かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:イタリア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Toy Soldiers ★ 2019/05/20(月) 18:26:43.80 ID:kWauspXa9
    AFCC06E6-5A03-40CC-9C7D-02FA0A9DB2AC
     
     米ドナルド・トランプ大統領は5月15日、米国企業に対し、安全保障上の脅威となる外国企業の通信機器の調達を禁止する大統領令に署名した。ここで述べられた「外国企業」が中国のファーウェイを指していることは明白だ。

    それから24時間も経たないうちに、オランダの諜報機関AIVDが、ファーウェイに対する調査を開始したと現地メディアのVolkskrantが報じた。ファーウェイには、オランダでの中国のスパイ活動に関与した疑いがもたれているという。

    記事は関係筋の情報として、「ファーウェイはオランダの大手通信キャリア3社のデバイスに、バックドアを潜ませ、データを収集していた疑いがある」と伝えている。AIVDは、これらのバックドアと中国政府のスパイ活動の関連を調査中という。

    AIVDや通信キャリアは、コメントを避けている。「当局は報道された件を肯定も否定もしない。進行中の案件に関わる質問には回答しない」とAIVDはVolkskrantの取材に応えた。

    トランプの大統領令への署名を受けて、米国商務長官のウィルバー・ロスは「この命令は外国の諜報機関による、米国の国家機密の略奪を防ぐためのものだ」と述べた。オランダの諜報機関が、素早い反応を見せたことは彼らにとって非常に喜ばしいはずだ。

    米国は昨年から中国の通信機器メーカーに対する危機感を高めており、とりわけファーウェイを問題視してきた。欧州は米国がファーウェイの追放を目指す上で、非常に重要な拠点だ。

    先日、ロンドンを訪問したマイク・ポンペオ米国務長官は「米国の同盟国の間にセキュリティの不備があるとしたら、国同士の信頼が損なわれる。西側諸国の同盟関係にヒビを入れることが、中国の望みだ」と述べていた。

    ポンペオはさらに「米国にはアメリカ企業が活動を行う国で、セキュリティ上のリスクが発生していないことを確認する義務がある」とも述べていた。

    イタリアでも「バックドア」が発見

    AIVDはかつて「我が国にセキュリティ上の脅威を与えようとする国の企業が製造した、ハードやソフトを用いることは危険だ」と警告していた。これは、中国やロシアを指した発言だと思える。

    ただし、今回の問題はオランダだけでなく、さらに広範囲に広がりそうだ。匿名のCIA関係者は英タイムズの取材に対し「ファーウェイは中国政府の諜報機関の資金援助を受けている」と述べていた。

    さらに、ブルームバーグは4月30日の記事で、「ボーダフォンが2011年から2012年にかけてイタリアで導入したファーウェイの通信デバイスに、バックドアが見つかった」と報じていた。

    仮に今回の報道が事実であるとすれば、ファーウェイはイタリアと同様の行為をオランダでも行っていたことになるが、それを証明するためには何らかの証拠が必要になる。

    いずれにせよ、トランプの大統領令が英国やその他の欧州諸国にさらなる頭痛のタネを与える中で、今回の事態はさらに問題を悪化させる可能性がある。

    https://forbesjapan.com/articles/detail/27317/1/1/1


    【【 |ω・`)チラッ】オランダでファーウェイ製品の「バックドア」発見、政府が調査 イタリアでもバックドア発見 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/05/05(日) 00:58:55.31 ID:CAP_USER
    0DA6A95A-F619-40C5-BB9A-6FBF9B1D1990
     
     2002年日韓ワールドカップの韓国代表対イタリア代表戦で主審を担当し、誤審とみなされる判定を立て続けに下したとして大きな騒動を引き起こしたエクアドルの元審判バイロン・モレノ氏が、その判定のひとつについて誤りを認めた。エクアドルテレビ『フットボル・シン・カッセッテ』のインタビューに答えている。

     イタリア代表は2002年大会の決勝トーナメント1回戦で開催国の韓国代表と対戦し、延長の末に1-2で敗れる結果に終わった。モレノ氏によるいくつかのジャッジは、イタリアを不当な敗退に追い込んだとして世界的に激しい批判の対象となった。

     特に、イタリアのフランチェスコ・トッティが2枚のイエローカードで退場となった判定と、延長戦でイタリアの得点がオフサイドで無効とされた判定は、国際サッカー連盟(FIFA)の公式ライセンスを受けて作成されたDVDにおいて「世紀の10大誤審」にも選ばれている。だが、問題視された判定はそれだけではない。

     後半にはイタリアのジャンルカ・ザンブロッタが激しいスライディングタックルを受けて負傷し、交代を余儀なくされたが、タックルを喰らわせたファン・ソンホン(当時柏レイソル所属)にカードは提示されなかった。モレノ氏はこの判定を振り返り、「レッド相当のファウルだった」と判定の誤りを認めている。

     インタビューはその部分がツイッターで予告として公開されただけだが、イタリアでは大きな反響を呼び、数多くのメディアが取り上げている。インタビュー本編は日曜日に公開予定とのことだ。

    フットボールチャンネル編集部

    5/4(土) 22:29配信 FOOTBALLCHANNEL 5/4(土) 提供 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190504-00320132-footballc-socc


    【【韓国に買収されたのでは?】元主審モレノ氏、2002年ワールドカップ韓国対イタリア戦の誤審を17年越しで認める。「あのファウルは…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2019/03/12(火) 14:35:14.99 ID:jMOo7sBa9

    F8530C18-49CF-47AD-B1AF-C5C252DC8219
     
    中国「一帯一路」 にイタリア参加へ 米国とベルギーが懸念
    2019年03月10日 18:11

    イタリアは3月末​にも「一帯一路」構想への参加​する可能性がある。イタリアの​ミケーレ・ジェラーチ経済復興省政務次官​は声明を表し、目前に迫った中国の習近平国家主席のイタリア訪問時に了解覚書に調印する見通し​を明らかにした。
    スプートニク日本

    英経済紙「フィナンシャル・タイムズ」によれば、中国主導の大規模インフラ計画​「一帯一路」​への​イタリアの​​参加の意気込みに対し、米国は批判的な反応を示し、ベルギー​も​懸念を表明している。

    米国政府は、このプロジェクト​は​イタリア経済の助け​にはならず、イタリアの国際的イメージに重大な損害を与える恐れがあると主張​してい​る。米国では「一帯一路」構想は、「中国の利益のために中国が創設したイニシアチブ」と呼ばれている。

    ベルギー政府の懸念は、EU諸国への直接的対外投資の​管理の​新​スキームに反映された。この​スキーム​は今年4月から実施される予定だ。
    しかし、イタリア​の最近の行動を見ると、​欧州委員会と​の間に​対外投資に対する統制を調整する​意思に欠けている。イタリア政府は、中国の投資がインフラ再建の​一助となることを望んでいる。

    イタリアの希望の根拠は、​中国政府による「一帯一路」構想の貿易とインフラのイニシアチブ​を​世界銀行が、アジアや欧州、アフリカ、中東の60カ国以上を陸路と海路で結び、プロジェクト参加国間の貿易を3.6%増やし、また、世界貿易も2.4%増加させると評価しているためだ。

    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/politics/201903106014556/


    【【Kの法則+Iの法則】中国「一帯一路」 にイタリア参加へ 米国とベルギーが懸念】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 次郎丸 ★ 2019/02/21(木) 09:10:09.04 ID:+2XbpzMr9
     kp250
    元北朝鮮外交官の娘連行か 伊政府高官が懸念表明
    2019.2.21 08:36

    産経新聞
    https://www.sankei.com/world/news/190221/wor1902210004-n1.html

     第三国への亡命を希望し現在行方が明らかになっていない北朝鮮のチョ・ソンギル前駐イタリア大使代理を巡り、チョ氏の娘(17)が北朝鮮に強制的に連れ去られたと韓国メディアが20日までに報じた。
    イタリア外務省高官は「事実なら深刻だ。世界最悪の政権の一つに拷問されている恐れがある」と懸念を表明した。イタリア外務省は同日、チョ氏は昨年11月10日に公館を離れ、娘は祖父母に会うため同14日に北朝鮮に帰国したとの説明を北朝鮮側から昨年12月に受けたと声明を発表。北朝鮮の説明の真偽は不明で、イタリア外務省は情報収集を進めている。


     韓国メディアなどによると、チョ氏は昨年11月に公館を離脱し、妻と共にイタリア政府の保護下に入ったとされる。その後の足取りは公にされず、既に米国や英国に移動したとの報道があるほか、北朝鮮に送還されたとの臆測も伝えられる。
    チョ氏は2015年に3等書記官として赴任し、17年に1等書記官に昇進。北朝鮮のミサイル発射などのためにイタリア政府がチョ氏の大使就任に同意せず、大使代理を務めていた。(共同)

    【【拉致疑惑】北朝鮮、亡命した前駐イタリア外交官の娘(17)連行か 伊政府高官が懸念表明 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2019/01/03(木) 16:18:03.92 ID:CAP_USER9
    kp250
     
    【ソウル=恩地洋介】複数の韓国メディアは3日、北朝鮮の駐イタリア大使代理のチョ・ソンギル氏がイタリア政府に身辺の保護と亡命を申請していると報じた。本人と家族はイタリア政府が安全な場所で保護しているという。情報関係者の話として伝えた。北朝鮮外交官の亡命は、2016年に韓国に亡命した元駐英公使の太永浩(テ・ヨンホ)氏以来となる。

    聯合ニュースによると、チョ氏は15年からイタリアに駐在。イタリア政府が17年9月に北朝鮮による6回目の核実験やミサイル発射に抗議するため当時の北朝鮮大使を追放したことに伴い、1等書記官から大使代理に昇格した。3年間の任期を終え、本国への帰還命令が出たことから亡命を決意した可能性がある。

    2019/1/3 13:26
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39606430T00C19A1FF8000/

    【【亡命】北朝鮮外交官(駐イタリア大使代理)が亡命申請か 本人と家族をイタリア政府が保護 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2018/11/23(金) 14:01:22.32 ID:CAP_USER9
    2018/11/23 12:12
    us250

    【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナルは22日、米政府が日本を含む同盟国に対し、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の製品を使わないように求める説得工作を始めたと報じた。

     中国政府の影響下にある同社の製品が、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムなど、
    同盟国の重要インフラで普及した場合、不正な通信傍受や意図的な遮断など安全保障上の脅威にさらされかねないとの米側の懸念が背景にある。

     説得工作の対象には華為製品が既に広く使われている日本やドイツ、イタリアが含まれ、米政府当局者は各国の政府だけでなく通信関係企業幹部にも説明した。

    共同通信
    https://this.kiji.is/438535758922220641

    【【中国潰し】米国、日本などの同盟国にHuawei製品の不使用を要求 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: SQNY ★ 2018/10/20(土) 17:51:02.62 ID:CAP_USER
    7F0246CF-3662-4422-9B6B-E74A7B0BB3CD

     
    ・日伊、北朝鮮非核化へ連携確認 防衛協力も協議

    【ブリュッセル共同】ベルギー訪問中の安倍晋三首相は19日午前(日本時間同日午後)、イタリアのコンテ首相とブリュッセルの欧州連合(EU)本部で会談した。北朝鮮の非核化に向けた連携を確認し、防衛装備品や技術移転に関する協力について協議する。

    中国の海洋進出を念頭に、安倍首相は自身の外交政策「自由で開かれたインド太平洋地域」の実現に向けた協調も呼び掛ける。

    日本とイタリアは昨年5月、中古の自衛隊機などの提供を可能にするため、防衛装備品と技術移転に関する協定に署名した。安倍首相は協定を踏まえ、具体的な関係強化につなげたい考えだ。

    2018年10月20日 09:40 スプートニク
    https://sptnkne.ws/jPwj

    【【日伊】北朝鮮非核化へ連携確認 防衛協力も協議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: かぜのこ ★ 2018/06/09(土) 18:05:17.93 ID:CAP_USER9
    no title
     
    安倍晋三首相は8日、カナダのトルドー、イタリアのコンテ、英国のメイ、ドイツのメルケルの各首相と相次ぎ会談した。
    北朝鮮の完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)を実現するため、緊密に連携していくことを確認。
    安倍首相は日本人拉致問題についても早期解決へ理解と協力を求め、支持を得た。


    (略)

    時事通信 18/06/09-13:50
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018060900149&g=prk


    【【安倍首相】カナダ、イタリア、英国、ドイツの首相と相次ぎ会談 北朝鮮非核化へ緊密に連携 拉致問題の解決で協力要請し支持を得る 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/04/13(金) 17:23:15.68 ID:CAP_USER9
    de250

    【ベルリン=井口馨、ローマ=佐藤友紀】シリアのアサド政権による化学兵器使用疑惑を巡り、米国が英仏と連携して準備を進めている軍事攻撃について、ドイツのメルケル首相は12日、ベルリンで記者団に「起こりうる軍事作戦には加わらない」と述べ、軍事攻撃に参加しない方針を明言した。

    独DPA通信などが伝えた。

    イタリアのジェンティローニ首相も12日の声明で「イタリアはどの軍事行動にも参加しない」と表明し、米英など同盟国の後方支援を行う姿勢を示した。

    2018年04月13日 15時03分
    読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/world/20180413-OYT1T50043.html

    【【シリア情勢】米と英仏準備のシリア攻撃、独伊は不参加表明 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/04/04(水) 08:27:39.72 ID:CAP_USER9
    2018年現在、世界各国でF-35の配備が進んでおり、同時にいまアメリカ各地の基地では、同機を配備する各国の軍のパイロットたちが訓練に励んでいます。

    ■F-35配備開始、本格稼働のその前に

     2018年1月、青森県の航空自衛隊三沢基地にF-35Aが配備されました。航空自衛隊によると、今後F-35Aを計42機調達し、2017年度に1機、2018年度には9機を三沢基地に配備し、国内初の飛行隊を編成する予定です。

    ルーク空軍基地で展示された航空自衛隊向けF-35A初号機のAX-1
    no title


     このように日本でもF-35が本格的に配備されつつありますが、ほかの国でも同様に配備が進んでいます。F-35の開発パートナーであるイタリア、オーストラリア、オランダ、ノルウェー、デンマーク、トルコ、カナダなどの国々をはじめ、日本や韓国、イスラエルなどの対外有償軍事援助プログラム(FMS)対象国に向けたパイロットの訓練が、F-35のトレーニングセンターを設置するアメリカのアリゾナ州にあるルーク空軍基地にて始まっています。

     航空自衛隊は、アメリカ空軍同基地の第944作戦群(944 OG)の第2支隊(DET2)「Ninjas」の下で訓練を行っており、2017年5月には2名の航空自衛隊パイロットが訓練を修了しています。およそ7ヶ月間の訓練では、実際のフライトを体験する前に徹底した座学とシミュレーターによるトレーニングを行い、最終的な訓練では空対空、空対地のミッションを行いました。

    ■各国のF-35が一堂に 空自初号機の姿も

     訓練を修了したパイロットは「トレーニングでは多くの情報が得られ、戦術や飛行方法についてインストラクターから多くの事を学んだ」とコメントしています。今後は、製造元であるロッキード・マーチンの支援を受けながら、航空自衛隊を含め各国パイロットの訓練が進めれていくとのことです。

    イタリア空軍のF-35A。機体と一緒に装備品も展示
    no title

    ノルウェー空軍のF-35A。同国向けの特別装備品としてドラッグシュートの試験がアラスカで実施中
    no title

    航空自衛隊には、今後42機のF-35Aが調達される予定
    no title


     2018年3月17日から18日にかけ、この基地で行われたエアショーでは、イタリア空軍とノルウェー空軍、そして航空自衛隊のF-35Aが展示され注目を集めました。この航空自衛隊機は、テキサス州フォートワースにあるロッキード・マーチンの工場で製造され、2016年8月24日に初飛行を行った空自向けの初号機、AX-1でした。

     ちなみに、ステルス機のため塗装には制限があり、それぞれの判別はコックピットからやや後方の機体下部に見られるような、ロービジ仕様の国籍マークなどを頼りにするしかありません。航空自衛隊機はその場所に、グレーの日の丸が描かれています。

    ■開発パートナー、オランダの場合は…?

     アメリカに拠点を置く同盟国のF-35も、訓練を活発化させています。

     同機開発パートナーであるオランダは、カルフォルニア州にあるエドワーズ空軍基地に訓練拠点を置き、オランダ空軍第323試験飛行隊のF-35Aで訓練を重ねており、カルフォルニア州にある低空訓練エリアR-2508、通称「スターウォーズキャニオン」では、その姿をしばしば見かけます。オランダでは2016年5月に本土へF-35が到着し、今後は計37機を導入する予定となっています。

    アメリカ海兵隊への導入が進むF-35B 
    no title



    このように、各国では本格的な配備に向けて着々と準備が進んでいます。アメリカ空軍ではF-16からの機種更新で多くの部隊へF-35Aが配備され、アメリカ海兵隊でもF/A-18「ホーネット」やAV-8B「ハリアーII」からF-35Bへの更新が行われています。

     第5世代のステルス戦闘機がアメリカの同盟国に次々と配備され戦術が見直されるなか、航空自衛隊の運用方法にも注目が集まることとなるでしょう。

    2018.04.04
    乗り物ニュース
    https://trafficnews.jp/post/80132

    【【軍事】ステルス戦闘機「F-35」、いよいよ配備が本格化 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル