かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:インドネシア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: シャチ ★ 2019/08/16(金) 14:29:12.15 ID:0D8cSt1f9
    2B6943D2-79B8-4CB9-8868-8707B3759BD7

    [ジャカルタ 16日 ロイター] - インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は16日、ジャワ島にある首都ジャカルタをカリマンタン島に移転することを正式に提案した。独立74周年記念を翌日に控え、議会での所信表明演説で述べた。

    首都があるジャワ島の人口が急増し、過密状態となっていることから、ジョコ大統領はジャワ島以外に首都を移転することを決めていた。

    大統領は「首都は国のアイデンティティーのシンボルであるだけでなく、国の発展を示すものだ。経済の平等と公正を実現することが目的だ」と述べた。ただ、具体的な移転先は明らかにしていない。
     
    8/16(金) 14:21配信 ロイター 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00000065-reut-asia 

    【【インドネシア】インドネシア大統領、カリマンタン島への首都移転を正式に提案 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2019/08/12(月) 23:56:00.46 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ヤン・スンユン韓国外大名誉教授が去る10日、インドネシア、ジャカルタ市内の韓国文化院で自分が翻訳したムルタトゥーリの小説「マックス・ハベラー (Max. Havelaar)」出版記念ブックコンサートを開いて、最近の韓日関係に対する自身の解決法を紹介している。ジャカルタ=コ・チャニュ特派員
    no title

    ▲世界史の流れを変えた告発文学という副題がついた「マックス・ハベラー」の表紙

    「日本は韓国を属国で治めた記憶をDNAに持っています。それは変わらないでしょう。壬辰倭乱を除けば、私たちは日本とまともに戦ったことがありません。これから難しい戦いになるでしょう。」

    国内で東南アジア博士学位1号のヤン・スンユン(73)韓国外大名誉教授がインドネシアを訪問して最近の韓日関係について口を開いた。ヤン教授は10日、インドネシア、ジャカルタ市内の韓国文化院で自身が翻訳したムルタトゥーリの小説「マックス・ハベラー (Max. Havelaar)」出版記念ブックコンサートを開いた。コンサートには共同翻訳者やインドネシア文化研究院長など70人余りが参加した。

    ヤン教授は日本の真の姿を東南アジアでも見ることができると説明した。彼は「私が毎年講義するジョクジャカルタのガジャ・マダ大の場合、すべての史学科教授が日本奨学生。20年前から大なり少なり日本が着実に関与して、東海を併記してくれという当然の要求もあまり受け入れられない」と話した。また「約束だけおおげさで、あまり守らない私たちとは違い、小さい約束でもよく守るのが日本」と付け加えた。

    日本が東南アジアで永いあいだ精魂込めて信頼を積んだという話だ。ヤン教授は「特に日本は慰安婦問題のような過去の歴史を決して後代に残さないとして、我が国を属国として治めた記憶も忘れない。それだけ難しい相手と繰り広げる労力のいる戦いだけに、必ず勝とうとするなら反日ではなく克日をしなければならない」と強調した。

    それと共に「私たちの後代が厳しい韓半島周辺4強から抜け出すには5強が必要だ。その5強がインドネシアと確信する」と主張した。

    オランダの小説「マックス・ハベラー」はインドネシアを350年間植民支配したオランダの総督府官吏が自国と現地土着支配層の横暴を告発する方式で展開する。1860年の刊行後、19世紀オランダ文学最高傑作に選ばれ、知識人の間で広く読まれながらオランダの強硬な植民政策を変える一助になった。
    (後略)

    ジャカルタ=コ・チャニュ特派員

    (韓国語)
    https://www.hankookilbo.com/News/Read/201908120947016198

    【【韓国】「韓国を属国と考える日本のDNA、これから厳しい戦いになる」~韓国外大名誉教授「5強で克服を」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ◆p6L6fkSrzrGe 19/07/29(月)21:29:31 ID:fNs
    A7145087-3BF2-4F62-81CA-FA1C25762AC6

    対韓輸出の規制強化をめぐり、世耕弘成経済産業相は29日の閣議後会見で、中国で開かれている自由貿易圏構想「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」の事務レベル会合で、
    韓国から規制強化の撤回を求められたことを明らかにした。日本側は「適切な場ではない」と指摘し、「国内の輸出管理体制見直しの一環だ」と改めて反論したという。

    世耕氏によると、韓国側の発言は26日の全体の会合であった。輸出規制の強化の「撤回」を求めた韓国に対し、議長国のインドネシアは「RCEPの議論に集中すべきだ」と注意したという。
    27日の日韓2国間の会合でも、韓国側から同様の申し入れがあったという。

     韓国は23~24日にあった世界貿易機関(WTO)の一般理事会でも、日本の措置を批判した。世耕氏は「(日本の措置を)WTOで議論するのもいかがなものかと思うが、RCEPになると
    なお全く関係がない」と指摘した上で、「こういう場で発言を続けていくと、韓国自身が国際的に信頼を失うのではないか」と批判した。

    ヤフーニュース 7/29(月) 18:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190729-00000079-asahi-int
    【韓国さん、RCEPでも輸出優遇除外の撤回を求めてしまい議長国に注意される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2019/06/04(火) 18:09:27.46 ID:fHtI0DWW9
    999E0938-8DA7-48C8-BF44-0A989A919491


    【速報】インドネシアで自爆テロ 警察署の前で自爆に失敗 ISISか 4日 中部ジャワ州スコーハルジョ

    Failed suicide bomber wounds himself outside police station in Indonesia
    Published time: 4 Jun, 2019 08:17
    Failed suicide bomber wounds himself outside police station in Indonesia
    Policemen examine the location after a blast near a police station in Sukoharjo, Central Java province © Antara Foto / Reuters

    A suspected ISIS-influenced militant detonated a bomb in a botched suicide blast outside a police station in Sukoharjo, in Central Java in Indonesia on Monday. The attacker was seriously wounded and hospitalized, but the low-grade explosives weren’t powerful enough to cause any other injuries, police said.

    https://www.rt.com/newsline/461013-indonesia-failed-suicide-bomb/ 

    【【テロ】インドネシアで自爆テロ 警察署の前で自爆に失敗 ISISか 4日 中部ジャワ州スコーハルジョ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2019/04/25(木) 10:59:13.81 ID:CAP_USER
    2019年4月23日、韓国日報は「韓国人の国籍への執着が薄れている」と報じた。

    記事が取り上げているのはインドネシアの事例。インドネシア同胞社会や関連機関によると、韓国国籍を放棄してインドネシア国籍を取得した韓国人は600人を超えたと推算される。10年で2倍に増えており、ここには韓国政府の集計に含まれていない人数も相当数含まれているという。

    また、国籍変更を申請して待機中の韓国人も現在4000人前後に上ると伝えられた。

    近年、韓国人のインドネシア国籍の取得は増加傾向にあり、2014年と15年にはそれぞれ40人ほどだったが、その後、毎年50人台を維持している。国籍変更申請の基準が厳しく、手続きが複雑になり、費用まで上がったにもかかわらず、増加傾向にあるという。

    こうした国籍変更者の増加について、記事は「事業や不動産、税金などの経済的な理由が大きいが、両国間の心理的な壁を崩す交流や協力が反映された結果という解釈もある」と伝えている。

    また、「国籍変更者は経済活動をする中年事業家や会社員、資産家が多く、夫はインドネシア国籍でありながら教育などに敏感な妻と子どもは韓国国籍という『書類上の国際結婚』が増えているなど、インドネシア政府の自国民優遇および現地化優先政策が理由に挙げられる」と指摘している。

    さらに、公務員や警察官などインドネシアの主流社会に進出するために早くからインドネシア人として生きていく若者も増えているといい、韓国語とインドネシア語が堪能なインドネシア国籍の韓国出身の若者らは、インドネシアに進出している韓国企業が好む採用対象でもあるという。

    この他、インドネシアには相続税がないため、財産事業を引き継がせようと親が子どもに国籍変更を勧めるケースもあるようだ。

    記事は、国交正常化46周年を迎えたインドネシアに在住する韓国人が現在、3万1500人程度と推計されることに触れ、「国籍は違っても、一人ひとりがインドネシアと韓国の頑丈な架け橋の役割を担当している」と伝えた。

    これを受け、韓国のネット上では

    「家族のうち1人は韓国国籍を残して韓国からもらえるものはもらいつつ、事業はインドネシアで税金も現地で納めてる」
    「韓国の健康保険を使えないようにして。在外国民の税金虫が多い」
    「とりあえず、韓国に戻ってこないで。それと政府は医療保険法を改正して『黒髪の外国人(韓国人)』を徹底的に選別してほしい」

    など批判的なコメントが寄せられた。 また、

    「インドネシアだけじゃなく貧民国でも自国民を優先してるのに、韓国は外国人優先政策。そんな国に誰が住みたいと思う?経済的に余裕があれば自分も移民したい」
    「現地在住。記事の内容は事実。インドネシアは外国人に対する行政が厳しいけど、韓国は甘過ぎる」

    と韓国の外国人政策への指摘も多く見られた。


    2019年4月25日(木) 10時20分
    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b632322-s0-c30-d0127.html

    【【国籍】インドネシア人になる韓国人が急増?=ネットからは批判の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2019/04/16(火) 14:40:17.20 ID:q9NKpvNC9
    ある人物がインドネシア・中部ジャワ州のスマランにあるニャマトという土地で見つけたガンダム風の石像についてツイートしたところ、Twitter上で大きな話題となっています。

    Penampakan Gundam dari Batu Ini Hebohkan Netizen Indonesia - HiTekno.com
    https://www.hitekno.com/internet/2019/04/14/200000/penampakan-gundam-dari-batu-ini-hebohkan-netizen-indonesia

    話題を呼んでいるのは以下のツイート。記事作成時点で8000回以上リツイートされ、5000回以上いいねされているという人気っぷりです。

    https://twitter.com/wrongindogov/status/1117049561233510400
    no title

    no title


    ツイートに添付されている画像はSNSでのやり取りをスクリーンショットで撮影したもののようで、1枚目には「インドネシア中部ジャワのニャマトでガンダム王国を見つけた!」と記されており、一緒に写っている石像はどこからどう見てもガンダムです。胸部に十字模様があるので「GN-001 ガンダムエクシア」っぽく見えます。
    no title


    2枚目には「地元の人たちはこの石像がマジャパヒト王国時代に作られたと言っていました」と記されています。
    no title


    完全にガンダムにしか見えない見た目ですが、確かにびっしりとコケが生えており、岩と融合しているかのような見た目となっています。

    これに対してインターネット上では、口寄せの術で呼び出したに違いないという意見や……

    「これはメカパヒト王国の……」と、メカとマジャパヒト王国をかけたツイートをする人などが登場しています。

    なお、地元のゲームメディアであるKotakGameは、GN-001 ガンダムエクシアが登場した「機動戦士ガンダム00」が2007年に放送されたアニメ作品であることから、「2007年に作られたガンダムエクシアの石像が2019年に苔むしている可能性は否定できない」と記しながら、「詳細は研究者からの返答を待つしかない」と記しています。

    2019年04月16日 13時00分
    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20190416-gundam-indonesia-ruin/

    【【インドネシア】どう見てもガンダムな石像がインドネシアで発見される 胸に十字「GN-001 ガンダムエクシア」 地元民は数百年前のものと証言 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/03/27(水) 22:40:01.62 ID:CAP_USER
     kr250
      韓国型次世代戦闘機(KFX)事業が乱気流に遭遇している。国際共同開発事業に参加しているインドネシアが現在の契約条件が不利だとし、再協議を要求したためだ。 

      インドネシア現地の軍事専門メディア「ガルド・ナショナル」は27日(現地時間)、インドネシアのウィラント政治司法安保調整担当長官が率いる再協議チームが再協議案を確定後、これをインドネシア下院に報告したと報じた。 

      インドネシアの政府再協議案は韓国に支払う分担金は減らしつつ、技術移転は増やす内容だ。インドネシアは現在、KFXの全体事業費8兆8304億ウォン(約8600億円)の約20%の1兆7338億ウォンを分担することになっている。インドネシアは正確な金額は公開していないが、これを減額すると明らかにした。また、分担金完納期限を2026年から2031年に遅らせるように再交渉する予定だ。 

      インドネシアは自国の経済難を理由に分担金の納付を先送りしている。27日現在、2272億ウォンを出したが、2056億ウォンが未納のまま残っている状態だ。 

      一方、インドネシアは129件の戦闘機関連技術を韓国から得てインドネシアが分担する分知的財産権を確保する方針だ。また、インドネシア国営企業PTDIがIFX(KFXのインドネシア版)を輸出する権利を韓国に要求することにした。 

      KFX再協議は6日、ウィラント長官が鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官に会い、KFX事業について議論した後始まった。 

      21世紀軍事研究所のリュ・ソンヨプ専門研究委員は「インドネシアの再協議は韓国にとって非常に不利な条件」とし、「既存の契約条件もインドネシアが出した分担金と比べると過度に譲歩している」と評価した。 

      これについて韓国防衛事業庁は「現在、交渉が非公開で進行中であるため事実関係を確認することはできない」と明らかにした。 

      ポラメ(タカ)事業と呼ばれるKFX事業はインドネシアと合同で2028年までに4.5世代戦闘機を共同開発することだ。

    中央日報 2019年03月27日 15時12分
    https://japanese.joins.com/article/763/251763.html?servcode=300&sectcode=320

    【【契約条件不利】韓国次世代戦闘機事業に参加したインドネシア、契約条件の再協議要求】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/03/18(月) 13:43:59.64 ID:CAP_USER
    未来の韓国空軍の主力戦闘機として使用される韓国型戦闘機事業の試製1号機が2021年に出庫される予定だ。 

      防衛事業庁は18日、国会国防委員会での業務報告で「航空機システム基本設計を検討した後、現在は試製機製作のための詳細設計を進行中」とし「今年9月に詳細設計を検討した後、2021年に試製1号機を出庫する予定」と明らかにした。 

      インドネシアが共同開発国として参加している韓国型戦闘機事業は開発費に計8兆8304億ウォン(約8800億円)が投入された。このうちインドネシアは20%の1兆7338億ウォンを分担する。 

      一方、2月に韓国航空宇宙産業本社で韓国型戦闘機試製機の最初の部品加工が始まった。「バルクヘッド」という部品で、戦闘機の高速飛行で発生する圧力から航空機の変形を防ぐ役割をする主要構造物だ。

    中央日報 2019年03月18日 13時04分
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=251375

    no title

    「バルクヘッド」

    【【完成できるのか?】韓国型戦闘機事業「試製1号機」 2021年出庫】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/03/14(木) 23:12:38.99 ID:XBBTZVdP9
    1EA6571D-6667-4557-B88E-151936A465FA
     
    金正男氏殺害事件巡る2人に明暗 何が判断を分けた

     実行役とされる2人への判断が分かれた格好だ。

     おととし、マレーシアの空港で北朝鮮の金正恩委員長の兄・金正男 (キム・ジョンナム)氏殺害の罪に問われた2人の女性。彼女たちの明暗ははっきりと分かれた。実行犯の1人とされたインドネシア国籍の
    シティ・アイシャさん(27)は3日前の裁判で検察側が起訴を取り下げ、釈放。一方、ベトナム国籍のドアン・ティ・フオン被告(30)に対しては14日に起訴の取り下げを却下する判断が下され、裁判は継続されることとなった。起訴取り下げを却下したことについて、今のところ検察などから理由は示されていない。しかし、犯行当時の映像を見る限り、アイシャさんは正男氏に触れることはなく、証拠からも彼女のDNAなどは検出されていない。これに対してフオン被告は明らかに正男氏に触っていて、彼女の爪からはVXガスが検出されている。また、インドネシアはアイシャさん釈放に向けて政府が強く働き掛けていたことも判断に影響を与えた可能性がある。


    テレ朝 news(3/14(木) 17:11配信)
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190314-00000064-ann-int

    【【北朝鮮】金正男殺害事件、罪に問われた2人の女性の明暗…何が判断を分けた? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2019/03/09(土) 18:18:37.58 ID:CAP_USER
     kr250
    現地の韓国人社会はSKBの賃金未払いの事態による波紋が、インドネシア内の韓国人企業のイメージ毀損につながることを懸念している。

    ソン・チャングンインドネシア韓国人商工会議所会長は「今年の1月29日、インドネシアの労働長官から(SKB事態関連の)TV放送の映像をもらった。
    この会社は商工会議所の会員ではないが、韓国人のイメージが損なわれかねないので助ける方法を見つけようと答えた」と述べた。

    以後、韓国人商工会議所と縫製協議会は5回にわたってインドネシア労働部と協議し、解決策を模索してきた。

    NAVER(韓国語)
    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc id1%3D111%26rankingType%



    【【韓国】インドネシアで韓国人社長が大金持って逃亡 → 現地韓国人社会「韓国人のイメージ悪化を避けるために問題解決に乗り出すべき」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2019/03/07(木) 17:28:48.85 ID:CAP_USER
    「韓国人社長、給料日に数十億ウォン持ってて飛び出す」 インドネシアの労働者3000人鬱憤

    no title


    縫製会社SKBで12年働いたアートーン・タイティーニ(左)氏は、
    お金がない自分の境遇を話すほど顔が不機嫌になった。

    社長のキム某(69推定)氏は、昨年10月5日の給料日に突然姿を消した。
    数ヶ月前に給料を削りはじめる時から韓国人の従業員8人もちらほらと消え始めた。
    その後も注文が入ってきて仕事を続けた。11月に最後の韓国人職員もお金を持って消えた。
    社長キム氏と一緒に消えたお金は900億ルピア(約72億ウォン)。
    ここでの労働者2万6,706人に給料を与えても、残る金額である。

    NEWS NATE(韓国語)
    https://news.nate.com/view/20190307n02115?mid=n1006

    【【いつものこと】韓国人社長が7億円持って夜逃げ 他の韓国人職員もお金を持って逃亡 インドネシアの労働者3000人激怒 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: WATeR ★ 2019/02/25(月) 17:04:32.44 ID:y3UTQZCv9
    no title


     エネルギー鉱物資源省傘下の石油・ガス上流事業監督機関SKKミガスは21日、 スペイン石油ガス大手レプソルと三井石油開発などが共同で掘削に取り組む、南スマトラ州陸上のサカクマン鉱区のガス埋蔵量が最大で570億立方メートルに達する見通しを示した。ミガスは「過去20年間の発見では最大級」の大規模ガス田としている。予想通りに開発が進めば、長期的な液化天然ガス(LNG)供給や、日本などへの輸出産業としての持続に寄与しそうだ。

     掘削はレプソル(保有権益45%)がオペレーターを務め、マレーシア系ペトロナス(同45%)、三井石油開発子会社(10%)が参加する。昨年8月から、南スマトラ州ムシ・バニュアシン県にあるサカクマン鉱区試掘井の掘削を本格化させ、このほど深さ2430メートル地点でガス田を発見した。
     現在は採掘のテスト段階だが、今後5年程度のスパンで開発プラントを建設し、安定的な生産環境を整備していく方針だ。
     非石油メジャーのレプソルはアジアでの事業を強化。18日には、三井石油開発との共同応札を通じて南スマトラ州南サカクマン鉱区権益を取得(レプソル権益80%、三井石油開発20%)。両社は昨年7月から、同州東南ジャンビ鉱区開発にも取り組んでいる。
     インドネシアは石油の輸入量が輸出量を上回る純輸入国だが、現状輸出超過のLNGに関しても、産業発展を背景に今後10年以内に純輸入国に転落するという見通しがある。国営電力PLNも石炭火力発電所新設に対しては環境配慮の面から慎重で、代替エネルギーとしてガスに注目しており、消費が増えそうだ。
     貿易収支悪化に直結しかねない状況の中、政府は石油・ガス投資を促している。ハイリスクな事業になるため、油田を発見した際には、開発参加の企業連合と政府側の間の円滑な調整を前提とした、安定的な生産が望まれる。
     ミガスのドゥイ・スチプト長官は「今回の発見により、スマトラ島南部・中央部に広がる地下ガス田への新たな探査の可能性が広がる」と期待を見せる。
     昨今の米中貿易摩擦、報復関税により米中両国の石油・LNGの直接取引が減っている。貿易摩擦が形を変えて長期化する懸念もくすぶり、また原油価格も安定しない状況が続く。LNGのスポット(随時契約)輸出に対応できるような安定生産体制を維持するためにも、鉱区の開発や投資促進は待ったなしの状況だ。(平野慧)

    じゃかるた新聞
    https://www.jakartashimbun.com/free/detail/46472.html

    【【インドネシア】「最大級」ガス田開発へ レプソル・三井石油開発参画 南スマトラ・サカクマン鉱区 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2019/02/20(水) 13:55:29.78 ID:SU9nMeqA9
    kr250

    2019年2月19日、韓国・中央日報は「大宇(テウ)造船海洋が進めている対インドネシア潜水艦輸出計画が秒読みに入った」と報じた。総契約規模は12億ドル(約1329億円)に達するという。

    記事は、軍事安保専門ウェブメディア「HIS Jane’s 360」の報道を引用。インドネシア海軍が韓国海軍の「張保皐(チャン・ボゴ)」(1200トン級)を改良した1400トン級潜水艦3隻の導入を決め、交渉の最終段階に入ったと伝えている。防衛産業業界では来月中に契約がまとまるものと期待されている。大宇造船海洋は昨年10月にインドネシア国営PT PAL造船所に技術協力センターを設置し、同造船所と企業連合組成の協約を結んでいるという。

    インドネシアは2011年の潜水艦導入事業でも、大宇造船海洋と11億ドル規模の契約を結んでいる。記事は「その点も今回の交渉で有利に作用した」としている。今回の事業を大宇造船海洋が受注すれば、インドネシア海軍が導入を決めた潜水艦12隻のうち半数の6隻を韓国製が占めることになる。政府関係者は「インドネシア防衛産業の輸入はロシアへの依存度が高いが、潜水艦は韓国の技術力が高く評価されている。政府レベルで防衛産業外交を後押していく」とコメントしている。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「これが韓国国防の力。誇らしい気分だよ!」「うれしいニュースだ。実現を祈ります」「防衛産業は国力の象徴だし、技術の波及も大きい。積極的に育成すべきだ」「日本は悔しいだろうな」「インドネシアやタイでは日本車が人気で7割以上を占めているはず。潜水艦や航空機を輸出し協力して生産できれば快挙だよ。政府の外交的な後押しもあっただろうね」などの喜びの声が挙がっている。

    一方で、「既に取引があった件の追加注文なのに、政府の手柄みたいに(笑)。むしろ、政府は戦闘機事業をフイにしたよね」「雇用を創出すると言って54兆ウォンをつぎこんだのに、逆に雇用を減らした大統領。そのお金があったらこんな潜水艦がたくさん造れたよ」などとするコメントも多く寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=688866&ph=0&d=d0144
    【【べつに】韓国がインドネシアに12億ドル規模の潜水艦輸出へ=韓国ネット大喜び「日本は悔しいだろうな」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: SQNY ★ 2018/12/12(水) 22:41:00.86 ID:CAP_USER
    ・K-POPグループの出演CM、「みだら」として放映禁止 インドネシア

    解説動画:https://youtu.be/ky2JjEV8-_o



    【12月12日 AFP】世界最多のイスラム教徒人口を抱えるインドネシアで、韓国の人気ガールズグループ「BLACKPINK(ブラックピンク)」のメンバー4人がミニスカート姿で登場するテレビコマーシャルが、みだらだとして放映禁止処分となった。

     インドネシア放送委員会(IBC)は11日夜、ブラックピンクが出演している同国のオンライン通販「Shopee(ショッピー)」のコマーシャルの放映中止を国内テレビ11局に命じた。この措置に先立ち、放送中止を同委員会に求める10万人以上の署名が集まっていた。

     IBCの委員長は声明で「企業はコマーシャルを制作する際、インドネシア人が否定的に捉える物事と自社製品を結び付けないよう注意しなければならない」と述べた。

     ショッピー側は委員会の声明について「非常に貴重な指摘だ」と受け止めながらも、政府の他の機関から事前に放映許可を受けていたことを補足した。

     一方、インドネシアの同グループのファンらは「こういう格好をした女性は、インドネシアのどのショッピングモールにもいる。みだらでなど全くない」などと述べ、今回の措置を非難している。 

    ・Petitioned for its Blackpink commercial in Indonesia, Shopee replied: “We've wrapped that up”
    no title


    (インドネシアで放映禁止処分を受けた、韓国の人気ガールズグループ「BLACKPINK(ブラックピンク)」のメンバーが、ミニスカート姿で登場するコマーシャル)
    no title

    2018年12月12日 21:57 AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3201760?act=all
    【【インドネシア】K-POPグループの出演CMが「みだら」として放映禁止[ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: SQNY ★ 2018/11/20(火) 16:06:46.48 ID:CAP_USER
    ・インドネシアで吹き荒れる「モラルパニック」 標的はLGBT

    【11月20日 AFP】人口2億6000万人の世界最大のイスラム教国インドネシアに今、「モラルパニック(モラルや社会秩序を逸脱していると見なした特定の集団に多数の人々が激烈な反応を示すこと)」の嵐が吹き荒れている。来年行われる選挙戦を前に、イスラム強硬派によって政治的につるし上げられているのは、普段から標的とされやすい性的少数者(LGBT)だ。逮捕者も相次ぎ、LGBTコミュニティーに不安が広がっている。

     インドネシアでは、LGBTは常に不道徳だとそしられてきた。だが、ここ最近の政治的弾圧の背景には、宗教的な保守化が進行していることが挙げられる。中には、性的少数者を拘束して「更生させる」権利を要求する政治家まで現れるなど、強力なイスラム強硬派が率いるこうした変化によって、穏健派のイスラム教国というインドネシアのイメージも様変わりしてきている。

     西ジャワ(West Java)州では最近、地元自治体がいくつかのモスク(イスラム礼拝所)に対し、同性愛の「危険性」に関する説教を行うよう要請。一方、会員8000万人を抱える国内最大のイスラム教組織「ナフダトゥル・ウラマー(Nahdlatul Ulama)」は、同性愛に対する取り締まりを要求している。

     さらにジョコ・ウィドド(Joko Widodo)大統領が再選を狙って共に戦う副大統領候補に選んだ相手が、同性愛者を非難する発言で知られる保守派のイスラム教指導者であることから、LGBTコミュニティーはますます懸念を強めている。

     米調査機関ピュー・リサーチ・センター(Pew Research Center)が2013年に行った調査では、インドネシアのイスラム教徒の72%が、同性間の性行為を禁じたイスラム法を世俗法の代わりに導入することに賛成し、今年行われた調査では、国民の90%近くがLGBTコミュニティーに「脅威」を感じると回答した。

    「(総選挙の実施によって)政治的なスケープゴートが増えかねない」と言うのは、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)の研究員、カイル・ナイト(Kyle Knight)氏だ。「政治家が発した言葉による脅しがたちまち、物理的な攻撃に姿を変えてしまう」

    ■「今の状況は間違っていると言える指導者が必要」

     インドネシアでは同性愛は合法であるにもかかわらず、警察は昨年、反ポルノ法違反などを理由に少なくとも300人の性的少数者を逮捕した。

    「法執行機関による憎悪に基づく職権乱用を、多くの人が通常の措置と見なしている現状は憂慮すべきだ」と、国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)インドネシア支部のウスマン・ハミド(Usman Hamid)事務局長は警鐘を鳴らす。

     HRWによると、LGBTコミュニティーに対する一連の弾圧は、2016年にモハマド・ナシール(Mohamad Nasir)高等教育相が、大学でLGBTの学生団体の活動を禁じたことに端を発する。以来、警察はLGBTの人々を摘発するため、ナイトクラブ、サウナ、ヘアサロン、ホテル、一般住居にまで踏み込んで捜査を行ってきた。

     当局は批判に動じない。西スマトラ(West Sumatra)州のナスルル・アビット(Nasrul Abit)副知事は、「LGBT(行為)は非常に有害であり、われわれはそれを撲滅するよう不断の努力を行っている」と主張している。

     インドネシア議会は、同性愛も含めた婚外性交渉を犯罪と見なす法案を検討しており、保健省は、同性愛を精神疾患に分類する医療指針の導入計画を発表した。

     当局は、ソーシャルメディアも標的にしている。先ごろ、LGBTコミュニティーのフェイスブック(Facebook)ページにリンクを張ったとして、男性2人が逮捕された。米グーグル(Google)は今年1月、インドネシア政府の要求に応じて自社のインドネシア版オンラインストアから、世界最大の同性愛者向けデートアプリを削除した。

     ジョコ大統領はじめ、再選を目指す政界の有力者が、インドネシア社会で忌み嫌われている性的少数者を擁護する見込みは少ないと、HRWのアンドレアス・ハルソノ(Andreas Harsono)氏は語る。「これは間違っていると言う勇気を持つ指導者をわれわれは必要としている」

    (ジャカルタ郊外で行われた反LGBTデモ)
    no title


    2018年11月20日 13:38 AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3198362?act=all

    【【インドネシア】イスラム教国のインドネシアで吹き荒れる「モラルパニック」【 標的はLGBT】 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2018/11/08(木) 20:07:49.25 ID:CAP_USER
    【ジャカルタ(共同取材団)、ソウル聯合ニュース】韓国航空宇宙産業(KAI)は8日、インドネシアと1000億ウォン(約102億円)規模の輸出契約を交わしたと発表した。

    208E3FE1-074F-4DC6-BA4F-F56C471EAB8D

    契約書に署名する金照源氏(右)とインドネシアの当局者=(国防部共同取材団=聯合ニュース)

    KAIの金照源(キム・チョウォン)代表とインドネシア国防部の当局者はこの日、ジャカルタで開かれた防衛産業展示会で契約式を行った。

     修理用の部品を含む3機の初等練習機KT1Bを追加で供給し、インドネシア空軍が現在運用中のT50i航空機にレーダーと機関銃を装着する内容が骨子。 
     KT1Bは韓国空軍が使用するKT1のインドネシア輸出モデル。同国への輸出は2001年から08年にかけて3回行われており、今回が4回目。インドネシア空軍は同機を航空ショーでも使用している。

     一方、韓国造船大手の大宇造船海洋は前日、同展示会の会場で、インドネシアの国有造船会社PTパルと潜水艦3隻の追加建造事業受注のためのコンソーシアム構成協約を結んだ。 
     大宇造船海洋は2011年にインドネシアと3隻の潜水艦の輸出契約を締結している。韓国海軍の209型を改良した1400トン級の潜水艦を輸出したことで、韓国は世界で5番目の潜水艦輸出国になった。

    聯合ニュース 2018-11-08 19:02
    http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20181108003600882&domain=6&ctype=A&site=0100000000


    【【懲りないね】韓国 インドネシアと練習機3機など輸出契約】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2018/10/24(水) 09:27:43.76 ID:CAP_USER
     kr250
    2018年10月22日、韓国軍が8兆ウォン(約8000億円)以上の資金を投入して進めてきた韓国型戦闘機(KF‐X)開発事業をめぐり、協力国のインドネシアが昨年から負担金3000億ウォン台を納めていないことが分かり波紋を呼んでいる。

    さらに、韓国・JTBCによると、インドネシアが負担金の減額と自国兵器の購入まで要求していたことも分かった。  

    記事によると、インドネシアは李明博(イ・ミョンバク)政権の2010年、費用の20%を負担する代わりに戦闘機1台と一部の技術提供を受けるという条件で同事業に参加した。 

    ところが、昨年(1389億ウォン)と今年上半期(994億ウォン)の分を未納し、今月末が締め切りの993億ウォンに関しても「未納する」と通知してきたという。 

    これについて、記事は「明らかな契約違反」としつつも「11年と15年に結ばれた契約には、違約金などの制裁規定が記されていない」と指摘。また「2度の負担金未納で契約を破棄することは可能だが、韓国の負担が増えるだけで実益がない」と説明している。  

    一方インドネシアは、負担金の削減と自国の輸送機CN‐235の購入を提案するため契約の再交渉を要求したという。 

    記事は「一方的な契約違反をしたインドネシアが兵器の購入まで要求しても、お粗末な契約書のため韓国軍と防衛事業庁は正式に抗議すらできない」と指摘。さらに「むしろ輸送機を下見したことが確認された」とも伝えている。  

    これに、韓国のネットユーザーからは 

    「韓国政府はなぜ対策を立てておかなかった?」 
    「李元大統領はいまだに韓国国民を失望させている。今後数十年はこういう裏切り行為が続くだろうから油断してはいけない。そして李元大統領を隅々まで捜査すべき」 
    「李元大統領は裏でいくら受け取っていた?」 

    など契約当時の政府に対する批判の声が続出している。一方で 

    「昨年から未納ということは、米韓外交の亀裂によるインドネシアの不安の高まりが原因では?」 
    「北朝鮮と仲のいい文在寅(ムン・ジェイン)大統領はだんだん世界から無視されるようになってきた」 

    と現政権の問題を指摘する声も。 また 

    「すぐに契約を破棄するべき」 
    「負担金はいらないから技術移転しないで」と訴える声や、 
    「単独開発すればいい。インドネシアの負担金は公務員の年金を削ればすぐ補える」 

    と提案する声も多く上がっている。 

    2018年10月24日(水) 9時10分
    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b655498-s0-c10-d0058.html

    【【韓国型戦闘機開発】インドネシアの契約違反に韓国が抗議できない理由=韓国ネット激怒】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ◆ciadbU3kq9FF 2018/10/23(火)18:52:56 ID:OqX
     kr250
    【10月23日 AFP】
    インドネシアで開催されているサッカーAFC U-19選手権(AFC U-19 Championship 2018)において、韓国国歌の代わりに誤って北朝鮮の国歌を流され、韓国の選手があぜんとする一幕があった。

    インドネシア・ブカシ(Bekasi)市にあるパトリオットスタジアム(Patriot Stadium)で行われたヨルダン戦の試合前、韓国の選手は胸に手を当てて横一列に整列していた。ところが、同国の国歌の代わりに北朝鮮の国歌が鳴り響くと、選手たちは表情が固まり沈黙してしまった。

    韓国のコーチ陣が間違いを指摘すると正しい国歌が流されたものの、同国は試合が終わった22日夜に大会側に抗議。
    大韓サッカー協会(KFA)は23日、アジアサッカー連盟(AFC)に対して正式に抗議する意向を表明し、「愛国歌(韓国国歌)の代わりに北朝鮮の国歌が流されたのは、サッカーのどのレベルの国際試合においても前代未聞のことである」とのコメント文を発表した。

     朝鮮半島の政治問題をめぐり、スポーツの大会主催者が混乱をきたすのはこれが初めてのケースではない。2012年ロンドン五輪では、英グラスゴーで行われたサッカー女子のグループリーグで、北朝鮮代表チームが韓国国旗の映像の横で紹介され、試合前にピッチを去るという騒ぎがあった。


    AFP 2018年10月23日 17:07 発信地:ソウル/韓国
    http://www.afpbb.com/articles/-/3194351

    【【サッカー】韓国代表の試合で北朝鮮国歌、サッカー協会がAFCに正式抗議へ=AFC U-19】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ◆ciadbU3kq9FF 2018/10/22(月)19:28:24 ID:jMs
    id250
     
    韓国と次世代戦闘機(KF-X / IF-X)の共同投資・開発事業を進めてきたインドネシアが、新興国の金融不安などによる財政的負担を理由に再交渉に乗り出すことを決めた。
    インドネシアは韓国型戦闘機(KF-X)開発費8兆5000億ウォン(約8500億円)のうち、20%に当たる1兆7000億ウォン(約1700億円)を負担することになっており、2026年までの開発計画に支障が懸念される。
    韓国型戦闘機の開発が遅れれば、国内の開発・製造会社である韓国航空宇宙産業(KAI)などの防衛産業への打撃はもちろん、F-4、F-5など古い戦闘機の退役に伴う戦力の空白もあり得る。

    現地メディアや関連当局が21日に明らかにしたところによると、インドネシアのウィラント政治・治安担当調整相は19日、記者らに対し、インドネシア政府がKF-X / IF-X事業の参加条件を再交渉することに
    したと発表したとのことだ。ウィラント調整相は「国の経済状況を考慮して、(ジョコ・ウィドド)大統領が再交渉を決定した。したがって、我々は財政関連事項でインドネシアの負担が減るよう再交渉をする」と述べた。

    ウィラント調整相はそのために特別チームを別途組織し、直接交渉を陣頭指揮することにしたという。インドネシアは、全開発費の20%を投資して試作機1機と各種技術資料の提供を受けた後、次世代戦闘機
    50機をインドネシアで現地生産する計画だった。

    (略)

    朝鮮日報 2018/10/22 08:44
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/22/2018102200553.html

    【【国際】インドネシア、韓国との戦闘機共同開発投資を削減へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ニライカナイφ ★ 2018/10/06(土) 22:36:16.40 ID:CAP_USER9
    インドネシア・スラウェシ島で起きた地震と津波の被災地支援で、航空自衛隊のC130輸送機が6日、被害の大きかった中スラウェシ州のパルに到着した。
    国際緊急援助隊として、同島の西にあるカリマンタン島から、国際協力機構(JICA)を通じ供与するテントや浄水器、発電機の救援物資計9トンを現地に届けた。

    到着した自衛隊員たちは、インドネシア軍関係者ら大きな歓迎を受け、握手や記念撮影をした後、協力して荷物をおろした。
    再びカリマンタン島に戻り、7日以降は、インドネシア側からの要請に応じて食料などをパルに輸送する。

    地震は9月28日に発生。
    被災地では住宅の倒壊などで7万人超が避難生活を余儀なくされている。
    水や食料、燃料といった生活必需品がまだ不足している。

    輸送の指揮に当たる太田将史1等空佐は、空からみた被災状況について「沿岸地帯の津波被害が甚大だ」と指摘。
    各国の救援物資や輸送隊が集まっている、カリマンタン島バリクパパンでは「(インドネシアと各国が)緊迫して救援の調整に当たっている」とし、効率的により多くの物資を輸送することに意欲を示した。

    パルの空港に到着した航空自衛隊のC130輸送機から救援物資を運び出す隊員とインドネシア軍の関係者ら=6日、インドネシア・スラウェシ島(共同)
    no title

    産経新聞
    http://www.sankei.com/world/news/181006/wor1810060012-n1.html

    【【インドネシア地震】自衛隊が救援活動開始 被災地で支援物資輸送 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル