かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:サツマイモ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ブギー ★ 2020/11/15(日) 18:37:36.51 ID:VJNWejDI9
    06C4C933-9A0B-43B4-90FB-C56CE773A00D

    韓国で、日本のサツマイモ「べにはるか」が無断で栽培され、広く流通している実態が明らかになった。既に韓国ではサツマイモ栽培面積の4割を同品種が占める。日本の農産物輸出の有望な品目・品種であるだけに、国内産地からは海外に売り込む際、競合することを心配する声も上がっている。

     韓国への流出は、同国の農業者らが日本の産地を視察した際、「べにはるか」の種芋を無断で持ち帰ったのが原因とみられる。2015年ごろから南部地域の全羅南道海南郡で栽培が始まり、18年には同国のサツマイモ栽培面積(2万753ヘクタール)の4割に達している。

     現地で「べにはるか」は5キロ当たり1000~2000円と、日本産の日本国内での価格より安く出回っている。短期間に栽培が拡大したのは、韓国の公共機関である地方技術センターが組織培養を進め「海南1号」として、安価な苗を提供したことが背景にある。

     同国で種子を管理する機関である国立種子院に、こうした状態を「どう取り締まるか」を電話取材すると、同院は「担当者がいないためメールで回答する」と答えた。しかし、14日までに返事は届いていない。

     「べにはるか」は農研機構が開発し、10年に品種登録された。ねっとり系の代表格の一つとして、焼き芋ブームの火付け役ともされている。同機構によると、九州や関東のサツマイモ産地を中心に普及し、ブランド化が進んでいる。

     今年1~9月の日本産サツマイモの輸出額は、前年同期比2割増の13億3700万円と伸長。今後も伸びが期待される輸出品目の一つだ。このため、輸出に注力する産地からは、種苗の海外流出に懸念の声が上がる。

     関東の産地関係者は、「ねっとり系は海外でも需要が高まっている。将来的には韓国産と競合してしまう可能性がある」と問題視。「国には有効な対策を取ってほしい」と求めている。

     農水省によると、9月に行った調査で「韓国や中国に、べにはるかの苗が流出していることは確認している」(食料産業局)という。ただ、現地での栽培の差し止めや損害賠償請求をするのは難しいのが現状だ。

     海外で育成者権を行使するためには、現地での品種登録が必要。ただ、新品種保護に関する国際条約(UPOV)では、韓国を含めた多くの国で登録の出願要件が「譲渡が始まってから4年以内」とされているため、「べにはるか」は期限を過ぎており、品種登録ができない。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/acbe4f472d9112ba650f9b34caeb9b9bdcfb81b8


    【【サツマイモ】「べにはるか」無断流通 韓国で拡大 栽培面積の4割 輸出競合に懸念】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/02/21(金) 19:07:42.82 ID:CAP_USER
    kr250
     
    今後、日本の農産品の輸出に影響を与えそうなのが、こちらの日本品種のサツマイモです。
    実は、韓国がこのサツマイモを輸出品にしようと動き出していました。

    韓国・ソウルの繁華街、明洞(ミョンドン)。日本人観光客も多く訪れる屋台が立ち並ぶ、その一角に…


    人気の品種があると聞き、一大生産地を訪れました。

    韓国南西部の海南(ヘナム)。 農家の倉庫に入ってみると、うずたかく積まれたサツマイモが… 栽培されていたのがこちらの「蜂蜜サツマイモ」です。
    ここ数年で一躍全国区となった品種で、いまでは韓国で栽培されるサツマイモのうちおよそ4割を占めるほどに。

    ところが… サツマイモ農家「日本では紅はるかと呼ばれているが、韓国では蜂蜜サツマイモと言っている」
    なんとこのサツマイモ、日本の品種「紅はるか」だというのです。

    紅はるかは、日本で2010年に品種登録された比較的新しいサツマイモ。海外でも人気が高まっています。

    そんな紅はるかが、なぜ韓国でも栽培されているのでしょうか…韓国のサツマイモ栽培に詳しい専門家に聞くと…

    韓国のサツマイモ栽培に詳しい専門家「(農業関係者などが)日本に行った際に買ったものが持ち込まれたと考えられる。
    正式に輸入されたものではない」 なんと許可なく韓国に持ち込まれた紅はるかが、農家の間で評判になり、次々と広まったというのです。

    赤道直下のシンガポール。 街のスーパーを取材すると、あの韓国産「紅はるか」が、売られていました。
    スーパー店員「紅はるかの味とそっくり蜂蜜サツマイモと味を比べるとほぼ同じ」

    韓国政府はここ数年、農産品の輸出に力を入れていて、韓国産の紅はるかも、シンガポールや香港などに年間およそ300トンが輸出されています。
    サツマイモをはじめ、ことし日本円にして8,000億円の農産品の輸出を目指す韓国。 日本の輸出戦略にも影響しそうです。

    テレビ東京
    https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/you/feature/post_197148/

    【【泥棒韓国】 日本品種のサツマイモを輸出】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル