かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:イラン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2018/09/22(土) 18:03:17.16 ID:CAP_USER9
    77807E26-CA83-4C8A-88D2-0B2D3374C52E
     
    【AFP=時事】イラン南西部アフワズ(Ahvaz)で22日、開催されていた軍事パレードを武装集団が襲撃した。

    アフワズがあるフゼスタン (Khuzestan)州の副知事は地元メディアを通じ、少なくとも8人が死亡、20人超が負傷したことを明らかにした。
    同国の国営テレビは、1980年のイラン・イラク戦争の開戦を記念する軍事パレードが「襲撃者のグループ」による攻撃を受けたと報じた。

    イランの保守系メディア、ファルス(Fars)通信によると、武装した男2人が大勢の観衆に向かって発砲した後、
    貴賓席へ攻撃を仕掛けようとしたが、治安部隊の銃撃を受けて負傷した。

    またフゼスタン州のアリホセイン・ホセインザデ(Ali-Hossein Hosseinzadeh)副知事は
    イラン学生通信(ISNA)に対し、「8人から9人の兵士が殉教し、20人超が負傷した」と述べた。
    国営イラン通信(IRNA)によれば、負傷者には女性1人、子ども1人が含まれるという。

    イラクと国境を接する同国西部のフゼスタン (Khuzestan)州は、
    イスラム教スンニ派がほとんどの大規模なアラブ人コミュニティーがある。同州でこうした攻撃が起きるのはまれ。
    同州は1980~1988年のイラン・イラク戦争で、主戦場となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00000022-jij_afp-int


    【【テロ】イラン、軍事パレードを武装集団が襲撃 死傷者20人超 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ■忍法帖【Lv=24,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/09/11(火)14:50:30 ID:???
    イラン
     
    イランに対するアメリカの制裁で、イラン企業は、韓国への輸入代金をウォン建てで支払っていますが、
    イラン政府がウォンの各企業への供給を中止し、韓国企業に被害が広がっています。

    イランに対するアメリカの制裁で、韓国とイランの間の貿易では、従来のドル建て、ユーロ建てでの
    決済ができなくなり、韓国の精油会社はウォン建てでイラン産原油を輸入し、イラン政府は、
    このウォンを自国の企業に買い取らせる形で供給し、韓国企業からの輸入代金に充てるようにしています。

    ところが、イラン政府から企業へのウォンの供給が中止し、イラン企業が韓国企業に輸入代金を支払うすべがなくなったものです。
    KOTRA=大韓貿易投資振興公社によりますと、イランからの代金回収ができず、被害を被っているとの届け出は、7月と8月の2か月だけで400件を超えています。

    韓国政府は、イランの政府、中央銀行と相次いで接触し、問題解決を求めており、イラン政府はとりあえず、ウォンの供給を再開する意向を示したということです。
    ウォンの供給を中止した理由や再開が遅れている理由などは明らかになっていません。

    (以下略)

    http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=69361


    【【国際】イラン、企業へのウォンの供給を中止 韓国の輸出企業に被害】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ラテ ★ 2018/09/10(月) 16:47:23.48 ID:CAP_USER
    kr250

    ・7月時点では日量19万4000バレルを輸入していたーデータ
    ・米国の石油禁輸発動は11月4日-対イラン制裁

    韓国がイラン産原油の輸入を取りやめた。7月時点では日量19万4000バレルを輸入していたが、8月は全くなかったことがブルームバーグが集計したタンカー航行と出荷のデータで分かった。

    米国は対イラン制裁の一環として同盟国にイラン産原油の輸入をやめるよう求めており、11月4日の石油禁輸発動を前に韓国はイラン産原油の購入を停止した。イラン産原油を買い入れている主要国の中では、中国とインドが輸入を抑制している。

    2018年9月10日 9:39 JST ブルームバーグ
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-10/PETCF06K50XS01 


    【【米国の対イラン制裁】韓国、イラン産原油の輸入取りやめ-8月の購入ゼロに 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: SQNY ★ 2018/09/08(土) 17:57:28.54 ID:CAP_USER
    no title
     
    ・中国・イラン国防相 軍事協力深化へ

    中華人民共和国(中国)の魏鳳和(ウェイ・フォンホー)国防相はイランのアミール・ハタミ国防相と対面し、中国・イラン両軍における協力を積極的に進めていく意向を明らかにした。

    魏国防省は、「近年、中国とイランは多分野における協力で実りある成果を収め、また相互援助を実施してきた。両国は極めて重要な問題にあたっては相互理解を示し、国際問題および地域問題を巡って緊密な連絡・調整を図ってきた」と述べた。

    魏国防省はまた、「中国・イラン両軍間の協力は進展している。我々はイラン政府と戦略的コミュニケーションを深化させ、協力分野を拡大し、両軍の協力において新たに実りある成果を得る用意がある。それにより両国間の包括的・戦略的パートナーシップの推進に貢献することができる」と強調した。

    一方でハタミ国防相は、「我々は中国、および同国人民解放軍との協力を重視しており、同国が世界と地域の平和・安定の維持において果たす役割を高く評価している」と述べた。

    2018年09月08日 16:08 スプートニク日本
    https://sptnkne.ws/j44b

    【【中国・イラン】両国防相 軍事協力深化へ「中国とイラン両軍間の協力は進展している」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/09/07(金) 07:09:03.99 ID:CAP_USER9
    no title

    シリア総攻撃めぐりロシア イラン トルコ首脳が対応協議 
    2018年9月7日 4時48分シリア内戦 

    内戦が続くシリアで、アサド政権が近く反政府勢力に対する総攻撃に踏み切るとの見方が強まる中、シリアに影響力を持つロシアとイラン、それにトルコの3か国の首脳が7日、イランの首都テヘランで対応を協議します。総攻撃が行われれば市民を巻き込んで多くの死傷者が出ることが懸念されていて、協議の行方が注目されます。 

    シリアの内戦では、優位に立つアサド政権が反政府勢力の最後の主要な拠点の北西部イドリブ県とその周辺を近く総攻撃するとの見方が強まっています。 

    こうした中、アサド政権の後ろ盾のロシアのプーチン大統領とイランのロウハニ大統領、それに、反政府勢力を支援するトルコのエルドアン大統領が、日本時間の7日午後、イランの首都テヘランに集まって対応を協議します。 

    ロシアとイランは「アサド政権にはテロリストを壊滅する権利がある」と主張していて、ロシア軍は今月4日、イドリブ県を空爆しました。これに対し、トルコのエルドアン大統領は総攻撃に反対していて、今回の3か国の首脳会議で打開策を見いだしたいとしています。 

    総攻撃が行われれば市民を巻き込んで多くの死傷者が出ることが懸念されていて、アメリカなどが強く反対しているほか、国連も戦闘の回避に向けた外交交渉に期待を示していて、協議の行方が注目されます。 

    最後のとりで イドリブ県 

    シリアの内戦が長期化するなか、北西部にあるイドリブ県は、各地でアサド政権と戦っていた反政府勢力の戦闘員が集結する「最後のとりで」となっていきました。 

    ロシア軍の支援を受けたアサド政権がおととし12月に反政府勢力の当時の最大拠点、北部のアレッポを陥落させた際、投降を拒む戦闘員とその家族がイドリブ県などへ退去することを認めました。 

    その後、アサド政権がことし4月にかけて首都ダマスカス近郊の東グータ地区を奪還した作戦や、ことし7月にかけて南部ダラア県を奪還した作戦でも、政権側などが用意したバスで戦闘員とその家族がイドリブ県とその周辺へ退去していきました。 

    また、アサド政権の統治のもとで暮らすことに不安を感じた市民も集結し、イドリブ県とその周辺の人口はおよそ290万人まで倍増したとされています。 

    イドリブ県では、アルカイダ系の武装組織を含め反政府勢力の多くのグループが離合集散を繰り返しつつ活動していますが、戦闘員と市民を分離するのは困難だと指摘されていて、総攻撃が行われれば、市民を巻き込んで多くの犠牲が出ることが懸念されています。また国連は、総攻撃が始まればおよそ80万人の避難民が発生するおそれがあるとしています。 

    (略)

     NHK

    【【シリア内戦】シリア総攻撃めぐりロシア イラン トルコ首脳が対応協議 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/09/06(木) 08:12:49.49 ID:CAP_USER9
    no title



     米トランプ政権によるイランへの経済制裁再開を踏まえ、国内の石油元売り各社は、10月積みのイラン産原油から輸入を停止する方針を固めた。発注期限となる9月上旬にイラン側へ停止を通知。サウジアラビアなどからの調達に切り替えて安定供給を維持するが、イラン産の取引が減ることで、当面は世界的に原油価格の上昇圧力が続きそうだ。 

     米国は日本や欧州などイラン産原油を輸入する各国に対し、11月4日までに禁輸措置を取るよう求めている。契約内容は元売り各社や産油国によって異なるが、イラン産の場合、発注翌月に船積みし、1カ月弱かけて日本まで運び、代金を決済するケースが多い。このため元売り各社にとって、輸入継続の可否を判断する最終期限は「(制裁開始から)逆算すると9月が一つのポイント」(最大手のJXTGホールディングスの小野田泰常務)になっていた。 

     日本政府は「輸入が継続できるよう米国と粘り強く協議していきたい」(世耕弘成経済産業相)とし、制裁の適用除外を求めて交渉中。だが、「米国の姿勢は非常に厳しい」(経産省幹部)のが現状で、除外を勝ち取るめどは立っていない。輸入を継続すれば米国での事業展開で制約を受ける恐れがあり、JXTG、昭和シェル石油、コスモ石油、出光興産など各社は事実上時間切れで輸入停止の判断に追い込まれた格好だ。 

     日本の原油輸入量全体に占めるイラン産の比率は2017年度で5%(960万キロリットル)にとどまる。元売り各社は、同39%(7294万キロリットル)と最大の調達先であるサウジアラビア産などに切り替えることで「安定供給は可能」としている。 

     イラン産原油の最大の輸入国である中国やトルコが対米関係の悪化も背景にイランからの輸入を続ける一方、日本や韓国、欧州などが停止する見通し。この結果、イランの原油輸出は半減するとの見方が多い。日本や欧州などは他の産油国からの輸入で穴埋めする方針だが、市場では「産油国全体でいざという時の増産余力が低下する懸念が強まる。これから半年くらいは原油相場が上がりやすい状況が続く」(エコノミスト)との指摘が出ている。

    9/5(水) 23:53
    毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00000110-mai-bus_all

    【【原油】イラン原油、10月から輸入停止へ 米制裁受け イラン産の比率は5%、サウジアラビア産などに切替へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/08/24(金) 16:01:45.28 ID:CAP_USER

    2018年8月23日に行われたジャカルタ・アジア大会男子サッカー決勝トーナメント1回戦の韓国対イラン戦について、韓国メディア・スポーツ韓国は「過度な神経戦や過激なファウルなど、眉をひそめたくなるシーンが相次いだ」と伝えた。  

    記事は、イランのサッカーについて「わざと倒れて時間を稼ぐだけでなく、過度な神経戦や過激なファウルなどマナーに反するプレーをすることで知られている」とし、「今回の試合でも不愉快な場面が多く見られた」と伝えている。 

    イランの選手は前半、空中戦で競り合う中で韓国選手の顔をたたきイエローカードを受けた。またファン・インボム選手に意図的にぶつかったことがきっかけで、選手らによる激しいもみ合いも起きたという。  

    過激なファウルは後半も続き、ファン・ウィジョ選手が後ろからかかとを蹴られたり、チョ・ユミン選手が腰を膝蹴りされてグラウンドに倒れ込んだりする場面が見られたという。 

    これらについて、記事は「理解に苦しむ主審の判定によりイランの選手たちは罰を受けなかったが、全てレッドカードが出てもおかしくない場面だった」と批判している。  

    試合は2‐0で韓国が勝利。記事は「イラン特有のマナー違反プレーに韓国はゴールで応え、1ランク上の実力を見せつけた」と韓国の選手らをたたえている。  

    この記事に、韓国のネットユーザーからは 

    「イランのサッカーは本当に質が悪い」 
    「イランの選手たちはサッカーではなく、巧妙な反則を練習しているのでは?」 
    「今後4年間、イランの国際サッカー大会への出場を禁止するべき」 

    など、イラン選手たちへの非難が続出している。 また 

    「審判に問題があった。サッカー協会は抗議しないの?」 
    「審判はイランに有利になるよう必死だった」 

    と審判の判定に疑問を示す声も。  

    韓国の選手たちに対しては 

    「ゴールでやり返した韓国の選手たちが誇らしい」 
    「勝ったから許せる!選手たちに感謝」 
    「ゴールを入れた時、最高に痛快だった」と称賛する声が上がる一方で、 
    「なぜいつも黙って耐える?同じようにやり返すべき」と不満も上がっている。その他 
    「韓国人はせっかちだから、時間稼ぎしたくてもできないんだ」との声も見られた。 

    2018年8月24日(金) 14時40分
    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b637584-s0-c50-d0058.html

    【【サッカー】 韓国対イラン戦で「不愉快な場面」続出!韓国メディアが批判 韓国ネット「イランのサッカーは本当に質が悪い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2018/08/22(水) 00:08:40.41 ID:CAP_USER
    イラン
     
    サッカーボールは丸い(勝敗はどちらに転ぶか分からない)。韓国はロシア・ワールドカップ(W杯)で世界最強のドイツを破ったかと思えば、ジャカルタ・アジア大会でははるかに格下のマレーシアに敗れた。 

     アジア大会男子サッカーで20日、同時に行われたグループリーグF組最終戦の2試合は、どちらも異変が起きた。アジアでFIFA(国際サッカー連盟)ランキングが最も高いイラン(32位)が、ミャンマー(138位)に0-2で敗れた。同じ時間にサウジアラビア(70位)は北朝鮮(108位)に0-3で屈した。23歳以下の選手だけで戦う大会という点を考慮しても意外な結果だった。 

     しかしこれには理由があった。試合が始まる前まで、イランとサウジはともに1勝1分けで並んでいたが、ここで「変数」が生じた。韓国がマレーシアに敗れてE組2位になる可能性が高くなったのだ。決勝トーナメント1回戦ではF組1位とE組2位が対戦するため、韓国との対戦を避けたいイランとサウジは共にF組1位にならないよう主力をほとんど出場させなかった。F組2位で通過すれば、B組2位で格下のバングラデシュとの対戦になるというメリットもあった。 

     イランは足におもりを付けたかのように動きが遅かった。序盤から自陣でのボール回しを繰り返した。後半11分にミャンマーが先制した際には、ボールがゴールに転がっていくのをイランのGKもDFもただ見ているだけだった。ミャンマーは後半23分に追加点を決めた。 

     さらに、試合終盤になるとイランは時間稼ぎでピッチに倒れて寝転ぶことが多くなった。通常なら勝っているチームが取る戦略だが、2点負けているイランの方が転がってばかりいた。しかし、イランはそれ以上は失点しなかった。あと1点取られれば多得点のルールでイランが予選で敗退する可能性があったからだ。一方のサウジも、枠内シュートがわずか1本で、北朝鮮に力なく敗れた。 

     試合後、F組の4チームはいずれも「1勝1分け1敗」で並んだ。ミャンマーに負けたイランは得失点差でF組1位となり、決勝トーナメント1回戦で韓国と当たることになった。結局、「韓国を避ける」という目的は達成できなかったわけだ。予選敗退の危機にあった北朝鮮は最もラッキーな形でF組2位となり、決勝トーナメントではバングラデシュと対戦する。F組2位を狙っていたサウジは3位となったが、各グループ3位のうち成績上位の4チームに入り、決勝トーナメント進出が決まった。 
     イ・スンフン記者

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/21/2018082103584.html


    【【アジア大会男子サッカー】「決勝Tで韓国は嫌」~イランとサウジが無気力試合】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: シャチ ★ 2018/08/21(火) 20:06:45.54 ID:CAP_USER9
    no title
     
    【8月21日 AFP】イランで21日、同国初となる国産戦闘機が公開された。ハッサン・ロウハニ(Hassan Rouhani)大統領は自国の軍事力強化が、敵を抑止することだけを意図し、「永続的な平和」の構築を目指していると強調した。

     国営テレビが放映した映像には、ロウハニ大統領が首都テヘランで開催された軍需産業の見本市で、第4世代の新型戦闘機「コウサル(Kowsar)」の操縦室に座る様子が捉えられている。

     国営メディアによれば、この戦闘機には「先進的な航空電子工学」が用いられ、多目的レーダーが搭載されており、初めて「100%国内で製造」されたという。


     コウサルの試験飛行の模様は、複数のメディアで放映された。生放送の映像では、コウサルが見本市で滑走路を地上走行する様子が伝えられたものの、離陸前に映像は途絶えた。

     直後に放映されたテレビ演説でロウハニ大統領は、「防衛のための備えを私が口にする際は、それはわれわれが永続的な平和を模索するということだ。備えが欠けていれば、われわれは戦争を迎えることになる」と述べた。

     コウサルについては、アミール・ハタミ(Amir Hatami)国防軍需相が18日に初めて公表し、22日に公開されるとしていた。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3186734?pid=20445290


    【【国際】イラン、初の国産戦闘機「コウサル」公開 第4世代の新型戦闘機で「先進的な航空電子工学」が用いられているという 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 樽悶 ★ 2018/08/20(月) 22:19:21.67 ID:CAP_USER9
    多神教信仰への嫌悪を示す儀式
    no title


    サウジアラビアの聖地メッカの近郊で、この聖地を訪れた巡礼者らが、多神教信仰への嫌悪を示す儀式の中で、イスラムの敵によるイスラム教徒間の分裂作戦への対抗と、イスラム教徒の団結を強調しました。

    20日月曜、メッカ近郊のアラファート砂漠で、イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師による、メッカ巡礼者へのメッセージの朗読により、多神教信仰への嫌悪を示す儀式が行われました。

    この儀式にはイランやその他の国からやってきた巡礼者らが参加し、アメリカ、シオニスト政権イスラエルと彼らの同盟国に反対するスローガンを叫び、覇権主義や悪魔の象徴を非難しました。

    このメッセージの中で、全ての覇権主義国との妥協が非難されています。

    19日日曜夜からは、300万人近い巡礼者がアラファート砂漠に向かっており、およそ1日間の滞留の後、20日午後に、メッカに向けてこの地を出発することになっています。

    巡礼者らはまた21日火曜、サウジアラビアで開催されるイスラム教徒の祝祭・犠牲祭と同時に、メッカの東部近郊のメナーに移動し、23日木曜までここに滞留して、悪魔の象徴への投石の儀式や生贄を捧げた後、カアバ神殿の周囲を回る儀式のためメッカに戻る予定です。

    ParsToday 2018年08月20日19時17分
    http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i47309

    【【国際】サウジアラビアの聖地メッカ近郊で、多神教信仰への嫌悪を示す儀式が実施 イスラム教徒の団結を強調 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: シャチ ★ 2018/08/14(火) 00:02:57.92 ID:CAP_USER9
     65ED292A-09D8-43C9-B601-456A8E937387
     ロシアやイランなどカスピ海沿岸5カ国は12日、カザフスタン西部のアクタウで首脳会議を開き、
    「カスピ海の法的地位に関する協定」に署名した。カスピ海は地下資源に恵まれ、領有権などをめぐって
    20年以上にわたり協議が難航していた。決着の背景には、最近のイランと米国との関係悪化もあるとみられる。

     会議には、ロシアのプーチン大統領やイランのロハニ大統領のほか、カザフスタン、アゼルバイジャン、 トルクメニスタンの各首脳が出席。各国の沿岸15カイリ(約28キロ)を領海と定め、同25カイリを排他的な漁業水域と定めたほか、
    第三国の軍の活動を禁止した。地下資源の分割については隣国との協議で解決を目指すとしている。

     会議後の記者会見で、プーチン氏は「合意は価値あるものだ」と強調した。イランメディアによると、
    ロハニ師も「イランは貿易促進のために重要な役割を担う」と語った。

     タス通信などによると、協議は1996年に始まった。難航したのは、カスピ海が湖か海かという問題。
    カスピ海は世界最大の湖とされるが、湖と海では資源配分などをめぐる法的な枠組みが違う。
    イランが「湖」として5カ国等分の権利を求める一方、ソ連の構成国だった4カ国は「海」として沿岸線に応じた領海設定を主張していた。

     最終的には、海とも湖とも定義しなかったが、領海の設定方法は4カ国の主張に沿った形になった。
    ロシアの経済紙コメルサントによると、ロシア外務省高官は「カスピ海は内陸にあるが、湖とするには巨大だ」と話した。


    8/13(月) 23:53配信 朝日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000091-asahi-int


    【【国際】カスピ海は湖?海?…結論は 20年超す難航の協議合意 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: SQNY ★ 2018/08/13(月) 18:27:10.72 ID:CAP_USER
    イラン
     
    ガス田権益、中国に移行 イラン、仏大手からと報道

    【テヘラン=共同】国営イラン通信は11日、イラン南部のペルシャ湾にある世界最大規模の南パルス天然ガス田の一部開発契約で、フランス石油大手トタルの権益を中国国有の中国石油天然ガス集団(CNPC)が引き継いだと報じた。

    この契約は、イラン核合意の象徴的事業とされていた。トランプ米政権がイラン核合意から離脱し、イランへの制裁を再発動する方針を示したのを受け、トタルは撤退する見通しを示していた。

    2017年7月に結ばれた開発契約では、トタルが50.1%、CNPCが30%の権益を取得していた。国営イラン通信は、権益のトタルからCNPCへの移行により、CNPCの権益が最大で8割になると報じた。

    2018年8月13日 16:08 日本経済新聞
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO34097110T10C18A8000000?s=2

    【【イラン】ガス田権益、中国に移行 イラン、仏大手からと報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/08/12(日) 21:42:04.53 ID:CAP_USER9
    no title

    【アメリカが脅迫】 イランがトルコへの支援を表明

    イラン外務省のベフラミ・カスミ(バフラーム・ガーセミー)報道官は、アメリカのトルコに対する執拗な政策を批判し、トルコのためにあらゆる支援を行う用意があると表明した。

    12.08.2018 ~ 12.08.2018

    イラン外務省のベフラミ・カスミ(バフラーム・ガーセミー)報道官は、アメリカのトルコに対する執拗な政策を批判し、トルコのためにあらゆる支援を行う用意があると表明した。

    カスミ(ガーセミー)報道官はイラン国営テレビで、「トルコおよびトルコ国民は、外からコントロールされている圧力に対し、成功を収めることができるだろう」と発言した。

    最近発生したことに関し、カスミ(ガーセミー)報道官は、アメリカの制裁に対し、イランはトルコと共にいると表明した。

    トルコとイランは互いに良い友好国の関係であり続けることができると表明したカスミ(ガーセミー)報道官は、「国民の意思は、強圧や脅迫で変えられることはあり得ない」と述べた。

    カスミ(ガーセミー)報道官は、イランの近隣諸国もイランに賛同すべきであり、地域諸国の間で協力することが重要だと表明した。

    (2018年8月12日日曜日)
    TRT
    http://www.trt.net.tr/japanese/shi-jie/2018/08/12/amerikagazhi-cai-irangatorukohenozhi-yuan-wobiao-ming-1030603 

    【【トルコ/米国】イランがトルコへの支援を表明 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/08/11(土) 05:09:17.27 ID:CAP_USER9
    no title

    イエメン 子ども乗せたバス空爆 死者51人に 国連「戦争犯罪」
    2018年8月11日 4時46分

    内戦が続くイエメンで、子どもたちを乗せたバスが空爆を受けたことによる死者は51人に上り、国連は「市民を標的にしたいかなる攻撃も戦争犯罪に当たる」として強く非難しました。

    中東のイエメンでは、サウジアラビアなどの連合軍が支援するハディ政権と、イランが支援する反政府勢力の間で3年以上内戦が続いていて、先月下旬から戦闘が激しくなっています。

    9日には夏休み中の課外学習に参加している子どもたちを乗せたバスが空爆を受けました。

    ICRC=赤十字国際委員会によりますと、これまでに51人が死亡し、このうち40人が子どもだったということです。

    OHCHR=国連人権高等弁務官事務所は10日、スイスのジュネーブで開いた記者会見で「戦闘に参加していない市民を標的にした攻撃はいかなるものであっても戦争犯罪に当たる」と述べて、空爆を強く非難しました。

    そのうえで、内戦のすべての当事者に対して国際人道法に基づいて行動し、戦闘による市民への影響を最小限にするよう訴えました。

    OHCHRによりますと、イエメンでは戦闘に伴う市民の死者が2015年3月から今月9日までの間に6592人に上り、1万470人がけがをしています。

    その大多数がサウジアラビアなどの連合軍による攻撃を受けた人たちだということです。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180811/k10011573031000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003 

    【【イエメン】子ども乗せたバス空爆 死者51人に 国連「戦争犯罪」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/08/11(土) 17:19:12.18 ID:CAP_USER9
    AE34E357-DCA1-412D-B33F-BE2D2C0DD532
     
    日本駐在のラフマーニーモヴァッヘド・イラン大使が、東京で、麻生太郎副総理大臣と会談し、二国間協力の拡大について意見交換を行いました。

    イスナー通信によりますと、ラフマーニーモヴァッヘド大使は、麻生副首相との会談で、この40年間における両国の関係の拡大と強化に触れ、日本は重要な国で、イランの人々にとって尊敬に値するとしました。

    また、日本政府が重要な国際合意として核合意を支持していることを肯定的に評価し、「イランと日本の経済部門は、その関係が保護されるよう期待している」と語りました。

    麻生副首相も、現在の国際情勢にふれ、日本政府はアメリカ政府との協議の中で、イランとの歴史的な関係と石油取引を維持することの重要性を強調しているとしました。

    この報道によりますと、ラフマーニーモヴァッヘド大使と麻生副首相は、両国の歴史的、経済的な関係の強化と維持の重要性を強調しました。

    PARS TODAY 2018年08月11日16時43分
    http://parstoday.com/ja/news/iran-i47065

    【【外交】駐日イラン大使が麻生副首相と会談 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2018/08/11(土) 09:40:01.07 ID:CAP_USER9
    イラン
     
     【ワシントン時事】米政府筋は10日、イランが原油輸送路の要衝ホルムズ海峡北部で対艦ミサイルの発射実験を行ったと明らかにした。

     ペルシャ湾などに展開する米海軍に対し、軍事力を誇示する狙いがあるとみられる。

     同筋によると、対艦ミサイルは2日に発射された。周辺に米軍艦船はなく、ミサイルは海上に着弾した。

     イラン精鋭部隊「革命防衛隊」はトランプ米政権による制裁や圧力に対抗し、ホルムズ海峡を含むペルシャ湾で小型艦船数十隻以上が参加する大規模な海上軍事演習を実施した。ミサイル発射実験は演習の一環という。 

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000015-jij-n_ame

    【【誇示】イラン、対艦ミサイルを試射 ホルムズ海峡で軍事力誇示 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/08/10(金) 00:24:31.07 ID:CAP_USER9
     イラン
    2018年8月9日 / 11:24 / 6時間前更新
    イラン大統領が北朝鮮外相と会談、「米国は信頼できず」
    [ソウル/ベイルート 9日 ロイター] - イランのロウハニ大統領は北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相と会談し、米国は信用できないとの認識を示した。国営イラン通信(IRNA)が9日報じた。

    同大統領は「米政権のふるまいにより、同国は世界中で信頼に値せず、あてにできないとみなされるようになった」と指摘した。

    「現在の状況下では、友好的な国々は国際社会の中で関係を築き協力する必要がある」と強調し、イランと北朝鮮は多くの問題で「常に近い見解を有してきた」と述べた。

    李外相は、トランプ米政権が2015年のイラン核合意から一方的に離脱し同国への制裁を復活させたことについて「国際ルールと規制に違反する行為」と批判した。

    その上で「イランとの関係を深め、一国主義に立ち向かうことが北朝鮮の戦略的政策だ」と述べた。

    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/iran-nuclear-northkorea-idJPKBN1KU110 
     

    【【イラン/北朝鮮】イラン大統領が北朝鮮外相と会談、「米国は信頼できず」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/08/09(木) 06:33:13.10 ID:CAP_USER9
    cn250

    トランプ大統領のイラン制裁再開に中国政府が反発(2018/08/09 05:56)

     アメリカのトランプ大統領が7日、イランに対して「過去最高レベル」という経済制裁を発動したことについて、イランと貿易関係にある中国政府が強く反発しました。

     トランプ大統領は、中国などと結んだイランの核開発を抑える核合意から5月に離脱したことを受け、7日からイランへの制裁の一部を再開し、イランとの自動車や鉄鋼などの取引を禁止しました。違反した第三国の企業は、アメリカ市場からの締め出しや制裁金の対象となります。この制裁について中国外務省はANNの取材に対し、「中国のイランとの取引は国連安保理のいかなる決議にも違反していない。中国の合法的な権益は守られるべきだ」と反発しています。

    テレビ朝日
    http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_international/articles/000133640.html 

    【【米中】トランプ大統領のイラン制裁再開に中国政府が反発「中国の合法的な権益は守られるべきだ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/08/08(水) 15:25:55.20 ID:CAP_USER
    no title
     
    ワシントン(CNN) イランのロハニ大統領は6日、国営テレビのインタビューで、トランプ米大統領と「今すぐ」対話する用意があると表明した。インタビューの様子は、米国による対イラン制裁の再開を数時間後に控える中で放映された。

    ロハニ師はこの中で、米国との対話について「前提条件は付けない。米政府に意欲があれば、すぐにでも始める」と説明。「真摯(しんし)な姿勢さえ伴っていれば、イランは常に対話と交渉を歓迎してきた」とも述べた。

    一方、この提案について問われたボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は、「プロパガンダ」の可能性があるとして一蹴。そのうえで、トランプ氏は「一貫して」北朝鮮やイラン政府との交渉に意欲を示してきたと主張した。

    ロハニ師は対話の用意を表明する一方、トランプ氏については信頼できない人物との懸念を示し、トランプ氏がイラン政府との以前の対話や、地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」などの国際協定から離脱してきた点を指摘した。

    ロハニ師はさらに、対話開始の前に米国による制裁の緩和を求める構えも示し、「相手や敵の腕にナイフを刺しておきながら対話したいと言うのであれば、まずはナイフを取り下げてから交渉の席に着かねばならない」と述べた。

    トランプ政権が制裁を強化し、対イランの言動を強硬化していることについては、11月の中間選挙が近づく中での国内向けのポーズという側面もあると示唆した。

    トランプ政権は6日、対イラン制裁の再開を発表。米東部時間の7日午前0時1分に発動した。

    CNN
    https://www.cnn.co.jp/world/35123679.html

    【【イラン】イラン大統領、「今すぐ」対米交渉の用意あると表明 制裁再開控え】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/07/27(金) 22:35:11.00 ID:CAP_USER9

    イラン軍司令官、「持っている全てを破壊する」 トランプ大統領に警告 
    2018/07/27 

    米国とイランの政府高官の応酬が続いている。イラン革命防衛隊のカセム・ソレイマニ司令官は26日、ドナルド・トランプ米大統領に対し、もし米国がイランを攻撃したら「持っている全てを破壊する」と警告した。 

    イランのタスニム通信によるとソレイマニ司令官は、トランプ氏が戦争を始めた場合、イランがそれを終わらせると約束したという。 

    トランプ大統領は先に、イランのハッサン・ロウハニ大統領にあてたツイッターへの投稿で大文字で「決して、絶対に、米国を脅したりするな」と警告していた。 

    トランプ大統領が今年5月にイラン核合意からの離脱と制裁再開を表明して以来、両国間の緊張が高まっている。 

    ソレイマニ司令官は、イラン革命防衛隊の特殊部隊「コッズ部隊」を率いている。 
    同司令官は「兵士として、あなた(トランプ大統領)の脅威に対応するのが私の義務だ。ロウハニ大統領ではなく私と話せ。我々の大統領の品位からして、あなたに答えたりしない」と述べたと伝えられた。 
    「我々はあなたが想像できないほど近くにいる。来い。準備はできている」 
    「あなたが戦争を始めたら、我々が終わらせる。この戦争はあなたの持っている全てを破壊するだろう」 

    トランプ氏は22日、ツイッターに、「イランのロウハニ大統領へ: 決して、絶対に、米国を脅したりするな。さもなければ、史上まれにみる結果に苦しむことになる。我々はもはや、お前の暴力と死のたわごとを許すような国ではない。気を付けろ!」と投稿し、ロウハニ氏を脅した。(太字は原文ですべて大文字で強調されている) 

    これに対しイランのジャバド・ザリフ外相は、 
    「怒っている米国にはうんざりだ:世界は数カ月前にもっとひどい空いばりを聞いた。イラン国民は40年間にわたって聞いてきた(もっと文明的な内容だったが)。我々は数千年もの間存続している民族で、いくつかの国の歴史よりも長く続いた我々自身の帝国も含めた、数多くの帝国の滅亡を見てきた。気を付けろ!」と応酬した。 

    しかしこの2日後、トランプ大統領は退役軍人たちへの演説で米国はイランと「本当の取引を結ぶ用意がある」と話した。 

    トランプ氏の怒りのツイートは、ロウハニ大統領からの警告への反応だった。 
    イラン国営通信によると、ロウハニ大統領は先に「イランとの平和は全ての平和の母で、イランとの戦争は全ての戦争の母だと米国は気付くべきだ」と発言していた。 

    トランプ大統領は5月、欧州諸国の説得にもかかわらず、オバマ前政権が締結したイランとの核合意から離脱すると発表した。 
    トランプ氏はかねて、この合意は「芯まで腐っている」と話していた。 
    これを受けてイラン政府は、核兵器開発と原子力発電に向けたウラン濃縮を再開する準備を始めると発表した。 

    共に核合意に署名した英国、フランス、中国、ロシア、ドイツからの反対にもかかわらず、米国はイランの石油や航空機輸出、貴金属取引などへの制裁を再開しようとしている。 
    他にも火種となっている案件がある。米国はイランの中東での動向を大きく懸念しているほか、イランと敵対するイスラエルおよびサウジアラビアと友好関係にある。 
    イランは、自国の核開発はすべて平和目的で、合意の順守は国際原子力機関(IAEA)の査察によって確認されていると主張している。  
    https://www.bbc.com/japanese/44977157


    (英語記事 Iran general warns Trump: 'We are ready')

    イラン革命防衛隊のカセム・ソレイマニ司令官(左)とドナルド・トランプ米大統領
    no title

    【【イラン vs 米国】イラン軍司令官、「持っている全てを破壊する」 トランプ大統領に警告 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル