かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:シュレーダー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼  2021/05/20(木) 21:29:31.64 ID:CAP_USER
    dyureida
    韓国の家裁、シュレーダー前首相に3000万ウォン賠償支払い命じる

      ドイツのゲアハルト・シュレーダー前首相(77)と再婚して話題になった通訳者のキム・ソヨンさん(51)の元夫がシュレーダー前首相に対して損害賠償を求めた裁判の一審で、元夫が一部勝訴し、シュレーダー前首相に3000万ウォン(約289万円)の賠償を命じる判決が下された。

     ソウル家庭裁判所(家事4単独、チョ・アラ判事)は20日、キム・ソヨンさんの元夫Aさんがシュレーダー前首相を相手取って起こした損害賠償請求訴訟で、Aさんの訴えを一部認め「被告は原告に3000万ウォンを支払うとともに、遅延損害金も支払うように」との判決を下した。

     キムさんはAさんと2017年11月に離婚し、通訳の仕事を通じて親しくなったシュレーダー前首相と翌年10月に結婚した。結婚に先立ちシュレーダー前首相は18年1月、ソウル市内でキムさんと共に記者懇談会を開催し、交際を公にした。

     するとAさんは、婚姻関係が破綻した原因がシュレーダー前首相にあるとして、18年に1億ウォン(約963万円)の損害賠償を求めて提訴。キムさんがAさんと離婚する前からシュレーダー前首相と不倫関係にあり、Aさんと離婚する際にシュレーダー前首相と別れると約束したにもかかわらず、キムさんがこれを守らなかったと主張した。

     Aさんは、離婚の原因を提供したシュレーダー前首相に対し、精神的苦痛を補償する慰謝料などを支払うよう求めた。併せて、メディアの報道によって離婚の事実が知れ渡り、名誉を毀損(きそん)されたと主張し、これに関する民事・刑事訴訟も別途行われている。

    チェ・オンジョン記者

    朝鮮日報 記事入力 : 2021/05/20 20:30
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/05/20/2021052080222.html

    【【韓国】ソウル家裁「シュレーダー前独首相が離婚の原因を提供」…韓国人妻の元夫が一部勝訴 3000万ウォン賠償支払い命じる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2020/10/12(月) 12:49:01.95 ID:CAP_USER

    no title
    独当局、14日までの撤去を要請 韓日独が絡む外交問題に飛び火

     慰安婦被害者をたたえるため、ドイツ・ベルリン市ミッテ区に設置された「平和の少女像」が撤去の危機にさらされている中、シュレーダー元ドイツ首相夫妻が当局に撤去決定の撤回を要求する手紙を送っていたことが12日、確認された。

     本紙の取材を総合すると、ゲアハルト・シュレーダー、ソヨン・シュレーダー・キム夫妻はこのほど、平和の少女像撤去決定を下したベルリン市ミッテ区のシュテファン・フォン・ダセル区長あてに手紙を送り、「決定は絶対に理解しがたい」「暴力の犠牲者として苦痛を受けた、いわゆる慰安婦ハルモニ(おばあさん)たちの痛みを見捨てる反歴史的決定」と批判したことが分かった。

     シュレーダー夫妻は「ドイツはナチスの歴史を清算して世界中から尊敬されている。ドイツの官庁は日本の戦争犯罪隠ぺいに加担してはならない」「ドイツ外務省の指示を受けているものと見られる圧力に屈しないよう願う」としている。

     1998年から約7年間首相を務めたシュレーダー氏は、2017年9月に訪韓した際、慰安婦被害者たちが暮らす「ナヌムの家」を訪れるなど、韓国の歴史に関心を示してきた。2018年には韓国人のキム・ソヨン独ノルトライン=ヴェストファーレン州経済開発公社韓国代表部代表と結婚して話題になった。

     ベルリン「平和の少女像」問題は、韓国・日本・ドイツの3カ国が絡んだ外交問題に飛び火する兆しを見せている。ベルリン市ミッテ区は7日、少女像設置を主管した韓国系市民団体「コリア協議会(Korean Verband)」に対し、14日までに少女像を撤去せよという内容の公文書を送っていた。

     日本の茂木敏充外相が今月1日、ドイツのハイコ・マース外相との電話会談で少女像撤去を要請するなど、今回の決定には日本政府の全方位外交が作用したと言われている。

     韓国外交部の金仁チョル(キム・インチョル)報道官は8日の定例記者会見で、「これを人為的に撤去しようと政府が関与することは、決して問題解決の役に立たないし、日本が自ら明らかにした責任痛感と謝罪反省の精神にも逆行する動きだ」と批判している。

    キム・ウンジュン記者

    朝鮮日報 2020/10/12 11:05
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020101280072


    【【韓国面に墜ちた男】シュレーダー独元首相夫妻「ベルリン『平和の少女像』撤去に反対 ハルモニたちの痛みを見捨てる反歴史的決定」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル