かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:スパイ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ニライカナイφ ★ 2018/09/07(金) 23:00:55.42 ID:CAP_USER9

    cn250

    米国議会の「米中経済安全審査委員会(USCC)」は8月24日、「中国共産党の海外における統一戦線工作」と題する報告書を発表し、中国共産党による各種工作活動の実態を暴いた。
    要人の買収やハニートラップなどの「常とう手段」はあくまでその一端であり、中には自由主義社会の根幹を揺るがす大がかりな工作活動もある
    これらは統一戦線工作または統一戦線活動と総称され、中国共産党統一戦線工作部が主に担当する。
     
    統一戦線工作とは共産主義陣営が好んで用いる言葉であり、「敵(自由主義国や国内の資本家等)」を味方の陣営に引き込み、同じ戦線に立たせることを意味する。 
    冷戦終結から30年が経とうとする今日でも、中国共産党政権は自由主義諸国に対し各種工作を行ない続け、中には結果が出始めている部分もある。 
    この現状に対し報告書は、中国共産党の統一戦線活動を詳細に分析し、その最新の状況や手法を紹介することで警鐘を鳴らした。 

    ■中国共産党に宣戦布告するアメリカ 

    トランプ大統領就任後、アメリカは40年間続けてきた対中宥和(ゆうわ)政策を転換させた。 
    経済が発展すれば中国は民主化するという考え方は誤りであり、逆にアメリカや他の自由主義諸国が中国共産党の成長に寄与する結果になったと結論付けた。 
    そのためトランプ政権は対中強硬路線を取り、中国共産党政権に対する貿易戦争を開始した。 

    アメリカは知的財産権や産業技術の保護にも力を注ぎ始めた。 
    外国資本による米国企業の買収を安全保障の観点から審査する対米外国投資委員会(CFIUS)の権限を強化する法案が近日、議会を通過したが、中国共産党を念頭に置いているのは明らかだ。 
    この「外国投資リスク審査現代化法(FIRRMA)」と呼ばれる法案により、米国の安全保障を脅かす可能性のある投資や買収を未然に阻止することが可能となる。 

    今日、アメリカは中国共産党政権が長年行なってきた統一戦線工作の手法と、それに関わる中国政府組織を暴露している。 
    これは中国共産党が続けてきた「硝煙のない戦争」に対する反撃であり、中国共産党の真の姿を暴く意味を持つ。 
    また、トランプ政権がアメリカおよび世界各国を率いて中国共産党政権に対して反撃を開始し、貿易や統一戦線工作などの分野において「硝煙のない戦争」を始めたと言える。 

    ■自由主義諸国の転覆を目論む中国共産党 

    報告書では、統一戦線工作は世界各国に対する「最も国家転覆的で、最も反民主主義的な浸透工作だ」と指摘している。 
    そのうえで、「中国共産党は統一戦線工作の範囲を海外まで広げ、外国政府や現地の華人に影響を与えることにより、北京政府に利する結果を得ようとしている」とし、「(中国共産党による統一戦線工作の)目的はアメリカ人を転向させ、アメリカ政府とアメリカ社会の利益に反対するように仕向けることだ」としている。 

    中国の人権問題に関心を示す他国に対し、中国共産党政権は「内政干渉」のレッテルを貼りつけた。 
    だがふたを開けてみれば、中国共産党政権は各種統一戦線工作を通して他国に対する内政干渉を行い、 
    他国民を洗脳し民主主義体制と自由主義社会の転覆を目論(もくろ)んでいた。 

    このような中国共産党政権は間違いなく世界最大にして最も陰険な脅威である。 
    中国共産党の統一戦線工作の特徴として「3つのD」、すなわち偽装(Disguise)・欺瞞(Deceive)・堕落(Deteriorate)が挙げられる。 

    1. 偽装(Disguise):中国共産党の官僚やスパイは偽装工作に長け、様々な肩書を使い分ける。 
    こうして彼らはうまく他国に浸透し、各業界と関係を構築しパイプを作る。 

    2. 欺瞞(Deceive):関係を構築したのち、中国共産党のスパイらは各国の政治、商業、軍隊、学術界などのキーパーソンを取り込む。 
    名誉や利益、ハニートラップを駆使してキーパーソンを買収もしくはコントロールし、中国共産党にとって有利となるような言論を発表させる。 
    同時に、中国共産党にとって不利となるような言論や政策を阻止させ、共産党にとって好ましくない人物を妨害する。 
    このような工作を行うスパイらは、時には違法行為も厭(いと)わない。 

    3. 堕落(Deteriorate):統一戦線工作の「トロイの木馬」による浸透が奏功した後、スパイらは継続的に様々な不道徳的な手段を活用して買収工作を行い、さらに多くのインフルエンサー(影響者)を取り込む。

    (略)

    ライブドアニュース 
    http://news.livedoor.com/article/detail/15266712/

    【【国際】米国議会の報告書が暴いた中国共産党の実態…各国への内政干渉は「最大の脅威」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/09/07(金) 07:28:08.96 ID:CAP_USER9
    no title

    ミサイル技術を盗もうとした罪で服役の北朝鮮工作員が出所
    2018年9月7日 5時31分

    非核化をめぐる米朝協議が難航する中、ウクライナで7年前、ICBM=大陸間弾道ミサイルの技術を盗もうとした罪で服役していた北朝鮮の工作員2人が出所しました。米朝協議では、核やミサイルの知識を持つ人物たちの処遇が焦点の1つなだけに、北朝鮮が2人をどう扱うのか注目されます。

    北朝鮮の工作員のリュ・ソンチョル元受刑者とリ・テギル元受刑者は2011年、旧ソビエト時代に弾道ミサイルを開発したウクライナの国営企業の技術者などに接触し、ICBMに使われるエンジンの機密資料などを盗もうとした罪で懲役刑を受け、ウクライナの刑務所で服役していました。

    6日、2人のうちリュ元受刑者が出所し、NHKに対して「できるだけ早く北朝鮮に戻る」と述べ、用意された車で敷地内から走り去りました。リ元受刑者も4日、出所したということです。

    難航している米朝の非核化協議では、核や弾道ミサイルの知識を持つ北朝鮮の人物たちの処遇が焦点の1つで、アメリカは、研究者らを国外に移住させるよう求めているとも伝えられています。

    一方、北朝鮮は、アメリカ本土に届く核兵器の運搬手段としてICBMの開発に力を入れ、とりわけウクライナのエンジン技術を手に入れてから開発が急速に進んだとされます。それだけに、出所した2人の工作員を北朝鮮がどう扱うかは、非核化協議において核やミサイルの知識を持つ人物たちの処遇をめぐる立場を見極める手がかりとして注目されます。

    また、ウクライナ政府は、工作員らの逮捕で機密情報の流出は防げたと強調していますが、裁判では、工作活動が1年以上に及んでいたことが明らかになっていて、情報管理体制に懸念を残した形です。

    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180907/k10011615041000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_016 

    【【ウクライナ】ミサイル技術を盗もうとした罪で服役の北朝鮮工作員が出所 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/08/24(金) 21:16:30.67 ID:CAP_USER9
    cn250

    宮古島で中国資本が土地買い漁り  陸上自衛隊の駐屯に合わせた「監視活動」 

    ▼記事によると… 

    ・沖縄県の宮古島で、中国資本による土地の買収が増加している。この地には今年度末に陸上自衛隊の警備隊が配備される計画だ。 

    宮古島本島では、「中国系企業の資本を背景に、太陽光発電の用地などが買収されている」(現地情報筋)という。また、島内の繁華街には「中国人女性が経営するスナックがオープンし、格安料金で役場の職員などを集め、情報収集をしているようだ」(同前)。 

    さらに、宮古島市に所属する伊良部島の南西部一帯でも「土地の買収や、ブローカーなどがうろついているケースがみられる」(別の現地関係者)という。 

    このエリアの対岸には、下地島が浮かんでいるが、同島には来春、再び旅客機を受け入れる予定の三千メートル級滑走路があり、「かつては中国人による見学が相次いだ準軍事的施設」(同前)だ。 

    下地島の開発は三菱地所が主導して行っているため、対岸の伊良部島の土地を購入しているとみられる。 

    閣諸島からわずか百八十キロしか離れていないこの島に紅い資本が続々上陸している。 

    8/6(月) 7:03配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180806-00010000-sentaku-soci 

    ▼ネット上のコメント 

    ・いい加減規制しろよ 

    ・自衛隊基地のまわり、中国バー多すぎね? 

    ・そんな目立って意味あるの 

    ・露骨な工作だな。もうちょっとスパイらしくしたらどうだ 

    ・トランプならこれ利用して中国資本の締め出しするけど、日本には無理だな指くわえて見てるしかない 

    ・公安は民主党政権時代に一度解体されてるから、ゼロから建て直すのは難しい 

    ・露骨すぎてウケるwww もっとわからんようにやれよ( ^ω^) 

    ・日本の人口1億2463万人、中国13億8000万人。 勝てる訳がない、あと一世紀もすれば乗っ取られるよ。 

    ・自衛隊の基地の半径10km位は国有地として国が買い取れよ。 

    ・規制はよ 日本の国土だぞ!!
     

    【沖縄、宮古島で中国資本が土地買い漁り…  陸上自衛隊の駐屯に合わせた「監視活動」 ネット「露骨な工作だな」「いい加減規制しろよ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: Toy Soldiers ★ 2018/08/21(火) 08:10:18.18 ID:CAP_USER9
    no title

     米南部フロリダ州の北フロリダ大は、学内に設置されている中国政府の非営利教育機構「孔子学院」を来年2月に閉鎖することを決めた。
    全米の大学などに100程度ある孔子学院をめぐっては、米国内で「中国政府の政治宣伝機関と化している」との批判が高まっており、同大に関しても州選出のルビオ上院議員(共和党)が契約打ち切りを要請していた。

     北フロリダ大は州北部のジャクソンビルにあり、2014年に中国の孔子学院本部などとの契約で学内に孔子学院を開設。
    同大は今月14日、閉鎖は「慎重な考慮の結果」であるとした上で、過去4年間にわたる孔子学院での授業が「大学の使命や目標と合致しないと判断した」と説明した。

     閉鎖を来年2月としたのは、契約により閉鎖には6カ月前の事前通告が必要であるためとしている。

     ルビオ氏は、ツイッターで今回の決定に「歓迎」を表明し、「孔子学院は中国共産党から資金を得ている機関で、懸念には十分に根拠がある」と強調した。

     ルビオ氏は今年2月、孔子学院がある州内の5つの大学などに契約打ち切りを要請し、同大と西フロリダ大が閉鎖を決定。ルビオ氏は「他の大学も追随するよう要望する」とした。

     議会では、ルビオ氏ら複数の議員が孔子学院の閉鎖を働きかける活動を展開。昨年9月にイリノイ大の孔子学院が閉鎖されたほか、今年4月にテキサス農工大が閉鎖を決めた。

        ◇

     孔子学院 中国語と中国文化の普及を目的として、中国政府が世界各地に設置している非営利の教育機関。2004年から提携大学などへの設置が進められている。
    運営機関は中国教育省の傘下にある国家漢語国際推進指導小組弁公室(漢弁)。
    ホームページによると、孔子学院は17年末時点で世界138カ国・地域に525カ所あり、学院より小規模な「孔子教室」は79カ国・地域に1113カ所ある。
    日本には「立命館孔子学院」など学院が14カ所、教室が8カ所開設されている。

    産経新聞
    https://www.sankei.com/smp/world/news/180816/wor1808160041-s1.html
    【【中国の海外工作機関】米で孔子学院閉鎖相次ぐ 北フロリダ大が閉鎖を決定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/08/19(日) 08:08:45.34 ID:CAP_USER9
    cn250

    (略) 

    ■ 中国のスパイがベテラン女性議員の補佐官に 

    (略) 

    ■ スパイはラッセル・ロウという人物 

     さらに8月6日、ワシントンを拠点とするネット政治雑誌「デイリー・コーラー」が、「ファインスタイン議員の補佐官でスパイを行っていたのは、中国系米国人のラッセル・ロウという人物だ」と断定する報道を流した。ロウ氏は長年、ファインスタイン議員のカリフォルニア事務所の所長を務めていたという。 

     デイリー・コーラー誌は、ロウ氏が中国政府の国家安全部にいつどのように徴募されたかを報じた。ロウ氏は、サンフランシスコの中国総領事館を通じて、長年にわたって同安全部に情報を流していたという。 

     ファインスタイン事務所もFBIもこの報道を否定せず、一般のメディアも「ロウ氏こそが中国諜報部の協力者、あるいはスパイだ」と一斉に報じた。主要新聞なども司法当局の確認をとりながら、ロウ氏のスパイ活動を詳しく報道した。 

     ただしロウ氏は逮捕も起訴もされていない。その理由は「中国への協力が政治情報の提供だけだと訴追が難しい」からだと説明されている。 

    ■ 中国のスパイが日本糾弾活動を展開 

     米国の各メディアの報道を総合すると、ロウ氏はファインスタイン議員事務所で、地元カリフォルニアのアジア系、とくに中国系有権者との連携を任され、中国当局との秘密の連絡を定期的に保ってきた。 

     米国内での慰安婦問題を調査してきた米国人ジャーナリストのマイケル・ヨン氏によると、ロウ氏は、歴史問題で日本糾弾を続ける中国系反日組織「世界抗日戦争史実維護連合会」や韓国系政治団体「韓国系米人フォーラム」と議会を結びつける役割も果たしてきた。また、2007年に米国下院で慰安婦問題で日本を非難する決議を推進したマイク・ホンダ議員(民主党・カリフォルニア州選出=2016年の選挙で落選)とも長年緊密な協力関係を保ち、米国議会での慰安婦問題糾弾のキャンペーンを続けてきたという。 

     ファインスタイン議員事務所を解雇されたロウ氏は、現在はサンフランシスコに本部を置く「社会正義教育財団」の事務局長として活動していることが米国メディアにより伝えられている。 

     数年前に設立された同財団は「学校教育の改善」という標語を掲げている。だが、実際には慰安婦問題に関する日本糾弾が活動の主目標であることがウェブサイトにも明記されている。同サイトは「日本は軍の命令でアジア各国の女性約20万人を組織的に強制連行し、性奴隷とした」という事実無根の主張も掲げている。 

     ロウ氏は2017年10月に社会正義教育財団を代表してマイク・ホンダ前下院議員とともに韓国を訪問した。ソウルでの記者会見などでは、「日本は慰安婦問題に関して反省も謝罪もせず、安倍政権はウソをついている」という日本非難の言明を繰り返した。 

    ■ 米国に工作員を投入する中国当局 

     今回、米国において慰安婦問題で日本を糾弾する人物が、実は中国のスパイだったことが明らかになった。つまり、中国当局が米国に工作員を投入して政治操作を続けている実態があるということだ。 

     前述のヨン記者は「米国内で慰安婦問題を糾弾する反日活動は、一見すると韓国系勢力が主体のようにみえ、そのように認識する人は多い。だが、主役はあくまで中国共産党なのだ。長年、米国議会の意向を反映するような形で慰安婦問題を追及してきたロウ氏が実は中国政府のスパイだったという事実は、この中国の役割を証明したといえる」と解説していた。

    ヤフーニュース

    【【今更?昔からでしょ】米国で日本叩き運動を先導、中国のスパイだった 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ガーディス ★ 2018/08/11(土) 06:28:01.29 ID:CAP_USER9
    tramp
     
     【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領が中国を念頭に「米国に来るほとんどすべての学生はスパイだ」と述べたとする報道が米国であり、国務省のナウアート報道官は9日の記者会見で報道内容を知らないとしながらも、中国人学生が技術を自国に移転させることを米政府として「懸念」していると述べた。

    米政治メディア「ポリティコ」は8日、トランプ氏が7日夜、ニュージャージー州の自身のゴルフ場で開いた経営者との夕食会で「中国人学生スパイ説」を唱えたと伝えた。ホワイトハウスは発言の内容を確認していない。

     ナウアート氏はこの発言への言及を控えつつも、「米国は中国と強い人的つながりを持っているが、学生の一部が米国の技術や情報を持ち帰ることを懸念している」と述べた。

     米メディアによると、中国との「貿易戦争」が激化する中、国務省は6月11日、知的財産の保護を目的に、ロボット工学や航空工学、高度な製造技術を専攻する中国人学生へのビザ(査証)発給を厳格化し、オバマ前政権が1年間から5年間に拡大していた有効期間を1年間に戻した。

     トランプ政権は昨年12月、安全保障政策の基本方針を示す「国家安全保障戦略」に競争相手国への知的財産の流出を防ぐためビザ発給手続きを見直し、「特定国からの理工系留学生への規制を検討する」と明記した。同政権は中国の知的財産権侵害に対抗する制裁措置を発動している。

    産経新聞
    https://www.sankei.com/smp/world/news/180810/wor1808100023-s1.html

    【【米国】トランプ大統領「米国に来るほとんど全ての学生はスパイだ」某国留学生による技術持ち出しに懸念 ビザ発給厳格化へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: プティフランスパン ★ 2018/07/20(金) 19:31:26.11 ID:CAP_USER9

    no title


    アメリカのFBI=連邦捜査局のレイ長官は、中国がアメリカ国内でさまざまな産業を狙って技術や情報を盗み出しているとして、全米のすべての州で中国が関わった産業スパイ事件の捜査が行われていると明らかにしました。

    FBIのレイ長官は18日、西部コロラド州で講演し「アメリカ国内で外国のスパイ活動を防ぐ観点から言えば、中国が最も幅広く活動し最大の脅威だ」と述べました。そのうえで「中国が関わった産業スパイ事件の捜査が全米50州すべての州で行われている」と明らかにしました。

    そして、中国はトウモロコシの種から風力タービンまでさまざまな産業を狙って技術や情報を盗み出しているほか、その手口も、人を介したものからサイバー攻撃までさまざまだと説明しました。

    一方、アメリカ議会では下院の情報委員会で19日、中国による産業スパイや知的財産権の侵害について専門家を招いて公聴会が開かれました。

    この中で、アメリカ国防総省の依頼を受けて中国による産業スパイの実態を調査してきた情報セキュリティー会社の元責任者は、中国が資金力を武器にアメリカの大学や研究機関に近づき、最新の技術を盗み出した事例などを紹介しました。

    そのうえで、中国の産業スパイを防ぐためには、FBIによる捜査を拡大し法的整備や制裁強化などの対策も急ぐべきだと訴えました。

    2018年7月20日 13時41分 
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180720/k10011541341000.html  

    【【米FBI】すべての州で中国が関わった産業スパイ事件を捜査中 レイ長官「中国が最大の脅威」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/07/19(木) 13:46:54.56 ID:CAP_USER
    no title
     
    ロシア政府のスパイだった疑いで逮捕された29歳のロシア人女性が、米国の特別利益団体で働くため、 
    代わりに性行為を提供していた可能性が浮上した。米政府筋が明らかにした。 

    米司法省は15日、ワシントン在住のロシア人女性マリナ・ブティナ容疑者を、米政府に登録せずロシア政府の工作員として米国内で活動していた疑いで逮捕・訴追した。 
    諜報活動の疑いはかけられていない。 

    ワシントン連邦地裁のデボラ・ロビンソン判事は18日の審理で、容疑者には国外逃亡の恐れがあるため、公判開始まで勾留が必要との判断を示した。 

    担当弁護士によると、ブティナ容疑者は全容疑について否認しており、数カ月前から米政府に協力している。 

    この事件は、2016年米大統領選にロシア政府が介入した疑惑を調べている司法省の捜査とは関係していない。 

    ロシア外務省は18日、ブティナ容疑者の逮捕は、ドナルド・トランプ米大統領と 
    ウラジーミル・プーチン露大統領が16日にヘルシンキで会談したことによる「前向きな成果」を損なうための動きだと批判した。 

    ■米国人と同居し特別利益団体に入ろうと? 
    18日の裁判資料によると、ブティナ容疑者は「個人的な関係」の米国人(56)と同居していた。 

    「ただしこの関係は、米国との強いつながりを示すものではない。 
    ティナ容疑者は自分の活動に必要な側面に過ぎないという態度だったようだ」と裁判資料には書かれている。 

    容疑者がソーシャルメディアに掲載している写真には、サウスダコタ州の保守派政治活動家ポール・エリックソン氏と写っているものもある。エリックソン氏は公的記録によると、56歳だという。 

    連邦捜査局(FBI)が押収した資料によると、容疑者はエリックソン氏と 
    「同居を続けることについて、軽んじるような言動」をとっていた。 

    ブティナ容疑者は周りの米国人に、自分はシベリア出身だと話していた 
    検察によると、容疑者は米国人男性との関係を真剣に捉えていた様子はなかった。 
    なぜなら「少なくとも1度、容疑者はこの男性とは別の人物に、 
    特別利益団体で働くため代わりに性行為を提供したからだ」という。 

    裁判資料はこの団体を名指ししていない。しかし、ソーシャルメディアでの本人の投稿から、銃所有権を推進する強力な圧力団体「全米ライフル協会(NRA)」の行事に頻繁に参加していた様子が見て取れる。 


    BBC
    https://www.bbc.com/japanese/44881567

    【【アメリカ】工作員の疑いで逮捕のロシア人女性スパイ、米団体就職のため性行為を提供か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/07/16(月) 08:50:54.63 ID:CAP_USER9
    no title


    Ninjaさんのツイート 

    日本人が読めないTwitterなんて何の意味が? 
    こんなのが当選したら恐ろしい 

    (略) 

    ▼ネット上のコメント 

    ・李小牧氏は、中国語でのアピールを続けても日本国内の選挙でそれなりの票が取れると読んでいるわけです。それって、日本の有権者の中にどれだけ多くの元中国人がいるかを如実に物語っていますよね。 

    ・へぇー、政治の力ねぇ(白目)それなら日本を良くする前に中国を良くして来いよ。諦めんなよ。 

    ・旧民主党の連中が、当選を画策中ですね。蓮舫あたりが手引きしてるかも。国籍問題が決着していませんしね。日本国に必要ないです。こんな候補。 

    ・これはレンホウのことがあったから、日本のためにならない人だと思う。中国語で発信とか、日本舐めてませんか? 

    ・この李小牧とかいう中国人は、中国人の日本への移民を推進したり、中国人の日本への難民申請なども手伝っているようだ。中国人受入は行政コスト増加!害が大きい。日本は外国人の受入れで、テストをしても、漢字を理解出来る中国人が他の外国人に比べ有利、やはり親日国から受け入れないと! 

    ・都議会議員は2017年の選挙公約で都民、自民、公明、共産、割報酬を2割カットしたと威張ってましたが、2018年の4月から満額に戻りましたので、都民の方もよく覚えとかないと、次回もバカな政治家の食い物にされますよ㊗ 

    ・こんなのが日本の政治?帰国をお勧めします😡💥 

    ・また増えるのか。「生粋の日本人」だけになるのはいつになるのだろうか?
     

    【【工作員】『日本人が読めないTwitterなんて何の意味が?』 ネット「李小牧氏は、中国語でのアピールを続けても日本国内の選挙で…」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: プティフランスパン ★ 2018/07/15(日) 12:57:58.19 ID:CAP_USER
    no title

    菅長官は苦しい関与否定(C)共同通信社 

    中国でスパイ容疑で拘束されていた愛知県の男性(54)が、懲役12年の実刑判決を受けた。2015年以降、中国各地でスパイ行為などを疑われた日本人が相次いで拘束され、8人が起訴されている。判決が出たのは初めてだ。 

     菅官房長官は10日の定例会見で、日本政府が中国にスパイを送り込んだ事実は「一切ない」と日本政府の関与を否定したが、怪しいものだ。 

    「ある政府関係者は、『公安調査庁が男性らに写真撮影や情報収集を依頼した』と言っています。中国当局は、日本からのスパイ目的での訪中者リストを入手しており、一網打尽の検挙ができた。今回の手続きも自信満々です」(外務省担当記者) 

     今回、判決が下った男性はコンサルト業務で日中を往来しており、起訴された8人のうち最も早い15年5月に、浙江省温州市沖の南?列島沖で市当局に拘束され、翌年6月に非公開で初公判が開かれた。同列島は軍用ヘリポートや埠頭建設など軍事施設の整備が進み、男性は施設周辺で写真を撮影したとの情報もある。 

     日本の地裁にあたる中級人民法院は、刑法のスパイ罪などで、男性に懲役12年のほか、約850万円の個人財産没収を言い渡したが、中国の外国人スパイ事件では重い方だという。今後、残る7人にも判決が出るものとみられる。 

    「表沙汰にはできないですが、政府が民間の訪中者に軍事施設などの情報収集を依頼することは、これまでも行われています。菅官房長官は認めるわけにはいかないので、『関与なし』と答えざるを得ないのでしょう。しかし、今回、政府からのミッションを引き受けた民間人が拘束されて、12年もの長期の懲役を受けたわけです。ある種の国家の犠牲者ですよ。日本政府が、国内での中国民間人によるスパイ活動をしっかり取り締まっていれば、“交換交渉”もできるのですが、全くの無防備。これではやられっ放しです」(国際ジャーナリスト・春名幹男氏) 

     菅長官は「日本人保護の立場から、政府としてできる限り支援していく」と語ったが、交渉材料は持ち合わせているのか。あまりにも頼りなさ過ぎる。
     
    2018年07月13日 17時25分
    niftyニュース(日刊ゲンダイ)
    https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-056501/


    【【スパイ防止法、諜報機関を作れと言うこと?】犠牲になる民間人…政府が民間の訪中者にスパイ依頼か “お忍び”スパイ派遣の事情 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: すらいむ ★ 2018/07/10(火) 15:03:02.76 ID:CAP_USER9
    cn250
     
    中国、スパイ罪で邦人に実刑判決 日中関係に影響も

     中国で2015年以降、日本人がスパイ行為などを疑われて相次いで拘束された事件で、浙江省杭州市の中級人民法院(地裁に相当)は10日午前、最初に同省温州市で拘束された愛知県の50代の男性に、刑法のスパイ罪などで懲役12年の実刑判決を言い渡したことが分かった。

     日中関係筋が明らかにした。一連の事件で起訴された8人のうち判決が出るのは初めて。

     日本人が中国でスパイ行為を働いたと認定されるのは極めて異例。今年5月に李克強(リーコーチアン)首相が訪日し、安倍晋三首相の年内訪中に向けた動きが進むなか、今後の日中関係の進展にも影響する可能性がある。

    朝日新聞 2018年7月10日 12時40分
    http://news.livedoor.com/article/detail/14990303/

    【【日中】中国、スパイ罪で邦人に異例の実刑判決 懲役12年、日中関係に影響も  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/07/09(月) 06:30:29.74 ID:CAP_USER9
     uk250
    神経剤接触の英国人女性死亡
    2018/7/9 06:26

     【ロンドン共同】英南部で神経剤ノビチョクに接触し意識不明の重体となっていた英国人女性(44)が8日、治療を受けていた病院で死去した。警察が同日に発表した。

    共同通信
    https://this.kiji.is/388803811114304609?c=39550187727945729 
    【【英vs露】神経剤(ノビチョク)接触の英国人女性死亡 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: カプチーノ ★ 2018/07/01(日) 21:53:52.53 ID:CAP_USER9
    米国防総省(ペンタゴン)国防情報局(DIA)の諜報工作員や米中央情報局(CIA)の幹部や現場工作員が、 中国当局に一本釣りにされ、米国政府の機密情報を多額の現金で売り渡すという事件が増えている。

    なかにはDIA工作員が15件もの米側の軍事情報を少なくとも80万ドル(約9000万円)で売り渡したり、
    CIAの中国内の現地工作員名簿が現金100万ドル(約1億1000万円)と引き換えに中国側に渡ったりもした。
    これにより、CIA工作員20人が殺害・捕縛されてスパイ網が壊滅状態に陥ったケースも明らかになっている。米CNNなどが報じた。

    最初にあげたケースでは、DIA工作員ロン・ロックウェル・ハンセン容疑者(58)が、6月初旬に、シアトル空港で中国行きの飛行機に搭乗しようとしたところを米連邦捜査局(FBI)に逮捕された。
    ハンセン容疑者は中国語に堪能で、中国政府のために国防に関する情報を収集し、売り渡した疑いをかけられており、今後、起訴され裁判を受けることになる。容疑が証明されれば、終身刑もありうるという。
    DIAは国防総省のスパイ部門で、米軍の戦闘作戦のために軍事情報を収集、分析する目的で1961年に創設され、現在では約1万7000人が働いている。

    一方、海外を舞台に諜報工作を行っているのがCIAで、CIAの香港駐在の元捜査員ジェリー・チュン・シン・リー被告(逮捕当時53)は、国防情報を収集し中国に受け渡そうとしていたとして今年1月に逮捕され、6月初めに起訴された。
    彼の裏切りにより、中国内のCIA組織が壊滅的な打撃を受けたことは大きなニュースになっている。

    最近では元CIA工作員のケビン・マロリー被告(61)が6月8日、 米バージニア州アレキサンドリアの連邦裁判所の陪審で、中国のスパイに機密書類を売り渡していたとして、有罪評決を言い渡された。
    検察側は「マロリー被告が中国への機密情報売り渡しにより米国を裏切ったのは明らかだ」と主張している。 量刑の言い渡しは9月の予定で、終身刑となる可能性もあるという。

    これについて、米司法省のジョン・デマーズ司法次官補(国家安全保障担当)は「外国勢力のためのスパイ行為で、米国民が有罪になるのは耐え難く悲しい」と述べた。
    そのうえで、一連のスパイ事件は偶然起きたものではなく、「中国はアメリカの国家機密を盗むべく、政府ぐるみの組織的で、高度な取り組みを進めているのだ」との見方を明らかにしている。

    2018.07.01 07:00
    NEWSポストセブン
    https://www.news-postseven.com/archives/20180701_711373.html

    【【国際スパイ】CIAなど米諜報員の裏切り増加、中国に高額で情報を売る スパイ網が壊滅状態のケースも 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/06/25(月) 09:20:28.28 ID:CAP_USER
    イスラエルでイランのスパイが逮捕された。
    捕まったのは、イスラエルのゴネン・セゲブ元エネルギー・インフラ相。
    近年、セゲブ元大臣は西アフリカのナイジェリアに滞在していた。2018年5月に逮捕された。

    ゴネン・セゲブ元エネルギー相(62)は、赤道のギニア共和国の取締当局からイスラエルに引き渡され、6月18日に正式に起訴された。イスラエル総保安庁によれば、戦時の敵国支援やイスラエルに対するスパイ行為をした。
    セゲブ元エネルギー相は、1992年から96年にかけてエネルギー相とクネセト(イスラエルの立法府)の議員を同時に務めていた。2012年からは自身の古いつながりを利用し、イスラエルに関するさまざまな情報をイランの情報機関に提供していた。
    提供された情報の中には、イスラエルのエネルギー、治安機関の活動、秘密施設などに関する機密情報が含まれていた。

    ゴネン・セゲブ元エネルギー相は、イスラエル空軍に従事し、除隊したときの階級は大尉だった。
    また2つの高等教育を修了している。

    no title

    スプートニク
    https://jp.sputniknews.com/incidents/201806255034338/

    【【スパイ】イスラエルの元エネルギー相、実はイランのスパイだった 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/05/29(火) 05:33:04.64 ID:CAP_USER
    no title
     
    【5月25日 AFP】オーストラリア情報機関のトップは24日夜、首都キャンベラの議会で開かれた公聴会で、外国からの介入とスパイ行為が国益に「壊滅的な悪影響」を与えかねない、「前代未聞」のレベルに達しているとして、改めて警鐘を鳴らした。

     オーストラリア保安情報機構(ASIO)のダンカン・ルイス(Duncan Lewis)長官は、特定の国を名指しすることはしなかったものの、同国では国内政治への中国の介入に対する懸念が強まっている。

    「外国の情報活動の現在の規模は…前代未聞だ」と述べたルイス長官は、外国人の当事者らが標的にしているのは、オーストラリアの同盟・提携関係や外交・経済・軍事問題における立場といった、特別な機密情報だと明かした。

     また、エネルギー・鉱物資源・科学・技術革新に関する情報も関心の対象となっているという。

     その上でルイス氏は、「スパイや介入、妨害行為や、悪意ある内通者による活動は、国益に壊滅的な悪影響を与えかねない」と警告。

    「わが国の主権、わが国の安全、わが国の繁栄を損なう恐れがある…今日、冷戦(Cold War)期以上に外国の情報当局者が入っており、わが国を攻撃する手段もさらに多く持っているというのが厳然たる事実だ」と指摘した。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3176080?pid=20162152

    【【他人事ではない】外国からの介入(妨害やスパイ行為)は「前代未聞」の規模、豪情報機関トップが警告】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/05/26(土) 08:14:15.96 ID:CAP_USER
    no title

    【5月26日 AFP】フランスの情報機関である対外治安総局(DGSE)の元諜報部員2人が、二重スパイとして中国に機密情報を渡していた容疑で拘束されていることが分かった。 
    当局が25日明らかにした。専門家らによれば、中国当局は外国での諜報能力強化を推し進めているとみており、今回の事件で、そうした動きに光を当たることとなった。 

     容疑者らは昨年12月に拘束されたが、24日夜に仏メディアが報じ、フロランス・パルリ(Florence Parly)国防相の発言があるまで事件は明るみに出ていなかった。 

     パルリ国防相は仏テレビ局CNewsに「わが国機関のフランス人要員2人と、要員らの配偶者のうちおそらく1人が、外国権力に情報を渡したとの容疑に基づき、反逆行為と見なされる可能性の高い重大な行為をした罪に問われている」と述べた。 

     また、匿名の治安筋はAFPに対し、DGSEの要員2人が中国にくみした疑いがあるとの仏メディアの報道内容を確認した。 

     仏TMCチャンネルの番組「Quotidien」は、このうち少なくとも1人が中国に駐在していたと報道。 
    さらに、2人はフランスの防諜当局に摘発されたと伝えている。 

     中国政府は長年、産業スパイにより貴重な知的財産を獲得していると非難されてきたが、対外的の野心の高まりとともに諜報活動を拡大させているとの見方もある。 

     DGSEの情報部門トップを務めたアラン・シュエ(Alain Chouet)氏は、中国は「当然、経済情報も狙い続けているが、政治、外交などの分野で他の主要国が何をしようとしているのか探っている」と指摘した。 

     中国外務省は25日、フランスでの元要員拘束をめぐる質問に対し、状況を承知していないと応じた。 

     捜査当局は容疑者らが中国側に情報を渡していた期間を特定していないが、パルリ国防相は、当時、2人はまだ在任中だった可能性が「非常に高い」と述べている。

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3176084

    【【フランス】仏の元諜報部員2人、中国への機密情報提供(二重スパイ)で拘束[05/26] 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (^ェ^) ★ 2018/05/20(日) 08:25:59.78 ID:CAP_USER9

     自民党の萩生田光一幹事長代行が17日、インターネット番組「真相深入り! 虎ノ門ニュース」に生出演し、北朝鮮問題について激白した。北朝鮮を利する国会議員の存在を明言し、左派野党やメディアを批判。拉致問題解決に向けて、在日朝鮮人を念頭に「この国で生活する意思があれば、『拉致問題の解決なくして、日本人と融和できない』と肌で感じている。声を上げてもらいたい」と呼びかけた。

     この日は、夕刊フジの人気連載「以毒制毒」(木曜掲載)を担当する、ジャーナリストの有本香氏が番組コメンテーターを務めた。

     ゲストの萩生田氏は6月12日の米朝首脳会談を見据え、拉致問題について「最終局面、ラストチャンスだ」と語り、完全解決に期待を示した。

     北朝鮮に「最大限の圧力」をかけ続けている米国の関係者から、朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)の現状が「よく話題に出る」として、次のように強調した。

     「制裁の矛先として『(朝鮮)総連は、どうなのか?』という話題になる。総連の次世代のリーダーたちは、朝鮮民族のプライドはあるだろうが、日本の事情を誰よりも知っている。その世代の人たちが(拉致問題解決に)声を上げてほしいし、現に上げつつある人たちもいる」

     話題は、総連傘下にある朝鮮学校への補助金支出問題にも及んだ。

     萩生田氏は、「『政治介入はよくない』というが、日本国民の税金を出した学校で、反日教育が行われている。各自治体が補助金の見直しをしている。一連の北朝鮮の対応によっては、動き出すことは否定できない」と問題視した。

     一部の自民党OBには「(朝鮮総連の)エージェントみたいな発言をしている人もいる。いい意味でも、悪い意味でも、パイプをお持ちだ」と皮肉を述べた。

     有本氏の「北朝鮮を利する国会議員はいるか?」との問いに、萩生田氏は「間違いなくいる。半ば公言しているような人もいる」と言い切り、北朝鮮情勢をめぐる日本の立場を「蚊帳の外」と揶揄(やゆ)する左派野党やメディアを次のように批判した。

     「何を根拠に言っているのか。日本が完全にリードして、この(北朝鮮が対話を求める)状況をつくってきた。国際社会は誰もが分かっている。日本の政治家とメディアが、拉致被害者が帰ってこないことを前提かのように話して、誰の応援をしているのか。本当に首をかしげる。拉致問題解決に向け、世論をどんどん高めていくべきだ」

    ヤフーニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000001-ykf-soci 

    【自民党・萩生田光一氏、北朝鮮を利する国会議員の存在を明言。左派野党やメディアを批判 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/04/12(木) 17:32:48.46 ID:CAP_USER9

    2018.04.12 Thu posted at 14:23 JST
    (CNN) 英南西部ソールズベリーで起きたロシア人元スパイの襲撃事件で、父とともに被害に遭った娘のユリア・スクリパリ氏が11日、ロンドン警視庁を通じ、在英ロシア大使館からの手助けは必要ないとの声明を発表した。

    ユリア氏は2日前に退院していた。状態は良くなっているが、報道陣のインタビューに応じるほどは回復してないという。

    声明ではまた、自身や父の代弁者は他にはいないとメディアに注意を促し、いとこのビクトリア・スクリパリ氏に言及。「ビクトリアが心配してくれていることには感謝するが、当面は訪問してきたり連絡を取ろうとしたりしないで欲しい」「彼女の意見や主張は私と父のものではない」と述べた。

    ビクトリア氏は襲撃以来たびたびロシアのテレビに登場しており、ユリア氏との電話の内容とされる録音記録を提示したこともある。

    ユリア氏によれば、現在は自身の置かれた状況に向き合おうと努めている段階で、「特別な訓練を受けた職員」の世話を受けている。「1カ月前の日常からは全く異なる生活を送っている」という。

    ロシア大使館からの支援の申し出に対しては謝意を示しつつも、今は助けを受けたくないとし、心境に変化があれば連絡を取ると言い添えた。

    ロシア当局は事件以降、ユリア氏への接触を求める考えを公に表明。ユリア氏が意識を回復してからは、支援を申し出ている。在英ロシア大使館は10日、ツイッターで「ユリア氏への対応が彼女自身の意思でなされていること」を早急に証明するよう要求した。

    CNN
    https://www.cnn.co.jp/m/world/35117644.html 


    神経ガスで襲撃された元スパイの娘ユリア氏が声明を発表した
    no title

    【【元スパイ暗殺未遂】退院した娘が声明 ロシア大使館の支援申し出を拒否 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: みつを ★ 2018/04/06(金) 17:31:02.22 ID:CAP_USER9
     un250
    2018.04.06 Fri posted at 11:24 JST
    ニューヨーク(CNN) 英国でロシア人元スパイとその娘が神経剤による襲撃を受けた事件をめぐり、国連安全保障理事会は5日、会合を開いた。英政府がロシア政府の関与を指摘していることについて、ロシアは「火遊び」と警告した。

    ロシアのネベンジャ国連大使は、ロシアが関与したとの主張は「フェイク」だとして英国を批判。英国の国連大使らについて「火遊びをしており、謝罪することになる」と警告した。

    英国が謝罪するとはどういう意味かと会合後に聞かれた際には、英国の批判は真実ではなく、普通の人間なら謝罪するはずだと答えている。

    ネベンジャ氏はまた、他国とロシアの対立を促しているとして英国を批判。「米ニューヨークにまで波及した動きを始めたのはあなた方だ」と主張した。

    一方、英国のカレン・ピアス国連大使は、ロシアから講釈を受けるつもりはないと発言。シリア国内での化学兵器使用をめぐる調査をロシアが過去に妨害したと指摘したうえで、「我々が行ってきたことは全て化学兵器禁止条約に沿っている」と述べた。

    元スパイ襲撃事件については、「捜査が進められている理由は誰もが知っている。英国の地で民間人の殺害未遂に軍事級の神経剤が使われたためだ」と言及。襲撃は「無謀」かつ「公衆の安全を顧みることなく」実行されたと指摘した。

    事件では1カ月前、ロシア人元二重スパイのセルゲイ・スクリパリ氏と娘のユリア氏が、英南部ソールズベリーで神経剤による襲撃を受けた。英国とロシアは責任の所在をめぐり対立を続けている。

    CNN
    https://www.cnn.co.jp/m/world/35117328.html 

    【【お遊びはここまでだ】元スパイ襲撃、ロシアが英国の「火遊び」に警告 安保理会合 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 水星虫 ★ 2018/04/05(木) 17:39:44.09 ID:CAP_USER9
    米軍基地で偽造免許 中国人起訴

    名護市辺野古のアメリカ軍基地内の工事現場で働いていた中国国籍の20歳の男が、公安委員会の公印を偽造した日本人名義の運転免許証を提出したとして、偽造有印公文書行使の罪で那覇地方検察庁に起訴されていたことがわかりました。

    5日までに起訴されたのは、中国国籍のチャン・チェンエ被告(20)です。
    起訴状によりますと、チャン被告はことし2月、名護市辺野古のキャンプシュワブのメインゲート内で、
    アメリカ海兵隊の憲兵隊員に対して東京都公安委員会の公印を偽造した運転免許証を提出したとして、
    偽造有印公文書行使の罪に問われています。

    検察は、チャン被告の認否を明らかにしていません。

    捜査関係者によりますと、チャン被告はキャンプシュワブ内の工事現場で作業員として働いていて、偽造された運転免許証にはチャン被告の顔写真が印刷されているものの、名義は日本人男性になっていたということです。

    警察は、運転免許証を偽造したいきさつや、ほかにも免許を偽造していた人物がいなかったかなど、事件の背景について詳しく調べています。

    04/05 17:10
    NHK
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20180405/5090002501.html 

    【【私日本人アルヨ】日本人名義の偽造免許で米軍基地に 中国人起訴・辺野古 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル