かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:オブザーバー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ttongsulian ★ 2021/03/23(火) 10:06:51.99 ID:CAP_USER
    muntyuusya

    文在寅大統領と夫人の金正淑女史が23日午前、ソウル鍾路区の保健所でアストラゼネカ(AZ)ワクチンを接種した。

    この日は満65歳以上を対象にアストラゼネカワクチンの接種が行われる初日で、文大統領は満68歳、金女史は満66歳だ。

    文大統領のワクチン接種は来る6月11~13日にイギリスで開かれるG7(主要7ヶ国)首脳会議出席のために行われた。

    疾病管理庁は公務出張などの必須目的出国時、ワクチンをまず接種することができるようにしている。

    ソ・フン国家安保室長やユ・ヨンサン大統領警護処長、キム・ヒョンジン安保室2次長、タク・ヒョンミン儀典秘書官、シン・ジヨン第1付属秘書官、チェ・サンヨン第2付属秘書官、カン・ミンソク報道官、第1付属室行政官及び警護処職員などG7首脳会議を共にする必須随行員9人もこの日一緒に接種した。

    2021-03-23 09:10 聯合ニュース
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20210323027300001


    【【韓国】6月のG7首脳会議に出席…文大統領夫婦がアストラゼネカワクチンを接種】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2021/01/26(火) 00:50:41.48 ID:CAP_USER
    kr250
    ドナルド・トランプ元米国大統領が再選に失敗することにより、韓国が損をする分野が一つあるとしたら、それは恐らく、最高の先進国クラブである主要7カ国(G7)加入である。

    トランプ元大統領は、韓国のG7加入を強く支持していた心強い味方だった。韓国のG7加入の議論は、昨年5月にトランプ大統領が「現在のG7の構成は旧式」としながら「韓国、オーストラリア、ロシア、インドをG7サミットに招待したい」と述べていた。

    トランプ元大統領の招待にムン・ジェイン(文在寅)大統領が応えながら、議論は本格的に弾みがついた。カン・ミンソク(康ミン碩)大統領府報道官は当時、「文大統領が出席するならば、一時的なものではない。G11もしくはG12と呼ばれる新しい体系の正式メンバーとなるだろう」とし「国格上昇と国益に大きな助けになるだろう」と強調した。

    しかし韓国のG7加入は、既存加盟国の反対にぶつかった。ドイツのハイコマス外相が昨年7月に地元日刊紙とのインタビューで、「私たちは、G11やG12を必要としない」と明らかにしたのが代表的である。

    これに対し、カン・ギョンファ(康京和)外交部長官は、直接ドイツまで行きハイコマス外相に会ったが、G7サミットに一回の参加を歓迎するという答えを得ただけで、G7の枠組みを拡大して、正式メンバーとして受け入れる問題に対しては何の進展もなかった。

    以降、新型コロナウイルス感染症の事態で、昨年G7首脳会議がキャンセルされ、水面下でおさまった加入議論はトランプ前大統領の再選失敗もあり、うやむやになった。


    このような状況の中、今年G7議長国である英国のボリス・ジョンソン首相が6月に開かれるG7サミットに韓国とオーストラリア、インドを参観国に招待すると明らかにし、希望が見えてくる。

    ジョンソン首相は16日、「今年G7サミットを6月11日から3日間、英国南西部コーンウォールのカービス湾で開催することにした」とし「会議に韓国・オーストラリア・インド招待する」と述べた。

    25日、ブルームバーグ通信は、新型コロナ防疫成功と輸出好調に支えられ、韓国の昨年の1人当たりの国民総所得(GNI)がイタリアを抜き史上初のG7に進入することが予想されると報じた。韓国がG7に加入する確率が高くなっているのだ。

    WOWKorea 2021/01/25 21:59配信
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0125/10285657.html


    【【アホの韓国】「G7加入の夢」が見えてくる=韓国記者の目】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2021/01/22(金) 17:37:19.43 ID:CAP_USER
    no title


    【ソウル聯合ニュース】英国のジョンソン首相は22日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に親書を送り、6月に英国で開かれる主要7カ国(G7)首脳会議に韓国を正式に招待した。青瓦台(大統領府)の康珉碩(カン・ミンソク)報道官が伝えた。

     英国は16日(現地時間)、G7首脳会議を対面方式で開催するとの方針を発表し、韓国、オーストラリア、インドをゲスト国として招待すると明らかにした。

     ジョンソン首相は親書で「世界は今年、新型コロナウイルス克服、カーボンニュートラル(炭素中立)と気候変動への対応、自由貿易擁護などにまい進しなければならない」とし、「こうした議論に韓国の声が反映されることが重要だ」と強調した。

     これに対し、文大統領はG7首脳会議が重要な成果を挙げるために寄与するとの趣旨の返信を送る予定だという。

     青瓦台の関係者は「文大統領がG7首脳会議に直接出席するということか」との質問に、「そう考えても差し支えない」と説明した。

     また、ジョンソン首相は5月にソウルで開催されるグリーン成長とグローバルゴールズ2030のためのパートナーシップ(P4G)首脳会談に関連し「招待に感謝し、参加を約束する」と明らかにした。

     韓国政府はP4G首脳会談を対面で行う計画だ。


    記事入力 : 2021/01/22 17:11 記事元 聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/01/22/2021012280216.html


    【【主要7カ国首脳会議】英国首相 韓国をG7首脳会議に招待(ゲスト国)=文大統領に親書】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル