かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:シリア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/10/29(月) 17:57:22.44 ID:CAP_USER9
    https://snjpn.net/archives/75199

    no title


    @kyoutan20さんのツイート

    小林よしのりwwwwwwwwwwwwwww

    だからどっちだwwwwwww

    ▼後藤さんはプロなのだから自己責任だ(2015.02.01(日))
    no title


    https://yoshinori-kobayashi.com/6780/

    ↓↓↓

    ▼安田純平氏をバッシングするヘタレ虫ども(2018.10.26(金))
    no title


    ▼ネット上のコメント

    ・私はヘタレ虫です。と言う事では。

    ・一貫性ないね

    ・よしりん、病院行きましょう

    ・アレじゃない?安田氏はプロではなく、アマだから英雄的なロジックじゃない?

    ・満腹なら飯はまずく見えるし、腹が空いてりゃ何でもうまく見えるし。そもそも一貫性とはなんなのだ?

    ・ブレブレですね。訳わかんねえw

    ・これは恥ずかしい………(;゜∀゜)

    ・…小林先生は記憶力ゼロの人。

    ・後藤健二さんはプロ、安田ウマルはど素人って事かな?

    ・この人は、世の中の流れに乗ってるだけだなぁ(笑)誰にでも好かれたいタイプの人間!

    【小林よしのり 2015年『後藤さんはプロなのだから自己責任』 2018年『安田純平氏をバッシングするヘタレ虫ども』 ネット「病院行きましょ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Toy Soldiers ★ 2018/10/28(日) 16:35:47.87 ID:CAP_USER9
    no title
     
    高部正樹 (@takabemasaki)さんが9:48 午後 on 木, 10月 25, 2018にツイートしました。

    この方が普通なのがとても不思議。私は敵味方の捕虜何人も見た事あるがみんな1週間もすればボロボロにやつれて生気もなくなった。
    捕虜交換で帰ってきた兵士は30前だったのに髪の毛真っ白になって幽霊みたいになってた。この人は屈強の特殊部隊兵士の数倍もタフだというのかな

    https://twitter.com/takabemasaki/status/1055441067674238976?s=03

    【【ウマル】元傭兵の高部氏「この方が普通なのが不思議。私は敵味方の捕虜何人も見たがみんな1週間でボロボロ。幽霊みたいになった」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/10/28(日) 15:08:25.78 ID:CAP_USER9
    no title
     
    10月28日に放送された『ワイドナショー(フジテレビ系)』にて過激派組織から解放された安田純平さんについて ゲストコメンテーターの三浦瑠麗さんが自己責任論などについて語った。

    ゲストの山里亮太さんが「安田さんは多分いろんな情報を持って帰ってくるんですよね。
    シリアの内戦が収まるような情報は持ってるんですよね?」と三浦瑠麗さんに訪ねると「持ってないです」と言い切った。

    そもそも安田純平さんはイスラム国に殺害された後藤健二さんの情報を得るためにシリアに行き拘束され、イドリブを転々と移動。

    三浦さんは「今回の件で総合的に見て、安田さんが現地入りして何が起きたかというと結局のところテロ組織にお金が渡っただけ」と 言い切った。

    また拘束されている3年間はペーペーのテロ組織からは何も情報を得られておらず、取材は失敗したと言える。

    ゴゴ通信
    http://gogotsu.com/archives/44311


    【三浦瑠麗「安田純平がシリアに行って変わったのはテロに資金が渡っただけ。彼は何の情報も持ってない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/10/27(土) 22:11:46.97 ID:CAP_USER9
     
    上念 司
    ‏ @smith796000
    えっ!どういうこと?→HTS(注:旧ヌスラ戦線)は23日、安田さんの拘束には一切関与していないと主張。「日本人ジャーナリストの安田氏の拘束にわれわれが関与しているという指摘については否定する。同氏の解放は報道で聞いた」と表明した。

    Kitaro
    ‏ @OokamiSiren
    11 時間11 時間前
    自作自演の拉致狂言疑惑・・・(´・ω・`)

    山椒ぴりり
    ‏ @5tHb9qywnFA6rIM
    そして、パスポート没収されてるのにどうやって渡航したのか……?

    落語人間 by きちでんせいけん
    ‏ @kichidenseiken
    安田氏は24時間動くこともできない状況下に置かれたと言いながら、「助けてください」映像を撮るときは「泣けないからトウガラシをよこせ」と要求したらしい。ウマルは少しのインタビューでも矛盾が多い。

    https://twitter.com/smith796000/status/1056010389295513600 

    【HTS(注:旧ヌスラ戦線)は23日、安田さんの拘束には一切関与していないと主張 ネット「自作自演の拉致狂言疑惑」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/10/27(土) 02:35:57.86 ID:CAP_USER9
    459857DD-ED38-4104-B81D-52840BED92A5
     25日に帰国したフリージャーナリスト安田純平さん(44)はシリアで拘束された3年4カ月、犯行グループの虐待にさらされ続けた。監禁や絶食、嫌がらせ――。帰国便で朝日新聞のインタビューに解放された喜びを述べ、「日本のことをもっと知りたいと思った」と今後の希望を語った。

    安田純平さん解放、これまでの経緯

     「最初はスパイ容疑で2日くらい(監禁が)続き、1カ月して『人質にする』という話になった」

     安田さんは2015年6月22日にシリアに入り、翌日朝に拘束された。そこで体験したのは、「解放」をうたって強制された数々の「拷問」だった。トイレに立つ際に音を立てると、犯行グループの話を「盗み聞きした」「スパイだ」と疑われた。グループのこうした疑念はエスカレートし、生活に様々な「ルール」が設けられたという。

     「16年からは、ほぼ毎日、『解放する』と言われた。その代わり、『これをやったら帰さない』という不可能なことを要求された。高さ1・5メートル、幅1メートルの場所で、24時間、身動きしても、何一つ音を立ててもいけないと言われた。それを8カ月やらされた」

     部屋の外で監視され、要求された行為ができないと、自身の独房の前に他の収容者が呼ばれて殴りつけられ、その様子を見せつけられたという。

     「頭を洗ってはいけないというルールが設定され、服も洗えない。指を動かして関節が鳴ってもダメ。歯磨きもダメ。頭も体も洗っていないから、かゆくてかくと音が鳴る。鼻息も、指が鳴っても、寝ている間に体が動いてもダメ」

     安田さんは、犯行グループのメンバーが「ゲーム」としてこうした要求を出していたと考えている。

    2018年10月26日06時22分
    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASLBT5VL6LBTUHBI029.html

    【【嘘臭い】「鼻息も、関節も、指が鳴るのもダメ」 安田純平さん虐待の状況語る 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ろこもこ ★ 2018/10/26(金) 18:20:43.71 ID:CAP_USER
    459857DD-ED38-4104-B81D-52840BED92A5

    シリア武装団体に抑留されて解放された日本のジャーナリストに対する日本国内の世論が冷やかだ。一部では「拉致されたのは本人の責任」として身代金を支払う必要があるという声もある。 

    東京新聞は23日、フリージャーナリストの安田純平さんが釈放されたという情報が発表されると、社会関係網サービス(SNS)で彼を批判するコメントがあふれたと26日、報じた。東京新聞によると、日本のネットユーザーは「このような勝手な振る舞いが二度と起きないように日本政府が身代金を(安田さんに)請求しなければならない」「自ら死んでも関係ないという覚悟で行ったのではないか。自分が責任をとって(シリアに)赴いたのでイスラム過激派と交渉も自らすべきだった」と主張している。このような内容を支持する日本のネットユーザーは日本政府がシリア入国の自制を要請したにもかかわらず、安田さんがシリアに行ったことに問題提起をしている。日本政府が2011年4月、内戦が激化したシリア全域に対して「避難勧告」を下したにもかかわらず、安田さんが2015年6月シリアに行って拉致されたためだ。 

    東京新聞は、このような世論が生じた原因の中には日本の社会全般に広まっている「非寛容」の雰囲気があると指摘した。2004年避難勧告が下されたイラクに入国した日本人ジャーナリスト3人が武装グループに拉致されて8日で解放された時も同様な主張が提起されたということだ。2004年拉致事件当時、自民党幹事長だった安倍晋三首相も「税金を使っており、政府も危険を押し切っている。(拉致被害者が税金の使用と政府の危険に対して)自覚しているのか疑問」としながらこのような雰囲気に力を入れた。 

    当時、拉致被害者だった写真作家、郡山総一郎さんは東京新聞とのインタビューで「『やはり(自己責任論が)また出てくるんだな』と思った。日本社会はその時(2004年)と全く変わっていない」と話した。彼は「当時、テレビ報道で司会者が自身に『ご迷惑をかける行為』と言うことを見て、いったい何がご迷惑というのか腹が立った」と話した。 

    安田さんが抑留当時、自身を韓国人だと紹介したのもネット上で日本右翼を刺激したといえる。7月公開された動画で安田さんは日本語で「私の名前は『ウマル』です。私は韓国人です」と語った。彼は釈放以降、該当発言をした理由について「監禁場所が知らされないように国籍を言わせない武装団体の規則に従ったもの」と説明した。

    ヤフーニュース(中央日報) 

    【【中央日報】シリア抑留から解放されたジャーナリストに冷ややかな日本世論「日本政府が身代金を安田さんに請求しなければ…」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: サーバル ★ 2018/10/26(金) 15:38:14.31 ID:CAP_USER9
    459857DD-ED38-4104-B81D-52840BED92A5
     
    安田さん解放を求めて活動していた妻の深結さんは、安田さん解放が伝えられると、日本の生放送テレビ番組に出演した。
    深結さんは安田さん無事の報を聞くと涙を流し、「それぞれの方が安田の事を祈り動いてくださって、その思いが伝わったのだと思います。本当にありがとうございました」と述べた。
    日本の複数テレビ局は7月、安田さんとみられる男性の映像を放送した。撮影は昨年10月とされ、男性は英語で「私の家族全員の無事を願っている。会いたい」と話していた。
    日本の英字紙ジャパン・タイムズは24日、HTSが身代金として1000万ドル(約11億円)を要求していたと報じた。ただ日本政府は、身代金の支払いを否定している。菅義偉官房長官は記者会見で「身代金を払ったという事実はありません」と述べた。


    カタール政府はこれまでも、シリアの反体制派武装組織に拘束された被害者の救出を支援している。その1人、米ジャーナリストのピーター・セオ・カーティスさんは旧ヌスラ戦線に拘束されていたが、2014年に解放された。
    カタールは身代金の支払いを否定している

    BBC
    https://www.bbc.com/japanese/45974000

    【【ウマル】カタール、身代金の支払いを否定 安田純平さん拘束】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/10/25(木) 17:55:40.06 ID:CAP_USER9
    63D57C08-94D6-4207-B9D5-25AA8D8B1209
    安田さんの健康に問題なし
    在外公館医務官が診断

     菅義偉官房長官は25日の記者会見で、シリアで行方不明になり、解放されたジャーナリスト安田純平さんの健康診断を在外公館の医務官が行ったと明らかにした。
    「健康状態に特段の問題はないとの報告を受けている」と述べた。

     安田さんの帰国後に事情を聴くかどうかなどの政府対応を聞かれ「本人や家族と相談しながら、適切に対応していきたい」と答えた。

    共同通信
    https://this.kiji.is/428022715446379617

    【安田純平ことウマルさん、健康に問題なし 3年間拘束され命の危機に晒され続けてきたはずなのに健康 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: クロ ★ 2018/10/25(木) 11:32:18.44 ID:CAP_USER9
    459857DD-ED38-4104-B81D-52840BED92A5
     
    解放されたフリージャーナリストの安田純平さんは、ことし7月にインターネット上に投稿された映像の中で、「私の名前はウマルです。韓国人です」などと話し、その理由が何なのかさまざまな臆測を呼んでいました。

    これについて安田さんは、トルコから日本に向かう機内で「拘束中に、事情があってイスラム教に改宗しなければならず、そこで自分で『ウマル』というのを選んでいた。彼らが設定したルールに従って言った」と説明し、イスラム教に改宗した際に選んだ名前だったと明らかにしました。

    そして「韓国人です」と話した理由についても、「日本人であることとか、私の実名を言うと、ほかの囚人がきいて、もし彼らが解放された場合、私の監禁場所を知っているので、例えば日本側に通報するとか、ほかの組織に通報するとかしたら、ばれてしまう。だから、実名を言うとか、日本人とか言うのは禁止されていたんです」と語りました。

    つまり監禁場所が外部に漏れないよう、拘束されている人たちはいずれも実名や国籍を言ってはならないルールが徹底されていたということです。

    NHK
    2018年10月25日 10時39分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181025/k10011684931000.html

    【【安田純平さん】なぜ「私はウマルで韓国人です」と話した? 拘束者たちはいずれも実名や国籍を言ってはならないルールが徹底 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/10/25(木) 07:53:37.28 ID:CAP_USER9
    459857DD-ED38-4104-B81D-52840BED92A5

     河野太郎外相は24日、内戦下のシリアで2015年6月に行方不明になったフリージャーナリストの安田純平さん(44)について「無事を確認した」と発表した。安田さんは反体制派の武装勢力に拘束されたとみられていた。健康状態は良好だという。外務省は安田さんの早期帰国を支援するため、旅券業務などを担う領事局の幹部を現地に派遣した。

    「シリアで40カ月拘束」

     在トルコ日本大使館員が24日、トルコ南部アンタキヤの入管施設を訪れ、保護された男性を安田さんだと確認した。

     アンタキヤがあるハタイ県の当局は24日、安田さんの映像と写真を公開した。入管施設で同日午前11時20分に撮影したもので、安田さんは英語で「シリアに40カ月拘束されていた」「今はトルコにいて安全です。ありがとう」と語った。

     安田さんの無事が確認されたことを受け、安倍晋三首相はカタールのタミム首長、トルコのエルドアン大統領にそれぞれ電話で謝意を伝えた。エルドアン氏は「早期に帰国できるよう引き続き支援したい」と応じた。その後、首相は「安田さんは大使館員に元気に話をしていると報告を受けている。準備が整い次第、帰国できるように対応していきたい」と記者団に語った。

     安田さんの帰国について河野氏は「医務官が最終的に健康状況をみた上で、なるべく早い方法で日本に帰国していただく」と記者団に語った。安田さんは旅券や身分証明書を持っていないといい、政府が支援する。政府高官は24日夜、「順調にいけば帰国までそんなに時間はかからない」と語った。

     菅義偉官房長官は24日の記者会見で、武装勢力との交渉について「直接ではない」と説明。「カタール、トルコをはじめ関係国に協力を依頼し、さまざまな情報網を駆使して全力で対応を進めてきた」と述べた。

     菅氏は政府として身代金は支払っていないと明言。在英の民間組織・シリア人権観測所が「カタールが身代金を支払った」との見方を示したことに関しても「そうしたことはまったくない」と否定した。

     安田さんは15年6月下旬、シリアとトルコの国境地帯にある難民キャンプを取材するため、トルコからシリア北西部イドリブ県へ密入国したとされる。拘束時の詳細な状況は不明。これまでに安田さんとみられる男性の動画や静止画がインターネット上に複数回公開されていた。【光田宗義、アンタキヤ(トルコ南部)高橋宗男】

    毎日新聞 
    https://mainichi.jp/articles/20181025/k00/00m/040/096000c 
    【【安田純平解放】菅官房長官「政府として身代金は支払っていない」「カタールが身代金を支払ったこともまったくない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/10/25(木) 07:25:17.05 ID:CAP_USER9
    459857DD-ED38-4104-B81D-52840BED92A5

     
    内戦が続くシリアで武装組織に3年余りにわたって拘束され、解放されたフリージャーナリストの安田純平さんは、日本に向かう経由地のトルコ・イスタンブールに到着し日本時間の今夜にも帰国するものとみられます。安田さんは、機内でNHKの取材に応じ、拘束されていた3年を「地獄だった」と振り返りました。

    フリージャーナリストの安田純平さんは2015年、シリア内戦の被害の実態などを取材するため、シリア北西部のイドリブ県に入り3年4か月にわたって現地の武装勢力に拘束されたのち、23日になって、無事に解放されたことが明らかになりました。 

    安田さんは24日、イドリブ県と国境を接するトルコ南部のハタイ県の入管施設を出て、飛行機で日本に向かう経由地のイスタンブールに到着しました。 

    イスタンブールに向かう機内でNHKの取材に応じた安田さんは、拘束されていた3年について「地獄だった。身体的なものも、精神的なものも、きょうも帰されないと考えるだけで、日々、だんだんと自分をコントロールできなくなってくる」と振り返りました。 

    また、今後の生活については「3年間、自分自身、全く前に進んでいないので世の中がどうなっているか分からない。これからどうなるか、どうしていこうか、全く分からず、心配だ」と話しました。 

    安田さんは、このあとイスタンブールを発ち、日本時間の25日夜にも、帰国するものと見られます。 

    2018年10月25日 4時47分 
    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181025/k10011684741000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_016 
    ------------------------------------- 
    ■安田純平さん 機内での主なやり取り 

    シリアの武装組織による拘束から解放されたフリージャーナリストの安田純平さんは24日、トルコ南部からイスタンブールに向かう飛行機の機内でNHKの取材に応じました。その主なやり取りです。 

    ※省略 

    大丈夫です。大変お騒がせして申し訳ないと思っています。体調は大丈夫です。 

    ー解放された今の心境は 

    非常にうれしいです。3年間、全く自分自身、前に進んでいないので、世の中がどうなっているか全く分からない状態です。これからどうなるか、どうしていこうか、全く分からない状況で、その辺の心配はあるんですけども。 

    ー非常に苦しかったですか? 

    それは地獄ですよ。身体的なものもありますけども、精神的なものも、きょうも帰されないと考えるだけで、日々だんだんと自分をコントロールできなくなってくる。監禁されている独房の中にいるという状況が当たり前の生活のように感じ始めていて、そのことに驚いて、そのことを感じること自体、非常につらいというか。 

    ※省略 

    ー解放された瞬間というのはどんな? 

    荷物をすべて奪われたので、そのことがとにかく頭にきている。3年、40か月全く仕事も何もできなかったうえに、すべての資産であるカメラであったり仕事のための道具それまで奪われたというか、そこまでするかという。解放の瞬間はまずそれですね。 

    ※省略 

    ーその時の気持ちとしてはどうでしたか。ほっとしたとか? 

    いや、とにかく荷物がないことに腹が立って、ということと、トルコ政府側に引き渡されるとすぐに日本大使館に引き渡されると。そうなると、あたかも日本政府が何か動いて解放されたかのように思う人がおそらくいるんじゃないかと。それだけは避けたかったので、ああいう形の解放のされ方というのは望まない解放のされ方だったということがありまして。 

    ※省略 

    ー日本に帰って伝えたいことはありますか? 

    伝えたいこと?40か月ほとんど何もできない状態で、新しいものが何もない状態ですね、ずっとこの過去を振り返るような状態みたいなんですけど、そうなると、おそらく皆さんは充実した人生を送ってらっしゃると思うんですけど、何もできない状態になると、なんでもっといろんな事しなかったんだろうとか、なんでもっと力を入れてやらなかったんだろうとか、そういう、やれたはずなのにやらなかったという事をものすごく後悔して、やれる時に何かをやれる時にそのこと自体を大事にしたいなと自分でも思いますし、少しでも心当たりがある方は、何もできなくなった時が本当につらいので、できるときにもうちょっとなんかやってみるといいんじゃないかと 

    2018年10月25日 6時22分 
    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181025/k10011684821000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

    【【ウマルさん】[地獄だった」 安田純平さん語る 25日夜に帰国へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/10/24(水) 18:13:22.78 ID:CAP_USER9459857DD-ED38-4104-B81D-52840BED92A5

    高須院長 安田純平さん“英雄扱い”に反発「まず『恥ずかしながら・・・』と謝りなさい」

    ▼記事によると…

    ・シリアで武装勢力に拘束されていたジャーナリストの安田純平さん(44)が解放されたという情報について、高須クリニックの高須克弥院長(73)が24日、ツイッターを更新し「この人には敬意ははらえません」と痛烈な言葉を浴びせた。

    高須院長はテレビ朝日の玉川徹氏が安田氏について「敬意を持って出迎えたい」「国民は兵士と同じく彼を英雄として扱うべき」と発言したとのニュースを引用し、「兵士ではない。兵士ならば敵に媚びる捕虜だ」と真逆の意見を展開した。

    2018年10月24日 12時8分
    http://news.livedoor.com/article/detail/15490723/

    ▼高須院長のツイート

    この人には敬意ははらえません。
    兵士ではない。兵士ならば敵に媚びる捕虜だ。

    出でくるときは定番の作法を守ってほしい。
    まず「恥ずかしながら・・・」と謝りなさい。 tps://t.co/jolKTVKnpi

    — 高須克弥 (@katsuyatakasu) 2018年10月24日

    ▼ネット上のコメント

    ・行くなと言われ勝手に行って捕まって…英雄なんかじゃない‼ただの恥さらし。使われた税金返せよな。

    ・安田純平氏は在日朝鮮人なのですか?日本人と報道されたり…本人が拘束期間中に出した動画で自ら「韓国人です」と言っていたり?なので日本人なのか韓国人なのか訳が分かりません。在日なんでしょうか?

    ・家族を心配させ、首相は関係国と調整し多額の税金も使っただろう。これに対して彼はどのように報いるのだろうか。

    ・もし身代金等のお金が発生しているのなら、借金という形でも良いかと!

    ・私もドクターと同じく思います

    ・恥ずかしい人

    ・私もドクターと同じ気持ちです。 命が助かったことは非常に喜ばしい事ですが、、過去の自己責任だ何だの発言を色々と詫びて、、大勢の見知らぬ方々が尽力くださった事に感謝し、、今後は色々な方々に感謝する活動をして欲しいと思います。私が家族なら、先ずは皆様にお詫びします。

    ・玉川って人はピントがずれてる、いつも。この人は英雄じゃない、日本のために何かしたのでは無く、ただただ迷惑をかけているだけ。

    ・恒例の日本政府批判を繰り広げ…再び人質修行の旅に出かけると予想…懲りないジャーナリストには無関心が一番の薬…

    ・何故自ら捕まりにいって、日本政府に批判してるくせに「助けてー」なんて言えるのかわからない。どうせまたどこかで捕まりに行きますよきっと

    https://snjpn.net/archives/74909
    【高須院長、安田純平“英雄扱い”に反発「この人には敬意ははらえません」 ネット「安田純平氏は在日朝鮮人なのですか?」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/10/24(水) 16:03:48.94 ID:CAP_USER9
    no title


    3年前にシリアで武装組織に拘束され、解放の情報が日本政府に寄せられているフリージャーナリストの安田純平さんについて、シリア内戦の情報を集めている団体が声明を出し、解放の交渉は中東のカタールとトルコが主導し安田さんは4日前に解放されたとの見方を示しました。

    フリージャーナリストの安田純平さんは3年前、内戦を取材するためシリアに入ったあと武装組織に拘束され、菅官房長官は23日夜、安田さんが解放されてトルコ南部のアンタキヤの入管施設にいるとカタール政府から連絡があったと発表しています。

    こうした中、シリア内戦の情報を集めている「シリア人権監視団」は23日、声明を出し、安田さんの解放について詳細な情報を入手したと発表しました。

    それによりますと、安田さんはシリア北西部イドリブ県で拘束されていたところ、カタール政府とトルコ政府が主導した交渉によって4日前に解放されたとしています。

    そのうえで、政治的なタイミングを考慮して後日の発表となったということです。

    また、声明では「テロ組織の支援につながるおそれがあるとして日本政府が身代金を払わなかったにもかかわらず、解放と引きかえに身代金が支払われた」としていますが、情報源は具体的に明らかにしておらず、信ぴょう性については確認できていません。

    日本政府は現地に職員を派遣し、解放されたとする人物が安田さん本人に間違いないか確認を急ぐことにしています。

    2018年10月24日 12時02分
    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181024/k10011683661000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

    【【ウマルさん】「安田純平さん解放は4日前 カタール・トルコが主導」 政治的なタイミングを考慮して昨日の発表-シリア人権監視団 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/10/24(水) 15:47:16.35 ID:CAP_USER9
    6395CA69-6B8C-4535-B1F5-E96FDD925EB9
     
    シリアの反政府勢力に拘束されていたフリージャーナリストの安田純平さんと見られる男性の本人確認を行うため、トルコのハタイ県を訪れている日本大使館の職員2人が地元の移民局の施設に入り、およそ30分ほどたった日本時間の午後3時15分ごろ施設から出てきました。

    ただ、安田さんの姿は確認できず、「安田さんだと確認できたか」というメディアからの問いかけにも、何も答えませんでした。本人確認を行ったのかどうか現時点では明らかになっていません。

    2018年10月24日 15時35分
    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181024/k10011683941000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

    【【ウマルさん】安田さんと確認できたか答えず 外務省職員、トルコの施設出る 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ばーど ★ 2018/10/24(水) 08:28:29.48 ID:CAP_USER9
    459857DD-ED38-4104-B81D-52840BED92A5
     
    「安田さん解放に身代金」=カタール支払いとシリア監視団

     【カイロ時事】シリア入国後に行方不明になり、解放情報が伝えられたフリージャーナリストの安田純平さん(44)について、在英のシリア人権監視団は23日、解放に際し「多額の身代金が支払われた」と主張した。信ぴょう性は不明。

     日本政府は、テロリストに身代金を払わないというのが公式の立場。人権監視団のアブドルラフマン代表は「身代金は日本ではなく、カタールが支払った。記者の生存や解放に尽力したという姿勢を国際的にアピールするためだ」との見方を示した。菅義偉官房長官は23日深夜(日本時間)の記者会見で、解放の情報はカタールから提供されたと述べていた。

     人権監視団によれば、安田さんとみられる男性はシリア北西部イドリブ県の西部で拘束されていた。4日ほど前にシリア領内でトルコの仲介により、トルコと関係の深い非シリア人武装組織に引き渡されたという。

    (2018/10/24-06:49)
    時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018102400239&g=pol

    【【ウマル】安田さんの身代金はカタールが支払い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/10/24(水) 05:49:57.49 ID:CAP_USER9
    459857DD-ED38-4104-B81D-52840BED92A5

    シリアで拘束の安田さん解放か 身代金支払いの情報も
    2018年10月24日 5:33 
    発信地:東京 [ 日本 アジア・オセアニア シリア トルコ 中東・北アフリカ ]

    【10月24日 AFP】日本政府は23日、シリアで3年以上前から過激派勢力の拘束下に置かれていたフリージャーナリストの安田純平(Jumpei Yasuda)さん(44)が解放されたとみられると発表した。

     2015年6月に拘束された安田さんは、今夏に過激派組織が公開した動画で、自身はひどい環境に置かれていると訴えていた。

     23日夜に記者会見した菅義偉(Yoshihide Suga)官房長官によると、安田さんが解放されトルコ・アンタキヤ(Antakya%)の入管施設にいるとの情報がカタール政府から入った。日本政府は、解放されたのは安田さん本人である可能性が高いとみて、情報の確認を進めているという。

     在英NGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」によると、安田さんはトルコ・カタール間の取り決めに基づいて解放された。また、複数の情報筋が、身代金が支払われたと話している。

     同監視団のラミ・アブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表は、「安田さんは、拉致犯らからトルコと近い関係にあるシリア以外の軍隊に引き渡された後、解放された。安田さんはイドリブ(Idlib)県の西部で拘束されていた」と明かした。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3194427?cx_part=latest 
    【【シリア】拘束の安田さん解放か 身代金支払いの情報も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: サーバル ★ 2018/10/23(火) 23:04:09.64 ID:CAP_USER9
    6395CA69-6B8C-4535-B1F5-E96FDD925EB9
     
    政府関係者によりますと、シリアで武装組織に拘束されているとみられるフリージャーナリストの安田純平さんが解放され、トルコ政府の保護下にあるという情報があり、政府は確認を急いでいます。
    政府関係者によりますと、内戦が続くシリアで武装組織に拘束されているとみられる埼玉県出身のフリージャーナリストの安田純平さんが解放され、トルコ政府の保護下にあるという情報があり、政府は確認を急いでいます。

    安田さんは、3年前の6月、シリアの内戦を取材するため、トルコ南部から国境を越えてシリアに入ったあと行方がわからなくなりました。

    現地の武装組織に拘束されているとみられ、おととし3月には、安田さんとみられる人物の映像がインターネット上で公開されたほか、その2か月後には「助けてください。これが最後のチャンスです」などと日本語で記された紙を持った画像が、インターネット上に投稿されました。

    また、ことし7月には、安田さんとみられる人物が英語で助けを求める映像がインターネット上に2回相次いで投稿され、菅官房長官は、映像は安田さん本人とみられるとして、情報収集にあたるとともに、解放に向け引き続き全力を尽くす考えを示していました。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181023/k10011683181000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

    【【韓国人のウマル】安田純平さん解放 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 樽悶 ★ 2018/10/15(月) 21:55:51.27 ID:CAP_USER9
    シリア北部ラッカで、破壊された建物の横を歩いて学校に通う子どもたち(2018年10月14日撮影)
    no title

    シリア北部ラッカで、赤ちゃんを抱いて歩く女性(2018年10月14日撮影)
    no title

    シリア北部ラッカで、NGO「国境なき医師団」が改装している国立病院の門のそばに立つ子ども(2018年10月13日撮影) 
    no title



    【10月15日 AFP】国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)は15日、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が「首都」と称し重要拠点にしていたシリア北部の都市ラッカ(Raqa)の奪還作戦の際、米主導の有志連合による空爆で民間人に数百人の犠牲が出たにもかかわらず、有志連合側がこれを認めず調査も行っていないと非難した。 

     クルド人とアラブ人の合同部隊は昨年10月、有志連合軍から空爆の支援を受け、ラッカをISから奪還した。 

     しかし、アムネスティは「米主導の有志連合は自らがラッカにもたらした衝撃的な規模の民間人殺害と破壊を今も認めておらず、適切な調査も行っていない」と指摘。また、有志連合側はラッカの奪還作戦で死亡した民間人の数をわずか100人としか認めておらず、これらの犠牲者についてすら法的な責任を受け入れていないと非難した。 

     アムネスティのクミ・ナイドゥ(Kumi Naidoo)新事務総長は「有志連合が民間人にもたらした犠牲の大半について自らの役割を認めようとしないのは、どう見ても非難に値する」と述べ、死者を出した個々の空爆の事実確認と将来のミス予防のため、有志連合側に調査を実施するよう強く求めた。 

     2014年以降、米主導の有志連合がシリアとイラクで直接責任があると認めた民間人の犠牲者数は1100人を超える。だが、アムネスティによれば実際の犠牲者数はもっと多い。在英NGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」は、有志連合による空爆の民間人犠牲者数はシリアだけでも3300人以上に上ると発表している。 

    AFP
    2018年10月15日 15:53
    http://www.afpbb.com/articles/-/3193305

    【【シリア】有志連合、ラッカ奪還戦で数百人の民間人殺害 アムネスティが非難 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: SQNY ★ 2018/10/01(月) 21:34:02.13 ID:CAP_USER
    イラン
     
    ・イラン、シリアの「テロ」拠点にミサイル 軍事パレード襲撃の報復

    【10月1日 AFP】イラン革命防衛隊(Revolutionary Guards)は1日、南西部アフワズ(Ahvaz)で開催された軍事パレードへの襲撃により24人が死亡した事件への報復として、シリア内の「テロリスト」拠点に向けてミサイルを発射したと発表した。

     先月行われたイラン・イラク戦争(Iran-Iraq War、1980~88年)を記念する軍事パレードへの襲撃については、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行を主張している。

     これに対しハッサン・ロウハニ(Hassan Rouhani)大統領は、「壊滅的」な反撃で応じると宣言していた。

     革命防衛隊は公式ウェブサイトで、「アフワズで発生したテロ犯罪の責任を負う者らの拠点を攻撃した。わが隊の航空宇宙班が数分前、ユーフラテス(Euphrates)川東岸に向けて、弾道ミサイル数発を発射した」と発表。さらに初期情報に基づき、イスラム教スンニ派の過激派テロリスト多数に加え、アフワズ事件の責任を負う指導者らが死傷したと明らかにした。

     ファルス(Fars)通信によると、革命防衛隊が発射したのは射程距離がそれぞれ750キロと800キロの「中距離」弾道ミサイル。いずれも、シリア東部デリゾール(Deir Ezzor)県内でユーフラテス川西岸に位置する国境近くの町アブカマル(Albu Kamal)に着弾したという。(c)AFP

    2018年10月1日 21:01 AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3191664?act=all

    【【中東】イランがシリアの「テロ」拠点にミサイル 軍事パレード襲撃の報復】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/09/25(火) 21:25:31.01 ID:CAP_USER9
     no title

    ロシア、2週間以内にS-300をシリアに供与へ

    2018年09月24日 18:15
    (アップデート 2018年09月24日 20:07)

    ロシアのショイグ国防相は、ロシアは2週間以内にシリアへ近代的な対空ミサイルシステムS-300を供与すると発表した。

    ショイグ国防はS-300について、シリアの防空戦闘能力を大幅に強化すると指摘した。ロシアのショイグ国防相は、2013年にロシアはシリアへのS-300システムの供与を停止したが、今は状況が変わったと述べ、だがそれはロシアのせいではないと指摘した。

    ショイグ国防相は、イスラエルの行動を受けてロシアは適切な対抗措置を講じ、シリアにおけるロシア軍人の安全保障を強化しなければならないとの声明を表した。

    9月17日、ロシア軍機IL-20がシリアにあるフメイミム基地へ戻る途中、シリア沖35キロの地中海上で撃墜された。当時、イスラエルのF-16戦闘機4機がシリアのラタキアの施設を攻撃した。ロシア国防省によると、イスラエルがこの空爆についてロシア側に通知したのはそれが始まるわずか1分前であり、F-16戦闘機の所在地については通告せず、攻撃領域に関する誤解を招いた。

    国防省は、イスラエルの操縦士らはロシアのIL-20を盾にしてシリアの対空ミサイル攻撃を防ぎ、IL-20はS-200ミサイルシステムによって9月17日22時03分に撃墜され、ロシア軍人15人が死亡したと発表した。

    ロシア下院(国家会議)防衛委員会のユーリー・シヴィトキン副委員長は、ショイグ国防相の声明にコメントし、ロシアがシリアに供与するS-300はシリアを攻撃しようとする外国にとって抑止的要素となるだろうと指摘した。

    S-300(Favorit)は、ソ連で開発された対空ミサイルシステムで、射程は数キロから300キロ、さまざまな高さの目標を破壊することができる。東欧やアジアの複数の国々で1975年から今日に至るまで運用されている。

    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/russia/201809245376204/ 

    【【シリア/ロシア】ロシア、2週間以内に対空ミサイルシステムS-300をシリアに供与へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル