かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:グアム

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/08/01(土) 09:00:22.51 ID:CAP_USER

    ta250
    台湾は米ハワイ沖で実施される多国間海上演習・リムパックへの参加を目指す一方、米領グアム島に「領事館」再開を決めた。蔡英文政権は米国との軍事協力をさらに進めていく方針だ。


    台湾国防部が米ハワイ沖で8月17日から実施される米海軍主催の多国間海上演習「環太平洋合同演習」(リムパック)への参加を目指している。外交部は米国の空軍基地などがあるグアム島で「領事館」の再開を決定。蔡英文政権は中国に対抗して米国との軍事協力をさらに進めていく方針だ。

    リムパックは2年に1回行われる世界最大規模の多国間海上演習で、今年が開催年に当たる。2012年以降は毎回20カ国以上が参加している。コロナ禍で中止も検討されたが、アジア太平洋地域での中国軍の活発な動きを念頭に期間や規模を縮小して行われることになった。海上自衛隊は護衛艦「あしがら」「いせ」の2隻と搭載航空機2機を派遣する。

    台湾・中央通信社によると、国防部の史順文報道官は7月28日の記者会見で、リムパックへの台湾参加に関して現時点では正式な通知は受けていないと明らかにした上で、オブザーバーとして人道支援などの訓練に参加することを優先的に目指す考えを示した。台湾は近年、参加を目指しているものの、招待はされていない。

    リムパックをめぐっては米上院で7月23日、台湾を招待するべきとした提言を盛り込んだ2021会計年度の国防権限法案が賛成多数で可決された。そのため、台湾が今年参加できるのかに注目が集まっている。

    「台湾関係法」という国内法を有する米国は、台湾に防御用の兵器を売却するという形で、これまで台湾の防衛に関与してきた。台湾のリムパック参加が実現すれば米台の防衛協力が一歩進むことになる。

    一方、外交部は7月初め、予算上の制約で3年前に閉鎖した駐グアム台北経済文化弁事処(領事館に相当)を再開すると発表した。グアムは地政学的に見て、台湾防衛にとって重要な場所だ。

    「第一列島線」(日本列島、台湾、フィリピン、マレーシア、インドネシアを結ぶライン)と「第二列島線」(日本を起点にグアム・サイパンを経てパプアニューギニアに至るライン)は台湾防衛にとって、決して軽視できない戦略上の「点と線」でもある。台湾メディアは「今回の再設置は台湾にとって防衛上の必要性がそれだけ高まっているから、ということに尽きる」とも報じた。

    台湾とグアムは緊密な経済貿易関係を保っており、弁事処再設置にはグアムも支持を表明した。17年と18年にカルボ・グアム準州知事(当時)が訪問団を率いて訪台した際には、蔡総統に直接、弁事処の運営を再開して双方の観光と経済貿易分野での交流を強化することに期待する立場を伝えていた。(編集/日向)

    2020年08月01日 08時20分 Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b824680-s0-c10-d0059.html

    【【米台】リムパック参加目指しグアム島に「領事館」、米国との軍事協力進める台湾・蔡英文政権】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: チンしたモヤシ ★ 2020/04/18(土) 18:15:03.73 ID:qUaV3VJu9
    戦略爆撃機、グアムから撤収=本土からの運用に転換―米
    2020.04.18 時事通信 のりものニュース
    https://trafficnews.jp/post/95664

    no title

    米領グアムのアンダーセン空軍基地を離陸する米軍の戦略爆撃機B52=2016年6月(米軍提供)

     【ワシントン時事】米太平洋空軍は17日、
    中国や北朝鮮に対する抑止力の一環として
    米領グアムに交代で配備していた戦略爆撃機について、
    今後は米本土からの運用に切り替えると明らかにした。
    グアムに展開していた戦略爆撃機B52は同日までに本土に帰還したという。

     太平洋空軍は声明で
    「戦略爆撃機を恒久的に本土に置き、
     必要に応じて複数の海外拠点からインド太平洋地域に前方展開する方針に移行した」
    と表明。ただ、
    「自由で開かれたインド太平洋」を維持するため、
    今後も同盟・パートナー国と合同訓練を続けると説明した。 

     米軍は2004年、B52やB2などの戦略爆撃機を交代でグアムに配備する
    「継続的爆撃機プレゼンス」を開始。
    戦略爆撃機の前方展開は、抑止力の維持と同時に、
    インド太平洋地域への軍事的関与を継続する姿勢を示し、
    日本や韓国など同盟国に安心を供与する役割を果たしてきた。

     グアム配備を終了した背景には、
    米軍が中国など大国との紛争をにらんで導入した「動的戦力運用」構想がある。
    同構想は戦力を1カ所にとどめず柔軟に投入し、
    敵対国に標的を絞らせないことを目的にしている。

     太平洋空軍は「戦略爆撃機は今後もインド太平洋地域で運用される」と強調する。
    ただ、米軍事専門家は
    「(前方展開の終了が)同盟国に好ましくないメッセージを送るのは間違いない」
    と懸念を示した。

    【了】


    関連
    増えていく列島線と第3列島線について 海上自衛隊幹部学校
    no title

    https://www.mod.go.jp/msdf/navcol/SSG/topics-column/col-142.html
    【軍事】中国空母「遼寧」が沖縄-宮古島間を通過
    no title

    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1586625899/

    【【尖閣】戦略爆撃機B52、グアムから撤収=本土からの運用に転換―米 米軍事専門家「同盟国に好ましくないメッセージを送る」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/11/11(月) 14:31:42.72 ID:CAP_USER
    韓国電力(韓電)が11日、米グアム電力庁(GPA)と現地のウクドゥガス複合発電(200メガワット級)プロジェクトに関連する長期電力販売契約を締結したと明らかにした。

    韓電はウクドゥ発電所で生産された電力を25年間、グアム電力庁に全量販売する。ウクドゥ発電所は来年8月に工事を開始し、2022年10月から商業運転を始める予定。今回の電力販売を通じて25年間に約2兆3000億ウォンの売り上げが発生すると予想される。

    国内の設計・調達・施工(EPC)建設会社と中小企業が発電所建設、関連補助機器供給などを引き受け、電力販売による売り上げとは別に約6286億ウォン(約590億円)規模の経済誘発効果が見込まれる。

    韓電は6月、今回の契約に関する受注競争で優先交渉対象者に選ばれた後、グアム電力庁と交渉を進め、先月21日にグアム公共料金規制委員会の最終承認を受けた。

    韓電は1995年にフィリピン・マラヤ発電所性能復旧事業で海外事業を本格的に始め、現在、米国、中東、アジアなど計26カ国で42件のプロジェクトを進めている。

    中央日報 2019.11.11 14:23

    【【韓国電力】グアムに25年間電力販売契約】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: りんかる(東京都) [CN] 2019/06/24(月) 14:02:05.03 ID:TNXyL5eJ0● BE:448218991-PLT(14145)
    4AA05C97-CF31-4B15-8E8B-40B1C5654B73

    【北京時事】中国の空母「遼寧」が今月中旬、米軍基地のあるグアム島周辺海域を初めて航行したという見方が 出ている。遼寧は11日に最新型の補給艦901型と共に沖縄本島と宮古島の間を通過していた。
    28、29両日の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせて行われる米中首脳会談を控え、 空母の活動範囲の拡大を誇示し米国をけん制する狙いがあったとみられる。

     台湾メディアが伝えた情報筋の分析によると、遼寧と901型を含む6隻の中国軍艦は沖縄-宮古島間を 航行後、南東に進み、東京・沖ノ鳥島沖を過ぎグアム島に近い海域に到達した。その後、フィリピン南部の 海域を経由し、南シナ海に入ったという。中国軍は、今回の遼寧の動きについて明らかにしていない。

     遼寧は2016年と18年にも沖縄-宮古島間を航行。今回は初めて海上自衛隊によって901型の同行が 確認された。中国メディアによれば、901型は17年9月に就役し、排水量4万トン級で速力は25ノット。
    2万トン級の従来型補給艦に比べ搭載可能な燃料の量が大幅に増え航行速度も向上しており、 「空母の活動範囲が広がる」(外交筋)と指摘されてきた。

     遼寧は旧ソ連製の船体を改修し、2012年に就役した中国初の空母。昨年8月から半年以上かけて改装を 行い、動力・電力系統などが改善したとされる。習近平体制は空母の整備に力を入れており、 近く初の国産空母が就役する見通しだ。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062300282&g=int

    【中国空母「遼寧」 グアム島周辺海域を初めて航行 アメリカに圧力か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2019/05/04(土) 01:32:33.92 ID:LCik2FTz9
    no title
     
    ◆ グアム移転24年10月開始か 在沖縄米海兵隊、1年半で

    日米両政府が合意している在沖縄海兵隊の米領グアムへの移転計画で、米軍が2025米会計年度の前半(24年10月~25年3月)に移転を始め、約1年半かけて完了させる方針を地元議会に伝えていたことが分かった。
    建設中の新たな海兵隊基地の名称は「キャンプ・ブラズ」となる予定。
    米軍筋が3日までの共同通信の取材に明らかにした。

    米軍筋によると、移転する海兵隊員は約5千人と見込まれ、このうち約1700人がグアムに常駐し、残りは半年ごとに入れ替わる。
    移転する隊員数はこれまで約4千人と公表されていた。
    米軍は今年2月4日、計画の最新案をグアム議会議長に説明した。

    共同通信 2019/5/3(金) 22:04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00000128-kyodonews-int


    【【パヨクはどう反応する】 在沖縄米海兵隊グアム移転、2024年10月開始か 1年半かけて完了の予定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロ ★ 2019/02/16(土) 12:48:01.57 ID:WwuSKsTf9
    kp250
     
    【ワシントン=黒瀬悦成】米政策研究機関「戦略国際問題研究所」(CSIS)は15日、南北の軍事境界線から約250キロ北方の北朝鮮中部サンナムに、中距離弾道ミサイル「ムスダン」(射程3千キロ以上)が配備された稼働中のミサイル基地が存在すると指摘した報告書を発表した。

     報告書は同基地について、沖縄やグアムの米軍基地を含む東アジアの複数の標的に対する戦略的先制攻撃を行うのが目的とみられると指摘。また、同基地は北朝鮮が公表していない約20カ所の弾道ミサイル基地の一つで、米朝の非核化協議の対象にもなっていないとみられるとした。

     同研究所は、北朝鮮が公表していない弾道ミサイル基地のうち13カ所を特定したとし、今年1月にも北西部の新五里(シノリ)にある中距離弾道ミサイル「ノドン1号」が配備されたミサイル基地の存在を指摘していた。

     報告書はまた、今後の米朝交渉で、北朝鮮が発表した北西部・東倉里(トンチャンリ)のミサイル基地「西海(ソヘ)衛星発射場」のみを解体することで合意した場合、「他の未公表の弾道ミサイル基地が米軍や韓国に及ぼす脅威がかき消される」ことになると警告した。

    産経新聞
    https://www.sankei.com/world/news/190216/wor1902160011-n1.html

    【【北朝鮮】未公表の中距離弾道ミサイル基地 米研究所公表 沖縄やグアム射程 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガーディス ★ 2018/04/26(木) 21:12:00.52 ID:CAP_USER9
    7E4F0F5D-44D7-4A3C-88E7-F80A81F6B162

    【北京時事】中国国防省の呉謙報道官は26日の記者会見で、新型の中長距離弾道ミサイル「東風26」がロケット軍に実戦配備されたと明らかにした。

     東風26は米軍基地のあるグアムを射程に収め、「グアム・キラー」と呼ばれている。

     呉氏は東風26について、陸上だけでなく「海上の中・大型艦船に対する精密攻撃能力を備えている」と強調。さらに、通常・核両方の弾頭を搭載できるとも説明した。 

    ヤフーニュース(時事通信)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000105-jij-cn

    【中国、新型弾道ミサイル「東風26」を実戦配備=米グアムも射程内、対艦能力も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しじみ ★ 2018/02/10(土) 05:27:45.81 ID:CAP_USER
    【2月9日 AFP】
    北朝鮮の核兵器開発をめぐり緊張が高まる中、カナダ海軍は8日、同軍の潜水艦がおよそ半世紀ぶりに西太平洋で哨戒任務に就くと発表した。

     カナダ海軍の潜水艦「シクーティミ(HMCS Chicoutimi)」の任務は1年前に計画されていたものだが、カナダのバンクーバー(Vancouver)で先月開かれた北朝鮮の核・ミサイル問題に関する外相会合で、米国など20か国が北朝鮮による国連制裁逃れを防ぐため「海上阻止行動」を強化することで合意したことを受けて、西太平洋でパトロールを行う運びとなった。

     今回の哨戒任務は約200日間にわたり、日本や米領グアム(Guam)に寄港する。
    同艦の正確な位置と活動は機密扱いとなる。

     海軍のリック・ドネリー(Rick Donnelly)報道官はAFPに対し「この配備は、カナダにとってのアジア太平洋地域の戦略的重要性を示し、地域の平和と安全保障の維持へのカナダの関与を強めるものだ」と述べた。

     ドネリー報道官によると、シクーティミはアジア太平洋地域における「哨戒任務と外国海軍との演習」に参加するが、
    「平昌冬季五輪の安全保障には一切関与しない」ほか、北朝鮮に対する制裁への「直接的な関与」も行わないという。

     シクーティミは2004年、海上で浸水・火災事故を起こし乗組員1人が死亡した。修理・改修の後、2015年に任務に復帰した。

    画像:カナダ海軍の潜水艦「シクーティミ」
    no title

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3161741

    【【何か始まる?】カナダの潜水艦、半世紀ぶりに西太平洋で哨戒任務 日本にも寄港へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: みつを ★ 2018/01/17(水) 18:23:15.39 ID:CAP_USER9
    kp250


    ワシントン(CNN) 米空軍は16日までに、核搭載可能なB52戦略爆撃機6機を米領グアムに展開した。一方、北朝鮮の国営メディアは同日、トランプ米大統領を「頭のおかしい人」と呼んで非難した。

    B52は300人の空軍要員とともに、ルイジアナ州のバークスデール空軍基地からグアムへ派遣された。

    グアムのアンダーセン空軍基地には、すでにB1爆撃機とB2ステルス爆撃機3機が配備されている。B1は米空軍で最大の通常兵器搭載量を誇る主力の長距離爆撃機だが、核搭載能力は削除されている。


    B1はB52と交代して本来所属するへ帰還する予定とされるが、それまでの数日間、グアムには3機種の爆撃機がそろうことになる。

    軍事アナリストらによれば、米軍が朝鮮半島で軍事作戦を実行する状況になった場合、最初の一撃にはグアムから発進するB2とB52が参加する可能性が高いという。

    朝鮮半島では最近、北朝鮮が韓国で開催される平昌(ピョンチャン)五輪への参加を表明し、米軍と韓国軍が合同軍事演習の延期を決めるなど、緊張緩和の動きが進んでいる。

    しかし米軍は、五輪へ向けた南北協議の期間中も従来通りの兵力を維持すると強調。爆撃機の展開は、米国がインド太平洋地域の同盟国、友好国に対する責任を引き続き果たしていく姿勢を示していると述べた。

    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞はこの日、トランプ氏が年明けに北朝鮮より「ずっと大きい」核のボタンがあると豪語したツイートを「頭のおかしい人の発作」と呼んで非難した。

    金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長はこれまで、米国に挑発された場合に攻撃する標的としてグアムの名を繰り返し挙げてきた。

    米軍が新たに核搭載可能な爆撃機を配備したことに対し、改めて反発を示すのは必至とみられる。

    CNN
    https://www.cnn.co.jp/m/world/35113279.html 
     
    【【米朝】米軍、B52をグアムに展開 北朝鮮紙はトランプ米大統領を「頭のおかしい人」と呼んで非難 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひろし ★ 2018/01/16(火) 23:33:09.32 ID:CAP_USER9
     
    b-52-stratofortress-2430077_640
    【ワシントン時事】米空軍は16日、B52戦略爆撃機6機がグアムのアンダーセン空軍基地に展開したと明らかにした。

     グアムには今月、核搭載可能なB2戦略爆撃機が到着。既に展開しているB1を含め、米軍の戦略爆撃機3機種が一時的に集結した形となった。

     空軍によると、B52と約300人の乗員は、ルイジアナ州にあるバークスデール空軍基地からグアムに到着した。B1から任務を引き継ぎ、北朝鮮へのけん制などに当たるとみられる。 

    ヤフーニュース(時事通信)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000151-jij-n_ame

    【米空軍、B52爆撃機もグアムに=3機種集結、北朝鮮けん制 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/01/13(土) 21:57:16.29 ID:CAP_USER9

    グアム

     在沖縄米海兵隊の移転先である米領グアムを訪問している沖縄県の翁長雄志知事は12日、カルボ州知事と会談し、沖縄の基地負担軽減のため、グアム移転の着実な実施の重要性を訴えた。県によると、カルボ氏は米国民として沖縄の基地負担軽減の必要性を理解しているとし「一日も早く在沖海兵隊を受け入れたい」と応じた。

     翁長氏は負担軽減に理解を示したカルボ氏に謝意を伝えたという。
     一方、翁長氏はグアムの環境問題を重視していると発言したカルボ氏に対し、環境問題でも連携していくことを提案。名護市辺野古の新基地は多様な生態系がある大浦湾を埋め立てて建設されることを説明した。
     これに対し、カルボ氏は「美しい海を埋め立てることは理解しがたい」と現行計画への疑問を示したという。両氏は今後、県民、州民の命や財産を守るために連携していくことを確認。カルボ氏は今年12月までの任期内に沖縄を訪問する意向も示した。
     日米両政府の2012年の米軍再編計画では、在沖海兵隊1万9千人のうち約9千人をグアムとハワイなどへ移転させる内容となっている。翁長氏は航空機で上空からアンダーセン空軍基地などを視察した。13日に沖縄へ戻る。

    2018年1月13日 14:56
    沖縄タイムス

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/194747

    【「沖縄の海兵隊を一日も早く受け入れたい」 グアム知事、移転に理解 翁長知事が謝意 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2018/01/12(金) 16:28:31.76 ID:CAP_USER9
    no title


    アメリカの研究チームが、北朝鮮の核実験場で地下のトンネルを掘る作業が進んでいることを示す衛星画像を公開し、「将来的な核実験に備える動きだ」と分析しました。

    研究チーム「38ノース」によりますと、作業が活発になっているのは北朝鮮・北東部の豊渓里(プンゲリ)にある地下核実験場の西側の坑道の周辺だということです。先月2日と28日の画像を比べると、運び出されたとみられる土砂が積まれている範囲が広がり、土砂を運び出す荷車や人の姿も確認されました。研究チームは「将来の核実験に備え、実験場を維持しようとしている」と分析しています。一方、アメリカ国防総省はグアムの空軍基地にB2戦略爆撃機3機を配備したと明らかにしました。この爆撃機には、核兵器や地下施設攻撃用の爆弾を搭載することができます。

    配信2018/01/12 11:49
    テレ朝ニュース
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000118507.html?google_editors_picks=true
    【北朝鮮で「核実験の坑道掘削進む」 38ノースが衛星画像を公開 グアム空軍基地にB2戦略爆撃機3機を配備 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル