かたすみ速報

日本及び周辺諸国に関するニュースと2chまとめサイト。ネットの片隅で更新していきます。




    タグ:スマートフォン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 首都圏の虎 ★ 2021/05/01(土) 12:11:31.27 ID:CAP_USER
    5640C253-11A9-4284-86C1-E5DDFFBC462E
     
     米アップルが今年1-3月期の世界スマートフォン市場で売上高の半分近くをさらった。サムスン電子はアップルよりも1700万台多くスマートフォンを販売したが、売上高はアップルの40%前後にとどまった。

     市場調査会社カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチが30日に明らかにしたところによると、今年1-3月期の世界スマートフォン市場の売上高は1130億ドル(約12兆3460億円)で、史上初めて1000億ドル(約11兆円)を突破した。このうち、アップルの売上高は42%に達した。2位のサムスン電子の売上高は、アップルの半分にも満たない17.5%だった。次いでOPPO(オッポ、8.25%)、vivo(ビボ、8%)、小米科技(シャオミ、7.6%)などの中国企業が3-5位を占めた。

     しかし、出荷台数基準ではサムスン電子がアップルを大幅に上回った。サムスン電子は「ギャラクシーS21シリーズ」発売効果により市場占有率21.7%を記録、昨年10-12月期にアップルに譲った1位の座を奪還した。16.8%のアップルは2位に後退した。今年1-3月期にサムスン電子は7700万台、アップルは6000万台のスマートフォンを販売したものと推定される。

     アップルよりもサムスンの方がスマートフォンを多く販売したのに、売上高で半分にもならないのは、両社の対照的なスマートフォン戦略のためだ。アップルの「iPhone12」基本モデルは前作よりも100ドル(約1万1000円)前後高くなった。特に、iPhoneシリーズの最上位モデルである「iPhone 12 Pro Max」は米国・欧州市場での需要が続き、売上高アップをリードした。

     一方、サムスン電子は「ギャラクシーS21」基本モデルを前作より約25万ウォン(約2万4000円)安い99万9900ウォン(約9万7600円)で発売した。「ギャラクシーS」シリーズの価格が100万ウォン(約9万7700円)以下に策定されたのは、「ギャラクシーS9」以来3年ぶりだ。これと同時に、中低価格ブランドである「ギャラクシーA」シリーズの販売拡大にも力を入れた。

     米中対立の中で苦戦している中国・華為技術(ファーウェイ)の空白は、ほかの中国企業が埋めていることも分かった。同調査会社は「小米科技、OPPO、vivoなど中国のスマートフォン・メーカーが中国、欧州、中南米、東南アジア地域で善戦し、華為技術の空白を埋めている」と分析した。

    ヤフーニュース(朝鮮日報)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f507a9f18ecf6518172970c40859b6b218b8f150

    【【韓国】1700万台多く売ったのに…サムスン、アップル売上高の半分にも満たず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: HAIKI ★ 2021/03/22(月) 18:38:26.41 ID:CAP_USER
    LG5
    韓国のLG電子が今年1月にスマホを含むモバイル事業に関して縮小、売却、維持などあらゆる可能性を念頭に事業の運営方向を綿密に検討中と発表してから約2か月になるものの具体策が提示されていないことから、売却が難しくなり、完全撤退する可能性があるとの見方が出ている。

    (中略)

    業界関係者の間では、LG電子が事業再編を発表した当時、売却または部分売却、撤退が選択肢になるとみられていたが、売却や部分売却が難航し、新製品の開発も中断していることから選択肢が撤退しか残っていないとする見方が強まった。

    ヤフーニュース(聯合ニュース)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/59bac68f6124a5ef8b5e46bd97c573f1f021c48b

    【【スマホ】韓国LG電子のスマホ事業 売却難航で撤退の可能性も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2020/07/04(土) 17:37:54.70 ID:CAP_USER
    ┃IDC、カウンターポイント、中国スマートフォン販売の鈍化を感知
    _______________________________________________________

    中国製品に対するインドの不買運動が拡大して、三星(サムソン)電子と関連部品メーカーの恩恵が期待されるという意見が出た。

    4日、スマートフォンの市場調査機関であるIDCとカウンターポイント(Counterpoint)によれば、インドで中国製品不買運動と中国産部品輸入規制の影響により、中国のスマートフォンメーカーの販売鈍化が感知されたことが分かった。

    (写真)
    no title


    インドの国境付近(ラダック地域)でインド軍と中国軍との衝突事件以降、インドで中国製品不買運動が拡大している。インドに輸入された中国製品も全数調査の対象に分類されていて、スマートフォン部品は出荷できず、窓口に縛られている状況である。

    このため、中国からスマートフォン部品の調達を受けている中国系のスマートフォンメーカーは、生産への支障が避けられない状況にある。具体的な日程も確認されておらず、生産の不確実性は今後さらに拡大すると見られる。

    NH投資証券のイ・ギュハ研究員は、「三星電子やエプル(アップル)など、中国系メーカーでないスマートフォンメーカーは打撃が少ない」とし、「三星電子や三星電機を含む国内部品会社の全般的な恩恵が期待される」と話した。

    三星電子が、インドで主力モデルの価額割引を行っているという点も肯定的である。三星電子は最近、インドで主力モデルであるA51、A31シリーズを9~11%割引して販売している。イ・ギュハ研究員は、「インドで中国製品ボイコットの反射恩恵を6月から享受する可能性が高いと思う」と言いながら、「下半期にもインドの中国輸入規制と不買運動の影響が続けば、追加受益の可能性も高くなり、三星電子や関連部品メーカーに肯定的である」と説明した。

    イ・ミンジ記者

    アジア経済(韓国語)
    https://view.asiae.co.kr/article/2020070414301398471

    【【棚からぼた餅の韓国】インドの中国スマートフォン不買運動が影響・・・三星電子が恩恵受ける見通し】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ■忍【LV7,ほうおう,9C】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/05/31(日)06:00:41 ID:???
    25945111-DFC3-40AB-941A-E2CC533350C8

    スマートフォンメーカーはさまざまな宣伝ムービーでライバル企業の端末よりも自社端末の方が優れていることをアピールしており、例えばSamsungは「iPhone信者だった僕がGalaxyに乗り換えるまで」を描いたムービーを公開したことがあります。

    そんなSamsungと同じ韓国のスマートフォンメーカーであるLGが公開した宣伝ムービーが、まるで「女性のスカートの中を盗撮するのに最適だ」とアピールしているかのようだと批判が集まり、ムービーが削除される事態となりました。

    (略)

    gigazine 5月29日
    https://gigazine.net/news/20200529-lg-v60-great-upskirt-shots/


    【【スマホ】韓国LGが「ウチのスマホは盗撮に最適」という宣伝用ムービーを公開して批判を集める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 荒波φ ★ 2020/05/27(水) 13:51:15.39 ID:CAP_USER
    8FB3BF0C-0139-4C22-8EE7-D58567883D6F
     
    ※韓国経済の元記事(韓国語)
    LGベルベット新製品、LG携帯電話初の「LG・ロゴ」抜くようだ
    https://www.hankyung.com/it/article/202005253486g


    2020年5月25日、韓国メディア・韓国経済は、LG電子が来月発売するスマートフォン「VELVET(ベルベット)」について、「本体背面の『LG』の文字と同社のロゴマークが消える見通し」だと伝えた。

    業界関係者によると、韓国内キャリア3社からそれぞれ発売される「VELVET」ブルー、レッド、ピンクの3カラーに限り、背面に「VELVET」の文字だけを入れる方向で、3社とLG電子が協議中だという。

    今月すでに発売済みの4カラーは、従来どおり「LG」の文字とロゴが入っている。LG電子がスマートフォンからロゴそのものを消すのは初めてのことだという。

    LG電子は今回、従来の「Gシリーズ」「Vシリーズ」に代わる新たなフラッグシップモデルとして「VELVET」を披露した。

    ロゴ削除は「来年の黒字転換に向けた売り上げ増大への果敢な試み」「LG電子の『スマホ大手術』の一つ」だと業界は評価しているという。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは

    「何だか胸が痛む。販売数を増やすためにブランドロゴを消すだなんて」
    「別にLGのロゴがあるから買わないわけでもないのに」
    「ロゴの問題じゃなく、性能の割に値段が高過ぎるせいで売れないんだよ」

    という否定的な意見が寄せられている。一方で

    「いい考えだと思う」
    「デザインもより洗練させたらいい」
    「お偉いさんたちは、LGのロゴのダサさにやっと気付いたのか(笑)」

    という好意的な意見も見られた。


    2020年5月27日(水) 13時20分
    Record China
    https://www.recordchina.co.jp/b808977-s0-c30-d0144.html

    【【韓国LG】売り上げ増ねらいスマホからロゴ削除へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: HAIKI ★ 2020/04/27(月) 21:29:01.96 ID:CAP_USER
    C732CB0A-C57F-4AD6-BEBB-81F41801FD6E
     
    韓国サムスン電子が狙う2020年の反転攻勢に誤算が生じ始めた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界首位のスマートフォンの販売台数が数千万台落ち込むためだ。
    スマホは急成長の中国勢に押されているだけに、一段と苦戦を強いられる。
    足元の業績はスマホとともに2本柱の半導体が好調で支えているが、あてにしている高速大容量の第5世代(5G)移動通信システム向けの需要減少が顕著になり、半導体事業に影響が出かねない。

    スマホ事業で悩ましいのは、年初に発売した旗艦機種「ギャラクシーS20」が期待ほど売れていないことだ。
    中央日報(日本語電子版)によれば、サムスン関係者の間では歴代のギャラクシーSのうち、最悪の成績を出すのではないかとの懸念が出ている。

    (略)

    【【韓国】サムスン、自慢のスマホ機種が不振 反転攻勢に誤算】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: サーバル ★ 2020/01/10(金) 20:17:15.23 ID:BRBL3LAr9
    (略)

    (藤原内閣府大臣政務官) 続きまして、大山理事、よろしくお願いします。 (大山全国都道府県議会議長会理事(代理人)) 私の方からは、これは新し
    いテーマかと思いますが、子供たちのネット・ゲーム依存症対策についてで ございます。


    (略)


    この依存症の原因のドーパミン量が、最近の研究ではゲームをしたときと 覚醒剤を一定量投与したときと同じであるという研究結果まで出てきている わけでございます。昔はテレビゲームとかポータブルゲームとか、親が管理 のきく範囲内でのゲームが主流でありましたけれども、現在は、皆様方御存 じのとおり、スマートフォンというものが大量に出回っておりまして、この スマートフォンは完全にインターネットと同じ機能を持っておりますので、 これを子供たちが持つことによって、その中にオンラインゲームというもの が潜んでおりまして、これが依存症の大きな原因になっておりまして、これ は今までのゲームではなくて、子供たちがベッドルームまで、自分の寝室ま で持っていく。それで依存症になっていって、24時間ずっとオンラインゲー ムをやる。ですから、昼夜が逆転するとか、それから、暴力性が強くなると か、依存症でありますから、色々な問題が出てくるわけであります。

    (略)


    https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kyouginoba/r01/dai2/houkoku.pdf

    【【無知】大山一郎香川県議長「スマートフォンは完全にインターネットと同じ機能を持っております」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/08/15(水) 23:53:05.41 ID:CAP_USER
    no title
     
    ファーウェイ、来年中にスマホ首位へ サムスン抜き、シェア20%超目標

    中国のスマートフォンメーカー、華為技術(ファーウェイ)の消費者部門の責任者、余承東氏は3日、2019年末までにスマホ市場でトップになると表明した。
    同社は4~6月期の出荷台数で初めて米アップルを抜き、韓国のサムスン電子に次ぐ2位に躍り出たばかりだ。

    同氏は、極めて重要な米国市場でほとんど存在感を示せていないことを認めながら、来年10~12月期までにスマホ市場で20%超のシェアを握り、トップになりたいと述べた。

    華為の1~6月期の出荷台数は前年同期比約30%増の9500万台余り。同社は今年、アップルや現在首位のサムスン電子から販売を奪う形で世界的な低迷を乗り越えている。
    米国での存在感は薄いが、欧州やアフリカなどの市場では力強いプレゼンスを築く。華為は今年、サムスンとアップルだけが達成した2億台を目指す考えを示している。

    2018.8.15 06:06 SankeiBiz(サンケイビズ) 
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/180815/bsj1808150606003-n1.htm 

    【【中国IT】ファーウェイ(Huawei)、来年中にスマホ首位を目指す サムスン抜き、シェア20%超目標】の続きを読む

    このページのトップヘ

    無料レンタル