かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:サムスン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/09/15(水) 08:36:57.09 ID:CAP_USER
    kr250
    サムスン電子など韓国のスマートフォンメーカーにアンドロイドOSの「派生OS」を開発することを禁じたグーグルに対し、韓国公正取引委員会が是正命令と課徴金2074億ウォン(約194億円)の処分を下した。グーグルはスマートフォンにアンドロイドOSを採用することを条件として、グーグル以外の企業が開発した派生OSを使うことや独自に派生OSを開発することを禁止していた。公取委による課徴金処分としては過去9番目の金額だ。

     公取委によると、グーグルはアプリを配布する「グーグルプレイストア」をはじめ、グーグルの主要アプリの提供を受けるライセンス契約などを通じ、韓国のスマートフォンメーカーが派生OSを開発・採用できないようにした。2013年にスマートウォッチ用の派生OSを導入しようとしたサムスン電子と18年にスマートスピーカー用の派生OSを導入しようとしたLG電子が被害を受けたと説明した。さまざまな派生OSが登場し、競争してこそ、革新的なサービスが生まれるが、グーグルが市場での支配的地位を乱用し、競争を阻止したと判断した格好だ。サムスン電子などはアプリが280万種類に達するプレイストアをサムスンのスマートフォンで利用できるようにするため、グーグルの要求に応じなければならなかった。公取委の趙成旭(チョ・ソンウク)委員長は「グーグルが競合商品の開発自体を徹底して規制した。そうした行為は前例のない革新阻害行為だ」と指摘した。

    キム・チュンリョン記者

    朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/09/15/2021091580003.html

    【【韓国】サムスンに「OSパワハラ」…韓国公取委、グーグルに課徴金2074億ウォン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: HAIKI ★ 2021/08/30(月) 18:56:24.45 ID:CAP_USER
    samusun45
    今年6月にシャオミに押され、スマートフォンの世界シェアが2位に転落したサムスン電子が最近、中国製の有機発光ダイオード(OLED)パネルの採用を検討しているという。中低価格帯での競争が激化していることから収益性を挽回する戦略とみられるが、液晶表示装置(LCD)の例からも分かるように、中国勢が韓国企業を追い抜くのではないかと懸念する声が少なくない。韓国朝鮮日報が報じた…

    (略)

    https://korea-elec.jp/posts/21083001/

    関連ソース

    TCL華星、サムスンのスマホに有機EL供給
    http://www.emsodm.com/html/2021/08/18/1629259359646.html

    BOE、Galaxy Mに有機EL供給 貼り合わせはGIS
    http://www.emsodm.com/html/2021/03/25/1616637730953.html

    サムスン、携帯電話の37%にMediaTek製AP・SoC
    http://www.emsodm.com/html/2021/08/06/1628216890464.html

    【【韓国】サムスン電子、スマホのコスト削減目的で中国OLED搭載を検討か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: アナエロリネア(SB-iPhone) [ニダ] 2021/08/29(日) 22:21:12.87 ID:hpAQtL780● BE:144189134-2BP(2000)

    2021年8月5日、韓国・韓国経済は、サムスン電子が年初に発売した最新スマートフォン「ギャラクシーS21」が、歴代の同社製スマートフォンの中で「最悪の販売実績」を記録したと伝えた。
    販売が不振だった前作「S20」よりもさらに振るわず、「グローバルスマホ市場シェア1位キープに赤信号がともった」としている。

    カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチの調べによると、今年1月に発売されたギャラクシーS21シリーズの6カ月間の販売数は1350万台にとどまり、昨年上半期に約1700万台を販売したS20の販売数を20%下回った。

    no title

    2
    no title


    https://www.recordchina.co.jp/b880594-s25-c20-d0195.html

    【【韓国サムスン】スマホ ギャラクシーS21の販売が全く売れない 世界シェア1位に赤信号】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2021/08/24(火) 15:16:46.81 ID:CAP_USER
    no title

     韓国・サムスン電子のワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」が耳で爆発したという主張が提起され、サムスン電子側が事実確認中であることが伝えられた。

     23日、業界関係者によると、前日午後、サムスンのコミュニティー掲示板には「Galaxy Buds爆発」との文章が掲載された。

     投稿者は「きょう午前、子供(娘)が使用していたBudsが耳で爆発した。動画を見ていたら、バンという音と共に分解され太ももに落ちた」と主張した。続けて「娘の太ももには軟こうを塗って、耳は気持ちのせいなのか若干聞こえないというから病院に行かなければならない」とつづった。

     投稿者は写真も添付し、「スマートフォンやイヤホンが充電中に爆発する事例は見たことあるが、耳で作動中に爆発したイヤホンは見たことがない。ニュースで見るような出来事が娘に起こるなんてびっくりだ」と付け加えた。

    ヤフーニュース(WOW!Korea) 12:01配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/640b042f8c403d77c48684827e7e7ecdd1bc85b4

    【【韓国】サムスンのワイヤレスイヤホンが耳で爆発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ろこもこ ★ 2021/08/14(土) 08:21:47.01 ID:CAP_USER
    李在鎔
    韓国・サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が13日、仮釈放された。韓国メディア・ヘラルド経済が伝えた。

    李副会長は同日午前10時、京畿道義王市にあるソウル拘置所から仮釈放された。1月18日に朴槿恵(パク・クネ)前大統領の知人に賄賂を提供した罪などで懲役2年6カ月を宣告されて以来、207日での出所となった。

    出所の際、李副会長は、国民への謝罪と併せ、「私に対する批判や懸念、期待は承知している。努力する」と発言。収監中に虫垂炎を患ったためか、以前よりも顔がやつれ、白髪が増えた様子だったという。体重も7カ月の間に激減したと伝えられた。

    短いインタビューを終えると、李副会長は待機していた乗用車に乗り、そのまま瑞草洞にあるサムスン電子の社屋に向かった。11時ごろには社屋に到着した姿が取材陣に捉えられた。サムスン側の話では同日中に社長らを招集して会議を行う予定はなかったといい、李副会長はしばらく執務室でたまった業務案件に目を通し、経営復帰の準備を進めるとみられている。

    記事は「半導体産業の競争が激化する中、サムスン電子がトップに立つためには大規模な投資や買収・合併(M&A)などの課題が山積している」と報道。「米国における20兆ウォン(約1兆8859億円)規模の工場建設投資プロジェクトも確定を控えており、平沢キャンパスへの追加投資や、人工知能のような未来の成長産業分野の買収なども、李副会長の復帰と関連し関心を集めている」と伝えている。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「よかった。お疲れ様でした」「本当におめでとうございます」「いい経験をしたと考えて、国家のために全力を尽くしてください」「これ以上彼を攻撃しないで。サムスンがなかったら韓国人はどう生きればいいの?」「過ちを犯したのは政治家なのに被害は企業家に。政治だけは三流の韓国」など、応援や同情のコメントが相次いでいる。

    一方で、「仮釈放の場合、5年間経営に参与できないはずでは?」「国益のためにもしっかり働けるよう赦免して」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/丸山)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b875913-s25-c100-d0201.html


    【【韓国】サムスン電子の副会長が仮釈放=韓国ネット「よかった」「サムスンがなかったら韓国人はどう生きればいいの?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2021/08/13(金) 19:33:15.36 ID:CAP_USER
    Xiaomi

    11日、韓国・アジア経済によると、中国スマートフォン大手のXiaomiが、韓国のサムスン電子の新製品発表の前日に大規模なイベントを開いてフラグシップスマートフォンを公開した。写真はMIX4。

    2021年8月11日、韓国・アジア経済によると、中国スマートフォン大手のXiaomi(小米科技)が、韓国のサムスン電子の新製品発表の前日に大規模なイベントを開いてフラグシップスマートフォンを公開した。記事は「世界のスマートフォン市場において恐ろしい勢いでサムスンを追撃しているシャオミが、露骨にサムスンをけん制している」と伝えた。

    記事によると、シャオミは10日午後7時30分(現地時間)、オンラインイベントで「Xiaomi MIX4」を公開した。2018年10月に公開した「Xiaomi MIX3」以降約3年ぶりとなるフラグシップ製品だ。

    価格は4999?6299元(約8万5400?10万7600円)で、今月16日に中国での発売が予定されている。最大の特徴は「アンダーディスプレイカメラ(UDC)」が適用されたという点。 UDCは画面にカメラの穴が見えなくなっており、画面を深く掘る「ノッチ」や「パンチホール」に代わる技術と評価されている。ただし技術の実現が難しく、関連技術をめぐるメーカー間の競争が激化しているという。

    今回の発表は、翌11日午後11時から開催されるサムスンの新製品発表イベント「Galaxy Unpacked August 2021」の前日に行われたことから、「サムスンをけん制しようとする狙いがある」と記事は指摘している。サムスンは同イベントで折りたたみスマホとしては初となるUDC技術を披露することになっていた。

    シャオミは最近、スマートフォン市場での躍進が目覚ましい。市場調査会社カナリスによると、今年4?6月期のグローバルシェアは17%で米アップル(14%)を上回り、1位のサムスン(19%)との差もわずかだった。また、ストラテジー・アナリティクスの同期間の世界アンドロイド5Gスマートフォン市場シェア調査では1位(25.7%)とだったという。

    シャオミのCEOである雷軍氏は「2023年までにサムスンを越えて世界トップのメーカーになる」と公言している。

    これを受け、韓国のネット上では「シャオミとGALAXYじゃターゲットの顧客層が異なるから、心配無用」「シャオミは中国内需用でしょ」と楽観視する声が上がる一方で、「シャオミなんか…とたかをくくっていたら1位を奪われるかもしれない。欧米の人々がなぜシャオミ選ぶのか、これがどれほどの脅威なのか考えて動くべき」「いずれにせよ、価格と品質で決まると思う。結果的にサムスンが価格政策に打ち勝つことは難しいだろう」 と警鐘を鳴らす声も。

    その他「サムスンファイト!韓国はサムスンにかかってる」「コスパが重要。サムスンも価格を下げてたくさん販売していこう」などサムスンへの応援の声や、「これって数年前にサムスンがソニーに対してやったことと同じじゃない?」「サムスンがアップルに十数年やってることと変わりない」と指摘する声も見られた。(翻訳・編集/松村)

    Record China 2021年8月13日(金) 15時30分
    https://www.recordchina.co.jp/b880794-s25-c20-d0194.html

    【【韓国経済崩壊】シャオミ「2023年までにサムスンを抜く」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マイコプラズマ(SB-iPhone) [CN] 2021/08/12(木) 06:29:55.99 ID:ugaEG+Om0● BE:144189134-2BP(2000)
    縦折りで防水対応の「Galaxy Z Flip3 5G」発表

    サムスン電子は、
    フォルダブル(折りたたみ)スマートフォンの最新モデルとして、
    「Galaxy Z Flip3 5G」を発表した。

    米国では、999.99ドル(約11万円)で
    8月27日に発売される予定で、予約受付が始まった。
    日本での取り扱いについては明らかになっていない。

    画像
    no title

    2
    no title

    3
    no title

    4
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1342993.html

    【韓国サムスン 折りたたみスマホ11万円発売 パカパカ時代到来】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 田杉山脈 ★ 2021/07/30(金) 20:24:34.63 ID:CAP_USER
    no title
    韓国IT(情報技術)大手「カカオ」創業者の金範洙(キム・ボムス)議長(55)がサムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長を抜いて韓国最高の富豪になったとブルームバーグ通信が29日(現地時間)、報じた。

    ブルームバーグのビリオネア指数によると、金議長は134億ドル(約1兆4700億円)の純資産で121億ドルの李副会長を抜いて韓国で1位になった。

    株価上昇により、金議長は今年に入って財産を60億ドル以上増やしたことが分かった。カカオ株価は今年91%急騰した。

    ブルームバーグは金議長に対して「数十年になる大企業が支配する韓国で、一代で財を成したIT企業が最高の富豪になることができることを示した事例」と説明した。また、企業公開(IPO)の力を見せる事例とも説明した。金議長はカカオの大株主で、カカオの株価は子会社がIPOを次々と推進して上昇を続けている。

    金議長は子どものころは8人の家族と一部屋に暮らしており、経済的に恵まれたほうではなかったという。金議長はソウル大学産業工学科を卒業して「ハンゲーム」を創業した。2006年にはカカオの前身である「IWILAB(アイウィラボ)」を設立し、4年後に国民的メッセンジャー「カカオトーク」をリリースした成功軌道に乗った。現在、カカオトークの世界利用者は5300万人で、このうち88%は韓国利用者だ。

    最近、金議長はマイクロソフト(MS)創業者のビル・ゲイツ夫妻とバークシャー・ハシャウェイのウォーレン・バフェット会長が始めた自発的寄付運動「ギビング・プレッジ」に参加し、財産の半分以上を寄付することを公式に宣誓した。

    ブルームバーグは「金議長は貧しい家庭で育ったので、30代までは『金持ちになること』が人生の唯一の目標だったという」とし「目標にしていた富を達成した後は方向がないと思うようになり寄付することにした」と伝えた。

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/281372

    【【実業家】カカオ創業者の金範洙、韓国最高の富豪に…134億ドルでサムスン李在鎔を抜く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2021/07/28(水) 20:22:22.42 ID:CAP_USER
    935278AF-1BA7-4DD3-A3A8-1536902C105F
    韓経:TSMCも手に余るのにインテルまで…コーナーに追い詰められるサムスン電子「超緊張」(1)

    米インテルが「2025年にファウンドリー(半導体受託生産)市場で2ナノメートル(1ナノメートル=10億分の1メートル)級半導体を量産する」と宣言した。回路線幅2ナノメートルの半導体はサムスン電子と台湾のTSMCも言及していない「技術力の限界」に挑戦する製品だ。3月に市場進出を宣言したインテルが4カ月ぶりに「ファウンドリーでも世界1位を占める」という野心を表わしたとの分析が出ている。

    インテルのパット・ゲルシンガー代表は26日に開かれたオンライン技術説明会「インテル アクセラレーター」で、「毎年地道な投資を通じて技術リーダーシップを回復するだろう」としながらこうした計画を明らかにした。ゲルシンガー代表は「インテル20A」と名付けた2ナノメートル級半導体技術を活用し、2025年にファウンドリー市場に半導体を供給すると強調した。

    2ナノメートルに回路線幅を狭めれば既存の半導体チップよりサイズを小さくし、電力損失率も大幅に下げることができる。サムスン電子とTSMCは5ナノメートル級半導体を量産中で、3ナノメートル級は来年にも生産が可能だと予想される。ファウンドリー企業のうち2ナノメートルに言及したのはインテルが初めてだ。

    インテルは今年7ナノメートル級(ファウンドリー基準)の半導体生産を計画している。現在の技術だけでみればサムスン電子とTSMCより1世代遅れた水準だ。このためインテルが4年で5ナノメートル、3ナノメートルの2段階を跳び超えて2ナノメートル級半導体を生産するのは容易でないだろうとの評価も出ている。

    ゲルシンガー代表は「大規模技術投資、ASMLなどトップ圏半導体装備企業との協力、数十年間積んだノウハウなどを通じて目標を必ず達成するだろう。技術開発は終わらせた状況」と強調した。

    サムスン電子は超緊張状態だ。TSMCも手にあまる状況でインテルという巨艦がファウンドリーの競争者として登場するからだ。業界関係者は「オーナー不在の状況のサムスン電子がグローバル半導体戦争でますますコーナーに追い込まれている」と話す。

    ◇インテル「2ナノ顧客でクアルコム確保」…サムスン「大口顧客奪われるか

    「2ナノメートルとクアルコム」。26日に開かれたインテルのオンライン技術説明会のキーワードだ。インテルが「20A(2ナノメートル級)プロセス技術を活用しクアルコムを顧客として確保した」と正式発表すると世界の半導体業界は衝撃を受けた。

    2ナノメートル半導体はファウンドリー企業がこれまで切り出せなかった「技術力の限界」に挑戦する製品だ。クアルコムは世界最大の通信チップ設計専門企業(ファブレス)でファウンドリー市場では3本の指に入る大手だ。サムスン電子としては技術力で押され大口顧客も奪われる連続カウンターパンチを浴びる状況に置かれることになったのだ。

    ◇ファウンドリー大手のクアルコムもインテルへ

    27日の半導体業界によると、インテルは技術説明会前にファウンドリー顧客の名前である「クアルコム」が漏れないように極度のセキュリティを維持したという。ゲルシンガー代表が3月のファウンドリー進出宣言から約4カ月ぶりに直接マイクを手に取る行事の「サプライズ効果」を最大化するためだ。ゲルシンガー代表はこの日技術ロードマップを公開しながら「きょう公開した革新はインテルのファウンドリー初の顧客であるクアルコムにも大変重要な役割をするだろう。インテルのファウンドリーサービスが本格的に始まるだろう」と宣言した。

    7/28(水) 10:08配信
    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/281256



    【【韓国】TSMCも手に余るのにインテルまで…コーナーに追い詰められるサムスン電子「超緊張」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2021/06/06(日) 12:18:33.10 ID:CAP_USER
    samusun45
    年間500兆ウォンに上る半導体市場は韓国、米国、中国、台湾、日本、欧州の6つの国と大陸が激しく競争する構図だ。日本は1980年代半ばまでは世界1位だったが、1985年の米国とのプラザ合意後に衰退の道を歩んだ。日本の半導体自給率は2019年基準で7%にとどまっている。

    最近では雰囲気がくっきりと変わった。韓国と米国、韓国と台湾の間の隙間の攻略に出た。日本経済新聞は3日、加藤勝信官房長官が議長を務める成長戦略会議で半導体などデジタル産業の基盤強化に向けた新戦略報告書が上げられたと報道した。

    東京から北東に60キロメートルほど離れた茨城県つくば市が日本の「失われた30年」を回復する拠点に選ばれる。つくばは研究所だけで300カ所以上、研究人材がおよそ3万人に達する「博士都市」だ。韓国で言えば大田市(テジョンシ)の大徳(テドク)研究団地に似ている。

    ここにTSMCは世界最高の競争力を持つ半導体後工程(パッケージング)研究に注力するという。日本の素材・部品・装備企業20社ほどが協力する。パッケージング専門企業であるイビデン、素材企業の旭化成、装備製造企業の芝浦メカトロニクスなどだ。日経は「茨城県つくば市の産業技術総合研究所で夏以降、試験ラインの整備を始める。2022年にも本格的な研究開発に着手する見込みだ」と報道した。

    日本と台湾の関係はさらに密着する様相だ。日本は最近新型コロナウイルスの影響で半導体工場稼動中断など大きな打撃を受けた台湾に国レベルの支援の意志も明らかにした。実際にアストラゼネカ製ワクチンを台湾に送る案を推進中だ。

    もう少し時間を遡ると、台湾企業はシャープやパナソニックの半導体子会社など日本企業に対する大型買収を成功させた。TSMCは東京大学と半導体設計分野で協力している。これに対して専門家らは米国が安全保障を理由に中国制裁に乗り出し、中国を素早く「損切り」する代わりに日本と手を組もうとする意図とみられる。

    サムスン電子をはじめとする韓国企業の悩みが深まる瞬間だ。米国と日本、台湾が堅固なひとつの軸を構成しているのに韓国がこの輪から抜けているからだ。

    ただある半導体業界関係者は、「日本は長期にわたる業力を基に半導体素材と装備分野で世界的な競争力を誇るが製造工程は違う。特に数十兆ウォンに達する莫大な投資に耐えるのは難しいだろう」と話した。半導体設計とパッケージングなど一部分野で現在の市場構図に割り込んでくることはできても、逆転は容易ではないという意味だ。

    韓国半導体ディスプレー学会長を務める漢陽大学のパク・ジェグン教授は「政府が乗り出して破格な支援策を提示して企業を迎えなければならないほど最近の世界の半導体市場は急激に変わっている」と指摘した。韓国政府がより積極的に乗り出すべきとも注文した。パク教授は「税制や金融支援だけでなく現在の化学物質管理や週52時間労働制のような厳格な規制を果敢に緩和すべき」と主張した。

    Yahoo!Japanニュース/中央日報 6/6(日) 9:13配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ad2b1419ecf476e27da34dcb62df6a84a77fa4d2

    【【韓国】台湾と日本の「半導体蜜月」、サムスンには毒か薬か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/05/20(木) 20:45:21.56 ID:CAP_USER9
    sumusungsuma

    2021年5月20日、韓国・ヘラルド経済は「東京五輪エディションにサムスンのロゴがないのは日本のせい?」と題する記事を掲載した。

    記事によると、五輪公式スポンサーのサムスンは過去の五輪同様、今回も限定モデルのGalaxyS21東京五輪エディションを発売する。昨年もGalaxyS20+東京五輪エディションを発表したが、五輪の延期により販売が中止された。

    今回の五輪エディションについて記事は「背面の中央にdocomoのロゴ、下部にGalaxyのロゴが入っているが、サムスンのロゴが入っていない」とし、「五輪エディションにサムスンのロゴが入らないのは極めて異例のことだ」としている。

    その理由について、「日本はサムスンが苦戦する数少ない市場の1つ。日本人は韓国製品に対し排他的であるため、サムスンは日本市場だけ特別に、自社ロゴを消してGalaxyという製品名のみを入れたスマートフォンを販売している」とし、「五輪エディションも同様に、日本市場で流通されるスマートフォンであることを考慮しロゴが消された」と説明。その上で「サムスンは五輪の公式スポンサーである上、五輪エディションからサムスンのロゴが消された事例はない。今回の対応はさすがにやり過ぎではないか」と指摘している。

    サムスンは1988年のソウル五輪のローカルスポンサーを務めた後、2028年まで五輪公式スポンサーとして活動する契約を結んだ。2012年のロンドン五輪と2016年のリオ五輪ではそれぞれGalaxyS3とGalaxyS7の五輪エディションを発売。2018年の平昌五輪ではGalaxy Note8の五輪エディションを選手や関係者に提供した。

    これに韓国のネットユーザーからは「日本はどれだけサムスンをばかにしているのか」「サムスンは後援をやめるべき」「サムスンのメンタルは後進国レベルだ」などロゴを消したことへの批判的な声が上がっている。

    一方で「今までそうしてきたのに、今回だけロゴを入れたらそっちの方がおかしい」「とりあえず偏見を持たれそうなものを排除して製品の良さを分かってもらい、最終的にはロゴ入りでも使ってもらうというのがサムスンの戦略なのだろう。全て計算してやっていることだよ」「企業がたくさん売るためにロゴを消すというのは当然のこと。騒ぐほどのことではない」と理解を示す声も。

    また、今回の限定モデルについて「さすが。サムスンが作ったからデザインもかっこいい」「五輪が中止になったら超レアアイテムになるね」などの声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b876787-s25-c30-d0191.html


    【東京五輪限定スマホからもサムスンのロゴが消される 韓国ネット「日本はどれだけサムスンをばかにして…」「サムスンは後援をやめるべき】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2021/05/16(日) 21:09:33.36 ID:CAP_USER
    韓国サムスン電子と台湾TSMCの「競争力格差」が広がるこれだけの理由

    2021年5月11日 6時0分
    ダイヤモンド・オンライン

    半導体2大ファウンドリーである台湾積体電路製造(TSMC)と韓国サムスン電子の業績は堅調に推移している。ただ、中長期で考えると、最先端技術と生産能力の向上に取り組むTSMCとサムスン電子の競争力格差は広がる可能性がありそうだ。(法政大学大学院教授 真壁昭夫)

    半導体争奪戦は3年続く
    日本企業にとって正念場

     世界的に半導体の不足が深刻だ。2018年春以降の米中対立や、5G投資の盛り上がりで需給がタイトになったことに加えて、想定外の日米の半導体工場の操業停止などにより、“半導体争奪戦”の様相を呈している。米インテルのパット・ゲルシンガーCEOが「需給ひっ迫の解消には2~3年かかるだろう」と述べるほど、事態は深刻だ。

     そうした状況下、各国企業が台湾積体電路製造(TSMC)や韓国のサムスン電子などからの半導体確保を急ぎ、半導体の市場価格は上昇している。当面、世界の主要メーカーであるTSMCやサムスン電子などの業績は堅調に推移するだろう。ただ、やや長めの目線で考えると、最先端の半導体生産能力の向上に取り組むTSMCとサムスン電子の競争力格差は広がる可能性がありそうだ。

     半導体争奪戦は、ある意味では、わが国の半導体部材メーカーなどにとって追い風になる可能性がある。わが国企業は半導体の製造装置や主要部材のサプライヤーとして、世界的にしっかりしたポジションを持っているからだ。

     重要なポイントは、今後、その地位をさらに高め、収益性を確保できる事業展開を目指すことだ。そのためには企業の取り組みだけでなく、政府が積極的に規制改革や企業の研究開発支援を推進することを考えるべきだ。それができないと、有力なビジネスチャンスを逃すだけではなく、中長期的なわが国経済の成長を実現することは難しくなる。ある意味では、わが国にとって正念場が来ているといえるだろう。

    (略)

    https://diamond.jp/articles/-/270418

    【【韓国】サムスン電子と台湾TSMCの「競争力格差」が広がるこれだけの理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ムヒタ ★ 2021/05/14(金) 14:55:07.85 ID:CAP_USER

    samusun45
     サムスン電子は、2030年までにロジックチップ事業への投資を計171兆ウォン(約16兆6000億円)まで増やすと発表した。

     2019年に発表していた133兆ウォン(約12兆9000億円)からの増額となる。

     サムスン電子によると、当初の投資額に38兆ウォン(約3兆7000億円)を上乗せするのは、先端研究の加速と製造施設の拡大のためだという。

     同社はシステムLSI部門でロジックチップを設計し、ファウンドリー部門でチップを受託生産している。

     投資の上積みにより、ファウンドリー部門の拡大が「人工知能(AI)や5G、自動運転などの次世代技術に基づく新産業全体の促進に役立つ」としている。

     同社はさらに、韓国の平沢市にある工場で新しい製造ラインの建設を開始したと発表した。2022年下半期に完成する見込みだという。

     この製造ラインでは、極端紫外線(EUV)リソグラフィー技術を利用して14ナノメートルDRMと5ナノメートルロジック半導体を製造するという。

     副会長兼チップ事業責任者の金奇南(キム・ギナム)氏は、次のように述べた。「半導体業界全体が重大な分岐点を迎えており、今は、長期的な戦略と投資の計画を立てるべき時だ」

    2021年05月14日 12時10分
    https://japan.cnet.com/article/35170738/

    【【韓国】サムスン、ロジックチップ事業への投資を上積み--計約16兆円に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2021/05/14(金) 12:46:17.96 ID:CAP_USER
    samusun45

    サムスン電子がファウンドリ(半導体受託生産)事業に不可欠なオランダのASML社極紫外線(EUV)露光装置引数競争で業界1位の台湾TSMCに遅れをとっているという分析が出ている。最近両社は、ファウンドリ市場拡大のために激しく戦っているが、遅い機器の確保にサムスン電子の競争力が低下することがあるという懸念も出ている。

    14日、電子業界と海外メディアによると、TSMCは今年ASMLが提供するEUV装置の70%を供給される。米国IT専門媒体サムモバイルは最近、「サムスン電子がEUVプロセスのための十分な生産設備の確保に失敗し、半導体競争でTSMCに敗れた」とし「TSMCがサムスンを破って、十分なEUV生産設備を確保したものとみられる」とした。日本の日本経済新聞(日経)は最近、「ASMLのEUV装置の中で、70%がサムスン電子のライバルであるTSMCの占めるになった」とし「サムスン電子はEUV機器の購入台数を迅速に増やしていきますが、すでに多くのEUV装置を確保したTSMCの短期間に追いつくのは容易ではないようだ」と報じた。

    EUV装置は、半導体原材料であるシリコンウエハ(Wafer)に回路を描き入れる露光工程に使用される。 ASMLが独占生産し、全世界に供給しているが、半導体スーパーサイクル(長期好況)への期待需要に供給不足に苦しんでいる。年間40台湾の作られるこの装置は、来年の生産量まで既にお取り寄せになっている状態だ。

    半導体は、回路線幅が狭ければ狭いほどのサイズを削減しながら、性能と電力効率を向上させることができる。電子業界が微細公正競争を繰り広げる理由だ。全世界で現在10?(ナノメートル・1?は10億分の1m)微細工程が可能な会社は、TSMCとサムスン電子だけである。両社は現在、EUV装置を活用した5・7?半導体が主力商品である。しかし、保有しているEUV装置は、TSMCが50通り、25代のサムスン電子の二重リードしている。

    今後主力製品の生産量の増大と3?量産を目指すTSMCとサムスン電子はEUV装置争奪戦を繰り広げている。特に、サムスン電子がTSMCを超えウリョミョンEUV装置の確保は、企業命運がかかったといっても過言ではない。昨年10月にイ・ジェヨン三星電子副会長が、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)事態の中でもASMLオランダ本社を訪れたのも、まさにEUV装置を確保するためだ。この副会長は、当時ピーターベニンクASML最高経営責任者(CEO)などの主要な経営陣に会ってEUV機器供給拡大を要請したことが分かった。

    サムスン電子が、京畿道華城に建立されているEUV専用鋳造工場全景。 /サムスン電子提供

    このような努力にもサムスン電子の機器の確保は容易ではないと伝えられる。サムスン電子は昨年EUV装置を20台購入しましたが、今年に導かれる機器の数はその半分である10代に過ぎない。既存の保有25台を合わせると、サムスン電子が今年稼働することができると思われるEUV装置総数は35台。一方、既に50台を持っているTSMCは今年30台を追加して、来年から80代を運営する。両社のEUV装置台数の格差が時間が経つにつれて増えているというのが、電子業界の診断である。

    EUV装置が十分なければ微細工程で半導体を作成する顧客を確保するのが難しくなる。半導体受注戦で押さ可能性があることだ。その場合、市場シェアは永遠のギャップを狭めるようになる。サムスン電子のファウンドリ市場シェアが20%のラインを超えないことも、最終的にEUV装置の数が十分ではないためと分析される。台湾の市場調査会社のトレンドフォースによると、今年第1四半期のファウンドリ市場シェアはTSMCが56%、サムスン電子が18%である。

    代わりに、サムスン電子はEUV装置の格差を克服するために、次世代の技術開発に速度を出している。来年リリースする3?ファウンドリから現在適用されているピンペト(finFET)の代わりに、チップ面積と消費電力を抑えた「GAA(Gate-All-Around)」工程を適用する。新しい技術を介してTSMCとの技術格差を減らしていくというのが、サムスン電子の計画である。

    NAVER(韓国語)2021.05.14. ?? 6:01
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=105&oid=366&aid=0000717142

    【【国際】米国紙「韓国は半導体競争で台湾に敗れた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2021/05/09(日) 19:44:15.19 ID:CAP_USER
    sumsun

    米中の技術覇権競争が半導体供給網に地殻変動を起こしサムスン電子が四面楚歌に陥っている。何より半導体委託生産(ファウンドリー)世界1位の座を固めた台湾TSMCの疾走が脅威だ。韓国はメモリー半導体で世界1位を走っているが、第4次産業革命で需要が爆発している非メモリー分野ではTSMCの威力に押されている。世界の半導体市場でメモリーと非メモリー半導体の割合は3対7水準だ。非メモリー市場が圧倒的に大きい。

    非メモリー半導体は人工知能(AI)、自動運転車、第5世代(5G)移動通信をはじめとほぼすべての先端産業でなくてはならない必需品だ。先端装置の性能が高度化しコンピュータの頭脳の役割をする中央処理装置(CPU)から非メモリー半導体はその種類だけでも数万種類に達する。TSMCは生産力と技術力ともに圧倒的だ。世界市場でのシェアは2019年1-3月期の48.1%から今年1-3月期には56%に増えた。サムスン電子は同じ期間に19.1%から18.0%にむしろ減った。

    技術力でも台湾がリードする。世界で消費される10ナノメートル以下の先端システム半導体の92%が台湾で生産される。米中技術戦争で台湾は日米と密着し三角連合構造を形成しておりサムスン電子が入り込むスペースも広くない。しかもTSMCはさらに積極的だ。米アリゾナのファウンドリー工場を3年以内に5カ所追加し6カ所に増やすことにした。こうなればクアルコム、AMD、エヌビディアのように設計だけして生産はファウンドリーに任せる米ファブレス企業のTSMC依存度がさらに高まりサムスン電子の立ち位置はさらに狭まりかねない。

    TSMCは日本にも研究開発センターを設置する。これで日米の半導体先端技術と人材を吸収し技術力と市場掌握力を高めている。これに対し1-3月期基準でサムスン電子は半導体部門での営業利益がTSMCの半分にとどまった。良くない兆しだ。このようになれば2020年を基点に133兆ウォンを投資しファウンドリーでも世界1位になるというサムスン電子の「半導体ビジョン2030」の実現も楽観するのが難しくなる。メモリー半導体市場でもインテルやマイクロンなど米企業の追撃が激しくなり1-3月期にサムスン電子のシェアは減った。

    フィナンシャルタイムズのITコラムニスト、ジョン・ソーンヒル氏は「いまや半導体は主権国家ならばワクチンとともに必ず確保すべき核心資産になった。地政学的優位が半導体チップに左右される時代になった」と分析した。台湾はこうした分析の生きた事例になっている。「台湾が止まれば世界のサプライチェーンが崩壊する」という言葉が出るほどファウンドリーを中心に半導体供給網を掌握したためだ。これは国民的協力と全幅的な政府支援の結果だ。台湾はいま半世紀ぶりの水不足を体験している。台湾政府は農業関係者を説得して水田への水供給を止め半導体工場に水を供給している。国益のため死活をかけて半導体を守る。半導体がそのまま経済と安全保障の安全弁であるためだ。

    韓国はこれとは180度事情が違う。経営に専念しても将来の保障は難しいのにサムスン電子経営陣は国政介入スキャンダルに巻き込まれ4年以上捜査を受けている。政府の支援も見通しが暗くなる。平沢(ピョンテク)工場の送電塔建設請願は5年を浪費した末に結局4000億ウォンの送電線建設費を出して解決することになった。

    与党「共に民主党」がいまになって半導体特別委員会を設けたが何の役に立つのか疑問だ。半導体はもともと企業がやってきたもので、政府の役割はほとんどなかった。足を引っ張らず投資に専念できるよう環境を作ることが最善の支援だ。ここでさらに揺らげば超格差どころか二流に落伍する可能性も排除できないという非常な覚悟が必要な時期だ。

    中央日報 2021.05.09 10:03
    https://japanese.joins.com/JArticle/278466?servcode=100§code=110

    【【韓国】半導体の位置付け・超格差ともに揺らいでいる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 昆虫図鑑 ★ 2021/05/01(土) 11:18:27.49 ID:CAP_USER
    samusunhonsya
    2021年4月27日、韓国・ファイナンシャルニュースは「サムスン電子が韓国企業として唯一、『世界100大多国籍企業』に選定された」と伝えた。

    記事によると、国連貿易開発会議(UNCTAD)の「2020年世界100大非金融多国籍企業」リストで、サムスン電子が39位にランクインした。これは、2019年末時点で世界の主要多国籍企業(※金融会社を除く)の海外資産(asset)規模を基にランク付けしたものだという。

    サムスン電子は全体資産約3055億ドル(約33兆2800億円)のうち、海外資産は約874億ドル(約9兆5310億円)保有していた。全体資産における海外の比重は約28.6%だという。

    アジア企業の中では、トヨタが海外資産3076億ドル(約33兆5083億円)で最も高く、全体の2位につけた。

    なお、サムスン電子は2018年に発表された2017年末の資産基準ランキングでも39位で、韓国企業としては9年前の2011年にサムスン電子(63位)の他、現代(ヒュンダイ)自動車(88位)もランクインしていたが、今回は現代車は入っていなかったという。

    また、UNCTADが資産・売上・雇用の3指標のうち海外比重をパーセンタイルに計算した多国籍化指標(TNI)基盤ランキングでは、サムスン電子が61.2%で、100大多国籍企業中52位だった。UNCTADによると、サムスン電子の全体資産における海外比重は約28.6%と相対的に低かったが、売り上げ(85%)と雇用(69.8%)の国外比率が圧倒的に高かったという。

    これを受け、韓国のネット上では「本当に誇らしい」「世界1位になるその日まで応援します」など喜びの声が上がる一方で、文政権に対しては「文政権がサムスンを苦しめなかったら、確実に10位以内に入れたはずなのに…」「中小企業が大企業になれるようサポートするどころか、何かあるたびに政府が呼び出してつついてばかり」「政権と政治に振り回されて、韓国企業はどれだけ多くのチャンスを逃したことか」など厳しい批判が目に付く。

    一部からは「雇用の69.8%が国外だというのに、愛国企業と言える?」「サムスンは系列別に分離すべき。それと、グローバル企業になるためには李在鎔(イ・ジェヨン)副会長は刑務所にいるべき」「サムスンは李在鎔副会長のせいで膨大な損失を被った」などの指摘も寄せられている。(翻訳・編集/松村)

    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b875576-s25-c20-d0194.html


    【【韓国メディア】サムスンが韓国企業で唯一「世界100大多国籍企業」に、アジア1位はトヨタ=韓国ネット「文政権のせい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2021/05/01(土) 12:11:31.27 ID:CAP_USER
    5640C253-11A9-4284-86C1-E5DDFFBC462E
     
     米アップルが今年1-3月期の世界スマートフォン市場で売上高の半分近くをさらった。サムスン電子はアップルよりも1700万台多くスマートフォンを販売したが、売上高はアップルの40%前後にとどまった。

     市場調査会社カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチが30日に明らかにしたところによると、今年1-3月期の世界スマートフォン市場の売上高は1130億ドル(約12兆3460億円)で、史上初めて1000億ドル(約11兆円)を突破した。このうち、アップルの売上高は42%に達した。2位のサムスン電子の売上高は、アップルの半分にも満たない17.5%だった。次いでOPPO(オッポ、8.25%)、vivo(ビボ、8%)、小米科技(シャオミ、7.6%)などの中国企業が3-5位を占めた。

     しかし、出荷台数基準ではサムスン電子がアップルを大幅に上回った。サムスン電子は「ギャラクシーS21シリーズ」発売効果により市場占有率21.7%を記録、昨年10-12月期にアップルに譲った1位の座を奪還した。16.8%のアップルは2位に後退した。今年1-3月期にサムスン電子は7700万台、アップルは6000万台のスマートフォンを販売したものと推定される。

     アップルよりもサムスンの方がスマートフォンを多く販売したのに、売上高で半分にもならないのは、両社の対照的なスマートフォン戦略のためだ。アップルの「iPhone12」基本モデルは前作よりも100ドル(約1万1000円)前後高くなった。特に、iPhoneシリーズの最上位モデルである「iPhone 12 Pro Max」は米国・欧州市場での需要が続き、売上高アップをリードした。

     一方、サムスン電子は「ギャラクシーS21」基本モデルを前作より約25万ウォン(約2万4000円)安い99万9900ウォン(約9万7600円)で発売した。「ギャラクシーS」シリーズの価格が100万ウォン(約9万7700円)以下に策定されたのは、「ギャラクシーS9」以来3年ぶりだ。これと同時に、中低価格ブランドである「ギャラクシーA」シリーズの販売拡大にも力を入れた。

     米中対立の中で苦戦している中国・華為技術(ファーウェイ)の空白は、ほかの中国企業が埋めていることも分かった。同調査会社は「小米科技、OPPO、vivoなど中国のスマートフォン・メーカーが中国、欧州、中南米、東南アジア地域で善戦し、華為技術の空白を埋めている」と分析した。

    ヤフーニュース(朝鮮日報)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f507a9f18ecf6518172970c40859b6b218b8f150

    【【韓国】1700万台多く売ったのに…サムスン、アップル売上高の半分にも満たず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/04/30(金) 21:12:23.16 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】昨年10月に死去した李健熙(イ・ゴンヒ)サムスングループ会長の保有株式のうち、最も規模が大きいサムスン電子株について、夫人の洪羅喜(ホン・ラヒ)氏、長男の李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長、長女の李富真(イ・ブジン)ホテル新羅社長、次女の李叙顕(イ・ソヒョン)サムスン福祉財団理事長が法定相続割合に従って相続することが30日、分かった。

     一方、グループを支配する上で重要なサムスン生命株については、在鎔氏が半分を相続し、残りは長女と次女が相続する。

     サムスングループの事実上の持ち株会社であるサムスン物産株については、サムスン電子と同じく夫人と3兄妹が法定相続割合に従って相続し、サムスンSDS株についても同様の割合で相続する。

     故人名義の主な株式は、サムスン電子4.18%、サムスン生命20.76%、サムスン物産2.88%、サムスンSDS0.01%など。

     このうち金額的に最も規模の大きいサムスン電子株(2億4927万3200株)は法定相続割合に従って、夫人が9分の3を、3兄妹がそれぞれ9分の2ずつ相続する。

     これによりサムスン電子の持ち株比率は、夫人の洪羅喜氏が0.91%から2.3%に増え、個人の筆頭株主になり、在鎔氏は1.63%、富真氏と叙顕氏はそれぞれ0.93%となる。

     故人名義のサムスン電子株の価格は、この日の終値基準で優先株を含め20兆3613億ウォン(約1兆9900億円)。洪羅喜氏が相続した分だけで約6兆7871億ウォンになる。

     サムスン生命株は在鎔氏が2分の1、富真氏が6分の2、叙顕氏が6分の1を相続する。夫人は相続しない。

     サムスングループはサムスン物産がサムスン生命を、サムスン生命がサムスン電子を支配する構造になっており、今回の相続で在鎔氏のサムスン生命の持ち株比率が0.06%から10.44%に上がり、個人筆頭株主になった。

     サムスン生命株を保有していなかった富真氏は6.92%、叙顕氏は3.46%を保有することになった。

     さらにサムスン物産の個人筆頭株主である在鎔氏の持ち株比率は17.48%から18.13%に増えた。

    聯合ニュース 2021.04.30 20:26
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210430004700882?section=economy/index

    no title

    左から長男の李在鎔氏、長女の李富真氏、次女の李叙顕氏(資料写真)=(聯合ニュース)

    【【韓国】故サムスン会長名義株式の相続割合決定 支配強める長男の李在鎔氏】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2021/04/25(日) 12:34:39.30 ID:CAP_USER
    samusunfuku
    ワクチン需給難の打開に向け政財界では「半導体をテコにすべき」という主張が出てきた。

    サムスン電子が米国内半導体工場投資を発表し、その代わりに米国からワクチンの追加供給を受けようという提案だ。

    こうした「ワクチンスワップ」を最初に提案した「国民の力」の朴振(パク・チン)議員は21日に中央日報との通話で
    「今回の首脳会談を契機に米国と信頼に基づいた『ワクチン同盟』を結ばなければならない。米国からワクチンの緊急支援を受け、
    今後半導体などの戦略物資で返すなど多様な方式のスワップを提案すべき」と強調した。

    外交部の鄭義溶(チョン・ウィヨン)長官も「ワクチンスワップ」に向け米国と半導体・バッテリー分野の協力を拡大できるという意中を明らかにした。

    鄭長官はこの日寛勲クラブの討論会に参加し、「バイデン米大統領が関心を持つグローバルサプライチェーンで韓国が米国を助けられる分野もある。
    民間企業の協力拡大が米国内のワクチンスワップ世論を形成するのに相当に役立たないかと思う」と話した。

    財界は李在鎔副会長を赦免し民間外交官として活用しようという立場を出している。

    韓国経営者総協会の孫京植(ソン・ギョンシク)会長は「李健熙(イ・ゴンヒ)会長が平昌(ピョンチャン)冬季五輪招致に向け一肌脱いだように、
    李副会長のグローバルネットワークを活用すれば新型コロナウイルスワクチン確保に役立つだろう」と話した。

    全国経済人連合会の権泰信(クォン・テシン)副会長も「李副会長の人脈ネットワークでワクチン確保に力添えできるようにすべき」と強調した。

    ヤフーニュース(中央日報)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/160a6f6fa959ecc6734bb87c780875af49f33cf7

    【【韓国】「半導体をテコにコロナワクチン確保すべき」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ストーリア星人(北海道) [US] 2021/04/14(水) 13:23:59.30 ID:jKyX4FAI0 BE:422186189-PLT(12015)

    サムスンは2021年で3回目となる「Galaxy Unpacked 2021」に向けて準備を進めている。同社は米国時間4月13日、このイベントを米国東部標準時28日午前10時からオンラインで開催すると発表し、招待状を送付した。

    no title


    同社は今回のイベントでの発表内容を明らかにしていないが、1月のイベントではフラッグシップモデルの「Galaxy S21」、3月のイベントではそれより安価な「Galaxy A」シリーズの新モデルを発表している。

    今回の招待状には「最も強力なGalaxyが登場する」と書かれており、発表されるのがローエンドのモデルではないことが分かる。

     4月のイベントではサムスンがノートPC「Galaxy Book」と「Chromebook」の新モデルを発表する予定だといううわさが以前からあった。また、同社の新たな折りたたみ式スマートフォンを期待する声もあるが、うわさによると発表は夏になる見通しだ。

    https://japan.cnet.com/article/35169315/

    【韓国サムスン、4月28日に「史上最強のGalaxy」を発表すると発表、AMD製CPU搭載との噂】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル