かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:スコットランド

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: THE FURYφ ★ 2019/10/13(日) 22:11:55.60 ID:gIyf8RMh9
    40175476-B3ED-4386-945A-11580C7F646C
     
    運命のプール最終戦、日本がスコットランド破る

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は13日、横浜国際総合競技場でのA組最終戦で日本とスコットランドが 決勝トーナメント進出をかけて激突。超大型の台風19号の影響で中止が懸念された一戦は、日本が28-21で勝利し、 史上初の8強入り。4連勝で堂々の首位通過を決め、20日の準々決勝では南アフリカと対戦する。

    運命のプール最終戦は台風の影響で開催が危ぶまれた。関係者の尽力による、急ピッチの整備で中止は免れたが、 猛威を振るった台風で甚大な被害を受けた地域もあり、試合前には両国選手らによる黙祷が捧げられた。

    日本は引き分け以上で悲願の8強入りが決定。一方でスコットランドにとっては勝たなければ先がない。どちらかが残り、 どちらかが敗退を喫するゲームで先手を取ったのは後がないスコットランドだった。

    スコットランドは前回のロシア戦から中3日の日程だが、15人中12人を入れ替えたチームは立ち上がりから出足が鋭い。
    SOラッセルのキックパスによる大きな展開でチャンスを作り、最後はラッセル自身が右中間にトライ。コンバージョンも 決まり7点を先行する。超満員の日本のファンで埋まった観衆が静まり返った。

    15分にはSO田村優がPGを狙うがこれは決められない。それでもその直後だ。WTB福岡堅樹からのオフロードパスを受けた WTB松島幸太朗が中央に今大会5つ目となるトライ。田村がしっかりとコンバージョンを決めて、7-7と追いついた。

    21分にはPR具智元が右脇腹付近を痛め、ヴァルアサエリ愛に交代するアクシデントも。それでも25分に松島が相手の タックルをものともしない突破から、細かくオフロードパスをつなぎ最後はFBウィリアム・トゥポウからのパスを受けた PR稲垣啓太が代表初トライ。田村もゴールを決めて14-7と逆にリードを奪う。

    38分には田村がPGを外したが、その直後に福岡が左サイドを駆け上がり、3試合連続のトライ。先発に抜擢されて結果を残した。

    前半を21-7で折り返した日本。後半も2分に福岡がビッグプレー。自陣から一気にターンオーバー。相手ディフェンスの間を割り、ぐんぐん加速するとそのまま中央にトライ。この日4つ目のトライでボーナスポイントの獲得に成功。28-7とリードを広げる。

    しかし、これで黙っていないのがスコットランドだ。後半9分にPRネルのトライで反撃の狼煙を上げると、12分には一気に5選手を交代。15分にはPRファーガソンがトライ。7点差まで一気に追い上げる。

    さらにスコットランドは猛攻を仕掛けてくるが、気迫のディフェンスで凌ぎ切った日本は4連勝。南アフリカから大金星を挙げ 3勝(1敗)した前回大会でもなしえなかった史上初の決勝トーナメント進出を決めた。20日の準々決勝(東京スタジアム)では、南アフリカと相まみえる。

    【日本の過去のW杯成績】
    第1回(1987年)予選敗退 0勝3敗
    第2回(1991年)予選敗退 1勝2敗
    第3回(1995年)予選敗退 0勝3敗
    第4回(1999年)予選敗退 0勝3敗
    第5回(2003年)予選敗退 0勝4敗
    第6回(2007年)予選敗退 1分3敗
    第7回(2011年)予選敗退 1分3敗
    第8回(2015年)予選敗退 3勝1敗

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191013-00088320-theanswer-spo

    【【ラグビー/W杯】日本が28-21でスコットランド破り4戦全勝のA組1位で初の決勝トーナメント進出決定!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: THE FURYφ ★ 2019/10/09(水) 18:01:53.62 ID:lqMkDnqt9
    POOL A 10月9日
    小笠山総合運動公園エコパスタジアム(静岡県袋井市)

    スコットランド 61-0 ロシア

    https://sports.yahoo.co.jp/contents/5070?module_match=1985626

     
    C2B5507E-C027-4E08-AD8E-DE8DBB040D07

     スコットランド代表が9トライを奪ってロシア代表を下し、勝ち点5を獲得した。  先発メンバー15人中、サモア代表戦(9月30日・神戸)からウィングのダーシー・グレアム以外の14人をごっそり入れ替えた布陣。グレゴー・タウンゼンド監督は、フッカーのマキナリー主将をベンチスタートとし、展開ラグビーを操るSHレイドロー、SOラッセル、FBホッグらはベンチにも入れなかった。明らかに8強進出が掛かる4日後の1次リーグ最終戦・日本戦(13日・横浜国際)をみすえてのメンバーだが、“2軍”でも強かった

     前半13分、敵陣ゴール前スクラムから右へ展開し、パスダミーで抜け出したW杯初先発のSOアダム・へースティングスが右中間へ先制トライ。背番号10は17分にも、中央付近からショートパントを上げて自らドリブルし、インゴールでロシア代表FBアルテミエフ主将の手をすり抜けたボールを押さえてトライを決めた。父は元同国代表FBギャビン氏、叔父は元同国代表センターのスコット氏。2人は91年W杯の日本戦にも出場している。ラグビー一家の血を引く司令塔が、出場チャンスを得た大舞台で結果を出した。

     さらにスコットランドは21分、SHジョージ・ホーンが敵陣ゴール前でのインターセプトからトライ。前半で21―0とし、主導権を握った。

     後半4分、チーム唯一の2戦連続先発のウィングのグレアムがカウンターアタックから自陣10メートルから敵陣22メートルまでロングゲインし、フォローしたSHホーンがチーム4トライ目を挙げ、ボーナスポイント獲得を決めた。

     その後は、SHホーンが18分にハットトリックを決める自身3本目のトライを挙げるなどワンサイドな展開に。この日、スコットランドがロシアに引き分け以下なら日本のW杯初の8強入りが決まっていたが、スコットランドが選手層の厚さを見せつけて大勝した。
    【【ラグビー/W杯】POOL A アン王女見守る中、控え主体のスコットランドが9トライ挙げロシアに61-0で大勝 13日に日本と直接対決 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/09/30(月) 23:01:40.05 ID:Il4V3k4S9
     
    POOL A 9月30日 19:15
    神戸市御崎公園球技場(兵庫県神戸市)

    スコットランド 34-0 サモア

    https://sports.yahoo.co.jp/contents/5070?module_match=1985612

    POOL A順位 [今後の対戦相手]

    JPN 9  [ SAM SCO ]

    IRE 6  [ RUS SAM ]

    SCO 5  [ RUS JPN ]

    SAM 5  [ JPN IRE ]

    RUS 0  [ IRE SCO ]

    DCC54D58-85DE-445A-A880-11CCB04D6C77


    ほぼ満員に埋まった会場に、スコットランドの民俗楽器バグパイプの音色がこだました。

    日本の決勝トーナメント進出の行方を左右する同組の対戦。スコットランドは前半3分にSHグレイグ・レイドローのPGで先制する。その後は鮮やかな攻撃で、大観衆を魅了した。

    同29分に敵陣右からSOフィン・ラッセルが、逆サイドへ意表を突くキックパスを通した。これを受けたWTBショーン・メートランドが、左隅へチームの今大会初トライを挙げる。その4分後には約40メートルをつなぎ、最後はSHレイドローがトライを奪った。

    圧巻は同37分。ハーフエラインでボールを受けたFBスチュアート・ホッグが、DGを狙った。まるでドラマ「ノーサイドゲーム」の七尾のようなキックに、スタジアムは大歓声に包まれた。

    スコットランドは前半を20-0で折り返し、後半には認定トライ2本を追加。後半途中には上半身裸のファンが3度もグラウンドに乱入する珍事があった。

    スコットランドが34-0でサモアに完勝。4トライ以上のボーナスポイントも加算し、勝ち点5を積み重ねた。

    A組は日本、アイルランド、スコットランドの3カ国が、三つどもえになる可能性が出てきた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-09301062-nksports-spo

    【【ラグビー/W杯】POOL A スコットランド 34-0 サモア スコットランドが4トライ快勝、ボーナスポイント獲得】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: THE FURYφ ★ 2019/09/22(日) 18:47:51.96 ID:kSnkBA5/9
    POOL A
    9月22日 横浜国際総合競技場(神奈川県横浜市)

    アイルランド 27-3 スコットランド

    https://sports.yahoo.co.jp/contents/5070?module_match=1985586

    0DB12B61-FE61-4642-B188-85981703B324


    アイルランドがスコットランドをノートライに抑えて快勝した。大会期間中は随時更新される世界ランキングで、前日にニュージーランドが南アフリカを破ったことで1位から2位に後退したものの、優勝候補の一角に挙がるに相応しい強さを発揮。28日には静岡・エコパスタジアムで日本と対戦する。

     前半5分にロックのヘンダーソンの突破でトライラインに迫り、最後は同じくロックのライアンが力でねじ込み先制トライ。同13分にはフッカーのベスト主将がラインアウトモールでフィニッシュし、W杯4大会連続出場の偉業を自ら祝った。前半はさらに1トライを奪い、雨脚が強まった後半にも1トライを追加してボーナス点1を獲得。得失点で日本を上回ってA組の1位に立ち、ベスト主将も「初戦ということで緊張したが、いいスタートを切れた」と振り返った。

     失点を前半のPG1本に防いだように、アタック以上にディフェンスの堅さも目立った欧州のライバルとのW杯初戦。特に後半残りの15分間はシンビンで1人少ない時間帯がありながら、相手の再三の決定機をはね返してみせた。今大会後の退任が決まっているニュージーランド出身のジョー・シュミット監督も「しっかりと隅までディフェンスラインを敷き、ラックの両側もしっかりとシャットダウンできた」と満足げな表情を浮かべた。

     前回大会後の4年間で王国ニュージーランドを2度破るなど、同国史上最強との呼び声が高いアイルランド。W杯ではなぜか最高成績が8強止まりと負のジンクスもあるが、中5日で迎える日本戦に向けても勢いの付く完勝劇となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190922-00000237-spnannex-spo

    【【ラグビー/W杯】POOL A 世界ランク1位のアイルランドが4トライでスコットランドに27-3で快勝 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル