かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:コロンビア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Egg ★ 2019/03/27(水) 20:00:01.70 ID:0K/Xw8lT9
    コロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(モナコ)は26日、ソウルワールドカップ競技場で行われた国際親善試合の韓国戦に途中出場するも、1-2で敗戦。試合終盤に医療用アイスボックスを投げ飛ばす行為に出たことが物議を醸しているが、英紙もコロンビアエースの振る舞いを「怒り狂ったファルカオが医療用ボックスを投げつけて“時間稼ぎ”に抗議」と取り上げている。

    【動画】「怒り狂って“時間稼ぎ”に抗議」 コロンビア代表FWファルカオ、医療用ボックス投げ飛ばし行為の瞬間
    https://www.football-zone.net/archives/179261/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=179261_6

     22日に行われた日本戦を1-0で制したコロンビアは、ファルカオ、MFハメス・ロドリゲス(バイエルン・ミュンヘン)らトップクラスの主力を温存して、敵地ソウルでの韓国戦に臨んだ。しかし、前半17分に相手エースFWソン・フンミン(トットナム)に先制点を奪われて出鼻を挫かれる。後半4分にMFルイス・フェルナンド・ディアス(アトレチコ・ジュニオール)が同点弾を決めるも、同13分に相手FWイ・ジェソン(ホルシュタイン・キール)に決勝弾を奪われて敗れた。  

     そして問題のシーンが起きたのは、コロンビアが1-2と1点を追う後半44分だった。ゴール前でファルカオと交錯したDFホン・チョル(水原三星)がピッチに倒れ込むと、プレーは一時中断され、手当のためにスタッフらが駆け寄った。するとファルカオは試合の早急な再開を訴えるかのようにピッチ内に置かれた医療用アイスボックスをつかみ、ゴールラインの外へ放り投げるという驚きの行動に。それを見た主審は迷わずイエローカードを提示した。

     ファルカオの乱暴なジェスチャーに対し、韓国メディアも「眉をひそめるファルカオの非マナー」「理解できない行動」「マナーでも韓国に完敗した」と断罪していたが、英紙「ザ・サン」は「怒り狂ったファルカオが医療用ボックスを投げつけて“時間稼ぎ”に抗議」と見出しを打って報じ、ファルカオが苛立ちを露わにした原因についても触れている。

    「ホスト国(韓国)は時間を浪費するため、やけくそになっているように見え、試合を終わらせるためにあらゆる手段を引き出していた。しかし、ファルカオは韓国の駆け引きを察知し激怒すると、ただの親善試合にもかかわらず、怒りに任せて医療用ボックスを放り投げた」

     1点差でリードを許している場面だったため、ファルカオには韓国が露骨な時間稼ぎを演じているように映ったようだ。百戦錬磨のストライカーにも、耐え難い瞬間だったのかもしれない。

    3/27(水) 18:40配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00179261-soccermzw-socc

    【【サッカー】<コロンビア代表FWファルカオ>韓国に怒り狂う!医療箱投げ飛ばし行為に英紙も注目「時間稼ぎに抗議」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2018/07/04(水) 05:54:14.46 ID:CAP_USER9
    81DD92AD-421E-417E-914F-7EA3C7F06E78
     
    7/4(水) 5:53配信
     ◇W杯決勝トーナメント1回戦 イングランド1―1(PK4―3)コロンビア(2018年7月3日 モスクワ)

     W杯決勝トーナメント1回戦の最後の試合は1次リーグH組1位のコロンビアとG組2位のイングランドが対戦。1―1で延長に入ったが決着がつかずPK戦をイングランドが制した。

     前半を0―0で折り返すと、後半12分、イングランドはケーンが倒されて得たPKをケーン自身が決め先制、今大会トップとなる6点目を挙げた。イングランドの堅実な守備でこのまま逃げ切るかと思われたアディショナルタイムにコロンビアがCKからミナのヘディングで追い付き延長戦に入った。

     延長でも得点は入らずPK戦に持ち込まれた。PK戦はイングランドが4―3で制した。

     ◆は7日の準々決勝でスウェーデンと対戦する。

     この日のもう1試合は1次リーグF組1位のスウェーデンが、E組2位のスイスを1―0で下し、3位だった94年米国大会以来の準々決勝進出を決めた。後半21分にフォスベリのゴールで先制、スイスの反撃を封じた。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000060-spnannex-socc

    【【サッカー】イングランド8強、PK戦制した コロンビア土壇場追いつくも無念 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ベクトル空間 ★ 2018/06/29(金) 02:30:53.66 ID:CAP_USER9
    440666F1-CEE8-493C-BB8F-03924CD880E1

    0-1とリードされながら、他会場の状況を見て“守ること”を選択 

     日本代表は現地時間28日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第3戦のポーランド戦で、0-1の敗戦を喫した。同時刻にキックオフされたグループHのもう1試合で、コロンビアが1-0でセネガルを下したことで、セネガルと勝ち得失点差、総得点、直接対決の結果で並びながら、「フェアプレーポイント」で上回り勝ち上がりを決めた。 

    ファウルの少なさで九死に一生を得た日本だが、ポーランド戦の終盤で展開された両軍の消極的なパス回しにより、世界のサッカーファンからはツイッター上で「フェアプレーを汚した」「恥だ」など非難する声が上がっている。 

     コロンビア戦とセネガル戦の先発から6人の入れ替えを行った西野朗監督は、後半14分に先制点を許し1点を追う状況だったが、他会場でコロンビアが先制したとの情報を得ると、攻めるのを止めた。 

     同37分にFW武藤嘉紀を下げ、ボランチの長谷部誠を守備固め要員として投入。同点ゴールを目指すよりも、警告も失点も絶対にせず、セネガル対コロンビアの試合結果に運命を委ねるという他力本願の采配に切り替えた。 

     酷暑の中での試合となったなか、ポーランドもこれに呼応するように最終ラインでボールを回す。両者が攻め合う姿を期待したスタンドのサポーターは、無気力にも映るサッカーにブーイングをした。 

    「スコアで合意に達したことはフェアプレーなのか?」 

     日本の敗戦から1分半後にコロンビアの勝利が確定。勝ち点、得失点差、総得点、直接対決の結果で並んだセネガルと、イエローカード2枚差で決勝トーナメント進出を決めた。 

     ルールを最大限に活用した格好となったサムライブルーだが、終盤の消極的なサッカーに対し、海外ファンはツイッター上で批判している。 

    「日本とポーランドが最後の15分、スコアで合意に達したことはフェアプレーなのか?」 
    「日本は次のラウンドに進出した。フェアプレーで決まったが、最後の10分の振る舞いはフェアプレーではなかった」」 
    「日本のフェアプレーポイントはセネガルより上だった。しかし、今日の試合に関しては、セネガルがよりフェアに戦った」 
    「セネガルが進出すべきで、日本はふさわしくない」 
    「FIFAのフェアプレーは日本がボールを持って、最後の10分間立っているということなんですね」 
    「日本は終盤のアンフェアな振る舞いでフェアプレーで突破。それが全てなんて、恥だ」 
    「日本はフェアプレーを汚した」 

     セネガルとコロンビアの一戦が目まぐるしく攻守が入れ替わる熱戦だったために、日本代表の消極的な戦略は海外で物議を醸している。

    ヤフーニュース

    【【賛否両論】海外ファンから批判の声 「フェアプレーを汚した」「日本のアンフェアな振る舞いは世界の恥」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Egg ★ 2018/06/20(水) 20:22:39.36 ID:CAP_USER9
    no title
     
    19日、ロシア・ワールドカップのグループH第1節、コロンビア対日本(1-2)の試合終了後、コロンビア人男性グループが日本人と思われる女性に対して侮辱的な言葉を誘導したことが問題となっている。

    これを受けて1990年代にコロンビア代表の名ストライカーとして名を馳せたファウスティーノ・アスプリージャ氏が、同国人による日本人女性への侮辱行為について謝罪した。

    SNS上で公開された動画には、コロンビア人男性が日本人とみられる女性にスペイン語で、「ハポン・ドス(日本2点)、コロンビア・ウノ(コロンビア1点)」と試合結果を言わせた後、「ジョ・ソイ・ビエン・ペラ(私は良い売春婦です)」と発言させた。もちろん、女性は言葉の意味が分からない状況だったと推測される。

    批判が殺到したこの件に関して、アスプリージャ氏は自身のツイッターを通じて、以下のように謝罪した。

    「世界の友人たち、特に日本の友人たちに、このような類の人間がコロンビア人を代表するとは思わないでほしい。私たちは、すべての文化を尊重している。コロンビア人を代表して謝罪したい。どうか受け入れてほしい。敬意と愛を持って」

    また、コロンビアの外務省は試合後、サポーターに対して非常識な行動をしないようにと公式ツイッターで喚起している。

    「トリコロール(三色)のユニフォームを身につけ、ロシアでのワールドカップでコロンビアを代表する多くの人々が尊敬される行動を取ってもらいたいと思います。我々は悪しき振る舞いを拒絶します。そのような人々は、私たちの文化、言語、人種を代表する存在ではありません」

    そして、問題の動画を撮影した40歳の男性は母国メディア『Publimetro』で、今回の件を以下のように謝罪している。

    「私の行動を正当化しようとは思いません。公に、日本人女性に謝罪したいと思います。そして、今回の行為について日本の人々にも謝罪したいです」

    「敗戦による苛立ちとその場の感情によりこのような行為をしてしまいました。女性を侮辱しようと意図したのではありません」

    「動画を広めたのは私ではありませんが、一部の友人にそれを送ったことは私の過ちでした。今回の件で不快感を与えた方々に、謝罪が受け入れられることを望みます。私はコロンビアを愛しています」

    2018年6月20日 17時10分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14893685/

    【【サッカー】<日本人女性への侮辱問題>コロンビア政府が声明!元伝説的選手アスプリージャも謝罪「日本の友人たちよ…」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 首しめ坂 ★ 2018/06/20(水) 16:30:18.94 ID:CAP_USER9
    no title
     
    日本代表ツイに「原爆画像」送りつけ コロンビア・サポの暴走に「これはダメ」
    6/20(水) 15:50配信
    J-CASTニュース
    ロシアW杯初戦で日本に敗れたコロンビア代表のサポーターが、日本代表の公式ツイッターアカウントに、広島・長崎の原爆被害を揶揄するようなリプライ(返信)を送りつける出来事があった。 

    こうした不適切投稿には、日本人から「これはダメでしょ」「こんな心ないツイートをする人がいるなんて信じられない」といった怒りの声が殺到。 
    投稿者に代わって日本人へ謝罪するコロンビアサポーターまで現れるなど、騒動は大きな波紋を広げている。 

    ■キノコ雲の写真をアップし... 

    日本代表は2018年6月19日夜(日本時間)に行われたコロンビア戦で、試合前の下馬評を覆す大金星を挙げた。 
    開始早々に相手選手が退場になる幸運もあり、数的優位な状況を活かして2-1のスコアで勝ち切った。 

    W杯前のFIFAランキングは日本が61位、コロンビアが16位。こうした番狂わせが、インターネット上でまさかのトラブルを招くことになった。 

    勝利を伝えた日本代表公式ツイッターの投稿に、あるコロンビアサポーターが、原爆を揶揄するようなリプライを送ったのだ。 
    このサポーターは、投稿の1枚目にキノコ雲の画像を、2枚目に原爆投下直後の長崎市街地の画像を掲載。そして、 

    「But you didn't win here(でも、ここでは勝てなかった)」 

    との一言を書き込んでいた。要するに、日本はサッカーでは勝ったが、第二次世界大戦では原爆で負けている――そういった意味合いの投稿らしい。 

     原爆を引き合いに日本を揶揄した投稿は、日本のネットユーザーの間でたちまち物議を醸すことに。ツイッターやネット掲示板には、 

      「これはダメでしよ。悪いことは言わない。ツイート削除した方がいい」 
      「こんな心ないツイートをする人がいるなんて信じられない」 
      「このような負け惜しみは、ベストを尽くした自国の選手たちに返って失礼」 
      「昔の戦争話を持ち出すの?いつの時代に生きてるんだ。残念だ」 

    などと怒りや悲しみの声が相次いで寄せられた。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000006-jct-soci 

    コロンビア側から謝罪の動きも 

    問題の投稿をしたサポーターは、今回の試合が始まる直前にも、日本への原爆投下を揶揄するようなスペイン語のツイートをしていた。 
    コロンビアが一時同点となるゴールを決めた際には喜びを爆発させており、かなり熱心にチームを応援していたようだ。 

    ただ、今回の不謹慎リプライには、別のコロンビアサポーターからも苦言が相次いでいることも事実だ。 
    ツイッター上には、普段はスペイン語で投稿をしているユーザーが、あえて日本語を用いて、 

      「すべての日本人に私の最も誠実な謝罪」 
      「私の心からの謝罪を受け入れてください。日本のサッカー選手権が勝利したことを祝福します。その馬鹿はコロンビア人の大多数を代表するものではありません」(原文ママ) 

    と日本人へ向けて謝罪する動きも出ている。 

    なお今回の騒動には、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(73)も20日のツイッターで反応。問題視されているコロンビアサポーターのリプライを引用しつつ、 

    「酷い負け惜しみだな。潔く祝福しれよ」(原文ママ) 

    と呆れたような一言を寄せていた。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000006-jct-soci&p=2 

    【【サッカー】日本代表公式ツイッターに「原爆画像」送りつけ コロンビア・サポの暴走に「これはダメ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 豆次郎 ★ 2018/06/19(火) 23:00:11.13 ID:CAP_USER9
     68363E0D-0477-4537-9B07-8DB8710F82B1
    【結果】
    日本代表 2-1 コロンビア

    【得点者】 
    香川真司 (前半6分) PK 
    フアン キンテーロ (前半39分) 
    大迫勇也 (後半28分) 

    6/19(火) 22:52配信 
    日本代表、大迫が決勝ヘッド!強豪コロンビアに2-1で勝利/W杯 

     ロシアワールドカップ1次リーグH組(19日、コロンビア1-2日本、サランスク)6大会連続6度目出場の日本は、W杯初戦でコロンビアと対戦し、MF大迫勇也(28)=ドルトムント=の決勝ゴールでコロンビアに2-1で勝利した。4年前にブラジルW杯で大敗したリベンジをW杯初戦で果たすことに成功。決勝トーナメント進出へ向け貴重な勝ち点「3」を手にした。 

     日本は前半6分にいきなり先制点。スルーパスに抜け出した大迫がGKと1対1に。GKにシュートは弾かれたが、こぼれ球を香川がシュート。ペナルティーエリア内で、コロンビアのC・サンチェスが突き出した右手にあたりPK獲得。C・サンチェスは一発退場となった。PKキッカーの香川が冷静にゴール中央に蹴り込み先制した。 

     追加点を奪うべく日本は前半15分、香川が中央でドリブル突破。ペナルティーエリア手前から左斜め前にパス。走り込んできた乾が受けてダイレクトシュート。しかし、ボールはゴール右に惜しくも外れた。数的不利となったコロンビアはファルカオを中心に日本ゴールを脅かし始めた。 

     10人のコロンビアが徐々に攻勢を強める。前半25分にモヒカのクロスにファルカオが飛び込んだが、長友が懸命のブロックでチャンスを潰した。同30分に前線のJu・クアドラードに代わって中盤のバリオスがピッチに入った。 

     前半39分、長友がクリアしたボールが高く舞いがると、ファルカオが長谷部と接触して倒れFKを与えてしまう。ペナルティエリア手前右から、キンテロが低い弾道で直接シュートを狙った。GK川島がゴールからかき出す前にラインを越えてしまいゴールの判定に。同点に追いつかれてしまった。 

     後半の入りは日本ペース。中盤からパスをしっかりつないで相手陣内に攻め上がるがシュートまで結びつかない。同9分に大迫、12分には乾が立て続けにシュートを放ったがGKの好セーブに阻まれる。すると、コロンビアは同12分に得点を挙げたキンテロに代わってエースのロドリゲスがピッチに入った。 

     後半20分からは日本がボールを保持し続ける。乾、原口がサイドから幾度となくチャンスを作ったがゴールが遠い。同25分に先制PKを決めた香川に代わって本田が入った。すると同28分、本田のCKに大迫が頭で合わせる。シュートは右ポストに当たりゴールに吸い込まれる勝ち越しゴールとなった。 

     1点を追うコロンビアが猛攻。後半33分に右サイド奥でレルマがヒールでロドリゲスにパス。フリーのロドリゲスが左足でシュートも、大迫が体を張って守備。同35分に柴崎に代わり山口が、40分に2点目を決めた大迫に代わって岡崎がピッチに入った。試合終了間際には、コロンビアの猛攻を受けたが全員で守り切り、強豪コロンビアに2-1で競り勝った。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000551-sanspo-socc


    【【おめでとう!】≪日本 2-1 コロンビア≫ 日本代表がコロンビアに勝利!!、ワールドカップ ロシア大会】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル