かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:サムスン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/05/28(火) 09:22:17.34 ID:CAP_USER
    AFCC06E6-5A03-40CC-9C7D-02FA0A9DB2AC
     
    トランプ米政権の集中砲火を受けている中国ファーウェイ(華為技術)がサムスン電子など韓国の半導体・ディスプレー企業に部品供給ラインを維持してほしいと要請したことが分かった。米国が16日にファーウェイを「輸出制限ブラックリスト」に含めた後、韓国政府に対しても国務省など各種チャンネルを通じてファーウェイ制裁に参加してほしいと要求したからだ。 

      財界の内外によると、ファーウェイモバイル事業部所属のある役員が23、24日にサムスン電子、SKハイニックス、LGディスプレイなど韓国大手企業の役員陣に会い、従来の契約条件に基づいて部品供給を履行してほしいと要請した。財界関係者は「米トランプ政権の圧力のなかでも部品供給を支障なく維持してほしいという要請と把握している」と説明した。 

      この席でファーウェイは欧州・アフリカなどで減少すると予想されるスマートフォン販売量に関する対策も説明した。現在29%の中国国内モバイル市場シェアを50%まで引き上げ、確固不動の中国トップの地位を築く計画であるため、DRAM供給量を減らさないでほしいという趣旨だったという。 

      現在ファーウェイが購入する韓国産部品規模は年間106億5000万ドル(約1兆1600億円)にのぼる。サムスン電子は今年1-3月期の事業報告書で「サムスン電子の主要販売先はアップル、AT&T、ドイツテレコム、ファーウェイ、ベライゾン(アルファベット順)で、これらが占める売上高の比率は全体の15%ほど」と明らかにした。SKハイニックスもファーウェイが生産するスマートフォンやパソコンにDRAMとNAND型フラッシュメモリーを納品している。 

      半導体以外にもサムスンディスプレイはスマートフォンに入るディスプレー、LGイノテックはカメラモジュールを供給している。またLGディスプレイはファーウェイにモバイル用有機発光ダイオード(OLED)パネル供給のための交渉を進行中という。 

      ファーウェイのモバイル事業部役員の韓国企業訪問は、26日と27日に相次いで公開されたファーウェイ創業者・任正非氏の中国CCTVのインタビュー内容とは合わない動きだ。任正非氏はトランプ政権の対中強硬措置について「我々は短期突撃戦ではなく長期持久戦を準備している。戦うほどさらに強くなる」と強調した。 

      日本経済新聞によると、ファーウェイはトランプ政権の対中貿易強硬策に対応する目的で、核心部品の在庫を最大1年分確保した。第5世代(5G)移動体通信装備に搭載されるクアルコムやインテルの米国産チップセットがこれに該当する。スマートフォン部品の場合、通信装備に比べて確保した物量が少ないという。 

      KT最高財務責任者(CFO)を務めたキム・ヨナク西江大技術経営専門大学院教授は「ファーウェイは子会社ハイシリコンを活用して各種チップセットの独自設計・開発に進むはずだが、以前と比べると性能が落ちるしかないだろう」という見方を示した。 

      ファーウェイが誇るモバイルプロセッサ「kirin」も設計ツールを英半導体設計企業ARMからライセンス形態で借りてこそ製造できる。ARMは最近、トランプ政権の要請でファーウェイとの取引を一時停止すると明らかにした。 

      技術奪取・流出の疑いでファーウェイより先に米国の制裁を受けた通信装備企業ZTEと半導体企業の福建省晋華集成電路は大きな打撃を受けた。中国通信装備企業ZTEは昨年4月、賠償金14億ドルを支払い、経営陣の交代など米国の要求を受け入れた。福建晋華はDRAM半導体を量産する計画を中断した。

    中央日報 2019年05月28日 07時50分
    https://japanese.joins.com/article/817/253817.html

    【【中国ファーウェイ】韓国企業に「部品供給の維持を」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/05/22(水) 16:15:44.71 ID:CAP_USER
    935278AF-1BA7-4DD3-A3A8-1536902C105F
     
    米国が中国の通信設備大手、華為技術(ファーウェイ)に対する制裁に踏み切ったことで、韓国ではサムスン電子の株価が上昇している。

     韓国株式市場では21日、サムスン電子の株価が前日比2.7%高の4万3150ウォンで引けた。20日にも1.9%上昇した。これに先立ち、米商務省は華為とその系列企業68社を「米国の安全保障に反する活動に関与している」として、取引制限企業リストに含め、それに応じる形でグーグル、インテル、クアルコム、ブロードコムなど米国のIT企業が華為に対するソフトウエアや部品の供給を中断することを決めていた。

     証券各社は華為に対する制裁がサムスン電子には好材料になるとの見方を示した。NH投資証券のト・ヒョンウ研究員は「華為のスマートフォン輸出が厳しくなれば、サムスン電子のスマートフォン事業が利益を受ける。米政府が本格的に中国のIT産業に対する制裁を強化すれば、韓国の半導体産業にも長期的にはプラスの影響を与える」と分析した。

     韓国投資証券のチョ・チョルヒ研究員も「華為は独自のスマートフォン基本ソフト(OS)を開発するとともに、部品在庫量を増やすことで米国の制裁を防いだと説明しているが、一時しのぎにすぎない。制裁が拡大すれば、華為の輸出が大きな影響を受け、サムスンなどが恩恵を受ける可能性がある」と予測した。

    チョン・ギョンファ記者

    朝鮮日報 2019/05/22 08:30
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/22/2019052280001.html


    【【韓国】米国の華為制裁、サムスン電子には好材料「制裁が拡大すれば、サムスン等が恩恵を受ける可能性がある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/05/16(木) 21:19:59.02 ID:CAP_USER
     kr250
    【ソウル=山田健一】韓国サムスングループの医薬品受託製造会社サムスンバイオロジクスの粉飾会計事件で、韓国検察は16日、ソウル郊外にあるサムスン電子の社屋を家宅捜索した。同社の上層部のなかに粉飾会計に関わった人物がいないか調べる目的とみられる。

    ソウル中央地検の係官がソウル郊外の京畿道・水原(スウォン)市にあるサムスン電子の社屋を訪ね、グループ内の連絡を担うタスクフォース(TF)チームのトップらの執務室を捜索した。グループの関連資料やコンピューターのハードディスクなどを押収したもようだ。

    検察は家宅捜索の結果を分析し、サムスン電子の上級役員への聴取の是非などを慎重に判断するとみられる。

    サムスンバイオロジクスが2015年12月期の決算で4兆5千億ウォン(約4150億円)を粉飾したとされる事案は、同社が当時、医薬品開発子会社サムスンバイオエピスの株式評価を簿価から時価に変えることで会計上の利益を捻出したことについて、韓国金融当局が18年5月に疑義を提示して発覚した。

    検察はこれを受けて同年11月に捜査に着手。これまでの捜査で、サムスン電子の常務2人と、サムスンバイオロジクスの社員1人、サムスンバイオエピスの室長と部長の2人を、それぞれ証拠隠滅の疑いなどで逮捕した。事件はグループの中核企業であるサムスン電子の関与が疑われる構図となり、韓国社会の関心を集めている。

    サムスン電子は、一連の捜査が、創業家出身の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長と朴槿恵(パク・クネ)前大統領をめぐる贈収賄の裁判の行方に影響することを警戒する。財閥に厳しい革新系の市民団体などは、李副会長のグループ支配を強めるために15年に実行されたグループ2社の合併が、粉飾会計の背景にあると主張。粉飾会計の捜査が終わるまで李副会長の上告審を開かないよう求め、サムスンを圧迫している。

    日本経済新聞 2019/5/16 18:31 
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44890570W9A510C1910M00/



    【【韓国検察】サムスン電子を捜索 グループの粉飾会計で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/05/09(木) 14:00:18.60 ID:CAP_USER
     935278AF-1BA7-4DD3-A3A8-1536902C105F
    【ソウル=山田健一】韓国サムスングループの医薬品受託製造会社サムスンバイオロジクスの粉飾会計事件で、韓国検察は8日、サムスン電子の役員2人の逮捕状を裁判所に請求した。聯合ニュースが伝えた。2018年11月に始まった捜査は急展開し、グループの中核企業であるサムスン電子を巻き込む事件に発展する可能性が出てきた。

    検察はサムスン電子のセキュリティー担当の常務とグループ内の連絡を担う常務の2人に関し、証拠隠滅と同教唆の容疑で逮捕状を請求した。2人は、サムスンバイオロジクス社員に粉飾会計に関するデータの入ったサーバーを隠すよう指示していたという。検察は同社員を9日未明までに証拠隠滅の容疑で逮捕した。

    サムスン電子役員が逮捕されれば、サムスンバイオロジクスの粉飾会計は、グループ企業1社にとどまらない事件との様相が濃くなる。

    韓国メディアは、サムスンバイオロジクスのサーバーやパソコンなどから、グループを率いる李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長や朴槿恵(パク・クネ)前大統領を表す単語が削除されていたことを検察が確認した、とも報じている。

    検察は、サムスンバイオロジクスの粉飾会計事件と、李副会長が朴前大統領への贈賄の罪を問われている事件との関連に関心を寄せている、との見方もある。

    検察はサムスンバイオロジクスの粉飾会計をめぐり、4月末に同社子会社の幹部2人を関連書類やデータを消去した疑いで逮捕していた。

    日本経済新聞 2019/5/8 21:31 (2019/5/9 0:53更新) 
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44544070Y9A500C1FF8000/


    【【サムスン電子】役員2人の逮捕状請求 韓国検察 グループ企業の粉飾決算事件】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2019/05/08(水) 17:56:54.27 ID:CAP_USER
     935278AF-1BA7-4DD3-A3A8-1536902C105F
    サムスンを悩ませている「Galaxy Fold」の諸問題で、購入者がこの折りたたみスマートフォンを入手できる時期はさらに遅れるようだ。

    サムスンは当初、Galaxy Foldを米国時間4月26日に発売する計画だった。しかし、Galaxy Foldのレビュー機が故障したとの報告が相次いだことを受けて、発売の数日前、同社は約2000ドル(約22万円)の同モデルの発売を正式に延期した。

    初期生産レビュー機には、画面の破損やちらつきのほか、隆起が生じたケースもあったため、ウォッチャーらの間で論争の的となり、その耐久性に疑念が投げかけられた。

    サムスンは4月、Galaxy Foldを予約注文していた顧客に延期について通知し、「2週間以内に、より具体的な出荷情報」を提供すると述べた。その2週間が過ぎた今も、Galaxy Fold初期購入者は依然としていつ製品を入手できるのか見当もつかない状況だ。

    米CNETのJessica Dolcourt記者を含め、予約注文した顧客宛てに5月6日夜に送られたメールでは、情報という点でほとんど何も収穫がなく、次に最新情報が得られる時期についてもあいまいなままだ。

    サムスンは、この端末の品質向上で「進展」があると述べている。「これはつまり、当社が、予想される出荷日をまだ確定できないということだ。今後数週間のうちに、より具体的な出荷情報をお知らせする」(サムスン)

    このメールによると、注文したGalaxy Foldが出荷されるまで支払いは発生しない。出荷前に注文をキャンセルすることも可能だ。また、顧客から注文を継続したいとの連絡がなく、5月31日までに製品が出荷されない場合、注文は自動的にキャンセルされるという。


    2019年05月08日 10時37分
    https://japan.cnet.com/article/35136614/

    【【韓国スマホ】発売延期の「Galaxy Fold」、出荷日の目処立たず--サムスンが予約者にメール 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2019/05/01(水) 07:48:54.70 ID:CAP_USER
    935278AF-1BA7-4DD3-A3A8-1536902C105F

    韓国サムスン電子、6割減益=半導体不振で
    2019年04月30日10時53分

     【ソウル時事】韓国サムスン電子が30日発表した2019年1~3月期の連結決算によると、営業利益は6兆2333億ウォン(約6000億円)と、前年同期比60%減となった。主力の半導体などが低調で、売上高は13.5%減の52兆3855億ウォン。

    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019043000302&g=int 

    【【韓国】サムスン電子、6割減益=半導体不振で 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/04/24(水) 09:15:06.49 ID:CAP_USER
    中国の中小企業「Royole」、23日に世界で初めて折り畳みスマホ発売

    ■華為の猛追でサムスンに焦り

     サムスン電子の折り畳みスマートフォン「ギャラクシーフォールド」に不具合が見つかり、26日(現地時間)に予定されていた米国での発売が直前に延期された。今回の事態の背景には、中国の華為(ファーウェイ)に猛追されるサムスン電子の焦りがあるというのが専門家らの見方だ。

     ここ2年間でサムスン電子と華為のスマホ販売台数の差は急速に縮まり、サムスンの内部では、折り畳みスマホのような革新的な製品によって技術面での優位性を立証すべきという焦りがあったというのだ。

     サムスンが2月20日にギャラクシーフォールドを発表すると、華為はその4日後、折り畳みスマホ「Mate X」を公開した。そのためサムスンが無理に発売日を前倒しした可能性が高い。

     ギャラクシーフォールドの発売延期によって、折り畳みスマホで市場を先制するという戦略はもろくも崩れた。そのような中、中国の中小企業Royoleが23日に折り畳みスマホ「FlexPai」を中国国内で発売した。「世界初の折り畳みスマホ発売」というタイトルはRoyoleに奪われてしまったわけだ。

     華為は今年7月に「Mate X」を発売する予定だ。もしギャラクシーフォールドの発売が予想より先延ばしになる場合、市場を先制するどころか、「不具合」という汚点を残したままライバル社とほぼ同時に折り畳みスマホを発売することになる。

     サムスン電子の関係者は「かつてギャラクシーノート7の発火事故が起きた時は、原因究明に時間がかかったが、ギャラクシーフォールドはすでに問題点を確認している。あまり遅くならない時期に、より完璧になったギャラクシーフォールドを発売し、世界の折り畳みスマホ市場をリードしたい」と話した。

    カン・ドンチョル記者 , イ・ギムン記者

    朝鮮日報 2019/04/23 23:52
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/23/2019042380199.html


    【【サムスン】折り畳みスマホ発売延期、中国企業に「世界初」の座奪われる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2019/04/21(日) 16:49:30.51 ID:CAP_USER
    【国際】米国紙WSJが「サムスン折り畳みスマホ」のレビューを拒否 評価する価値なし

    2019-04-21 13:11

    米国経済紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の情報技術(IT)担当記者がサムスン電子の最初のフォルダブルフォン「ギャラクシーフォールド」レビューを公式拒否した。
    WSJ所属ジョアンナ・スターンは19日、「ギャラクシーフォールドレビュー拒否: 私たちはベータテスターではない」というタイトルの記事を掲載した。中略

    WSJは、テキスト記事の他にも約3分のYouTubeのビデオ記事を一緒に出した。
    タイトルは「This Was Supposed to Be a Samsung Galaxy Fold Review」。
    ギャラクシーの製品の問題でレビューできなかったということだ。中略

    スターンは、「今は、こんな製品が市場に出てくるということを心配している」とし
    「最低でもサムスンは、お客様により多くの説明をしなければならない」と批判した。
    続いて「私たちは、ベータテスターにはなりたくない」とも述べた。以下略

    NAVER
    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc id1%3D111%26rankingType%3Dpopular_
    dayid%3D025%26aid%3D0002901134ate%3D20190421%26type%3D1%26rankingSeq%3D1%26rankin
    gSectionId%3D101&usg=ALkJrhgosvXk26uHvED7-zzotPv3gqUkFg

    【【サムスン】米国紙WSJが「サムスン折り畳みスマホ」のレビューを拒否 評価する価値なし 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/04/18(木) 11:31:59.70 ID:CAP_USER
    韓国Samsung Electronicsが4月26日に米国などで発売する予定の折りたたみスマホ「Galaxy Fold」について、発売前にレビュー機を使った複数のメディア記者が「壊れた」と報告している。

    米The Vergeのディーター・ボーン記者は17日付の記事で、Samsungから提供されたレビュー機を使ったところ、1日で開いた状態のディスプレイの中央、下にヒンジがある部分に膨らみができたと報告。

    (The Vergeの記事)
    no title


    ボーン氏は、ヒンジとディスプレイの間に何かがはさまり、それがディスプレイを圧迫しているようだとしている。この膨らみのせいで、有機ELディスプレイに筋が入ってしまっている写真も紹介している。同氏は、本体の写真を撮影するために背面に商品固定用粘土を付けたので、その一部がヒンジから内部に入ってしまったのかもしれないが、ヒンジの問題かもしれないと、原因は特定できないが普通の使い方でわずか1日で問題が発生したことを嘆いている。
     
    米CNBCのスティーブ・コバッチ記者は、開いた状態のGalaxy Foldのディスプレイの左半分が真っ白になってしまう様子の動画をTwitterに投稿した。

    (スティーブ・コバッチさんのツイート)
    https://twitter.com/stevekovach/status/1118606330477142017

    (ディスプレイの左半分が真っ白になったGalaxy Fold)
    no title


    CNBCのトッド・ヘルストン記者は、「手元に届いてから普通に使っていただけなのに、ディスプレイが壊れた。Samsungは発売の予定を遅らせてでもこの問題を解決するべきだ」と語った。Samsungは既に複数の地域で予約を受け付けている。

    この他、本来はがしてはいけないディスプレイの保護シートのようなものをはがしてディスプレイを破損してしまったレビュアーが複数いた。米Bloombergのマーク・ガーマン記者は「これははがすべきではないものだとSamsungは言うが、私は知らなかった(消費者にも分からないだろう)」とツイートした。

    (マーク・ガーマンさんのツイート)
    https://twitter.com/markgurman/status/1118574467255418880

    Galaxy Foldは、閉じた状態で外側の4.6インチディスプレイを、開くと内側の7.3インチディスプレイを使えるスマートフォン。26日に米国などで発売する予定だ。価格は1980ドル(約22万円)からだ。

    ITmedia NEWS
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1904/18/news053.html

    【【サムスン】折りたたみスマホ「Galaxy Fold」、発売前に「壊れた」というレビュアー報告多数】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 荒波φ ★ 2019/03/31(日) 08:48:27.24 ID:CAP_USER
    935278AF-1BA7-4DD3-A3A8-1536902C105F
     
    2019年3月28日、韓国メディア・韓国経済は「超高解像度8Kテレビを新たな成長エンジンとして育成しているサムスン電子が、8Kの代表市場である日本では力を発揮できずにいる」と報じた。日本は来年の東京五輪に合わせて8K放送の商用化を進めており、世界の8Kテレビ販売量の30%以上を占めている。

    記事によると、サムスンは低迷するテレビ市場を回復させる突破口として75インチ以上の超高解像度8Kテレビを押し出している。成長の勢いが止まったテレビ市場と異なり、超大型・超高解像度テレビは毎年30%を超える成長を記録している。サムスンが昨年に60カ国で75インチのQLED8Kテレビを発売したのもそのためだという。

    しかし、サムスンは「8Kテレビ先進国」である日本を60カ国から除外した。サムスンが日本市場を「自ら放棄」した理由について、記事は「収益性のため」と説明している。サムスンは1980年に日本法人を設立し家電事業を開始したが、ソニーやパナソニックなど日本企業との競争に勝てず収益をあげられない状況が続いた。

    結局2007年にテレビを含む家電事業をたたみ、日本では現在、部品とスマートフォン事業の一部のみが維持されている。

    サムスンは「当分は日本に進出しない」との立場を示している。収益性の低い日本より規模の大きい北米、中国、欧州を攻略し、8Kテレビ市場をけん引したい考えという。

    これを見た韓国のネットユーザーからは

    「日本人はよっぽどのものでない限り外国製品を買わない」
    「日本は電子産業や自動車産業に相当な自信を持っているからサムスンの入り込む隙はない。ガラパゴス思考が強いからなるべく自国のものを使おうとする」
    「LGがOLEDパネルをソニーなどに供給しているから競争力が落ちたんだ。日本の内需市場ではまだ日本メーカーを超えられない」

    などと指摘する声が寄せられている。また、

    「日本人は韓国製品を使ってくれない。それなら韓国人も日本旅行を自制するべきでは?」
    「韓国製品の日本輸出は極めて低調。日本の消費財に25%の関税を課そう。報復されても打撃はないから」

    と主張する声も。 一方で

    「日本でもいいものなら売れる。LGは日本で健闘しているよ。ただのサムスンの実力不足だ」

    との声も上がっている。


    2019年3月31日(日) 6時30分
    https://www.recordchina.co.jp/b698548-s0-c20-d0058.html

    【【韓国】8Kテレビにかけるサムスンが代表市場の「日本」を捨てた理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/03/29(金) 16:44:15.02 ID:CAP_USER
    935278AF-1BA7-4DD3-A3A8-1536902C105F

    世界最大の半導体需要企業の一つ、米アマゾンがサムスン電子にDRAM半導体に関連するクレームをつけたことが分かった。 

      アマゾンウェブサービス(AWS)は世界最大のクラウドサービス事業者。クラウドとは、データセンターなどのインフラに各種データを保存しておき、いつどこでも接続して利用・共有できる形態の情報技術(IT)サービスをいう。 

      半導体業界の関係者は28日、「アマゾンがクラウドサーバーに入るサムスン電子DRAM関連品質イシューを提起したのは事実」とし「昨年4-6月期のカンファレンスコールでも言及した事項であり、現在の協議中と把握している」と明らかにした。 

      アマゾンがリコールを要請した製品は10ナノメートル(nm)後半級のDRAMという。ただ、一部で提起する「8兆ウォン(約8000億円)台リコール」要請は事実でないというのがサムスン電子の立場だ。 

    中央日報 2019年03月29日 10時37分 
    https://japanese.joins.com/article/841/251841.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp
    【【サムスン電子】DRAM製品、アマゾンからリコール要請「約8000億円台リコール」要請は事実でないとサムスン電子の立場 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2019/03/26(火) 10:28:11.82 ID:CAP_USER
    5986D8F0-DFA0-4C2E-856D-BA38E1D8B0AF
     
    サムスン電子「第1四半期の実績、市場の期待レベル下回る予想」 ...アーニングショック策定(総合)
    2019-03-26 09:24

    サムスン電子が今年第1四半期の「アーニングショック」を策定した。

    サムスン電子は「第1四半期の実績が市場の期待レベルを下回ると予想される」とし、第1四半期予想業績説明資料を26日公示した。 サムスン電子が予想実績発表に先立ち説明資料を公示したのは異例だ。

    期待に及ばない実績による市場の衝撃緩和のために先制的に対応したものと解釈される。
    サムスン電子の関係者は、「現在の市場と経営環境の説明を介して投資家の理解を助けるために説明資料を発表した」と説明した。

    サムスン電子は、業績不振の原因を「ディスプレイ・メモリ事業の環境安」に挙げた。

    (中略) 

    サムスン電子は、「会社は厳しい経営環境の改善のため、短期的には、技術的なリーダーシップをベースに製品の差別化を強化しながら、 効率的なリソースの運用を通じたコスト競争力の改善を推進する」とし「中長期的には、主力事業の競争力向上と将来持続的な成長のための戦略的なR&D投資など核心力量強化の努力を継続する」と明らかにした。

    金融投資業界によると、サムスン電子の第1四半期の営業利益は8兆3293億ウォン水準で、前年同期より46.8%急減すると予想されたが、更なる下方修正が続いている。

    サムスン電子の半導体部門の第1四半期の営業利益は、前年同期比で半分にも満たないことが予想される。 昨年第1四半期に11兆を超えた営業利益は4兆ウォン台半ばへ減少すると予想される。

    (中略) 

    昨年第1四半期に71%を超えたDラムの営業利益率は56%に低下し、50%に迫っていたNAND型営業利益率は価格下落継続に応じて、4.1%にとどまる見通しだ。
    全体の半導体の営業利益率は55.6%で、30%前半に減少したNAND型事業部の営業利益率は、損益分岐点(BEP)レベルまで接近するとみられる。

    ここにディスプレイ部の不振も加わった。 大型LCD競争の激化によるパネルの価格下落継続と、米国と中国の顧客のスマートフォン販売の不振でOLED稼働率も大きく下落した。
    また、いくつかの新規ラインの稼動開始と、減価償却費の本格反映も影響を及ぼし、ディスプレイ事業部は赤字転換が予想されている。

    NAVER(韓国語)
    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=003&aid=0009133745&date=20190326&type=1&rankingSeq=5&rankingSectionId=101
    【【韓国】サムスン、第1四半期の実績が激減へ 営業利益は5割減、半導体営業利益は6割減か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2019/03/22(金) 21:11:18.56 ID:CAP_USER
    no title

    ▲YouTube/phoneoftime

    4月26日の発売を前に出回っているサムスン「Galaxy Fold」の動画を見ると、画面には折り目がついているようだ。動画は最近、テック系のYouTubeチャンネル「phoneoftime」に投稿された。

    サムスンはGalaxy Foldに新しく開発したプラスティック製の「インフィニティ・フレックス」ディスプレイを使用している。一方、多くの折りたたみ“ではない”スマートフォンはガラスを使っている。プラスティックは何度も折りたたみを繰り返すと、折り目がつき始める可能性がある。

    ブルームバークの3月はじめの記事によると、サムスンはGalaxy Foldの発売を前に、ディスプレイの折り目の問題に取り組んでいる。記事によると、Galaxy Foldのディスプレイは約1万回折りたたみを繰り返すと折り目がつき始める。

    折り目の問題に対応するために、サムスンはGalaxy Foldのオーナー向けに無料のディスプレイ交換プログラムを検討しているようだ。

    サムスンはGalaxy Foldの発表イベントでは取材陣がGalaxy Foldを実際に手にすることを許さなかった。折り目の問題が理由だ。ただし、同社は新型のGalaxy S10に注目して欲しかったためとブルームバークに語っている。

    折り目の問題はさておき、動画にはGalaxy Foldが実際に動いている様子が映っている。

    [原文:This could be our first look at the Galaxy Fold's rumored creasing issue that Samsung is supposedly trying to fix]

    (翻訳、編集:増田隆幸)

    https://www.businessinsider.jp/post-187750

    関連スレ:YouTube<Unlock Samsung Galaxy Fold F900U AT&T>
    https://www.youtube.com/watch?v=otwW5e61nHQ


    【【サムスンのスマホ】 1万回折りたたみを繰り返すとディスプレイに折り目?~サムスンのスマートフォンGalaxy Foldの実動動画 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/03/18(月) 23:11:56.44 ID:CAP_USER
     935278AF-1BA7-4DD3-A3A8-1536902C105F
     サムスングループの李健熙(イ・ゴンヒ)会長が偽装系列会社を運営した疑惑で法廷最高刑である罰金1億ウォン(約1000万円)に略式起訴された。 

      ソウル中央地検の公正取り引き調査部(部長ク・サンヨプ)は公正委が告発したサムスングループ大株主の李健熙氏の「相互出資制限企業集団指定資料の虚偽提出」事件に対して李会長を略式起訴したと18日、明らかにした。 

      検察は捜査の過程でサムスンが2014年、相互出資制限企業集団に指定された当時、所属会社であるサム総合建築事務所とソヨンエンジニアリングなど2社を外した虚偽指定資料を提出した事実を確認した。 

      公正委調査結果、サムは1979年法人設立直後から2014年サムスン物産が買収する前までサムスン総合建設(現、サムスン物産)の所有だったが、借名株主であるサムの役員の所有に偽装した。ソヨンは1994~2014年、サムが持分の100%を保有していた会社だった。 

      李会長側は公正委調査の段階では疑いを否認したが、検察捜査で弁護人を通じて疑いを認めたという。

    中央日報 2019年03月18日 17時51分
    https://japanese.joins.com/article/394/251394.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jp

    【【韓国】検察、サムスン会長の虚偽指定資料提出の疑いで法廷最高刑…罰金1億ウォンの略式起訴[3/18] 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 蚯蚓φ ★ 2019/03/04(月) 01:03:04.78 ID:CAP_USER
    2019年3月1日、韓国・アイニュース24によると、韓国・サムスン電子が、昨年第4四半期(10~12月)のアジア地域におけるスマートフォンシェアで5位圏外に落ちた。

    市場調査会社「カウンターポイント・リサーチ」は同日、昨年第4四半期のアジア地域市場シェアでファーウェイが17%を占めて1位を記録したと発表した。2位以下にはオッポ(15%)、ビボ(13%)、シャオミ(12%)、アップル(12%)が続いた。

    16年第1四半期(1~3月)から18年第3四半期(7~9月)まで、サムスンがアジア地域のスマートフォンシェアで5位内に入れなかったのは17年第4四半期だけだった。サムスンのシェアが低下したのは、アジア地域最大の市場である中国・インドでの不振が原因とみられている。

    昨年のサムスンの中国におけるシェアは0.8%にとどまった。インドでも苦戦しており、昨年はシェア24%でシャオミ(28%)に1位の座を明け渡したという。

    ただ、サムスンは昨年第4四半期の世界市場におけるシェアでは1位を記録。シェア18%を占め、後にはアップル(17%)、ファーウェイ(15%)が続いたという。

    これに、韓国のネットユーザーからは「売れた数はそんなに重要じゃない」「アジアはどうせ低価格のスマホを使う。そこで争わなくていいよ」などと利益を重視する意見や、「中国は仕方ない。自国至上主義だから」「中国市場は中国の会社しか入れない場所」と納得する声が寄せられている。

    一方で「アジアだけでなく欧州や北米、中東でもサムスンのシェアは下がり続けている。数年後には別の製品をつくっているかも」「お金のない人は安い中国のスマホを買う。お金のある人はアップルのスマホを買う。サムスンは選択肢に入っていないんだ」などサムスンの今後に不安を示す声も上がり、その原因について「サムスンのスマホは高いのに重いし、前のバージョンと変わり映えしない」と指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b691589-s0-c20-d0058.html


    【【スマホ】 サムスンのアジア地域スマホシェアが低下、中国・インドで不振~韓国ネット「中国は自国至上主義だから」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 動物園φ ★ 2019/02/18(月) 16:34:38.16 ID:CAP_USER
    834D638C-ED3D-4935-8C9D-104F689270EA
     
    サムスンフォルダブルフォンは「ギャラクシーフォールド」... 国内出荷が250万ウォン台

    デジタルタイムズ 原文 記事転送2019-02-18 00:21 最終修正2019-02-18 00:51

    ブロックチェーン機能は、海外版のみ

    サムスン電子が未来のスマートフォンで初めて披露するフォルダブルフォンの名称を「ギャラクシーフォールド」と定め、国内出庫価格を約250万ウォンに定めたことが分かった。 また、仮想通貨を保管することができる「ブロックチェーンウォレット」機能は、海外のリリースバージョンにのみ収録される見込みである。

    17日、サムスン電子の内部のニュースに精通関係者は「サムスン電子が昨年末「ギャラクシーフォールド」という名称の商標権を登録し、この名称をフォルダブルフォンに使用することを決定した」とし「国内基準出庫価格は約250万ウォン線では策定されたようだ」と話した。

    サムスン電子のフォルダブルフォンは、最近紹介映像がYouTubeに流出され、その形が公開された。 ギャラクシーフォールドと命名されたサムスンのフォルダブルフォンは「ある折りたたみ」方式と外側にもディスプレイが走り、折りたたんだ状態でも通常のスマートフォンのように使用することができる。 当初、端末サイズは4.7インチであると言われているが、実際の商用製品は、4.3インチが有力に見える。 この関係者は、「ギャラクシーフォールドを折ら4.7インチとして知られているが、実際には4.3インチ」と強調した。

    また、銀河のひだにブロックチェーン財布機能が盛り込ま見通しだ。 この関係者は、「フォルダブルフォンにブロックチェーン財布機能を込めて発表するが、ただし、国内リリースでは、この機能が排除されることを知っている」と述べた。

    サムスン電子がブロックチェーン財布と関連の機能をサポートするかはまだ具体的に知られていないが、現時点では仮想通貨「コールドウォレット」が搭載されるだろうという観測が支配的だ。 サムモバイルなど外信は、サムスン電子がオフライン状態で仮想通貨を保存し、ネットワークのハッキングから仮想通貨を保護することができるコールドウォレットアプリケーションサービスを開始すると見込んでいる。

    サムスン電子は、先に、昨年末のヨーロッパ特許庁に「ブロックチェーンキーストア」と「ブロックチェーンボックス」、「ブロックチェーンコア」などの関連商標の登録を終えたと伝えられている。

    一方、サムスン電子は20日(現地時間)、米国サンフランシスコで「ギャラクシーS10」シリーズと一緒にフォルダブルフォンなギャラクシーフォールドを公開する方針だ。

    NEWS NATE(韓国語)
    https://news.nate.com/view/20190218n00368?mid=n1006

    【【韓国】サムスン新型スマホ、250万ウォン(25万円)で販売へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 田杉山脈 ★ 2019/02/10(日) 19:28:06.84 ID:CAP_USER
     
    韓国サムスン電子は10日、画面の解像度が4Kテレビの約4倍の8Kテレビを2019年に60カ国以上で販売すると発表した。55インチから98インチまで6つの画面サイズを用意する。サムスンは19年が8Kテレビ市場が立ち上がる「販売元年」になると説明。日中韓のテレビメーカーの間で次世代の高精細テレビをめぐる競争が本格化しそうだ。

    サムスンは18年8月にドイツで開かれた欧州最大の家電見本市「IFA」で8Kテレビを発表したのを機に、欧州、米国、韓国、ロシアで同テレビの販売を試験的に始めた。19年は2月中旬以降、これらの地域に加えてアジア、中東、中南米に販売エリアを広げる。

    画面サイズは55インチ、65インチ、75インチ、82インチ、85インチ、98インチ。19年の販売目標などは明らかにしなかった。8Kテレビは高精細パネルに対応したコンテンツの不足が課題になる。サムスン関係者は課題を認めつつ「20年に東京夏季五輪を控える日本の市場が世界をリードする可能性がある」と期待を寄せた。

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41134990Q9A210C1FFE000/

    【【テレビ】サムスン、8Kテレビ60カ国で販売 19年計画 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2019/02/05(火) 10:42:24.15 ID:OB6Q6rc79
    935278AF-1BA7-4DD3-A3A8-1536902C105F
     
    【ソウル=山田健一】半導体世界首位のサムスン電子と同3位のSKハイニックスのフラッシュメモリー事業の損益が急速に悪化している。1月31日に出そろった両社の2018年10~12月期の連結決算で、同事業単体の営業利益は、サムスンが前年同期比で5割減の約1兆5000億ウォン(約1470億円)だったようだ。SKの営業損益は1000億ウォン(約98億円)程度の赤字に転落したもようだ。

    2019年1月31日 23:19
    日本経済新聞
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO40729130R30C19A1FFJ000

    【【韓国】フラッシュメモリー事業に逆風 サムスン5割減益、SK赤字 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2019/02/03(日) 22:29:40.55 ID:CAP_USER
    上半期に発売される予定のサムスン電子の初めてのフォルダブル(折りたたみ)スマートフォン「ギャラクシーフォールド」(仮称)の輪郭が表れた。 

      米ITメディアのBGRは1日、サムスンがギャラクシーS10・S10+アンパックティーザー「サムスンギャラクシー:未来編」の映像で女性が折りたたみスマホを手に持っている姿をキャプチャーして上げた。 

      キャプチャーされた写真を見ると、折りたたみスマホは当初予想した厚さよりもスリムだとみられる。 

      BGRは昨年11月にサムスンがインフィニティフレックスディスプレーなどにヒントを与えた時は折りたたみスマホ試作品は分厚いケースに収められたものだったが、今回公開された映像を見ると薄い手帳形に見えると伝えた。 

      また折りたたみスマホの内側には大きなディスプレーがあり、外側一面にも画面があるダブルディスプレー形態とみられる。 

      BGRは折りたたみスマホを「ギャラクシーF」と呼ぶのか、そうでなければより良い名称を付けるかはわからないが、予想より薄いということは明らかに見えると付け加えた。 

      サムスン電子は同じ映像で新しい付加装置の姿を公開した。スマートフォン下段に取り付けたもので妊婦がこの装置を利用し胎児超音波映像を見る姿だ。BGRはこの装置をポータブル超音波装置だと推定した。 

    中央日報 2019年02月03日 10時26分
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=249844&servcode=300&sectcode=330 no title

    サムスンの折りたたみスマホと推定されるモデルのイメージ。(写真=サムスン電子公式ユーチューブ映像)

    【【輪郭が表れた】思ったより薄く手帳のよう…輪郭表れたサムスンの折りたたみスマホ「ギャラクシーフォールド」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: AHRA ★ 2019/02/02(土) 09:22:04.20 ID:sIDYp64v9
    935278AF-1BA7-4DD3-A3A8-1536902C105F

    サムスン電子の中国市場内のテレビ販売量が年間100万台を下回る見通しだ。液晶(LCD)パネルテレビで競争力をつけた中国ローカル企業が高コストパフォーマンスを掲げて物量攻勢に出たのがその理由だ。

    1日、市場調査企業IHS Markit(マークイット)によると、昨年中国市場で1~9月のサムスンのテレビ販売数は71万6000台と集計された。1-3月期(28万3900台)から4-6月期(24万5900台)、7-9月期(18万6500台)まで持続して下落する様相だ。ある家電メーカー関係者は「傾向的にサムスンの市場シェアが落ちているので年間100万台販売は難しそうだ」と話した。

    同期間、中国市場でテレビを最も多く販売した企業はハイセンス(554万2000台)であることが分かった。ハイセンスに続いて、スカイワース(544万7000台)・TCL(511万台)の順となっている。

    サムスンの中国市場内のテレビ販売量が減った間、相対的に躍進したのはシャオミ(小米)だった。シャオミの中国市場テレビ販売量は2016年には89万8000台と100万台以下水準にとどまっていたが、2017年245万台を記録したことに続き、昨年は7-9月期にすでに販売量が500万台を越えた。

    サムスンとLGのディスプレイパネルを使いながらも55インチ4Kテレビを35万ウォン(2199人民元、約3万5600円)台で売っているシャオミの破格的な価格に中国消費者が反応しているという。同じサイズのサムスン4Kテレビは90万ウォン台だ。

    シャオミによると、このテレビには人工知能(AI)システムが搭載されていて64ビットプロセッサが含まれている。IT業界関係者は「最近、中国のテレビ市場はハイエンド(高級製品)とローエンド(低価格製品)で両極化する様相だが、シャオミが高コスパを掲げて食い込んでいる」と説明した。

    シャオミは昨年、インドのスマートフォン市場でもテレビと類似の戦略を前面に打ち出している。市場調査企業カウンターポイントによれば、昨年インドのモバイル市場でシャオミはシェア28%を記録してサムスン電子(24%)を抜いた。

    中国のテレビ市場状況もサムスンにやや不利だ。最近、中国でサムスンが現在販売していない有機発光ダイオード(OLED)パネルテレビを求める消費者が増える傾向にあるためだ。OLEDはパネルが自己発光するので従来のテレビに比べて鮮明度が高いといわれている。ただしバックライトユニット(BLU)をディスプレイに重ねないためLCDに比べて量産が難しい技術だ。

    IHS Markitによると、中国内のOLEDテレビ市場規模は昨年1~9月期11万5000台

    と集計されて前年同期間(8万3000台)に比べて38%成長した。販売量基準として中国1位企業のハイセンスと台湾「フォックスコン」に買収されたシャープも昨年からOLEDテレビを生産し始めた。

    2019年02月01日15時28分
    中央日報
    https://japanese.joins.com/article/824/249824.html?servcode=300&sectcode=320&cloc=jp

    【【韓国】サムスン、テレビも中国でシャオミに足首つかまれる…年間販売量100万台以下に 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル