米政権が今月10日に表明したトルコに対する制裁関税方針でリラが2割も急落した「トルコショック」。アルゼンチンペソも年初から対ドルで4割下落するなど、新興国の通貨危機がドミノ倒しのように連鎖する恐れが高まっている。1997年のアジア通貨危機を経験した韓国経済も不安視されており、米国発・新興国経由の世界経済減速も現実味を帯び始めた。(山口暢彦)

    ■軒並み下落

     「国際情勢と国内物価上昇を踏まえ、緊急会合で利上げを決めた」

     アルゼンチンの中央銀行は13日、政策金利を5%上げ、45%にすると発表した。5月に政策金利を40%にしたばかりのアルゼンチンが改めて利上げに追い込まれたのは、トルコショックでペソが急落したからだ。好景気の米国でさえ政策金利が1.75~2.0%であることを踏まえれば際だった高金利だが、ペソは史上最安値の水準が続く。

     新興国通貨ではブラジルレアル、ロシアルーブルなども軒並み下落。世耕弘成経済産業相は15日の記者会見で「影響を注視する」と話し、日本を含む世界経済への余波を警戒した。

    (略)

    産経ニュース
    https://www.sankei.com/economy/news/180826/ecn1808260009-n1.html

    【【韓国も】通貨危機ドミノの恐れ トルコショック引き金 アルゼンチン、ブラジル、ロシア…軒並み下落 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 豆次郎 ★ 2018/07/01(日) 01:59:28.65 ID:CAP_USER9
    D59B345E-1BFA-406B-98FF-2527781732A0
     
    7/1(日) 0:53配信
    19歳ムバッペが圧巻2発! フランス、アルゼンチンとの打ち合い制しベスト8進出

     2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント1回戦が6月30日に行われ、フランス代表とアルゼンチン代表が対戦した。

     グループC首位で2大会連続ベスト16のフランスと、苦しみながらも逆転突破を果たしたグループD2位のアルゼンチンが激突。フランスはキリアン・ムバッペ、オリヴィエ・ジルー、アントワーヌ・グリーズマンの3トップで、ポール・ポグバやエンゴロ・カンテらも先発出場となった。 

     対するアルゼンチンはエースのリオネル・メッシ、アンヘル・ディ・マリア、クリスティアン・パボンが3トップを形成し、ゴンサロ・イグアイン、セルヒオ・アグエロ、パウロ・ディバラら豪華メンバーがベンチスタート。GKはグループ3戦目で代表デビューのフランコ・アルマーニが務める。 

     開始13分、フランスが先に試合を動かす。自陣でルーズボールを拾ったムバッペが、スピードに乗ったドリブルで一気にエリア内へ突破すると、マルコス・ロホに倒されてPKを獲得。これをグリーズマンが冷静にゴール左に決めて先制点を挙げた。失点したアルゼンチンはなかなか反撃が実らなかったが、41分にエリア手前中央でパスを受けたディ・マリアが相手の隙きを突いて左足を一閃。豪快なシュートを右サイドネットに突き刺し、同点に追いついた。 

     さらにアルゼンチンは後半の立ち上がり48分、メッシがエリア内右からシュートを放つと、ゴール前に残っていたガブリエル・メルカドが左足でコースを変えてゴールネットを揺らし、逆転に成功した。しかしリードは長く続かず、フランスも57分に反撃を実らせる。左サイドを駆け上がったリュカ・エルナンデスのクロスから、ファーで待ち構えていたベンジャマン・パヴァールがダイレクトで右足を振り抜き、鮮やかなボレーシュートをゴール左上隅に沈めた。 

     試合が再び動いたのは64分、エリア内でこぼれ球を拾ったムバッペがゴール左に切り込み左足シュートを決めて、フランスが再びリード。さらに68分には、素早い攻撃からジルーのラストパスを受けたムバッペがエリア内右からシュートを沈めて追加点。GKウーゴ・ロリスからわずか13タッチでゴールを奪い、大きな2点リードを得た。 

     後半アディショナルタイム3分、メッシのクロスから途中出場のセルヒオ・アグエロがヘディングシュートを決め、アルゼンチンが1点差とするが、試合はこのままタイムアップ。フランスが4-3で勝利し、2大会連続のベスト8入り。敗れたアルゼンチンは4大会連続の準々決勝進出を逃した。勝ち進んだフランスは、7月6日にウルグアイ代表とポルトガル代表の勝者と対戦する。 

    【スコア】 
    フランス代表 4-3 アルゼンチン代表 

    【得点者】 
    1-0 13分 アントワーヌ・グリーズマン(PK)(フランス) 
    1-1 41分 アンヘル・ディ・マリア(アルゼンチン) 
    1-2 48分 ガブリエル・メルカド(アルゼンチン) 
    2-2 57分 ベンジャマン・パヴァール(フランス) 
    3-2 64分 キリアン・ムバッペ(フランス) 
    4-2 68分 キリアン・ムバッペ(フランス) 
    4-3 90+3分 セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン) 

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00786983-soccerk-socc


    【【撃ち合い】フランスが4-3でアルゼンチンを破る! ワールドカップ決勝トーナメント】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/05/20(日) 01:28:50.86 ID:CAP_USER
    アルゼンチンとチリの領土にまたがる南米最南端の山岳、平原地帯パタゴニア。
    2000年代に入り、この地の広大な土地をユダヤ系英国人らが購入し、毎年イスラエル兵がバカンスに訪れていることから、地元では「第二のイスラエル建設を目指している」という噂が広まっている。 

     一種の陰謀論である。国際情勢といくつかの事実を組み合わせ、「こうではないのか」と大胆に組み立てられた仮説にすぎない。 
    それでも当事者が真っ向から否定しなければ、謎めいた仮説に仮説が上乗せされ、「あるかもしれない」と聞く側に思わせる、そんな説だ。 

     背景にあるのがアメリカのキッシンジャー元国務長官らの予測だ。 
    彼と米国の情報機関が12年にまとめた82ページの分析書「イスラエル後の中東に向けた準備」の中で、 
    イスラエルは22年まで保たない可能性があるとの言及があった。 

     「一国主義」のトランプ大統領が就任したのはその後の偶然だが、米国は「イスラエル死守」を従来ほどの予算投入、軍事介入で果たすことはできなくなるとの予測だ。このままいけば、1991年に南アフリカのアパルトヘイトが崩壊したように、中東諸国の反発を前に「非民主的なイスラエル」は存続が難しくなると示唆した。そんな分析に、いくつかの事実が重なる。 

     2001年に債務不履行に陥り、財政再建に苦しむアルゼンチン政府は11年、耕作可能な国土の15%までを外国人に売却できる法を制定し、15年就任のマクリ現政権下では新たな大統領令で、土地がさらに売りやすくなった。 

     隣国チリのエルネスト・トゥマ上院議員の調査によると、年間のべ8000から9000人のイスラエル兵が同国人やその関係機関が購入したパタゴニアの土地に休暇に訪れている。 

     英国第7位の富裕層でユダヤ系のジョー・ルイス氏がイスラエル本土以上の広さの土地をパタゴニアで購入し、ジャンボ機が離着陸できる滑走路を建設、詳細は不明だが様々な施設を建てている。
    ルイス氏は英国サッカーのプレミアムリーグのチーム「トッテナム」のオーナーであるほか、175社の会社を経営している。

     こうしたエピソードに、1980年代に研究者が発表したユダヤ人による「パタゴニア入植構想」の論文や、アルゼンチン軍の予算不足による弱体化でこの地域が完全に空白になっていること、
    アルゼンチンにユダヤ系移民が多いことなどを重ね、地元メディアは「第二のイスラエル建設」という説を流し続けている。

     真偽は不明だが、世界の果て、最南端で起きている事実につぶさに注目していく必要はあるだろう。

    http://wedge.ismedia.jp/articles/-/12809

    【【話題】南米「パタゴニアに第二のイスラエル建設」という噂】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル