かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:サッカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2019/09/25(水) 17:12:03.52 ID:CAP_USER
    ※スポーツソウルの元記事(韓国語)
    「ノーショー」も持病…ロナウド、授賞式不参加+読書三昧
    http://www.sportsseoul.com/news/read/823355
    no title

    国際サッカー連盟(FIFA)の年間表彰式『The Best』が行われ、式典を欠席したユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドを韓国メディアが批判している。

    FIFAの年間表彰式『The Best』が23日にミラノで開催され、2019年の年間最優秀選手賞にはバルセロナのFWリオネル・メッシが輝いた。

    C・ロナウドは最終候補3名にリバプールのDFフィルヒル・ファン・ダイクととともにノミネートされていたが、式典に姿を見せなかった。

    C・ロナウドの欠席を受け、韓国『スポーツソウル』が過激な批判を展開している。

    韓国でC・ロナウドが批判の的となったのは、7月26日に韓国で行われた親善試合が発端。C・ロナウドが契約を守らずに試合を欠場したことで批判を受けると、韓国国内で大きな波紋が広がった。

    記事では『The Best』の授賞式を2年連続で欠席していることを指摘し、「ここまで来れば持病だ」と痛烈に批判した。

    C・ロナウドは内転筋の疲労のため24日のブレシア戦は招集メンバーから外れており、これが表彰式を欠席した理由と見られている。

    しかし、『スポーツソウル』は「韓国のサッカーファンにはすでに公然と知られているC・ロナウドの行動だ」と皮肉り、「もはや国内で愛されていないサッカースター」とこき下ろした。

    さらに、C・ロナウドが自身のSNSに読書している写真を投稿したことも見逃さず、「読書でリラックスする余裕があれば、イタリア国内で行われた表彰式に出席するのは難しくなかったはずだ。式に出席するかどうかは意志の問題だったのだ」と揶揄している。


    19/9/25 16:16
    ゲキサカ
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?286024-286024-fl

    【【粘着する韓国】過激なC・ロナウド批判…表彰式欠席に 「ここまで来れば持病」 「愛されていないスター」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 鴉 ★ 2019/09/21(土) 01:26:06.30 ID:CAP_USER
    kr250
     
    C.ロナウドの“欠場騒動”は続く
    韓国警察がユーべ招待試合を主催した会社代表を召還調査

    クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)の“欠場騒動”を捜査中の韓国警察が、ユベントスとチームKリーグの試合を主催したTHE FESTA社の代表を召還調査した。

    ソウル水西(スソ)警察署は9月20日、9月19日午後にTHE FESTA社のロビン・チャン代表を呼び、8時間の調査を行ったことを明らかにした。

    警察は参考人の陳述と押収物の分析結果をもとに、試合誘致の過程などについて尋問したという。

    問題となったのは、去る7月26日に行われたユベントスとチームKリーグの親善試合だ。

    同日、ロナウドはその親善試合に少なくとも45分以上出場すると約束して来韓したが、試合に出場せず、サッカーファンの怒りを買った。ユベントスのマウリツィオ・サッリ監督は試合後、ロナウドが筋肉に問題が生じたため、試合前日に欠場を決めたと理由を説明した。

    ロナウドのプレーを楽しみにしていたファンは怒りを爆発させ、“ロナウド欠場騒動”が巻き起こった。

    7月26日、韓国で行われたユベントス対チームKリーグの親善試合をベンチで見守るクリスティアーノ・ロナウド そして検察出身の弁護士が、試合を総括したTHE FESTA社とユベントス、ロナウドを詐欺の疑いでソウル地方警察庁サイバー捜査隊に告発した。

    同弁護士は告発状を提出し、「主催側と所属チームはロナウドが試合に出場する意思や能力がないことを知っていた可能性が高い」と主張したという。

    警察は8月初め、ソウル江南(カンナム)区にあるTHE FESTA社のオフィスなど、3カ所の家宅捜索を行いながら、本格的な捜査を開始した。

    警察はロビン・チャン代表を再び召喚調査することを検討している。

    スポーツソウル
    https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=6483

    【【韓国】C.ロナウドの欠場騒動は続く 韓国警察がユーべ招待試合を主催した会社代表を召還調査】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: すらいむ ★ 2019/09/13(金) 12:25:55.52 ID:liOs857S9
    【海外発!Breaking News】サッカー中継に喫煙する子供が映る 人々が騒ぐも実年齢が36歳と判明(トルコ)

    「子供が喫煙!」と大騒ぎされてしまった36歳男性
    no title


     このほどトルコで、見た目と実年齢にギャップがありすぎる男性が話題になっている。
     プロサッカーチームによる親善試合のテレビ中継で12歳ほどの少年が観客席で喫煙している姿がカメラに映り、人々が仰天したのだ。
     『Metro』『talkSPORT』などが伝えている。

     トルコのブルサにある「ティムサ・アリーナ(Bursa Büyükşehir Belediye Stadyumu)」で今月8日、ブルサスポル対フェネルバフチェのサッカーの試合が行われた。
     これは病気と闘う子供達のために開かれた親善試合で、収益の一部は白血病やダウン症などの病気に苦しむ患者をサポートする慈善団体へと寄付される。

     試合を行った両チームはトルコでも人気が高く、その様子はテレビ中継もされたが、途中でテレビカメラがある観客の姿を捉えた。

    (略)

    ライブドアニュース 2019年9月12日 21時0分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17073391/

    【【海外の話題】サッカー中継に喫煙する『少年』が映って大騒ぎに…実年齢36歳と判明(トルコ)  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 鴉 ★ 2019/09/08(日) 14:28:02.50 ID:CAP_USER
    朴智星(パク・チソン)が所属していたオランダのプロサッカー名門クラブPSVアイントホーフェンが旭日旗(戦犯旗)模様を使ったことに対し韓国語で公式に謝罪した。

    アイントホーフェンは8日に球団公式SNSを通じ「先週PSVは複数の人が不快に感じるイメージを掲示した。決してファンの気持ちを逆なでしようという意図ではなかった」と謝罪の意を伝えた。

    球団はハングルで謝罪文を掲載し、過去に球団で活躍した韓国出身選手の許丁茂(ホ・ジョンム)、朴智星(パク・チソン)、李栄杓(イ・ヨンピョ)にも言及した。「このこと(旭日旗模様の使用)をめぐり賢明でない選択だったという話も出てきた。PSVは互いに対する尊重を非常に重視する。許丁茂、朴智星、李栄杓選手もこうした点をよく知っている」と付け加えた。

    アイントホーフェンは先月28日に旭日旗模様のグラフィックが使われた画像をSNSに上げた。日本代表チーム出身のミッドフィルダー堂安律獲得の知らせを伝えながらだ。ファンらがグラフィックに使われた旭日旗模様は日本の軍国主義の象徴だと抗議するとすぐにアイントホーフェンは旭日旗模様を別の形に変えた。

    最近サッカー球団や試合で旭日旗模様を使うことが繰り返されている。

    2月にはトルコのペシクタシュが日本の香川真司を獲得しながら旭日旗模様を使って議論になり、昨年には欧州リーグ準決勝でアトレティコ・マドリードのファンらが旭日旗を応援道具に使ったりもした。

    国際サッカー連盟(FIFA)はサッカーの試合などでドイツのナチ模様使用を禁じている。だが日本の旭日旗に対する制裁は依然として行われておらず、日本軍国主義の象徴という意味を知らないままさまざまな場所に露出されている。


    中央日報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00000004-cnippou-kr

    【【韓国紙】「戦犯模様使用」…オランダのサッカークラブ、韓国語で謝罪 ナチ模様は禁止なのに旭日旗への制裁は依然行われず 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/08(日) 23:08:49.01 ID:+Ie7GTLM9
    5FE320FF-5C2C-4C43-8488-9FBFF4208CB7

    優勝候補として臨んだ2002年W杯、不可解な判定の末にベスト16で韓国に敗れる

    現役時代に“重戦車”の愛称もつけられた元イタリア代表FWクリスチャン・ヴィエリ氏が、スペインメディア「マルカTV」に出演してインタビューに応じている。
    そのなかで、2002年の日韓ワールドカップ(W杯)における韓国戦について、「俺が韓国人なら、恥ずかしいって思うだろう」と話した。

    ヴィエリ氏が出場した2002年W杯では、イタリアは優勝候補の中でも上位評価だった。
    後にバロンドールも獲得するDFファビオ・カンナバーロや、DFパオロ・マルディーニといった選手が強固な最終ラインを形成し、
    前線ではヴィエリ氏の他にもFWフランチェスコ・トッティやFWアレッサンドロ・デル・ピエロといった“ファンタジスタ”に事欠かなかった。

    しかし、イタリアは調子の上がらないグループリーグで2位通過となり、16強で韓国と対戦した。
    そこでは、今でも語り草となるほどのバイロン・モレノ主審による不可解な判定の連続があり、最終的にイタリアは韓国に1-2で敗れて姿を消した。
    ヴィエリ氏は歯に衣着せぬ表現で振り返った。

    「まあ、ピッチ上の俺たちを見てくれていれば分かると思うのだけども。うまくいかなかったことの代償を払ったとは言えるのかもしれないが、トッティ、マルディーニ、そして俺に対するファウルは何も取られなかったね。
    イタリアが勝利できる可能性はあったけれども、これが一つのスキャンダルだという事実はそこにある。こんなことがW杯で起きるなんて思っていなかったよ。俺が韓国人なら、恥ずかしいって思うだろうね」

    以前にはデル・ピエロ氏がインタビューで「ひどい失望だった」と話したこともある韓国戦だが、ヴィエリ氏も同様の思いは消えないようだ。インタビューを行ったメディアのスペインも、
    8強で韓国と対戦した際には不可解なゴール取り消しなどに見舞われて敗退の憂き目にあった。そういった“仲間意識”があるのかは分からないが、
    ヴィエリ氏にとってあの韓国戦は最悪な記憶でしかないことがうかがわれる言葉が並んでいた。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190908-00216019-soccermzw-socc
    9/8(日) 19:20配信

    【【サッカー】「俺が韓国人なら恥ずかしい」 元イタリア代表FW、日韓W杯の“最悪な記憶”を回顧 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガラケー記者 ★ 2019/09/06(金) 15:57:57.19 ID:CAP_USER
    kr250
     
    2019年9月5日、韓国・スポーツ京郷などは、「シリアが韓国とのサッカーの親善試合を一方的にキャンセルした」と報じた。

    キム・ハクボム監督率いるU-22(22歳以下)サッカー代表チームとシリアとの親善試合は、6日と9日に済州ワールドカップ競技場で行われる予定だった。しかし3日午後9時ごろ、出国準備の過程でシリア選手団のパスポート更新に問題があったとして、最終的に試合がキャンセルになったという。

    記事は、アジアサッカーに詳しい関係者が「シリア代表が試合の日程に合わせて出国できなかったのは、徴兵制国家であるシリアで兵役義務を解決できていなかった選手らの問題のため」と語ったことを伝えている。

    大韓サッカー協会側は「韓国が招待する形式の試合なので、航空券や宿泊先の予約などのためにパスポート情報を事前に要請していたにもかかわらず、パスポートが更新されなかったという理由が分からない。正確な理由の説明を求める内容を盛り込んだ公文書を再度送った」としているという。

    これを受け、韓国のネット上では「シリアはまだ戦争中でしょ?」「実力はあるかもしれないけど、シリアの国の状態分かってる?」など、見通しの甘い韓国サッカー協会への批判が相次いだほか、「選手たちが徒労に終わらないよう、一日も早く別のチームと試合しよう」と選手を気遣うコメントも少なくない。

    また、今週末は朝鮮半島に台風が近づいていることから「ある意味よかったかもね。台風のせいで試合できるかも危ういから」と台風関連のコメントも寄せられている。

    Record china
    2019年9月6日(金) 15時50分
    https://www.recordchina.co.jp/b592137-s0-c50-d0127.html

    【【サッカー】シリアが韓国との親善試合をドタキャン、その理由は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2019/08/22(木) 11:14:14.65 ID:CAP_USER
    98A9C0C3-57DD-431A-A0F0-9D97B4FFDEF5
     
    韓国で“誠意のない態度”を一貫させたユベントスが、アジア市場を攻略するために、キックオフ時間を調整したというニュースが報じられた。

    イギリス公営放送『BBC』の8月21日の報道によると、ユベントスは中国をはじめとする東南アジア諸国がより良い時間帯に試合を視聴できるように、キックオフ時間を早める方法を求めている。

    ユベントスのグローバルパートナーシップ責任者ジョルジオ・リッチは、「我々は国内と海外のファンとのバランスを合わせなければならない」とし、「この点でプレミアリーグとセリエAは差が大きい」と指摘した。そしてセリエAもプレミアリーグのように、アジアのサッカーファンが不便なく観戦できる時間に開始される必要があると主張した。

    彼の言葉通り、プレミアリーグは正午以降に試合時間を繰り上げて、アジア全域で夜の時間帯に観戦できるように誘導している。その変化は、プレミアリーグの世界的な人気の上昇、そしてプレシーズンのアジアツアーに大きな助けになる。

    ユベントスも同じ効果を期待している。実際ユベントスは昨年の夏、クリスティアーノ・ロナウドを前面に推したツアーでアジア市場の開拓に成功した。

    ただ、ユベントスの今回の主張は、韓国で見せた態度と180度異なることが残念なところだ。

    ユベントスは訪韓した7月、チームKリーグとの親善試合で誠意のない態度を見せた。何よりもスーパースターであるロナウドが試合を欠場し、韓国サッカーファンからクレームを浴びた。その過程でユベントスも傍観者となり、韓国サッカーファンの心は離れた。

    もはや韓国で、ロナウドのファンを見つけることは難しい状況だ。

    そのためユベントスがアジア市場の開拓に拍車をかけようとする姿は、なんとも逆説的に感じられる。基本を守らずに、次のステップに進もうとする姿勢だからだ。

    一方で、ユベントスが狙うアジア市場において、韓国が占める割合が大きくないことを証明している。もしユベントスがアジア市場における韓国を大切に考えているのであれば、7月に訪韓したとき、誠意のない態度をとることはなかっただろう。

    2019年08月22日
    スポーツソウル
    https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=5886

    【【韓国除外】クリロナ擁するユベントスがアジア市場攻略へ…韓国を大切に思わない“証拠”? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 鴉 ★ 2019/08/14(水) 20:47:32.39 ID:CAP_USER
    3F5898E6-A593-44A9-ABBC-44770CAD7CFD
     
    ユベントス所属のポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドを巡る騒動は、少なくとも韓国国内では終息の気配を見せていない。

     現地7月26日、ユベントスは韓国に遠征し、Kリーグのオールスターチームとの親善試合を戦った。このイベントを運営する『THE FESTA』社との契約において、ユベントスはC・ロナウドを少なくとも45分間出場させる取り決めとなっていたが、選手本人はコンディション不良を理由にベンチに座ったまま動かず、そのままタイムアップとなってしまった。

     これに激高したのがC・ロナウドのプレーを楽しみにし、高額チケットを購入したファンたちだ。ユベントス側はドクターの判断だったと説明したが、謝罪がいっさいなかったことで、韓国ファンの怒りを増長させた。その一件以降、C・ロナウドのインスタグラムには投稿するたび、おびただしい数のハングル文字によるメッセージが書き込まれている。8月13日にアップした本人のトレーニング画像に対しても、

    「恥を知れ!」
    「いつになったら謝罪するんだ!」
    「謝るまで我々は闘い続けるぞ!」
    「いまだにチケットを買ったサッカー少年たちは涙に暮れている。責任を取れ!」
    「本当に大嫌いになった。君のせいでサッカーさえ嫌いになるファンが増えている」

     などなど、バッシングが鳴り止まない。相変わらず「メッシのほうが最強」とばかりに、リオネル・メッシの顔を点文字でコラージュした投稿も多く、一般のフォロワーからは「いい加減にしろ」「不快でしかない」「韓国人は入ってくるな!」といったメッセージも少なくない。

     そんななか、ひとつの動画が韓国国内で反響を呼んでいる。

     ユベントスは先週土曜日、スウェーデンのストックホルムでアトレティコ・マドリーとの親善試合に臨んだ。結果は2-1の勝利で、C・ロナウドは先発を飾って後半途中に退いた。

     この遠征の最中、韓国からひとりのユーチューバーが現地に乗り込み、ユベントスの宿舎や移動中の空港に登場。C・ロナウドに対して「なぜ試合に出なかったんだ?」と直接質問をぶつけ、C・ロナウドが無言で通り過ぎる様子や、マウリツィオ・サッリ監督にもアタックする模様などをYouTubeに投稿。この行動に関してはコメント欄で賛否両論が飛び交っているが、実に2560万を超える再生回数を記録している。依然として韓国国内で高い関心度があることを証明した。

     一連の騒動に対しては韓国警察が詐欺等の容疑で捜査に乗り出しており、運営会社の家宅捜索を行なったという報道も流れた。その『THE FESTA』社は公式サイトで謝罪文を掲載するに至り、ユベントス側に「契約違反に関する抗議文を送り、協議の準備を始めた」という。だがここ数日、事態に進展は見られない。

     ユベントスとC・ロナウドは沈黙を貫いているが、想定外に大きくなった今回の騒動はどのような決着を見るのだろうか。いずれにせよ、韓国ファンの怒りが収まっていないのは確かなようだ。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190814-00010004-sdigestw-socc

    関連
    【国際】C・ロナウド欠場への怒り収まらず…韓国人がスウェーデンまで押し掛け「チケット代支払って」 [8/13]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1565696221/
    【ハンギョレ】「エヴァンゲリオンの漫画とDVDは廃棄処分だ」 貞本義行氏の嫌韓発言にネットでは反発の声[08/13]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1565678580/

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1565783252/ 【【世界に恥を晒す韓国】韓国民「恥を知れ!」「謝るまで闘う」C・ロナウドがインスタに投稿をするたび、おびただしい数のハングルメッセージ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 鴉 ★ 2019/08/13(火) 20:37:01.48 ID:CAP_USER
    D1E9060C-0551-4522-914F-03513BBFC8C7
     
    C・ロナウド欠場への怒り収まらず?韓国人がスウェーデンまで押し掛け「チケット代支払って」

    2019年8月12日、韓国・世界日報などによると、ユベントスのクリスチアーノ・ロナウドとサッリ監督に会うためスウェーデンのストックホルムを訪れた韓国のユーチューバーが話題になっている。

    ロナウドは先月、韓国で行われたKリーグとユベントスの親善試合のため訪韓した。契約では「少なくとも45分間は出場する」となっていたが実際は出場せず、韓国のファンらから批判を浴びていた。これについてサッリ監督は「ロナウドの筋肉の疲労を考慮し決定した」と説明し、「ロナウドのプレーが見たければ私が飛行機とチケット代を支払う」と述べていた。

    これを受け、韓国人ユーチューバーのクァク・ジヒョクさんはロナウドとサッリ監督に会うためスウェーデンを訪れ、その映像を今月12日に公開した。映像には、ユベントスの選手らの宿泊するホテルを訪れたジヒョクさんが、散歩するため現れたロナウドに対し「クリスチアーノ、僕は韓国から来た。なぜ韓国で試合に出場しなかった?その理由を話せるか?」と書かれた紙を掲げて「なぜ韓国では試合に出なかった?」と問いかける様子が映っている。しかしロナウドはこれに反応せず素通り。その後、ホテルに帰って来たロナウドは集まったファンからのサインや写真撮影に応じたが、ジヒョクさんの紙には目を向けなかった。

    その後、ジヒョクさんは空港に到着したバスから降りたサッリ監督に対しても「少し前に韓国であなたが『ロナウドを見たければイタリアに来い。そしたらチケット代を支払う』と言ったので、チケット代をもらうために韓国からやって来た。僕は8月31日のナポリ戦が見たい。僕にチケット代を払ってくれ」との内容の紙を掲げた。するとそれを見たサッリ監督は笑みを浮かべ「君に言ったのではない」と一言。さらにジヒョクさんが「僕はあなたに会うため韓国から来た」と言うと、サッリ監督は「メールに書いて送りなさい」と答えた。

    これを見た韓国のネットユーザーからは「素晴らしい。応援する」「ユベントスは韓国を甘く見ていた。韓国国民は行動する国民だよ」「かっこいい。必ずチケット代をもらってほしい」などジヒョクさんへの称賛の声が続々と上がっている。また、「君に言ったのではない?じゃあ誰に言ったの?ロナウドを楽しみにしていた韓国のファンでしょ?」「サッリ監督は自分の言葉に責任を持つべき」などと指摘する声も。

    一方で「そこまでしなくても。なんかみっともない」「視聴者を増やしたいがためにそこまでするなんて恥ずかしい」との声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

    2019/08/13 18:50 レコードチャイナ 
    https://news.goo.ne.jp/article/recordchina/world/recordchina-RC_734051.html

    【【韓国】C・ロナウド欠場への怒り収まらず…韓国人がスウェーデンまで押し掛け「チケット代支払って」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/08/13(火) 02:44:17.14 ID:CAP_USER
    no title
     
    元韓国代表MFチョン・ジョンソン氏、保護者への性的暴行と横領疑惑で提訴

     韓国サッカー界に激震が走った。大韓サッカー協会(KFA)は12日、元サッカー韓国代表MFで高校サッカー連盟会長チョン・ジョンソン氏が保護者への性的暴行と横領疑惑で提訴された一件を受けて、同氏に職務停止処分を下した。韓国メディアが一斉に報じている。

     チョン・ジョンソン氏は、高校サッカーの監督を務めていた数年間、保護者から受け取っていた運営費を約10億ウォン(約1億円)横領していたと報じられている。同時に、ある保護者が息子の問題で来校した際、同氏から性的暴行を受けたと供述して騒動へと発展。さらにチョン・ジョンソン氏は、「このことを話せば子供の将来を潰す」と母親を脅していたとされる。

     韓国メディア「SPOTV NEWS」は12日午後、「【公式発表】サッカー協会、『性的暴行、横領疑惑』チョン・ジョンソン会長が職務停止」と速報。KFA公正委員会は一連の報道を受けて「性的暴力被害者を保護する一方、高等連盟会長として指揮と監督権限を実行することが不適切と判断」「最終懲戒を決定する前に、一時的措置として会長の職務停止、被害者に対する一切の直接・間接的な接触行為を禁止することを決定した」と発表している。

     今回の件を深刻と捉えたKFAが臨時措置を取った形だが、公正委員会は「まだ捜査が進行中で事実の真偽を明確に把握することが難しい。当事者の陳述を聞いた後、最終的な懲戒レベルを決定する」としている。

     これから本格的な調査が進み、事実関係が浮き彫りとなってくるはずだが、前代未聞の事件に韓国サッカー界はしばらく揺れそうだ。

    2019.08.12(Football ZONE web編集部) 
    https://www.football-zone.net/archives/210182


    【【韓国サッカー界に激震!】元代表MFで高校サッカー連盟会長、性的暴行&横領容疑で職務停止「このことを話せば子供の将来を潰す」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/08/10(土) 13:51:15.48 ID:CAP_USER
    kr250
     
    サッカー選手クリスティアーノ・ロナウド(34、ユベントス)の「ノーショー(欠場)」問題をめぐり
    2次損害賠償訴訟が提起された。

    法曹界によると、ネイバー「ロナウド事態訴訟コミュニティー」会員87人はこの日午後、ソウル中央地裁に親善試合主催会社ザ・フェスタを相手取り損害賠償請求2次訴状を提出した。

    ザ・フェスタに請求した損害賠償額はチケット代と精神的慰謝料を含む8280万ウォン(約722万円)。 コミュニティー側はこの日配布した報道資料で「ザ・フェスタを相手に仮差押えのような保全処分申請などを検討するために速やかに2次訴状に入った」と明らかにした。

    ロナウドは先月26日、ソウルワールドカップ競技場で開催された韓国プロサッカーKリーグ選抜チーム「チームKリーグ」とユベントスの親善試合で、主催会社側の広報とは違って試合に出場せず最後までベンチに座っていた。

    その後、コミュニティー会員2人は先月29日、ザ・フェスタを相手取り仁川(インチョン)地裁に
    1人あたり107万1000ウォンを請求する1次損害賠償訴訟を提起した。ロナウドとユベントス、ザ・フェスタは詐欺などの疑いでも告発された状態だ。

    警察は8日、ザ・フェスタの事務室とサーバー管理会社など3カ所を家宅捜索し、契約関連の書類などを確保した。
    ザ・フェスタ関係者1人は出国が禁止された状態だ。コミュニティー側は訴訟参加希望者をさらに募集し、来週中に追加の訴訟提起をする計画という。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/article/458/256458.html?servcode=400&sectcode=400

    【【韓国】「クリスティアーノ・ロナウド欠場」 2次訴訟に87人加勢・・・「慰謝料」要求 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2019/08/07(水) 09:15:30.81 ID:CAP_USER
     98A9C0C3-57DD-431A-A0F0-9D97B4FFDEF5
    契約不履行? 損害賠償? 一体、何の?

    クリスティアーノ・ロナウドとユベントスへの損害賠償訴訟騒ぎについて、イタリアは驚くほど冷淡だ。

    極東アジアでの喧騒がまったく嘘のように、近所のバールでも記者同士の軽口でもまったく話題に上らない。歯牙にもかけない、とはこのことだろう。

    「信じがたい。彼らは本気でこんなことをやっているのか?」

    トリノの同業者に、韓国の弁護士事務所が4カ国語でクリロナとユーベを糾弾する動画メッセージを見せたところ、彼は心底呆れかえっていた。

    Kリーグ選抜との親善試合が行われてから1週間強が過ぎた。セリエA開幕を控えるC・ロナウドとユベントスにとって、アジアツアーはもう完全に過去の話なのである。

    ■トレード交渉ネタ一色。
     
    先月26日にソウルで行われたKリーグ選抜との親善試合翌日こそ、イタリアの新聞各紙は結果とマッチレポート、サッリ監督のコメントを掲載したものの、それ以降に韓国で沸き起こった抗議と謝罪と損害賠償を求める動きについて報じる動きは皆無に等しいと言っていい。

    新聞でもTVでも、スポーツ枠でのユベントス関連情報はまずトップ扱いだが、この週末の話題はFWディバラとFWルカク(マンチェスター・U)のトレード交渉ネタ一色だった。

    ユーベがアジアツアーを終えて帰国した27日以降、若手有望株だったFWケアンのエバートン放出や8月10日に控えるA・マドリーとのテストマッチに向けた動向など現地メディアには無視できないネタやイベントが目白押しだった。

    29日にマドリードに飛び『マルカ』紙の表彰を受けたC・ロナウドが「CL制覇に足りないものはない」と新シーズンへの抱負を語れば、8月に入ってDF J・カンセロとDFダニーロ(マンチェスター・C)とのトレード交渉が過熱する、といった按配で息つく暇もない。

    ■誰も興味すら持っていない。
     
    6月のW杯で活躍したユベントス女子部門のMFボナンセアが契約延長したというニュースですら、4×10cm大の小さな囲み記事になったというのに、ソウルで主催者が観客への釈明に追われ、Kリーグ会長がユベントスに抗議の書簡を出し、警察が詐欺容疑の告訴状を受け取っても、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』ではたった1行にもならなかった。

    誇張でも何でもなく、イタリアでは韓国での騒動に誰も興味すら持っていないし、報道のニーズもないのだ。

    ただし、各メディアとも紙幅に制限のないネット版では(もちろん移籍市場動向といった優先ネタよりずっと細々とした扱いだが)、この騒動をフォローしている。

    内容はソウル発の報道をほぼなぞったものだから特筆しないが、それらの記事に寄せられたコメントには、異口同音ながら必ず共通したコメントがあった。

    ■「主審モレノ」と「誤審」。

    「2002年を忘れるものか」

    17年前の夏以来、「韓国」と聞いて日韓ワールドカップを思い出さないイタリア人はいない。理不尽で忌々しい屈辱的敗戦の記憶は「主審モレノ」、「誤審」という呪詛の言葉とともに、今も決して治らない古傷のように心のひだにこびりついている。

    あのときの無念と悔しさは忘れようがない。

    今回の親善試合でKリーグ選抜の3点目を決めたオーストラリア人FWアダム・タガート(水原三星)が「ユベントスとやるよりKリーグでやる方が正直きつい。ここじゃボールをもったらすぐ3人から囲まれるからね」と“韓国アゲ”発言をしたところ、やはりイタリアのファンは辛辣な反応を示した。

    「この暑い時期に、テストマッチでユーベが真剣に走るわけないだろ」

    「こいつ一体何様だ? 韓国でプレーしている時点でレベルは知れてるがな」

    「若手主体のユーベにも勝ちきれなかったのに何言ってやがる」

    2019/08/06 17:30
    https://number.bunshun.jp/articles/-/840240


    【【サッカー】韓国のC・ロナウド訴訟騒ぎへの反応。イタリアでは「W杯の誤審を忘れない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2019/08/01(木) 11:05:48.50 ID:CAP_USER
    2019.08.01 午前02:54

    no title


    ユベントスがプロサッカー連盟(Kリーグ)の抗議公文書について答えた。結論は、自分たちに非はないということ。
    ロナウドの欠場については、「メディカルスタッフが、ロナウドは休息を取るべきだと助言した」とだけ答えた。
    むしろ法務チームを通じて法的対応を示唆した。居直りであった。

    スポーツ朝鮮は、ユベントスのアンドレア・アグネリー会長がクォン・オガプ連盟総裁に送った公文書を単独で入手した。
    中略

    連盟は、ユベントスが去る26日、ソウルワールドカップ競技場で開かれたユベントスとチームKリーグ間の 親善試合でロナウドが欠場するなど、契約を忠実に履行していないことについて抗議する文書を発送したと29日明らかにした。
    当時連盟は、文書でユベントスの無責任さと試合時間まで変更してほしいと要求した傲慢さを指摘した。

    ユベントスがプロサッカー連盟に送った公文書の一部

    これに対して、ユベントスが回答した。公文書でユベントスは「元々Kリーグとユベントスの試合は27日に計画されていた。
    しかし、Kリーグの要求に応じて26日に再調整された」と切り出した。それとともに「交渉期間中、ユベントスのマネージャーは、 このようなスケジュールの変化により生じる可能性がある潜在的な危険性について話し続けた」とした。 その一方で「韓国ファンに最高レベルのサッカーを見せることを約束し、26日の開催に合意した」と述べた。

    ユベントスは韓国の支援がなかったと主張した。「移動の難しさを知っており、飛行機の着陸と入国、
    チームバスのための警察の護衛などの諸条件について助けてくれることを要求した」と主張したユベントスは、 「しかし残念ながら、このような要請は受け入れられず、飛行機から降りるために45分、空港を抜けていくのに 1時間50分もかかった」と付け加えた。

    ユベントスは「このような過程は、タイトなスケジュール(Kリーグが27日から26日への変更を要請した)に影響を与えながら、 午後4時30分にホテルに到着した。 リラックスしたり、試合前に通常の活動をするには時間がなかった」と述べた。
    その一方で「私たちはユベントスのファンを喜ばせるため、私たちができる最高レベルの対応をした。
    ワールドチャンピオンであるブッフォンをはじめ(中略)国家代表選手たち、そしてバロンドール受賞であり、 副会長のパベル・ネドベドまで(ファンミーティングに)参加した」と恩着せがましかった。

    ホテルから競技場への移動の過程も言い訳にした。ユベントスは「関係者からホテルからスタジアムまで
    通常40分ほどかかると聞いた。しかし、私たちの要求とは異なり、警察の護衛はなく、
    交通渋滞はすごかった。 私たちのチームバスは2時間も道路に閉じ込められた。世界のどこでも経験したことができなかったこと」とした。
    それとともに「競技場に行く間、パベル・ネドベド副会長は関係者から迷惑をかけて申し訳ないという電話も受けた」と 自分たちのせいではないことを強調した。

    ロナウドの欠場については、「メディカルスタッフは、ソウル到着の48時間前に南京で行われた試合を通じて筋肉疲労が生じ、 休憩を取るべきだと助言した」と明らかにした。 45分の義務出場規定については、ただの一言もなかった。

    それとともにユベントスは「Kリーグが主張した無責任な行動や傲慢さ、ファンを無視したという告発は明らかに拒否する。
    ユベントスの誰もがKリーグとKFA、そしてAFCから汚名をかぶせられるような行動をしておらず望まない」とした。
    続いて「Kリーグが提起した告発について、私たち法務チームに対応を検討するよう指示した」とし、法的対応まで示唆した。

    マイデイリー(韓国語)
    https://sports.news.naver.com/wfootball/news/read.nhn?oid=076&aid=0003448691

    【【韓国発狂】ユベントスが韓国の抗議を完全に一蹴「Kリーグの抗議を拒否する」「法的対応を検討する」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2019/08/01(木) 09:52:51.64 ID:CAP_USER
    98A9C0C3-57DD-431A-A0F0-9D97B4FFDEF5

    「コリアパッシング」論争を引き起こしたクリスチアーノ・ロナウド(34、ユベントス)が自分のSNSに
    韓国のファンたちの非難のコメントが殺到すると素早い対応に乗り出した。謝罪よりもコメントの削除が優先だ。

    ロナウドは先月26日、ソウルワールドカップ競技場で開かれたチームKリーグとユベントスの親善試合を欠場した。
    当初45分の出展義務規定があったが、これを無視して、90分間ベンチだけ守った。

    痛いという言い訳で韓国を無視したロナウドは、翌日SNSにランニングマシンを走る映像を上げて韓国ファンをさらに怒らせた。

    これに怒った韓国のサッカーファンは、ロナウドのSNSに集まって公式解明を促した。

    一部のファンはロナウドのライバルであるリオネル・メッシを称賛するコメントをして、彼を刺激した。
    これに反発した中国、日本ネチズンの間で舌戦が繰り広げられたりもした。

    ロナウドは自分のSNSに非難コメントが飛び交うと、これを消去し始めた。韓国ファンに謝罪するよりコメント消去が先である。

    マイデイリー(韓国語) 2019-08-01 08:15 
    https://sports.news.nate.com/view/20190801n05980

    【【韓国を煽るw】「ロナウドが謝罪どころか韓国語のコメントを削除し始めた」 韓国発狂 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 久太郎 ★ 2019/07/31(水) 12:44:24.75 ID:4w1DDib79
    kr250
     
     警察が、韓国で行われた親善試合を欠場したサッカー界のスター、クリスチアーノ・ロナウドの捜査に着手した。

     ソウル地方警察庁は「詐欺容疑で告訴状が受理されたロナウドやユベントスなどに対する捜査をソウル水西警察署に配当した」と30日、明らかにした。法務法人LKBパートナーズのオ・ソクヒョン弁護士がロナウドと所属チームのユベントス、試合を総括した韓国の主催企業「ザ・フェスタ」を詐欺容疑で警察に告発していた。

     水西警察署は「ロナウドとユベントスの告発状は受理された。罪になるということであれば、被告発人に対して出席要求書を送るのが通常の捜査手順だ。事件を検討した上で、召喚するかどうかを決定する」と明らかにした。

     しかし、出席要求書が発行される可能性は低い。告発容疑がある程度立証されなければならないからだ。警察関係者は「『故意にだました』という客観的な状況がなければ詐欺罪ではなく、民事の問題になるので、警察は介入できなくなる」と話している。

     もし、このような状況があったとしても、国内召喚が問題になる。外国人が韓国で犯罪を行った場合、警察は国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)に捜査協力を依頼したり、相手国に犯罪人の引き渡しを要求したりすることもある。しかし、警察庁の内部規則では、「懲役1年以上の刑」の犯罪にのみインターポールに捜査協力を要請できるようになっている。ロナウドが暮らすイタリアに犯罪人引き渡し要求をしようとしても、裁判所が逮捕状を発行するほど犯罪の容疑が相当部分で認められなければならない。ロナウドが召喚に応じなくてもインターポールの捜査協力要請や犯罪人引き渡し要求をするのは難しいことだ。

     今回の刑事訴訟とは別に、ロナウドの欠場と関して集団損害賠償訴訟も起こされる。30日現在、試合を主催したザ・フェスタを相手取った損害賠償訴訟団に約2000人が集まっている。

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00080013-chosun-kr


    【【世界に恥を晒す】C・ロナウド召喚?韓国警察「親善試合欠場問題」詐欺容疑で捜査着手 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2019/07/31(水) 01:32:09.14 ID:CAP_USER
    98A9C0C3-57DD-431A-A0F0-9D97B4FFDEF5
     
    C・ロナウド、韓国欠場騒動でクラブ関係者が新証言 「出場要請をロナウドが拒否した」

    7/30(火) 17:50配信
    Football ZONE web

    26日のKリーグ選抜戦でロナウドが出場せず、クラブ関係者のコメントを韓国紹介

     ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、26日のKリーグ選抜戦でベンチに座ったまま出場せずに終わり、韓国で批判が噴出している。そんななか「ファンのために少しでも出場してくれという要請をロナウドが拒否した」というユベントス関係者の新証言を韓国放送局「SBS」が報じている。

    【動画】「嘘が露呈」「韓国ファンを馬鹿にしている」と非難殺到! 韓国で欠場のC・ロナウド、帰国後に投稿した“健康誇示”映像

     新シーズンに向けてユベントスはアジアツアーを敢行し、今月21日にシンガポールでトットナム、同24日に中国でインテルと対戦。そうして最終地として向かったのが韓国だった。ところがチームの韓国入りが遅れ、急遽キックオフ時間も1時間後ろ倒しになるハプニングが発生。そうしたなかで26日にKリーグ選抜とプレシーズンマッチを行った。

     ただでさえ韓国ファンの不満が溜まっているなか、エースのロナウドは筋肉疲労のためベンチスタートとなり、最後まで出場せずに終了。試合前に予定されていたサイン会も欠席しており、会場に訪れた6万人の怒りは一層膨らんだ。試合後も取材も受け付けずに会場を後にしており、ロナウドに対して批判が集中していた。

     韓国テレビ局「MBC」は「ロナウド騒動に関連し、ユベントスと主催者間の契約の一部をMBCが単独入手した」と報じ、「ロナウド45分出場規定は事実と確認された」と報道。主催者側とユベントスの間でロナウドが少なくとも45分間は出場する契約があったとしている。

     それでもロナウドは最後までピッチに立たなかった。そのなかでユベントス関係者の証言を紹介したのが韓国放送局「SBS」だ。「ファンのために少しでも出場してくれという要請をロナウドが拒否した」とクラブ関係者は語っており、「帰る飛行機の中で、なぜ出場しなかったのか尋ねたが、ロナウドは答えなかった」と明かしたという。

     韓国では訴訟に向けた動きが起きており、事態は収束するどころか、むしろ拡大している。ユベントス関係者は韓国を再び訪れて謝罪するとしているが、どのような決着を見ることになるのだろうか。

    Football ZONE web編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190730-00207075-soccermzw-socc

    【【無慈悲】ユベントススタッフ「韓国ファンのために出場してくれ」 ロナウド「断る」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2019/07/30(火) 19:12:43.29 ID:CAP_USER 
     98A9C0C3-57DD-431A-A0F0-9D97B4FFDEF5
    [アンカー]
    「ロナウドノーショー」の後日の暴風が吹き荒れています。

    親善試合当日、ユベントス球団の関係者が試合時間を減らさなければ、違約金を払って
    試合をキャンセルするという脅迫に近い発言もしたことが明らかになったんです。

    YTNの取材結果、このような無理な要求をした関係者は、ユベントスの伝説であり、現副会長のネドベドであることが確認されました。

    取材記者と話します。 両西昌記者!

    試合当日、時間を減らさなければ試合に出場しないという発言がネドベド副会長から出てきたんですって?

    [記者]
    そうです。 YTN取材陣が複数の関係者を通じて確認した内容ですが。

    試合当日、遅刻事態が起きると、パベル・ネドベドユベントス副会長がKリーグ関係者を見つけて、このような要求をしたことが明らかになりました。

    試合時間を前後半それぞれ40分ずつ進行して、様々なイベントが企画されたハーフタイムも10分にしてくれと要求しました。

    もしそうでなければ、違約金を払って試合に出場しないという脅迫に近い発言もありました。

    ネドベドは2001年から2009年までユベントスでプレーし、チームの全盛期を導いた元サッカー選手です。

    国内にもファンが多く、伝説的な人物です。

    チェコ生まれで、2003年にサッカー選手の最高の栄誉と言えるバロンドールも受賞しました。

    2012年にユベントス技術ディレクターとして経営に参加し、2015年から現在までユベントスの副会長を務めています。

    今回のユベントスのアジアツアーに同行した球団最高位です。

    したがって、今回の発言が球団最高位級のネドベドの口から出てきたという点で、韓国を無視したというファンの非難はより強まる見込みです。

    news nate(韓国語)
    https://sports.news.nate.com/view/20190730n25277

    【【韓国】ユベントス・ネドベド副会長「試合時間を短縮してくれ。じゃないと違約金を払って試合キャンセルするぞ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/07/30(火) 11:01:07.06 ID:CAP_USER
    98A9C0C3-57DD-431A-A0F0-9D97B4FFDEF5

    ワールドクラスと言われているが、プロらしい自己管理やファンサービスは失望させる水準だった。
    26日夜、韓国人のプライドを深く傷つけたイタリアプロサッカー球団ユベントスと看板スターのクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)のことだ。

    ユベントスは「ロナウドが45分以上出場」という契約条件を掲げて韓国に12時間(実際は10時間15分)滞在し、 Kリーグオールスターチームと親善競技をする条件で約35億ウォン(約3億2300万円)を受けた。

    しかしロナウドはこの日約束された45分どころか、体も動かさずベンチに座っているだけだった。
    ユベントスも失望したファンに謝罪もせず、誠意のない釈明で怒りを買った。

    世界最高スターの華麗なプレーを直接見ることができるという期待から最高40万ウォン台の入場チケットを購入した約6万人の観客のうち、 ロナウドの欠場を予想する人は誰もいなかった。ユベントスが遅刻という事態で試合を1時間も遅延させたが、 観客はロナウドが競技場のスクリーンに映し出されるたびに彼の名前を呼びながら声援を送った。

    しかしロナウドが試合に全く出場せず、観客と一度も目を合わさないまま競技場を去って行くと、サッカーファンは激しい背信感を感じた。
    悪天候と蒸し暑さの中でもロナウドの登場を競技場で何時間も待っていた子どものファンは涙を流したりもした。

    ユベントスのマウリツィオ・サッリ監督は試合後の記者会見で「ロナウドは筋肉の状態が良くなかったので昨日(25日)から出場しないことが決まっていた」と述べた。
    しかし試合の1時間前に伝えられた出場選手リストにはロナウドが含まれていたというのが国内主催会社側の主張だ。

    ロナウド本人もイタリアに帰国するやいなや、SNSに韓国のファンに対する謝罪は一言もなく「家に帰ってきてうれしい」(Nice to back home)
    という字幕を付けてランニングマシンで走る映像を載せた。「対国民詐欺」という批判が出ている理由だ。

    韓国国民が怒っているのは、ロナウドがファンサイン会をはじめ入国から帰国までの約10時間、約束したすべての公式日程に参加せず、 始終一貫して韓国を無視するような態度を見せたうえ、ユベントスも誠意のある謝罪をせず「(8億ウォン台の)違約金さえ支払えば終わり」という態度で傲慢に対応したからだ。

    韓国プロサッカー連盟だけが繰り返し謝罪したが、これで済むことではない。
    韓国を欺まんしたユベントスとロナウドに釈明を要求して謝罪を受けなければいけない。

    そうでなければ欧州名門スポーツクラブに「韓国は半日だけ立ち寄って金さえ稼げばよい国」と広告するのと同じではないのか。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/article/050/256050.html?servcode=100&sectcode=110

    【【ホントにそういう契約をしてたの?】「詐欺だ。 韓国を欺まんしたクリスティアーノ・ロナウドとユベントスは謝罪せよ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2019/07/29(月) 12:23:08.88 ID:CAP_USER
    7F52D7C2-697E-4FBB-8AD9-64C9DCE3D467
     
    ユベントス球団とロナウドの無礼と誠意は入国から出国まで続いた。
    ロナウドは午後2時45分、固い表情で入国場を通過した。

    スポーツソウル(韓国語)
    https://sports.news.nate.com/view/20190729n02951

    ユベントスは27日午前1時、チャーター機ですぐに戻っていく。

    スポーツソウル(韓国語)
    http://www.sportsseoul.com/news/read/796732

    【【韓国悲報】ロナウド率いるユベントス、10時間15分で離韓 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2019/07/28(日) 20:38:42.05 ID:CAP_USER
    no title


    アジアを苦痛の中に落とした日本の戦犯旗に対するヨーロッパの無知が物議を醸している。

    スペインメディア「マルカ(MARCA)」は去る27日(現地時間)、「バルサが日本で得た点」を主題に記事を送った。
    この記事には深刻な問題点があった。それは写真に使った背景だ。

    「マルカ」はフランキー・デ・ヨングやウスマン・デンベレなど選手団の写真の背景に戦犯旗を使ったのだ。

    戦犯旗は日本帝国主義侵略を象徴する。第2次世界大戦で太平洋とアジア国家を苦痛の中に追い立てたのだから、なおいっそう使ってはならない。これはドイツ侵略の象徴ナチ旗の「ハーケンクロイツ」をヨーロッパで表示するようなものだ。

    バルサは日本ツアーを進めながら現地になじみを見せようとし、「マルカ」もこれに便乗しようとしたと見られる。しかし、ヨーロッパで「ハーケンクロイツ」を禁止するのと同じように戦犯旗を使って、韓国をはじめとするアジア ファンたちに傷を残した。

    ハン・ジェヒョン記者

    スポーツコリア(韓国語) 
    http://www.sportalkorea.com/news/view.php?gisa_uniq=2019072805430612

     
    【【無知は韓国】 サッカー、バルサの日本ツアー報道に「戦犯旗」~ヨーロッパの無知がアジアのファンを傷つける 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル