かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:クルド

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 樽悶 ★ 2019/03/31(日) 01:38:52.32 ID:K5Fkxklc9
     【カイロ=奥田哲平】シリア東部で過激派組織「イスラム国」(IS)の最後の拠点バグズ村が今月下旬に制圧されたのを受け、ISに拉致されたイラクのクルド人少数派ヤジド教徒の救出活動が活発化している。支援団体によると、二月上旬以降に女性や子ども約百五十人が発見され、家族に引き渡されたという。

     ISは二〇一四年八月にイラク北部シンジャールで、ヤジド教徒の女性ら約七千人を拉致。女性は主に性奴隷として売買され、子どもは軍事訓練を受けて戦闘員に仕立てられた。今も約三千人の消息がわかっていない。

     ISが最後の支配地域として立てこもったバグズ村では、二月上旬からクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍(SDF)」による掃討作戦が本格化。これまでに六万人以上が脱出。そのうち五千人がIS戦闘員で、その家族は三万人近くに上る。難民キャンプに到着して身元確認を受ける中で、IS戦闘員の家族となったヤジド教徒が名乗り出ているという。名乗り出た教徒は、国境でSDFからイラク側に引き渡される。

     救出活動に奔走するヤジド教徒のハリド・ターロさん(46)は「同胞を助ける大きなチャンス」と期待し、身元を引き受ける家族を捜したり、受け渡しに立ち会う。ターロさん一家も十九人が拉致され、いとこら九人が行方不明のまま。妹ライラさん(31)は一七年の解放後にISの残虐性を告発し、昨年の「マザー・テレサ社会正義賞」を受賞した。

     ハリドさんによると、性奴隷となってイスラム教に改宗させられた女性は名乗り出るのを恐れる傾向にある。「女性たちは『ISの子どもを産んだ女性を家族は認めない』などと脅されている」。IS戦闘員の家族として処罰される可能性もあり、「収容所などに送られれば、取り戻すのは難しくなる」と救出を急ぐ。

     解放後の支援も課題だ。今月上旬に見つかったマーゼム君(13)は九歳の時に拉致され、IS戦闘員の手伝いとして働かされていた。父は殺害され、きょうだい四人は行方不明のまま。ハリドさんは「生存者として祝福される一方で、ISに洗脳された思想が残り、頭の中が混乱しているようだ」と話し、リハビリの必要性を強調する。

    <ヤジド教徒> ゾロアスター教(拝火教)やキリスト教などがまじった独自の宗教を信仰する。イラク北部シンジャールに約60万人が暮らしていたが、「イスラム国」(IS)が2014年8月に侵攻。不信心者とみなして殺害や奴隷化を正当化し、女性や子どもら7000人を拉致した。被害を告発したナディア・ムラドさん(26)が昨年のノーベル平和賞を受賞した。

    東京新聞 2019年3月30日 朝刊
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201903/CK2019033002000148.html

    【【中東】クルド少数派のヤジド教徒救出、活発化 3000人消息不明 「ISに洗脳された思想が残り、頭の中が混乱しているようだ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: チンしたモヤシ ★ 2018/12/31(月) 10:34:40.80 ID:CAP_USER9
    no title

    【12月29日 AFP】シリア政府軍は28日、同国北部の対トルコ国境付近の要衝マンビジ(Manbij)周辺に部隊を展開させた。クルド人勢力を支援するための動き。米軍のシリア撤退が先週発表されたことを受け、同盟関係が急速に変化している。

     マンビジには2016年からクルド人勢力が部隊を配置し、米国主導の有志連合軍も駐屯している。マンビジ当局の幹部はAFPに対し、シリア政権側の展開はロシアが後押しした交渉の結果だと述べた。

     シリア政府軍は市内に旗を掲げたと発表したが、マンビジ幹部は、政権側部隊は市内に入らず、トルコが支援するシリア人部隊との境界線上に展開すると説明。米軍も、政府軍は市内には入っていないと言明した。

     トルコはシリア政府軍の展開に対し、「すべての側が挑発的な行動を自制しなければならない」と警告。一方、マンビジ西端では28日のうちに、トルコが支援するシリア人部隊の大規模な車列が見られた。

     シリアをめぐっては、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が先週、米軍撤退という衝撃の発表をしたことで、クルド人勢力が孤立する情勢となっていた。

     米国がシリア国内でのイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」との戦いを支援する間、クルド人民兵組織「クルド人民防衛部隊(YPG)」は先鋒役として同盟勢力の主軸となってきた。

     クルド側は今回の政府軍の進軍を歓迎。自治獲得の希望は大きく後退することになるが、損害を抑えるため、同盟相手を変える現実的な選択をした形。

     YPGは「われわれの部隊が撤退した地域、とりわけマンビジにおける支配を奪還するとともに、これらの地域をトルコの侵略から防衛するため(中略)われわれはシリア政府軍を招き入れる」と表明した。

    AFP
    http://2ch.io/www.afpbb.com/articles/-/3204521
      【【米軍撤退】シリア政府軍、クルド部隊支援で北部マンビジに展開 同盟関係に変化 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/12/25(火) 04:28:39.32 ID:CAP_USER9
    tr250

    トルコ、対シリア国境に軍を増派 一部はシリアに進入との報道
    2018年12月24日 21:20 
    発信地:アンカラ/トルコ [ トルコ シリア 中東・北アフリカ 米国 北米 ]

    【12月24日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が、内戦下のシリアから米軍の撤収を命じたことを受けて、トルコのメディアは24日、トルコ政府が対シリア国境に増援部隊を派遣したと報じた。

     アナトリア通信(Anadolu)は、砲火器を装備したトルコ軍の車列および複数の部隊が、シリアと国境を接するキリス(Kilis)県エルベイリ(Elbeyli)に配備されたと報道。

     一方、民間のイフラス通信(IHA)は、軍の増強が「徐々に」実施され、車列の一部はシリアに入境したと伝えている。
     
     また日刊紙ヒュリエト(Hurriyet)は、今回の増派は先週末始まり、車両100台前後がシリア北部のアルバブ(Al-Bab)に進入したと報じた。

     この車両は、米軍の支援を受けるクルド人民兵組織「クルド人民防衛部隊(YPG)」が支配下に置く、シリア北部のジャラブルス(Jarabulus)とマンビジ(Manbij)へ向かっているという。

     YPGについてトルコ政府は、同国内で反政府活動を行っている非合法武装組織「クルド労働者党(PKK)」の分派である「テロ組織」と位置付けている。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3203920?act=all 
    【【トルコ】対シリア国境に軍を増派 一部はシリアに進入との報道 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: SQNY ★ 2018/11/27(火) 22:04:48.73 ID:CAP_USER
    no title

    ・シリア東部でISが猛攻、クルド民兵92人死亡 双方の死者200人超に

    【11月27日 AFP】在英NGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」は26日、米国主導の有志連合が支援するクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍(SDF)」がシリア東部でイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の大規模な攻撃を受け、これまでにSDFの戦闘員92人が死亡したと明らかにした。単一の戦闘によるSDFの死者数としては2015年のSDF創設以降で最多だという。

     監視団によると、約500人規模のIS戦闘員が23日、SDFに奇襲を仕掛けた。有志連合側も、一時ISに奪われたSDFの陣地を奪回するため空爆を実施し、IS戦闘員少なくとも61人と、民間人51人が死亡した。民間人の大半はIS戦闘員の親族とみられている。

     一連の戦闘による双方の死者は200人を超えた。

     SDFは有志連合の支援を受けてシリア領内のIS掃討作戦に参加している。ISは現在拠点としているシリア東部デリゾール(Deir Ezzor)県のハジン(Hajin)周辺で、被害を最大化させるべく個人や集団による自爆や潜伏工作員による攻撃を繰り返している。

    ■攻略は難航か

     シリア人権監視団のラミ・アブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表は、SDFがハジンのIS攻略を始めた今年9月10日以降、SDF側の死者は今回の92人を含めて452人になったと述べた。

     ISはこのところ激しい抵抗を見せているが、これは、気象条件が悪く有志連合の空爆が妨げられているからだという。有志連合は24日、気象条件によって空爆に制約を受けていることを認めた。

     監視団は、ハジンのIS攻略開始以降死亡した民間人は284人に上り、その多くは空爆の犠牲になったとしている。有志連合は、空爆で死亡したとみられる民間人のうち一部しか認めないのが通例だ。

     欧州大学院(European University Institute、EUI)のシリア専門家、トーア・ハミング(Tore Hamming)氏は、昨年SDFがISから奪還したシリア北部の都市ラッカ(Raqa)のような狭い場所とは異なり、ハジンでISを包囲するのは難しいと指摘する。

     ハミング氏は、ISはシリア政府やクルド人よりも土地勘があり、地元住民の支援もより多く受けている説明し、ISには経験を積んだ戦闘員が多く、現在の拠点を失えば後がないという認識が激しい抵抗につながっていると述べた。

    2018年11月27日 13:08 
    AFP 
    http://www.afpbb.com/articles/-/3199309?act=all
    【【IS反撃】シリア東部でISが猛攻 クルド民兵92人死亡 双方の死者200人超に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/05/02(水) 23:59:04.63 ID:CAP_USER9

    2018年5月2日 13:20 発信地:アルタナク/シリア
    【5月2日 AFP】クルド人とアラブ人の合同部隊「シリア民主軍(SDF)」は1日、シリア東部の砂漠地帯に残存するイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の掃討作戦が最終段階に入ったと発表した。シリア民主軍を支援する米国もこれを認めた。

     シリア民主軍は米主導の有志連合が支援するクルド人が主体の合同部隊で、これまでシリアの広域をIS勢力から奪還してきた。だがISは石油資源が豊富な東部デリゾール(Deir Ezzor)など国内の複数地域に現在も残留しているとみられる。

     ISの掌握下にあるとみられるのは、デリゾール県を横断するユーフラテス川(Euphrates River)東岸からイラク国境までの一帯と隣接するハサカ(Hasakeh)県の南部にある数十の村落。

     シリア民主軍は1日の声明で、これらの地域からIS残存勢力を排除すべく同軍は有志連合軍とともにIS掃討の最終軍事作戦を開始したと発表した。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3173265?act=all 

    【【シリア】米支援のクルド人シリア民主軍、IS掃討で「最後の戦い」を開始 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/03/24(土) 21:29:09.33 ID:CAP_USER9

    2018年3月24日 17:37 発信地:スレイマニヤ/イラク
    【3月24日 AFP】トルコ政府が反政府武装組織「クルド労働者党(PKK)」の拠点への攻撃を警告したことを受けて、PKKは23日、イラク北西部から戦闘員を撤退させる意向を表明した。

     トルコのレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領は19日、シリアでの軍事作戦をイラク国境に至るクルド人勢力の支配地域にも拡大すると表明していた。

     PKKの政治部門とみられている「クルド社会連合」(KCK)は、クルド語を話す少数派のヤジディー(Yazidi)教徒をイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の残虐行為から守るためイラク北部シンジャル(Sinjar)地域に展開させていた戦闘員は撤退するだろうと述べた。現地筋によると、PKKはシンジャル地域に約2000人の戦闘員を配備している。

     トルコ軍およびトルコと同盟関係にあるシリア反体制派は19日、2か月近くにわたる軍事作戦でシリア北西部アフリン(Afrin)からクルド人民兵組織「クルド人民防衛部隊(YPG)」を放逐した。

     エルドアン大統領はアフリン制圧を「重要な局面」と呼ぶ一方、さらなる軍事作戦を示唆。シンジャル地域にあるPKKの拠点に対する軍事作戦を実施する可能性に言及し、そうした拠点に対処するようイラク当局に求めたことも明らかにした。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3168623 
     
    【【イラク】クルド勢力、対ISで展開していたイラク北西部から撤退へ トルコが攻撃を警告 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/03/20(火) 12:10:49.83 ID:CAP_USER
     アフリン
    (CNN) トルコ軍とシリアの反体制派武装組織「自由シリア軍(FSA)」が制圧した
    シリア北西部にあるクルド人勢力の拠点アフリンで反体制派の兵士による略奪が横行している。
    目撃者によれば、品物から動物、ヤギ、ハトにいたるまで、あらゆるものが略奪の対象となっているという。

    シリア人権監視団(本部・英国)によれば、反体制派の兵士による略奪が私有地をはじめ、政府や軍の施設で横行している。
    一部の地元民がシリア人権監視団に語ったところによれば、家の中のもの全てが持ち去られたという。

    現地の様子を目撃したAFP通信で働いているトルコ人写真家はCNNの取材に対し、略奪は広範囲に組織立って行われていると語った。数百人の反体制派の兵士は勝利を祝うというよりも略奪に熱心だという。

    同写真家は「彼らはあらゆるものを略奪している。品物も動物もヤギも、ハトでさえもだ」と語った。

    トルコ大統領の広報担当はCNNの取材に対し、トルコ政府は略奪の報道について注視していると述べ、
    アフリンの一部の集団が司令官からの命令に従っていない可能性があると指摘した。

    トルコは今年1月、アフリンで、テロ組織と位置づけるクルド人グループを標的とした軍事作戦を開始していた。

    アフリンのクルド人当局者や監視団体によれば、過去数日間で、15万人以上の住民が避難を強いられた。

    CNN
    https://www.cnn.co.jp/world/35116413.html

    【【シリア】制圧されたクルドの街、反体制派による略奪が横行】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/02/19(月) 23:28:24.42 ID:CAP_USER9


    2018/02/19
    シリア北部のクルド人武装勢力は18日、同国北部アフリンに侵攻したトルコ軍に対抗するため、アサド政権と協力することで合意したと明らかにした。

    シリア政府は合意について報道を確認していない。
    シリアと国境を接するトルコは、アフリンで活動するクルド人勢力をテロリストだとみており、先月から大規模な攻撃を実施している。

    現在アフリンにシリア軍はいないが、クルド人勢力の幹部、バドラン・ジア・クルドはロイター通信に対し、数日中にもシリア軍がアフリンに入り、国境地帯に配備される可能性があると語った。

    イラクのクルド系メディア「ルダウ」も、シリアのクルド人政治家の話として、アサド政権とクルド人勢力との合意を報じており、シリアのクルド人勢力を支持する通信社も同様に報じている。

    BBCワールド・サービスのアラン・ジョンストン中東編集長は、合意が本当なら、トルコ軍はアフリンでクルド人勢力だけでなくシリア軍とも対峙することになると語った。
    2012年にアサド政権の軍隊がシリア北部から撤退して間もなく、クルド人民兵組織「人民防衛隊」(YPG)の支援を受けたクルド人勢力「民主連合党」(PYD)が、同地域を支配下に置いた。

    YPGは、シリア国内の広範囲の地域から過激派組織「イスラム国」(IS)を掃討した。
    トルコはYPGを、過去30年にわたってトルコからの分離独立運動を展開してきた非合法組織、クルド労働者党(PKK)とつながっていると考えているため、アフリンからYPGを排除しようとしている。
    一方のYPGは、軍事、政治両面でPKKとの直接的なつながりはないとしている。

    シリア内戦が始まって以来、シリア軍とYPGの間では、小規模な衝突を除いて、直接対決は避けられてきた。
    ジア・クルド氏は、「野蛮な犯罪が行われ、国際社会が沈黙するするなかで、助けの手を差し伸べてくれる誰とでも協力することができる」と語った。

    一方で、政治的な取り決めは含まれないと同氏が説明する合意について、うまくいかない可能性もあるとも指摘した。
    ジア・クルド氏は、「双方の了解がいつまで続くのかは分からない。(合意に)満足せず、失敗させようとうする勢力がいるからだ」と述べた。

    シリア北部では、国内外の多くの勢力が非常に複雑な同盟関係を形作っている。ロイター通信によると、クルド人政治家は、ロシアが対トルコ外交を困難にするとの理由で、YPGとシリア政権との合意に反対する可能性があると語ったという。
    YPGが対IS作戦で協力する米国から資金援助を受けていることも、さらに事情を複雑にしている。
    これとは別に、トルコがアフリンで化学兵器を使用したと、YPGや監視団体が主張。一方のトルコは否定している。
    アフリンにある村への空爆で、6人が毒ガス攻撃によるとされる症状を訴えたと伝えられたが、トルコのメブリュト・チャブシオール外相は、「作り話」だと述べた。

    (英語記事 Afrin: Kurdish fighters 'strike deal' with Syrian army)
    BBC
    http://www.bbc.com/japanese/43108829 

    【【シリア】シリアのクルド人勢力、トルコ軍対抗でアサド政権と協力と 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/02/19(月) 07:41:04.42 ID:CAP_USER9
    シリア国旗

    【カイロ共同】シリア人権監視団(英国)は18日、シリア政権軍は北西部アフリンを掌握するクルド人勢力に対するトルコ軍の越境作戦を阻止するため、国境付近に政権軍の部隊を配備することでクルド人勢力の部隊との間で合意に達したと明らかにした。監視団は複数の情報筋の話としている。

     クルドメディア「ルダウ」もシリア政権軍は19日にもアフリンに入る見通しだと伝えた。部隊配備によって、トルコ軍と政権軍が衝突する可能性がある。

    2018/2/19 05:21
    共同通信
    https://this.kiji.is/338053027939746913

    【【シリア】シリア政府軍、トルコ越境阻止へ部隊配備 トルコ軍と政権軍が衝突する可能性 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/02/17(土) 04:07:13.40 ID:CAP_USER9
    us250tr250

    2018年2月16日 21:59 発信地:その他
    【2月16日 時事通信社】ティラーソン米国務長官は16日、訪問先のアンカラでトルコのチャブシオール外相と会談した。北大西洋条約機構(NATO)の加盟国同士である米国とトルコの関係は、シリアのクルド人民兵組織、人民防衛部隊(YPG)への対応などをめぐりぎくしゃくしており、関係修復に向け両国間で共同作業グループを設置することで合意した。初会合を3月中旬までに開く。

     トルコは1月20日、シリア北西部のクルド人の町アフリンで、YPG排除を目指し越境軍事作戦「オリーブの枝」に着手。トルコのエルドアン大統領はアフリン東方のYPG支配下の要衝マンビジュでも作戦を行うと宣言した。マンビジュには米軍部隊が駐留しており、不測の事態が懸念されている。

     ティラーソン氏はチャブシオール氏との共同記者会見で、マンビジュ問題が今後の協議の「優先事項」になるとの見通しを示した。ただ、チャブシオール氏は「米国は約束を果たしてこなかった」と述べ、YPGの勢力拡大を容認したとして米国への不信感を表明。マンビジュからのYPG撤収も改めて要求した。

     米国はシリアで展開する過激派組織「イスラム国」(IS)掃討戦で、YPGを主力とする民兵組織「シリア民主軍(SDF)」に対し、昨年5月に武器供与を開始。トルコはYPGを自国の反政府武装組織クルド労働者党(PKK)と密接な関係を持つ「テロ組織」として敵視しており、米軍のYPG支援に強く反発している。(c)時事通信社

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3162806?act=all 
    【【アメリカ/トルコ】関係修復へ作業グループ=越境作戦、協議課題に-米トルコ外相会談 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/02/03(土) 22:43:39.72 ID:CAP_USER9
    シリア国旗
     
    2018年2月3日 21:50 発信地:アフリン/シリア
    【2月3日 AFP】シリアの少数民族クルド人の勢力は2日、クルド人民兵組織の女性戦闘員の一人の遺体が切断され、その様子を撮影した映像が明らかになったことを受け、トルコが支援するシリアの反体制派勢力を非難した。

     トルコ政府はシリアのクルド人勢力を「テロリスト」と見なし、トルコ軍とシリア反体制派勢力は合同で先月20日、シリア北部のクルド人支配地域アフリン(Afrin)に地上作戦を開始した。

     そうした中、在英のNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」が、トルコ軍とアフリンで作戦を展開してるシリア反体制派勢力から動画が送られてきたことを発表。反体制派勢力は、動画は先月30日にアフリンの対トルコ国境に近いクルナ(Qurna)で若い女性の遺体を発見した後に撮影したものであることを伝えたという。動画には、武器を所持した人物も含め十数人の男性が激しく損傷した女性の遺体の周りに集まっている様子が捉えられている。

     クルド人のある高官は、動画に写っている若い女性の遺体の身元は、シリア北部コバニ(Kobane)でイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の掃討作戦に参加していたクルド人民兵組織「クルド人民防衛部隊(YPG)」の女性部隊の戦闘員、バリン・コバニ(Barin Kobani)さんであることを確認した。YPGは、米国の支援を受けたクルド人とアラブ人の合同部隊「シリア民主軍(SDF)」の下で国内の大部分の地域からISを掃討する作戦に参加した。

     クルド人勢力側は声明で、「敵国トルコのテロリスト同盟」がコバニさんの遺体を切断したと非難。コバニさんが所属した女性部隊の幹部は、「バリンは降伏しなかった、彼女は死ぬまで戦い抜いた」「今回のような行為は、勝利するまで抵抗をやめないという私たちの決意を強めるだけ」と主張した。さらにSDFの報道官も、この動画が、トルコおよび同盟関係にある組織への反撃を継続する理由だと述べた。

     クルド人たちの間には激しい怒りの声が上がり、インターネット交流サイト(SNS)では、コバニさんのむごたらしい遺体の画像と笑みを浮かべている生前の画像を並べたものが拡散されている。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3161078?cx_module=latest_top 

    【【シリア】クルド人女性戦闘員の遺体切断動画がインターネットに拡散、怒りの声拡がる トルコが支援するシリア反体制派勢力が動画作成 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/01/29(月) 16:23:58.65 ID:CAP_USER9
    B68AF606-A5A3-49DF-BD8C-9E113034AD0A

    2018年1月29日 11:34 発信地:ベイルート/レバノン
    【1月29日 AFP】トルコによるシリアのクルド人武装組織に対する軍事作戦が続くなか、3000年前に建造されたシリア北部の神殿がトルコによる空爆で破壊されたことが分かった。シリアの文化財保護当局と在英NGOのシリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)が明らかにした。

     破壊されたのは、鉄器時代のヒットタイト新王国のアインダラ(Ain Dara)神殿。紀元前1300年から紀元前700年ごろにさかのぼり、現在、クルド人勢力が支配するアフリン(Afrin)地域にある村にちなんで名づけられた。

     トルコは20日から、民兵部隊「クルド人民防衛部隊(YPG)」のアフリンからの排除を目指す「オリーブの枝」作戦を進めており、シリア反体制派と合同で地上作戦と空爆を展開している。

     シリア人権監視団によると、アインダラ神殿は26日の空爆で破壊されたという。監視団のラミ・アブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表は「最大60%が破壊された」と述べた。

     シリアの文化財保護当局は「アラム人が紀元前1000年紀にシリアで建造した最も重要な遺跡の一つ」が攻撃を受けたと確認した。

     当局の元幹部のムーン・アブドルカリム(Maamoun Abdulkarim)氏によれば、神殿は1982年に発見され、珍しい玄武岩でできた巨大なライオン像で有名。

     アブドルカリム氏はAFPに「3000年の歴史を持つ文明が空爆によって破壊された」と述べ、空爆を非難した。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3160287 

    【【シリア】トルコの空爆で3000年前のヒッタイト新王国のアインダラ神殿破壊 シリア北部 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/01/29(月) 07:14:37.09 ID:CAP_USER9
    BE4B8815-A394-4886-BD0E-66E66FFD19D5

    1月29日 6時52分
    トルコ軍は、隣国シリアのクルド人勢力に対する軍事作戦によって、この1週間余りで戦闘員550人以上を殺害したと明らかにしましたが、クルド側の激しい反撃を受けて作戦は長期化する見通しが強まっています。

    トルコ軍は28日、テロ組織だと見なすシリアのクルド人勢力に対して今月20日から進めている軍事作戦で、これまでに戦闘員557人を殺害したと発表しました。

    トルコのエルドアン大統領は与党の集会で行った演説で、「われわれは人々の安全が脅かされたときは容赦しない」と述べ、トルコと接するシリアの国境地帯の全域からクルド人勢力を排除するまで作戦を続ける考えを強調しました。

    しかし、トルコ軍が現在、作戦を展開しているシリア北西部の地域は、山がちで複雑な地形であるうえ、クルド側の砲撃などによる激しい反撃を受け、作戦は長期化する見通しが強まっています。

    内戦の情報を集めているシリア人権監視団によりますと、一連の戦闘に巻き込まれて28日までに17人の子どもを含む少なくとも51人の市民が死亡したということで、欧米各国や国連などからは、作戦が長期化することで市民の犠牲がさらに増えないか懸念の声が上がっています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180129/k10011306481000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 

    【【トルコ/シリア】トルコ軍 クルド人勢力への軍事作戦で戦闘員550人以上殺害 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/01/28(日) 03:08:23.91 ID:CAP_USER9
    エルドアン大統領

    2018年1月27日 12:05 発信地:アザーズ/シリア
    【1月27日 AFP】トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領は26日、シリアのクルド人民兵部隊に対する軍事行動の拡大も辞さない姿勢を示した。欧米の同盟諸国は懸念を表明し、トルコに抑制を求めている。

     トルコ軍は今月20日、テロ集団と見なしているシリアのクルド人組織「民主統一党(PYD)」傘下の民兵部隊「クルド人民防衛部隊(YPG)」をシリア北西部アフリン(Afrin)から排除する「オリーブの枝」作戦を開始。地上部隊と空爆・砲撃でシリア反体制勢力を支援している。

     同作戦の7日目となる26日、エルドアン大統領は首都アンカラで行った演説の中で、詳細には触れなかったが「わが国の国境にテロリストがいなくなるまで戦闘を継続する」と述べた。また軍事行動は「目標を達成する」まで続けるとし、「その後は、(アフリンの東方にある)マンビジ(Manbij)のテロリストを一掃する」と明言した。

     一方でエルドアン大統領とメブリュト・チャブシオール(Mevlut Cavusoglu)外相は同日、トルコはアフリンを占領するつもりはないとし、同地域を「本当の」持ち主たちに返すつもりだと述べた。

     米国はトルコによる攻撃に懸念を表明している。マンビジには米軍が駐留していることから、専門家らはいずれも北大西洋条約機構(NATO)加盟国である米国とトルコの間で軍事衝突が起きる可能性を指摘している。(c)AFP/Fulya Ozerkan and Raziye Akkoc in Ankara

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3160176?cx_position=34 

    【【トルコ/シリア】トルコのエルドアン大統領、シリアでの軍事行動 「目標達成まで継続」 米軍と衝突する懸念も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/01/26(金) 03:11:50.90 ID:CAP_USER9

    2018年01月25日

    ISIS掃討に貢献したシリアのクルド人も反アサドのトルコもアメリカの同盟相手。だが今のまま放っておけば、同盟相手同士の対立がエスカレートしそう。
    シリア内戦におけるアメリカの重要な同盟相手であるクルド人勢力が、もう1つの同盟国、つまりトルコから攻撃を受けている。これによりアメリカはやっかいな立場に立たされている。

    トルコ軍は1月19日、シリア北部アフリンへの攻撃を開始した。「オリーブの枝」作戦だ。アフリンを支配するのはクルド人を中心とした反政府勢力のシリア民主軍(SDF)で、アメリカの支援を受けている。攻撃が始まる少し前、アメリカはシリアのトルコ国境地帯にSDF主体の3万人強の警備部隊を創設する提案を行ったが、トルコ政府はこれに強く反発。米政府がこの案を撤回した後もトルコ側の怒りは解けなかった。

    トルコはクルド人民兵部隊をテロ組織と認識

    トルコはSDFの中核である人民防衛隊(YPG)などのクルド人民兵部隊をテロ組織と考えており、以前からアメリカにたて突くことになっても攻撃対象にするという考えを示していた。

    ロイター通信によればトルコのヌレティン・ジャニクリ国防相は「作戦は事実上、国境を挟んだ砲撃によって始まった」と述べたという。また、まだトルコの地上部隊はアフリンに入っていないという。

    「シリア北部のすべてのテロネットワークそしてテロ分子は根絶されるだろう。他に道はない」とジャニクリ国防相は述べた。「アフリン中心部での作戦は長くかかるかも知れないが、同地のテロ組織はあっという間に壊滅するだろう」
    (略)

    東洋経済
    http://toyokeizai.net/articles/-/205791
     


    【【シリアのクルド人勢力を巡る複雑情勢の行方】 トルコが攻撃、アメリカはどちらに付くのか 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/01/25(木) 17:51:57.86 ID:CAP_USER9

    tramp

    2018年1月25日 10:38 発信地:ワシントンD.C./米国
    【1月25日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は24日、トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領と電話協議し、トルコ軍がシリア北部で行っているクルド人部隊への攻撃を抑制するよう求めた。ホワイトハウス(White House)が発表した。

     トランプ氏は、トルコから「破壊的で間違った」反米発言が出ている懸念も示した。

     トルコ軍はこのほどシリア反体制派と合同でシリア国境を越えて北部アフリン(Afrin)への進軍を開始。同地はクルド人勢力が支配し、クルド人組織「民主統一党(PYD)」傘下の民兵部隊「クルド人民防衛部隊(YPG)」が展開している。

     米軍はシリア東部でのイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」掃討作戦でYPGと協力しており、ISが首都と位置づけていたラッカ(Raqa)の奪還作戦でも連携していた。

     一方、トルコ政府はYPGを「テロリスト」と見なし、トルコの非合法武装組織「クルド労働者党(PKK)」の関連組織としている。PKKは過去30年にわたりトルコ国内で政府に対する武装闘争を続け、多数の死者が出ている。

    AFP 
    http://www.afpbb.com/articles/-/3159864?cx_position=39 

    【【アメリカ/トルコ】トランプ氏、トルコ大統領に自制要請 クルド人勢力攻撃で 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/01/24(水) 18:46:34.91 ID:CAP_USER
    トルコ軍が今月21日、クルド人勢力を攻撃するためシリアとの国境を越えて侵攻した際、ドイツ製の戦車が使われていたことが明らかになり、ドイツ国内でトルコへの武器輸出の停止を求める声が出ている。

    トルコは20日にシリア国内で空爆を実施した後、21日に地上軍を侵攻させていた。

    今月6日には、トルコのメブリュト・チャブシオール外相がドイツを訪問し、ジグマール・ガブリエル独外相と2国間関係の改善を約束したばかり。
    両国は北大西洋条約機構(NATO)に参加するものの関係は近年急激に悪化していた。

    ドイツでは一部の政治家が、戦車の更新に関する承認手続きを一切中止するよう求めている。
    19日には、軍需企業ラインメタル社製の戦車「レオパルト2」を、爆発物への防御力をより高めた型式に更新したいというトルコ側の要請を、ドイツ政府が承認する可能性が報じられた。

    ドイツ製戦車は、シリア国内の過激派組織「イスラム国」(IS)への攻撃に使用されたとみられていた。
    しかし、防衛分野の専門家たちはドイツのメディアに対し、トルコがシリアで実施する「オリーブの枝」作戦で、クルド人勢力への攻撃にドイツ製戦車が使われていると話している。

    左派と右派両方の政治家が戦車の更新に反対し、トルコによるシリア・アフリン地域への侵攻について政府の態度を明確にするよう求めた。

    アンゲラ・メルケル首相と同じキリスト教民主同盟(CDU)に所属し、議会の外交委員会で委員長を務めるノルベルト・レトゲン氏は、ドイツは戦車の更新に「もちろん」応じるべきでないと述べた。

    レトゲン氏はBBCラジオ4の番組「ワールド・トゥナイト」で、トルコ軍の侵攻は「違法で、国際法に反し、ISIS(ISの別称)との戦いにおいて非生産的だ」と語った。

    同氏は、「シリア国内のクルド人勢力がトルコを全く攻撃していなかった」のに、トルコが自衛のための行動だと主張するのは不可能だと述べた。

    レトゲン氏はトルコの侵攻に反対を表明した米国を賞賛し、「NATO参加国の中で米国だけが何が起きているのか明確に認識している。我々はトランプ政権をかなりしばしば批判するが、現時点で彼らは他国よりも明確でより勇気がある。我々はそれに続くべきだ」と語った。

    ドイツのガブリエル外相は22日、アフリン地域への攻撃による人道的な影響についての懸念を、トルコ外相との電話会談で伝えたと明らかにした。

    トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、アフリン地域を支配するクルド人民兵組織「人民防衛部隊」(YPG)を「つぶす」と約束している。
    YPGは、アフリンやシリア北部の国境にまたがる400キロ以上の地域を支配している。

    国連は23日、アフリン地域での衝突でこれまでに5000人が家を失ったとの推計を明らかにした。

    (英語記事 Syria war: Row over Turkey using German-made tanks)

    画像:トルコはシリアのアフリン地域からクルド人勢力を掃討しようと20日に攻撃を開始した
    9BCC2AF8-1477-4FC6-AD57-AD92755C0FB6

    BBCニュース
    http://www.bbc.com/japanese/42799963

    【トルコ軍がシリア侵攻で独製戦車使用 ドイツで批判の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/01/22(月) 23:57:20.26 ID:CAP_USER9

    トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は21日、クルド人民兵組織に対する大規模な攻撃の一環として、同国の地上部隊がシリアとの国境を越え、同国北部に侵攻したと述べた。

    トルコがテロリストと考えるクルド人民兵組織「人民防衛部隊」(YPG)は、トルコ南部と国境を接するアフリン地区で活発に活動している。YPGはアフリンからトルコ軍を押し戻したと述べ、トルコの国境付近に砲撃を行ったと明らかにした。
    YPGは、過激派組織「イスラム国」(IS)と戦う米国が支援する有志連合で大きな役割を担っている。

    エルドアン大統領は、YPGを「あっという間に」打ち負かすと約束したが、民間人に犠牲者が出るのを避けたい米国は、トルコに「抑制」を求めた。
    トルコは、YPGがトルコ国内で活動が禁止されているクルド労働者党(PKK)とのつながりがあると考えている。
    トルコ政府は数カ月前からアフリンや、そこから約100キロ離れたマンビジからクルド人勢力を掃討すると警告していた。
    アフリンで何が起きているのか

    20日に始まった軍事作戦「オリーブの枝」は、クルド人勢力のアフリンからの掃討を目指す。今月に入り米国が、IS戦闘員たちが戻って来ないよう、クルド人勢力とアラブ人民兵の対IS連合による新たな「国境警備部隊」の結成を援助すると表明しており、トルコはこれを受けて作戦実行を急いだとみられている。
    YPGや、「シリア民主軍」(SDF)と呼ばれる対IS連合は、テロリストとのつながりを否定している。米政府もこの説明を受け入れている。
    20日のトルコ空軍による空爆の後、21日には、トルコ軍とトルコ寄りのシリア反体制武装組織「自由シリア軍」(FSA)がシリア国内に侵攻した。

    トルコのビナリ・ユルドゥルム首相は、シリア国境内に深く入り込む形で30キロの「安全地帯」の形成を目指すと述べた。
    しかし、YPGの広報担当者ヌリ・マハムディ氏は、トルコ軍が「撤退を余儀なくされた」と語った。
    トルコ側では、FSAの司令官アブドゥル・ハヒム少佐がロイター通信に対し、約2万5000人の戦闘員が攻撃に参加したと語った。トルコ軍の地上部隊の数は明らかになっていない。
    トルコ軍は、21日の空陸両面の作戦で45の標的を攻撃したと発表した。これに先立ち、クルド人勢力の153施設が空爆によって破壊されたと明らかにしている。
    エルドアン大統領は21日、シリア国内のクルド人民兵やPKKを掃討すると約束し、「我々の戦闘機が飛び立ち空爆を開始した。そして今、地上作戦が実施されている。YPGが(中略)アフリンから逃げ出している様子が今では確認できる」と語った。
    大統領はさらに、トルコ国内でクルド人擁護活動に参加する者は「大きな代償」を払うと警告した。その後、警察はイスタンブールを含むトルコの数多くの都市で開かれた抗議デモを解散させ、数人を逮捕した。

    軍事作戦による死者

    トルコとクルド人勢力の両方に死者が出ている模様だ。
    YPGは、少なくともトルコ軍兵士4人とシリア反体制勢力の戦闘員10人が21日午前の戦闘で死亡したと述べた。しかし、トルコ側は確認していない。
    英国に拠点を置くシリア人権監視団は、21日のトルコの空爆で民間人11人が死亡したと指摘した。20日の空爆では民間人6人と戦闘員3人の合計9人が死亡したとしている。トルコ政府は死亡者全員がクルド人民兵だと述べている。
    (略)

    (英語記事 Syria: Turkish ground troops enter Afrin enclave)

    各勢力の支配地域。濃い紫色はシリア反対勢力、薄い紫色はクルド人勢力、緑はシリア政府、オレンジ色は「イスラム国」(今月8日時点/IHS調べ)
    CA1102E9-34C1-4279-A548-F9750641C68D

    BBC
    http://www.bbc.com/japanese/42770480 

    【トルコ軍、シリア国境越えクルド人勢力を攻撃 シリアで何が起こっているのか? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/01/22(月) 07:20:53.27 ID:CAP_USER9
    tr250

    1月22日 5時51分
    シリアのクルド人勢力に対する軍事作戦に乗り出した隣国のトルコは、空爆に加えて地上部隊も投入し、これにクルド側も反撃して戦闘が激しさを増す中、巻き込まれた市民に死傷者が出ています。

    トルコはテロ組織だと見なしている隣国シリアのクルド人勢力が支配地域を広げ、トルコの治安を脅かしているとして20日、この勢力を国境地帯から排除するための軍事作戦を始めました。

    作戦2日目の21日、トルコ軍は戦闘機による空爆に加えて地上部隊も投入し、クルド人勢力の支配下にあるシリア北部のアフリン周辺に戦車による砲撃などを加えました。

    内戦の情報を集めている「シリア人権監視団」によりますと、一連の作戦でこれまでにクルド人勢力の戦闘員7人が死亡したほか、子ども1人を含む市民7人が死亡したということです。

    一方、クルド側も反撃してトルコ領内の国境沿いにある2つの町に数発ずつロケット弾を撃ち込み、市民1人が死亡したほか、合わせて30人余りがけがをしました。

    地上部隊の投入によって戦闘が激しさを増す中、さらに市民が巻き添えにならないか懸念されています。

    米はトルコに自制促す

    アメリカ国務省のナウアート報道官は21日、声明を発表し、ティラーソン国務長官が前日の20日、トルコ側に対し、戦闘が激化し市民が巻き添えとなっていることに深刻な懸念を伝えたと明らかにしました。

    そのうえで、ナウアート報道官はクルド人勢力にトルコが抱く懸念には配慮する姿勢を見せながらも、「アメリカは市民への被害を出さないよう限定的な作戦にとどめるよう求める」として、トルコに自制を促しました。

    アメリカはNATO=北大西洋条約機構の同盟国、トルコとの関係を重視する一方、過激派組織IS=イスラミックステートの掃討でクルド人勢力も支援していることから事態の悪化は避けたい考えで、ナウアート報道官は「すべての当事者がISの打倒という共通の目的に集中するよう呼びかける」と強調しています。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180122/k10011296851000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003 


    【【トルコ軍シリア領内侵攻】トルコとクルド人勢力の戦闘激化 市民に死傷者も 米はトルコに自制促す 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/01/21(日) 19:20:55.52 ID:CAP_USER9シリアみんしゅぐん

    2018年1月21日 14:37 発信地:ハサカ/シリア
    【1月21日 AFP】シリア北部ハサカ(Hasakeh)近郊で20日、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の掃討作戦を展開する有志連合による新国境警備部隊の訓練を終えたシリア人隊員約500人が修了式に臨んだ。

     米軍主導の有志連合軍は14日、ISからの奪還地域を巡回警備する3万人規模の新たな警備部隊を創設すると明らかにしていた。隊員の約半数はクルド人とアラブ人の合同部隊「シリア民主軍(SDF)」出身者が占める見込みだ。SDFは対イスラム過激派作戦で活躍し、同作戦において米国の傑出した同盟軍となっている。

     修了式で戦闘服に身を包んだ訓練修了生たちは「あらゆる攻撃と脅威から国境を守る」と宣誓した。 

     訓練を指揮したカニ・アフマド(Kani Ahmad)氏によると、20日の修了式に臨んだのは2期生で、1期生の修了式は19日に行われた。訓練の期間は20日間で修了生たちはこの後、専門的な軍事訓練を受けることになる。

     新たな警備部隊の任務は「トルコとその傭兵部隊による脅威から国境を守る」ことで、配備地域はシリア北東部から北部のクルド人支配地域、北西部イドリブ(Idlib)一帯になるという。

     21歳になる訓練修了生の1人はAFPの取材に「軽量兵器と重火器の扱い、地雷や爆弾の使い方、応急処置などを学んだ」とクルド語で答えた。

    ■トルコなどは強く反発

     米国防総省は計画の発表時から、新たな部隊は軍隊でも従来の国境警備隊でもなく、第1目的はシリアにおけるISの復活阻止だと繰り返し主張してきたが、部隊創設は各方面で物議を醸している。

     隊員の約半数を占めるSDFはクルド人民兵組織「クルド人民防衛部隊(YPG)」を主体とする組織だが、YPGを「テロ組織」とみなすトルコは新部隊の創設に強く反発。20日にはYPGを排除する目的でシリア北部への空爆を開始した。

     さらにシリアのアサド政権、反体制派の主流派、イランも国境警備部隊の創設を非難している。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3159370?cx_position=15 

    【米支援のシリア「国境警備部隊」 訓練終えた500人が修了式 トルコは強く反発 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル