かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:ステマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚤の市 ★ [FR] 2022/04/10(日) 08:33:16.84 ID:+oZCP6YS9
     「死にたいけどトッポッキは食べたい」「あやうく一生懸命生きるところだった」――。いずれも日本でも出版された韓国エッセーのタイトルだ。近年、韓国エッセーは日本で出版するたびに重版となり、中には発行部数が50万部を超えるベストセラーもある。K-POPなど韓国文化に親しむ人以外の層にも人気が広がっているのはなぜなのか。

    相次ぐベストセラー
     韓国エッセーブームの皮切りは2019年に発売された「私は私のままで生きることにした」(キム・スヒョン著、ワニブックス)。今年1月時点で発行部数が50万部を超え、日韓で計165万部を突破。その後、「あやうく一生懸命生きるところだった」(ハ・ワン著、ダイヤモンド社)が17万部、「死にたいけどトッポッキは食べたい」(ペク・セヒ著、光文社)が14万部を超え、立て続けにヒット作品が生まれた。

     ダイヤモンド社はこの他に3冊の韓国エッセーを発売した。「どうかご自愛ください 精神科医が教える『自尊感情』回復レッスン 」(ユン・ホンギュン著)が約3万5000部、「大丈夫じゃないのに大丈夫なふりをした」(クルベウ著)も約9万部と好調だ。

     同社で韓国エッセーを担当する畑下裕貴さん(35)は「業界平均では4~5冊に1冊しか重版とならず、5万部を超えるのは一握り。立て続けに10万部超えのヒット作が出たのは業界として大きなインパクトがあった」と説明。「その後も、…(以下有料版で,残り1914文字)

    毎日新聞 2022/4/10 08:00(最終更新 4/10 08:00) 有料記事 2505文字
    https://mainichi.jp/articles/20220407/k00/00m/030/133000c

    【「出る本が全部ヒット」 日本でなぜ韓国エッセーがブームに?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (シンガポール) [US] 2022/01/10(月) 14:44:13.69 ● BE:645525842-2BP(2000)

    昨年、韓国即席麵の輸出額が1年ぶりに再び記録を更新した。

    きょう(10日)韓国関税庁と食品業界によると、昨年1~11月の即席麺の輸出額は6億790万ドル(約702億6286万円)で前年同期より10.6%増加した。

    これは、これまでの年間最大値である2020年の6億357万ドル(約698億3908万円)の実績を上回ったものである。

    韓国即席麵の輸出額は、2018年の4億1310万ドル(約478億円)から2019年には4億6700万ドル(約540億円)へと増加し、2020年に6億357万ドルに飛躍した。

    新型コロナウイルス感染症事態の影響と、映画“パラサイト”の「ジャパグリ」(“ジャパゲッティ”というジャージャー麺と “ノグリラーメン”という2つの即席麵を混ぜて作ったもの)など韓国コンテンツが人気となったことが要因だとみられている。

    新型コロナにより海外でも「家で過ごす生活」が増える中、韓国即席麵が1食の食事であり非常食としても注目され、
    また2020年にアカデミー賞4冠を受賞した“パラサイト”の「ジャパグリ」は海外でも大きな関心を引いたことなどが昨年も引き続くなど、
    新型コロナ事態の長期化と韓流の影響で依然として「Kラーメン」の売上は ”好調”ということだ。

    ただ、ノンシム(農心)・パルドなど一部の食品メーカーが海外に工場を置き現地で直接即席麵を生産・販売していることを踏まえると、実際の韓国即席麵の世界的販売量はさらに大きいものとみられる。

    《韓国食品企業“農心”の即席麺「ジャパゲッティ」(画像提供:wowkorea)》
    no title

    2022/01/10 11:39 wowkorea
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2022/0110/10330507.html


    【【欧州では禁輸】『Kラーメン』の海外人気!輸出額約702億円 韓国即席麵〈世界のラーミョン〉へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ミッドナイトエクスプレス(神奈川県) [ニダ] 2021/11/28(日) 09:51:16.87 ID:jViogGrI0 BE:718678614-2BP(1500)

    (略)

    グルメ編の「トレンドハッシュタグ」ランキングは、1位が「#チーズ」、2位は「#抹茶」、3位が「#京都カフェ部」、4位が「#韓国料理」、5位が「#四条カフェ」だった。

     1位の「#チーズ」では、ピザやサンドイッチ、ハンバーガーなどの食事系のグルメだけでなく、ケーキやアイスクリームなどのスイーツに関する投稿にも付けられていた。

     2位の「#抹茶」は、都内や関西エリアなど、地域ごとに抹茶スイーツを楽しめる店舗をまとめた投稿が人気だった。3位の「#京都カフェ部」や5位の「#四条カフェ」など、地名に関するハッシュタグも多くランクインした。

     4位の「#韓国料理」や13位の「#韓国スイーツ」など、韓国に関するハッシュタグも人気で、カフェやレストランの紹介だけでなく、家で簡単に作れる韓国風レシピの投稿も多く見受けられた。

    (略)

    今回の調査は、約600アカウントを対象に、期間は4月1日~9月30日に行った。

    ヤフーニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2590857be9ecab9483e431d156c425fbdf88cbe6

    【【Instagram】2021年上半期「トレンドハッシュタグ」グルメ編4位「#韓国料理」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/11/22(月) 09:16:15.32 ID:CAP_USER
    (動画=YouTube)
    https://youtu.be/W_NMUYGba2I


    <アンカー>
    日本国内の韓流がドラマや映画、音楽に続いて、いまや文学にも領域を広げています。

    長年の韓流ファンであることを自負する日本の代表的女優兼歌手の小泉今日子(コイヂュミ・キョコ)さんも最近、韓国文学に夢中であると明らかにしました。

    東京のイ・ギョンア特派員が取材しました。
    _______________________________________________________

    「電話線に乗って聞こえてくるおこめを研ぐ音、お皿を洗う音。“ああ、今日も元気に過ごせたのですね” (ナ・テジュ詩人= “電話線に乗って” )」

    <記者>
    40年近く日本を代表する女優であり歌手、作家として活躍してきた小泉今日子さん。

    ドラマと映画から始まった長年の韓流ファンは最近、韓国の本を読む面白さに夢中です。

    自身のインターネット放送で韓国文学を紹介した縁で、今年の『K-BOOKフェスティバル』に直接参加しました。

    <小泉今日子(女優兼歌手)>
    「友だちがライン(メシンヂョ)で “フィフティ・ピープル(チョン・セラン作家)” が本当に面白かったと写真を送ってきて(初めて読みました)・・・。パク・ミンギュ作家の “カステラ” も私はすごく面白かったです」

    小泉さんは文学を含む、韓国の文化コンテンツ全般に流れる『強烈さ』を魅力として挙げました。

    最も近い国ですが、日本とは全く違う表現方式が心を捉えたというのです。

    <小泉今日子(女優兼歌手)>
    「問題から目を逸らさない強さ、絶望に対しても・・・、そういう点を日本人は苦手かなって思う、(コンテンツを)作る側として・・・。その強さにいつも(私は)感動してしまう・・・」

    『ダイナマイト(タイノマイトゥ)を聴いてBTSにパンハン(惚れて)以降、彼らの音楽と活動を本格的に求め初めました。

    世界各国のファンとアーティストが共に歩んで行く関係は、長年芸能界で活動してきた彼女にとって新鮮な衝撃でした。

    <小泉今日子(女優兼歌手)>
    「ファンとの連帯、信頼関係っていうのを、徹底的に行われているような気がして、(BTSは活動を通じて)人や愛についてもう一度信じても良いのではないか、という気にしてくれます」

    韓日両国の前には、政治だけでは解決できない課題などが置かれています。

    このような時期であればあるほど、両国が文化を通じてお互いを理解し合ってこそ、より良い未来が訪れると小泉さんは期待しています。

    <小泉今日子(女優兼歌手)>
    「いま一番旅行に行きたい場所 “ナンバー1” が韓国です。ハハ・・・(私が)旅行行った時に見かけたら声をかけてください!」

    東京からYTN、イ・ギョンアでした。

    YTN(韓国語)
    https://www.ytn.co.kr/_ln/0104_202111212244054895

    【【韓国YTN】日本の人気女優『小泉今日子』、韓国文学に夢中!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: !no_id 21/10/27(水)12:28:03 ID:???

    ktikin
    ※コロナ禍で多くの外食産業が打撃を受けた。一方、巣ごもり需要で急成長したのがデリバリーだ。市場調査会社「ICT総研」によれば、フードデリバリーサービス市場は、2019年に4172億円だったのが、20年は4960億円、21年には5678億円に達するという。

    そうした中、注目を集めているのが「韓国フライドチキン」。日本の唐揚げよりも衣がサクサクし、ハニーマスタードなど多彩なソースをつけて食べるB級グルメだ。
    本場の韓国ではこのフライドチキンを食べながらメクチュ(韓国語でビール)を飲む「チメク」(チキンとメクチュの造語)が定番の楽しみ方なんだとか。それが日本でもにわかにブームになっている。果たしてどんな味なのか?


    10/26(火) 9:06 日刊ゲンダイDIGITAL
    https://news.yahoo.co.jp/articles/82fd6b4d1fd0d2a72a45fba59c5af2a8d1a90017

    【「韓国フライドチキン」日本でブームの兆し】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2021/10/29(金) 10:19:47.88 ID:CAP_USER
    kr250
    一刻も早くコロナ禍から抜け出して韓国に行きたい気持ちで、最近日本で盛り上がっているという「韓国旅行検定」をやってみた。韓流ドラマ・ハングル・公演・観光など4つの分野のうち、それなりに自信がある「韓流ドラマ」を選んだ。「米国Netflix(ネットフリックス)で韓国ドラマとして初めて1位を記録した作品は?」(正解:『イカゲーム』)当然正解だ。「『愛の不時着』で第5中隊最年少ウンドンが戦闘ゲームで使ったニックネームは?」あれ?「トマト栽培者」だったかな…(正解:血のにじむ努力)。最終点数は60点。70点以上取らないと検定は通過できない。

    韓国観光公社東京支社が昨年始めた「韓国旅行検定」は第4回に迎える間に100万を越えるページ閲覧回数を記録し、累積受験者は3万人を超えた。コロナ禍で往来がストップした状況で韓国に旅行に行きたい気持ちをクイズで落ち着かせようとする人々だ。インスタグラムに入ると「#渡韓ごっこ」というタグをつけた掲示物があふれている。家やホテルにトッポッキやチキンなどを買ってきて、韓国ドラマやアイドル映像を見て「韓国旅行気分」を味わう遊びだ。

    新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染者数が一日300人台に落ちて「ウィズコロナ」に入った日本では韓国旅行に対する熱望がたぎっている感じがする。私が韓国人記者なので誰よりも敏感に感じる部分を差し引いて見ても確かにそう感じる。往来が急に断絶した過去2年間、日本では韓国ドラマ・映画・文学・ウェブトゥーン(ウェブ漫画)・食・化粧品に対する関心が熱く燃え上がった。先週末には日本コンテンツ会社KADOKAWAが主催した「MEET-K」行事に行ってきた。少し早いように見えたが『女神降臨』などの韓国ウェブトゥーン、タルゴナなどを味わうためにやってきた人々で込み合う様子には驚いた。行事は続く。29日から1カ月間、韓国観光公社の「#だからKOREA-韓国観光秋祭り」が続き、11月16~21日には韓国文学に光を当てる「K-BOOKフェスティバル」も開かれる。

    コロナ禍以前の2018年、韓国と日本を行き来した人は1000万人を超えた。このうち日本を訪れた韓国人が753万人、韓国を訪れた日本人が295万人で7対3程度の比率だった。当時、韓国若者の間には格安航空会社(LCC)を利用して日本の小都市を訪れるのが人気だった。再び観光交流が始まればこの数値はひっくり返るかもしれない。ある旅行関係者は「コロナ禍以降、数年は韓日間訪問客数が50対50程度になると思う」と予測した。両国間の観光格差も消える時代、「LAN線韓国」ではない本当の韓国を見せるための準備を始めなければならない時が来たようだ。

    イ・ヨンヒ/東京特派員

    中央日報 2021.10.29 09:52
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/284327?servcode=100§code=140

    【【韓国観光公社のキャンペーン】日本で韓国旅行を熱望し準備する人々 盛り上がる「韓国旅行検定」「渡韓ごっこ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 新種のホケモン ★ 2021/10/27(水) 08:32:48.81 ID:CAP_USER
    6KFVsJj
    日本で爆発的な人気を呼んでいる韓国の飲み物がある。CJ第一製糖の飲用酢「美酢」だ。

    CJ第一製糖が26日に明らかにしたところによると、昨年日本市場で美酢の売り上げは1300億ウォンだった。前年の860億ウォンから51.2%増加した。上半期も前年同期比で売り上げが40%以上増えた。

    美酢は水や牛乳、酒などで割って飲む果物発酵酢だ。水で薄めて飲んでも良く、炭酸水で割って楽しむこともできる。牛乳と混ぜればヨーグルトのようになるという感想もある。ビールや焼酎で割って飲む人もいる。

    韓国では2010年初めに人気を呼んだがだんだんと販売量が減った。これに対しCJ第一製糖は2015年に日本市場を拡大した。発売初期には反応がわずかだったが、全国のコストコを回り試飲行事を行う努力の末に徐々に日本でも人気が出始めた。

    CJ第一製糖は「果物発酵酢になじみがない日本の消費者に美酢の特長を知らせようと試飲行事が容易なコストコに先に進出した。認知度が高まり美酢のメインターゲット層である20~30代の女性が主に訪れるドラッグストアと輸入食品専門店などに流通チャンネルを拡大した」と明らかにした。

    水や牛乳、炭酸水などと混ぜて多様なドリンクとして活用できる特長を生かしカフェにも進出した。実際に銀座にあるカフェ「スキュー」はテスト販売を経て「美酢ドリンク」を正式メニューにして盛況裡に販売している。その後大型マート、小売店など伝統流通チャンネルにも納品し持続して販売ルートを広げていった。

    ラインナップ多角化戦略も活用した。初めて日本に進出した当時はザクロ味だけだったが、日本の消費者の好みなどを反映しカラマンシー、パイナップル、マスカット、もも、いちご、みかんの7種類に拡大した。2019年4月にはストレートタイプの「美酢いちご&ジャスミン」も出した。

    美酢は2019年に日本のコストコで加工食品分野の単一品目基準売り上げ1位になった後、着実に人気を維持している。日本のSNSでは「なくて買えない」「見つけたらとりあえず買っておけ」という話まで出ている。

    中央日報
    2021.10.27 07:13
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/284231?servcode=300§code=300


    【【スーパー等にあったが】韓国製美酢「なくて買えない」「見つけたらとりあえず買っとけ」売り上げ40%急増…日本で人気の韓国ドリンク】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピマリシン(大阪府) [US] 2021/09/21(火) 16:20:09.41 ID:X9uU3pcw0● BE:323057825-PLT(13000)

    韓国人が簡単に食事を解決したり食欲がない時に食べる醤油卵ごはんをニューヨーク・タイムズが紹介した。

    同紙の公式インスタグラムは18日、白いごはんの上に刻みのりと目玉焼きをのせた料理の写真を投稿し、「Gyeran bap(卵ごはん)」と紹介した。

    ニューヨーク・タイムズは「韓国人が簡単に食事を済ませる時に食べるもの。「白いごはんに目玉焼きをのせて混ぜて食べる」と説明した。
    また「目玉焼きはバターで揚げるようにそっと膨らませなければならない」「醤油で味付けし、最後には刻みのりを振る」と付け加えた。
    合わせて醤油卵ごはんに対し紹介するアカウント、おいしく食べるためのレシピを書いたアカウントも紹介した。

    投稿された写真には多様なコメントが付けられた。「韓国の子どもたちは親が家にいない時に自分で作って食べる」
    「小さなスプーンでコチュジャンとごま油をかけて混ぜればおいしい」「作りやすくてダイエットの助けになる」などのコメントが続いた。

    一方、これに先立ち1月にナショナルジオグラフィックは「二日酔いに良い世界9つの料理」のひとつに豆もやしのクッパを紹介した。
    料理評論家のローレン・ショッキー氏は「韓国の代表的な酔い覚ましのスープで、ネギと唐辛子などを切って入れた全州の豆もやし
    クッパは酒を飲んだ翌朝に食べるとても人気がある料理」と伝えた。

    3月にはCNNが特集番組を通じて「ダルゴナコーヒー」を紹介し、7月には米国のスパムがプデチゲを
    「クラシックアーミーシチュー」と名付けて韓国料理として公式ホームページに紹介している。

    ニューヨークも惚れ込んだ韓国料理「醤油卵ごはん」

    中央日報
    https://japanese.joins.com/JArticle/283151
    no title

    【ご飯に卵と醤油をかけて食べる韓国料理が世界でブームに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/06/10(木) 07:55:06.96 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ フジテレビの『めざましテレビ』が日本で最も人気の高いラーメンとして、三養食品の『三養チーズブルダク炒め麺』を紹介している。
    _______________________________________________________

    現政権が始まって以降、韓日関係が急激に冷え込んで活路を見出せずにいるが、日本国内のラーメン市場では、韓国製品の人気が急上昇していることが明らかになった。

    特に現在、全世界80か国で20億食以上の販売量を記録して大人気の三養食品の『チーズブルダク炒め麺』は、日本の某量販店で月間販売1位を記録したことが分かった。

    10日、業界の関係者によれば、「日本で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が悪化の一途をたどり、 “引きこもり需要” が増えている」とし、「それによってラーメンの需要が大幅に増え、それに伴ってハングクラミョン(韓国ラーメン)を求める日本の消費者が大幅に増加している」と話した。

    このような現象が続くと、すぐに日本の主要メディアでは韓国ラーメンをピックアップする事例が出て、注目を集めた。

    先月26日、フジテレビ(フヂTV)の『めざましテレビ(メヂャマシ・ティビ)』では、現在日本で爆発的な人気を集めている韓国のインスタントラーメンを集中的に紹介した。

    この番組が訪れた韓国食材専門スーパー『Yesmart(エスマトゥ)調布店』では、40種類以上の韓国産インスタントラーメンに注目が集まった。

    番組によれば、去る4月の1か月間のラーメン販売順位では、三養(サムヤン)食品の『チーズブルダク炒め麺』が断トツの1位を記録した。

    no title

    ▲ フジテレビの『めざましテレビ』が日本で最も人気の高いラーメンとして、三養食品の『三養チーズブルダク炒め麺』を紹介している。
    _______________________________________________________

    これまで日本人は辛い味が嫌いだと知られていたが、全く異なる結果が出たのである。

    最近の日本の若者は韓流文化に接し、映画やドラマに登場するプルダク(鶏の激辛炒め)やトクボッキ(餅炒め)、チヂュダッカルビ(チーズと鶏と野菜を使った何か)などを楽しむ様子を通じて、辛い味に容易に近づいている。

    また、日本のユーチューバーの間で辛い韓国料理に挑戦するコンテンツが大きな人気を得て、『辛味』を楽しむ日本人が増えている。

    さらに香ばしいチーズ味まで加わった『チーズブルダク炒め麺』は、日本の消費者に愛されたものと見られる。

    no title

    ▲ めざましテレビ
    _______________________________________________________

    一方で今回の調査の結果、三養食品の『チーズブルダク炒め麺』に続いて農心(ノンシム)の『ノグリ』が2位、3位は農心の『辛ラーメン(シンラミョン)』、4位は八道(パルド)の『八道ピビン麺』、5位は農心の『オリーブチャパゲティ』が占めた。

    1~4位まで全て辛い味製品で、しばらくは日本国内でプルダク炒め麺などの人気が続くものと見られる。

    ニュースクエスト(韓国語)
    https://www.newsquest.co.kr/news/articleView.html?idxno=85271

    【【韓国食材専門スーパーでの1位】「韓国辛」が日本人を魅了~『三養チーズブルダク炒め麺』販売1位(by.めざましテレビ)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 右大臣・大ちゃん之弼 2021/05/18(火) 17:49:49.07 ID:CAP_USER
    kankokuryouriten
    大貫聡子

     店名はハングルのみ。年季の入った店内にはアルミの丸テーブル――。あれ? ここは韓国だったっけ? そう錯覚してしまうほど、ソウルや釜山(プサン)の市場にありそうな韓国の食堂が京都市内で急増中だ。新型コロナの影響で渡韓できない韓国好きな女性たちの心をとらえている。

     昨年10月にオープンした「ミリネヤンコプチャン」(京都市下京区)は夕方になると焼き肉を楽しむ女性たちでいっぱいになる。店外も店内にもほとんど日本語はない。縦置きのエアコンや天井からぶら下がる店名の入った看板、ティッシュケースや店の外に置かれたビールケースまで、韓国の裏通りにある食堂そのもの。煙でくもった店内で食事をしていると、飛び交う日本語が不思議に思えるほど。まさに歩いて行ける韓国だ。

    飾り気ないけど「しみじみおいしいなぁって」

     オーナーの全敞一(ぜんしょういち)さん(38)が神経を配ったのは「韓国風」ではなく、実際に全さんが韓国のある食堂で食べた時に感じた「幸せ感」まで再現することだった。「接客も料理も飾り気はないけど丁寧で、しみじみおいしいなぁって感じたんです」

     牛のミノと小腸を焼いて野菜に包んで食べるヤンコプチャンは釜山(プサン)名物。釜山のホルモン通りに実在する店をイメージし、食器やエアコン、焼酎のポスターなども韓国から取り寄せた。

     新型コロナウイルス感染対策で、営業時間の短縮を求められるなど飲食店には厳しい状況が続いているが、SNSで「本当に韓国に行ったみたい」と20代の女性を中心に注目を集めている。

     今年1月にオープンした「ソガシッタン」(東山区)もソウルの繁華街ミョンドンにある食堂をイメージしてつくった。メインは近江牛でつくるテールスープ。ランチタイムに訪れる女性が想像以上に多いという。取材に訪れた4月11日の昼時に店を訪れていた東山区の歯科衛生士の女性(30)は「ステイホーム中に韓国ドラマにはまって、食べに来た」という。左京区の会社員の女性(28)も、まだ韓国に行ったことはないといい「コロナが終わったら、実際に行ってみたい」と話した。

     釜山の郷土料理「ナッコプセ」を提供する「ナム京都駅本店」(下京区)も、青いシートで覆われた屋台「ポチャマチャ」を模した店内が話題になっている。同店を経営する月山昇龍(しょうりゅう)さん(35)によれば、「五感で感じる韓国」が店のコンセプト。食器やプラスチックのイス、蛍光灯に至るまで実際のポチャマチャを再現したという。2019年5月のオープン以降、京都と大阪に支店を拡大、計5店まで急成長した。

     コロナ禍のステイホームに端を発する第4次韓流ブームも注目を集める理由の一つだ。韓国ドラマ「梨泰院クラス」や「愛の不時着」が人気を博したものの、以前のように気軽に渡韓はできない。月山さんは人気の理由を「韓国に行きたくても行けない人たちが、味だけでなく空間でも韓国を味わいに来ている」と分析する。

     緊急事態宣言で、ナムは5月末まで休業。他の店も営業時間が通常から変更されている。(大貫聡子)

    第四次韓流ブーム「受け手のアンテナも高く」

     日本国内にある各地の韓国料理店を、20~30代の女性8人で紹介するインスタグラム「hanilog(ハニログ)」を運営する宮口佑香さん(30)によると、「以前は『インスタ映え』を求める人が多かったが、最近はきれいさよりも、リアルな韓国が良いと思う人が増えている」と話す。

     ハニログがインターネットで52人を対象に、飲食店で「韓国にいるみたい」と感じるポイントを尋ねたところ、店内に韓国語が飛び交っていることや、韓国のテレビ番組が流れていることなど、雰囲気を重視する人が多かったという。

     コリアン・フード・コラムニストの八田靖史さんは、第4次韓流ブームの影響で、韓国系の飲食店の出店が全国で相次いでいると指摘する。店の雰囲気だけでなく、料理も現地感が重視されているという。八田さんは「韓国の地方の郷土料理を日本で食べられるようになるなど、提供される韓国料理の切れ味が鋭くなっているし、受け手のアンテナも高くなっているように感じる」と話す。

    朝日新聞 2021年5月18日 16時25分
    https://www.asahi.com/articles/ASP5K72Q6P4LPLZB005.html

    【【朝日新聞】韓国食堂、京都市で急増中 「幸せ感」再現で一部に人気】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鴉 ★ 2019/12/20(金) 17:59:55.32 ID:CAP_USER
     熾烈な受験戦争で知られる韓国で、その実態をベースにし、受験生を持つ親たちの悲喜こもごもをサスペンス要素を交えて鮮烈に描いたドラマ『SKYキャッスル』。初回の視聴率こそ一桁であったが、評判が評判を呼び、最終的に非地上波歴代最高となる23.8%(ニールセン調べ)をたたき出した。韓国でここまでヒットした理由は何か。そして、日本でもブームを巻き起こすポテンシャルはあるのか。昨今の韓国ドラマ市場と重ねて、TSUTAYAのアジア担当MD・落合麻葉氏に聞いた。

    ■現実の社会問題を描くヒット作が多い韓国

    『SKYキャッスル』のSKYとは、韓国の名門大学であるソウル大学、高麗大学、延世大学の頭文字をとったもの。名門大学へのわが子の入学に血眼になるセレブ親たちの姿に皮肉を込めながら、現代社会の一面をスリリングなサスペンスストーリーで映し出す。実際の受験社会を題材にした本作だが、韓国にはこうした社会問題を切り取ったヒット作が多い。
    「2014年に『ミセン-未生-』がヒットして、日本でもリメイクされました。このドラマは就職難や非正規雇用の問題が取り上げられていましたが、韓国のリアルな社会を映し出しているという意味では、『SKYキャッスル』も同様に人々の関心を呼んだのだと思います」
     韓国で主にこのドラマを観ていたのは、受験生の親世代。日本では最近、大学入試問題が騒がれているが、受験戦争への社会的関心は高い。やはり日本でも同世代の視聴者の関心を呼びそうだ。
    「日本も受験社会ではありますから、共感できるところもあるでしょう。それ以上に、驚きや発見もあると思います。例えば、ドラマには受験コーディネーターの女性が出てきます。そんな職業、日本では聞いたことがないので、フィクションならではのキャラクターかと思ったら、実際に韓国の上流社会では受験コーディネーターを雇うことは特別なことではないそうです。そんなふうに、受験における知られざる韓国社会が見えるドラマでもあります」

     たしかに本作では受験の実態が描かれているが、それ以上に、それぞれの家族が抱える葛藤や闇がサスペンスチックに入ってきたりと、そのスピード感とともに韓国ドラマならでは激しいストーリー展開にのめりこんでしまう。

    「『冬のソナタ』がヒットしたときに、続きが気になる展開にハマった人も多いと思いますが、韓国ドラマには今もそんな中毒性のあるストーリー展開は健在です。とくに『SKYキャッスル』は、親世代にも子ども世代にもキャラクター性の強い登場人物がたくさん出てくるのですが、その全員の背景の書き込みもうまいですし、最後にはいろいろな伏線が見事に回収されて、驚嘆させられます。脚本家は新人に近い人でしたが、本作でその巧みなストーリーテリングの腕が知られ、一躍売れっ子脚本家のひとりとして名を馳せました」

    ■韓流ブーム世代をメインに20代、40代でも多いファン層

     そもそも日本における韓流ブームは2004年に始まったと言われているが、一般層にまで波及した一時期の熱は冷め、現在はコアなファン層が支えているイメージがある。その実際のデータはどうなのだろうか。
    「TSUTAYA全体の売上分布でいうと、韓流の占めるパーセンテージに変化はありません。たしかに、ユーザーの人数自体は一時期と比べると若干は減っています。しかし、映画とドラマでは一度にレンタルする本数の違いがあり、そのなかでもとくに韓国ドラマのファンは熱量が高いので、レンタル本数が多くなり、全体の割合が高くなるんです」

     現在の韓流ファンの男女比は、2:8で圧倒的に女性が多い。求める作品の傾向など現在のトレンドについて聞いた。

    「時代劇やアクションものになるとまた比率は違って男性も多くなりますが、ラブコメだとほぼ女性になります。やはり、ラブコメはいまだに強いですね。20代の女性からは、とにかくイケメン俳優が出演するラブストーリーに人気があります。今、日本で人気があるのは『雲が描いた月明り』のパク・ボゴムや、『彼女はキレイだった』のパク・ソジュンなど。かつて『美男<イケメン>ですね』のチャン・グンソクの登場で韓流市場が大いに盛り上がりましたが、今でもイケメン俳優の存在は大きいです」

     今の韓流ドラマ市場を支えている世代は、韓流ブーム時代からの女性層がメインになりながらも、昨今のK-POPアーティストのファンの若い世代や、男性に多い韓国映画ファンなど、そういった層が作品によって流れてきたりと意外に幅広いようだ。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/and_w/entertainment/ent_1159247/

    【【朝日新聞】韓流ブームは一般層にまで波及した熱が冷め、現在はコアなファン層が支えているイメージがあるが、意外に幅広いようだ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/09/24(火) 08:22:41.01 ID:CAP_USER
    韓流が日本に定着して約15年。映画・ドラマ、K―POPと続いたその波がいま文学に来ている。

    日本で14万部となる小説『82年生まれ、キム・ジヨン』をはじめ、多様な韓国文学が続々と邦訳され、人気だ。 その多くが30~40代女性作家たちの作品だ。

    日韓関係が冷え込んでいるときだからこそ、本を静かに読むというのも悪くない。

    韓国の女性が日常で経験する差別を淡々と描き、昨年12月に発刊された日本語版もベストセラーになった小説 『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房)。著者のチョ・ナムジュさん(41)が8月31日に来日、 翻訳者の斎藤真理子さんと京都の同志社大学でトークイベントを行った。

    朝日新聞
    https://www.asahi.com/articles/ASM9F3CY3M9FUCFI002.html

    【【ステマ朝日新聞】 韓流が日本に定着して約15年・・・映画・ドラマ、K―POPと続いたその波がいま文学に来ている 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (^ェ^) ★ 2019/04/08(月) 18:23:37.25 ID:XqX3Nh+n9
    A7DFC9D2-234B-4F53-A42B-53177C47FF5E
     
    https://snjpn.net/archives/108653
    第3次韓流ブームを分析「若者は韓国の情報を最先端のものとして受容している」

    ▼記事によると…

    ・K-POPブームも韓流ブームも、落ち着くタイミングが何度もあった。

    そのたびに、新大久保が閑散としているというネットニュースが飛び交うが、そのすぐあとには必ず新たな波がやってきた。

    第3次K-POPブームと言われる昨今は、紅白出場のTWICEやアメリカでも活躍する防弾少年団がその中心だろう。

    現在のファンは主に10代の男女。韓流は中高年のものと思われていたのは過去のことで、新大久保には思い思いのメイクとファッションの男女であふれかえっている。

    第1次韓流ブームでは、「どこか懐かしい」というのがキーワードであり、第2次のK-POPブームでは、日韓相互の文化やビジネスのやり方を取り入れ膨らんでいった。

    しかし、第3次のK-POPブームでは韓国のオリジナリティー、アイデンティティーを前面に押し出しチーズタッカルビなどの食、ジェンダーレスに施されるメイクなど、もはや若者は韓国の情報を最先端のものとして受容し始めている。

    2019/4/5
    https://www.jprime.jp/articles/-/14834

    (略)

    ・時代は韓国ですなー

    ・歴史知ってたらどうやっても好きになる要素ないと思う

    ・若い女ほど韓国好きって多いらしいな。k-popやら韓流やら

    ・SNSやブログで韓国の料理のアイドルを持上げるバイトもあるらしい

    ・つーか女性用ファッション雑誌が総オルチャンメイクになってるから、仕方ないって言えば仕方ないんだが

    ・皆韓国人に憧れてるんだよね

    ・ほんと今の若い子って韓国人メイクばっかだよな

    【【ステマ】第3次韓流ブーム フリーライター「若者は韓国の情報を最先端のものとして受容してる」 ネット「どうやっても好きになる要素ない 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル